FC2ブログ

癌にならないしくみ

2018.08.17 (Fri)
ゾウはガンになりにくいことが知られており、
科学者たちはその仕組みを解き明かそうと長年研究を続けてきました。
シカゴ大学の研究者たちによる最新の論文によると、
ゾウは死んだ遺伝子を復活させて「ガン細胞を殺す」という
タスクを割り当てることで、腫瘍を破壊するという驚がくの
メカニズムを有していることが明らかになっています。
(AFP)

bsdbdhdhfjfo (2)

今回は、科学ニュースからこのお題でいきます。
象の寿命はアフリカゾウとアジアゾウで違いがありますが、
だいたい50~70年くらいとされます。その中で、癌で死ぬ個体が
極めて少ないことは以前からわかっていました。

まったく癌にならないというわけではなく、癌での死亡率は5%ほどと
見られています。これは人間よりは圧倒的に少ないですよね。
日本人は現在、2人に1人が癌にかかり、3人に1人が癌で死ぬとされています。
癌が増えたのは、それだけ高齢者が増えたからです。

癌は基本的に、遺伝子の異常によって起こります。
細胞内の遺伝子が、発癌性物質や老化によって異常な変異を起こし、
まるで自分の意志を持っているかのように、
本体に制御されない自律的な増殖を行うのが癌細胞です。

そう考えれば、細胞の量が多ければ多いほど癌になりやすいと言えますよね。
細胞が多いとそれだけコピーエラーをする確率が上がる。実際、そのことは
犬では確かめられています。例えばチワワとセントバーナードでは、
見た目も体の大きさもかなり違いますが、持っているのは同じ犬の細胞です。

さまざまな犬種
bsdbdhdhfjfo (6)

で、小型犬よりも中型犬、中型犬よりも大型犬のほうが、はっきり癌にかかりやすい。
これは人間も同じだと考えられます。細胞量と癌の関係についての人間での研究は
スウェーデンで行われ、記録を分析した結果、身長が10センチ高くなるごとに、
女性では乳がんリスクが20%上昇し、悪性黒色腫(メラノーマ)のリスクは
男女ともに30%も増えることがわかりました。

bsdbdhdhfjfo (1)

あと、これは癌だけのことではありませんが、アメリカの研究では、
身長が1cm高くなると、0.47~0.51年の寿命の短縮があるという
統計結果が出ています。身長が175.3cm以下の男性は、
身長が175.3cm以上の男性グループに比較して寿命が4.95年長く、

身長が170.2cm以下の男性は182.9cmの男性より
7.46年長生きするという報告もあります。
低身長のほうがかなり寿命が長いんですね。
うーん、10cmで7年以上も違うというのは驚きの結果です。

また、身長が120cm以下のラロン低身長症候群の人は、
ほとんど癌にならないと言われます。あと、東洋の巨人と言われたプロレスラーの
ジャイアント馬場さんは、たしか60歳で大腸癌で亡くなられてますよね。
その他にも大腸癌は長身の人に多い印象があります。
自分も身長は高いほうですので、気をつけていきたいと思います。

さて、象は細胞量が多いのになぜ癌になりにくいのか。これは、遺伝子変異が起きた
細胞を殺すためのタンパク質「p53」を持った遺伝子のコピーバリエーションが、
人間には2つしかないのに対し、象は38個もあるからだそうです。
それを使って、癌になりかけの細胞ができたら殺していく。細胞量が多くても
癌になりにくい体内システムを、生まれながらにして持っているわけです。

この他、癌になりにくい生物としては、前に一度ご紹介したハダカデバネズミの仲間が
知られています。ここでは詳しくは説明しませんが、
ハダカデバネズミは、象とはまた違ったシステムを持っていて、
細胞の癌化を防いでいるんですね。

ハダカデバネズミ
bsdbdhdhfjfo (3)

あと、「トカゲのしっぽ切り」などという慣用句がありますが、
イモリやトカゲなどは、再生能力が異常に高く、足や尾を切られても、
短期間でまた生えてきます。このとき、猛スピードで大量の細胞分裂が起こりますが、
それによって癌化が起きることはほとんどないようです。イモリの仲間は、
強力な発癌物質にさらしても、癌そのものを移植してもなかなか癌にならない。

bsdbdhdhfjfo (4)

さて、少し話を変えて、 iPS細胞というのがありますよね。
ノーベル賞受賞の山中伸弥教授がつくり出した万能細胞で、髪の毛一本から、
理論的には、その人のさまざまな臓器や組織をつくることができ、
これからの再生医療の柱になると期待されているんですが、

一方で、早い時期から「癌化」の問題が指摘されていました。
iPS細胞でつくった臓器は、増殖が止まらなくなって癌になる恐れがあり、
実際、マウスを使った実験では、体組織に育つ過程で癌になるケースが
多数見つかり、なかなかうまく制御できないんですね。

山中伸弥教授
bsdbdhdhfjfo (5)

これはつまり、イモリは急速な細胞分裂でも癌化をふせぐ機能を持っているが、
人間の細胞は持っていないということになります。
別の見方をすれば、人間の細胞‎には一定年数のうちに癌になることが
最初からプログラミングされていると言ってもいいのかもしれません。

さてさて、では、これらの癌になりにくい動物を研究することで、
人間の癌をふせぐことはできるのか。自分は、これはかなり難しいだろうなあ
と思います。なぜなら、象やイモリが癌になりにくいのは、
長い進化の過程で獲得した体のしくみであり、種族としての特性であるからです。

逆に人間が癌になるのも、もしかしたら進化上で獲得された
一つの「能力」なのかもしれません。こう書くと怒られそうですが、
人間の子育てが終わるのが、だいたい50歳くらいですよね。
そのあたりから癌になる人が増えてくるのは、繁殖がすんだ個体はお役御免。
ジジババは若い個体に道をゆずって、さっさとこの世から退場しなさい、
そのほうが人類全体としては都合がいいという、
あらかじめ定められたシステムなのかもしれない、とも思うんですよ・・・






スポンサーサイト

ダウンしました

2018.08.15 (Wed)
※ 本項は雑談ですので、スルーを推奨します

昨日の昼過ぎ、誰もいないのをいいことに、
共同事務所のソファでエアコンにあたりながら
昼寝をしてたんですが、起きるとなんか具合が悪い。
鼻水とくしゃみの風邪症状があるんですね。
ああ、夏風邪かな、でもたいしたことないだろうと思って家に戻りました。
で、自分は趣味で海水魚の飼育をやってまして、
水槽が何本かあるんですが、その中で一番大きいやつの
オーバーフロー配管から水漏れしてるのに気がつきました。

これが破損すると風呂桶の倍の海水が漏れて大事になるので、
水槽のキャビネット台の中にこもって修理をしましたが、
この中は水槽用クーラーの排気でものすごく暑いんです。
水をかぶったように汗をかいたので風呂に入り、
脱力感が大きかったので2時間ほど寝たんですが、
起きてみると熱っぽい。測ってみたら39、9℃でした。
お盆期間中でかかりつけの病院は休みだし、
市販薬を飲んで寝ようとしたものの、朝まで寝られず。

で、今日はずっとダウンしてます。何も食べられないし何も書けないです。
熱は、薬を飲めばいったんは下がるんですが、何時間かすればまた
39℃台に戻る。病院が再開するのは17日からなので、
それまでビタミンCサプリと飲料を大量に摂取してしのぐつもりです。
(風邪は病院に行ったから治るというものでもないんですが)
しかし、お盆中で時期が悪いですよねえ。
自分の何かがいけなくて、ご先祖様にしかられているのかもしれません。
ということで、今回はこのへんで。
(なお、この記事は後に削除します。)






ホームズ対ネッシー

2018.08.13 (Mon)


昨日、シャーロック・ホームズの話を書きまして、
今回はその続きのような内容です。さて、ホームズっていつごろ
活躍したことになってるんでしょう。1881年に「四つの署名」事件で
ワトソン博士と出会い、そこから探偵としての仕事を始めているので、
19世紀後半から20世紀初頭の人物という設定です。

いつ亡くなったかは書かれてないんですが、1930年頃と
考えられます。では、ホームズは、イギリス最大のオカルトの一つである
ネッシーとは接点がなかったんでしょうか。ネッシーについては
前にも一度書きましたが、いろいろ誤解があるんです。

まずネス湖ですが、日本語では「湖」の語を使っているものの、
英語で「Lake Ness」ではなく、「Loch Ness ロッホ・ネス」なんですね。
ロッホとは氷河によって削られてできた地形で、レイクとは区別されますが、
氷河のない日本には適当な訳語がありません。

っbshdscbhds (4)

それと、ネッシー(Nessie)というのは通称で、正式?には、
ロッホ・ネス・モンスター(The Loch Ness Monster)とされます。
ネス湖は、上で書いたように氷河地形なので、長さ約35キロメートル、
幅が約2キロメートルと、川のように細長い形をしています。

では、ネッシーの名が知れ渡るようになったのはいつからかというと、
湾岸の道路が開通した1933年以以降のことなんですね。
まだ100年の歴史もありません。ですから、ネッシーの登場は
残念ながらホームズの死後のことで、接点はないんです。

ただ、ホームズはフィクションの人物ですし、まあネッシーも似たような
ものです。だったら、この二つの存在をからませたら面白いだろう、
と考える人がいても不思議ではないですよね。
そこで作られたのが1970年のアメリカ映画、『シャーロック・ホームズの冒険』。

さすがに古い映画のため、自分はビデオで見ました。
監督はビリー・ワイルダー。アメリカ映画なので、イギリス的な暗い雰囲気はなく、
冒頭から、ホームズがロシアのバレリーナに突然プロポーズされ、
とっさに、ワトソンと同性愛関係にあると言って断るという、
ホームズフアンが怒りそうなコメディタッチで話が始まります。

シリアスな推理映画というより、国際スパイ映画的な雰囲気なんです。
で、その後半にネッシーが登場します。作中では、ネッシーの存在が人々に広く
知られている設定でしたが、上に書いたようにネッシーの話が出るのは
1933年以降なので、この設定はほんとうはおかしいんです。

さらに、このネッシー、じつは本物の生物ではなく、
小型潜水艦にハリボテの首と頭をくっつけたニセモノなんですね。
悪人たちが、ネス湖に人を近づけないようにするため、
わざと怪物の噂を流していたわけです。(下図)

っbshdscbhds (3)

で、このネッシーですが、撮影中に、背中の形が気に入らなかった
監督のワイルダーがコブを外すように命じたところ、そこから浸水して、
湖中に沈んでしまったんです。しかたなく、首から上だけをもう一度
作り直し、残りのシーンはスタジオ内の仮設プールで撮影されました。

んsbshs

その5年後、1975年にボストン応用科学アカデミー研究チームが、
ネス湖を探索し、ネッシーを写したとする水中写真を公表しました。(下図)
これは、オカルトフアンの方ならご覧になったことがあるんじゃないでしょうか。
粒子が荒く、また被写体の大きさもはっきりしないですが、
首の長い生物状のものが写っていると見ることもできます。

っbshdscbhds (5)

このとき、写真の被写体が、ホームズ映画の撮影時に水没した模型だった
のではないかとの説が唱えられ、世界的に大きな話題となりました。
この真偽は不明ですが、自分は違うんじゃないかなという気がします。
なぜなら、湖底に沈んだ模型の下半分は潜水艦型になってるはずですが、
そうは見えないですよね。

さて、次は時代がとんで、2016年、スコットランドの旅行会社と
ネッシー研究家のプロジェクトチームが、魚雷型水中ロボットのソナーで
湖底の状況を確認したところ、水深180mの地点で、
下のような画像が撮影されています。

っbshdscbhds (6)

こっちはまず間違いなく、映画撮影用の模型だと思われます。
ソナーの画像は修正されていますが、そっくりな形です。
チームの責任者も、「これは映画で使われたネッシーのプロップだと
すぐにわかった」と述べています。

さてさて、ホームズとネッシー、映画を通じてこんな接点があったわけです。
ところで、もし、ネッシーの噂とホームズの時代が重なっていたとしたら、
ホームズはネッシーの存在を否定したでしょうか。
それとも肯定したんでしょうか。

これはもちろんわかりませんが、ホームズの作者コナン・ドイルは、
SF作品『失われた世界』で、南米アマゾンの奥地にある恐竜が生き残った
台地での冒険を描いていますので、おそらくホ―ムズは、
「恐竜が現代まで生き残ってても、何ら不思議ではないんだよ、ワトソン君」
こんなことを言ったんじゃないかという気がします。では、今回はこのへんで。

っっgっっs





ホームズの怖い話

2018.08.12 (Sun)
hdhdkdkfo (2)

今回はこのお題でいきます。シャーロック・ホームズはご存知でしょう。
イギリスの作家、アーサー・コナン・ドイルが生み出した名探偵ですね。
ドイルは測量技師の家庭に生まれ、大学で医師の免許を取り、
船医として職業生活をスタートさせるなど、理系の人なんですが、
副業として書いていた推理小説が大ヒットし、人気作家となりました。

アーサー・コナン・ドイル
hdhdkdkfo (3)

ホームズは長身の思索的な人物で、コカインなどの麻薬を乱用するという
人間的な欠陥もあります。金のためではなく、知的興奮を求め、
医師のワトソン博士とのコンビで、数々の難事件を解決していきます。
世界中に熱狂的なホームズのフアンがいて、
その人たちはシャーロッキアンと呼ばれます。

また、ホームズの人物像をヒントに、日本の推理作家、江戸川乱歩が
明智小五郎を生み出したのは有名な話です。ホームズが事件の捜査に
使っていたベイカー街のストリートチルドレンのグループが、
乱歩の少年探偵団にあたるんですね。

あと、ドイルはシャーロック・ホームズ物の他にSFも書いています。
『宇宙戦争』や『失われた世界(ザ・ロスト・ワールド)』は
何度も映画化されてますね。SF作品に登場する主人公はチャレンジャー教授。
ホームズよりかなり行動的で肉体派、冒険にふさわしい人物です。

さて、コナン・ドイルは晩年、心霊研究に没頭したことは有名です。
第一次世界大戦で多くの友人や身内を亡くしたことで、
「我々の愛する人は死後もなお生き続けているはずだ」
という確信を持つようになったと、その著作に書かれています。

日本に翻訳はされていませんが、かなりの数の心霊主義的な著作があります。
ドイルは、世界に心霊主義を広めるのが自分の使命と考え、
英国内だけでなく、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパ諸国、アフリカ
などで、心霊研究に関する講演を行って回りました。

イギリスの田舎、コティングリー村で2人の少女が妖精の写真を撮ったとされる
「コティングリー妖精事件」にも関わり、その写真を本物と鑑定しています。
ただ、この事件については後年、当事者の少女2人が、
妖精は雑誌の人物を切り抜いたものであったと告白してるんです。

コティングリーの妖精写真 ひと目で絵だとわかると思うんですが・・・
hdhdkdkfo (5)

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
ホームズが解決した事件の中で、怪奇色の強い話をあげてみます。
これら全部が傑作というわけではなく、あくまで怖い話のリスト。
ホームズ物は一種のアイデア・ストーリーですので、
ネタバレにならないように注意したいと思います。

まず、「まだらの紐」。これが一番怖いでしょうか。
作品としての評価も高く、代表作の一つと言えるでしょう。
義父ロイロットが資産を管理している女性が結婚することに決まり、
財産を相続することになったが、自室で夜に口笛が聞こえると訴えるようになり、
数日後、「まだらの紐」という言葉を残して謎の死を遂げる。

そして、死亡した女性の双子の妹がホームズのもとを訪れ、
事件の解決を依頼するのだが、その依頼人にも命の危険が迫っていることを
ホームズは察知する。ホームズ物の特徴の一つとして、強力で魅力的な
敵役が登場することがあげられますが、本作のロイロット博士もその一人です。

「まだらの紐」
hdhdkdkfo (1)

「バスカヴィル家の犬」。ホームズ物の4つの長編のうちの一つです。
自分はこれ、短くてすむ話を、無理に引き伸ばして長くしたという印象がありますね。
魔犬の呪いの伝説を持つ名家の当主が、森の中で死体で発見される。
表向きは病死と発表されたが、遺体の近くには巨大な犬の足跡があった・・・
イギリス流の伝奇推理といった趣の内容です。

「バスカヴィル家の犬」
hdhdkdkfo (4)

「サセックスの吸血鬼」。ワトスン博士の旧友がホームズのもとを訪れ、
再婚したペルー出身の妻が、自分が産んだ赤ん坊の首に噛みついて血を吸っている
場面を何度も目撃したという相談を受ける。吸血の場面を見られた妻は、
寝室に閉じこもってしまって出てこない・・・

「悪魔の足」。転地療養をしているホームズとワトソンのもとに来た依頼人は、
牧師館で、昨夜3人の兄弟と夕食をとったのだが、その後、朝になって、
3人は椅子に腰かけたまま、一人死亡、2人が発狂した状態で発見された。
依頼人は、3人のところに悪魔がやってきたのではないかと言う・・・
話の冒頭に不可解な謎が提示されるのは、現代の推理小説にも通じますね。

「覆面の下宿人」。ホームズは依頼者から、自分が部屋を貸している下宿人が
自殺を考えているのではないかと相談を受ける。その下宿人は女性で、
つねに覆面をしているが、それは、かつてサーカスのライオンに顔を
食いちぎられた有名な事件のため。
あまり評価は高くないですが、自分はこの話、けっこう好きです。

さてさて、だいたいこんなところでしょうか。もちろん推理小説ですから、
これらの事件の謎はすべて合理的に解決されます。
(現代の目からは、かなり無理な謎解きもありますが)ここから、
ドイルがどのような精神遍歴で心霊オカルトの領域に踏み込んでいったのか、
人はどうやって心霊主義者になるのか?
自分なんかには、大変興味深い部分です。では、今回はこのへんで。

hdhdkdkfo (1)





火星大接近とUFO業界

2018.08.10 (Fri)
今回はこういうお題でいきたいと思います。現在、火星大接近中ですね。
簡単にふれておくと、火星は地球の外側を回る惑星で、
直径は地球の半分よりやや大きいくらい。
そのぶん重力が小さいので、ごくごく薄い大気しかありません。

火星 赤いことからレッド・プラネットとも呼ばれる
hahageyeu (3)

また、地球よりも太陽から遠いので、それだけ冷たく、
表面温度は-50℃くらいです。当然、地球よりも大きな公転半径を持っていて、
その周期は687日(1.88年)。地球からは赤く見えるので、
英語で、ローマ神話の軍神であるマーズ(Mars)の名がつけられています。

その火星が、現在地球に大接近中なわけですね。火星と地球との距離は、
最も遠いときで約3億7千万km、それが今回、5.759万kmと
7分の1ほどになります。6000万キロメートルよりも近い距離まで近づくのは、
2003年の最接近以来、15年ぶりなんですね。

これだけ近いと、明るさがマイナス等級となり、1等星よりも明るく輝きます。
もう過ぎてしまいましたが、7月31日の地球最接近のときには、
火星の明るさはマイナス2.8等級でした。
そこそこの天体望遠鏡を持っている方なら地表面の様子を観察できます。

あと、このあいだ皆既月食がありましたが、月食なんかは わずかな時間、
限られた地域でしか見られないのに対し、火星の大接近は、
今年の4月下旬から11月下旬までの半年以上にもわたって
ずっとマイナス等級なので、その間いつでも、
天候のよい日を選んで観測することができます。

自分は占星術師なので、いちおう天体望遠鏡も持っていますし、
このような天体イベントは、できるだけ観測するように心がけています。
西洋占星術では、基本的には太陽を中心に見た星座で占いをしますが、
火星を中心にしてみた星座というのもあるんですね。

さて、ここまででだいぶ長くなってしまいましたが、
本項は火星大接近の話ではありません。このような天体イベントがあるとき、
それに合わせて盛んになる、UFOや宇宙古代文明の話題についてです。
学術的なニュースに混じって、その手のものが、ここぞとばかり出てくるんです。

残念ながら日本のUFO研究は現在、あまり盛んではありません。
ところが海外、特にアメリカあたりだと、UFOや宇宙人を信じる人は、
心霊を信じる人よりも数が多いので、UFOに関するウエブページを主催したり、
本を出版することで食べていけている人が何人もいます。

その中の一人である、スコット・ウエアリング(Scott・C・Waring)氏が主催する
「UFO Sightings Daily」というホームページには、火星の都市群が紹介されています。
その画像は、2006年から火星の周回軌道上で日々各種の観測を行っている
NASAの多目的探査機、マーズ・リコネッサンス・オービターが撮影したものです。

「UFO Sightings Daily」

オービターの画像は、グーグルのサービスの一つである「グーグル・マーズ」で
見ることができるんですが、氏はその画像に修正を加えたものを、
youtubeに投稿しています(下の動画)。氏によれば、
画像を修正しているのはNASAのほうだ、ということになります。
われわれの目にふれては不都合なものは、NASAがカラーリングを変えて
目立たなくしているので、元に戻したというわけです。



うーん、これを見れば確かに、どこかの都市を上空から撮影したようにも
見えなくはないですよね。みなさんはどう思われますでしょうか?
氏のサイトには、火星上で発見されたナイフ(鎌のようにも見えます)や、
拳銃も出てきています。(下図)

hahageyeu (1)

このような、UFO関係の情報提供で生計を立てているアメリカの研究者には、
他に、リチャード・ホグランド(Richard・C・Hoagland)氏などもいますが、
彼らにとって、火星が大接近をして、世界的な話題になっている現在は、
まさに稼ぎどき、かきいれどきということなんです。

ただ、これらの話題を見て自分がいつも思うのは、
UFO研究家が独自の探査衛星などを持っていて、自力で画像を入手したわけじゃ
ないんですよね。ほぼすべての画像は、NASAによって一般公開されたものです。
彼らはその膨大な資料を、何人ものアルバイトを雇って精査し、
奇妙なものを見つけ出して独自に加工し、ホームページに載せる。

その上で、NASAは宇宙人や宇宙文明の存在を隠している、と主張するわけです。
しかしどうでしょう。もしほんとうにそんなものがあったら、
アメリカの国家機関であり、軍事にも深く関わっているNASAが
ほっておくわけがないと思いませんか。

さてさて、夢を壊すような話をしていますが、NASAと、
彼らのような民間のUFO研究者は、ある意味、共生関係みたいになってるの
かもしれません。NASAが、この手の民間研究家に対して、
強く抗議したなどの話は聞いたことがないです。

NASAからみれば、彼らは宇宙への一般人の興味をかきたてて
くれる存在ということで、世間の宇宙への興味関心が高まれば、
探査計画の予算もつきやすくなる、などのことがあるのかもしれませんね。
では、今回はこのへんで。

クリックで拡大できます
hahageyeu (2)