FC2ブログ

「脳オルガノイド」とは

2019.08.31 (Sat)
実験室で培養した脳から、人のものに似た電気的活動を初めて検出したとする
研究論文が29日、発表された。この研究結果は、
神経学的状態のモデル化、さらには人の大脳皮質(灰白質)の発達に関する
根本的理解への道を開くものだという。

豆粒大の「培養脳」に意識があるかどうかは、まだ明らかになっていない。
今回の革新的進展をもたらした研究チームは、検出された電気的活動が
早産児のものに似ていることから意識はないとの見方を示しているが、
確かなことは言えないという。これはこの研究分野に
新たな倫理的次元を開く問題だ。
(JIJI.COM)

athe (2)

今回はこういうお題でいきます。これもなかなか難しい話ですね。
こういうニュースを読むと、「試験管の中の脳が意識を持つ」
みたいに考える人が多そうですが、そこまでいくにはさまざまな問題があり、
もしできるとしても、長い長い時間がかかると思われます。

この研究を発表したのは、米カリフォルニア大学サンディエゴ校の生物学者
アリソン・ムオトリ(Alysson Muotri)氏と研究チームです。
このような人工培養によりつくられた臓器を「オルガノイド」と言います。
オルガノイドには肝臓や膵臓、肺など、人間のほぼすべての臓器があり、

今回の記事のものは、「脳オルガノイド Cerebral organoid」と呼ばれます。
オルガノイドは、「臓器 organ」と「接尾辞ーoid のようなもの、もどき」を
組み合わせてつくった造語なんでしょう。
アンドロイドは人造人間と訳されますよね。

いかにも勝ち組という雰囲気の、アリソン・ムオトリ博士


これらのオルガノイドは、各種幹細胞からつくられ、3次元的な培養で、
自己組織化により形成されていきます。この技術は10年ほど前から
急速に進展してきていますが、機能的な神経細胞ネットワークを
発達させたのは今回が初めてだということです。

さて、引用ニュースの脳オルガノイドについて、脳波を測定したところ
最初まばらで、みな同じ周波数で発せられました。
ですが、時間がたって体積が増えるにつれ、異なる周波数の脳波が現れ、
信号がより定期的に出現するようになったということです。
これはまあ、組織が成長していると考えてもいいと思います。

今回の結果について、研究チームは、幹細胞培養技術が向上したこと、
オルガノイドが成長する十分な時間をとったことが成果につながったと
述べています。ちなみに、人間の胎児の脳が子宮の中で
成長するには10ヶ月程度の時間が必要です。

今回の研究の脳オルガノイド 神経系はつくれますが血管などは無理なようです
athe (6)

さらに、研究チームは、この脳波パターンを初期発達段階にある
人間の脳の脳波パターンと、コンピュータソフトを使って比較しました。
その結果、早産児の脳波とよく似ているという結論が出たんですね。
研究チームは、この脳オルガノイドには意識はないと考えるが
はっきりとはわからない、と述べています。

まあねえ、ここは痛し痒しなんだと思います。「培養脳が意識を持った」
こう発表すればセンセーショナルです。ですが、それだと倫理面の
問題があるとして、研究にストップをかけられる可能性が出てきます。
アメリカの大学の研究の多くは産業と結びついていて、教授がベンチャー
企業を経営してたりするので、ここで研究を止められるとお金になりません。

athe (4)

では、この脳オルガノイドは意識を持っていないんでしょうか。
これがたいへんに難しい部分で、まず「意識とはなにか」という定義が
はっきりしていません。脳波がこうなれば意識を持っている、脳内の血流が
このように流れれば意識がある、などという定量的な測定ができないんです。

もう一つの問題は、脳波パターンが早産児のものに似ているのが
事実だとしても、人間の子どもが、どの時点で意識を持つのかについては
大きな論争があるからです。人間の赤ちゃんが産まれた時点では
まだ意識は持たない、とするのが現在の主流の説です。

脳波パターンから、意識が発生するのは生後5ヶ月ころからではないか
とする意見もあります。さらに、これと同様の研究は米オハイオ州立大学など
他の大学でも行われましたが、そのすべてで、脳オルガノイドの発達が
約9~10か月で止まってしまっているんですね。

脳オルガノイドの電気信号
athe (3)

脳はおそらく、単体では成長を持続することができないんだと思います。
人間の脳は、神経によって各種の感覚器や運動器とつながっています。
赤ちゃんは人の顔をじっと凝視しますよね。また物を持たせると
握りしめます。物を見る、音を聞く、皮膚感覚、指を動かす、
これらのことと同期して、脳の神経系が発達していくんでしょう。

脳の発達の初期段階は、遺伝子にインプットされています。ですから、
ある程度のところまでは自動的に成長していくはずですが、
やはり感覚器などとつながれていなければ、すぐに限界がくると思われます。
脳は人体の重要臓器ですが、脳が主、その他の部位が従ということではなく、
人間の体は、すべての部位がそろっていることで成り立っているわけです。

研究チームは、脳や神経系の疾患に対する治療法を開発する過程で、  
培養された脳を治験に用いることで、人体実験によらず、
薬剤の副作用などを調べることを意図してるんだと思いますが、
でもそれ、いつになったらできますかねえ。

athe (5)

さて、ここで少し話を変えて、前にも記事でふれていますが、
人工知能に意識を持たせようという研究も盛んですよね。
ただこちらも、現状では道のりはかなり遠そうです。これまで、
そういった工学的なアプローチと、脳科学からのアプローチの間で、
交流はほとんどありませんでした。

ですから、「意識とは何か」という定義についても、てんでんバラバラな
理解のままで研究が進められてきています。倫理的な問題も含め、
さまざまな分野の研究者が集まって意識の研究に取り組む
機関があってもよさそうですが、宇宙論などと違って、
研究の目的がみな違うでしょうから、難しいかもしれません。

さてさて、ということで、自分は培養脳が意識を持つ、あるいは
AIが意識を持つ、どちらも数十年、下手すれば百年はかかるんじゃないか
と思っています。しかも、人工的に意識をつくりあげることが、
人類にとって役立つかどうかもよくわからないんですよね。
では、今回はこのへんで。

athe (1)






スポンサーサイト



部分の幽霊の話 2題

2019.08.30 (Fri)
幽霊の姿、つまり、われわれの前に幽霊はどんな姿で現れるのかということは
昔から議論になってますよね。江戸時代の幽霊は死装束、
白い経帷子と天冠(頭につける三角巾)姿で幽霊画に表現されることが
多いですが、これは歌舞伎など芝居の影響が強いためと言われます。
ですが、現在の幽霊は、あの死装束での目撃談ってほとんどありません。
現代の幽霊の姿は大きく2パターンあり、一つは死んだときの姿で現れる場合。
交通事故で亡くなった人だと、着ている服は事故当時のもので、
肉体が損壊して、血まみれで深い傷がそのままになっている。
もう一つのパターンは、例えば入浴中に風呂場で亡くなった人でも、
裸で現れるんじゃなく、生前お気に入りだった服を着ている・・・
ということで、何でもありに近いんですよね。

もっと不思議なのは、体の一部分だけで現れる幽霊?です。
片方の腕のひじから先だけが壁を這っていたとか、真っ二つに轢断された
遺体の上半身だけが幽霊になって、両手を使ってカサカサ地面を動いていたとか。
肉体が死んで、魂だけがさまよい歩いているのが幽霊だとすれば、
手だけの幽霊で出てくるのは変だと思いませんか。
このあたりが幽霊否定派に攻撃されるところなんですが、
幽霊肯定派は、「幽霊は、自分がその人に見せたい姿で現れることができる」
という理屈で応戦することが多いんですね。つまり、幽霊に実体はなく、
直接人の脳内に自分の姿を映し出している・・・
まあ、それでもいいんですが、怪談の中には幽霊の手形が車の上にたくさん
ついていたなんてのもありますし、謎は深まるばかりです。

高校生 佐々木雄平さんの話
あ、僕ね、チャリ通学してるんですけど、途中に、開かずの踏切って呼ばれる
ところがあるんです。まあでも、電車が通る時間は決まってるんだから、
それを避ければいいだけの話ですよね。だから朝は、いつもふさがる
時間より少し早めに家を出るようにしてます。ただ、帰りの時間は
まちまちなんで、たまに遮断器が降りてるときがあるんです。
この間、部活が早く終わって半端な時間に帰宅になり、
踏切にさしかかったら電車が通ってました。そのとき、車は何台もいましたが、
自転車は俺だけです。10分くらい待ってたら、通っていく電車の
窓くらいの高さに、何か白いものが浮いてたんですよ。
「え?」と思ってよくみたら、それ、人間の腕だったんです。

いや、右手か左手かはわかんなかったです。でね、そのとき、
あんまり怖いとか思わなかったんですよ。「ああ、腕が飛んでる」くらい。
そしたらその腕、空中で縦に1回転すると、僕の方を指差したんですよね。
不思議ですけど、僕が見てるのがわかったんだと思います。
それから、スーッと下に降りてきて、地面から2mくらいの高さで止まり、
こっちに向かって「おいで、おいで」をしたんです。
そして線路に沿った道の端をゆっくり左に進んでいきました。
それで僕、チャリに乗ったまま、それを追いかけていったんです。
腕は線路との境のフェンス沿いに20mくらい進むと、道の端の側溝の上で
またぐるんぐるんと縦回転し、地面を指差して消えたんです。
それでもまだ、怖いとは感じなかったんですよね。

たぶん、顔とかがなくて腕だけだったからじゃないかと思います。
で、その腕が指差したのは、側溝のフタが一部分外れてるところで、
チャリを降りて側溝の中をのぞき込んでみたんですよ。そしたら中に水はなく、
1mほど奥のところに、暗かったんですが、白い人間の指先のようなのが
見えたんです。どうすればいいかわからなかったけど、思い切って警察に
連絡しました。でね、やってきた警官が中から人間の腕をひっぱり出したんです。
はい、かなり腐っててほとんど骨になってました。ドブネズミとかに
齧られたんじゃないでしょうか。その場で事情を聞かれたんですが、
腕が空を飛んでた話はしませんでした。だって、頭おかしいと思われるでしょ。
たまたまのぞいたら見つけたって言ったんですが、少し怪しまれたみたいです。
けどその腕、10日ほど前にその踏切に飛び込んだ自殺者のものって

ことが判明し、後になっ僕んとこに電話がかかってきて感謝されました。
といっても、表彰されたりはしませんでしたけど。その腕が遠くまで飛ばされて
側溝に飛び込んだのが、見つけられないままになってたんでしょうね。
それでね、10日くらいしてまた高校の帰り、その日は遅く終わって
踏切に引っかかっちゃったんです。もう薄暗くなってました。
で、あそこで腕見つけたよなあって側溝のとこを見てたら、そこにぼうっと
白い女の人が浮かんだんです。その人は、僕に向かって深々と頭を下げ、
すぐ消えました。踏切自殺したのは女性って聞いてたんで、たぶんその人が
お礼に来たんだと思います。ええと、そのときは両腕ともあったように思いますね。
もしかしたら、体の部分が全部そろってないと成仏できないんでしょうか。けど、
片腕のない女の人が出てきたんじゃなく、僕が見たのは腕だけの幽霊ですからねえ。

大学生 武田慎吾さんの話
俺ね、映画製作研究会ってサークルに入ってるんです。今、3年なんで、
俺らが中心になって、学祭で上映する映画を作ってるとこです。
でね、俺が監督なんで、今年はホラーにしようって強引に決めたんです。
俺、脚本や演出、撮影よりも、特殊効果に一番興味があるんですよ。
ホラーだと特殊効果に腕のふるいがいがあるじゃないですか。
ハリウッドの高名な特殊効果のプロも、もともとはB級、C級の映画で
才能が認められてのし上がっていった人が多いんです。
ただねえ・・・今は特殊効果もCGだらけになっちゃいまして。
みなさん、CGって面白いですか。CGだったら、首がびよーんと伸びたり、
血が部屋中にあふれたり、何だって自由自在にできます。

けど、俺はつまんないですね。どうしてもCGだってことはわかりますし、
いくら演技しても、実際にはその空間にはなにもないことも感じとれます。
どう言えばいいんでしょう、映画としての肌触りが合わないっていうか。
やっぱ大事なのは、実際にそこにモノがあるって感覚でしょ。
俺らは素人だから、下手くそでもいいんですよ。ということで、
頭をしぼって考え、「テケテケ」をやることにしたんです。
あ、テケテケってご存知ですよね。都市伝説っていうか、
北海道のすごく寒い地方の踏切で事故があって、電車に上半身と
下半身を真っ二つに切断された女子高生が、切断面がすぐに凍りついた
ために止血されてしばらく生きていた。で、この話を聞いた人のところには、
3日以内にその女子高生がやってくる。伝染する話ってパターンです。

上半身だけの女子高校生が、顔に笑いを浮かべながら両手を
テケテケと動かして、時速100kmで追いかけてくるっていう。
あ、すみません、それでね、テケテケ役の女の子は学内でスカウトしました。
高校のときに新体操をやってた子で、体がすごく柔らかいんです。その子に、
うつ伏せで両手を立て、足を投げ出したオットセイみたいなポースで
腕だけで歩いてもらう。いや、運動神経のいい子で上手くできましたよ。
それで、下半身は寝袋に入れて、上半身に着てるセーラー服の横を切って
前の裾を地面に引きずる形にして。これでテケテケの完成です。
もちろん、すぐにバレちゃうんで、暗い場所で撮るんです。
撮影は順調に進んで、最後に野外ロケを敢行したんですよ。
場所は大学の近くの踏切で、そこ開かずの踏切って言われてて、

じつは飛び込み自殺も何件もあるんです。車通りが多いんで
撮影は深夜にしました。女の子は怖がってましたけど、俺らスタッフは
総勢10人以上いるし、強力なスポットライトも持ってって、
変なことがもし起きるとしたら、警察に不審尋問されるくらいです。
それで、いちお近くの派出所には電話入れときました。
したら途中で警官2人が見に来たけど、止められることはなかったです。
時間は深夜の2時から。撮影は順調に進んで朝方に終わり、
それから打ち上げをして解散しました。でね、その翌日、さっそく
撮ったシーンを編集しようとしてパソコンに入れたんですが、変なものが
映ってたんです。踏切の横の道をテケテケと走る女の子の頭の上を裸の足が一本、
スーッと横切ってたんです。いや、現場では誰もそんなの見てませんよ。





目のオカルト

2019.08.29 (Thu)
bREFA (8)

今回はこういうお題でいきます。さて、みなさんは視力はいいほう
でしょうか。自分は、両眼でなんとか0.8くらいは見えるので、
ギリギリ運転免許の更新を裸眼でパスできてます。
ふだんはメガネやコンタクトをつけることはありません。
ただ、中学生までは2.0の視力があったんですよねえ。

それが、だんだん落ちてきまして。自分は占星術をやってるので、
夜空を見上げたときに肉眼で見える星の数が、はっきり昔より
少なくなりました。ただまあこれは、街が昔より明るくなったことや、
中国から流れてくるPM物質などのせいもあるんだと思います。

さて、目のオカルトというと、おそらくその人のオカルト指向性に
よって、大きく2つに分けられると考えています。
一つは「陰謀論」系、もう一つは「超能力系」。この場合、
超能力といっても東洋思想の影響が強いものですね。前に「視線のオカルト」
という記事を書いたので、それとかぶらない内容にしたいと思います。

bREFA (4)

まず、陰謀論系ですが、「プロビデンスの目」という言葉は
ご存知でしょうか。さまざまなデザインがありますが、基本型は
三角のモチーフの中央に片方の目だけが浮いているものです。
この三角形は、ピラミッドになっていることもあります。
プロビデンスとは、「神の摂理」という意味で、

キリスト教の神が、自ら創造した人間その他のものに対する配慮
といった概念です。三角形は、キリスト教の最重要の教義の一つ
である「三位一体」を表します。神は「父なる神、その子であるイエス、
精霊」の3つが一つの実体として在る、ということです。

1ドル紙幣のプロビデンスの目
bREFA (2)

さて、このプロビデンスの目、陰謀論では、秘密結社フリーメーソンの
シンボルであり、アメリカ合衆国の国章の裏面やUSドル紙幣に
描かれていることから、フリーメーソンが裏でアメリカを支配している
象徴であるなどと言われます。また、日本の千円札を透かして見ると、

野口英世の左目と富士山の頂上付近が重なって見える状態が
「プロビデンスの目」になっていて、一部では、フリーメーソンが日本をも
支配している証拠だなどともされます。まあこれ、キリスト教の
シンボルですので、ヨーロッパの国でも、
さまざまな建築物や絵画などに見ることができますね。

千円札のプロビデンスの目 さすがにコジツケでしょう
bREFA (1)

ただ、自分はオカルトの中でも、あまり陰謀論って好きな分野じゃ
ないんですね。フリーメーソンにしてもイルミナティにしても、
いくら調べても実体がありません。アメリカは、イギリスの清教徒である
ピルグリム・ファーザーズが入植ししてつくった国という建前ですので、
国章に、キリスト教のシンボルが使われるのに不自然はありません。

そういう国の成り立ちのため、アメリカ大統領は就任式で、聖書の上に
手を置いて宣誓するわけです。ですから、黒人であるオバマ氏や、
女性であるヒラリー・クリントン氏が大統領になったとしても、
非キリスト教の、例えばイスラム教などを信じる人物が
アメリカ大統領になるということは、現状ではちょっと考えられません。

宣誓するトランプ大統領


では、アメリカに秘密結社的なものがないかというと、これはあるでしょう。
特定の大学、例えばハーバードの出身者に横のつながりがあるとか。
日本を考えてみればわかりますよね。省庁に入る高級官僚の多くは
東大出で、同窓生が同じ時期に出世して重要ポストにつきます。
秘密結社を考えるより、そういう学閥などのほうが はるかに現実的です。

インド思想における第三の目
bREFA (5)

さて、ここまでだいぶ長くなってしまいました。超能力系では「第三の目」
と呼ばれるものが、日本のスピリチュアルでも もてはやされています。
もともと、インドの神秘思想から来ているのはご存知でしょう。
人間の体に7つの中枢があり、それを「チャクラ」と呼び、
中国語では「輪」と訳されました。

第三の目は、このうちの6番目で、アージュニャー・チャクラと呼ばれ、
眉間にあります。ヒンドゥー教の女性は、眉間の部分に
ビンディという装飾をつけますが、これは既婚で、しかも夫がまだ
存命中の女性だけがつけるものとされます。
まあ、結婚指輪みたいな役目を果たしているんでしょう。

7つのチャクラ
bREFA (3)

チャクラの役割については、インド宗教から離れ、スピリチュアルや
アメリカのニューエイジ思想などで、さまざまな説明が新しく加えられて
混乱しています。一般的には、第三の目は人間の中の第六感を司り、
これが開くことで、知恵や直感が働くようになると言われます。

また、中国には古くから「気功」という概念があり、
そこでは「丹田」という人体のツボを気が巡っていると説明されます。
気功はもともと古代中国からあったものですが、清の時代に
インドのチャクラの考え方が取り入れられ、現在はだいぶ融合しています。

中国気功の丹田
bREFA (7)

ただ、本来のヒンドゥーのチャクラは、神と交信して一体化するための
宗教的な修行法の一つであって、第三の目が開いたからといって
超能力が使えたり、霊視ができるようになったりするということは
ありません。そういう説明をしているサイトは、眉に唾をつけて
見たほうがいいと思いますね。

さてさて、ということで、目のオカルトについて2つのことを
説明しただけで字数がつきてしまいました。書きたいことはまだまだ
あるんですが、これも後々の宿題ということにしておきましょう。
では、今回はこのへんで。

関連記事 『視線のオカルト』

ビンディをつけたインド人女性





時間のオカルト

2019.08.28 (Wed)
dcwef (1)

今回はこういうお題でいきます。おそらく、わけのわからない内容に
なると思います。なぜ、わけがわからなくなるかというと、
これは自分の頭が悪いせいもありますが、そもそも、
物理学では、時間についてはほとんど何もわかっていないんですね。

ですから、Wikiや他の科学まとめを見ても、わかったような
わからないような内容でお茶を濁しています。
さて、われわれの住む宇宙は、空間3次元+時間1次元の連続体と
言われることが多いですが、じゃあ、時間1次元って何かと
あらためて聞かれると、やはりよくわかってない。

「時間の矢」があるのはビッグバンのせい?
dcwef (8)

一般的には、時間には過去と未来の2つの方向性があって、
過去から未来の一方向にしか行けない。だから1次元なんだ、
という理解が多いように思います。つまり、幾何学的に
時間という1本の座標軸がとれる。じゃあ、もし時間2次元があると
したら、未来から過去に戻れる状態のことを言うんでしょうか。

まあ、そう考えることもできますが、もし未来から過去に戻れる
となると、「因果率」という概念がじゃまをします。過去に起きたことが
原因となって、未来に結果として現れる。ですから、
未来から過去に戻れるとすると、「タイムパラドックス」が起きます。

『ターミネーター』のタイムトラベル


タイムパラドクスについては、これまで何回か書いてきましたので、
ここではむし返しませんが、映画の『ターミネーター』シリーズの
ようなことが起きてしまうんですね。ホーキング博士は、
「時間順序保護仮説」を唱えて、もし時間の順序が逆転しそうになれば、
何らかの量子効果が働いて、それをつぶしてしまうだろうと述べています。

ただ、これはきちんとした証明をともなったものではありません。
まあ、思いつきレベル。アインシュタインの相対性理論の式では、
時間を遡ることが数学的にありえないわけではありません。
ただしその場合、時間を遡る物質の質量は虚数になります。

タキオンとは、光よりも速い仮想粒子


虚数はご存知ですよね。2乗してマイナスになる数、わかりやすく書くと、
X2 = -1 の解です。そういう仮想の粒子は「タキオン」と名づけられ、
一時期、疑似科学の世界でもてはやされました。車の燃費をよくする
タキオンパワー○○なんて製品が、いろいろ発売されましたが、
タキオンの存在が証明されていることはありません。

では、虚数の質量や時間といったものは実際にあるんでしょうか。
ホーキング博士は「無境界仮説」の中で虚数の時間を設定し、
「実際に虚数の時間はある」とインタビューで述べています。
まあね、これまでの物理学の歴史を考えれば、数学的に成り立つものは、
ブラックホールのように現実に発見されることが多かったのは確かです。

ホーキングの無境界仮説
dcwef (5)

あと、時空連続体といって、相対性理論では時間と空間は切り離せません。
ですから、もし時間2次元があったとして、それが空間3次元と
両立するのかもよくわかってないんです。やはり、予想どおり
わけわからなくなってきたので、もうやめますね。

さて、オカルトの話に移ります。時間のオカルトというと、
異世界と関連していることが多いですね。例えば「浦島太郎」のように、
龍宮城では数週間だったのが、実際の世界に戻ると何十年も
たっていたという例、このパターンは中国の「爛柯 らんか」の話や
アメリカのリップ・ヴァン・ウィンクルなど、世界中にあります。

「爛柯」仙人の碁を見ているうちに斧の柄が腐ってしまう
dcwef (2)

逆もありますよね。中国の「黄粱の夢」のように、夢の中で一生を
過ごして目覚めたら、さっき火にかけたコウリャンがまだ
炊きあがっていなかったなんて話。怪談ではどちらのパターンも出てきますし、
UFOなど宇宙人がからんでいる場合も多いです。この手のものは
「時空系の怪談」などとも呼ばれます。

あとは、そうですね、時間を止める、時間がすっ飛ばすなんて能力が
出てくる話。怪談ではありませんが、マンガの『ジョジョの奇妙な冒険』の
敵役、ディオは時間を止めるスタンドを持っていましたし、
「part5黄金の風」のラスボス、ディアボロは時間を数十秒消し飛ばし、
その経過を自分だけが予知能力で見ることができました。

ディアボロのスタンド 「キング・クリムゾン」
dcwef (7)

最近はゾロ目怪談なんてのもあります。時計がデジタル化し、
ふと時計を見ると3:33、4:44、5:55の数字が目に飛び込んでくる。
これには2つの説明があって、一つは、けっこう無意識に時計を見ているのだが、
例えば4:27などの場合は意識に残らず、すぐ忘れ去ってしまうというもの。

もう一つは、ゾロ目を意識するあまり、体内時計で無意識に数をカウントし、
ちょうどゾロ目の時間になったときに時計を見てしまうという仮説。
でもこれ、1:11なんて数字にそもそも意味があるのかという議論が
まず必要でしょう。これがもしアナログ時計だったら、時計の針が
1時11分を指していても、誰も何とも思わないでしょうね。

デジタル時計のゾロ目 しかしアナログだとバラバラの針の位置
dcwef (4)

さてさて、最初の話に戻って、時間と因果律は深い関係にあります。
幽霊についても、死んだ人に会うというのは、因果が狂っている
と考えることもできます。ですから、もし時間2次元、3次元などが
あったとしたら、そこにはすでに亡くなった人もいるのかもしれません。

ということで、時間のオカルトについてみてきました。なぜ時間についての
議論が物理学で進まないのか、一つには、時間を対象にした実験というのが
行いにくいからです。といっても、量子力学の世界では、時間の逆行、
未来の出来事が過去に影響を与えるなどといった話題が出てきています。
進展に期待しましょう。では、今回はこのへんで。

関連記事 『タイムパラドクスの話』






九相の鏡の話

2019.08.27 (Tue)
ああ、どうも、またまた来てしまいました。引退した骨董屋です。
今回は、私が経験した古物に関するエピソードの中から、
ある西洋アンティークの鏡の話をしようと思いまして。
ええ、ちょっとした話ならいくらでもあるんですよ。
でね、今になって考えると、古物の種類によって似たような不思議が
起きることが多いんです。人形、皿や壺、武具、掛け軸などの飾り物、
ガラス器、タバコの根付、仏像・・・不思議といえば不思議だし、
あたり前のこととも思えます。属性と言えばいいんでしょうか。
あまり難しいことはわかりませんが、その古物の用途によって、
凝る気に片寄りが出てくるんでしょうね。鏡なんかは特に、
女性の方は毎日見るでしょうから、何らかの念がこもりやすい。

江戸時代までは、金属製の鏡がほとんどだったのはご存知でしょう。
大量生産されてましたから、出回るのは質の良くないものが多いんです。
ガラスの鏡もあることはありましたが、小さいものばかりですし、
ゆがみもひどい。これは、日本では大きな板ガラスが作れなかったためです。
大型の姿見が出回るようになるのは、明治以降のことですね。
ああ、うんちくはこれくらいにして、本題に入ります。
私には一人弟がいて、私のようなヤクザな商売にはつかず、
当時の国鉄に採用されて駅長までやったんです。それで、娘が2人いまして、
私からみれば姪っ子です。その妹のほうが、まだ独身で
会社勤めをしていた頃の話です。はい、そのときには私はもう
引退しておりましたが、相談事があると言って家に来たんです。

なんでも、アンティークの鏡を家具屋で買ったが、それから精神状態が
おかしくなったということでした。ここからは姪との会話です。
「どういうことなのか詳しく話してみて」
「はい、伯父さん。西洋アンティークの家具屋で、イタリア製という
 姿見を買ったんです」 「大きさはどのくらい?」
「そうですね、台座もふくめて私の背よりも高いです。
 180cmあるかもしれません」 「それは大きいね、で、店の人は
 どう説明してたの?」 「イタリア製、1910年代の製品。
 台座はオーク材で手彫りの装飾。鏡面に曇りやゆがみはほとんどなし」
「へえ、そりゃいい出物だ、値段はいくら?」
「7万円でした」 「え、安い、値段については何か言ってた?」

「はい、すごく良いものなのにこの値段なのは、使い勝手がよくないからだって」
「どういうこと?」 「ほら、ふつう姿見って見る角度を変えられるよう
 動くじゃないですか。それが固定されたままで動かなかったんです」
「ほう」 「でも、すごく気に入っちゃって、どうしても欲しくて
 しかたなくなったんです。動かないけど、正面に立って見るぶんには
 問題ないし、値段も、私のお給料でなんとか買える額だし」
「ああ、物と人の出会いってのはあるもんだよ。ひと目見て魅入られたように
 なってしまって、どうしても手に入れたくなる」
「ああ、そうです。そんな気持ちでした。それで、貯金をおろして
 現金で支払い、家具屋さんに部屋まで運んでもらったんです」
「よほど気に入ったようだね」 「はい、すごく・・・自分がよく見えるんです」

「ははあ」 「すらりとスタイルがよく、顔も細面で、何を着ても似合いそうな
 まるでモデルみたいに」 「それはおそらく、わざと曲率をゆがめてつくって
 あるんだろうね。ほら、お化け屋敷に入れば、伸び縮みして見える
 鏡があるじゃない。あそこまで極端でなくても、縦長に映って見える」
「ああ、やっぱりそうですよね」 「まあ、お前はもとからスタイルはいいと
 思うけど。専門的なことを言うと、ガラスがかまぼこ型に盛り上がってるんだ。
 だから手足の先端にいくにしたがって細長く見える。でも、ちょっとさわった
 くらいじゃわからんよ」「それで、鏡に何か変なことが起こったわけじゃなく、
 その鏡が来たことによって、私が変わっちゃったんです」
「どういうことだい?」 「まず、すごく服装にお金を使うようになりました。
 店先やカタログで、いいなっていう服を見つけると、

 これを着て鏡に映してみたらどう見えるんだろう、って考えちゃって」
「で」 「とにかく買いまくっちゃったんです。後先考えず高価なブランド品を」
「ははあ」 「私はまだ入社2年目で、お給料も少ないんだけど、
 そのほとんどを服やバッグにつぎこんで」 「それで痩せてるんだな」
「はい、部屋代と光熱費は決まってて、削れるのは食費だけだったので」
「それで」 「でも、お腹がすいたとも思いませんでした。買った服を着て
 鏡に映してみると、雑誌から抜け出したみたいに見えたんです」
「まさか借金とかした?」 「いえ、そこまでは。でも、あのままだったら
 きっとそうなってたと思います」 「うーん」
「それから、つき合ってた人がいたんですけど、その鏡が来てから
 別れてしまいました」 「それはどうして?」

「うまく言えないんですけど、この人は私にふさわしい人じゃないって
 思えてきて。今考えれば、とんでもないことでした」
「今も別れたまま?」 「・・・すごく後悔しています。でも当時は、
 とにかく彼の欠点ばかりが目について、一つ一つのしぐさや癖、
 それが何もかも鼻について嫌でした。それと、不思議なことがあったんです」
「ほう、どんな?」 「私と彼とがその鏡に並んで映ったことがあるんです。
 もちろん縦長ですから、2人の全身は入らないんですが。
 彼が小さく見えたんです。背が低く太った感じに。それを見て、
 ますます、ああこの人と私は似合わないって思って、
 私のほうから別れを切り出したんです」 「うーん、それで」
「あと、会社での私の立場も悪くなりました」 「どうして?」

「すごく態度が高慢になってしまったんです。私がこんなコピー取りや
 お茶くみなんかしてるのはありえない、もっともっと活躍できる、
 私にふさわしい場が他にあるだろうって思って、それが態度に出て」
「それだと、イジメられるだろう」 「はい、イジメられるというか、
 ある昼休みに、女子社員の何人かから呼び出されて、いろいろキツイことを
 言われました。それと、上司からも一人別室に呼ばれて叱責されたり」
「で」 「こんな会社、辞めてやろうって考えてた矢先のことです。
 その夜も、姿見の前で、買ったばかりの新しい服を身に着けてあれこれ
 ポーズをとっていました。何時間でも見てられるし、陶然とした
 気持ちになってくるんです」 「で」 「そのとき、ドアのチャイムが鳴って、
 無視しようかとも思いましたが、出てみたんです。
 
 別れた彼でした。私は、ドアチェーンをかけたまま、あなたにもう用事は
 ないから帰ってって言いました。すぐ鏡の前に戻りたくて。
 そしたら、彼は何も言わず、細く開いたドアのすき間の上のほうから、
 中に金属の工具を投げ込んだんです。バールって言うんでしょうか、
 細長いやつ。それは横を向いていた鏡の縁にあたり、せまい部屋ですから
 壁にはね返って、鏡面を割りました。そのときに、拍手の音がしたんです」
「拍手?」 「はい、劇場かどこかで、大勢の人がするような拍手の音」
「うーん、それで」 「その瞬間、憑きものが落ちた感じがしました。
 あれ、私、何をやってるんだろうって」 「なるほど、だいたいわかった。
 伯父さんは西洋物は詳しくないが、これから行ってその鏡を見てみよう」
でね、まだ鏡はそのままにしてあるからということで、

いっしょに姪の部屋に行ったんです。いや、ひと間の部屋の中は服や靴、
バッグ類とその箱であふれてました。あと、カップ麺の容器がキッチンに
積み重なって。鏡は八方にヒビが入ってましたね。ひと目でいいものだということは
わかりました。ただ、装飾が不気味で、鏡の周囲をとりまいた蔦の深彫りが、
まるでネズミか何かの頭蓋骨を並べたように見えたんです。
持っていった軍手をはめて、鏡の破片を一つずつ慎重に剥がし、
段ボール箱に入れていきました。裏板があらわになったので、さらに調べると、
二重になってるように思えました。それで車から道具を持ってきて、
上板をはずしてみたんです。端が糊づけされているようで、作業は困難でした。
下の板に何かが貼られているのはすぐにわかりましたよ。
それを傷つけないように慎重に外して、何が出てきたと思います?

古いモノクロの写真が9枚、縦にならべて貼られてたんです。どれも
一人の外国人女性、おそらくイタリア人でしょう、を写したものでした。
1枚目はその女性が4歳ほどで、大きなお屋敷の庭で遊んでいる姿。
2枚目は10歳くらいで、広間でピアノを弾いてました。3枚目は15歳くらい
ですか、私立学校の寄宿舎らしき場所で撮ったもの。
4枚目はその女性が舞台に立っているところで、女優になったんでしょうか。
あとで調べてみましたがよくわかりませんでした。次も舞台で踊っているもの。
6枚目はその女性の結婚式で、結婚が遅かったんでしょう。
30歳を過ぎているように見えました。それと、場所は教会でしたが、
神父さんの姿だけが切り抜かれてました。7枚目は3人の子どもに囲まれている姿。
8枚目、女性はまだ40代に見える姿で棺に入れられていたんです。

どの写真も黄ばんで、縁はぶさぶさになってましたね。
ですから、撮られてかなりの年月がたってから、鏡の中に収められたんだと思います。
・・・最後の一枚についてはあまり話したくないです・・・ 時刻は夕方でしょうか、
その女性の遺体が暗い森の中の土の上に放置され、数匹の野犬が顔や手を
齧っている・・・そんな写真がなぜ撮られたのか、特に最後の一枚を撮ったのは
誰なのか、何もわかりません。その鏡はどうしたかって? 私の手に負えるものでは
ないことは理解できたので、ローマ法王庁に事情をしたためた手紙を出しました。
そしたら、すぐに送ってほしいという返信が来て、ガラスの破片ともども
船便で送ったんです。はい、向こうで処理されたんでしょう。感謝されましたよ。
話はだいたいこれで終わりです。姪には、その青年と仲直りするように言いまして、
姪もそのつもりでした。結局、2人は結婚して今にいたるんです。

関連記事 『骨董屋シリーズ』

名称未設定 2




小人のオカルト

2019.08.26 (Mon)
sry (2)

今回はこういうお題でいきます。小人(こびと)って、どうやら
放送禁止用語みたいですね。ミゼットという言葉がかわりに使われたり
しているようですが、何か変だなあと思います。この場合の小人は、
小人症という病気の人をイメージしてるんだと思いますが、
小人には「小さい人の姿をした妖精」という意味もあります。

『ガリバー旅行記』には、小人国が出てきますが、これも近年は、
本の中に出てくる国名「リリパット国」が使われることが多いですね。
ちなみに、小人の対義語的な意味合いを持つ「巨人」は放送禁止では
ないようです。巨人症という病気もあるのに、

これが放送禁止用語にならないのは、「読売巨人軍」があるためだ、
などとも言われます。うーん、なんかおかしい。
今はあるのかどうかわかりませんが、昔は女子プロレスの前座で
小人プロレスというのをやってました。

sry (6)

この名前も、いつの頃からかミゼットプロレスと言い換えられるようになり、
だんだんに、小人プロレスそのものがよくないと言いだす人まで
出てきました。でも、本人たちは自分の仕事に誇りを持ってやってるんだし、
その活躍の機会を奪ってしまうのはおかしな話です。むしろ差別と
言うなら、小人プロレスがテレビに映らないほうが差別という気がします。

さて、日本神話における小人というと、「少彦名命 スクナヒコ」が
知られています。ガガイモの実の船に乗って海の彼方から現れ、
大国主命の国造りを手伝うことになります。異国の神なんですね。
そして国造りが終わると、草に弾かれて常世国(あの世)に
飛んでいってしまいます。

少彦名命
sry (1)

別にいてもいなくてもいいような役割なんですが、これについて、
本居宣長は『古事記伝』において、大国主命の「大」と
少彦名の「少」を対比しているだけの意味しかない、
と解説しています。まあ、そうなのかもしれません。

日本の民話では、「山の中に小人が住んでいる」みたいな話は
あんまりないんですね。最初は小人として現れても、やがて大きくなる
という筋のほうが多い。一寸法師がそうだし、かぐや姫も、
最初は3寸ほどの大きさだったのが、ぐんぐん成長して
数ヶ月で一人前の娘になります。

sry (3)

さて、3世紀の『三国志』魏志倭人伝には、倭地の近くに
「侏儒(しゅじゅ)国」があるという記述があります。
「又有侏儒國在其南 人長三四尺 去女王四千餘里」
この当時の中国の一尺は23cmくらいですから、これがほんとうなら、
70~100cmほどの人が住んでいる国ということになります。

自分はこれ、中国に古くから伝わっている伝説を書いただけだと
思うんですが、邪馬台国九州説の中には、
「魏志倭人伝はすべて真実を書いている」と主張する人もいます。
種子島から、弥生から古墳時代にかけての人骨の調査で、極端な
低身長のものが見つかっていて、これを侏儒国だとする意見もありますし、

インドネシアのフローレス島で発掘された2万年ほど前の成人の
遺骨から、今まで知られていない身長1メートル前後の骨格が見つかり、
ホモ・フローレシエンシス(フローレス人)と名づけられていて、
これをもって侏儒国はインドネシアにあったと主張する人もいるようです。

コナン・ドイルの妖精写真
sry (8)

さて、西洋に話題をふると、小人の妖精の話はいろいろありますよね。
前に少し書きましたが、ヨーロッパにはキリスト教が広まる以前からの
民間伝承の流れがあり、小人もその中の一つです。
エルフ、ドワーフ、ホビット、ノームなど、国によっていろいろ呼び名があり、
身長もネズミくらいから1mを超える種族までさまざまです。

キリスト教が広まったことで、多神教と偶像崇拝は厳しく禁じられました。
妖精のようなものは悪魔の一種として見られたんですが、
民衆の間では、民話として小人の話は語りつがれ、『グリム童話』などにも
登場します。お手伝いをしてくれる「靴屋の小人」の話は有名です。

sry (5)

これらの小人の多くは、はっきり人間に敵対しているわけではありませんが、
無邪気で残酷な、イタズラな子どもがそのまま大人になったような
性格をしていて、結果として人間に危害を加えるケースもあります。
以前、ドイツに長年駐在していた人から聞いたところでは、幽霊はほとんど
信じられていないが、地の精の小人のようなものを信じる年配者はいるそうです。

さて、小人をあつかったホラー作品で傑作なのは、イギリスの
ジョン・ブラックバーンという人の長編小説、『小人たちがこわいので』。
そう長い話ではないので、未読の方にはぜひ読んでいただきたいですね。
北アイルランドの港町で魚や貝の大量死が起き、工場排水による
環境汚染が疑われる。また、船舶の無人暴走衝突事故なども起きます。

sry (7)

一方、北ウェールズの寒村に屋敷を買った主人公は、呪われた土地という
噂のある丘の発掘調査を始めますが、その調査を許可した
資産家の地主が、地元の伝説どおりの奇怪な遺体で発見されます。
また、この地主が経営している航空会社の飛行機の
排気音を聞いて幻覚症状が起きる事件が多発。

その飛行機を開発したソ連の技術者が、理由不明のまま西側に亡命
しようとしてソ連当局に射殺される。一見ばらばらで何のつながりも
なさそうな出来事ですが、主人公の活躍で、最後の最後に
超驚愕の真相が明らかになります。ネタバレはしないでおきましょう。

さてさて、ということで、小人のオカルトについて見てきましたが、
最初に余談を入れてしまったためにスペースがなくなってしまいました。
書くことはまだまだたくさんありますので、
いずれ続きをやるかもしれません。では、今回はこのへんで。

関連記事 『王様を殺した話』

sry (9)




オンデンザメの寿命

2019.08.25 (Sun)
sdrgt (5)
オンデンザメ

今回はこういうお題でいきます。まあ、自分の趣味がかなり混じった
地味目の内容です。さて、みなさんの中でサメを家で飼ったことがある
という方は少ないと思います。自分はアクアをやってるので、
8年くらい前に飼育していたことがあります。

といっても、成長しても1mを少し越えるくらいの小型のサメで、
残念ながら長期飼育はできず、8ヶ月ほどで死んでしまいました。
死因はおそらく水槽がせまいためのストレスでしょうね。
150cmX60cmX60cmの水槽でしたが、それでもせまい。

大型魚を飼う場合、水槽の幅はもちろん重要ですが、奥行きが大切だと
言われます。水槽内でターンできる奥行きがないと、つねに同じ方向を
向いてなくてはならずストレスが溜まります。これは淡水の大型魚でも
同じです。サメは本来、丈夫な魚なので、水族館のような5m水槽が
あれば飼うのは簡単でしょうが、一般家庭ではまず不可能です。

沼津市深海水族館で世界初、生体展示されたオンデンザメ 7日間で死亡
sdrgt (2)

さて、オンデンザメは漢字で書くと「隠田鮫」、隠田とは、年貢を
取られないよう農民が隠して作っていた田のことで、深海に隠れ潜む
イメージからつけられたのかもしれません。実際、なかなか目にする
ことができないサメで、その生態はよくわかっていません。
ベテラン漁師でも、生きて泳いでいる姿を目撃した人は少ないでしょう。

英語では、「Pacific Sleeper Shark」というようです。動画サイトの
youtubeには巨大ザメの映像がupされていて、メガロドンではないかと
海外でも話題を集めていましたが、正体は駿河湾深海で撮られた
7m級のオンデンザメのものです。

このオンデンザメ、現在、たいへん注目が集まっていて、
その理由は、世界最長の寿命を持つ脊椎動物であることが判明したからです。
北太平洋全域の水深2000m以上の深海にいて、泳ぐスピードが
大型魚の中でも極端に遅く、時速1km程度と考えられ、
「世界一のろい魚」などとも言われます。

世界最大の魚類であるジンベイザメ 20mちかくまでなる
sdrgt (1)

でも、おそらくこれ、動きが鈍いことと長い寿命を持つこととは相関が
あるんだと思います。食性は、ジンベイザメなどのようなプランクトン食
ではなく肉食。キンメダイやイカ・タコなど、深海に住む比較的大型の
生きた魚や死肉、口に入るものは何でも食べるようです。

解剖の結果、胃の中からは、魚の他に、ホッキョクグマ、アザラシ、
トナカイ、人間などが出てきています。ただし、前述した泳ぐスピードから、
自分で狩りをしたとは考えにくく、海に落ちて沈んできた死骸を
食べたのではないかと考える研究者が多いようですね。

さて、注目されている寿命ですが、クラゲなどは別として、
無脊椎動物で最長のものは、アイスランドガイというハマグリに似た
形の貝で、凍らせて持ち帰ったものを調べたら、507歳のものが
見つかりました。この最長寿貝はこのときに死んでしまい、
英BBC放送が取り上げて問題化したりしています。

アイスランドガイ 大きめのハマグリですね


貝類は、貝の裏側に木の年輪にあたる模様ができ、それによって
正確に寿命を測定することができます。ちなみに、貝類は一般に長寿で、
寿司ネタになっているミル貝は、人間に獲られなければ、
最低でも150年は生きると見られています。ですから、
自分より長寿の生き物を寿司にして食べているわけです。

では、オンデンザメの寿命はどのくらいかと言うと、これまで、
よくわかっていませんでした。理由は、サメ類は脊椎動物といっても
軟骨魚類だからです。軟骨魚は成長線が明確ではなく、骨を調べて
年齢を推定しようとしても、はっきりわからないケースが多いんですね。

そこで、2010年から、コペンハーゲン大学の研究者が中心となった
チームが、28匹の雌のサメの目の水晶体を収集し、その中に
含まれる特殊なタンパク質を放射性炭素年代測定法で測定しました。
これは考古学などでも使われる測定法で、かなりの誤差が出ます。

サメの目 色を識別する力はないようです
sdrgt (4)

その結果、オンデンザメの寿命は、5m程度のもので、
400歳±100歳あることがわかったんです。1年で約1cmずつ成長し、
性的に成熟し繁殖できるようになるまで、平均156年もかかる
ということです。オンデンザメの最大個体は7mを超えますので、
もしかしたら700歳の寿命があるのかもしれません。

ということは、織田信長が生きていたあたりに生まれたサメが、
いまだに生存していることになります。そう考えるとすごいですね。
ちなみに、それまで最長寿の脊椎動物はホッキョククジラの
211歳でしたが、記録は大きく塗り替えられました。

最長寿の哺乳類であるホッキョククジラ
sdrgt (3)

さてさて、では、このオンデンザメの長寿を人間に応用することは
できるでしょうか。生まれつき長寿の原因はいろいろあります。
低い水温で生活していること。上記のホッキョククジラはそのケースです。
体が大きいことや動きが速くないことも長寿と関係しているとみて
間違いないでしょう。あとは外的要因として、ほぼ天敵がいないこと。

関連記事 『心拍数一定説って何?』

まあ、最も根源的な理由は遺伝子がそうなっているからで、
細胞死をつかさどるテロメアなどが関係しているものと思われます。
研究するのはたいへんいいことですが、人間に応用するのは難しいかも
しれません。その長寿は、長い進化の過程で獲得されたものだからです。

進化ということを考えると、どうしても個よりも種が優先されます。例えば、
ネズミは寿命が短く繁殖力が強い、クジラは寿命が長く子どもは少ない。
このバランスは、種全体が最も繁栄できるように決められているんですね。
ですから、人間が無理に寿命を伸ばそうとすると、人類にとってよくない
事態が起きるかもしれません。では、今回はこのへんで。

関連記事 『メガロドンについて』 『動物ホラーについて』

テロメア これで細胞の分裂回数が制限される
sdrgt (1)




宇和島神社の話

2019.08.24 (Sat)
どうも。ある大学の3年生です。じゃあ、話していきます。
これね、俺の住んでたアパートでのことなんです。
あ、アパートって言ったら、事故物件のこととかと思うかもしれませんね。
怪談のマンガだと、そういうの多いから。けど、そうじゃないんです。
そこのアパート、俺、大学入学と同時に新築で入ったんですよ。
当然、まだ新しくてピカピカで、俺の前の住人てのはいません。
だからね、今起きてる変な現象は、アパートの外から入ってきたもんだと
思うんです。で、隣のやつにとり憑いた。え? 意味がわからないって?
ああ、スンマセン、俺、話下手なもんでね。順を追って説明していきます。
1週間ほど前ですね、朝の9時ころに大学へ行こうとしたら、
隣の部屋のドアもほぼ同時に開いて、宇和島が出てきて通路にばったり倒れて。

あ、宇和島ってのは隣に住んでるやつで、俺とは別の大学の2年生。
会えば話はしたけど、いっしょに遊びにとか飲みに行ったことはないです。
え? アパートの部屋? ああ、そうですね。俺が2階の右の角部屋で
205号室。宇和島がその手前の204号。1階に5部屋、2階も5部屋。
わかりやすいでしょ。それで、びっくりしたけど助け起こしたら、
「ああ、すみません、寝不足で」って言ったんで、
「なんだ、徹夜でソシャゲでもしてたのか?」って聞きました。
したら、「そうじゃないんです、大工が来ないように起きてたんです」って。
思わず「大工?」って聞き返してしまいました。
「はい、変な宅急便を受け取ってから、変な大工が部屋に出てくるようになって。
 それも小さい」 ますます??ですよね。

寝不足で錯乱してるんだと思ったんで、「今日は休んで部屋に戻って寝ろ」
そう言ったら、「いや、もう自分の部屋にはいられないです」って。
しょうがないんで、「じやあ、俺、今からガッコ行くから、俺の部屋で
 寝てれば。汚いけど」 「あ、ありがとうございます」
こんな感じのやりとりをしてね。で、俺が夕方6時ころ部屋に戻ったら、
宇和島はまだ寝てたんで、起こして近所のファミレスに連れ出し、
そこで事情を聞いたんです。場合によっちゃ心療内科とかに行くことを
勧めようと思ってました。こっからは宇和島と話した内容です。
「先週の月曜かな、夜に宅急便が来たんです。通販とか買ってないし、
 変だなと思って住所見たら、実家からだったんですね。
 あ、俺の実家って四国の○県です」 「実家に確認した?」

「いやそれが、後で電話かけてみたら、両親は何も送ってないって。
 だから、誰かが実家の名を勝手に使ったってことになります」
「ふーん、妙だな。何か心あたりとかあんの?」 「それが全然。
 で、ですね、送られてきたのは、菓子箱くらいのダンボールで、
 けっこう重かったんです。最初は、実家が気を利かして暑中見舞い
 の缶ビールとかを回してよこしたのかと思ったんです」 「それで?」
「ダンボールを開けてみたら木の箱が出てきました。あれは焼いてあるのかな、
 真っ黒い板でできた箱。かなり重くて、動かしたら、中にすき間なく
 物が詰まってる感じがしました。で、その箱、四隅が
 カスガイで打ちつけられてたんです。釘抜きなんて持ってないから、
 マイナスドライバーをねじ込んで無理くり開けました」 「中は?」

「それがね、空だったんですよ」 「え?」 「で、おかしなことに、
 開けたとたんに箱が急に軽くなりました」 「うーん・・・」
「あ、それから、表蓋の裏に、なんか御札みたいなのが貼ってました」
「え、それ 今持ってるか?」 「いえ、そんときは事態がよくわかってなくて、
 壊して、翌日燃えるゴミに出しちゃったんです」 「うーん、それで?」
「電話で実家に文句を言ったら、何も送ってないって答えが帰ってきて、
 まあ悪友のたちのよくないイタズラかと思ってたんですが」
「なるほど、でも考えてみれば怖い話だよな。実在の住所を使って、
 爆弾とか毒入りの食品とか送れるんだから」 「ええ、そうですね」
「それで?」 「次の日の夜です。俺、ベッドじゃなくて布団に寝てるんです。
 ふつうは横向きで。寝たのは12時過ぎかなあ。

 少しビール飲んでたんで、すぐ眠れるかと思ってたんですが、
 金縛りになっちゃったんです。それも目を開けたまま」 「うーん、でもそれ、
 目を開けてたつもりの夢なんじゃないか?」 「ああ、そう言われると
 自信ないですけど、そんときはそう思ってました」 「で?」
「体は動かないし、目も閉じられない。そしたら、部屋の隅のほうから
 荷車が出てきたんです」 「荷車?」 「あ、小さいやつですよ、
 ちょうどスマホくらいの。荷車には木材が積んであって、押してたのが
 小人だったんです」 「???」 「全部で4人いました。みな変な帽子を
 かぶって、白い昔の着物、神主さんの服装みたいなのを着てて。
 でね、そいつら、荷車から木材・・・割り箸くらいのやつを下ろすと、
 トンテンカンと組み立て始めたんです。神社の建物ほど大きくはないけど、

 何て言うんですかね、お堂? それをつくり出しました」
「ふーん、変わった夢だなあ」 「それで、動けないからしかたなくじっと
 見てたんですが、そいつら、1時間くらい働いたら、そのお堂ごと
 ふーっと消えて、体が動くようになりました。起き上がって床を見たけど、
 何一つ残ってなかったんです」 「そりゃ、やっぱ夢だからだろ」
「でも、次の日も起きたんです。時間も同じ頃でしたね。お堂はほぼ完成し、
 小人たちは今度は鳥居を組み出したんです」 「あ、やっぱ神社なのか」
「そうだと思います。お堂は白木だけど、鳥居は真っ赤に塗られてました」
「あ、そうだ、働いてる間、その小人らは何かしゃべったりしたか?」
「それが、黙々と動いてて、言葉は一言も。すごくつくり慣れてる感じでした」
「うーん」 「その日、動けるようになってから電気つけて、

 部屋中を調べたんです。クローゼットの中とか全部見ましたが、なにもなくて」
「で?」 「3日目です。やっぱ来たんですよ。鳥居が完成し、
 そいつらはいったん奥へ引っ込んでから、みなで何か平らなものを持ってきました」
「何だったん?」 「額ですよ。ほら、よく鳥居の上にくっついてる」 「ああ」
「それにね、宇和島神社って書いてあったんです。俺の名前」 「うーん」
「そいつらはそれを鳥居の下に置いて、それから初めて俺のほうを見ました。
 顔はすごく粗雑にできてて、目は点、鼻は「し」の字、口は一本線で、
 下手くそなマンガの人物みたいでした。でね、4人が並んで、俺のほうを指差して
 大笑いしてから消えたんです」 「・・・」 「そのときにね、胸の心臓の
 あたりがキューッと痛くなって、動けるようになってもドキドキしてました。
 それで、次はあの額を鳥居に飾って完成なんだと思ったら、怖くなって」

「何で?」 「いや、すごく悪いことが起きる気がするんです」 「うーん」
「でね、次の日から寝てないんです。横になってないってことです。一昨日は部屋の中で
 ずっと起きてたし、昨日は24時間ファミレスに行って朝方帰ってきました。
 それから、大学に行こうというところで倒れちゃって」 「まる2日間寝てないのか、
 それはダメだ。医者だよ、明日は休んで病院に必ず行け」 「そうします」
「今夜はどうするんだ」 「あ、ここでずっと寝かせてもらったんで、また徹夜して
 ネトカフェへ行きます」まあ、こんな話で。あとね、いちおうこんなことも
 聞いてみたんです。「お前、ここんとこ、何か神様に怒られるようなこととかしたか」
そしたら、宇和島は少し考えて「・・・いや、こないだバイクで旅行したとき、
 大きな岩に注連縄張ったのの前でテント張りました。でも、立ちションとか
 するわけないし、ちゃんとお賽銭も放っておきましたよ、10円」 「・・・」

でね、それからは隣の様子をうかがってました。翌日、宇和島は病院に行ったらしく
報告に来て「検査してもらったら心臓に異常はなかったし、脳のMRIも撮ってもらって、
 3日後に結果が出ます」こう言ってました。やはり心療内科的な
ものなんだろうと思ってたんですが・・・ 寝ている間に突然死しちゃったんです。
いや、病院で見てもらって安心したのか、部屋で寝ちゃったらしくて。
やつの大学の同じゼミのやつらが様子見にきて、鍵が開いてたんで中に入ったら
死んでたってことです。うーん、死因が何なのか、俺は聞いてないです。
今ごろは、宇和島神社に祀られて神様になってるんでしょうかね。
・・・こんな話なんですが、気になるのは、最初に何も入ってない宅急便が来たって
ことですよ。宇和島の話が本当だとしたら、その小人、まだアパートに
いるんじゃないですか。やつの部屋だけならいいけど、もし俺のとこに来たら。






江戸の糞尿事情

2019.08.23 (Fri)


今回はこういうお題でいきます。カテゴリは日本史ですね。汚い話に
なりますので、苦手な方はスルーされてください。さて、かっぽれ節に
こういうのがあります。「♪沖の暗いに白帆が見える」、この後は
「あれは紀の国みかん船~」と続いて、豪商、紀伊国屋文左衛門が嵐の海に
船を出し、みかんを運んで財をなしたときのエピソードが歌われています。

で、これをもじった江戸小咄があるんですね。ある客が吉原へ行って
遊女と同衾した朝方、その遊女が布団の中でオナラをしてしまって臭い。
客は寝ているようだが、気づかれないように臭いを逃がそうと、
足袋をはいた足で布団の裾を持ち上げた。

すると、寝ていると思っていた客が目を開けてそれを見ていたので、
困った遊女は照れかくしに、「♪沖の暗いに白帆が見える」と歌います。
足袋を白帆に見立てたわけですが、すぐさま客のほうが、
「ほんに肥桶(こえたご)積んだのが」と返すんです。
臭いですが、なかなか粋な話だと思います。

江戸時代の汚穢舟と肥桶
da (3)

さて、糞尿を入れた桶が肥桶で、どうしてわざわざ舟に積んでいるかと
いうと、これは肥料にするために近郊の農地に運ぶんですね。
江戸時代には、紙、金属、布などすべてのものが
徹底的にリサイクルされていたのはご存知だと思います。

例えば着物は、ぼろぼろになって着られなくなると、赤ん坊のおむつや
雑巾にしました。それにも使えなくなると、細く切って編み、
下駄の鼻緒や紐にし、その後も捨てることはせず、
焼いて灰にして、回ってくる灰の回収業者に売りました。

糞尿もまた例外ではなく、ほぼすべてが回収されていたんです。
江戸の人口は、当時としては世界トップレベルで、
大量の糞尿が出ていました。ヨーロッパでは、これが道にまき散らされ
たので、それをよけるためにハイヒールができたなどと言われますが、

長屋の共同便所
da (1)

日本では、完全に回収され、主に野菜栽培の肥料として使われました。
現在、有機栽培の無農薬野菜は高価ですが、昔はそれが普通だったんです。
農業に使われていた肥料は、干鰯(ほしか)、油粕(あぶらかす)、
下肥(しもごえ)の3種が金肥と言われ、その中で下肥(人糞)は
安価で肥料分が多かったので、農家に人気がありました。

江戸初期の農学者、宮崎安貞の『農業全書』には、「草肥を細かく切った
ものに下肥をかけ、天日乾燥させたものを畑に用いる」とあり、
発酵させて使っていたんですね。自分は茨城出身で、昔はそこらに
肥溜があり、冬になって凍ると上に乗ったりしていたなんて話を
聞きましたが、さすがに実際に見たことはありません。

宮崎安貞
da (1)

で、この下肥、厳密なランクづけがあったんです。もっとも上等で、
高値で取引されたのが「勤番」、これは大名屋敷などから出たもの。
次が「町肥」、江戸市中の長屋など町人のものです。3番めが
「辻肥」といって、四つ辻などに設置された公衆トイレからのもの。
最も下等が「お屋敷」、牢屋敷から出たものです。

もちろんこのさらに上に、江戸城から出たものがあり、葛西出身の農民、
権四郎という人物がそれに目をつけ、「江戸城御用下掃除人」の役を
いただいて独占し、舟でお堀を経由して江戸近郊の農村に運んで
大きな財をなしたということです。ちなみに、「勤番」の値段は、
「町肥」の5倍程度とされていました。

やはり、食べているものが武士と町人では違うんでしょうね。
町肥の値段は大人1人の1年分が、時期によっても違いますが
だいたい二分くらいで、これは一両の4分の1にあたり、
現在のお金にして5万円以上にはなると思います。

肥取り屋には女性もいた
da (2)

さて、「肥取りへ 尻が増えたと 大家言い」という川柳があります。
長屋の住人が共同便所で出した下肥は、肥取りと呼ばれる
専門業者が取りに来て、ついでに掃除もしていくんですが、
その支払はすべて長屋の大家がもらう決まりになっていました。

ですから、もしその長屋に10人が住んでいたとすると、50万円の
収入になります。江戸時代の大家は、その長屋の持ち主ではなく
地主から給料で雇われた者ですので、貴重な現金収入になりました。
「店中(たなじゅう)の 尻で大家は 餅をつき」意味はわかりますよね。
長屋の店子の肥を売ったお金が、正月の餅代になるということです。

ただし、大家は正月は店子の面々に餅を配らなくてはなりませんでした。
「とんだ 可愛お供え 大家くれ」長屋の家々に大家が餅を配ったが、
金がなかったせいで小さいものになってしまったという意味でしょう。
落語では「大家といえば親も同然」というセリフが出てきますし、
そんな感じで、何くれとなく住人の世話を焼いていたんです。

江戸の長屋の構造
da (4)

さてさて、最初の話に戻って、隅田川などから張り巡らされた運河には、
肥桶を乗せた舟がつねに行き来していて、「汚穢舟(おわいぶね)」
と呼ばれていましたが、さすがに汚い名前なので、
いつしか権四郎の出身地からとって「葛西舟」と呼ばれるようになり、
遊女が白足袋を立てて布団を持ち上げるところへ つながっていきます。

ということで、江戸の町には上水道はありましたが、さすがに下水までは
整備されておらず、そのかわりに完璧な回収システムができあがっていました。
いろいろ調べてみるとわかるんですが、このことだけでなく、
江戸の暮らしは、世界の同時期の他の都市と比較して、
先進的な部分が多かったんですね。では、今回はこのへんで。

da (1)



「エントロピック重力」とは

2019.08.22 (Thu)
でrt (2)

毎日暑いですね。このところ、いくらかはマシになってきた気もしますが、
ここ大阪は、まだまだエアコンなしに生活するのは不可能そうです。
熱中症は野外だけでなく、室内で起きることもありますので、
こまめに水分をとるなどの対策を心がけてください。
さて、今回は「ヴァーリンデの重力仮説」を取り上げます。

ただ、この話、すごく難しいんですよね。自分の理解範囲をかなり超えた
ものなので、いろいろ間違いがあると思います。なるべく正確に
書くつもりですが、まあ、眉に唾をつけて聞いてください。
もし、明らかな間違いとかがあれば、指摘していただければありがたいです。

エリック・ヴァーリンデ博士
でrt (6)

2009年、アムステルダム大学の理論物理学教授である、
エリック・ヴァーリンデ博士が、「重力は存在しない」とする理論を
発表し、話題を集めました。ニュートンが万有引力の働きを発見したのは
ご存知だと思います。ただし、「リンゴが落ちるのを見て」というのが
本当かどうかはわかりません。おそらく作り話でしょう。

ニュートン以前、われわれはリンゴなど、上にあるものが下に落ちるのは
あたり前だと思っていました。ですが、無重力の宇宙空間では
リンゴは下に落ちません、というか、そもそも上下という概念がないんですね。
地球上では、リンゴの持つ質量と地球の質量、これが互いに引き合って、
われわれにはリンゴが地面に落ちるように見えます。



さらにその200年以上後、アインシュタインが相対性理論を発表し、
重力理論を書き換えました。では、もしヴァーリンデ博士の主張どおり
重力はないのだとしたら、リンゴは何の力で落ちるんでしょうか。
これは、「エントロピックな力」として説明されています。

ですから、ヴァーリンデの重力理論は別名、「エントロピック重力理論
(Entropic gravity theory)」とも言うんです。エントロピーはご存知だと
思います。熱力学において発見された、「乱雑さ」を表す物理量です。
例えば、100℃のお湯と10℃の水を混ぜると温度は下がりますよね。
このとき、エントロピーは増大することになります。

でrt (4)

もし、われわれの住む宇宙空間が閉じている(他の世界との
熱交換がない)とすれば、どんどん温度は均一化していき、エントロピーは
増大を続けて、やがて「宇宙の熱的死」を迎えるという予測があります。
で、エントロピック重力理論を思い切り単純化して言うと、このエントロピー
による力があらゆる空間に働いていて、木からリンゴが落ちる。 

先ほどの例だと、100℃のお湯の中では水分子が活発に動いていて、
それが動きの悪い10℃の水分子にあたって弱められ、全体として温度が
下がる。あと、ゴムを引っぱって手を離すと戻ってきますが、
これもエントロピックな力と言えます。われわれが重力だと思ってるのは、
そういうエントロピーが動く力だというわけです。

えー、そんなバカなと思われたんじゃないでしょうか。では、この理論、
世界の物理学者にどう受けとめられたかというと、じつはそうバカには
されなかったんです。ありえるかも、と考えた物理学者も一部にはいました。
どうしてかというと、アインシュタインの重力方程式は、熱力学の方程式と
強い相関があるからです。このことは以前から知られていました。

でrt (1)

さらに、熱力学のエントロピーと情報理論にも関連性があり、
どちらもほぼ同じ式で記述することができます。
物理学におけるエントロピーを、情報理論の一応用とみなすべきだと
主張する研究者もいるんです。さて、ここで少し話を変えて、
「ホログラフィック原理(holographic principle)」というのがありますよね。

これも、エントロピック重力理論とつながっています。
ホーキング博士らが、ブラックホールに落ちた情報について問題を
提起しました。ホーキング理論では、大きなブラックホールは長い時間をかけて
蒸発してなくなります。では、中に落ちたものの情報は保存されるのか。
世界中の理論物理学者がそれについて考え、一定の結論が出ました。

「ホログラフィック原理」のイメージ
でrt (5)

ブラックホールはいずれ蒸発するが、情報は保存される。ただし、
その情報量はブラックホールの表面積に比例する。
これ、すごく意外な答えなんですが、計算結果は間違っていません。
ブラックホールの体積に比例すると考えるのが普通なのに、表面積、
つまり、情報は2次元面に保存される。

ここから話を広げて、われわれの宇宙を一つの巨大なブラックホールとみると、
この宇宙で起きるあらゆる出来事の情報は、宇宙のまわりをとりまく
(ちょっと違いますが、まあ)事象の地平面にすでに書き込まれている。
われわれが3次元だと思っているのは、じつは2次元の情報が投影された
幻影(ホログラフィック)である、とするのがホログラフィック原理。

ダークマターとは、銀河を回転させる力の源となる「見えない」質量
sでw

で、ホログラフィックとして物が動いているように見える源が、
エントロピックな力というわけです。みなさん、これ、どう思われますか。
ヴァーリンデ博士は、翌2010年、エントロピック重力理論を適用すると、
銀河を回転させている仮想的な質量である暗黒物質(ダークマター)も、
想定する必要がなくなるという論文を発表しています。

さらに、2016年、オランダ、ライデン大学の研究チームが、
エントロピック重力理論が実証データでも一致することを裏づけ、世界に
衝撃が走りました。ただし、2017年、アメリカ、プリンストン大学の研究で、
矮小銀河の自転速度に関して、ヴァーリンデの重力仮説に反する証拠が
見つかったと発表し、現在、事態は混沌としている状況です。

『マトリックス』
でrt (3)

さてさて、映画の『マトリックス』では、われわれ人間の意識は
ヴァーチャル世界にあって、情報によって動かされていましたが、
もしかしたら実際に、ホログラフィック世界の中で、エントロピックな力で
情報によって動かされているのかもしれません。その可能性は絶対にない
とは言えないんですね。では、今回はこのへんで。

関連記事 『科学的な疑問はなくなるか』 『ノーベル賞の傾向分析』




笑い地蔵の話

2019.08.21 (Wed)
どうぞよろしくお願いします、高校2年生です。さっそく話していきますけど、
これ、話の前半のほうは僕が体験したことじゃないんです。
うちの母です。ですから、もしかしたら細かい部分でつじつまの
合わないとこもあるかもしれません。うちは、昔からの古い商店街の
中にあるんです。といっても、すごくさびれちゃって、半分以上は店を
閉めちゃってます。まあ、どこもそうなのかもしれないですけど。
年寄りばかり増えて、市全体が活気がなくなってるんですよね。
商店街の道はそこそこ広いですし、朝夕の通勤時間には
けっこう交通量もあります。ただ、僕が小さいときから、
事故なんて見たことはなかったんですけど。
それで、ええと、始まりは1ヶ月ほど前のことですね。

うちは商店街の交差点の角で、小さい薬局をやってるんです。
調剤もやりますけど、主に市販薬を売ってる。両親とも薬剤師で、
ずっと店にいます。さあ、よくわからないですけど、うちが食べていける
だけの収入はあるみたいです。で、その日の朝、母親が早く起きて
店の前を掃除してたんです。時間は朝の6時ころで、
そのあたりだと、まだあんまり交通量は多くないんです。
そしたら、通りの向こう側に顔見知りのおじいさんがいて、
手を上げて、母親のほうに向かって何か言っている。
「店はまだ開かないのか」みたいな意味だと思ったそうです。
そのおじいさんは町内の人じゃないけど、毎朝ウオーキングしてて、
母親は顔を見ればあいさつしてたそうなんです。

店の開店は9時なんですが、おじいさんが急に薬が必要になったのかと
考えて、「ああ、いいですよ、今開けますから」母親がそう呼びかけると、
おじいさんはヨタヨタした様子で道路を渡ろうとして。
でもそのとき、かなりのスピードの車が道をくるのが見えたそうです。
母親は、「危ないです!」って叫んだものの、
おじいさんは道の真ん中まで出てきて、ドシンという嫌な音とともに
はねられちゃったんですね。母親の話では、相当な高さまで宙に浮いて、
それから交差点の店側の信号の下に、頭から落ちてきたんだそうです。
で、またアスファルトに頭を打ちつけるボグッという音。
あの音は一生忘れられないって言ってました。
母親は大きな悲鳴をあげて、それが聞こえたんで僕も起きてきたんです。

「何、どしたん?」って表戸を開けたら、おじいさんは、
数m前のガードレールに足先を引っかける形でうつぶせに倒れてて、
頭の下からすごい量の血が地面に広がってました。ピクリとも動かないし、
あの血を見ただけでもう助からないと思いました。母親が、
「警察に連絡して!」と言ったんで、店の電話からかけたんです。
おじいさんをはねたのは商用車のバンで、40代くらいのサラリーマンの
人が出てきて、呆然と立ちつくしてました。派出所がわりに近いので
警察はすぐ来ました。親父も出てきたし、近所の人も野次馬に集まってきて。
もっと見てたかったんだけど、その日は平日で学校があったんで、
いったん中に引っ込んだんです。その日の夕方ってか夜ですね。
僕、陸上部なんで帰りは7時すぎるんです。

おじいさんはもう片づけられて、ガードレールの内側に花束とビールの缶
とかが置かれてました。母親の話では、警察の捜査は午後までには済んで、
母親も目撃者ということで証言を求められたそうです。
「でもねえ、車のほうもスピード出しすぎてたと思うけど、
 あのおじいさん、急に道路を渡りだしたし、少し離れた信号も赤だったのよね。
 だから車の人は責められないんじゃないかと思う。
 とにかく見たとおりのことを警察には話した」母親はこう言ってました。
花束のほうは、おじいさんの子どもらしい夫婦が来て、供えていったそうです。
まあ、80のおじいさんの子どもだから50代くらい。母親が店から出ていくと、
2人そろって頭を下げたんで、母親も頭を下げ返したそうです。
長々と話しましたけど、ここまでが事故のときの様子です。

翌朝ですね。僕、部活の朝練の日だったんですよ。それで、7時少し前に
家を出ようとして、どうしてもその花束のほうへ目がいきますよね。
そのときに違和感を感じたんです。花に埋もれるような感じで
小さな顔が見えたんですよ。近寄っていくと、髪の毛のない石の人形。
印象としてはお地蔵様で、高さは30cmないくらいでした。
あれ、こんなの昨日見たとき、あったっけ。で、ここ大事なとこなんですけど、
そのお地蔵様の顔、無表情っていうか、ムッとした感じに見えたんです。
ともかく学校へ行きました。で、その日帰ってくると、母親がすごい興奮してて、
「また事故だよ。同んなじ場所、人じゃなかったけど」って言い出して。
「どういうこと?」と聞くと、今度は親父が、「今日の午後、猫が轢かれたんだよ。
 よく近所で見かけるノラなんだが、あのおじいさんと同じ場所でね」

母親が続けて、「ガードレールの上でバウンドして店の前に落ちてきたのよ。
 ズタズタになって血まみれで」親父は、「まあ、猫だしノラだから、
 事件てことじゃないけど、警察に連絡したら死骸は持ってった」って。
「それから、店の前を何度も水かけて洗って、ああ気持ち悪い」
こんなことがあった翌朝です。また学校へ行くときですね。
花束は暑さでだいぶしおれてきて、中のお地蔵様の上半身が出てたんですが、
何か顔が違ってる気がしたんです。近づいてよく見ると、
お地蔵様の右のほおに赤黒いシミが、マジックで線を引いたようについてました。
猫の血だろうか。それと、なんだか前よりも穏やかな顔っていうか、
微笑んでいるようにも見えたんです。でも・・・そんなはずはないし、
そのときは血のシミのせいでそう見えたんだろうと思ってたんですが。

それからはほぼ毎日、朝にお地蔵様の顔を見てました。血のシミは雨で消え、
でもやっぱり、微笑んだ顔で。・・・前からこうだったんだ、
そう考えるしかなかったです。それから1週間ほどして、
同じ場所で、またまた死亡事故が起きたんです。今度は子どもでした。
土曜日の午前中です。信号待ちしていたお母さんの手をふりほどいた
幼稚園の男の子が、いきなり道路に飛び出して宅急便のトラックに轢かれたんです。
母親の話では、最初におじいさんが落ちたのとほとんど同じ場所に
とばされてきて、頭が半分なくなってたそうです。「見なきゃよかった、
見なきゃよかった」母親はうわごとのようにそう言ってました。
といっても、今回は遺体を見ただけで、はねられる瞬間は目撃してないんで、
警察から聴取を受けることはなかったんです。その翌日、

現場には、おじいさんのときよりずっとたくさんの花とかが供えられてました。
それで・・・お地蔵様の姿も埋もれて見えなくなってましたが、
僕、気になってしかたがなかったんです。だから、
あんなことしなきゃよかったんだけど、次の日の朝に、花束を何個か
よせてみたんですよ。そしたら、お地蔵様の顔、笑ってたんですよ。
閉じてたはずの口が耳まで開いて、中は真っ赤でした。
そんなはずないですよね。石を彫ったものなんだから。
見ていると笑い声が聞こえてくるようで、すぐに花束を上に投げ落として
見えなくしたんです。・・・で、この話、まだ終わりじゃないんですよ。
あれは火曜日の夜です。僕の部屋は道路に面した窓があって、
その日は珍しく勉強してたんです、試験が近かったんで。

で、10時過ぎかな、そろそろカーテン閉めようかって窓のほうを見たら、
外が赤く光ってました。ほら、その1ヶ月ずっと、警察やら救急車が来てたんで、
またなのかと思ったんですが、音は何もしない。窓を開けたら、
信号下の花束のあたりが赤い光に包まれてて、でも、塀に遮られてよく見えない。
そのとき、ふーっと何かが浮いてきたんです。小さいもの、
あのお地蔵様だったんですよ。それが頭を上にしてゆっくり回転しながら、
窓の高さまでくると顔がこっち向いて、遠くてはっきりしなかったけど、
大笑いしてるように見えたんです。お地蔵様はそのまま電信柱よりも
高くまで上がると、もう降りてきませんでした。いや、そのときは
怖くて見に行かなかったけど、朝になったらお地蔵様はなくなってました。
それ以後、事故も起きてないです。これで収まってくれるといいんですけど。

補足
うちの市の郊外にね、10年ほど前に新興宗教が拝殿を建てたんだよ。
それなりに立派なもんだったんだけど、若い女性を監禁する事件があって
警察が介入し、それから信者がどんどん減ってってね。
最後は教祖と、その奥さん、息子たちだけになった。
で、つい最近、その教祖が亡くなったんだ。病死で、事件性はないみたいだな。
救急車が呼ばれて、行ってみると、教祖は死後3日目くらいで
祭壇に横たえられてた。奥さんはその間、復活させようとしてたらしい。
でも、一度死んだ人間が生き返るはずはないよな。あ、キリストは生き返ったか。
まあそれで、その宗教団体は仏教系だったんだが、長い間病気だった
教祖の体のまわりをとり囲むようにして、何体もの小さいお地蔵さんが
立てられていたって。どのお地蔵さんも赤い口を開けて笑ってたそうだよ。

なかい




道路のオカルト

2019.08.20 (Tue)
が (9)

今回はこういうお題でいきます。そうですね、なるべく前に書いた
「車のオカルト」とかぶらないようにしたいと思います。さて、
「道」というものは、人類が発祥した当初からあったと考えられます。
採集の場や水場など、何度もかよう場所までの途中は
踏み固められて草が生えなくなり、道ができます。

人々が定住生活を始め、交易が盛んになると、他の集落へとつながる
道ができてくるわけですね。『三国志』の魏志倭人伝には、
対馬国の描写として「道路如禽鹿徑」と出てきます。鳥や鹿が
通るような粗末な道という意味です。

また、末盧(まつろ)国の部分には「草木茂盛行不見前人」とあり、
草木が生い茂って前を行く人が見えないほどだと、
当時の中国人が、道の悪さに驚いている記述があります。
古代の道は、丘や大きな川に遮られると迂回して渡りやすい場所を
選んでいたと考えられ、現代とは比較しにくいでしょう。

アリゾナのハイウェイ
が (1)

舗装路は、もちろん現代のようなコンクリやアスファルト製では
ありませんが、石畳のような道は紀元前から見られます。
古代ローマや中国では、数千年前から、数万kmにもおよぶ
牛馬や車が通れる立派な道がありました。

さて、道路のオカルトというと、アメリカでは、ます最初に
ヒッチハイクがくるんじゃないかな。さまざまな都市伝説があります。
ヒッチハイクで拾った人物が殺人鬼だったり、
逆に、ヒッチハイカーが乗った車の持ち主がおかしな人間だったり。

前者のパターンの傑作が、1986年のアメリカ映画『ヒッチャー』。
『ブレードランナー』のレプリカント役で有名になった
ルトガー・ハウアーが、サイコ殺人鬼として鬼気迫る演技を
見せています。あと、リチャード・マシスンの短編小説をスピルバーグが
映画化した1971年の『激突』のような、大型トラックに襲われる話。

怪談の舞台になりやすいトンネル
が (3)

日本のように鉄道ではなく、かなりの長距離を車で移動するアメリカでは、
道路は怖い場所なんですね。道の両側に建物がないようなところが
何十kmも続いていて、簡単に助けは呼べませんし、
州が変われば警察もチェンジしてしまいます。日本だと、車での
長距離移動は高速道路になるので、ヒッチハイカー自体がまずいません。

ちなみに、これは余談ですが、自分がアメリカに住んでいたときに
見たかぎりでは、アメリカの道路は広いですが舗装状態はよくありません。
日本のように、ちょっとでも凹んだりするとすぐに補修される
といったことはないんです。韓国など他の国と比べても、
日本の道路はよくできていると思います。

「秩父貯水槽殺人事件」どうしても墓地に案内されてしまう
が (8)

さて、ここからは道路のオカルトを思いつくまま書いていきます。怪談では、
ナビの案内にしたがっていると、どんどん変なところに連れていかれる
といった話があります。2004年に出た、「秩父貯水槽殺人事件」を
あつかったDVDでは、被害者の実家の住所をナビに入力すると、
その人の墓がある墓地に連れていかれるといった内容が出ています。

幽霊注意?
が (2)

まあ、昔のCDを入れるナビだと、新しい道路情報に追いつかず、
車が海や山の上を走ってるなんてこともありました。
また、死亡事故のあった場所に置かれている慰霊の花束やジュースなど、
これも怪談の定番の一つですね。イタズラをした人間が祟りにあう。

あとは、「!」の道路標識について。これは黄色に黒字の「警戒標識」で、
「その他の危険」を表しています。ほとんどは標識の下に、
「凍結注意」などの補足説明がついていますが、中には何もないものも
あって、「幽霊が出るからだ」とも言われています。

事故現場
が (7)

それについて問い合わせをしても、国土交通省や地方自治体が
認めることはないんですが、自分が少し調べたところでは、
見通しのよいゆるやかなカーブの場所に、補足のない「!」が
連続して立てられていて、なぜか、そこでは事故が多発するといったことは
あるようです。で、地元では幽霊の噂が立っている。

あとそうですね、道の駅の駐車場で車中泊をしていて怪異に遭うといった
パターンの話もけっこうあります。たいがいの道の駅は24時間利用可能で、
車中泊も仮眠として黙認されていることが多いんですが、
(禁止のところもあります)さすがにテントを張ったり、煮炊きをして
騒いだりするのはマナー違反で、警察を呼ばれる場合もありえます。

車中泊
が (5)

それから、怪談で定番なのがトンネルです。「時間が戻る」 「死者に会える」
「上から血まみれの女が降ってくる」など、さまざまなパターンがあります。
長いトンネルで、あのオレンジの光の連なりをずっと見てると、
一種の催眠効果があるとも言われます。それで、壁に映る車の影などが
走っている落武者に見えたりする(笑)。

道路に付随した歩道橋や音の出る信号機、地下道などにもさまざまな
怪談があり、稲川淳二さんの「女王様の歩道橋」の話は有名ですね。
学芸会で女王様の役をやるはずだった女の子が車に轢かれて亡くなり、
事故の後につくられた歩道橋の「安全のため」という文字の
上のほうが消えて、「女王のため」になっている・・・

が (6)

さてさて、ということで、道路のオカルトについて見てきました。
最後に変な話をしますが、自分は10年くらい前、夜中の2時ころに
ローラースケートで近所の道路を走ってたことがあるんですね。
車通りの少ないところの信号はほとんど黄色の点滅になり、
昼とは違った雰囲気になっていました。では、今回はこのへんで。

が (4)




「隻手の声」あれこれ

2019.08.19 (Mon)
っっsdwrf (2)

今回も仏教のお話です。ただこれねえ、自分もちゃんとわかってる
わけではないので(じゃ書くなよ!)、本項の記事はかなり内容が
あちこちに飛んで、まとまりのないものになりそうな気がします。
というわけで、スルーされたほうがいいかもしれません。

さて、自分が「隻手(せきしゅ)の声」を初めて知ったのは、
アメリカ由来です。高校時代にアメリカの小説家、J・D・サリンジャーの
短編集『ナイン・ストーリーズ』を読んだとき、エピグラフとして
書かれてあったんですね。サリンジャーはすごく人気があったので、
自分と同じようにして知ったという方は、多いんじゃないでしょうか。

っっsdwrf (8)

で、そのとき、禅の公案だろうというのは何となくわかりました。
いかにもそれっぽいですからね。あと、アメリカの進歩人の間で
禅が流行していることも知識としてはありました。
ただ、中国でつくられたものかなと思ってたんです。

さて、「隻手の声」は、日本の江戸中期の僧、白隠が考え出したものです。
白隠は、衰退していた臨済宗を立て直したということで、中興の祖と
呼ばれています。18世紀の、わりに新しい時代の人なんですね。
ビートルズのジョン・レノンやジャズの巨匠、マイルス・デイヴィスが
自宅に白隠の禅画を飾っていたのは有名です。

白隠禅師
っっsdwrf (6)

こういうものです。「両手の鳴る音は知る。では片手の鳴る音はいかに」
意味は解説するまでもないでしょうが、両手を強く合わせると
パンという音がする。では、片手だったらどうなのか?
片手だけ上げれば何の音もしないのはあたり前ですが、
そういう答えを言うと、師にダメ出しをされて追い返されてしまいます。

この公案は「初透関(しょとうかん)」と呼ばれ、禅宗に入門した者が
まず与えられるものの一つのようです。白隠は、この「隻手音声」を            
透過した者に「龍杖図」という図画を書き与えて、
入門許可証としていたようです。まあ、仏教にあまり詳しくない
自分から見ても、これはいい問題だと思います。

仙人 白幽子
っっsdwrf (7)

さて、白隠禅師といえば、いろいろと面白いエピソードがあります。
若いころ、禅に打ち込むあまり「禅病」(現代で言うところのノイローゼ?)
に苦しんだため、人の話を伝え聞いて、京都の白川村の山中に暮らす
白幽子という人物を訪れます。白幽子は実在の人物で、書家なんですが、
何百年も生きている仙人であるという噂がありました。

で、白幽子から「内観の法」という健康法?を教わり、それで病気が癒え、
他の弟子たちにも教えたとされます。内観の法は、仰向けに寝て、
丹田(へその下の下腹部)から両足にかけての範囲に意識を置くというもので、
実態はよくわからないんですが、中国の内気功に似たものではないか
とも言われます。ヨーガのチャクラとも共通点がありそうです。

達磨大師
っっsdwrf (4)

さて、ここからはかなり理屈っぽい話になっていきます。禅宗は、
6世紀ころにインドから中国にやってきた達磨大師(ボーディダルマ)が
開いたとされています。ただ、達磨大師の生涯は伝説的で、
どこまでが本当なのかよくわからないんですよね。
実在の人物ではないとする説まであります。

日本の縁起物の「だるま」は、達磨大師が壁に向かって長い間座禅を
続けたため、手足が腐って落ちてしまった姿を表していると言われますが、
まあ、そんなことはないでしょう。達磨大師以前にも、仏教には座って
瞑想をする修行法はありましたが、禅宗は座禅を修行の中心に据えます。

ここで少し話を変えますが、日本は島国で、仏教は直接インドから
伝来したわけではなく、中国由来でワンクッション置かれています。
で、仏教は中国で微妙に変質してしまっているんです。「偽経」というのが
ありますが、これはサンスクリットの漢訳ではなく、中国でできたお経で、
儒教や道教の内容を、お経の体裁で語っているものです。

老子 道教の神「太上老君」と同一視される
っっsdwrf (5)

仏教の中心的概念の一つに「空」があります。すべてのものは、互いに
依存しながら成り立っていて、つねに生成と消滅をくり返しており、
あらゆるものには実体がない。なんだか、物理学の最新理論みたいですね。
ですが、それまで中国にあった宗教、儒教でも道教でも、
基本的には、この世で利益を得るためのものでした。

儒教は、「仁」によって世の中をよく治めることが目的とされ、
道教は、人間は死ねば無になってしまう、だから修行を積んで不老不死を得、
仙人になって天を自在にかけ巡ろう・・・思い切り単純化してしまいましたが、
大きな部分では間違いはないと思います。中国人には、あらゆるものに
対する否定である「空」が、なかなか理解できなかったんですね。

ですから、空の概念を、道教や老荘思想の「無」で理解しようとしました。
で、こんなことを書けば怒られそうですが、禅宗も、
中国で成り立ち発展したものであるため、空について、
もともとの形と違うようにとらえられていると、自分は考えています。

玄奘三蔵
っっsdwrf (3)

中国で仏教は変質し、禅をはじめ、さまざまな論を説くものが現れてきた。
この現状に危機感を持った玄奘三蔵法師は、
仏典の研究は原典によるべきであると考えて、629年、国禁を犯して
密かに出国、インドへの取経の旅へと出ることになるわけです。

さてさて、「隻手の声」ですが、一般的には「無音という音」と
解釈されることが多いんですが、それだけだと厳しい老師には不合格に
されるかもしれません。自分自身が座禅を通じて、「片手の音」に
なりきることが大切なんだろうと思います。では、今回はこのへんで。

っっsdwrf (1)




音声の話 2題

2019.08.19 (Mon)
今回はこういうお題でいきます。怪異の姿は見えず、声だけが聞こえる
怪談ってありますよね。これも考えてみれば不思議なことです。
何かが見えるというのは、対象に反射した光を目の網膜がとらえて、
それを視神経に電気信号として伝え、脳の中で再構築されるという
しくみになっているはずです。音声の場合も、空気の振動である音を
耳の鼓膜がキャッチして、やはり信号に変換されたのが脳内に
伝わって処理される。そう考えれば、見るのも聞くのもあんまり
違いはないんですよね。それなのに、不思議な声だけしか聞こえなかった
という話も少なからずあります。まあ、ある人 一人だけにしか聞こえなかった
場合などは、幻聴の可能性があるでしょう。ところが、その不可思議な声が
電気機器を通して録音されてしまうこともあります。

さらに、CDなどになって発売されてしまうことも。みなさんも、
霊の声が入った曲、なんて話は聞かれたことがあると思います。
このあたりは不思議ですよねえ。まあ、うがった見方をすれば、
レコード会社のほうで、話題づくりのためにわざとそういうのを入れてるのかも
しれません。商品を売るためには、どんなことでもやるのが資本主義社会です。
あと、昔から霊と電気機器は相性がいいんですよね。あのエジソンや
そのライバルであったニコラ・テスラが、競って霊界ラジオを開発していたのは
有名な話です。当時は、電波の周波数についての知識が深まり、
霊界の音は、ある波長で流れているんではないかという仮説があったわけです。
結果的に、どちらも霊界ラジオを開発することはできませんでした。
今回は、自分のところに集まってきた音の怪談をいくつかご紹介します。

専門学校生 屋敷信博さんの話
あ、どうも。じゃ、さっそく話をしていきますけど、これって
ただの偶然かもしれないんです。最初にそれはお断りしておきます。
俺ね、オカルトが好きで、そういう雑誌とかよく読むんですよ。
そしたら、ある雑誌で予言をうけとる方法ってのがあったんです。
ラジオを利用するんです。感度のいいラジオを用意して、デタラメに周波数を
合わせる。そのときに断片的に聞こえてきた内容をつなぎ合わせると
予言になってるという。でも、ただやってもダメなんです。
その雑誌によると、最初に「ジェーイシャー」という呪文を唱え、
それから、AMのラジオ・ウラジオストックに周波数を合わせる。
はい、ラジオ・ウラジオストックは、雑音が多いですけど、なんとか聞こえます。
それから、さらに細かいやり方があるんですが、そこは省略しますね。

AMじゃないとダメみたいです。これはたぶんFMよりも局数が多いからじゃ
ないでしょうか。でね、さっそく部屋に戻ってやってみたんです。
時間は夜の11時ころでした。え、信じてたかって?
いやあ、そう言われるとねえ、半信半疑よりも信じてないほうが
強かったです。でも、面白そうだし、話題にもなるじゃないですか。
呪文を唱え、防災用ラジオをラジオ・ウラジオストックに合わせると、
雑音混じりでロシア語が聞こえてきました。そっから雑誌のとおりに
やってみたんですが、うまくいかないんですよ。ほら、ラジオって
音楽を流してることが多いでしょ。そういうのに当たって、
意味のある内容にならなかったんです。30分くらいやって、
これはダメだ、もうあきらめようと思い始めたときです。

2秒ずつ3回チャンネルを回して、意味がつながったんです。
最初は女の声で「明日」、次が男で「落ちるんだって」、最後がまた女で
「山田君」。つなげるまでもないですよね。「山田が明日落ちる」
でね、僕が通ってるのは写真の専門学校なんですけど、親しい仲間の一人に
山田ってやつがいたんです。その翌日も授業で顔を合わせるはずでした。
そのときはね、ホント、面白半分だったんです。明日、山田が何かから落ちたら
ラジオの予言は本物ってことになるじゃないですか。翌朝9時に学校に行くと
山田がいたんで近づいてくと、眠そうな様子で、「昨日なあ、ラジオ聞いてて
 徹夜した。俺、ふだんはあんまり聞かないんだけどな」こんなことを言いました。
いや、予言の話はしませんでしたよ。先入観になっちゃダメだと思って。
山田は、「嫌だなあ、やりたくねえなあ」とか言いながら、

教室の一番後ろの席で居眠りを始めまして。でね、その専門学校、けっこう
授業は厳しいんです。そのときは望遠レンズの使い方をやってたんですけど、
山田が机につっぷすたびに、俺がつついて起こしてました。
講師の先生は望遠で撮った画像をプロジェクターに映して解説して
たんですが、寒そうな港の写真が出ると、「ああああ」と叫んで山田が
急に立ち上がり、走って教室を出ていったんです。俺、「あ、連れもどしてきます」
そう言って後を追いかけたら、山田は呼びかけてもふり向きもせず、
非常階段をすごい勢いで駆け上がって屋上に出ると、手すりを登ってその上に立ち、
下にダイブしたんです。屋上は撮影のために出られるようになってました。
3階建てなんですけど、下は交通量の多い道路で、落ちた山田は
何台もの車に轢かれてズタズタに・・・ まあ、こんな話なんですよ。

番組制作会社 柏田洋平さんの話
あ、今晩は。俺ね、番組制作会社でディレクターをやってるんです。
いやいや、弱小のプロダクションですよ。大手のテレビ局からの仕事なんて
めったに来ません。でね、去年の6月ころ、夏に出すコンビニ向けDVDを
制作してたんです。ほら、夏場になると怪談ものって定番でしょ。
まあね、わずかな予算でできるし、俺らには稼ぎどきなんです。え、内容ですか?
ありきたりの心霊スポット探訪ですよ。タレントの卵の女の子と
売れてない芸人を連れて、夜に心霊スポットに行ってロケしてくる。
まあ、夜間撮影はそれなりに大変ですけどね。内容はほとんどやらせです。
最初から台本があって、ここで具合が悪くなってうずくまるとか
書いてあります。だって、そういうのがないと女の子は何もできませんよ。
素人同然なんだから。演技は臭いけど、それはしょうがないです。

あとね、ああいうDVDって、最初のほうでカメラとか照明の調子が悪くなったり
するでしょ。あれも全部 台本に入ってるんです。「すんませーん、
 ライトが切れちゃいました」みたいなセリフもね。ええ、何から何まで
つくり物なんですよ。そのときには、霊能者の人も一人いたんですが、
じつをいうと、それ、霊能者じゃないんです。会社の役員の一人です。
ぜひやりたいって言うんで、貸衣装屋から和服を借りて着てもらって、
最後に女の子についた霊を祓う段取りでした。
行った先は、戦国時代の古戦場だった城跡です。城そのものはもうないけど、
石垣とか土台は残ってる。実際に人が討ち死にしてるのは確かなんですが、
戦国時代っていったら、もう500年も前のことでしょ。
幽霊がいるとしても、もう怨みなんて風化してるんじゃないかと・・・

え、俺ですか、いや、霊なんてまったく信じてなかったです。
スタッフにも信じてるやつなんていないと思いますよ。そのロケ現場でも、
何も不思議なことは起きませんでした。具合が悪くなった女の子を
ロケ車に運び込んで、霊能者役が除霊をする。そこまで撮り終えて、
現場でもすべて確認しました。もちろん、変なものとか映ってなかったです。
あとは会社に戻って加工するだけ。その手のCGって下手でもいいんです。
DVD買う客は、ほとんどギャグのつもりで見てますから、
むしろ突っ込みどころがあるほうがいい。でね、マックに取り込んだ映像を
流してたら、最後のほう、ニセ霊能者がお祓いのために
女の子の肩を榊の枝で打つシーンのところで、「ぎゃはははははは」って
大勢が笑う声が入ってたんです。何だこりゃって思いました。

でね、音声のやつを呼んだんです。「お前だろ、気を利かしてこんなの入れたの。
 でも、これじゃ使えねえよ、わざとらしい」そう言ったら、
音声のやつは真っ青な顔になって、「いえ、僕じゃないです。
 まだ何にもさわってません」って。2人でくり返して何度も聞きましたが、
その笑い声は少なくとも数十人のものが重なってました。
スペクトラムにもはっきり出てましたよ。で、聞いてるうちに頭痛くなって
きたんです。結局、使えないと思って、そこだけ音声を消して発売しましたが、
あんまり売れなかったですね。それで、後日談というか、その霊能者の役を
やった上司が、1ヶ月くらい後に会社で倒れたんです。脳腫瘍の診断で、
手術して1年以上になるのにまだ入院してます。あと、タレントの女の子は
芽が出ないまま実家に戻っちゃって、どうしてるかはわからないですね。

エジソンの霊界通信機





「狗子仏性」って何?

2019.08.17 (Sat)
sdwfgrgゔぁr (6)

今回はこういうお題でいきます。かなり地味な仏教の話になりますので、
興味をお持ちでない方は読むのをスルーされたほうがいいかも
しれません。さて、「狗子仏性(くしぶっしょう)」とは、
禅宗の公案の一つで、その中でも特に有名なものですね。

禅宗が座禅を中心に修行するのは、ご存知だと思います。
曹洞宗は、「黙照禅(もくしょうぜん)」といって、一切の思考を廃し、
一心に座禅にうち込みます。ただこれ、何も考えないというのは
ものすごく難しいですよね。さまざまな雑念が次々にわきあがってくるのが
普通だと思うんですが、それを消すことが修行になるわけです。

禅宗のもう一方、臨済宗では「看話禅(かんなぜん)」を行います。
これは師から公案(問題)を与えられ、座禅をしながらそれについて
ひらすら答えを考えるという形です。で、答えが出ればいいという
わけじゃないんですね。寺の作務を行いつつ、座って公案を考える。

「狗子仏性」
sdwfgrgゔぁr (7)

多いときには、日に数度も老師のもとに呼び出されて解答を求められます。
思考のかぎりをつくして答えを言っても、「それはダメだ」と老師に
あしらわれて追い返されてしまいます。その過程全体が修行であって、
ただ正解に到達すればいいということではありません。

さて、「狗子仏性」の公案について。このようなものです。
「 一人の僧が趙州和尚に問うた。狗子に還って仏性有りや無しや
(犬にも仏性があるでしょうか?)。趙州和尚は、無と答えた。 」

たったこれだけです。一般的に、公案は短いものが多いんです。

趙州和尚
sdwfgrgゔぁr (3)

趙州和尚は、中国の唐の時代に実在した僧侶で、
120歳まで生きたとされます。ですから、
この公案ができたのはそれほど古い時代ではありません。
「狗子(くし)」は犬のことです。よく「犬の子」と誤解されるんですが、
そうではなく、人や物を表す接尾語の「子」です。

次に「仏性(ぶっしょう)」のほうですが、これはきわめて難しい。
「人間一人ひとりが持つ、仏としての本質、仏になるための原因」とでも
言えばいいでしょうか。ここからは、仏性について説明していきます。
仏教の開祖、お釈迦様は、人間は誰しも成仏できると考えていました。
ですから、弟子たちを悟りに導こうと、あれこれ苦心しています。

sdwfgrgゔぁr (5)

ところが、お釈迦様の死後100年ほどして、仏教は20ほどの宗派に
分裂します。これを「部派仏教」の時代といいます。
ある宗派では、お釈迦様の個人崇拝が始まり、「自分たちにはとても
お釈迦様と同じ悟りは不可能である」と考えるようになります。

そこで、仏のひとつ下の位である「阿羅漢(あらはん)」をめざすんですね。
ただし、阿羅漢になるには出家して厳しい修行を積まなくてはなりません。
誰でもできることではないんです。こうして「上座部(小乗)仏教」
ができあがっていきます。自分自身だけが救われるための仏教です。

羅漢像、正式には阿羅漢の像
sdwfgrgゔぁr (4)

これに対し、誰にでも仏になれる可能性がある、と説くのが
「大乗仏教」で、大乗は「大きな乗り物」という意味です。
成仏のための修行は、出家しなくても、生業に従事しながらでもできる。
これを「如来蔵思想」と言います。如来は仏のことで、
人間はその身体の中に仏がもともと潜んでいる。

このことを重視したのが、平安時代に最澄や空海が唐から持ち帰った
密教です(最澄は天台宗、空海は真言宗)。密教では、加持祈祷により、
自分の中の仏が宇宙神である大日如来とつながり、生きながらにして
仏になる(即身成仏)ことができるとしました。高野山では、
空海はまだ生きていて、毎日食事が奥の院に運ばれると言われますね。

真言密教の「即身成仏」
sdwfgrgゔぁr (2)

ただ、これには深い知識が必要で、やはり誰にでもできることではありません。
そこで鎌倉新仏教において、インドから中国に渡った達磨大師が始めた
禅宗では座禅、浄土宗系では念仏、日蓮宗なら題目を唱える
という具合に、そこらの農民でも、野良仕事などの日々の生活の中で          
修行できる方法を取り入れていったんです。

といっても、座禅にはまとまった時間が必要で、禅宗は主に武士階級が
学びました。こうした流れの中で、『涅槃経』というお経では、
如来蔵思想を仏性という言葉で表現していて、日本では仏性という
語のほうが一般的になり、各宗派で用いられるようになりました。

さて、「狗子仏性」の話に戻って、犬には仏性はないんでしょうか?
上記の『涅槃経』には、「一切衆生悉有(しつう)仏性」という一句があり、
「人間をふくめて、すべての生き物は仏性を持っている」という意味です。
あれ、おかしいですね。趙州和尚の解答は「無」なので、
このお経の趣旨に反していることになります。

sdwfgrgゔぁr (1)

そこで、この公案を与えられた僧は、必死になって考えるわけです。
ある意味、逆説的な問題なんですね。解答の一つとして、
この「無」は「有る・無い」の無ではなく、東洋思想的な「絶対無」
を指しているのだとするものがあります。

まあ、それも一つの答えではありますが、最初に述べたように、看話禅の
修行では、その過程が重視されます。どれだけ苦しんで弟子が
取り組んだかを老師は観ます。禅宗は「不立文字(ふりゅうもじ)」が基本で、
文字に書かれた模範解答ではなく、心と心の感応を重視しているんです。
長くなりました、では、今回はこのへんで。





アフリカの呪術について

2019.08.17 (Sat)
アーカイブ165

weeee (5)

昨日、「アフリカのA子の話」という記事を書きましたが、
現在のオカルト界で、アフリカの宗教や呪術って盲点に
なってるんですよね。よくわからないことがたくさんあります。
その原因の一つとしては、アフリカが複雑すぎることです。
ですから、本項もおそらくまとまらない話になると思います。

いちおう国家というのはありますが、アフリカ住民の中には、
自分がどこの国に属してるのか知らないという人も多いんですね。
たくさんの部族があり、国境をまたいで居住していたり、
時期によって、国境を越えて移動したりもします。

もう一つは、ひじょうに調査が難しいということです。
アフリカは危険な地です。政情不安や治安悪化のために危険という
こともありますが、それ以前に、簡単に人が死にやすい場所なんです。
猛獣や毒を持つ生物、疫病など、さまざまな危険があります。

weeee (1)

空港があり、ビルが立ち並ぶ首都の街はそれなりに安全でしょうが、
道路が舗装されておらず、密林が生い茂っているようなところは、
衛生がいきとどいた日本から人が入っていくと、簡単に死んでしまいます。
いまだに暗黒大陸という言葉が生きているんですね。

2011年でしたか、世界中旅行してブログにアップしていた夫婦が、
アフリカに滞在した後、次の旅行地でそろって死亡しました。
2人ともマラリアに感染していたようです。
疫病の予防注射もありますが、いまだ正体の不明な熱病、
赤痢系の病気もあり、それだけではなかなか防げません。

亡くなったブロガー夫妻


19世紀から20世紀初頭、欧米の探検家が多数アフリカで
亡くなっていますし、探検家ではありませんが、日本の野口英世も
ガーナで黄熱病に倒れました。そういった事情から、
アフリカの呪術については、十分な研究がなされてないんです。
ですから、自分がこれから書く内容もごく大雑把なものですので、
そのつもりでお読みください。

野口英世
weeee (7)

さて、アフリカの呪術と言えば、まず思い浮かべるのが、
「ウィッチドクター」でしょう。神や精霊の力を借りて病気を治します。
薬草なども用いますが、どれだけ効果があるかは不明です。
これは、科学という概念が未発達の社会ではしかたのないことです。
ブラセボ効果もあるので、実際に病気が治ることも珍しくはありません。

日本でも、江戸時代の医者はオマジナイを書いた護符を患者に
飲ませたりしていましたし、昭和の時代になっても、
赤ん坊の疳の虫をとる拝み屋などがあちこちにいました。
家族が病気になると、医者にかかるお金がない人たちは、
呪術に頼るしか方策がなかったんです。

ウィッチドクター
weeee (3)

アフリカの国の多くでは、法律で人を呪う行為を禁じています。
ただし、ウィッチドクターは認められている場合もあります。
ウィッチドクターは、病気だけではなく、
部族内での人間関係のもつれをほどいたり、悩み事を解決するなど、
精神科医のような役割も果たしてるんです。

ですから、部族内での信頼は絶大です。2001年のガーナでは、
ウィッチドクターに処方された呪術的なローションを2週間使用した後、
不死身になったことを確認するため、友人に自らを銃で撃たせて死亡した
男性がいて、この人物は、その年のダーウィン賞に輝いています。

関連記事 『ブラックジョークについて』

weeee (2)

さて、アフリカの呪術の分析が難しいのは、その呪術のパワーの源が何か、
はっきりしないことです。一般的に、① 呪術の儀式そのものに力がある。
② 呪術師自身が力を持っている。 ③ 神や精霊の力で呪術が成就する。
この3つがあって、③の場合が最も多いんですが、どんな神や精霊が
いるのかは、部族ごとにまちまち、バラバラなんですね。

アフリカの部族の多くがアニミズム的な宗教のため、
調査しきれないんです。「モケーレ・ムベンベ」や「エメラ・ントゥカ」
など、UMAのカテゴリに入ると考えられている存在も、
もしかしたら実際にはいない、精霊の一種かもしれません。

コンゴのUMA「エメラ・ントゥカ」、恐竜説、サイ説、精霊説がある
weeee (8)

関連記事 『恐竜とオカルト』

さて、アフリカの呪術で、最近世界的な話題になっているのが、
「アルビノ殺し」です。アフリカ東部のタンザニアやモザンビークでは、
ウィッチドクターの作る魔法薬がいまだに広く用いられていて、
権力や幸せ、健康をもたらすポーションと呼ばれる薬を作るため、
アルビノ(先天性色素欠乏)の人間の身体の一部が使われます。

タンザニアでは、アルビノの人の死体が約900万円で取り引きされ、
これは現地の経済状況を考えれば、日本だと億の単位のお金です。
そのため、生きているアルビノの人が殺される事件が多発し、
タンザニア政府は、法律で呪術を禁止しましたが、
なかなか収束しない状況です。

政府に保護されるアルビノの子ども
weeee (4)

さてさて、ということで、アフリカの呪術を見てきましたが、
呪術で最も大切なのは、人々がそれを信じていることです。
社会の中における呪術の位置づけが大きいほど、
それが効力を発揮する場合が多いんですね。

ですから、科学的な常識が教育で広まり、西洋医学が発達した現代の
日本では、呪術の力は薄れています。ですが、
癌や難病を治すことができるという怪しい民間療法や食品も
まだまだ生き残っていて、呪術と人間は切り離せないものであることが
わかります。では、今回はこのへんで。

関連記事 『アフリカのA子の話』

weeee (6)




ゴリラの死生観は

2019.08.16 (Fri)
アーカイブ164

独特なフォームの手話を習得したゴリラとして有名になり、
ロビン・ウィリアムズやレッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリー
などのセレブが会いに来ることでも知られていたココが死亡した。
ニシローランドゴリラのココが,米国時間6月19日に46歳で
永眠したと、ゴリラ財団が公表した。

同財団の声明にはこのように記されている。「ココは全ゴリラの親善大使として、
異種間の交流と共感の象徴として、何百万という人間の心に感動を与えました。
彼女は生涯愛され、今後も人々の記憶に残るでしょう」
(朝日新聞デジタル)

今回はこのお題でいきます。アメリカで、いや、もしかしたら世界で
最も有名な雌のゴリラ、ココが亡くなったというニュースですね。
46歳ということです。眠ったまま亡くなったとニュースにはありますが、
死因は書かれていません。老衰なんでしょうか。

ニシローランドゴリラの寿命は野生では30~40歳、
飼育下では50歳前後だと考えられているので、
まあ、大往生ということなのかもしれません。このゴリラのココがなんで
有名になったかというと、手話を覚えて人間と意思の疎通ができたからです。

生後3ヶ月で病気にかかっているとき、ココは発達心理学の研究者の
フランシーヌ・パターソン博士と出会い、手話を教わることになります。
2012年の時点で、使うことの出来る手話は2000語以上になり、
嘘やジョークを言う事もあったとされます。

ココとパターソン博士


これは有名になりますよね。金髪の女性学者とゴリラのツーショットは
絵になりますから。ココは数の概念を理解していたともされ、
虫歯になったときに、痛みの強さを1から10までの数字でどのくらい?
と聞かれると、9から10と答えたとも言われます。

ただ、これらの報告には批判もあります。ココが用いていた手話は、
アメリカの障害者が使用している体系的なものではなく、
パターソン博士との間でしか通じない独自のものが多いんですね。
ですから、ココが言ったとされる内容の中には、
パターソン博士による恣意的な解釈が含まれている可能性があります。
その点についてはご注意ください。

さて、では、ココのエピソードをもとに「動物はどのような死生観を持っているのか」
について考えていきたいと思います。1983年のクリスマス、
パターソン博士がココに、猫が出てくる絵本を読み聞かせていると、
ココは手話で、猫がほしいと博士に訴えました。

そこで最初、ぬいぐるみのネコを与えたが、ココは気に入らず、
手話でくり返し「悲しい」と訴えました。そこで、その年のココの誕生日に、
小さな子猫たちを連れてきて、ココに一匹選ばせました。
ココは灰色と白の混ざった子猫を選び、その猫は「ポール」と名づけられました。
ココはまるで自分の子どものようにボールをかわいがって世話をし、
赤ちゃんを抱くように連れて歩き、一時期、授乳しようとさえしました。

ココとポール


ところが、残念なことにポールは、研究所の外で、車に轢かれて死んで
しまったんですね。研究者たちは、そのことをココに手話で伝えました。すると、
ココは悲しそうになにかを訴えるような鳴き声をあげ始め、それは、
ゴリラが嫌なことがあったときの声でした。それを聞いたパターソン博士ら
研究者もココといっしょに泣いたそうです。

ここまでのところ、ココは「死」といことについて理解しているように見えます。
では、他の研究ではどうでしょうか。チンパンジーについては、
さまざまな事例が残っています。例えば、イギリスの霊長類学者、
ジェーン・グドールの研究では、母親を亡くしたオスのチンパンジーが、
悲しみのあまり、じょじょに鬱状態になって食事をとらなくなり、

やがて衰弱して死んでいく様子が克明に記録されています。
ただ、これだけだと、残された子どものチンパンジーが悲しんでいるのは、
「母親がいなくなった」からで、必ずしも「死」というものを
理解しているとまでは言えないような気がします。

また、英オックスフォード大学のドラ・ビロ率いる研究チームが、
アフリカのギニア・ボッソウ周辺の森林にあるチンパンジーコミュニティーで
行ったも研究では、子どものチンパンジーが死亡した場合、
母親のチンパンジーは、遺体を数週間から数か月にわたって持ち運びました。

ミイラ化した子どもを背中に乗せて運ぶチンパンジー


持ち運んでいる間に遺体はミイラ化してしまいますが、
母親は強烈な腐敗臭にもめげず、まるで遺体が生きているかのようにあつかい、
どこへ行くにも持ち運んでいたが、やがて、母親は徐々に遺体を手放すようになり、
他のチンパンジーが遺体をさわることを許すようになったそうです。

うーん、この例でも、どこまで「死」が意識されてるのかはわかりにくいですね。
ココの話にもどって、パターソン博士がココに、手話で「ゴリラはいつ死ぬのか?」
と聞いたところ、「年をとり 病気で」と答え、
「そのとき何を感じるのか?」という質問には、「眠る」とだけ答えたそうです。

また、「死んだゴリラはどこへ行くのか」と聞くと、
「苦痛のない 穴に さようなら (comfortable hole bye)」と答えました。
別の機会に「何がココを不安にさせるの?」と聞くと、
「埋める 穴 (stop hole)」と答えたこともあるそうです。

さてさて、これが本当だとしたら、ココは「死」を理解しているように思えます。
ココはテレビを見ていましたので、「死」が「穴」と結びついているのは、
埋葬の場面を見たことがあるのかもしれません。今ごろは、
心配や苦しみのない穴の中で安らかに過ごしているでしょうか。

ゴリラやチンパンジーは、人間と違って宗教を持たないでしょうから、
神、来世、天国、輪廻などの概念がなく、死というものをシンプルに捉えて
いるように思えます。もしかしたら、まだ宗教が発生していないころの人類も、
そんな感じだったのかもしれませんね。では、今回はこのへんで。






雷のオカルト

2019.08.16 (Fri)
ssdrft (1)

今回はこういうお題でいきます。みなさん、雷はお好きでしょうか?
あんまり好きという方はいないんじゃないかと思います。
雷というのは放電現象ですよね。雲の中にたまった静電気が、
雲と雲の間、雲との地面の間で電流が流れる。
このうち、雲と地面の間で起きるものを落雷と言います。

みなさんは、ごく近所に雷が落ちたという経験はあるでしょうか。
自分は、もうだいぶ前、子どものころに茨城の実家に住んでいたとき、
2階の屋根に雷が落ちたのを窓から見ました。ふつうの雷の音じゃなく、
ドカーンという爆発音なんですね。直後にトタン屋根全体が
青くぼうっと光りました。

このときの落雷で、電気製品がかなりやられました。
つけていたテレビが消え、スイッチを入れ直してもつかない。
中のヒューズが焼き切れていたせいです。家全体に大きな電流が流れ、
地面に抜けていったためでしょう。ただ、そのとき点灯していた
蛍光灯類が消えるということはなかったです。

北欧神話のトール神 「トールハンマー」というゲームがありますね
ssdrft (3)

さて、雷は古代から神の御業として考えられることが多かったのは
ご存知だと思います。基本的に、多神教の最高神が雷をあやつる
力を持っているとされることが多いですね。ギリシャ神話のゼウス、
ローマ神話のジュピター、バラモン教のインドラ神、
北欧神話のトール神などが、自在に雷を落とすことができました。

トール神は、雷そのものであるハンマー状の武器を持っていて、
それを敵に投げつけて倒しました。日本神話では、雷を属性に持つ神は
何柱かいますが、代表的なのが鹿島神宮の主神である
「建御雷神(たけみかづちのかみ)」です。

建御雷神 地震を起こすナマズを押さえていると考えられました
ssdrft (4)

関連記事 『地震あれこれ』

建御雷神は、高天原から使わされて、香取神宮の主祭神である
「経津主神(ふつぬしのかみ)」とともに、大国主命の前に現れ、
力ずくで「国譲り」を迫ります。それで大国主命は
息子たちとともに隠れて(死んで?)しまうんですね。
そうして、出雲大社や諏訪大社に祀られることになります。

この神話について、大国主命は土着的な国津神であり、
それを天下ってきた天津神(渡来人?)が征服した史実がもとになって
神話化したと見るむきもあります。何ともいえない話なんですが、
出雲大社の歴史が古いのは確かです。

雷獣 イタチの仲間のように見えます
ssdrft (1)

さて、雷には動物も深く関わっています。日本では「雷獣」という
妖怪がいるとされました。雷獣は、イタチやネコに似た姿で
表されることが多く、雷とともに空から降ってくる。
でもこれ、実際に木の上などにいた獣が、落雷に驚いて、あるいは感電して
落下したケースがだいぶあるんじゃないかと思います。

関連記事 『カニのオカルト』

アメリカ先住民の間では、雷とともに現れるサンダーバードという巨鳥が
語り継がれていました。翼長5mほどで、羽が稲妻の色をしている。
これについて絶滅した新生代の鳥、アルゲンタビスの生き残りという説も
ありましたが、最近は、現存する鳥であるカリフォルニアコンドル説が
有力になってきているようです。

カリフォルニアコンドル 羽の模様が稲妻に見えます トーテムポールのモチーフになっています
ssdrft (5)

関連記事 『鳥のオカルト』

さて、雷とオカルトと言えば、やはりメアリー・シェリーのゴシック小説、
『フランケンシュタイン』に出てくる怪物でしょうか。
ちなみに、フランケンシュタインは怪物を作った博士の名で、
怪物自体に名前はありませんでした。

関連記事 『電気とフランケンシュタイン』

映画だと、死体を集めてつなぎ合わせた巨大な体に、避雷針で落雷を
呼び込んで、そのショックで生命を与える描写が多いですが、
原作では製法は詳しく書かれてはいません。シェリーが小説を書いた当時、
動物や人間の死体に電流を流して動かす興行が流行ってましたので、
おそらくそれからヒントを得たのだろうと考えられます。

フランケンシュタイン博士の怪物
ssdrft (2)

日本だと、菅原道真公が右大臣から太宰府に左遷された怨みで
怨霊となり、雷神と化して宮中の清涼殿に雷を落としたとされます。
雷が落ちたのは史実で、このときには5人以上が死に、複数の負傷者を
出しています。ただ、この当時、内裏よりも高い建物は多くなかったと
考えられ、雷が落ちるのは不思議ではないような気がします。

さて、フランケンシュタインに似た話は実際にあって、1980年、
アメリカのメイン州に住む、エドウィン・E・ロビンソンという人物は、
事故のため盲目になっていましたが、その9年後、
家の近くの木の下で雷に遭い、それで視力が回復しているんです。

雷で視力が回復したエドウィン・ロビンソン氏
ssdrft (7)

盲目の原因として、目そのものの網膜などの異常の場合、
回復するのは難しいと思われますが、視神経から脳内への回路に
障害が起きていた場合、電流が流れることで治ってしまうことは
あるのかもしれません。まあでも、レアケースでしょう。

あと、同じくアメリカのロイ・サリヴァンという人物は、
生きている間に7回も雷に遭遇した記録が残っています。ただこれ、
彼の職業が、バージニア州のシェナンドー国立公園の公園監視員
であり、雷の発生しやすい場所にいたせいが大きいと思われます。
それにしても、よく転職しませんでしたね。

さてさて、ということで予定の字数まできましたが、けっこう書くことが
ありました。やや古い統計になりますが、日本における
雷による死者は1年間で平均14人ほどです。
ゴルフ場やサッカー場など広い場所での被害が多く、
みなさんも十分お気をつけください。では、今回はこのへんで。

一発の雷で牛52頭が死亡 動物の被害は多い
ssdrft (6)




海を探す話

2019.08.15 (Thu)
あ、どうも今晩は。また来てしまいました。はい、いつもの引退した
骨董屋です。今回も、古物にかかわる話をさせていただきます。
あれは、私が結婚して4年目ですか。一人娘が3歳になった頃でした。
やっと自分の店舗が持てて、それははりきってましたね。
自分の未来には広く豊かな世界が開けている、そんな感じに思ってましたよ。
いや、それは不安もありました。骨董というものに対する不安です。
みなさん、骨董と聞くと、まず頭に思い浮かべられるのが、
真贋ということじゃないかと思います。たしかにね、偽物をつかませられるのは
大恥です。でも、そんなことはめったにあるもんじゃない。
骨董の世界は深いんです、気が遠くなるほどにね。
その古物がつくられた時代、作者、それと様式。わずかな様式の違いで

値段が何十倍にも跳ねあがる、それが骨董です。あ、すみません、
本題とは関係のない話で。あれは6月の夕方でした。そろそろ店を閉めようか
というときに、若い男性が一人来られたんです。20代後半くらいの。
ああ、買い取りだなって思いました。案の定、その方が車から運び出して
きたのは、高さ1mほどのガラスケースに入った西洋の人形、
いわゆるアンティーク・ドールってやつです。ひと目見て、
断ろうと思ったんです。西洋物はいっさいあつかってなかったですから。
「ああ、すみませんが・・・」そう言いかけたとき、
娘がひょこっと土間に降りてきまして。で、ガラスケースのほうに
歩み寄ってきて、「このお人形、ここにいたいって」こう言いました。
娘はね、普段は店に入ることはないんですよ。

ほら、黒ずんだ大黒様とか、そういうのが置いてありますでしょ。
それらが怖いって言ってね。でも、そのときだけは違ってた。
でね、私も変に思って、その男性から話だけは聞いてみたんです。
そしたら、母親がまだ若くして亡くなって、遺品といってもその人形くらい。
独身者が持っててもしかたないので、値段はいくらでもかまわないから、
売れるかどうか聞きにきたということでした。どうも母子家庭だったようです。
まあね、私の店には置けませんが、市に出すことはできます。
ケースから出してみたんですが、なかなか不思議なものでした。
作者は不明ながら、フランス製で間違いなし、おそらく50年はたっている。
ただ、顔がねえ、真っ直ぐな黒髪で、目も黒かったんです。
その手の人形って金髪か栗毛で、黒髪なんて初めて見ました。

さらに事情を聞いたら、その人形、母親がその母親、つまり男性の祖母から
受け継いだものってことで。それなら古いのは納得。保存状態もいい。
ですが、買い取るのは気乗りしなかったんです。いえね、
儲けが出ないとかじゃなく、人形の顔があまりにも寂しげに見えて。
そしたら、娘が私のズボンを引っぱりまして、「ねえ、ねえ、ここに
 置いてあげて」何度も言うもんですから、当時のお金で、
1万円で買い取ることにしたんです。男性は喜んで帰っていきましたよ。
もちろん、西洋物は雰囲気がおかしくなりますから、店には置けません。
奥の居間のテレビ台の横に立てておきました。娘は、しばらくその前で
人形を見つめてましたが、「このお人形、海に行きたいって言ってる」
そんな話を始めまして。「どうしてそう思うの」って聞いても、

首をかしげながら「わからない」と言うんです。その日はそれで終わりました。
いやいや、夜中にその人形がケースを抜け出して寝ている胸の上に
乗ってきたとか、そんなことはありませんでしたよ。
ただね、奇妙な夢を見たんです。カンカンに晴れた日の海岸でした。
テトラポットが積み重なった岸辺に何度もくり返し波が打ち寄せてる、
ただそれだけの夢。でね、布団から起き上がると磯の香りがしたんです。
鼻をくんくんさせていると、女房も起きて「ああ、海のにおいがする、
 まだ夢の続きなのかしら」って。「え、どういうこと?」
「ずっと波が打ち寄せる夢を見てたのよ」 「ええ、俺もだ」
どうも同じ夢だったようなんです。立ち上がって部屋をうろうろすると、
海のにおいは人形のあるあたりから漂ってきてました。

ケースを開けると、ますますにおいが強くなって、人形の空色のドレスが
しっとりと濡れてたんです。首をかしげていると、私と女房の間に寝ていた
娘が目を覚まして一言、「海」って言ったんです。
これはね、さすがにただ事じゃない。それで、その日の午前中、
人形を売りにきた男性に連絡をとってみました。もちろん住所などは
控えてあります。昼に喫茶店で待ち合わせて、その人形のいわれを
詳しく聞いてみたんです。こんな話でした。男性は、自分もはっきりとは
わからないが、母親が生前話してたところだと、母親のやや齢の離れた妹、
その子が7歳のときに行方不明になったんだそうです。
突然、豪雨になった日、学校帰りの通学路で消息がとだえ、
警察に連絡して広範囲に捜索したものの、不明のままだったということでした。

おそらく川に落ちたのだろうということで、かなりの人数で舟も出して
探したそうです。でも見つからず、変質者の線もありえると。
その後、その子の葬式なども出さなかったということでした。
あきらめきれなかったんでしょう。それからまたしばらくたって、
買ってきたのがその人形だということです。「いえね、祖母とは同居した
 ことはないんで、それくらいしかわかりません」
一つ気になったことがあったので、聞いてみました。
「この人形、前からこんな顔でしたか、黒髪の日本人みたいな」
「うーん、僕が最初に見たときからそうだったと思います。それが何か」
「いえ、その子がいなくなったときに住んでたのは」 「○○県の△△です」
ここまで話を聞いて、おおむね事情はわかったつもりでした。

その後、人形が家にある間、朝になると海のにおいがしてドレスが濡れている。
そのくり返しで、重い腰を上げて、日曜日に私の一家でドライブに出たんです。
軽自動車の後部座席に、女房と娘とケースから出した人形。
ええ、走ったのは○○県の海岸沿いの道です。娘には、「お人形が何か話したら
 知らせて」と言ってありました。2時間ほども走ったでしょうか。
夢で見たのと同じような、晴れていて気持ちのいい日でした。
漁村の堤防沿いの道にさしかかると、娘が「ここだって!」と叫び、
でも、人形がなにか言ったとは、私たちには聞こえませんでした。
適当なところに車を停め、堤防を越えると、ずらっとテトラポットが並んでいて、
女房が「あ、夢で見た場所かも」と言いました。私が娘を抱き、
娘が人形をかかえて、さすがにテトラポットの上は歩けませんから、

堤防の下の平らなコンクリの上を進んでいくと、数分歩いたところで、
娘の手からふっと人形が浮き、とととっと、テトラポットの上を数m転がり、
隙間に落ちていきました。まあね、まだ私も若かったですから、
テトラの上を渡っていき、人形の落ちた隙間に頭を入れてみました。
むっとする磯臭さで、手を伸ばして人形の足をつかむと、
そのすぐ下の海中に、コンクリとは違った白さのものがありました。
もうおわかりですよね。子どもの頭蓋骨です。
そこの浜は、大きな川が流れ込んでくる近くで、豪雨の日に流された
女の子が川を運ばれ、何十年も前、そこにたどり着いたんでしょう。
それから先は、私ではどうにもならず、警察に連絡しました。
親子で海に来て遊んでたら、人間の骨らしいものを見つけたって。

それ以上の話はしなかったです。信じてもらえないでしょうからね。
骨は警察が苦労して引き上げましたが、頭蓋骨だけで、
他の部分は見つかりませんでした。結局その骨は、身元不明、
事件性があるのかどうかもわからなかったんです。ほんとうは、
人形を売りにきた男性のところで供養できればよかったんでしょうが、
頭蓋骨には歯も残ってなくて、証明する手立てがありませんでした。
まあでも、見つかっただけよかったと思います。これで話はほとんど終わり
なんですが、後日談として、その人形の髪がね、だんだんカールして金色に
変わっていったんです。目も黒から青に。それがもともとだったんでしょう。
え、その人形ですか、結局売りませんでした。ずっと蔵にしまったままで、
まだあるはずです。今日、ここに持ってくればよかったですねえ。

関連記事 『骨董屋シリーズ』






知能と50ポンド紙幣

2019.08.14 (Wed)
イギリスの新しい50ポンド紙幣の肖像に、コンピューター科学の先駆者で
暗号解読者のアラン・チューリング(1912~1954年)が採用される
ことが明らかになった。イングランド銀行総裁が15日発表した。

チューリングは第2次世界大戦中、ナチス・ドイツの暗号解読に
多大な役割を果たし、連合国の勝利に貢献した。イングランド銀行の
マーク・カーニー総裁は、マンチェスターの科学産業博物館で
新50ポンド札の顔を発表。「アラン・チューリングは傑出した数学者で、
その業績は現在の私たちの暮らしに巨大な影響を与えた」と述べた。

(NEWS JAPAN)

sssdert (6)
紙幣の顔になるアラン・チューリング

今回はこういうお題でいきます。なるほどねえ、アラン・チューリングが
紙幣の顔になるわけですか。イギリスも思い切ったことをしましたねえ。
自分が思うに、これは彼の業績に対する評価とともに、
贖罪の意味もあるんじゃないかと思います。
どういうことなのかは、おいおい書いていきます。

多くの顔を持つ人物でしたが、基本的には数学者、論理学者ですね。
仮想的な計算機で、現在のコンピュータの基礎になったチューリングマシンを
設計したことで知られ、「人工知能の父」とも呼ばれます。
また、機械が知的であるかどうかを判定する「チューリング・テスト」も
考案しています。それについては後で詳しく述べます。

有名な業績としては、第2次世界大戦中、ナチスドイツの暗号、
「エニグマ」の解読に取り組み、解読機ボンベを作成して成功したこと。
これにより、連合軍側の勝利が2年早まったとまで言われ、
戦争の英雄としても評価されています。

ナチスドイツのエニグマ暗号機
sssdert (3)

今回の選定にあたっては、近年亡くなったスティーブン・ホーキング博士など
12人の候補者の中から選ばれたんですが、選考理由として、
「現在のわれわれの生活に大きな影響を与える研究をおこなった、
非常に優れた数学者」との声明がイングランド銀行から出されています。

ちなみに、イギリスの通貨の正式名称は「スターリング・ポンド」で、
50ポンド札は最高額ですね。日本円にして6400円くらいです。
これまでの50ポンド札はジョン・フーブロン、
日本では知られてない人物で、自分も初めて名前を聞いたんですが、
イングランド銀行の創始者のようです。

さて、たいへんな天才であったチューリングですが、晩年は不幸でした。
1952年、自宅に泥棒が入ったことがきかっけで、
18歳の青年との同性愛関係が発覚し、逮捕されてしまうんですね。
窃盗の被害者だったのに、これは運が悪いとしか言いようがないです。

チューリングを取り上げた2014年の映画
sssdert (1)

当時のイギリスでは同性愛は違法で、刑務所に服役するかわりに、
大量の女性ホルモンの強制投与を受けることになります。
これにより男性機能が失われる、化学的な去勢措置です。
うーん、でもこれ、人権的に問題があるんじゃないでしょうか。

その2年後の1954年、41歳で自宅で死去。検死の結果は青酸カリ中毒で、
自殺と断定されます。イギリスで同性婚が法律で認められたのは
2005年、これとともに、チューリングへの政府の公式な謝罪を
求める運動が高まり、2009年、当時の首相が「非人道的な扱い」
を謝罪、2013年には、エリザベス女王が死後恩赦を与えています。

イギリスのLGBTデモ


おそらくですが、チューリングが最高額紙幣である50ポンド札の
顔に選ばれたのは、このあたりのことも関係してると
自分は思うんですよね。社会的少数者に対する配慮があったんじゃ
ないでしょうか。さて、ここから本題に入っていきます。

チューリング・テストとは、「ある機械が知的かどうか
(人工知能であるかどうか)を判定するためのテスト」で、一人の人間と
一つの機械が、それぞれ別の部屋の人間の判定者と文章によって会話をし、
判定者が人間と機械を区別できなかった場合、
その機械はテストに合格したことになります。

ただ、このテストについて、哲学者の間から批判が続出しました。
有名な哲学者のジョン・サールが、「中国人の部屋」という思考実験を
つくって反論しています。中国人の部屋とは、「ある小部屋に小窓があり、
中に中国語を理解できない人物がいる。外から小窓を通して中国語を
書いた紙が差し込まれてくるが、部屋の中の人物はそれに対して

「チューリング・テスト」
sssdert (2)

どう答えればいいかすべてが書かれたマニュアルを持っている。
彼はマニュアルにある中国語をそのまま紙に書き写し、部屋の外に
出してやる。すると、中の人物はまったく中国語を理解していないのに、
外の人々は、部屋の中には中国人がいると思いこむ」こんな感じです。

これだと、中の人物が中国語で考えることができなくても、
外からは知能を持ってるように見えてしまうんですね。同じことが
コンピュータでも成り立ち、知能を持たなくても会話ができるのではないか
という反論になっているわけです。これ、みなさんはどう思われますか。

さて、この他にも、チューリング・テストには、判定するのが人間なのは
おかしい。人間の判断はあいまいであり、客観的な評価とは言えない
といった反論もあります。ちなみに、2014年イギリスで行われたテストで、
ロシアのAIが30%以上の確率で複数の判定者たちに人間と間違われ、
史上初めての「合格者」となりました。

思考実験「中国人の部屋」
sssdert (4)

ただ、どうでしょう、基準が甘い気もします。7割近い人が「人間ではない」と
見破ったわけですからねえ。最後に、これについての自分の考えを述べると、
「知能とは何か」という定義がはっきりしていないと思うんです。
人間が会話するとき、完全に知能だけで行ってるはずがないですよね。

「この人に気に入られるように話したい」とか「自分をよく見せたい」、
「相手をやり込めたい」など、そこには、個人の感情が入ってるんじゃ
ないでしょうか。人間の場合、知能と感情は切り離せない気がするんです。
そしてその感情は、自己保存や種保存の本能などから
きているものが多いと思います。

さてさて、ということで、人間は本能があり、感情があり、その上に
知能が構築されている。ですから、コンピュータが知能を持つためには、
前提として、自我を持ち、本能を持っている必要があるんじゃないでしょうか。
ま、素人の考えたことですので、話半分で聞いておいてください。
では、今回はこのへんで。

sssdert (1)




癌ビジネスの実態

2019.08.13 (Tue)
東京の健康食品販売会社の社長ら4人が、「がん細胞が自滅する」
などと効能を宣伝し、がん患者に健康食品を高額で販売していた
として逮捕されました。

同社は「フコイダン」という成分が含まれた原価約3000円の商品を
5万円を超す値段で販売。3年間に28億円余りを売り上げていました。
このように、がん患者さんを相手に医学的根拠のない治療を高額で提供し、
利益をあげる業者は後を絶ちません。
(山本健人氏のブログ)

ssdddf (2)

今回はこういうお題でいきたいと思います。これは個人ブログからの
引用で、ブログ管理人の山本健人氏は消化器外科専門医ということです。
それにしても、原価3000円を5万円で売るのはボロい商売ですね。
ただ、これも健康食品として売る分には罪にはなりません。

医薬品ではない食品を、「癌が治る」 「癌に効果がある」こういう
宣伝文句で売った場合、薬事法に違反するんです。ちなみに
フコイダンとは、主に海藻に含まれるヌルヌルした成分のことです。
実験用マウスなどでは、癌に対する効果は認められるものの、
人間での治験は行われていません。

さて、何から書きましょうかね。はたしてこのフコイダン、癌に効果があるのか。
自分はないだろうと思ってます。もし本当に癌に効果があるなら、
世界の巨大製薬会社が黙ってるはずはありません。彼らはアマゾンの奥地に
分け入って毒矢の成分を調べたりなど、薬効のあるものを探し求めています。

今井雅之氏 テレビで病気を明らかにした途端 さまざまな代替療法の案内が送られてきたそうです
ssdddf (5)

当然、フコイダンについても実験を重ねているはずです。そのうえで、
これは使い物にならないと放棄した。これで数百億円かかる治験を
実施しても損になるだけと判断したんでしょう。実験用マウスで薬効効果が
認められたという成分はいろいろあります。しかし、じゃあそれが
人間にも効くかというと、そこには大きな壁があるんです。

マウスの場合、ただのお茶(緑茶)やウコンエキスを注射しただけでも、
癌が消えたり縮小したりするんです。フコイダンだけでなく、
アガリスク(キノコ)、メシマコブ(キノコ)、プロポリス(ミツバチが
巣に塗る成分)、ブロリコ(ブロッコリー由来の成分)、霊芝(キノコ)
深海鮫エキスなどについても同じです。

まあ、これらの健康食品には即時的な副作用はないだろうと思われます。
ですが、本当に副作用がないかどうかはわかりません。ニンジンに多く
含まれるβ-カロテンについて、アメリカで大規模な臨床試験が行われ、
その結果、β-カロテンを主成分としたサプリメントを常用していた群で、
喫煙者では肺癌の罹患率が上昇していることがわかったんです。

小林麻央氏 糠風呂をはじめ いろいろな民間療法をやられていたようです
ssdddf (6)

日本でも、癌にはニンジンジュース、野菜ジュースというのが浸透していて、
乳癌で亡くなったアナウンサーの小林麻央さんも飲んでいたようですが、
効果がないどころか、かえって癌リスクが高まってしまう。
これは考えてみれば当然で、ある成分の過剰摂取が体にいいわけがないです。
体液のバランスが崩れて細胞を傷つけてしまうでしょう。

さて、では、どうしてこういう高額な健康食品に手を出してしまう人が
いるんでしょうか。これはいくつも原因が考えられます。まず、
ふだんから自然食品などの信奉者である場合。アップル社の共同設立者の
一人であるスティーブ・ジョブズ氏は、IT企業に身をおいていながら、
ニューエイジ思想を実践していました。

ITとニューエイジって相性がいいんですね。彼は膵臓の神経内分泌腫瘍に
かかっていると診断され、手術を勧められたものの拒否。絶対菜食、ハリ治療、
ハーブ療法、瞑想などで癌を消そうとしました。ですが、再検査で癌の
増大が判明して、結局は手術を受けます。最後は肝臓移植までしたんですが、
最終的に癌のために亡くなります。

スティーブ・ジョブズ氏 彼ほどの資産家でも転移・再発した癌は治りません
ssdddf (1)

まあ、自分の主義主張で、最後まで西洋医学の治療を拒んだというなら
それは一つの生き方でしょうが、ジョブズ氏は最初に手術しなかったことを
強く後悔していたと言われます。もちろん、早期に手術したとしても、
完治できたかはわかりません。アメリカにはこういう自然主義者は
多いものの、日本ではそれほどの数はいないと思われます。

2つめは、癌と診断され、ショックのあまり何かできることはないかと
すぐにネットを検索しまくったケース。ネットには、その手の健康食品、
代替療法、民間療法などの広告があふれていて、ショック状態にある人は
たちまちひっかかってしまうんです。あまりに氾濫してしまっているので、
とても取り締まるのは不可能という気がします。

膀胱癌にかかった元プロボクシングのチャンピオン、竹原慎二氏も
このケースで、ネットで見つけたフコイダン、1本3万のものを
とりあえず24本買ったそうです。その心理はよくわかります。
竹原氏は余命1年を宣告されたものの、膀胱摘出、再建の
最新治療を受け、現在もお元気です。

膀胱癌を克服した竹原慎二氏
ssdddf (4)

3つめ、これが最も深刻な理由だと思いますが、再発・転移してしまった
ステージⅣの癌は、現代医学では治す方法がないことです。
抗癌剤治療は症状の緩和、延命が目的です。技術的な限界点であり、
どうしようもないんですが、患者にしてみればあきらめきれない、
やはり完治したいですよね。

そこへ、代替療法の業者が「治りますよ」 「いっしょに治しましょう」と
声をかけてくれば、怪しいとは思いながらも話を聞いてしまう。
そうすると向こうはプロですから、さまざまな手口を使って
お得意様に引き込んでいく。その結果、何百万から千万以上の
お金を使って、最終的には亡くなります。

自分も目撃したことがあるんですが、そういう業者は大病院のPET検査室の
前の待合室にいて、患者の家族が深刻な顔で座っていると、「たいへんね
・・・わかりますよ」などと言って近づいていくんです。その業者は、
1本5万円、月40万円以上かかる「癌の治る水」を売っていました。

アメリカの病院に付随したチャペル
ssdddf (3)

死人に口なしですし、家族もそういうのに引っかかったのが恥ずかしくて
表沙汰にできないという構図があるんです。自分はオレオレ詐欺と同じような
もんだと思ってますが、問題なのは、現役の、あるいは退職した大学教授などが
お金をもらって業者に名前を貸していたりすることです。医学博士、元〇〇大教授、
そういう名前が出てれば、ころっと信用してしまう人もいます。

さてさて、長くなってきたのでそろそろ終わりますが、解決は難しいですね。
一番いいのは「健康保険で行う標準治療で癌が治ること」それができれば、
代替療法など一掃されるでしょう。ですが、癌は手強い敵です。
取り締まりを強化すればいいと思われるかもしれませんが、
健康食品としてそれらを売るのを止めることはできません。

あと、日本人の死生観の問題もあります。ほとんど無宗教の日本人は、死を忌避し、
ふだんから話題にすることを避け、見ない触れないようにしています。自分の死を
受容できない人がとても多い。だから逆に、心霊の話が流行ったりもします。
自分がアメリカにいたとき、病院内にチャペルがあり、余命宣告を受けた人が祈りを
捧げているのを見ました。死は神のおそばに行くことなんですね。
では、今回はこのへんで。






断食道場の話

2019.08.12 (Mon)
あ、壇と申します、よろしくお願いします。さっそく話を始めさせて
いただきます。あれは3年前のことです。当時、私はある会社に
勤めてまして。この話とは直接関係はないので、会社名はふせさせて
いただきます。それで、私は受付業務だったんですけど、
計画年次というのがあったんです。ふだんなかなか年次休暇を
取ることができない職種なので、会社のほうで強制的に休みを
割りふるんです。1日ずつではなく、最長で連続5日間でした。
でも、当時は彼氏もいませんでしたし、私は出不精な性格で、
旅行なんかもあんまり好きじゃなかったんです。ですから、休みの間ずっと
自分の部屋でごろごろしていて、外食ばっかりで太っちゃったりして。
はい、今は痩せてますけど、その頃はかなりぽっちゃりしていて・・・

それで、そのときの年休に入る前に、私と期間が重なっている他の課の
同僚から「ねえ、今度の休み、何か予定ある?」って聞かれて、
「特には・・・」って答えました。そしたら、「私、まとまった休みの
 ときには断食道場に通ってるの。そういうの興味ない?」って。
その同僚、Uとしておきますが、すごくスリムな体型だったんです。
「えー、あなた、断食なんて必要あるの?」そしたら「ダイエットのため
 じゃないのよ、あ、最初はそういう動機もあったけど、今は、
 断食をすることで、社会生活でたまった悪いものを出すっていうか、
 とにかく、そこに行った後は体がすっきりして、何に対しても
 すごくやる気が出てくるの」 「へー、どんなことをするの?」
「ヨーガとか、あと作務とか、食事もまったく食べないってわけじゃないのよ」

これを聞いて、がぜん興味がわいたんです。Uの話では、その道場は
富士山の近くにあり、かなり立派な施設だけど表立った宣伝はしていない。
営利ではないので、体験者からの紹介しか受けつけていない。
参加費用は実費で1日1000円ってことでした。「安い」と言うと、
「でしょう、そこ、すごく景色がきれいだし、立派な檜の大浴場もあるのよ」
Uが紹介してくれると言ったので、3泊4日で参加してみることにしたんです。
休みに入った日の午後、Uとある駅前で待ち合わせをして、
その道場の送迎バスに乗りました。参加者は全部女性で、若い人が多かったですが、
40代くらいに見える人もちらほらいました。それで、その人たちみんな、
お化粧はしてないのに、すごく肌がつやつやしてきれいに感じました。
太ってる人は誰もいなかったです。参加者の中で私が一番体重が重かったかも。

バスの中で話す人はあまりいませんでした。初体験の人はおらず、
みなリピーターだとUは言ってましたね。2時間ほどかけて、林の中にある
施設に着きました。平屋建てでしたが、かなり広い立派な建物で、
杉の木でつくられてるみたいでした。すごく近いところに富士山が見えました。
更衣室で持ってきたトレーニングウェアに着替え、床にラバーを張った
広い部屋に通されました。体育館の半分くらいもあったでしょうか。
「ここでヨーガや瞑想をやるのよ」とUが言いました。
施設のスタッフはすべて女性で、どの人もすごく体が引きしまってました。
小声でそのことを言うと、「みんな夜中、山に登ってトレーニングしてるみたい、
 あと、女子ボクシングやってる先生もいる」こんな話でした。
「男の人はいないの?」 「工藤先生だけね、あとでお話があるから」

その日はハードなメニューはありませんでした。まず最初にヨーガ、
他の人たちは慣れてましたが、私は初めてだったので、先生が2人ついて、
いろいろ教えてくださり、背中を押したり足を引っぱったりしてくださいました。
みなさん、相撲の人みたいに足を180度開いて座ることができだんですが、
私は痛くてダメでした。先生方は無理はさせなかったです。
最後に「九頭のポーズ」というのがあり、これはある姿勢で静止するのではなく、
大きく足を開いた中腰で、手と足を複雑に八方に動かす奇妙なものでした。
「タコ踊り」という言葉が頭に浮かんだんですが、みんな真剣にやっていたので、
少し恥ずかしかったですけど、見よう見まねで私もやったんです。
それで2時間くらい。終わると、奥の部屋から工藤先生が出てこられました。
先生は長身ですごく痩せていて、中国風の白い上下を身に着けてました。

年齢はよくわからなかったです。というのは、髪は短髪でしたが、
顔中が髭だらけだったからです。髭の奥に見える目はランランと輝いていました。
髭は白髪がなかったので、おそらく40代の前半くらいなんだと思います。
私たちは足を組んだポーズで、1時間ほど工藤先生の話をお聞きしました。
内容は正直、よく理解できませんでした。言葉の中には「太古の鼓動、
 宇宙根源恐怖、卑小なる奉仕、再生的終末」そんなのが入っていて、
何か予言のようなものかもしれないと考えたんです。それから、汗をかいたので、
みなでお風呂に入ったんです。浴室は温泉なみの広さで、聞いていたとおり
檜の湯船でした。お湯の色は白く、Uに「これ、温泉?」って聞いたら、
「ボイラーで沸かしてるみたい。でも、お水自体は山から引いているの。
 明日、その場所に登る予定だから」そういう答えが返ってきました。

その後少し休憩時間があり、6時ころでしょうか、みなが食堂(じきどう)に
集まりました。断食と言っても、朝夕の食事が出たんです。
粥とスープで、量はふつうでした。みな、食事が出ると一心に食べ始め、
先を争うようにおかわりしました。はい、スープのおかわりは自由だったんです。
Uも山盛りにスープを持ってきたので、「それで断食になるの?」って聞いたら、
「お粥は200カロリーくらい、スープにはカロリーはなく、とればとるほど
 逆にカロリーを消費する」ということでした。たしかに、それだと
1日400カロリーにしかなりませんよね。私は、スープの味になじめず、
残してしまいました。卵スープのような味つけでしたが、かすかにハーブの
ようなえぐ味があり、飲めなかったんです。私が残したのを見て、Uは、
「私も最初そうだった、でも、これが終わる頃には慣れてもっと欲しくなるはず」って。

その後、各自マットと毛布を渡されてヨーガの広間で雑魚寝しました。
消灯は9時でした。そんな早い時間に眠れるかと思うでしょうが、
明かりを消すと誰も話す人はおらず、慣れない運動をしたせいもあって、
すぐに寝てしまったんです。広間の一方の横は全面がサッシ窓で、外での闇では
風がサワサワと鳴っていました。翌朝、早くに起こされました。
5時前でしたね。6月なので外はもう明るく、Uは「参拝登山だよ」と言いました。
富士山に登るのではなく、施設の裏にあるそれほど高くない山です。
頂上までは行かず、中腹にあるお堂にみなでお参りするということでした。
工藤先生が先導し、みなで2列縦隊で登っていきました。石段がついてましたが、
傾斜はかなりきつく、汗だくになって息があがりました。でも、Uも他の人も
平然とした様子で。1時間半ほどで目的の場所に着きました。

そこは切り立った岩が重なっていて、巨大な一枚岩の中ほどがえぐれており、
注連縄が張られ、中に石彫の像のようなものが見えました。3階建ての
ビルほどの高さがあるのではっきりしませんでしたが、その青黒い色の像は、
頭が大きく手足が複数あり、ヨーガでやった九頭のポーズをしてるように見えたんです。
「蛸薬師様」とUが言いました。その大岩の前は草の生えた平らなスペースになっていて、
私たちはそこに座り、工藤先生がなにやら祝詞のようなものを長々と唱えられました。
それからみなが平伏して、その像を何度も拝するんです。像のあるくぼみの
数m下の岩の穴から、水がすごい勢いで噴き出していて、
それを引いて浴場で使っているということでした。・・・そんな感じで2日間が
過ぎました。私は、どうしてもスープの味になじめず、2日目の夕食のとき、
トイレに駆け込んで吐いてしまったんです。それを見ていた先生方の

視線は厳しいものでしたが、何も言われませんでしたね。断食の効果はありました。
3泊4日が終わると、お腹のまわりがだいぶ引きしまった感じがし、
体重計に乗ると6kgも減っていたんです。でも、その道場のリピーターには
なりませんでした。私にはあまりにハードすぎたせいもありますが、
3日目の夜、嫌なものを見てしまったからです。その夜もやはり雑魚寝でした。
私はすぐに寝入ったんですが、夜中、何時ころかわかりませんが、
寒くて目を覚ましたんです。山に近いとはいえ6月だったのに、
部屋中がすごく冷えていました。毛布を引っぱり上げてアゴまでかぶったとき、
高い天井に何かが浮いてるのが見えたんです。さしわたし3mほどの
透明に近いものでした。天井の小さなオレンジの明かりが、そのものの
体を通して透けて見えたんです。そのものは・・・

あえて言えば、殻を外した牡蠣のようで、両側に何十本もの触手がありました。
それが目に入ったとたん、体が動かなくなったんです。
そのものは、うねうねと触手を動かしながらゆっくりと移動し、
端に寝ている一人に触手を伸ばしたんです。一人数秒ほどでしたが、
次々に触手が降ろされ、それに触られた人は寝たままうめき声を上げました。
ああ、もうすぐ私のところにくる、そう思ったとき、
私から何人か手前の人の体に触手が触れると、そのもの全体が青く光ったんです。
クラゲのようにも見えました。そのものは触手をすべて引っ込め、
体が天井全体に広がったり、またボールくらいの大きさまで縮んだりして、
苦しんでいるように見えました。そして、奥の部屋の閉じたドアに吸い込まれる
ようにして消えたんです。私の体はまだ動かず、いつの間にか眠ってしまいました。

翌朝、騒がしいので目が覚めました。みなはもう起きていて、あちこちに
かたまって何か話していました。Uの姿が見えませんでした。
探していると、10分ほどで戻ってきたので、何が起きたのか聞きました。
そしたら「工藤先生が急死された」って言ったんです。
それで、その回の断食は中止になり、私たちは予定を早く切り上げて
街に戻りました。バスには、前の夜、あの触手のものが触っておかしくなった
人の姿が見あたらなかったんです。バスから降りて解散してからUにそのことを言うと、
しばらく下を向いていましたが、「あの人、乳癌の治療中で、道場にすべておまかせ
 してればよかったのに、こっそりと禁じられてた抗癌剤をやったみたい」って。
はい、さきほど話したように、体重は5kg以上減り、リバウンドすることも
ありませんでした。体の調子もよく、仕事への意欲も増したように思います。

その後も、Uには断食道場に誘われたんですが、断りました。
あんな気味の悪いものを見てしまっては、もう無理ですよね。
Uの話では、すぐに工藤先生の後任の方が来られて、前と変わらず活動している
ようでした。Uはまとまった休みがあるたびに参加していたみたいです。
それから2年たち、私は結婚が決まって寿退社することになりました。
子どもの頃からあこがれだった主婦になることができて、うれしかったです。
あの断食道場がきっかけで痩せたおかげもあると思います。
当時からは体重は10kg以上減ってるんです。あと、Uのことですが、
私が退社する直前、卵巣癌が見つかったんです。入院治療するということで
休職しましたが、その後連絡がつかなくなりました。たぶんですけど、あの
断食道場にいるんだと思います。病気がよくなってるかどうかはわかりません・・・

名称未設定 2




お経と怪談

2019.08.11 (Sun)
今回はこういうお題でいきます。わりと真面目な内容です。
さて、怪談でよくある金縛りですが、寝ているときに、生きた人ではない
何者かにのしかかられる。それは鎧兜姿の落武者だったり、
血まみれの女だったりすることが多いですよね。このときにお経を
短く唱えるというシーンもけっこう出てきます。

sderttty (3)

まあ、それで退散してくれればいいんですが、中には、
「そんなの効かないわよ」とか「それで消えると思ってるの」とか
霊が言う場合があります。怪談としてひとひねりして、
救いのない怖さを強調してるんですね。

でも、仏教的に考えれば、これは少し違和感があります。どうしてかは、
だんだんにお話していきます。このときに唱えるお経が「南無阿弥陀仏」
だった場合、これは浄土宗か浄土真宗の「念仏(名号)」です。また、
「南無妙法蓮華経」のときには、日蓮宗の「題目」になります。

浄土宗も日蓮宗も鎌倉新仏教といわれ、浄土宗は法然、浄土真宗はその弟子の
親鸞、日蓮宗は日蓮が始めました。では、これらの諸宗にはどういった
特徴があるんでしょうか。まずは、大衆を救済するための大乗仏教だと
いうことです。ですから、出家しなくても誰でも修行できます。

法然
sderttty (2)

さて、鎌倉時代といえば、すでに末法時代に入っています。
お釈迦様が入寂して後、1000年が正法の世、次の500年が像法の世。
正法は正しい教えのもとで修行する人が多い時代、像法は、修行者に姿形が
似た者はいるが、悟りを開く人はいない時代です。そして、教えはかろうじて
残っているものの、修行する人がいなくなる1万年の末法時代が始まります。

日本では、1052年から末法時代に入ると考えられていました。
そして源平の争乱が起こり、鎌倉時代になると、地震や飢饉、
疫病が頻発し、人々は疲弊して、今が末法時代ということを体感するように
なります。そこで、立ち上がったのが鎌倉新仏教の担い手たちです。

末法の世の中で広く民衆を救済するため、彼らが考え出したのが、
「選択 せんじゃく」 「易行 いぎょう」 「専修 せんじゅ」です。
選択は、救済される方法を民衆の一人ひとりが選ぶこと。
易行は、難しい内容ではなく誰もができる形で修行すること。
専修は、それだけにひたすらうち込むこと。

阿弥陀如来
sderttty (1)

浄土宗系であれば、まず、自分は阿弥陀如来に救ってもらいたいと願う。
その上で、誰でもできる「南無阿弥陀仏」の念仏を唱える。
「南無」の部分は、英語で言えば great みたいな感じで、
偉大な阿弥陀仏という意味。そして生活の中で、機会があるごとに
とにかく念仏を唱え続ける。これだけで救われるんです。

この当時は文字を読めない人も多く、まして漢文やサンスクリット語の
音訳で書かれているお経を唱えることができるはずもありません。
また、日々の暮らしに追われて、瞑想や座禅の時間もとれない。
そういう民衆こそを救済しようというのが、鎌倉新仏教の工夫でした。

阿弥陀仏は無量光仏とも言い、梵語の「アミターバ」の訳です。
仏教を修行して仏になった一人で、西方浄土に住んでいます。
鎌倉の大仏様は阿弥陀仏ですね。阿弥陀仏はもともとは人間で、
仏教を修行するにあたって48の誓い(大願)を立てました。
そして、悟りを開いて見事に仏になります。

その誓いのうちの一つが、「念仏を唱えるすべての大衆を救済する」
というもの。浄土宗の開祖 法然は、数ある中から阿弥陀仏のことを書いた
経に出会い、感動して、自分はこの大願を民衆に広めようと決意します。
そして、ただひたすら南無阿弥陀仏という念仏を唱えるだけで
極楽往生できるとしました。これがいわゆる「専修念仏」です。

親鸞
sderttty (7)

法然の教えをさらに発展させた親鸞は、浄土真宗を開いて、
有名な「悪人正機説」を説きます。善人でさえ阿弥陀仏の力で救われるのに、
本当に救いが必要な悪人が救われないわけがない、むしろ悪人こそ、
阿弥陀仏の救済の対象としてふさわしい という内容です。

さて、最初の話に戻って、念仏は阿弥陀仏の力におすがりして、
自分自身が極楽往生するためのものですので、幽霊を祓うにはあんまり
ふさわしくないんです。南無妙法蓮華経のほうも、日蓮が、
あらゆる経の中で最高のものが「法華経」であり、この経の名を唱える
だけで誰でも成仏できるとしました。ですから、お題目と言うわけです。

霊になって迷っているものを祓う、成仏させるためには、どちらかというと、
隠された教えである密教系の「般若心経」などのほうが適しているでしょう。
あるいは「尊勝陀羅尼 そんしょうだらに」というお経。これも密教系で、
唱える事によって滅罪、生善、息災延命などの利益がこの世で得られるとして
日本でも古くから知られ、数多くの霊験談が残されています。

梵語で書かれた「尊勝陀羅尼経」
sderttty (5)

『今昔物語』では、百鬼夜行に巻き込まれたとき、この陀羅尼を唱えたり、
書き写した護符を身につけていれば、鬼の目から自分の姿が見えなくなり、
命が助かるといった話がいくつか出てきます。尊勝陀羅尼を書いた紙は
お守りの中に入れたり、着物に縫いつけたりしました。

さてさて、ということで、お経の意味についてみてきました。
ここまで読まれた方がどのくらいいるでしょうか。かなり退屈な内容
だったかと思います。自分は仕事上、何人かの能力者の方にお会いしていますが、
仏教系の場合は、やはり真言宗の密教者が多いですね。では、今回はこのへんで。

真言密教の加持祈祷
sderttty (6)




癌治療の現状

2019.08.10 (Sat)
国立がん研究センターは8日、平成24年にがんと診断された患者の
3年後の生存率は、がん全体で72・1%だったと発表した。
23年の集計(71・3%)からやや改善した。膵臓がんや胆嚢がんの
生存率は他のがんと比べると低く、新たな治療法の開発など
難治性がん対策が課題となった。

全国のがん診療連携拠点病院など286施設の患者約34万人を分析。
15部位のがんについて、がん以外の死亡の影響を取り除いた
相対生存率を算出した。
(産経オンライン)

今回は科学(医療)ニュースから、こういうお題でいきます。
最近よく、「癌は治る病気になった」という言葉を聞きます。
たしかに、下の表にみる すべての癌種全体の5年生存率は66%強
ですので、癌患者の3人に2人は5年間生存することができると言えます。

キャプチャ

ただし、ここは誤解しやすいところですが、5年生存=完治または完全寛解
ということではありません。その患者がもし治療開始から5年と1日で
癌のために亡くなったとしても5年生存率に含まれますし、
6年目の初日に全身転移の末期状態だとしても、その中に入ってしまうんです。
ですから、癌患者の3分の2が治るわけではない。

それから、癌にはステージがあるのはご存知だと思います。
多くの癌種で、ステージⅠ~Ⅳに分類され、それがさらに細かくⅡa、Ⅱbの
ように分けられている場合もあります。このステージの判定のしかたは、
やはり癌種によって違います。ステージごとの生存率も出ていますので
興味をお持ちの方は検索してみてください。

患者の腹腔内に抗癌剤を投与して腹膜播種を治療


これも一概には言えないんですが、多くの場合、ステージⅣは、
遠隔転移が見られるケースです。例えば肺癌であれば、それがもう一方の肺、
あるいは脳や骨などに転移してしまっている。この場合、癌細胞が血液や
リンパ液の中にあるので、手術を行っても意味がありません。
無理に手術をしても、かえって寿命を縮めることになってしまいます。

癌は全身病になってしまっているので、抗癌剤治療を受けるしかありません。
ただし、大腸癌などでは、転移巣を手術して治癒が得られる場合があります。
ジャーナリストの鳥越俊太郎氏は、大腸癌の原発巣、肝臓転移、
肺転移を次々に手術して、今は元気にしておられます。癌細胞は転移しても
できた部位の性質を受けつぎ、大腸癌は他にくらべて大人しいんです。

抗癌剤の癌種ごとの効果 『がん診療レジデントマニュアル』より


さて、癌の場合、「手術、放射線、抗癌剤」が3大治療と言われてきました。
ただし、急性白血病などごく一部の癌種をのぞいて、抗癌剤で完治が
得られることはありません。(上図参照) ですから、完治を目指すためには
手術と放射線が2大治療なんです。言葉は悪いですが、野球に例えると
抗癌剤治療は敗戦処理に出てくるピッチャーみたいなもんです。

日本の癌治療は、その歴史から、手術偏重になっているとも言われます。
欧米の先進国に比べて放射線専門医の数が少ない。でも、これはだんだんに
変わりつつありますね。治験により、手術でも放射線治療でも効果は
ほとんど変わらないというエビデンスが増えてきています。

中村勘三郎氏
wwwwe (1)

歌舞伎の中村勘三郎さんは、2012年、食道癌の手術後、合併症と思える
肺炎(急性呼吸窮迫症候群)を併発して亡くなりました。食道癌の
標準的手術は開腹、開胸で食道を切除し、胃を引っぱり上げて代用する
大手術で、周囲のリンパ節も広範囲に切除します。

その間、肺は空気にさらされることになります。勘三郎さんは喫煙者でしたので、
肺が弱り、誤嚥などの合併症が起きる可能性はかなり高いんです。
この場合、もし放射線治療だったら、完治できたかはわかりませんが、
もっと延命できていただろうとは思います。

さて、「抗癌剤は効かない」 「抗癌剤は毒である」こういった内容を含む書籍が
書店に行くと目につきます。では、抗癌剤ってホントに効かないんでしょうか。
抗癌剤には大きく3つの役割があります。① 手術後の再発防止に用いる
② 手術(放射線治療)の前に使用して効果を高める。
③ 転移・再発した癌を治療する。

この①②は完治を目指すための抗癌剤使用です。ただ、①は再発防止といっても
再発確率は多くの癌種で数%下がるだけで、効果がなく抗癌剤の副作用を
受けるだけということも十分ありえます。②は、腫瘍が血管を巻き込んでいて
手術ができないのを、抗癌剤で縮小させて根治手術に持ち込むなどの場合。また、
化学放射線治療といって、抗癌剤と放射線を同時に行う研究も進んできています。

抗癌剤
wwwwe (3)

問題は③です。転移・再発、あるいは最初から手術非適応の癌は、
抗癌剤治療では治りません。わずかな延命が得られるだけなんです。
最近は、治療にあたって「これは完治をめざすのではなく、延命のためです」
そう宣言してから抗癌剤治療が始まるケースが増えてきました。
病院側が正直に事実を言うようになった。

でも、患者にしてみれば治りたいですよね。延命では満足できません。
そのため、食事療法やクリニックでやっているNK、樹状細胞などの
免疫療法、あるいはサプリメント、金の延べ棒で患部をこするなどの
怪しい民間療法・・・そういうものに手を出す人がたくさんいるんです。

金の棒による療法 川島なお美さんが受けたとされます ちなみに自分は
川島さんを批判しているわけではなく、抗癌剤をやらなかったからこそ最期の時まで
仕事できたのだし、初期に手術しても結果がどうなっていたかはわからないと思ってます



「現代の科学、医学では転移・再発した癌は治らない」このことが
問題を難しくしています。「がん難民」という言葉がありますよね。
抗癌剤治療は、ファーストライン、セカンドラインとだいたい3種類くらい
行われますが、癌細胞が耐性を獲得して効かなくなってしまう。
で、病院に「もう治療法はありません、緩和ケアをお勧めします」と言われる。

でも、そうなっても体はまだまだ元気で、自覚症状をあまり感じてない
人も多いんです。そういう人たちが治療法を求めてあちこちさまようのが
がん難民です。その道々、効果のはっきりしない代替療法を試してみる。
しかし、やはり癌は治らず、高額のお金をかけたあげく亡くなってしまう。
それが今の癌治療の実態です。

さて、ここからの話は少し専門的になりますが、なるべくわかりやすく
書くようにします。下の図をごらんください。これは肺癌に対する治験結果で、
全身状態が悪くないステージⅣの患者 計878人に対して行われたものです。
グラフの上は、カルボプラチン+パクリタキセル+アバスチン( ベバシズマブ)
という3種の抗癌剤の混合群。



下は、カルボプラチン+パクリタキセルの2種を使って治療した群です。
無治療の患者との比較はできません。それは人道上許されないんです。
で、2種類の生存中央値(半分の患者が亡くなる期間)が10.3ヶ月
なのに対し、3種類では12.3ヶ月になっています。アバスチンを
プラスすることで、2ヶ月の延命期間の延長が認められたわけです。

このグラフは恐ろしいですよね。治療を開始してすぐ、どちらの
グラフも数が減りはじめています。これは抗癌剤の副作用によって
短期間に死亡する人がいるためです。全身状態が悪くない人が対象なので、
癌による死亡ではありません。また、上のグラフは43ヶ月で0になりますが、
これは患者全員が死亡したということです。下は0にはなってないですが、
長期生存の患者がいるのではなく、そこで調査をやめたんですね。

癌細胞のタイプは同じ肺癌でも人によって違いますので、抗癌剤が
よく効く人もいれば、ほとんど効果がないという人もいます。効果がある人は
延命につながるでしょうが、そうでない人は、苦しい副作用だけを受けて
毒性で寿命を縮めます。また、抗癌剤は癌に対してよく効いているが、

副作用が強くて治療を続けることができないケースというもあり、
その場合は、治験から退場ということになります。
寿命を伸ばす人、縮める人、それを平均して、この治療を受けた場合、
12.3ヶ月の生存中央値になるというのがエビデンスです。

「重粒子線治療機」 初期の頃は何にでも適用して重篤な副作用を引き起こした


この結果を受けて、病院からは「この治療を受ければ約1年延命できます」
「あなたの余命は治療して1年程度です」と言われることになります。
癌種によっては、もっと延命期間が長いものもありますが、
だいたいこれが抗癌剤の実力と見ていいでしょう。みなさん、どう思いますか。
癌という恐ろしい相手に立ち向かうには、あまりにも非力だと思われませんか。

もちろん、抗癌剤で延命を図りながら新しい治療法が開発されるのを
待つということはできますし、実際にそうしている人もたくさんいます。
ただ、現状のままでは、抗癌剤に多くは期待できません。制吐剤などが
進歩したと言っても、まだまだ副作用は激烈で、QOLも大きく下がります。

さてさて、ということで、長くなってしまいましたが、癌治療の現状について
書いてみました。日本人の2人に一人が癌にかかり、3人に一人が死亡する
という統計になっています(男性はもっと多い)。人ごとではありません。
画期的な治療法が開発され、癌が撲滅されることを期待したいですね。
では、今回はこのへんで。

wwwwe (2)




田舎の話

2019.08.09 (Fri)
田舎を舞台にした怖い話ってありますよね。怪談の一つのジャンルと
言っていいかもしれません。じゃあ、田舎って何で怖いんでしょう。
まあ、これにはいろんな理由が考えられるんですが、
自分は大きく2つあるのかなと思ってます。まず一つめは、因習と
いうやつです。都会だと、住んでる人が頻繁に入れ替わりますが、
田舎は昔から同じ一族で続いてる家が多い。で、それと同時に、
よそ者には理解できない、しきたりのようなものも残っている。
もう一つは、土地が古いってことです。都会では少しのスペースが
あれば開発されてしまいます。田舎には古墳や、いわれのよくわからない
石碑なんかがあちこちに残ってますよね。今回は、自分のところに
集まってきた体験談から、田舎を舞台にしたものをご紹介します。

プロバスケ選手 高野さんの話
一昨年の秋ですね。俺、大学でバスケやってたんですが、引退しまして。
ふつうなら就職活動を始めるとこですけど、監督の推薦でBリーグ入りが決まって
ました。だから、卒業まで体なまらせちゃいけなかったんです。けど、
少しはのんびりしようと思って、2ヶ月くらい田舎の実家に帰ってたんです。
田舎は長野のほうです。まわりを山に囲まれた谷底みたいな町で
何も面白いことはありません。俺ね、そこ抜け出したいと思って、
中学からずっとバスケ頑張ってきたんです。でもね、田舎だからこそというか、
たまに帰ると落ち着くんですよ。両親もその町にいます。
うちは分家でね、本家筋というのもあって、なんでも江戸時代まで庄屋を
やってた家柄なんだそうです。けど、戦後の農地改革で田んぼみんな

取られちゃって、その後の事業にも失敗し、今は金持ちということは
ありません。ただ、山だけは広く持ってるんです。
まあ、今どき山持っててもお金にはならないんですけど。
でね、その本家に信一さんって人がいて、長男で40代、
商工会の役員やってます。俺からみて又いとこにあたるのかな。
子どもの頃からよく知ってて、帰省してたときも毎日にのように
飲みに連れてってもらいました。でね、もうすぐ大学に戻ろうかってときに、
「明日、キノコとりにいかんか」って誘われたんです。
「いいすね、戻ったらキノコ鍋やりましょうよ」俺も軽い気持ちで
承知したんですが、まさかあんなことがあるとは・・・
翌朝、早いうちに信一さんの車で林道に入り、適当なとこに停めて

山に入っていきました。そこね、本家の持ち山なんです。山って、
下草刈ったり、木の枝落としたりしないとすぐダメになるんですよね。
本家のほうでも手放したいんだけど、買い手がいない。
信一さんは道も全部頭に入ってて、ずんずん山に入ってく。
俺、体力には自信あるのに、ついてくのがやっとでした。
で、ヒラタケとかマイタケを籠いっぱいにとって、さあ帰ろうかというときです。
急に寒くなって霧が出てきたんです。信一さんが「あ、こらいかんか」って
足を早め、ブナの森に入ったとき、「いかん、いかん、左見るなよ」
語気を強めて言ったんです。でもね、俺見ちゃったんです、
道から少し入った木にぶら下がってる影。「あ!」と叫ぶと、
信一さんはチッと舌を鳴らし、「お前、目に入れたんだな」って。

「しかたない、話しつけるか」そう言って立ち止まり、「見てもいいぞ」って。
それね、ぶら下がってたの俺だったんです。俺、身長は190cm近いんですけど、
その影もひょろ長くて、しかも首が長く伸びて縄がかかってました。
髪型もそのときの俺と同じで、ただ、着てるものは黒い作務衣みたいな
やつでした。信一さんは「すまんな、油断した。だが責任持って
 話つけるから心配すんな」そう言って、両手の指を複雑に組み合わせて
ピーッって鋭い音を立てたんです。「あれ、・・俺ですよね。どうなってんすか」
「いいから、動くな」信一さんは何度も指笛を鳴らし、
すると森の奥から何かが出てきたんです。不思議なもんでした。
人・・・の形はしてましたけど、身長は子どもくらい。三角の笠をかぶってて
顔はわからなかったです。ツギのあたった野良着を着てましたね。

それと、動きが変なんです。ぽんぽんと飛ぶように移動してくる。
霧のせいではっきりしなかったんですが、足が一本しかないように思えました。
「いいか、絶対ここ動くな」信一さんは手で俺を制して、
そいつのほうに近づいてって、森の中で何か話し始めたんです。
だいぶ離れてたので、何言ってるかはわかりませんでした。
信一さんはずいぶんへりくだった態度で何回も頭下げてたんですが、
やがて地面に手をついて土下座の格好で頭をすりつけて・・・そしたら、
そいつが「こここ、こお~~~」という甲高い声で叫んだんです。
すると、木にぶら下がってたもう一人の俺が、さわってもいないのに
ぶらんぶらん揺れだして。やんちゃな子どもがブランコ漕いでるようになって、
一番高いところで、ふっと消えたんです。

それと同時に、笠をかぶったやつもいなくなったんです。
信一さんは立ち上がり、手をパンパン払いながら戻ってきて、
「いや、びっくりしただろ。あれはくわしくは言えんが、山の者だ。
 昔からいる。この10年以上姿を見てなかったから、もうどっかにいったのかと
 思ってたが、まさかなあ、まだ出てくるとは」俺が口をはさもうとしたら、
「いや、聞くな、答えられんから。話はついた、大事ない。
 うちの家では常の祀りはかかしとらんから」そう言って、俺が背負ってた籠を
 降ろさせると、ブナの木の間において帰ってきたんです。
それから町中へ戻って、その晩も店に行って飲んだんですが、
信一さんが押し黙り気味だったんで、そのものが何かはとうとう聞けませんでした。
数日して、俺は大学に戻り、その後1年は何事もなかったんです。

でね、俺はBリーグのチームでデビューして、その試合に両親と田舎の友だち、
高校のときのチームメートとかに来てもらったんですよ。
活躍、というにはほど遠いゲーム内容だったけど、みんな喜んでくれて。
でも、招待してたのに信一さんは来なかったんです。
試合後、どうしたのか母親に聞いたら、足を悪くして入院してるって
ことでした。もともと糖尿病だったのが悪化したみたいで。
ああ、見舞いにいかなきゃと思ったけど、シーズン中は毎週2試合あって
どうにもならなかったんですよ。それから1ヶ月くらいして、
部屋の固定電話に夜、信一さんから連絡があったんです。
信一さんは暗い声で、俺が無沙汰なのをわびるのを制して、
「糖尿で右足切ることになった。まあ、しかたがない、

 病気は昔からだし、あんだけ酒のんだんだから、あきらめはついてる。
 義足つけてリハビリすればなんてことない。
 けどなあ、山で見たやつがいただろ。あいつな、あれだけ話したのに
 満足してねえんだ。もう一本ほしがってる」
「もう一本て?」 「・・・お前の足だよ」 「!!」 「だが、心配するな。
 俺の責任だからなんとかする。相打ちしてでもやるから」
わけがわからないまま、それで電話は切れ、あとは通じなかったんです。
実家に連絡したら、すぐに紙の人形が送られてきました。母親は、
神棚にそれを置くのがいいが、そんなのないだろうから、机の上にあげて、
毎日、酒と塩をそなえろって。やはりわけは教えてくれまでんでした。
俺ほらバスケ選手で、足は命でしょ。他に何のとりえもないから、

言われたとおりにしてたんです。遠征のときもプラスチックのケースに
入れて持ってってね。チームメイトには、「お前、何やってんだよ」って
からかわれました。ジンクスだと思われたんでしょうね。
試合のほうはレギュラーで出られるようになって、でも、足のこと
言われてたから、ケガだけは気をつけてました。で、また1ヶ月くらいして、
とんでもない知らせが入ったんです。義足でリハビリしてた信一さんが、
一人で山に入って、缶のガソリンをまいて山火事を起こしたって。
燃えた面積は広くなかったみたいですけど、信一さんは自分も火傷で
亡くなったんです。その夜ですね。葬式に出るために荷物をまとめてて、
ふっと紙人形を見たら、下のほうが切り欠くように
なくなってたんです。ハサミで切ったような鋭い切り口でした。






アーカイブ 感傷旅行の話

2019.08.09 (Fri)
今晩は、よろしくお願いします。この春、高校を卒業して大学に入学しました。
といっても、エスカレーター式だったので、受験勉強はなかったんです。
だから、春休みもヒマでやることがなくて。
それが、女子校だったので、彼氏とかいないんですよ。部屋でゴロゴロしてたら、
親が見かねたのか、「旅行にでも行ってきたら」ってお金をくれたんです。
大学の入学祝いのつもりなんだと思います。でも、旅行といっても、
一人でデズニーランドとか行ってもつまらないじゃないですか。
かといって、温泉なんて趣味もないし、ちょっと困りましたが、
あれこれ行き先を考えてみたら、小学校6年生のときに1年間だけ過ごした、
地方都市はどうだろうって思いついたんです。そこは、父の仕事の都合で、
その年だけ一家で引っ越したんです。

私にとっては、初めての転校だったので、緊張して過ごした1年間でした。
だから、あんまり友だちもできなかったし、そのときの同級生で、
今も連絡を取り合ってるような人はいないんです。名前もよく覚えてないです。
かといって、いじめられたってこともなかったし、
いい思い出も、悪い思い出もないような場所だったんですよ。
じゃあ、何でそんなところに旅行に行こうと思ったのかって?
うーん、それは、思いつきとしか言いようがないです。
母に行き先を決めたことを言うと、「ああ、○○市、懐かしいわねえ」
こんな反応が返ってきました。ネットで調べて、
駅前のビジネスホテルに宿泊することに決め、1泊2日で出かけたんです。
その市までは電車で3時間ほどかかるので、朝に出発して、

着いたのがお昼少し前ぐらいでした。駅から下り立って、
ああ、何か見たことがある場所だとはすぐに感じました。
でも、私の頭の中にあったイメージよりも、ずっとせまくて閑散としてたんです。
まあ、過ごしたのは小学校のときだったし、転校した不安感で、
その当時の私には大きく広く感じていたのかもしれません。
あと、過疎化が進んでいるせいもあるんだと思います。駅の隣の旅行案内所で、
レンタサイクルをやっていたので、自転車を借りました。
まず、私の家族が住んでた社宅に行ってみようと思いました。
なんとなくですが、道はわかるような気がしたんです。
駅前の商店街はのきなみシャッターが下りてて、たまに年寄りが歩いてるだけ。
若い人の姿はほとんど見かけなかったですね。

自転車で10数分、見覚えのあるような、ないような景色の中を川沿いに走ると、
大きな橋に出ました。この橋を渡った先に、確か社宅の団地があったはず・・・
でも、それはどこにも見あたらなかったんです。
たしかにこのあたりだと思った場所には、新しいコンビニが建ってました。
そこに入って飲み物を買い、そのときに社宅の話を出してみましたが、
店員さんはわからないようでした。無理ないかと思いましたが、
だんだんつまらなくなってきて、この旅行は失敗だったかなあと考えながら
橋を渡っていくと、道沿いにバス停があったんです。
「あー、あれ覚えてる」そこの街はかなり雪が降るところで、
小学校の学区の外れに社宅があった私は、冬場にバスを利用してたんです。
はい、そのバス停は木とサッシでできた、人が中に入れるものでした。

やっと懐かしいものを見つけたので、自転車を停め、サッシ戸を開けて入ってみました。
中にはベンチが2つあり、座ってみると、自分でもびっくりするくらい、
小学校6年のときの気分に近づいたんです。ああ、たしかに、
この街で1年間過ごしたんだよなあって。ベンチは柔らかい木でできてて、
シャーペンの先で引っかいたような落書きがたくさんありました。
今も子どもたちが利用してるのかもしれません。それらを見ていると、
中に、「松野由希子 死ね」と書かれたものがあって、それが記憶に引っかかったんです。
「え、松野由希子、覚えてるかも」それと、その字なんですが、
私の字によく似てたんですよ。「えーこれ、子どもの頃に私が書いたんだろうか」
で、松野由希子のことを思い出したんです。クラスは違ってましたが、
たしか委員会がいっしょで、そこの小学校で過ごした中で一番親しかった子です。

「あれー、何で、今のいままで忘れてたんだろう。それに、これ書いたの私だとして、
 どうして、死ねなんて・・・」でも、それ以上のことは思い出せなかったです。
その落書きは、かなり深く彫られていて、その上に重なるようにして、
細い字で別の落書きがあったんですよ。何て書いてるかわからず、
顔を近づけてみると、「この子 殺してあげる」と読めました。
「えっ!」胸がドキッとしました。でも、私の落書きに反応して書いた、ただの
イタズラ書きだろうって考え、それでも気味が悪いので、松野さんについて、
とにかく思い出そうとして・・・「ああ、そうだ、この子の家、写真屋さんだった」
小学校への途中にある小さい街の写真館で、何度か一緒に帰ったときに、
松野さんがバイバイと手をふって写真館に入ってった記憶があるんです。
それで、また自転車に乗って、小学校への道を進んでいきました。

でも、道の両側のどこにも写真館なんてなかったんです。
小学校はありましたが、これも自分の記憶にあるよりずっと小さくて、
子どもたちの歌声がかすかに聞こえてました。「おっかしいなあ」 写真館は、
たしか学校から5分ほどのとこにあったはずで、でも、町並みは古いのに、
どこにも見つからず、このあたりだと思うところには、神社がありました。
けっこう新しい神社です。もしかしたら写真館がつぶれて、
その跡にこれが建ったのかもしれない。自転車を停め、小さな鳥居をくぐってみました。
お社も小さく、使われてる木は白くて、やっぱり新築のものでした。
とりあえずお賽銭を入れて鈴を鳴らし、手を合わせると、急にめまいがして、
地面に手をついてしまいました。心臓がドキドキして立ち上がれず、
そのままでいると、おみくじを売る建物から白い着物の人が出てきました。

年寄りだったか若かったかも覚えてません。その人はしゃがみ込んでいる私の横に立つと、
「なんでここに来た! すぐに帰りなさい、神様が怒っている!」って言ったんです。
その剣幕に押されて私が立ち上がると、その人は口調を変え、諭すように、
「ここはねえ、あんたのために死んだ子を祀ってる神社だ。
 そのあんたがここに来るなんて、とんでもないことだから」その言葉で、
心臓を手でつかまれたような気がして、私は反射的に立ち上がりました。
それで、具合は悪かったんですが、神社を走り出て、自転車に乗って
駅まで逃げたんです。はい、もうその街にいる気にはなれませんでした。
ホテルはあとでキャンセルすることにし、自転車を返して電車に乗って戻ったんです。
体調は相変わらず悪く、電車のトイレの中で何度も吐きました
ぐったりした状態で自分の街に着き、タクシーで病院に行くと、

あれこれ検査をされましたが、特に異常は見つからず、
両親に迎えに来てもらって家に帰ったんです。両親には、
具合が悪くて旅行を中断した、と言い、あの1年間についていろいろ聞きました。
「私があの街にいたとき、殺された女の子っていた?」
「松野由希子さんて覚えてる?」 「小学校に行く途中に、神社ってあった?」
でも、父も母も、どの問いにも「覚えてないなあ」って言うだけでした。
ですから、自分でもあの街であったことが、本当に起きたことなのかあいまいになって、
神社でのことや、もしかしたらバス停の落書きも、
体調が悪くて見た、夢みたいなものなんじゃないかって思えてきたんです。
家について、どうしても気になったので、怖かったけど、
その小学校の卒業アルバムを押し入れから探し出し、

おそるおそる見てみました。でも、自分のクラスはもちろん、
他の3クラスにも、松野由希子って子はいなかったんです。それなのに、
松野さんのことは思い出すんです。図書委員会で、2人で残って遅くまで
図書カードを整理したり、本の破れを修繕したり・・・本の好きな優しい子だった
気がするんですが、ただ、松野さんの顔がどんなだったかは記憶に残ってなくて。
その後、3日ほどたってから、インターネットでも調べてみました。
何かの犯罪の被害にあった、松野由希子って子どもはいません。
事故や自殺まではわかりません。そこでもう、考えるのをやめようと思ったんです。
もしかしたら、小学校に連絡すれば何かわかったかもしれないんですが・・・
最後に、あの街の地図を出して神社を見てみました。たしかに道ぞいに鳥居のマークは
ありました。でも、ホームページなどもなく、神社の名前はわからなかったです。








幻の人類初宇宙飛行士

2019.08.08 (Thu)
今回はこういうお題でいきます。オカルトな内容になります。
さて、今年はアメリカのアポロ計画で、1969年7月20日、
11号の2人の宇宙飛行士(船長のニール・アームストロング氏と、
その十数分後にパイロットのバズ・オルドリン氏)が人類史上初、
月面に降り立ってから50周年になります。

50周年記念式典の様子
lllokki (1)

アメリカ国内では、さまざまな記念イベントが行われました。
オカルトでは、「アポロは月に行っていない説」というのがあるのは
ご存知だと思いますが、日本ではあまり言われません。
これには理由があって、日本のオカルト界では、
「アポロは月で宇宙人に接触した説」のほうが優勢だからです。

この話は以前に書いていますので、今回は深く触れません。
本項で主役になるのは、宇宙開発競争のもう一方の陣営、ソ連の
ユーリイ・ガガーリン氏についてです。彼は1961年、世界初の
有人宇宙飛行としてボストーク1号に単身搭乗し、大気圏外から
地球を見て、「地球は青かった」という言葉を発したとされています。

ガガーリンは快挙後、世界を遊説して回り、日本にも来てるんですが、
その人物像はあまり知られてはいません。彼が人類史上初めて宇宙に
出たのは27歳のときですが、そのわずか7年後、訓練中の
飛行機事故で教官とともに墜落死してるんですね。34歳でした。

宇宙に飛び立つ直前のガガーリン中尉(帰還後に少佐)
lllokki (2)

この事故は、宇宙から帰還後のガガーリンが精神不安定になり、
飛行機搭乗時に飲酒していたためとか、何らかの理由で、ソ連当局により
粛清されたなどの陰謀論がささやかれています。観測用気球や鳥を
避けようとした、ミグ戦闘機とのニアミスがあったなど
原因はいろいろ調べられたものの、はっきりわかってはいません。

さて、ガガーリンは若い頃から宇宙飛行士として厳しい訓練を受けました。
候補者数十名の中から最終的に飛行士として選ばれた理由は2つ。
一つは彼が労働階級出身で、当時のソ連において英雄になるにふさわしい
人物と考えられたからです。もう一つの理由は、身長が低かったこと。

ボストーク型宇宙船
lllokki (3)

ガガーリンの身長は157cmで、平均身長よりもかなり低く、
それが、せまい宇宙船のコックピットに収まるのに都合がよかったんですね。
ところで、宇宙って、どっからがそう呼ばれるんでしょうか。
じつはこれ、地表から大気圏、宇宙空間までは無段階につながっているので、
どこからが宇宙というきちんとした定義はないんです。

一般的には、大気圏をこえ、オゾン層を抜け出し、無重力になる
高度100km以上を言うことが多いんですが、
アメリカ軍では、高度80kmから上を宇宙とみなしています。
ボストーク1号の飛行時間は108分、意外と短く、
はっきりはわからないものの、高度300km以上に達したとみられます。

宇宙ってどこから?
lllokki (5)

宇宙と言っても、東京ー名古屋間往復程度の飛行距離だったんです。
ただし計画は危険で、ソ連政府は、宇宙船とともに地球に帰還したと発表
しましたが、実際は地上7000mでコックピットから発射され、
パラシュートでソ連領内の牧場に降りたことが現在ではわかっています。
これはたいへんに危険で、失敗の可能性も多分にありました。

さて、ここからオカルト話です。ガガーリンが人類初の宇宙飛行士では
ないとする説はいろいろあります。一つは、1960年、冷戦中のソ連を
旅行していたアメリカのSF作家、ロバート・ハインラインが、
赤軍の兵士が、有人宇宙ロケットが発射されたと大騒ぎしていたのを
耳にしたものの、何の発表もなかったということをエッセイに書きました。

当時のソ連は秘密主義でしたので、失敗に終わった場合、
発表しないという可能性は、たしかにありました。ウラジーミル・イリューシン
という人物が最初に宇宙に到達、地球に帰還したんですが、落ちたのが
当時ソ連と対立していた中国領内であったため、そこで拘束され、
ソ連政府は発表しなかったとされることが多いですね。

大型ジェット輸送機に名前を残すウラジーミル・イリューシン 2010年まで存命でした
lllokki (6)

当時はまだ宇宙望遠鏡の性能も悪く、他国の行動を追跡するのは難しかった
んです。もう一つ、奇怪な話があり、アメリカのジャーナリスト、
フランク・エドワーズによれば、ガガーリン以前に男女のソ連人
宇宙飛行士が地球を出発し、スウェーデンとイタリアの監視センターで
観測され、世界中の複数の無線で会話が傍受されたとするものです。

その会話は、1960年2月24日「 ダイヤルの表示は見える。
しかしシグナルはハッキリしない もう何も見えない。
 私が右手で支えています。こうすればバランスを保てます。
今のうちに窓から外を見て下さい、あれを見て下さい。
 なんだあれは、なにかがある。

 もし我々が帰れなくても、世界は何も知らないままだろう。
時報 ただいまモスクワ時間で午前8時です。」だったとされます。
この後、2人は地球に帰還できず、宇宙空間で死亡し、
その遺骸を乗せたロケットは今も地球軌道の周回を続けている・・・

国際宇宙ステーション 高度は約400km
lllokki (4)

この内容、いかにもだと思いませんか。彼らは宇宙空間で何か
大きな秘密を発見し、しかしそのことを地球に知らせないまま亡くなった。
そういう意味に読み取ることができます。ガガーリンの発言として広まった
「(宇宙に)神はいなかった」というものがありますが、これは無宗教、
唯物主義だった共産主義国家の人物としては当然の内容です。

しかし、アメリカは全体として熱心なキリスト教国であり、
この発言に反発する人間も多かった。そこで、このようなストーリーが
できあがったとみるべきだと思います。この当時、「宇宙人」という
概念はまだ一般的ではなく、会話は神を想定したものだったのが、
だんだん想像上の宇宙人に変化していき、

アポロ宇宙士は宇宙人と接触したという話につながるんですね。
1960年代のベトナム戦争により、アメリカ国内には厭戦的な
感情が広まり、キリスト教の神への信頼は失われ、ヒッピーなどの
ニューエイジムーブメントが始まりました。そこで神にかわる精神的な
アイコンとして出てきたのが宇宙人だったわけです。

さてさて、1957年のスプートニク・ショック、60年のオズマ計画、
61年のガガーリン、ベトナム戦争、69年のアポロ11号月着陸、
同じく69年のウッドストック・フェスティバル、このあたりのことは
現代アメリカ史としてみなつながってるんですね。
では、今回はこのへんで。

関連記事 『月核爆発計画って何?』

アポロ宇宙船に接触する宇宙人
lllokki (7)




食品のオカルト

2019.08.07 (Wed)
牛乳などの乳製品については、アメリカで賛否両論が起こっています。
日本の農林水産省に相当するアメリカ農務省は、乳製品は健康に良いと主張し、
食事ごとに摂取することを推奨しています。これに対して、ハーバード大学の
研究者たちは、「乳製品の積極的な摂取を勧めるエビデンスはない」
と否定しているのです。
(文春オンライン)

weeertyu (1)

今回は、科学ニュースからこういうお題でいきます。なかなか難しい話ですね。
自分は栄養学なんかはまるっきり素人ですので、今回の内容は
話半分程度で聞いていただけたらと思います。何から書いていきましょう。
まず、牛乳のことからにしましょうか。

自分はアメリカの中西部に2年ほど住んでたことがあるんですが、
アメリカ人ってすごく牛乳を飲むんですよね。当時自分がバイトしてた
スーパーに、毎日牛乳を買いにくる50代の白人のおばちゃんがいまして、
その人は身長180cm弱、体重120kgくらいでした。

で、向こうの容器はガロン表示なんですが、毎日約6Lの牛乳を買って
いきました。そこの家は4人家族だったので、1日に一人平均
1.5Lの牛乳を飲んでるわけです。アイスクリームも大量に
買ってましたので、おそらく食事のすべてがそういう量だと思われ、
ああ、こりゃ太るよなあと納得して見てたんです。

乳製品の摂取量は、日本人は世界の中でも少ないほうです。
ヨーロッパの国と比較して3分の1、アメリカと比べても2分の1以下です。
ヨーロッパのほうは、牛乳というより生クリームやバター、チーズなどが
多いんだと思います。ですから、アメリカなどの国の分析が、
必ずしも日本人にあてはまるわけではありません。

クリックで拡大できます
weeertyu (3)

少し前、世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関が、
ハムやソーセージなどの加工肉や、牛や豚などの赤肉を毎日食べ続けると、
発癌リスクが特に大腸癌において高まると発表し、日本でも話題を集めました。
ですが、日本は世界的に見て最もこれらの摂取量の低い国の一つで、
それほど気にする必要はないという反論もすぐ出てきました。
食生活、食文化の違いがあるので、単純に世界との比較はできないんです。

牛乳を含む乳製品については、昔から前立腺癌や乳癌など、ホルモンに関係した
癌の発症と関連があるのではないかと指摘されてきましたが、
近年になって、乳製品を多くとる人は、前立腺癌で7%、
卵巣癌で13%リスクが高まるという論文が出されています。

それにしても、ハーバード大学はよくやりますね。アメリカ農務省が
食事のたびに牛乳をとることを推奨しているのは、おそらく向こうの
畜産団体からの圧力が理由の一つとしてあると思われます。
それに対して真っ向から異を唱えているわけです。

ハーバード大医学部
weeertyu (2)

ハーバード大学では以前にも、アメリカで販売されるサプリの典型的な成分である
オメガ脂肪酸とビタミンDについて、中高年の人4万人を対象にした大規模な
治験を行い、どちらも癌の予防、心血管疾患の予防、そして死亡数に影響が
なかったことを明らかにしました。つまりまったく効いていない。

これにはサプリ業者は困ったでしょうね。ただ、アメリカは貧富の差が激しい
階層社会で、高額民間保険に加入している金持ちは
どんな治療でも思うままに受けられますが、数千万人いるとされる無保険者は、
癌になってもサプリくらいしか治療法がないんです。

さて、一般的に、食品の健康に対する効果を研究する場合、その資金は
食品会社や生産者団体から出されることが多いんですね。例えば、
チョコレートの生産者団体が資金を出して、チョコレートの健康に対する
影響を調べる。その場合、研究者は資金をもらってるもんだから、
どうしてもその団体に有利なほうに結論が傾きがちです。

ですから、「○○食品は健康にいいと研究者が発表」みたいなニュースは、
眉に唾をつけて見ることが大切です。上記のニュースで、ハーバード大が、
力のある生産者団体に対してはっきりものが言えるのは、アメリカの税制が
日本とは違っていて、主に卒業生でしょうが、大学に一般人からの多額の
寄付が集まるためもあるんです。お金をもらってないから正直なことが言える。

weeertyu (1)

さて、食品と健康について、例えば「コーヒーは体にいい・コーヒーは体に悪い」
という相反した内容の話題が出され、消費者が混乱する場合があります。
これ、どっちが正しいんでしょうか。じつは両方とも正しいんですね。
コーヒーは刺激物で胃に悪いが、肝臓にはよいという具合に、
人体は複雑ですので、さまざまな形の影響があっても不思議ではありません。

トータルしてどういう影響があるかなんて、不確定要素が多くて
調べようがないですよ。ただ一つ言えるのは、さまざまな食品を少しずつ
バランスよく食べるのがいいだろうということです。自分はアクアを
趣味にしていて、水槽で水草を育てたりもしています。植物の3大栄養素は
窒素・リン酸・カリウムで、その他に微量のミネラルなども必要です。

で、これがすごく複雑なんですね。ある成分はイオンの形でないと吸収
できないとか、単体では吸収されにくく、吸収率を上げる別の成分といっしょに
与えなくてはならないとか、とにかく難しい。人間の体も同じで、ある成分を
そのままとっても、吸収されずすぐに排出されてしまうことも多いんです。
ですから、体にいい成分を含んだサプリが、必ずしも効果があるとはかぎりません。

さまざまなサプリの中には効果の怪しいものも
weeertyu (4)

今、糖質制限が流行っていますよね。ご飯やパンなどの炭水化物を極力減らして、
その分を他の食品でおぎなう。たしかにこれをやれば体重は減ります。
ダイエット効果は実証されてますが、極端な糖質制限が体にいいかといったら、
よくはないでしょう。炭水化物は人体に必要な栄養素です。ただまあ、
それを承知で、どうしても痩せたいからやるというのは個人の自由ですが。

さてさて、引用ニュースに戻って、ハーバード大学の研究者たちによる推奨では、
牛乳は1日1~2杯、ヨーグルトは170~450グラムまでを
摂取の上限量としているようです。あたり前の結論で、アメリカ人は
常識的な量を飲んだり食べたりしなさいよ、ということなんですね。

ということで、食品についての研究にはかなり怪しいものも多いんです。
自分はなるべく、どっからその研究資金が出ているかをみるようにしています。
くり返しになりますが、食で健康になるためには、できるだけ多種の食品を
少しずつ食べることだと思います。では、今回はこのへんで。

関連記事 『ダイエットの話』

多種多様に出ている糖質制限本 試すなら自己責任で
weeertyu (5)





知らせる話 2題

2019.08.06 (Tue)
怖い話を収集していると、一番多く集まってくるのが、
いわゆる「虫の知らせ」系というやつです。
近親者や友人が亡くなるときに、何らかの形で知らせにくる。
みなさんも聞かれたことがあるんじゃないでしょうか。
例えば、仏壇に置いていたものが地震でもないのに落ちたとか、
誰もいないはずなのに仏間から鐘の音が聞こえたとか。
で、そのすぐ後に電話がかかってきて、「○○が亡くなった」という
知らせが入る・・・でも、この手の話はあまりにありきたりで、
ほとんどはブログに載せられないんです。ただ、たくさんある中には、
これは奇妙だなって思うものもあるんですね。
今回は、そのうちから2つの話をご紹介したいと思います。

デザイン事務所勤務 徳永さんの話
うちの家はね、四国のほうで漁師をやってたんだよ。
あ、俺は三男だったからね、漁師はやらないで大阪へ出てきた。
一番上の兄貴は漁師だよ、まだ現役。もうそろそろ引退したらどうかって
勧めてるんだが、やめる気はないみたいだ。まあね、今は船もよくなって
昔みたいに難破することも少ないし、何かあれば無線で仲間が助けてくれる。
いや、兄貴を見てりゃうらやましいよ。そりゃ漁師は重労働だが、
漁に出るのは1年の三分の二もないから。瓦屋根の御殿みたいな家を建てたよ。
それでな、これはうちの親父から聞いた話なんだ。
親父の親父、俺の爺さんは早くに死んだが、婆さんのほうは84歳まで生きた。
でな、病気で寝ついて、いよいよ今日明日かもしれんってことになってな。

いや、昔は病院で死ぬ人は多くなかったんだよ。家で亡くなるのが
普通だったし、医者も往診に来てくれた。で、親父は婆さんがそんな状態でも、
平然と漁に出ていくんだよ。こう言ってた。「なに、人は満潮のときには
 死なないもんだ。昔からそう伝えられてるし、俺が見たかぎりでは
 間違いのないことだ。死ぬのは干潮のときだよ。だから、
 それまでには戻ってくる」って。まあなあ、そういうことはあるのかもしれん。
親父が沖に出て網を流してたら、船のエンジンが停まってしまった。
点検修理しても、蹴飛ばしてもかからない。けど、そんなことで慌てる親父じゃない。
無線で漁協に連絡をとったら、あいにく近くに牽引できるような
船がいないときた。船は財産だからな。親父だけ助かってもしょうがない。
だから、のんびり待ってるしかないんだが、ほら、婆さんのことがあるだろ。

さすがに親の死に目に会えないのは残念だし、近所の評判もよくない。
そうしてるうち、だんだん潮が引いて、「ああ、婆さん逝っちまうんじゃないか」
って心配になってきた。親父が子どものころからの、婆さんが網をつくろったり、
イカを干したり、握り飯をつくってくれたことなんかが頭に浮かんできて、
あの鬼みてえな親父が、じわーっと涙まで出てきたんだそうだ。
時間は夜の10時過ぎ、海は凪いでいて、ぼんやり浜の明かりを見ていると、
船の上の青い闇を、何か白いものが飛んでいる。あっち行ったり、こっち来たり、
一抱えもある霧の固まりのようなもんだったそうだ。やがてそれは、
親父のいる甲板に近づいてきて、数m前に停まった。近くでは白いブドウの房みたいに
見えたそうだ。それがボコンボコン泡立つように出たり引っ込んだりして、
その一つ一つに、うっすら目鼻があるように思えた。

でな、やがて正面にひときわ大きな泡が浮かんで、それが婆さんの顔になった。
婆さんは目を閉じていたが、小さく口を開き何か言った。
けど、音としては出てこなかったんだな。それでも、親父は自分の名前を
呼ばれたんだと思ったそうだ。どのくらい時間がたったか、
婆さんの顔は平らになり、霧の固まりは急速に空へ昇ってってしまって、
それきり見えなくなった。それからすぐ、無線で婆さんが死んだって連絡が入った。
親父は、「あれはやっぱし、婆さんが会いに来てくれたんだろうなあ。
 ただ、婆さんだけじゃなく他の顔もあったように思うから、
 引き潮のとき亡くなった人の魂が一つになったもんかもしれない。だからな、
 俺はそんときから死ぬのがあんまり怖くなくなった」こんな話をしてくれた。
まあな、そういうことはあるような気もするが、都会では無理だろうなあ。

自動車整備工場経営 北村さんの話
俺ね、子どものとき亀を飼ってたんですよ。縁日のときに買ったミドリガメ
なんだけど、かなり大きくなってね。水槽飼育で、冬眠はさせてなかったです。
亀って長生きするけど、冬眠の失敗で死ぬことが多いんですよね。
だから冬場はヒーター入れてました。え、亀の名前?
いちおう小太郎ってことにしてたけど、亀って、犬猫と違って呼びかけたりは
しないじゃないですか。で、あれは俺が小5のときですね。
父親が、会社の検診で癌が見つかって入院してたんです。
もう末期だったんだけど、俺にはくわしい病名なんかは知らされてませんでした。
今思うと、抗癌剤治療をしてたんでしょうね。父親はすごく痩せて、
顔色も黒くなって、死期が近いってのは何となくわかりました。

それでね、その日は俺、学校からいったん帰ってきて塾に行ってたんです。
それが終わってからだから、時間は8時過ぎかなあ。
一人で住宅街を家に向かってると、塀の上に何か動くものがある。
近寄っていくと、小太郎だったんです。「えっ!?」って思いました。
水槽から脱走したんだろうか、でも、逃げられないよう、甲羅の端に穴を開けて
ハリガネを通してたんですよ。見ると穴もハリガネもあったんです。
すごい偶然だと思いました。逃げ出した亀をそんな離れた場所で
つかまえることができるなんてね。手を伸ばすと、
小太郎はカクンと頭を動かし、ゆっくりした声で「今、親父が死んだぞ」
そう言うと、傾いて塀の向こう側に落ちていったんです。
すごく混乱しました。亀がしゃべるはずがないし、

父親がほんとに死んだならそれは大変だし。塀に手をかけて伸び上がったんですが、
植木があって小太郎の姿は見えない。こうしちゃいられないとも思ったし、
家に向かって走りました。わりとすぐだったんですけど、着くと母親と弟が玄関にいて、
「病院行くよ」ってタクシーで連れてかれ、父親はすでに亡くなってましたね。
容態が急変したみたいです。葬儀屋とかの手配を済ませて、
家に戻ってきたのは深夜でした。でね、水槽を見たら小太郎がいたんですよ。
それも、甲羅に通したハリガネはちゃんと水槽に結ばれてて、
逃げ出した様子がないんですよ。小太郎に話しかけてみたんです。
「お前さっき塀の上にいたか」って。でも、答えは返ってこなかったし、
それ以後もしゃべったりすることはなかったです。え、小太郎ですか。
たしか死んだのは俺が高1くらいのときだったと思います。

でねえ、当時も不思議だったんですけど、今考えれば、
いろいろわからないことがあります。まず一つめは、小太郎は家にいたのに、
どうして病院で父親が死んだってことがわかったのか。
いやまあ、病院からの電話を小太郎が聞いてたのかもしれませんが。
もう一つは、なんで父親が直接知らせに来なかったのか。
これはね、心あたりがなくもないです。俺は父親が嫌いで、
入院前はすごく反抗してましたから。親父はアル中でね、母親もだし、
俺と弟も殴られてたんですよ。その後、母親は一人で働いて俺と弟を高校に
行かせてくれ・・・俺は自動車整備工場に就職して・・・え? 小太郎の声ですか?
父親に似てたかって? うーん、なんともいえないですね。覚えてるのは、
地獄の底から聞こえるような 冷え冷えとしたものだったってことだけです。





「○○ムーン」まとめ

2019.08.05 (Mon)
最近「なんとかムーン」が乱立!
今日の月は「◯◯ムーンで特別らしいよ」って、我々地球人の大好物なワード。
そして今月8月は特別な「ブラックムーン」の月なんです。
(GIZMODO)

sdert (1)

今回は、科学ニュースからこういうお題でいきます。近年、天体観測ブーム
なのかどうかわかりませんが、引用ニュースにあるように、
「○○ムーン」という言葉を多く聞くようになりました。
自分は占星術師なので、晴れていれば天測をすることにしてるんですが、
このところ深夜になっても外はむっとする暑さで、とても長くはいられません。

まあこれは、大阪が大都市なせいもあると思います。
ヒートアイランド現象が起きている。さて、〇〇ムーンですが、
これには天体現象であるものと、そうでないものがあります。
天体現象は、実際に宇宙で何事かが起きているということで、
そうでない場合は、主に人間側の都合によって呼ばれるものです。

・ブラックムーン
この8月はブラックムーンの月なんですが、これは天体現象ではありません。
月の満ち欠け(朔望)には周期があって、月の複雑な軌道のため、
およそ29.27日から29.83日の幅となっています。
日本で昔使われていた太陰太陽暦では、朔(月が見えない新月)の日を、
その月の第1日目に合わせることにしていました。

月の朔望


で、その計算をもとに大の月(30日の月)、小の月(29日の月)が
決められていたわけです。ところが、現在使われている太陽暦は、
太陽の動きがもとになっています。2月をのぞけば、ひと月は30日か
31日ですよね。そうすると、1ヶ月の中に朔の日が2回出てくるという
ことが起きてしまいます。

今月の場合、8月1日と8月30日の夜が朔ですので、
ブラックムーンの月というらしいです。ただ、1日と30日の両方の月を
ブラックムーンというのか、それとも30日だけなのか、
よくわからないですね。まあ、どうせ呼び名だけの話なんですが。

・ブルームーン
これも天体現象ではありません。ブルームーンにはいくつかの定義があって、
一つめは、そのものずばり「青く見える月」のことです。
月が青く見えるのは、多くの場合、地球大気中の塵の影響によります。
この塵は火山現象などで発生するので、いつ起きるかわかりませんし、
月を観測する場所によっても違います。

『狼男アメリカン』
sdert (2)

もう一つの定義は、1年を二至二分(春分・夏至・秋分・冬至)で4つに
分け、その3ヶ月の中で4回満月があるとき、その3回目の満月を
ブルームーンと呼ぶというものです。最近では、今年の2月19日が
ブルームーンでした。これも、特に意味のあるものではないですね。

・ストロベリームーン
6月の満月のことを言います。これも天体的な意味はありません。
アメリカ先住民のオジブワ族は、ずっと採集を中心とする生活を送ってきたため、
その時期に採集するものの名前で月を呼んでいました。
で、6月の場合はそれがイチゴだったので、ストロベリームーン。

日本では、近年になってよくマスメディアで取り上げられるようになりましたが、
「月がイチゴのように赤く見える」という誤解が広まってしまいました。
ただ、6月は月の軌道が低くなるため、夕日と同じ原理で赤っぽく見える
ことがあります。ストロベリームーンを恋人といっしょに見ると、
その恋がかなえられるという話がありますね。

水平線(地平線)に近い月は赤く見える
sdert (3)

・スーパームーン
これは天体現象です。月の軌道は楕円形のため、地球に近いときと
遠いときがあります。地球から月までの平均距離は約38万km。
近いときには約35万km、遠いときは40万kmほどです。
この近いときの月をスーパームーンと言い、遠いときはマイクロムーン
などと言ったりもしますが、こちらはあまり広まっていません。

月が地球に近づいている期間は長いので、1日だけで終わる現象ではなく、
とうぶんの間、月は大きいまま。ですから、雨で見逃しても大丈夫です。
正式な天文用語ではなく、自分の先輩であるアメリカの占星術師、
リチャード・ノールが雑誌に書いたのが最初と言われています。

このスーパームーンには怖い話もあり、月が近いと潮汐力が大きくなります。
2011年3月11日の東日本大震災や、2004年のスマトラ島沖地震は、
スーパームーンで月が最も近点にきた1〜2週間以内に発生しているんです。
これは間違いなく相関があるはずです。

地球から見えるスーパームーンとマイクロムーンの大きさの比較
sdert (1)

・ブラッドムーン
これも2つの定義があって、一つめは、皆既月食のとき月が血(blood)
のように赤く変色した場合を言います。これは不吉だとされ、
凶事を予言するとも言われますが、じつはけっこう頻繁に見られるもので、
次に日本で皆既月食が見られるのは2021年5月26日のようです。
もう一つは、10月の満月をそう呼ぶこともあります。

・アメリカの満月の呼び名
みなさんは中学校の英語の時間に月の呼び名を暗記させられた記憶が
おありだと思います。January、February・・・というやつですが、
これの他に、その月の満月についての俗称があるんですね。
ご紹介すると、

皆既月食時のブラッドムーン
sdert (1)

1月「Wolf Moon」(狼月)  2月「Snow Moon」(雪月)
3月「Worm Moon」(芋虫月)  4月「Pink Moon」(桃色月)
5月「Flower Moon」(花月)  6月「Strawberry Moon」(苺月)
7月「Buck Moon」(牡鹿月)  8月「Sturgeon Moon」(チョウザメ月)
9月「Harvest Moon」(収穫月)  10月「Hunter’s Moon」(狩猟月)
11月「Beaver Moon」(ビーバー月)  12月「Cold Moon」(寒月)

誤解を招きやすいのは4月の「Pink Moon」で、月がピンクに見える
わけではなく、Phlox (フロックス)というピンクの花が咲く時期です。
3月は、暖かくなって木の幹から虫が出てくる月、7月は牡鹿の新しい角が
生えてくる頃。8月は五大湖のチョウザメを狩るシーズン。ほとんどが
アメリカ先住民の習慣からつけられています。では、今回はこのへんで。

フロックスの花
sdert (4)