FC2ブログ

懐手3人衆の話

2020.02.29 (Sat)
アーカイブ231

cccc (3)
和服での「懐手」ポーズ

今回はこういうお題でいきます。だた、最後のほうに少しだけ
出てはきますが、あんまりオカルトとは関係ない内容なので、
スルーされたほうがいいかもしれません。さて、懐手というと、
基本的に和服のときにやりますよね。上の画像のように両腕を袖から出さず、
懐の中に入れておくことです。

当然、和服にはポケットがありませんし、懐に手を入れていると暖かく
楽です。「懐手をする」という慣用句にもなっていて、
「人にまかせて、何もしないこと」という意味で使われます。
で、和服の場合はいいんですが、洋服で懐手をするのは難しいですよね。

スーツの合わせ目やチョッキの中に、無理やり手を突っ込まないと
いけません。ですが、肖像画がその懐手ポーズで有名な人物がいます。
ナポレオン・ボナパルトその人です。ナポレオンの名前は
みなさんご存知でしょうが、具体的な業績をくわしく知ってる人は
少ないんじゃないでしょうか。

フランス革命により大混乱に陥ったフランス国内を収拾して
独裁政権を築き、ナポレオン戦争を引き起こして、イギリスをのぞく
ヨーロッパの大部分を影響下に置きました。しかしながら、
最終的に対仏大同盟との戦いに敗北し、流刑地のイギリス領
セントヘレナで亡くなっています。

アルプス越えをするナポレオンの勇姿
cccc (5)

ナポレオンの評価については毀誉褒貶がありますが、フランス第一帝政の
皇帝に即位したことを批判されることが多いんじゃないでしょうか。
せっかく革命でルイ16世ら王族を処刑したのに、
自分がそれにとってかわるように、絶対的な権力の座についたわけですから。

ベートーベンの「交響曲第3番 英雄」は、ナポレオンへの共感から、
ナポレオンを讃える曲として作曲されました。ですが、完成後まもなく
ナポレオンが皇帝に即位し、その知らせに激怒したベートーヴェンは、
「やつも俗物に過ぎなかったか」とナポレオンへの献辞の書かれた表紙を
破り捨てた、というエピソードがよく知られています。

さて、下図がその肖像画です。無理やりチョッキの中に手を突っ込んで
いるのがわかります。なんでナポレオンはこういうポーズをとっているのか。
まあ、正確なことはわからないんですが、一説には、
ストレス性胃炎を患っていたため、自分の胃を押さえているとされます。

cccc (2)

たしかにいろいろ心労はあったと思いますし、それは政治・軍事面だけ
ではなく、私生活でも妻のジョゼフィーヌの浪費と浮気に悩まされていたので、
胃炎説はぜったいありえないとは言えないと思います。
ナポレオンは1821年、セントヘレナ島で亡くなりますが、その死因は
胃癌であったと、遺体を返還されたフランス政府から公式に発表されています。

さて、懐手の人物の2人目は、坂本龍馬です。下図は高知県桂浜にある銅像で、
右手を懐に入れた写真をもとに作られています。ただ、和服の懐手というのは、
最初の三船敏郎の画像のような形で、竜馬のはちょっと違います。
で、この懐手について4つの説があるんですね。

cccc (1)

① 懐にピストルを入れていて、いつでも抜けるようにしている。
② 懐には「万国公法」が入っており、竜馬の開明的な性格を象徴している。
③ 寺田屋で手に深手を負っており、その傷をかばっているうちに癖になった。
④ 竜馬はフランス革命について勉強し、ナポレオンを尊敬していたから。

まあ、この中で最も言われているのは③でしょうね。
寺田屋で竜馬は幕府の捕り方2人を射殺し、数名に傷を負わせていますが、
そのときに刀をピストルで払ったため、両手の親指を負傷しています。
ただ、もう一つ、これについての⑤のオカルト説があるんです。

懐手の最後の人物は、伊藤博文です。日本の初代総理大臣として有名ですね。
前の2人のように肖像や写真には残っていませんが、
洋装でも懐手をするのを好んでいたという話があります。これについては、
ナポレオンを尊敬していたためポーズを真似ている、と言われることが多いですね。

cccc (4)

で、この3名、共通点があります。坂本龍馬、伊藤博文は暗殺されていますし、
ナポレオンも暗殺説が出ています。竜馬は中岡慎太郎と京都近江屋に滞在中、
刺客に襲われて即死。犯人は諸説あるんですが、京都見廻組の手による
というのが通説になっています。また伊藤は、ハルビン駅で、
大韓帝国の民族運動家、テロリストの安重根によって射殺されました。

ナポレオンについては、前述したように、死因は病死が公式なんですが、
後年、その頭髪を分析した結果、ヒ素が発見されたことから、
彼を幽閉していたイギリスの手によって暗殺されたという説も根強く
ささやかれています。これはナポレオン本人が臨終に際して、
「私はイギリスに暗殺されたのだ」と述べたことも大きんですね。

関連記事 『歴史を変えた重金属』

さてさて、ここからはオカルト話になります。それは、
この3人、じつは秘密結社フリーメーソンのメンバーだったというものです。
フリーメーソンは、16世紀後半に結成された実体のよくわからない友愛結社で、
その勢力を世界中に拡大し、有力な人物を多数抱えて、世界の歴史を
裏から操っているなどとも言われます。まあ、オカルト陰謀論の一つです。

フリーメーソンのシンボル
cccc (1)

で、フリーメーソンには、他の結社員にわかるように決まったポースがあり、
それが懐手だったというんです(笑) 。みなさんはどうお思いに
なりますでしょうか。「そんなバカな」というのは正常な反応で、
この3人について、メーソンのメンバーであった証拠は一切ないんですが、
話としてはなかなか面白いと思いませんか。では、今回はこのへんで。







スポンサーサイト



四凶と悪神

2020.02.29 (Sat)
xxxx (2)

今回はこういうお題でいきます。中国神話のお話ですね。
今日、2月29日は閏日ですので、最初はそれを書こうかと
考えてたんですが、どうしても長くなってしまうので、
別の話題を選ばせていただきました。

さて、世界の神話には「悪神」が登場するものがあります。
悪神は、邪神、魔神などとも言われ、これが強力な場合、
「善悪二元論型」の神話になります。代表的なのが、
古代ペルシアに起こったゾロアスター教で、善神アフラ・マツダに
対する悪神アンラ・マンユ(アーリマン)がいます。

善悪二元論型の神話・宗教では、最終戦争が想定されている
ことが多いですね。北欧神話では、終末の日ラグナロクが
ストーリーに織り込まれており、神々は最終戦争で巨人族と
相打ちになり、世界は火につつまれて破滅します。

素戔嗚命
xxxx (7)

ただ、悪神という言い方は、キリスト教の広まりとともに
廃れました。この意味はおわかりですね。
キリスト教では神は一人だけであり、神に敵対するのは、
悪魔です。他の宗教の神たちも悪魔に格下げされてしまいました。
キリスト教には、ハルマゲドンという最終戦争の教義があります。

日本神話はどうでしょう。記紀を読んでも、絶対悪というべき
存在の神は出てきませんよね。神々は気まぐれであり、
ときにイタズラ心を起こして世界を混乱させたりします。
その代表が三貴神の一人スサノオで、乱暴を働いて姉の
アマテラスを怒らせ、岩戸に隠れられてしまいます。

北欧神話の最終戦争 ラグナロク
xxxx (8)

このような存在を、比較神話学ではトリック・スターと言い、
物語の中で神界や自然界の秩序を破ることで、ストーリーを
先に進めていきます。ギリシア神話のオデュッセウスや
北欧神話のロキなんかもそうですね。

復古神道では、神は和御魂(にぎみたま)と荒御魂(あらみたま)が
あると説明され、荒御魂は神の荒々しい側面、荒ぶる魂で、
これに対し、和御魂は神の優しく平和的な側面を表します。
同じ神なのに、まるで別人格のようになってしまい、
別の名前が与えられてることもあります。

有名なのが、オオクニヌシの和御魂であるコトシロヌシで、
オオクニヌシが出雲大社、コトシロヌシが奈良の大神神社に
祀られています。あれ、悪神についての一般論を書いているうちに
ここまで来てしまいました。四凶の説明に移りますね。

混沌
xxxx (3)

中国神話では、善神と悪神の対立というはっきりした概念はない
ように思います。世界が始まったときにさまざまな神が生まれ、
その中で人間に害を与えるものがよくない神とされます。
そのうちの代表的な4つの神が「四凶 しきょう」ですが、
この他に「四罪 しざい」というのもいます。

四凶の最初は「混沌」、毛の長い巨大な犬のような姿をしてますが、
目はあっても見えず、耳もあるが聞こえない。脚はあるが、
いつも自分の尻尾を咥えてグルグル回っている。羽を持って描かれる
場合もありますが、飛べません。ほとんど何の役にも立たないような
神で、世界にはこれと似たイメージがけっこうあります。

饕餮
xxxx (1)

ギリシア神話にはカオスという神がいて、いつも大口を開け、その中は
何もない空間で、無限を象徴しているとされます。これは創作の話ですが、
クトゥルー神話のナイアーラトテップ(ニャルラトホテプ)も
顔なき盲目の混沌の神で、近づいた者は破滅します。

2番めは「饕餮 とうてつ」、牛または羊の体を持ち、体には毛が多く、
貪欲で人間を食べるとも言われます。黄帝と戦った牛の神
蚩尤(しゆう)と混同されることもあります。下の画像は、
「饕餮文 とうてつもん」が入った青銅器で、
所有者である王の威厳を表します。

青銅器の饕餮文 中央の2本角のある牛の顔のような部分
xxxx (4)

3番めは「窮奇 きゅうき」で、牛の体にハリネズミの棘を持っています。
邽山(けいざん)という山に住み、犬のような鳴き声をあげ、
やはり人間を食べるとされますが、別書では虎の体と出てきます。
人間の言葉を理解し、人間が争っているときには、正しいほうの
人を食べると言われる、よくわからない神です。

4番めが「檮杌 とうこつ」。虎の体に人間の頭がついていて、
猪のような長い牙と、長い尻尾を持ち、 尊大な性格で、荒野の中を
好き勝手に暴れ回っています。西方に棲むとも言われますので、
中国では珍しい、実在する猛獣なのかもしれません。

窮奇 大型のヤマアラシ?
xxxx (5)

さてさて、ということで、四凶について見てきました。
中国とは基本的に中原(中華文化の発祥地である黄河中下流域
にある平原)を含みます。それ以外は、古代においては異民族の地で、
そこで信じられていた神が四凶になったと考えられ、

饕餮はおそらく、揚子江下流域で信じられていた神ではないかと
推測されています。もう一つ、広大な中国大陸で、
見たことのない獣や旅中に害をなす猛獣に対する恐れも
あるのかと思いますね。では、今回はこのへんで。

檮杌 サーベルタイガーのようです
xxxx (6)





パイドパイパー伝説

2020.02.29 (Sat)
アーカイブ



今日は少し趣向を変えて、西洋のお話です。ヨーロッパの古代から
中世にかけては、伝説なのか史実なのか、どちらとも定めがたい話が
多く残っています。これは日本でもそうだと思われるでしょうが、
向こうは多民族で土地も広大であり、国境を超えた移動や支配層の変化、
宗教的価値観の変容などのスケールが島国の日本とは違っていて、
追っていくのがかなり大変なんです。

さて、The pied piper というのは英語で「まだらの服を着た笛吹き」
ということです。まだらの服というのはピエロが着る服のことでしょうか?
そういうイメージで描かれた挿絵が多いようです。
本来これはドイツの話で、『グリム童話』でも取り上げられています。

「ハーメルンの笛吹き」といったほうが有名でしょう。
ハーメルンはドイツの町で、ざっと歴史を見ましたが、
キリスト教の影響下に中世に建設されているようです。
さて、ハーメルンの笛吹き伝説はご存知でしょうが、だいたいこんな話です。

『町でネズミが増え、その害に苦しんでいたところ、まだら服を着た男が現れて、
市長に駆除を持ちかけた。男は笛を吹きながら町を練り歩き、
するとたくさんのネズミが現れて男の後についていき、川に導かれて溺れ死んだ。
男が報酬を要求すると、市長は言をひるがえして金を出し渋った。

男は1284年6月26日に再び現れ、町の大人が教会に行っている間に、
通りを笛を吹いて歩き、その後を今度は町の子供たちがついていった。
男は子どもたちを洞窟に入れ、そのまま蓋をしてしまったので、
再び親元に帰ることはなかった。』


この話で特異なのは、事件が起きた年月日が明確に記されていることです。
民話や童話というのは、その出来事が「いつ」起きたかということが
ボカされているのが普通で、そうでない場合、
やはり何かの事件・事故が、実際に起きている可能性が高そうです。



これは、1300年頃にハーメルンのマルクト教会に設置されていた、
ステンドグラスに書かれた文章が元になっているためで、
このステンドグラスは1660年に破壊されてしまったんですが、
その内容に言及した書物は多数残っています。

『1284年、聖ヨハネとパウロの記念日6月の26日 
色とりどりの衣装で着飾った笛吹き男に
130人のハーメルン生まれの子供らが誘い出され、
コッペンの近くの処刑の場所でいなくなった』

コッペンというのは「丘」を表すドイツ語で、
ハーメルン市の郊外と考えられますが、場所は特定できません。
この文章を読んで考えることは、まず「聖ヨハネとパウロの記念日」という語ですね。
この2人は4世紀頃にローマで殉教したキリスト教の聖人で、
話はキリスト教に関係があるのかもしれません。

それと、大人の多くが教会に行っていて、
子どもだけが町に取り残されていたというのは、ありそうな気もします。
「処刑の場所」という語から、子どもたちの死が連想されます。
あと、「ネズミ」について言及がないのに気づかれた方もおられるでしょう。

ネズミのことが話につけ加えられたのは16世紀末頃で、
それ以前の記録には登場しません。ですから、ネズミについての考察は、
とっぱらってしまってもいいような気がします。ヨーロッパでネズミといえば、
自分なんかは怖ろしいペストを思い浮かべてしまいます。

実際、「ペスト(やそのたぐいの伝染病)から子どもらを守るため、
離れた場所に隔離した」というような説もあるんですが、
1284年はヨーロッパのペスト大流行以前なので、
これは考慮しなくていいように思います。

ヨーロッパでのペストの蔓延はこの伝説ができた後のこと


それと、「子ども」がどのような年齢層を指しているのか、も疑問です。
童話ではかなり年齢層の低い、幼児や小学生の話として描かれていて、
そのイメージが強いのですが、もしかしたら「子ども」は比喩で、
若い世代という意味なのかもしれません。

「少年十字軍」という話があります。『フランスやドイツにおいて、
神の啓示を受けたとする少年エティエンヌの呼びかけにより、少年・少女が
中心となって結成された数千から数万と考えられる十字軍。1212年の
フランスの少年十字軍では、少年少女が十字軍として聖地奪還に向かう途中、
船を斡旋した商人の陰謀により、アレクサンドリアで奴隷として売り飛ばされた。』


少年十字軍


これだけ読めばセンセーショナルな話なのですが、現在の考察では、
少年もいたものの、大人も多く混じっていた民衆十字軍と考えられることが多いです。
後世にこれを記録した者が、少年少女が中心の話にしたほうが
感動的であると考え、その形で広まっていったわけです。ですから、
ここで書かれている「子ども」も、青年層という意味なのかもしれませんね。

この話の解釈として、代表的な説をあげてくと、
まずは事故説です。子どもらだけで何かの活動をしていたとき、
事故に巻き込まれてしまったということですね。ヴェーザー川で溺死したとする説、
土砂崩れにより死亡したとする説などがあります。

「洞窟に閉じ込められた」という童話の部分から、これもありそうな
気はしますが、それにしても130人という犠牲者の数は多いです。
それと、不幸な出来事ではあるものの、純然たる事故なら加害者はいないはずで、
個人の不名誉や高位の者に対するはばかりがないのならば、
なぜ顛末がもっと詳しく記されなかったのだろう、とも思います。

次は、笛吹き男は精神異常の小児性愛者で、子どもらはその犠牲になったとする説。
これも、130人という人数は、一人の人間の(あるいはグループだったとしても)
犠牲者としては多いような気がします。まあ確かに、
フランス15世紀のジル・ド・レイは、黒魔術的儀式と小児性愛のため、
150~1500人という数の犠牲者を出しています。

多数の領地の少年を殺害し「青ひげ伝説」を残したジル・ド・レイ
タイトルなしsd

関連記事 『彼方からの声』

しかし、ジル・ド・レイの頃とは領主権の強さも違っていたと考えられますし、
もし笛吹き男がそのような極悪犯罪者であったのならば、
そっちのほうがもっと怖ろしい伝説として残るような気がしますね。
ジル・ド・レイの青ひげ伝説のようにです。ところが、笛吹き男の場合は、
極悪人という書き方にはなっていません。

次は、何らかの巡礼行為か軍事行動、あるいは新規の少年十字軍運動に、
子どもらが自分の意志で加わったとする説。しかし十字軍的なものであったのなら、
もっと周囲の町を巻き込んでいたでしょうし、
遠征した先の記録に残っていそうなものです。

次は移民説で、これはかなり現実的な解釈で、定説と言ってよいと思います。
青年たちが、東ヨーロッパの植民地で彼ら自身の村を創建するために、
自らの意思で両親とハーメルン市を見捨てて去ったという内容です。
ハーメルンと東ヨーロッパ植民地には類似対応する地名があり、信憑性が高いです。

この当時のドイツはおそらく長子相続で、
次男三男以下は農奴のような扱いを受けていたと考えられ、
故郷を捨てて希望の第一歩を踏み出した、という解釈は妥当である気がしますね。
14世紀のペスト大流行以前の、人口が増えていた頃の話ですから。

Wikiの記述に、
『ハーメルンの旧家の壁から発見された文章の述べるところによれば、
1284年7月26日に、笛吹き男が130人の子供を街の外へ連れ去り、
おそらくはその笛吹き男はモラヴィア(現在のチェコ共和国の一地方)
への植民運動を組織していたオロモウツ(チェコの都市)の司教、
ブルーノ・フォン・シャウンブルクの代理人であったという。』
と出てきます。

原資料にはあたれませんが、いかにもありそうな話ではあります。
パイパーは移民の斡旋人、世話役のような人物であったのかもしれません。
ただ、移民が強制的なものではないのなら、一度きりではなく、
何次にもわたる流れがあったと考えるほうが自然で、このあたりのことは、
調べれば近隣の都市からも、まだ資料が出てくる可能性が高いと思われます。

パイパーのまだらの服というのは、もしかしたら移民斡旋に来た
高位のキリスト教司祭の装束だったのかもしれません。
最後は、超自然的事件説・・・悪魔などに連れ去られたというものですが、
オカルトブログですので、これも加えておきましょう。

さてさて、現在のハーメルンは、この「笛吹き男」の話で国際的に有名で、
市には「舞楽禁制通り」というのがあるそうです。
笛吹き男に連れられた子どもたちが歩いていった道というわけですね。
お土産の、ネズミを模った堅焼きパンも有名です。

ハーメルン名物、ネズミのパン 固そうです







アナベルとウォーレン夫妻

2020.02.28 (Fri)
ddff (1)
映画のアナベル人形

今回はこういうお題でいきます。純オカルトな内容です。
ホラー映画好きの方ならご存知だと思いますが、アナベルとは、
2014年のアメリカ映画『アナベル 死霊館の人形』に
登場する呪いの人形です。この映画は「死霊館シリーズ」という
連作の中の一つで、全部で7,8作くらい出てたと思います。

で、このアナベル、アメリカでは有名な超常現象研究家、
ウォーレン夫妻が取り扱ったオカルト事件に関連した
コレクションの一つで、米国コネチカット州にある
ウォーレン・オカルト博物館に収められており、

自分はここ、行ったことがあるんですが、この人形は、
ガラスケースの中に悪魔のタロットカードとともに入っていて、
前に行くとライトがつき、賛美歌のような音楽が鳴る
仕掛けになっていました。でも、後で述べますが、
本物は映画に出てくる人形とはまったく違ったものです。

ウォーレン夫妻
ddff (2)

さて、ウォーレン夫妻は1970年代を中心に活躍し、
英米の高名な霊障事件、エンフィールド事件、
アミティビル事件、ペロン一家事件(最初に映画になった
2013年の『死霊館』の事件)などに関わったとされます。

エンフィールド事件は有名ですよね。1977年、イギリス、
ミドルセックス州のエンフィールドで起きたポルターガイストに
関する事件なんですが、詳しく書いているとそれだけで
終わってしまうので、今回は割愛させてください。

ウォーレン・オカルト博物館
ddff (6)

ウォーレン夫妻はアメリカでは知らない人がいないくらいの
有名人だったんですが、日本への紹介は遅れました。
まあ、そういうケースはけっこうあります。映画のシリーズが
始まった2013年には、夫のエド・ウォーレンはすでに
亡くなっていました。(2006年 79歳没)

また、妻のロレイン・ウォーレンも、昨年2019年の4月に
92歳で亡くなっています。この夫妻の活動が特異だったのは、
夫婦で分業して超常現象の解決にあたっていたことで、
夫のエドは悪魔関係、妻のロレインは心霊(スピリチュアル)を
担当していました。これ、珍しいことなんです。

オカルト博物館の展示物 日本の姫だるまもあります
ddff (8)

当ブログで何度も書いているように、悪魔と心霊は相容れない
概念です。悪魔はキリスト教の神の対抗者、それに対し、
霊媒師はキリスト教の影響がダーウインの進化論によって衰えた
ことで出てきた心霊主義の産物です。このあたりのことは
日本人にはよくわからないんですよね。

2007年の映画『パラノーマル・アクティビティ』では、
超常現象に悩むカップルが、最初に心霊の専門家に調査を
依頼するものの、その人に「これは悪魔の仕業だから、
そっちの専門家を呼んでくれ」と依頼を断られてしまいます。

ddff (5)

この点、ウォーレン夫妻は、夫のエドが、カトリック教会が
唯一公認した非聖職者の悪魔研究家、妻のロレインは
透視や霊視を行う霊媒師(ミディアム)ということで、
どんなタイプの事件にも対応することができたんです。

さて、本物のアナベルは下の画像です。ずいぶん映画とは違いますね。
映画のアナベルが木製のアンティーク関節人形なのに対し、
これは布製で髪が毛糸です。かわいいと言えばかわいいですが、
なんかもっさりした感じがします。自分もよくはわからないですが、
これ、ラガディアン人形と言って、

実際のアナベル
ddff (4)

ジョニー・グルエル原作の絵本のシリーズに登場するキャラクターを
抱き人形にしたもので、アメリカではポピュラーです。
アンとアンディの姉弟が人形化されていて、これは姉の
ラガディ・アンです。ですから、映画とは違って、同じものが
他にもたくさんあるんです。

さて、ウォーレン夫妻がかかわった実際の事件は、1970年。              
大学生のドナという女性が、誕生日に母親からヴィンテージの
ラガディ・アン人形をプレゼントされます。当時、ドナは
アンジーというルームメイトと小さなアパートに住んでおり、
その部屋には男友達のルーもよく訪れていました。

そこで超常現象が起きます。まず人形の置き場所が勝手に移動する。
なぜか昔の羊皮紙に書かれたメッセージが部屋の中に現れる。
3人が霊媒師のところに相談に行くと、人形には7歳で死んだ
アナベル・ヒギンズという少女の霊がとり憑いていると言われます。
その少女に同情したドナは、人形を処分しないことにします。

ラガディアン人形 やはりあんまりかわいい感じではないですね
ddff (3)

ところが、超常現象はさらにエスカレートし、ルーは毎晩、
人形がベッドに這い上がってきて首を絞める夢を見るようになり、
ついには胸に7つの爪痕をつけられることになります。ここで
3人はウォーレン夫妻に依頼。人形には少女の霊ではなく、
じつは悪魔が入っていると判明し、エドが悪魔祓いを実行します。

さてさて、この話、もちろんウォーレン夫妻が書いた内容ですので、
どこまで本当かはわかりません。こうして人形はオカルト博物館に
持ち込まれ、鍵つきのケースに封印されます。その後、
博物館を訪れた若い男性が、警告を無視して人形のケースを叩き、
その帰りにバイクで立木に衝突し、即死したという話もありますね。
では、今回はこのへんで。

若い日のウォーレン夫妻と博物館 ブードゥー教関連のものも多い
ddff (7)





大地の歌の話

2020.02.27 (Thu)
みなさん、今晩は。〇〇市のある神社で神主職をしております、
戸澤と申します。どうぞよろしくお願いします。
私が務めております御社は、けして大きいところではありません。
いちおう社務所はありますが、そこに宿泊はできず、
御守の類をわずかに置いてあるだけです。
参拝者は、その付近に住む信心深いお年寄りが多く、
日に十数名といったところでしょうか。はい、私には本業がありまして、
それとは別に、いくつかの小さな御社を掛け持ちしてお世話をさせて
いただいてるんです。御祭神などは、ここでは言わずにおきます。
そこの御社の特徴としては、神域の杜が深いことです。
杉の木を中心に、モチノキ、コナラ、ナギなどの常緑樹です。

これらは神社の創建当初に植えたものです。それで、
御社の裏に小さな山がありまして、神域の杜はそれとつながって
いるんですが、もちろん山には落葉樹の雑木が多く、植生は異なります。
あれは2週間ほど前のことです。この杜に異変が起こりまして。
最初は、みずえさんという方が発見しまして、私の自宅に
電話をよこされました。その内容が「神社の杜が変だよ。
 みな葉が黒くなっていて、まるで木々が怒っているようだ」と。
聞いたときには戸惑いました。木々が怒る? 私の家は、祖父の代から
その地域で神職を務めさせていただいてましたが、
一度もそんなことは聞いたことがありません。ですが、この
みずえさんは、それは信心深い方で、でまかせを言うとも考えられない。

さっそくね、見に行ってみました。そしたら、言うとおり杜の様子が
おかしかったんです。まず、中に入ると冷え冷えとする。
それはもちろん、高い木々の下なので日光があたらず、他の場所より
気温は低いんですが、6月なのに冷蔵庫の中にいるようでした。
「いつからこうなのだろう」つい2日前に見回ったときはなんとも
なかったはず・・・それと、たしかに木の葉が黒いんです。
常緑樹の葉の重なりが真っ黒に見えました。いや、実際に黒くなってる
わけではないんです。下のほうの葉を数枚取らせていただいて、
参道の日のあたるとこで見ましたら、通常の葉の色でした。
ただ、杜の中に入ってみると全体として黒い。
それと、木の肌に触れてみましたら、やはり冷やりとして・・・

怒りの感情が伝わってきたんです。これは只事ではないと考えました。
御神木が怒っているということは、神様が怒っているのと同じですから。
それで、近辺の神職に手伝いを頼んで、時期ではなかったんですが、
大きな御祭事をもよおしたんですが・・・何から何までうまくいきませんでした。
不具合の連続で、私は正しく唱えなければならない祝詞を間違えて、
やり直させていただいたり・・・ですが、原因はわからず変化もなかったんです。
それからずっと、御社の上を黒い雲が覆っているような心持ちで。
2日後です、また妙なことがありました。やはり近所に住んでいる年配の
女性で吉田さんという方がいて、早朝から境内を掃いたりしてくださって
るんですが、私が神社に行ってみると、参道から少し外れた杜のとば口で、
真っ青な顔をして上を見上げていたんです。

「どうしましたか」聞くと、「今そこの杉の木の上に人がいたよ。
 顔があった」って。まさかと思いました。杉の木は下枝がなく、
人が登るのは難しいし、かなりの高さなんです。「え、どんな顔でした?」
「あれな・・・妙子さんだよ」 「そんな」私は絶句してしまいました。
妙子さんというのも近所の高齢の女性で、吉田さんとは仲が良かったんですが、
このところ認知症が進んで徘徊するようになり、家族も困っていたところ、
1週間前の夜中にふいと家を出て、そのまま行方不明になってたんです。
いや、杖をついて歩くのが精一杯でしたので、木の上に登るなんて
ありえません。「本当に妙子さんでした?」 「そうだ・・・と思ったけど、
 真っ赤な鬼みたいな顔をしてた。生きてはいないのかもしれない」
これを聞いてぞっと怖くなったんです。

そのときから、なるべく杜に入って木の上を見るようにしてました。
そしたら、夕刻ころ、梢のかなり高いところを何かが飛び移ってる
影が見えた気がしたんです。猿ではありません。このあたりでニホンザルは
見ないし、暗くなってましたが、それ、真っ赤な色に思えたんです。
赤い動物なんていませんよね。杜の雰囲気も相変わらず悪く、
モチノキに枯れが出てきました。「これは私の手には負えない」そう考え、
県の一の宮で宮司をされている方に来てもらったんです。
私の大学の先輩です。先輩は、鳥居をくぐって参道に入るなり、
「いかんなあ」とつぶやき、それから私の顔を見据えて、
「お前は何をやっていたのだ」と強く言われたんです。
「申しわけありません」 「神域全体が気枯れしておる。

 一番に御祭神様が怒っておられるのだ」 「どうすれば?」
先輩はそれには答えず、2人で杜に入り、先輩は手近にあった御神木の
一本に手のひらを当てました。はい、ただ触れているだけなのに、
ザンザンザンと太い木が揺れ、急に高い梢から赤いものが逆さまに
ぶら下がりました。その真っ赤になった顔・・・妙子さんだと思いましたが、
もうすでに人間の表情はしておりませんでした。
「おあああ」妙子さんだったものは、苦しげな声を発すると、
煙のようにかき消えたんです。「・・・・」先輩が、
「私は県警のほうに知り合いが何人かいるから、裏の小山を捜索して
 もらおう」静かにこう言いました。翌日から、裏の山に警官が入りました。
マスコミなどには知らせない内密の捜索でした。

はい、妙子さんが見つかったんです。登山路からやや離れた崖下の
腐葉土に浅く埋められた状態で。死後1週間経過し、夏場ですので腐敗が
進んでいました。死因は全身の強打、警察の見立てでは、おそらく大型車に
はねられたため。運転手は通報せず、妙子さんの遺体をここまで
運んで埋めたってことです。死体遺棄事件として捜査が始まりましたが、
近くを通る国道は夜間に多数のトラックが通っており、
難渋が予想されました。先輩は、「まあ、ひき逃げのほうは警察に
 まかせるとして、御神域をなんとかせねばいかんな」
「御祭事は行ったのですが」 「まったく力が足りなかったようだが、
 私にいい考えがある」 「なんと?」 「〇〇市にミッション系の高校が
 あるだろう。理事長につてがあるから、合唱部の生徒に来てもらおう」

その高校の合唱部が全国コンクールで好成績をあげたニュースは地元紙に
出ていました。「ですが、ミッション系というからにはキリスト教ですよ」
先輩は私の顔をしっかり見据え「まだお前にはわからないだろうが、
 そういう系統などといったことは、死者にはあまり関係がない。
 ここの木たちにもな。よい歌を聞かせるのだよ」こうおっしゃったんです。
私のほうでバスを頼み、はじめに合唱部の顧問の先生、それから生徒たち
15人ほどが降りてきました。全員が女子でした。生徒たちはさっそく、
神域の杜の広くなったところで2列横隊をつくり、
伴奏はありませんでしたが、顧問の先生の指揮で静かに歌い始めました。
「母なる大地の ふところに 我ら人の子の 喜びはある 大地を愛せよ 
 大地に生きる 人の子ら 人の子ら その立つ土に感謝せよ・・・」

「これは?」小声で私が聞くと、先輩は「本来は混声合唱なのだが、
 主旋律だけを歌ってもらっている。さすがに賛美歌というわけには
 いかんから」と。ザワと木々の高いところを風が通りすぎたようでした。
そうして、少しずつ杜の木々から黒い色が抜けていったのです。
「恩寵の豊かな 豊かな大地よ 褒めよ 讃えよ 讃えよ土を・・・」
歌い終わると雰囲気は一変していました。私は、事情を知らされていない
生徒さんたちに礼を述べて甘酒を振るまいましたが、歌っていたときの
厳かな顔はもうなく、どこにでもいる若い娘さんたちでした。
これでだいたいの話は終わりです。それから2日して、ひき逃げ犯が
かなり離れた県の、会社の車庫で首を吊っているのが遺書とともに
見つかったんです。それ以後、異変は起きておりません。






「道タオ」って何?

2020.02.27 (Thu)
アーカイブ229
ztn (2)

今回はこういう大それたお題でいきます。これについては、自分も
よくわかってるわけではないので、おそらく、中国哲学をガチで
研究してる方から見れば、噴飯ものの内容じゃないかと思います。
ですから、この記事はスルーされるか、読まれるにしても
眉に唾をつけてお願いしたいところです。

さて、「道」は、道家の思想の中心をなす概念です。道家は、
老子と莊子の思想を信奉する人々の集まりで、
魏晋南北朝時代に隆盛しました。また、このころにできた
教団道教も、その中心に老莊の思想を置いています。

ztn (1)

では、思想の大もとになった老子とはどういう人物なのか、
これについては中国でも歴史的に大きな議論があります。
生没年や詳しい生涯はまったく不明で、現在の中国社会科学院でも、
実在説と非実在説の両論が唱えられているんです。

また、老子が生きた時代もはっきりしません。大ざっぱに言って、
儒家の始祖である孔子よりも前の時代の人物、同時代の人物、
孔子以後の人物と3つの説があるかと思います。なぜこれほどわからない
かというと、老子について、ある程度まとまった記述が出てくるのは、
前1世紀ころに書かれた司馬遷の『史記』ですが、

分量が少ない上に、内容に矛盾が見られるためです。『史記』によると、
老子の姓は「李」で、周王朝の小役人を務めていたが、
周に衰退のきざしが見られると、職を持して故郷へ帰ろうとした。
そのとき、関所の役人に『老子道徳経』という上下2巻の自著を
与えて去っていったとあります。

ztn (4)

『老子道徳経』は実在する書物で、中国の戦国時代の墳墓から、
これが書かれた竹簡が出土していますので、少なくとも前漢以前に
さかのぼる古いものであることは間違いありません。
前述した『史記』には、「孔子が老子を訪ね、礼について教えを乞うた」
という記述があり、孔子と同時代人とも考えられます。

後世、儒教は中国の歴代の国で国教化されていましたので、
儒家はこれを屈辱的として、老子と孔子は同時代人ではないなど、
いろいろな形で否定しようとしました。ということで、老子について
論じようとしても資料が少なく、わからない、わからないの
連続になってしまうんです。

「竹林の七賢人」
ztn (5)

さて、主題にもどって「道 タオ」とは何か? これは幅広い概念で、
老子自身は、「名づけることはできないのだが、仮に道としておく」
と述べています。現代では、宇宙自然の普遍的法則や根元的実在など、
やはり広い意味で解釈されることが多いですね。老荘思想は
近代になって西欧社会に広まり、多くの西洋人を惹きつけました。

「道」を実践するための方法が「無為自然」です。自然の法則に
逆らわず、自分から積極的に行動しない、高みをめざさないことが
よいされました。それをよく表しているのが、「上善は水のごとし」
という言葉で、水はけっして高いところには流れない。低い場所へと
地形にしたがって進んでいき、途中に障害物があってもよけて通る。

これは人間で言えば、社会の中で成功をめざさないと考えることが
できるかもしれません。地位や名誉、財産は、いくらあっても、
もっとほしいという欲が出てきりがない。ならば、最初からそれとは
かかわらない生き方をしようということです。世を捨て、山中や
竹林に入って庵を結び、簡素な生活を送るのが理想とされました。

老子と牛はセットになっています
ztn (3)

道家は一つには、儒家のアンチテーゼとなっています。儒家の思想は
「徳治主義」。つまり、天命を受けた皇帝や王は、徳をもって
人民を治めなくてはならない、帝王の徳が高ければ、
それが人民にも伝わって理想的な国家になるというような論理です。

これに対し、『老子道徳経』に描写される理想の国は、権力のない、
ほとんど村規模の牧歌的な小国です。隣の国とは犬の吠える声が聞こえる
ほどの近さで、船や車、武器や甲冑も必要ない。食料、衣服、住居は
すべて自給自足で、何か物事を伝達するには縄の結び目程度があればよく、
文字さえも必要ない・・・こんな感じなんです。

中央が太上老君(老子)
ztn (7)

さて、老子の思想と道教はどう違うのか。3世紀ころ、中国に古くからある
神仙思想をもとに成立した道教では、老子は「太上老君」という最高神の
一人になっており、崑崙山に住み、『抱朴子』などによれば、
口がカラスのクチバシ、耳の長さは7寸(18cmほど)、額に縦じわが
3本あり、牛に乗った姿で表されることが多いですね。

道教では、内丹術、外丹術を修めて最終的には不老不死の仙人に
なることが究極の目的であり、道であるとされましたが、老子が
そういうことを言ったり、書物に書いているわけではありません。
道教の権威づけに、老子の思想が利用された面があると思います。

仙人のイメージ
ztn (6)

さてさて、ここまで老子の思想、「道」についてみてきましたが、
何も言ってないようなもんですね。やっぱり書かないほうがよかったのかも
しれません。現代の中国は、文化革命以後、宗教をふくむ古来の価値観が
否定され、精神世界が空洞のまま、他人を蹴落としてのし上がろう、
何をやってでも儲けようとする拝金主義の世の中になっています。

しかし、いくら高みをめざしても、万人がすべて成功するわけはなく、
必ず多くの挫折があります。そういうときに、ふとふり返ると老荘思想が
あるんですね。必ずしも社会的成功だけが幸福な人生ではないと。
これは現代の日本にもつうじる面があるのかもしれません。
では、今回はこのへんで。

関連記事 『中国の幽霊』

ztn (8)






銃器のオカルト

2020.02.26 (Wed)
ccc (1)
ラスベガス銃乱射事件

今回はこういうお題でいきますが、以前にアメリカの
ウインチェスター・ミステリーハウスのことは詳しく書いてるので、
内容がかぶらないようにしたいと思います。うーん、あんまり
オカルトな話にはなりそうもないですね。なぜかというと、
現代の日本は、世界で最も銃とは縁遠い国の一つだからです。

関連記事 『アメリカオカルト裏観光2』

みなさんのまわりに、銃を所持してる人はいませんよね。
まあ、中には、狩猟免許を取っているという方がおられるかも
しれませんが、その多くは殺傷力の低い散弾銃でしょう。
ライフル銃は、散弾銃の所持許可を受けてから10年以上
たたないと免許が下りないんです。

あと、拳銃は日本では警察官など以外は所持不能です。
ただ、これは現代の話で、秀吉の朝鮮出兵があった頃は、
戦国時代を経ている日本は、世界でも有数の鉄砲所有数でしたし、
撃ち方に慣れた兵士も多かったんですよね。

ccc (6)

それが、徳川250年の平和があり、鉄砲は厳しく統制され、
江戸の庶民が銃器を持つのは無理でした。幕末になって拳銃が
少数日本にも入ってくるようになり、坂本竜馬が所持していて、
寺田屋事件のときに幕府の捕方2名を射殺したのは有名です。

ですから、呪われた刀といった話はたくさんあるんですが、
日本では呪いの銃というのは聞いたことがありません。
まあこれは、接近戦で斬り倒す刀と、離れた距離から撃つ
銃との違いということもあるかもしれません。

戦国時代 日本は世界最大の銃保有国
ccc (5)

アメリカの話をしましょうか。アメリカは銃社会と言われ、
人口よりも多い数億丁の銃があると見られています。
毎月のように銃乱射事件が起き、1982年以降に起きた
銃乱射事件の死者は1000人近くになっています。

記憶に新しいところでは、2017年にラスベガスで起きた
銃乱射事件で、カジノホテルの32階から、犯人は
カントリー・ミュージックフェスティバル会場に向け、
自動式の銃を数千発発砲、58人が死亡、546人が負傷。
犯人は、警官隊の突入前に自殺したとみられています。

銃をかまえるマタギ
ccc (3)

怖いですよね。いつ自分が銃乱射の犠牲者になるかわからない
わけで、オカルトよりはるかに現実的な恐怖です。
では、なぜアメリカで銃規制が進まないのか。全米ライフル教会の
ロビー活動のせいだなどとも言われますが、最大の原因は
合衆国憲法が国民の銃所持の権利を認めているからでしょう。

合衆国憲法修正第2条に、「規律ある民兵は自由な国家の
安全保障にとって必要であるため、国民が武器を保持する
権利は侵してはならない」とあり、「規律ある民兵」の部分は
個人を表していると解されています。

これはアメリカ建国時の歴史からきたもので、イギリスの圧政から
血を流して独立した、独裁政権からの革命権と考えられます。
まあねえ、現代のアメリカ政府は核ミサイルを持っているので、
民衆の革命で倒せるようなものではないんですが、
その当時の精神だけは残っているということなんでしょう。

この映画の犠牲者がもし銃を持っていたら?
ccc (4)

この他にも、銃を規制しても、以前からある銃をすべてなくすことは
できないから犯罪者が有利になるだけとか、体格に劣る者や
女性でも、銃があれば相手と対等に戦えるからとか、広い敷地を
持つ農場地帯などでは、警察が駆けつけるのに時間がかかり、
自衛手段としての銃が必要だから、などの意見があります。

自分はアメリカの田舎に住んでいたことがあるので、最後の意見は
わかります。隣の家まで1kmもあるなんて場所も珍しくもなく、
映画『悪魔のいけにえ』のモデルになったとされる「エド・ゲイン事件」
のようなことがあっても、なかなか発覚しないんです。

「総統の黄金銃」
ccc (2)

あと、銃規制反対派の意見として、「銃が人を殺すのではなく、人が
人を殺すのだ」というものがあり、たしかに、銃所持率が高い
カナダやスイスでの銃犯罪はアメリカのように多くはないんです。
ただ、これには、社会背景として国民の貧富の差が関係してるでしょうし、
アメリカの貧富の差は拡大する一方なんです。

あ、社会ブログみたいな内容になってしまいました。歴史上の
有名な銃として、まずあげあられるのが、「総統の黄金銃」と
呼ばれるA・H(アドルフ・ヒトラー)のイニシャルが入った拳銃、
7.65mmワルサーPPでしょう。長い間、ヒトラーの自殺時に使われたと
考えられていましたが、どうやらそうではないようです。

「リンカーン・キラー」単発銃です
ccc (7)

この銃、オークションで1千万円以上の値がつき、所有者は何度か
変わっているようです。次に有名なのが、リンカーン暗殺に使われた
「リンカーン・キラー」。画像で見るとおり、小さい護身用の
6インチデリンジャーです。

さてさて、犯人のジョン・ウィルクス・ブースはこの銃を
25ドルで買ったとされ、犯行現場であるフォード劇場に今も展示
されています。この暗殺の直前、リンカーンは自分のドッペルゲンガーを
見たという話が伝わっていますね。ああ、やっと最後で
オカルト話になりました。では、今回はこのへんで。

ccc (1)






汚物のオカルト

2020.02.25 (Tue)
ccccc (1)
『キャリー』

今回はこういうお題でいきます。汚物ですが、これ、けっこう
オカルトと関係が深いものなんですが、wikipediaで検索したら、
この項目自体がありませんでした。weblio辞書でも、
「きたないもの。特に排泄物」たったこれだけしか書いてません。

まあそうですよねえ。積極的にこれについて論じる人は
あんまりいないでしょう。自分は、汚物は大きく2種類に分けられる
かなと思っています。一つは、上で出てきたような排泄物。
もう一つは血や内臓の類ですね。生ゴミなんかもこっちに入るかな。

ホラーによく登場する下水道
ccccc (8)

あとは、汚物とは言えないでしょうが、仏教のほうでは
生臭物という言葉があって、魚をふくむ獣肉のことです。
仏教の重要な教えである殺生戒から、僧侶は獣肉を口にすることは
禁じられていました。それと、禅宗の場合、寺の門の脇に戒壇石と
いう石塔があり「葷酒 山門に入いるを許さず」と刻まれています。

酒はもちろん酒ですが、葷(くん)はネギ、ニラ、ニンニク、
ラッキョウなどの臭いの強い野菜のことです。
これらを飲食した者は寺には入れない。まあ、葷菜は
精力がつくとも言われますので、臭いの他にも僧侶の修行の
妨げになったのは間違いないと思われます。

でもこれ、現代では守られてないですよねえ。ネギのたっぷり
入った蕎麦を食べた人や、タマネギ入りのカレーライスを食べた人も
ふつうにお寺に入っていますよね。そもそも、法事の際には
お坊さんにもお酒や肉の入った料理を出しますしね。

「葷酒山門に入るを許さず」
ccccc (7)

自分はどうなのかなあと思います。昔の僧侶が民衆に
尊敬されたのは、一つは学問・知識によりますが、
もう一つは、その禁欲的な生活にあったと思うんですよね。
それが一般人と同じ生活をしているなら、ありがたみがありません。

さて、生臭物は「精進を破る」ことになります。中国の道教では、
何かの術をなすには精進潔斎をしなくてはなりません。
例えば、紙で虎などの動物を切り抜いて敵の陣中に投げ込めば、
敵兵には本物の猛獣に見えて大混乱を招くなんて話がありますが、

風を吹かす諸葛孔明
ccccc (6)

それを破るために、手桶に糞尿を用意しておいて柄杓でかける。
そうすると術が解け、猛獣はもとの紙に戻ってしまう。
ですから『三国志演義』の赤壁の戦いで、諸葛孔明は戒壇を築いて
祈り、東南の風を吹かせたという話がありますが、あれも、
孔明の頭からじゃーと汚物をかければ術は破れたでしょう。

オカルトとは関係ありませんが、南北朝時代の武将、
楠木正成が、千早城攻防戦のとき、相手兵士に対して煮立てた
糞尿をかけたという話が残っています。雑兵はともかく、
当時の武士は、いつ死んでも恥ずかしくないよう着飾って陣に出て
いたため、これは嫌だったでしょうね。

ゲリラ戦を展開した楠木正成
ccccc (5)

さて、ここで話を変えて、映画の話題にいきます。
ホラー映画で血や内臓が出てくるのはふつうですが、さすがに
糞便やゲロなどの描写はタブーになっています。アニメのギャグでは、  
腹を殴られた人物がピューとゲロを吐いたりしますが、水のように
表現されていて、ゲロの中身がリアルに描かれることはありません。

ですが、表現として汚物を出してはいけないという絶対的なルールが
あるわけでもありません。『エクソシスト』では、悪魔に取り憑かれた
リーガンが、口から緑色のゲロを吐いていましたが、
あれは悪魔の邪悪さが表現されたいいシーンだったと思います。

『スペル』
ccccc (2)

サム・ライミ監督の2009年のアメリカ映画、『スペル』は、
よくも悪くも反則を駆使した内容で、銀行の窓口で融資を担当する
主人公の女性のもとに老婆が訪れ、ローンの延長を願うが、
規則にしたがって主人公はこれを断ります。すると、帰り際に
老婆に襲われ、呪い(スペル)をかけられてしまうんですね。

それから主人公の身に、数々の異常現象が起こり、老婆が原因と
考えて家を訪ねると、老婆はミイラのような死体になっており、
途方に暮れている主人公に、口からウジ混じりのゲロを
盛大に吐きかけるんですね。この他にも嫌なゲロシーンがあり、
サム・ライミ監督の面目躍如でした。

糞便の場合は、そうですね、『ムカデ人間』とか。かつて
シャム双生児の分離手術の名医であったドイツ人医師は、
それとは逆に、複数の人間の口と肛門をつなげてムカデ人間を
つくりたいという夢を心に秘めていました。先頭の人間はふつうに
食事しますが、2番めからは前の人のウンコを食べることになります。

『ムカデ人間』
ccccc (3)

悪趣味なんですが、まあ、わざとそこをねらった映画なので、
いいとか悪いとか言ってもしょうがありません。あと小説では、
イギリスの作家にして魔術師、アーサー・マッケンの『パンの大神』に、
人間がドロドロに溶け、再構成されて女が男に変化するという
グロ描写があり、当時としてはかなり非難されたようです。

さてさて、ということで汚物のオカルトを見てきました。
自分が最高の汚物シーンと思うのは、最初の画像にあるオリジナルの
『キャリー』で、プロムの女王に嫌がらせで選ばれた主人公が
頭から豚の血をかけられるところです。では、今回はこのへんで。

『パンの大神』
ccccc (4)





ある廃墟の話

2020.02.25 (Tue)
昭和52年 村田樹彦さん
ああ、「山の事務所」の話だろ。1度だけ行ったことがある。
俺の実家は〇〇市で、あそこからチャリで15分くらいのとこだったんだ。
当時はもちろん、今みたいに有名になってたわけじゃない。
俺はそのとき 高1でな。ちょっと気持ちがすさんでたんだ。
受験に失敗して第一志望の学校に入れなくて、滑り止めに受けた私立に
行ってたんだよ。何もやる気が起きなくて、中学のときにやってた
バスケ部にも入らなかった。その学校のバスケ部は弱かったし。
でな、最初はそこの学校のやつらが話ししてるのを聞いたんだよ。
〇〇山の登り口に人の住んでない建物があって、簡単に入れる。
けども、あそこ気味悪いって。そいつら、自由にタバコ吸ったりする
場所を探してたみたいなんだな。で、あれを見つけたんだが、

何かあったらしくて、その後行ってないってことだった。それ聞いて、
あ、俺んちの近くじゃんって、見に行ってみようと思ったわけ。
たしか土曜日の夕方だった。でな、俺には3つ下の弟がいて、
当時は中1か。そいつ連れてったんだよ。いや別に、一人で行くのが
怖かったってわけじゃないが、ヒマそうにしてたから。
場所はすぐわかった。山をちょっと登ったとこにあって、
他に家とかはないから。ああ、たしかに事務所みたいな建物なんだが、
あんなとこに事務所建てても役に立たないって気がする。
時期は11月で、まわりの木が枯れて落葉で埋もれるようになってた。
まだ明るかったから、懐中電灯とか持ってってないよ。
で、そこな、5分くらいだけど山を登らないと前に行き着けないんだ。

それも変だろ。下にチャリを置いて、弟と登ってったんだよ。
建物はまだ新しかった。2階建てで、1階と2階の間にでかい横看板が
ついてたが、それには何も字は書いてねえんだ。サッシ戸の入り口は
開いてて、入るのはわけなかった。間取りは覚えてるよ。
1階は2部屋と給湯室、あとトイレ。部屋は2つともそこそこ広くて、
事務机やイス、コピー機なんかもあった。だから事務所って言われてるんだろ。
すでにホコリまみれだったけど、あの当時は落書きとかはなかった。
で、階段を登ろうとしたときに、後ろをついてきた弟が、
「兄ちゃん、ここヤバいんじゃないか、戻ろうぜ」って言ったんで、
「怖いんならお前だけ戻れ」そう言って上にあがった・・・
でな、このとき、弟はついてきたとばっかり思ってたんだが・・・

2階は1部屋で、畳が敷いてあって布団が積まれてた。たぶん事務所のやつが
寝泊まりする部屋。それと、1階の屋根がベランダみたく張り出して、
ドアがあって、そこに出られるんだよ。ドアは閉まってたが、ノブを引くと
開いた。ベランダに出ようとしたとき、また弟が「兄ちゃん戻ろう」って
言った。それ無視してベランダに出た。下はコンクリで幅が2mくらい。
低い手すりがついてたんで、そこまで行って下を見たわけ。そしたら、弟がいて
俺を指さして叫んでた。「え?」。弟は俺の後ろについて来てると
ばっか思ってたから。それで振り向くと、真っ黒い影みたいなやつがいたんだよ。
思わず飛び離れた。そいつが「兄ちゃん」って言ったとき、もう一目散に逃げたよ。
入り口を走り出て弟と山を降り、チャリを全力でこいで家まで戻った。
後で聞いたら、弟は階段のとこで、上には行かずに外に出たって言うんだよな。

昭和62年 村上修司さん
ああ、「山の事務所」だろ。俺が高校の頃はすでに心霊スポットとして
地元では有名だった。さんざん人が行って荒らしてて、スプレーの落書きだらけ
だったし、1階は机とかがひっくり返ってた。それで、俺が高3のときだな。
夜に仲間4人とバイクで肝試しに行ったんだよ。みなそれぞれ、
家から懐中電灯を持ってきてた。4人とも男で、全員日中に来たことが
あったから、だいたいの間取りはわかってたんだ。
でな、じゃんけんで順番を決めて、一人ずつ中に入って2階のベランダに出て
懐中電灯を振ろうってことになった。まあな、今から考えればバカ臭いし、
何考えてたんだろうって思うけどな。たしか俺は2番めだったはず。
いや、怖いってことはなかったよ。幽霊なんていないと思ってたから。
ただ、中は危なかった。スチール棚とかがひっくり返って、

ガラスが散乱してたから。それ知ってたんで、みなバイク用のブーツ履いて
きてた。つながってる2つの部屋を抜けて、トイレ前の階段を上がって
2階に出た。2階は宿泊室っていうのかな、畳敷きの部屋なんだよ。
布団が投げ出されてて転びそうだったが、そこ抜けて、
ドアを開けてベランダに出た。手すりまで行って下を見たら、
懐中電灯の光が3つ見えたから、俺もひとしきり自分のを振って戻ってきた。
次が3人めで、そこまでは特におかしなことはなかったんだ。
で、4人め、西村ってやつだったが、そいつけっこうなビビリで、
かなり怖がってるのが様子でわかった。けども一人で入ってって、
少ししてベランダに出てきて懐中電灯を振ったんで、こっちも下から
照らして振った・・・んだが、西村の横に黒い影がいたんだよ。

小さい、子どもみたいなやつだった。「あれ、何かいねえか」
「西村の隣に何かいる」 「ヤベくねえか」 「おい、逃げろ」
「逃げろ~」全員で下から叫んだ。そんとき西村が「わあっ!!」と
大声を出したのがこっちまで聞こえてきて、懐中電灯の光が引っ込んだ。
そんとき、照らしてたのに黒い影もふっと見えなくなったんだよ。
すぐに西村が入り口から走り出てきて、それ見て俺らもわれ先に逃げたんだよ。
バイクに乗って街のほうに戻った。車通りが多い道に出てほっとしたよ。
西村もちゃんと来てた。でな、西村に、「ベランダで横に何かいただろ」
って聞いたら、「お前らが叫んでるんで横見たら、黒いやつがいた。
 それで泡食って逃げてきたんだが、顔とかは全然わからなかった」って
言ってたな。いや、その後 西村は板金塗装工場に就職して元気にしてる。

平成7年 三浦光輝さん
あ、どうも、三浦って言います。俺の会社、ふだんはアダルトビデオやって
るんだけど、夏になると心霊DVDつくってんですよ。コンビニで売るやつ。
これがけっこう小遣い稼ぎになるんですよ。でね、その年は、
◯県の〇〇市にある、通称「山の事務所」ってことにロケに行くことになって。
そこね、聞いたことあるかもしれないけど、名のしれた心霊スポット
なんです。関東じゃ最恐って言う人もいます。あそこに行くと必ず
何か起こるって。いやもちろん、幽霊なんていないと思ってましたよ。
実際、俺、それまで6年間心霊スポットの映像撮ってるけど、
何かが起きたなんてことはないし。起きてくれたほうが楽なんですけどね。
こっちでフェイク入れなくて済むから。ま、最初はそんなふうに
考えてたんですよ。それがねえ、あんなことになるとは・・・

ロケ隊は俺がディレクターで、あとカメラと音声、照明。
出演者は女の子2人と、いつもお願いしてる霊能者の村岡さん。
あ、女の子はAV関係じゃないですよ。ちゃんと事務所を通じて依頼した
タレントの若い子。あと、村岡さんは霊能者ってことになってるけど、
霊能なんてないと思ってました。本業は銀のアクセサリーとか
作ってる人なんです。立派なヒゲ生やしてるから霊能者役を
やってもらってるんだけど、レンタルの着物着せれば貫禄があって、
いい絵になるんです。もちろん、セリフとかはあらかじめこっちで
考えて伝えてあります。でね、そんときに行った「山の事務所」って、
事前の許可が取れなかったんです。調べても所有者がわからなくて。
まあでも、一晩ロケする程度なら大丈夫だって思いました。

場所とかはボカしますから。で、あそこロケ車をつけられないんで
電源が大変だったけど、照明の調子が悪くなったり、女の子の一人が
しゃがみ込んで泣き出したりと、シナリオどおりに順調に撮影は進んで
たんです。それで、一通り撮り終わって戻ろうとしたとき、
カメラのやつが変な声を上げたんです。「どした?」って聞いたら、
「村岡さんの後ろに黒い子どもがついて歩いてる」って言い出して。
村岡さんが笑って、「んなバカな」って後ろ見たら、いたんですよ。
ホントに黒い小さいやつが。いや、顔はおろか服もわかんなかったけど、
たしかに。「ギャ~~」ってまず女の子2人が逃げ出して、
俺らも後を追ったんっです。俺らも後に続きました。
照明のやつなんか重い機材をその場におっぽり出してね。

みなで山の下に停めてたロケ車に乗って、早々にその場を離れたんです。
でね、まず女の子たちを帰して、それから事務所に戻り、
撮った映像を最初から全部見たんです。そしたら、2階から下りてくる
村岡さんの後ろに、たしかに黒い影みたいなのがついてきてる。
その時点ではカメラも気づかなかったんでしょうね。
逃げ出したシーンも撮ってましたが、ガチですからね。すごい迫真に
迫ってました。でねえ、この映像、使おうかどうしようか迷ったんです。
いつもは霊のCGとか入れてるんだけど、これはモノホンですからね。
まさかとは思うけど、買ったお客さんに何かあったりしてとか考えて。
でもね、結局その映像出なかったんです、上からダメ出しになって。ある筋から
クレームが入ったみたいです。しかたなく別のとこで撮り直しましたよ。







西洋3大モンスター

2020.02.23 (Sun)
hhhh (2)

今回はこういうお題でいきます。カテゴリはオカルト論ですが、
論と言えるほどの内容にはならない気がします。
さて、西洋3大モンスターと言えば、一般的には、
狼男、ドラキュラ伯爵、フランケンシュタインの怪物と
されることが多いでしょう。

この中で、みなさんは何が一番お好きでしょうか。自分は、
そうですねえ、狼男かな。狼男の伝承はヨーロッパ各地に
ありますが、映画の影響からイギリスのイメージが強いですね。
昔の狼男映画には一つのパターンがあります。

イギリスの片田舎のパブに地元の男たちが集まってエールビールを
飲んでいる。そこへやってくる旅人。宿の主人は旅人に、
「今夜は満月だから泊まっていけ」と勧める。しかし旅人は、
「先を急ぐから」と2、3杯引っかけただけでパブを出ます。

hhhh (6)

残った男たちが顔を見合わせてると、外でワオーンという動物の
遠吠えが聞こえ、みながビクッと肩をふるわせる。そこでカメラが
切り替わって、外の青みがかった満月が映し出されます。
そして、夜道を急ぐ旅人の前をふっと黒い影が横切る・・・
という具合に、狼男はイギリスのイメージがあります。

ドラキュラ伯爵は、フィクションの登場人物です。
アイルランド人の作家、ブラム・ストーカーが1897年に
書いた『吸血鬼ドラキュラ』に出てきて、舞台は旧ワラキア、
現在のルーマニアのトランシルバニア地方です。

ドラキュラ役者のベラ・ルゴシ この人、すごくセクシーです
hhhh (4)

ただし、吸血鬼(ヴァンパイア)の伝説は東欧地域を中心に
古くからありました。ブラム・ストーカーは、それに15世紀の
ワラキア貴族、ヴラド3世のイメージを重ねて創作しています。
ヴラド3世は、串刺しの刑罰を好んだため「串刺し公」と
呼ばれましたが、オスマン帝国と果敢に戦った人物です。

最後のフランケンシュタインですが、メアリー・シェリーの
小説『フランケンシュタイン』に登場する人造人現です。
フランケンシュタインは、小説に登場する人造人間を造った
博士の名前で、怪物自体には名前はありません。
怪物が造られたのはドイツですが、最後は北極圏まで行きます。

フランケンシュタイン役者 巨体のボリス・カーロフ
hhhh (7)

ヴァンパイア、狼男に比べて、フランケンシュタインははっきり
異質です。完全なフィクションの産物で、それ以前に伝承は
ありません。キリスト教ともほとんど関係ない、
近代科学の申し子なんですね。映画では、雷の電気的な力で
生命を与えられる描写が多くなってます。

さて、ここでうんちくを少し書かせていただくと、
狼男は、キリスト教の刑罰から生まれたという説があります。
ヨーロッパの中世、14~17世紀頃、キリスト教会の権威は強く、
異端審問(魔女狩り)などで教区の人間を罰する力を持っていました。

教会からの3度めの勧告に従わない人物は、「狼」として
追放処分になり、罰として7年から9年間、月明かりの夜に、
狼の毛皮をつけて叫びながら野原をさまよわなくてはならない、
という掟があったようです。狼男の伝承はそれ以前から
ありましたが、キリスト教会がそれを強化してしまったわけです。

ドラキュラ役者で、死の直前まで活躍したクリストファー・リー
hhhh (8)

フランケンシュタインの場合は、原作者のメアリー・シェリーが
作品を書く直前、恋人のバイロン卿らと、ルイージ・ガルヴァーニの
実験について話していたという記録が残っています。
ガルヴァーニはイタリア人科学者で、死んだカエルの足に
電気を通して動かしたことで知られる人物です。

その甥のアルディーニは、高圧電流を馬や人間の死体に通して
動かすという見世物を考案し、ヨーロッパ各地を巡業して回りました。
イギリスでは死刑囚の首に電流を通し、首は目を開きアゴを
動かしたとされます。このことがメアリーの創作に大きな影響を
与えたのは確かだと思います。

アルディーニの巡回ショー 科学的ではあるが悪趣味
hhhh (3)

さて、では、この3大怪物、どれが一番強いんでしょうか。
フランケンシュタインが最も弱いのは間違いないでしょう。
死体を継ぎ合わせて造った240cm(8フィート)の巨体で
怪力ですが、不死の存在というわけではありません。

これに対し、ドラキュラ伯爵と狼男は不死です。この場合の不死は
神に逆らうものという悪いイメージがあります。狼男を倒すには
銀の弾丸が必要ですし、ヴァンパイアは、棺の中にいるときに
心臓に杭を打ち込むか、太陽の光を浴びせ続けなくてはなりません。

メアリー・シェリー
hhhh (1)

ただ、狼男は満月の日でないと変身できないというのが弱点ですね。
満月は月に一度しかありません。ヴァンパイアは、コウモリや
霧に変身したりなどの特殊能力も多く、最強と言っていいかと
思います。2004年のアメリカ映画、『ヴァン・ヘルシング』でも、
狼男はヴァンパイアの手下的な存在でしたね。

さてさて、日本の怪談にこれらのモンスターを出すのは
さすがに無理があります。まあ、犬神憑きというのもあるし、
狼男的なものならなんとかなるかもしれませんが。
では、今回はこのへんで。

hhhh (5)





遊びのオカルト

2020.02.22 (Sat)
ddd (5)

今回はこういうお題でいきます。みなさん、この歌はご存知だと思います。
「遊びをせんとや生まれけん 戯(たはぶ)れせんとや生まれけん
 遊ぶ子供の声聞けば 我が身さへこそ動(ゆる)がるれ」

『梁塵秘抄』の中に収録されている今様(いまよう)です。

『梁塵秘抄』は平安時代末期に後白河法皇が編集した歌謡集で、
今様は、まあ当時の流行家のようなものです。後白河法皇が
大好きだったため、自ら編纂したんですね。内容は訳すまでも
ないですが、子どもが遊んでいる声を聞けば、
大人になった自分でさえ、心が動かされるといった意味です。

後白河法皇 策略を弄しすぎて平安時代を終わらせてしまいました
ddd (3)

ただこれ、深読みというか、ちょっと怖い解釈があって、
「遊び」は「遊び女」、「戯れ」は「戯(たぶ)れ女」、どちらも遊女のことで、
子どもの遊ぶ声を聞いた遊女が、純真だった頃にはもう戻れない
ことを嘆いている歌だという説もあるんです。
うーん、どうなんでしょう。自分にはよくわからないです。

さて、「遊び」もなかなか難しい概念で、ネット辞書を引くと、
「身体的・精神的活動のうち食事、睡眠、呼吸、排泄など、
直接生存のための活動を除き、仕事と対立する概念である活動をいう」
こんなふうに出てきます。まあ簡単に言えば、仕事ではない活動が
遊び、と考えてもいいかと思います。

フランスの社会学者ロジェ・カイヨワは、遊びを大きく次の4つに
分類しました。①競争 囲碁将棋、球技、格闘技、ゲームなど
②偶然 じゃんけん、くじ、賭け事など ③模倣 絵画、演劇、
カラオケ、ままごとなどのごっこ遊び ④めまい 乗り物、
スキー、スケート、ブランコなど この分類はじつに優れています。

話題になった「ひとりかくれんぼ」
ddd (4)

さて、日本の子どもの遊びは、昔と今でかなり変化しました。
昔は外遊びが中心だったのが、今はほとんど室内遊びになりました。
これは、ゲーム機の開発、受験戦争などもあるでしょうが、
一番の原因は少子化でしょうね。

昔の子どもは家にいるのが居心地が悪かったんです。兄弟が多く、
自分の部屋などは持てず、家にいれば年下の弟妹の世話をさせられたり、
仕事を手伝わせられたり。今は一家庭に子どもは1人か2人、
自分の部屋があってエアコン完備、そりゃ外に出なくなります。

昔の子どもは、夏休みなどランニングシャツ一丁で、真っ黒に
なって遊んでました。あちこちに空き地があり、遊びに行けば、
年長の6年生が小さい子でも仲間に入れて、皆でできる遊びを
考えてくれました。今はどこもボール遊び禁止だし、
大人が下手に子どもに声をかければ変質者あつかいされます。

英語では遊びは play 正式には playing なんでしょうが、
あんまり言わないですね。他には、pastime、amusement とか、
fun もよく使われます。自分はアメリカに住んでましたが、日本と
大きく違うのは、治安が悪いため13歳以下の子どもが一人で
出歩くことは少なく、下手すれば家から出した親が逮捕されたりします。

本当は怖い「はないちもんめ」
ddd (1)

さて、怖い話で出てくる遊びは、まずは「肝試し」でしょう。
肝試しを行うのは夜の場合が多いので、子どもというより
学生の遊びですね。肝試しを英語で言うとすれば
test of courage になるのかな。でもこれ、無理に訳した
だけで、実際に使われるのを聞いたことはないです。

次が「かくれんぼ」でしょうか。かくれんぼはアメリカでも
子どもの遊びで、hide and seek と言い、『ハイド・アンド・シーク
暗闇のかくれんぼ』というホラー映画になってます。うーん、これ、
途中で筋がわかっちゃいますね。自分はいまいちピンときませんでした。

『ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ』
ddd (6)

怪談だと、かくれんぼをしていた子どもの一人が見つからず、
そのまま神隠しになってしまうとか、押入に隠れたら
布団の中から手が出てきて引きずり込まれたとか、
鬼になった子が知らない子どもを見つけてしまうとか、
そういうのが定番になっています。

あと、「かごめかごめ」 「通りゃんせ」 「花いちもんめ」
などの昔の遊びも、怖い意味が隠されてるなんて話もあります。
例えば、花いちもんめの「花」は女の子で、「いちもんめ」はその子の値段、
つまり人買いの歌だとかなんとか。でも、ほとんどがこじつけです。

『チャイルドプレイ』 リメイク
ddd (1)

さて、余白が少なくなってきました。遊びのホラーと言えば、
やはり映画の『チャイルドプレイ』を外すわけにはいきません。
連続殺人鬼チャールズがおもちゃ店で警官に撃たれ、肉体が
死にそうになったとき、近くにあったグッドガイ人形に、
ブードゥーの秘法を使って自分の魂をのりうつらせる。

しかし、そのままだとずっと人形でいなくてはならならず、
自分の元の肉体はすでに失われているため、
新たにのりうつるための子どもを見つけようとする・・・
この映画の原題は「Child's Play」で、child's play には
「くだらないこと、造作ないこと」といった意味があります。

さてさて、ということで、遊びのオカルトについて見てきましたが、
書くことはまだまだありそうですね。遊びというのは奥深いもので、
これがなければ大人でも人生がつまらないですよね。
まさに『梁塵秘抄』にあるとおりです。では、今回はこのへんで。

ddd (2)




死体保存の方法

2020.02.22 (Sat)
アーカイブ229

今回はこういうお題でいきます。グロ画像を多数含みますので、
苦手な方はスルーしてください。さて、みなさんは、死体保存方法と
いえば、いくつ思いつかれるでしょうか。じつはこれ、
けっこうたくさんのやり方があります。

イタリア 2歳の少女のミイラ


まず、一番歴史が古いのは「ミイラ」でしょうね。古代エジプトでは、
3500年ほど前からミイラ作成が始まっています。
それと、ミイラには計画的につくられたものと、
偶然に遺体がミイラ化してしまったものとがあります。

下の画像は、中国の「馬王堆漢墓」から発掘された、紀元前2世紀の為政者の
妻のミイラです。発掘が行われたのは1972年で、
このときには、まるで生きているように見える状態だったと言われますが、
年月がたって劣化が進んでいるようです。これはもちろん、意図して
ミイラ化されたわけではなく、遺体が置かれた条件がよかったからでしょう。

「馬王堆漢墓」のミイラと復元図
najaja (6)

エジプトのミイラは、内臓が抜かれ、別途に壺に入れて保存されますが、
自然にできたミイラは、乾燥したり湿屍化しているものの、
内臓などの痕跡は残っています。上の馬王堆のミイラも、筋肉組織、軟骨、血管
まで、ほぼ完璧に残っていました。ちなみに、同じ墓で発掘された
夫と見られる男性の遺体は、骨の断片だけだったんです。

さて、次の方法は「剥製」です。ただ、剥製が厳密な意味での遺体保存かどうかは、
判断が難しいところもあります。というのは、一般的な剥製は、
内臓や骨はすべて取り除かれ、残っているのは皮膚や毛皮だけの
場合が多いんですね。人間を剥製にしたケースは、アメリカで、
映画『悪魔のいけにえ』のモデルとなった、エド・ゲイン事件などがあります。

次は「冷凍保存」です。ただし、昔は人工的な冷凍保存技術はありませんでしたから、
発見された遺体は、みな偶然によって保存されたものです。
有名なところでは、下の画像は「ジュジャイジャコの少女」と呼ばれるもので、
今から500年前の、インカ帝国時代の生贄の少女です。

「ジュジャイジャコの少女」
najaja (5)

他の2体の生贄の子どもといっしょに見つかったんですが、
発見場所が標高6800mのアンデス山中の凍土の中だったので、
冷凍保存されていたんですね。ただ、これをミイラとする意見もあり、
その判断も難しいところです。あと、アルプス山中の氷河から見つかった
「ジ・アイスマン」と呼ばれる5000年以上前の遺体もよく知られています。

「ジ・アイスマン」
najaja (7)

この冷凍保存ですが、現代ではビジネスとして行われるようになってきています。
「クライオニクス」といって、病気で亡くなった人物を冷凍カプセルに入れて、
医療技術の進んだ未来で蘇らせようとするもので、世界中で約400人ほどが
保存されています。ただし、高額な費用がかかる上、
当然ながら、未来で確実に生き返るという保証はありません。

次は、「ホルマリンなどの保存液に漬ける」もの。下の画像は、
19世紀ポルトガルの、ディオゴ・アルヴェスという名の犯罪者の頭部です。
農民を多数殺害し、略奪した罪に問われました。ホルマリン漬けの
医学標本は多数あり、医療の進歩に役立っています。

犯罪者の頭部のホルマリン漬け
najaja (8)

次は、「エンバーミング」によるもの。エンバーミングは、遺体を消毒や保存処理、
また必要に応じて修復することで長期保存を可能にする技法のことで、
西欧では早くから発達していました。下の画像は、旧ソ連のエンバーミング技術に
より保存されている、ウラジーミル・レーニンの遺体です。
現在でも、毎年定期的に手入れがなされているようです。

ウラジーミル・レーニンの遺体
najaja (1)

次、近年になって、「プラスティネーション」と呼ばれる画期的な遺体保存法が
登場しました。遺体を構成している水分と脂肪分を、プラスチックなどの
合成樹脂に置き換えるもので、ドイツ出身、「死の医師」の呼び名を持つ、
グンター・フォン・ハーゲンスにより考案されました。

ハーゲンスは、中国に遺体処理の工場を作り、そこで生産された標本を
世界各地で展示する興行を行いましたが、これについては、重大な人権侵害がある
という議論が起こっています。どうやって遺体を入手したのか、
遺体を展示することについての本人の意志確認はなされているのか。

いくら遺体とはいえ、性器をむき出しにし、セックスのポーズをとらせるなどの
ことはどうなのか、等々の疑問ですね。また、これは証拠があるわけではないのですが、
この展示に使われた遺体は、中国で弾圧された宗教団体「法輪功」の
処刑者なのではないかという話もあります。いずれにしても、ハーゲンスが中国に
工場を開設したのは、死体の入手しやすさが大きな要因であったのは間違いないでしょう。

「人体の不思議展」


さてさて、最後に遺体の保存法として「神の力」をあげておきましょう。
キリスト教では、神に祝福された聖人の遺体は腐敗しないとされ、
「不朽体 Incorruptibility」と呼ばれます。聖人は未来での生を先取りしているため、
神の恩寵によって遺体が不朽のものとなっているというわけです。

下の画像は、インドにある、日本でも有名な宣教師、聖フランシスコ・ザビエルの不朽体。
足の指がグズグズになっているのは、信者によって噛み切られたり、
接吻を受けたりしたためです。不朽体は、防腐処理されていてはならないのが原則ですが、
実際には、移動の際などに石灰などで処理されている場合が多いんですね。

フランシスコ・ザビエルの不朽体
najaja (3)

最後の画像は、フランスで奇跡の治癒力を持つ「ルルドの泉」の発見と
聖母出現に関わった、聖ベルダネッタの遺体です。彼女は35歳で亡くなりましたが、
遺体は腐敗せず、聖人として認定されました。ただし現在、遺体の露出部には
蝋製のマスクがかぶせられています。では、今回はこのへんで。

聖ベルダネッタの不朽体 顔や指など見えている部分は蝋製
najaja (4)






アメリカで最も怖い都市

2020.02.22 (Sat)
アーカイブ228

今回はこういうお題でいきますが、ここでいう「怖い」は、
現実の犯罪があって怖いということではなく、オカルト的な意味です。
さて、みなさんはどこを思い浮かべられるでしょうか。
なかなか難しいんですが、アメリカ人に聞けば、
ニューオーリンズと答える人が多いんじゃないかと思います。

ニューオーリンズのヴードゥーショップ
タイトルなし

この間、「アメリカ裏オカルト観光」という記事を書きましたが、
あの中の、アメリカ最恐の幽霊屋敷と言われる「マダム・ラローリーの館」が
あるのがニューオリンズの街です。読まれていない方のために簡単に説明すると、
19世紀、当地の社交界の花形であったラローリー夫人が、その邸宅で、
たくさんの黒人奴隷を拷問・殺害していたのが発覚したんです。

その数は100人を超えるとも言われています。実際、邸宅が改修されたとき、
床下から75人の遺体が発掘されているんです。では、なぜラローリー夫妻は
奴隷を惨殺していたのか? 根底に、サディズムによる快楽殺人が
あるのは間違いないですが、それだけでは説明が難しい。

マダム・ラローリーの館 内部


ラローリー夫人の夫は医師でしたので、人体実験などとも言われましたが、
ラローリー医師は脊椎が曲がった患者の骨の矯正が専門で、
外科手術をしていたわけではありません。それに、奴隷の遺体の中には、
まぶたや口を黒糸でぎっちり縫われたものがあり、
これはヴードゥー人形に見られる特徴です。

ヴードゥー人形


みなさんの中には、ニューオリンズと聞けば、ディキシーなどのジャズを
思い浮かべられる方が多いでしょうが、じつは、ニューオリンズのある
ルイジアナ州は、アメリカで最もヴードゥー教が盛んな地なんですね。
ルイジアナ州の歴史は複雑です。長くスペイン、フランスの植民地であり、
1803年、ナポレオン皇帝によってアメリカに売却されました。

ルイジアナ州


その過程で、カリブ海の国ハイチから大量の移民が来ています。
そのとき、アフリカ由来の民間宗教であるヴードゥー教が持ち込まれました。
ルイジアナ州はメキシコ湾に面し、アメリカの中では
ディープサウスと呼ばれる地域です。赤道に近く、気候は高温多湿で、
たびたびハリケーンの被害を受けています。

たいへん住みにくい場所で、白人はプランテーションに入植したがらず、
黒人奴隷の労働によって発展してきた州なんですね。
州都はバトンルージュ市なんですが、日本ではあまり知られていません。
そして、最大の市がニューオリンズです。

『エンゼル・ハート』のヴードゥー儀式のシーン


さて、ジャズとヴードゥーですが、これも深いついながりがあります。
みなさんは、1987年、ミッキー・ロークが主演したアメリカのホラー映画、
『エンゼル・ハート』をごらんになったでしょうか。あの中で、
ジャズクラブで歌うのを仕事にしているヒロインが、ヴードゥーの儀式にも
参加していて、鶏の首を切って全身に血を浴びているシーンがありました。

また、ディキシーランド・ジャズのスタンダード「聖者の行進」は、
もともとは葬送のときの黒人霊歌で、ヴードゥーと関わりのあるものです。
ニューオリンズでには、ジャズクラブとともにヴードゥーショップも
たくさんあり、下の画像の「ヴードゥー博物館」は観光名所になっています。

ヴードゥー博物館
タイトルなしxx

さらに、ニューオリンズには吸血鬼伝説もあります。
ただ、ここのヴァンパイアは、普通の人間に混じってひっそり暮らしており、
自分たちのコミュニテイを持っていると言われています。
どうしてニューオリンズにバンパイア伝説があるかというと、
アメリカの他の地域と、墓地の形式が違っている点が大きいでしょう。

ニューオリンズは皿のような地形で、海面より低い場所が多いんですね。
ですから、遺体を地中に埋葬すると、洪水のときに水浸しになってしまいます。
そこで、墓地では地上に埋葬室を設け、棺はその中に収められます。
街最大の「ラファイエット墓地」も観光名所で、
アメリカで最も幽霊の姿が目撃される場所と言われます。

ラファイエット墓地
タイトルなしbanai

トム・クルーズが主演した1994年のホラー映画、
『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』は、この墓地でロケが行われました。
あと、カリブ海に近いため海賊の伝説もあります。海賊といえば、
ディズニー映画、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のシリーズが有名ですが、
実際の海賊は残虐で、上陸して都市を襲撃することもあったんです。

最後に、この地をたびたび襲うハリケーン。2005年のハリケーン、
カトリーナでは、ニューオリンズの陸上面積の8割が水没して、
1600人近くが亡くなっていますが、このときの幽霊も、
夜になると出てきて街路をさまよい歩くとささやかれます。

さてさて、ということで、ニューオリンズはジャズ、ヴードゥー、幽霊、
ヴァンパイア、海賊などが渾然となった、アメリカで最も怖い都市なんですね。
アメリカの国内旅行を調べてみると、「ニューオリンズ・ゴーストツアー」
のようなものがたくさんあります。あと、アメリカ北部の人間は、
ルイジアナのようなディープサウスに、潜在的な恐怖を持っていると言われます。

『2000人の狂人』


1964年のハーシェル・ゴードン・ルイス監督によるホラー映画、
『2000人の狂人』は、世界初のスプラッタとされますが、
その筋は、南北戦争のときに滅ぼされた南部の住民が
集団で怨霊となってよみがえり、北部からの旅行者を次々と惨殺し、
バーベキューにして食べてしまうという内容でした。

じつは、アメリカ映画にはこの手のパターンのものがけっこうあるんですね。
南北戦争と奴隷問題が、アメリカの歴史に暗い影を落としている
ことがわかります。日本からニューオリンズまでは24時間以上かかると
思いますが、機会があったらぜひ訪問されてみてください。
では、今回はこのへんで。

関連記事 『アメリカオカルト裏観光』






張る話 2題

2020.02.22 (Sat)
肉の木
保険会社に勤めている松本と申します。私、地下鉄で通勤して
まして、自分の部屋から最寄りの駅まで10分ほど歩きます。
1週間前、朝に大きな通りの交差点を通りかかったら、
横断歩道の向こう側のガードレールの下に、花束がいくつも
置かれてたんです。あ、誰かここで事故に遭って亡くなったんだな
と思いました。たいへん車通りの多いところなんですが、
信号機があるので、信号無視があったのかとも考えました。
横断歩道を渡っていくと、花束の中に埋もれるように何本かの
ジュースの缶が見えました。ああ、亡くなったのは子どもなんだろうか、
だとしたら気の毒だなあと思ったんですが、さすがに立ち止まって
手を合わせるようなことはしませんでした・・・

その日の帰りは飲み会があり、タクシーを使ったのでそこの交差点は
通りませんでした。で、翌朝です。よく晴れた日で、花束もそのままあり、
前日よりも数が増えているように見えました。それで、花束の中に
赤黒い木の枝のようなものがあったんです。え、あれは何だろう。
わざわざ近づいたりはしませんでしたが、そばを通るときによく見ると、
花に埋もれるようにして肉の固まりのようなものがあり、
そうですね、ひき肉機から出てきた肉をさらに赤くしたようなもの、
そこから、同じ色の枯れ枝のようなものが出てたんです。
枝は細かくわかれ、20cmくらいありました。うわ、気味が悪いなあ。
おもちゃか何かなんだろうか、それにしても・・・
このことはずっと頭に残っていました。

で、その日の帰りも外回りから直帰したので、そこの交差点は
通らなかったんです。また翌朝です。気になっていたので離れたとこから
花束のある場所に目を向けると、あの不気味なものはまだあり、
前よりも大きくなっているように見えたんです。はい、肉塊はそのままで、
枯れ枝のような部分が倍以上の大きさになってました。
・・・このときはまだ、それが他の人には見えないとは考えて
ませんでした。実際にそこにあるものだとばかり。
それでですね、あんまり不気味なので、帰りはその交差点は
通らなかったんです。もう暗くなってましたし、怖い気がして
やや遠回りになりますが、一本手前の道を通って帰りました。
その翌日は・・・その交差点を通りました。

朝で明るいですし、たくさん人が出ているので大丈夫だろうと
考えたし、好奇心がありました。それがどうなっているか、
見て確かめたかったんです。かなり離れた場所からも、すごく大きくなって
いるのがわかりました。木の枝のような部分が、数mにもなり、
街路樹が倒れたような形で道路に張り出してました。
はい、通っていく車はその枝にあたるんですが・・・信号待ちしながら
見ていると、それ、車がすり抜けていくんです。たわんだりせず、
車の中に埋もれるような形になり、車が通り過ぎると同じ場所にある。
それと、あんな異様なものなのに、私以外にそれに注意を向けている人が
いませんでした。このとき初めて、もしかして私にしか見えないものなのだ
ろうかって考えたんです。その日の帰りもそこは通らず、

また翌朝、それは道幅いっぱいに大きくなって道路を塞いでたんです。
肉色の網のようになってました。でも、車は何もないかのように
そこを通り過ぎる。信号が赤になれば、それに重なるようにして停車する。
それだけじゃなく、横にも広がって歩道にも張り出してきてて、
歩行者の中にはそれに触れていく人もいたんです。
呆然と立ち尽くしていると、「もし」と軽く背中を叩かれたんです。
びくっとして振り向くと、3人連れの黒い衣のお坊さんが立ってました。
その中で年配の方が私に、「ああ、あれが見える方ですね。
 だいぶ大きくなってますな。大丈夫、あなたに害はありません。
 これからわたしらで成仏させますからご心配なきよう」こんなことを
おっしゃいました。で、そのとおり翌日にはすっぱりとなくなってたんです。

ワナ
bigbossmanです。自分の知り合いにKさんという、本業は貸しビル経営などの
実業家で、ボランティアで霊能者をやってる方がいるんですが、
大阪市内のバーで飲んだ後、Kさんのマンションの一つに招待されたんです。
一つと書いたのは、Kさんはアジトと呼べるような部屋をいくつも
持っていて、自分で所有しているものも、借りているものあるみたいです。
なんでそんなことをしているのか、はっきりと聞いたわけではないですが、
たぶん過去の事件でKさんを恨んでいる人間がいるので、
居場所を転々と変えてるんじゃないかと思います。
で、その日、夜の11時を過ぎてたんですが、マンションの地下駐車場
入口前でタクシーを降りたんです。そっから駐車場内の通路を通って
警備員が常駐してるエントランスに出ます。

そのドアの前で、Kさんが奇妙な動作をしました。左手の指を中空に上げ、
何かを軽く持ち上げるような動作をしたんです。そして、
「ふん、問題ないな」って言いました。自分が物問いたげな顔をしてると、
「ああ、気になるだろう、部屋に入ったら教えるから」そう言いました。
Kさんの部屋はそのマンションの最上階で、広い窓からは海が見えます。
ソファでブランデーをいただきながら話をうかがいました。
「さっきのは?」 「うん、一種の結界というかワナに近いものだ」
「ワナ?」 「昔の村では、村に入る街道の道に道祖神を置いたり、
 高い木と木の間に縄を張ったりしてたのは知ってるよな」
「ああ、はい。最厄除けの結界ですよね」 「そうだ、最も怖れられてたのが
 疫病神だな。病気は街道を通って集落に入ってくる」

「そのあたりは聞いたことがありますが、面白い話ですよね。
 疫病神はわざわざ道を通ってくるんですね。山の中を抜けたりしてきても
 よさそうなもんなのに」 「まあ、そう考えるのは当然だが、
 道そのものに呪力があるんだ。よい気の流れも、悪いものも、
 そこしか通れないようになってる」 「あ、わかりました。あの場所に、
 Kさんを恨んでる人間が入ってこれないよう、目に見えない結界を
 張ってるんですね」 「いや、ちょっと違う。誰でもふつうに通れる」
「??」 「通れるが痕跡が残るんだ」 「ははあ、どんな」
「まあ様々だな。蛇の形をしていたり、15cmくらいの小鬼の形を
 してるものもある」 「通った人によって違うと」
「そう。俺はそれを見て、誰がそこを通ったかがわかるというわけ」

「でも、あそこはマンションの他の住人も通るわけでしょ」
「ああ、でも、何の邪気もない人は痕跡もないから」
「なるほどねえ。他にもあちこちに張ってるんですが」 「もちろん。
 正面玄関や裏手の通りなんかにもだ」 「用心深いですね。
 まあ、これまで関わった案件を考えれば無理ないですが」
「じゃあ、帰りに裏手のやつをちょっと見てみるか」
ということで、それから小一時間、ホームバーで高価なお酒をあれこれ
ごちそうになりました。それから、また駐車場のほうを通って
マンションの裏手の道に出たんです。そのあたりは高級住宅地になっていて、
高い塀が連なってました。「ここは私道なんだ」とKさん。
たしかに広くはない道で、数m歩いて、Kさんが頭の少し上あたりを

さっきと同じように左手の人差し指でひょいっと持ち上げ・・・
「ああ、かかってる」そう言って、目に見えない縄があるように
手探っていましたが、「ああ、いたな」と何かをつかむような形で
こちらに手を見せたんです。「何かあるんですか」 「お前は0感で
 まったく見えないんだよな。じゃあ、これでどうだ」
Kさんが手の中のものに息を吹きかけると、ハムスターくらいの
大きさの動物?がもがいているのが見えました。毛皮の色は青。
「何です、Kさんの敵の痕跡ですか」 「いや、ただの魍魎。どこにでも
 いるやつだよ。都会の悪い気が凝り固まったものだが、
 日本の中でも大阪は特に多い」Kさんはそう言うと、口の中で
何か短く唱え、アスファルトに落として靴で踏みつけたんです。







ヴィグナーの友人と神

2020.02.21 (Fri)
アーカイブ226

去年、オーストリアのウィーン大学に在籍するCaslav Brukner氏が、
複数の粒子の量子もつれ(エンタングルメント)を同時に利用することで、
「ウィグナーの友人実験」を研究室内で再現する方法を考案しました。
Proiettiと彼のチームは、これを実行に移すことに成功したのです。

彼らはもつれの発生した6つの光子を利用して2つの現実を作りました。
一つはウィグナーを表し、もう一つは友人です。「友人」側は光子の回転軸
(上向きか下向き)を観測して結果を記録し、「ウィグナー」側はその後、
観測結果と光子が重ね合わせになっているかどうかを観測します。

量子力学上、光子の回転軸は、観測されるまで上向きと下向きの状態が
重なり合っているとされます。普通に考えれば、「友人」が観測した段階で
回転軸はどちらかに収束し、「ウィグナー」から見ても「友人」と同じ結果が
得られるはずです。しかし結果はウィグナーの予想通りで、
二つの現実は一致しませんでした。
(GIZMOD)

ssadwe (2)

科学ニュースから、今回はこういうお題でいきます。ただこれねえ・・・
難しいというか、考えても無益かもしれない内容なんですよね。
なぜ無益なのかは、後のほうで少しふれたいと思いますが、
このニュースのような物理学的内容を「解釈問題」と言います。

さて、みなさんは「シュレディンガーの猫」の思考実験はご存知でしょう。
当ブログでも何度か取り上げていますが、もう一度簡単におさらいすると、
「蓋のある箱に猫を一匹入れる。また、箱の中にはラジウムがあり、
このラジウムは1時間に50%の確率でアルファ粒子を放出する。

アルファ粒子が放出された場合、ガイガーカウンターがそれを検知し、
青酸ガス発生装置のスイッチが入って、ガスを吸った猫は死ぬ。
量子力学的には、アルファ粒子の放出は確率的に記述される。つまり、
粒子が放出された状態と放出されない状態が重なり合っていることになる。
では、猫についても、死んだ猫と生きた猫が重なり合っているのか?」

だいたいこんな内容です。まず、「量子力学的な記述」について説明します。
昔は、原子核のまわりを回る電子は下の図の左のような形で表わされました。
これをラザフォードモデルと言います。しかし、量子力学が進展するにつれ、
電子が原子核のまわりのどこにあるのかは、
確率的にしか言えないという考え方が強くなってきたんですね。

ssadwe (3)

電子は原子核の周囲のどこにあるかはわからない。ただし、電子がある確率が
高い場所と低い場所がある。これは空に雲の濃い場所と薄い場所が
あるのと似ている。だったら電子の場所は確率の雲として図示しよう。
そうして考え出されたのが、図の右側です。で、この電子の雲は、
観測された瞬間に収縮して、ある一点に定まります。

「シュレディンガーの猫」の場合も、猫の生死を蓋を開けて観測するまでは、
死んだ猫と生きた猫が、重なった状態で存在している・・・
さすがにそうは思えませんよね。ですから、この思考実験には多くの
批判が出されました。その代表的なものとして、「ミクロの世界の現象を
マクロの世界に適用してはならない」とするものです。

この場合、ミクロの世界は「アルファ粒子の放出の有無」であり、
マクロの世界は「猫の生死」です。この論は一見正しいように思えます。
「トンネル効果」という現象があります。エネルギー的に、
通常は超えることのできない領域を、粒子が一定の確率で通り抜けてしまう
ことで、それがミクロの世界では起きるんです。

ですが、例えばみなさんが野球のボールを壁に向かって投げたとして、
ボールが壁を通り抜けることはありませんよね。ボールを投げるのは
マクロの世界であり、そこにはミクロの世界の法則は通用しない。
だから、「シュレディンガーの猫」でも、生きた猫と死んだ猫が
重なり合っているなんてことはありえない。

ssadwe (5)

まあ、たしかに常識的な解釈です。ですが、「ミクロの法則はマクロには
通用しない、マクロの世界では量子的な効果は消えてしまう」ということが、
本当に正しいかどうかは証明されていないんです。もしかしたら、
たいへんに低い確率ですが、ボールが壁を通り抜けることも
起こりえるのかもしれません。

さて、引用ニュースの話に戻って、「ウィグナーの友人実験」とは、
ノーベル物理学賞受賞者のユージン・ウィグナーが、「シュレディンガーの猫」
のバリエーションとして考え出した思考実験で、「観測」ということを
より重要視しています。だいたいこんな内容です。

ユージン・ウィグナー
ssadwe (4)

「アルファ粒子が放出されると、箱の中のランプがつく。
ウィグナーの友人はそれを観測すれば、粒子が放出されたかどうかがわかる。
友人はその結果を別室から部屋に入ってくるウィグナーに伝えるが、
そのとき、友人のいる部屋は、ウィグナーにとっては
シュレディンガーの猫の箱と同じ状態になっているのではないか?」

ウィグナーが部屋に入って友人に聞くまで、当然ながらランプがついたか
どうかはわからないわけです。とすれば、ウィグナーからみれば、
いまだにアルファ粒子は、放出された状態と放出されない状態が重なり合って
いることになります。でもまあ、友人が見た結果とウィグナーが見た結果が
同じなら、それほど問題はないだろうと思いますよね。

ところが、最近の実験で、矛盾するような結果が出てきました。
わかりやすくするために極端な話をすれば、「友人はランプがついているのを見た」
「ウィグナーが確認するとランプはついていなかった」これだと、客観的な現実は
存在せず、観測者によって世界は異なる、ということになってしまいます。

引用ニュースの実験のイメージ
ssadwe (1)

また、もし、友人とウィグナーがいる研究所に別の研究者が来て、
ランプがついてるかどうかを聞いたらどうなるでしょう。その研究者にとっては、
研究所の建物が、シュレディンガーの猫の箱になってしまいます。
さらに、研究所は塀に囲まれていて、その外からまた別の研究者が・・・(笑)
という具合に、無限に続く入れ子構造を想定することもできてしまうんです。

さて、ここまで読まれて、みなさんはどうお考えになられたでしょうか。
これについて、無限の観測の上に立つ、究極の観測者を想定する論があります。
つまり、その観測者だけは、死んだ猫と生きた猫の重ね合わせなどということに
左右されず、全ての出来事を無限の視点から観測して結果がわかっている。
もうおわかりでしょう。この観測者は、神ということになります。

さてさて、最初に書いた話に戻って、量子力学では研究者に対して
「若いうちは解釈問題には立ち入るな」と言われることが多いんですね。
いくら解釈問題に深入りしても、ノーベル賞級の確たる成果は出ず、
学者として一番頭の働く時期をムダにしてしまうという意味です。
では、今回はこのへんで。






神と近代ヨーロッパ哲学

2020.02.21 (Fri)
cdfgtr (7)

今回はこういうお題でいきます。ここでいうヨーロッパ哲学は、
古代ギリシア・ローマ時代のものではなく、17世紀を中心とした
近代の話です。哲学が取りあつかう対象は膨大ですが、
その中心にあったのは神です。もちろん、キリスト教の神
ということですね。

ですから、ヨーロッパ哲学の多くの部分は神学、宗教学と
重なっています。各時代の哲学者は、それぞれ神をどう解釈するか
悩み、自分なりに神との折り合いをつけようと苦心してきました。
そういうエピソードを積み重ねて書いていきたいと思います。

アイザック・ニュートン
cdfgtr (1)

神の使命
アイザック・ニュートンというと、微積分法の開発、万有引力の
法則の発見などから「最初の科学者」というような評価がなされて
いました。ですが、ニュートンの業績を調べていくにつれ、そうでない
ことがわかってきたんですね。ニュートンの神秘学的な研究は膨大で、
むしろ「最後の錬金術師」と言ったほうがふさわしいんです。

また、ニュートンは熱烈な神の信者で、自分は神に選ばれた
特別な人間であると考えていたようです。神がニュートンに対し、
神が創ったこの世界の法則を明らかにするよう使命を与え、
特別な才能を授けられたと自覚していたことが、その著作から伝わって
きます。彼は使命を達成するため、結婚もしませんでした。

ニュートンの聖書研究はよく知られています。ニュートンは聖書、
特に『旧約聖書』には神の預言が含まれていると考え、ひっちゃきに
研究していました。現在も「聖書の暗号」というのがオカルト分野に
ありますが、そのはしりだったわけです。研究の結果、「この世界は
少なくとも2060年までは滅びないだろう」と書いています。

ブレーズ・パスカル
cdfgtr (6)

パスカルの賭け
ブレーズ・パスカルは17世紀のフランスの哲学者で、「人間は
葦のように弱い。しかし考える葦である」と述べたのは有名です。
パスカルは神について、「パスカルの賭け」
と呼ばれる考察を行っています。

パスカルのころは、人間の理性を重視する研究が主流でした。
パスカルは、「神の存在は理性によっては決定できないが、
もし賭けをするなら、神が存在するほうに賭けるのが明らかに
得である」と、その主著『パンセ』の中で述べています。

この意味はおわかりですよね。神が存在するとして、信仰に生きる
人生をおくった人が亡くなると、天国に迎えられるし、
もし神がいなかったとしても、特に損をすることはありません。
これと似たようなことは、日本の浄土真宗の開祖である親鸞も
述べてますし、現代の新興宗教でも使われます。

ルネ・デカルト
cdfgtr (5)

神の存在証明
神の存在を論理学的に証明しようとした哲学者は多数おり、
パスカルと同時代のフランスの哲学者、ルネ・デカルトもその一人です。
デカルトには、「我思う故に我あり」という言葉が残っています。
では、デカルトの神の証明はどういうものだったでしょうか。

デカルトの考察はたいへん複雑なんですが、ごく単純化していうと
こんな感じです。「人間は不完全であり、完全な存在である神の
概念を自分でつくることはできない」「人間の外部に存在する
神が、その概念を人間に与えたのだ」「ゆえに神は存在する」

これ、みなさんどう考えられますか。なんかこじつけみたいに
聞こえませんか。実際、同時代の哲学者からの批判も多かったんです。
「不完全な存在(人間)は完全な存在(神)の概念をつくれない」
そもそもこの前提が正しいと証明されてないですよね。

バールーフ・デ・スピノザ
cdfgtr (2)

スピノザの神
やはり17世紀、オランダの哲学者バールーフ・デ・スピノザは
「汎神論」という概念を唱えました。スピノザは人格神を否定し、
それは人々を教え導くための方便であると述べます。
ただし、神はいないということではなく、無限の形で
あらゆるところに存在する。

これは一つの神です。それが地球だけでなく、宇宙の隅々まで
広がっている。あらゆるものに神性がおよんでいるということで、
汎神論と呼ばれました。この論法だと、たしかに宇宙は存在
してますので、神もまた存在するということになります。

フリードリヒ・ニーチェ
cdfgtr (3)

神の死
19世紀になり、神の存在を信じる人はだんだん少なくなって
きました。こうした風潮を、ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェは、
「神は死んだ」という衝撃的な言葉で表現しています。
「神の死」は人々にニヒリズムをもたらしがちです。

そこでニーチェは、神が思想から失われた時代になっても、
神にかわって人々に生きる意味を与えてくれるような思想を
打ち立てようと試みました。哲学者がキリスト教の神の影響下から
離れ、独自の価値観による考察を展開し始めるんです。

ルードヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン


沈黙
20世紀、オーストリア出身の哲学者ルードヴィヒ・ヴィトゲンシュタインは、
著書『論考』の最後に、「語りえぬものについては沈黙しなくてはないらない」
と書き、「語りえぬもの」とは神についてだけではなく、霊魂や精神なども
入るんでしょうが、形而上にあるものへの決別を告げました。

さてさて、では、ニーチェに神は死んだと言わせた最大のきっかけは
何だったのか。これは当ブログで何度も述べているように、
チャールズ・ダーウインの「進化論」です。進化論がヨーロッパの
思想界に与えた影響は、ものすごく大きんですね。
では、今回はこのへんで。

チャールズ・ダーウイン
cdfgtr (4)





四神相応と風水

2020.02.19 (Wed)


今回はこういうお題でいきます。カテゴリはオカルト論かな。
さて、「四神」については以前にも書いているので、
今回は簡単にふれる程度にしておきます。四神とは、玄武、白虎、
朱雀、玄武のことで、古代中国の霊獣であり、
大地の4つの方角を司っているとされます。

これはもともと、中国天文学の「天円地方」の宇宙観から
来たもので、下図にあるように、四神はそれぞれ四季と色も合わせて
象徴しています。ただ、これだと陰陽五行説との収まりが悪いため、 
中央に黄色を表す麒麟を置く考え方もあります。

dngdgn (2)

で、中国の風水では、都市を築く場合、この四神の配置に
かなう場所(相応)がよいとして選定されたと言われます。
日本の都、平安京は隋の都洛陽、唐の都長安を参考にして
造営されたのは間違いなく、四神相応が取り入れられているのは、
朱雀門などがあることでわかります。

また、大きな地形についても四神相応であるのが風水にかなうと
されます。具体的には、北の玄武が山です。山には龍脈が走っており、
それを都地に呼び込むことで繁栄が約束される。前方(南)は
朱雀で、海や湖沼などを表します。龍脈からの精気を溜めるわけです。

現代でも、華僑の人などは玄関先に水槽を置き、赤い魚を飼ったり
していますが、これは自分の家に四神相応をあてはめているんですね。
玄武を背にして右側(西)が白虎、左(東)が青龍で、砂(さ)と
呼ばれる玄武よりも低い丘陵であるのが理想的です。
三方を山で囲むことで、風を蓄え水を集めることができます。

フラワーホーン 華僑に人気 デコが大きいほうがよいとされ、中には数百万の個体も
dngdgn (1)

この考え方は日本に取り入れられましたが、その過程でやや
変質し、日本では四神を「山川道澤」ととらえることが
多かったという説があります。「澤」というのは止水の池です。
これが平安京を築くときにあてはめられた。

具体的には、北の玄武(山)が船岡山、西の白虎(道)が山陰道、
東の青龍(川)が鴨川、南の朱雀(澤)が巨椋(おぐら)池。ただし、
これがいちおうの定説ですが、論者によっては玄武を北山とするなど
差異があります。また、四神相応は考えられているが、
山川道澤とは違う形だという意見もあります。

このあたりは、平安京造営時の風水的な考え方が文章として
残っているわけではないので、何とも言いようがないんです。
あくまで後世の見立てなんですね。自分としては、背後に山、
前方に止水の部分だけは確かなんじゃないかと考えています。

風水羅盤 正しく使える人が日本にどれだけいるか
dngdgn (8)

さて、この四神相応は、江戸の街を築くときにも適応されて
いると言われ、それを行ったのが天海大僧正。
この名前はご存知でしょう。天台宗の僧であり、徳川家康の
ブレーンの一人でしたが、出自や前半生がよくわかっておらず、

じつは山崎の戦いの落武者狩りを生きのびた明智光秀である
という説まであります。さすがに眉唾な話ですが、天海は
100歳以上の長命であったとみられ、時代が合わないわけでは
ありません。本項では、この話は深入りしないことにします。

さて、では江戸の四神相応がどうなっているかというと、
よく言われるのが、北の玄武が富士山、東の青龍が平川、
西の白虎が東海道、南の朱雀が江戸湾(東京湾)になります。
ただ、江戸城からみた場合、富士山は真北から100度以上
方角がずれてるんですけどね。

明智光秀と天海僧正
dngdgn (5)dngdgn (4)

また、天海は鬼門および裏鬼門封じも行ったとされます。
鬼門は北東の方角で、裏鬼門はその点対称位置にある南西。
陰陽道では、鬼が出入りするとして、万事に忌むべき方角と
考えられてきました。ですが、中国の風水にこの考え方は
なく、あくまで日本独自のものです。

鬼門には強力な寺社を置いて、神仏の加護によって都を
守る。平安京の鬼門封じは、天台宗の比叡山延暦寺。江戸の場合は、
下図を見てもらえばわかりますが、鬼門に神田明神、
寛永寺、浅草寺。裏鬼門に増上寺などがあります。

dngdgn (3)

天台密教を学んだ天海が、このことを意識していたのは間違いない
とは思います。江戸が長く繁栄するように霊的な守護を配置した・・・
ただ、この手のことって、地図を見て探せば、
どの都市にも、あてはまるものがあるんですよね。

さてさて、中国の風水は、本格的に学べばひじょうに難しく、
自分もきちんと理解しているとはとても言えませんし、
これまで占いに用いたこともありません。ネットで検索すれば、
風水を謳ったホームページはたくさん出てきますが、
その多くは、南側に大きな窓をつくるとか、

水回りはこちらの方角にするとか、生活の知恵の域を出ないもので、
中国古来の本格的な風水ではなく、日本的に変質した家相学の
一部でしかないという批判があります。その批判はおおむね正しい
んですが、ブラセボ効果のようなものもあるかもしれません。
では、今回はこのへんで。

家相学と間取り クリックで拡大できます
dngdgn (6)





メガロドンについて

2020.02.19 (Wed)
アーカイブ225

全長23メートル、体重20トンの超巨大ザメ“メガロドン”の恐怖を描き、
全世界興収3億ドル突破を果たした『MEG ザ・モンスター』。
200万年前に絶滅したとされるメガロドンの真実とは?
 (映画.com)

メガロドン

今回はこの話題でいきます。ひさびさのUMAのカテゴリですね。
9月7日から公開される、映画『MEG ザ・モンスター』のMEG(メグ)とは、
学名 カルカロクレス・メガロドンの略で、絶滅した古代鮫のこと。
要するに、新手のサメ映画なわけです。
ただし、メガロドンについては、絶滅していないとする意見もあります。

まず、メガロドンはいつころ生息していたのか? これは、約1800万年前から
約150万年前とされます。恐竜の絶滅が、約6500万年前ですから、
それよりもずっと新しい生物です。人類の誕生を約400万年前とすると、
時代がかぶっていることになりますが、ほとんど接点はなかったでしょう。

次に、メガロドンの大きさですが、映画の設定は体長23m、体重20t。
ただし、実在したメガロドンの体長には諸説あります。
これは、サメが軟骨魚類であり、化石は歯しか残らないためです。
かつては、体長40mあったのではないかという説もありましたが、

現在は否定され、最大でも12m程度ではなかったかと考える研究者が
多いようです。だいたいジンベイザメの最大クラスと同じくらいですね。
ちなみに、映画『ジョーズ』に登場したのは、現存するホオジロザメですが、
最大で6mほどですから、メガロドンはその倍くらいの大きさです。

メガロドンの歯の化石


あと、メガロドンの体型は、ホオジロザメの巨大版として復元されることが
多いんですが、近年になって、その近縁性は否定されるようになりました。
ですから、メガロドンがどんな姿をしていたのか、正確にはわかりません。
また、ホオジロザメがメガロドンの子孫ということでもありません。

次、メガロドンはなぜ絶滅したのか? これにはいくつかの説があります。
まず、メガロドンは4m程度の小型のクジラを餌にしていたと考えられますが、
そのクジラ類が海水の冷たい海域に適応して逃げ込んだため、
餌がなくなったから、という説。サメは魚類で変温動物なので、
冷たい海まで追いかけていけなかったということですね。

他の説として、メガロドンの絶滅の時期と、現生するシャチやホオジロザメの
登場の時期とが重なっており、メガロドンはこれらとの生存競争に負けて
絶滅したのではないかとする説です。うーん、もしこれが正しいとしたら、
メガロドンってあんまり強くなかったんですね。

少し話を変えて、動画サイトなどには、シャチとホオジロザメのどちらが強いか、
比較する映像などが出ています。体の大きさはほぼ同じですが、
戦えばシャチが圧勝します。シャチはサメを襲って食べますが、
サメがシャチを襲うことはありません。
(病気や外傷で弱った個体を、サメが食べることはあるかもしれません)

これは、魚類の中でも軟骨魚類であるサメと、哺乳類であるシャチの体の
つくりの違いが最大の原因です。下の図を見れば一目瞭然ですが、
シャチは太い背骨、強靭な肋骨を持っていて、
体当たり一発でホオジロザメを殺すことができると言われます。

サメとシャチの骨格


また、運動性能もかなり違います。シャチの最大速度は時速70km、
ホオジロザメは、大型魚類の中では速いほうですが、それでも時速30kmと、
シャチの半分しかありません。さらに、体の柔軟性も大きな差異があり、
ホオジロザメはゆっくりとしか向きを変えることができませんが、
シャチは上昇・下降、急転回など自由自在です。

水中でキリモミ状に回転したりすることもできます。これに対し、
サメは腹を上にすると動けなくなってしまいます。シャチが、
戦法としてサメを上向きにして弱らせる様子が、動画サイトには出ていますね。
さらに知能の面、サメは単独行動することが多いのに対し、
シャチは群れをつくって集団で狩りをします。

宙返りをするシャチ、サメにはこのような動きはできません
ダウンロード

このあたりのことから類推すると、メガロドンの泳ぐスピードは遅く、
動きも鈍かったのではないかと考えられます。ですから、より小回りの利く
ホオジロザメやシャチの登場によって、メガロドンが生存競争に破れて
淘汰された可能性は十分あるんじゃないかと思います。

さてさて、メガロドンは現在も生き残っているのか?
ちなみに、メガロドンはUMAではありません。UMAの定義は完全な未知生物ですが、
メガロドンは既知の絶滅生物です。うーん、どうでしょう。
メガロドンとされる写真や目撃証言はいろいろあります。

下の画像などがそうです。左の画像は、前にいるのがクジラで海が血に染まっていて、
後ろに背びれが見えるのがメガロドン。背びれの長さは1.8mとされていますが、
比較対象物もないですし、これだけではなんともいえないですね。
次の画像は、前にある潜水艦と比較はできますが、
一匹の個体ではない可能性もあります。

メガロドンとされる画像
名称未設定 1

この他、乗っていた船が海中の何かに衝突し、後で調べてみると、
巨大な歯形がついており、ホオジロザメの何倍もの大きさの歯が刺さっていた。
そういう話もいくつかありますが、確証とはいい難いものです。
また、目撃証言の中には、オンデンザメなどの既知の巨大ザメを
メガロドンと見誤っている場合もあるでしょう。

さてさて、ここまで否定的なことを書いてきましたが、
生き残っていない、という証拠もないわけで、オカルトフアンとしては、
もちろんメガロドンが生き残っていたほうが夢があります。
いつか、動かぬ証拠が発見されるかもしれませんね。では、今回はこのへんで。







謎な話

2020.02.19 (Wed)
bigbossmanです。自分が書いているのは創作怪談なんですが、
すべてがそうだというわけではなく、中には体験者の方から
うかがったものもあります。で、その手の話って、わけがわからない
ものが多いんですよね。最後まで謎が残ってしまって解決しない。
まあこれは、一人の方の体験で一方向から見た内容なので
いたしかたがないんですが、どういうことか気になるけど、
わからずにもどかしい思いをすることがあります。
今回ご紹介するのはそういう話で、オチも何もありません。
それでよろしければ、どうぞお読みください。

不動産会社勤務 的場良明さんの話
あ、どうも今晩は。僕、的場ともうしまして、不動産会社に勤務して
おります。いや、小さい会社ですよ。商売してるのも〇〇県の
△△市の周辺だけです。そういう中小だから、新人は何年も
採用してなくて、僕がずっといちばん下っ端の雑用係だったんです。
それがね、去年、ひさびさに新採用がありまして、
自分の部下ってわけじゃないけど、僕より下の社員ができたんです。
いや、うれしかったですよ。上司から、お前が教育係だって言われて、
僕もこの業界まだ4年目なんですけど、知ってることは何でも
教えてました。その新人、名前は村上って言って、齢は26歳。
ええ、新卒じゃありません。この人手不足の時節に、うち程度の
会社じゃ新卒なんて来てくれないんです。

で、この村上なんですが、大学を卒業してから何してたかというと、
東南アジアからインド、ネパールにかけて放浪してたって言うんです。
バックパッカーってやつですね。だから、会社の上の人の中には
薬物関係にかかわってたんじゃないかって、採用を危ぶむ声もあった
らしいんです。けど、そういうバイタリティのある人材のほうが、
これからの業界にはふさわしいっていう、社長の鶴の一声で
入社が決まったんです。本人は明るくてハキハキしたやつでしたよ。
暗い感じは一切なし。それと、大学ではハンドボールをやってたって
ことで、先輩に対する口の聞き方もしっかりしてました。
もちろんまだお客さんの応対とかはまかせられませんでしたけど。
それでね、まずは、うちで管理してる物件の定期の見回りをやらせたんです。

うちは、一軒家からマンション、アパートまで、管理してる物件は
けっこう多いんですが、中にはまだ入居者が決まってないものもあります。
そういうとこを見て回るんです。例えば、台風とかの後に、
破損箇所や雨漏りがないかとか。あと部屋って、定期的に風通しを
しなくちゃいけないんです。窓を開けて外の空気を入れる。
水回りや押入れにカビが発生してないかなどもチェックします。
それと、完全に閉め切った状態でもホコリは積もるし、クモの巣は張る。
その掃除ですね。1回目、2回目は僕といっしょに回って、
3回目にはカギ類をあずけて一人で行かせたんです。
それが、5~6時間で回れるはずなのに、夕方になっても戻って
こなかったんです。掃除に手間どってるのかとも考えましたが、

会社に連絡はありませんし、こっちからかけても携帯に出ないんです。
不在ってことです。村上の自室にもかけてみましたが、こちらも不在。
営業車で出てるんで、必ず会社に戻るはずなのに、とうとう7時頃に
なってしまって。それで僕が探しに出たんです。さっき言ったように、
カギ類は全部村上が持ってましたんで、けっこう大変でした。
で、僕が教えたとおりに回ってるんだろうと思って行った3ヶ所目の物件。
築5年目の新しいアパートです。せまい敷地に建てたので、
部屋は1階4つ、2階4つの8部屋で、下の階の右端が空き部屋。
でね、そこの駐車スペースに営業車があったんです。所有者から合鍵を
借りてたので、部屋に入ったら玄関に靴があったんです。
はい、村上のです。これは中で具合が悪くなって倒れてるとかか、

と思って、中戸を開けて入ってみました。部屋は一間にキッチン、
バス・トイレで、一目で中に人影はなし。トイレ、バスと
誰もいないのを確認して、押入れを開けてみました。そしたら・・・
上段に村上がいたんです。素っ裸で体育座りをし、片側の壁板に
もたれかかるようにして。着ていたスーツとかワイシャツは足の
前に積み上げられてました。肩にさわってみたらものすごく冷たい。
がっくり垂れた顔をのぞき込むと、両目は白目を剥き、
口の端から何かの布が出てました。はい、死んでると思いました。
いや、逃げ出したかったですけど、そうもいかないんで、
まず会社に連絡し、上司の指示で、警察、消防を呼んだんです。
もちろん僕は事情を聞かれましたが、あったことをそのまま言うだけで。

結局、その場だけの検視では済まず、遺体は解剖になって、
死因は自分の下着、パンツを喉に詰めての窒息死だったんです。
それであんな苦しんだ顔だったのかって思いました。捜査は長期間
かかり、他に体に傷などがないことから、自殺って結論になりました。
でもそれ、僕はには信じられませんでしたね。就職が決まって
張り切ってたし、悩んでる様子なんてなかった。僕は何度か警察に
呼び出されて事情を聞かれたんですが、そのときに、1個のブローチ、
ロケットって言ったほうがいいのかな、を見せられたんです。
ヒモの先に紡錘形の金属がついてて、開けると中に小さい絵が入ってる。
写真を入れる用なんだけど、そのかわりに女性の細密画になってて、
警察ではインド人と判断してました。額に点がついてたからだと思います。

ビンディって言って、第三の目なんだそうです。それが下着といっしょに
口の中に入ってた。それでね、うちの社員がそのアパートの部屋を事故物件に
しちゃったわけじゃないですか。所有者のとこへ社長といっしょに
謝りに行ったんです。大家さんはやはり怒ってて、賃貸料は下げないから、
あんたとこで責任持って次の入居者を見つけてくれ、って言われました。
無理ないですよね。平謝りするしかなかったです。そのときに、社長が
部屋の前の住人について聞きました。亡くなった人などはいないことは
確認してましたけど。そしたら、築4年のうち2年ずつ、どちらも同じデザインの
専門学校に通う若い女性が入ってたってことで。ええ、その連絡先も教えて
もらいました。会社に戻ってから、社長が僕に、その2人の女性について調べて
みろって指示を出したんです。社長もね、村上の死因に疑問を持ってたんですね。

ええ、難しいことじゃないのでやりましたよ。一人目の女性にはすぐ連絡が
ついて、電話で話を聞けたんです。2年前、つまり専門学校を卒業して
すぐ結婚してました。現在はデザインとは関係ないパートの仕事についてる。
部屋のことを聞くと、懐かしそうな感じで、初めての一人暮らしで楽しかった、
現在の夫と知り合ったのも学校の関係だし、嫌な思い出は一つもないって。
もちろん押入れのことも聞いたんですが、ただ布団や荷物を入れてただけで、
おかしなことはなかった。それとね、言い忘れてたんですが、押入れの下段に
半分くらいを占める空の茶箱があったんです。茶箱はよく収納に使いますよね。
だから警察でも怪しんでませんでしたが、それは自分のときはなかったって
ことでした。二人目の女性は、実家に連絡したら、現在どこにいるか
わからないって言われました。専門学校卒業後、海外に行くって言って

それっきりだって。なんか事情のある家庭みたいで、あんまり心配してる
様子がなかったんですよね。娘の連絡先はわからないし、電話や
メールも来ない。ただ、生きてるとは思うって。どうして生きてると
思うのか聞いたら、年に何度か絵葉書が来るそうで、その絵柄が
象に乗った神様だったってことで、これ、ピンと来ますよね。インドに
いるんじゃないでしょうか。インド関係の2つ目のことが出てきました。
それに、村上も放浪時代にインドにも行ったって話してたし。
まあ、素人の調査ですからね。ここでストップ、行き止まりです。
社長に報告すると、少し考えてましたが、「お前な、その押入れ、
 1時間くらい入ってみないか。昼間でいいし、裸になんなくても
 いいから」って言われたんです。そりゃ、ビビりましたよ。

けど、社長命令で断れなかったです。まあ、会社としても、もし
その押入れに変なことがあったら、次の入居者を募集できないですし・・・
佐渡谷さんっていう、先輩社員をつけてもらいました。僕が1時間
押入れに入ってる間、外で見張ってくれるんです。それなら、もし何か
あったら声を出せば戸を開けてくれます。平日の午後の明るいうちに
やってみました。押入れの上段に入って、発見されたときの村上と同じ
体育座りのポーズで側板にもたれかかる・・・気持ちのいいもんじゃなかった
ですよ。寝たりはしなかったですが、頭の中にいろんなことが浮かんで
きました。過去の村上との会話なんかも。でね、1時間はすぐにたって、
おかしなことは一つだけ・・・佐渡谷さんが「お前が入ってた間、
 お香みたいな匂いがかすかにした」それだけで、僕には感じられなかったです。
で、その部屋、次の住人に貸しても大丈夫だろうってなったんですよ。







怪談における主人公の責任

2020.02.17 (Mon)
vvvvv (7)
『アントラム』

今回はこういうお題でいきます。カテゴリは怪談論です。
今、『アントラム』という映画が公開されています。
けっこう観客は入ってるようですね。2018年に制作された
カナダ映画なんですが、「観たら死ぬ」というキャッチフレーズが
ついています。「アントラム」という題名の映画が1970年代に

アメリカで制作されたものの、観た者に不幸をもたらすとして
封印される。しかし1988年、ブタペストで世界初上映が行われると、
上映中に火災が発生し、56人の犠牲者を出す大惨事となる。
その後も、様々な映画祭で「アントラム」上映が企画されるが、
関係者が次々と謎の死を遂げ、そのうちにフィルムが紛失。

それが、この呪われた映画を長年にわたり調査していた
ドキュメンタリー映画作家により40年ぶりに発見され、新たに撮影
された関係者や研究者たちの証言を交えてまとめられた・・・
というモキュメンタリー作品です。この手のホラーを日本では
「自己責任系」と言いますが、責任を取らせられるのは観客です。

巻き込まれ系ホラーである『呪怨』
vvvvv (3)

さて、怪談を分類する場合、さまざまな観点があります。
「部屋もの」 「人形系 」 「時空系」などですが、今回は
その話の「主人公の責任」ということを中心に、できるだけ
具体的な例をあげて考えてみたいと思います。

①「見てしまう」系 もっともストレートな形です。夜道を歩いてたら
何かを抱えた人影が走り出て、よく見るとその女には首がない。
あ然としていると、女は自分に近づいてきて、抱えていた生首を
ポーンと放ってよこした。まあこんな感じです。これだと
主人公には何の責任もないですよね。運悪く怖い目に遭った。

因果もの、勧善懲悪の『四谷怪談』
vvvvv (1)

②「巻き込まれる」系 ①と似ていますが、ただ怖いだけでなく
主人公に災いが降りかかってきます。2ちゃんねるで有名になった
「八尺様」がそうですね。たまたま出会ってしまった長身の女に
なぜか好かれてしまい、後を追いかけられる。自分が引っ越した
部屋に幽霊が出るというのもこれに入るかな。

③「地雷を踏む」系 自分が何気なくした行為によって、呪いや祟りの
封印を解いてしまいます。仲間と廃墟の探索に行って、そこにあった
仏壇の引き出しを開けてしまった。アンティークショップにあった
鏡台をひと目で気に入り買ってきた。落ちていた手紙を拾い、
そのままバッグに入れて忘れてしまった。

実際には。この①~③は重なっていて、きちんと分けるのが
難しいことが多いですね。『リング』では、そうとは知らず呪いの
ビデオを見てしまう。『呪怨』では、何らかの理由で呪われた家に
入ってしまう。プロの作品でもこの形はたくさんあります。

vvvvv (4)

④「因果」系 自分の「よくない」行為により恨みが発生して
怪異が起きる。ひどい形で振った女が自殺し、その霊に祟られる、
会社の上司と浮気して、その奥さんの生霊に悩まされる。
『四谷怪談』がそうですよね。この場合、話の主人公は
読者に同情してはもらえないでしょう。

⑤「因縁」系 例えば、遠い先祖が旅人を殺してその金を奪い
裕福になったが、旅人の祟りによって、その家に生まれた男児は、
20歳を前にして事故や病気で死んでしまう・・・
昔の仏教説話などによくあった形ですが、
自分はあまり好きではなく、話も書いていません。

『八つ墓村』も因縁系と言える
キャプチャ

だって、その家に生まれてきた男の子に責任があるとは言えないし、
家系への祟りを除くには大法要でもするしかないですよね。
「祖先の悪行の障りを除くために、この壺を買って飾れ」
みたいな詐欺行為にもつながってくると思います。

⑥「神仏」系 お地蔵様に小便をかけた。神社のお賽銭箱に
手を入れて小銭を盗んだ。そのために罰が下る。
これもねえ、怖いという以前に「ザマミロ」と思いますよね。
主人公はまったく読者に同情してはもらえません。
それがいい怪談とは思えないです。

神罰が直接下る『大魔神』
vvvvv (5)

⑦「悪意」系 これはどういうことかというと、主人公には
何の責任もないですが、第三者の悪意によって生贄などに
されてしまう。加門七海氏の『三角屋敷』がそうですね。
風水的によくない三角形のマンションが霊的な実験を目的に
建てられ、そこに入った住人は思わぬ不幸に見舞われる。

現代的な怪談だと思いますし、自分もこの形はあれこれ
書いていて、「絵馬の検索」とか「奇妙すぎるバイト」なんかが
そうです。ただ、面白い話にはなりますが、主人公は
犠牲者という形なので、そこまでの内容の深みは出ません。

悪意系の『三角屋敷』
vvvvv (8)

この他にも「運命」系というのもあるかもしれません。
映画の『ファイナル・デスティネーション』みたいななもので、
死ぬべき運命になっている主人公が、何とかしてそれを
脱出しようと苦闘する。この場合、内容がややSFっぽくなる。

さてさて、ということで、怪談における主人公の責任という
観点から考えてみました。話の深みというのは必要だと思いますが、
あまりそこにこだわると、無理にオカルトホラーにしなくても、
『黒い家』や『冷たい熱帯魚』みたいな形でいいじゃん、
となるんですよね。なかなか難しいです。では、今回はこのへんで。

運命に殺される『ファイナル・デスティネーション』
vvvvv (2)





プロメテウスは成り立つ?

2020.02.16 (Sun)
dbbg (4)

今回はこういうお題でいきますが、これも例によって、自分の
妄想がかなり入った内容になります。眉に唾をつけて読まれるか、
スルーされるのがいいかと思います。さて、題名になっている
『プロメテウス』は、2012年のSF映画で、リドリー・スコット監督。
『エイリアン』シリーズの一つと位置づけられています。

それにしても、この映画、評判が悪かったですね。2ちゃんねるの
映画板では、かなり長期にわたって、これを批判するスレが
立っていました。予告編がひじょうに期待感をあおるものだった
だけに、それとの内容のギャップが大きかったんですね。

『プロメテウス』冒頭のシーン
dbbg (5)

自分からみても、映像はよかったと思うんですが、脚本はダメダメ
だったと言うしかないです。一番批判の的になってたのは、
登場人物の行動が意図不明で、必然性が感じられないこと。
これって映画としては、かなり致命的なんですよね。脚本が
練り込まれていなかったのには、さまざまな理由があるようです。

この映画の冒頭で、後にエンジニアと呼ばれる異星人が、
おそらく原始地球と思われる場所にやってきて何かの液体を飲みます。
するとすぐに苦しみ始め、やがて体がバラバラに崩れていって、
巨大な滝から海に落ち、細胞の中のDNAがばらまかれる。

オウムアムアは、じつは何らかの意図を持った宇宙探査機?
dbbg (8)

つまり、現在の地球人は、そのエンジニアのDNAをもとにして
成り立っているというわけです。じゃあ他の生物はどうなのか?
とか、DNAの個体差はどうなるのか?などの疑問が当然出てきますが、
さすがにそこまでは作中で説明されていませんでした。
まあ、こだわる人は多くないでしょうけども。

さて、地球生命の起源説の一つに、パンスペルミア説があるのは、
当ブログでも何度も取り上げています。一般的なパンスペルミア説は、
隕石の中などに原始的な生命が入っていて、それが地球の
すべての生命の源になったというもので、自分は、
絶対ありえないとは言えないと考えています。

フランシス・クリック
dbbg (2)

パンスペルミア説が最初に出てきた頃は、-220℃にもなる
宇宙空間では生命は生きられないだろう、有害な宇宙線により死滅
してしまうだろう、もし隕石に生命がいたとしても、地球大気圏
突入時の熱で全滅するだろう、などの批判が続出しましたが、隕石内部
ならそれはクリアされるだろうと考えられるようになってきました。

で、このパンスペルミア説で最も過激なものが、「意図的
パンスペルミア説」です。これは、高度に進化した宇宙生命体が
生命の種子を地球に送り込んだ、とする仮説ですが、
SF映画のようで、にわかには信じられませんよね。

ただ、この提唱者の一人が、ノーベル医学・生理学賞受賞の
ビッグネーム、フランシス・クリックだったため、一気に有名に
なりました。クリックはご存知でしょう。DNAの2重らせん構造を
解明したことで知られています。ですから、
荒唐無稽と思えても無碍にもあつかえない。

エンジニアはアンドロイドに拒否反応を起こす
dbbg (7)

クリックはこの説の根拠として、現在の地球上の生物で、モリブデンが
必須微量元素と重要な役割を果たしているが、クロムとニッケルは
重要な役割を果たしていない。しかし、地球の組成はクロムと
ニッケルが多く、モリブデンはわずかしか存在しないことを
あげています。つまり、生命はモリブデンを主成分とする星から来た。

また、地球上の生物の遺伝暗号が、ほとんど共通したしくみになって
いるのは、そもそも「たったひとつの種」がまかれ、その種から
地球上の全ての生物に変化していったため、とも述べているんです。
うーん、もっともらしい気もしますが、どうなんでしょうか。
自分の理解の範囲を超えています。

パンスペルミア説のイメージ
dbbg (6)

さて、クリックの説は、はっきりとは説明されていないものの、
どうやら高度に進化した宇宙生生命体は、地球だけをターゲットに
したというわけではなく、どこに落ちてもいいよう、全宇宙に
生命の種をばらまいたということのようです。この部分は、
映画の『プロメテウス』とは少し異なっていますね。

『プロメテウス』で、意図的パンスペルミア説とともに用いられて
いるのが「古代宇宙飛行士説」です。これは、1970年代に、
スイスの実業家エーリッヒ・フォン・デニケンが唱えた、
宇宙生命体は地球に生命の種をまいただけではなく、
さまざまな技術を与えて超古代文明を築かせたとするものです。

エーリッヒ・フォン・デニケン
dbbg (1)

デニケン説では、宇宙生命体の痕跡は世界各地にあり、日本の
遮光器土偶も、宇宙人の姿を現したものだとされます。では、
もしこの説が正しいとして、何のためにそんなことをしたのか?
それについては、はっきりとは説明されていませんが、

われわれがマウスなどを使って行うような何かの実験であるとか、
地球に文明を育てたのは、後に収穫するためであるとか、
いろいろ考えられないことはありません。『プロメテウス』でも、
この謎がメインテーマだったんですが、はっきりとわからないまま
終わってしまいました。続編で明らかになっていくんでしょうか。

さてさて、ということで、SF映画の背景を説明してきたわけですが、
映画の場合、娯楽的な要素を詰め込むのも重要で、
そのためにテーマの焦点がボケてしまったりもします。
まあ、これはいたしかたないんですね。では、今回はこのへんで。

これも宇宙人?
dbbg (3)





不徳の池の話

2020.02.15 (Sat)
これな、うちの実家にあった池の話なんだよ。それと、俺には3つ
上の兄がいたんだが、その兄の話でもあるんだ。
うちの実家は、場所ははっきりは言えねえが九州の某県だよ。
でな、そこの町では、うちはかなりの旧家だった。
戦前は町長とかも出してるし、さかのぼれば、江戸時代には
領内を巡回してる藩の役人が泊まったりしてたってことだ。
そんなだから、家の建物は古くてだだっ広い。藁葺きじゃなく
瓦屋根の平屋。もちろん、建物は江戸の頃ものじゃなく、
基本構造はそのままで、明治や大正の時代に何度か改築してある。
で、俺はその家、好きじゃなかったんだよ。友だちの新築の
家に遊びに行けば、いつもうらやましく思ってた。

うちには洋間ってなかったんだよ。全部が和室で、俺の部屋もそうだ。
畳の上にカーペットを敷いて、そこに学習机を置いてたし、寝るときは
ベッドじゃなく布団。ドアではなくフスマと障子だから
プライバシーも何もないだろ。そのうえ冬場はすきま風が入ってくる。
ああ、兄の部屋も同じだったよ。俺と兄はあんまり仲が良くなくってな。
ケンカしてたというか、俺がいつも一方的にやられてた。
兄は気が強かったし、俺はどっちかといえば大人しいほうだったから。
ただ、早く独立してこの家から出たいって気持ちは一致してた。
あとな、便所が母屋とは別棟だったんだ。便所に行くには、いったん
家の裏口から外に出なくちゃならない。そんなに離れてるわけ
でもねえが、子どもにとっちゃ、暗い外を通るのは気味悪いよな。

ああ、スマン、池の話だったな。うちの庭は高い塀に囲まれてたが、
その裏手、方角でいえば北東、つまり鬼門にあたるところに池が
あったんだ。そうだなあ、細長いんだが、広さは畳20畳はあったと思う。
もちろん自然の池じゃなく、ずっと昔に職人に掘らせたものだ。
でもよ、そんな敷地の薄暗い隅に池を造るって変だろ。
ふつう、旧家の池ってのは渡り廊下に面して造られるもんだ。
鯉とか飼って、縁側から眺めることができるようにな。
ところがそうじゃない。池はどんな天気がいい日でも真っ黒に見えた。
いや、これは水が濁ってるということじゃない。池の水は近くの
山から樋で引いてきたかけ流しで、いつも澄んでたし、夏でも
びっくりするくらい冷たかった。生き物は何も入れてなかった。

入れてもおそらく住めないんじゃないかと思う。コケなんかも
ほとんど生えなかったし。水の深さはせいぜい30cm、深いところでも
50cmはなかったろ。だから落ちても特に危険はないと思うんだが、
うちのジイ様からは近づくなって言われてた。ジイ様ってのは祖父のことで、
当時はまだ、その家の当主って言い方があって、70歳を過ぎた
ジイ様がそうだったんだよ。これは親父が入婿だったせいもある。
親父は、旧家に婿入したせいか、いつまでたっても実権を渡してもらえず、
親戚づきあいでも小さくなってて、子どもの目からも頼りなく、
また気の毒な感じがしたな。ああ、スマン、池の話だった。
それで、池はくの字型に曲がってたんだが、その曲がるところに
水の中からお社が立ってた。大きいもんじゃない。

40cm四方くらいだな。黒木で造られた神棚のような形だったが、
いつも正面の扉は閉められてた。母親が毎朝、その前に張り出した板に
酒ともち米を供えてたよ。いや、屋敷稲荷ってのとは違う。
うちのジイ様は、そのお社のことを「ご不徳様」って呼んでた。
子どもの頃は、どういう漢字をあてるのかわからなかった。
ジイ様の話では、家の中に不浄不徳のものが持ち込まれた場合、
その池が取ってしまうってことだった。え、不浄不徳って何かって・・・
それを今から話すんだよ。あれは兄が中学2年のときだな。
ほら、俺も兄も団塊の世代だろ。小学校も中学校も、ものすごく
生徒の数が多かったし、また荒れてもいた。暴走族が盛りの頃だった。
体の大きかった兄は、中学に入ってから不良とつき合うようになってな。

そのグループで、自転車の窃盗事件を起こしたんだよ。
それも1台や2台じゃなく数十台。停めてあるスポーツ車のクサリ鍵を
ペンチで切って持ってきて、分解して仲間内で売るんだ。
結局は警察沙汰になったけどな。で、兄が戦利品として自転車の
サドルとドロップハンドルを家に持ってきた。自分の自転車に
つけようってことだったんだが、自分の部屋に置いてたのがいつの間にか
なくなって、俺が取ったんじゃねえかって兄に疑われた。
けど、俺のは子ども用の自転車だったからつけようがない。
結局、そのハンドルとかは、裏の池に沈んでるのを朝に母親が見つけて
ジイ様に知らせた。これは兄の仕業だろうってんで、兄はジイ様に
呼び出され、仏壇の前でそれらが盗んだ物だってことを白状させられたんだ。

いや、ジイ様は歳だったけど、剣道七段ってことで、まだまだ腕っぷしも
強く、声も大きくて恐ろしかった。あ、勘違いされると困るが、
その部品、兄が池に捨てたってことじゃないんだ。盗品だから
不徳の物ってことで池が取ったんだ。そんな馬鹿なことがあるはずない、
って思うかだろうが、本当のことなんだよ。
でな、うちから学校に連絡して、自転車泥棒のグループが
芋づる式につかまった。中学校では、兄のヘマのせいでバレたってことで、
それからはずいぶんヒドいイジメを受けたんだよ。え、俺?
・・・俺は気が弱かったから万引なんてしたことはないが・・・
1回だけ池に物を取られたことがある。テスト用紙なんだ。たしか数学
だったと思うが、返ってきたテストが39点だった。

さすがにヒドい点数で怒られる。それでな、Xになってる記号を一か所、
正しい答えに書き換えて教師のとこに持ってったんだよ、採点ミスだって。
そしたら、教師は疑いもせず○に直して点数を上げてくれ、
41点になった。たいして変わらねえが、30点台よりは格好がつくだろ。
ところが、家に帰ってきてカバンを開けたらそのテスト用紙がないんだ。
他の教科のはあるのに数学だけない。これは兄の自転車の件の後だったから、
あわてて池に行ってみると、底に俺のテスト用紙が沈んでたんだよ。
濡れてたから捨てるしかなかった。もうわかっただろ、その池が
どういうものだったかってことが。でな、イジメのせいもあって兄は
勉強しなくなり、中3の面談のときに公立高校は無理だって言われ、
家に戻った夜に、シャベルを持ち出して池に庭の土を入れたんだよ。

いや、大きい池だから埋めきれるわけはねえ。そのことはジイ様には
わからなかったが、翌日から兄は熱を出して3日間寝込んだんだ。
何も食ってないのにゲエゲエ黒いものを吐いてたな。で、結局、
兄は不良が集まる私立高校に入ったものの、そこでもイジメられ、2年の
ときにやめて家も飛び出してしまったんだ。親は警察に届けようとしたが、
ジイ様がやめとけって言い、そのままになった。当時はそういう
家出人は多かったんだよ。兄は東京に出て、最初はパチンコ屋の
住み込みで働いてたが、その後ヤクザとかかわるようになったらしい。
そんなだから、俺はジイ様に兄のかわりに家を継ぐようにって言われた。
それから5年後だな。俺は地元の大学に入ってた。消息不明だった兄が
夜中にひょっと帰ってきたんだよ。母親には連絡してあり、

どうしても必要なことがあって金の無心に来たらしい。そのころには
さすがのジイ様も弱って、寝つくことが多くなってた。ところが、
裏口で母親が用意した金を渡そうとしたとき、そこに見えてた兄の姿が
ふっと消えたっていうんだ。夜のことだから探してもわからない。
でな、翌朝、兄は池にうつ伏せに浮いた状態で見つかった。
警察の検死では溺死。兄の体は左手の小指が欠けてたが前のもので、
それ以外に傷はなく、覚悟の自殺ってことになった。でもよ、
家族はみな池に取られたってわかってたよ。それから年月がたち、
実家は市の文化財として買い取られた。ジイ様が生きてたら絶対
ありえないことだが、他界して何もかも変わった。そんとき池は
埋められたんだが、簡単な工事なのに複数死人が出たって話だよ。






シーサーペントの話

2020.02.15 (Sat)
アーカイブ225

dgra (7)

今回はこういうお題です。UMAのカテゴリですね。
「シーサーペント(sea serpent)」は海蛇(かいだ)と訳され、
海に生息する、脚のない巨大な怪物のことです。ちなみに海蛇(ウミヘビ)は、
実在する生物で、そんなに大きなものはいませんが、
鮮やかな色をしていて、致死性の強い毒を持っている種類が多いんです。

ウミヘビ
dgra (8)

さて、歴史上で目撃されたシーサーペントについて、逸話を列挙していっても
いいんですが、すでにUMA系の立派なホームページがいくつもあるので、
ここでは、自分が好きな話を一つだけご紹介したいと思います。
「モノンガヘラ号事件」と聞くと、ははあ、あれかと
思われる方もいらっしゃるでしょう。

1852年1月13日、南太平洋の赤道付近で、アメリカの捕鯨船、
「モノンガヘラ」号の見張りが、海中を激しく動く巨大な生物を発見した。
クジラなら捕りにいくだけだが、しばらく観察しても船長にも何だかわからない。
とりあえずボートを下ろすことにした。この当時は母船から砲で銛を打つ
のではなく、小さなボートからクジラに対して手で銛を投げていたんですね。

木製ボートにある種の貝がくっついたもの
dgra (10)

くりだした3艘のボートの先頭に立ち、シーバリー船長が生き物に一番銛を
打ちこんだ。生き物はいったん海に沈んだが、すぐに3m以上ある長い頭が
海中から立ち上がり、ボートに向かってむかって突進してきた。
3艘のボートはすべて、あっという間にひっくり返り、
船員たちはなんとか泳いで母船に逃げ帰った。

最大7mになり、海に生息するモンスター イリエワニ
dgra (1)

銛にむすんだ網はどんどん伸び、300メートルになっても足りず、
つぎ足された。遠くから生き物の叫び声が聞こえてきた。
翌日の朝方、ようやく怪物の死体が海面に浮き上がってきたが、
経験のある船員でも、そのような生き物をこれまで見たことがなかった。

絶滅した?海棲爬虫類 モササウルス 全長は最大で18m


その怪物は「モノンガヘラ号」(約30メートル)よりも長く、
胴の幅は最大の部分で15メートルもあった。頭部はワニに似ていて、
長さ3メートル、口の中には24本の鋭い歯があり、
歯の大きさはおよそ8センチ、ヘビの歯に似て内側にカギ形に曲がっていた。
色は茶色がかった灰色で、幅約1メートルの明るい縞が全体にあった。

サルパの群体 数十mにもなる
dgra (4)

シーバリー船長は、怪物の首を切断し、保存のため大きな塩漬けの桶に入れ、
近くにいたレベッカ・シムズ号のガヴィット船長に託し、
ニュー・ベッドフォードへ送った。しかし、その後、モノンガヘラ号は
消息不明となり、何年かのち、「モノンガヘラ」の船名板が、
アリューシャン列島のウムネク島の浜辺に流れついた・・・

子どもの頃にUMA関係の本でこの話を読んだときにはワクワクしました。
話の内容がすごい具体的ですよね。
ニュー・ベッドフォードに送られた怪物の首はどうなったんだろうと、
世界地図で地名を調べたりしたもんです。ですが、残念ながらこの話、
海外サイトなどを調べると、どうやら創作みたいなんですね。

打ち上げられた巨大な流木
タイトルなしvvv

さて、目撃されたシーサーペントの正体としては、いろいろな説が
あげられています。まず1つめは海藻のかたまりや流木を誤認した説。
海藻は動かないだろうと思われるかもしれませんが、ゆっくり走る
船の上にいると、自分は動いておらず、相手のほうが進んでいると
錯覚することがないわけではない気がします。

50m以上になる海藻 ジャイアントケルプ
めめめm

2つ目は、既知の生物を誤認したもの。例えばクジラの誤認。
みなさんはクジラと言えば、マッコウクジラのようなゴツいのを思い浮かべ
られる方が多いんじゃないかと思いますが、クジラの種類は多く、
その中には、かなり細長い形状のものがいるんです。
中型クジラはむしろそのタイプが多いんじゃないかな。

ニタリクジラ 最大15m
dgra (2)

それから、リュウグウノツカイ誤認説。リュウグウノツカイは深海魚と
言われますが、そんなに深場にいるわけでもなく、海流などの関係で、
海面まであがってくることも多いんです。台風の後などには、
海岸に打ち上げられたものが見つかります。日本海側と太平洋側では
タイプが違い、太平洋側のは10mを超えるまで大きくなると言われます。

かなり大きなリュウグウノツカイの個体
dgra (6)

それと、シーサーペントには「背中にコブがあった」という証言もありますが、
ここから、列をつくって泳いでいるイルカ、またはアシカやオットセイ、
セイウチなどの海獣類を誤認したという説もあります。
あとは、小魚の群泳やクラゲなどの群体を見誤った可能性も指摘されています。
海洋生物の中には、蛇と見まがうような細長いものは珍しくないんです。

イワシの群れ
dgra (9)

こういうふうに書くと、海を知りつくしている船員や漁師が見間違いを
するはずはない、という意見が必ず出てくるんですが、
はたしてそうでしょうか。下の画像は、ラブカという原始的なサメですが、
ベテラン漁船員でもまず見ることはない珍しいものです。

原始的なサメ ラブカ 2mほど
dgra (5)

もちろん、海は広大で、神秘にあふれていますから、
未知の巨大生物がいるのかもしれません。そう考えたほうがロマンがあります。
ただ、これはネッシーなどでも言われることですが、その種が存続するためには、
ある程度まとまった個体数が必要です。数百という数だと、完全な絶滅危惧種に
なってしまいます。数千でも危ないかもしれません。

イルカの一種 スナメリ 2mほど
dgra (11)

まあ、古代に絶滅したと考えられ、1952年まで発見されなかった
シーラカンスのような例もあります。かつては広範囲の海域にいたものが、
だんだんに生息域がせばめられ、ある特定域だけにまとまって
隠れひそんでいる可能性はゼロではないでしょうね。人間が来ることのない
深海にいて、ときおり浮上するのかもしれません。

さてさて、ということで、シーサーペントの正体は、誤認以外に、
古代海竜の生き残り、つまり爬虫類説。巨大ウナギなどの魚類説。
未知の海棲哺乳類説、イカ・タコなどの軟体動物、クラゲ類などなど
諸説入り乱れている現状なんですね。では、今回はこのへんで。

オーストラリアの有名なシーサーペント写真、捏造の疑いが強い
dgra (3)





モササウルスの話

2020.02.15 (Sat)
アーカイブ224

xsで (5)

今回はこういうお題でいきます。カテゴリはUMA談義ですが、
じつは、ネッシーはUMAですが、モササウルスをUMAと言うのは
難しいんですね。UMA(Unidentified Mysterious Animal)とは、
目撃例や画像のみがあって、正体がはっきりしていない生物のことです。

ですから、「ある水域に何か不思議な生物がいるようだ」
こういう噂が出ている時点ではUMAなんですが、
もしそれが捕獲され、モササウルスと同定された場合には、
既知の古代生物の生き残りということになってしまいます。
ま、シーラカンスと同じようなあつかいになるわけですね。

さて、モササウルスは中生代白亜紀後期の約7900万 ~
6500万年前に生息していた肉食海棲爬虫類です。
恐竜と生息していた時代がかぶっていますが、恐竜ではありません。
また、モササウルスというのは属の総称で、その中に何種類かがいます。

体長は約12~18メートルと大きく、現存するホオジロザメの4倍、
ジンベイザメの1.5倍の大きさがあります。胴体は細身で、
長い尾部を持っています。化石からはヒレの形状はわかりませんが、
現在のサメに近かったのではないかとする研究者もいますね。

映画 『ジュラシックワールド』
xsで (7)

性格は凶暴と考えられています。これは、発見されるモササウルスの
化石で、骨にまでケガを負っているものが大変に多いためで、
同種間での縄張り争いによるものと見られています。
食べていたのは、同時代の大型の魚類、爬虫類など。

かつては、ものかげに潜んで獲物を捕食していたという説が有力だった
んですが、最近の研究では、自分から積極的に狩りをして、
獲物を追いかけていたのではないかと考えられるようになりました。
当時の魚類などは、時速40kmほどで泳げたと考えられていて、
モササウルスはそれ以上の速度を出せたのかもしれません。

ちなみに、ホオジロザメが時速30kmほど、シャチが時速70km
程度と考えられています。白亜紀後期の海洋生物の食物連鎖の頂点に
立っていたわけですが、なぜ絶滅してしまったのかは、
他の恐竜類と同じで、約6600万年前にユカタン半島に衝突したと

考えられる巨大隕石(小惑星)による気候変動のためです。
このときには、海洋生物の約70%がいなくなるという
大絶滅が起きてるんですね。ですから、モササウルスが現在まで
生き残っている可能性は、かなり厳しいと見るしかないようです。

「動く棺桶」と呼ばれ、戦死率の高かったUボート


さて、このモササウルスを目撃したのではないかとする記録が残っています。
時は第一次世界大戦世界大戦のさなか、1915年7月30日、
場所はアイルランドのファストネット東南沖約14kmの海域、
ドイツ海軍第4潜水艦隊所属のUボート、U-28からの魚雷攻撃を受け、
イギリスの貨物船イベリアン号が沈没しました。

すると、船体の機関が爆発した衝撃で、巨大な生物が水面に浮き上がって
きました。その生物は全長が20mほどもあり、大きな4つのヒレと長い尾を持ち、
ワニの首を長くしたような姿をしていました。怪物はそのまま海に沈んだため、
写真撮影することはできませんでした・・・

モササウルスとUボート
xsで (6)

この話も、UMA本にはほぼ必ず載っていますね。ちなみに、Uボートの
フォストナー艦長のこの話が掲載されたのは、1933年10月19日付の
ドイツ新聞『アルゲマイネ・ツァイトゥング』です。
なんと、実際の目撃から18年もたってからのことです。

不思議ですよね。軍事上の秘密とも考えにくいし、
なぜずっと黙っていたんでしょう。これについて調査したのが、
イギリスの作家・歴史研究者であるマイク・ダッシュ(Mike dash)氏です。
この人の本は日本でも何冊か翻訳・刊行されています。

マイク・ダッシュ氏
xsで (1)

ダッシュ氏の調査によれば、まず、U-28号の当時の水兵で、
フォストナー艦長以外に、怪物の目撃談を話していた人物はいなかったこと。
そして、船長が新聞に目撃談を発表した1933年には、
当時の船員は一人も生き残っていなかったことが、つきとめられています。

さらに、U-28号のイベリアン号撃沈時の航海日誌が発見され、
そこには、怪物の目撃記録はまったく載っていなかったことも判明したん
ですね。これは怪しさ爆発です。残念ながら、ドイツ貴族の男爵でもあった
フォストナー艦長によるホラ話だったのではないかと、
現在は考えられているようです。

U-28号の当日の航海記録
xsで (3)

この1933年は、じつはイギリスでネッシーの噂が初めて流れたのと
同時期なんです。ですから、うがった見方かもしれませんが、
イギリスがそういう怪物話を出すならドイツにはこんな話があるんだぜ、
という具合に、フォストナー艦長が対抗的に話を出した可能性も
取りざたされているんです。

さてさて、では、モササウルスが実際に生き残ってる可能性は
ゼロなんでしょうか。これは難しいですね。モササウルスと並ぶ海棲の
巨大生物に、メガロドンがいますが、メガロドンはサメ、つまり魚類ですので、
空気呼吸が必要ないし、深くまで潜ることができます。
しかし、爬虫類のモササウルスはそうはいきません。

「ジャノ」とされるUMA画像
xsで (4)

もし海面近くにいるのなら、もっと目撃例があってもよさそうなものです。
ただ、トルコのヴァン湖で目撃される「ジャノ(ジャノワール)」というUMAの姿が、
モササウルスに似ているという話もあります。ヴァン湖は塩湖で、
陸封されたモササウルスがいるのかもしれません。ぜひ生き残っていて
もらいたいものです。では、今回はこのへんで。

関連記事 『メガロドンについて』






風呂のオカルト

2020.02.14 (Fri)
ddfg (2)

今回はこういうお題でいきます。今号の「週刊現代」では、
風呂場、およびトイレでの死亡について特集されていました。
入浴中の事故・病気による死亡は世界の中で日本が圧倒的に多く、
そのほとんどが高齢者です。ですから、これも高齢者問題の
一つと考えてもいいでしょう。

2015年の厚労省の発表では、1年間で入浴中に亡くなった人は
約1万9000人。これはすごい数ですよね。ちなみに、
交通事故死亡者は年々減っていて、2019年が3215人、
なんと約6倍もの人数です。

入浴中の死亡はやはり冬場に多い
ddfg (3)

また、比べるものではないでしょうが、年間の食道癌による
死亡者数が1万9000人台です。怖い話ですよね。
じつは自分の叔父が、自宅の風呂場で溺死しているんです。
一人暮らしだったんですが、定期的に様子を見に行っている
娘さんが浴槽に頭が沈んでいるのを発見し、救急車を呼びました。

女性一人では浴槽から出すことができませんでしたが、
とっさに風呂の栓を抜いたため、とりあえず水没状態は脱しました。
救急センターからは、呼吸と心拍の確認の指示があり、それは
できたんですが、せまい浴槽内のため、人工呼吸や
心臓マッサージは満足に行えなかったそうです。

救急車に乗った時点では息があったようですが、その日のうちに
病院で亡くなりました。医師らには、死亡状況について
かなり詳しく聞かれたそうです。死因は溺死で、脳や心臓には
大きな問題は見られず、飲酒した状態で入浴してそのまま
お湯に沈んだということみたいです。

高齢者の浴室死 高齢化のため、さまざまな統計が他国と違ってきています
ddfg (6)

で、上記した入浴中の死亡者1万900人のうち、約4割が
死因が疾患ではなく溺死(窒息死)。これは肺の中に水が入って
いるかどうかで判断されます。ただし、意識を失った原因はやはり
心筋梗塞や脳梗塞が多いようで、この原因は「ヒートショック」
と呼ばれ、血圧の変化によるものです。

寒い脱衣所で衣服を脱ぐと、寒さで交感神経が刺激され、
血圧が30~40上昇します。さらに熱い湯にどのままつかると、
さらに10~20上がる。そのために、普段から持病になっている
わけでなくても、脳梗塞や心筋梗塞が起きるんですね。

冬場の死亡率が最も低いのが北海道、次が青森県、暖房の重要性ですね
ddfg (1)

対策としては、できるだけ温度変化を少なくする。つまり、浴室や
脱衣所を暖めておくことです。電気ストーブなどを置かなくても、
シャワーの熱いお湯を事前に浴室内にかけ回すだけでも、
だいぶ違うでしょう。あとは浴槽に入る前に下半身にかけ湯をする。
肩からかけるのは、かえって危険もあるようです。

もちろん、飲酒しての入浴はしない。お湯の温度はぬるめにする。
あと、WHOが2018年、冬の住宅の最低室内温度として「18度以上」
を強く勧告しました。高齢者や小児はもっと温かい温度が推奨に
なっています。興味深いのは、冬場の浴室死が、
熊本県、鹿児島県などの暖かい地方で多いことです。

一方で、入浴の頻度が高いほど要介護リスクが減るという研究も
ddfg (5)

これは、寒い地方では暖房設備が整っていて家全体が暖かいためと
考えられます。あ、この話題で終わってしまいそうですね。
ですが、これ、オカルトではありませんが重要なことです。
みなさんも十分ご注意ください。

さて、浴室は怪談によく出てくる場所です。まず一つは、ここまで
書いたように、浴室が死亡現場になっていることが多く、
そういう部屋を借りてしまった場合ですね。越してきた部屋で
バスタブだけが新しくなってるなんて描写が多いですよね。

事故物件の風呂場
ddfg (2)

あと、浴室内では裸でいるため無防備で、簡単に逃げ出すことが   
できません。また、髪の毛の固まりやカビなどの汚れに
敏感になります。心霊理論的には、霊は水場に集まりやすい
などとも言われています。それと、洗髪のときには目をつむる
ことがあり、いっそう無防備になります。

シャンプーを流しているとき、背中にバサッと髪の毛が触れた
なんて話がよくありますが、もう使い古された感じかな。
ホラー・サスペンス映画では、浴槽で殺人等が起きるのは
定番です。みなさんも、カメラが床のタイルを写していて、
それに落ちる水がだんだんに赤く血に変わっていき、

渦巻いて排水口に吸い込まれるシーンをごらんになったことが
あるんじゃないでしょうか。原点はヒッチコックのモノクロ映画
『サイコ』からですが、面白いのは、浴室でどれだけ女優が
肌を露出するかも、時代によって変化していくんです。

『サイコ』
ddfg (1)

さて、風呂場では無防備と書きましたが、風呂場で殺されたのが
幡随院長兵衛です。傾奇者の町奴の頭でブイブイ言わせてたんですが、
敵対する旗本奴に呼び出され、酒宴中にわざと着物に酒をこぼされ、
風呂を勧められてその中で殺されます。
史実ではないでしょうが、芝居ではそうなってますね。

あとは、殺人事件で、バスルームで殺されなくても、死体を
そこに運んでバラバラにする。まあねえ、外ではできないですし、
やはりやるとなったらバスルームで水を流しながらですよね。
実際にそういう事件は多いんです。

さてさて、ということで、オカルトというより家庭の医学的な記事に
なってしまいました。疾患以外にも、タイルですべって頭を打つ
などの事故もありますし、対策を立てておくにこしたことは
ありません。では、今回はこのへんで。

『名探偵コナン』バスルーム殺人事件
ddfg (4)





豆腐のオカルト

2020.02.13 (Thu)
th (1)

今回はこういうお題でいきます。日本人にとって豆腐は身近な
食材です。まず、たいへん安価であること。それと、冷奴などの
ように、特に調理の必要がなく、そのまま食べられることです。
鍋物や味噌汁などにも、ただ入れるだけでいいんですね。

その一方、おいしく食べるのはけっこう難しいとも言われ、
湯豆腐の場合、煮すぎて固くなってはいけない。湯に入れて
くらりとひと煮立ちした時点で食べるのがよいなどと
されます。豆腐の製法は、一般的には大豆をしぼった豆乳に
凝固剤を入れて固めるだけです。

豆腐よう 自分はこれ苦手です
th (5)

日本の豆腐の歴史はそれほど古くはなく、奈良時代に遣唐使が
中国から持ち帰ったと考えられており、空海によるという
説もあります。一般庶民に広まったのは、江戸時代に入ってから
ですが、江戸の献立番付を見ると、さまざまな豆腐料理が出ています。
やはり安価で調理が簡単な点が大きいでしょう。

あまりに豆腐の食材としての利用が大きいので、江戸幕府は
豆腐の値段を統制していて、豆腐製造業者は幕府の
値段引き下げ令に応じなくてはなりませんでした。また、
豆腐は高タンパク食品であり、獣肉食が一般的ではなかった
江戸庶民には重要なタンパク質源だったんです。

あと、仏教僧の精進料理にも使われ、保存が利くように固めた
高野豆腐などが有名です。そういえば、泉鏡花に『高野聖』という
幻想怪異譚がありますね。豆腐は江戸情緒を残す粋な食べ物で、
いつだったか、お笑い番組の「笑点」で、座布団10枚取ったら
好きな料理を食べられるというときに、楽太郎が10枚ゲットして

高野豆腐
th (4)

豆腐料理を希望し、司会だった師匠の圓楽に、「粋だねえ、
噺家はそうでなくちゃいけない。ステーキとか言い出したら
破門してやろうかと思ってた」などとほめられていました。
さて、では、豆腐にはどんなオカルトがあるでしょうか。

まず最初に出てくるのは、妖怪の「豆富小僧」でしょう。
2011年には、京極夏彦氏の原作が3Dアニメ映画化されています。
外観は、大きな竹の笠をかぶった背の低い子どもの姿で
描かれ、中には一つ目になっているものもあります。
下駄を履き、両手に盆に載せた豆腐を捧げ持っています。

妖怪 豆富小僧 着物の柄に注目
th (6)

うーん、地方の伝承には豆腐小僧の話はなく、江戸の安永年間に突然、
黄表紙などの洒落本に登場し始めたので、創作妖怪と考えられます。
戯作者の間で仲間ウケし、みながキャラクターとして使い回す
ようになったんでしょうね。豆腐小僧は特に人間に害を与える
ことはなく、見た目も怖くありません。

一説には、父親が見越入道という背の高い妖怪で、他の妖怪たちの
間で使い走りをしていたとようです。さて、この豆腐小僧ですが、
「痘瘡除け」ということと関係があります。昔の日本では、
痘瘡(天然痘)は恐ろしい病気で、治療法はないに等しく、
天皇をはじめ、大勢の命を奪っています。

痘瘡神をにらみつける源為朝
th (2)

痘瘡は「痘瘡神」という悪い神がまき散らすと信じられ、この痘瘡神は 
赤い色を嫌うという風説が流れました。そこで子どもには
赤い着物を着せたりしていたんです。また、春駒、だるま、ミミズク、
でんでん太鼓、赤魚なども痘瘡神が嫌がるとされ、豆腐小僧の
着物にはそれらの柄が描かれています。

あと、豆腐小僧が持っているのは、紅葉豆腐といって、カエデの
葉の型押しをしたものですが、これも痘瘡除けと考えられます。
痘瘡神は、餓鬼のような姿だったり、少女だったりと、いろんな形で
描かれていますが、新羅から渡ってきたと考えられていました。
実際、古代日本には痘瘡はなく、大陸から来たものです。

痘瘡とその治療 対処療法しかできませんでした
th (1)

あれ、なんか豆腐小僧の話で終わってしまいそうですね。豆腐小僧は
長く忘れられていましたが、前述の京極夏彦氏らによって
キャラクターが復活しました。豆腐小僧の持っている豆腐を食べると
体中にカビが生えてしまうというのは近年の創作です。

さて、これは怖い話ではありませんが、劇画の『包丁人味平』に
豆腐を材料にして完全なステーキの味、食感を再現するという
話があり、ライバルのレシピを盗み見た主人公の味平は、
食べると腹痛、下痢を起こす豆腐ステーキを作ってしまいました。
あらかじめ偽のレシピが用意されていたんですね。

近年、菜食主義の人も増えてきましたが、人間は必須アミノ酸を
摂取しなくてはならず、大豆を繊維状に加工したソイ・ミートを
あちこちで見かけるようになりました。中には、
本物の肉にしか見えないものもあります。

ソイ・ミートの生姜焼き 見た目は豚肉そのもの
th (3)

ですから、江戸時代の庶民にとって栄養学上、豆腐の果たした
役割はたいへんんに大きかったんですね。現代でも、豆腐食は
高血圧・動脈硬化・心臓病など、成人病予防に効果があると
言われ、これは自分もためしたことがありますが、ご飯の代わりに
豆腐を食べるとダイエットになります。

さてさて、ということで、あんまりオカルトな内容にはなりませんでした。
最後に、有名なのでご存知かと思いますが、久保田万太郎に
「湯豆腐や いのちのはての うすあかり」という名句があります。
万太郎が亡くなる半年前に詠まれたものですが、「湯豆腐」以外に
漢字を使ってないので、白い豆腐の姿が頭にすっと浮かんできますね。

th (2)





コートの怪の話

2020.02.12 (Wed)
最近はネットオークションとか、オークションでなくても
いろんなサイトがあって、ユーズド品が安く手に入るように
なりました。ポチッとクリックすれば、カード決済でも代金引換でも、
宅配業者が自宅まで届けてくれます。便利だし、掘り出し物を見つける
楽しみもあります。でもこれ、出品者の人が匿名の場合も多いですよね。
もしかしたら、みなさんが買ったものが何らかの記憶を持っていると
したら・・・ 今回は、自分が乗ってるアメ車のディーラーに
勤めている30代の男性、Sさんからうかがったお話ですが、
最後までわけがわからないまま終わってしまうんですよね。
ただ、これを聞いたとき、素性のよくわからないものを買うのは
怖いなと思いました。特にそれが衣服の場合は。

自動車販売会社勤務Sさんの話
ええと、最初はですね。某ネット通販で中古のコートを買ったんです。
アクアスキュータムってご存知ですか。イギリスの洋服メーカーで、
コートが有名なんです。そこのトレンチコート。
カーキ色で、丈が膝近くまであるやつです。新品で買えば
30万くらいするやつが、8万円で出品されてまして。
安月給ですからね、8万は痛い出費なんですが、買えば一生モノで
着られると思いました。出品者はハンドルネームを使った
個人の方でしたね。商品の説明には、数回しか着てません、
クリーニング済とあって、裏表から撮った画像が載ってたんですが、
汚れなどはなく新品に見えました。少しは迷いましたけど、
すぐ売れちゃうだろうなって考えてポチったんです。

代金はカードです。するとその日のうちに商品を発送しましたって
メールが来て、翌日には宅急便で届いたんです。ああ、早いなって思って
さっそく袋から出して着てみました。サイズはぴったりで、
シミなんかもなかったです。そのときは、いい買い物したって思って
たんですが・・・それで、内ポケットには修繕用の布地なんかも
入ってたんですけど、それといっしょにメモ用紙を4つに畳んだ
ものが出てきたんです。ん? と思って開いてみると、
ボールペンで字が書いてありました。それが、すごい金釘流って
言うんですか、殴り書きっていうか、最初読めなかったんです。
けど、なんか興味を持っちゃって、デスクライトの下で解読して
みたんです。そしたら、「アサクサで半分」ってわかりました。

この「アサクサ」ってのは「浅草」のことでしょうけど、何のことかは
さっぱりわからない。そこで興味を失っちゃって、丸めて
ゴミ箱に捨てたんです。それから3日ぐらい後かな、会社の飲み方が
あって、そのコート着てったら、みなスゲえいいなって口々に
ほめてくれて。で、12時過ぎくらいに部屋に戻って、
コートをハンガーにかけてクローゼットにしまおうとしたとき、
袖口の中からぽろっと丸めた紙が落ちたんです。え? 誰かイタズラで
入れたのかと思って広げてみると、やっぱり字が書いてて、
「アサクサで半分首の」って読めました。前に見たのと同じ字って
いうか、それに続けて「首の」を書き入れたみたいで・・・
でもね、ゴミ箱のゴミは袋にまとめて出してあるんですよね。

いや、不思議だなあとは思いましたけど。そのときはまだ怖いとは
感じませんでした。その紙は細かくちぎって捨てました。
それからまた数日して、デートのときにコートを着てったんです。
相手は婚約してる女性で、やはりコートのことをほめてくれました。
で、もうわかると思いますけど、自分の部屋に戻って脱いだら、
懐から紙がひらひらって落ちて。それ、紙が新しかったんです。
前のは黄ばんで端とか破れてたのが、新しいメモ用紙に見えました。
それね、うちの会社のメモ用紙だったんです。下のほうに会社の
マークが入ってました。変ですよね。書いてあった字は前の続きで、
「アサクサで半分首の切れた女が」なんです。字は同じに思えました。
ここで、さすがに気味悪くなったんです。だいたい、

「首の切れた」ってタダゴトじゃないじゃないですか。あと、
紙がうちのメモ用紙になってるのもおかしいし。ええ、部屋には
そのメモ用紙、机の引き出しに入れてたんです。出してみると
まったく同じものだったんですが、それまでも電話とかのときに
はがして使ってたので、いつのやつなのかはわからなかったです。
このときもね、会社のやつらのイタズラを疑ってました。
そのメモ用紙、誰でも手に入りますから。え、浅草に心あたりが
ないかって? それが、少しだけあったんです。3年ほど前に
つき合ってた彼女が浅草の土産物店で働いてました。でも、
その彼女とは変な別れ方をしたわけじゃないっていうか、僕のほうが
フラレたんです。ですから恨まれてるなんてことはないです。

で、わけがわからないので、ディーラーのお客さんの一人で
bigbossmanさんって占い師の人がいるんですが、その人に電話で
相談してみたんです。そしたら、その話だけではなんとも判断できないから、
知り合いの霊能者の人を紹介するって言われて。メモ用紙は
とっておきました。霊能者の人とは駅前の喫茶店でお会いして、
Yさんっていう40歳くらいの女性の方でした。事情を話して
メモ用紙を渡すと、紙全体に手のひらをあてて目を閉じ、
数秒してビクッとしたように目を開けて、すごく悪いものを感じるって
言われたんです。でね、Yさん、自分の車で来てたんですが、
それからビデオカメラと三脚を出してきて、僕の部屋の入り口から
中に向かってセットしておきなさいって言ったんです。

ええ、長時間撮影できるようになってました。で、そのメモ用紙は
Yさんが持ってって、言われたとおりずっと部屋の中を撮ってたんです。
最初の2日は何の異変もなかったですが、3日目ですね。
そろそろ馬鹿らしくなってきてたんですが、朝、モニターを見てみたら、
とんでもないものが映ってたんです。僕でした。ベッドに寝てた僕が
夜中の2時過ぎに起き上がり、まず机の引き出しを開けてメモ用紙を
1枚ちぎり、それからクローゼットに向かってあのコートを出して
着たんです。いや、まったく覚えてないです。ただいつものように
寝て起きたとしか思えなかったですけど、映ってるのは間違いなく自分。
夢遊病、睡眠時遊行症っていうみたいですけど、子どもの頃から
そんなことはなかったんですよ。でね、コート着た僕は、

机に向かってメモ用紙に何か書き出したんです。ボールペンを持ってる
のが左手でした。これも変で、僕はずっと右利きで・・・
あ、もしかしたら左で無理に書いたから、あんな乱れた字になったのか。
書いてる時間は短くて、メモ用紙をコートのポケットに入れてから脱ぎ、
またクローゼットにしまってベッドに寝る・・・
ここまで見て、すぐコートのポケットを探ってみたんです。
ええ、ありました。会社のメモ用紙には「アサクサで首の切れた女が
落ちてくる」ってなってたんです。はい、僕が書いた・・・んです。
それでYさんに連絡して、また喫茶店でメモとビデオを見てもらいました。
Yさんは「文が終わってるね、これ、近々、実際に起きるかもしれない」
って言うんです。ゾッとしました。浅草にいる元カノの話もしたんですが、

Yさんは「その娘とは関係ないでしょう。あなたのせいではなく、
 コートに憑いた因縁です」って。それで、コートを供養しなくては
ならないって言われて、8万円ですからねえ、もったいなかったですけど、
目の前に首の切れた女が落ちてくるのはゴメンだし、直撃でもされたら
こっちもタダでは済まないですよね。それで、コートは泣く泣くYさんに
渡して供養してもらったんです。神社でお焚き上げしたってことでしたので、
戻ってはきませんでした。こんな話なんです。ですから、みなさんも
通販で中古品を買うときに気をつけたほうがいいと思います・・・っても
何を気をつければいいかわかんないですよね。それにしても、
浅草でいったい何があったのか気になりますよねえ。もしかしたら、
映画みたいな、すごいドラマチックなことだったのかも。

キャプチャ




Kさんシリーズ

2020.02.12 (Wed)
自分の怖い話の中で、会話だけで進んでいくものがあります。
そしてそれには、Kさんという人物が登場します。
Kさんはbigbossmanより年上の実業家で、ボランティア霊能者です。
自費で全国を飛び回って霊障事件の解決にあたってるんです。

悪魔の話

ネットの墓の話

もう一人の赤い私の話

赤い糸の話

骨の花嫁の話

生き物を飼う家の話

悪魔の話2

呪いの話

喰う場所の話

死神と決定論の話






宇宙人と地球の宗教

2020.02.11 (Tue)
gnfn (5)
『幼年期の終わり』

専門家に聞くGiz Asksシリーズ。今回は、宇宙人が現れても
動じない宗教、宇宙人ウェルカムな宗教を
プロに聞いてみました!
(GIZMODE)

今回はこういうお題でいきます。この記事、YAHOOの科学ニュースの
中に入ってたんですが、科学ではないと思います。かなり地味目の
話になると思われるので、スルー推奨ですね。さて、なぜ記事の
冒頭しか引用しなかったかというと、この後、7人の比較宗教学
などの専門家が登場し、自分の意見を述べているからです。

「宇宙人が現れても大丈夫な宗教は何か?」という問いに対し、
仏教と答えた人が2人、仏教とヒンドゥー教と答えた人が1人、
たくさんあると答えた人が3人、キリスト教は厳しいという
意見が2人(重複回答)でした。

うーん、まあ、仏教が大丈夫なのは確かでしょうね。理由は2つ
あります。1つ目は、仏教の目的が解脱にあることです。
解脱とは、「煩悩に縛られていることから解放され、迷いの世界、
輪廻などの苦を脱して自由の境地に到達すること」です。

宇宙神である密教の大日如来
gnfn (2)

もっと簡単に言えば、仏教の修業によって人間一人ひとりが仏に
なるということ。大日如来、阿弥陀如来、薬師如来など
たくさんいますよね。開祖のお釈迦様もそのうちの一人で、
釈迦如来になります。ですから、もし宇宙人がいたとしても、
高次の存在である仏になること(成仏)は可能です。

もう一つは、修行の方法が一つではないことです。厳しい戒律を
守る、座禅をする、題目(南無妙法蓮華経)を唱える、
念仏(南無阿弥陀仏)を行う・・・ですから、もし宇宙人が
地球人と大きく違っていたとしても、その宇宙人に合った
修行法があるということになるでしょうね。

ヒンドゥー教の宇宙観
gnfn (1)

あと、仏教と同じく、輪廻の鎖から解き放たれ解脱することが
目的であるヒンドゥー教も、宇宙人がいても問題ないと考えられます。
だいたい、ヒンドゥー教の神って、目が3つあったり、
肌が青かったり、宇宙人と言ってもおかしくない姿をしていますよね。

さて、では、どうしてキリスト教は厳しいのか。自分は、
これも大きく2つくらい理由があるんじゃないかと思います。
まず一つは、「人間はみな原罪を持っている」というキリスト教の
根幹となる教義。原罪とは、アダムとイヴが神の言いつけに
背いて知恵の林檎を食べてしまった不服従の罪です。

ですから、アダムとイヴの子孫である人間はすべてが原罪を
持っています。そこで、それを贖(あがな)うため、神の分身である
イエス・キリストが地上に送り込まれ、全人類の罪を一身に
背負って十字架にかけられて死ぬわけです。

アダムとイヴの楽園追放
gnfn (3)

ところが、宇宙人は果たしてアダムとイヴの子孫なんでしょうか。
そうは考えにくいですよね。また、地球のゴルゴダの丘で
イエスが死ぬことによって、全宇宙の生命の贖罪がなされたことに
なるんでしょうか。これもちょっとそうは思えません。

まあねえ、神は、すべて生命が存在する星にキリスト的な存在を
送り込んだと言うことはできるでしょうが、そうすると
神は「父と子と精霊」とする三位一体説が危うくなります。
まず一つ、このことがあるでしょう。

法王庁付属のバチカン天文台
gnfn (7)

もう一つは、キリスト教には存在の序列があります。どういうことか
というと、全知全能の神が最上位であり、次に神の使いである天使、
それから神の姿に似せて創られた人間、そしてその他の動物たち。
ではここで、もし宇宙人がいたとして、宇宙人は地球人よりも
上の存在なんでしょうか。

例えばトカゲが進化したような宇宙人、思考する岩石のような宇宙人
などがいたとして、人間の姿に似てないので、神にも似ていない
はずです。さまざまな矛盾が噴出します。このあたりのことは、
SF作家も関心を持っていて、アーサー・C・クラークが、名作
『幼年期の終り』で登場させた宇宙人(オーバーロード)は、

トカゲ型宇宙人
gnfn (4)

キリスト教で伝えられる悪魔の姿をしていました。また、これは
過去記事で詳しく書いていますが、ジェイムズ・ブリッシュの
『悪魔の星』では、原罪を持たず、神も宗教もないのに、
人類よりずっと理知的で、犯罪のまったくない暮らしている宇宙人が
登場し、作中の主人公は、これは悪魔が創った星だと結論づけます。

さて、バチカンでは宇宙人についてどう考えているのか。
教皇による公式見解はありませんが、バチカン天文台所長の
フネス神父は、神は宇宙にも宇宙にも神が創られた知的生命体が
いるかもしれないという考えを述べ、さらに、宇宙人の中には
原罪を負っていない存在さえあるかもしれないとも言及しました。

イスラム教の礼拝(サラート)
gnfn (8)

おそらく、ジェイムズ・ブリッシュ作品が提起した問題を意識
してのことでしょう。では、イスラム教はどうか、イスラム教の
神はキリスト教、ユダヤ教と同じ神ですが、イエス・キリストは
神の子ではなく預言者の一人とされます。イスラム教は政治と宗教、
生活が一体化していて、厳しい戒律があります。

でも、宇宙人が1日5回の礼拝を行ってるとは考えにくいですよね。
さてさて、では、日本神道はどうでしょうか。これは、宇宙人が
来ても、八百万いる神のうちの一柱くらいに考えられるんじゃないかな。
もし宇宙人が攻撃してきたとしても、神道の神の中には荒ぶるものも
いますしねえ。では、今回はこのへんで。

gnfn (6)





幽霊は怖いか?

2020.02.10 (Mon)
dd (2)

今回はこういうお題でいきます。カテゴリは怪談論ですね。
さて、どっから話していきましょうかね。
「幽霊」という言葉で連想ゲームをすると、おそらく1位か
2位に「怖い」という語が出てくると思います。
では、幽霊って怖いんでしょうか?

まあ、幽霊なんてもともといないから、怖いも怖くないもない、
こんなふうに答えられる方も、かなりの数おられるとは思いますが、
今回は文化的な話としてお読みください。「幽霊=怖い」という
連想が生まれた原因は、大きく2つあるかなと自分は考えます。

『呪怨』


一つは、「娯楽としての恐怖」が氾濫していることじゃないで
しょうか。ホラー映画は毎年、趣向をこらした新しい作品が
つくられますし、ホラー小説も同様です。
「恐怖」は商品になるんです。

ホラー映画に登場するのは、幽霊の他に、殺人鬼、悪魔、ゾンビ、
正体不明の怪物などもいますが、アメリカ映画はともかく、
日本ではあまり一般的ではありません。日本映画で恐怖の主役に
なるのは、やはり山村貞子や佐伯伽椰子のような、
一度死んで悪霊化したものが多いですよね。

ただまあ、ホラー映画や小説はフィクション、作り物ということが
最初からわかっています。だから映画館で見ても一種の安心感が
あるんですが、2000年代に入ってから、日本では「実話」と
冒頭に銘うたれた作品がどんどん出てきました。これは活字も
ありますし、怪談という形でライブで語られたりもします。

dd (3)

実話であるからには、日本のどこかで「本当にあった」話なわけで
フィクションよりはずっと身近です。あるアンケート結果では、
「幽霊はいる」と答えた人は、全回答者の40%くらいでした。
(ここで注意しなくてはならないのは、「霊魂はある」という回答とは
違うことです。霊魂はある、と答える人はもう少し多いでしょう。)

ですから、現代の日本では、幽霊を現実的な存在としてとらえている
人もそれなりにいるんだと思います。そして、実話怪談の主流は
「怖い幽霊」です。中には、心温まる幽霊話というのも
ないわけではありませんが、それは箸休め程度ですね。

二つ目の原因は、日本は長く仏教国であり、仏教の因果応報的な
考え方が浸透していたことだと思います。うちの父はもう
亡くなりましたが、テレビで幽霊番組をやっていると、
「何も悪いことをしてないんだから、俺に化けて出てくるやつは
いない」みたいなことを言ってました。

dd (6)

これが伝統的な日本の幽霊観なんです。あるところに非道い仕打ちを
されて殺された人がいて、遺体は川に流されたので、葬式もしてないし
墓もない。お経もあげてもらっていません。つまり成仏していない。
そのために怨霊化し、自分を殺した人間のところに化けて出る。
『四谷怪談』のお岩さんがそうですね。

鶴屋南北が書いた脚本が上演されて大ヒットしました。觀ている客は、
怖いけれども、祟りにあうのは舞台の伊右衛門であり、自分のところに
危害がおよんでくるわけではない。ですから、現代の映画みたいな感覚で、
幕間に弁当を食べたりしながら見ることができたわけです。しかし、
明治維新後、仏教はまともに信じられなくなっていきます。

1970年代のオカルトブームが一つのきっかけになっているでしょう。
テレビ番組『あなたの知らない世界』で最恐と言われてるのは、
通称「恐山の怪」とか「お歯黒お化け」と呼ばれている回で、
ご存じの方も多いと思いますが、青森の恐山でたまたま女の霊を
見てしまっただけなのに、幽霊は家までついてきて、

『恐怖の心霊写真集』シリーズより
dd (4)

茶碗の中に出現。その人の家族は全員、歯を真っ黒にされて
しまうんです。これ、自分はビデオで見たんですが、歯が真っ黒に
なるのが唐突で意味不明、そして映像としてすごく怖いんです。
あとは中岡俊哉氏の『恐怖の心霊写真集』シリーズで、
霊は目に見えないが、どこにでもいるという考え方が広まった。

この流れが少しずつ形を変えながら現在まで続いてるんですね。
ただ道を歩いていたり、鉄道自殺を目撃したりしただけで、
何も悪いことをしてないのに霊障に遭うことがある・・・自分も、
先祖の因縁みたいなのはあまり好きじゃないので、この形で
書いた怪談はかなりあります。ただ、それだけだと底が浅い気もして、

最近は、「自分の生き方が怪異を呼び込んでしまう」系の話を
なるべく増やそうと思ってるんですが、これは難しく、書くのに
時間がかかるうえに、内容が普通小説やミステリに近づいて
くるんですよね。試行錯誤中ではあります。

怪談会
dd (1)

さてさて、では「怖くない霊」はいないかというと、まあ
生きた人間と変わらず、幽霊とわからないケースは別として、
人を助けてくれる霊の話は世界中にあります。よく知られてるのが、
吹雪の山中で道に迷ったりしたとき、誰とも不明なヤッケの
男がピッケルにつかまらせてくれた、みたいな話です。

スマトラ沖地震で、明らかに生者ではないものが瓦礫に
埋もれて生きている人の場所を教えたとか、病院で看護師が
休憩してると、いないはずの古い制服を着た看護師が現れ、
窒息しかけている新生児がいるのを知らせたとか、
さがせばけっこうな数が出てきます。

ということで、「幽霊=怖い」の背景には、エンターテイメント
で売り上げを増やすという戦略が隠れています。
しかし、もし幽霊がいるとして、すべての霊が邪悪な存在とも
考えにくいですよね。では、今回はこのへんで。

dd (5)