FC2ブログ

絶対正確な時計の話

2019.06.30 (Sun)
ssssd (1)

1972年の6月30日、国際標準時局の決定によって、初めての
うるう秒の挿入が実施されました。うるう秒とは、原子時計によって
決定される国際原子時(TAI)と、地球の自転を基準とした世界時
(UT1)のずれを調整するために挿入される秒のことで、

通常は存在しない「6月30日の23時59分60秒(日本時間では
7月1日の8時59分60秒)」を挿入することで1日の長さを
1秒だけ長くする調整が行われました。1972年以来、27回の調整が
実施されており、直近では2017年1月1日にうるう秒の挿入が
行われています。
(現代ビジネス)

今回は科学ニュースからこの話題でいきます。これ、難しいんですよねえ。
自分もよくわからないまま書いている部分もありますので、
もし間違い等がありましたら、コメントでご指摘いただけたら幸いです。
最初のほうは退屈ですが、ガマンして読んでいただけたら、
後半はなかなか面白い内容になりますよ。

クリックで拡大できます
ssssd (5)

まず、みなさんが使っている「秒」という概念なんですが、
これがすごく難しい。昔から、地球の自転をもとにして1日という
時間の単位が決められてきました。1日の長さ(LOD Length of Day)
を24等分したものが1時間、さらにそれを60等分して1分、
その60分の1が1秒。これを「世界時(UT1)」といいます。

つまり、1日は「24時間☓60分☓60秒=86400秒」です。
逆にいえば、1秒は1日の86400分の1になります。
ただ、地球の自転は時期によるブレがあります。ですから、どこか
基準を決めなくてはなりません。そこで1956年に、1900年の
1月1日の1日の長さの1/86400を1秒と定めました。

さて、1960年代に入って、セシウム原子の周波数が研究され始め、
セシウム133原子と、1日の長さをもとにした1秒との関係を調べて
みたところ、1秒が「9192631770周期」にあたるという
数値が得られ、1967年に「国際原子時 (TAI) 」における秒の長さが
決まったんです。まあ、ここまではわかりやすいですね。

ssssd (4)

で、上記したように地球の自転にはズレがありますので、
どこかで修正が必要になってきます。平均すると1~2年で、
国際原子時と世界時には1秒程度のずれが生じることになり、
これを調整するために、うるう秒が挿入されることになるわけです。
ちなみに、「うるう年、うるう月」とはまったく関係ない話です。

引用ニュースのように、これまで27回の修正が行われました。
うるう秒で補正した時刻を「協定世界時(UTC)」と呼び、
これが全世界共通の標準時刻になっています。日本では、
うるう秒の挿入があるときには総務省から発表されます。

では、次にうるう秒が挿入されるのはいつかというと、これは
わからないんです。規定では、地球の自転と原子時計での時刻が
0.9秒以上ズレそうなときに、修正をかけることになっています。
前回が2017年ということなので、そろそろなのかもしれません。

セシウム原子時計
ssssd (2)

さて、ここまで、数字のたくさん出てくる退屈な内容じゃなかったか
と思いますが、そろそろ本題に入っていきます。まず最初の疑問ですが、
セシウムをはじめとする原子時計ってズレないんでしょうか。
これはズレます。現在の最も精密な原子時計でも、3000万年に
1秒程度のズレが生じることがわかっています。

まあ、この世に絶対正確な測定はなく、誤差は必ずあるので
当然なんですが、それとは別に「固有時」というものがあります。
もうおわかりかと思いますが、相対性理論からきているものですね。
アインシュタインは相対性理論発表のとき、
「私は全宇宙に時計を置いた」と述べています。

もし、みなさんが生まれたとき、誕生祝いとして「絶対正確な時計」を
もらったとします。そんなものは実際にはないので思考実験です。
で、みなさんの家の壁にも、やはり別の絶対正確な時計がかかっている
とします。さて、みなさんが20歳になったとき、自分の時計と
家にある時計はどのくらいズレているでしょうか。

ssssd (6)

これはみなさんが、どこに住み、どんな仕事をし、
どのように移動を行ってきたかによって異なるんですね。
相対性理論では、重力が大きいところに住んでいる場合は
時計が遅れます。逆に、みなさんがもし気球のようなものの中で、
高い空の上で生活していた場合、重力場の影響が小さいので時計は進む。

もう一つ、相対性理論では、速度の速いものに乗っていた場合、
時間が遅れることになっています。つまり地球では、時計は重力と
速度の影響をうける。この好例が、カーナビなどに使われているGPSです。
GPS衛星の高度は約20000kmなので、地球重力の影響が
小さいことから、地上よりも時間の進み方が早くなります。

その一方、GPS衛星の軌道速度は秒速約4kmと高速であるため、
特殊相対論によって時間の進み方が遅くなるという、正反対の影響を受ける
わけです。結果的に、GPS衛星での時間の進み方は1日あたり
0.0000286秒ほど遅くなります。なんだ、そんな小さい数字と
思われるかもしれませんが、相対性理論による補正を行わないと、
GPS情報は1日で約10kmものズレが生じてしまうんです。

ウラシマ効果
ssssd (3)

さて、同時に生まれた双子のそれぞれが、誕生祝いに同じ絶対正確な時計を
渡されたら、という思考実験から出てきたのが「ウラシマ効果」です。
双子の一人は宇宙飛行士になり、光速に近い速度で宇宙をかけめぐって
帰ってきた。そうすると地球に残っていた兄弟よりずっと若く見えます。

2人の固有時が違っているためですね。まあ、双子の例を持ち出さなくても、
みなさんが生まれてからどんな場所に住んでいたか、何回飛行機に
乗ったかなどで、ごくごくごくごくごくわずかではありますが、みなさんが
持っている時計の時間と、実家の時計とのズレが生じていきます。

もっと言えば、このズレは、みなさんの体重の増減や、早足で歩くなど、
あらゆることで起きるんです。例えば、みなさんが朝、いつもより勢いよく
ベッドから起き上がった、靴を軽いスニーカーから重いブーツに変えた、
宴会で食べ過ぎた、ゴルフをやってカートに乗らなかったなどなど・・・

さてさて、この固有時の影響は、原子時計であっても逃れることはできません。
もしみなさんの固有時を計る絶対正確な時計があったとしたら、
(一般的な時計では誤差のほうがはるかに大きい)そこには、
みなさんの生きてきた歴史が、時間という情報に変換されて記録されることに
なります。まさに時間はそのまま人生なんですね。では、今回はこのへんで。




スポンサーサイト



地蔵を洗う話

2019.06.29 (Sat)
あ、どうぞよろしくお願いします。主婦をしています。結婚3年目で、
子どもは昨年、男の子を授かりました。はい、それほど夜泣きなどもせず、
手のかからない子です。それで、これからお話するのは、
ほとんどが夢で見た内容なんです。ですから、怖くありませんし、
バカバカしいと思われるかもしれません。それでもよろしいでしょうか。
最初に夢を見たのは、去年、子どもが生まれて3ヶ月目くらいのときです。
育児のためにずっと家にいまして、夫は7時過ぎに帰ってきます。
夜は、ベビーベッドのある和室に寝ているんですが、
そのときの夢が最初だと思います。いえ、もちろんそれまでにも
夢は見たことがあります。ですが、その夢はそれまで見たのとはどこか
違ってたんです。妙にはっきりしていて、起きてからもよく覚えてる・・・

まず、その夢の中で私は山の中にいました。ずっと石段が続いてて、
それを登っていく。道の両脇は深い藪で、抜けていくことはできません。
一本道の石段を上へ上へと登るうちに疲れを感じてきたんですが、
何かにせかされるように、足を止めることができませんでした。
そうしていると、急にぽっかりと開けたところに出ました。
まだ、頂上ではなかったと思います。8合目くらいの高さなんでしょうか、
よくわかりませんでした。その場所には木はほとんど生えてなくて、
広い草むらがあり、一軒の家があったんです。そうですね、
藁葺き屋根の昔の農家という感じでしたが、かなり立派な造りでした。
豪農のお屋敷といっていいかもしれません。
で、私はふっとその中に入っていったんです。表戸は開いてまして、

声をかけたんですが返事はありません。そのとき、私、何か探しものを
してる気になったんです。どうしても見つけなくちゃいけないものが
この家の中にある。変ですけど、そういう気持ちが強くなって、
うろうろと歩き回りました。はい、家の中には誰もおらず、
家具や調度も少なかったんです。平屋建てですが、部屋の数は10ちかく
あったと思います。ほとんどの部屋はお座敷で、床の間があって
掛け軸が飾ってました。中には箪笥が置いてある部屋もあったんですが、
引き出しを開けたりはしませんでした。どういうわけだか、私が
探している物はその中にはない気がしたんです。黒塗りの大きな
仏壇がある部屋もあり、仏壇の扉は固く閉まっていました。
やがて、すべての部屋を抜けると、土間の台所になってたんです。

昔のかまどが2つ並んでましたが、火は入ってなく白い灰が溜まってました。
その横に水甕。探しものはこの近くにある、と思ったんです。
それで台所中を見て回ると、奥のほうの棚に手桶と使い古した
雑巾がありました。ああ、これだ、この手桶・・・持ち手をつかんで
下におろしたとき、すごい安心感というか達成感がありました。
そこで目が覚めたんです。おかしな夢ですよね。藁葺の家なんて入った
こともないですし、手桶を何に使うのかもわかりませんでした。
そのときは2月でしたが、びっしょり汗をかいてました。
着替えようと立ち上がり赤ちゃんの様子を見ましたら、よく眠っていました。
わけがわからない、でも夢ですから、そういうこともあるかと、
そのときはあまり気にしてなかったんです。

怖い夢、というわけでもなかったですから。それから・・・次に夢を見たのは
翌月の14日の夜でした。気がつくと・・・という言い方は変ですが、
私は夢の中にいて、片手に手桶を下げてたんです。前に見た手桶だ、
というのは、そのときにはわからなかったです。手桶には水が入ってました。
場所は、外ですが山の中などではなく、街の辻のようなところで、
あたりは薄暗くて、朝方か夕方かもわかりませんでした。
道に出ている人はいなかったです。それで、私の正面に少し木がある場所があり、
そちらに歩み寄っていくと小さなお堂があったんです。
一間四方と言うんでしょうか、赤い幕が下がっていて、
中にお地蔵さんが一体だけあったんです。私の腰ぐらいまでしかない
小さなお地蔵さんで、赤い頭巾とよだれかけをされてました。

石を彫ったお地蔵さんなんですが、顔は柔和で、少しだけ自分の子に
似てる気がしたんです。ただ、体のほうには、びっしりと白い灰のようなものが
かかってたました。ああ、かわいそうにと思い、そのときに、
自分が手桶を持ってる意味がわかった気がしました。手桶の水の中には
雑巾もありました。それで、その場にしゃがんで雑巾をしぼり、
お地蔵さんの体を拭きはじめたんです。白い灰は粉のように見えてもけっこう固く
お地蔵さんの体にこびりついていて、力を入れないととれませんでした。
だんだんに手桶の水が白くなっていき、お地蔵さんはピカピカになって、
すごい満足感がありました。手桶の水を離れたところの側溝に捨てると、
お地蔵さんの前にお供えの餅のようなものが見えました。
あれ、さっきこんなのあったっけ? そうですね、草餅に似ていた気がします。

で、私、それ無性に食べたくなったんです。いえ、こう言うとあれですが、
神仏のお供えを取ったりしたことなんて一度もありません。
ですがそのときは、すっと近寄って餅をつまみ、ぱくっと口に入れちゃったんです。
甘い餡の味がしました・・・そこで目が覚めたんです。
もちろん、口の中には餅なんてなかったですし、味を感じたりもしなかったです。
変な夢だったなあと考え、そのとき前に見たあの山の中の農家の夢を
思い出したんです。それと内容がつながってるような、そうでないような。
でも、そのときの夢の中に出てきた手桶は、前に見たのと同じもののような
気がしました。それからです、4月、5月、6月と、
まったく同じ夢を見たんですよ。場所も同じ、辻にある地蔵堂。
私は手桶を持ってそこにいて、汚れたお地蔵さんの体を丹念に洗っている。

洗い終わってからお供えの餅を食べてしまうのも同じです。
夢を見るのは決まって14日の夜・・・15日の早朝なのかもしれません。
不思議ですよねえ。夢のことは夫に話してみたんですが、「夢だから何でもありだろ、
 前に見た夢のことが気になってるから、同じのを見るんじゃないか」
こんなことを言って、私も「そうかな」と思ってたんです。
あとそうですね、14日ということについても心あたりはありませんでした。
家族の誕生日ではありませんし、親族の月命日も14、15日というのはなかった
はずです。もしかしたら私が掃除しているお地蔵様の縁日なのかもしれないとも
考えたんですが、しょせんは夢の中のことだし・・・
それで、先月の14日のことです。やはり夢を見たんですが、
最後だけ、今までの夢とは違っていたんです。

お地蔵さんを洗い終わって、一息ついてから餅を口にしたところまでは同じだったん
ですが、その餅の味がおかしかったんです。傷んでるというのとは少し違います。
なんというか、青臭い、山菜をアクを抜かずに食べたような味で、
吐き出そうかと思ったんですが、飲み込んでしまいました。
それで、起きて歯を磨いたときに胃がムカムカしたんです。
でも、買い置きの薬を飲んだら落ち着きました。いつも午前中は、
ベビーカーを押して、買い物がてらお散歩に行くことにしていました。
私は住宅地に住んでまして、スーパーまでは10分ほどでいけます。
近くには小さな商店街があり、そこに銀行や郵便局もあって便利な場所なんです。
その日は天気がよく、舗道を歩いてると、また急に吐き気がこみ上げてきたんです。
思わずベビーカーから手を離し、街路樹の根元に駆け寄って吐いてしまいました。

出てきたのは朝食ではなくて、白いドロドロしたものでした。
はい、お地蔵さんの体に付着してたものに似ている気がしました。
そのとき、上のほうでボンという音がし、間髪をいれずガシャーンと何か
大きなものが舗道に落ちてきたんです。ベビーカーを停めた2mほど手前です。
はい、落ちてきたのはエアコンの室外機でした。それがまず店のアーケードの上に
落ち、そこでバウンドして舗道に落ちた。もし・・・私がベビーカーをそのまま
進めていたら、直撃していたかもしれません・・・まあ、こんな話なんです。
私が吐いたことと、夢の中の餅の味がおかしかったこと、
関係があるかどうかもわからないんですけど・・・あの、お地蔵さんのお堂、
それから最初に入った山の中の農家も、実際にどこかにあるんじゃないかという
気がするんですよ。今月ももうすぐ14日です。またあの夢を見るんでしょうか。





医者はなくなる?

2019.06.28 (Fri)
Googleが開発した肺がん検診AIと放射線科の医師6人が、CT画像を読影し、
比較する実験が行われました。その結果、AIは医師に比べて偽陽性を11%
減らしながら、がんを5%多く診断しました。人間が自然に行うタスクを
コンピューターに学習させるという機械学習の手法の一つである
ディープラーニングが進歩し、画像認識の分野において、

AIは人間の認識能力を超えたと言われています。
今後はCTだけでなく、レントゲン画像やMRI検査にも応用されるのでは
ないでしょうか。また、画像分野だけではなく、医療診断や治療選択分野での
研究開発も加速しています。学習や経験による能力で、
AIが医師を上回るのは時間の問題だと思われます。
(JIJI.com)

zxsd (1)

今回は科学ニュースからこういうお題でいきます。うーん、まあ以前から
予想されてたことですが、画像診断の結果が、人間の医師よりも
AIのほうが成績がよかったという内容です。
でもこれ、考えてみれば当然という気がします。

人間は目に頼って画像を見ますが、機械の目ほど正確ではありません。
部屋が暗かったり、いつもと違うコンピュータに画像をあげたりなど、
外部環境の影響を受けます。まず感覚器官の違いがあるんですね。
次に、人間には体調のよし悪しがあります。忙しくて疲れていたり、
心に気にかかることがあれば、持っている能力を発揮できません。

それに対し、AIはつねに安定して力を発揮することができます。
また、記憶力もそうです。人間の医師は、いくらベテランでも
過去のデータすべてを覚えてるなんてことはないですよね。
それに対し、AIは過去データが全部内部に入っていて、
必要ならば瞬時に取り出して参照することができます。

zxsd (4)

これは勝負にならないと思います。では、将来的に人間の医師は
必要なくなるんでしょうか。自分の考えを述べると、
完全になくなることはないでしょうが、
医師の数は大きく減るんじゃないかと思います。

さて、医学は大きく予防・診断・治療に分かれますが、
今回は予防についてはパスして、診断と治療を取り上げて考えて
みましょう。上記のように、画像診断に関してはAIのほうが上です。
おそらく近い将来には、CTやMRI装置自体にAIが
組み込まれ、撮影と診断が同時に行われるようになるんでしょう。

では、問診はどうでしょうか。AIには問診から病気を診断するのは
できないだろうと思われるかもしれませんが、じつはアメリカでは
すでにAIによる問診が始まっていて、データを入力すれば
病名を出してきますが、やはり人間よりも正確だったという結果が
どんどん発表されているんです。



データを打ち込むのはべつに医師でなくてもできますし、
これも将来的には、患者が会話できる場合は、AIとの音声による
直接対話が可能になるだろうと思います。こう書くと、
人間には積み重ねた経験があると言われる方もいるかと思います。

たしかに、過去の経験は大きく役に立ちますが、逆に、かえって
経験が先入観となって判断を誤るケースもあるんですよね。
よく精査しないまま、手拍子で結論に飛びついてしまったりとか。
みなさんも仕事上でそういうことはありませんでしたか。

AIの場合、与えられたデータのみから患者を冷静に診断するため、
人間ならではの先入観や勘違いに起因する誤診をなくすことができ
ると考えられています。あとは、AIが診断をした場合、
もし誤診があったときに責任が取れないとする議論があります。
自動運転の場合とよく似ていますね。

AIはもちろん責任は取れません。そのため誰かしら管理者を置く必要があり、
CT画像を読む場合、当面は放射線科医がそれを最終判断するという
形になるでしょう。でも、じゃあもしAIが癌を見逃した場合、
その放射線医の責任になってしまうんでしょうか。

zxsd (3)

これはおかしいですよね。AIは人間よりも能力が高いんだから、
AIが見逃した癌は、人間では読み取れないほどの微妙なものである
ケースがほとんどでしょう。AIも人間も読み取れないものに対して、
責任ってあるものでしょうか。その放射線医の責任にはできませんよ。

もしそういう見逃しがあった場合、謝罪は病院として院長が行う。
また賠償は保険から支払われるとか、そういう形になっていくと
自分は思います。次に、治療のほうを考えてみましょう。
内科的な治療に関してはAIの独壇場になるんじゃないかな。
例えば癌の場合、組織片を機械に入れると、

たちまち遺伝子変異を解析して「最適な薬はこれです」という答えが出る
ようになると思います。これは血液、尿検査などでも同じです。
外科の場合はどうでしょうか。今、ダヴィンチ手術という機械を
用いた手術が行われてますよね。かなり高価な機械ですが、
10年以内には価格はこなれ、普及が進むと考えられています。

医療支援ロボット ダヴィンチ
zxsd (5)

いくら名人外科医と言われる人でも、ミリ単位の手術は難しいんですが、
ダヴィンチならそれもできます。ただ、今のところAIには、
肉眼では癌は見えないが、転移してる可能性があるから
周囲の組織や臓器も削っておこう、みたいな判断はできません。

ですから、手術を監修する外科医は必要なんですが、これも将来的には
AIが自己判断でできるようになると思います。また、微小な癌細胞が
ある場合は薬剤で光らせるなどの技術も出てくるでしょうし、
さまざまな面からの統合的な治療が行われるようになると考えられます。
さて、では医師と患者の心のつながりという点ではどうでしょうか。

AIは機械ですので感情がありません。やはり主治医がいて、
心のケアや励ましをしてほしい。でも、それは医師の資格がなくても
いいんじゃないでしょうか。心理カウンセラーなどでもできますよね。
アメリカの病院は院内に礼拝堂があるところも多く、
患者が要望すればすぐに牧師さんが来てくれます。

アメリカの病院内にある簡易チャペル もっと立派な施設も多い
zxsd (6)

さてさて、ということで、どのくらいのスパンかはわかりませんが、
将来的には医師は大きく数を減らすと思います。2025年には
団塊の世代が平均75歳を迎え(いわゆる2025年問題)、
それから10年以内に人口減少が加速化し、

病院にかかる患者数も大きく減っていくと考えられます。
ただ、看護師さんの仕事がなくなるということは
ないでしょう。自分が長期入院していたときも、優しい看護師さんは
闘病の励みになりましたからね。では、今回はこのへんで。

関連記事 『命の値段はおいくら?』




裏京都の話

2019.06.27 (Thu)
私、子どもの頃から京都にあこがれてたんです。そうですね、
神社仏閣が好きってのもそうだけど、歴史的なこともあるし、
何より全体の雰囲気がいいじゃないすか。古都の風情といえばいいか。
それで、中学は私立に行ったんですが、学校を選んだ理由が、
修学旅行が京都・奈良の関西方面だってことが大きかったんです。
ですから2年の秋の修学旅行のときは、ほんと大はしゃぎで、
ああ、今自分はあこがれの京都にいるって思うと感慨深くて。
3泊4日で、1、2日目はクラスで金閣寺とか清水寺とか
有名観光スポットを回って、3日目が友だちグループでの自由行動
だったんです。私たちは4人のグループで大原方面に向かいました。
三千院はもちろん行ったし、鄙びた雰囲気がすごくよかったです。

夕方、自分たちで夕食を食べてから宿泊先のホテルに集合する予定でした。
で、私たちのグループは、有名なお店とかじゃなく、
ふつうのファミレスに入ったんです。お土産を買いすぎてお小遣いも
残り少なかったし。窓際の席で、食事が終わってドリンクを飲んでたんですが、
3日間の疲れが出て、少しうとうとしちゃったんですね。
肩をつつかれた気がして目を覚ましたら、お店の中にいたはずなのに、
ガラス窓の外に立ってたんです。「え!?」
あたりはもうかなり暗くなってました。わけがわからなかったんですが、
眠りながら出たのかと思ったんです。でも、近くに友だちの姿はないし。
それで、さっきまでいたファミレスの中をのぞいても、
ガラス越しに見る店内は真っ暗で、どうなってるのかわかりませんでした。

入り口のほうに走ったら、ドアが閉まってたんです。「え、え!?」
それと、ファミレスはけっこう広い道路に面してたんですが、
通行人も車も、何もなかったんです。誰もいない道路に、ずっと遠くまで
街灯がついてました。もうその時点で半泣きでした。
先生から、トラブルにあったときにはタクシーで本部のホテルに
戻ってこいって言われてたんですが、タクシーなんて走ってないし・・・
携帯は禁止されてたので、近くに公衆電話がないか探したんですが、
今、公衆電話ってホントないですよね。ファミレスは入れないので
お店のも借りれないし、大声で友だちを呼んでみても、ただ自分の声が
響くだけで。途方に暮れるってああいうことを言うんですね。
しかたなく、道路をとぼとぼ歩き出しました。

とにかく駅に行こうと思ったんです。ところがその道、どこまで歩いても
交差点がなかったんです。ずっと向こうまで続く一本道。
しかも道の両側の店や家はみな閉まって、明かりもついてなかったんです。
交差点がないから信号もなかったと思います。
ただ、えんえんと街灯が続いてる。そんなはずないですよね。
そうですね・・・自分の感覚では20分くらいも歩いたと思います。
そしたら、道の向こうの空が赤く染まって見えてきました。
夕焼けとかじゃなくて、全体が暗い感じの赤になってるっていうか、
うまく表現できないです。そして、その正面に塔が見えたんです。
高い高い塔で、もしかしたら東京のスカイツリーより高いのかもしれません。
天に届くように思えました。でも、京都にそんなのあるはずないし。

あと、塔はかなり遠くにあってはっきり見えなかったんですが、
屋根がついてるように思えました。五重の塔ってありますよね。
あんなふうに屋根が何重にもなってついている塔。
もうそのころには泣いてたんですが、一本道なので前に行くしかないんです。
あの塔に着いたら誰か人がいるかも、そう思うしかありませんでした。
さらに20分ほど歩いて、塔はだんだん近くになってきて。
そしたら、後ろから私を追い越してく人がいたんです。
お坊さん、のように思えました。袈裟を着て頭を剃ってましたから。
「あ、あの、ちょっと待ってください」必死で声をかけたんですが、
その人はまったくふり向きもせず、すごい速さで歩いてってしまって、
私が走ったのに追いつけなかったんです。

そんな具合に、何人かに追い越されました。全部お坊さんで、
たびごとに声をかけたんですが、みんな前を見たまま飛ぶように
歩き去っていったんです。そうですね、何が起きてるのかは
まったくわからなかったんですが、ただ、私もあの塔に行かなきゃ、
そんな気持ちが強くなってきて。そのときです、後ろから
「あの、もし」って声が聞こえて、ふり向いたらやはりお坊さんが
立ってました。そのお坊さんは背が高くて、頭は剃ってるんですが、
顔が西洋人だったんです。私が立ち止まると、「ああ、よかった、
 止まってくれたね。あなたどこの人?」日本人じゃない発音で
そう聞かれたので、自分と学校の名前、修学旅行で来たことなんかを
話したんです。そしたら、お坊さんは、

「ああ、わかりました。何かの拍子にこっち入っちゃったんですね。
 でも、ここはあなたのいるとこじゃないから、戻らなくちゃ」
そう言って、袈裟のたもとから何か小さいものをつまみ出したんです。
上下にふると、リンという音がしました。ひものついた鈴でした。
「これ、あなたにあげますから、ここで立ち止まったままずっとふってて
 ください。たぶんそれで戻れます」私に鈴を手渡すと、
きつい顔になって塔に向かってしまったんです。それで私は、
言われたとおりその場でずっと鈴をふってて・・・リン、リン、リン
どのくらい時間がたったか、肩をつつかれて気がつくと、
グループの友だちが笑ってました。はい、もとのファミレスにいたんです。
「今、ちょっと居眠りしてたでしょ」友だちが言いました。

それで、時計を見たらぜんぜん時間がたってなかったんです。
あの暗い道に1時間ちかくいた気がするのに。
・・・まあここまでなら、私が夢を見たんだと思いますよね。だから時間が
過ぎてなかったって。いえ、いいんです、私自身そう思いましたから。
みんなと外に出たら、夕方でしたが、さっきのような暗さじゃなかったです。
それで、修学旅行が終わって家に戻ってきました。
お土産なんかは宅配でもう送ってて、バッグから着替えを出して
洗濯機に持ってこうとしたとき、ぽろっと何か落ちたんです。
鈴でした。あのとき外国人のお坊さんにもらったものだと思います。
拾い上げてふると、中が壊れてるのか音はしませんでした。
その鈴、仏壇の下の引き出しに入れておいたんです。

こんな話なんですが、後日談があるんです。私はその後、大学を卒業して
今の会社に就職したんですけど、やっぱり京都が好きで、
連休を利用してときどき小旅行に訪れてたんです。
修学旅行のときのファミレスにも行ってみましたが、もうなくなってました。
あの暗い道に入ることはなかったんですが・・・ インターネットのSNSを
やってまして、それも京都旅行に関したものです。その掲示板で、修学旅行の
ときの話をしたんです。変な道にまぎれ込んで、高い高い塔に向かってた。
夢だと思うけど、そのときにもらった鈴はあったし、いまだにどういうことか
わからない、そんなことを書いたんですが、そしたら1日して、
私に長文のレスをつけている人がいたんです。
こんな内容でした。「お話、興味深く拝見させていただきました。

当方は京都在住で、ある寺院の住職の家に生まれた者です。単刀直入に書かせて
いただきますが、あなたが入ったのは「裏京都」と呼ばれる場所です。
うまく説明はできませんが、京都の長い歴史の中でつくられ、
現在の京都と重なって存在しているんです。塔に向かったということ
でしたが、そこに行きつけば、取り返しのつかないことになっていたでしょう。
あなたは京都とは相性が悪いようです。もう旅行はおやめになったほうが
よろしいかと。こう書いても、当方の言うことを信用されないかもしれません。
鈴をいただいたということですが、それが今どうなっているかご確認下さい」
それで、お盆に実家に戻ったとき、仏壇に入れたはずの鈴を探してみました。
そしたら、テイッシュにつつまれてあったのは、
ネズミかリスか何か、小動物の頭の骨だったんですよ。

キャプチャ



神と死後の世界アンケート

2019.06.27 (Thu)
アーカイブ149

deder (2)

今回はこういうお題でいきます。これ、カテゴリは何に入るんでしょうね。
うーん、いちおうオカルト論ということにしておきますが、
何か違うような気もします。あと、ここに書いたのはbigbossmanの勝手な
見解ですので、異論はいろいろあると思います。

さて、下のグラフをご覧ください。これは「世界価値観調査」という、
世界の大学や研究機関が参加して、1990年から5年ごとに行われている調査の
一部分で、55ヶ国からの回答が得られています。調査対象は各国とも
18歳以上の男女1000人程度、やや古いですが、2000年の結果です。

「神は存在するか?」 ※クリックで拡大できます
deder (1)

まず、「神は存在するかどうか?」について、選択肢は3つ。日本の回答は、
第1位が「存在する」で35%、2位が「わからない」で34%、
3位が「存在しない」31%と、ほとんど拮抗しています。これ、もし別の
1000人に聞いたら順位は入れ替わるかもしれません。

世界の他の国をみると、「存在する」が100%なのがエジプト。
エジプトはイスラム教国ですね。他にも上位をイスラム国家が占めています。
「存在する」が最も少なかったのがベトナムで18%。これはわかる気がします。
ベトナムは長い戦争を経て社会主義になった国です。他にも、チェコ、
エストニアなど、騒乱が続いた国が神の存在を否定する割合が高いですね。

あと、特筆すべきなのが、「わからない」の比率が世界で最も高いのが
日本だということです。これは圧倒的で、2番目に「わからない」が多い
リトアニアを10%以上上回っています。まさに「あいまいで自分の意見を
はっきり言わない国」日本の面目躍如といったところです。

みなさんはどうでしょう。「神は存在すると思いますか?」こう聞かれて
どう答えられますか。これねえ、キリスト教国やイスラム教国など、一神教の国は、
神といえばエホバやアッラーのことを指しますが、日本人だと困りますよね。
神って、近所のお稲荷さんのことなのか、それともお盆に墓参りするご先祖様か、
菩提寺の御本尊なのか、思い浮かべる対象に迷います。

他の国が「神の概念」がはっきりしているのに対し、日本はまずそこから、
それぞれの人が持っているものが異なっているわけです。
中には、まったく神のイメージを持てない人もいると思います。
そういう意味では、世界でも特殊な国なんですね。

あと、「わからない」が多いのも日本人の特徴で、「日本人に対するアンケートには
わからないの項目を入れるな」とまで言われてるんです。これは一つには、
日本には「わからないことは恥ずかしいことではない」という社会通念があるからだと
思います。他の国では「自分の意見を持たないのはダメな人間」
みたいに見られてしまうんですよね。そして様々な場面で実際に損をします。

それに対し、日本人は、こういった確たる根拠がない事例に対して、
「わからない」というのは、むしろ正直な態度だと考えるんじゃないでしょうか。
どうせ神がいるともいないとも、どちらも証拠がないんだから、
こだわるやつのほうが少しおかしい、みたいな感覚です。

さて、次は、「死後の世界は存在するかどうか?」についてです。
日本では、「存在する」が31%、「存在しない」も31%で同率2位。
ということは、「わからない」が38%でトップになります。ここでも、日本人の
「わからない」の割合は世界1位です。リトアニアが2位なのも同じ。

「死後の世界は存在するか?」
deder (2)

「存在する」が100%なのがエジプト、最も低いのがベトナム
という図式も変わりません。まあ、死後の世界は神の存在と不可分の関係にあるので
これは当然でしょうね。ただ、この項目に関しては、
「わからない」の項目をのぞいたアンケートが、日本国内で行われています。

deder (4)

それによれば、「死後の世界は存在する」が34%、「存在しない」が66%です。
これもそうだろうなあと思います。地獄に閻魔様がいて、
生前に嘘をついた亡者は舌を抜かれるなんてのを信じてる現代人は
ほとんどいないでしょう。今の日本人の「死後の世界」観というのは、
死後の世界があると思う人でも、おそらくもっと別のイメージなんだろうと思います。

あと、1958年と2008年を比較した調査もあります。
1958年に「死後の世界は存在する」と答えた人は20%だったのが、
2008年には、ほぼ倍の38%に増えているんです。これはなんででしょう?
スピリチュアルブームとかの影響でしょうかね。

deder (3)

1958年は昭和33年ですか。日本が高度成長期に入り始めた頃ですね。
もちろん自分は生まれていませんが、当時はまだ仏教的な影響が強く、
お寺で、お盆に地獄絵の開帳などが行われていました。
ですが、科学が進んでその手のことは信じられなくなり、

現在では、マンガやアニメなどの影響もあって、
もっと多様な死後の世界観があるような気がします。
とはいえ、神や死後の世界について、はっきりしたイメージを持っている日本人は、
何かの宗教の熱心な信者でなければ、多くはないでしょう。

さてさて、ここまで見てきて、日本人が世界の中でもかなり特殊な意識を
持っていることがおわかりいただけたでしょう。日本は、神も死後の世界も
簡単には信じていない。ですが、治安がよく犯罪も少ないですよね。
そのあたりがじつに面白いと思います。このことについては、
また書く機会もあるでしょう。では、今回はこのへんで。

日本人の死後の世界観にはこの人も一役買ってる?
deder (1)





「世界5分前仮説」と創造論

2019.06.27 (Thu)
アーカイブ148

vsda (3)

今回はこういうお題でいきますが、これ、あんまり面白い内容になりそうも
ないので、スルー推奨かもしれません。まず、「創造論」とは何か?
当ブログでは何度もとり上げていますが。簡単に言うと「キリスト教やイスラム教
にいう全知全能の創造主が、この世界のすべてをつくった」という説のことです。

ちなみに、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の創造主は、基本的に同じ神、
と考えられています。よく「キリスト教世界とイスラム教世界の対立」
なんて言いますが、これじつは、同じ神をいただいた上での、
神学的な解釈上の対立と見ることができるんですね。

アララット山系の「ノアの方舟」地形
vsda (6)

さて、何から話しましょうか。みなさんは思考実験の一つとして、
「世界5分前仮説」というのをご存知でしょうか?
「今みなさんが生きている世界は、つい5分前に始まった」とするものです。
こう聞けば「えー、そんな馬鹿な、ありえない」と思いますよね。

「だって、自分には5分よりも以前の記憶がある。2時間前、昼飯にそば定食を食べた」
こんな感じで反論されると思います。しかし、世界5分前仮説では、
みなさんはそれらの記憶を持った状態で、5分前にいきなり発生した
ということになります。すると、ここでまた反論したくなりますよね。

「だって、うちには自分が小さい頃の写真がある。子どもの頃に背比べをした 
柱の傷もある」とか。でも、世界5分前仮説では、それらのものも5分前に一気に
できあがったことになるんです。ここまで聞くと、たいていの人は、
「えー、バカバカしい。そんな議論は時間のムダだ」と言うと思います。

なぜなら、世界5分前仮説には、完全否定する材料もないかわり、
肯定する材料もないからです。こういうのを「反証可能性がない」と言います。
反証可能性がないものは科学的な議論にはなりえない、いわば反則なんですね。
では、この仮説、誰が、何のために言い出したのか、
知ってる方はおられるでしょうか。

バートランド・ラッセル
vsda (2)

まず、初めに提唱したのは、20世紀のイギリス人哲学者で、
ノーベル文学賞を受賞したバートランド・ラッセルです。
彼は、懐疑論的な立場からこの仮説を持ち出したわけですが、
もともとはキリスト教の創造論から影響を受けたものだ、と聞くと驚かれる方も
いるんじゃないかと思います。ラッセルは徹底した無神論者でした。

さて、前に「進化論と心霊主義の時代」という記事で、
「ダーウインが進化論を発表したことで、キリスト教的な宇宙観が揺らいだ」
と書きましたが、まあ、それ以前から、キリスト教的宇宙観に
疑問を持っていたインテリ層は多かったと思います。それが、
ダーウイン以降は、おおっぴらに意見を主張できるようになったんですね。

関連記事 『進化論と心霊主義の時代』

聖書の記述を解釈すると、この世界は6000年くらい前にできた、
とみることができますが、地質学から、地球はもっと古いものである
という意見が出されました。現在では、地球の年齢は約46億年と考えられています。
ちなみに、宇宙の年齢は138億年くらいのようです。



また、古生物学からは恐竜などの化石、人類学からはネアンデルタール人等の
化石が提示され、これらに対して、キリスト教側は防戦一方になったんですが、
このときにいろいろな珍説が出されたんですね。一つ目が、
「若い地球論」これは、地球ができてからせいぜい1万年もたってないという、
地質年代や科学的年代測定を全否定するものです。

もう一つは、ある程度まで地質学的年代観を認める「古い地球論」。
三つ目は「断絶論」。『旧約聖書』の創世記1章の1節と2節の間に、
じつは、書かれていない数十億年?の長い断絶があるとする議論です。
この他にも、聖書にある1日は5億年くらいのことだ、なんて説もあるんですが、
上記の世界5分前仮説のもとになったのは、「オムファロス仮説」と呼ばれるものです。

1857年、当時はまだ聖書派の勢いも強く、
「アダムは神が創り、その肋骨からイヴを創った。では、人間の胎内から
産まれたのではないアダムとイヴには、へそがあるのか、ないのか?」
なんてことが、知識人の間では真面目に議論されていたんですね。
今から思えば信じられませんが、それだけキリスト教の影響は強かったんです。

ここで、イギリスの自然学者フィリップ・ヘンリー・ゴスという人物が、
「アダムとイヴは最初からへそがあるように神が創った。さらに、地層や化石なども、
わざと古く見えるように神が創った」こう主張したんですね。
ゴスの主張は徹底していて、「アダムとイヴの腸の中には創造された初めから
排泄物があっただろうが、それも神がすべて創ったのだ」こんな内容なんです。

アメリカ「創造博物館」のアダムとイブ
vsda (5)

これはゴスなりに、原因があるから結果があるという因果論と、
聖書の記述をすり合わせようとしたもので、「アダムの血管に血が流れているなら、
それは摂取した食物からできたものだ。食物を摂取したなら、
腸にもウンコが詰まっているのも自然なこと」こんな感じの理論だったんですね。
ですが、残念ながらこの説、聖書派にも自然科学派にも相手にされませんでした。

それはそうですよね。神がわざわざ、なんでそんなムダことをしなければならないのか。
ただまあ、この論を聞いて面白がった知識人はかなりいたようで、
20世紀になって、ラッセルの世界5分前仮説につながっていくわけです。
もちろん、ラッセルの意図は、「疑うつもりなら、何でも、
いくらでも疑うことができるんだよ」みたいな主張なんです。

さてさて、ローマ・カトリックは進化論を大筋で認め、神の世界創造は、
宇宙論におけるビッグバンのことだ、みたいに柔軟に変化してきていますが、
アメリカには、今も頑なに創造論を信じる原理主義的な人が、
かなりの数いるんですよね。では、今回はこのへんで。

関連記事 『創造論って何?』 『ワイアットがゆく』

vsda (1)




オカルト1973・74

2019.06.26 (Wed)
変なお題になりましたが、カテゴリとしてはオカルト論で、
何を書くかというと、70年代オカルトブームについてです。
1973年は昭和48年ですか。自分とはだいぶ世代が違いますので、
時代の雰囲気を肌で感じているわけではありません。
ですから、間違いなどもあるかもしれないです。

『恐怖の心霊写真集』から この2つの顔は同一人物で二重写しかな 口元がそっくり
おそらく前のフィルムがしっかり巻き戻されないままシャッターを切った



この1973年からオカルトブームに突入したとはよく言われることで、
実際にエポックメーキングな事件が多数起きています。
もちろん、それ以前からオカルトの底流はあったわけですが、
この年を境に、一気に爆発したと見ることができるでしょう。

しかも、一つのジャンルに偏ってないんですね。心霊、UFO、UMA、予言と、
オカルトの複数の分野が互いに影響を与え合って盛り上がりました。
これには、裏でブームの糸を引く仕掛け人が同一だったり、
親しい仲間であったせいも大きいんですが、それだけでもありません。

dddddg (6)

さて、何から書いていきましょうか。まずはこれからでしょうね。
1973年『ノストラダムスの大予言』が五島勉氏によって祥伝社から
発行され、大きな話題を呼びました。ノストラダムスについては
以前に書いてますので、ここで詳しくはふれませんが、
16世紀フランスの医師、占星術師で、多数の予言詩を残しています。

みなさんの中にも「1999年7の月、恐怖の大王が・・・」という
フレーズをご記憶の方もおられるでしょう。翌年には映画も公開され、
五島氏のノストラダムスシリーズは、全10冊にまでなっています。
これねえ、自分より上の世代の人に聞くと、

半信半疑というか一信九疑ながらも、実際に1999年になったときは、
それなりに緊張したという答えが返ってくるんです。その人たちの大半は
少年時代にこの本を読み、その内容が26年後まで頭に
残っていたわけです。こういうことって、なかなかないんですよね。



この話だけで終わってしまいそうなので、どんどん先に進めます。
1973年、日本テレビ系列の『お昼のワイドショー』で、
「あなたの知らない世界」が始まりました。最初のうちは夏の時期だけの
特番でしたが、後に毎週木曜日のレギュラー放映になります。

仕掛け人は、放送作家の新倉イワオ氏です。内容はほぼ心霊。
ここで放映される「再現映像」がとにかく怖かったという人が、
現在でも多いですね。多くの子どもの心にトラウマを与えるとともに、
画面の色味やカメラのアングル、霊の登場のしかたなどなど、
後の『リング』などのジャパニースホラーに多大な影響を与えています。

再現映像
dddddg (3)

次はやや地味なUMAの話題ですが、政治家の石原慎太郎氏が、
1973年、「ネッシー探検隊」を組織してスコットランドに遠征しました。
このときの仕掛け人が、イベントプロデユーサーである康芳夫氏です。
氏はそれ以前、ボクシングや音楽の興行を手がけていましたが、
このネッシー遠征でオカルトは金になる、ということを発見しました。
それが、1976年の「オリバー君招聘」につながります。

写真は石原氏と康氏
dddddg (7)

次、1973年、アメリカに滞在する一人のイスラエル人青年が
地元のテレビに出演し始め、翌1974年に来日を果たします。
そう、ユリ・ゲラーですね。彼が行うスプーン曲げや、
止まった時計を動かすパフォーマンスはテレビで
高い視聴率を上げ、日本の超能力ブームの火つけ役となりました。

ユリ・ゲラー
dddddg (8)

自分もスプーンを曲げられるという超能力少年が輩出したんですが、
その中の一人、関口少年の名を記憶しておられる方もいるでしょう。
これを仕掛けたのが、前述の康氏の友人である矢追純一氏です。
ただ、関口少年のトリックが発覚し、超能力少年たちはいっせいに
テレビから消えてしまい、矢追氏は素早くUFO系に転身します。

現在の肩書にはUFO評論家というのがありますね。で、UFO関係では、
1975年、日本の目撃事件として有名な「甲府事件」が起きるんです。
また、日本にコンタクティーの存在が知られるようになり、
超能力でUFOを呼ぶことができるという概念が広まりました。
「ベントラ、ベントラ」の呪文を覚えておられる方も多いでしょう。

康芳夫氏
dddddg (2)

次、1974年、中岡俊哉氏が二見書房から『恐怖の心霊写真集』を発刊。
大ベストセラーになりましたし、それまで「幽霊の写真」などと言われ、
それほど大きな話題になっていなかったのが、「心霊写真」という
言葉が定着し、多数の雑誌に心霊写真コーナーがつくられます。

dddddg (5)

日本の心霊写真はここから始まったと言っていいでしょう。
これも何冊も続編が出ていますね。さて、この時期に起きた
オカルト事件はまだまだあるんですが、字数が残り少なくなってきたので
最後にします。1973年、「週刊少年マガジン」に、
つのだじろう氏が『うしろの百太郎』の連載を開始します。

同じ年、これと並行して「週刊少年チャンピオン」に
『恐怖新聞』を連載。氏によって、主護霊、霊界、霊能者、前世、
ポルターガイストなどの語が一般化していったんです。
つのだ氏は当時から、何人もの霊能者と懇意にしていました。

dddddg (9)

それまで、恐怖漫画(まだ心霊の語は用いられていませんでした)は
少女コミックの独壇場で、楳図かずお氏らによって『赤んぼう少女』などの
作品が発表されていましたが、それは怖い絵で感情に訴える恐怖を
あつかったもので、心霊を理論的に説いたのは、
つのだ氏の大きな功績?です。

さてさて、ということで70年代オカルトブームをごく簡単にふり返って
みました。これが起きた原因はとても一口では言えませんが、
あえて言うとしたら、まず、「メディア」の成長でしょうか。
テレビを中心として、書籍、漫画雑誌などが渾然一体となって
ブームを推進していったこと。

五島勉氏 コメントしているのは丹波哲郎氏


もう一つは、「オカルトは商売になる」という発見です。
テレビなら視聴率が稼げますし、本はベストセラーになります。
そして、この時代に形づくられたオカルトの原型が現在まで形を
変えながら続いてるんです。それにしても、こういう時代はもう二度と
来ないんでしょうね。では、今回はこのへんで。

矢追純一氏


関連記事 『女性週刊誌とオカルト』 『宜保愛子とロンドン塔』




ウナギのオカルト

2019.06.25 (Tue)
sadert (3)

今回はこういうお題でいきます。今年の土用の丑の日は7月27日の
ようです。まだ一ヶ月以上ありますが、もうウナギの予約を始めている
店もあるようです。ちなみに、土用の丑の日にウナギを食べると体に良い
という宣伝を始めたのは、江戸時代の蘭学者・本草学者、
平賀源内であると言われるのは、みなさんご存知だと思います。

源内が、夏場に売り上げが落ちるという鰻屋からの相談を受け、
「本日丑の日、土用の丑の日うなぎの日、食すれば夏負けすることなし」
という看板を店先に立てさせたら大繁盛したことで、
他の店もマネするようになったとされています。
これを、日本初のコピーライティングとする人もいますね。

平賀源内
sadert (6)

さて、ウナギと日本人の関わりは古く、縄文時代の貝塚からウナギの骨が
出土しています。今のように農薬のなかったころなので、
たくさんいたんだと思われます。また、奈良時代の『万葉集』には、
撰者である大伴家持の歌として、

「石麻呂に われ物もうす 夏痩せに よしといふものぞ 鰻捕りめせ」
というのが出てきます。石麻呂という老人が夏痩せしていたので、
滋養によいからウナギを食べなさいと言っているわけですが、
研究によれば、家持が石麻呂の体を気づかってというより、
痩せた姿を馬鹿にしているみたいですね。

ウナギは上記の『万葉集』には「武奈伎(むなぎ)」と出てきていて、
その語源は「胸黄 むなぎ」、つまり胸部がかすかに黄色く見えることから
つけられたという説があります。ただ他にも、家屋の「棟木(むなぎ)」
のように丸くて細長いからなど、いろんな説があってよくわかっていません。

さて、ウナギの最大の謎といえば、その生態にあります。
日本では年間10万トン以上消費されていますが、生態は長年にわたって
不明でした。ウナギは一生のうち、異常な長距離の大回遊をします。
深海で産卵・孵化し、成長すると汽水や淡水域にさかのぼる
「降河回遊」という型ですが、なぜこれほどの回遊が必要なのかがまず謎。

ウナギの成長
sadert (5)

若いウナギが、どうやって決まった産卵場所にたどり着くのかも謎。
それと、産卵する海域もよくわかってなかったんです。
これは、日本が世界的なウナギ消費国として、きちんと生態データを
集めていないと言われてもしかたがないように思います。ちなみに、
現在、世界のウナギの7割を消費しているのが中国、日本は1割ほどです。

ということで、精力的に研究が進められ、産卵場所については、
マリアナ諸島西方海域にあることがほぼ確定してきています。
「海山仮説」と「新月仮説」というのがあって、
ニホンウナギの産卵の場所は、西マリアナ海嶺の3つの海山、
また産卵する時期は各月の新月前後の日と決まっているようです。

うーん、わがままというか、なかなか難しい魚ですね。
さて、世界からよくいじめられる日本ですが、ウナギについても乱獲で資源を
減少させているというイチャモンがついています。まあ、これは大外れ
ではないので、日本の水産関係者は必死で養殖に取り組んできました。

ウナギの完全養殖
sadert (1)

これについては涙ぐましい歴史があるんですが、ここでは割愛します。
これまでの養殖は、シラスウナギの稚魚のうちに海岸で獲って育てる形でした。
ウナギの卵を孵化させる、また幼生をシラスウナギに変態させるには
困難を極めたんですが、2010年、水産総合研究センターが、

人工孵化したウナギを親ウナギに成長させ、
さらに次の世代を誕生させるという完全養殖に世界で初めて成功しました。
孵化したばかりのウナギの仔魚は、サメの卵しか食べないことがわかった
んですね。これ、自分は趣味で海水魚を飼育しているので理解できます。

海水魚って、ある一定の餌しか食べないものが多いんですね。
栄養価や味、形がよく似たものを与えても食べません。
海水魚店に行けば色鮮やかなウミウシが売られていますが、
特定種のカイメンなどしか食べないため、長期飼育はきわめて難しいんです。
で、サメの卵ですが、それ自体がたいへんに希少なもので、

bigbossman家の水槽


養殖のために用意することはできません。代替飼料を研究しているうちに、
プランクトンの糞や死骸が餌となることが判明し、現在では仔魚の9割が
成体に育つまでになりました。ただ・・・何でもそうですが、
問題はコスト面です。ウナギの完全養殖についてもコスト高が指摘され、
商業化をはばんでるんです。天然ウナギにしても完全養殖ウナギにしても、
今後は庶民には手の届きにくい食べ物になりそうです。

さて、ウナギのオカルトとしては、UMAの「大海蛇 シーサーペント」
と呼ばれるものの分類には「ウナギ型」というのが存在します。
色や頭部の形が巨大なウナギに似てるんですが、それに加えて、
タテガミ状のものがあったという目撃例もあります。

巨大なレプトセファルス
sadert (4)

あと「巨大なレプトセファルス」の話。ウナギ目の幼生をレプトセファルス
と言って、透明な柳の葉のような形をしています。1930年、
セントヘレナ島付近で1.8mもある巨大なレプトセファルスが捕獲され、
世界的な話題となりました。それまで知られていたウナギ類の
レプトセファルスは、成長後には数十倍の大きさになることから、

これが大海蛇の正体ではないかとされたんです。しかし研究の結果、
ソコギス類の魚のものであることが判明しました。ソコギスの仲間は、
レプトケセファルスと成体のサイズがほとんど変わらないんですね。
あ、もうこんなに長くなってしまいました。今回はこのへんにしておきます。

ウナギ型シーサーペント
sadert (2)




家の鍵の話

2019.06.24 (Mon)
今晩は、じゃあ話をしていきます。これ、私が小学校6年生のときの
出来事なんです。ですから、もしかしたら子どもの空想とか、
勘違いが入っているのかもしれません。実際、そう考えないと
説明がつかない奇妙な内容なんです。あの日は秋で、
学校で全校PTAがあるため、全校が2時ころに終わったんです。
それで5時間目が授業参観で、お母さんが来てくれていました。
といっても、うちは妹が同じ小学校の4年生にいるので、
お母さんは半々に出てくれてたんです。妹が入学してきてからは
いつもそうでした。その後、PTAは全体会と学級懇談があるんですが、
その前に生徒は放課になります。帰ろうとして教室を出たとき、
お母さんが妹を連れてやってきて、

「ああ、あんた先に帰っちゃうんじゃないかと思ったけど、よかった。
 うちに誰もいなくなるから、あんたたちに家の鍵を預けてく」
お母さんはその頃、週に何日かスーパーのパートをやってましたが、
私たちが家に帰る頃には終わってて、鍵を預けられることって
あんまりなかったんです。ただ、前にあったPTAでもそうしてました。
お母さんが「ここに入れておくよ」そう言って、妹のランドセルを開け、
中のジッパーがついたところに家の鍵を入れました。
普通の鍵なんですが、紫色の曲がった石のキーホルダーが
ついてました。今考えれば、それ、勾玉というものだったんですね。
それで、妹といっしょに帰ることになったんですけど、
ふだんはまずしないことでした。4年生と6年生では終わる時間が

違うことが多いし、同じに終わっても、それぞれ友だちと帰るんです。
それと、私は妹ととあんまり仲がよくなかったんです。
年が近いせいだと思いますが、姉妹ケンカが多かったんです。
私から言わせれば、ケンカの原因は妹のせいがほとんどだったんですが、
それでいつも怒られるのは私のほうで。だから、あんまり妹が
好きじゃなかったんです。性格は、妹のほうが私より気が強かったです。
私はどっちかというと引っ込み思案だったのに、妹は何でもやりたがる
好奇心の強い子でした。あ、すみません、こんなこと興味ないですよね。
それで、いつもの通学路を妹と歩いてたんですが、
あんまり会話はなかったです。私たちの家は学区の外れのほうにあって、
子どもの足だと20分少しくらいかかりました。

妹が先を歩いてて、私が後をついていく形でしたが、ふっと妹が
立ち止まって横手のほうを指差し、「あ、お姉ちゃん、明かりがついてる」
と言いました。住宅街なんですが、そこだけ少し木があって、
奥に小さな神社があったんです。毎日その前を通ってましたが、
お参りしたことはなかったです。見ると、たしかに参道の向こうで、
ロウソクのような明かりがたくさん揺らめいてました。
「ね、お姉ちゃん、何かお祭りかもしれないから、見に行こうよ」
妹がそう言い、「道草になるよ」私はそう答えたんですが、
もう妹は走り出して鳥居をくぐっちゃったんです。私もついていきましたけど、
内心では面白そうだと思ってたんです。でも、短い参道の先にある社殿は、
固く扉がしまっていて、私たちの他に参拝する人もいませんでした。

「あれ、おかしいなあ。ロウソクがたくさんあるように見えたけど」
でも、何もないので、ガランガラン鈴だけ鳴らしてから道に戻ろうとしたら、
ふっと、おみくじやお守りを売る建物の陰から、白い着物を着た女の人が
出てきたんです。その人は私たちに、「今、これ落としましたよ」と言って、
指先につまんだものを見せたんです。家の鍵だと思いました。
勾玉のキーホルダーがついてましたから。「あ、スミマセン、ありがとう
 ございます」そう言って私が受け取り、お礼を言うと、
その人はにっこり笑ってまた建物の後ろに回っていったんですが・・・
「あんた、落としたんでしょ」と妹には言ったものの、
さっきはたしかにチャックのついた中に入れてたし・・・
それと、私が手にした鍵の勾玉の色がなんとなく違って見えたんです。

紫色というのは同じなんですが、微妙に色合いが赤いというか。
でも、そのときは気のせいだと思いました。通学路に出て神社のほうを見ても、
もうロウソクのような光はありませんでした。それと、妹が変なことを
言ったんです。「お姉ちゃん、今の女の人、お母さんにすごく似てる
 と思わなかった?」って。「え?」でも、私には似てたとは思えませんでした。
色が白くて目が細い、あんまり特徴のない顔。それに齢もお母さんより
若いように感じたんです。だから「似てなかったよ」って、一言答えただけでした。
それから10分ほどで家について、私が持ってたさっきの鍵で
玄関を開けました。はい、ふつうにすんなり開きました。
だからやっぱり家の鍵なんです。それで・・・ここからちょっと
信じられないような話になっていくんです。私が先に入って、

後ろで妹がドアを閉めるガチャンという音がしました。
まず自分たちの部屋に行ってランドセルを置き、着替えるんですが、
妹がついてこなかったんです。そのときはトイレに行ったくらいに思って
たんですけど。それから、家の鍵を持って1階の居間に行きました。
なくさないようテレビ台に置いておこうと思ったんです。やっぱり、
妹の姿はありませんでした。それで、そのとき家の中が何か変なことに
気がついたんです。その・・・うまく表現できないんですが、
家の中って、木とか壁材とかいろんなものでできてますよね。
それが全部同じように思えたんです。意味がわかりますでしょうか。
すごく精巧につくってあるんだけど、もとがダンボールとかで
それに色を塗ったような感じというか。

さわってみてもどこも同じザラッとした感じで、テレビのリモコンもそれは
同じでした。スイッチを押してもテレビはつきません。
「なんか変だ」そういう考えが頭の中に広がって、妹の名前を呼びましたが
返事はなし。玄関に走ってドアを開けようとしましたが、開かなかったんです。
どこの玄関もそうだと思いますが、中からは鍵を差し込まなくても
開きますよね。それが、釘づけされたみたいになって動かない。
それから、だんだん怖ろしいことがわかってきて・・・
裏口の戸も窓も、どれも開かなかったんです。鍵は動くんですが、
窓自体はびくともしません。それと、ベランダのガラスサッシの外は
せまい庭になってるんですが、外の景色が動かないんです。
これも、意味わかりますでしょうか。庭の草花なんかは風で動いたりしますよね。

それがずっといつまでも止まってるし、塀の外にも何も動くものはない。
「ぜったい変」とにかく妹を探そうと、名前を呼びながら家中走り回ったんです。
そしたら2階に上がったとき、「お姉ちゃん・・・」とかすかな声が聞こえ、
部屋に行ってみると、さっきは何もなかったのに、ベッドの前に妹が倒れてました。
ですがそれ、妹であって妹じゃなかったんです。すごくよくできてるんですが、
妹そっくりの人形。家の中の他のものと同じように、
もとはダンボールかなんかの。妹はもう一度「お姉ちゃん」と言うと、
そのまま動かなくなったんです。もう気が狂いそうな感じでした。
半泣きになりながらまた1階に降り、居間にある花瓶を持ちました。
それでベランダのガラスを割ろうと思ったんですが、いつもはすごく重いのに、
子どもの私が簡単に持ち上げられるほど軽くなっていました。

ベランダのサッシにぶつけても、ポコンという音がしてはね返ってくるだけ。
私は怖くて怖くて、居間の真ん中で泣き出してしまったんです。
どのくらいの時間泣いていたでしょうか。ピンポンという玄関のチャイムの
音が聞こえました。泣きながら這うようにして行ってみると、お母さんが
立っていました。お母さんは少し怒ったような顔で、「〇〇から聞いたけど、
 あんた鍵を持ったまま一人で走って帰っちゃって、玄関を閉めちゃった
 そうじゃない。それで〇〇が家に入れなくて、学校に戻って私のとこに
 来たのよ。だから学級懇談を中断して戻ってきたの」
ああ、本物のお母さんなんだと思いました。でも、ずっと泣いていて心底
疲れ切ってたので、今まで置きたことを説明する気力がありませんでした。
お母さんの後ろから、顔にニヤニヤ笑いを浮かべながら妹が出てきました。

こんな話なんです。わけがわからないと思いますので整理すると、
神社で鍵を女の人に拾ってもらったとこまでは確かなようで、
そこから私が一人で走って家に帰り、妹を閉め出した・・・お母さんは妹と
いっしょに戻ってきて、持ってたスペアの鍵で家の玄関を開けた。
そういうことになっちゃったんです。家の中のものはすべて元に戻ってて、
私が持ってきた鍵はテレビ台の上にあり、色も前と同じでした。
あと、私たちの部屋で見た妹の体は消えてしまってたんです。
その日の夜です。私と妹は2段ベッドで寝てるんですが、電気を消したとき、
妹が、「私、さっきここで死んだような気がするなあ」
そうポツリと言って、クスクス笑い出しました。このときから私は妹のことが
怖くなって、それは私が中学生になって部屋が別になるまで続いたんです。





いろいろな怪談

2019.06.23 (Sun)
sdddd (2)

今回はこういうお題でいきます。カテゴリは怪談論です。
最近、読む怪談よりも語る怪談が盛り上がっている感じがします。
怪談師と呼ばれる人が登場して、あちこちでいろいろなイベントが
開かれていますね。自分も何度か行ったことがあります。

昔は、怪談を専門に語る人ってそう多くはなかったんですね。
「牡丹燈籠」などの古典落語をのぞけば、稲川淳二さんとか
桜金造さんとか、芸人、タレントを兼業している方がほとんど
でしたが、最近の怪談師は、本業はあっても、それとは関係のない
形で怪談を語るという人も増えてきました。

「OKOWA」というイベントをご存知でしょうか。「ジャンル不問で
世界一怖い話をするのは誰かを決める対戦形式の大会」とされ、
昨年から始まって、ニコニコ生放送で公式生中継されています。
当ブログの読者の方なら、ご覧になっているかもしれませんね。



これなどは、対戦ルールとして創作か実話かは問いませんし、
ジャンル不問ということで、詩の朗読があったりもしました。
自分は、じつに面白い試みだと思って見ています。
怪談を評価するにあたって、「怖さ」を基準にするのは王道です。

よく、「怖さにはツボがあって反応のしかたが一人一人違う」
などとも言われ、それは一面では正しいのですが、それでも、
聞いた多くの人が「怖い」と思うような怪談はあります。
もちろん、そういうのを作るのはたいへんです。

さて、当ブログの怪談の場合は、あまり、読者層を想定して
書くということはしていません。いただいたコメントを見るかぎりでは、
主婦層や学生の方が多いようですが、そういう人たちに好まれるような
怪談といっても難しいんですよね。ということで、できるだけ
いろんなタイプの怪談を書いていこうと思ってるわけです。

で、書くにあたってまず考えるのは「実話度」ということです。
これは自分が勝手に作った言葉ですので、検索しても出てきません。
自分の書く話のほとんどは創作なんですが、とは言っても、
いかにも実際にありそうな感じに書くことはできます。
そういうのは実話度が高い怪談ということです。

つげ義春 『ゲンセンカン主人』


実話度が高い怪談を書くのは、そう難しいことではありません。
例えば、妻子ある男性と不倫している女性のもとに、
男性の奥さんの生霊が出たとか、スピリチュアル系の怪談マンガには
よく出てきます。まあ、実話度は高いですよね。

週刊誌の事件記事なんかを利用して書くことが多いですね。
実際に起きた事件の内容をもとにして、どっかに心霊的な要素を入れる。
それもごくさりげなくです。そうすると、もともとが実話なので、
「ああ、こういうことはあるかもしれない」という怪談ができるんですが、
自分的には、それだけだとあんまり面白くないんです。

オカルト的な要素の強い怪談も書いていきたい。妖怪が出てきたり、
古い農村の因習が恐怖の源になっていたり、悪の組織が何か
心霊的な悪巧みをしかけたり・・・ただ、そういった内容は、読む人に
「こんなことがこの世にあるわけはない」とも思われやすいんです。
その手のものを、自分は「フィクション度が高い」と位置づけています。

キャプチャ
の段階があって、今回はどのあたりの線でいこうかというのは、
書く前にいつも考えます。もう一つ、上記のことと深い関係に
あるんですが、「謎度」ということも考えています。 



これは、その話の中に謎があるとして、それが最後までにどれくらい
解決されるのか、ということです。自分の書く話は、すべて一人称の
語りなので、その語り手にわかっていることが話のすべてです。
ですから、謎度を調節するのもそんなに難しくはありません。

例えば、あることが原因で霊障が起き、語り手が悩まされるが、
語り手はその原因を調査して理由がわかり、霊能者などに依頼して
霊障を収める・・・こういう形だと、オカルト的には謎は少ないですよね。
ですが、それだけだとやっぱり書いててツマラナイんですね。
謎度の高い不条理系の話も魅力があります。

なぜその怪異が起きるのか、原因がわからないままに語り手が
事件に巻き込まれ、最後まで解決しないまま、現実がぐにゃんと
ゆがむように終わる謎度の高い怪談。そういうのがお好きな方も
おられると思います。「理由、原因がわからない」ということは、
それだけでも恐怖の対象になりますからね。



みなさんが社会生活をしていて、理由がわからない出来事というのは
そんなにないはですよね。原因があって結果があり、原因というのは
自分の行動の場合が多いので、他人に嫌なことをされたとしても、
その理由はだいたい思いあたると思います。

それが不条理系の話の場合、例えば、あなたが会社に行くと、
前日まで仲の良かった同僚や関係のうまくいってる上司が、あなたを
避けるような態度をとります。でも、あなたには心あたりがまったくない。
こういう形で始まることが多いんです。

さてさて、上の話の続きですが、会社のメンバー全員に嫌がれたまま
1日が終わったあなたは、思い切って上司に理由を聞いてみます。
すると上司は、あなたの顔を見ないようにしながら「だって君、
蛇になりかかってるじゃないか」こう答えて話が終わる・・・その後に、
トイレに行って鏡を見るシーンをつけ加えてもいいかもしれません。
鏡に映っているのはいつもと変わりない自分。では、今回はこのへんで。

sdddd (1)



宇宙人を探せ3

2019.06.22 (Sat)
ロシア生まれの資産家ユーリ・ミルナー氏の出資によってスタートした
「ブレイクスルー・イニシアチブ」プロジェクトは6月18日、
同プロジェクトの一部である「ブレイクスルー・リッスン」のもと、
地球外の知的生命体による活動の痕跡がないかを
観測した結果を発表しました。

観測結果は研究チームを率いたカリフォルニア大学バークレー校の
Danny Price氏らによって論文にまとめられました。観測の対象と
なったのは、地球から160光年以内にある1327個の恒星です。
研究チームはアメリカのウェストバージニア州にある

「グリーンバンク天文台」の直径100mの電波望遠鏡と、
オーストラリアのニューサウスウェールズ州にある「パークス天文台」
の直径64mの電波望遠鏡を使い、文明活動によって生じた痕跡
(通信による電波など)を2015年から探し続けています。
(sorae)

xsderttyyu (2)

今回はこういうお題でいきます。これはロシアの大金持ちが行った
個人によるSETI(Search for extraterrestrial intelligence
地球外知的生命体探査)みたいですね。いや、世の中にはたいへんな
資産家がいるもんです。施設使用料や人件費など、
これにかかったお金は莫大なものでしょう。

で、結果から言うと、3年以上の時間をかけて1327個もの
恒星を調べたにもかかわらず、知的生命体が発したと思われる
電波は見つからなかったんです。これは残念ですねえ。
ほんの少しでも怪しいものが見つかったら夢が広がるのに、それもなし。

この研究について少し注釈を入れると、160光年のかなたから届く
電波は160年前のものです。それと「1327個の恒星」という
部分に注目してください。ご存知のように、われわれの住む太陽系は、
水・金・地・火・木・・・と8個の惑星で構成されています。
ですから、実際に調べた星の数はもっと多いことになります。

xsderttyyu (4)
アメリカ、SETI研究所のアレン・テレスコープ・アレイ

この研究自体は電波を解析するだけなので、高度な内容を含んでいる
というわけではありませんが、ひじょうに面倒なものであることは
間違いありません。一つ一つの電波を慎重に調べて、観測所の近くで
生じた地球上のものなどを排除しなくてはならないからです。

これは笑い話ですが、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)の
電波望遠鏡が、なんと17年間も宇宙の一定方向からくる謎の電波に
悩まされており、知的生命体からの通信という説も当然出たんですが、
よくよく分析してみると、天文台のスタッフが昼食を温めるのに
使用していた電子レンジからのものだったことが判明したんです。

SETIの活動は、1960年のアメリカ、オズマ計画から始まり、
現在まで60年の歴史があります。アメリカ、ロシア(旧ソ連)を
中心に100以上のプロジェクトが実施されましたが、
はかばかしい成果は得られていないんですね。

オズマ計画で使用された電波望遠鏡
xsderttyyu (1)

では、どうして、宇宙からの(知的生命体による)電波は地球に届かない
んでしょう。いくつかの理由が考えられます。まず、宇宙には気の遠くなる
ような数の星々があり、その中に知的生命体がいたとしても、
たまたまその電波は地球に届いてきていないというもの。
まあ、これは十分ありえる話です。

2つ目は、宇宙の知的生命体の中には通信手段として電波を利用しない
ものがいるかもしれない・・・SFだと、精神力が発達し、テレパシーによる
通信を行っている宇宙人がよく出てきますが、でもどうでしょうかねえ。
すべての原子は、原子核のまわりを電子が回っている構造です。少しでも
動くものがあれば静電気が発生しますし、宇宙では電気はありふれたもので、

それをあえて利用しないというのは考えにくいですよね。
3つ目は、じつは生命の誕生はひじょうに稀有な現象であり、
もしかしたら全宇宙で地球だけしかないのかもしれない・・・
うーん、その可能性はあります。幾重にもわたる偶然が積み重なって
生命が登場した地球は、もしかしたら特別な星なのかもしれません。

xsderttyyu (6)

「ハビタブルゾーン habitable zone」という言葉をご存知でしょうか。
宇宙の中で生命が誕生するのに適した環境を持てる天文学上の
領域のことで、「生命居住可能領域」と訳されます。これをわれわれの
太陽系で見ると、生命に必要と考えられる液体の水を維持できる範囲は、
それほど広いわけではないんですね。

ですから、生命の発生できる星は、宇宙の中で思いのほか少ないのかも
しれません。ただ、この議論は「地球は神が創造した特別な星である」
みたいな宗教的な主張を勢いづかせるという側面も持っているんです。
自分は、宇宙全体の天体の数を考えれば、地球のような星は
まだまだあるんじゃないかと思うんですがねえ。

4つ目はちょっと怖い話になります。これはたしか有名な科学者が
述べたものだったと思いますが、誰だったか忘れてしまいました。
「電気を利用できるようになった文明の、その後の寿命は短い」
という内容で、この意味がおわかりになりますでしょうか。

太陽系のハビタブルゾーン


電気が使えるほどの文明は、当然 核爆弾やその他の大量破壊兵器を
生産できるだけの科学力を持っているはずだ。そうした星は、
電気を使えるようになってから数百年程度で、核戦争などで滅んでしまう
のではないか、といった話なんですね。ですから、宇宙に電波を
出している期間が、宇宙全体の歴史と比較すればごく短い。

さて、話をSFのほうにふって、前も少し書いたんですが、
奇才と呼ばれるSF短編小説の名手、フレドリック・ブラウンの作品に
『電獣ヴァヴェリ』があります。古典的名作と言われてますので、
お読みになった方も多いでしょう。地球の大気圏上に、
ヴァヴェリと名づけられた異星生物が住みつき、地球の電気をすべて

食べてしまった。地球人は大混乱におちいるが、やがて電気のない生活に
慣れ、かえって以前より心の平穏を感じるようになる。
人々はテレビから離れてアコースティック音楽や舞台劇を楽しむなど、
人間的な暮らしに戻っていく。ただヴァヴェリのために
雷光を見られなくなったのが残念・・・といったストーリーでした。

アルファ・ケンタウリをめざすライトセル
xsderttyyu (5)

さてさて、最初に書いたように、これを個人でやるというのは
スゴイことです。よほど宇宙人に対して情熱を持ってるんでしょうね。
このチームでは、他にも超小型・超軽量の探査機に薄い膜で
できた帆を取りつけ、レーザー光によって光速の20パーセントまで

加速したものを「アルファ・ケンタウリ」星系に送り込む計画を立てています。
アルファ・ケンタウリは太陽系から最も近く、距離は4.3光年ほどしか
ありません。ですから、その速度なら20年ほどで着くはずです。
では、今回はこのへんで。

関連記事 『宇宙人を探せ1』 『宇宙人を探せ2』

xsderttyyu (3)




塀の落書きの話

2019.06.21 (Fri)
あ、どうも今晩は。スーパーのパートをやっている山脇と言います。
何から話したらいいのかなあ。うちは郊外の住宅街にあるんですけど、
その3軒隣の山田さんの家のことなんですよ。
地方都市ですから、どこの家も敷地が広くて高い塀をめぐらしてます。
山田さんのご主人は40代後半くらいでしょうね。
県の外郭団体の役員をされてるってことだったんですけど、
5ヶ月前くらいに出勤されなくなったんです。いえ、辞めたのかどうかは
わからないです。そういうとこって公務員みたいなものだから、
滅多なことではクビになったりはしないですよね。
どういう事情なのかはいまだにわからないんですが、とにかく山田さんは
ずっと家に引きこもってて、それから1ヶ月くらいして、

奥さんが、中学生と小学生の子ども2人を連れて出ていっちゃったんです。
山田さんはすぐ近くにあるコンビニからタバコや食料などを買ってたので、
たまに会うこともあったんですが、不機嫌で、こちらがあいさつしても
返事も返ってこなかったんです。それと、恰幅がいい人だったのが、
ずいぶん痩せてました。それで2ヶ月くらい前、朝に私が
パートに出ようとしたら、自宅の塀の前に山田さんがいて腕を組んで
たんです。それで、塀にはかなり大きな落書きがあったんです。
チョークみたいなもので描かれてて薄かったんですが、
私には、1mくらいのピンク色のひし形が一つと、その両脇に
半分くらいの大きさの、黄色の丸と水色の四角があるように見えました。
私が立ち止まると、それに気がついた山田さんがふり向いて、

「何だこの嫌がらせは、出ていった女房たちの絵なんか描きやがって。
 誰のしわざだ? ふん、すぐ消してやる」そう言って、家に入ってったんです。
いえ、人の姿にはまったく見えなかったんですが、あの、抽象画って
言うんでしょうか。ひし形が奥さんで、他の2つが子どもたちということなのかな
とも思いました。私はパートに行ったので、その後どうなったのか
わかりませんけど、夕方に帰ってきたときには塀の絵はなくなってました。
山田さんが消したんだろう、くらいに思いました。ですが、
翌朝、また塀に絵が出てたんですよ。前とほとんど同じに思えましたが、
少し色が濃くなってる気がしました。やはり立ち止まって見てると、
家の中から山田さんが血相を変えて金属バットを持って出てきて、
「また描きやがった、クソが、こうしてやる」叫ぶように言って、

ピンクのひし形の上の部分を叩き始めたんです。私は怖くなって、
道路の反対側に下がりました。塀は一般的なコンクリで、
全力で叩いていたのでだんだんに欠け落ちはじめ、その部分が
白くなりました。山田さんは息を切らしながら、「どうだ、
 顔をつぶしてやったぞ」そう言ってひっこんでいったんです。
夕方もそのままでした。それでまた次の朝です。塀に例の絵があったんです。
はい、場所も前と同じところで、塀の表面がはがれた上に、
ひし形の先端がきてました。色はさらに濃くなってる気がしました。
夜に誰かが来て描いてるんだろうか、そう考えて見ていると、
「あの」と後ろから声をかけられました。学生風の若い人でした。
「はい?」と返事をすると、その人はさも感心したように、

「落書きなんでしょうか、でも怖い絵ですね。すごい迫力があります。
 あ、ぼく美術学校に通ってるんですが、こんなの見たことないです。
 特にこの血を流してる女の人」って、ひし形の上の部分を指さしました。
「女の人ですか?」 「ええ、何で描いてるんだろ、チョークにしては
 はっきりしてるなあ」こんな感じで会話が噛み合わなかったんです。
その朝は山田さんは出てきませんでした。それにしても不思議な話でしょう。
もしかして私だけひし形とか図形に見えるんだろうか、
そう思ったので、夕食のときに高校生の息子に話したんです。
「ほら、山田さんの家の塀に落書きがあるでしょ。あんた見た?」
「ああ、そういえば何か描いてた気がする」 「あれ何に見えた?」
「え・・・いや、ちゃんとは見てないけど」

こんな反応だったので、この2日間のことをかいつまんで話しました。
そしたら息子は面白そうな顔をして、「じゃあ今見てくるよ」って、
箸をおいて外に出てったんです。すぐ隣なので数分で戻ってきて、
「あ、母さんの言ってたとおりひし形と丸と四角で、暗かったんで色は
 はっきりしなかった。あんな単純な形なのになんか気味悪かったな」
こう言いました。それ聞いて私は、ああ、自分の目が変なんじゃ
なかったんだ、と少し安心はしたんです。それから3日くらい、
落書きはそのままだったんですが、その次の朝に見たとき、
塀は真っ黒に塗られてたんです。はい、山田さんが塗ったんです。
後で近所の主婦の友だちに聞いたら、山田さんが一人で、
午後いっぱいかかってペンキ塗りをしていたそうで、

素人仕事らしく、あちこちムラがあって表面がでこぼこしてました。
けど、それもまったく無駄だったみたいで、翌日の朝には
またあの落書きがあったんです。その日私はパート休みなので
台所で朝食をつくってたんですが、外で大きな声で叫ぶような音が聞こえ、
出てみると、山田さんが寝巻き姿で塀を蹴りつけながら、
「クソっ! クソクソクソ、絶対離婚とかしてやらんからな」
って怒鳴ってたんです。あと、「こんな塀、なくしてやる」とかも。
それで、2日後から工事の人たちがきて、山田さん宅の塀を壊し始めました。
ただ撤去するだけで新しい塀はつくらないので、それは1、2日で終わって、
山田さんの家の庭が道路から見えるようになったんですが、
芝生の上に、クローゼットとかいろんなものが積み上げられてました。

たぶん、出ていった奥さんたちのものなんだと思います。
それから1週間ほど何ごともなかったんですが、焼肉屋で、
息子が入ってるサッカー部の大会後の打ち上げがあったんです。
私と息子が参加して、終わったのは9時を過ぎてたと思います。
私はビールをいただいたので、タクシーで帰りましたが、
家の前で降りたとき、息子が目を細めるようにして山田さん宅のほうを見て、
「母さんあれ」って屋根の高さあたりを指さしたんです。
そしたら、最初わからなかったんですが、何かが空に浮いてました。
そうですね、薄い布と言えばいいか、畳一枚くらいのひし形に見えるものが、
山田さん宅の2階の屋根付近をひらひら飛び回っているように・・・
でも、それはすぐ家の裏に回っていって出てこなかったんです。

嫌な気持ちになって自分の家に入りました。その翌朝です。
食事のしたくがあるので6時ころには起きますが、目覚めるとカーカーと
カラスの鳴く声が聞こえました。それから起き出して10分ほどすると、
救急車のサイレンがして、すぐ近くに停まったんです。
出てみると、もう何人か近所の人がいて、山田さんの家から人が担架で
運び出されるところでした。はっきりわからなかったんですが、
近所の人の話では、山田さんが庭に倒れていたのを通行人が見つけて
通報したってことだったんです。見た人の話では、
山田さんは仰向けに倒れて白目を剥いていて、生きてるようではなかった
ということでした。私がパートから帰ってくると、
山田さんが亡くなったという噂が広まっていました。

病院で医師がみたときのはすでに死亡していたみたいです。
それから、山田さんの家でごく簡単なお葬式を出しました。
喪主になってたのは、高齢の山田さんの父親でした。
お葬式はほんとうに形だけのものでしたが、いちおうご近所なので
わが家から私が出たんです。ほとんど親族だけで仕事関係の人の
姿は見ませんでした。それと、子ども2人がいました。山田さんのお子さんだと
思いましたが、奥さんの姿はなし。それで、あんあまりいいことではないと
思ったんですけど、機会をみて下の女の子に「お母さんは?」って聞いて
みたんです。そしたら、「今、顔にケガしてるの」って答えが返ってきました。
奥さんの側では相続放棄をしたみたいで、山田さんの家は実家から売りに
出されて、まだ買い手はついていません。






チョコレートのオカルト

2019.06.20 (Thu)
144人の肥満の男女を対象に、1日あたり男性1600キロカロリー、
女性1400キロカロリー摂取制限ダイエットを2種類の方法に分けて
研究が実施されました。一方は低糖質で低カロリーの朝食を、
一方は高タンパク質かつ高炭水化物で必ずチョコレートやケーキ、
クッキーやケーキ等ののデザートを含む朝食を食べました。

最初の16週間の研究の結果は、どちらのダイエットグループも大差なく
平均で14キロ減量しました。しかしさらに16週間後、
朝食にデザートを食べているグループはさらに5.9キロ減量したのに対し、
低カロリーの朝食グループはなんと1.6キロもリバウンドしてしまいました。

(GIZMODO)

xxxcdrtgt (1)

今回はこういうお題でいきます。最近「〇〇のオカルト」という記事を
よく書いていますが、適当に題材を選んで無理なんじゃないかと
思いながら書き始めても、けっこう書けるもんなんですよね。
それだけオカルトが、生活の隅々にまで入り込んでいるということでしょうが、
たださすがに、「らっきょうのオカルト」とかはダメでしょうね。

で、上記引用の記事ですが、これで終わりなんですよね。
肝心の、なんでチョコレート等のスイーツを食べたグループがダイエットに
成功したかの理由が書いてないんです(!?)。
研究グループもわからないということなんでしょうか。

少し考えてみましょう。朝食を、いわゆる粗食にしたグループも、
チョコレートを含むスイーツにしたグループも摂取するカロリーは同じです。
成人男性の場合、1日の必要カロリーは2000kcalほどですから、
1600kcalだと、どちらのグループも少しずつ
体重が減少していくのは間違いありません。

それが、どうしてチョレートグループだけ、実験終了後もリバウンドせず、
さらに体重を減らすことができたのか? うーん、2つのことが
考えられるでしょう。一つは、チョコレート等に含まれる成分のため。
もう一つは心理的な効果ですね。もちろんこの2つが相乗作用を
発揮したとも考えられますが。

カカオ飲料をつくるアメリカ先住民
xxxcdrtgt (4)

まず、チョコレートなどのカカオ食品はGI値が低いと言われますね。
GI値とはグリセミック指数のことで、食品ごとの血糖値の上昇度合いを
間接的に表現する数値です。これが低いと血糖値が上がりにくく、
インシュリンの分泌が少ない。インシュリンの分泌が多いと
脂肪が蓄積されやすくなります。このことが関係しているのか。

また、カカオに含まれるたんぱく質の一種、カカオプロテインは
消化されにくく、食物繊維のように便通をよくします。
それからカカオポリフェノールは循環機能を改善すると言われているので、
その方面の影響でしょうか。ちょっと素人の自分にはわからないです。
ただ、実験をやめてもダイエット効果が続いてるのは、

心理的な影響が大きいのはたしかじゃないかと思います。
粗食、つまり鳥の餌のようなものをボソボソ食べていると、
食事の喜びがないですよね。それに対し、スイーツは少量でも満足感が
あるんじゃないでしょうか。そのことが、ダイエット期間が終わっても
リバウンドを抑えたというのが、一番ありえる答えのような気がします。

自分の写真をもとに3Dプリンターでつくる「私を食べて」チョコ
xxxcdrtgt (6)

あとまあ、こういう研究は、裏でスイーツ関連企業が資金を提供していたりする
場合もあるので、眉唾程度に聞いておいたほうがいいかもしれません。
さて、ここからはチョコレートそのものの話をしていきますが、
その原料であるカカオは中央アメリカが原産地です。

アメリカ先住民は、カカオの粉末をすり潰したのを入れた液体に
バニラや唐辛子を混ぜて飲んでいました。薬用で、一種の強精剤のような
ものだったんです。それをコロンブスらコンキスタドールが
ヨーロッパに持ち込んだわけですが、コロンブス自身は飲めば気分が
悪くなると言って、その価値を認めていなかったようです。

その後ヨーロッパでは、唐辛子のかわりにシナモンや胡椒を入れるようになり、
やがて17世紀後半には、砂糖やミルクを入れる甘い飲み物に変化し、
王侯貴族の間でもてはやされるようになったんですが、
この頃はまだチョコレートはぜいたく品で、庶民の口には入りませんでした。

さて、チョコレートのオカルトというと、日本ではバレンタイン・デーに
関連したものが多いですね。好きな男の子を自分にふり向かせるための
自作チョコレートのレシピがあれこれ紹介されていて、
ちょっとした黒魔術のような状況になっています。中には自分の血などを
混ぜる場合もあるようで、なかなか怖い部分もあります。

「蛙チョコレート」
xxxcdrtgt (5)

あとはそうですね、『ハリー・ポッター』シリーズにはチヨコレートが
よく登場していました。「蛙チョコレート」にはおまけとして
「有名魔女・魔法使いカード」がついていて、古今東西の有名な魔法使いの
写真またはイラストと、その簡単な経歴が記されていました。
たしかダンブルドアのもあったんじゃないかな。

映画の『アズカバンの囚人』では、ディメンター(吸魂鬼)に襲われた
ハリーに、ルービン先生が「Chocolate. Eat. It'll help.」と言って、
チョコレートをあげていました。気つけ薬みたいな使われ方ですが、
上記したように、もともとヨーロッパには薬用として入ってきたものなので、
現在でもそういう食べられ方をしているのかもしれません。

チョコレートそのものが主題になった映画では、『チャーリーとチョコレート工場』
があります。ロアルド・ダールの児童小説『チョコレート工場の秘密』が原作
なんですが、ご承知のように、ロアルド・ダールは短編恐怖小説の傑作
『南から来た男』を書いた人ですので、子ども向けとは言っても、
作中にはいろいろ皮肉な仕掛けがほどこされています。

『チャーリーとチョコレート工場』
xxxcdrtgt (3)

まず、チョコレートをつくっている小人のウンパルンパです。彼らは
カカオ豆の報酬と引きかえに工場に雇われていて、
このあたりは、南米のプランテーションで、奴隷がカカオ豆を通貨にして
取引されていたことを下敷きにしているんでしょう。

また、ゴールデンチケットがあたって工場に招待された子どもたちは、
主人公のチャーリーをのぞいてみな問題児で、トラブルを引き起こして
自業自得の罰を受けるんですが、体が紫色になったり、ペラペラで
電信柱のような長身になったり、一生残る?だろう障害を受けて
しまうんですね。やはり普通の児童小説とはちょっと違います。

さてさて、ということで、けっこう書くことがありました。
みなさんチョコレートはお好きでしょうか。引用ニュースのチョコレート
ダイエットですが、試してみて体に悪いということはないと思われますが、
食べすぎて鼻血を出さないようにしてください。では、今回はこのへんで。

xxxcdrtgt (2)




真言立川流と後醍醐天皇

2019.06.20 (Thu)
アーカイブ147

今回は怖い日本史のカテゴリに入る内容です。
立川流(たちかわりゅう)は、オカルトフアンならご存知だと思いますが、
真言系密教の一流派で、淫祠邪教の代名詞のようにあつかわれています。
ちなみに、字は同じですが立川流(たてかわりゅう)と読むと、
故 立川談志師匠が創設した落語団体のことになります。

どっから話していきましょうか。まず、立川流の教義および儀式ですが、
これははっきりわかってはいません。というのは、立川流は徹底的に弾圧され、
独自の経典などは焚書ですべて失われているからです。
現在 残っているのは、みな弾圧した側から見た後代の文書です。

立川流 曼荼羅
gsgsgsgsk (1)

ということで、ここから書く内容は、きわめて不確かで、
後世の脚色が入ったものとしてお考えください。まず、立川流では、
男女の交合を、悟りを得るための最大の儀式としていたとされます。
これは、一般的な仏教で言われる女犯戒(にょぼんかい)にいきなり反してますね。

なぜ、立川流がこのような教義を押し立てるようになったか。
ルーツは2つあると考えられます。まず一つめは、古代インド哲学にある性愛術、
『カーマスートラ』などからの影響。もう一つは、
東洋に古くから伝わる陰陽思想でしょう。
どちらも、根源的な仏教とはあまり関係のないものです。

インド カジュラーホの性愛寺院
gsgsgsgsk (4)

女が陰、男が陽、この2つが揃ってこそ物事は完全なものになる。
だから女犯戒は間違っているというわけです。
これは立川流独自の『理趣経』の解釈とされています。また、立川流では、
邪神とされるダキニ天を拝し、「髑髏本尊」を祀ったという話も知られています。

まず、選りすぐった髑髏を探し出してきて加工する。これを祭壇に据えて、
夜ごとに香を焚き、真言を千回唱える。さらに、毎日山海の珍味を備えて、
その前で僧侶とパートナーの女が昼夜生活をともにし、交合の際の愛液をぬる。
そうして、8年の歳月を経て髑髏本尊が完成する。

こうしてできた髑髏は、人の望みをかなえたり、将来を予言したりするとされます。
また、8年間をともに暮らした男女は、その修業の過程で、
2人とも解脱して悟りをえることができる。つまり、髑髏本尊を作ることは、
目的でもあり、また手段でもあるということなんですね。

ただし、上に書いたように、これらのことが本当に立川流で行われていたかは
わかりません。そうではないだろう、という意見の研究者も多いんです。
立川流は後代、創作物などで興味本位にあつかわれることが多く、
そこでたくさんの不確かな逸話がつけ加わってしまいました。

さて、立川流を大成したのが、14世紀、南北朝時代の僧、
文観(もんかん)です。この名前は、文殊菩薩と観音菩薩の両者から
一字をとってつけたという大仰なものです。
もとは一介の修行僧で、大和や播磨の国で真言律を学んでいました。

その後、文観は師の紹介で後醍醐天皇に取り入り、護持僧として重用されます。
後醍醐天皇は、鎌倉時代後期から南北朝時代初期にかけての
第96代天皇にして、南朝の初代天皇。下に肖像画を掲げましたが、
両手に法具を持った密教者としての姿に描かれていますね。

密教法具を持つ後醍醐天皇
gsgsgsgsk (5)

また、後醍醐天皇に、地方の悪党であった楠木正成を紹介したのも文観
とされますが、これはどうやら間違いのないところのようです。
楠木正成は後醍醐天皇を助けて大活躍し、新田義貞などと並んで、
『太平記』中の一大ヒーローとなります。

楠木正成
gsgsgsgsk (3)

さて、鎌倉幕府に不満を抱いていた後醍醐天皇は、
中宮安産を祈願する祈祷をすると見せかけ、
じつは鎌倉幕府を調伏するための儀式を行いました。この中心となったのが
文観ですが、ことは幕府に露見し、文観は硫黄島に流されてしまいます。
しかし、元弘の変で鎌倉幕府が滅亡すると、京都に戻り、
密教の中心であった東寺の長者、大僧正になります。

これは異例の出世であり、当時の仏教界では反発が強かったんですね。
1335年、突如、高野山の真言僧たちが山を下り、
立川流の僧の多くを殺害、経典をすべて焼き捨てるなどの大弾圧を加えました。
このとき、文観も東寺長者の地位を追われ、甲斐の国へ流されてしまいます。

加持祈祷をする文観
gsgsgsgsk (6)

この弾圧は、建武の新政中に起きたことで、
権力を掌握していたはずの後醍醐天皇にも、立川流が弾圧されて消滅するのを
止めることができなかったんです。このあたり、複雑な事情があるんだろうと
想像できますが、明らかになってはいません。

さて、この後の文観は、足利尊氏に追われて吉野へ逃れた後醍醐天皇に
つき従い、南北朝時代を生きて80歳で没することになります。
また、後醍醐天皇は1339年、満50歳で吉野で亡くなりますが、
『太平記』によれば、このとき、左手に経典、右手に剣を持ち、
自らの身体を使って北朝を呪いながら死んだとされています。

さてさて、立川流の実体はどのようなものだったのか?
なぜ弾圧されて滅んだのか? これらのことは歴史上の謎で、
自分もこつこつ調べてはいるんですが、やはり資料不足でよくわからない
んですね。ということで、今回はこのへんで。

gsgsgsgsk (2)





アーカイブ 小野妹子の冒険

2019.06.19 (Wed)
今回はこういうお題でいきます。けっこう日本史の専門的な内容なので、
なるべくわかりやすく書いていくつもりですが、
あまり興味のない方はスルー推奨かもしれません。
表題の小野妹子は、第2回の遣隋使として中国に赴いた人物ですが、
生没年もよくわからない謎の人なんですね。もちろん男性です。

さて、西暦600年(推古8年)、『隋書』倭国伝に、隋の初代皇帝、
高祖文帝のもとに、倭国からの使者が訪れたとあります。この使者が
妹子かどうかははっきりしていません。このとき、倭国はまだ
国際外交にうとかったようで、使者は国書を持参していませんでした。
そのせいか、『日本書紀』にはこのことは出てきません。

小野妹子
dser (1)

そこで文帝は、使者にいろいろ質問し、倭王の姓が「阿毎 あま」
名が「多利思北(比)孤 たらしひこ」、号が「阿輩雞彌 おほきみ=大王」
であることを聞き取りました。また、使者は倭国の政治について、
「倭王は天を兄とし、太陽を弟としている。だから、まだ天が明けないうちに
政務につき、弟である太陽が昇ったら、弟にまかせて政務をやめる」と答えます。

「あまのたらしひこ」は、「天垂彦 天から降臨した男性」という意味と考えられます。
また、政治形態については、内容が本当なら夜明けの時間しか仕事をしないことに
なるので、文帝は、「此大無義理 まったく理屈に合わない」とあきれて、
改めるように使者を教え諭します。まあ当然ですよね。

またこのとき、使者は、倭王の妻は「雞彌 きみ=君?」、
皇太子は「利(和)歌彌多弗利 わかみたふり」、王の後宮には女が6~700人いる
などのことを述べています。さらに7年後の607年(推古15年)、
また倭国からの使者が訪れますが、隋の皇帝は、
悪名高い第2代の煬帝にかわっていました。

遣唐使船 大陸への渡航は命がけでした
dser (5)

このときの使者が、小野妹子だと考えられます。で、妹子が持参したのが、
あの有名な、「日出處天子 致書日沒處天子 無恙 日の出ずる所の天子、
日の没する処の天子に書を致す つつがなきや」で始まる国書なんですね。
この文章は、当時、推古天皇の摂政であった聖徳太子が書いたものと
言われてきましたが、それに確たる証拠があるわけでもありません。

これを見た煬帝は、「蠻夷書有無禮者 勿復以聞 蛮夷の書に無礼があれば、
二度と私に見せるな」と激怒します。ただ、煬帝が怒ったのは、
中国を「日の沈む所」と書いていたからではなく、倭国の王が自称として、
煬帝と同格の天子という語を使っていたためです。
基本的に、中国では天子(皇帝)は一人だけであり、蛮夷である倭国の王は、
中国の冊封体制の下にあるべきと考えていたんですね。

しかしまあ、怒りはしたものの国書には答えねばならず、
煬帝は、裴世清(はいせいせい)という外交官吏に国書を持たせ、
妹子にはおそらく訓令書のようなものを持たせて倭国へ送り帰します。
訓令書の内容は、倭国の無礼をとがめ、天子ではなく王なのだということを
厳しく説いたものだったろうと考えられます。ここまでは『隋書』からの話。

旧壱万円紙幣の聖徳太子
dser (4)

さて、この続きが『日本書紀』に出てきます。裴世清一行とともに
倭国に帰りついた妹子は、朝廷において、自分が持参してきた訓令書は、
百済の国で盗まれてしまったと述べます。これは大失態なので、
妹子には流罪の刑が与えられますが、なぜか直後に赦され、
さらに昇進までしてるんですね。

ですから、この部分は、妹子が持ってきた訓令書の内容があまりにも
倭国にとって都合の悪いものだったので、推古天皇も、大臣の蘇我馬子も、
聖徳太子もみながナアナアで、盗まれて失くなってしまったことにしたのだろう、
というのが通説になってますね。倭国側では、
見なかったことにすればいいわけです。

裴世清は大歓待され、朝廷の庭に連れてこられて、そこに隋からの答礼品を
ずらりと並べ、煬帝の国書を読み上げることになります。
その内容が『日本書紀』に引用されているんですが、冒頭が、
「皇帝問倭 皇帝は倭の皇に問う」です。この部分は内容が改竄されていて、
本当は、「皇帝問倭」だったのではないかとする説があります。

推古天皇 大変な美人であったと『日本書紀』に出てきます
dser (3)

自分もその見解には同意です。この後、裴世清は饗応を受け、
小野妹子とともに中国に帰ることとなりますが、ここまでを読まれて、
何か違和感を感じませんでしょうか。このときの天皇は、第33代推古天皇
(炊屋姫 かしきやひめ)で、日本の歴史上、初めての女帝です。

ですから、女帝が珍しい中国では、そのことを知っていたら、
『隋書』の中で特筆されるはずですが、倭王が女だとは一言も出てきません。
さらに、最初で書いた使者の言葉をもう一度ごらんになって下さい。
「倭王は天垂彦、天から降臨した男性」となっていて、妻もいます。

あまりに不自然ですよね。このため、日本史上の謎の部分として、いくつもの説が
立てられているんです。一つは、「天皇が女であることを日本側が極力隠そうとした。
裴世清は、御簾ごしに推古天皇と対面したので、その姿を見ていない」
とするものです。まあ、絶対ありえなくもないでしょう。

蘇我馬子


次は、「聖徳太子が前面に出て、王としてふるまっていた」というもの。
これもありそうな話ですが、『日本書紀』のその部分には、聖徳太子の名前がまったく
出てきてないんですよね。それがちょっと困ります。最後の説は、
「推古天皇はお飾りで、叔父である蘇我馬子が実質的な大王として君臨していた」
とするものです。ただ、蘇我馬子は「天から降臨した」天皇家の者ではありません。

さてさて、ということで、みなさんはどう思われますでしょうか。
どの説も一長一短があるんですが、自分の考えは、
どれかを選べと言われたら、最後の蘇我馬子天皇説ですね。
ともかく、このあたりは日本史のかなり面白い部分で、『日本書紀』には、
いろいろ考えるヒントが隠されているんです。では、今回はこのへんで。

dser (2)





日本最大の怨霊は誰?

2019.06.19 (Wed)
今回はこういうお題でいきます。カテゴリは日本史ともオカルト論とも
言い難いんですが、いちおうオカルト論にしておきます。
さて、「日本3大怨霊」と言えば、「菅原道真・崇徳上皇・平将門」と
されることが多いですね。ただ、この言葉自体は
そう古いものではないと思われます。

おそらくは江戸時代、歌舞伎や講談などによって話が広まり、
それで定められたんじゃないでしょうか。そうした芝居は
史実を勧善懲悪的に脚色してますので、これらの人物の怨霊としての
性格が特に強調されているんですね。

「天神様」として祀られる菅原道真
ssdert (3)

では、この3人について、ご存知でしょうが簡単に見ていきますと、
最も時代が古いのが菅原道真で、9世紀の人物です。
高い身分ではなかったのですが学識をもって異例の出世をとげ、
右大臣にまで昇進します。その後、左大臣の藤原時平に讒訴され、
大宰府へ左遷されて903年に現地で没。

次が平将門で、一族内での領地をめぐる抗争から関東一円を
まき込む戦闘へと発展、京都の朝廷に対抗して自ら「新皇」を名のりますが、
それからわずか2か月たらずで藤原秀郷、平貞盛らにより討伐されました。
亡くなったのは940年のことです。

最も年代が新しいのは崇徳上皇で、12世紀の院政期の人です。
保元の乱に関係した罪で讃岐国へ配流されます。上皇の流罪は
およそ400年ぶりのことでした。その後、讃岐国で病没しますが、
その死には暗殺説があります。また、髪や爪を伸ばし、
天狗のような姿になって朝廷を呪ったとも書物に残っています。

日本で初めて獄門(さらし首)にされたと言われる平将門
ssdert (5)

で、この3人を比較しますと、将門だけがはっきり異質なんですね。
これはこの3人以外の怨霊と言われる人物と比べてもそうです。
崇徳上皇は天皇で道真は貴族ですが、将門は武士です。
いちおう桓武天皇の5世の子孫などと言われますが、
乱を起こすまでは、生まれた年もよくわからない無名の人物でした。

あと、日本史上で怨霊とされる人物は、ほとんど京都など
関西の出身なんですが、将門だけが関東に基盤を持つ人です。
それから、崇徳院、道真はその死後すぐに怨霊話が出て怖れられ、
朝廷によって位階や号を追贈され、名誉回復されています。
それに対し将門の場合、京都では怨霊話は出てなかったんです。

こう考えてくると、将門の名は、関東の土着武士などの間だけで
語り継がれてきたものと思われます。それは将門が、重い負担を強いられ
続けた東国の人々の代弁者としてとらえられていたためでしょう。
それが武士の世の中になって、関東が実質的な日本の中心となり、
芝居などで取り上げられるようになった。

『太平記』には金色の鳶の姿で描かれる崇徳上皇の怨霊
ssdert (4)

また、将門の場合、怨霊になるための諸条件から外れています。
一般的に怨霊になる人物は、無実の罪におとされて亡くなった人が
多いんですが、将門の場合は、武士らしく華々しく戦って
運つたなく敗れたわけですから、怨霊となる理由がないんですね。
日本の平安時代から中世にかけて、武士が怨霊になるという発想は

あまりなかったように思います。これは身分制度の問題もありますが、
根本的には、武士の存在意義が戦うことにあったからです。
『平家物語』などの軍記物を読めば、戦場は武士の晴れ舞台で、
源氏も平家の武将もいつ死んでもいいよう、みな精一杯に着飾り、

馬や武具にも装飾をこらして戦っています。戦死は名誉なことであり、
中世には、戦って死んだ武士は祟らないという考え方がみられるんです。
現代の怪談では鎧姿の落武者の霊などが出てきますが、ちょっと違うんですね。
まあ「耳なし芳一」など、平家の怨霊の話はあるんですが、それは個人の祟り
というより、一族すべてが滅ぼされたためだと思われます。

身分は低いものの、『平家物語』には着飾った姿で描かれる那須与一
ssdert (1)

あと、現代において将門の名が鳴り響いているのは、作家の荒俣宏氏が、
『帝都物語』シリーズの中で、「日本最大の怨霊」と持ち上げたことも
大きいでしょう。余談ですが、現在の風水ブームも
荒俣氏が1994年に『風水先生』を発表して以降のものなんです。

ちなみに、東京都千代田区大手町にある将門の首塚は、
京都で獄門にさらされた将門の首が関東めざして飛んできて
その場に落ちたためにつくられたなどと言われますが、
これは内部に石室のある小古墳で、おそらく将門とはまったく関係のない
人物のものだと思われます。ですから、祟り話も怪しいんですね。

「将門首塚」


さて、この3人の他に怨霊説が出ている人物には、大津皇子、長屋王、
淳仁天皇(淡路廃帝)、他戸親王、井上内親王、早良皇太子(崇道天皇)、
後鳥羽上皇、後醍醐天皇・・・などがいます。このうち長屋王なんかは
藤原4兄弟を祟り殺すなど怨霊として強力でしたが、あまり
芝居等で取り上げられていないため、名前が広まってなかったんです。

さてさて、では日本最大の怨霊は誰なのか。それは自分には決められない
ですが、最も現天皇家が怖れていたのは崇徳上皇ではなかったかと思います。
明治天皇が即位の礼を行った1868年、勅使を讃岐に遣わし、
崇徳天皇の御霊を京都へ帰還させて白峯神宮を創建してるんです。
新しい日本建設のために、念を押して鎮魂しておこうということでしょう。

また昭和天皇も、崇徳上皇八百年祭をとり行っています。
これに対し、将門は1874年、明治政府教部省の指示により逆賊として
神田明神の祭神から外されてしまいます。将門の復権がなされたのは、
第二次世界大戦敗戦後、皇室批判へのタブーがなくなってからの
ことなんですね。では、今回はこのへんで。

関連記事 『首を取る話』

ssdert (2)




公園の写真の話

2019.06.18 (Tue)
あ、どうも、じゃあ話していきますね。俺・・・僕ね、今大学の4年
なんです。就職は決まりました・・・けど、大企業なんかじゃないし、
ちょっとブラックがかったとこなんです。まあ、しょうがないです、
大学が大学ですから。それでね、就職しちゃうと自由な時間が
なくなるだろうから、卒論とかもあるし金はないんだけど、
今は目一杯遊んでるとこなんです。それでね、2週間くらい前のことです。
高校の同期のやつから連絡が来ました。僕が出たのは中程度の進学校で、
そんときの友だちです。僕は東京だし、そいつは高松の大学に行ったんで
話すのは数年ぶりでした。でね、今度実家に帰ったときに飲みに
行かないかって話になって。高校のときにつるんでた他のやつらの
近況とかも聞いてみたんですが、そいつも地元じゃないんで

よく知らないみたいでした。ただ、気になる話があったんです。
「ほら、お前な、高校のとき○美とつき合ってただろ。○美、今な
 行方不明になってるみたいだぞ」って。「え?!」って思いました。
「行方不明って?」 「いや、俺もよくは知らんが、○美は卒業後、
 就職も進学もしないで家にいたみたいだが、先月かな、
 ふらっといなくなって、それっきり消息がつかめず、
 家族が捜索願出したらしい。当時の仲間の何人かに警察が話を聞きにきた
 ってことでわかったんだ」 「それで手がかりとかつかめたのか」
「いや、よく知らん。ただ○美は俺らと同じだからもう22歳だよな。
 成人だし、警察も大々的な捜査とかはしてないんじゃないか」
こんな内容でしたね。でね、これ聞いたときに、

そりゃ気になりましたけど、すごい心配ってことでもなかったんです。
冷たいやつだって思われるかもしれないけど、○美とは、
高3のときつき合って2ヶ月くらいしかもたなかったんです。
しかも彼女のほうから、なんか避けられるような感じで別れちゃったんで、
僕のことが気に入らなかったんだろうなと思ってました。
その夜ですね、○美とのことをあれこれ思い出してると、
心霊スポットに仲間といっしょに行ったことに思いあたって。
あ、でもこれね、廃墟に不法侵入したとかそんな話じゃないんです。
行ったのは港のほうにある公園でした。いやいや、あんな横浜にあるやつ
みたいな立派なものじゃなく、さして広くない敷地に芝生が植えられてて、
海のほうを向いてベンチが並んでて、中央に噴水がある。

噴水の台の上には、人の半分くらいの大きさの人魚の像。
あと、遊具がいくつか。でもね、そのあたりに人家はないんですよ。
なんであんなところに公園があるのか不思議でしたけど、
以前近くに工業団地みたいなのがあって、そこの子どもたちのために
つくったらしいです。それが工場は移転して公園だけが残った。
だから誰でも入れるんです。でね、僕らの高校だと、
その公園の噴水に顔を映すと、自分の死んだときの顔になってるなんて
話が伝わってたんです。まあ、どこにでもあるような子どもだまし・・・
当時はそう思ってました。あれは、高3の夏休みでした。
もちろんみんな受験があったんですけど、毎日夏期講習通いで息詰まる。
それで夜に集まって騒いでるうちに、心霊スポット行こうってことになって。

男3人、女2人だったと思います。チャリで行きました。
いや、そうですね、噴水の水に死んだときの顔が映るなんて、もちろん
信じてなかったし、そんな怖いってこともなかったです。
港に続く道路は明るいんです。倉庫に行くトラックが夜中でもたくさん通るし、
それに合わせて街灯がずらっと並んでて。他にもグループが来てて
トラブルになることはちょっと心配してましたが、人っ子一人いなかったです、
僕らだけ。公園の外にチャリを置いて、公園の中に入ってまずデジカメで写真を
撮りました。それからベンチで持ってきた缶チューハイとか飲んでね。
それから、一人ずつ公園の中央にある噴水まで行って水の中を
のぞき込んでくるってのをやったんです。男、女の順番で。
僕がたしか3番目だったかな。いや、死んだときの顔どころか、

水面は真っ暗で何ひとつ見えませんでした。他のやつらも同じだったと
思うんですが・・・僕の後が○美で、キャアキャア言いながら噴水に
向かったんです。俺らがいるベンチは噴水から見えるんで、
怖いとかないと思ったんですが・・・しばらく水面をのぞいてた○美が、
なんだかよろけるような感じで戻ってきて、「気持ち悪い」って
言い出したんです。「え、じゃあどっかカラオケでも行って休むか?」
そう聞いたら、「うん、いい、私帰る」そう言って、一人だけチャリに
乗ってすごい勢いで走ってちゃったんです。いや、追いかけませんでした。
「何だよ、あいつ」みたいな感じでみなとまどってましたね。
それから、何度携帯に連絡しても○美から返事はなく、
休みが終わって学校が始まっても避けられるようになっちゃって、

それで別れたんです。・・・今にして考えれば、あのとき○美は、
なんか見てはいけないものを見ちゃったんじゃないかとも思うんです。
まあ、こういうことをバーッと思い出して、そういえばあのとき
公園で撮った写真を、前のパソコンで使ってた外づけHDに保存してたよな、
たしかこっちに持ってきてたはず。でね、押し入れ探したら見つかったんです。
幸い壊れてる様子はなく、今使ってるパソコンにつないで再生してみました。
はい、写真はすぐ見つかって劣化もしてなかったです。
あのときはみな写真撮ったんだけど、保存してたのは僕が撮ったやつだけで、
○美もピースサインとか出して写ってました。ああ、懐かしいな、
こんな美人だったっけかって思いました。ただ、写真はフラッシュたいてたので、
写ってるやつの顔はみな真っ白になってましたけど。

でね、中には○美が噴水の前でかかんでるのを遠くから撮ったのもあって、
それは真っ暗なシルエットになってました。で、問題は次の写真なんです。
公園の奥にあるブランコに○美が一人で座ってるのを、わりと近くから
撮ったもの・・・なんですが、僕、そんなの撮った記憶がなかったんです。
それでほら、写真に日付入れる機能を使ってたんで、それ見て愕然としました。
他の写真は間違いなく高3のときの日付なのに、その一枚だけが1ヶ月前に
なってたんです。ありえないでしょう。そのHD、3年以上もずっとしまって
あったんですよ。まさか僕の部屋に誰かがしのび込んで、HD引っぱりだして
わざわざその写真だけ入れるなんて考えられないし、パソコンにつないで
なかったんだから、外部から送ることもできない。絶対ありえないんですよ。
それ、今持ってきてますんで後で見せます。

写ってるのが○美なのは間違いないです。体つきとか、服装も見覚えあるし。
ただ、顔は写ってないんですよね。下を向いてて髪の毛が闇に溶け込んで
ましたから。その写真、どうしようか迷いました。あるはずないもんだから、
警察に言っても取り合ってくれないどころか、僕が疑われるかもしれないですよね。
でね、考えたあげく、地元にいるやつに連絡取ってみたんです。
そしたらそいつも○美のことは知ってて、高校卒業以来家に引きこもってたのが、
先月ふいに家を出ていなくなった。行き先は誰も心あたりないみたいだ・・・
それは前と同じでしたが、愕然とする話を聞いたんです。2年前に、あの公園は
取り壊されて、あたり一帯は新しい倉庫群になってるって。
もうわけがわかりませんでした。だって写真の日付は先月だし、
写ってるのはあの公園なんですよ。でね、土日かけて実家に戻ることにしたんです。

免許取ってたので、レンタカー借りて行きました。家には寄らず、
まっすぐ港に向かうと、友だちが言ったとおり公園はなくなってて、
真新しい体育館くらいの倉庫がいくつも並んでたんです。幸いというか、
人気はなかったんで、門を乗り越えて公園があったはずの敷地に入り込んでみました。
倉庫のまわりをぐるっと回っても何もなかったんですが、正面に戻ると、
さっきとは違ってシャッターが1mくらい開いてたんです。それで、
その奥に女の人の下半身が見えました。「まさか○美?」そう思って走り寄ると、
かなりの速さでシャッターが降りて、行き着く前に閉まっちゃったんです。
シャッター越しに呼びかけても返事はなし。まあ、分厚いので聞こえなかった
かもしれません。それでね、立ち去り難かったんですが、実家の街の他の場所を
あたっても、○美の手がかりは何もなかったんです。で、戻ってきてから、

HDのフォルダを見てみたんですが、写真がまた増えてたんですよ。
あのありえない写真が最後だったのに、その後にもう一枚。それも持ってきてます。
床がコンクリのだだっ広い室内、たぶんあの倉庫の中じゃないかと思うんですが・・・
たくさんコンテナが積まれてある横の通路、その突きあたりにブランコが
上から下がってて、それに座ってる女の人。さらにその後ろに人魚の噴水らしきもの。
これも○美だと思いますが、遠く小さくて顔はわからないです。それで、
その写真にも日付が入ってて、僕があの倉庫のまわりを歩いた日なんですよ。
それからつい昨日です。差出人不明のメールが来てて、1行だけ、
「ずっと公園にいます」って。返信したけど届いたかどうかも・・・
ホントどうすればいいかわからなくて、人づてにこちらのことを聞いて
相談に来たんです。○美はあの倉庫の中にいるんでしょうか、でもどうして・・・

キャプチャ




「ミートテック」って何?

2019.06.17 (Mon)
sssssddfffff (2)

昨今、環境保護のため家畜飼育を行わないことが望ましいと
伝えられていることもあり、欧米ではますますヴィーガニズム
(完全菜食主義)やべジタリアニズム(菜食主義)
に移行する人が増える傾向にある。

アメリカに拠点を置くグローバルコンサルタント会社「AT Kearney」は、
今回ある報告書を公表した。それによると、2040年には、
世界の肉の60%が、動物本来の肉ではなく、培養肉や植物から作られた
ベジミートなどの人工肉に代替えされるというのだ。
(カラパイア)

科学ニュースから、今回はこういうお題でいきます。最近、
「ミートテック」という言葉を耳にするようになってきました。
「meat tech」つまり、ミートテクノロジーの略で、主に
科学的に人工肉を製造する技術について言われているようです。

さて、人工肉が求められる要因としては、まず一つには、
世界的な人口増加があげられます。2017年に国連が発表した試算に
よれば、世界の人口は2030年までに86億人、2050年に98億人、
そして2100年には112億人に達するとみこまれ、
これにより食糧不足、その他の問題が起きてくると予測されます。

世界人口の推移(予測) クリックで拡大できます
sssssddfffff (1)

ただ、人口問題って日本にいるとぴんとこないんですよね。
ご存知のように、日本は少子高齢化、人口減少社会に突入していますし、
世界の先進国も多かれ少なかれ似たような状況です。
つまり、人口が増えるのは主に途上国においてであり、
そこに問題の深刻さがあるわけですね。

人工肉が求められる2つ目の要因は、畜産業が環境を汚染するということです。
世界に排出されるアンモニアの7割程度が家畜に由来するほか、
人間活動による温室効果ガス排出量の14%以上が、
家畜の排泄物や腸内発酵による、という試算があるんです。

sssssddfffff (6)

みなさんが北海道を旅行すれば、広大な牧草地で牛が草をはんでたりして、
畜産業が自然環境に悪影響を与えるなんて想像できないんじゃないかと
思いますが、家畜の病気を抑えるために投与される抗生物質の
問題もありますし、厳しい法律とハイテクで環境汚染物質を減らしている
製造工業よりも、将来的には懸念されている面があるんです。

で、この2つのことはそれぞれ関連しています。人間は基本的に、
穀物から炭水化物、肉類からタンパク質を摂取していますが、
畜産には広大な牧草地が必要で、その分だけ、穀物を栽培する耕地の
面積がせばめられることになります。

また、大量の食糧が人ではなく、家畜のエサとして消費されている
問題もあります。これ、知らない人が多いと思いますが、
世界の全耕地の約80%が、家畜に与える食糧を生み出すために
使われているという試算があるんです。さらに、バイオエタノール
生産によって、人間の口に入る食物の耕地がどんどんせばめられている。

sssssddfffff (1)

そこで、その解決のために考えられているのが「昆虫食」と「人工肉」です。
昆虫食については前に取り上げましたので、今回は人工肉について書きますが、
ひとくちに人工肉と言っても、現状では3種類があります。
まず一つ目は、牛などの幹細胞を人工的に培養したもの。

これは試験管の中でつくられたといっても、肉であることは変わりません。
2つ目が、小麦、大豆、ナッツ類などから取り出したタンパク質をもとに
人工肉を合成するものです。肉は言葉だけで、完全な植物食になります。
3つ目は、前の2つの折衷というか、植物由来のタンパク質に家畜の
肉エキスや脂肪を加えて味を整えたもの。

「ヴィーガニズム」という言葉がありますよね。ヨーロッパを中心に
増えている、動物製品の使用を行わない生活様式で、絶対菜食主義という
訳語がついています。上記した3つのタイプの人工肉で、
ヴィーガンの人が食べることができるのは、2つ目のものになります。

昆虫食
sssssddfffff (5)

さて、人工肉の普及にあたっては、いくつかの問題があります。
まずその最大のものはコストです。現状では、人工肉は通常の畜産製品より、
はるかに高コストなんですね。それから食味の問題。食感などをふくめて、
なかなか本物の肉に近づけるのが難しい。わざわざ高いお金を払って、
不味いものを食べるという人は少ないでしょう。

それから、もし人工肉が普及した場合、従来の畜産業から大量の失業者が
出るということです。世界には、ニュージーランドやオーストラリア、
アメリカなど、大規模な畜産を行っている国があり、畜産業者は
一種の圧力団体になっています。みなさんは、以前に日本がアメリカから
米国産牛肉を買えとゴリ押しされたのを覚えておられるでしょう。

アメリカの巨大な牛牧場 見渡すかぎり地平線まで牛


こういった問題が、今後も人工肉の普及を妨げていくと思われます。
さて、話題をオカルト方面に振って、昔、『ソイレント・グリーン』という
映画が評判になりました。1973年のアメリカ映画ですから、
自分は映画館では見ておらず、ビデオ鑑賞でした。

作品の舞台は2022年なので、あと3年後です。人口爆発により、
世界は極端な格差社会となります。本物の野菜や肉は宝石以上の価値がある
貴重品で、大金持ちしか手に入れることができない。一般人は、
ソイレント社が海のプランクトンから作る合成食品「グリーン」の
配給を受けてなんとか生きているという状況です。

『ソイレント・グリーン』
sssssddfffff (3)

ソイレント(Soylent)は、大豆(soybean)とレンズ豆(lentil)からの
造語のようです。その未来社会では安楽死が奨励されていて、
公共の安楽死センターがあります。ネタバレになりますが、
じつはソイレント・グリーンは、安楽死した人間の体を原料にして
つくられたものだったんですね。

さてさて、現在、漁業はまだ見逃されているというか、魚の人工肉という
話は出ていませんが、将来的には、世界でマグロやカツオなどの漁獲が、
捕鯨みたいに制限・禁止される流れになってくるだろうと
自分は予測しています。そうなった場合、みなさんは人工刺身を食べる
ことになるかもしれませんよ。では、今回はこのへんで。

関連記事 『虫、食べられます?』 『捕鯨問題について』

sssssddfffff (4)



坂本龍馬とオカルト

2019.06.16 (Sun)
ssddeerr (1)
クリックで拡大できます

日本人が最も好きな歴史上の偉人のひとり、坂本龍馬が、
歴史の教科書から消えるかも知れないという。
高校や大学の先生でつくる研究会が、暗記中心の授業を改めるため、
「歴史上の役割や意味が大きくない」用語を削ることを提案し、
龍馬もクレオパトラ、武田信玄、上杉謙信、吉田松陰などとともに
削減候補になったのだ。
(読売新聞)

やや古いニュースになりますが、今回はこのお題をとりあげます。
さて、坂本龍馬は、日本人なら知らない人のいない明治維新の
立役者の一人で、歴史好きのみなさんの人気は絶大です。
ですから、この記事を書くのも ちょっとおっかなびっくりなんですね。

大学入試で、歴史の細かい用語の暗記力を問われることが多いのが
問題だとして、高校と大学の教員ら約400人で構成される
「高大連携歴史教育研究会」が、歴史用語を大幅に削る必要があると
提言し、文科省もこの動きに同調している、という報道でした。

ただ、消されると言っても教科書の本文からで、資料集などには
出てくることになるでしょう。で、まず結論から言えば、
自分はこの改革には賛成ですね。みなさんも、学生時代に勉強した
歴史の授業は、暗記中心の内容だったんじゃないでしょうか。
嫌いだった方も多いんじゃないかと思います。

懐手をした坂本龍馬
ssddeerr (6)

これは一つには、学習指導要領を定めた文部省の方針でもありますが、
現場の教師の責任も大きいと思います。暗記問題はテストを作るのに
楽なんですね。採点もしやすい。これに対し、記述式解答を増やすと
教師の負担が大きくなります。そういうこともあって、もう一生
使わないと思われる単語を、必死で暗記しなくてはなりませんでした。

まあこれは、歴史だけでなく地理もそうなんですが。
ですから、今回の改革案は自分は悪くないと思います。
ちょっと極端な意見かもしれませんが、歴史教科書には、もっと
年号ではない資料的な数字やグラフを多くすべきだと考えます。

あ、こういうことを書いていくとそれだけで記事が終わってしまうので、
竜馬のオカルトに戻します。まず、坂本龍馬最大の謎といえば、
京都伏見屋で暗殺したのは誰かということで、薩摩藩黒幕説とか
土佐藩説、新選組説、紀州藩説、さまざまな説が出されていますが、
そのほとんどは何の根拠もないおもしろ話です。

現グラバー園にあるフリーメーソンの印がついた門柱
ssddeerr (2)

定説どおり、京都見廻組が行ったということでいいんじゃないでしょうか。
見廻組は、寺田屋で公儀の捕方を射殺した竜馬を憎んでいましたし、
動機は十分です。しかも機会も実行力もありました。
見廻組のしわざで、何の不自然なところもないんですね。

で、この話題はたしかに謎ではありますが、オカルトとは言えません。
オカルト方面でよく出てくるのが、「竜馬はフリーメーソンだった」
とする説です。竜馬はフリーメイソンのメンバーだった
スコットランド出身の商人、トーマス・グラバーに操られており、
明治維新はメイソンによるクーデターだ・・・という陰謀論。         

竜馬がトーマス・グラバーと接触があったことは間違いないですが、
そもそもグラバー本人が、フリーメーソンという証拠がありません。
グラバー=フリーメーソン説の根拠は、長崎の、現在は公園になっている
旧グラバー邸の門柱に、フリーメーソンのマークがあること。

高千穂峰にある天逆鉾
ssddeerr (4)

しかし、その門柱自体に説明書きがあって、この門柱は公園内に
含まれるものの、隣の旧リンガー邸のものなんですね。
しかも決定的なことに、昭和41年にまったく別の場所から移設されて
きてるんです。ですから、グラバー=フリーメーソン説は成り立ちません。
したがって、竜馬もフリーメーソンとは考えられない。

ただ、オカルトとしては人気があるんですよねえ。前に少し書きましたが、
竜馬が懐手をしているのはフリーメーソンの秘密のポーズであるとか、
竜馬はグラバーの手引きで1度アメリカに渡っているとか、
はなはだしいのになると、伏見屋で暗殺されたのは替え玉で、
竜馬はその後アメリカで没したとか。

下がアメリカで撮られたとされる竜馬の画像で、現地では
「RUMAN ルーマン」呼ばれていたということです。うーん、
これは美男子ですが、日本の竜馬の写真と比較すると髪の毛の
量が多いですね。まあこれも、おもしろ話というしかないようです。

アメリカに渡った竜馬ではないかとされる謎の画像
ssddeerr (3)

さて、龍馬には他にもオカルト話があって、竜馬が妻のお龍と
日本ではじめての新婚旅行をしたとはよく出てくる話題ですが、
それ以前に、新婚夫婦で旅行した人がいないわけはないですよね。      
2人は鹿児島の高千穂峰にのぼり、その頂上にある天の逆鉾を
引き抜いてみたとも言われます。

さてさて、最後に竜馬の幽霊話。まず、暗殺された日の夜、
一人寝ていたお龍の枕元に血だらけでうなだれた龍馬が立ったという
ものがあります。それともう一つ、竜馬の死後、日本は日露戦争に突入。
その明治37年、御所の昭憲皇后の夢枕に、坂本龍馬と名のる男が
白装束で立ち、日本海軍の勝利を予言したという事件があったそうです。

昭憲皇后
ssddeerr (7)

そこで、臣下の者が坂本龍馬の写真を見せると、
皇后は、まさしくこの人が夢に出てきた人物であると言われた・・・
まあ、どちらも今となっては確認しようがないことですが、竜馬が
生きていれば、維新後は必ず教科書に載るような活躍をしたでしょうし、
日本の姿もまた違っていたでしょう。では、今回はこのへんで。

関連記事 『懐手3人衆の話』

ssddeerr (5)




ある廃屋のロケの話

2019.06.15 (Sat)
今から15年ほど前のことだな。あるTV番組制作会社でディレクターを
やってたんだよ。うん、当時もやらせが問題化はしてたが、
それでも今よりはずっと番組づくりは自由だった。今はほら、
TBSだったかな。番組で紹介した心霊写真に捏造疑惑が出てきただろ。
ネットで拾った他人の画像を加工して番組で流したって。
ああいうことは昔はよくあったんだが、今はとても怖くてできねえよ。
画像検索ってものがあるからな。東京オリンピックのシンボルマークに
盗作疑惑が持ち上がったのも、やっぱ画像検索からだったろ。
ああ、すまんな本題の話をするよ。当時は、1ヶ月くらい期間を切って、
タレントが耐久生活をする番組が流行ってた。
無人島で1ヶ月生活するとか、インドの街から街まで徒歩旅行するとか。

まあもちろん、あれにも裏はあるんだ。いくら若手タレントとかだって、
体を悪くさせるわけにはいかねえ。だから、昼はヘビをつかまえて
焼いて食べるような映像を撮っても、夜はちゃんとおにぎりとか差し入れ
してた。カメラや音声も近くにテント張って泊まり込んでるんだから、
さすがに俺らだけロケ弁食ってるってわけにもいかんのよ。
まあそんな具合でな、TV番組には裏があるわけ。けどよ、
民放の番組はタダなんだし、楽しもうと思ったら裏とか考えるのは損だよ。
今はホント、毒気のない番組ばかりになっちまったろ。
あ、それでな、そんとき作ったのは、若手のお笑い芸人2人に
心霊スポットと言われる廃墟に、2週間泊まり込んでもらうって内容だった。
場所は関東の某県にある一軒家。当然、所有者の許可は取ってある。

そこは2階家で、部屋は5つだったと記憶してる。
人が住まなくなってから12年だかたってたはずだ。もちろん、
前の住人のことは調べたよ。ちょっと気の毒な話でな、
親子4人が住んでたんだが、両親が車で事故死して、中学生くらいの
子ども2人が親戚に引き取られていったんだ。
だから、俺らが調べたかぎりじゃ、その家の中では誰も死んじゃいねえ。
なのに心霊スポット化したのは、その地域の若いやつらの間で噂が広まった
からだ。夜になると誰もいないはずの家なのに電気がついてるとか。
で、夜になると探索にくるやつらが出てきて、いい具合に荒らされた。
そこで暮らしてもらう芸人はコンビじゃなくて、ピンのやつが2人。
どっちもまだ売り出したばかりで、名前知ってるやつは少なかったな。

でな、まず最初に2人とも健康診断を受けてもらったが、
何の問題もなかった。普通はそんなことはしねえんだが、その番組の売りが、
医師によって体調の変化をチェックしてもらうってことだったのよ。
だから3日おきに血液検査してたんだよ。2人には一階の、
おそらく夫婦の寝室に使われてた部屋に入ってもらった。
電気水道は止まってたから、電源車を庭に入れてけっこう大がかりになった。
でな、最初の一週間は何も起きなかったんだよ。
これは後で編集をするにしてもうまくない。それでな、音声のやつに頼んで、
夜中に家の外を取った場面に変な声を入れてもらった。
あ、そういうことはしょっちゅうだし、こっちが頼まなくても、
気を利かせてやってくれるやつもいるんだ。

異変が起きたのは週明けの月曜だよ。その朝、芸人が2人とも起きられ
なかったんだ。頭が重い、体がだるいって言って。10時過ぎたころに、
検査を頼んでた病院から連絡があって、芸人の一人の白血球とリンパ球が
すごく減ってるって言うんだ。すぐにも何かの感染症にかかるんじゃないかって
くらいに。ドクターストップだよ。いや、トラブルというか、
俺にしてみれば大チャンスだと思ったね。そういう心霊スポットで、
何かが起きるなんてことはまずないんだ。それが本当に起きたわけだから、
大々的に取り上げて、残った一人に頑張ってもらうことにした。
そいつもやっぱ検査の数値はよくなかったんだが、何とか耐えられるレベル。
あ、それから、その芸人たちはどっちも、心霊なんて信じてなかった。
もちろん、怖がってるふりはしてくれたけどよ。

まあな、そうでなきゃ芸能界で生き残っちゃいけない。それでな、
芸人は2人とも、日曜の夜に夢を見たって言ったんだよ。寝てる布団の横から
たくさん手が出てくるっていう同じ夢。数十本の手は、布団のまわりを
囲むようにひじのところまで出てきて、おいでおいでの動きをする。
もしかして夢じゃないのかもしれない、って。
そんなことがあるはずはないよな。それに、カメラを部屋に入れて
一晩中回してたんだよ。見たが何も写ってない。あたり前だわな。
残った芸人に、その怖い夢の話を語らせた映像を撮った。
で、どうなったかって言うと、そいつも2日後には立つこともできなくなって、
検査の結果もリタイアしたやつと同じ。あと数日で2週間になるのに、
これはちょっと困った。そのまま編集したんじゃインパクトがないだろ。

そこで奥の手を使ったんだよ。「この非常事態に、番組ディレクターが自ら
その部屋に泊まってみることにした。いったいここで、何が起きるのだろうか」
って具合。ああ、俺自身は顔出すのはなんともなかった。
まあ見られたツラじゃねえんだがな。芸人たちがいた部屋に寝て、
最初の日は何も起きなかった。その夢を見たのは2日目の夜。
11時ころに布団に入った。ビール1本飲んでたが、酔っちゃいなかったよ。
で、すぐに眠りについたからありゃ夢だ。だが、すごいリアルだった。
まず寒気がした。ロケしてたのは、番組を夏休みに合わせるため6月だった。
寒いわけはねえんだが、とにかく体がふるえるくらい寒い。
それで、何かに囲まれてる気配がしたんだ。目を開けて布団のまわりを見ると、
ずらっと何十本も手が伸びてたんだよ。どんな手かって?

それがなあ、人間の手の形はしてたが、男でも女でもなく金属みたいなんだ。
それがひじから先を畳から生やして、俺に向かって手招きをする。
おいで、おいでって、芸人らが言ってたとおりだ。あ、それから、
その手の動きがそろってるんだよ。うまく言えねえが、同調してるっていうか、
同じ動きをする。体は動かず、ブルブルふるえてると、今度はその手が
いっせいに布団を叩き出した。ペタペタペタって。で、頭のほうにある手は
布団から出てる俺の頭をさわるんだよ。その気味の悪いこと。
どのくらい時間がたったか、我慢できなくなり、俺は「うわわわわわわっ」と
声を出した。体が動くと思って、布団をはねのけて一気に立ち上がった。
そしたら立つことができたが、その拍子に吐いてしまった。
ビールの臭いがして、あたりを見回すと手は一本もなかった。

「おーい、ちょっと来てくれ!」 「どうしましたか?」ややあって、
別室にいたスタッフが来たんで、定点カメラをすぐ前の時間に巻き戻して
くれるよう頼んだ、俺が寝てて、体は小刻みにふるえてる。
けど、あんだけたくさんあったと思った手は一つも写ってない。
ああ、やっぱり夢か、そう思ったとき、俺の頭の横に手が一本だけ出た。
それは握った状態から人差し指を一本だけ伸ばし、手首を曲げて下を指さして
消えたんだよ。集まっていたスタッフが息を飲むのがわかった。
カメラマンが「・・・モノホンですね」って言った。けどそれ、
あんまりはっきり写ってて、番組には使えないと思った。ああ、お蔵入りってこと。
でな、翌朝、俺はすごい体調悪かったが、その家の所有者に連絡して、
寝室の床をはがす許可をもらった。まあ、もとがボロ屋で売れる予定もねえから、

簡単に許可は出たよ。作業員に来てもらって床板をはがすと、
布団の下の部分に土が黒くなってる箇所があり、そこを掘ってもらうと、
すぐに四角い木箱が出てきた。大きいもんじゃねえ。50cm四方くらいだったか。
厳重に釘で打ちつけられてあったが、壊すつもりで開けてみると、
中に何があったと思う・・・古ぼけた、30cmくらいの金箔をはった仏像が一体。
手がたくさんある千手観音ってやつだ。あと10cmくらいの革袋。
中には、そうだなあ、黒い干しブドウに似たものがパラパラ入ってた。
普通はそこまでやらないんだが、分析に出してみたんだよ。結果は、人間の腎臓の
一部、細胞が癌化してるようだが、古くてはっきりわからないって言われた。
それでな、その番組は放送できなかったんだ。夏までに芸人2人とも急死したからな。
突然死で原因は不明。俺? 当時は大変だったが、今はまあなんともないよ。






安倍マリオと地球空洞説

2019.06.15 (Sat)
アーカイブ145



変な題名ですが、今回はこのお話をしてみたいと思います。
早いものでリオ オリンピックはもう一昨年のことになりましたが、閉会式で、
安倍首相がマリオに変身し、ドラえもんが作った土管で地球の中心を抜けて
リオの会場に飛び出してくるというPR映像が出ていました。

あれって、本当にできるんでしょうか?・・・まあ、できませんよね。
できないんですが、考えてみるのは面白そうです。
(自分が計算機片手に思考実験しましたが、もしかしたら
間違いがあるかもしれません。その場合はご指摘ください。)

まず、地球の直径は12742km、これに土管を通すことができるか。
地球の内部の上のほうは、地殻という岩盤になっています。
この厚さが、だいたい30~40kmほど。検索してみると、
青函トンネルの長さは53.85km・・・おお、なんか掘れそうな気もします。

ですが、水平方向にトンネルを伸ばすのとは違って、
下向きに掘れば掘るほど、温度と圧力は高くなっていくはずです。
ちなみに、これまで掘られた最も深い穴はロシアで約12km。
このときの内部温度は180℃だったそうです。



まあでも、なんとか地殻を突破できたとしましょう。
その次にあるのはマントル、どろどろに溶けた岩石と金属の層です。
上図を見てもらえばわかりますが、温度はその上部で1000℃、
地球中心部で6000℃程度になります。(上図は華氏)
これは太陽の表面温度と同じくらいですかね。

うーん、アメリカのスペースシャトルが地球に戻ってくる大気圏再突入では、
表面の耐熱タイルは1500℃ほどになるそうです。また、日本の人工衛星、
「はやぶさ」が帰還したときには、機体の温度は3000℃まで上がりました。
では、6000℃に耐えて、しかも中の人間が無事な土管は作れるのか・・・

次に圧力を見てみましょう。地球の中心部にかかる圧力は360万気圧、
これは途方もない数値です。日本が誇る深海探査船、「しんかい6500」が
耐えられる圧力が700気圧・・・これはダメですね、文字どおりケタが違います。
温度のほうは何とかなる土管が作れたとしても、
圧力で一瞬のうちに消えてなくなってしまうようです。



ま、普通はここまで考えて終わりなんでしょうが、それだと夢がないので、
日本からブラジルのリオまで届く土管が作れたとします。
では、その中に飛び込むとどうなるのか?
これ、内部に空気があると摩擦熱で燃えてしまう上に、

衝撃波も発生するので、中は真空にするしかないでしょう。
真空には熱を伝えない利点もあります。
安倍マリオには酸素ボンベを背負い、宇宙服を着てもらいましょう。
また、地球の自転の影響は無視します。トンネルに飛び込むと、
そのまま地球の重力で自由落下していくわけですが、

1分後にマッハ2、3分後にマッハ5、21分後に地球の中心に到達して
マッハ23ほどになります。およそ秒速8000mです。
これが最高速度で、そこからは地球の重力でだんだんに減速していき、
リオに着いたときは速度0になっているはずです。
日本ーリオ間の到達時間は21分の2倍、42分です。

自由落下の公式
名称未設定 1eeer

ここでまた問題があります。人間の体ってこのスピードに耐えられる
んでしょうか?検索してみましたら、スカイダイビング競技で、
パラシュートを開かないフリーフォール中にマッハ1を超えた人は
いるようです。それでもせいぜい、秒速にすれば350mくらいです。
うーん、まあ、安倍首相は超人なので耐えられることにしましょう(笑)。

ということで、ここまで見てきたかぎり、最大の問題は地球内部の圧力、
これに耐える土管を作るのは、どうやっても不可能でしょうね。
しかし、もし地球の内部が空洞だったとしたら?
これ、昔からオカルトで言われている、
「地球空洞説 hollow Earth theory」というやつです。

地球空洞説


みなさんは、「ハレー彗星」という言葉を聞いたことがあると思います。
イギリスの天文学者、エドモンド・ハレーが回転周期を発見したので、
彼の名がつけられているんですが、このハレーさん、実はオカルトの人で、
「地球空洞説」を大真面目に発表しているんですね。彼によれば、
地球内部は空気の層があって明るく、居住が可能だろうとしています。

また、スイスの数学者、レオンハルト・オイラー。
天才というしかない頭脳の持ち主でしたが、彼も地球空洞説論者でした。
地球の内部の中心には太陽があり、高度な文明が発達している
という説です。フランスの小説家、ジュール・ベルヌは、
『地底旅行』で夢のあるSFを書きました。

現在から考えれば、トンデモの極地のような地球空洞説ですが、
ハレーは17世紀、オイラーは18世紀、ベルヌは19世紀の人です。
当時の科学水準では、これも立派な仮説として認められていました。
空洞説が完全に否定されたのは、20世紀になってからのことなんですね。

さてさて、もし地球の内部が空洞で、気圧も地上と変わらないなら、
安倍マリオはリオに行けるのかもしれません。
しかし、さすがにそうではないので、高速のジェット機で行くなどの
現実的な方法を考えたほうが、費用対効果の面でもよさそうです。

マッハ2の速度の個人用ジェットで、リオまで最短距離で
直行するとすればだいたい15時間ほどじゃないかと思います。
結局は空路が一番安全で早いわけです。
では、今回はこのへんで。

関連記事 『地球平面説について』 『消えるオカルト甦るオカルト』

『センター・オブ・ジ・アース』





古代の墜落宇宙船

2019.06.14 (Fri)
xsder (2)

月の裏側の地下に、何やら巨大な物体が潜んでいるらしい。
質量がハワイ島の5倍もある金属の塊のようだという。学術誌
「Geophysical Research Letters」に最近発表された論文によると、
その物体は南極エイトケン盆地の地下300キロよりも深い場所にある。

南極エイトケン盆地は、数十億年前、月の表面がまだ高温の溶岩に
覆われていたときに、隕石が衝突してできた巨大クレーターだ。
月面が完全に冷え固まる少し前に形成されたため、今も痕跡が残っている。

(National Geographic)

今回は科学ニュースからこういうお題でいきます。うーん、これは
興味深いニュースですね。まず、月の裏側というだけでロマンが
あります。地球からは、月の裏側はどうやっても見ることが
できないのはご存知だと思います。その理由は以前の記事に書いたので
くり返しませんが、何か不思議なものを感じます。

さて、今回の発見は、2011年にNASAにより行われた、
月周回軌道上を飛ぶ探査機「GRAIL」2機によって月の重力分布を
高精度で測定したデータを、ベイラー大学の研究チームが分析したところ、
月の裏側にある「南極エイトケン盆地」という大クレーターに、
異常な重力分布を発見したというものです。

コロンビアの遺跡から発掘される「黄金シャトル」


重力源を推測したところ、地下およそ300km。
何百kmもの大きさの金属が埋まっている計算になったということです。
その重さは200兆トン。ちょっと想像つきかねますが、「ハワイ島の
5倍の大きさをもつ金属塊」という例えはわかりやすいですね。

じつはこれ、2015年に日本の探査衛星「かぐや」が測定した
月の重力分布でも言及されてるんです。また、中国の衛星「嫦娥4号」も
計測していて、同じものだと思われます。ですから、
よくあるガセニュースというわけではないんです。

さて、下の画像が「南極エイトケン盆地」ですが、かなり巨大な面積です。
これほど大きいクレーターは他に観測されてはいません。
それと、見てわかるとおり、上部に新しくできた小さいクレーター跡が
たくさんあります。ですから、重力異常の原因となる物体は
かなり古いものだということです。

「南極エイトケン盆地」
xsder (6)

これは推測ですが、300kmもの地下にもぐり込んでいるということは、
まだ月が形成されて間もなく、表面がやわらかい溶岩で覆われていた
時代のものじゃないでしょうか。また、こういう重力異常では「マスコン」
という、ダーツの的のような等高線状の重力分布が見られるんですが、
それもない。つまり、たいへんに巨大な物体が埋まっているため、

重力分布が均等に大きいということなんですね。
で、こういう話が出ると、海外のUFOサイトでは、古代宇宙船の
墜落跡ではないかという話が必ず出てきます。今回もすでに出ているよう
ですが、さすがにこれほど大きい宇宙船というのは考えにくい
気がします。それと、宇宙船はそんなに重くないですよね。

外側は金属とかセラミックに覆われていても、内部は人が住めるように
空洞になっているはずです。宇宙船と同じ体積の岩石を比較すれば、
密度はずっと小さいと考えられます。ですから、
もし宇宙船だったら、周囲よりも重力が小さいという、
今回とはまったく反対の結果が得られるんじゃないかと思います。

昔からある「月人工天体説」
xsder (5)

では、これはいったい何なのか。上記の研究チームは2つの仮説を
検討しているようです。一つは、月がまだマグマの海に覆われていた昔に、
冷却の最終段階で形成された密度の高い酸化物のなごりではないか、
というもの。うーん、クレーター跡が凹地になっていたところに、
重い物質が流れ込んだということですか。

でも、それだとあまりロマンがないですよねえ。
それに、地下300kmというのも深すぎる気がします。
もう一つの説は、おそらく月が形成されてまもないころに起きた隕石、
あるいは小惑星衝突のなごりだという説です。

超巨大隕石ですから、内部に金属の核を持っています。それが、
衝突した衝撃で月面が深くえぐられ、クレーターが形成され、
隕石の金属核が地面深くに潜り込んだ。やがてその上を溶岩が覆い、
核は地下に閉じ込められたが、重力異常でその存在を知らせている。
いや、こっちのほうが実際にありそうな気がします。

バルト海の奇妙な海底地形
xsder (4)

さて、当ブログは科学ニュースの解説のためのものではなく、
オカルトがメインなので、その方面に話をふりましょう。
古代において、宇宙船が墜落した跡が地球に残っているという
説はいろいろあります。このあいだ「海底のオカルト」でご紹介した、
バルト海沖の円形地形もそうです。

ただこれ、残念ながら氷河の堆積物の自然地形である可能性が高そうです。
あと、大きく話題になったのは、2018年にバハマ沖、
通称バミューダトライアングル内で、アメリカのトレジャーハンター、
ダレル・ミクロス氏が発見した物体。

下図の写真がそれで、古代宇宙船説もありますが、
これは人工物で、おそらく船ですよねえ。
砲塔のようなものがあり、そんなに古くはない軍艦じゃないかと思います。
調べれば沈没の記録が出てくるだろうという気がしますが、
このニュースも続報はないんですね。

バハマ沖海底の謎の物体
xsder (1)

さてさて、フィクションでは、推理作家の高橋克彦氏が書いた伝奇SF
『竜の柩』シリーズが有名です。かなりの冊数が出ていたと思います。
超古代の地球には、竜を神と崇める部族と牛を神とする部族がいて、
たがいに争っていた。まあ、神と言っても実体は宇宙人です。

で、「竜の柩」というのは、その宇宙人の縦長のロケットが墜落した跡で、
それを手に入れた者が地球を支配できる・・・
そんな筋でした。まあ、海底やシベリア、南米の密林などの深くに
古代宇宙船が眠っている、こういうのは夢のあるオカルトですよね。
では、今回はこのへんで。

関連記事 『月の裏の話』 『月=人工天体説』

xsder (3)





AI小説について

2019.06.13 (Thu)
ssss (3)

数年前、「AIが書いた小説が星新一賞の一次審査を通過した」
という報道がなされた。星新一賞は日本経済新聞社が主催する公募文学賞で、
「人間以外(人工知能等)」からの応募も認められている。
そして、第3回(2016年)において一次審査を通過した作品のなかには、
「人間が書いていない」ものがあったという。
(現代ビジネス)

今回は科学ニュースからこのお題でいきますが、前にもじつは
似たような記事を書いてますので、そちらをお読みになった方は
スルーされたほうがいいかもしれません。上記のニュースは、
松原仁・公立はこだて未来大学教授のプロジェクトが作成した短編、
『コンピュータが小説を書く日』のことですね。

第3回の星新一賞に応募して、一次審査は通過したものの、
受賞にはいたっていません。ネット上に掲載されていますので、
興味を持たれた方は参照されてください。自分が読んだ感想は、
正直、受賞するにはまだまだだなあというものでした。

クリックで拡大できます
ssss (5)

あと、この作品は厳密には「コンピュータ(AI)が書いた」とは
言いにくいものです。確かに文章はコンピュータが作成していますが、
そのもとになるストーリーは、人間が考えているからです。
ですから、あえて言えば人間とコンピュータの
合作ということになるでしょうか。

もっとも、研究プロジェクトの目的は「コンピュータに、意味のとおる
ある程度の長さの文章を書かせる」ことであって、
「コンピュータに小説を書かせる」ことではありません。
ですから、それについてはかなり達成されたと言えるでしょう。

さて、こっからは自分の考えですが、「小説を書く」とした場合、
3つのプロセスが必要だと思います。① 小説を書くための動機を持つ 
② 小説のアイデア、ストーリーを得る ③ 実際に文章を作成する
他にもあるでしょうが、話をわかりやすくするため、これで論じていきます。

③はだいぶ進化してきています。ですが、技術的な部分については、
小説よりも絵画のほうが進んでるんじゃないかな。
自分も画像加工ソフトを使って、趣味で絵を描いたりしていますが、
その進化はめざましく、年々できることが増えてきています。

ssss (4)

ただ、①と②については難しいですね。理由は簡単、
コンピュータは人間ではないので、人格がないからです。
小説を書く動機というのは、社会的動機と文学的動機とに分けられる
かと思います。社会的動機というのは例えば、

「俺は小説を書いて芥川賞をとり、今まで馬鹿にしたやつらを
見返してやる」とか「俺は流行作家になって、ガバガバ金を稼いでやる」
まあ、出版不況と言われて久しいので、小説で大金を得るのは
昔に比べてきわめて難しくなっていますが、それはともかく、
人間でないコンピュータが、こういう考えをいだくはずはありませんね。

文学的動機は、これは②ともかぶってくるんですが、
「人類に普遍の原理を思いついたから、それを小説にしよう」
「すばらしいシーンが頭に浮かんだ、それをメインに小説を書こう」
こんな感じです。でも、これも現状ではコンピュータには無理です。

AIが描いた肖像画 4900万円で落札
ssss (6)

自ら発想することができないんですね。例えば、天気予報や株式状況の
データをもとに自動で文章をつくる。これならできます。
あとは、人間のほうで、悲しい小説、笑う小説、感動する小説、
読んだ人が怒る小説を書け、とコンピュータに命ずることもできます。

ちなみに、これは余談ですが、悲しい小説と笑う小説で比較すると、
笑う小説をコンピュータに書かせるほうがはるかに難しいそうです。
まあ、悲しい話の場合、難病の少女とかを主人公にして、
次々に不幸が襲ってきて最後には死んでしまう・・・

そういう材料をコンピュータに与えれば、それなりにできそうです。
ひところ「難病もの映画」というのが流行しましたよね。
あんな感じになると思います。ステロタイプになってしまいますが、
しかたがありません。それに対して、笑う小説というのは本当に難しい。
ギャグを考えるのは高度な知的作業なんです。

ほとんどが画像ソフトで描かれている漫画『コブラ』
ssss (1)

さて、ここまで読まれた方には、自分が何を言いたいのかおわかりでしょう。
結局、コンピュータがすべて自力で小説を書くためには、
人間とほぼ同等の感情を持つ必要があると思うんです。でも、
そうなるまでには数々のハードルがあり、数十年単位でかかりそうですし、
また、機械に感情をもたせるのがいいことかどうかもわかりません。

優れた小説を書くためには、感性による面が大きいんですが、
これは現在のコンピュータには難しい部分です。チェスや将棋などでは
コンピュータは人間を超えましたが、将棋は図形的な要素を含んだ
計算であり、そういう数的処理はコンピュータは得意です。

さてさて、では実際にコンピュータに小説が書けたとして、
コンピュータは小説家として認められるのか。現在の法律では、
もちろんコンピュータに人権はありません、したがって著作権もないと
いうことになります。ですから原稿料は入ってこない。当面は、
さっき話に出た画像加工ソフトのような使い方になるんじゃないかな。

漫画家さんの中にも、コンピュータで絵を描いている人は
大勢いますよね。あれと同じように、人間がテーマやシーンを入力し、
それにそってコンピュータが文章をつむぐ。派生した収入は
コンピュータを操作する人間が得ることになります。これはライターを
やっている自分にもありがたいことです。では、今回はこのへんで。

関連記事 『シンギュラリティって何?』

ssss (2)




鬼の家の話

2019.06.12 (Wed)
今晩は、じゃあ話をしていきます。私の名字は、以前は「鬼方」って
言ったんですが、今は違います。結婚したときに、べつに婿養子って
わけじゃないけど、妻のほうの名字を名のることにしたんです。
うちの両親も、それがいいって勧めましたから。
それと私には弟が一人いて、まだ独身なんですが、
両親は弟にも、お前が結婚したらやはり相手のほうの姓を名のれって
言ってるんですよ。はい、鬼方っていう名字をなくしてしまいたい
みたいなんです。でね、はっきりとではありませんが、
私が子どものころにあった出来事で、その理由はなんとなく
わかるんです。その話をこれからしていきますが、
その前に、もう少しうちの家族の話をさせてください。

うちの父は○○信用金庫というとこに勤めてまして、40歳を過ぎる
ころまで、ずっと転勤族だったんです。それも県内とかじゃなく、
全国を回る。だいたい3年か4年で転勤、仙台の次は鎌倉、
その次は大宮って具合に、東日本だけでしたけどね。
ですから、私は小中で転校を3回経験しています。
その学校に慣れて、新しい友だちができたときにはもう転校です。
まあでも、父の信用金庫の支店があるのは大きな都市だけで、
私が通ったのは大規模校でしたから、いじめられたことはありません。
子ども心に、人にまぎれて目立たないようにしようとしていたんですね。
うちの父は中国地方のある村、今は市になっていますが、
そこの出身で、母も同じです。断片的に聞いただけですが、

江戸時代以前からある名主の家の3男だったんです。
それが高校卒業と同時に家を飛び出して、新聞奨学生をしながら
商科大学を卒業し、信用金庫に採用されたんです。
その後、同じ村出身の母を呼び寄せて結婚した。母とは高校の同期なんです。
それでね、父は一度も出身地の村に帰ったことがないんです。
ほら、旧家だと盆正月に親戚一同が集まったりするでしょう。
ああいうことはなかったんです。父の両親、私からみれば
祖父母にあたりますが、どちらとも音信不通で、これも母も同じです。
だから、私は父方も母方も、祖父母というものに会ったことがないんですよ。
珍しいケースでしょう。父も母も、出身地との関係を絶ちたいんです。
理由はわからないんですが、その村でよほど嫌なことがあったんでしょう。

そんなわけだから、私が鬼方の姓を捨てることを喜んでくれて・・・
それとね、私は小さいころから「鬼」になる遊びを禁じられてたんです。
鬼ごっことかかくれんぼです。絶対にやっちゃダメだって、
かなりきつく言われてました。まあね、私が子どもの頃はテレビゲーム
ばっかりで、外で遊ぶなんてことはほとんどなかったんで、
そもそも鬼ごっこなんてやる機会がなかったんですが。
ただ、小学校のとき担任の先生が、道徳の時間に体育館が空いてたので、
クラス全員でレクリエーションをやろうって言い出して、
手つなぎ鬼なんかもやったんです。そのときは、私は両親の言いつけを
守って、頭が痛いと言って見学してました。ただもちろん、
そのときは、自分が鬼になったら何が起きるかはわからなかったんですが。

ああ、すみません。前置きばかりが長くなってしまって。
あれは私が小学校6年生のときですね。転校して2年目だったはずです。
私はスポーツ少年団に入ってなくて、夏休みとかもずっと家に
いるんです。いや、友だちはいましたけど、おとなしい子ばかりで、
部屋で遊ぶのがほとんどでした。その日は夏休みの最中だったと思います。
友だちの家で3人でゲームをしてましたが、部屋が暑くてたまらず、
エアコンもないんで、みな音を上げて、外にアイス買いに行こうって
なったんです。で、アイスをなめながら戻ってくる途中、
児童公園の横を通ったんです。夏の盛りの日中ですがら、
誰も人はいませんでした。そしたら、友だちの一人が、
「ああ、俺 今ボール持ってるし3人だから、ここで はさみっこ やらないか」

って言って、ポケットから半分空気の抜けたテニスボールを出したんです。
もう一人が、「いいよ、やろう」って賛成しました。
でも、私はほら、鬼ごっこの類はダメでしょ。それで「はさみっこ」って
どういうものかわからなかったんで、聞いてみたんです。
そしたら、「え、知らんの? 野球だよ。3人でもできる野球。
 1塁と2塁を決めて、2人が守備で1人はランナー」
そのときは、この説明でもよくわからなかったんですが、
ランダウンプレーってことです。塁間にはさまれたランナーをアウトにする
遊び。本物の野球と違うのは、ランナーにボールをぶつけても
アウトになること。あと、走路って言うんですか、野球だと
そっから大きく外れるとアウトになっちゃうけど、遊びだからそれもなし。

で、野球なら大丈夫かな、ってそのときは思ったんです。
最初、私は守備側でした。でも、運動が苦手なのでランナーをアウトに
できなかったんです。ゴムボールでグローブもないんで、ポロポロ
落としちゃうんですね。あと、ランナーにあてようとしてもよけられちゃう。
すぐ交代になって、私がランナーになりました。
けど、他の2人がずっとボールを回してて、スタートする機会がない。
そのうち、一人がボールを落としたので、2塁のほうに走り出しました。
セーフ。次は同じ場所なのに、そこが2-3塁間になるんです。
これもチャンスがあってセーフになりました。もうわかりますよね、
最後は3ー本塁間で、ホームを踏めば1点取れます。でね、
そのころには遊びのコツがわかってきて、わざと2人の間にはさまれて、

ミスを待って先の塁に進むんですね。一人が軽くボールを落としたときに
ホームに走って行ったら、もう一人にボールがわたってタッチされそうになった。
それで大きく横に走ってよけたんです。そのとき、もう一人が、
「鬼にボールぶつけろ!」って叫んだんですね。「え、鬼!? これって
 鬼ごっこ?」そう考えたとき、ぐにゃんと視界がゆがんだんです。
手でこすってから目を開けると、私はだだっ広い砂浜にいたんです。
カンカン照りで、浜には何人も漁師が出ていて地引網を引いてました。
「え、え、え?」友だち2人の姿は見あたらず、10人以上いる漁師たちは、
私に向かって「何してる、お前も引け」そう強い口調で言いまして、
私は手近なところに取りついて、いっしょに網を引きはじめました。
やがて、波打ち際まで網がきたので、みなは引くのをやめて

それに近づいていったんです。中には房になった気味の悪い海藻と、
10cmくらいの尖った魚がたくさん入ってました。で、一つだけ大きな
ものがあったんです。それはワカメみたいな別の海藻がぐるぐるくるまっていて、
漁師たちは小刀を出して海藻を切りはがしだしました。私は近くに立って
それを見下ろしてたんですが、中から出てきたのは人間の子ども。
私でした。私と同じ服装で固く目をつぶり、髪は海水で
べったり額に張りついてましたが、その両方の生え際にあたる部分に、
髪を分けて白く鋭い角が出てたんです。「ああっ!」そこで意識が戻りました。
私は病院にいて、はさみっこの最中に公園で倒れたみたいなんです。
友だちが近くの大人に知らせ、その人が救急車を呼んで病院に搬送。
医師の診断では熱射病ってことでした。

その後すぐ、連絡が入った両親が来まして、そのころにはだいぶ回復して
ましたが、念のために1日入院となったんです。まあこんな話です。
これだけだと、熱射病のための幻覚だと思われるでしょうが、
退院してからもしばらく、額の左右の生え際が痛かったんです。
鏡を見るとうっすら丸く赤くなってましたが、そのとき父親が見てて、
「お前、鬼ごっこやったろう」って言われたんです。いや、怒られるとかは
なかったんですが、父親は「うちの家系が鬼役をやると、本物の鬼になってしまう」
そんなことを言いましたね。ですから、それ以後は一度もありません。
最後にですが、大人になってから、両親の出身の村をグーグルアースで
見たんです。過疎が進んでいるみたいで、瓦屋根の家がまばらにあり、
山麓に黒々と建ってる大きな屋敷が、おそらく父の実家なんだと思いました。







江戸川柳は難しい

2019.06.11 (Tue)
zxcfg (4)
江戸の長屋

今回はこういうお題でいきます。ほとんどオカルトとは関係ない
話ですが、最後のほうで少しだけ出したいと思います。
前にも少し書きましたが、自分は鳥山石燕の妖怪画を研究していまして、
あの絵のそれぞれは、何か洒落や隠された意味が込められた
判じ物になっていて、なかなか謎解きできない。

これはなんでかと考えると、自分に江戸の知識がないからなんですね。
それで悔しいなと思いまして、少し江戸学の勉強をしてるんです。
といっても、市民講座を受けたり、大学の聴講生になったりとか、
そういうことではなく、まあ、本屋に行って、
江戸時代に関する新書が目につけば買うくらいです。

江戸古川柳というのがありますよね。連歌の前句付けが独立したもので、
俳句と同じ五・七・五ですが、季語はありません。
季語がないので自然をよんだ句は少なく、世相や風俗が題材になって
いるものがほとんどですが、これが難解なんですねえ。

zxcfg (3)

一度読んだだけではまったく意味がつかめず、謎解きをしなくては
ならないものが多く、石燕の妖怪画と共通点があるんです。
江戸当時の商売や物の値段、作法やしきたり、それから、吉原遊廓などの
色ごとに関するもの、時事的な事件、それらについての知識が必要です。

例えば現在でも、少しだけ流行した言葉とか、一発屋で
消えた芸人なんかは、もし100年後にそれをよんだ川柳が
残っていたとしても、おそらく未来の人はすぐには意味がつかめないと
思います。同じことが、現代から見た江戸古川柳にも言えるわけです。

さて、ではここからは、少し難解句をご紹介していきたいと思います。
「こりゃ喜助 小便所までは 何里ある」
まず理解は不可能ですが、ヒントは吉原をよんだもので、
喜助というのは、遊郭で雑用をしている老人のことらしいです。

江戸の職業 リサイクルが発達していました
zxcfg (6)

これはふられた男のことですね。首尾よく遊女と布団に入ったのはいいが、
女は小便に行くと言い残して逃げてしまう。よほど嫌われたんでしょう。
それで残された男がしびれをきらして、小間使いの爺さんを呼んだ。
・・・まあ、ふられたことがわからないほどの野暮ってことなんでしょう。

これもまず無理ですが、少し考えてみてください。
「大家から 鉄砲玉が 十五くる」 ヒントは15という数です。
江戸の町人はほとんどが長屋に住んでいて、「大家といえば親も同然」と
言われていました。で、大家は家賃を取るかわりに、
住人の世話をなにくれと焼いたものです。

正月には餅、十五夜には団子を配るなどしましたが、大家にも金がない。
そこで月見団子が、当時の丸い鉄砲玉くらいの大きさになった・・・
わかんないですよねえ。次も大家と店子もので、
「店中の 尻で大家は 餅をつき」わかったらすごいです。

吉原の花魁
zxcfg (5)

ヒントは、尻=ウンコです。江戸の長屋は共同井戸、共同便所でしたが、
長屋の住人が出したものは、権利として大家が下肥取りに売っていました。
野菜栽培などの肥料として使われるんですね。で、大晦日にその
支払いをもらって、大家がやっと正月の餅つきができる。
あと、「尻もち」と言葉が掛けてありますね。

『南総里見八犬伝』を書いた宝井馬琴は、何でも日記につけていましたが、
自宅の下肥の代金にナス250本をもらい、「一人50本なのに
足りないぞ」と文句をつけています。すると下肥取りが、
「15歳以下は一人と数えません」と言い返す。
・・・落語みたいですが、本当にあった話です。

あとは職業ですね。江戸には多種多様な職業があって、これをよんだ
ものもわからない。「焼接屋 夫婦喧嘩の わけを聞き」
さあどうでしょう。焼継屋というのは割れた瀬戸物を鉛ガラスで
接着する仕事で、街中を流していました。

zxcfg (2)

で、ある長屋の家で夫婦喧嘩があって茶碗を投げて割れた。しかたなく、
その仲裁をしようとするところなんですね。次は世相・事件に関するもの。
「お妾の おつな病は 寝小便」小便組という詐欺行為があって、
田舎侍や大店の商家に妾に入った女が、わざと毎晩寝小便をして
暇を出され、支度金をだまし取る手口で評判になりました。

おっと、まだいくらでもあるんですが、そろそろ字数が尽きてきたので、
オカルト川柳に移ります。「幽霊に なると平家も 源氏なり」
これはわかりやすいでしょう。平家は赤旗が軍の印でしたが、
幽霊になると白装束なので、白旗がシンボルだった源氏と変わらない。

「幽霊は みな俗名で あらわれる」 『四谷怪談』のお岩さんというのは
もちろん俗名で、戒名で出てくることはない。成仏していないからですね。
「幽霊に 応挙画筆の 水を向け」これは足のない幽霊画を描いたと
言われる円山応挙のところに幽霊が出たので、
絵筆に使う水を手向けがわりにしたということでしょう。

さてさて、ということで、自分が難しいなあと思った川柳の
ほんの一部だけですがご紹介してみました。なかなか面白いと思いませんか。
江戸学って深いんです。いつ石燕の絵までたどりつけるかわかりません。
では、今回はこのへんで。

関連記事 『江戸の隠居パワー』

幽霊画
zxcfg (1)




アーカイブ ヒドゥン

2019.06.11 (Tue)
3年前、小学校のときの話です。うちは港に面した丘の上にある集合住宅でした。
男だけの4人家族だったんです。祖父と父と、僕と2つ下の弟、道男と。
父は客船の船員で、1年のほとんどを船に乗って外国を回ってて、
たまに帰ってくるだけ。母は弟が生まれてすぐ、病気で亡くなったということで、
ほとんど思い出がありません。アルバムのようなのもなく、
写真も見たことないんです。で、ですね、今、弟と言いましたが、ぜったいに
僕が小5のときまで弟はいたんです。これは間違いないです。
ないんですが・・・まあ、これから詳しく話しますので、
会場の皆さんで、どういうことなのか判断してほしいです。
その小5の秋頃のことです。普段は60代の祖父と生活をしていまして、
学校のことから何からすべて面倒を見てくれました。

といっても祖父は夜になると出かけることが多く、仕事だと言っていました。
だから、寝る時間には僕と弟しかいないことが多かったんです。
朝になると帰ってきていましたけど。それと、集合住宅の他の家は、
今から考えると貧しい家庭が多かったんじゃないかという気がしますが、
うちはほしいオモチャやマンガ本など、何でも買ってもらっていました。
集合住宅には同じ小学校に通う友だちも数人いて、
そいつらと遊ぶことが多かったです。ほとんど室内でゲームとかでしたけど。
あるとき、どういうきっかけだったか忘れましたが、外に遊びに出たんです。
僕と弟と仲間2人の計4人で、団地の丘から下りて海のほうへです。
港に行くことは祖父に禁じられていました。
何でかっていうと、車通りが激しくて危険だからです。

いや、車通りが多いというのは違うかな。道がだだっ広くて信号もほとんどなく、
走ってるのは自動車やコンテナを積んだ大型トレーラーばかりだったんです。
普通のトラックの倍以上あるような巨大なやつ。丘の上から見ている分には
かっこよかったんですが、近くを通るとすごい風圧で、子どもだと
吹っ飛ばされそうな感じがしました。で、その日は倉庫街でかくれんぼと
鬼ごっこの混ざったような遊びをしていたと思います。倉庫街は、体育館ほどの
建物を殺風景なコンクリの高い塀が取り囲んでいて、日本じゃないような
感じがしたんです。アスファルトに長く影が伸びてきた夕方、
そろそろ帰ろうかとなって、4人で塀の前を歩いていました。
鉄格子の門の前を通ったとき、弟が倉庫のほうを見て、
「あ、ロボットがいた」って言ったんです。

それを聞いて、残り3人も鉄格子の中を見たんですが、
何も動くものはありませんでした。「嘘つくなよ、こら」
「ロボットが、んなとこにいるわけねえだろ」こんなふうに言われて、
弟は悔しそうに、「さっき白いロボットが、あのシャッターの中に入っていった」
って言い張りました。たしかに中の倉庫の一つ
の建物のシャッターが、半分くらい開いていました。
「俺、見てくる」弟はそう言って、鉄格子の下の部分をくぐりました。
子どもだとくぐって入れるくらいのスペースがあったんですよ。
「ちょ、待てよ」しかたなく僕らも続いたんです。
僕らでも顔を地面にこすりつけるようにすれば入っていけました。
弟はすでに建物のシャッターの前に立って中をのぞき込んでいました。

「怒られるぞ、早く出ろ」そう言いながら近づいていくと、
「兄ちゃん、変なもんがある」弟が言いました。それで俺らも中を見ると、
たしかに変なものがあったんです。その建物の中は薄暗い照明がついてて、
小学校の教室3つ分くらいの広さでしたが、床が土になっていたんです。
まずそこが変ですよね。それと、5mほど離れたところに低い鉄柵があり、
その中に石がいくつも立ち並んでいたんです。人の気配はありませんでした。
弟が中から引っぱられるような感じでふらふらと入っていき、
僕らも後に続きました。鉄柵に近づくと、黒い土の上に、
円を描いて1mほどの縦長の石が並んでいたんです。そして直径2mほどの
円の中心にあたる部分に、他よりもやや高さのある石柱。
「これ、日時計みたいだな」と友だちが言い、みなはうなずきました。

そうですね、今なら何かわかる気がします。東北にあるストーンサークル、
大きさはともかく、形はあれにそっくりでした。石は白っぽくて、
中に緑っぽい部分が入ってて、どれも同じ種類に見えましたね。
鉄柵を回っていくと、弟が「あ、ほらあれ、さっきのロボット」と叫びました。
見ると突き当たりの壁に、白い人の形のものが3つ並んでいました。
「人がいるなら怒られる」と思ったんですが、生きている感じがしませんでした。
近づくと、それは壁から吊り下げられた服だったんです。宇宙服というか、
映画のスターウオーズで帝国群の兵士が着てた、白い硬質のスーツみたいな。
でも、大人のにしては小さく、中に人は入ってませんでした。
ヘルメットの透明な部分の中は何もなく、くたっと壁にかけられていたんです。
「何かの作業のときに着るやつじゃないか」僕が言いました。

「もう見たからいいだろ、早く出ようぜ」友だちの一人がそう言い、
僕らはシャッターのほうへ向かいました。前にいた弟が鉄柵越しに石柱の
一つにさわりました、そしたら根元が埋まっていたわけじゃなかったのか、
ぐらっと傾いて中央のほうに倒れ、中心の石にあたったんです。
「カン」と乾いた音がしました。そのとき急にサイレンが鳴り出し、
天井で赤色の光が点滅を始めました。「バカ、何やってるんだ」僕は弟に言い、
「逃げろ」全員で走りました。シャッターを抜け、鉄格子の門をくぐり、
サイレンの音を背に長い塀の横を走りました。全力疾走で息が切れ、
角を曲がったところでいったん立ち止まったんですが、3人だけ。
弟がいなかったんです。「あれ、道男のやつ」僕がそう言って、さっきの道を
覗こうとしたら、「道男ってだれだ?」って友だちの一人が言ったんです。

「俺の弟だろ、さっきまでいた」・・・2人は顔を見合わせて、「俺ら3人で来たよな」
「だいたいお前に弟なんていないだろ」わけがわかんなかったです。
「何言ってんだよ、さっきロボットが見えたって、あの倉庫に入ってったろ」
「それ、お前だよ」「俺じゃなくて」こう言い合っていると、
「迎えに来たぞ」急に声をかけられてびくっとしました。振りかえると、祖父でした。
「あっ、じいちゃん、道男が・・・」「道男ってだれだ?」「えっ!?」
・・・最初から弟なんていなかったことになってしまったんです。
祖父が「弟なんていない」って言うのでどうにもなりませんでした。
それで、家に戻ったら弟の痕跡がまるでなくなっていました。
机も、布団も、教科書も何もかもです。もちろん祖父には繰り返し話したし。
かんしゃくを起こして新聞を床に叩きつけたりしたんですが・・・

そのうち、祖父は仕事だからと出かけてしまい、
朝になって目覚めてもやっぱり弟はいませんでした。
しかもです、小学校に行っても弟のいた跡というのはまったくなかったんです。
3年生の弟がいるはずの教室に行き、そこの担任に聞いても、
「道男くんという子はこのクラスにはいないよ。君、5年生の子だよね。
 他の学年と勘違いしてるんじゃないか?」雨具かけにも、靴棚にも弟の名前はなし、
すっぱりこの世から消えてしまったんです。え、ずっと僕のほうが
弟がいたっていうニセモノの記憶を持ってたんじゃないかって?
それはないです。弟とやったことの一つ一つをちゃんと思い出せるし。
ただ、ときおり帰ってくる父に聞いても「弟なんていないだろう」って・・・
この2年後、中1のときのことです。朝方、電話が鳴っていて目が覚めました。

祖父はおらず、眠い目をこすりながら出てみると、父でした。
「引っ越すことになったから今日は学校を休め。今、人が来るから」
30分ほどしてチャイムが鳴り、開けると作業服の人が数人入って来ました。
その人たちは黙々と部屋の中のものをダンボールに詰めて、
俺が何を聞いても答えようとしなかったんです。
そうしているうち、外国に出ていたはずの父が入って来て、
「神戸に引っ越すぞ、じいちゃんは後でくるから」こう言ったんです。
先に家の荷物をまとめたトラック、俺は父の運転する乗用車で後に続いて、
何時間も走りました。それで、今住んでる家まで来たんです。
集合住宅から比べればものすごく広くて・・・庭にあれがあったんです。
ストーンサークルですよ。倉庫で見たのと同じものだと思いました。

今の家にきて1年になるんですが、まだ祖父は合流してません。
父はもう船には乗らないようで、ずっと家にいますが、
前に祖父がやってたように夜になると出て行き、朝には帰ってきています。
転校して、新しい学校にはなんとかなじむことができましたが、
なじめないのは家のほうです。部屋数が多くて暗くて不気味で・・・
それと、庭のストーンサークルには近寄ってません。
あの小5のときのことがあるので・・・でも、一人で夜2階の部屋にいるとき、
つい庭のほうを見おろしてしまうんです。そしたらこの間、12時過ころ、
ストーンサークルのまわりを、白いものがふらふら歩き回っていたんです。
あの倉庫にかかってた宇宙服みたいなスーツに見えました。大人の
背丈じゃなく小さかったんで・・・あれ、道男じゃないかと思うんですよ。







仏教徒としての天皇

2019.06.10 (Mon)
cxdftr (3)
京都 泉涌寺

今回はこういうお題でいきます。まあ、あまり面白い話題ではないと
思います。昨今、天皇について「祭祀者である」 「祈りを捧げる人である」
というふうな話をよく見聞きします。たしかに、今上陛下においては
そのとおりだと思いますが、もちろん歴史的にずっと
そうだったわけではありません。

千数百年の長きに渡って天皇は仏教徒であり、中には譲位後に出家して
法皇となり、いわば仏教徒のトップに立たれた天皇も多いんですね。
ところが、明治以来、天皇と仏教とのかかわりが意図的に
報道されなくなって
、これが現在まで続いてるんです。

ですからまあ、一般の方が天皇は神道の祭祀者であると考えるのは
いいんですが、歴史を勉強している学生のみなさんが、
天皇と仏教のかかわりに目を向けないでしまうと、
これは歴史の流れを見誤ってしまう可能性があるかと思います。

泉涌寺にある歴代天皇の陵(仏塔)
cxdftr (4)

さて、天皇と仏教の関わりを振り返ってみると、『日本書紀』によれば、
欽明天皇13年(552年)百済の聖明王が使者を使わし、
仏像や経典とともに、仏教の功徳を賞賛した上表文を献上した
と記されています。ただ、552年は釈迦入滅後1500年の
翌年にあたり、後世に作為的に入れられた年代だとする意見もあります。

以前の歴史教科書では、これについて「仏教伝来」という語が使われていた
と思いますが、あくまで公的に仏教が日本に伝来した時点で、
それ以前から部分的な仏教の受容はあっただろうと考えられ、
最近は「仏教公伝」という語に変わってきているようです。

最初のうちは仏教に対する反発もありましたが、次第に受け入れられ、
仏教ともに伝わったとされる火葬も増えていきました。
『続日本紀』によるれば、最初に火葬された天皇は、702年に死亡し、
殯の儀礼の後703年に火葬された持統天皇です。
トップダウンで仏教の受容が始まったと言えると思います。

後白河法皇
cxdftr (5)

ちなみに、夫婦であった天武天皇と持統天皇は合葬されており、
その陵は「野口王墓」とも呼ばれ、墳丘径60mほどの八角墳と
見られています。1235年に盗掘にあった記録が残っており、
その際に副葬品は奪い去られ、天武天皇の遺骨は散乱し、
持統天皇の遺灰が入った骨壷は、無残にも近くに遺棄されたようです。

仏式の葬儀が取り入れられたのは、奈良の大仏開眼供養を行い、
仏教による鎮護国家をめざした第45代 聖武天皇からとされています。
これ以来、 1867年に崩御された第121代 孝明天皇まで、
1000年以上にわたって天皇家の葬儀は仏式で行われ、
また、即位の儀などの国家的儀式も仏式だったんです。

京都東山の泉涌寺の霊明殿には、天智天皇・光仁天皇以後の
歴代天皇・皇后の位牌が置かれており、この泉涌寺で後鳥羽上皇や
順徳上皇などが受戒を授かっています。多くの天皇の陵が仏式の塔として
残されていて、上記した孝明天皇の陵もここにあります。

密教者として描かれる後醍醐天皇
cxdftr (1)

さらに、明治4年(1871)まで、宮中の黒戸の間に仏壇があり、
歴代天皇の位牌があったんですね。それが明治期の廃仏毀釈により、
宮中の仏像その他は一切撤去されることになります。
では、なぜ天皇家は仏教徒であることをやめたのか。

これはご存知と思います。明治維新の精神的なバックボーンとなった
国学では、仏教は異国渡来のまちがった教えであり、
日本古来の神道に回帰すべきであるという声が強かったからです。
そしてそれを明治政府は国民統合のために利用しました。

仏教で最も上位とされる概念は「仏・法・僧」で、法の前にはみな平等。
たとえ天皇であろうとも、その教えには頭を下げなくてはなりません。
天皇が仏教徒では、絶対者にはなりえないんですね。ですから、
「国家神道」を起こして、明治天皇をそのトップに据えようとしました。
そうして薩長土出身の元勲が、その大権を意のままに動かす。

聖武天皇の悲願、大仏開眼
cxdftr (1)

もちろん天皇家はじめ、公家においても、それまで信心し極楽往生を
願ってきた仏教を捨て去ることには、大きな困惑があったと考えられます。
また、明治政府が推し進めた国家神道は、古い時代の神道を
正確に再現したものではありません。古神道は文字による記録がほとんど
残っていないため、実体がよくわからないからです。

「復古神道」というのがありますよね。平田篤胤や本田親徳らが大成した
もので、言霊や数霊などを用いて『古事記』などを読み解こうとする
試みですが、これから派生して多くの神道的な新興宗教ができました。
ですが、自分から見れば、その多くは噴飯もののデタラメな内容です。

さて、明治政府によって始められた国家神道により、
天皇は天照大神から続く「現人神」となり、天皇大権をもって
世を治めることになります。で、それが第2次世界大戦の敗戦まで続き、
昭和天皇は人間宣言を出し、新憲法によって
日本国統合の象徴となるわけです。

さてさて、ということで、仏教徒としての天皇家の歴史を
ごく簡単に見てきました。今上陛下を例として「天皇は祭祀者である」
とするのはそのとおりですが、なぜ仏教は捨て去られたのか、
正しく歴史を見るためには、そこをきちんと理解する必要が
あると思います。では、今回はこのへんで。

関連記事 『仏教書としての日本書紀』

国家神道 五十銭紙幣に描かれた靖国神社
cxdftr (2)




見る話 2題

2019.06.09 (Sun)
見る、ということは、感覚器官である目がとらえた像を電気信号に変換し、
さらにそれを、脳の中での複雑な過程を経て意識が認識します。
ですから、その途中のどこかで誤作動が起きたとしても、
それほど不思議なことはないんですね。一人で見た場合は
そういう誤作動があってもおかしくはない。俗にいう、
幻覚ってやつです。ですが、複数で見た場合はそうとは言えませんよね。
まあ、集団幻覚ということもありますが、めったにあるケースではない。
そのため、複数人が同じものを見たという証言は貴重なんですが、
あんまりないんですよね。また、あったとしても幽霊とは少し
違う場合が多いんです。今回は、自分のところに集まってきた話の中から、
その手のものを2つご紹介します。

鳥を見る
私のいた中学校は、毎週の月曜日に朝の全校集会ってあったんです。
3シーズンは外で、冬季間だけは体育館で行ってました。
時間はそんなに長くはなかったです。全部で15分くらいかな。
校長先生のお話がメインでしたが、当時の校長先生は長話はされない人で、
朝だったこともあって、夏でも倒れたりする人はいなかったと思います。
それで、あれは体育館だったから冬のことですね。
私は校長先生が話をしているのをぼーっと見ていました。
話の内容は記憶ないですねえ。そしたら、始まって数分したら、
校長先生の体がふわーっと壇から浮き上がったんです。
「えっ!?」と思いました。でも、目をこすって確かめると変なんです。
校長先生の体が重なって見えるんですね。

その意味はすぐわかったっていうか、そっちが本体だと思うんですけど、
一人の校長先生は壇の上でそのまま話していて、
もう一人の校長先生がゆっくり上に向かって浮き上がっていくんです。
その体が重なって見えてた。「え、え、え?」でも、そんなことが
あれば大騒ぎになるはずだけど、まわりはみなシンとしてる。
あ、それと、浮き上がっていく校長先生は両手を羽ばたいていたんです。
校長先生は退職間際の男の先生でしたけど、下の校長先生は
真面目に話をしてるのに、浮いていく校長先生は、
なんともいえない気持ちのいいような顔をして、少しずつふわーっ
ふわーっと両手を動かして。どうなるんだろうと思って見てたら、
浮いていく校長先生の体は、ステージの上までくると、

急に鳥に変わったんですよ。人間と同じ大きさくらいある鳥。
鳳凰って言うんだと思います。あとで絵を見たらそっくりでした。
体からひらひらした房みたいなものが何本も下がってて。
それで、顔だけが校長先生。その鳥はステージの上の幕に
隠れて見えなくなっちゃったんです。ええ、不思議だというか、
他の人に見えてないなら、私の体が悪いのかと心配になりました。
だから、教室に戻って担任の先生が来るまでの時間に、
思い切って立ち上がり、「さっき、校長先生が2つに分かれて
鳥になったのを見た人、手をあげて!」ってやってみたんです。
そしたら、ほとんどのクラスメートは驚いてましたけど、
手が3本挙がったんです。男子1人、女子2人。

それで、その人たちのところに行って確認したら、
やっはり私と同じものを見てたみたいなんです。校長先生が2つに
分離して、一つは浮き上がって鳥になった・・・不思議ですよね。
その子たちも気味悪がってたから、その日の休み時間に他のクラスでも
調べてみました。そしたら、他のクラスにもいたんです。けど、
人数とかは確認できなかったです。まあこんな話で、校長先生がこの後
亡くなったとかなら納得できるかもしれませんが、そんなこともなく、
私たちが卒業のときに退職されました。今はどうしてるかわかりませんけど。
それでね、2月になってインフルエンザが小流行し、かかって休んだのが、
そのときに鳥になった校長先生を見たメンバーだったんです。
もしかしてあれ、インフルエンザの精とかだったんでしょうか。

蟹を見る

これね、うちの祖父が亡くなる前に入院したときの話です。
肺がんでした。見つかったときはもう末期で、しかも80歳を過ぎてたので、
積極的な治療はできなかったんです。幸い、骨などには転移してなくて、
大きな痛みはなかったんですが、息苦しそうでした。
病院で最期を迎えたんですが、その2週間くらい前かなあ。
私が母と見舞いに行くと、ベッドに酸素のチューブをつけて寝てた祖父が、
少しだけベッドを起こして、「さっきなあ、蟹をもらったぞ」って
言ったんです。「え、どなたからです?」母が言いました。
私たちがいないうちにお見舞いの方が来てくれたなら、
お返しとかしないといけないですから。そしたら祖父は、
「どこの人かはわからんなあ、なんせ顔がなかったから」

こんなことを言いました。でもそのときまで、祖父は頭はしっかりしてた
んです。母は驚いてましたが、話を合わせるように、
「あらそう、で、蟹は冷蔵庫の中?」そう聞きました。
そしたら祖父は、「いや、ここにあるが、見えんのか?」
そう言って、ベッドの胸あたりにある大きなものを持ち上げるそぶりを
したんです。そうですね、足を持っていたとして、
祖父の手を広げた具合から、かなり大きな蟹です。母と私は顔を見合わせ、
「あら、よかったわねえ」そう言うしかできませんでした。
祖父はまた横になったので、それ以上の話はしませんでしたが、
蟹なんてあるはずはないんです。ですけど・・・
翌週ですね、また見舞いに行きました。その頃には、

祖父の容態は悪化していて、個室に移ってたんです。
それで、入ってすぐ、部屋の中が異様な臭いがするのに気がつきました。
生臭いっていうか、生き物が腐ったような臭い。でも、祖父は最後まで
自分でトイレに歩けたから、おむつとかの臭いじゃないんです。
ちょうど看護師さんが来たんで、母が部屋の臭いの話をしたら、
看護師さんは困ったような顔で、「そうですね、嫌な臭いがします。
 でも、部屋の中をすみずみまで調べても原因がわからなくて。
 もしかしたら、何か生き物が入ってるかと考えて、
 業者さんにエアコンも見てもらったんですけど、スミマセン」
こんなことを言われたんです。その臭いは、祖父のベッドの近くが
いちばん強かったです。磯臭いような感じもしました。

そのとき、私たちが来たのがわかったのか、祖父が目を開けて、
「ああ、お前たち来たのか、臭くてたまらんから、この蟹を
 よけてくれんか」そう言って、視線を胸元の毛布に向けました。
「え、まだ蟹がいるの?」 「ああ、死んで腐ってるくせに、
 がっちり爪で毛布をはさんで、わしの力ではとれん」
でも、祖父の胸元のあたりをさわっても、もちろん何もなし。
それから、祖父が亡くなる3日前です。そのときには嫌な臭いは
ほとんどなくなってましたけど・・・まだかすかに、
あるような気もしたんです。気になったのでやはり胸元を
さわっても何もないんです。それで、祖父はその個室で亡くなったんです。
血圧が低下して親族が呼ばれ、ベッドのまわりを取り囲みました。

祖父は強い麻酔をされてて意識はなかったです。人工呼吸器などの
延命治療は、本人の希望で断っていました。やがてだんだんに
心電図の鼓動が弱くなっていって、医師が「みなさん、呼びかけて
 あげてください」みたいなことを言いました。
「お父さん」 「○○伯父さん!」いろんな声がかかり、
それからすぐ、「○時〇〇分、お亡くなりになりました」医師がそう
言ったとき、ベッドの祖父の胸の部分に、大きな蟹が浮かび上がって
見えたんです。蟹は1mちかく、生きていない抜け殻のように
思えましたが、がっちりと祖父に爪を立てていました。
でも、すぐに消えて。後になって弟に聞いてみたら「蟹、見たよ」って。
あれ、何だったんでしょう。肺がんが実体化したものなんでしょうか?






「多世界解釈」あれこれ

2019.06.08 (Sat)
xcdft (2)

今回はこういうお題でいきます。2日前に書いた「測定」の不思議
という記事の続きみたいなものなんですが、今日の記事の内容の後半は
科学的に正確ではなく、まあSF的な妄想みたいなものです。
ですから、そのつもりでお読みただければと思います。

本当は書く予定はなかったんですが、共同事務所の仲間から
「多世界解釈についてもっと書いてみてくれよ」と言われまして。
でも、これについて専門的に研究してる学者って多くないんですよね。
理由はおわかりだと思いますが、賞を受けたり、工学的に応用できるような
めぼしい成果が出ることが期待できないからです。

ただ、物理学者の中に過激な支持者はいます。イギリス人の、
デイヴィッド・ドイッチュという人です。名前を聞かれたことがあるか
もしれません。「量子コンピュータ」の基礎理論を構築した人物ですね。
ドイッチュの異常な理論?については後半のほうで少し触れることにします。

さて、「多世界解釈 many-worlds interpretation MWI」は、
プリンストン大学の大学院生であったヒュー・エヴェレット3世が、
大学院生時代の1957年に博士論文として書いた、量子力学の観測問題に
ついての理論です。3世というと王様みたいですが、
もしプロレスラーのドリー・ファンクジュニアが自分の子どもに
同じ名前をつければ、ドリー・ファンク3世(ザ サード)です。

分岐していく世界
xcdft (3)

エヴェレット3世は学生時代、SF小説の大フアンだったみたいです。
発表の当初、多世界解釈はさして評判にもならず、大学卒業後は理論物理とは
違う道に進みます。軍関係の研究をやったり、事業を起こして会社を
経営したりです。そのうちに、だんだんに多世界解釈のことが知られるようになり、

1959年、エヴェレット3世は量子力学研究の本場であった
コペンハーゲンの研究所に、量子力学の父と言われるニールス・ボーアを
訪問します。ボーアは「コペンハーゲン解釈」を進めた人ですね。ですが、
多世界解釈をくわしく説明する機会は与えられず、議論すらできませんでした。
コペンハーゲン派は、エヴェレット3世をただの素人とみなしていたようです。

多世界解釈が世間に知れるようになったのは1970年代からです。
さまざまなSF小説やコミックで取り上げられ、大流行しました。
まあ、学術理論なので特許というものはないんですが、もしそうできたら、
エヴェレット3世は、その特許使用料だけで食べていけたかもしれません。

歴史改変SF『高い城の男』 フィリップ・K・ディック
xcdft (1)

エヴェレット3世は、1982年、51歳で心臓発作のために
急死しますが、肥満し、ヘビースモーカーで、浴びるように酒を飲んでいた
ことが原因と言われます。あまり幸福な人生ではなかったのかもしれません。
彼は徹底的な無神論者だったので、葬儀や埋葬を望まず、
あらかじめ「遺体はゴミ箱に捨てるように」と遺言に書いてありました。

これは余談ですが、エヴェレット3世の妻は彼の遺骨を数年間自宅で
保管してからそうしたようです。また、彼の娘は後年 自殺していますが、
その遺書のメモに、「パパに会える正しい平行宇宙にたどり着くことが
できるよう、自分の灰をゴミと一緒に捨てて」と書かれていたそうです。

さて、多世界解釈について、こっからは眉唾の話になります。
多世界解釈では、個々の場合における波の収縮は認めていません。
そのかわりに、この宇宙には一つの大きな波動関数があり、
観測が行われる都度、世界は分岐していくとします。
ですから、波の収縮は起こりません。

まあ、普通はそんなことありえないと思いますし、この理論が正しいという
証拠も一切ありません。理論の性質上、証拠が出せないんですね。
ただ、この考え方を使えば、二重スリット実験における量子デコヒーレンスや
量子もつれの現象を、比較的すっきりした形で説明することはできます。

二重スリット実験
xcdft (5)

では、もし多世界解釈が正しいとして、平行世界はどこにあるんでしょうか。
これはわからないと言うしかないですね。原子核の周囲にある電子は、
存在確率の雲として表わされるようになってきましたが、
その確率の雲はどこにあるの、と問うのと基本的には同じことだからです。

あえて言えば、複数の世界は重なり合っているということでしょうか。
ただ、研究者の中には平行世界を時間とからめて論ずる人もいます。
平行世界の中の時間は、すべて同時進行しているわけではなく、中には
過去や未来の世界もある。われわれは時間について現在しか認識できませんが、
過去や未来がある場所に、平行世界も存在しているというわけです。

それから、平行世界は無限にあるのか。これもよくわかっていません。
原子核の中の電子が取れる位置が、無限なのか有限なのかがわかっていない
からです。時間や長さにはプランク時間、プランク長という最小単位があり、
電子のとれる位置の数には限りがあるのかもしれないんですね。
ただ、無限ではないとしても、平行世界の数は膨大です。

次に、平行世界は決定論的なのか。エヴェレット3世自身はそう考えて
いました。これもよくある例えですが、あなたはAさん、Bさんのどちらと
結婚しようか迷ったあげく、Aさんと結婚しました。自分の意志で
Aさんを選んだようですが、じつはあなたがBさんと結婚した世界も、まだ独身の
世界も存在し、たまたまあなたはAさんと結婚した世界だけを認識している。

また、あなたがもし成功者だったとします。あなたは自分の才能と努力で
成功したと考えますが、そうではなく、やはりたまたま成功した世界にいるのであり、
平行世界の中には、あなたがホームレスになっているような世界もあるわけです。
つまり、人生の中での才能や努力が否定されてしまうんですね。

デイヴィッド・ドイッチュ
xcdft (6)

さてさて、最後に、平行世界どうしは互いに影響を与え合うことができるのか。
これについて、理論的にはできないとされていましたが、最初のほうに
登場したデイヴィッド・ドイッチュはそう考えてはいないようです。
ドイッチュの本はひじょうに難しく、自分には手にあまる内容なんですが、
その中で、こんな意味のことを述べています。

「正しい選択をすることで、われわれはよい生活を送っている宇宙のスタックを
集中させることができる。あなたが成功すると、あなたと同じ選択をした
すべてのコピーも成功する。あなたがよい選択をすれば、
多元宇宙でよい選択がなされる部分が増大する」・・・どう思われますでしょうか。
ここまでくると、自分にはまるで解釈不能です。では、今回はこのへんで。

関連記事 『測定の不思議』 『ヴィグナーの友人と神』

xcdft (4)




三年寝太郎の教訓

2019.06.07 (Fri)
xxxs (3)

今回はこういうお題でいきます。変な内容で、カテゴリもよく
わかりません。「三年寝太郎」という民話がありますよね。
全国各地でいろいろなバージョンが伝わっていますが、
まとめるとだいたいこんな内容です。

「干ばつに苦しんでいた村で3年間眠り続け、寝太郎と呼ばれた男がいた。
仕事を何もせず、母親だけを働かせ、ただひたすら寝続けていた
寝太郎に周囲の者は怒っていたが、ある日、寝太郎は突然起き出し、
山に上って巨石を動かし、その巨石が谷に転がって他の石も動かし、
ついには川をせき止め、川の水が田畑に流れ込んで村は救われた。」

あと、「庄屋の息子だった寝太郎が、3年目に起き上がり
千石船とそれにいっぱいの草鞋を買ってくれという。親の庄屋が
頼みを聞き買ってやると、寝太郎は草鞋を積んだ千石船で佐渡ヶ島に
向かい、金山の人足の草鞋を無料でとり替えた。戻ってきた寝太郎が、
草鞋を洗うとたくさんの砂金がとれ、大儲けになった。」

4年に一度だけ起きてくる男 『こちら葛飾区亀有公園前派出所 』
xxxs (6)

どっちも妙なお話ですよね。こういった昔話には何かしらの教訓が
含まれてることが多いものですが、何を言いたいのか、いまいち
はっきりしません。自分は昔から疑問に思っていて、
ネットで「三年寝太郎 教訓」で引いてみるとあれこれ出てきました。
これ、同じように疑問に思ってた人がいるんですね。

あるサイトでは、「人は見かけによらない」と出ていました。
怠け者の見本のような寝太郎ですが、じつは大人物であり、
その人の見かけや行動だけで判断してはいけない・・・いや、でも、
見かけはともかく、人をその行動で判断するのは当然な気がしますし、
寝ている時点では、寝太郎が村を救うことはわからないですしねえ。

別のサイトでは、「非努力的な問題解決力の大切さ」
こんなことが書いてました。これはわからなくもありません。
日本人は額に汗して働くことを一番に評価する向きがありますが、
頭を使うことが大事だということなんでしょう。寝太郎が毎日
寝ていたことになっているのは、それを強調するため。

「人柱」の様子
xxxs (5)

中にはひじょうに面白いことが書いてあるサイトもあって、
じつは寝太郎は日照りに苦しむ村で雨乞いのための人柱にされた!という
内容でした。村の中で一番の怠け者が生贄に選ばれるのは当然で、
その後、寝太郎の話は改変され、美談として伝えられるようになった。
いや、これいいですね。たいへん気に入りました。

ただ、民話というのは、必ずしも教訓があるだけではないんですね。
昔の人々の願望が、中に練り込まれていることもあります。
この話の場合、当時の農村の人たちは寝太郎のようにしてみたかった
んじゃないでしょうか。毎日の野良稼ぎに行かず、
ごろごろしていても最後にはハッピーになれるという。

さて、少し話変わって、寝太郎はじつは鬱だったという話があります。
本当は起き上がって仕事に行きたいのだが、それができず、
のん気に寝ているように見えて、じつは布団の中で悶々と苦悩していた。
まあ、そういうこともあるかもしれません。

独身者と既婚者の平均余命
xxxs (2)

たしか作家の坂口安吾だったと思いますが、覚醒剤のヒロポンと
睡眠薬の飲み過ぎから鬱症状になり、まったく仕事ができなくなった。
自殺も考えたほどだったが、その期間中「三年寝太郎」の話を
思い出し、いつか俺も起き上がって大仕事をやってやる、
そう考えて耐えていたと随筆に書いていました。

この他にも、寝太郎は「ぶらぶら病」だったという話もあります。
腎臓病やその他、倦怠感が強くて起き上がることができないという
病気はいろいろありますが、昔の医学では診断がつかず治療法もない。
それが寝ている間に自然治癒したというわけです。

さて、みなさんはどうでしょうか。寝太郎のように暮らしたいでしょうか。
でも、前に少し書きましたが、睡眠時間が9時間を超えると、
睡眠時間が少ないよりも、さらに死亡リスクが高くなるんですよね。
これはアメリカの研究ですが、40歳時点で既婚者と独身者の
平均余命を比較したところ、独身者のほうが8年も短かった。

ずっと寝ていると本当に寝たきりになる
xxxs (1)

また、働いている人と無職の人の死亡リスクを比較した場合、
無職のほうが30%もリスクが高かったという結果も出ているんです。
つまり、独身ヒキニトは早死するということですが、
これも一種の自然淘汰なのかもしれません。

あと、寝ていることが体に悪いのは明らかです。ずっと横になった状態でいると
筋力は1週間で10~15%落ちるそうです。骨も弱くなり、骨密度が低下。
さらに心拍数はあがり、血糖値は下がり、血中の酸素濃度も低下することから、
体がつねに酸素不足となり、疲れやすくなるなど、
いいことは一つもないみたいです。

スタンディングデスク
xxxs (4)

これもこの間ちょっと書きましたが、長時間座った状態で仕事をしているだけで、
立って仕事をしている人と比較して、かなり死亡リスクが高くなります。
そのためアメリカではIT企業を中心に、立って仕事ができる
スタンディングデスクの導入が急ピッチで進められているんです。

さてさて、寝太郎について書いてみましたが、日本で引きこもりが
問題化してずいぶん長い年月がたっています。この間、大きな事件も起きましたし、
そろそろ政府が本腰を入れて解決していかなくてはならないと思いますが、
お役人仕事ではダメでしょうね。寝太郎のような斬新な発想が
必要かもしれません。では、今回はこのへんで。

関連記事 『睡眠のオカルト』