FC2ブログ

夢をどう使うか?

2020.01.18 (Sat)
ethahtth (3)

今回はこういうお題でいきます。怪談論ですね。
自分が書く話には夢が出てくるものが多いですが、もちろん、
最初から最後まで夢で終わることはありません。では、夢は
怪談にどう使うことができるでしょうか。少し考えてみたい
と思います。みなさんの参考になればいいですが。

まず、最初に考えられるのは、未来を夢が予言する、いわゆる
予知夢です。予知夢には、悪い未来を予言するものと、
よい未来を予言するものがありますが、よい未来の場合は
なかなか怪談にはなりにくいと思います。

「夢見が悪い」という言葉があります。簡単に言えば悪夢を
見ることですが、一口に悪夢と言ってもいろいろあります。
怪物に追いかけられる夢、高いところから落ちる夢、
すでに亡くなった人が何人も出てくる夢、学生時代の試験で
答案が白紙のまま時間切れになってしまう夢・・・

夢を食べる動物「獏」、じつは中国ではジャイアントパンダのこと
ethahtth (8)

ただ、これだけだと予知夢とは言いにくい気がします。もう少し
具体的なほうがいいですね。例えば、死んだおばあちゃんが
出てきて、あなたの右腕をなでて悲しそうな顔をする。
これだったら、近い将来に腕にケガを負うことを暗示
しているのかも、と思いますよね。

ところが、もし夢の中で右足だけが大根になっていたとしたら。
で、あなたは夢の中で、困ったなあ、これじゃあ会社に行けない
と考えている。この大根になる夢を何度かくり返し見て、
さて何が起こるのか? 怪談にはこういうパターンもあります。
現実とどうつながっていくかが腕の見せどころです。

黒澤明 『夢』
ethahtth (6)

いい予知夢というのは、宝くじ当選の体験談によく出てきます。
白い蛇が小判の山の上にとぐろを巻いていた、これはと
思って翌日宝くじを買ったら見事当選した。やはり怪談には
なりません。なんとか逆手にとれませんかね。

こういうのはどうでしょう。あなたはその夢を見て宝くじを
買い、番号を控えた。さらに念を入れようと思い、蛇神様を
祀っている神社にお参りに行き、くじの束をご祈祷して    
もらった。そしてくじをバッグに入れる途中で、足元を蛇が
走り抜けた。キャーと言ってくじは散らばり、

何とか拾い集めたが1枚だけ足りない。あとで抽選を見たら、
続き番号で1枚だけなくなったくじが1000万円に
当たっていた・・・ 予知夢の反対は過去を見る夢になります。
こういうのはどうでしょうか。夢の中であなたは、
小学生まで住んでいたせまいアパートにいます。

夢探偵が活躍する、筒井康隆原作のアニメ映画『パブリカ』
ethahtth (5)

あなたの母親が絶叫しながら包丁で何かを刺している。
現在の母親よりもだいぶ若い姿です。たちまち床に血が
こぼれますが、母親が何を刺しているのかはぼんやりして
わからない。あなたの父親はあなたが2歳のときに失踪して
今も行方不明です。もしかしたらあれは、母が父を

殺している姿だったのではないか。疑惑がめばえます。
そこで母のいる実家に行ってさぐりを入れると・・・
うん、一つの怪談になりそうです。次に、夢の中に現実が
侵入して来る話。あなたは最近、夫が浮気していることに
気がつき、離婚話が持ち上がっています。

デカプリオ、渡辺謙が共演した『インセプション』
ethahtth (1)

頭にきているあなたは、夫と別れて慰謝料をふんだくって
やりたいが、ここのところどうも夕食後、すぐに眠くなってしまう。
そして何度も、ロープで輪をつくり首を吊ろうとしている夢を
見ます。それで、寝る前に飲んでいたブランデーをやめて
みました。その夜、夜中に目を覚ますと枕元に人の気配がします。

浮気発覚以来、寝場所を別にしていた夫が暗い中に座ってて、
「吊れ~、吊れ~」と言いながら呪文を唱えている・・・
うーん、いまいちかな。逆に、夢が現実に侵入している話も
あります。あなたは夢の中で粘土をこねて人の顔を作っている。
あまり特徴のない中年男性の顔です。

ご存知『エルム街の悪夢』では、夢の中で殺されると現実にも死んでしまう
ethahtth (4)

それだけだとツマラナイ感じがしたので、目の間に大きな
イボをつけ加えてみた。するとすごく満足した気持ちになって、
朝を迎えた。変な夢だったと思ったが、すぐ忘れてしまった。
翌年度、あなたは本社に栄転になり、会社にあいさつにいくと、
直属の上司である課長が出てきたが、顔に大きなイボがある。

あなたは夢を思い出して「あっ!」と叫んでしまう。すると、
課長はあなたを睨みつけて、「お前だったのか、俺の顔に
イボをうつしたのは!」と言う・・・うん、これいいですね。
このタイプのアイデアはナンセンス話に使えそうです。
あとはそうですね。夢から出られなくなってしまう、

ethahtth (2)

というパターンもあるかと思います。『不思議の国のアリス』が
そうですよね。途中でアリスは、これは夢だと気がついている
ものの、いつまでも覚めることができない。最後に癇癪を起こして、
赤の女王たちに「なによ、あなたたちなんてトランプのくせに!」
と怒鳴ってひっくり返し、それでやっと夢の世界から抜け出る。

さてさて、この他、SFだと他人の夢に侵入できる超能力(または
超技術)が出てくる話があります。筒井康隆原作の『パブリカ』
では、他人と夢を共有できる夢探偵が、夢の中で罠を仕掛けられる。
デカプリオ主演の『インセプション』は、他人の夢に忍び込んで
金になるアイデアを盗みとるお話でした。では、今回はこのへんで。

ethahtth (7)





スポンサーサイト



家もの、部屋ものホラー

2020.01.15 (Wed)
geggt (9)
『ヘルハウス』

今回はこういうお題でいきます。怪談論になります。
さて、ホラー小説や映画には、「家もの」と呼ばれるジャンルが
あるのはご存知だと思います。映画なら、まずあげられるのが、
リチャード・マシスン原作のイギリス映画、『ヘルハウス』です。
これ、傑作ですよね。じつによくできていると思います。

「滞在すると必ず死ぬ館がある。そこでは過去に、
館の主を中心に、背徳的・悪魔的な儀式が行われていた」
そこに、科学者夫妻と心理霊媒師、前回の探索で一人だけ生き残った
物理霊媒師を加えたグループが入り込み、異常現象の調査をする。
まずこの設定が、その後の家ものホラーに大きな影響を与えています。

これはC級なのでお薦めしません
geggt (1)

内容は、派手に血しぶきが飛び散るようなスプラッターではありません。
また、悪魔ものとも言いにくい。異常現象を起こしているのは、
ネタバレになりますが、かつての館の主ベラスコ個人の残留思念です。
それが鉛で囲まれた隠し部屋に渦巻いている。

心霊を科学で解明しようとするストーリーも、当時としては
新しかったですし、その館で死ぬ人物は必ず足に傷を
負うのはなぜか、という謎解きの要素もありました。この
『ヘルハウス』影響を受けて、たくさんの家ものホラー映画が
つくられました。実話をもとにしたとされる『悪魔の棲む家』。

心霊でなくても、ここまで怖くできる
geggt (2)

スティーブン・キングの原作は超能力ものですが、かなり違った
ストーリーになっていた『シャイニング』。シャーリー・ジャクスンの
小説『山荘奇譚』を原作とした『たたり』。新しいところでは
『パラノーマル・アクティビティ』のシリーズなど、
枚挙にいとまがありません。

小説のほうでも、ホラー作家であれば一度は家ものホラーに挑戦して
みたくなるようで、日本の小池真理子氏の『墓地を見おろす家』。
加門七海氏の『美しい家』。心霊要素はありませんが、貴志祐介氏の
『黒い家』。映画で大ヒットした『呪怨』など、数多くの作品群があります。

geggt (4)

ここで、お前はどうなんだ、と言われそうですが、自分は本格的な
家ものと言える話は書いていません。理由はおわかりだと思います。
家ものホラーはどうしても長くなるので、短い怪談では
処理しきれないんです。じゃあ、なんで家ものは長くなるのか。

家は部屋数が多いからでしょうか。まあ、そういう要素もなくはない
ですが、それよりも、登場人物が多くなるのが問題です。
特にアメリカ映画は「家族」というのが一つの大きな共通テーマと
なっていて、家ものホラーも例外ではなく、
「家長を中心とした家族 対 家」という構図になることが多いんですね。

欧米ではルームシェアものも多いですが、日本では一般的ではありません
geggt (5)

ご主人、奥さん、子どもたち一人ひとりのエピソードを描いてれば、    
それは当然長くなってしまいます。では、短い怪談の場合どうするか
というと、家ものがスケールダウンした「部屋もの」になります。
これだと、多くの場合、登場するのはその部屋に住むことになった
人物一人だけですよね。話を短く収められる。

自分も部屋ものはたくさん書いています。では、部屋もののパターン
にはどういったものがあるか。よくあるのは、前の住人が殺されたり、
自殺や孤独死をしていて、その霊が出てくる。ただ・・・
これだと、話としてはストレートすぎて、たくさん怪談を読まれた
ツワモノの方には物足りなく感じられるんじゃないでしょうか。

実話をもとにしたというフレコミです
geggt (8)

もう一ひねりも二ひねりもほしい。それで自分は、何らかの意図で呪いが
込められた部屋というパターンで書くことが多いんです。不動産屋や
他の部屋の住人がグルになってる場合もあります。「剥製の家」
というのを書いてますが、これは家と言っても、一部屋しかない離れです。
そこは、かつて剥製師をしていた大家の一人息子の仕事場を改造したもの。

その押入の奥に隠しスペースがあり、息子の剥製が他の動物たちと
ともに収められていました。大家の老夫婦は、わざと未婚の
美術学生を選んでその部屋を貸し、息子の冥婚の相手に
しようとします。たんに死者の無念だけではなく、
生きた人間の悪意も合わせて書きたいと考えたわけです。

この場合はホテルの一室です
geggt (6)

ただ、たった一部屋にキッチン・バス・トイレだけですから、
怪異がひそむ場所は限られています。天井裏、床下、押入、
バスルーム、これくらいしか考えつかないですよね。自分も、
天井裏も床下も使っていますが、もう少し新味を出したい。
そこで知恵をしぼったのが、「夜が来る話」という話です。

ふだん何気なく見過ごしてしまっているガス検知器、この中に
なぜか「夜スイッチ」が入っていて、そのスイッチが下りると
停電になり、さらに死者がよみ返るという、かなり非現実的な
内容になっています。これ、賛否あるでしょうが、
自分では気に入っている話なんです。

アパート全体が水に関連した呪いを受けている
geggt (3)

さてさて、ということで、家もの、部屋ものホラーの話をしてみました。
みなさんが、自分も怪談を書いてみようと考えた場合、
これが一番とっつきやすいんじゃないかと思います。
あるアパートの一室があり、そこにどんな住人を入れて、
どんな怪異を起こそうか・・・何か、わくわくしてきませんか。

怪談を書くのは、ある意味、模型を組み立てたり、手芸の人形を
作ったりするのと似ていると、自分は思っています。
パーツをいろいろ用意して、どこにどういうふうに組み込めば
より怖くなるか、考えながら作っていくのが楽しいんですね。
では、今回はこのへんで。

『エクソシスト』も部屋ものと言えます すべての怪異はリーガンの子ども部屋で起き、
登場人物も、実質的にリーガン(悪魔)とカラス神父だけ







怪談に出てくる職業

2020.01.02 (Thu)
fwwf (5)

今回はこういうお題でいきます。怪談論になります。自分は
このブログで、もう1000話以上の怖い話を書いていて、
老若男女、さまざまな人物が登場してくるんですが、その職業って
意外に限られてるんですよね。これは自分だけではなく、
プロの先生方が書かれる実話怪談でも似たようなものです。

まずいちばん多いのが学生で、その中でも大学生が多いですね。
これには2つの理由があります。一つは、まだ社会人ではないので、
バカをやっても許されること。例えば、お固い公務員が
心霊スポット探索とかは普通やりませんよね。
もし何か問題が起きれば、処分の対象になるかもしれません。

fwwf (4)

そういうことができるのは若いうちだけです。もう一つは、
学生は時間があるということ。夜中まで活動できますし、
日中も大学の授業は休むこともできます。時間の制約にとらわれる
ことなくストーリーを進められるのは大きな利点なんです。

これ、じつは推理小説なんかでもそうなんですよね。主人公は
学生ではないにしても、自由業・自営業がひじょうに多い。
例えば、京極夏彦氏の小説の主人公である中禅寺秋彦は、
京極堂という古本屋の主人です。何か事件があって急いで
駆けつけなくてはならないときは、奥さんに店をまかせればいい。

ドラマの浅見光彦 この人いつ仕事してるんだろうと思われないところが便利です
fwwf (2)

あと、ベストセラー作家の内田康夫氏のシリーズ物の主人公、
浅見光彦はフリーのルポライターです。全国を旅して回り、
事件を解決する探偵役には、これ以上の職業はないかもしれません。
さらに、じつの兄が警察庁刑事局長ということで、もし疑われても
身分保障してもらえる、ご都合主義の極地のようなものです。

毎日出勤してるサラリーマンを主人公にすると、作中の時間管理が
大変なのはおわかりでしょう。あと、やはり時間の自由がきく
子どものいない主婦なんかも、作中人物としては便利です。
夏休み中の小学生というのも、ノスタルジックな怪談にはぴったり。
さて、次に自分の話で多いのは警備員ですね。

これも理由はおわかりだと思います。警備員は夜の仕事で、
怪異は夜間に起きることが多い。警備員の仕事は大きく
交通誘導警備と施設警備があるかと思いますが、
どちらの話も自分は書いてます。特に施設警備の場合、
巡回する場所は学校や寺院など、なんとでも設定できます。

fwwf (3)

次に多いのは不動産屋の職員。これは時間というより場所が
関係してきます。怪談の大きなテーマとして『ヘルハウス』のような
「家もの」があります。ただ、家ものはどうしても長くなるので、
短編の実話怪談の場合「部屋もの」になることが多いです。

そしてそれらの一軒家やアパマンの部屋を管理しているのが
不動産屋。怪談の主人公になりやすいのはおわかりでしょう。
それと、やはり場所が関係してくるのが、建設業、土木業などの
いわゆる工事業務です。家の新築、解体、トンネル掘削、
井戸埋め、地鎮祭など、怪談になりそうな材料が目白押しです。

ホテルの場合、どちらかといえば宿泊客が怪異を体験するケースが多い
fwwf (1)

あとは、フリーターやプー太郎、チンピラなんかも怪談には
もってこいで、やはり時間の自由がきくからです。自分の書く
話のパターンの一つに、パチンコ屋とか競輪場でプー太郎が
奇妙な儲け話をもちかけられ、怪異の中に入っていって
しまうというのがあります。

次あたりにくるのが交通関係でしょうか。駅員やタクシー運転手。
不特定多数のお客に接するので、中には怖いものがまじっている
可能性もあります。よく聞く「青山墓地まで・・・」という
タクシー怪談なんかはまさにそれですよね。

接客業であるホテルマン、店員、理美容業なんかもそうですが、
怪異に出会っても、基本的に仕事中なので逃げ出すわけにも
いきません。心霊でなくても、最近は危険な人が街を
うろついているという「人怖」の話も増えました。

fwwf (7)

それから、自分の場合は神職が出てくるのがかなりあります。
数ある宗教の中でも、神道はすごく自由度が高いんですね。
ほとんど何でもありと言ってもいいでしょう。乱神、邪神を    
勝手につくっても変ではありません。キリスト教の怖い話が
神に敵対する悪魔という概念に縛られるのとはまったく違います。

さて、では怪談の登場人物に向いてない職業。これはここまで
書いてきたことの反対を考えてみればいいです。
時間に縛られる職業、お固い職業ということです。
自分は中高の社会教師の免許を大学のときに取りまして、
教育実習にも行ったんですが、学校の先生はとにかく忙しい。

fwwf (6)

絶対にならないぞとそのとき思ったんですが、怪異に巻き込まれてる
暇なんてないんですね。これは勤務医なんかも同じだと思います。
ですから、「病院の怪談」というテーマがあるわりには、
医師が主人公になってる話は多くはないんです。

さてさて、ということで、ここまでの内容は、みなさんが
怪談を書こうとするときのヒントになるんじゃないかと思います。
ただ、やはりその職業特有の知識は必要で、間違ったことを書けば
読者が興ざめして、それ以上読んでもらえなくなることもあるので
ご注意ください。では、今回はこのへんで。

fwwf (1)





怖い話のギミック

2019.11.27 (Wed)
njhuy (2)

今回はこういうお題でいきます。ひさびさの怪談論ですね。
途中で中断もありましたが、早いもので、このブログを始めてから
6年が経過し、その間に書いた話は1000話を超えています。
まあ、中には怪談ではないバカ話もあるんですが。

現在は、怖い話を書くペースは3日に1回にしてますが、
毎日書いていたときはほんとうに大変でした。ほんのちょっとした
アイデアを無理くりふくらませて一つの話にしあげるんですが、
今読み返してみれば、あんまり出来はよくないですね。
現在のペースがちょうどいいのかもしれません。

最初に怖い話を書き始めた頃は、アイデアはいっぱい持ってました。
あれも書きたい、このシーンを文章化してみたい、そうい意欲に
あふれていて、自分ながら話の出来もいいと思います。
でもさすがに、1000以上も書いてくると、
なかなか、これはというアイデアは出てこないんですよね。

njhuy (6)

じゃあどうするかというと、これまでオカルト研究でため込んだ
パーツをあれこれ持ってきて、プラモデルをつくるみたいにして
話を組み立てていきます。このパーツにあたるものを、
自分はギミックと呼んでますが、正式な用語とかではありません。

具体的にどのようにしているかは、最近書いた怖い話を例にとって
説明していきたいと思います。まず、直近の「ある老人の家の話」。
この中核となるアイデアは、「ある家に何かが封印されていて、
家を守ってる老人が亡くなってそれが出てきた」
たったこれだけです。なんか申しわけないようなもんです。

関連記事 『ある老人の家の話』

その封印されたものは何か? また、どういう理由で祟っているのか?
これらについては説明されないので、最後までわからないままです。
実話怪談が便利なのは、ある人物の視点から見たことをそのまま
書くため、その人物が知りえない情報は不明のままなんですね。

これがもし、SFやミステリの作品だったら、ショートショートで
あっても最後に種明かしというか、つじつま合わせをしなくては     
なりませんが、実話怪談ではその必要がありません。
あと、この話は。計5名の人物が登場して体験を語る形ですが、
それらの話を総合しても、やはり全体像はつかめない。

njhuy (5)

さて、まずギミックの一つめですが、「◯◯神社」の存在です。
問題の家から直線上にあるその神社は、その家を封印するために創建
されたと思われます。おそらく他に3つある神社もそうでしょう。
そして地域の子どもが参加する夏祭りも、やはり封印し続ける
ための儀式だろうという気がします。

でも、その家にあるもののパワーは年々高まっているのか、
正田老人は宅配で全国の神社から御札を取り寄せています。
はい、出ました。二つめのギミックは「御札」。
これが結末にもつながってるんですね。その家から出たものの
犠牲者の口の中に御札が入っていて、オチがつきます。

njhuy (4)

この他のギミックとしては、「川」 「蚊柱」 「自動開閉する鉄の門」
「地域に古くから住んでいる氏子たち」などがあります。
だいたい話の構造が見えましたでしょうか。
次に、その前に書いた「黒い羊の話」をみてみましょう。

関連記事 『黒い羊の話』

この話のアイデアは、前にニュース記事で、「ホームレスに暴力団が
住居を世話し、申請した生活保護費を搾取している」という内容を
読んだところからです。それをふくらませ、「住居を提供された
ホームレスが月に一人ずつ、おそらくは臓器移植関連の犠牲者に
なっている」という筋を考えました。



その陰謀を行う主体は暴力団でもいいんですが、より禍々しい
感を出すために「教会」ということにしました。ただし、
ちゃんとしたキリスト教の宗派ではないようです。
これがギミックの一つめですね。で、一つギミックが決まったら、
なるべくそれに関連したものを集めていきます。

くじ引きで使われるカードの当たりになっている「黒い羊の印」。
ストレイ・シープという言葉がありますね。迷える羊と訳され、
イエス・キリストが大衆への説教のときに言った言葉とされます。
また、羊はキリスト教以前には生贄にも使われていました。

修道院のハーブ・リキュール
njhuy (3)

それと「ハーブ」ですね。ホラー映画の古典『ローズマリーの赤ちゃん』
では、主人公に悪魔の赤ちゃんを産ませようとするマンション住人たちに
よって、食品にアニスが入れられていました。ハーブはキリスト教と
深い関連があり、ヨーロッパの修道院でつくられるリキュール酒には、
独自に調合した秘密製法のハーブが入っていますし、

魔城の宴とされるサバトにおいても、ハーブを使用して幻覚症状を
起こしていたと言われます。このハーブはおそらく、入居者たちの
内臓を良好な状態に保つためのものでしょう。アパート内が
禁酒禁煙なのも関係があると思われます。で、最後のオチで
主人公が黒い羊に腹の中を食われる夢を見てネタバレになる。

さてさて、ということで、2つの話からギミックをみていただきました。
ここで大切なのは、ギミックには統一感を持たせることです。
神道なら神道、キリスト教ならそれに関係したものということで、
何でもかんでもぶっこんでいいわけではありません。
何かの参考になりましたでしょうか。では、今回はこのへんで。

njhuy (1)





本物の怪談

2019.07.13 (Sat)
aswe (5)

今回はこういうお題でいきます。カテゴリは怪談論ですね。
自分が当ブログに書いている怪談は、ほとんどが創作です。また、
ネットで出回っているものの多くもそうでしょう。ただ、世の中には、
怪談としか呼べないような事件も実際に起きてるんですよね。
これは、猟奇犯罪事件ともまたちょっと違っています。

そういうのは、できるだけ記事の中でご紹介するようにしてきましたが、
いくつかふり返ってみたいと思います。最後に新ネタも入れてあります。
「人体の不思議展事件」 中国の話です。
古代中国は怪談の宝庫でしたが、現代でもそれは変わりません。
臓器関係や人肉食、食品汚染などいくらでもあります。

人体の不思議展は、プラスティネーションという方法で加工された
死体を1995~2012年にかけて巡回展示していた興行で、
その死体の身元は不明ですが、多くは死刑囚のものではないかと言われます。
その中で呼び物だったのが、妊娠8ヶ月とされる女性の死体を
腹中の胎児とともに展示したものでした。

プラスティネーションを行うには、死後すぐに加工を始めなくてはなりません。
この展示死体の場合、手枕のポーズをとらせ、腹部の皮をはいで
胎児をむき出しにし、胎児のほうにも樹脂を注入する必要があります。
中国ネットでは、この死体は、張偉傑という大連のテレビアナウンサーの
ものではないかという噂が出ています。

aswe (2)

張は、大連市の市長であった薄熙来の愛人でしたが1998年に失踪。
失踪当時、薄の子どもを妊娠していて8ヶ月でした。その後、薄は
妻とともにイギリス人殺人事件に関与して中国当局に逮捕され、収賄も
摘発されて無期懲役判決を受けます。で、この夫婦、死体を加工していた
大連の会社に資金を投資し、死刑遺体のルートも提供していたとされます。

関連記事 『晒しの話』

「御殿場市殺人事件」1987年、静岡県御殿場市の川原で男性の絞殺死体が
発見され、会社員のAさんと判明しました。妻の話では、それまで
たびたび不審電話がかかってきていて、その日もAさんは電話で呼び出されて
川原に向かった。しかし警察はこの証言を怪しみ、
妻を追求した結果、殺人を自白したんです。

で、この殺人が起きる少し前、妻は「女性セブン」の心霊写真コーナーに、
自分の息子を撮ったスナップを投稿しています。その写真の霊自体は、
木の葉の重なりが人の姿に見えなくもないというあいまいなものでしたが、
当時、心霊写真の第一人者であった中岡俊哉氏が鑑定して、
「被写体の子ども、あるいは撮影者に霊障のおそれがある」と述べています。

「女性セブン」誌の心霊記事
aswe (3)

ただ、この投稿が載った女性セブンの発売は殺人が行われた後のことで、
編集部では、中岡氏の鑑定が殺人行為に影響を与えたわけではないと弁解します。
この殺人犯の妻が、その心霊写真の中に何者の姿を見たのか、
そのときの心理を考えると背筋に冷たいものを感じますね。

関連記事 『女性週刊誌とオカルト』

「スレンダーマン殺人未遂事件」 これはアメリカの話。スレンダーマンとは、
異様に手足が長い長身の男で、顔はのっぺらぼう。子どもをさらうとされて
いますが、もちろん実在ではなく、アメリカのネット掲示板に投稿された
加工画像なんです。それがつくられた経緯もはっきりしています。

ところが、2014年、ウイスコンシン州で、14歳の少女2人が、
同級生の少女を押さえつけてナイフで19回も刺す事件が発生。
幸いなことに、被害者は重傷でしたが生きのびています。
主犯格の少女は、ネットで読んだスレンダーマンのサイトに触発され、
手下になるための条件をクリアするために犯行に及んだと証言しています。

また、スレンダーマンが彼女を監視して心を読み、司令を与えていると
信じていたそうです。明らかな創作物が、実際の事件の原因になったわけです。
この事件の裁判は現在も進行中で、犯人は未成年なんですが、第一審では、
主犯格の少女に対して、25年間の精神病院への収容という判決が出ています。

aswe (4)

関連記事 『〇〇manの恐怖』

そろそろ残り字数が少なくなってきたので、新ネタにいきましょう。
これはご存知でしょうか。「三原山連続自殺事件」 古い話です。
東京都、伊豆大島にある三原山は自殺の名所で、1933年だけで、
なんと男性804人、女性140人合計944人の投身自殺が起きてるようです。

1933年(昭和8年)、実践女学校の生徒、松本貴代子が親友の富田昌子に
自分の死を見届けてくれるように頼み、火口に身を投げました。
この事件について警察の捜査が進むと、富田は1ヶ月前にも、
別の女子生徒の依頼をうけ、同地で自殺に立ち会っていたことが判明します。

新聞やラジオで、一連の自殺事件を大々的に報道すると、
警察の取り調べとあいまって精神を病んでいた富田は、同年中に死亡。
死因は髄膜炎と発表されました。三原山火口にはたくさんの野次馬が押しかけ、
中には自殺志願者も多く、見物人が「誰か自殺するやつはいないのか」と
声をかけると、「おお」と答えて簡単に飛び込んだと当時の新聞に載っています。

三原山火口の古い写真、これってゴンドラに人が乗ってる?

aswe (1)

怖いですね。こういうのを「ウェルテル効果」といい、「自殺報道の影響で
自殺が増える」現象をさします。これは実際に確認されており、日本でも、
1986年のアイドル歌手岡田有希子の飛び降り自殺を受けて、30名あまりの
若年者が高所から飛び降り自殺しています。X JAPANのhideのときにも起き、
警察の要請で、メンバーが自殺を思い留まるよう呼び掛ける記者会見を開きました。

さてさて、ということで、まだまだあるんですが、これくらいにしておきます。
悪趣味と思われるかもしれませんが、自分はオカルト研究者として、
こういう事例をデータ化してファイルに保存してるんです。
今後も小出しにしていくつもりでいます。では、今回はこのへんで。