FC2ブログ

懐手3人衆の話

2019.05.31 (Fri)
cccc (3)
和服での「懐手」ポーズ

今回はこういうお題でいきます。だた、最後のほうに少しだけ
出てはきますが、あんまりオカルトとは関係ない内容なので、
スルーされたほうがいいかもしれません。さて、懐手というと、
基本的に和服のときにやりますよね。上の画像のように両腕を袖から出さず、
懐の中に入れておくことです。

当然、和服にはポケットがありませんし、懐に手を入れていると暖かく
楽です。「懐手をする」という慣用句にもなっていて、
「人にまかせて、何もしないこと」という意味で使われます。
で、和服の場合はいいんですが、洋服で懐手をするのは難しいですよね。

スーツの合わせ目やチョッキの中に、無理やり手を突っ込まないと
いけません。ですが、肖像画がその懐手ポーズで有名な人物がいます。
ナポレオン・ボナパルトその人です。ナポレオンの名前は
みなさんご存知でしょうが、具体的な業績をくわしく知ってる人は
少ないんじゃないでしょうか。

フランス革命により大混乱に陥ったフランス国内を収拾して
独裁政権を築き、ナポレオン戦争を引き起こして、イギリスをのぞく
ヨーロッパの大部分を影響下に置きました。しかしながら、
最終的に対仏大同盟との戦いに敗北し、流刑地のイギリス領
セントヘレナで亡くなっています。

アルプス越えをするナポレオンの勇姿
cccc (5)

ナポレオンの評価については毀誉褒貶がありますが、フランス第一帝政の
皇帝に即位したことを批判されることが多いんじゃないでしょうか。
せっかく革命でルイ16世ら王族を処刑したのに、
自分がそれにとってかわるように、絶対的な権力の座についたわけですから。

ベートーベンの「交響曲第3番 英雄」は、ナポレオンへの共感から、
ナポレオンを讃える曲として作曲されました。ですが、完成後まもなく
ナポレオンが皇帝に即位し、その知らせに激怒したベートーヴェンは、
「やつも俗物に過ぎなかったか」とナポレオンへの献辞の書かれた表紙を
破り捨てた、というエピソードがよく知られています。

さて、下図がその肖像画です。無理やりチョッキの中に手を突っ込んで
いるのがわかります。なんでナポレオンはこういうポーズをとっているのか。
まあ、正確なことはわからないんですが、一説には、
ストレス性胃炎を患っていたため、自分の胃を押さえているとされます。

cccc (2)

たしかにいろいろ心労はあったと思いますし、それは政治・軍事面だけ
ではなく、私生活でも妻のジョゼフィーヌの浪費と浮気に悩まされていたので、
胃炎説はぜったいありえないとは言えないと思います。
ナポレオンは1821年、セントヘレナ島で亡くなりますが、その死因は
胃癌であったと、遺体を返還されたフランス政府から公式に発表されています。

さて、懐手の人物の2人目は、坂本龍馬です。下図は高知県桂浜にある銅像で、
右手を懐に入れた写真をもとに作られています。ただ、和服の懐手というのは、
最初の三船敏郎の画像のような形で、竜馬のはちょっと違います。
で、この懐手について4つの説があるんですね。

cccc (1)

① 懐にピストルを入れていて、いつでも抜けるようにしている。
② 懐には「万国公法」が入っており、竜馬の開明的な性格を象徴している。
③ 寺田屋で手に深手を負っており、その傷をかばっているうちに癖になった。
④ 竜馬はフランス革命について勉強し、ナポレオンを尊敬していたから。

まあ、この中で最も言われているのは③でしょうね。
寺田屋で竜馬は幕府の捕り方2人を射殺し、数名に傷を負わせていますが、
そのときに刀をピストルで払ったため、両手の親指を負傷しています。
ただ、もう一つ、これについての⑤のオカルト説があるんです。

懐手の最後の人物は、伊藤博文です。日本の初代総理大臣として有名ですね。
前の2人のように肖像や写真には残っていませんが、
洋装でも懐手をするのを好んでいたという話があります。これについては、
ナポレオンを尊敬していたためポーズを真似ている、と言われることが多いですね。

cccc (4)

で、この3名、共通点があります。坂本龍馬、伊藤博文は暗殺されていますし、
ナポレオンも暗殺説が出ています。竜馬は中岡慎太郎と京都近江屋に滞在中、
刺客に襲われて即死。犯人は諸説あるんですが、京都見廻組の手による
というのが通説になっています。また伊藤は、ハルビン駅で、
大韓帝国の民族運動家、テロリストの安重根によって射殺されました。

ナポレオンについては、前述したように、死因は病死が公式なんですが、
後年、その頭髪を分析した結果、ヒ素が発見されたことから、
彼を幽閉していたイギリスの手によって暗殺されたという説も根強く
ささやかれています。これはナポレオン本人が臨終に際して、
「私はイギリスに暗殺されたのだ」と述べたことも大きんですね。

関連記事 『歴史を変えた重金属』

さてさて、ここからはオカルト話になります。それは、
この3人、じつは秘密結社フリーメーソンのメンバーだったというものです。
フリーメーソンは、16世紀後半に結成された実体のよくわからない友愛結社で、
その勢力を世界中に拡大し、有力な人物を多数抱えて、世界の歴史を
裏から操っているなどとも言われます。まあ、オカルト陰謀論の一つです。

フリーメーソンのシンボル
cccc (1)

で、フリーメーソンには、他の結社員にわかるように決まったポースがあり、
それが懐手だったというんです(笑) 。みなさんはどうお思いに
なりますでしょうか。「そんなバカな」というのは正常な反応で、
この3人について、メーソンのメンバーであった証拠は一切ないんですが、
話としてはなかなか面白いと思いませんか。では、今回はこのへんで。







スポンサーサイト



「怖い童話」について

2019.05.31 (Fri)
アーカイブ140


シンデレラ姫

今回はこういうお題でいきますが、どれだけのことが書けるか、
あまり自信ないです。スルー推奨かもしれません。
さて、桐生操氏の『本当は恐ろしいグリム童話』など、西洋の童話の怖さに
焦点をあてた本が発刊され、童話の持つ怖さというのが知れ渡ってきました。
当ブログの裏テーマには、「恐怖の研究」があるので、
ここはさけて通るわけにはいきません。

たしかに、有名どころの「シンデレラ(灰かぶり姫)」なんかでも
怖いですよね。みなさん知っていると思うので、ここで詳しい筋は書きませんが、
物語の後半、王子が忘れられたガラスの靴の持ち主を探す段で、
シンデレラの義理の姉たちは、ガラスの靴に無理やり合わせようとして、
足の爪先や踵を切り落とします。ですが、靴下に血がにじんでバレてしまう。

さらに、シンデレラと王子の婚礼につき添った姉たちは、
鳩につつかれて目玉をくり抜かれてしまうんですね。ちなみに、
シンデレラの靴は、もともとはリスの毛皮(vair ヴェール 仏語)製
であったのが、転訛してガラス(verre ヴェール)になったという説があります。

ただ、元からガラスだったという説もあって、決着はついていません。
これ以外にも「白雪姫」や「ヘンゼルとグレーテル」なんかも怖い内容です。
では、どうして怖いのかというと、まず、もともとの話は「童話」ではなく
「民話 フォークロア」だったということがあげられるでしょう。

「ヘンゼルとグレーテル」


民話から、子ども向けの童話になる段階で、かなり毒が抜かれています。
グリム兄弟は、聞き書きで採集した民話をそのまま本にするのではなく、
性的な描写を取りのぞき、残酷な部分をおさえ、あと、実の母親を
継母に変えるなどして、内容を子ども向けに改変しました。

民話は、日本のものも怖いし、性的な部分も多いですよね。「瓜子姫」は、
あまのじゃくに裸にむかれて吊るされ、殺されてしまうバージョンがありますし、
カチカチ山では、爺が狸にだまされて「ばんば汁(婆を料理した汁)」
を食べさせられてしまいます。これをモチーフにした、曽野綾子氏の
『暗く長い冬』という恐怖小説の傑作があります。

「瓜子姫」


また、柳田國男の『遠野物語』では、年寄りを山に追いやる「姥捨て」の話が
出てきますし、馬と娘が結婚する話なんかもあります。
娘の父親が怒って馬を殺し、その首を切ると、
馬の首は空に飛んでオシラサマになる。じゃあ、なんで民話は怖いんでしょうか?
いちおう三つの解答を用意してみました。

まず、一つには口承伝承であるということが大きいでしょう。
文字で書かれた原典がなく、口から口へと伝わってきた物語であるという点です。
つまり、話す人が自由に筋や細部を変えることができるわけです。
こうした場合、話の内容はどんどん過激になっていきやすいんですね。

識字率が低かった中世のヨーロッパで、物語のタネが、長い年月、
親から子へと伝えられていくうちに、極端な内容に変わっていく。
主人公の貧しい田舎娘は、王子に見初められて王妃になり、
悪役の継母などは、手ひどい罰を受けて苦しんだあげくに殺されてしまう。
そのほうが、語る側にも聞く側にもカタルシスが大きいからです。

口承伝承であるアイヌのユーカラ


二つ目としては、当時のヨーロッパを精神的に支配していた
キリスト教のらち外の話である、という点です。
厳しい戒律と道徳で信者を縛りつけるキリスト教の教えと教会の権威は、
民衆にとっては窮屈な面もあったんですね。しかし、魔女や魔法が登場する
民話の中では、自由に想像の羽を伸ばすことができます。

そこで、聖書の物語とは違った、残酷で卑猥な内容が盛り込まれて
いったんだと思います。押さえつけられていた土俗的な感情が、
民話の中では開放されているんでしょう。そういう意味では、
民話の研究というのは精神史的にも重要だと考えます。

三つ目として、昔は、死や血が身近なものであったことがあげられるでしょう。
これはヨーロッパでも日本でもそうでしたが、乳幼児の死亡率は高く、
10人の兄弟姉妹がいても、半数以上が子どものうちに死んでしまう
なんてことが珍しくはなかったんですね。

焼かれるペスト死者


ちょっと疫病の流行があれば、村人がバタバタ倒れ、
血膿にまみれて死んでいく。死体は山積みにされて焼かれる。
子どもを売る、間引きをする、そういうことが普通にある時代。
さらに、今のように肉がパック詰めされてスーパーで売られている
わけではなく、家族で動物を殺し、皮をはいで血を絞る・・・
民話は、そういう中でできていった物語なわけです。

さてさて、民話はなぜ怖いのかについて考えてきました。現代で生まれる
都市伝説(アーバン・フォークロア)なんかも、「テケテケ」とか
「カシマさん」とか、残酷で怖いものが多いですよね。時代が変わっても、
共通する点もあるんだと思います。ということで、今回はこのへんで。







「見るなのタブー」について

2019.05.31 (Fri)
アーカイブ139

今回は怪談論です。怪談で、「夏休み、少年が祖父母のいる田舎にあずけられた。
優しい祖父母は、屋敷の中はどこにいってもかまわないが、
裏庭にある納屋の戸だけはけっして開けてはいけないと言う。
はじめは言いつけを守っていた少年も、やがて退屈してきて、
ついにある日、納屋の戸をそっと開けてしまう。

すると薄暗い中に明かりがつき、床にはたくさんの血がこぼれていた。
奥のほうから刃物を持った祖父母が出てきて、にこにこ微笑みながら、
少年に、あれほど開けてはいけないと言ったのに・・・」こういう話があります。
たいていはここで終わるので、この後どうなったかわかりませんが、
おそらく少年は殺されたんでしょう。で、そうするとこの話を語る人物が
いなくなるので、これは実話怪談とは呼びにくく、民話に近いものなんですね。

「夕鶴」


さて、「見るなのタブー」とは、Wikiによれば、「何かを、見てはいけないと
タブーが課せられたにもかかわらず、それを見てしまったために悲劇が訪れる、
または恐ろしい目に遭うこと」
」こうなっています。「見るなのタブー」は、
世界各国の神話や民話に見られ、人類共通の普遍的なテーマと言えるでしょう。

これについては、比較文化学、神話学、民俗学などで世界中で研究されていますが、
「なぜあるのか」というはっきりした答えは出ていません。
ですから、自分ごときオカルト人間が何かを言うのはおこがましいんですが、
オカルトブログらしく、最後のほうで超トンデモ解釈をしてみたいと思います。

まず、「見るなのタブー」には、どんなバリエーションがあるのか。
「後ろをふり返ってはいけない」(ギリシャ神話のオルフェウス、日本神話のイザナギ)
「この部屋を開けてはいけない」(西洋の童話の青ひげ、日本の民話の夕鶴)
「この箱を開けてはいけない」(ギリシア神話のパンドラ、日本の民話の浦島太郎)

「見たことを人に話してはいけない」(日本の怪談、雪女)
「この実を食べてはいけない」・・・これは「見るな」とは少し違いますが、
この内容は、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教でそれぞれ出てきていて、
人間が原罪を持つことになった原因とされます。ですから、
見るなのタブーは現代でも社会的に大きな影響を持っているんですね。

「パンドラの箱」


ただ、世界の「見るなのタブー」と日本のものとでは、いろいろ違いがあります。
世界的には、見るなのタブーを破ってしまうのは、男の場合も女の場合もあります。
上記したエデンの園の話は、女であるイブがタブーを破ってしまいました。
これは、キリスト教の神が、まずはじめに自分の姿に似せて男を創り、
さらにその肋骨から女を創ったということと構造的な関係があるんでしょう。

ところが、日本の場合、見るなのタブーを破るのは圧倒的に男が多いんです。
例えば、浦島太郎は乙姫様の言いつけを破ってしまうし、イザナギはイザナミに
ふり返って見るなと言われたにもかかわらず、死後の腐った醜い姿を見てしまう。
夕鶴もそうですよね。妻が鶴と化して機を織っている姿を
見てしまっては、もう夫婦でいることはできません。

グリム童話の「青ひげ」


また、日本の場合、見るなのタブーを破った男は、それほど大きな罰は
受けてないんですね。日本神話で、出産の様子を見るなと言われたホオリは、
好奇心に負けて妻の産屋をのぞく。すると妻は巨大なワニ(サメ)の
姿をしていました。妻のトヨタマヒメはそれを悲しんで立ち去ってしまう。

雪女でも、この話を人にした場合はとり殺す、と言われていたのに、
雪女は生まれた子どものためを思い、男を罰せず、ただその場から消える。
こんな形で、タブーを破った男が大きな罰を受けることはなく、
女のほうがその場から去ってしまうケースが多いんです。

この理由について、日本の比較文化学などでは、古代からの歴史的な
男女の立場の違いからきているとする研究が多いようです。(河合隼雄氏など)
まあ、そうなのかもしれませんが、古代の農村の婚姻の形態や、
出産を穢れとする風習など、いろんな要素が混じり合っているんだと思います。

「雪女」


さて、こっからはオカルトトンデモ話です。みなさんは「シュレディンガーの猫」
の思考実験をご存知ですよね。これについては前に書いたので、
ここでは説明しませんが、量子力学の世界では、
観測によって現実の結果が決まってくる、という考え方があります。

「シュレディンガーの猫」


原子核のまわりを回っている電子は、どこにあるのか確率的にしか
予言できないが、観測することによって、場所がある一点に定まる。
これを波の収縮と言います。シュレディンガーの猫にしても、
死んだ猫と生きた猫が重なり合っていたのが、人間が箱を開けたときに、
猫の生死がそのどちらかに決定するんだという説もあるんです。

このことは、前にご紹介した「人間原理の宇宙論」とも関係があります。
われわれ人間は、もしかしたら、世界を決定するための「観測者」としての
役割を持っているのかもしれません。ですから、
閉ざされた箱や扉があれば、未来がどうなるかを決定するために、
どうしても開けなくてはならないよう宿命づけられている・・・(笑)

さてさて、上で書いたように、これはトンデモ話ですので、真面目にとられても
困ります。ある地域の、一つの「見るなのタブー」話を読み解くだけでも、
かなりの研究が必要です。文系の学生のみなさんは、卒論のテーマとして
選んでみるのも面白いかもしれませんね。ということで、今回はこのへんで。

「黄泉比良坂」






猫ばあさんの話

2019.05.31 (Fri)
西村と申します。介護士をしていて、現在はある老人施設で
勤務してるんです。名前は出さなくてもいいですよね。
そこはいわゆる介護つきの老人ホームで、すべて個室です。
看護師が数名常駐していますし、入居者に異変があれば、
日中であれば、すぐに医師がかけつける体制になっています。
はい、毎月の入居費はかなり高額です。だから、入居しているのは
いわゆるお金持ちのお年寄りなんです。まあでも、
お金があるから幸せだとはかぎらないんですよね。
入居者と家族の面会は随時なんですが、中には一月以上も
誰も訪ねてこないお年寄りもいます。年をとると、お金ももちろん
大事ですが、やはり家族とどう絆をつくってきたかが大きいんですね。

あ、すみません、話がそれてしまって。その施設に、山田さんという
おばあさんが入居してきたんです。はい、山田さんには娘さんが2人
おられて、どちらも教員をされているそうですが、
その方たちが入居させたんです。それで、私が山田さんの担当になりまして、
何度かお話をしました。施設の入居者の方の中には、
認知症を患っている方も多いんですが、山田さんはご自分や娘さんたちの
こともしっかり認識しておられて、ボケているわけではないと思いました。
お体のほうは、足が少し不自由でしたが、ご自分でトイレに行くことは
できました。で、山田さんのほうから、施設に入居することになった
事情を少しずつお聞きしまして。はい、山田さんはご自宅の一軒家に
一人で住んでおられたんですが、ノラ猫の餌づけをされていたんですね。

ほら、よくニュースで話題になっているじゃないですか、
お年寄りが自宅の庭などでノラ猫に餌をやって、何十匹も集まってくる。
でも、去勢などをするわけではないのでノラ猫は増えるいっぽうで、
隣近所の庭に侵入して荒らしたり、トラブルになる。
山田さんのケースがちょうどそれだったんです。
これは娘さんの一人から聞いたことなんですが、地域の代表の方が山田さん宅を
訪問して苦情を述べると、山田さんは激高してわめきちらし、
その方を杖で叩いたりしたため、娘さんに連絡がいき、
娘さんのほうでは山田さんに同居をすすめたものの断られ、
しかたなくこちらの施設に入居させたということだったんです。
そんな事情でしたから、山田さんは施設にいることをとても嫌がっていました。

入居したての頃は、「私がいないと猫たちがみな死んでしまう」
そう言って外に出ようとされたんです。私たち介護士でとめまして、
娘さん方に連絡をしなくてはなりませんでした。
そういうことが何度かくり返され、娘さん方も困ってしまって、
とうとう山田さんが住んでいたご自宅を売却されたんですね。
そのことを聞いた山田さんの落ち込みようは大変なものでした。
もう帰る場所、猫たちと会う場所がなくなってしまったからです。
それと同時に、やはり足が悪いため、ご自分一人ではもう何もできないと
思い知らされたんだと思います。それからは、テレビを見るでもなく、
食事もホールではなく自室でとるようになり、
ほとんどベッドに寝たきり状態になってしまったんです。

はい、私たち介護士にとっては手がかかりませんので、
同僚の中には喜んでいる者が多かったんですが、
私は、なんだかかわいそうだなあと思っていたんです。それから1ヶ月
ほどして、朝、私が山田さんの部屋に入っていきますと、
山田さんはもう起きていて、横になったまま携帯を操作されていました。
はい、うちの施設はスマホなどを持っておられる入居者の方は多く、
それでご家族と連絡をとっておられたりしました。
私があいさつをすると、山田さんはぱっと顔を輝かせ、
「心配してたけど、猫たちと連絡がついいたから。まだ全部じゃないけど」
こんなことをおっしゃったんです。最初、意味がわかりませんでしたが、
どうやら山田さんは、携帯で猫と話してるつもりなんだと思いました。

でも、そんなことはありえないですよね。ああ、家がなくなって
しまったショックでボケが始まったと考えたんです。
そういうことはよくあるんですよ。私が困惑した顔をしていると、山田さんは、
「あんたちょっと出てみなさい。この猫はジロっていう三毛だから」
そう言って携帯を渡され、耳にあててみました。もちろん猫が電話に出ている
とは思いませんでしたし、携帯の向こうからは「ジジジジ」という雑音が
聞こえてくるだけでした。はい、それ以来、山田さんの精神状態は安定したというか、
いつもベッドで携帯を耳にあててるようになったんです。ときおりはご自分から
何かを話したりもしていました。それから3日後のことですね。
その日、私は夜勤だったんです。夜勤は看護師の方とペアで行います。
私たちは医療行為はできませんが、交代で各部屋の見回りにはいきますし、

病院と同じようにナースコールもあります。はい、お年寄りの方ばかりですので、
いつ容態の急変があってもおかしくはないですから、
その場合、ご家族に連絡したり、救急車を呼んだりしなくてはなりません。
気が抜けないんですね。時間は午前1時ころでした。看護師が見回りに出ていて、
私はナーステーションにいたんですが、「リリリリ」と電話が鳴る音が
聞こえたんです。でも施設には、そういう旧式の着信音の電話はないはずです。
あちこち見回すと、音はエレベータ付近から聞こえているので、
立って見に行くと、そこにある公衆電話が鳴っていたんです。
はい、携帯を持ってない入居者の方が外部と連絡するためのものです。
「え?!」と思いました。その電話に着信があったことなんてなかったからです。
呼び出し音は鳴り続けているので、不思議に思いながら受話器を取ると、

「ジジジジ」という音が聞こえました。ああ、故障か何かなんだろう、
朝になったら電話会社に連絡しないと、そう思ったとき、
声が聞こえたんです。男か女かもわからない幼児のような声でした。
「ソチラニ山田○○サン、イマスネ。スマセンガ、シュウゲキ、セイコウシタト
 ツタエテクダシ」それだけ聞こえて切れてしまったんです。
はい、公衆電話ですから、向こうの番号などはわかりません。
それからは、朝まで鳴ることはありませんでした。ペアになっている
看護師に話したんですが、やはり「何かの間違いじゃないかしら」
という答えが帰ってきました。ただ・・・意味はわからなくても、
「山田○○サン」の部分だけははっきり聞き取れたんです。
その後、私も見回りに出ましたが、山田さんはよく眠っておられました。

翌朝ですね。勤務は8時までですので、7時20分になったら
各部屋を挨拶に回ります。山田さんの部屋に入ると、山田さんは起きていて、
窓のほうを見ておられました。山田さんの部屋は1階で、
窓の外は植木と塀が見えるだけです。殺風景なのでカーテンを閉めていることが
多かったんですが、その日はカーテンはすでに開けてありました。
あと、部屋は全室エアコン管理なので、窓は少ししか開きません。
迷ったんですが、昨夜の電話の話を、冗談めかして出してみました。
「昨日、夜中に山田さんに電話がかかってきましたよ。何かが成功したみたいな
 内容の」そしたら山田さんは、窓のほうを向いたままにっこり笑って、
「今さっき、サブローから聞いたよ。いい気味だねえ。私にあんなことを言って、
 あんなしうちをして。バチがあたったんだよ」

ますますわけがわかりませんでした。私も窓のほうを見ていると、
植え込みの下から一匹の猫が塀に跳び上がったんです。
猫はこちらをふり返り、山田さんは「サブローだよ」と言って手を振りました。
・・・その日のテレビで、ある男性が自宅の前で瀕死の重傷を負ったという
ニュースが出たんです。警察では傷の様子から、野生の動物に襲われたんじゃないかと
調べているということでした。でも、その場所は住宅街で・・・前に山田さんが
住んでおられた近くだったんです。それから2ヶ月ほどたって、山田さんは
亡くなられました。ナースコールもなく、朝に死亡した状態で見つかったんです。
前日には何の兆候もなかったんですが、急な心臓発作ということでした。
その日の担当は私ではありませんでしたが、聞いた話では、
窓のカーテンを開けると、塀の上に猫が鈴なりになっていたそうです。







「神智学」って何?

2019.05.29 (Wed)
今回はこういうお題でいきます。まあ、地味な話なんですが、
神智学が現代のオカルトに与えている影響って、きわめて大きいんです。
特にスピリチュアルとニュー・エイジ思想ですが、
その他にもいろいろあります。ですから、オカルト研究家としては、
これについて触れないわけにはいかないんですね。

あと、神智学という言葉はかなり古い時代からありますが、
ここで述べるのは、ブラヴァツキー夫人が創始したもののことです。
ブラヴァツキー夫人の著作は大著で、自分はなんとか読んだものの、
他の神智学関係の文献は膨大で、すべてにあたるのは無理なので、
間違いがあるかもしれません。それをまずお断りしておきます。

ブラヴァツキー夫人
dddddd (1)

さて、通称ブラヴァツキー夫人の本名は、ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー。
現ウクライナの生まれとされますが、前半生のことはよくわかっていません。
現在伝えられている内容は、はっきり言って荒唐無稽で、
とても信じようがないというのが実情です。世界各国を放浪していたのは
たしかと考えられ、そのときにさまざまな秘術を学んだとされます。

ブラヴァツキー夫人の名前が世に出たのは、アメリカにおいてです。
1874年、アメリカは心霊主義の真っ最中で、各地で降霊会が行われていて、
そこで霊媒師としてデビューしたんですね。ブラヴァツキー夫人は、
1831年生まれとされますので、このとき43歳ということになります。

アメリカの降霊会
dddddd (5)

ただ、ブラヴァツキー夫人は霊媒としての生活には満足してはいませんでした。
むしろ、その当時の心霊主義をくだらない、つまらないものと見ていた
ふしがあります。まあ、ぶっちゃけた話をすれば、多くの降霊会は
手品のショーのようなものでしたので、その考えは理解できます。

関連記事 『手のオカルト』

さて、ブラヴァツキー夫人の目は、心霊主義よりも、むしろ四大霊などの
古代エジプトの叡智に向いていました。そして、それらの研究のため、
1875年、「神智学協会 The Theosophical Society」を正式に創設。
1877年には、主著である『ヴェールを剥がれたイシス』を完成させます。

これは1000ページをこす膨大な内容で、読んだ方はわかると思いますが、
きわめて高い知性と教養が感じられ、夫人がただのインチキ霊媒ではないことは
すぐにわかります。ここで、ブラヴァツキー夫人は3つのものを強く批判します。
キリスト教、近代科学、それと心霊主義です。自分が世に出た
きっかけである心霊主義に対しても遠慮がないんですね。

まずキリスト教については、形骸化し硬直していると一蹴します。
教会は権威や権力ばかりを追い求め、もはや意味のないものになり下がった。
近代科学に対しては、物質のみを研究の対象とし、形のないもの
(霊)への探求がないがしろにされている、というわけです。
また、心霊主義の唱える霊魂と霊界の概念は、あまりに単純すぎる。

神智学協会のシンボルとモットー
dddddd (4)

さて、では、神智学とは何か、ここから簡単な説明をしていきます。
まず、神智学の「神」は、キリスト教の神のような人格神ではありません。
万物を司る根源的な原理であり、絶対的本質と説明されることが多いですね。
普遍的な宇宙の法則と言っていいかもしれません。

それから「智」の部分ですが、ここに神智学の最大の特徴があります。
神智学協会は「真理にまさる宗教はない」をスローガンに掲げており、
神智学運動とは、太古から伝承されてきた宇宙と人間の秘密を
明らかにするのが目的であり、宗教ではない文化運動であるとします。

このあたりは、キリスト教が、すべての中心を神に置いて動きが取れなくなって
しまったのを反面教師にしているのかもしれません。自分は、神智学運動には
大きな「智」の3本の柱があると見ています。一つはプラトン主義、
2つ目は進化論、3つ目がインド宗教に見られる輪廻思想です。

霊性進化論
dddddd (3)

プラトン主義の解釈は難しいですが、ここでは、知覚の対象でない、
物質ではないものでも実在するという考え方です。進化論については
当ブログで何度も書いていますが、この発表によってキリスト教の
権威が崩れ、心霊主義が登場してきたんですね。

神智学協会では、ダーウインの進化論を認めていました。
ここでブラヴァツキー夫人がすごかったのが、魂には別の形の進化が
あると主張したことです。かの有名な「霊性進化論」です。
ですが、人間の一生は長くてもせいぜい80年。
霊的に魂が進化すると言っても限界がありますよね。

そこで必然的に出てくるのが、輪廻の概念です。
輪廻はキリスト教では否定されていましたが、ブラヴァツキー夫人は、
アメリカからインドへ活動の中心を移した頃から、
インド宗教の輪廻思想への傾倒を深めていきます。

人間は宇宙の法則にしたがって何度も転生、輪廻する。
その過程で魂が磨かれ、霊的に進化していくという理解を得ました。
輪廻がくり返されるうちに魂が高次の段階へと進み、
やがては宇宙の本質である「神」に近い存在になれるとしたんです。

インドのブラヴァツキー夫人
dddddd (2)

さてさて、この後、ブラヴァツキー夫人は、その神秘性がトリックである
とする騒動にまき込まれ、インド国内では詐欺師であるという認識が広まり、
インドを脱出してロンドンに住み、やはり主著の一つである
『シークレット・ドクトリン』を完成させて、1891年、60歳で亡くなります。

まあ、ブラヴァツキー夫人がちょくちょくインチキ手品をやっていたのは
確かなんですが、それは心霊主義の霊媒時代に身につけたものでしょう。
ともかく、彼女が創設した神智学は、シュタイナー教育や現代占星術、
アメリカのニューエイジ思想に多大な影響を与え、
現在でもオカルトの本流にあるんですね。では、今回はこのへんで。

関連記事 『ニューエイジって何?』

dddddd (1)





鉄道のオカルト

2019.05.28 (Tue)
cxdfg (4)

今回はこういうお題でいきたいと思います。鉄道というと、
怪談話の舞台になることが多い施設ですよね。電車の中、駅構内、
トンネルなど、いろんな怪異が語られています。自分も「阪急宝塚線」
というシリーズを書いていますので、よろしければごらんください。

関連記事 『阪急宝塚線』 『阪急宝塚線2』 『阪急宝塚線3』

さて、日本の鉄道の歴史は明治維新から始まりました。
最初に鉄道が敷かれたのは明治5年(1872年)新橋駅 ー 横浜駅間。
唱歌に「汽笛一声 新橋を~」とあるとおりです。
この鉄道施設は、全面的にイギリスの技術が使われていました。

当時の人々にとっては、鉄の塊が黒い煙をあげて走る姿は驚異であり、
西洋文明の象徴と感じられたと思います。
ですが、開通から10年ほどたった明治15年ころから、
鉄道にまつわる最初の怪異が語られるようになります。

「偽汽車」という話です。偽汽車の話は全国各地にありますが、
ほぼどれも同じ内容で、当時の汽車は本数が少なく、沿線で働く人たちは
時計がわりにしたりしていました。ところが、運行予定のない時間に
走ってくる列車がある。この列車は「幽霊機関車」などとも呼ばれました。
ただまあ、時刻表にない回送列車というのはあったでしょう。

この本の話は面白いので、いつか記事に書いてみたいです
cxdfg (3)

だいたいこんな感じです。夜のありえない時間に電車が走っていたので、
翌朝見にいったら、線路脇に大きな狸が轢断されて死んでいた。
これは電車に化けて走っていた狸が、始発の本物の電車に跳ね飛ばされた
ものにちがいない。また、こんな話もあります。

猟師が山の中を歩いていたら突然汽笛が聞こえ、線路も何もない場所なのに、
前から機関車が自分に向かって突進してくる。ぶつかるよりはと思って
鉄砲を撃ったら、汽車の姿はかき消えて、そこに大きな狸が倒れていた。
つまり、どの話も偽汽車の正体は狸だったということです。

この話について、なんと日本民俗学の創始者である柳田國男と佐々木喜善が
調査を行ってるんですね。喜善の場合、偽汽車の噂がある地域に行って
聞き込みをすると、現地の人は誰もそんな話は知らない、
別の地域で起きたということなら聞いたことがあると言う。現代の怪談と
同じで、いつまでも噂の源にたどりつけなかったんです。

そこで喜善は、当時、ひんぱんに怪談話を取り上げていた新聞の
影響ではないかと分析しています。あと、明治初期の鉄道は
イギリス人が運転していましたが、そのときは偽汽車の話はなく、
明治12年以降、汽車の運転手が日本人に代わってから、
そういう噂がじょじょに出てくるようになったとも言われます。

cxdfg (6)

さて、現代の鉄道怪談では、やはり飛び込み自殺の話が多いですね。
日本の年間自殺者数は3万人前後ですが、鉄道への飛び込み自殺は
そのうち約2%ほど、人数でいうと1000人以下で、
けっして多いというわけではありません。ちなみに1位は縊死で66%、
2位がガスで13%、3位が高所からの飛び降りで7%となっています。

これは一つには、鉄道自殺は、ラッシュ時に電車を停めたことで、
遺族が電鉄会社から多額の賠償請求をされる可能性があるせいでしょう。
ただ、実際に鉄道会社が損害賠償を行った例はほとんどありません。
本人が亡くなっているので、もし賠償請求されたら
遺族は相続放棄ができるということも大きんでしょうね。

この鉄道自殺にまつわる怪異としては、大勢の乗客や運転士が
はっきりと飛び込みを目撃しているのに、電車が急停止した後、
いくら調べても遺体が見つからないというケース。有名なのが、
平成8年にJR御徒町の山手線3番ホームで起きた事例です。

女性の服装はグレー。年齢は25歳ぐらい。髪型はオカッパで首が長かった。
ここまで大勢の証言が一致しているので、飛び込み者がいたのは
間違いないと考えられますが、これはおそらく死亡にいたらず、
バツが悪いので、その場を逃げ出したということなんじゃないでしょうか。

飛び込み自殺の現場
cxdfg (5)

まあ、この手のことはタイミングがあります。自動車事故でも、
助手席の乗員は即死してるのに、運転者は軽傷や無傷というのも
けっして珍しくはないんですね。また、実際に自殺者と電車がぶつかった場合、
遺体の一部がかなり遠くまで飛んで発見されたり、
ホームにいる人を直撃したなんて話もあります。

平成29年、大田区、京急線の雑色駅で男性の飛び込み自殺があり、
飛び散った遺体の一部がぶつかった女性がケガをしたというニュースが
ありました。これは鉄道会社が賠償するんでしょうが、なんか理不尽です。
あと、その女性は肉体的なダメージとともに、
精神的なショックも大きかったでしょうねえ。

自殺者の多い路線
cxdfg (2)

それから、ある路線の駅で自殺者が出ると、その場所での飛び込みが
続くという話もあり、これは事実です。そこのホームで現場を目撃したり、
ニュース報道で知った人が後追い的に自殺してしまうんでしょう。
また、こういう飛び込みが多い駅に設置されている飲料の自動販売機は、
中に遺体が入らないよう、取り出し口にフタがあるタイプが多いとも言われます。

さてさて、鉄道自殺のことを書いているうちに枚数がつきてしまいました。
鉄道自殺自体は、ホームドアの設置をすることで防げるかもしれませんが、
それで自殺者の全体数が減るわけでもないでしょうしねえ。
遺体を片づける駅員さんもたいへんな思いをしているでしょう。
では、今回はこのへんで。

cxdfg (1)





あるホムセンの話

2019.05.27 (Mon)
今晩は、これから私の体験を話していきます。よろしくお願いします。
上の子が高校生になって時間ができたので、ずっと家にいるより、
何かパートにでも出ようと思ったんです。それで、インターネットで
家の近くの求人を探してたら、ちょうど歩いて10分ほどのところに
あるホームセンターで、アルバイト店員の募集をやってるのを見つけました。
ああ、これがいいかなと思いました。ホムセンのバイトは、
若い頃にも1度やったことがあるんです。スーパーだと、
ひっきりなしにお客さんが来て、かなり忙しいんですけど、
ホムセンの場合は、平日はあんまり混まないんです。
それで時給は同じようなものですし。専門知識が必要な場合もあるんですが、
そこは正社員の方におまかせすればいいし。

で、応募して面接を受けたんです。はい、面接は形ばかりのもので、
その日のうちに採用を言われました。今はほら、極端な人手不足
ってことですから、まず採用されるのは間違いないと思ってました。
そのとき他に採用されたのは、私より5歳くらい若く見える主婦の方と、
20代のフリーターの男性でした。それで、翌週の月曜日から
出社したんですが、まず最初に店長さんから訓示のようなことがあり、
これは通り一遍の内容でしたけど、その後、ベテラン男性の主任の方が
出てきて、奇妙な話をされたんです。だいたいこんな内容でした。
「えー、みなさん、これからお話することは奇妙だと思われる
 でしょうが、当店の勤務の際にはぜひ知っておいてほしいことです。
 当店は生体の販売に力を入れています」

その店は大手チェーンの一つで、店の前のスペースがかなり広く、
そこで園芸用品や花、野菜の苗なんかを売ってました。あと、店内にも、
熱帯魚コーナー、それから犬猫、小動物のコーナー、
それから格安のトリミングサロンがあって、それを目あてに
ペットをつれてくるお客さんもけっこういたんです。主任は続けて、
「それでですね・・・説明が難しいんですが、はっきり言うと、
 どうも当店には、命をとる魔物のようなものがすみついてるみたいなんです、
 かなり以前から。で、もしそれが来ている場合、相手をせず、
 無視するようにしてください。それが来るのは月に1回程度のことですし、
 命をとると言っても一つだけですから、損害は微々たるものです」
ねえ、どう思いますか。にわかには信じられない話ですよね。

他の人もそう思ったようで、若い男性がこんな質問をしました。
「命をとる・・・って、販売してる生体が死んでしまうってことですか?」
「そうです」 「・・・その魔物というのは、どんな姿なんです?」
ここで主任は少し困った顔をし、「実体はよくわからないんですよ。
 そのとき店に来ているお客さんにとり憑くんです。
 ですから男性の場合も女性のときもあります。それで、命を一つとると、
 その憑き物は落ちる。どうもそういうことらしいんですね。
 とり憑かれたお客さんは、その間のことは何もおぼえていないようです」
はい、はっきり言って信じられませんでしたし、それは他の2人も
同じだっと思います。とにかく、そういうことがあって勤務が始まりました。
私は熱帯魚コーナーのサブということになり、これは楽でした。

お客さんは1時間で数人ちらほらと来るだけで、魚をつかまえるなどの
難しい仕事は正社員の方がやってくれたし、私は魚に餌をやったり、
水換えの手伝いをするだけでした。それで、勤めて1ヶ月くらいしたときです。
平日の午前中でしたからお客さんは少なく、ちょっとぼんやりしていたとき、
熱帯魚コーナーに4歳くらいの女のお子さんが歩いて入ってきたんです。
まあ、親から離れて魚を見に来たんだと思いますよね。
けど、その子の顔を見てぎょっとしました。目が裏返って
白目だけになってたんです。その子は右手の指を一本前に出したまま、
金魚の水槽が並んだ前を行ったり来たりしてましたが、
背が小さいので一番下の水槽の一つのガラスに指をあて、何かぶつぶつ
つぶやき始めたんです。でも、何を言ってるかはわかりませんでした。

「あ、もしかしてこれか」って思いました。怖かったので、近づかず背後から
見てたんですが、少しすると、元気よく泳いでいた琉金の一匹が
ぐるんとひっくり返って水面に腹を向け、浮き上がったんです。
そのとき、「ああ、命をとられた」ってわかったんですよ。
コーナーの外から、「おーい、○○」と女の子の名前を呼ぶ声が聞こえ、
その子は「パパー」と言ってそっちに走っていきました。
目は普通に戻っていたと思います。金魚は浮いたままで、気味が悪かったので、
時間がたってから網ですくい上げてみたら、完全に死んでいました。
その翌日ですね。休憩の時間に、同じときに採用された方といっしょになったので、
前日の話をしたら、その人も「先月、私も見た」って言ったんです。
その人は外の園芸スペースに配属されてたんです。

「私のときはお婆さんだった。今聞いたのと同じで、目が裏返ってたよ。
 そのお婆さんが指を出してミニトマトの鉢にさわると、
 そんなことありえないのに、その苗、あっという間に枯れちゃったの」
・・・前もって主任に言われてなかったら気がつかなかったと思います。
それに、もし気がついてもどうすることもできませんよね。
それからまた1ヶ月くらいして、私がいる熱帯魚コーナーの隣の
トリミングサロンで大きな声が上がったんです。
「○○ちゃん、〇〇ちゃん」って。ガラス越しに見ると、
トリマーの人がすごく困惑してて、上品そうな奥様が自分のペットの
トイプードルを揺すっていました。でも、犬は横たわったまま、
ピクリとも動かなかったんです。中途半端に刈られた毛がかわいそうでした。

そのことがあって翌週の月曜日、ホムセンは臨時休業になりました。
理由は、店内全体のシステムの点検整備ということでしたが、
噂では、大々的にお祓いをするって言われてたんです。
ほら、店内の商品だけだったらともかく、お客様の犬にも被害がおよんだ
わけですから、その魔物というのを追い払うため、霊能者に来てもらうって
話でした。もちろん私はお休みでしたので、その日店内で
どんなことがあったかはわかりません。火曜に出勤すると、
様子に特に変わったことはなかったです。世話してる魚たちも
元気だったんですが・・・お昼が過ぎて、2時に近い頃だったと思います。
離れたところで、ドカン、バタンと大きな音がし、
「店長、やめてください」という声が聞こえました。

そちらを見ると、止めようとしている店員を振り切って、
いつもは事務室にいる店長が、走るような勢いでこっちに近づいてきました。
目が裏返っていて、手には店の商品と思える値札のついた
大きなカナヅチを持ってました。「まさか」と思ったんですが、
店長はコーナーに入ると、一番入り口に近い金魚の水槽を次々に割り始め、
とても止めることはできなかったんです。4つ目の水槽を割ったとき、
後を追って数人駆けつけてきた男性社員に取り押さえられ、
手足をつかまれて奥へつれていかれました。はい、見ていたお客さんも
何人もいましたよ。私は、床で跳ねている金魚を拾おうとしたんですが、
ガラスが危ないからと社員の人に注意され、そのままになりました。
聞いた話では、店長は錯乱が続いて、その日のうちに入院したんだそうです。

はい、熱帯魚コーナーはしばらくの間、閉鎖ということになりました。
店は代理の店長が来て営業を続けていたんですが、
それがあった日から1週間で、店で販売されてる生体の商品が
すべて死んだんです。ハムスターからクワガタから、
もちろん残ってた熱帯魚も全部。植物も逃れられませんでした。
苗類、観葉植物、今たいへん流行している多肉植物なんかも全部枯れて
しまったんです。ありえないことですが、そのときには、
「この店はもうだめだ」と思ってました。案の定、すぐ店は閉店になり、
私はパートの職を失くしてしまったんです。・・・ホムセンの店舗は
まだ残ってますが、後に靴の量販店が入るという話です。
まあ、靴なら命はとられないかもしれませんが、どうなるんでしょうねえ。







ネッシーとUMA界の現状

2019.05.26 (Sun)
xdsr (4)

スコットランドの山あいに細長く湛えられた神秘的なネス湖。
ここは言わずと知れた伝説のUMA、ネッシーがいく世代にもわたって
目撃されてきた場所である。1934年に大々的に報じられた、
ネッシーを撮影したとされる写真は、のちにフェイクであることが
わかったが、その後も目撃例が相次ぎ、ネッシーらしき何かが
必ず潜んでいるはずだと信じている人も多い。

昨年、ニュージーランドの研究チームはネッシーのDNA調査を
行うことを発表。まだまだ夢とロマンを捨てたくない
熱いUMAへの想いだが、ネッシー研究家の
スティーブ・フェルサム氏の見解は、ちょっと残念な感じのものだ。
ネッシーと思われる生き物はいるにはいるが、
それはヨーロッパオオナマズであるというのだ。
(カラパイア)

今回は科学ニュースから、このお題でいきたいと思います。
何をいまさらという感もありますが、ネス湖に潜むとされるネッシーは、
「ヨーロッパオオナマズ」が正体ではないかとするものですね。
まあ、その可能性はかなりあるんじゃないでしょうか。

この記事に登場するスティーブ・フェルサム氏は、
有名なネッシー研究家で、ネッシーの夢にとりつかれ、24年前に仕事を
やめて以来、ネス湖畔にキャンピングカーを持ち込んで住み、
一生を研究に捧げてきた人物ですので、その人が言う言葉には重みがあります。

スティーブ・フェルサム氏と住居のキャンピングカー
xdsr (5)

さて、前にも少し書きましたが、ネッシーの正体については、
3つの説があります。① 既知生物説 ② 絶滅した古生物説
③ まったくの新種生物説 ですね。この中で、引用した記事の推論は
①ということになりますが、既知生物説はあまり好まれないんですよね、
理由はおわかりだと思います。ツマラナイ、夢がないからです。

既知生物の中で、ネッシーの候補にあげられることが多いのは、
やはりヨーロッパオオナマズ、それからチョウザメですね。
これについては現在調査が進められています。次世代シーケンサーという
装置を使って、水の中に溶け込んでいる環境DNAを調べるんです。

ヨーロッパオオナマズ 遠近法が使われているため大きく見えますが、おそらく2m以下xdsr (1)

このことは、前に一度記事に書いていますが、みなさんが毎日、
髪の毛やつば、皮膚の破片などを周囲にまき散らしているように、
水中の生物も、そのDNAが含まれた物質を水の中に溶かし込んでいます。
その水のサンプルをシーケンサーにかけて分析すると、
その水域にすんでいるほぼすべての生物がわかるということになります。

関連記事 『環境DNAって何?』

えー、そんなの不正確だろ、と思われるかもしれませんが、
そうではありません。日本の琵琶湖でこれによる調査を行ったところ、
人間が網などで捕獲して調査するよりも正確で、日数は短期間で済み、
しかも費用も安上がりだったという結果が出ているんです。

DNA分析を行う次世代シーケンサー
xdsr (2)

ですから、この調査を行えば、ネス湖にヨーロッパオオナマズ、
あるいはチョウザメがすんでいるかどうかはわかるはずです。
また、もしもですが、未知のDNAを含んだ物質が発見された場合、
それがネッシーの正体である可能性も、ぜったいにないとは言えないんです。

さて、ネッシーについては、②の古代生物の生き残り説が言われることが
多かったんですね。主な候補となったのはプレシオサウルスなどの
首長竜です。ただ、首長竜類の絶滅は今から6500万年も前のことで、
約150万年前の生物であるメガロドンが生き残っている
というのとはちょっと話が違うんですね。

しかも、ネス湖一帯は約1万1000年前まで氷河に覆われており、
ネス湖ができたのはその氷河が溶けてからです。ですから、首長竜がすんでいる
ことは理論的にありえません。この事実があまりに重いため、
ヨーロッパの研究者はなんとかして抜け道を考え出そうとしました。
いわく、ネス湖には地下洞窟があって海とつながっているとか。

プレシオサウルス
xdsr (2)

でも、何度か行われているボーリング調査の結果では、海水がネス湖に
入り込んだ痕跡は皆無なんです。さらに、もし湖底トンネルがあったとしても、
圧力の関係から、そこをある程度の大きさの生物が通るのは
不可能だろうと考えられます。上記引用のニュースも、こういったことを考慮し、
現実的なヨーロッパオオナマズ説が主張されているのだと思います。

ヨーロッパオオナマズは、全長が最大4m、体重が400kgに達すると
されます。ただ、最近は開発が進んで生息環境が荒らされているせいか、
2m以上の大物が見つかるのはごく稀です。大物と言われるものでも、
1.5m、体重50kg以下がほとんどです。人食いナマズ 「クノ」
といった話もありますが、伝説の域を出ません。

あと、これは余談ですが、チェルノブイリ事故で立入禁止になった
地域の川で巨大魚が日常的に目撃され、写真にも撮られていて(下の画像)、
放射能の影響で突然変異して大きくなったなどと言われますが、
これこそヨーロッパオオナマズで、人間がまったくいなくなったため、
生息に適した環境になって成長したのだと思われます。

立入禁止区域で目撃される巨大魚
xdsr (3)

さて、こっからはUMA界の現状についての話になりますが、
数あるオカルトの分野の中でも、特に盛り上がりに欠けていると思います。
これにはいろいろな原因があり、まあ、一番大きいのは、
世界の隅々にまで人が行くようになり、未踏の領域が減ったことです。

あとは、画像・映像加工ソフトの登場で、写真の専門家でなくても、
簡単にUMA画像を作れるようになったこと。ただ、これについては、
心霊やUFOでも同じですよね。自分は、UMA話が盛り上がらない最大の原因は、
報道する側の安易な姿勢にあると思っています。「○○国の、〇〇海岸に
流れ着いた不気味な死体」みたいな形で画像が紹介されます。

有名な漂着死体
xdsr (1)

で、「正体は不明、現地人は誰も見たことがないと言っている。
現在、政府の関係機関が回収して調査中」・・・これで報道が終わってしまって、
続報が出ることはまずありません。そもそも、アフリカなどの途上国の場合、
漂着死体が見つかっても調査なんかしないですし、分析機器もありません。
多くの場合、埋めるか捨てられて終わりでしょう。

さらに、珍しく「ウバザメの死体である」と結論が出たとしても、
それは報道されないんですね。マスコミには「報道しない自由」というのが
あるらしく、ニュース価値がないと判断されるわけです。
ですが、自分のようなオカルトを研究しているものにとっては、
ある生物の死体が、どのように腐敗し、また波に洗わたり他の生物に
食われて変形するかは、ひじょうに興味深いことなんです。

さてさて、ということで、UMA関係のニュースを穴埋め記事的にあつかっている
関係者には猛省をうながしたいと思います(笑)。狼少年の話と同じで、
こういうことがくり返されていると、だんだん興味が失われていくのは
当然でよね。では、今回はこのへんで。

関連記事 『クジラのクチバシ』




幼帝の話

2019.05.25 (Sat)

壇ノ浦の合戦

今回はこういうお題でいきます。地味な話なので、スルーされた
ほうがいいかもしれません。「幼帝」というのは言葉どおり、
幼くして即位された天皇ということですが、
じゃあ、どこまでが幼いのかというとなかなか難しいですね。

これは歴史の学術的な用語ではないんですが、一般的には、
18歳以前に即位した場合、幼帝と言うことが多いです。
この要件を満たす天皇って、じつはすごくたくさんいるんです。
正確に数えたことはないですが、126代の天皇のうち、
50人くらいいるんじゃないかと思います。

幼帝が多く出たのは、まず平安時代の藤原氏全盛期ですね。
摂政という役職がありますが、天皇が幼少、女性、病弱などの場合、
天皇に代わって政務を執ります。藤原氏の時代は、
幼少の帝を飾り物として、自由に世の中を動かすことが画策されました。

あとは院政の時代と、それから江戸時代ですか。
日本の中心が京都から江戸に移り、政治はすべて幕府が行っていて、
天皇の権力が最も形骸化した時期です。
幕府にしてみれば、天皇は何もしないでいてくれれば一番いい、
そのためには幼帝が好都合というわけです。

さて、日本で最も幼くして皇位についたのは、平安時代後期、
平家の全盛期に即位した、第79代 六条天皇。数え年2歳で、
満にすれば生後7ヶ月です。即位式の途中で泣き出したため、
式を中断して乳母が乳を与えたという記録が残っています。

六条天皇
xsdrt (4)

この天皇、生まれつき幸が薄かったみたいで、3歳のときに譲位して
上皇になっていますが、これも最年少記録です。
これだと、おそらく天皇になっていた記憶はないと思われます。
そして11歳のときに赤痢で崩御してしまうんですね。
当然、后妃も子もありませんでした。

さて、史上最も有名な幼帝というと、平家に担がれ、
壇ノ浦で入水して亡くなった、第81代 安徳天皇だと思います。
即位が1歳2ヶ月、もちろん政治は外祖父であった平清盛がすべて
とり仕切っています。崩御は1185年4月、満7歳のときです。

安徳天皇
xsdrt (5)

このときの様子は、『平家物語』にくわしく記されていますが、
ただ、これは物語であり脚色性が強いため、そのまま
史実とみなすのは難しい面があります。安徳天皇の入水のとき、
皇室に伝わる三種の神器もいっしょに水に沈みましたが、
そのことが、後の2人の幼帝の生涯に影を落とすんですね。

三種の神器のうち、神璽(八尺瓊勾玉)と神鏡(八咫鏡)は
源氏側が回収し、宝剣(草薙剣)だけが海に沈んだとされますが、
この宝剣が、熱田神宮にあるとされる本物だったのか、
あるいは形代だったかはよくわかっていません。

いっぽう、平家が西国に逃げだした後の京都では、後白河法皇を
中心として新しい天皇が擁立されます。第82代 後鳥羽天皇ですね。
即位のときは3歳になったばかりでした。このときはまだ、
安徳天皇は存命でしたので、日本の史上初めて、
2人の天皇が同時に存在したとみなされています。

三種の神器(イメージ)
xsdrt (1)

また、三種の神器が平家方の手にあったため、三種の神器を持たずして
即位するのも初めてのことです。現在から考えれば、そんなのなくても
問題ないだろうという気がするんですが、当時としては大事で、
このことが後鳥羽帝の生涯に暗い影を落とすことになります。

さて、後鳥羽天皇といえば、上皇になった後、鎌倉幕府の執権である
北条義時の追討を図って、「承久の乱」を起こしたことで知られています。
しかし計画は失敗し、退位させられて隠岐島に配流され、
失意のうちに亡くなります。このときに怨霊化したとも言われていますね。

怨霊化したとされる後鳥羽上皇、自筆の遺言状、手形つき


この承久の乱の原因の一つに、三種の神器がそろわないまま
治世を過ごした後鳥羽天皇の「コンプレックス」があるという説があります。
三種の神器がなくても自らの強力な権力の存在を示そうとし、
それが対鎌倉幕府の強硬姿勢につながり、乱が起きたというわけです。

後鳥羽天皇
xsdrt (1)

そのあたりのことは何とも言えないですが、承久の乱の敗北によって、
権力の中心が朝廷から武士に移ったと見るのが、一般的な見解です。
最後にもう一人幼帝に登場してもらいます。第87代の四条天皇です。
即位は満1歳、満10歳のときに不慮の事故で亡くなっています。

この事故は、まだ幼い天皇が、近習や女房たちを転ばせて楽しもうとして
御所の廊下に滑石をまいたところ、誤って自ら転倒して頭を打ったことが
直接の原因になったと記録されています。不運としか言いようがないですが、
世間の人はみな、後鳥羽上皇の祟りだと噂しました。

四条天皇
xsdrt (3)

さてさて、ということで、幼帝についてのエピソードを拾って
みましたが、やはり天皇が幼くして即位する場合、
権力の中心が別に存在するということになるので、いろんな弊害が
起きてるんですね。では、今回はこのへんで。

関連記事 『安徳天皇と八岐大蛇』

xsdrt (2)





G1ファイト

2019.05.24 (Fri)
※ これは5chに書いたもので、超ナンセンス話です。
超ナンセンス話はもっと書きたいんですが、発表する場がないんですよね。
あと、あまり書いてると人格が疑われるので。

もともと痔があったんだけども、面倒で病院に行ってなかったのよ。
したらこの間、派遣で行ってる会社の便所で固めの大便を出そうとしたら、
メリメリって尻から音がして頭の先まで激痛が走ったんだよ。
便器を見たら真っ赤な血がだらだらとこぼれてた。とにかく痛くてたまらず、
トイレットペーパーを尻の間につめてズボンを上げたんだが、
まともに歩くこともできなかった。それで会社は早引けさせてもらって、
電話帳で調べた肛門科の専門病院に行ったんだよ。

んで診察台にのって尻を出したら、白ひげを生やした爺さんの医者が、
「んー、これは脱肛ですな。もともとイボ痔だったのが、
 いきんだせいで、15cmほども肛門と直腸が飛び出ています」って言った。
俺が「治りますか?」って聞くと、爺医者は俺の飛び出た肛門を器具でいじりながら、
「んー、イボ痔が肛門が元に戻るのをさまたげていますな。
 手術するしかないでしょうが、この脱肛はあまりにも見事だ。
 どうです、治療費は無料にしますから、G1に出てみませんか」
こんなことを言われたんだ。

「G1って何すか?」俺が聞くと、「われわれ肛門科の医師の間で行われている
 格闘技ですよ」 「格闘技?」 
「そうです。あなたの脱肛はすごい。100人に一人のレベルのものです。
 どうですか、治療費はいりませんし、ファイトマネーとして300万払いましょう」
で、俺は金がなかったから、タダで手術してもらえる上に、
300万くれるというのはすげえいい話だと思った。
それで「出ます!」って答えてしまったんだよ。爺医者はにっこり笑って、
「ああ、よく決心されました。才能を無駄にするのはもったいないですから」
こう言い、薬をもらってその日は帰ったんだよ。
尻はあきれるほど痛かったが、大便をせずになんとか我慢してた。

前回言われた日曜の夜8時に病院に行くと、たくさん白衣を着たやつらが来てて
その中に爺医者もいた。俺は全裸にされ、車輪のついた手術台のようなのに
足を開き膝を立てたうつぶせの状態で乗せられ、手足をベルトで固定された。
手術台は人の身長より短くて、端から尻が突き出た恰好になった。
んで、そのまま救急車に乗せられたんだよ。
俺が「どこへ行くんですか?」って聞くと、
「日本武道館ですよ。頑張ってください、期待しています」って言われた。
やがて救急車が武道館に着くと、中はたくさんの観客で埋まってた。
で、花道のようなところをガラガラと手術台を押されて、
ライトで照らされた中央の壇に進んで行ったんだ。

壇はプロレスのリングのような感じだったが、ロープは張ってなかった。
蝶ネクタイをしたアナウンサーが、「本日の第一試合、赤コーナー」
と叫んで俺の名前を呼んだ。向こう側を見ると、俺と同じ格好で台に
固定されたおっさんがいた。おっさんはハゲの50代くらいで、
やっぱ俺と同じに肛門が尻から飛び出していたな。で、おっさんの名前も呼ばれ、
2人とも互いに尻を向ける格好で、屈強な男たちに壇の中央まで運ばれた。
レフリーが間に入って「ファイト!」と声をかけると、
手術台どうしが勢いよくぶつけ合わされた。
つまり俺とおっさんの脱肛と脱肛が激突したってことだ。

「あんぎゃあああああああああああああああああああああああああああああ!!」
あまりの痛さに目の前で火花が散った。
相手のおっさんも牛のような声で何か吠え叫んでいたが、
人のことを気にしてる余裕はなかった。台は何度も何度もぶつけられ、
「あああ、痛で、痛でえよう。あああああ」 俺はそのたびに絶叫してしまった。
肛門と肛門がドチュッとぶつかる嫌な感触があり、俺はだんだん気が遠くなってきた。
どのくらい時間がたったろうか、「やった勝ったぞ!相手の肛門が引っ込んだ!!」
という声が大歓声の中で聞こえ、俺は顔中涙でぐちょぐちょにしながら
勝ち名のりを受けた。んで「すばらしい戦いでした。感動しました」
爺医者に控室でほめられて300万もらったんだよ。

「・・・・」







虫、食べられます?

2019.05.24 (Fri)
アーカイブ139

『海外での食用昆虫ビジネスが活気を帯びている。
ここ3年の間にクラウドファンディング「Kickstarter」において、
食用コオロギを扱ったプロジェクト4件が目標額に達成しており、
総計126万ドルの資金の調達に成功している。

用昆虫への投資は増えており、前述の4件のうち1つの企画団体
(Exo社)は、さらに今年3月、400万ドルの資金調達に成功したという。
日本においても今年3月、徳島大学の研究グループが
学術系クラウドファンディング「academist」を通じて、
コオロギ養殖技術の開発プロジェクトを立ち上げている。』
(JBpress)

今日はこのお題でいきますが、おそらく生理的拒絶反応のある方は
多いでしょう。その場合は、スルーをお勧めします。
ま、昆虫食への投資がどんどん増えているということですね。
これは世界の人口増加と食糧問題に大いに関係があります。

日本をはじめ、世界の先進国の中には、
少子化による人口減少に悩まされている国も多く、いまいちピンと
こないんですが、途上国中心に人口は増大化をたどっており、
2050年には世界人口は90億を超えるという試算もあります。

サソリの串焼き
66266076-chinois-nourriture-de-rue-dans-les-hutongs-de-beijing-wangfujing-rue-torréfié-scorpions-comme-la-nourrit

で、地球全体で見れば食料が足りなくなる。これには、穀類を
はじめとした植物由来の炭水化物の摂取の問題がまずあるんですが、
それと同時に、肉類から摂取するタンパク質の問題もあります。
現在は、牛・豚などの家畜の肉が主に食べられていますが、
食肉の摂取量は将来的に、途上国において50%増加するほか、

世界全体でも3割近く増加すると見込まれています。
これで何がマズいかというと、畜産というのは効率が悪いんですね。
牧草地などで大きな面積を使うのに、とれる肉の量は多くはありません。
穀物の増産を阻害する要因となりえます。
それと、心配されているのは畜産による環境の破壊です。

世界に排出されるアンモニアの7割程度が家畜に由来するほか、
人間活動による温室効果ガス排出量の14%以上が、
家畜の排泄物や腸内発酵による、という試算があるんです。
かつて恐竜は、自分たちが出すオナラで、どんどん環境を破壊して
滅びにつながっていったなんて話もありました。

大型魚の餌になるミールワーム


畜産が拡大すれば、土壌汚染、大気汚染も増加します。
せっかく工業由来の2酸化炭素排出量を抑えても、
こちらが増大してしまっては意味がなくなってしまいます。
で、出てきたアイデアが昆虫食なんですね。

将来的に大きなビジネスチャンスがある、というわけです。
小昆虫養殖の利点としては、
・排出される環境汚染物質が家畜に比較ししてずっと少ない。
・小さな面積で多くの収量を得ることができる。
・飼料も少なくてすみ、コストがあまりかからない。
・昆虫はまるごと食べられるが、牛・豚などは廃棄する部分が多い。

この他、漁業などは資源枯渇、種絶滅などの問題がありますが、
養殖であればそれは関係ないですよね。
栄養価も、昆虫食は牛・豚などに劣るということはないようです。
全身まるごと食べるのですから、むしろ多様な栄養素が含まれています。
これはいいことずくめのように思えるんですが・・・

養殖が検討されているアルゼンチンモリゴキブリ・・・


こっから話は不快になっていきますのでご注意ください。
現在、養殖が研究されている昆虫として、
「ヨーロッパイエコオロギ、ミールワーム、アルゼンチンモリゴキブリ、
イエバエ」などがあげられています。

どうでしょう、みなさんはハエやゴキブリを食べる気になるでしょうか。
これらは少ない面積でくり返し増やしやすいんですよね。
自分は海水魚を飼育していて、ミールワームやコオロギは、
アロワナなど大型魚の餌として熱帯魚店で売られているのを
よく見ています。これらの養殖はすでに始まってるんです。

うーん、しかし、ゴキブリを食べる気にはならないですよねえ。これには
先入観が大きいと思われます。まず、ハエやゴキブリは不潔であるという。
ですが、ゴキブリやハエは基本的に毒素を持ってはいません。
寄生虫がいたり、細菌がついている場合はありますが、
清潔な、無菌環境で養殖すればそれはクリアされるはずです。



ですから、生食したとしても問題はないんですが、
加熱調理すればより安全でしょう。安全性については
心配はないんです。料理マンガの『鉄鍋のジャン!』に、未来の
サバイバル食としてハエのウジを生で食べるシーンがありましたが、
あれも無菌養殖されたものだったと思います。

次に食味の点ではどうでしょう。昆虫類は体が小さいですので、
味はその餌による面が大きいと思われます。
サクラケムシを焼いて食べると桜の香りがすると言いますし、
主に樹液を吸っている甲虫類などは、
木の実のような味がするという話です。

もちろん蜜を常食としていれば、甘い蜜の味に。あと、昆虫では
ないんですが、クモ類などはエビ、カニときわめて近縁の生物です。
タランチュラはカニ味噌の味がするということです。
ですから、味の面でもバラエティに富んでいるんですね。
料理のしがいがあるかもしれません。

さて、ここまで読まれて、将来的に昆虫食をする意欲が
わいてこられたでしょうか。日本人は、イナゴやハチノコなどを食べる
場合もありましたが、世界の中では、あまり昆虫は食べられていない
ほうだと思います。ですから、内需が当面は期待できないので、
ビジネスとしても出遅れる可能性が高そうです。

しかし東南アジアの市場に行けば、タガメなどのさまざまな昆虫、
サソリなんかも並べられているのを見ることができます。ヨーロッパ各国も、
日本よりは昆虫食に対する心理的な抵抗感は少ないと思われます。
まずは、粉末やペーストなど、加工食品として導入され、
じょじょに慣れていくという形になるのかもしれません。

昆虫寿司


あと、日本人は環境保護という言葉に弱いので、
それを使って昆虫食の普及を図るとか。「僕は環境保護を
モットーとしているから、肉は食べないで昆虫を食べる!」
このように公言する人が将来出てくることになるんでしょうか。

さてさて、最後に、昆虫食からは離れますが、
悪食・ゲテモノ食いをテーマとした作品を書かれている
ホラー・SF作家が日本にはいます。田中啓文氏ですね。
氏の『異形家の食卓』 『ミミズからの伝言』などは、

それ系の話がまとめられたものですが、中でも『異形家の食卓』収録の
「新鮮なニグ・ジュギペ・グァのソテー キウイソース掛け」という短編は
傑作です。自分はアンソロジーの『異形コレクション』で読んだんですが、
これにはうならされました。みなさんもぜひご一読を。







ウンコって食べられる?

2019.05.24 (Fri)
アーカイブ178

うんこを食べる―。人類にとってある意味、最大の挑戦が始まっている。
研究の課題はどこにあるのか? 注意すべき点はなんなのか?
人間の「うんこ」を安全に食べることのできる未来は近づいている!
と聞いたら、皆さんはどう思うだろうか。「誰が食べるんだよ」
「実現しても食べたくない」という声が圧倒的多数のはずだ。

しかし、この問題は人類の発展にとって避けては通れない道なのだ。
現在、なんとあのNASA(米航空宇宙局)が「うんこ食」
の研究を進めているという。長期間にわたり宇宙に滞在すればするほど、
宇宙飛行士にとって「食」は生命に直結する問題だ。

宇宙に食べ物を運ぶことはコストがかかり、かといって軌道上で
宇宙飛行士自らが食べ物を栽培しようとしても、
あまりに時間がかかりすぎる。
(週刊プレイボーイ)



今回はこのお題でいきます(笑)。この題名に拒否感がある方は
スルーしてくださいね。さて、宇宙に人間が滞在する場合、まず空気(酸素)、
水、食料、これらはどうしても必要です。ですが、宇宙船や
宇宙ステーションに物を積む場合、グラム単位で燃料コストがかかります。

さらにスペースの問題もあります。例えば、水を大量に積めば、
その分だけ人間の暮らす空間がせまくなってしまうわけます。
ウンコの場合も、それを保管するにはスペースが必要ですよね。
ですから、もしウンコをリサイクルできるものならそうしたい。
ということで、NASAでは真面目に研究を進めているんです。

ちなみに、オシッコはすでに宇宙でリサイクルされています。
尿処理装置で蒸留・精製し、普通の飲料水と
まったく変わらないものになります。日本の宇宙飛行士、
若田さんが尿からできた飲料水で乾杯してるのが
ニュースになってましたので、ご記憶にある方もおられるでしょう。



さて、ウンコって何でできているんでしょうか? これ、意外なことに、
口から食べた食物由来のカスは、6~7%にすぎないんだそうです。
60%以上が水分、約20%が腸壁細胞の残骸です。
特に、小腸の細胞が多いみたいですね。

みなさんは「大腸がん」という言葉は聞いたことがあると思いますが、
「小腸がん」ってあまり聞きませんよね。これは、小腸表面の細胞は、
ほぼ24時間で入れ替わっているので、がんができるヒマがないんです。
しかも、小腸のひだを伸ばして広げると、テニスコートほどの面積になります。
そっから大量の細胞の残骸が、ウンコに混じってくるわけです。

次に、15%ほどが腸内細菌の死骸です。人間の腸内には、
100~3000種類の細菌が100兆から1000兆個もいるんだそうです。
これらが日々死んで、その死骸がウンコとなって出てくるんです。
うーん、これは知りませんでした。人間の体って、
かなり食物の消化・吸収効率がいいんですね。



さて、では、ウンコはそのままで食べられるのか?「飲尿療法」というのが
ありますね。出たての新鮮なオシッコを飲むと健康によい、とするもので、
あの『ちびまる子ちゃん』の漫画家、さくらももこさんが、エッセイで
飲尿療法を実践していると書いたのを読んで、衝撃を受けたのを覚えています。

飲尿は、新鮮で雑菌が繁殖してないものなら、体に害はないという話ですが、
自分はできる自信はないです。もちろん、上記したような、蒸留されたもの
なら飲めます。ただ、ウンコの場合は、人間に有毒な成分が含まれているので、
そのまま食べるのはかなり厳しいでしょう。

有毒な内容物は大きく分けて2種類あって、一つはアンモニアや硫化水素
などの化学成分。でも、これはオシッコにも含まれますよね。
もう一つが細菌です。腸内の細菌には、体によいものも
悪いものもあるんです。大腸菌などが口に入ると腹痛を起こす原因になりますし、
その中でもO157などは重篤な中毒を引き起こします。

では、加熱殺菌すればいいのか。たしかに高温で加熱すれば、
ほとんどの菌は死にます。ただ、そう簡単には問題は解決しません。
というのは、加熱は酸素を消費するからです。宇宙船内で、
酸素は水以上に貴重です。オシッコを蒸留してできた水をさらに分解して
酸素を作って利用しているほどなんです。

火星のテラフォーミング


現在NASAが進めている研究は、自然にある特殊な細菌を利用するものです。
まず、ウンコから有毒成分をのぞき、栄養素だけを取り出す。
さらにその栄養素に細菌を加え反応器に入れることで、飲食可能な
バイオマスを栽培し、人間の食料とします。メタンを基質として増殖する、
メチロコッカスという細菌の成長を利用しているということです。

さてさて、自分は2つほど問題があるのかなあと思います。
一つは、上で書いたスペースについてです。もし、ウンコの食料化装置に、
大きなスペースと重量が必要だとしたら、食料を多く積んで、
ウンコも宇宙から持ち帰ったほうが効率がいいことになります。
ま、これから研究して省スペース化してくんでしょうけど。

また、もしウンコを水と肥料に分解して植物を育てるとしても、
やはり広い面積が必要になってしまうでしょう。
これは、他の星に植民した場合などにはいいかもしれませんが、
せまい宇宙船内では難しいでしょうね。

もう一つは、心理的な面ですね。もちろんウンコからできた食料は、
もとがウンコとは連想できないような、色、形、味になっているでしょうが、
食べるときに、「これウンコだったんだよなあ」という考えが
頭をよぎらないでしょうか。まあでも、そんなやわな神経の持ち主では、
宇宙飛行士は務まらないのかもしれません。今回は、このへんで。

関連記事 『虫、食べられます?』  『ヴィーナスとマーズ』

宇宙ステーション内のトイレ、手にしているのは収尿器






西洋魔術の3つのルーツ

2019.05.23 (Thu)
eieiei (2)

今回はこういうお題でいきます。カテゴリはオカルト論です。
西洋魔術は、映画や小説、ゲームによく登場しますが、
日本で西洋魔術の成り立ちについて理解している人って、
じつはあんまりいないんですね。なぜかというと、
これには西洋の歴史の大きな流れが深く関連しているからです。

さて、どれからいきましょうか。まず西洋魔術の一つ目のルーツは、
キリスト教以前の土着宗教です。最盛期には、
西ヨーロッパと中央ヨーロッパの大部分に広がっていたケルト民族は、
ローマ帝国による征服とキリスト教への改宗により、
だんだんに結束力を失って、それぞれの地域に同化していきました。

古代ケルトのイメージの強い、トールキンの『指輪物語』
eieiei (1)

古代ケルト宗教については、残念ながら文字資料が残っていません。
そのため、考古学的な遺物から推測するしかないんですが、
ドルイド教は古代ケルト宗教の一つで、イギリスにあるストーンヘンジ
などは、ドルイド教のモニュメントです。

ストーンヘンジ
eieiei (4)

1812年、ドイツのグリム兄弟が民間伝承を採集して
『グリム童話』にまとめましたが、あれに出てくる魔術のほとんどは
この土着宗教由来のものです。魔女の呪いによって王子がヒキガエルに
変えられたり、お姫様が永遠の眠りについたりするような内容ですね。

関連記事 『怖い童話について』

実際は、ここに出てくる魔女は民間療法師のようなもので、
村の外れに住んでいて、病気になった村人に薬草を処方したり、
失せ物を探したり、転居や結婚の吉凶を占ったりしていました。
この形の拝み屋はアフリカや南北アメリカ大陸など、
世界各地に存在し、日本でも昭和初期まで残っていたんです。

グリム童話の魔女のイメージ
sssaaa (1)

この、いわゆる「魔女」たちは、キリスト教によって
大弾圧を受けます。悪魔の力を借りて術を使っているとされたんですね。
そして悪名高い魔女狩りが始まり、一説には、全ヨーロッパで
推定4万人から6万人が処刑されたと言われています。

ですが、魔女たちはもちろんキリスト教の悪魔の力を借りていた
のではなく、上記のように古代から伝わる民間治療を行っていただけでした。
魔女の集会「サバト」があり、そこに悪魔が降臨して乱交するなどと
いうのは、魔女たちに濡れ衣を着せるため、
キリスト教によってつくられたイメージなんです。

魔女の宴「サバト」
eieiei (3)

次、2つ目は古代ギリシアの自然哲学に由来するものです。
みなさんも、アリストテレス、プラトン、アルキメデス、ピタゴラス等々、
ギリシャ哲学者についてご存知だと思いますが、
その知識は古代ローマに受け継がれました。

ところが、392年、ローマ帝国のテオドシウス帝がアタナシウス派
キリスト教を国教とし、それ以外の宗教、宗派を禁止したため、
それらの知識は失われてしまったんですね。ギリシャ哲学者の著書の
中には、禁書になってしまったものもあります。そのあたりのことを
描いたのが、ウンベルト・エーコの歴史推理小説『薔薇の名前』です。

それらの叡智は完全に消え去ってしまったかというと、そうではなく、
中東やエジプトなどのオリエント地域に残り、
独自の発展をとげていました。それが、聖地エルサレム奪還のために
12世紀から始まった十字軍遠征により、
ヨーロッパ社会に再発見されることになります。

錬金術師のイメージ
sssaaa (5)

天文学、占星術、錬金術、医術、数学などの知識が、
キリスト教によって、自然科学的には暗黒社会となっていた
西ヨーロッパに、どっとばかりに流れ込んだんですね。ですが、
錬金術で卑金属を金に変えるのは不可能ですので、錬金術師は
貴族に取り入るため、さまざまなイカサマ手口を発明しました。

現在に残る「魔導書」と言われるものの多くは、そういった錬金術師が、
王侯貴族をだまくらかすために書いたものなんです。
最初に書いた土着宗教由来の魔術が民衆のものだとすれば、
2つ目のルーツは、当時の知識層がつくりだしたものということです。

さて、最後の3つ目ですが、これはキリスト教で信じられた悪魔の力を
借りて行うもので、神に反抗する行為です。
「召喚魔術」などとも言いますね。ある特定の悪魔を呼び出し、
その力を使って自らの目的を達成しようとするものです。

ファウスト博士と悪魔メフィスト・フェレス
eieiei (1)

ゲーテが書いた有名な戯曲『ファウスト』は、典型的な悪魔召喚の物語で、
年老いた学者で、学問しかしてこなかったファウスト博士のもとに
悪魔が現れ、現世で人生のあらゆる快楽や悲哀を体験させると
約束します。そのかわりに魂をささげなくてはなりません。

悪魔との契約は悲劇的な結末で終わることが多いんですね。
ちなみに、ファウスト博士は実在した錬金術師で、実験中に爆死し、
五体がバラバラになってしまったため、悪魔の力を借りて
研究を行っていたため破滅したのだと噂されました。

さてさて、ということで、ここまでのまとめをすると、西洋魔術のルーツは、
① 古代から伝わる民間信仰に由来するもの
② 古代ギリシア、ローマ時代の自然哲学に由来するもの
③ キリスト教の悪魔の概念から派生したもの
  となりますが、

この3つのことは、それぞれに影響を与え合っています。
まあ実際には、西洋魔術はこれ以外にも、ロマ(ジプシー)のものや、
ロシア・東欧系のものもあるんですが、この3つの基本を押さえておけば、
大きく間違えることはないんじゃないでしょうか。

西洋魔術の世界を見事に再構築した『ハリー・ポッター』シリーズ
sssaaa (6)

例えば『ハリー・ポッター』シリーズを見ても、暖炉を使って移動するなど、
ほとんどは①ですし、賢者の石なんかは②からのものです。
ただ、作者のJ・K・ローリングが慧眼だったのは、③を注意深く排除して、
キリスト教側からの非難を最小限にとどめたことです。
やはり成功する人は頭がいいですね。では、今回はこのへんで。

『関連記事 『ハリー・ポッターとキリスト教』





超古代文明と白人優越主義

2019.05.22 (Wed)


今回はこういうお題でいきます。まず、「超古代文明」というのは、
現在知られている古代文明よりも以前にあったとされる文明のことです。
例えば、メソポタミアにシュメール都市国家が出現したのが、
今から5000年ほど前ですから、少なくとも、
それよりも古い文明ということになります。

なぜこういう発想が出てきたかというと、人間に一番近い霊長類が
出現したのが500万年くらい前です。ところが人類に文明らしきものが
出てきてから1万年にもならないわけですね。ですから、
それ以前にもじつは文明があったのではないかと考えるのは、
そう無理のないことだと思われます。

ただ、もし超古代文明があったとしたら発掘で出てくるはずです。
恐竜など、億年レベルの古生物の化石が出てくるんですから、
痕跡が残ってないのはおかしい。そのため、超古代文明の場合、
アトランティスでもムー大陸でも、天変地異で海の底に沈んでしまい、
だから何も残ってないと説明されるわけです。

ムー大陸
xxxsd (4)

まあ、ここまでは問題ないと思います。オカルトとしても夢があります。
ただ、プラトンが書いたアトランティスはともかくとして、
近年に発表される超古代文明説は、その根底に差別的な内容を
含んでいるものが多いんです。白人優越主義のようなものですが、
このあたりは、なかなか日本人には理解しにくいんですね。

どっから話していきましょうか。やはりキリスト教かな。
キリスト教が生まれたのは現在のアラブです。イエス・キリストは
「ナザレのイエス」と呼ばれましたが、ナザレはイスラエルの都市で、
『旧約聖書』には古代イスラエルの物語が描かれています。

メキシコ テオティワカンの神殿ピラミッド
xxxsd (1)

その記述によれば、人類は神が創造したことになっていて、人種や
民族というものはなかったんです。民族が生まれたのは、創世記の
「バベルの塔」の話によります。人類が天高くそびえる塔をつくり、
その地に定住しようとして、「地に満ちよ」という神の教えに背いたため、

神は罰として人々の言葉を違うものとしました。
混乱した人々は、言葉の通じる者どうしが集まって世界各地へ
散っていったわけです。ですからキリスト教的には、
人種や民族による差別というのは、本来はなかったんですね。

じゃあキリスト教に差別はなかったかというと、これはありました。
異教徒に対する差別です。大航海時代、スペイン人の征服者が
南北アメリカ大陸に到達し、原住民を虐殺したり奴隷化したのは、
表向きは彼らが異教徒だったためです。異教徒はどうせ地獄に堕ちると
決まった存在なので、何をしてもかまわないとされました。

日本にも、戦国時代にフランシスコ・ザビエルをはじめとする宣教師が
来航しましたが、彼らが布教活動を行ういっぽう、
宣教師を船に乗せた商人たちは、日本人の子女を買い取って奴隷化し、
海外に売ってたんですね。これを知って激怒した豊臣秀吉は、
バテレン追放令を出すことになります。

で、この大航海時代に世界各地の様子を見聞きしたヨーロッパ人は、
西欧文明とは生活様式が異なる現地人に対して、
少しずつ差別意識をつのらせていったんですが、
19世紀になってダーウインが進化論を発表したことで、
「白人優越主義」もほぼ同時に誕生します。

フランシス・ゴルトン
xxxsd (6)

ダーウインの従兄弟で、初期の遺伝学者であったフランシス・ゴルトンは、
「優生学」という概念を提唱しました。生殖管理により人種を改良する
という発想です。この考え方はナチスドイツに取り入れられ、
「金髪、青い目のアーリア人はすべての人種の中で最も優越する」という
考えを生み出し、ユダヤ人迫害が起きるんですね。

ナチスの優生政策 体が大きく、力が強く、知能も優れ、美しいアーリア人
xxxsd (7)

さて、ここまで書いてきたことは、みなさんもよくご存知だと思いますが、
これが超古代文明とどうつながるかというと、
世界各地には、優れた古代の遺跡や文化遺産がありますよね。
エジプトのピラミッドや南米の神殿遺跡などなどです。

白人優越主義的には、劣等な古代のエジプト人や南米人がそんなものを
つくれるはずがない、ということになります。
超古代には、白人が支配する巨大な文明があったが滅亡してしまい、
その後世界各地に散った白人指導者が、今に残る世界各地の遺跡を
つくらせたのだと説明されるんです。

ムー大陸は、アメリカ合衆国の作家、ジェームズ・チャーチワードが
1926年から唱えた、超古代に太平洋上にあった大陸ですが、
「その支配者は白人」であったとされています。それが1万2千年前の
大地殻変動で一夜にして海底に沈没し、その生き残りが
環太平洋に残る各地の遺跡をつくったと説かれます。

ジェームズ・チャーチワード
xxxsd (3)

また、近年のグラハム・ハンコックによる『神々の指紋』でも、
エジプト・マヤ・インカなどの非白人系古代文明は、彼ら独自のものではなく、
「アトランティス大陸=南極大陸」にあった「白い肌の人間」の超古代文明を
受け継いだものに過ぎないとされています。まあ簡単に言えば、
世界各地の優れたものは、みな白人がつくったのだということなんです。

もちろん、これらの説には大きな批判があり、学問的にまともに
受け入れられてはいません。あまりに白人優越主義がむき出しですからね。
で、1960年代以降、白人のかわりに持ち出されるようになったのが
宇宙人です。遠い古代に地球を訪れた宇宙人が人類に文明を授けた。
これを「古代宇宙飛行士説」と言います。

関連記事 『古代宇宙飛行士説について』  『ケツァルコアトル伝説』

さてさて、自分から見れば、白人優越主義も宇宙人関与説も、
どちらも、たいへん古代人の叡智をバカにした話で、
なぜ素直にそのことを認められないんでしょうね。ということで、
オカルトの超古代文明説には、歴史的にこのような流れがあるんです。
では、今回はこのへんで。

xxxsd (5)





友引の話

2019.05.21 (Tue)
あ、じゃあ話していきます。僕、実業団で野球をやってるんです。
いちおう中学から、高校、大学と続けまして、大学時代は
外野手としてそれなりに注目されて、何球団か、
プロ野球のチームのスカウトが来たりもしたんですよ。
でもね、プロにはなれないだろうと思ってました。
大学あたりまでくると、自分の実力ってだいたいわかるもんなんです。
スカウトの人たちも、必ずとるって確約はしてくれませんでしたし。
それでもね、ドラフトのときはそこそこ期待はしてたんです。
でも、あんのじょう指名はなくて。それで、大学の監督の紹介で
実業団チームに入ったんです。ノンプロってことですね。
今は、昔と違ってノンプロに力を入れてる会社って多くないんです。

だから平日は普通に仕事をこなしてます。練習量も多くないですよ。
給料も、試合に出た分の手当てが出るくらいで、
他の社員と大きくは違わないんです。けど、社会人なっても
好きな野球ができるってことで、それなりに生活には満足してました。
で、先週の月曜日のことです。会社あてで、僕に訃報が届いたんです。
葬式の案内のハガキですね。誰が亡くなったんだろう、
そう思って見て、あっと思いました。それね、僕の中学校のときの
チームメイトだったんです。学年が同じだから、
僕と歳も同んなじで26歳、若いなあって驚きました。
「病気療養中のところ」とハガキにはありましたけど、
何の病気かは書いてなかったんです。

中学では、そいつがエースで、僕が抑えのピッチャーだったんです。
2人がかりで相手チームを完封したことが何試合もありました。
3年のときに県大会の準決勝で負けて、あと一歩で全国には
行けなかったんです。その後、お互いに推薦で
別々の高校へ行きまして、同じ県内だから、甲子園をめざす
ライバルになると思ってたんですが・・・ そいつは肩壊して、
2年のときに野球やめちゃったんです。僕のほうもね、
ピッチャーに限界を感じて野手に転向し、甲子園には行けなかったけど
そこそこ活躍して推薦で大学に入りました。こうやって考えてみると、
ずっと2流の中くらいの野球人生を歩んできてるんですよね。
才能はそいつのほうがあったんじゃないかと思います。

僕より身体が大きくて球も速かったし。でも、ケガしないってのも
才能のうちですから。ああ、すみません、思い出話が長くなってしまって。
でね、知らせを見たときは葬式に行こうと思ったんですよ。
けど、日時がちょうど試合の日と重なってて。
それで、返信用のハガキには欠席に印をつけました。
でも、お線香の一本もあげたいとは思ったんです。だから、
余白のところに、後日訪問させていただきますって走り書きをして
出したんです。で、先週の日曜です。練習が終った後、
電車で郷里に向かいました。そいつはまだ結婚してないみたいで、
ハガキの住所は実家になってたし、喪主はお母さんみたいでした。
郷里にはちょくちょく帰ってたんです、うちの実家もありますし。

駅についたのが5時ころです。いちおうそいつの家には電話してみました。
そしたらすぐお母さんが出たんで、名前を言って、「葬式には出られません
 でしたが、これからお線香をあげに行ってもいいですか」こう聞いたら、
すごく喜んでくれて、「今は私しかいませんから、どうかいらしてください。
 息子も喜びます」って。でね、駅からは歩いていくつもりでした。
中学校のとき、何度か遊びに行ってたんで、だいたいの場所はわかる
つもりだったんです。10分ほどで、そいつの町内に入りまして、
確か家の近くに大きなお寺さんがあったよなあ、と思ってると、
お寺らしいとこに出ました。片側にずっと黒い塀が続いてる道。
中は墓地になってるんです。これを曲がったあたりが家だったよなあと
考えてると、急にあたりが暗くなったんです。

「え?」って空を見てしまいました。そしたら空もかなり暗くて。
そんなはずないですよね。だって今は1年でいちばん日が長い時期だし、
時間はせいぜい5時半ですから。それで、ずっとまた黒い塀が続いてて。
わけわからないながらも前に進んでくと、また曲がり角にきて、
その先は黒い塀。でね、そんときおかしなことに気がついたんです。
かなり長時間歩いてるのに、僕の他に通行人を見なかったんです。
たしかに過疎が進んでる市なんですけど、そこは街中だし、
誰も通らないなんてことはありえないですよね。不安になってきて、
スマホでそいつの家にもう一回かけてみたんです。
そしたら、ずっと呼び出し音が続いてたんですが、やっと出て、
前に話したお母さんだと思いました。けど・・・

今思うと、なんか声が変だったというか、うまく言えないけど、
洞窟の中で響いてるような声で。「今、お宅の近くまで来てるんですけど、
 場所がわからなくなてしまって」そしたら、「・・・」
しばらく沈黙があって、「そのまま塀にそって進んで、
 曲がり角の向かいに理容店がある3軒隣がうちです。
 門柱に忌中の札を出してますので、すぐわかると思います。
 息子が会いたがってるので、ぜひ」こういう返事だったんです。
床屋なんてあったかなあ・・・そのうち、ますます暗くなってきて、
でも、道にある街灯はつかないんです。少し小走りになって
塀の角に出ると、道をはさんだ向かいに床屋が見えました。
「ああ、ここだ」一安心してそっちに向かいました。

そのときにはもう、夜みたいにあたりは真っ暗でした。
床屋は閉まってて、何軒か隣の家にそいつの名字の表札と忌中の札。
ああ、やはりここだと思ったものの、気味が悪かったんです。
この暗さが変だし、それ以外も。でも、2度も電話したんだし、
ここまで来て入らないわけにいかないですよね。インターホンを押すと、
すぐ「どうぞ」という声があって、ドアを開けて玄関に入ると、
奥から黒い着物の女の人が出てきました。いや、そいつのお母さんには、
会ったことがあるはずですが、見覚えがあるようなないような。
名前を告げて上がって、1階の和室に通されました。
入ってすぐ「えっ」と驚いたんです。白い布のかかった簡素な祭壇に
位牌と遺影。それはいいんですが、その手前に棺があったんです。

ありえないですよ。僕の実家のある地域では、まず火葬をして、
それから葬式なんです。だから骨壷はあっても棺なんかあるはずがない。
「野球のときのお友だちが来てくれて息子も喜んでますでしょう。
 息子はずっと病院のベッドでも、また野球やりたい、
 キャッチボールだけでもやりたいって言ってたんです」そう言われて
言葉を返せず、棺ごしにロウソクから火を借りて線香を燃やし、
線香立てに差しました。「今、お茶でも持ってきます」
お母さんは立っていなくなり、部屋に一人残されて・・・
部屋は電気がついてたと思いましたが、やはり薄暗くて、
心の中で「ちがう、何か違う」そういうふうに思ったんです。
お母さんはなかなか戻ってこず、不安になってきたとき、

突然、棺の蓋がバンとはね上がったんです。「うわー」大声を上げて
しまいました。棺の中には人は入っておらず、ちらっとバットとグローブが
見えた気がしました。立ち上がって逃げ出そうとしたとき、
「ちょっとあなた、どうしたの?」という声が聞こえ、そっちを見ると、
お坊さんが立ってたんです。「ええ?」あたりは明るく、外で、
僕、墓地の中にいたんですよ。はい、その亡くなった友人の家の墓の前に。
バットとグローブが供えられてました。その坊さん、お寺の住職にそれまでの
ことを話すと、住職は少し考えてから、「それは友引だなあ。けど、仏さんは
 あなたを本気で引くつもりはなかったようだね」そんな話をされたんです。
はい、その後にそいつの家にも行きました。見たとおりの祭壇はありましたが、
棺はなかったです。お母さんと長話をして、たいへん感謝されましたよ。






「暦注」って何?

2019.05.21 (Tue)
アーカイブ138



今回はリクエストによる内容です。自分の仕事仲間から、
「カレンダーに一粒万倍日とか書いてるけど、あれって何?」という
質問がありまして、それについて書いてみることにします。
ただ、自分は西洋占星術をやってるので、東洋の暦学はあんまり詳しくない
んですよね。いろいろ間違いがあるかもしれません。

まず、日本の暦は、中国の干支(かんし)を基準にして作られています。
干支とは、十干 「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」
十二支 「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」を組み合わせたもので、
「甲子(きのえね)」から始まり、「癸亥(みずのとい)」で
終わる60進法になっています。



つまり、2か月(60日)周期で日付に意味づけをするものなんですね。
で、その中のそれぞれの日について、日時・方位などの吉凶、
その日の運勢なんかを、注記の形で日付の下に記したものを
「暦注」と言います。暦注にはさまざまな種類があります。

現代のカレンダーや日めくりに書かれていることが多いのは、
まず「立春・立夏・立秋・立冬」などを含む「二十四節気」です。
これは、1年を24等分して、季節の特徴を表したものです。それから、
24節気には含まれない「雑節」(土用、八十八夜、入梅など)も
記されることが多いですね。

次に記されることが多いのは「六曜 ろくよう」です。
「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」の6つ。これが中国でいつ始まったかは
はっきりしませんが、日本には鎌倉時代の終わりころに伝わったようです。
上に書いた先勝から始まり、6日ごとの一巡りをくり返します。



「先勝」は、「先んずれば勝つ」の意で、
何事をやるにも急ぐことがよいとされる日。
「友引」は、もとは「共引」と書き、「あらゆる勝負が引き分けになる日」という
意味だったんですが、いつの間にか「災いが自分ばかりでなく友にもおよぶ日」
というように変化し、葬式や火葬を行ってはならないとされます。

「先負」は、「先んずれば負ける」で、
この日は自分から積極的に動かないのがよいとされます。
「仏滅」は、元来は「物滅」で、「あらゆることが滅ぶ日」でしたが、
それが仏教と関連づけられて今の漢字になりました。
結婚式などの祝儀を行うのがよくない日と言われます。

「大安」は、「大いに安んずる」で、六曜の中では最も運勢がよく、
あらゆることが上手くいくとされます。この日はどこの会場でも、
結婚式の予約が混みあいますし、その他の行事も選んで行われます。
「赤口」(しゃっこう)は、火や刃物に気をつけなくてはならない。
命に危険がある日です。

ただこれ、中国では、細かく時間ごとに吉凶が決められていて、
大安でも凶の時間帯もあれば、仏滅でも吉の時間帯もあります。
でも、日本だと、博打を打つ人以外は、そこまでは気にしてないですよね。
その他、暦注には「七曜」や「二十八宿」、「九星」などがあります。

で、最初のところで書いた「一粒万倍日」というのは、暦注の中で
「選日 せんじつ」と呼ばれるものです。全部はご紹介できませんが、
代表的なものを見ていきましょう。
「十方暮 じっぽうくれ」相談事や交渉がまとまらない日とされています。

「八専 はっせん」吉はますます吉に、凶はますます凶に向かう日です。
「不成就日 ふじょうじゅび」何事も上手くいかない日で、
寺社の参詣は避けるべきと言われます。
「三隣亡 さんりんぼう」棟上げなどの建築に関することは
行ってはならない日。この日にそれをやると火災を招き、
三軒の隣近所まで滅んでしまうと言われます。



「一粒万倍日 いちりゅうまんばいび」一粒の種もみが万倍に増え、
大きな実りとなる日で、種まきを始め、すべてのことによい日とされますが、
もし借金などをした場合、それも万倍に増えます(笑)。
「天赦日」天の神様が人間を赦すとされる最大の吉日です。

では、こういうの、どこまで信じればいいんでしょうか。
これは難しいですね。というのは、本来、暦注は旧暦(太陰太陽暦)
で行うものなんです。旧暦の1年間は354日ほどで、
それを、現在のカレンダーは無理矢理に新暦(太陽暦)に合わせています。
ですから、計算がおかしくなっている部分もあるんですね。

それと、例えば仏滅と一粒万倍日など、吉日と凶日が重なったりして、
どちらを信じていいのかわからないこともあります。
そういうとき、「吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、
凶日と重なったら半減」などと言われたりもしてますね。



さてさて、ということで、ここまで見てきましたが、
基本的に、自分は、これは迷信だと思います。ただ、迷信だからといって、
仏滅の日に、空いてるからと結婚式を強行したりすれば、
あとあとまで親戚に言われたりするかもしれません。もし離婚でもすれば、
「ほら見たことか」とか・・・ では、今回はこのへんで。







アーカイブ ケンちゃん

2019.05.21 (Tue)
小学校の3年のときの話です。
だから記憶があいまいなので、今、卒業アルバムを見ながら書いています。
クラス替えがあって、最初の担任が30代前半くらいの女の先生でした。
名前は北見先生です。卒業アルバムは、
当然ながら6年生のときの写真が中心なんですが、
その先生方の集合写真の中に顔が見えます。転任されていなかったのでしょう。
この先生は最初の9ヶ月くらいいて、それから産休に入られたと記憶しています。
代わりの担任として、湊先生という若い女の先生がこられました。
冬休み過ぎ、3学期のことでした。

いえ、学級崩壊などといったことはありませんでした。
わりとおとなしいクラスだったと思いますよ。
新しい先生に反発したということもとくにはなかったと記憶してます。
この湊先生は今にして思えばかなり変わった人でした。
低学年の担任はジャージを着ていることも多いと思うんですが、
いつも白いスーツで来られていたんです、
小さい子ども相手で汚れることも多いでしょうに。
それから、教室に大きな牛のヌイグルミを持って来られていました。
あの牛乳をとる白黒のホルスタインじゃなくて、薄茶色の牛なんです。

授業はあまり上手ではなかったと思います。慣れていないというか・・・
田舎だったので、産休の講師がおらず急になられたせいかもしれません。
体育の時間などはジャージに着替えておられましたが、
かなりとまどってる感じがしましたね。
それで、週一回学級活動の時間というのがあったんですが、
その内容がかなり奇妙なものだったんです。

さきほど話した牛のヌイグルミですが、座った形をしていて、
かわいいというよりリアルな感じの顔でした。
・・・何か考えこんでいるような顔といったらいいか。
もしかしたら先生の手作りだったのかもしれません。
大きさは小学3年生が座るより大きいくらいです。
名前は・・・湊先生は「ケンちゃん」と呼んでいました。
どういう字を書くのかはわかりません。

そのケンちゃんは、背中がジッパーで開くようになっていて、
中には綿が詰められていました。
その綿を取り出して、中に順番に生徒が入るんです。
1時間に3人くらいでしたけど。手足の先まできちんと入ることができて、
もしかしたら最初から着ぐるみだったのかもしれません。
入った子はケンちゃんを着たまま黒板の前の教卓に座って、
それに向かってみんなでお願いをするんです。

・・・最初は先生の合図で声をそろえて、「世界が平和になりますように、
 この世の差別がなくなりますように」と言います。
さらにその後、一人一人が順番に願い事を言うんですが、
ルールがありました。個人的なお願いはだめなんです。
「おもちゃがほしい、足が速くなりたい」などの、
自分だけに得のあることは言ってはいけないことになってました。

これって3年生には難しいですよね。
だからみんな「戦争がなくなってほしい」とか、
同じようなありきたりの内容だったと思います。一人が5分くらい入ってて、
7、8人が体験すればだいたい45分授業は終わりました。
私ももちろん入りましたよ。すごい窮屈だったのを覚えています。
ケンちゃんは、外側はふわふわですが、中の布は固くて身動きがとれませんでした。
特に顔のまわりは詰め物が厚く入っているようで、
みんなの声が遠くでしているように聞こえました。

それから、目などの穴が空いているわけではないので、
外は見えず、息も苦しかったです。
みんなが願いごとを言ったら、ウンウンとうなずくことになっていました。
今から考えれば意味があるような、ないような授業ですよね。
もしかしたら学校の管理職に聞こえたら止められたかもしれません。
でも湊先生がいたのは短い期間だったし、
保護者の間で問題になることもなかったと思います。

3月になって、もうすぐ年度が終わるというときでした。
湊先生と過ごす最後の週に、またこの授業がありました。
その時間に3人がケンちゃんに入ると、クラス全員が体験をすることになります。
最後に入ったのは山田君という子で、男子の出席番号の最後尾です。
その子は、こう言ってはなんですがとても勉強のできない生徒で、
ほとんどものをしゃべらず友達もいませんでした。

表立ってイジメられているというわけではなかったと思いますが、
遠足などの班を決めるときに最後まで残ってしまうような子だったんです。
着ているものもいつも同じで、不潔な感じもありました。
その子がケンちゃんに入って、みんなで「この世の差別がなくなりますように」
と言ったとき、急に山田君が「うーっ」と叫んで立ち上がろうとしたんです。

でもケンちゃんの中は頑丈で立ち上がることができません。
そのまま前のめりに教卓から落ちました。
頭が床にあたるボコッという音が聞こえました。
着ぐるみの詰め物がなければ大ケガをしていたかもしれません。
そのまま床の上で、机やイスを弾き飛ばしてのたうち始めました。
「あじ、あぶう、あぶあ、あぶういい」と叫んでいるように聞こえました。
もし着ぐるみごしでなければ「熱い」と言ってたんじゃないかと思います。

あわてて湊先生が駆け寄り、山田君のうつ伏せの足の上に乗って、
強く背中を押さえ、ジッパーを開けようとしました。
びびびっという感じで、ジッパーの横の布が大きく裂けました。
そのすき間から両脇をすくうようにして山田君を抱き上げました。
山田君は小さかったのでひっかからずに出てきましたが、
そのときにはぐったりとしていました。

外面的なケガはなかったのですが、頭を打っているので、
先生が保健室に連れていきました。このとき、山田君を抱きかかえた
先生の顔に何ともいえない笑みが広がっているのが見えました。
とくに大したこともなかったようで、次の日からも登校してきたはずです。
湊先生はまもなく、みんなにお別れを言って学校を去られました。

そして春休みに入り、町のある地区で大きな火災が起きました。
十数件の家が燃え、死者が二桁にのぼりました。
その地区はごちゃごちゃした木造の家屋が密集しているところだったので、
被害が大きくなってしまったのだと思います。その死者の中に
山田君も入っていました。家族全員が亡くなったと記憶しています。
警察の調査では、火事の原因は放火ということだったのですが、
犯人は見つかっていません。・・・これで私の話は終わりです。
関連記事 『ケンちゃん2』






仏教書としての『日本書紀』

2019.05.20 (Mon)
derty (7)
天照大御神と瓊々杵尊

今回はこういうお題でいきます。かなり地味で固い内容になるので、
スルーされたほうがいいかもしれません。「日本神道は宗教としては
特異である」と言われることがあります。一般的な宗教の要件としては、
イエス・キリストのような創始者がおり、聖書のような聖典のあることが
あげられますが、神道にはそのどちらもありません。

それと、守らなくてはならない戒律も、はっきり言葉で定められているという
わけでもないんですね。あえて言えば、『古事記』 『日本書紀』には
日本神話が書かれていますので、これが聖典とみなされることが多いんです。
ただ、『古事記』はともかくとして、自分は、『日本書紀』には
仏教を啓蒙するための書としての意図があると考えています。

もちろん、『日本書紀』の最初は「神代の部」から始まり、
天照大神の孫である「瓊瓊杵尊 ににぎのみこと」が高天原から、
日向の高千穂の峰に天孫降臨します。ここから万世一系で、
現天皇家まで血筋が続いているというのが『日本書紀』の主張です。

これは、一種の「王権神授説」と見てもいいかもしれません。
実際に万世一系で王統がつながっているかどうかはともかく、
政治的に他の豪族の上に立ち、民衆を支配するための理屈が、
日本神道という宗教を軸にして述べられているわけです。

舎人親王像
derty (3)

では、そういう内容なのに、どうして『日本書紀』が仏教啓蒙的な
側面を持つなどと言うかというと、これはつくられた時代を考えなくては
なりません。『日本書紀』のはじまりは、天武天皇が川島皇子以下
12人に対して歴史書の編纂を命じ、舎人親王らの撰で、
養老4年(720年)に完成したことになっています。

このときは奈良時代で、仏教が精神面を支配する世の中になっていました。
「神仏習合」という言葉がありますが、日本の土着信仰である神道と、
仏教信仰が融合し一つの信仰体系として再構成されたもので、
「本地垂迹説 ほんちすいじゃくせつ」が唱えられました。

本地垂迹による、仏と日本神話の神との対応図
derty (1)

日本の八百万の神々は、実は様々な仏が化身として日本の地に現れた
権現であるとする考え方のことで、例えば、天照大神の本地は、
宇宙神である大日如来とされます。公式には仏が主体で、神道は従。
この考え方は、明治維新にともなう「神仏判然令」まで続くんですね。

また、編纂者である舎人親王も、深く仏教に帰依していました。
ですから、仏教的な視点に立って『日本書紀』をながめることは
きわめて大切なんですが、自分は、どうもこの視点を軽視している
研究者が多いような気がしているんです。

大日如来(天照大神)
derty (6)

さて、『日本書紀』には「仏教公伝」の様子がくわしく書かれています。
みなさんも社会の授業で勉強したことを記憶しておられるでしょう。
「崇仏論争」では、欽明天皇が百済から伝来した仏像を群臣に見せて、
「これを礼すべきかどうか」と尋ねたのに際し、古くから日本神道の
儀式を司っていた物部尾輿は、「国神が怒ります」と答えます。

これに対し、開明的な蘇我稲目が、「西の諸国はみな仏を礼しており、
日本だけこれに背くことができません」と受容を勧めました。
この後、崇仏派と廃仏派の対立は激化し、ついに蘇我馬子と
物部守屋の間で戦争が起こって、物部氏が滅ぼされることになります。

つまり、はっきりとした形で仏教側の勝利が書かれているわけです。
この過程で、廃仏派は仏像を川に投げ込んだり、3人の尼をとらえて
裸にし、尻をムチで打つなどの激しい廃仏毀釈を行ったことに
なっています。まあ、実際にそういうことがあったかはわかりませんが、
仏を信じなかった物部側が、罰を受けて滅びたととることもできます。

蘇我馬子と物部守屋
derty (5)

それから聖徳太子の存在ですね。近年、「聖徳太子の事績の多くは、
後世に付加されたものである」とする研究が増えてきています。
有名な「十七条憲法」なども、使われている字句から、
聖徳太子がつくったという事実が疑われているんです。

これは自分もそうだと思います。厩戸皇子という有力皇族がいたのは
間違いないでしょうが、その人物が仏教の守護者的な「聖徳太子」で
あったという伝説がつけ加えられたのは後世のことで、『日本書紀』の
記述も、意図的に聖徳伝説を広めるため書かれたものでしょう。

このように考察すると、『日本書紀』は、一面から見れば、
古代日本がどのようにして仏教を受容してきたかということを
説いているとも言えるんですね。ただし、仏教国となったからといって、
神道を完全に捨て去らなかったのは、
古代日本人の優れた知恵であったとも思います。

戦いの先頭を走った宇佐神宮の神輿
derty (2)

さてさて、『日本書紀』が完成した720年は、「隼人の乱」という、
九州南部に住む隼人族が朝廷に対して大規模な反乱を起こしています。
戦いは1年以上も続き、数千人という、当時としてはけた外れの
死傷者を出した上で、隼人側の敗北に終わっています。このとき、
大分県宇佐市にある宇佐神宮に「仏」が降臨し、

その指示に従った神宮では、神輿を戦いの場に走らせて勝利に導いたと
されますが、これが神仏習合が深まる大きなきっかけと
なりました。やがて752年、聖武天皇により東大寺大仏の
開眼法要が営まれ、日本は仏教による「鎮護国家」をめざしていくことに
なるわけです。では、今回はこのへんで。

東大寺毘盧遮那仏
derty (4)





アーカイブ 刀剣シリーズ

2019.05.20 (Mon)
自分は刀剣が好きで、西洋や中国の武器史なども少し勉強しています。
当ブログでも、刀剣についての話をミニシリーズで書いていますので、
ここにまとめてみました。もし興味がある方がおられれば、参照されてください。

名剣の話

「アーサー王伝説」について

始皇帝暗殺と2本の剣

陰陽剣と光明皇后

頼光四天王と3本の刀

「妖刀村正」の話

・ 戦国三傑と刀剣

・ 新田義貞と3本の刀

・ おまけ 松山主水と気合術

・ おまけ 山田家の二股商売





「アーサー王伝説」について

2019.05.20 (Mon)


これ、昨日の続きみたいな内容ですが、たぶん、焦点の定まらない
散漫な記事になると予想されます(笑)。スルー推奨かもしれません。
じつは自分は、学生時代から「アーサー王伝説」について興味を持っていまして。
これは、伝説そのものに対してではなく、「アーサー王伝説」が、
イギリスの史学界で、どうあつかわれるかについてです。

ずっと、アーサー王は実在の人物かどうかという論争があったんですね。
アーサーは、もし実在したとすれば、6世紀初めころ、ブリトン人を率いて、
サクソン人の侵攻を何度か撃退した人物とされます。ただし、
彼の名が出てくるのは9・10世紀ころの文献で、それもごく断片的な内容です。

アーサー王


そこには、アーサーがブリテン島の王だったとも書かれていないし、
戦闘も、倒した敵兵が数百人と、大規模といえるものではありません。
つまり、もし仮に実在だったとしても、せいぜいが地方豪族の長 程度、
歴史に名を残すほどの大人物だった、というわけじゃなさそうなんですね。

ですから、現在のイギリス史に、アーサーの名が公的に出てくることは
ほとんどありません。ただ、一方で、アーサーがブリテン島の歴史上、
大きな役割を果たしたと考える人たちもそれなりにいて、
アヴァロン島(おそらく現在のグラストンベリー)で、
アーサーの墓を発見したなどという話題が定期的に出てきます。

このあたりは、自説にこだわりを持っている人が多い、
日本の邪馬台国論争と共通する面もあります。イギリス人にとって、
アーサー王伝説は、歴史上のロマンをかきたてられる存在なわけです。
ですから、いつまでたっても論争が収まらないんですね。

さて、アーサー王伝説が広まったのは、一つには、中世における騎士道物語の
隆盛があげられるでしょう。騎士道物語は、吟遊詩人によって
11世紀ころから広められはじめましたが、
内容は、旅する騎士が、立ち寄った地の貴婦人の願いで
ドラゴンなどを退治するという類型的なものです。

これが、当時の人々にすごくウケまして、次から次へと同じような物語が
つくり出されました。現在の日本のラノベで、異世界ものが流行るのと、
やや似てるかもしれません。17世紀になって、ミゲル・デ・セルバンテスにより、
騎士道物語の滑稽なパロディ、『ドン・キホーテ』が発表され、

『ドン・キホーテ』


この頃から、やっと下火になっていったんですね。
で、この騎士道物語の隆盛した期間中、王妃グイネヴィア、魔術師マーリン、
魔法の円卓と騎士たち、湖の乙女、愛剣エクスカリバーと、
アーサー王伝説の小道具がそろっていきます。

次にあげられるのは、キリスト教の影響です。イギリスは島国だったこともあり、
キリスト教の受容は遅れましたが、アーサー王伝説では、
円卓の上に聖杯(キリストが最後の晩餐で用いたもの)が現れて消え、
騎士たちは、それぞれ聖杯探しの旅に出ることになります。
ただ、もしアーサーが実在の人物であったとすれば、皮肉なことに、
おそらくドルイドなど、ケルト系土着宗教の教徒だったと考えられるんですね。

円卓の騎士


さて、やっとエクスカリバーの話にたどりつきました。英文検索で出てきた
画像を見るかぎり、騎馬で用いる片手剣のようです。
森の中に、石(あるいは鉄床)に刺さった剣があり、石には、
「これを抜くことができたものは、ブリテンの真の王となる」と、
金の文字で書かれていました。並みいる勇士が挑戦したものの、誰も抜けない。

それをやすやすと引き抜いたのが、若き日のアーサーだったんですね。
この剣は、エクスカリバーだったとも、違うとも言われています。
鞘から抜くと、松明数十本ぶんの光を発して敵の軍勢の目をくらます力があり、
アーサーは連戦連勝することができましたが、
あるとき、強力な敵との戦いで折れてしまいます。

失意のアーサーが舟で湖を渡っていると、水の中から乙女の腕が出てきて、
新たな剣を授けられます。こちらは間違いなくエクスカリバーです。
剣自体には特殊な力はないものの、鞘には魔力が込められてあり、
それを持つ者の体からは一滴の血も流れないという、身を護る力を持っていました。



しかし、物語の終盤、剣の鞘は悪い魔女の手によってすり替えられ、
アーサーは命を落とすことになります。エクスカリバーは、
死を悟ったアーサーの命で、騎士の一人により湖に持っていかれ、
湖面から出てきた手に返されることになります。この湖の場所にも諸説があります。

さてさて、最後に、昨年、イギリスのドーズマリープールという湖で、
「7歳の少女が、エクスカリバーと思しき大きな剣を発見した」というニュースが
報じられました。(下図)たしかにそこはアーサー王伝説の残る場所ですが、
考古学的には、6世紀の鉄剣が水中で現代まで残っているというは考えにくいです。

はたして、剣は30年ほど前のもので、形式はドイツの両手剣。
少しうんちくを言わせてもらうと、長い柄と、刀身に刃のついてない部分があり、
歩兵が、そこを持って槍のように使って馬上の兵を倒す
ためのものだろうと思われます。

おそらく、映画撮影などに使われたものを、
誰かが面白半分で沈めたのだろう、という見解が出されていました。
まあ、ネッシーや幽霊城などもそうなんですが、
イギリス人はこの手のロマンのある話が好きなんですよね。では、このへんで。






睡眠のオカルト

2019.05.19 (Sun)
糖尿病、高血圧、高脂血症(脂質異常症)などの生活習慣病、脳卒中、
狭心症、心筋梗塞などの心血管系疾患、うつ病、
認知症など精神神経系疾患。これらはその発生リスクと睡眠時間との
間に関連が確認されている疾患の代表例である。

睡眠時間と健康リスクというと、どうしても睡眠不足(短時間睡眠)
を思い浮かべがちだが、実は睡眠時間は長ければ良いというわけでは
ないようだ。横軸に睡眠時間をとり、縦軸にリスクの高さ(健康指標)
をとってグラフ化すると、不思議なことに睡眠時間と健康指標との
間には、おしなべて「U字型」の関係が認められる。

つまり、平均睡眠時間を底(最小リスク)にして、
睡眠時間が短すぎても長すぎても、疾患の罹患や死亡リスクの高さと
関連しているのである。
(National Geographic)

csdc (1)

今回は科学ニュースから、この話題でいきます。
うーん、睡眠不足が病気の発症につながるというのは、まあそうだと
思うんですが、長く寝すぎてもダメみたいですね。昔から言われている、
睡眠6~7時間というのが、健康にはもっともよいようです。

記事によれば、男性の場合、6~7時間睡眠の死亡率を1とすると、
3時間台だと1.19、4時間台が1.17
9時間台が1.17、10時間以上だと1.34となっています。
これはかなり大きな数字ですね。長く眠る傾向のある人は、
死亡のリスクが高まるのは間違いないと言っていいでしょう。

短時間睡眠の場合は、仕事や勉強で体を酷使していると
思われるので、当然身体に良くないでしょうが、
長時間眠ることで死亡率が高まるのはどうしてなんでしょうかね。
一つ言えるのは、長時間睡眠者の生活状況については、
よくわかっていないということです。

別の機関での調査結果
csdc (1)

自分が考えるのは、原因と結果が逆なんじゃないかということです。
つまり、身体の調子がよくないので長く眠ってしまう。
だから死亡率が高い、そういうことがあるような気がします。
肥満である、関節痛がある、頭痛や胃痛がある、起きててもあまり
楽しいことがない、そういう人が長時間ベッドにいるんじゃないかな。

経済状況なども関係してるのかもしれません。
趣味や旅行を楽しむ金銭的な余裕がなければ、どうしても部屋で
ごろごろしていることになります。あとは、長く寝ているほど、
当然ながら身体を動かしていないわけです。

人間は、立って歩いているだけでも筋肉が鍛えられますし、
心肺機能が高まります。7時間睡眠と9時間睡眠では2時間違いますので、
その分を動いているかどうかの差は大きいんじゃないでしょうか。
別のニュースでは、座り過ぎもよくないと出ていました。

アメリカで急速に普及が進んでいるスタンディング・デスク


オーストラリアの研究機関が座位時間と総死亡リスクについて調査したところ、
1日の総座位時間が4時間未満の成人に比べて、8~11時間の人だと15%増、
11時間以上だと40%増ということがわかりました。このパーセンテージは、
WHOが推奨する1日30分以上のウォーキングやランニングなどの運動を、
週5日実施していても相殺できないんだそうです。

長時間のデスクワークは死亡リスクを高めるんですね。
これを受けてアメリカでは、IT企業を中心に、立ってデスクワークができる
スタンディングデスクが浸透してきており、社員の健康状況に
はっきりとした改善が見られるそうです。

ただ、上記引用のニュースでは結論として、なぜ長時間睡眠が死亡率を
上げるのか、はっきりした理由はわからないとなっています。
みなさんの睡眠時間はどれくらいでしょうか。
自分はだいたい6時間なので、これについては一安心です。

さて、睡眠のオカルトといえば、まず「金縛り」があげられるでしょうが、
前にくわしく書いていますので、今回は取り上げません。
「悪夢」にいきましょうか。たまたま悪い夢を見るのではなく、
毎晩のようにくり返し悪夢を見てしまう場合、「悪夢障害」と言ったりします。

関連記事 『インキュバス現象って何?』

悪夢障害を訴える患者の60%は、この症状が始まる前に、
ストレスとなる大きな出来事を経験しています。ですから、治療として、
まずストレスの原因を解消、軽減させるように取り組むことになります。
ただ、ごくたまに見る悪夢には、心の浄化作用があるとする説もあります。

フレディ・クルーガー
csdc (3)

「悪夢」をテーマにしたホラーはいろいろありますが、
いちばん有名なのは『エルム街の悪夢』でしょう。鉄の爪をつけた殺人鬼、
フレディ・クルーガーは印象的なキャラクターです。
たしかフレディは現実の世界で殺され、悪魔の力によって
夢の中に棲むことができるようになったという設定でした。

フレディにねらわれたターゲットは、眠るとフレディのいるエルム街に
行ってしまいます。夢の中のフレディは万能で勝ち目はありません。
そこで映画の主人公は最初、眠らないようにするんですが、
ずっと目覚めているのは不可能です。また、周囲の大人たちに
夢の中で殺されてしまうと訴えても、誰も信じてくれません。

『エルム街の悪夢』でベッドから血が吹き出す有名シーン
csdc (1)

そこで知恵を絞って、ある時間になったら強制的に目が覚めるような
仕掛けをつくります。そして目覚めるときに、フレディを夢の中から
現実世界に連れ出せるような罠を張るんですね。現実世界のフレディは
ほぼ無力なので、倒すことができるからです。このあたりの工夫が、
作品の見どころの一つとなっていました。

「夢」をテーマにしたホラーはまだあるんですが、
そろそろ余白がなくなってきてしまいました。自分が書く怖い話には、
夢が関係しているものは多いほうだと思います。
ただ、話の中に少しでも夢の内容がまじると、
「なんだよ、夢オチかよ」と言って怒る人もいるんですよね。

さてさて、ということで、睡眠とオカルトについて見てきましたが、
この他にも「夢遊病(睡眠時遊行症)」や「夜間突然死症候群」などもあります。
これらについては、いずれ項を改めて書きたいと思います。
では、今回はこのへんで。

『エクソシスト2』夢遊病をおこしたリーガン
csdc (2)




アーカイブ 名剣の話

2019.05.19 (Sun)
素盞嗚命と八岐大蛇


今回はこのお題でいきます。ファンタージー系のRPGなどでは、
重要なアイテムとして、剣が出てきますよね。その剣自身が不思議な力を
持っていて、それを帯びる者にさまざまな利益を授けてくれる宝です。
この名剣、宝剣の話は、西洋にも東洋にも古くからあるんです。

ちなみに、これはご存知の方も多いと思いますが、剣はふつう、
両刃のものを指します。そして、多くの場合、片手には楯を持ち、
もう片方の手であつかいます。ファンタジーでは、両手で持つ剣は特に、
ツーハンデッドソードと言ったりもしますね。

さて、古代から、剣は3つの役割を持っていました。
一つは実用的な武器としての役割。最初は固い木の棒を武器としていたのが、
やがて木の先に石をくくりつけた石斧が生まれ、金属の発見・利用とともに、
青銅の剣、鉄製の剣と進化していったわけです。鉄剣は固いだけでなく、
ねばりがあって折れにくいので、持つ者の戦闘能力が飛躍的に高まりました。

中国 春秋時代の鉄剣


二つ目は、威信財としての役割。鞘を黄金製にしたり、
柄に宝石をつけたり、彫刻を施したりして、それを持つ者が、
一目で高い身分であるとわかるようにするための物です。ただ、威信財は、
杖とか首飾り、宝冠など、剣以外にもいろいろあります。

三つ目は破邪のための役割。現実的な敵の勢力だけでなく、
目に見えない魔物を追い払う力を持つとされました。現在でも、お通夜のときに、
遺体の傍らに小刀などを置いて、遺体にとりつこうとする邪気を近づけない
ようにするという風習を守っている地方もあります。

さて、日本の武器というと、片刃で、
両手であつかう日本刀のイメージが強いですが、日本刀が武器として
主流になったのは平安時代末頃で、それまでは
剣と刀が入り混じっていました。ただ、日本神話に出てくるのは、
「草薙剣 くさなぎのつるぎ」などの両刃の剣が多いんです。

鉄刀と鉄剣


これは、三種の神器の一つとして皇室に伝わっているものですが、
「素盞嗚命 すさのおのみこと」が「八岐大蛇 やまたのおろち」を
この剣で倒したと誤解している人が、けっこういるんですね。そうではなく、
切り刻んだ八岐大蛇のしっぽから出てきたものです。

ただしこのときは、まだ「天叢雲剣 あめのむらくものつるぎ」
と呼ばれていました。ちなみに、素盞嗚命が八岐大蛇を倒したのは、
もともと持っていた「十拳剣 とつかのつるぎ」
(別名 天羽々斬 あめのはばきり)です。

後に、天叢雲剣は、日本各地の賊を討伐するため
「倭健命 やまとたけるのみこと」に託され、焼津で敵に囲まれ、
草に火をつけられた倭健命は、草を薙ぎ払って火を消して逃れ、
ここから草薙剣という名前に変わりました。ただし、
研究者によって「草薙剣」と「天叢雲剣」は別物だとする人もいます。

倭健命の死後、形見となった剣は、妻であったミヤズヒメの手によって
尾張で祀られ、そこに熱田神宮が建造されました。
ですから、草薙剣は、現在も熱田神宮の御神体として、
守り続けられていることになります。

ここで、あれ変だな、と思われた方もいるんじゃないでしょうか。
三種の神器は宮中に置かれて、天皇の即位の儀式などに用いられましたし、
南北朝時代には、三種の神器を持つほうの王朝が正統だということで、
激しい争いがくり広げられています。

でも、これらは形代(かたしろ)なんですね。形代はレプリカですが、
単なる模造品というわけではなく、本体から分霊され、同じ力と働きを
持つとされました。源平の争いのときに、8歳の安徳天皇とともに
壇ノ浦に沈んだとされるのも、この形代の一つです。



剣の話からは離れますが、同じ三種の神器の一つである
「八咫鏡 やたのかがみ」も、記録にあるだけでも3度、内裏の火事で
焼けてしまっていますが、それも形代で、本体は伊勢神宮で祀られ、
誰も見ることは許されていません。本体が宮中にあるのは、
「八尺瓊勾玉 やさかにのまがたま」だけなんです。

この八咫鏡と、明治時代の初代文部大臣、
森有礼の暗殺についての、じつに興味深いオカルト話があるんですが、
今回ご紹介するのは無理のようです。
興味を持たれた方は、ご自分で検索してみて下さい。

関連記事 『森有礼暗殺と八咫の鏡』
さて、日本の三大宝剣(神代三剣)というと、この草薙剣の他に、
「天十握剣 あめのとつかのつるぎ」と「布都御魂 ふつのみたま」
があげられることが多いですね。

天十握剣は、日本神話のさまざまな場面で登場し、異称も多いので、
一本の同じ剣を指しているのではないのかもしれません。
上記した、素盞嗚命が最初に持っていたものもこれだという説があります。
「十握」というのは、刀身の長さが拳10個分という意味で、
長剣を表す一般名称とも考えられます。

もう一つの布都御魂は、「武御雷 たけみかずち」の神が、
この剣をもちいて大国主命をおどしつけ、
「葦原中国 あしはらのなかつくに」を国譲りさせたことで有名です。
現在は、奈良県の石上神宮にあることになっています。
「フツ」という物を切るときの音が、名前の由来のようですね。

さてさて、はじめは、アーサー王のエクスカリバーや、中国の干将・莫邪
(かんしょう・ばくや)の剣などについてもご紹介するつもりだったんですが、
日本のことを書いてるうち、異様に長くなってしまいました。
いったん終わりますが、また続きを書く機会もあると思います。では、このへんで。

三種の神器 イメージ







神社の釘の話

2019.05.18 (Sat)
あ、どうも、じゃあ話していきます。これ、俺が高校生のときに
起きた出来事なんです。うちの父親は、ある企業の人事部長をしてまして、
母は主婦でした。あと、中学生の妹が一人。で、今にして考えれば、
最初はこの中学生の妹なんですよね。俺は高校でバスケ部やってたんだけど、
妹は小さいころからスポーツが苦手で、中学でも帰宅部だったんです。
で、たしか6月でした。時刻は午後の4時頃ってことで、
俺はまだ学校にいたんで、これは母親から聞いた話です。
夕食の支度をしてたら、家のすぐ外でキャーッて大きな悲鳴が聞こえ、
玄関に出てみたら、妹が庭の中で立ちすくんでたってことでした。
「どうしたのよ」って尋ねたら、「ヘビ、ヘビ、ものすごく大きいヘビ」
妹は泣きそうな顔をしてそう言ったそうです。

うちは地方都市なんで、わりと広い庭があるんです。
それなりに庭木も植えたりして、草むしりとかは母親がやってたんですが、
それまでヘビなんて見たことがなかったんですね。でも、
本当にいたら怖いなと思って、妹に「どこに?」って聞きました。
すると妹は、スズランが植わってる一画を指さして、
「あそこ、大きい、犬くらいもある蛇の頭があって舌を出してた」
まあ、犬ったっていろいろいますけど、例えばチワワとかだとしても、
そんなでかいヘビがいるとは思えませんよね。
うちは郊外とは言っても、市部の住宅街なんだし。
でも、もし本当だったら怖いと思いながら、母親は庭ボウキを出してきて、
そのあたりをつっついてみたそうです。

でも、ヘビの姿はなし。それと、そんなに大きいヘビだったら、
這った跡があるはずなのに、草花が倒れてるということもなかったそうです。
だから妹の見間違いだろうと思ったということですが、
これがわが家の異変の始まりだったんです。
それから3日くらいした日中、家には母親しかいなかったんですが、
チャイムが鳴って、玄関に出てみると近所の奥さんでした。
「どうしました?」と聞くと、「いえね、お宅の屋根に煙があるみたいだから、
 知らせに来た」ってことだったんです。俺と妹の部屋は2階にありましたが、
どっちも学校に出てて、煙なんか出すはずがない。変だと思いながらも
いっしょに外に出てみると、たしかに、家の1階の屋根を取り巻くようにして
煙のようなものがある。それも、緑色に内側から光る気味の悪い煙。

母親が「あ、ホントだ。何かしら」そう言ったとき、
動いてなかった煙が急にぐるぐる屋根の上で回り始め、そのまま上昇して、
2階の屋根から空に消えました。煙はヘビというより龍のようにも見えたそうです。
母親は奥さんに礼を言い、家の中に戻って台所から2階から
くまなく調べたんですが、煙が出てるものはいっさいなし。
だから、何か気象的なものとかだと思うしかなかったんです。
でも、気象ったって、空で起きるならともかく、家の屋根ですからねえ。
でね、その次というか、それまでは家族に実質的な被害はなかったんですが、
最初に俺にきちゃったんです。ほら、最初に、高校でバスケ部に入ってるって
言ったでしょ。そんとき2年で、土曜日の午前に練習試合に出てたんです。
練習試合って言っても俺からしてみれば、

3年生が引退した後、レギュラーになれるかどうかの大事なゲームで、
はりきって動いてたんですが、ジャンプしてシュートをし、
着地したときに何か柔らかいものを踏んだ感触があったんです。
「え?」下を見ると・・・そうですね、太さが人間の太腿くらいもある
ヘビがいたんです。驚いてすっ転んじゃって、そんときに右膝をねじって
靭帯が切れちゃったんです。監督が病院に運んでくれて、
保険証を持った母親が駆けつけてきました。いや・・・
そのヘビの話はしたんですけど、見たのが俺だけだったし、それも一瞬。
だいいちそんなのが体育館に出てくれば、他のメンバーが気がつくでしょ。
だから、見間違いだと思うしかなかったんです。膝の靭帯は、
入院して手術しなくちゃなりませんでした。

それでバスケも終わりですよ。で、このことがあって1週間後くらいだったかな。
うちは風呂は、夕食後に父親が一番最初に入るんですよ。
それがね、「うわわわわ」って声を出しながら、裸で居間に戻ってきまして。
「風呂のフタを開けたら、湯の中に大きなヘビがトグロを巻いてた」
って言うんです。で、俺はほら足がダメで動けなかったんで、
母親が見にいったら何もいない。けど、風呂の水が薄い緑色に見えて、
気味が悪いので全部抜いたんです。ねえ、ここまでくればさすがに変だと
思うでしょ。なんかヘビの祟りみたいなものがある。
で、その翌日です。父親が会社で倒れたんですよ。心筋梗塞でした。
幸いに一命はとりとめましたが、開胸手術して長期入院になったんです。
手術後の集中治療室でも、ずっと「ヘビ、ヘビ」うわ言を言ってたそうです。

それで、じつはうちの母親、実家が小さいながらも神社だったんです。
俺から見て母方の祖父が、そこの宮司さんです。
父親の容態が落ち着いてから、母親が電話で連絡し起きた出来事を話したら、
さっそく家に来てくれました。祖父は当時70歳前くらいかな、
普段着だったんですけど、着くなり、俺はやっと松葉杖をついて動けるだけ
だったんで、母親と妹に手伝えと言って庭に出たんです。
そんとき、平たい木の桶みたいなのに水を浅く張って、
中に一本長い釘を入れたんですよ。もちろん鉄だから底に沈むけど、
それを持って歩くと、釘がくるくる回って、えーとあの、
方位磁針みたいだったんです。でね、庭の一画、そこは最初に妹が
ヘビの頭を見たって言ったところの近くで、

その場所にきたら釘の動きがピタッと止まってね。
そこで祖父は、母親に地面を掘れって命じて、俺も少し手伝ったんですけど、
30cmも掘ったかな、白いものが見えてきたんです。
動物の頭の骨です。そうですねえ、大きさは子犬より大きいくらい、
長さ10cm以上はあったと思います。でほら、その骨はバラけてなくて、
体の骨もずっとつながってたんです。それがね、掘っても掘っても骨は
続いてて、庭だけでも4m以上。塀にいきあたって、
それ以上確かめることができなかったんです。
俺が、「じいちゃん、この骨、どこまで続いてるんだ?」そう聞いたら、
「うむ、この家を呪った輩のところまでだろうな」
そういう答えが返ってきたんです。つまり、その呪ったやつが

何kmも離れたところにいるのなら、そこまでヘビの体の骨が続いてる
ってことです。そんなの信じられないですよね。祖父にそう言うと、
「これは呪いが実体化したもので、今は見えてるが、普通は目には
 見えない」こんな意味のことを言いました。それから、
祖父は、桶に沈めてた釘を取り出して、なにか祝詞みたいなものを
唱えながら、最初に掘ったヘビの頭の骨に打ち込んだんです。
いや、カナヅチとかは使わず素手で。そしたらサクッと軽く刺さって、
そっからシューッと緑色の煙が立ち上って、骨は粉みたいになったんです。
頭だけじゃなく、体のほうのも全部。祖父は、「これでよい、
 呪いは仕掛けた者のところへ帰ったから、おそらくよくない最期を
 迎えることだろう」そんなことを言いました。

でね、後になって真相はだいたいわかったんです。はじめに、父親は
会社で人事部長をやってるって言ったでしょ。この出来事が起きる前に、
小規模なリストラをやって、かなり恨んでる人間がいたみたいなんです。
そのうちの一人が、聞きかじりで呪いを仕掛けたってことですが、
呪いが自分に返ってきて、首を吊って死んじゃったって話です。
その後は、家ではおかしなことは起きてません。父親は退院して会社に復帰。
人事部長から別の役職に移ったんです。俺もこのとおり、激しい運動は
できないけど、日常生活では足はなんともないです。そのときのことを
祖父に聞いたら、「あのとき使った釘は、うちの御社の御神木に
 打ち込まれてたもので、誰かが呪詛を行ったものだろう。
 それをお清めして、何かのときのためにとっておいた」って。







アーカイブ おとし祀り

2019.05.18 (Sat)
今はもうコンクリートの護岸とテトラポッドに埋め尽くされてしまいましたけれど、
そこらの浜がまだごつごつした険しい岩礁だらけだった頃の話ですから、
もう40年以上も前になります。当時は、
あの岬の突端には小さな神社があって、かえし神社と呼ばれておりました。
この港の有力者が代々神主でしたが、ふだんから常駐しているわけではありません。
場所が場所ですから台風の度に大破して、修理をするのは毎年のことでした。

ですから神社の社殿は、新しい木、古い木であちこちつぎはぎだらけになり
お世辞にも立派といえるものではありませんでした。
歳の例祭は一度だけ、お盆直前の8月12日の夜から未明にかけて行われました。
これに出ることができるのは限られた者だけで、
そもそも行われない年のほうが多かったでしょう。

なぜこのお祀りが行われるのか、誰もわかっているものはおりませんでしたが、
その浜一帯が呪われているからだ、という話はありました。
わたしも、このお祀りに中学2年のときに一度だけ参加したことがありまして、
そのときの話をしたいと思います。

朝からばたばたと風が強く、波も高くうねっておりました。
とはいえ南国ですので、気温は高く、
むしむしとした日であったと記憶しています。
今回のお祀りに参加するのは、わたしのところも含めて4家族で、
人数は15人内外といったところでしたか。
朝から精進いたしまして、生臭ものは一切食べません。

それからお盆の先祖をお迎えする準備というのもいたしません。
それはこの祀りが終わってしばらくたってからになります。
昼過ぎになると神主を務める浜の網元の屋敷に一家そろって顔を出し、
酒焼けした赤ら顔に装束をつけて神妙な様子の親方に、
軽トラに積んできた酒、米、塩をそれぞれ一斗ずつさしあげ、
その代わりに護符の束をいただいてきました。
護符は今夜の祀りになくてはならないものなのです。

その帰りがけに岩場に寄りました。
父親が「ひとり十ほど、手頃な石を選んどけよ」と言ったので、
自分と母親、それに80歳を過ぎたばあさまも、
握りこぶしより少し大きめの岩を拾ってそれぞれ籠に入れました。
祀りの手順については何度も説明を受けていたのです。

ばあさまはもちろん、母親も持てない重さになったので、
その籠は父親が持ってトラックに積み込みました。
そのあと家に戻って禊ぎをしました。当時はまだ、
井戸水を使用していましたので、自分と父親は庭にたらいを出して、
母親とばあさまは風呂に水をくみ入れて身を清めました。

そのまま白装束に着替え、夕飯は食べずに夜を待ちながら、
みなで石に護符を米糊で貼りつけました。
神社に向かうのは11時の予定でした。今に家族そろって座っておりましたが、
沈黙にたまりかねたように母親が泣き出したのを、父親が短く強い言葉で
たしなめました。ばあさまを見ると、声を出さずに涙を流していました。

10時半過ぎに家を出ました。朝からの風はいっそう強くなって
きていましたが、この時期に漁に出ている船はありません。
岬の神社までは歩いて20分ほどでした。
父親が石の籠を二つ、わたしが一つ持ってゆっくり歩いていきますと、
神社の前に焚いた篝火が見えてきました。
他の3家族の人たちはもう来られていました。

去年の冬に漁船の沈没があり8人の漁師が亡くなったのですが、
その中でまだ遺体の発見されていないご家族でした。
その他の人の姿はありません。
この夜は外に出てはならないしきたりなのです。
父親はそれらの方と低い声で挨拶を交わし、岬の突端へと歩み出ました。

そこには網元が準備させた、人の頭ほどの岩が十ずつ何列かに並べられており、
父親は、その中のまだついていないものに護符をはりつけていきました。
それから30分ほどして、神主が姿を見せました。
月が出ておりましたので、15mほど下の水面が
かろうじて見える程度の明るさがあり、崖下の岩礁から少し離れた海の中に、
急ごしらえの小さな鳥居が立っているのが見えました。
鳥居から崖の上まで、細い石段が続いていました。

神主はこちらには目もくれず海面をにらんでいます。
網元としての豪放な顔はもうどこにも見えず、
緊張で頬がひきつっているのがわかりました。
岬の先端に立って、用意してあった榊の枝を上下逆に持って何度か振り、
口に酒を含んで海面のほうに向かって吹きかけました。

おもむろに懐から呪言の書かれた和紙を取り出し、朗々と唱え始めました。
ごうごうと風が強くなってきました。わたしは、
ずっと海の中の鳥居を見つめていましたが、
その下で渦巻く波の中に、何かが見えたような気がしました。

「きなさったぞ!」と神主が叫びました。
「きなさったがまだだ、鳥居をくぐられてからだぞ、お帰りいただくのは」
海の中から手が伸び鳥居の柱を掌で叩いていましたが、がしりとつかんで
体を引き上げました。亡くなった漁船の船長でした。
水死体でもなく腐敗してもおらず、
全身ずぶ濡れになっている以外は生きたままの姿でした。

船長が腰をかがめるようにして鳥居をくぐり出ると、
その家族たちが崖の上から石を投げ始めました。
もう一人、さらにもう一人が海から出て鳥居をくぐりました。
3家族の十数人が横に広がって石を投げ、外れるものが多かったのですが、
いくつかは頭頂部や背中に当たり、血しぶきが黒く上がるのが見えました。
家族の嗚咽が聞こえてきました。

「もうお帰りください!家族の顔を見て満足されたでしょう。
  もうお帰りください」神主が叫び、他のものが声を合わせました。
海面から細い手が出てきました。今年の5月に波にさらわれた9歳の妹です。
父親が半狂乱になって妹の姿を探していた姿が脳裏によみがえってきました。
姿が見えなくなったときの、黄色いワンピースを着ているようでした。

妹がするんと細長い魚のように鳥居をくぐったとき、
父親の投げつけた石が上向きの顔の真ん中に当たり、
たちまち黒く汚れて表情が見えなくなりました。
「お前らも投げろ!あれは本当の○○ではない。そもそも人間じゃない!!」
父親が叫びました。母親が泣きながら石を投げましたが、
かろうじて崖から落ちただけでした。

わたしが投げた石は、斜面を何度もバウンドして妹の左手に当たりました。
ひとしきり手元の石を投げて、4人の死者が段のいちばん下に
重なってしがみついているところに、
神主が並べてあった岩を転がし落とし、みなもそれにならいました。
岩は階段とその脇を転がり落ち、
死者の一人がそれを抱いた形で海に落ちました。

もう一人も二つ並んで落ちてきた岩に跳ね飛ばされ、
次に、おそらくわたしが転がした岩が妹の立ち上がろうとした膝下にあたり、
両手を広げてのけぞる形で真後ろに倒れていきました。
そのとき見えた砕けた顔からは、表情を読み取ることはできませんでした。

やがて最後の一人が海に落ち、海面は波ばかりとなりました。
神主がまた朗々と呪言を唱え始めました。20分ほども続いたでしょうか。
家族たちのすすり泣きがそこここで聞こえ、神主が、
「ごくろうだった、よくやった」とねぎらってまわる声も耳に入りました。
こうして、この年の祀りはとどこおりなく終わったのです。

mnhjkyu (2)




アーカイブ 取り立て屋

2019.05.18 (Sat)
知り合いのヤクザから酒飲んで聞いた話。
ヤクザっても正式な組員じゃないんだけどな。
そいつは十年くらい前まで兄貴と組んで闇金の取り立てやってた。
ずいぶん非道いこともしたらしい。

町の工場を経営してた老夫婦の前で壁を蹴ってたら、
そいつらが自己破産するって言い出したから、
あらかじめ調べてた息子や娘の住所をしゃべって、
んじゃあこいつらのとこにも行くから、
こいつらの勤め先にも行くからって言ったらしい。

もともと闇金自体が違法だしそのあたりはあんまり関係ねえからな。
それで次の日ジイさんは踏切で鉄道自殺。
バアさんは行方知れずになった。
工場や家は何重かに抵当に入ってて表の借金に取られたが、
そいつと兄貴は息子らのとこを回ってどうにか金は回収した。

そいつの兄貴は墨を入れてて、
それが趣味の悪いことに四谷怪談のお岩さんと伊右衛門の図柄。
もう彫ってからだいぶんたつんだが、
お岩さんの目の上のはれが右の後ろ肩にあって、
そこにできものができてひどく痛む。
んで医者にいくまでもないだろうってんで、
そいつに小刀で切らせたんだが、そしたら血膿に混じって、
明らかに人の歯としか思えないものが、ボロッと出てきた。

それから兄貴の背中はできものだらけになって、
今度は医者に行ったが、
やっぱり切除するたびに人の歯が出てくる。
それも虫歯の治療痕まである成人の歯で、医者も相当困惑したらしい。
それでレントゲンを撮ってもなんもない。だけど次の週になれば、
できものができて切れば歯のかけらが出てくるんだ。

兄貴は入院してさんざん検査され、
その過程で重い膵臓癌だかにかかってることがわかった。
んで毎度見舞いに行くたびに、ベッドの下に何かがいるから見てくれって
言われて、のぞいてはみるんだけど何もいない。そらそうだよな。

別にのぞかなくったってベッドの下は素通しで見えるんだし、
毎日掃除のおばはんが来てるんだし。
んでも兄貴はベッドの下に怖ろしいものがいて、
毎日夜中に腰のあたりに噛みついてくるって言い張ってた。

あの強面の人が歯をガチガチ鳴らして怖がってたっていう医者は、
痛みや不安からくる幻覚か、
特殊な薬の副作用だろうと説明したらしいけどな。
その頃にはもう歯は出なくなってたが背中の自慢の入れ墨も、
できものの痕で非道い有様だったらしい。

んで病院には兄貴のかみさんや子どもも見舞いにくるんだが、
そいつが姉貴から家の中で異臭がするって相談された。
兄貴の家は郊外の一軒家で都会じゃないから土地は安いが、
建てたばかりの瓦屋根の立派なやつ。

それでそいつの他に2~3人で行ってみたが、
たしかに庭から家の中から腐臭が漂ってる。
もう鼻つままなきゃいられないくらい。それで手分けして調べたんだが、
野良犬の死体でもないかって、
縁の下にもぐってたやつが悲鳴をあげた。

何が見つかったかっていうと、
上で書いた工場の行方不明になってたバアさんだ。
裸足の着物姿で縁の下で上を向いて真ん中ら辺の太い柱に
齧りついてた。腐敗が進んで骨の見えてる部分もあったし、
柱のわきには歯がぽろぽろこぼれてたっていう。

こう書けば兄貴の背中から出てきた歯がそれかと思う人がいるだろうが、
照合して調べるなんてことはもちろんしていない。
んでこれは警察には知らせず内々に組で処分したらしい。
それはヤーの家で死体が出てきて疑われないわけがないし、
家の中にはいろいろとまずい物もあったんでな。

兄貴はそれから一週間ばかりで死んだ。
最期はずっと薬で眠らされてたらしい。
・・・この話で間違いなく事実なのは取り立てでジイさんが死んだことと、
バアさんが行方不明のままなこと、そいつの兄貴が癌で死んだことだ。

歯が出てきたことや、バアさんの死体が縁の下から
出てきたのは嘘かもしんねえ。
しかしそいつがそんな作り話をする意味もわかんねえけども。
とにかくそいつはカタギになったわけじゃあねえが、
今は馬関係のわりと楽なシノギをやってる。
おめえに祟りはねえのかって聞いたら、下を向いて笑いやがったな。

mnhjkyu (1)




自動運転あれこれ

2019.05.18 (Sat)
アーカイブ130



2年に1度の自動車の祭典、東京モーターショーが10月27日から始まる。
国内自動車メーカーは、開発競争にしのぎを削る電気自動車(EV)や
自動運転などの分野で先端技術をアピールする構えで、
各社の出展内容がほぼ出そろった。人工知能(AI)を活用した試作車の
出展も目立つ。
」(朝日新聞)

今日のお題は自動運転とします。まず、自動運転にはレベルがあります。
レベル0・・・運転者がすべての操作を行う
レベル1・・・アクセル、ハンドル、ブレーキの操作のどれかを自動システムが行う
レベル2・・・アクセル、ハンドル、ブレーキの操作の複数を自動システムが行う
レベル3・・・限定的な状況で、アクセル、ハンドル、ブレーキの操作を自動で行う
       ドライバーはシステムからの要請があればこれに答える

レベル4・・・高速道路など特定の状況下で操作を全てシステムが行い、
       その条件が続く限りドライバーは全く関与しない
レベル5・・・考え得る全ての状況下での運転をシステムに任せる状態
       ドライバーの乗車も必要ない

これ、本当はもっと複雑なんですが、わかりやすいように書きかえてみました。
で、本項ではレベル4、5が実現した場合のことを考えてみます。
まず、自動運転が完成すると事故は起きなくなるでしょうか?
そんなことはないですよね。事故は劇的に少なくはなるでしょうが、
まったく起きないはずはありません。

突然、歩行者が飛び出してくるとか、急に目の前のトラックが荷物を
落とすなど、不測の事態は必ずあるでしょう。
昔、原発は絶対に安全、という馬鹿げた神話がありましたが、
もろくも崩れ去ってしまいましたよね。あれと同じです。
では、事故が起きてしまった場合、その責任は誰にあるのでしょうか。

これ、自分で運転していないドライバーに責任を追わせるのは
不自然ですよね。そもそも完全自動運転なら、運転免許は必要ないし、
幼児や病人、障害者が一人で乗ったっていいわけです。
じゃあ、車を造ったメーカーが責任を負うのか。

もし自動運転に誤作動が起きての事故なら、メーカーは責任を負う
必要があるでしょうが、それ以外の場合は? 難しいですよね。
自分は、ドライバーもメーカーも無過失になるんじゃないかと思います。
で、民事で事故の賠償をする。賠償金を支払うのは保険会社です。
じゃ、保険金の掛け金は誰が払うのか? 

完全自動運転が普及すれば、個人での車の所有は意味がなくなるんじゃ
ないでしょうか。だって、自分で運転する楽しみがないわけですから。
カーシェアリングが主体になるでしょう。自宅から連絡すれば、
近くにいる車が自動でやってくる。それに乗って、
目的地に着いたら乗り捨てればいいわけです。



自動で走るタクシーみたいなもんです。その利用料金に保険料を上乗せする。
そんな形になっていく気がします。シェアリングカーは、
燃料補給や整備を一括して管理すればいいので、タクシー会社はもちろん、
ガソリンスタンドや町の整備工場なんかも、
必要なくなるんじゃないでしょうかね。

シェアする車の車種は近距離タイプ、遠距離タイプ、荷物を多く積むタイプとか、
そんなに多くする必要はないでしょう。どうせただの移動手段ですから。
同じ大きさ、同じ性能の車が多く走ってれば、それだけ事故も少なくなるでしょうし。
あと、どうしても自分で車を運転したいとか、高価な車を自慢したいという人は、
サーキットなどで自己責任で手動運転すればいいわけです。

さて、次の話題、当ブログで前に紹介した「トロッコ問題」というのが、
改めて検討されています。例えば、自動運転車が走っていると、
突然目の前の道路が陥没した。ブレーキをかけても止まれないし、
そこに落ちると必ずドライバーは死にます。

「トロッコ問題」


ハンドルを切って回避するしかないんですが、
道路の右側には老人の集団がいる。また、左側には幼稚園児が
1人いる。この状況で、自動運転をしているAIに、
どういう判断をするようにプログラミングすればいいでしょうか。

まず、ハンドルは切らないで自分が穴に落ちて死ぬという選択。
しかし、そういうプログラミングをされた車に乗りたいですか?
老人はどうせ残り少ない命なんだし、長い将来のある幼稚園児を
死なせるよりはそっちに突っ込むという選択。

あるいは、老人は集団で複数の犠牲者が出るだろうから、
犠牲が一人で済む幼稚園児に突っ込むという選択。これも難しいですよね。
老人や幼稚園児が死亡した場合の賠償額を瞬時に計算し、
額が少ないほうに突っ込むようにすればいいのか(笑)  

関連記事 『倫理学的思考実験』

MIT(マサチューセッツ工科大学)が、今、ネット上で、
この問題について 「モラル・マシーン」というアンケートを世界規模で
やっているようです。興味を持たれた方はアクセスしてみてください。
http://moralmachine.mit.edu/hl/ja

さてさて、では完全自動運転はいつごろ実現するでしょうか。
自分はまだまだ先のことだと思います。なぜかというと、技術的な問題はさておき、
完全自動運転が実現することで、仕事がなくなる、損をする、
大きな責任を負ってしまう、という人がたくさんいるからです。
まあ何の技術でもそうなんですが、世の中が大きく変わるときには、

それによって不利益をこうむる人の手あてをしなくてはなりません。
ソフトランディングを目ざさなければ、足の引っ張りあいが起きます。
新技術だからと はしゃぐだけでなく、生じる利益と不利益をしっかり計算し、
それによって人間全体がほんとうに幸せになれるのかということを、
つねに考えながらことを進める必要があると思います。

自分の予想としては、2030年になっても、ほとんどの車が
自動運転化されてる、というのは無理なんじゃないかと思います。せいぜい
高速道路上、トラックとかの商用車で実現するくらいなんじゃないかなあ。
で、そのうちに別の新技術が開発され、例えば人を乗せて空中を移動する
ドローンとか、そっちのほうに世の中の関心が移っていくとか・・・(笑)

自動運転車関連銘柄3





頭部移植と魂の問題

2019.05.18 (Sat)
アーカイブ129

アメリカの科学技術サイト「Science Alert」は、イタリア人脳神経外科医が,
「革命的手術」に成功したと伝えている。セルジオ・カナべーロ医師は、
以前から「生きてる人間の頭部を移植することは可能で、1年以内に実現できる」
と公言してはばからなかったが、昨年末、
ついにその前段階と呼ぶような遺体を使った人体頭部移植手術を敢行したのだ。

カナベーロ医師により「HEAVEN(head anastomosis venture)」
と名付けられた頭部移植法は、海外メディアを驚愕させた。
しかし、このオペには多くの神経科学者が異議を唱えている。
なにより憂慮されているのは、科学的エビデンスが十分でないにもかかわらず、
今秋には中国で、脳死したドナー同士による頭と頭のすげ替え
手術が予定されていることだ。もちろん、前例のない大事件となるだろう。

(tocana)

セルジオ・カナべーロ医師


今回のお題はこれでいきます。前もちょっとだけお伝えしましたが、
イタリア人医師による、中国での人間の頭部のすげ替え手術について、
やっと詳細がわかってきました。昨年11月に行われたのは、
完全な「遺体」、つまり死者同士によるものだったんですね。
うーん、しかしそれだと、たいして意味があることとは思えないですねえ。
遺体を使った解剖学の実習と、ほとんど変わらないんじゃないかという気がします。

たとえ血管と血管、筋肉と筋肉、皮膚と皮膚をつなげたとしても、
ただそれだけのことです。時間はかかるでしょうが、ていねいに縫い合わせていけば
いいだけの話で、問題は脊髄や神経をつなげるかどうかですよね。
それができるかどうかは、脳死者同士の手術での結果を待たなくてはなりません。

このニュースについて、世界の医学者のほとんどは否定的な意見を述べています。
もし、脊髄や神経をつなぎ合わせて、その機能を回復させることができるのなら、
頭のすげ替えよりも先に、現在多数の患者がいる頸髄損傷(首から下が麻痺など)、
脊髄損傷(下半身麻痺など)の治療に応用することができるはずです。
ところが、そういう話は出てきていません。

この、脊髄や神経をつなぐ肝心の技術について、カナべーロ医師は、
「“接着剤”の役目をするという特殊新素材を使い、切断された脊椎間の隙間を
埋めるように、軸索と神経細胞を成長させる方法を発見した」
と述べているようですが、
怪しさ爆発というしかないです。切れた神経をつなぐ方法については、
世界中の研究機関が、iPS細胞などで再生の研究を進めていても、
いまだに、なかなか進展が見られない状況なんです。

自分の予想としては、カナべーロ医師の次の「脳死者同士の頭部すげ替え」手術は、
基本的に、血管をつなぐだけ、ということになるんじゃないかと思います。
脳死者というのは、日本では「死者」とみなされますが、体は温かいです。
これは、人工心肺や人工呼吸器を用いて、強制的に心臓を動かし、
呼吸をさせ、血液を循環させているからです。

おそらく、カナべーロ医師は、頭部をすげ替えした2人の脳死者のどちらかが
この状態を維持できていれば、それで「成功」というアピールをするんだと思います。
たしかに脳死者であっても、体の組織は生体のそれと変わらないので、
頸動脈や気管、食道などをつなぐのは技術的に難しいでしょうが、
大量の輸血をしながら行えばできないことはないでしょう。
しかし、それに何の意味があるのか? 大きな疑問がある上に、
倫理的にもさまざまな問題をはらんでいると考えられます。

カナべーロ医師は、倫理問題のために、自国イタリアではこの手術ができず、
中国医師団との合同研究(おそらく資金は中国持ち)という形で、
プロジェクトを進めているんですね。ということで、自分の評価としては、
この手術は現状では売名行為に近いんじゃないかと考えるんですが、
まあ、続報を待ちたいところです。

さて、当ブログはオカルトブログですので、医学関係はここまでにして、
話を変えます。例えばAさんから頭部を切り離し、Bさんの体につなぐ手術が
成功したとします。そして麻酔が覚めて意識が戻ったとして、
これはAさんなんでしょうか、それともBさんなんでしょうか?

多くの人は、「これはAさんだ」と答えられるんじゃないかと思います。
意識が戻ったときに本人に名前を尋ねると、
おそらく「私はAです」と言う可能性が高いと思われます。
これは、脳にはAさんの記憶や人格が詰まっているからです。
しかし、本当にそれでいいんでしょうか?



古くからの哲学・宗教の難問の一つに、「魂の問題」があります。
「魂なんてものはない」、としてしまえば話は簡単なんですが、
それでは納得できない人も多いんじゃないかと思います。
もし魂なるものがあるとしたら、それはどこにあるのか?
これには、歴史的に大きく3つの考え方がとられています。
① 魂は頭部にある ② 魂は心臓のあたりの胸にある
③ 魂は肉体全体と重なっている(あるいは、肉体とは離れたところにある)

もし①だとすれば、この人はAさんということになるのか?
その場合、魂と脳の違いは何なのか? ②も昔から言われています。
英語の「heart」は心臓ですが、心や感情と訳すこともできます。
日本でも「胸が痛む」 「胸をなでおろす」などという慣用句がありますよね。

ではこの人は、自分で「Aです」と答えたとしても、本当はBさんなのか?
さらに③の場合、AさんとBさんの魂が混じり合っていることになるのか?
疑問は尽きないですよね。スピリチュアルなどをやられている方は、
これ、どのように考えられますでしょうか。

さてさて、ということで、もし遠い将来にでも頭部のすげ替え手術が成功した場合、
これは哲学界や宗教界に大きな波紋を投げかけることになると思います。
人間の歴史が始まって以来、ずっと言われてきた魂の問題が、
解決する糸口になるのかもしれません。

その結果、脳が意識のすべてを生み出しているのであり、魂などはない、
そういう結論が出ないともかぎらないですよね。そうすると、
世界中の、魂の存在を前提とする宗教は否定されてしまうのでしょうか?
このようなことからも、この手の手術は、
大きな倫理的な問題をはらんでいるんです。

関連記事 『中国科学の脅威』  関連記事 『あなたはパーフェクト?』







ロボットの権利と責任

2019.05.17 (Fri)
ccddrfr (2)

ロボット開発ベンチャーのGROOVE X(グルーブエックス)が、
自社開発ロボットを初公開した。同日夜から予約受付を開始。
2019年秋から順次、出荷する。新型ロボットは「LOVOT(ラボット)」。
ロシアの民芸品「マトリョーシカ」を連想させる見た目である。

「4次元ポケットのない『ドラえもん』を作ろうとした。
大して役に立たないロボットです。人の代わりに仕事をしません。
人類のパートナー作りを目指しています」(グルーブエックスの林要代表)。

(GIZMODO)

「LOVOT」 売れるといいですね
ccddrfr (5)

今回は、やや古いんですが、科学ニュースからこういうお題でいきます。
家庭用ロボットは、日本では1990年に登場し、2017年に復活した
犬型ロボット「AIBO」をはじめ、さまざまなものが発売されてきましたが、
なかなか普及しません。これは外国でも同じで、
販売不振で製造中止になってしまったものが多数あります。

なぜ、普及しないのか、原因はいろいろあります。まず、家庭用ロボットの
機能と愛玩性の2つの面から見ていきましょう。
家庭用ロボットに多数の機能を持たせる、例えば、朝起こしてくれる、
音楽をかけてくれる、コーヒーメーカーのスイッチを入れてくれる。
こういうシーンはSF映画によく出てきますよね。

家にある他の家電製品と連動させ、持ち主が音声で命令することができれば、
確かに便利は便利です。ただ、コーヒーメーカーでも、オーディオ機材でも、
さまざまなタイプが発売されていて、消費者は自分の好みに合ったものを
買います。それらをすべて連動させるのは、特許等、いろいろ難しい面があります。
また、地震等で電力が遮断されれば、すべてダウンしてしまいます。

現状では、掃除用ロボットに言葉を話させ、あといくつかの機能を追加する
程度しかできていません。それと、費用の点です。
多くの機能を持たせれば持たせるほど、値段が高額になります。
そうすると、「そんな高いものはムダだ。エアコンのスイッチくらい
自分で入れる」となってしまわないでしょうか。

ccddrfr (4)

次に愛玩性の面ですが、例えば犬ロボットを、外見から行動から、
できるかぎり本物の犬に近づけたとしても、やはり犬ではありません。
生命を持ってないんですね。新型AIBOは30万円ほどするようですが、
それだと、血統書つきの犬が買えます。

まあ、犬には寿命があり、いつか死んでしまうわけですが、
AIBOはサポートが完全に終了しないかぎり、修理をくり返して
使用することができます。ただ、みなさんが飼っている犬や猫は、
量販製品ではなく、世界で一匹だけのかけがえのないもので、
だからこそ愛しいと言えるかもしれません。

ということで、家庭用ロボットがなかなか普及しない理由として、
ここまで書いたようなことが言われてるんですが、自分は、
最大の問題点は、現状、ロボットでは自身が生命体ではないので、
持ち主の孤独を解決してくれないことにあると考えています。

「AIBO」
ccddrfr (1)

さて、少し話を変えて、人間には権利と義務がある、と言われますよね。
日本国憲法では基本的人権が保障されています。
では、いつかロボット(AI)にも、権利や義務が与えられるときが
来るんでしょうか? これはなかなか難しい問題です。

まず議論が進んでいるのは義務のほうです。この理由はおわかりだと
思います、自動運転ですね。2017年、EUの欧州議会法務委員会は、
倫理や安全性、セキュリティをめぐる問題を解決するため、EUとして
ロボットの使用に関するルールを定める必要があると提言しています。

これによって、ロボットは「電子的人物」としての法的地位を持つ
可能性がとりざたされました。自動運転や自動制御によるドローンが
事故を起こした場合、それが製造したメーカーの責任になるのか、
それとも所有者の責任なのか、それを明確にするための
法整備が必要ということだと思います。

現状ではさすがに、ロボット自身の責任は問えません。
では、将来的にロボットの責任が問えるようになるかというと、
これは、ロボットが人権のような権利を持つかどうかにかかっている
んじゃないかと思うんです。権利と義務は表裏一体の関係です。

ロボットがどの程度まで進歩すれば、個としての権利が認められるのか。
今のところ、ロボットは買った人の私有財産です。
ですから、故意のあるなしにかかわらず、壊してしまえば
弁償しなくてはなりませんし、器物破損で罪に問われることもあります。
でも、これはロボットの権利とは違います。

人権とロボ権
ccddrfr (1)

ロボットが権利を持つ条件として、「感情を持ったとき」と説く人も
います。ですが、感情って難しいんですよね。定義が難しいし、
量的にも質的にも測定しにくい。それに、感情は動物だって
持ってるんじゃないでしょうか。

次に「知能」という点はどうでしょう。でも、これも人間におよばない
だけで、チンパンジーなどの動物にも知能があります。
ロボットの知能が人間と同等になったら、あるいは人間を超えたら、
ロボットに権利が与えられることになるのか、
どうもそうは思えないですよねえ。

「自我」あるいは「意識」のあるなし、というのはどうでしょう。
SFだと、ロボットが自我に目覚め、意識を持って人類に敵対しはじめる
という、『ターミネーター』シリーズをはじめとする怖い作品があります。
ロボットが意識を持ったときには、その権利が保障されることになるのか。

さてさて、とはいっても、ロボットが意識を持ったとしても、
やはり「人間ではない」という一点は大きいんじゃないかと思います。
ただ、遠い将来、フィリップ・K・デイック描くところの「レプリカント」
のように、生体組織などを使って、人間とロボットの境目がかぎりなく
あいまいになる時代が来るのかもしれません。では、今回はこのへんで。

関連記事 『自動運転あれこれ』

ccddrfr (3)




僵尸(キョンシー)の話

2019.05.17 (Fri)
アーカイブ128

fgrtyu (3)

今回はこういうお題でいきます。「殭屍」は別字として「僵尸」とも書き、
俗にいうキョンシーのことです。中国の共通語の発音だと、
チャンスーに近いと思います。で、これなんですが、
本を一冊書けるくらい雑多な内容を含んだ概念で、何から話し始めればいいか
迷ってしまいます。少し整理しないとダメかな。

その前に、キョンシーをWikiで見てみると、「硬直した死体であるのに、
長い年月を経ても腐乱することもなく動き回るもののことをいう」となっていて、
西洋のゾンビに近いものなんですね。また、キョンシーには生者のときの記憶や
心はなく、生きた人間を襲おうとする習性を持っています。

さて、キョンシーの概念には次の①~③のことが入り混じっています。
① 古代中国の伝説からきたもの。たぶんこれが最初の形でしょう。
② 明・清代の通俗小説からきたもの。③ 香港映画『霊幻道士』シリーズからきたもの。
・・・みなさんが持っている、官服を着て、死後硬直の両手を伸ばし、
ピョンピョン跳ねるキョンシーのイメージは③由来でしょうね。

ではまず、①から見ていきましょう。時代は、中国の先史時代にさかのぼります。
「黄帝」という、中国を統治した最初期の帝がいて、いろんな超能力を持っていました。
これに反抗して戦いを挑んだのが、獣身で銅の頭に鉄の額を持つ、
「蚩尤 しゆう」という怪物です。

蚩尤


この戦いは、古代中国全土を巻き込んだものでした。蚩尤の手下には、
雨師や風伯がいて、暴風雨を巻き起こします。これに手を焼いた黄帝は、
娘の「魃 ばつ」を呼び寄せます。魃は体内に、原子炉のように大量の熱を蓄えていて、
たちまち雨風を乾かしてしまいました。これによって黄帝は勝利を得たんですが、
魃は力を使いはたして天界に帰れなくなってしまいます。

黄帝の娘「魃」
fgrtyu (5)

そのため、魃が人界にいると、あたりは干魃になってしまうんですね。
魃は、日照りを擬人化したものでしょう。困った黄帝は、魃を遠くの山の中に
幽閉しますが、ときどき抜け出して中原に出てきます。
そうすると世の中が大旱魃にみまわれます。やがて魃の姿は、美しい女性から、
醜い猿のような形に変化して伝えられるようになりました。

で、ここから、干魃のために死んだ人間は死後も遺体が腐らず、
墓の中で100日たつと、魃の姿で地上に出てきて人間を襲うとされたんです。
そこで、通常は土葬の中国ですが、干魃で死んだ者の遺体は火で焼いたりする地方も
あったんですね。あと、魃になりかけている死体には、男児の尿か黒犬の血をかけると
崩れ去るとも言われ、この設定は『霊幻道士』にも取り入れられています。

鳥山石燕の「魃(ひでりがみ)」


これは推測なんですが、大旱魃のときに死亡した者は、
水も食物もろくにとっておらず、体中がカラカラに乾燥して、日本の即身仏と
似たような状態になっていたんじゃないでしょうか。ですから、
墓の中でも死んだときのままに見えることがあった。あと、
遺体を埋める土壌がアルカリ性だった場合、腐りにくいとも言われます。

干魃で死んで甦った死者、まさにゾンビ


さて次、②について説明します。これは道士の術によって人為的につくられるもので、
主に、中国の湘西地域で信じられていました。湘西地域から徴兵された若者が
戦争で死ぬと、遺体を故郷へ送り返さなければなりませんが、
遺体の運搬は、馬や荷車を使ったりして大変です。

そこで、道士が術をかけ、遺体を自力で歩かせて故郷まで連れていくわけです。
このような死体を「赶屍 かんし」、術は「送屍術」と言ったようです。
このとき、映画のように額に御札を貼っていたかはちょっとわかりませんが、
加持符咒した水を満たした椀を持った者が、死体についていったという話はあります。

実際にある中国の「赶屍」の風習
fgrtyu (2)

最後の③は、まあフィクションなんですが、当時の香港で流行していた風水が
取り入れられた内容になっていました。『霊幻道士』の最初の映画では、
金持ちが父親の墓を改葬しようとして掘り起こしてみると、父親を恨んでいた
占い師から、わざと風水的によくない方法で葬られていたため、
20年経っても遺体は腐っていませんでした。

この「風水的によくない方法」というのがどういうことかは、映画を見てても
よくわからなかったですね。で、この父親が最初のキョンシーになり、
それに襲われた者は次々にキョンシーと化していきます。
このあたりの設定も、ゾンビ映画とよく似ています。

『霊幻道士』
fgrtyu (1)

さてさて、キョンシーになってしまうと、人間の心がなくなるので、
肉親でもかまわず襲ってしまいます。ただし知能は残っているみたいでしたね。
中国の道教では、人間には肉体の他に、魂と魄があるとされ、
合わせて「魂魄 こんぱく」と言います。魂は精神を支える気で、
人間が死ぬと天に帰り、魄は肉体を支える気で、地に帰ります。

ところがキョンシーの場合は、魂のほうは天に帰したものの、
魄のほうはまだ肉体に残っているため、体が動くという理屈でした。
あと、キョンシーの姿は、辮髪(べんぱつ)で官服を着ているように描かれる
ことが多いんですが、これは清の時代の女真族の習俗ですね。

科挙に合格した官僚の制服は、当然ながら庶民は着ることはできませんでしたが、
死装束として、遺体に着用させるのは許されていました。庶民の家では、
死後の栄達を願って、官服を着せて葬ることが多かったので、
映画でもああいう姿になっているんです。では、今回はこのへんで。

清代の官人(政府の官僚) キョンシーではありません
fgrtyu (4)





衣服のオカルト

2019.05.16 (Thu)
sdert (3)

今回はこういうお題でいきます。さて、怪談には「黒い服の男」とか、
「赤い着物の少女」とか、そういう題名がついているものがありますが、
読んでみると、たんに幽霊がそういう衣服を身につけているというだけで、
服や着物そのものが中心になっている話って少ないんですよね。

で、その少ない話の内容を分析してみると、男の衣服についての怪談
というのはほとんどありません。死んだ社長の霊がのりうつった
バーバリーのスーツなんて話は聞いたことがないですよね。
男だと、そもそも衣服に対する執着が女性より少ないんじゃないでしょうか。

たかが服に未練を残して化けて出るなんて、なんてケチくさいやつだ、
なんて言われかねません。それに、男物のスーツというのは、
いくら高価なものでも、一度着て中古になってしまうと、
もうほとんど値段がつかなくなってしまいます。
ところが女性の衣服、特に和服の場合はそうじゃないですよね。

祖母の着物を仕立て直して着ているとかの話はよく聞きますし、
中古品でもけっこう高額です。昔の着物は手縫いですから、
基本的に同じものはありません。しかも洗濯もしませんよね。ですから、
かつての持ち主の念がこもりやすい。ということで、
衣服の怪談というのは、多くが女性の和服に関するものなんです。

『リング』の貞子
sdert (4)

男の衣服で怪談に出てくるのは、軍服くらいでしょうか。
これ、前に一度書いたんですけど、自分は自由業なのでスーツを着るのは
パーティに呼ばれたときくらいで、ふだんはカジュアルに過ごしています。
で、自分の趣味で、ミリタリーファッションを着ていることが多いんです。

それも現代につくられたレプリカではなく、米軍がベトナム戦争で実際に
使用したなんてのを、専門店やネットオークションで手に入れて着ています。
そうすると、袖に銃器の手入れをしたときの油染みとか、
銃撃したさいの焼け焦げとかがついてるんです。

でも、だからといって、夢の中にアメリカ兵が現れたとか、
ベトコンらしき人物を見かけたとか、硝煙の臭いをかいだとか、
そういう経験はこれまで一度もありません。怖いと思ったこともないです。
もしそんなことがあるなら、ぜひ体験してみたいんですけどねえ。

さて、幽霊の姿として「長い黒髪で、白い服を着た女」と描写される
ことが多いですよね。これ、どうしてなんでしょうか。
理由はいろいろと考えられます。まず、日本の場合だと、
江戸時代の芝居に出てくる幽霊は白い経帷子、
つまり死装束で出てきたので、そこからきているという説。

死装束を着た江戸の幽霊
sdert (1)

まあ、それはあるとは思います。ですが、ヨーロッパやアメリカ、
南米、東南アジアなど、世界各地で最も目撃例が多いのは、
やはり白い服を着た幽霊なんですね。どうしてなんでしょうか。
これについて以前、たいへん意表をつかれる説を聞いたのでご紹介します。

映画が始まったのは1890年代ですが、このころの作品はもちろん
モノクロで、音声は入っていませんでした。で、昔のホラー映画、
いや、まだホラーという言葉は一般的でなかったので、サスペンス映画の
女性の登場人物は、白のドレスを着てることが多かったんです。

これは白黒画面の中では ぱっと目立ちますし、例えば血まみれだった
としても、白いドレスだとはっきりわかります。
それが映画を見た人たちの印象に残って、幽霊は白いドレスを
着ているようになった・・・確かに面白い話なんですが、
でも、幽霊が白い服を着ているイメージは映画の発明以前からあるんです。

モノクロサスペンス映画の傑作『らせん階段』
sdert (2)

自分は、理由はもっと心理的なものだと思いますね。
幽霊というのは、あたり前ですが死を象徴しています。冷たく不気味で、
人間性を失った存在です。それに対して色を与えるのはマズイんだと思います。
色というのは、赤でも青でも何らかの感情を見る人に呼び起こさせます。

まして、服にカラフルな絵柄がついていたとしたら、
それが印象に残ってしまって、かなり怖さが薄れてしまうんじゃないでしょうか。
例えば、ドラえもんのTシャツを着た幽霊が映画に出てきたらどうでしょう(笑)。
わざと何かの効果をねらったんでなければ、雰囲気がぶち壊れてしまいます。
ということで、幽霊を語る上で最も「無難」なのが、モノトーンなんです。

さてさて、着物の妖怪といえば、「小袖の手」というのがあり、
ある遊女が死に、「死皮(死者が着ていた着物をお寺に納める風習)」
となった小袖を見て、友人たちがその遊女をしのんで悲しんでしたが、
当の遊女は誰から身請されず、死ぬまで不自由な生活を強いられたことを悲しみ、
身請の金を求めるあまり小袖から手が伸びていると解釈されています。

鳥山石燕、妖怪「小袖の手」
sdert (5)

当時の吉原を風刺した内容だということですね。「振袖火事(明暦の大火)」
の話も有名です。恋にわずらいで死んだ娘の形見の振り袖を寺に納めたところ、
振袖は寺男によって転売され、それを買った家の娘が次々と死ぬ。
寺に舞い戻ってきてしまうわけです。困った住職が焼いて供養しようし、

護摩壇の火の中に振袖を投げこむと、にわかに北方から一陣の狂風が吹きおこり、
裾に火のついた振袖は人が立ちあがったような姿で空に舞い上がって、
寺の軒先に落ちて火事になった。この火事は1657年に実際に起きていて、
一説には、江戸市民10万人が亡くなったとされます。やはり着物に対する女性の
執着がよく表れた話です。では、今回はこのへんで。

sdert (6)