FC2ブログ

灯りのオカルト

2019.04.23 (Tue)
今回はこういうお題でいきます。みなさんは自宅の灯りに何を使って
おられますでしょうか。さすがにランプという人はいないでしょう。
自分のとこは、ほぼすべての照明を蛍光灯等からLFDに変えまして、
初期投資はかかりましたが、電気代は安くなりました。

さて、歴史的にみると、人類は長く天然の照明を利用してきました。
太陽光のことです。日が沈めば1日の活動が終わり、日が昇るとともに
行動を始める。じつに健康的な生活だったわけです。夜に灯りをともすのは、
何かの儀式をやるなどの特別な場合だけでした。もちろん、
冬に暖をとるために焚き火をすれば、それが灯りにもなっていました。

下図は縄文時代の「釣手土器」と呼ばれるもので、中に火を入れて
吊り下げて使用する灯火具です。用途としては、篝火として使われた、
また、火の神を祀るための儀式に使用されたなどと推測されています。
この図のものは長野県出土ですが、人面が復元されています。

SDDDR (4)

この人面は女性で、日本神話に登場する「イザナミ」ではないかとする
説があります。ご存知のように、男神イザナギと女神イザナミは結婚して
日本列島とたくさんの神々を産みましたが、最後に、火の神である
火之迦具土神(カグツチ)を産んだために陰部に火傷を負って、
イザナミは亡くなってしまいます。

イザナギとイザナミ
SDDDR (1)

そのイザナミが胎内にカグツチを宿している様子が、この土器に
表わされているというわけですが、文字のない縄文時代のことでもあり、
何とも言いがたいですね。また、下図の釣手土器の蛇状の形は、
古代に生息していたツチノコではないかという話もありますが、
たんに普通の蛇を装飾的に表現しているだけかもしれません。

SDDDR (5)

さて、灯りの歴史に戻って、縄文・弥生時代の灯りは焚き火やたいまつ、
古墳時代に入って、魚油を用いた灯りが使われていたことが確認されますが、
一般的ではありません。基本的には篝火です。奈良時代に蜜を原料とした
ロウソクがつくられ、室町時代ころに現在のロウソクに近いものになりました。
ただしロウソクは特殊な灯具で、主に仏寺で用いられていたようです。

平安時代には、宮中では主に魚油やエゴマ油を用いた灯火をともし、
清少納言の『枕草子』には、官位を任命する夜に、油をさして回っていた
燈台が倒れ、大騒ぎになったことが書かれています。
また『平家物語』では、平清盛の父である忠盛が、

白河上皇を警護して夜歩いていると、前方に小槌のようなものを持った
鬼が現れ、護衛の武士が騒いで射殺そうとしたところ、一人冷静だった
忠盛がその者を捕らえ、年老いた法師が灯籠に油を注ごうと
していたのであったことがわかります。このように、平安時代には、
灯籠、燈台などの照明器具が普及してきていたようです。

平安時代の燈台 覆いはない
SDDDR (6)

江戸時代に入って、照明器具として主に行灯が使われるように
なりました(屋外は提灯)。当時の江戸は世界的な大都市であり、
裕福な商人階級がたくさん生まれ、さまざまな文化が花開きました。
その中の一つに、好事家による「百物語」があります。

前に一度書いたことがあるんですが、正式な百物語の作法は、
L字型になった3つの部屋を用い、話をする部屋は無灯、隣の部屋も無灯、
一番奥の部屋には青い紙をはった行灯に百本の灯心を入れ、
文机の上に鏡を置きます。自分の話が終わった者は奥の部屋に行き、

灯心を1本引き抜いて鏡で自分の顔を見る。そして、百話の話が
すべて終わったときに怪異が現れます。下図は鳥山石燕が描いた
「青行燈」という妖怪ですが、百物語で使われる、
青い紙を張った行灯を象徴しているのかもしれません。

妖怪「青行燈」 江戸時代の行灯のつくりがよくわかります
SDDDR (7)

また、江戸の地には吉原があり、真夜中でも明かりが消えることのない
不夜城でした。下図はやはり鳥山石燕の「火消婆」という妖怪で、
吹消婆とも言われます。これは、ロウソクや油を浪費している
吉原の遊郭を風刺したものだという説がありますね。

妖怪「火消婆」
SDDDR (3)

さて、この後明治に入って、照明はガス灯や石油ランプが
使われるようになり、やがて電線が村々まで張りめぐらされて、
暗い夜の闇はだんだんにせばまっていき、それと同時に
数々の妖怪たちも姿を消していったんですね。

さて、最近のホラー映画で『ライト/オフ』というのがありました。
照明を消して暗くなると悪霊が現れるという趣向で、
なかなかいいアイデアだったと思いますが、オチはちょっと安易だった
かもしれません。悪霊の姿はブラックライトで見て戦うことができました。

さてさて、ということで、灯りについてのオカルトをみてきました。
電気製品の進化により、暗い闇がなくなってしまいましたが、
そのかわりというか、みなさんは照明をつけて怪談本を読んだり、
ホラー映画を見たりできるわけですね。では、今回はこのへんで。

関連記事 『好きな鳥山石燕の絵』 『火消婆』

SDDDR (2)





スポンサーサイト

ワニのオカルト

2019.04.22 (Mon)
ssssae (3)
「ギュスターブ」とされる画像

今回はこういうお題でいきます。ワニは古くからいる生物で、
恐竜と同時代にはすでに存在していました。
そして恐竜がすべて消え去った大絶滅を生きのびて現在にいたります。
じつに生命力が強いんですね。なぜ、ワニが巨大隕石衝突からの
大絶滅を生きのびたのか、理由は解明されていません。

さて、ワニは世界各地にいますが、大きく3種類に分けられます。
アリゲーター、クロコダイル、ガビアルですが、
この中で、人間にとって最も危険とされるのはクロコダイルです。
最大7m、1tちかくになり、海水中でも行動できると言われる
イリエワニはクロコダイルの仲間です。

上アリゲーター、下クロコダイル
ssssae (6)

さて、日本には古代からワニはいませんでした。ですが、
『古事記』には、「ワニ」が出てくる有名な記述があります。
神武天皇の母親で海神の娘である豊玉姫が、神武天皇を産むとき、
「自分の姿を見るな」と言ったのに、夫の火折尊は言いつけを破って
見てしまいました。典型的な「見るなのタブー」ですね。

豊玉姫
ssssae (4)

そしたら、『古事記』では、姫は「八尋和邇 やひろわに」
の姿をしていました。「八尋」は長さの単位で10数m。
まあ、巨大なという意味でしょう。「和邇」について3つの説があります。
① ワニは日本にはいないのでサメのことである
② ワニはそのままワニである ③ 伝説上の生物である竜のこと

まず①ですが、日本にはワニはいないので、中国から「鰐」という漢字が
伝わったとき、当時の日本人はワニがどういうものか頭に浮かばす、
同じ水中の危険生物であるサメと混同されてしまった、というもの。
まあそうかもしれません。それに対し反論したのが、
民俗学者の折口信夫です。

折口信夫
ssssae (5)

②の折口説は、豊玉姫の出産の描写が「陸上で腹ばいになり、のたうつ」
とあることから、サメではなくワニであるとしました。
また、同じく有名なワニが出てくるエピソード「因幡の白うさぎ」で、
ウサギに騙されたのはやはりワニで、これは南方の神話が
そのまま伝わったためとしています。

最後の③説ですが、豊玉姫の父は海神で、おそらく竜神と思われるので、
その娘もまた竜だろうということです。うーん、どれもありそうというか、
どうでもいいというか、あまり本質的な議論ではないと思います。
自分は、あえて言うなら③説かなあ。

さて、ワニは危険な生物です。映画ではワニ物、サメ物のどちらもあり、
『ジョーズ』の影響でサメの危険性が知れ渡りましたが、
実際には、サメが原因で亡くなる人は、1年に世界中で10人程度です。
それに対し、ワニに襲われての死亡は1000人を越すと言われます。

アフリカコガタワニ
nisiafrica-kobitoWM (12)

これはもちろん、そもそもサメの出る海域で泳ぐ人はごく少数です。
それに対し、ワニは陸上の湖水、河川にいますし、東南アジアや
アフリカでは、水くみ、洗濯を川で行っている人はたくさんいて、
遭遇する機会が圧倒的に多いわけです。

危険なワニの伝説は各地にあります。アフリカで有名なナイルワニ、
「ギュスターブ」による犠牲者は300人、体長は6mで、
年齢は推定100歳以上。鱗は厚く固く、ライフル銃の弾をはじき、
致命傷を与えることはできないとされます、

このギュスターブですが、結局、捕獲されることはなく、
2008年を最後に目撃例は途絶えています。おそらくは、
自然死したんでしょうね。あと、300人の犠牲者と言っても、
すべてに目撃者がいるわけではないので、他のワニの被害が
ギュスターブのせいにされてる事例が多いんでしょう。

東南アジアでは、フィリピン南部のミンダナオ島で捕獲された、
「ロロン」というイリエワニが知られています。
12歳の少女の頭を喰いちぎり、成人男性2名を食べたとみられ、
捕獲されましたが殺されず、飼育中に死亡しました。
ギネスブックには、このワニが世界最大として記載されています。

捕獲された「ロロン」
ssssae (2)

ギネスといえば、世界最大の動物による被害事件として、
ギネスブックには「日本軍のワニ被害」というのが載っています。
敗戦の年、1945年、現ミャンマーのラムリー島を奪還するために
イギリス軍が上陸して日本軍と戦った戦闘において、

日本軍が撤退するときに、マングローブの沼地に、
負傷者の血の臭いにさそわれたたくさんのイリエワニが集まり、
兵士1000名以上が犠牲になったと出てきます。しかしこれ、
さすがに眉唾です。おそらくは銃撃された戦死者の死骸を
ワニが食っているのを見てできた話ではないでしょうか。

ssssae (1)

あと、youtubeなどの動画サイトには、イリエワニとホオジロザメが
戦うシミュレーション動画などが出てきますが、
実際に戦うことはまずないと思われます。出会う確率が低いですし、
たまたま遭遇しても、互いに本能的に危険を察知して
避けるんじゃないかと思いますね。

さてさて、ということで、ワニの怖い話を見てきましたが、
日本にはワニはいないので、やはり現実的な恐怖感がありません。
大陸では人食い虎の話もたくさんありますが、日本には虎もいませんし、
危険な動物はせいぜいが狼と熊といったところだったでしょう。
そういう意味でも恵まれていたと思います。では、今回はこのへんで。

関連記事 『アフリカのA子の話』 『動物ホラーについて』






車のオカルト(雑談)

2019.04.20 (Sat)
dddddddwee (3)

今回はこういうお題でいきます。昨日「家のオカルト」を書いたから
今日は車、というわけではないんです。今朝、出かけようとして
車に乗ってキーを回したら、たくさん警告灯が出てエンジンがかからず、
バッテリーあがりやガス欠ではないので、
しかたなくディーラーに電話して、さっきドナドナされていきました。

まあ、車がなくても大阪市内は移動に困ることはないので、
修理されてくるまで、電車・バスで動けばいいだけですが。
あ、今回は雑談みたいな内容になるので、おヒマな方以外は
スルーされたほうがいいかもしれません。

自分はここ20年、4代にわたってJeepのグランドチェロキーを
乗り継いでまして、故障には慣れています。
初代の車は、ガソリン4700ccでOHVという原始的なエンジンを積み、
燃費は極悪でした。どのくらいかというと、
街中だとリッター4kmいかないんですね。

現行グランドチェロキー
dddddddwee (6)

そのため燃料タンクが大きく、たしか20ガロンだったと思います。
75Lくらいです。ですから、給油のたびに万札が飛んでました。
今乗ってる4代目は、それよりいくらか燃費はましになりましたが、
ガソリンタンクが90Lなんですよね・・・

ちなみに豆知識として、アメリカは日本に比べてガソリンの値段が
安い(現在、約4Lで80円くらい)ので、車は最初から燃費に気を使った
つくりになってないんです。それでもあまりヒドい場合は、
「gas guzzler ギャスギャズラー ガス食い車」と言われます。

で、故障も多んです。年に1、2回はディーラーのお世話になるんですが、
いちおうアメ車の名誉のために書いておくと、エンジンやミッション、
ブレーキなどの車の基本となる部分は壊れたことはないです。
不具合が起きるのはエアコンやナビ、イモビライザーなどの電装です。
おそらく今回も、エンジン本体の故障ではないと思います。

さて、「車 オカルト」で検索すると、何が出てくるかというと、
これは車好きの方ならご存知だと思いますが、「オカルトパーツ、
オカルトグッズ」と呼ばれるものです。この液をオイルに混ぜると
燃費がよくなるとか、磁石をエンジンルーム内に貼りつけると
走りがよくなるとかの、怪しい製品。

この画像と本項の内容は関係ありません
dddddddwee (5)

そういうのは、説明書に製造会社で実施したテスト結果がグラフになって
出てたりします。中には、原理的に納得できるものもないわけでは
ありませんが、結局、多少燃費がよくなったとしても、
その製品を買う値段で相殺されてしまうんですね。

原理のよくわからない「神秘の力」で車の走りを改善するという
製品も、昔はたくさんあったんですけど、最近はさすがに大手カー用品店で
取り扱われることが少なくなりました。苦情があるんでしょうね。
消えゆくオカルトと言っていいかもしれません。

医薬品でも「ブラセボ効果」があり、効果がないはずの偽薬を投与しても、
中には病状が改善する人がいます。それと同じで、
「走りがよくなる」との宣伝を真に受けて買った人には、
おそらく走りがよくなった気がするんでしょう。

さて、車のオカルトといっても、車でどこかドライブに行って
怪異に遭ったというのをのぞくと、パターンはだいたい決まっています。
その昔、白いセリカとか赤いゼットとかいろいろありましたが、
その車に乗ると事故を起こし、ドライバーや同乗者が死ぬ。

dddddddwee (1)

しかし、大事故なのに不思議と車は大きく破損しない。
それで修理されて中古車屋に並ぶ。でまた、買った人が事故る。
これを何度かくり返して伝説の車になるわけです。あとは、
誰も乗ってないはずなのに、ルームミラーに人影が映るとか。しかし、
それだとありきたりすぎて怪談にはなりません。

車の怖い映画といえば、スティーブン・キング原作の『クリスティーン』
が有名です。赤の1958年型プリムス・フューリー。
この車は邪悪な意思を持っていて、買って乗る人の魂に憑依して
人格を変えてしまいます。破壊しようとすれば、
ドライバーがいなくても勝手に走って襲いかかってくる。

クリスティーンにはモデルがあると言われます。1964年に製造された、
ダッジ330特別限定車、ゴールデンイーグルの中の1台です。
14人の人間を、事故ではなく殺人で殺したとされます。
下の画像がゴールデンイーグルですが、これが呪われた車ではありません。

dddddddwee (2)

問題の車は、警察用車両として採用されたんですが、
乗っていた3人の警官が次々殺され、その犯人もすべて自殺した。
悪魔の憑いたこの車を破壊しようとした教会のグループは、
凄惨な車の事故や落雷などで全員が死亡したなどと言われますが、
すべて追跡調査のできない面白半分の噂でしかありません。

さてさて、ということで、ほとんど雑談でしたが、もちろん、
車で怖いのは幽霊ではなく実際の交通事故です。悲惨な事例は
枚挙にいとまがありません。みなさんも十分お気をつけください。
では、今回はこのへんで。

関連記事 『ナビ』






家のオカルト

2019.04.19 (Fri)
今回はこういうお題でいきます。これはかなり大きなテーマですね。
ホラー映画や小説でも「家もの」といえば、一つのジャンルを形成しています。
ホラー小説を書く人は、一度は家ものに挑戦してみたいと
考えることが多いんですが、これまで、さまざまなアイデアが
出つくしている感があるので、新味を出すのはたいへんそうです。

『ヘルハウス』
dddd (1)

では、なぜ家ものホラーの作品が多数あるかというと、
時間の経過とともに変化していく心理が、描きやすいからじゃないかと
思います。どういうことかというと、典型的なストーリーとしては、
まず、ある家に新しく家族が引っ越してきます。

これ、日本だと一軒家を中古で買うというケースはあまり多くないんですが、
アメリカでは普通にあります。で、越してきた家族の父親が仕事を
チェンジしたりしてて、明るい陽光の中、希望に満ちた雰囲気で始まる
筋書きが多いんです。そして、新しい暮らしの中で、
少しずつ奇妙な出来事が起こり始める。

ここで、希望が不安に変わりますが、気のせいだと思い込もうとします。
ですが、ついに怪異の存在を信じざるをえない決定的な事態が起こり、
不安はさらに恐怖に変化します。家族の結束も崩れ、
中には怪異の側に取り込まれてしまう者も出てきます。

『ハウス』
dddd (6)

そして、それまではチラチラとしか出てこなかった怪異の正体が姿を現し、
驚愕の真相が明らかになる・・・こんなパターンがほとんどですよね。
家ものホラーは舞台が限定されてるので、その中で、
日常に非日常が侵食してくる過程が描きやすいわけです。

自分が書く怖い話で、家ものは多くはないんですが、
これは理由がはっきりしていて、家ものにすると長くなってしまうからです。
時間的に長いものを書くのは無理なので、どうしても、
スケールダウンした「部屋もの」になってしまいます。

関連記事 『剥製の家』

みなさんが実話怪談や漫画で読む中にも、部屋ものは多いですよね。
その理由の一つには、短編に向いているということがあげられます。
あと、日本だと賃貸アパートに一人暮らしというのは普通ですが、
アメリカでは学生はお金がなく、ルームシェアが盛んなので、
「ルームメイトもの」という派生ジャンルがあります。

『パラノーマル・アクティビティ』
dddd (4)

さて、日本で最近の家ものでヒットしたのが『呪怨』のシリーズです。
夫に惨殺された伽椰子(と魔界に引き込まれたその息子)の怨念により、
その家に一歩でも足を踏み入れるとか、少しでもかかわった者は
必ず悲惨な死に方をして例外はありません。

最初から怪異の原因がわかっているので、映画に謎解きの要素は
あまりなく、登場人物がどうやって死んでいくのかが
見どころになります。雰囲気で押していく日本のホラー映画の
特徴がよく現れた作品かなと思います。

『呪怨』の家


で、この『呪怨』ですが、自分のアメリカ人の知り合いに見せると、
違和感を口にする人がけっこういるんです。「伽椰子の怨念がいくら
強いといっても、しょせん一人じゃないか。相手は魂だけの
幽霊なんだから、肉体も魂も持っている生きた人間が、
ああも簡単に負けて殺されてしまうのは変じゃないか」

こんな感想を持たれることが多いんです。
まあ、アメリカ人の多くは、生きていくことは戦いだと思っているので、
こう考えるのはわからなくはないです。あと、「伽椰子とは関係のない
人間が、家に入っただけで死ぬほど呪われるのは変だ」

『ホーンテッド』
dddd (3)

これも無理のない考え方だと思います。実際、江戸時代の幽霊話は、
すべて因果ものでした。『四谷怪談』のお岩さんは、
自分を殺した夫への恨みで怨霊化するわけですが、
関係のない人間に祟ることはありませんよね。

『四谷怪談』は芝居ですので、観客は怖いと思いながらも、
お岩さんの恨みが晴れるよう応援し、夫の伊右衛門が悲惨な目に遭うと
「因果応報だ、ざまあみろ」と思うわけです。それが、
現代のホラーは、地雷を踏むような感じで、何も悪いことをしていない
人間が死んでしまうというように変質してきてるわけです。

『悪魔の棲む家』
dddd (2)

あと、西洋のホラーは何らかの形で悪魔がかかわっていることが
多いんです。『ローズマリーの赤ちゃん』は、マンションの住人全員が、
悪魔を信奉するサタニストでしたし、家ものホラーの定番『ヘルハウス』も、
悪霊の正体ベラスコは、生前、悪魔主義的な儀式をくり返し、
自分の魂を鉛で封印された部屋に閉じ込めていました。

スペイン映画の『REC』なんかも、たんなるゾンビものではなく、
アパートの中で、悪魔憑きが感染していくという内容でした。
ただ、この形は日本では難しいので、例えば、悪魔のかわりに、
古墳から掘り出された古代の精霊とかにする必要があります。

さてさて、ほんのちょっとさわりを書いつもりなんですが、
予定の字数が尽きてしまいました。やはり家ものというのは大きな内容を
含んだジャンルなんですね。そのうち続きを書きたいと思います。
では、今回はこのへんで。

dddd (5)




子どもとオカルト

2019.04.17 (Wed)
『オーメン』リメイク版


今回はこういうお題でいきます。カテゴリはオカルト論です。
怪談で、子どもが出てくる話はいろいろ思いつきますが、
自分はあまり書かないですね。怖い話の創作を始めた最初のころに
「ミキちゃんの人形」というのを書いたものの、
これはちょっと本道ではないと考えて自粛してるんです。

関連記事 『ミキちゃんの人形』

さて、子どもの怪談の場合、大きく分けて、
子どもが何らかの被害に遭う話と、子どもの幽霊が出てくる話の
2つがあるんじゃないかと思います。子どもが被害に遭うということでは、
昔からあるのが「神隠し」譚です。

昔の神隠しは、基本的には、神域とされる山や森で起きることが
多かったんです。何らかの事情で、禁じられている山に入って
しまった子どもが戻ってこない。そういう場合、
その山にすむ神様に隠された、あるいは山の天狗にさらわれた
などと言われました。神隠しの別名が「天狗隠し」です。

柳田國男の『遠野物語』には「寒戸の婆」という話が収録されており、
寒戸という家の8歳の女の子が外で人形を持って遊んでいたが、
いつのまにか姿が見えなくなった。みなで探したら、
庭の梨の木の根もとに、履いていた赤い草履と人形がきれいに
並べられているのが見つかっただけ。

「寒戸の婆」
zzaas (1)

村の衆大勢で探したがどこにもいない。家の主人はしかたなく、
女の子がいなくなった日を命日として供養を続けていた。
それから何十年もの歳月がたち、主人は亡くなって息子の代になり、
ある風の強い日、外でその子の供養をしていると、
ぼろぼろの着物の見かけない婆さんがいる。

怪しんだ人々が身元を尋ねると、なんと供養されている女の子
本人だと言う。驚いて家の中に入るように手を引くと、
婆さんは、「そんなことはしていられない、みなが元気なのを見て
安心した」と言い、どこへともなく消えてしまった。

それ以来、風の強い寒い日に子どもがいつまでも外で遊んでいると、
大人たちは、「こんな日には寒戸の婆が来るぞ」
そう、子どもたちをおどしつけた・・・こんな話です。
上で書いたように、昔の神隠しは神域で起きるとされていたので、
自宅の庭でいなくなるというのは、本来の形ではない気がします。



これは、今で言えば何者かに拉致・監禁されたということを
示唆してるんじゃないでしょうか。昔の村でも、完全に外界から
孤立していたわけではなく、物売りや旅芸人、武士なども入ってきて
いたので、それらの者にさらわれたのかもしれません。

また、昔は飢饉の年などには、口減らしで子どもを殺してしまったり、
女の子なら人買いに売ったりということもありました。
その手の人買いは昭和30年頃までは珍しくなかったんです。
ある家から急に急に子どもがいなくなり、

隣近所では、薄々その事情を察してはいても、共同体の中で
事を荒立てないようにするため、「神隠し」という便利な言葉が
使われたのかもしれません。怪談の『累ヶ淵』でも、
2人の子どもを川に落として殺してしまったのが、村の中でいつまでも
発覚せず、親が罪に問われなかったことが怪異の始まりでした。

さて、次に子どもの幽霊について見ていきますが、
「鞠をつく女の子」の霊というのを映画などで見たことがあるという
人も多いんじゃないでしょうか。日本だと、振り袖を着たおかっぱの
10歳以下くらいの女の子が、いっしんに手鞠をついている。

じつはこのイメージ、外国にもあるんですね。下の画像は、
1973年の古いイタリア映画、『呪いの館』からのものですが、
鞠を持っているのは、馬車に轢き殺された7歳の女の子で、
この子の姿を見た者はみな死んでしまう、という筋だったと思います。

『呪いの館』
zzaas (2)

日本から伝わったというより、洋の東西を問わず不気味なビジュアル
として怪談になりやすいんでしょう。子どもは何を考えているか
わかりにくいですし、大人の常識が通じない場合が多い。
そういう点で、幽霊として登場させると扱いやすいかもしれません。
『呪怨』シリーズの、あの青白い子どもなんかがそうですね。

あとは、子どもの頃だけ、大人に見えないものが見える
といった話もあります。映画の『シックスセンス』には、
いつも霊が見えてしまって、怯えきっている少年が出てきますが、
あんな感じです。そしてその能力は、成長すると失われてしまう。

『シックスセンス』
zzaas (4)

モダンホラーだと、子ども特有の無邪気さで、善悪もよくわからないまま、
周囲を害していってしまうといった内容のものもあります。
ジョディ・フォスターが主演した『白い家の少女』はそんなストーリーでした。
あと、『オーメン』のような悪魔の子どもの話は、日本にはなじまないですね。

さてさて、ということで、いまいちまとまらない内容になって
しまいました。子どもの怪談・オカルトについては、
まだまだ書くことがあるんですが、続きはまたの機会とさせてください。
では、今回はこのへんで。

関連記事 『神隠し』