FC2ブログ

フロイトへの挑戦状

2020.04.03 (Fri)
cccccccc (5)

今回はこういうお題でいきます。記憶に関係した心理学の
内容になりますが、心霊体験などとも関係があります。
さて、記憶とは何か? 例によってWikiを引いてみると、
「ものごとを忘れずに覚えていること。また覚えておくこと。」
と出てきます。まあ、このまんまですよね。

では、古代ではどうだったでしょうか。ギリシア哲学者の
プラトンが「イデア(本質)論」を唱えたことは有名です。
例えば「美のイデア」というのがあるとすると、われわれは
生まれる前からそれを知っているが、生まれてから花などの
美しいものを見ることで思い出す。これがプラトンの想起説です。

プラトン
cccccccc (3)

つまり、プラトンの考えの根本として、記憶は完全なものでなくては
ならない。プラトンは人の心を鳥かごのようなものとし、
そこに入った記憶は鳥のように、いつまでも逃げていく
ことはないと考えました。事実がそのままに保管されている。

近代に入って、精神分析学の父と呼ばれたジグムント・フロイトは
記憶についてどう考えていたか。フロイトには「抑圧説」があります。
幼児期の記憶がその人にとってあまりに辛いものであった場合、
その記憶は意識の下に抑え込まれると説いたんですね。しかし、
ときおり頭をもたげてきてヒステリー発作などを引き起こす。

プラトンのイデア論
cccccccc (6)

つまり、フロイトにとっても、記憶は過去の出来事がそのまま
保存されたものでなくてはならなかったんです。
それはそうですよね。本当にあった出来事だから抑えつけられる。
こう考えたのには、フロイトの時代に起きた写真術や
映画の発明なども関係してるんだろうと思われます。

アルバムに貼られた写真は、年月がたって色褪せる(忘れていく)
ことはあっても、写真の中の人物が動いたりすることは
ありません。現代であれば、デジカメのメモリカードもそうですよね。
それこそ怪談話になってしまいます。ですが、はたして本当に
そうなんでしょうか。このことに疑問を持つ人も多かったんです。

ジグムント・フロイト
cccccccc (7)

写真のアルバムは生きたものではないので、勝手に動くことはない。
ですが、記憶が保存されている人の心、つまり脳はつねに
活動しています。そんな疑問を持った一人が、カリフォルニア大学に
所属していた女性心理学者、エリザベス・ロフタスです。

彼女は記憶が変化しやすい(可変性と言います)ものであることを 
証明するため、実験心理学の研究を行うとともに、
裁判の法廷に数多く参考人として出席しました。そのほとんどが
弁護側です。犯人の側に立って、検察側の証人の記憶の不備をつく。
ですから、訴える側からの評判がひじょうに悪いんですね。

フロイトの抑圧説
キャプチャ

ロフタスの実験はそう難しいものではありせん。大学生から被験者を
24人選び、その家族から聞き出した幼少時の記憶を書いた
メモを用意し、それを見て面談します。ただし、その中には、
「ショッピングモールで迷子になった」という
嘘の出来事が含まれていました。

実験の結果、なんと学生の25%が架空の記憶を思い出し、
それだけでなく、そのショッピングモールの構造や、不安だった心情、
助けてくれた老婦人、警備員、涙をふいたタオルの感触についてまで
語ったりしたんです。心理学雑誌「American psychologist」に
この論文が発表されると、大変な反響を引き起こしました。

エリザベス・ロフタス博士
cccccccc (1)

アメリカの精神医学界にはフロイトの信奉者が多く、批判も激し
かったんですが、実験ですので追試ができます。多数の心理学者が
追試を行い、ほとんどが成功しました。小さな出来事なら、
偽の記憶を信じ込ませるのは可能だったんですね。

さて、1990年代のアメリカでは、精神分析医、セラピストに
よる治療で、幼児期の虐待を思い出した患者が、自分の年老いた
親を訴えるケースが頻発していました。フロイト理論では、
その幼児期のトラウマが原因で、現在の自分に精神の不安定が
現れていることになります。

精神科医がわざと偽の記憶を信じ込ませたのではなくても、
「子どもの頃に怖かった、嫌だった記憶はありませんか」
この質問だけでも偽りの記憶が生み出されてしまう。
まあ、幼児期にそばにいるのは親ですから、ほとんどの場合、
親の虐待ということになります。

ショッピングモールの迷子
cccccccc (2)

ロフタスが裁判の証人台に立った裏には、こういう事情があったんです。
そして、上記の実験以後、裁判所は考えを変え、記憶頼りの
裁判は行われなくなり、客観的証拠のない告発は却下されることに
なりました。現在では、当時、自分の子どもに訴えられて有罪になった
親の7割程度までは無罪だったと考えられています。

ただ、ロフタス自身は、訴えた側から恨まれました。ロフタスが
悪魔的儀式で子どもを虐待している。児童誘拐などの犯罪組織の
一員として、それを隠蔽する仕事をやっているなどなど、
たくさんの中傷があったんです。脅迫も相つぎ、
一時期はボディガードをつける生活を送っていました。

さてさて、今回はフロイト学説に戦いを挑んだ女性心理学者の
お話でした。怪談の場合も、子どもの頃の体験、記憶というのは
あてにならないものですよね。いつかどこかの時点に、
何かの理由で改変されてしまっている可能性があります。
では、今回はこのへんで。

cccccccc (4)






スポンサーサイト



グローバリズムの終焉?

2020.03.25 (Wed)
gggg (2)

今回はこういうお題でいきます。新型コロナウイルス関係の内容ですね。
ついさっき、今日の記事を書こうとヤフーの科学ニュースを見たんですが、
コロナ一色でした。まあ、東京オリンピックも延期と決まりましたし、
都知事が首都封鎖にも言及し、これはしかたないところかもしれません。

さて、何から書いていきましょうか。まずは防疫について。防疫とは、
疫病を予防し、またその侵入を防ぐことです。しかし、自分は日本への
侵入はどうやっても防げないと思います。1、2月には、春節もあり、
大勢の中国人観光客やビジネスマンが来てましたよね。あの段階で、
すでに日本人にも相当数の感染者が出てたと考えて不思議ないでしょう。

中国だけでなく、世界の各国から日本に人が来てますし、逆に
日本人も数多く海外に出ていっています。日本は島国で四方を海に囲まれ、
国境を接している国よりは有利かもしれませんが、それでも、
ウイルスの侵入を完全に防ぐのは現実的には無理な話です。

では、どうするのか。3月13日でしたか。日本と同じ島国である
イギリスのジョンソン首相が、対コロナウイルス「集団免疫」戦略を
演説で発表し、学校の休校はしないと述べました。
これで世界に衝撃が走りましたね。この集団免疫って何なんでしょうか。
こっからは数字が出てきますが、難しくはありません。

新型コロナウイルスのイメージ
gggg (6)

ある疫病(感染症)にかかった人が1人いるとします。
その人が、まったく免疫等を持たない人々の中に入っていくと、何人に
感染させてしまうのか。この数を基本再生産数(basic reproduction
number)と言います。ここからは、R0と表していきます。
R0は、その感染症の種類によって個々に違います。

少し調べてみましたら、最も高いのが麻疹で12~17。
日本でよく知られているものでは、風疹が5~7、百日咳が5.5、
インフルエンザ(スペイン風邪)が2~3、エボラ出血熱が1.5~2.5。
この数字が大きいほど、感染力が強いというのはおわかりだと思います。
インフルエンザって、案外たいしたことはないんですね。

一般的に、R0<1、つまり1人の感染者が1人未満にしかうつさない場合、
その感染症は自然に収束していくと考えられます。また、R0≒1の場合は、
患者が一定数いて、増えも減りもしないということになります。
この新型コロナウイルスの場合、R0はどのくらいかというと、
まだはっきりとはわかりませんが、2~3と予測されています。

イギリスのジョンソン首相
gggg (1)

つまり、1人の感染者が2~3人にうつしてしまう。では、R0を下げる
にはどうすればいいかというと、ワクチンで免疫をつけるのが最も
いいのは当然ですが、現状、ワクチンは完成していません。治験等が
ありますので、できるとしても最短1年はかかるんじゃないでしょうか。

次に、感染して治った場合に免疫ができるので、それに期待する。
ですから、ジョンソン首相は学校を休校にせず、施設等の閉鎖も行わないと、
当初は言っていたわけです。さて、R0<1 をエンデミック(endemic)
と言い、e の記号で表します。疫病が自然に収束していく状態。

これに達するには (1–e)R0<1、式を変形して e>1-(1/R0)
ここで仮にR0を3とすると、右辺は0.67ということになります。
難しいでしょうか。国民の3分の2にあたる67%が感染し、
免疫を獲得すれば、エンデミックに至るというわけです。

猖獗するイタリア
gggg (3)

さて、ここで、新型コロナウイルスは無症状、軽症の人が全体の80%、
20%が重篤になり、2~3%が死亡するとします。死亡するのは
主に高齢者か基礎疾患のある人です。イギリスの人口は6600万人で
日本の半分ほど。その67%の4400万人が感染する。さらに
2%が88万人、3%で120万人を超えることになります。

集団免疫戦略では、それだけの人数が死亡するという試算なんです。
これを発表した後、非難轟々になりましたよね。国民に、年寄り、弱者
切り捨て政策と思われるのは当然です。ジョンソン首相をバットマンの
ジョーカーになぞらえた似顔絵なども登場し、さすがに方向転換せざるを
えなかったようです。社会隔離策にシフトしたようにみえます。

イギリスはインフルエンザのワクチン接種で成功しており、
最初にこの方針が出てきたのだと思いますが、やはり国民感情として
納得できなかった。ただ・・・自分が思うに、現状では、
新型コロナウイルスの治療法はありません。呼吸の確保などの
対処療法をしながら、自己免疫で治癒するのを待つしかない。

ですから、国によってとる政策の違いはあっても、ワクチン完成までは、
パニックにならないよう少しずつ国民を感染させ、集団免疫をつけていくしか
方策がないのではないかとも思うんです。怖い話ですが、それ以外の手立ては
難しい。最初に書いたように、国外から入ってくるウイルスを完全に防ぐのは
不可能だし、経済が死ぬので、ずっと鎖国しているわけにはいきせん。

グローバリズムのイメージ
gggg (4)

さてさて、グローバリズムという言葉が言われて久しく、
地球を一つの共同体と見なして、世界の一体化(グローバリゼーション)
を進めるという思想ですが、実体は、主に経済面ですよね。
自由貿易および市場主義経済を全地球上に拡大させるという形が
とられてきました。ですが、今回のような騒ぎが起きて、

グローバリズムはほんとうに正しいのか? という疑問を持ちます。
一例ですが、2月の日本の中国からの輸入は半分程度まで落ちています。
このまま世界で人、物、金が動かない状態が続けば、いずれスーパーの棚から
商品がなくなり、日本の企業もどこにも輸出ができず工場を止めるしかない。
みなさんは、どう考えられますでしょうか。では、今回はこのへんで。





真空の話

2020.03.15 (Sun)
gbgb (4)
真空パック

今回はこういうお題でいきますが、あんまり面白い内容には
なりそうもないですね。スルー推奨かもしれません。
さて、みなさんは真空というと何を思い浮かべられるでしょうか。
真空パック? 真空掃除機? それともキックボクサー沢村忠の
真空飛び膝蹴り・・・

自分は沢村さんの活躍した時代にはまだ生まれてないので、
これはビデオでしか見たことがありません。さて、例によって
Wikiの記述を見てみると、真空とは「通常の大気圧より低い
圧力の気体で満たされた空間の状態」と出てきます。
真空パックなんかはこの定義でいいでしょうね。



ここで注意しておかなくてはならないのは、真空は
無とは違うことです。無と言った場合、ふつうは時間も
空間もない絶対的な無を指すことが多いと思うんですが、
さすがにそれは考えても意味がないと、歴史的には思われて
きました。でも、最近はそうでもないんですよね。

では、ここで真空の歴史を見ていきましょう。古代ギリシア、
哲学者のアリストテレスは真空はないと考えていました。
「自然は真空を嫌う」(真空嫌悪)と述べ、空間があれば、
そこには必ず何らかの「もの」が満たされていると考えたんですね。

アリストテレス
gbgb (1)

これに対し、師のプラトンは、空気に圧力をかけることにより、
圧縮させることができる(先を閉じた注射器を押し込むようなこと)
と考え、その押し込まれた部分が真空であるとして弟子と
対立しました。うーん、プラトン、惜しかったですね。
もう少し考えを進めて空気を抜くことを思いつけば、

真空の発見者になれたかもしれませんが、当時の技術では
無理があったんでしょう。で、キリスト教が隆盛するにつれ、
古代ギリシア哲学は忘れ去られていったんですが、
十字軍の遠征で、アリストテレスらの著作がオリエント世界で
保存されていたのが再発見されます。

トリチェリの実験
gbgb (3)

西欧世界はその精緻な内容に驚嘆し、アリストテレスの考えは
大きな権威を持ちましたが、真空はあると考えた人もいました。
1643年、アリストテレスの天動説を批判して地動説を唱えた
ガリレオの弟子、エヴァンジェリスタ・トリチェリは
上図のような実験を行って、真空の存在を証明しました。

これについては、煩雑になるので詳しい説明はしませんが、
真空と同時に大気圧の発見でもあったんですね。これを受けて、
オットー・フォン・ゲーリケは、ブロンズ製の半球を2つ合わせて中空の
球にし、内部の空気を抜いて真空にするという実験を行っています。

マクデブルクの半球


この2つの半球はぴったりとくっつき、16頭の馬で引っ張ることで
ようやく外すことができました。この球は、マクデブルクの半球と
言います。こうして真空は発見されましたが、何かの役に立てるには
技術的な課題がたくさんありました。ただ、これによって気体力学が
発展していき、ボイル・シャルルの法則などへとつながります。

さて、その後、真空は珍しいものではないことがわかってきました。
宇宙空間は真空と言っていいですよね。宇宙全体で見て、真空状態の
場所のほうがずっと大きいんです。ただ、完全な真空を人為的に
つくるのは難しく、それは仮想的に「絶対真空」と呼ばれました。

対生成と対消滅
gbgb (2)

20世紀に入って量子力学が登場しますが、そこで真空の概念が
変化します。量子論では、何もない空間は、そう見えるだけであり、
じつはその内部は揺れ動いている。ハイゼンベルグの不確定性原理は、
原子内の電子の位置と速度についての他に、時間とエネルギーに
ついても成り立つことがわかっています。

ごくごく短い時間であれば、大きなエネルギーを借りてくることができる。
そのため真空はつねにゆらいでいて、完全な物質ゼロにはなれません。
無と有の間でゆらいでいると言っていいでしょう。そして、
真空のゆらぎからは、必ず粒子と反粒子がペアになって出てきます。
これが対生成。そして互いに打ち消し合って消えるのが対消滅。

量子論的な真空
gbgb (7)

ですから、量子論的には、真空は「その物理系で最もエネルギーが低い
状態」と定義されます。もちろんこれは、真空掃除機などの
真空とはかなりかけ離れた概念です。さて、だいぶ残り字数が
少なくなってきました。次は宇宙論です。

1929年、エドウィン・ハッブルが宇宙膨張を発見。そして、
宇宙はある一点から始まったとするビッグバン理論が提唱されます。
宇宙の始まりの前は無なんですが、上記した量子論的真空と似ている
部分があります。現在では、宇宙はごく短い時間に、不確定性原理により
大きなエネルギーを借りてきて急激に膨張したとする、

虚数の時間
gbgb (8)

インフレーション・ビッグバン理論が主流になってきています。
で、宇宙の始まりは、温度無限大、圧力無限大の特異点となるんですが、
この特異点が式に出てくると、その式は破綻してしまいます。
これをなんとか解消しようとしたのが故ホーキング博士で、
宇宙は無ではなく、虚数の時間から始まったという説を唱えました。

さてさて、特異点が出てくるのは、時間・空間をゼロにするからです。
虚数は2乗すればマイナスになる数で、それだとたしかに特異点は消え、
式の破綻はなくなりますが、虚数の時間が実際にあるのか、それはどういう
ものなのか誰も説明できません。さすがにそんなのはないのでは、
と考えている物理学者のほうが多数のようです。では、今回はこのへんで。

gbgb (5)





新型コロナウイルスについて

2020.03.11 (Wed)
世界保健機関(WHO)は9日、新型コロナウイルスの流行がパンデミック
(世界的な大流行)になる恐れは「非常に現実的」だと警告した。
一方で、ウイルス流行の抑制はまだ可能だとも強調している。

新型ウイルス流行の前後で比較、衛星写真で見る世界の変化
世界のウイルス感染者数が10万人を超える中、WHOのテドロス
事務局長は記者会見で、「パンデミックの恐れが非常に
現実的になっている」と述べた。

それでもテドロス氏は、「たとえこれをパンデミックと呼んだとしても、
封じ込め、抑えることはできる」と強調。「史上初の抑制可能な
パンデミックになるだろう」と述べ、「われわれは、ウイルスの
なすがままになったりはしない」と明言した。
(AFP)

ge (1)

みなさん、どうもおひさしぶりです。しばらくご無沙汰してましたが
帰国しました。土産話もありますが、それは後日ということにして、
やはりコロナウイルスの話をしなければいけないかな、と思います。
それにしても、マスコミ、特に地上波テレビの報道番組は酷いですね。

視聴率を稼ぐために、ことさら不安を煽っているとしか思えません。
東京オリンピックの開催が無理そうなので、こっちで視聴率を取る
方針に切り替えたのかと邪推したくなります。
見ないほうがいいと思います。厚生労働省のホームページだけ
見てたほうがマシですよ。

さて、ここから書く内容は、自分(bigbossman)が勝手に考えたこと
なので、必ずしも正しいとはかぎりません。
あくまでも、医療の専門家でもない一個人の見解ですので、
そのつもりでお読みいただけたらと思います。

クリックで拡大できます
ge (2)

3月10日現在のWHOの統計では、日本の全感染者数は543人、
死亡者数は10人、死亡率が1.84%となっています。
これはクルーズ船をのぞいた数字です。これを見てどう思われる
でしょうか。他国に比べて異様に感染者数が少ないですよね。
これをもって、日本は検査数が足りないとする意見があります。

ここが難しいところで、べつに検査をすることが目的なわけでは
ありませんよね。目的は、新型コロナウイルスによる死亡者を
一人でも少なくすることだと考えます。そのためにどうするか、
大きく2つの方策があるかなと思います。一つは防疫、つまり
感染の拡大を防ぐこと。もう一つは感染者の治療です。

この2つのことは密接に関連しています。医療資源はかぎられて
いるので、検査を増やすことで治療に影響が出てはいけませんし、
逆もまたしかりです。うまくバランスをとらなくてはならないんですが、
問題は、この新型ウイルスには現在のところ確実な治療法が
存在しないということ。それと検査の確実性も7割程度と低いことです。

ではまず、どんな形の検査ができるか考えてみましょう。
① 日本国民全員を検査する ② 風邪の症状があるもの全員を検査する
③ 風邪の症状が出てる高齢者(持病のある者や妊婦)を検査する
④ 肺炎の症状があり、他の疾病による原因が考えられない者を検査
⑤ 肺炎の症状があり、他の疾病による原因が考えられない高齢者を検査

⑥ 肺炎の重症患者だけ検査 ⑦ 肺炎の重症患者で感染者と接触ある者を検査
⑧ 検査は一切しない。・・・①と⑧が論外なのは解説は不要だと思います。
現在、日本政府が全国で行っているのは⑦で、北海道は⑥です。
また、韓国は感染者数が7500人ほどで、日本の15倍近いですが、
②の形で検査を行っているため増えているんでしょう。

で、自分の考えとしては、日本政府の検査は少なすぎるし、韓国や
イタリアの検査は多すぎるということです。イタリアは検査のし過ぎで
医療崩壊を起こしてしまっています。日本の医療機器の数は
世界の中でもトップクラスですが、人的資源は多くありません。

ですから、治療と防疫のバランスを取るには、上の④レベルが妥当かと
考えます。何が何でも検査数を多くすればいいわけではありません。
世界各国の感染状況を見ると、中国人観光客やビジネスマンの訪問が
多かった国ほど感染してるので、ぶっちゃけた話をすれば、韓国の
感染者数を考慮すると、日本の感染者もかなりの数がいるんでしょう。

ただ、その感染者を特定することに、もうほとんど意味はないでしょう。
感染ルートをたどって防疫するのは不可能な段階に来てしまっています。
ですから、現在日本政府が行っている重症者だけにしぼって入院させ、
集中的に治療するというのも一つの方法ではありますが、
病院などでの大量感染を防ぐには、④レベルがいいのかなと思うわけです。

さて、ここで医療の話から少し離れますが、この新型コロナウイルス
大流行のため、株価や為替が大変動しています。イベントの中止や店舗の
休業が長くなり、入国規制のために交通業界も大打撃を受けてますよね。
コロナウイルスの死亡者は最低限に抑えたが、経済混乱のために
その何十倍もの自殺者が出た、ではダメだと思うんですね。


大きな絵を見るように、日本政府には防疫と経済、両にらみで              
政策を打ち出していってもらいたいと思います。
それが、広い意味での国民の生活を守るということでしょう。
ですが、このあたりの話をちゃんとしてるマスコミってないんですよね。
わかっててもわざと言及しない。じつに嫌らしいと思います。

さて、東京オリンピックを予定どおりに開催するのは、
さすがに奇跡でも起きないかぎり無理じゃないでしょうか。
日本で流行が収束したとしても、その時点で世界のどこかで
まだ続いてるとなれば、これはできませんよね。延期あるいは中止の
判断は適切に行ってほしいところです。

さてさて、救いがあるのは、健康で体力がある人では、このウイルス疾患は
重症化しないことです。日本は、前述したように医療資源に恵まれていますし、
社会秩序、公衆衛生、国民の栄養状態なども世界でトップクラスです。
それを信頼して、一人ひとりがパニックを起こさず、デマに惑わされず、
自分自身の身を守ることが大切だと考えます。

対策としては、通常の風邪に対するのと同じでしょうね。
十分睡眠をとり、栄養のあるものを食べ、部屋を暖かくし、
人ゴミに近づかない、不必要な外出を避ける、手洗いうがいの実行
・・・ということで、お互いにがんばって乗り切りましょう。
では、今回はこのへんで。

ge (3)





プロメテウスは成り立つ?

2020.02.16 (Sun)
dbbg (4)

今回はこういうお題でいきますが、これも例によって、自分の
妄想がかなり入った内容になります。眉に唾をつけて読まれるか、
スルーされるのがいいかと思います。さて、題名になっている
『プロメテウス』は、2012年のSF映画で、リドリー・スコット監督。
『エイリアン』シリーズの一つと位置づけられています。

それにしても、この映画、評判が悪かったですね。2ちゃんねるの
映画板では、かなり長期にわたって、これを批判するスレが
立っていました。予告編がひじょうに期待感をあおるものだった
だけに、それとの内容のギャップが大きかったんですね。

『プロメテウス』冒頭のシーン
dbbg (5)

自分からみても、映像はよかったと思うんですが、脚本はダメダメ
だったと言うしかないです。一番批判の的になってたのは、
登場人物の行動が意図不明で、必然性が感じられないこと。
これって映画としては、かなり致命的なんですよね。脚本が
練り込まれていなかったのには、さまざまな理由があるようです。

この映画の冒頭で、後にエンジニアと呼ばれる異星人が、
おそらく原始地球と思われる場所にやってきて何かの液体を飲みます。
するとすぐに苦しみ始め、やがて体がバラバラに崩れていって、
巨大な滝から海に落ち、細胞の中のDNAがばらまかれる。

オウムアムアは、じつは何らかの意図を持った宇宙探査機?
dbbg (8)

つまり、現在の地球人は、そのエンジニアのDNAをもとにして
成り立っているというわけです。じゃあ他の生物はどうなのか?
とか、DNAの個体差はどうなるのか?などの疑問が当然出てきますが、
さすがにそこまでは作中で説明されていませんでした。
まあ、こだわる人は多くないでしょうけども。

さて、地球生命の起源説の一つに、パンスペルミア説があるのは、
当ブログでも何度も取り上げています。一般的なパンスペルミア説は、
隕石の中などに原始的な生命が入っていて、それが地球の
すべての生命の源になったというもので、自分は、
絶対ありえないとは言えないと考えています。

フランシス・クリック
dbbg (2)

パンスペルミア説が最初に出てきた頃は、-220℃にもなる
宇宙空間では生命は生きられないだろう、有害な宇宙線により死滅
してしまうだろう、もし隕石に生命がいたとしても、地球大気圏
突入時の熱で全滅するだろう、などの批判が続出しましたが、隕石内部
ならそれはクリアされるだろうと考えられるようになってきました。

で、このパンスペルミア説で最も過激なものが、「意図的
パンスペルミア説」です。これは、高度に進化した宇宙生命体が
生命の種子を地球に送り込んだ、とする仮説ですが、
SF映画のようで、にわかには信じられませんよね。

ただ、この提唱者の一人が、ノーベル医学・生理学賞受賞の
ビッグネーム、フランシス・クリックだったため、一気に有名に
なりました。クリックはご存知でしょう。DNAの2重らせん構造を
解明したことで知られています。ですから、
荒唐無稽と思えても無碍にもあつかえない。

エンジニアはアンドロイドに拒否反応を起こす
dbbg (7)

クリックはこの説の根拠として、現在の地球上の生物で、モリブデンが
必須微量元素と重要な役割を果たしているが、クロムとニッケルは
重要な役割を果たしていない。しかし、地球の組成はクロムと
ニッケルが多く、モリブデンはわずかしか存在しないことを
あげています。つまり、生命はモリブデンを主成分とする星から来た。

また、地球上の生物の遺伝暗号が、ほとんど共通したしくみになって
いるのは、そもそも「たったひとつの種」がまかれ、その種から
地球上の全ての生物に変化していったため、とも述べているんです。
うーん、もっともらしい気もしますが、どうなんでしょうか。
自分の理解の範囲を超えています。

パンスペルミア説のイメージ
dbbg (6)

さて、クリックの説は、はっきりとは説明されていないものの、
どうやら高度に進化した宇宙生生命体は、地球だけをターゲットに
したというわけではなく、どこに落ちてもいいよう、全宇宙に
生命の種をばらまいたということのようです。この部分は、
映画の『プロメテウス』とは少し異なっていますね。

『プロメテウス』で、意図的パンスペルミア説とともに用いられて
いるのが「古代宇宙飛行士説」です。これは、1970年代に、
スイスの実業家エーリッヒ・フォン・デニケンが唱えた、
宇宙生命体は地球に生命の種をまいただけではなく、
さまざまな技術を与えて超古代文明を築かせたとするものです。

エーリッヒ・フォン・デニケン
dbbg (1)

デニケン説では、宇宙生命体の痕跡は世界各地にあり、日本の
遮光器土偶も、宇宙人の姿を現したものだとされます。では、
もしこの説が正しいとして、何のためにそんなことをしたのか?
それについては、はっきりとは説明されていませんが、

われわれがマウスなどを使って行うような何かの実験であるとか、
地球に文明を育てたのは、後に収穫するためであるとか、
いろいろ考えられないことはありません。『プロメテウス』でも、
この謎がメインテーマだったんですが、はっきりとわからないまま
終わってしまいました。続編で明らかになっていくんでしょうか。

さてさて、ということで、SF映画の背景を説明してきたわけですが、
映画の場合、娯楽的な要素を詰め込むのも重要で、
そのためにテーマの焦点がボケてしまったりもします。
まあ、これはいたしかたないんですね。では、今回はこのへんで。

これも宇宙人?
dbbg (3)