FC2ブログ

アーカイブ 彼方からの声

2020.04.30 (Thu)

ジル・ド・レイ

昨日の続きみたいなものです。ちょっと思わせぶりな書き方を
してしまったので、やってしまいたいと思いますが、
この内容は、ちゃんと話をすれば本一冊以上の分量になってしまうため、
できるだけかいつまんで概略だけ記したいと思います。

「青ひげ」の話は、仏のシャルル・ペロー作の童話で有名になりましたが、
ほぼ同じ内容のものが、『グリム童話』の初版に収録されています。
ペローの童話出版が17世紀末、グリム童話は19世紀の初頭ですから、
ペローのほうが古いものです。なお、グリム童話では、
この話は2版以降では削除されます。

「青ひげ」挿絵
     ffgg (1)

こんなお話です。 「金持ちの領主は、その風貌から青ひげと呼ばれていた。
彼は何度も結婚しているものの、その妻はすべて行方不明になっていた。
青ひげはある兄弟の美人の妹娘に求婚し、周囲はとめたが、
ついに結婚が行われた。しばらく後、長期の外出をしなくては
ならなくなった青ひげは、新妻に鍵束を渡し、

「どこにでも入っていいが、この鍵束の中の小さな鍵の
小部屋にだけは絶対に入るな」と言い残して出ていった。
しかし妻は好奇心に負け、小部屋を開けてしまう。
そこに見たものは、血の海に沈んだ先妻の死体であった。動揺した妻は
小部屋の鍵を血だまりに落としてしまう。その血は部屋の扉を閉めた後、

魔法のため、いくら洗ってもとれなかった。やがて帰ってきた青ひげは
妻に鍵束を出させたが、小部屋の鍵がない。無理に出させると
血がついていたため、妻が見てしまったことを知った青ひげは、
新妻も殺そうとする。お祈りをしたいなどと、あれこれ妻が時間を
引き延ばしているうち、間一髪兄たちがやってきて青ひげを
殺してしまう。妻は青ひげの莫大な財産を受け継ぎ幸せに暮らした。」

     ffgg (4)

この話のモデルであると言われるのが、フランスの軍人・貴族である
ジル・ド・レイ、あるいは英国のヘンリー8世です。ヘンリー8世に
ついては前に少し書きましたが、16世紀のイングランド王で、
6人の妻と結婚し、そのうち2人を刑死させています。離婚のため
カトリック教会から破門され、英国教会をうちたてたことで知られます。

今回は、ジル・ド・レイ(ジルドレ)のほうを取り上げます。15世紀前半の人で、
フランス王国ブルターニュ地方ナントの貴族、男爵、フランス元帥。
幼くして両親を戦禍で失い、祖父に引き取られます。ここで少年愛の
悪癖が身についたという説もありますが、定かではないようです。

領地を広げるために、近隣の領主の息女と政略結婚させられましたが、
妻はほったらかしで、狩りなどに明け暮れていました。
成人して軍人となり、百年戦争のオルレアン包囲戦で、
ジャンヌ・ダルクに協力して奮戦に継ぐ奮戦、「救国の英雄」と呼ばれ、
地方軍人としてはほぼ最高位である元帥にまで上り詰めたんですね。

「青ひげ」の民話を採集したシャルル・ペロー


ジャンヌ・ダルクについては、みなさんご存知でしょうが、
少し書いておきます。「オルレアンの乙女」とも呼ばれ、農夫の娘として
生まれたジャンヌは、12歳頃に神の啓示を受けます。
神の声を聴いたと公言するジャンヌは17歳にして、
騎士姿でまだ即位前であったシャルル7世に謁見し、宗教諮問を受けます。

ここで認められたジャンヌは従軍を許可され、
その後はイングランドとの百年戦争の重要な戦いで連戦連勝、
はじめはジャンヌの配下に入るのを拒んでいた将軍らも従うようになり、
シャルル7世の戴冠に貢献することになります。

イングランド王ヘンリー8世


ジャンヌの軍事指揮能力については諸説ありますが、
男装して甲冑を身につけ先頭で旗を持つ姿が軍を鼓舞し、
神の意志と力が自分たちの元にあると思わせる効果は絶大だったんでしょう。
その後、ジャンヌはブルゴーニュ公国軍の捕虜となり、シャルル7世が
身代金を支払わなかったため、イングランド側へ引き渡されます。

異端審問にかけられ、異端の判決を受けたジャンヌは19歳で
火刑に処せられます。ここで、あまり知られていないのは、ジャンヌが
最終的に異端とされたのは、「一度禁じられた男装をふたたび行った」
とする罪状なんです。異端審問に対する不服従の罪といってもよいものです。

ま、イングランドに歯向かったからという罪状はつけようが
ないでしょうが。火刑になったのは、魔女に対する刑罰と同様で、
遺骸をなくして復活を禁じるという意味もあります。実は生きていたという
流言を封じるため、黒焦げになったジャンヌの遺体は公衆に晒され、
さらに灰になるまで焼かれてセーヌ川に流されました。

ジャンヌ・ダルク
     ffgg (3)

この後も、100年戦争は文字どおりまだまだ続くんですが、ジャンヌの死の後、
領地に戻ったジル・ド・レイは、黒魔術と錬金術に耽溺して財産を浪費、
さらに領地の少年を誘拐しては、取り巻きと惨殺する行為を繰り返します。
その数は150人とも800人とも1500人とも言われます。

このジル・ド・レイを扱った文学作品で、もっとも詳しくかつ有名なのが、
仏の19世紀末のデカダン作家であるカルル・ユイスマンスの『彼方』で、
悪魔主義をテーマとしたこの著作は、自分のようなオカルティストには
必読ものの一冊とも言われています。

この本では、ジル・ド・レイの凶行に多くのページが割かれており、
それによれば、少年の首を生きながら斬る、少年を吊り下げておき、
助けにきたふりをして介抱しながら、一方で少年の体を
鋭利な刃物で切り裂き、少年がふたたび絶望に
陥るのを楽しむ・・・ このような状況であったようです。

『彼方』の作者 カルル・ユイスマンス


ジル・ド・レイは領地争いから告発を受け、公開裁判ですべての罪状を
明らかにされ、絞首刑の後、遺体を火葬されて36歳で亡くなります。
すべてを自分から告白し、まるで刑死を待つかのような態度であった
とも言われます。いちおうレイの名誉のために述べておけば、
この裁判は領地争いの政敵によって支配されたものでした。

さて、ジル・ド・レイがこのような狂気にとり憑かれたのは、
生来の性癖、錬金術や黒魔術の流行などの時代性もあったでしょうが、
やはり、ジャンヌの死が大きなきっかけであったと考える研究者が
多いんです。ジャンヌを火刑としたカトリック世界への絶望、
神の不在を感じたということでしょう。

処刑されるジル・ド・レイ
Exécution_Gilles_de_Rais

また少年愛については、つねに男装していたジャンヌと行動を
ともにしていたことに関係がある、と見るのはうがちすぎでしょうか。
ジャンヌの名誉は、1456年に復権裁判法廷が無罪を宣告して回復され、
1920年、ローマ教皇ベネディクトゥス15世によって聖人として列せられる
ことになります。一方、ジル・ド・レイは、西欧社会では、怖ろしい
大量殺人鬼の典型として、現代まで語り継がれてきているわけです。

さてさて、ジャンヌは「神の声を聴いた者」です。また、ユイスマンスの
『彼方』という作品題名は、ジル・ド・レイのような所業は
人間にできることではなく、彼方からの声にしたがって行われた、
という解釈でつけられているようです。では、
ジル・ド・レイが聴いたのは悪魔の声だったのでしょうか。

最後に、青ひげの童話は妻殺しの話ですので、少年を殺し続けた
ジル・ド・レイとは、その点が異なっています。ヘンリー8世の逸話も
取り込まれているのかもしれませんし、他の暴虐な領主や貴族の伝承も
混じっているのかもしれません。童話の舞台になっている中世西欧社会は、
調べていくと怖ろしいものがたくさん出てくる世界なんですね。







スポンサーサイト



世界の怖い人形

2020.04.30 (Thu)
xxxxx (3)

今回はこういうお題でいきます。まあ、お手軽企画ですね。
もしかしたら続きがあるかもしれません。
サムネイルになっているのは映画の『チャイルド・プレイ2』。
これに出てくるのはグッドガイ人形というものなんですが、
なぜチャッキーと呼ばれてるかというと、

「湖畔の絞殺魔」の異名を持つ連続殺人鬼、チャールズ・レイが、
警官隊に追われて大型オモチャ店に逃げ込み、銃で撃たれて
自分が死にそうになったとき、ヴードゥーの呪文を唱えて
近くにあった人形に魂をのり移らせたからです。ちなみに、
このときの呪文は「アデ デュイ デンベラ~」でした。

xxxxx (8)

次もヴードゥー人形で市販品です。ヴードゥー教は、もともと
西アフリカの民間信仰でしたが、そこの原住民が奴隷として
まずカリブ海のハイチに連れてこられ、さらにアメリカに
持ち込まれたものです。アメリカでは、ルイジアナ州を中心に
ディープサウスと呼ばれる南部地方で信じられています。

ルイジアナ州はフランス領だった時代があり、いまだにフランス語を
話す人々がいます。それと、ヴードゥー教には聖母マリアや聖人が
取り入れられてキリスト教と融合し、もう何が何だかわからなくなって
しまいました。で、ヴードゥー人形なんですが、本来は
持ち主の身代わりとして災厄を受けるためのものだったんです。

それが、相手の爪や髪の毛を中に入れて針を刺す呪いの人形に
変わってきたんですね。アメリカでは「マダム〇〇の人形」という形で、
念を込めた術者の名がついたヴードゥー人形が、通販でいろいろ
売られています。上のものは、マダム・ママ・マンボの人形。

xxxxx (7)

次、これはご存知でしょう。北海道の萬念寺にある通称「お菊人形」。
髪の毛が伸びるとして、テレビや雑誌で取り上げられて有名に
なりました。ですが、この人形にまつわる話のほとんどは
ガセネタというか、「週刊女性自身」に記事を書いた北海道放送、
馬淵豊記者の創作です。

実際に髪の毛は伸びるんですが、これは、髪の毛を束にし、
2つ折りにして頭に植え込んだものが、櫛でとかされたりしたときに
ズレて伸びたように見えるのではないかと推測されています。
ただ、本格的な調査が行われたわけではありません。

xxxxx (6)

次、これも有名な画像ですね。木に吊るされた裸の赤ちゃん人形。
これ一体だけでなく、不気味な人形が多数あります。
メキシコの首都メキシコシティ内にソルミチコという区があり、
その中に「人形島」と呼ばれる島があります。サンタナ氏という
男性が、付近の湖で溺れている少女を発見、助けようとしますが、

少女は亡くなってしまいます。悲しんだ彼は、少女の霊を供養するため、
運河を流れてくる人形を拾い集めて、島中に吊るし始め、
それから50年以上がたち、島は無数の人形でいっぱいになりました。
もともとがゴミだったのに加え、人形は雨ざらしになっているので、
朽ち果て、カビが生えたりしてたいへんに不気味です。

xxxxx (1)

次、これ一見して怖いようには見えませんよね。日本語で
「棚の中のエルフ」と言うんですが、英語で「elf on the shelf」
にすれば韻を踏んでいます。日本のクリスマスは、敗戦後、
アメリカから伝わりましたが、中には日本に取り入れられてない
風習もいろいろあり、これもその一つです。

クリスマスの1ヶ月前になると、親はこの人形を買ってきて、
子供部屋に置きます。そして子どもが寝ている間にあちこち場所を変える
んです。なぜそういうことをするかというと、このエルフは子どもを
見張っていて、もし良い子にしてた場合はサンタさんからふつうの
プレゼントがもらえますが、悪い子だった場合は、ジャガイモや石炭などの

悪いプレゼントしかもらえません。エルフ君がサンタさんにちゃんと
報告をしていることになってるんです。もともとはヨーロッパから
来た風習で、向こうは契約社会ですから、1年間良い子にした
褒美としてプレゼントがあるんです。もし悪い子だった場合は、
頭から袋に入れられて、怖いとこへ連れてかれてしまいます。

xxxxx (5)

次、映画『アナベル/死霊館の人形』に出てきた呪いの人形で、
左が本物、右が映画のものです。アナベル事件は、アメリカで有名な
ウォーレン夫妻が解決したとされる霊障事件の一つで、夫は悪魔研究家、
婦人は霊媒師でした。この本物の人形のほうは「ラガディ・アン」
と言い、夫妻が関わった記念品を集めた博物館に展示されています。

xxxxx (2)

次、これもネットで有名になりましたね。「シンガポールの目隠し人形」
というものです。ある日、なぜか樹の下に置いてあるのが
発見され、目を覆っている布には、「bismillah(アッラーの名のもとに)」
と書かれていました。かなり謎めいた話ですよね。

そこで、さまざまな憶測が語られ、twitterなどで画像が広まったんですが、
この人形の作者は判明しており、どうやら巧妙な宣伝だったようです。
最後はこれ。実際に通販で売られているジョーク人形で、
機械じかけで動き、声も出します。で、値段が85800円なんです!
いったいどんな人が買うんでしょうか。

xxxxx (4)

さてさて、人形のように顔があるものには魂が宿るといいます。
長年かわいがってきた人形なら、古くなっても捨てるにしのびない
ですよね。もし捨てると、怪談のリカちゃん人形のように、
「今、あなたの後ろにいるの」となるかもしれません。
では、今回はこのへんで。





「スーパーアース」って何?

2020.04.29 (Wed)
Astrophysical Journal Lettersに発表された新たな論文は、地球から
300光年離れたところにある赤色矮星「ケプラー1649」の惑星、
「ケプラー1649c」について説明しています。この惑星ののサイズは
地球の1.06倍ほど、つまりほとんど同じです。しかもこの惑星は
ハビタブルゾーン内、つまり岩石惑星であれば地表に液体の水が
存在しうる領域にあるんです。地球外生命体発見も遠くない・・・?

(GIZMODE)

dddfgv (1)
映画『スター・ウオーズ』に登場する惑星群

今回は科学ニュースからこういうお題でいきます。まず、引用記事の
星ですが、太陽系外惑星です。惑星の定義はおわかりだと思います。
太陽と地球のように、母となる恒星があって、その周囲を公転している
のが惑星。小文字の c は、主星から数えて近い順に3番目ということ。

地球も、水金地火木・・・でわかるとおり、太陽系の第3惑星
なわけですが、この記事の場合は必ずしも正確ではないかもしれません。
遠く離れているので、間に地球からは見えない小さな惑星が
あるのかも。あと、「ケプラー」というのは探査機型 宇宙望遠鏡
の名前です。ケプラー望遠鏡で発見された惑星ということ。

ケプラー望遠鏡は2018年、燃料切れのためにミッションを
停止しましたが、膨大なデータを残し、人間の手で解析するのは
不可能のためAIによる精査が行われていたんですが、
この星は、そのアルゴリズムが惑星ではないと見落とした中から、
人間の手によって発見されたんだそうです。

ケプラー探査機の想像図
dddfgv (6)

余談ですが、病気の画像診断にAIを活用しようとする
研究が進められていますよね。多くの実験では、癌などの
発見は人間よりもAIのほうが優れているという結果が出ています。
ですが、この例のように、AIの見落としを
人間が拾い上げるという場合もあるんですね。

惑星の名前からだけで、これだけのことがわかるんです。
さて、この惑星、まず大きさは地球比1.06で、
ハビタブルゾーン内にあります。ハビタブルゾーンについては、
以前記事に書いていますが、日本語では「生命居住可能領域」。

ハビタブルゾーンとは
dddfgv (4)

十分な大気圧がある環境下で、惑星の表面に液体の水が存在できる
範囲のことを指します。生命が存在するためには、大気と水が
必要だろうと推測されているわけです。例えば、
火星は重力が小さいので、ごくごく薄い大気しかありません。
大気が薄いと、もろに有害な宇宙線などの影響を受けてしまいます。

水の存在が重要なことはおわかりでしょう。寒すぎて完全に凍結して
いたり、逆に高熱で水蒸気になっている場合、少なくとも地球と
似た形の生命の存在は期待しにくい。ケプラー1649cの場合、
主星から受け取る光は地球が太陽から受ける光の75%ほどと
推定されていますが、地表面の温度まではわかりません。

dddfgv (7)

地表温度は、大気の組成や厚さに大きく左右されるからです。
ケプラー1649cの公転周期は19.5日。1年が20日足らず    
ということです。これは主星との距離が近いため。
ですが、この主星、太陽の4分の1の大きさしかない
赤色矮星なんですね。だから温度も低い。

自分もよくはわかりませんが、地球から太陽を直接見ると
ギラギラ輝いてて目を痛めます。赤色矮星の場合、炭火みたいに
見える可能性があります。赤色矮星は間欠的に長いフレアを
吹き上げることが知られており、
それが生命存在にどう影響を与えているか。

赤色矮星のイメージ
dddfgv (8)

さて、表題の「スーパーアース」です。その定義は、
太陽系外惑星のうち地球の数倍程度の質量を持ち、かつ主成分が
岩石や金属などの固体成分と推定された惑星

惑星重量は地球の数倍から10倍程度で、はっきり決まっている
わけではありません。あと木星のようなガス惑星はのぞかれる。

ただ、地球の10倍の質量ということは、単純に考えれば
重力も10倍になるはず。体重60kgの人がその惑星に行けば
600kgになってしまいます。そのあたりどうなんでしょう。
ここで少し、地球外惑星探査の歴史をふり返ってみます。

ケプラー1649cのイメージ
dddfgv (2)

初めての地球外惑星の発見は、1995年、木星の半分ほどの
質量を持つ惑星、ペガスス座51番星b でした。これにより、
2019年のノーベル物理学賞が発見者の2名の天文学者に
与えられたのは記憶に新しいところです。で、最初のうちはやはり
望遠鏡の精度が低いため、見つかるのは木星型巨大ガス惑星だけ。

その後、技術が向上し、2005年以降は地球の数倍程度、
現在では地球よりも小さい惑星も見つかるようになりました。
それにともなって、当然スーパーアース候補も増えてきたわけです。
少しだけ例をあげると、「CoRoT-7b」地球からいっかくじゅう座の
方向に約500光年、直径が地球の1.7倍、質量は4.9倍。

2019年 ノーベル物理学賞受賞者
dddfgv (3)

「ケプラー22b」地球から見てはくちょう座の方向に約600光年
離れた位置にあり、直径は約2.4倍程度。他にもまだまだあるん
ですが、大きさと温度が最も地球に近いのが、
今回のケプラー1649c ということなんです。ちなみに、
この星と地球との距離は約300光年とされています。

さてさて、これらの星には生命が住んでいるんでしょうか。
ぜひともメッセージを打ち出してやりたいところですが、
かのホーキング博士は死の直前、地球から宇宙にメッセージを
出すのは危険だと述べています。ただ、地球からのメッセージが
ケプラー1649cに届くとしても、

今から300年後なんですよね。もし直接行くとすれば、
光速度の1割のスピードだとしても3000年もかかります。
うーん、こう考えると、映画『スター・ウオーズ』のような
銀河同盟ができるには、超光速航法がどうしても必要という
ことになりますね。では、今回はこのへんで。

ワープ航法のイメージ
dddfgv (5)




広告塔の話

2020.04.28 (Tue)
あ、どうも山本と言います。北関東の県の〇〇市で、市民市場で
働いてます。よろしくお願いします。これね、俺じゃなくて、
俺の叔父さん、母親の弟なんですけど、その人の身に起きたことなんです。
けどね、何が何だかわけがわからなくて。全体像がつかめないって言うか。
ここの人たちは、その手のことに詳しいって聞いたんで、
話をしにきました。それでね、4ヶ月くらい前、その叔父さんから
電話がかかってきまして。あ、すんません、叔父さんは60代で、
高校卒業してからずっとJAに勤めてて、つい去年退職したばかりです。
で、用件は、ご馳走するから飲みにこないかってことで、
まあ、叔父さんとはそれまでもよく飲んでたんですけど、
居酒屋とかが多かったんです。それが、今 寿司屋にいるから、

好きなネタ、いくらでも注文していいぞってことで。そりゃ豪勢だ
と思ってさっそく出かけたんです。言われた先は駅前にある高級な店で、
そんなとこ俺、入ったことなかったです。おそるおそる暖簾をくぐると、
叔父さんがカウンターで一杯やってて、俺の顔を見ると、
「まあ座れ、何でも好きなもの頼んでもいいぞ、腹いっぱい食え」
「いいんですか」と答えると、「ああ、ウニでもアワビでも大トロでも、
 何でも」って。アワビなんてネタ書きに「時価」ってあって、
いくらするのか見当もつかない。「ご馳走になります。にしても、
 すごいじゃないですか。何か臨時収入とかあったんすか」
「それがなあ、ほら、〇〇橋の土手の横にうちの土地があるだろ」
「ああ、はい」 「あれが売れたんだよ。それもかなりの高値で」

こんな話だったんです。その叔父さんの土地のことは知ってて、
20坪くらいかなあ。建物を建てるにしてはせまいし、不定形だし、
川そばで湿気が多い、とうてい売れるような場所じゃなかったんです。
叔父さんもそれ知ってるから、ずっと寝かせてたんですね。
「へええ、誰が買ったんですか?」 「広告屋だよ」
「え? どういうこと」 「何でもな、広告塔を建てるらしいんだよ、
 看板のついた。〇〇までこの先、直進2kmとかってやつ」
「ああ」そんときは、なるほどなって思ったんです。そこの橋は
かなり車通りも多いし、川近くには高い建物もないからよく見える。
「いくらだったんすか」 「坪〇万」 「そりゃすげえ」 
「だろ。こないだ契約済ませてな。俺もな、まさか売れると思って

 なかったのよ。あんなことがあった近くだしな」 「ゴチになります」
あんなこと、というのは、その土地から上がった道路、橋の欄干のあたり
なんですが、そこで朝、集団登校中の小学生に車が突っ込んだんです。
子どもが1人亡くなって、4人が大ケガ。現場には長い間、花束なんかが
供えられてました。てことで、その日は腹いっぱい高級寿司を堪能させて
もらいまして。でね、そこの道、俺いつも通勤で通ってたんです。
しばらくは畑が残ってましたが、やがて鉄パイプ製の頑丈な柱が
4本立って、それが広告塔みたいでした。電信柱より高いくらい。
で、1ヶ月ほどして、塔の一番上にでかい看板が設置されました。
「〇〇セレモニーホール」って、冠婚葬祭業です。けどね、俺らの
市は過疎で、結婚式よりも葬式のほうが何倍も多いんだと思います。

そこの道をまっすぐ行って右に曲がってすぐ、そのホールはあるんです。
何かで叔父さんに電話したとき、その話をしました。
そしたら「ああそうか」程度の反応だったんです。俺もね、そんときは
何とも思わなかったんですが・・・ ほら、最初に俺、市場に勤めてるって
言ったでしょ。朝早いんです。6時前には家を出ます。でね、
その時間だとほとんど車も通ってなくて、軽トラから看板を見てたんですけど、
上にカラスがたくさんとまってたんです、何十羽も。そんときからですね、
何か気味悪いなあと思い始めたのは。それから2週間くらいして、
ホールのの下に別の看板を設置する工事が始まって、できたのは、
「〇〇胃腸病院」でした。その病院、地元の評判がよくないんですよ。
中には、〇〇に行けば殺される、とまで言う人がいるくらい。

実際、何年か前には医療事故の訴訟があって、病院側が敗訴してます。
それで、ホールの下に病院の看板ができると、カラスがそっちに移って
きたんです。これ、変ですよね。しかも、看板の裏側でしきりに何かを
突くような動作をしてる。あまり奇妙なんで、物好きだと思われるでしょうが、
1回だけ時間があるとき、車を停めて看板の下に入ってみたんです。ええ、
そこの土地フェンスに囲まれてるんですけど、低いので大人なら簡単に
またぎ越せます。中に入ると、カラスがいっせいに鳴き始めて、
かなりビビりましたが、塔の裏側に回ると、病院の看板の上辺から、
何かがヒモで10個くらいぶら下がってたんです。大きさは10cm
くらいかなあ。高くてよくわからなかったけど、大きな木の葉で何かをくるんだ
もので・・・ちまきに似てるって言えばイメージがつかめるでしょうか。

いや、それが何なのかはまったくわからなかったです。そうしてるうち、
上にいたカラスたちがだんだん下に降りて俺に近づいてきて。
一匹なんか、頭上のすぐそばまで来て、威嚇するように鳴いたんです。
慌てて退散しました。で、ですね、また2週間ほどして、
最下段に看板が設置され、それ「〇〇寺」っていうお寺さんのもの
だったんです。ええ、市に古くからある寺で、やはりその道沿いです。
ただ、さすがにお寺さんですからね、悪い評判とかはなかったと思います。
ええ、そうです。カラスの群れはその看板まで降りてきてとまってました。
もう見に行かなかったです。ちょうどその頃、叔母さんから電話があって。
この叔母さんってのは、最初に話した叔父さんの奥さんです。
内容は、「なんだかうちの人、この頃元気ないのよね。

 毎年やってる畑仕事も途中でやめちゃったし」というもので、
「え、そりゃ60歳過ぎてるんだから、どっか具合が悪いとこがあっても
 不思議じゃない。病院で精密検査してもらえば」
「うん、そう思って勧めてるんだけど」 「あ、〇〇病院はやめたほうが」
「とんでもないよ! あんなとこ行かせられない」こんな話になりまして。
でね、この頃になって、俺、奇妙なことに気がついたんです。
これと同じ広告塔が他にもあるってこと。いや、広告塔なんて
どこにもあるけど、ついてる看板の順番が、上から「〇〇ホール」
「〇〇病院」 「〇〇寺」と同んなじで。まあねえ、同じ広告会社のだから
なのかもしれないんですけど、気にはなりますよね。
俺が見つけたかぎり、そこの道をはさんで、あと2つあったんです。

で、ほら、今は簡単にパソコンで地図見れるでしょ。市場のパソコンで
地図を出して、その3ヶ所の広告塔に点をつけてみました。
そしたら、細長い二等辺三角形になり、その中心にあたる場所に
〇〇寺があったんです。これもね、道案内をかねた広告なわけだから、
不思議なことはないのかもしれないですけど・・・
1ヶ月前です。朝にいつものようにその道を通ってたら、お寺の看板の
下が真っ黒になってました。上手く言えないんですが、
黒い、人間くらいの大きさの蓑虫が下がってるような感じ。何だろう?
車を停めて近づいていくと、黒いのはカラスが集まってるからで、
その間からかろうじて見えるのは人の体。こりゃ大変だ。
そう思ったものの、カラスに襲われそうで近づけない。

道の脇に落ちてたコンクリ片を拾って投げたんです。それは蓑虫の
中心にあたり、ギャーギャー言いながらカラスが散りました。
やはり人でした、首を吊った。カラスはまたすぐ集まってきたんで、
これはダメだと思って警察と救急に通報しました。
「その場にいてください」って言われて待ってたら数分で到着し、
警官2人が警棒を使ってなんとかカラスを追い払い、救急隊員がヒモを
切って下に降ろしたんですが・・・それ、叔父さんだったんです。
あちこちカラスに突かれて肉が破れ、目は両方とも失くなってましたが、
叔父さんだとわかりました。その前日、看板とは別の病院で末期癌を
宣告されたってことでした。それで、叔父さん、菩提寺の〇〇寺の
住職が来て、〇〇ホールで葬式をあげたんですよ。






捨身(しゃしん)とは

2020.04.27 (Mon)
vfe (5)
『捨身飼虎図』

今回はこういうお題で、仏教の話になります。日本史とも深い
関係があるんですが、それを書いてると長くなってしまうので、
できるだけそっちにはいかないようにしたいと思います。
さて、「捨身」と漢字で書くと「すてみ」と読まれる方も
いるんじゃないでしょうか。

自分は学生時代に柔道をやってたので、その読み方のほうが
なじみ深いです。ちなみに、捨身技の中では谷落というのが得意で、
大事な試合で何度も一本を取ったことが・・・と、こんなよけいな
ことを書いてるからスペースがなくなるんですよね。

玉虫
vfe (1)

「捨身」をウェブ辞書で引くと、① 世俗の生活を捨てて仏門に
入ること、出家 ② 供養や衆生 救済などのために、自分の身を
捨てること と、2つの意味が出てきますが、今回 取り上げるのは
②のほうです。まず前説として、仏教は北インドに生まれた
お釈迦様が、前5世紀ころに始めたものです。

この当時、インドは輪廻転生思想が盛んでしたが、お釈迦様自身は
そのことに深くはふれていません。それよりも、今をしっかりと
生きることが大切だと教えたわけです。ですが、お釈迦様の死後、
仏教には当然のように輪廻転生の思想が取り入れられ、
地獄道などの六道の概念ができあがりました。

玉虫厨子
vfe (6)

その中で、お釈迦様が仏になることができたのは、その前世で
まだ菩薩(仏になるための修業中の者)の身のとき、
たくさんの捨身を行って、多くの生き物を救った功徳によると
されます。インドには「ジャータカ」という仏教説話を集めた経典が
あり、そこにはお釈迦様の前世での捨身について書かれています。

玉虫厨子というのをご存知でしょうか。法隆寺にある233cmの
厨子で、7世紀の作とされます。4500匹の玉虫の七色の翅が
貼られていたということですが、現在ではほとんどなくなっています。
これには、ジャータカから取られた「捨身飼虎(しこ)図」と
「施身聞偈(もんげ)図」の2つの捨身物語が装飾されています。

復元された玉虫厨子の捨身飼虎図
vfe (4)

両方紹介する余白はないので、「捨身飼虎図」のほうだけ説明します。
「ある大王に3人の王子がいた。3人が山に遊びに出かけると、
崖の下に虎の母親と2匹の仔がいた。見ると、母虎は飢えのあまり
乳が出ず、やむを得ず仔の一匹をとって喰おうとしていた。

すると、一番年下の第3王子が、兄たちに別れを告げ、崖下に
身を投げて虎に自分の身を差し出した。母虎はその肉を食べ、
乳が出るようになった。この第3王子が転生したのがお釈迦様
である・・・この場合、人間は虎よりも上ということはないんですね。
お釈迦様の前世はウサギやサルだったこともあるからです。

これは仏教に殺生戒がある理由ともなってるんです。仏教では、
もちろん自殺は禁じられていましたが、捨身は認められました。
キリスト教も似ています。キリスト教でも自殺は禁止ですが、
殉教と自己犠牲は認められています。自己犠牲は、自ら十字架に
かかったキリストのように、他者のために身を捧げることです。

即身仏
vfe (1)

仏教では、捨身をすれば成仏できると信じられ、キリスト教では、
天国行き決定です。映画の『コンスタンティン』では、悪魔との
契約によって地獄に引きずり堕とされそうになった主人公は、
自己犠牲をすることで、それから逃れられる設定になっていました。

さて、ここから少し怖い話になっていきます。仏教における
捨身にはどんなものがあるでしょうか。まず一つは密教系の即身仏。
五穀を断ち、数年かけて体から脂分を抜きます(木食行)。
その後、土の中に入って経を唱えながら、最終的には餓死する
(土中入定)わけです。(即身成仏と即身仏は違う概念です)

補陀落船
vfe (7)

湯殿山の即身仏の記録を調べると、歴史的な大飢饉があった年に
土中入定が行われていることがわかります。木食行も土中入定も、
民衆救済のための捨身だったんですね。即身仏は後にミイラ化
したものが掘り出され、人々の信仰を集めることになります。

他には、補陀落渡海というのもあります。渡海船という屋形船に
わずかな食料とともに入り、入り口を釘で閉ざされたまま
流されていくんですが、行き着く先は極楽浄土とされました。
また、泥舟だったり、船底に穴をあけられていたりと、
確実に死ぬように工夫されてもいたんです。

応照上人の焼身往生の跡とされる遺構
vfe (3)

それから焼身往生。平安時代の『日本霊異記』には、
熊野山の応照上人という浄土僧が、紙の僧衣を来て薪の中に入り、
焼身往生を遂げたことが記されています。その他にも何名か記録に
残っていますが、これは苦しかったでしょうねえ。

さてさて、聖徳太子、山背大兄王と玉虫厨子に関する怖い話というのも
あるんですが、それは機会を改め、後日に日本史の記事として書くことに
したいと思います。ここからは余談ですが、1933年から、玉虫厨子の
復元が試みられたものの、玉虫の翅が足りず未完成に終わりました。

これは後に、日本鱗翅学会が日本全国の昆虫採集家や小中学生に
呼びかけて翅を集め、1960年に完成をみています。
ここでみなさんは疑問に思いませんか。玉虫の翅を集めるのは
殺生に当たらないのかということです。まさか、自然に死んだ玉虫
だけを使ったってことはないですよね。では、今回はこのへんで。

vfe (2)






「人獣共通感染症」って何?

2020.04.26 (Sun)
森の中で1匹のダニが、人の背丈ほどもあろうかという
高さの草をよじ登る。そして、前脚を目いっぱい伸ばし、
誰かが通るのを待っている。こうした草むらにハイカーが入れば、
ダニはハイカーの体に必死にしがみつき、最適な場所に移動する。

そして、皮膚にかみつき、口器を突き刺すのだ。ダニがライム病の
原因となる細菌を保有していれば、病原菌が体に入り込み、
ハイカーは「人獣共通感染症」になる。
(NATIONAL GEOGRAPHIC)

ccccc (6)

今回はこういうお題でいきます。新型コロナウイルスに
関係した話題です。さて、この言葉、お聞きになったことがあるで
しょうか。たぶんあまり聞き慣れないんじゃないかと思います。
というのは、日本の厚生労働省では「動物由来感染症」という
用語を使っているからです。

どちらも、英語の zoonosis の訳語で、このところ話題になってる
WHOの定義によれば、「ヒトと脊椎動物の間を自然に伝播しうる
すべての病気または感染症」となっています。米国立衛生研究所
によれば、全世界の死因の16%近くが感染症によるものと推測され、
そのうちの6割がズーノーシスと考えられています。

具体的な数字をあげると、アメリカ疾病対策センターは、
世界のズーノーシスの症例数は年間25億件、死者数は270万人
になると推定しています。すごい数ですが、これには
飼っている猫に引っ掻かれた場合の、猫ひっかき病など
死に至らないケースも多いんです。

野生のコウモリ
ccccc (3)

ではまず、どんな病原体があるのか?これは大きく、寄生虫、
原虫、細菌、真菌、ウイルスと分けることができるでしょう。
この他には、狂牛病などのブリオン病があります。
世界で猛威をふるっているマラリアは原虫感染症です。
引用記事のライム病は細菌感染症になりますね。

さて、日本では昔は寄生虫病がたいへん多かったのは
ご存知でしょう。特に知られているのが回虫によるものですが、
冷蔵庫の普及、衛生観念の進歩、効果的な虫下しの開発
などによって、今はほとんど聞かなくなりました。回虫は
人獣共通感染症です。(ぎょう虫は違うようです。)

寄生虫アニキサス
ccccc (1)

あと、アニキサス症というのがあります。アニキサスは回虫の
仲間で、全ての種が魚介類に寄生しています。日本人は古来、
刺身という形で海の魚を生食してきたので、これにかかる
危険性は大きいんです。実際、イカやサケ類の刺身から
感染した例があり、激しい胃痛を起こします。

日本ではずっと、海の魚や貝類は無害と考えられてきましたが、
1999年、アニサキスが食品衛生法で食中毒の原因物質と特定
されました。このあたり、コウモリを食べる中国人や
アフリカ人が野蛮だとは一概にいえないんですよね。

ccccc (7)

細菌感染症は、結核、ペスト、サルモネラ症、赤痢、O157症
などなど。医療の歴史は、感染症との戦いの歴史でもありました。
で、抗生物質の発見によって細菌感染症は克服されてきた・・・
とまでは言えないんですよね。たしかに、ストレプトマイシンの
登場によって結核は激減し、死亡者も少なくなりました。

ですが、人間の体の中には多種多様の細菌がすみついています。
善玉菌、悪玉菌などの言葉を聞かれたことがあると思いますが、
常在菌の中には、宿主である人間にとって重要な役割を果たして
いるものもあり、すべてを退治してしまうことはできません。
それが、例えば抗癌剤治療などで免疫力が低下したときに、
体の中で暴れて高熱や嘔吐を引き起こしたりします。

さまざまな腸内細菌 人間にとってよいものも悪いものもあります
ccccc (1)

今回のCOVID-19はウイルスです。ウイルスによる人獣感染症は
エボラ出血熱、狂犬病、日本脳炎、デング熱、SARS、MERSなどがあり、
これからの医学は、ウイルスとの戦いになっていくことになりますが、
かなり厳しいものになると思います。理由は後述します。

次に、人獣感染症の伝播のしかたですが、直接伝播と間接伝播が
あります。直接伝播は噛み傷、引っ掻き傷からの感染で、映画の
ゾンビ化と同じです。間接伝播には、ノミやダニが媒介する場合、
病原体で汚染された水や土壌と接触したり飲んだりする場合、
病原体を持っている動物を、熱を加えずに食べたりする場合。

細菌とウイルスの大きさの違い
ccccc (4)

で、日本はこれらの人獣感染症を引き起こす可能性が高いと
言われています。アフリカの奥地でもないのに、と思われるでしょうが、
日本の特殊なペット事情によります。日本は、室内犬など、
世界では考えられないせまい住環境で飼育すること、珍しい動物を
ペットとして飼う人がいることが危惧されてるんですね。

今、エキゾチックアニマルといわれるペット市場が拡大中です。
自分も、プレーリードッグ、フェレット、ショウガラコ
(夜行性の小型サル)を飼っている人を知ってますが、これらの
動物が人獣感染症を引き起こす可能性が高いのはご理解いただけると
思います。日本発のパンデミックが起きたら大変です。

ショウガラコ かわいいですが、こういうのを飼うのがいいかどうかは疑問があります
ccccc (5)

さて、では、どうして人獣感染症が防ぎにくいのか。天然痘ウイルスは
撲滅されましたが、これは基本的にヒトからヒトへしか感染しません。
ですから、世界の人全員がワクチンを打てば寄生する場所がなくなります。
しかし人獣感染症の場合、世界の野生動物すべて、また蚊やダニの
全部にワクチンを打つなんてことはできないですよね。

さらに人獣感染症の中でもウイルス感染症はワクチンを作りにくい。
エイズのワクチンは世界中で研究しても完成していません。
対処治療薬があるだけです。そしてウイルスは自在に変異していきます。
これが、人類VSウイルスの戦いが厳しい理由なんです。

エボラウイルス、コロナとはだいぶ形が違います
ccccc (2)

さてさて、新型コロナウイルスについてもいろいろなことがわかって
きました。基本性質は風邪ですよね。その致死率が高い。
いまだかつて、人類は風邪の流行を防いだことはありませんし、
もしインフルエンザのようにワクチンができたとしても、何種類も
必要になってしまうはずです。ということで、今回はこのへんで。





湖底の絵

2020.04.25 (Sat)
こんばんは、私、三村ともうしまして、ある県の小学校で
図工専科の教師をしています。よろしくお願いします。
さっそく話を始めさせていただきます。去年の10月のことです。
私が勤務していた小学校の5年生が、1泊2日の日程で
県北にある少年自然の家で宿泊研修を行ったんです。
私は講師で専科ですから、担任も持っておらず、本来なら
参加する予定はなかったんですが、学年が人手不足ということで
校長先生にたってと頼まれ、同行させていただくことになったんです。
2日目の午前中に写生大会が予定されていたためもあります。
私は県南部の出身で、その施設に行くのは初めてでした。
5年生はA~Cの3クラス、バスで1時間半ほどかかりました。

私は、Cクラスのバスに担任の先生と同乗しました。
学年部以外の先生は、団長である教頭先生、養護教諭、それと
私です。少年自然の家は、有名な高山を擁した山地のふもとの
林の中にあり、あたりの木々は、紅葉の絶頂をむかえる少し前
くらいでした。ああ、この色を出すのは難しそうだ、明日の写生大会は
子どもたちは苦労するだろうな、そう思ったことを記憶しています。
Cクラスのバスは最後尾で到着し、子どもたちが広い玄関で
靴棚に靴をしまっているとき、ロビーに巨大な絵が飾られている
ことに気がつきました。200号の変形版で、2,5m×2mの
大きさがあります。風景画でしたが、構図がひじょうに変わっていて、
山中のダム湖を、山頂あるいはヘリなど、かなりの高さから

見下ろしたも油彩です。真っ青な湖の水、そして山の木々の色、
ちょうどその時期の景色だと思いましたが、異様な迫力がありました。
有名な画家の作なのだろうか、サインは読み取れ、日本人のものでしたが、
その名は記憶の中にありませんでした。しばし立ち止まって絵に
見とれていたら、後ろから「先生、すごい絵ですね」と声がかかりました。
ふり向くと、Aクラスの女子、恵さんでした。その子は、私が出ていた
3クラスの中で美術の才能は一番、春に指導した水彩画は、県の展覧会で
特選になっています。「ええ、驚いた。まるで吸い込まれそうね」
そのとき、何気なくそう言ったことを覚えています。
恵さんは、図工以外の教科もよくできるようでしたが、生まれつき心臓が
悪く、体育はずっと見学していると担任の先生に聞いていました。

2人並んで絵を見ていると、他の子たちはピロティに整列を始めました。
出会いの式というのがあったんです。「ほら、遅れるわよ」
私は恵さんの背中を押し、絵の前から離れたんです。その日の日程は、
まず野外の炊事場で飯盒炊飯、その後、ミニ登山になります。
ミニというのは、山の頂上までは行かず、コルという7合目のところで
引き返すからですが、それでも往復4時間ほどかかり、戻ってきた
子どもたちはへとへとになっていました。これは、夜に子どもたちが
疲れ切って、騒がず寝るよう日程に組み込まれていたんです。
そんなでしたから、体調面の理由で参加できない子もおり、
私は、その子たちと宿舎に残る役割だったんです。登山をしない子は、
全部で8人、少年の家の職員の指導で、木の実や落葉を材料にした

リース作りに取り組みました。恵さんは、私の横に座ってセンスよく
リースを完成させ、それから「先生、ロビーの絵、見に行きませんか」
と言いました。その場を職員の方にまかせ、2人でロビーに出ると、
絵は、日差しが午後のものになったせいか、ダム湖の色がいっそう
黒々として見えました。「なんだかこの絵、怖いです」恵さんが言い、
私もじつはそう思っていたんです。「先生、サインは何と読むんですか」
「K・MURAKAMI でも、先生はそういう名前の画家は知らない」
こんなことを話していると、少年の家の所長さんが事務室から
出て、「大きな絵でしょう」と話しかけてこられました。「素晴らしいです。
この画家の方は?」 「ええ、地元出身の方です。村上恵一さん、
 小学生のときにはこの施設に泊まられたこともあるそうです。

 その景色はね、ここから数km奥のほうにあります。子どもたちが
 今登っている山頂から描いたものでしょう。ダム湖の下には村が
 一つ沈んでるんです。村上さんはそこの出身でした。
 何度か中央の展覧会に入賞されてるんですが・・・」 「ですが」
「まだ20代のうちに亡くなられたんです。この絵を寄贈されてから
 1年もたたないうち。ですから、これは遺作と言っていいのかもしれません」
「・・・」 何か事情があるような口ぶりでしたが、それ以上のことは
聞けませんでした。登山が終わり、子どもたちは疲れ切って帰って
来まして、ケガ人などはなかったようでした。夕飯は少年の家の
食堂で食べ、クラスごとに時間を区切って入浴し、夜は外で
キャンプファイヤーを囲んでスタンツがありました。

消灯は10時。男子が2階、女子が1階と分かれて6人ほどの
グループで休みます。私はもちろん、女子の班のほうについてましたが、
12時の見回りの頃には、どの部屋の子も寝入ったようでした。
正職員の先生方はこの後も見回りがあるんですが、気を使っていただいて、
私は自分の部屋に下がりました。その夜中のことです。
2時過ぎに目を覚まし、うまく説明できませんが、呼ばれたような
気がしたんです。あの絵にです。部屋を出てロビーに向かうと、
黄色い常夜灯がついた絵の前に、小さな人影が立っていました。
恵さんでした。私が後ろからそっと肩をさわると、恵さんははっとした
ようにふり向き、「あ、先生」と言いました。「この絵、そんなに気に
 入ったの? でも、部屋から出ちゃいけない きまりでしょう」

「すみません。何だか名前を呼ばれたような気がして、いつの間にか
 ここにいたんです。というか、あのダムの水の中にいたような気もします。
 どうやって部屋を出たかも、自分ではよくわからないんです」 
「そう、・・・じつは先生もそうなの」恵さんを部屋まで送り、ベッドに
入ったのを見届けてから私も部屋に戻ったんですが・・・ 
翌朝、大騒ぎになりました。点呼で恵さんがいなかったんです。
はじめのうちは、トイレだろうと高をくくっていた先生方も、
施設中探してどこにもいないとわかると顔を青くしました。施設には
表玄関の他に勝手口、業者用の納入口などもありますが、夜間には
鍵がかかっていて、子どもが一人で出ることができるとは思えませんでした。
少年の家の職員の大部分は帰宅しますが、数人の宿直がいます。

もちろん、窓の鍵を開けて出ることはできますが、いったい何のために・・・
教頭先生を中心に先生方と職員で話し合い、とりあえず外を探して
見つからなければ警察に連絡するということになりました。このとき、
私は前夜、恵さんがロビーに出ていたことを話したんです。朝に見た
ロビーの絵は、前の床が水をこぼしたように濡れていました。
他の子たちにはとりあえず朝食を食べさせて部屋で待機。せっかくの
天気なのに写生大会は中止になってしまったんです。担任の先生が連絡し、
恵さんの両親が施設に来られることになりました。20分ほどさがして
恵さんは見つからず、警察に通報がされました。私は・・・
ふと思いついたことがあって、美術大学時代の恩師である西田先生に
連絡したんです。西田先生はその県では有名な女流の日本画家で、

日展に何度も入選されているものの中央には出ず、県の新聞小説の
挿絵なども描いておられました。すぐに電話に出られたので、
かいつまんで事情を話すと、「すぐにそちらに行きます。少年の家の
 所長さんと、学校の校長には私から話しておきますから」
警察がかなりの人数 施設に到着し、私たちから事情を聞いて捜索に
入りました。それと、恵さんのご両親も。まだ30代かと見える
ご夫婦で、それは心配そうな様子でした。少年の家の周囲は林ですが、
近くにはダム湖から流れる川もあります。結局、他の子たちはバスで
家に帰すことになり、私も同乗していったんは学校に戻ることに
なりました。その頃、西田先生が到着されたんです。西田先生は
大きなバッグを重そうに持たれ、私の顔を見ると、

「ひさしぶり、卒業以来かしら。夕方までに もう一度ここにいらっしゃい」
それだけおっしゃられ、所長さんのほうへ歩み寄っていかれました。
それから、バスで学校に着いた子どもたちは集団下校で帰宅し、
私は講師ですのでもう仕事はないんですが、自分の車で折り返し
少年の家に向かったんです。施設の前にはテントが張られ、警察官や
山岳会の人たちが詰めていました。恵さんはまだ見つかっていなかったんです。
ロビーにも校長をはじめたくさんの人がいました。その中で、あの絵の前に
短くブルーシートが広げられてあり、西田先生が脚立にのって何やら
絵に手を加えていたんです。「先生!」 私が声をかけると、西田先生は
「ああ、取り込んでる最中に何をやってるのかと思われてるみたいだけど、
 所長の許可を得て、この絵の塗りをはがしてるの。一部分だけど」

たしかに、ダムの水門の反対側、山に近いほうの塗りが溶剤でかなり
落とされ、そこには、四角い木造の建物が描かれてありました。
「これ、ダム湖に沈んだ小学校ね。他のところにも村の中の様子が
 描き込んであるんでしょう。その上から藍色の水の色を塗った。
 だからすごい深みが絵に出てるのね」 「何のために」私がそう言うと、
西田先生は、「あなたにお願いがあるの。この水入れに、ダム湖から
 流れる川の水をくんできてくれない」それは難しいことではなかったですが、
意味がわかりませんでした。ただ、在学中から、いろいろと不思議なことが
西田先生のまわりでは起きていたんです。川までは20分ほど、そこにも
すでに捜索の人たちが来ていました。川原に降りて水をくんでいると、
日が暮れかかって、「夜になると厳しい」そういう声が聞こえてきたんです。

急いで施設に戻ると、絵の小学校と校庭があらわになっていて、私が水入れを
手渡すと、西田先生は「ご苦労さん、その子はもうすぐ戻ってくるから」
と言われ、水入れに絵筆を浸し、絵のその部分に塗りつけたんです。
油絵ですから水は弾くはずなのに、染み込んでいくように思えました。
10分ほどその様子を見ていたんです。そしたら、ロビーにいる全員が
息を飲んだ気配がしました。ふり向くと、ずぶ濡れの女の子が
宿泊棟の通路からよろよろとロビーに入ってくるところでした。
はい、恵さんです。夜寝たときの体育着のままでしたが、大雨に
うたれたみたいに髪の毛から何から濡れていたんです。「恵!」と
大きな声がしました。事務室にいたお母さんです。お母さんは走り出て、
恵さんを抱きしめました。西田先生が私を見てほほえみ、

「ね、戻ってきたでしょう」そうおっしゃいました。でも、どういうこと
なのか、私にはまるでわからなかったんです。ここからは後日談です。
恵さんの体には異常は見られませんでしたが、かなり疲れた様子で、
救急車で病院に行くことになりました。西田先生はお母さんと短く
話しておられましたが、私のほうに来て、並んで絵の前に立ちました。
「恵さんのお母さん、この小学校の最後の卒業生なんだって。
 ダム湖に沈んだ」 「・・・・」 「それで、この絵を描いた
 村上氏ね、恵さんのお母さんとそこで同級生だったんだそう」
「ええ!?」 「村上氏のことは少し知ってるけど、この絵でわかるように
 とても才能のある人でした。でも、残念なことに自殺されてしまったの。
 このダム湖で」 このような会話をしたことを覚えています。
 
 




陰謀論とは何か?

2020.04.24 (Fri)
っっっz (5)

今回はこういうお題でいきます。たぶんあんまり面白くないと
思いますので、スルーされたほうがいいかもしれません。
当ブログはオカルトの専門ブログと自認していますので、
どうしても書いておかなくてはならない記事内容というのが
あって、これもその一つです。

現在、新型コロナウイルス流行中ですが、この発生の原因を
めぐって、アメリカと中国のやりとりがありましたね。
アメリカがウイルスは中国の研究所から流出したものだと言えば、
中国が、アメリカ人が中国に持ち込んだ可能性について言及する。
もちろん、現状では真相はまだ闇の中です。

武漢ウイルス研究所
っっっz (4)

では、新型コロナウイルスについて、どんな陰謀論があるかと
いうと、これは多種多様です。① ウイルスの素性について
軍事用に研究された人工ウイルスであるとするもの。ただ、遺伝子
解析の結果から、専門家の間ではこれに否定的な意見が多いようです。
人工ウイルスでなければ自然由来のもの、ということになります。

② ウイルス出現の状況について 武漢の研究所から流出した、
武漢の食料市場で野生動物から流出した、偶発的に野生動物から
人に感染した、外国人が武漢に持ち込んだものから感染が始まった、
などのことが考えられます。この他にもあるでしょう。

気象兵器ではないかと陰謀論のあるアメリカのHAARP
っっっz (7)

③ ウイルス流行の理由(動機)事故あるいは偶発的なものである、
中国政府が自国民攻撃のために故意に流出させた、中国が他国攻撃の
ために流出させた、アメリカなどの他国が中国を窮地に置くために
流出させた、中国の反政府活動家が共産党政府攻撃のために流出
させた・・・とまあ、いくらでも考えられます。

ざっと挙げてみただけでもこのくらいのバリエーションがあります。
上記した①~③の内容の組み合わせは膨大な数になりますね。
ですから、ひと口に陰謀論と言っても、その論者によって
さまざまなものがあるということになります。

暗殺直前のケネディ大統領
っっっz (1)

さて、では、陰謀論とは何か? 定義が難しいですが「ある事象に
ついて、世間一般に広まっている情報以外に、裏の謀略的な
策動があるとするもの」だいたいこんな感じになるんでしょうか。
英語では、陰謀論は「conspiracy theory」と言います。
conspiracy が陰謀ですから、直訳です。

この言葉がアメリカでできたのはそう古いことではありません。
1963年、ケネディ大統領の暗殺事件がありましたが、
この事件について、世間には知られていない裏の真相がある
とする意見が、アメリカ国内で喧々諤々議論されました。

アメリカのアポロ計画フェイク説をあつかった映画 『カプリコン1』
っっっz (1)

それに対し、嘲笑し揶揄するために用いられるようになった
言葉が陰謀論なんです。つまり、最初からバカバカしい話を
笑い飛ばすために作られた。異なった意見を持つ相手を「陰謀論者」
と決めつけ、レッテル貼りするためのものだったわけです。

また、世間では定説となっている論を攻撃するときにも使われます。
どういうことかというと、例えばドイツの極右主義者の一部には、
ホロコースト(ユダヤ人虐殺)はなかったとする意見があり、
ホロコーストは、ドイツを貶めるために連合国側がつくった陰謀で
あるとする主張です。一筋縄ではいかないんですね。

アドルフ・ヒトラー
っっっz (2)

さて、では、この言葉が使われるようになった以前に、陰謀論は
なかったかというと、これはありました。有名なのが
「シオン議定書」(英 The Protocols of the Elders of Zion)
に関するものです。1890年代の終わりから1900年代の
初めにかけて流布したロシア語の文書で、

内容は、ユダヤ人の世界支配についての会議内容が会話形式で
記されています。作者ははっきりとわかっていませんが、
ロシアの神秘思想家セルゲイ・ニルスとも言われます。
もちろん偽書で、現代の目からは内容は荒唐無稽、小説めいた
ものなんですが、世界各国に広まり大きな混乱を引き起こします。

航空機から化学物質を散布しているとする「ケムトレイル陰謀論」
っっっz (3)

それだけ、各国でユダヤ人がうとまれていたと見ることもできる
かもしれません。特に影響が大きかったのがドイツで、
アドルフ・ヒトラーは著書『我が闘争』で、この書にもとづいて
ユダヤ民族批判を展開し、世間にも受けれられました。

ナチス・ドイツ政権はユダヤ人への迫害政策を継続的に行い、
最終的にホロコーストを実行することになります。
そういったことから「シオン議定書」は、「史上最悪・最低の偽書」
という評価を受けてるんですね。

イルミナティのイメージ
っっっz (6)

さてさて、陰謀論は多種多様にあるんですが、現在流行しているのは
秘密結社に関するものが多いですね。世界の事件の多くは、
イルミナティが暗躍し、陰で糸を引いているとかなんとか。
イルミナティは18世紀後半、ドイツとオーストリアに実際にあった
秘密結社ですが、それが現在まで続いているという実体はありません。

これについては、イルミナティ・カードとともに、後日詳しく
書きたいと思っています。最初の話に戻って、コロナウイルス出現の
真相はわかりませんが、中国政府の対応が透明性を欠いているのは
確かでしょう。ですから、いろいろ言われるのもしかたない面が
あるかと思います。では、今回はこのへんで。

 xv




聖徳太子をめぐる怖い話

2020.04.24 (Fri)
アーカイブ257

xxx (2)

今日は怖い話ではありません。聖徳太子の周辺事情ですね。
自分なんかは、昔の聖徳太子の肖像が載った一万円札を
なんとか覚えてる世代ですが、この後、聖徳太子の周辺には、
「虚構説」 「怨霊説」が出てきました。

「虚構説」はわからないことはないです。そもそも「聖徳太子」というのが、
後世のおくり名で、それが出てきたのは死後100年以上もたってからです。
それと『日本書紀』は、仏教が隆盛している時代に成立しましたので、
太子の事績が、仏教の守護者のようにして書かれているのもうなずけます。

さらに後代の仏教関係の書物と太子信仰が、
太子に聖人伝説をどんどんつけ加えていったということなんですね。
有名な「和をもって貴しとなす」始まる十七条憲法も、使われている
用語から、後世の(おそらく日本書紀編者の)偽作であるとする
疑いが強くなってきています。

xxx (1)

しかしながら、虚構説をとる論者の中でも「厩戸豊聡耳(うまやどの
とよさとみみ)皇子」の存在までを否定している人は少ないんです。
当時そのような皇族が実在していた、ということまで否定してしまうと、
日本書紀(のその時代の記述)はまったく信用できない、

と言っているのと同じことですから、これは度胸がいります。
ただし、聖徳太子と蘇我馬子は同一人物で、崇峻天皇を弑逆した極悪人、
朝敵とされる蘇我馬子の、仏教守護などの功績面を別人格として
記載しているという説は存在します。「聖徳太子=蘇我馬子」説ですね。

蘇我馬子 日本史上の極悪人
xxx (3)

さて、日本書紀によれば、聖徳太子は574年、用明天皇の第二皇子
として生まれ、推古天皇のもと蘇我馬子と協調して政治を行い、
遣隋使を派遣し、大陸の制度をとり入れて冠位十二階を制定。
天皇を中心とした中央集権国家体制の確立を図り、法隆寺を建立するなど、
仏教を厚く信仰し興隆につとめた・・・こんな生涯だったようです。

若い頃は、有力皇族としてさまざまな改革をするとともに、
物部ー蘇我戦争にも出陣し、隋には、「日出ずる処の天子・・・」
で始まる国書を送って煬帝を激怒させます。後半生は、
仏教への傾倒を深め、引きこもって仏典の世界にのめり込むようになり、
「世間虚仮、唯仏是真」(世間は空疎で、仏の世界のみが真)
と言ったと伝えられます。

「厩戸」というのは、聖徳太子が馬小屋の前で産まれたという意味ですが、
これをキリスト誕生時の逸話が日本に伝来して重なったものだ、
と説く説もあります。西洋ではキリスト教徒の迫害も終わり、
国教化する国が増えていた時代ですし、中国にも景教として
伝わっていたので、絶対にありえないという話ではないでしょう。

梅原猛氏
xxx (4)

また「豊聡耳」とは、10人が一斉に口を開いて陳情をしたが、
聖徳太子はすべてを聞き分けて、的確な裁定を与えたという
逸話からきていますが、まあ記憶力のよい、聡明な人物であった
ということなんでしょうね。

「怨霊説」のほうは、前に「猿丸太夫」の項で取り上げた梅原 猛氏が、
『隠された十字架』を書いて有名になりました。概要は、聖徳太子は暗殺され、
その鎮魂のために建てられたのが法隆寺である、とするものです。
確かに、日本書紀の聖徳太子の死の記述は尋常ではありません。

推古天皇30年(622年)、聖徳太子は急病で倒れ、看病していた妃の
膳大郎女と、一日違いで相次いで亡くなったとされています。これは伝染病に
よるものと解釈するのが定説ですが、怪しいと言えば怪しいですよね。
日本書紀は勝者の歴史ですから、隠された事実があっても不思議ではありません。
梅原氏は、聖徳太子が怨霊と考えられる理由として、

関連記事 『猿丸太夫について』

1、個人で神々に祀られるのは、一般に政治的敗者が多い。
2、かつそのとき、彼らは無罪にして殺害されたものである。
3、罪無くして殺害された者が、病気や天災・飢饉によって時の支配者を苦しめる。
4、時の権力者はその祟りを鎮め自己の政権を安泰にするために、祟りの霊を手厚く葬る。
5,それとともに、祟りの神の徳を褒め讃え、良き名をその霊に追贈する。
Wikiより

法隆寺夢殿
xxx (6)

これらのことを説いています。一般論的には妥当であると思われますが、
聖徳太子に関する場合は否定的に見られています。
 怨霊(御霊)信仰が始まったのは奈良時代末期からで、
聖徳太子の頃にはまだなかったであろうとする意見が主流で、
さらに御霊は個人が神と化したものであるので、神社ならともかく、

仏教寺院に封印されるのはおかしいのではないかとする考え方もあります。
あと、子孫が絶えてしまって供養するものがいなくなった霊は怨霊化する、
という説もあるのですが、山背大兄皇子が一族とともに滅ぼされたのは
事実としても、日本書紀には山背大兄皇子が聖徳太子の子であった
とする記述はなく、後代の書物にしか出てこないんです。

さてさて、長くなってきましたので、そろそろしめます。『隠された十字架』
の書名は、夢殿の本尊である「救世観音像」を指しています。この仏像は
長く秘仏とされ、法隆寺の僧侶をはじめ誰も見ることができなかったのですが、
明治に入って、イギリス人お雇い学者のアーネスト・フェノロサが、
法隆寺の僧侶たちに観音像の開帳を迫り、長い押し問答の末、

ついに分厚い布の下から、仏像が姿を現したんです。
この行為をして、フェノロサはバチあたりだと見る向きがありますが、
これはそうではありません。当時の日本は廃仏毀釈の嵐の最中で、
貴重な仏教関係の資料がどんどん失われつつありましたが、

聖徳太子 磯長墓(天皇皇后ではないので陵とは言わない)


それらの保護を強く訴えた人なんですね。ですから、日本仏教美術界の恩人、
と評価されることが多いのです。「国宝」という概念を日本に教えたのも
この人です。このフェノロサの記述によれば、救世観音像は背中の部分が
中空になっていたとされ、これをして梅原氏は、
「前面からは人間に見えるが、実は人間ではない」

「人間としての太子でなく、怨霊としての太子を表現」したと解説しています。
また光背部分が釘で直接、観音像に打ちつけられているのも、
「釘をうつのは呪詛の行為であり、殺意の表現なのである」としていますが、
現在、これはどちらも否定されています。

背後が中空というのはフェノロサの誤解で、救世観音像は一木造り
ですし、光背が留められているのも釘ではなく金具で、
時代が近い他の仏像にも見られるものです。
ですから梅原説は最大の根拠を失ってしまっているわけですね。

救世観音像は聖徳太子なのか?
はんskしえううyr

では怨霊説が完全に否定されたのかというと、そうでもなく、
1990年、法隆寺本尊の銅像3体のうち、中央の釈迦如来像の
台座の内側に、「相見丂陵面楽識心陵了時者」と墨書されているのが
見つかりました。これは、「その識心が陵にとどまることを願うならば、
陵面に相まみえよ」と読むこともできます。

つまり、陵に葬られた者が出てこないようにしたいなら、しっかり
お祈りしなさい、みたいな意味にもとれるんですね。下座の上面には
「辛巳年八月九日作」の墨書もあり、この辛巳年は621年、
聖徳太子死去の前年である可能性が高いのです。これ、よく考えると
なかなか怖い言葉ですよね。では、今回はこのへんで。

xxx (1)





世界の怖い仮面(続き)

2020.04.23 (Thu)
ssdd (9)
『ハロウィン』

今回は、一昨日に引き続いて世界の仮面のお話をして
いきたいと思います。さて、映画の殺人鬼は怖い仮面を
かぶってることが多いですよね。あれはどうしてなんでしょうか。
一つには、自分の正体を見破られないために顔を隠す。
まあ、銀行強盗なんかもそうですよね。

でも、じつは映画の中では、そういうケースは少ないんです。
最後に仮面を取って、意外な犯人で驚かせるという筋書きは
『スクリーム』のシリーズはそうですが、他にあんまり見あたりません。
例えば『13日の金曜日』シリーズ。たしかに、第一作目の
犯人はジェイソンの母親で意外でしたが、

それ以後はずっとジェイソン・ボーヒーズが犯人です。
それから『ハロウィン』のシリーズも、マイケル・マイヤーズが
犯人とわかってますし、『ソウ』も同じジグソウが殺人者です。
それなのに何でマスクを被ってるのかというと、これは
無表情を演出するためなんだと思います。

『スクリーム』
ssdd (6)

殺人鬼が、殺人のたびに怯えたり、興奮したり、喜んだりする
表情を見せると興ざめしますよね。ですから、あえてマスクを
被らせることによって、何を考えているかわからない
不気味さを出しているわけです。仮面にはそういう役割もあります。

生成、般若、真蛇
ssdd (2)

さて、今回最初に取り上げるのは日本の能面で、
「生成(なまなり)→ 般若 → 真蛇(しんじゃ)」の3態です。
般若は、嫉妬や恨みに狂った女が鬼と化したものですが、
その前段階、まだ人間らしさを少し残しているのが生成。
完全に鬼に変わって蛇のような形相になったのが真蛇です。

夢枕獏氏の陰陽師シリーズに『生成り姫』という長編があり、
齢をとって男に捨てられた女が、般若に化身して復讐しようとする
筋立てでした。平安時代は妻問婚で、男が尋ねて来なくなると、
女の側は精神的にも経済的にも辛いものがありました。

蘭陵王


続いては、やはり夢枕獏氏に関係した「蘭陵王」の仮面です。
蘭陵王とは、中国6世紀の北斉の皇族、高 長恭の王号です。
この当時、北斉は北周と激しく争っていましたが、
高長恭の軍勢が周軍を打ち破って孤立していた斉の城に入ると、
守備兵はそれが敵か味方かわからずにいました。

そこで高長恭が兜と面頰を脱ぐと、味方だということで
城兵は大喜び、「蘭陵王入陣曲」という歌謡を作ってその武勇を
たたえたんです。この当時、高位の将はだれでも顔に面を
つけてたんですが、それが後代になって、「蘭陵王は
あまりの美貌のため、味方の士気が削がれるのをおそれ、

つねに仮面をつけて戦った」という伝説に変化していき、
京劇などに取り上げられるようになりました。で、夢枕氏の
『闇狩り師』シリーズには「蘭陵王」という短編があり、
その仮面をつけた者は、誰でも殺戮を止めることが
できなくなるアイテムとして出てきていました。

ssdd (3)

どんどんいきましょう。次はこれ、何かわかりますでしょうか。
拷問用具とかではありません。これは「マダム・ローリーの
トイレット(化粧)マスク」と言って、19世紀後半に考案された
ゴム製のマスクです。夜、寝る前に顔につけておくと、

睡眠中に発汗して毛穴が開き、美容につながるということの       
ようです。現在のフェイスパックと同じような原理だと思いますが、
さすがに睡眠中ずっとつけておくと、顔が蒸れて、かえって
吹き出物などの原因になるんじゃないかという気もします。
まあでも、売れていたみたいです。

ssdd (7)

次はこれ、常時つけているものではありません。「美顔計測器」と
言いまして、顔の凹凸を詳細に計測し、どこに化粧をすれば
最も効果的かを調べるためのものなんだそうです。発明されたのは
1947年ということですから、わりと最近のものなんですね。

ssdd (4)

次、またまた「アステカの仮面」ですが、人間の頭蓋骨に翡翠などを
貼って装飾しているもので、被ることはできません。大英博物館にあり、
テスカトリポカという神を表していると考えられています。
兵士が敵の戦士を倒し、その頭蓋骨を利用して作ったもののようです。

エル・カネック
ssdd (5)

ちなみに、アステカの後継であるメキシコには、数百人の覆面レスラー
がいると言われ、その多くがアルバイトで、警官なども素顔を隠して
出場しているようです。上の画像はエル・カネックという
往年のレスラーですが、マスクの意匠は、アステカの装飾から
つながる伝統的なものとなっています。

ssdd (1)

これはご存知でしょう。映画『羊たちの沈黙』に出てくる悪の
ヒーロー、ハンニバル・レクター博士がつけている
「噛みつき防止用のマスク」です。博士は精神科医でありながら
サイコパスで、人を殺すこと、および殺した人間の肉を
食べることに何の禁忌も感じていないという設定でした。

さてさて、この手の話なら、きりなく いくらでもできるんですが、
これくらいでやめておくことにしましょう。
ふり返ってみると、自分の怖い話で仮面が出てくるものって
ほとんどないんですよね。今度一つ挑戦してみようかなと
思います。では、今回はこのへんで。





ええじゃないか と おかげ犬

2020.04.23 (Thu)
アーカイブ256

xxxx (1)

今日は怖い話ではありません。昔、某掲示板の日本史板で、
自分と、ある名無しの人とで、かなり長い論争になったことがありまして、
まあしょっちゅうあるんですが、そのときの論題は、
「江戸時代の封建農民は天皇について知っていたか?」というものでした。

自分は「知っていた」と主張し、いろんな事例を上げたんですが、
その中の一つがお伊勢参りだったんです。ご存知のとおり、伊勢神宮は内宮、
外宮に分かれていて、内宮の御祭神は天照大神、現天皇家の
祖先神なわけです。どんな辺地の農民だって伊勢参りは知ってたでしょうし、
そうすれば当然、その子孫である天皇についての知識もあったと思いますよね。

さて、江戸時代は農民の移動は厳しく制限されていました。
また「入り鉄砲、出女」という語を聞かれたことがあると思いますが、
女性の移動も警戒されていました。ですが、お伊勢参り、
また、その他の参詣・参拝についての制限はゆるかったんです。

伊勢神宮
xxxx (3)

これは旅に出る動機が信仰心から出たものであれば、封建の世の中で
あっても、名分を重んじる武士社会としては止めるわけには
いかないんですね。ただし、費用がかかることですので、やはり誰でも行ける
というわけではなく、講(お金を積み立てて順繰りに受け取る)などを行って、
代表者が出かけていくということが多かったようです。

ここで興味深い話題を一つ。犬がお伊勢参りをすると言えば、
みなさん信じられるでしょうか。このような犬のことを「おかげ犬」と言い、
「おかげ」は、後述する「お蔭参り」から来ています。
どうしても伊勢参拝をしたい人がいたとして、

xxxx (1)

しかし仕事の都合で自身は出かけられない。
そういう場合、飼っていた犬をお伊勢参りに出すわけです。
もちろん、犬が一人で伊勢神宮まで行けるわけがありませんから、
道中、見ず知らずのまわりの人が世話してくれるんですね。

まず犬の首に穴あき銅銭をひもに通して巻きつけたり、
竹筒に入れて背中に背負わせたりします。さらに帳面もいっしょにつけておく。
そうすると、各宿場や各村の人が、「ああ、おかげ犬が来た」ということで、
銅銭をとって餌を与えてくれる。で、その収支を帳面に書きつけるわけです。

これは餌代をとらない人も多かったようですし、中には犬が重そうなのを見て、
銭を小粒銀に両替してやるという人もいました。そして宿場の中を引いていって、
次の宿場との境まで送り届けてやるわけです。これもなかなかすごい話
ですよね。ふつうに考えれば、犬から銭を取り上げる悪人などもいそうですが、

安藤広重『東海道五十三次』のおかげ犬


さすがにお伊勢参りの犬ですから、そのような不届きなことをすれば、
神罰がたちまち下りそうでもあります。奇特な犬だということで、
多くの人は大事にあつかったんでしょう。かなりの犬が無事成功し、
参拝の証を伊勢神宮からもらって帰路についたのです。

最も遠い場所からとしては、青森県の黒石市の犬というのが
記録に残っています。また、福島県須賀川の秋田犬シロは、
おかげ犬として務めを果たし、御札をいただいて家まで帰り着いたので、
これは感心な犬だということで、死後は立派な犬塚を建てて

菩提寺に葬られました。しかしこれ、どのくらいの時間が
かかったもんでしょう。江戸から伊勢神宮まで、人間の足で当時だと
15日間くらいでしたから、犬が東北から迷いながらいくのであれば、
往復で数ヶ月もかかったに違いありません。

なでられて「ぼのぼの」のようになったシロの犬塚


それと、おかげ犬が出るのは、お蔭参りの混乱期が多かったのです。
お伊勢参りの中で、特に大規模に流行したものをお蔭参りと言います。
ほぼ60年周期で起っているようで、1650年、1705年、1771年、
1830年のものが知られていますが、小規模なものは他にもありました。

お蔭参りは抜け参りとも言われていて、これは、
奉公人は店の主人に断らなくてもよかったし、子どもは親に告げずに、
ふっと家業を抜けて出てもよかった、ということからきているようです。
それだと旅の費用はどうするのかと思われるでしょうが、

xxxx (2)

お蔭参りの流行時期には、各宿場の人が旅人に米や銭を
振る舞ったために、ほとんど無銭で旅行することができたようです。
これ、60年周期というのがよくできていますよね。
当時は人生50年と言われていましたが、

幼少期に亡くならなければ、それなりに長生きする人はいましたし、
だいたい一生に一度はお蔭参りにあたる。さらに、
60年に一度くらいであれば、旅人のおかげで栄えていた宿場町にも、
施しをする余裕ができているわけです。

お蔭参りが流行するきっかけとしては「天から御札が降った」というのが
多いですが、これはまさかそんなことはないので、
人間が仕掛けたものでしょう。伊勢神宮には「御師(おし)」がいて、
これは一般的には神社に所属する社職のことですが、

キャプチャcc

普段は全国に散らばって暦を配ったり、
参拝者の集団の案内や宿泊、遊興の世話をしていたようです。
遊郭にも連れていきました。御札を降らせたことについて、
この御師たちに、一番の疑いがかけられるのはしかたないでしょう。

さてさて、最後に「ええじゃないか運動」について。江戸最末の
1867年に発生しました。その前のお蔭参り流行が1830年ですから、
60年周期からは外れているのですが、近畿、四国、東海地方などで発生し
「天から御札が降ってくる、これは慶事の前触れだ。」という話が広まるとともに、

民衆が仮装するなどして囃子言葉の「ええじゃないか」等を連呼しながら、
集団で町々を巡って熱狂的に踊ったというものです。
伊勢神宮だけではなく、各地で信仰されている寺社の御札が降ったようで、
どこが始まりか特定するのは難しいようです。

品川弥二郎


狂信的に踊り狂うというのが特徴で、「ええじゃないか」の歌詞は
各地でバリエーションがありますが、卑猥な内容のものも多かったようです。
これはまあ、時代が明治維新直前のことで、閉塞感の高まりと、
外国からの圧迫の中で、民衆の不満が爆発したと見るのがいいのでしょうが、
謀略説というのもあります。京都が最初で、御札をまいたのは倒幕の志士。

理由は、全国の移動を行いやすくし、民衆の狂乱にまぎれて
運動をやりやすくするためということです。必ずしもこれが
真相ということではないんですが、文部省編『維新史』には、
「王政復古の計画は極秘を要するをもって、品川弥二郎が神符降下の
奇瑞を発案し、その喧囂(けんごう 大騒ぎ)に乗じて計画を進めた」

という内容が出てきています。品川弥二郎は長州藩出身で、松下村塾の
吉田松陰門下。薩長同盟成立に尽力し、英国公使館焼き討ちなどを
実行しています。維新後は要職を歴任し、功績によって子爵にまでなりました。
「トコトンヤレ節」(宮さん宮さん)はこの人の作詞といわれる才人ですので、
あってもおかしくない気はしますね。





霊能者を試す話

2020.04.23 (Thu)
bigbossmanです。今回は時間がなく、短い話になります。
ただし創作ではなく実話です。さて、自分の本業は占星術なんですが、
実際のところは、収入の内訳はそれ以外のものが多くて、
主に雑文書きですね。それと、このブログを始めてから、
オカルト関係の仕事が増えるようになってきました。
心霊スポットの探訪ルポとか、古い心霊関係の事件を掘り起こして
書くとかです。霊能者と呼ばれる方とお会いすることもあり、
これまでに約20人ほどの霊能者を訪問していて、その中には
全国的に有名な方も、ある地方だけでやってる知られてない方もいます。
で、そういうときには、自分はできるだけ霊視をしてもらってて、
霊視には、前世、守護霊、霊障と、その霊能者によって

さまざまに違いがあります。ただ、こう言ってはなんですが、
霊能者には横のつながりがあって、情報が共有されてたりします。
bigbossmanという占い師が〇〇誌の仕事でこの間来たので、
こんなことを答えたという話が広まってしまうわけです。
まあ本来、霊能者の能力を興味本位に試したりするのはよくない
ことかもしれませんが、謝礼は必ず多めに支払っていますし。
それで、2週間前ですね、これもある雑誌の取材で、
愛知県在住の霊能者を訪問しました。40代の女性の女性の方で、
それなりに有名ですので、この手のことに詳しい方には
誰のことかすぐにわかると思います。そのときには雑誌の編集部に
お願いして、編集長にも同行してもらったんです。

編集長は50代後半で、自分よりもかなり年上です。
事前に聞いたところでは、幽霊や霊能はあまり信じてないということ
でした。まあ、それが普通ですよね。訪れたのは、霊能者の自宅で、
住宅地にある一般的な一軒家でした。で、玄関でインターホンに
呼びかけると、その方がドアを開けたんですが、2歳くらいの
女の子がいっしょにいたんです。「お子さんですか?」と聞くと、
「長女の娘、孫です」と言われて、これにはびっくりしました。
40代でもう孫がいるんですね。で、応接間に通され、
編集長も交えてあれこれお話を伺いました。これはインタビューという
形です。その後、自分ではなく編集長のほうを霊視してもらい、
もし何かあればお祓いもしてもらうことになりました。

事前にそういう依頼をしてあったんです。それで通されたのが
12畳以上はあろうという広い和室で、奥のほうに白木で組んだ
祭壇があり、上から五色の布が下がってました。あ、書き忘れてましたが、
その霊能者はある教派神道に所属していて、祭壇で祀っているのは
国常立命(くにとこたちのみこと)ということでした。
でね、このときまで、自分は高をくくっていたんです。
今回視てもらうのは編集長で、さすがに情報は持ってないだろうから、
おそらく当たり障りのないことしか言われないだろうと。
15分ほどそこで待って、霊能者が和装、巫女さんのような装束で現れ、
御幣を持って祭壇に向かいました。われわれ2人は、その後ろで
正座する形です。ご祈祷は20分ほど続き、途中で祭壇に

水のような液体を振りかけたりしてました。それからくるりと
振り向き、編集長に向かって、静かな声で「小さな霊がまといついて
 いるようです」と言ったんですね。声をつくったりなどはしてませんでした。
編集長は少し驚いた顔でしたが黙ってました。霊能者は、
「あのときは熱かった、とても熱い、熱いがよく世話してくれた、
 誰もうらんではいないぞ」と続け、それから柔和な顔に戻って、
「どうやら小さな赤ちゃんの霊がいるようです。ただ、今申し上げたとおり、
 悪いものではありません。一般に、幼少者の霊は自分の死を理解できず、
 なかなか消えることができないものです。でも、この霊はもうかなり
 薄らいできてるみたいですね」こう言ったので、編集長が「この後、どうすれば」
と尋ねました。そしたら、「菩提寺で特に名をよんで供養してもらうとよい」

ということだったんです。さっき書いたように、その霊能者は神道系だったん
ですが、仏教の法要でもかまわないということです。
その後、われわれはお礼をし、霊能者宅を出て喫茶店に入りました。
で、ここからは自分と編集長の会話です。「さっき驚いたような顔をして
 ましたが、小さい子の霊に心あたりあるんですか」 「いやそれが、
 あるんだよ。私には弟がいたんだが、0歳で亡くなってるんだ。
 それまで元気だったのが、夜中に急に熱を出してね」 「ははあ」
「それで、当時は医者が往診で家に来てくれたりしてたんだが、
 夜中だしね、電話をかけても出なかった」 「うーん、救急車は呼ばなかった
 んですか」 「そうすればよかったんだろうけど、当時はね、今とは
 違って救急車の利用は珍しかったし、来ると近所中の人が出てきてね」

「ははあ」 「それで、うちの両親が弟をタオルケットでくるんで、
 近くの別の内科医院に連れてったんだ。そのとき、私も起きてて
 車の後ろに乗ってた」 「それで?」 「うん、そこの診療所の先生は
 70歳近くだったんじゃないかな。起きてきてくれて、これは流行り風邪
 だろうと言って、大人用の注射をしたんだよ。そしたら、
 たしかに熱は下がったけど、弟はぐったりして意識がなくなり、
 そこにいるうちに死んでしまったんだよ」 「え、医療ミスですか」
「うん、まあ、今になって考えればそうかもしれないが、当時は両親は
 訴えようなどとは考えてなかったね。診てくれたのはその先生だけだったし」
「うーん、で?」 「2日後に親族だけで簡単な葬儀をしたよ。
 菩提寺には戒名はつけてもらった」 「じゃあ、さっき霊能者が言ってたのは

 その子の霊?」 「たぶんそうじゃないかな。いや、霊能なんて
 信じてなかったけど、今となってはこの話を知ってる人間は多くないんだ。
 当時の親戚は亡くなった人が多いし、うちの父親も他界してる。
 うちではその後、弟と妹が生まれたからね。両親もその子の
 ことはあまり言わなかったし」 「さっき熱いって言ってたのは、
 熱があったからなんでしょうか」 「それもそうじゃないかな。いやあ、
 とにかく驚いたよ」・・・という顛末でした。この後、編集長は母親に話して、
一族すべての物故者のための法要を開いたんだそうです。そのときに、
幼くして死んだ弟の霊も念入りに供養してもらった。後で自分が、
「その子の霊がいなくなったかどうか、もう一度行って視てもらいますか?」
と聞いたら、編集長は「いや、いや、いいよ」と言ってました。

画像と本文は関係ありません





「透明マント」はできるか?

2020.04.22 (Wed)
アーカイブ255

「メタマテリアル」という言葉を聞いたことがあるだろうか。メタは「超越」、
マテリアルは「物質」を意味し、ナノという百万分の1ミリ単位の
世界で人工的な金属構造を作り、さまざまな特性を実現する物質だ。
ペンキを塗らずに彩色したり、がんを早期に発見したりするのに役立つほか、

人類の夢である“透明マント”の可能性も秘めているというから驚きだ。
理化学研究所でメタマテリアルを研究している田中拓男主任研究員は昨年4月、
アルミニウムの表面を微細に加工し、ペンキなどで塗装することなく、
さまざまな色を生み出すことに成功した。
(産経新聞)

CGではありません


さて、今回は科学ニュースからお題をいただきました。
まず、メタマテリアルの定義からいきましょうか。この定義は、厚生労働省に
よって定められていて、1~100nm(ナノメートル)の素材のことです。
1ナノメートルは、10億分の1メートル、100万分の1ミリメートルです。

これがなぜ、厚生労働省によって管理されているかというと、
人体に取り込まれて危険を及ぼす可能性があるからです。
あまりに小さいため、呼吸によってだけではなく、消化器や皮膚からも、
体内に入ってしまう場合があるんですね。

『ハリー・ポッター』の透明マント


石綿(アスベスト)は、中皮腫という一種の癌の原因になることが
知られていますが、ナノマテリアルも、そのようなことを引き起こす
危険性があります。ですので、取り扱いには十分な注意を払わなくては
ならないんですが、すでに、化粧品や健康食品、ある種の
工業製品などとして、利用されているものもあります。

さて、上記の研究ですが、ペンキを塗ることなく、ナノマテリアルを使って
「人間に色を見せる」というもののようです。前に少し書きましたが、
物体に色があるわけではありません。光に色があるんですね。プリズムを
通した光は虹の7色に見えますが、それが混ざって白色光になります。

ナノマテリアルでつくった色(理化学研究所)


例えば、青い色に見える物体は、青以外の色をその物質が吸収してしまい、
私たちに目には、反射した青色の光だけが入ってくるわけです。
上記引用の研究の場合、物体の上に、一辺が数百ナノメートルの
薄いアルミニウムの四角形を無数に配列します。
極小のアルミニウムの座布団を並べたようなイメージです。

で、四角形の一辺の長さや、隣との間隔を変えることで、
好きな色の光だけを反射させるわけです。うーん、なるほど。この利点は、
まず重量ですね。ペンキが重いのは、ペンキ塗りで缶を持ったことが
ある方はわかるでしょうが、ナノマテリアルはその何千分の一も軽い。

『プレデター』の迷彩シールド


しかも、アルミニウムはすぐに酸化して安定するので、ペンキに比べて
はるかに耐久性があります。ただ・・・問題はコストですよね。
現状では、ペンキとは比較にならない高額になるはずです。
これが例えば、車の塗装などに使えるようになるまで

コストダウンするには、かなりの時間がかかりそうですし、
できないで終わる可能性も高いでしょう。
この手の研究の多くは、実験室での成功から実用化に至るまでには、
大きく高い壁があるんですね。

さて、ナノマテリアルと言えば、ハリー・ポッターに出てきた「透明マント」が
できるのではないか、という話があります。物体を透明化させるのは
どうやっても不可能ですが、ナノマテリアルには、負の屈折率を
つくることができるものがあるので、自分の後ろ側の風景を、何度も反射
させながら体の前に持ってくることなら、理論的には可能であるとされます。

真空中よりも低い屈折率を持つナノ構造


そしてこの技術は、何よりも軍事に役立ちますよね。
透明な兵士、透明な戦車、透明な戦闘機・・・アメリカをはじめ、
各国の軍事研究施設で競って開発されていますが、実用化には、
まだまだ時間がかかりそうです。上記の田中研究員も、

「光を思い通りに屈折させるための技術が非常に難しい。巨大な
開発費を投入しても、マントの大きさは十円玉くらいがせいぜいでは」
と述べています。ただ、映画の『プレデター』のシリーズで出てきたような、
完全な透明ではない、光を乱反射させるようなシールドなら可能かもしれません。

透明化のしくみ


さて、透明マントは、意外な方面からも研究されています。
海洋生物です。例えば、コウイカなどは、皮膚に色細胞と呼ばれる、
光の反射を変える特殊な細胞を1000万個も持っていて、
瞬時に周囲の岩や海藻などと同じ色になることができます。

また、体表が光をほとんど反射させない構造になっていて、
真っ黒に見える生物もいて、深海では透明なのと同じようなもんです。
これらの生物は、生まれつきナノテクノロジーを持っており、
生存のために利用していると言うことができるでしょう。そういった生物の
研究からも、一種の透明マントをつくる道が開けるかもしれません。

コウイカの擬態


さてさて、みなさんはもし透明マントを手に入れたら、何に使われるでしょうか。
漫画では、女湯に侵入するシーンなどが描かれますが、透明になる=悪事を働く 
というイメージがあるのは自分だけでしょうか。H・G・ウェルズの小説
『透明人間』でも、映画の『インビジブル』も、『怪奇大作戦』のキングアラジンも、
最後は不幸な結末で終わります。ということで、今回はこのへんで。

『怪奇大作戦』のキングアラジン





世界の仮面あれこれ

2020.04.21 (Tue)
xxcvcv (5)
ジェームズ・アンソール「陰謀」

今回はこういうお題でいきます。まあ、軽めの記事です。
仮面というのは、たいがいが怖いものですよね。
仮面には大きく2つの役割があると言われます。
まず一つは、自分の顔を隠して誰だかわからなくする。
西洋の仮面舞踏会などでの使用がこれにあたります。

もう一つは、仮面の顔の持ち主になりきること。西洋の
カーニバル劇、日本でも能やお神楽には仮面がつきものです。
それをつけることで、同じ役者が老人にも少女にも
なりことができます。心理学者のユングは、
自己の外的側面のことをペルソナ(古典劇の仮面)と呼びました。

さて、最初に登場するのは、新型コロナウイルスの流行のことも
あるので、「ペスト医師の仮面」にしました。これ、アマゾンで
ハロウィンの仮装用として売っているものです。
駆け出しの医師は、ペスト流行中の街に行き、
この仮面をつけて治療にあたりました。

xxcvcv (4)

予言書で有名なノストラダムスも、若い頃はペスト医師でした。
この仮面は鳥の姿を真似ているわけではなく、クチバシ部分の
中には、各種のハーブや没薬、バラの花びらなどが入っていて、
その効能で感染を防ぐと信じられていました。

また、目の部分にはガラスがはまっていますが、これは当時の
医師の象徴である眼鏡を表しています。ペストはウイルスではなく
菌感染症で、この仮面は首の下まであって、その上を着衣で
覆っているので、それなりに感染防止の効果はありそうです。

次、オカルト研究家の山口敏太郎氏が所有する呪いの仮面。
2006年に骨董屋で手に入れたという話です。2012年、
フジテレビの「奇跡体験!アンビリーバボー」で放送され、
話題騒然となりました。見たものを不幸にすると言われ、
現在は京都のお寺に封印されているということです。

xxcvcv (6)

次、これが何かわかる方はほとんどいないと思います。
17世紀、荒野の預言者と呼ばれたアレキサンダー・ペーデンが
つけていた仮面です。彼はキリスト者でしたが、ときのスコットランド
政府に弾圧されたため、この仮面をつけて荒野をさまよい、
集まってきた人々に神の預言を伝えたとされます。

xxcvcv (7)

次、これは見たことがあるという方もおられるでしょう。
「パレンケの翡翠の仮面」と呼ばれ、パレンケはメキシコにある
マヤ文明の古代遺跡です。パカル王の遺体を飾った仮面は、
340片の翡翠と4片の貝殻、2片の黒曜石でつくられ、
見た者に呪いをもたらすなどとも言われます。

xxcvcv (8)

次はアフリカにいきます。これはコンゴ共和国に居住する
バントゥー系民族、ペンデ族の「病者の仮面」というもので、
現地語で mbangu(発音不明)と呼ばれるこの仮面は、
呪いによって病気になった人間を表しているんだそうです。
現在は宗教的な仮面劇に使用されているようです。

xxcvcv (1)

次、これ、「アノニマスの面」などとも言われますが、
イングランドの17世紀の人物、ガイ・フォークスをかたどった
ものです。ガイ・フォークスは火薬陰謀事件と呼ばれる
政府転覆事件にかかわり、拷問の後、絞首刑の判決を受けましたが、
絞首台から飛び降り、36歳で首の骨を折って亡くなっています。

xxcvcv (2)

次は中世ドイツの「恥辱のマスク」。日本にも晒しの刑罰が
ありましたが、ドイツでは比較的軽い罪を犯した人物にこのマスクを
被せ、街頭に一定時間立たせておくという罰がありました。
このマスクのモチーフは豚か馬だと思いますが、自分がドイツの
博物館で見たのは、じつに様々な種類がありました。

xxcvcv (1)

お次はチベットです。チベット仏教では「チャム」と呼ばれる
一種の法要があり、僧侶が仮面をかぶって劇を演じます。
そのときに使用される仮面で、悪神、善神、牛、鹿、鳥、
骸骨など、多種多様の色とりどりのものがあります。

xxcvcv (2)

最後は日本のものにしましょう。邪馬台国の都地とも言われる
纒向遺跡から出土した、日本最古の木製仮面です。
工具の広鍬を転用して作られています。ただ、紐の穴がないことから、
実際に顔に装着されていたのかまではわかりません。
では、今回はこのへんで。







アーカイブ 妖霊星の話

2020.04.21 (Tue)
kdkd
「妖霊星」と呼ばれたハレー彗星

今日は怖い日本史に分類される記事ですが、天狗が出てくるので、
妖怪談義とも関連があります。まず、「妖霊星 ようれいぼし、よろぼし」
とは何かというと、これは彗星のことです。ハレー彗星を指す場合が
多いようですが、その他の彗星もこう言われることがあります。

中国では紀元前から観測・記録されており、様々な史書に見られ、
日本で最古の記録は『日本書紀』天武紀に登場する684年のものです。
ただし、まだこの頃は、妖霊星という別称はなかったと思われます。
それ以降はちょくちょく日本の史書にも登場しますが、

不吉なもの、世が乱れる前兆と考えられ、陰陽師や寺社が
加持祈祷を行ったり、1145年出現のときには、
天養から久安に改元がなされています。この星は、大乱や
時の支配者の交代につながると考えられていたんですね。

それと、この星は「天狗」とかかわりがあるようです。元来、天狗とは、
古代中国では流星、隕石の類を指していました。天を走る狗(いぬ)、
または天つ狐(あまつきつね)などといって、動物的なイメージも
ありました。あの山伏姿で鼻の高い姿は、日本独自のもののようです。

『山海経』より天狗


妖霊星の名が有名になったのは、『太平記』からかと思いますが、
今、あまり太平記って読まれないんですよね。中高の国語の古典の
教材として『平家物語』は出てきても、太平記は取り上げられにくい。
たしかに平家物語は美文で、物語としての完成度も高いんですが、

それ以外にも、戦前に、太平記の楠木正成の勤王エピソードなどが、
大々的に取り上げられていたせいもあるかと思います。元寇の神風と
同様に、国粋主義的なイメージがくっついちゃったんですね。
さて、太平記に登場する妖霊星のエピソードは、

鎌倉幕府最後の執権、北条高時に関するものです。この人は
生来病弱でぼうっとしており、田楽踊りと闘犬のときだけ元気になって、
政治をないがしろにしていたと書かれていますが、太平記もまた
勝者の歴史であり、実際にそうだったかはわかってはいません。

『太平記』巻五、「相摸入道田楽を弄ぶ並びに闘犬の事」には、
高時が酒に酔って一人で田楽を踊っていると、どこからともなく、
座敷内に田楽法師の集団が現れ一緒に踊りだし、やがて曲調が変わり、
「妖霊星を見よや」と囃す声が聞こえてきました。屋敷の者がのぞき見ると、
踊っているある者は、嘴がかぎのように曲がってとんびのよう。

北条高時と化け物たち
xxx (1)

また、体に羽が生えて山伏のような格好の者もいます。
人間以外の化け物か妖怪どもが、人間の姿に身を変えているようです。
知らせを聞いて太刀を持った者が入っていくと、化物は一斉に姿を消し、
ただ高時一人が酔いつぶれて寝ていましたが、畳の上には、鳥や獣の
ものと思われる足跡がたくさん残っていました・・・と出てきます。

この後ほどなく、新田義貞の倒幕軍が鎌倉へ侵攻すると、
高時は菩提寺の葛西ケ谷東勝寺へ郎党と退いて自害します。
その人数は、北条一族と家臣で870人と伝えられていますが、
誇張もあるかもしれません。「腹切りやぐら」と呼ばれる
史跡が付近にあるものの、遺骨は発見されていないようです。

これにより、鎌倉幕府は滅亡したんですね。上の田楽の話は、
実際にあったこととは考えられませんが、羽が生えた山伏は
カラス天狗を思わせます。また、こういうエピソードもあります。
足利尊氏が征夷大将軍となり、京都に室町幕府を開いた翌年、
またしても夜空に妖霊星が現れました。

鳶のような姿で描かれる崇徳上皇
キャプチャ

『太平記』巻二十七、「雲景未来記」
羽黒山の雲景という山伏が修行で諸国をめぐり、愛宕山に登ったとき、
僧坊の奥に案内されると玉座があり、大勢の人が集まり座っていました。
上座には大きな金色の鳶が、そしてその右脇には、

大弓、大太刀を携えた大男が、左の席には、天皇の礼服を着て
金の笏を手にした方々が何人も座り、右の席には、
袈裟を着て水晶の数珠を持った法師が何人も座っていました。
雲景はおそれ、案内者に「これはどのような方達の集まりでしょうか?」
と聞くと、「上座に見える金色の鳶が崇徳上皇であられる。

右脇の大男が鎮西八郎為朝、左の席の上から、淳仁天皇、
井上皇后、後醍醐院、右の席は諸宗のすぐれた徳のある高僧の
方々が、悪魔王の棟梁となられて、今ここに集まり、天下を乱そうと
ご相談なされておる。」と楽しそうに答えました。

愛宕山と言えば天狗ですね。生きながら天狗と化したといわれる
崇徳上皇をはじめ、名前が出ているのはすべて、世に破れ
時をうらんで亡くなったとされる人ばかりです。
世を乱すための謀略に集まっていたのでしょうか。
実際にこの後、南北朝の動乱が起きていくんです。

幕末の妖霊星


次は幕末の妖霊星です。数年前放送されたNHKの大河ドラマ
『八重の桜』で、安政5年(1858年) に現れた妖霊星の話が
出てきていました。ただし、これはハレー彗星ではなく、
ドナティ彗星という星のようですが、

当時の人に区別はつかなかったでしょう。
これについてドラマの登場人物が、
鎌倉幕府滅亡時に現れた妖霊星と関連づけて語っていました。
やはり、ほどなくして戊辰戦争から明治維新となるわけですね。

さてさて、そろそろまとめますが、日本史の流れの裏筋の一つに、
「妖霊星ー政権交代ー天狗」という認識があったように思われます。
幕末で天狗と言えば『鞍馬天狗』ですよね。これは創作小説ですが、
鞍馬寺の本尊の一つである「護法魔王尊」は、650万年前、

ニュー・エイジ思想でも知られるサナート・クマラ


金星から地球に降り立ったもので、その体は通常の人間とは
異なる元素から成り、その年齢は16歳のまま、年をとることのない
永遠の存在であると伝えられています。鞍馬山の天狗とは、
もともとはこの護法魔王尊(サナート・クマラ)のことだったようです。

また、鞍馬山といえば、源義経が牛若丸という名で、
カラス天狗に兵法を教えられて、少年期を過ごした場所としても
知られています。義経は平家を壇ノ浦で滅ぼし、
平家から源氏への政権交代の立役者となった一人です。

しかし、その源氏の世も長くは続かず、北条氏が実権を握るわけですね。
オカルト的に言えば、宇宙から来た天狗が歴史の要所要所で暗躍し、
空に妖霊星を出現させて、人間を操っていたということになるでしょうか。
まあ、さすがに宇宙人は言いすぎですが。長くなりましたが、このへんで。

xxx (2)




骨相学と遺体盗難

2020.04.20 (Mon)
ccccccv (4)
柩に戻されるハイドンの頭蓋骨

今回はこういうお題でいきます。オカルト論ですね。
最近、科学ニュースがコロナ一色になってしまったので、
オカルトの話題が増えましたが、当ブログは本来オカルトの
専門ブログですので、このほうが目的にかなうでしょう。

さて、先日、ゾンビ映画についての話を書きましたが、
これも、欧米の主な埋葬方法である土葬に関係した内容です。
キリスト教では、最後の審判のときにすべての死者の
肉体が魂とともに復活するとされ、
土葬でなくてはないらない必然性があります。

早すぎた埋葬のイメージ
ccccccv (8)

ただ、土葬というのはオカルトの宝庫なんですね。まずは
「早すぎる埋葬」。何かの理由で仮死状態になっていた人が
柩に入れられて埋葬され、暗い墓の中で生き返ってしまう。
エドガー・アラン・ポーの作品には、『アッシャー家の崩壊』
など、このモチーフで書かれたものがたくさんあります。

「吸血鬼伝説」もそうですね。何かの理由で遺体の腐敗が
遅れ、掘り返してみたときに生きているように見える場合があり、
夜な夜な墓を抜け出して人の生き血をすすっていたのでは
ないかと言われる。あとは「屍食鬼 グール」の話もそうです。
墓場には夜中に遺体を掘り出して喰う魔物が棲んでいる。

グールのイメージ 野犬のようですが実際そうなのかもしれません
ccccccv (7)

もう一つ、「遺体盗難」というのもあります。ヨーロッパでは
早くから解剖学が広まっていましたが、学生の実習用の
遺体が足りない。そこで死体を盗み出すプロが登場します。
ただ、遺体盗難には、解剖用途以外の理由もあり、
それが今回お話しする内容なんです。

さて、みなさんは骨相学という学問をご存知でしょうか?
ドイツの医師、フランツ・ヨーゼフ・ガルが18世紀に
創始しました。彼は大脳生理学に大きな業績を残していますが、
同時に、骨相学というトンデモ学問をも生み出してしまいました。

フランツ・ヨーゼフ・ガル
ccccccv (2)

骨相学とは、頭蓋骨(他の骨も)の各部位の形や大きさと、
その持ち主の性格や才能には相関があるとするもので、
19世紀には大いに隆盛しました。これはまあ、しかたのない
面もあります。本来は脳と性格の相関を調べればいいんでしょうが、
脳は人間の体の中で、最も早く腐敗する部分です。

それと、生きた人間の頭蓋骨を開き、脳を刺激して調べるなどの
ことは不可能ですよね。生体実験と言われて倫理的な非難を
受けます。現代でも、脳科学がなかなか進展しないのは、
この問題によるところが大きいんです。

骨相学のテキストから
ccccccv (1)

ただ、脳そのものならともかく、頭蓋骨を調べてその人の気質が
わかるなんてことはないですよね。また、頭蓋骨の大きさと
脳の容量も、必ずしも比例しているわけではありません。
現代のわれわれには、その間違いは明らかですが、
これを信じた人もその当時は多かったんです。

さて、ここでまた話変わって、クラシックの音楽家ハイドンは
ご存知でしょう。フランツ・ヨーゼフ・ハイドンは18世紀に
活躍したオーストリアの作曲家で、交響曲の父とも呼ばれ、
その曲の一部はドイツ国家にも取り入れられています。

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン
ccccccv (3)

ハイドンは1809年に77歳で亡くなり、ウィーンの
フントシュトルム墓地に埋葬されましたが、その直後、頭部が
切り落とされ、盗まれてしまったんですね。犯人はわかっていて、
刑務所管理人のヨハン・ペーターと、ハイドンの崇拝者であった
ローゼンバウムという2人の人物です。

ヨハン・ペーターは上記の骨相学の信奉者で、他にも死刑囚の
頭蓋骨を収集しています。ペーターは盗んだ頭蓋骨で、
ハイドンの天才性と脳容量の相関関係について研究し、
「ハイドンの頭蓋骨には音楽丘の隆起が見られた」などとする
論文も発表しています。純粋に学問的興味から盗んだわけです。

ハイドンの墓
ccccccv (5)

その後、頭蓋骨はローゼンハウムが保管しており、盗難が明らかに
なってから警察が捜索しましたが発見されませんでした。
ローゼンハウムはハイドンのパトロンであったエステルハージ家と
金銭的な取引をし、頭蓋骨を引き渡しましたが、それは若い女の
ものと判明します。また、その後渡した頭蓋骨も偽物でした。

ローゼンハウムが所有していた本物は、あるときから唸り声を
立てるようになり、歯をガタガタと鳴らし、ついには宙を
飛び回ったとまで言われます。恐ろしくなったローゼンハウムは
とうとう頭蓋骨を手放し、その後、何人もの手を経るんですが、
やはり同じ霊障現象が起きたとされます。

土葬ではない現代日本ではゾンビ映画は定着しにくい
ccccccv (6)

1895年、頭蓋骨はウィーンの楽友協会の所有となり、
保管されていましたが、1954年、頭蓋骨はアイゼンシュタットに
運ばれて柩に戻され、ハイドンの2回目の公式な葬儀が行われました。
これで、およそ150年の頭蓋骨の放浪が終わったわけです。

さてさて、遺体が盗難にあった有名人はハイドンだけではありません。
シェークスピア、同じ音楽家のモーツアルト、ベートーベン、
イギリスの革命家トマス・ペインなども、頭蓋骨の一部または
全部が盗まれているんです。ということで、土葬にまつわる
怪談話でした。では、今回はこのへんで。





蚕の夢の話

2020.04.20 (Mon)
bigbossmanです。みなさんはよく夢を見られるほうですか?
自分はあまり見ません。寝て起きるとすぐ朝になっているという
感じです。占星術師なので、晴れていれば夜中に天測をします。
ですから、まとまった睡眠時間は取れないので、そのことと関係が
あるのかもしれません。今回もまた、実業家にして霊能者であるKさんと、
大阪市内のバーで一杯やりながらうかがった話です。
「なあ、bigbossman。夢というのは何のために見るんだ?」
「そうですね、心理学と脳生理学の分野から研究されて、
 いろいろなことがわかってきています。ただ、一番の問題である
 何のためにということは、決定的な結論は出てないみたいですね。」
「でも、仮説はあるんだろ」 「はい。よく言われるのは、昼に起きた

 出来事を整理するためということです。人間、生きてれば楽しいことも
 嫌なこともありますよね。その形を整え、記憶として脳に
 取り込みやすくする」 「ふうん、じゃあ、俺らの記憶ってのは、
 現実と違うってことか」 「いや、そういうわけじゃなく、
 重要な事実が書き換えられることはありません。うーん、どう説明
 したらいいですかね。あ、精神的勝利って言葉がありますよね。
 ひどい目に遭ったとしても、その結果を心の中で都合よく解釈して
 自分の勝利として納得することです。中国の作家 魯迅が「阿Q正伝」
 という作品で書いてますが、それと似たことが夢の中で起きてる」
「わかったようなわからないような話だな。じゃあ、大勢の人間が
 同じ夢を見るなんてことはあるか?」 「うーん、あると思いますよ。

 それ、精神科医のユングという人が言い出した集合的無意識に関係してる
 みたいです。人間一人ひとり、個性や立場は違っていても、
 心のなかには共通した領域がある。それをユングは集合的無意識と呼んだ。
 例えば、男の子だったらいつか父親を乗り越えて独立していかなくちゃ
 ならないですよね。それが怪物と戦って倒す夢となって現れるとか」
「ああ、何となくわかる気はする」 「あとまあ、世間に起きてる
 出来事に影響されることはあると思います。今、世界はコロナウイルス
 流行の騒ぎで一色でしょ。ですから、各国の心理学者の共同研究で、
 悪夢を見る人が増えているという統計結果が出てます。ウイルスは目に
 見えないし、いつ自分を襲ってくるかわからない恐怖がありますから」
「なるほど、それもそうだろうな」 「何か夢に関した事件を

 解決されてるんですね。聞かせてくださいよ」 「いいけど、最近のこと
 じゃないからな」 「お願いします」 「あれは、だいぶ前の話だ。
 昭和の40年代。山間に人口1500人くらいの村があった。
 今はもう市町村合併でなくなったが。その村は良田がなく、江戸時代以前から
 養蚕で暮らしを立ててた。養蚕ってわかるか」 「それくらいわかりますよ。
 蚕を飼って絹糸を取るんでしょ」 「そうだ。でな、蚕は一部を
 のぞいて繭玉のときに煮てしまうだろ。殺生なわけだ。
 だから、村の奥にはオカイコサマをお祀りする古い神社があった」
「はい」 「ところが、村の暮らしは退屈だし、現金収入も多くはない。
 それで、若者がどんどん都会へ出ていってしまう」 「はい」
「そんなときに、村を突っ切って流れる渓流の水源をダムにしないかという
 
 話が持ち上がった」 「ああ、時代を感じますね。昔はその手の話は
 よく聞きました」 「それが実現すると、村はダム湖の底に沈んでしまうが、
 かなりの額の補償金が出る。引っ越して商売を始められるくらいのな」
「はい」 「当然、賛成する者と反対する者が出てくる。村の年寄は
 大方が反対。これは環境保護がどうこうということではなく、
 生まれ育った土地を捨てられないという思いだ」 「うーん、そうでしょうね」
「いっぽう、村で養蚕を生業にしていない者、あるいは養蚕農家でも
 若い世代はダム建設に賛成した。このまま山の中で朽ち果てていくより、
 街に出て一旗揚げたい。仮に失敗したとしても、そこには希望がある」
「ああ、それもわかります」 「ということで、村を二分して
 大揉めに揉めたわけだ」 「で、どっちが優勢でした?」

「ダム建設賛成派がやや有利ってとこだったが、その差はほんのわずか。
 そのうちに村長選挙の時期が来て、どちらの陣も候補を立てた」
「もとからの村長は?」 「70歳を過ぎてたんで引退したんだ」
「ああ、で?」 「村に数本しかない舗装道路を選挙カーが走り回り、
 家族でも賛成と反対に分かれる家があったりして、村中がとげとげしい
 雰囲気になってきた」 「で?」 「その最中に、夢をみる人が増えて
 きたんだよ」 「どんな」 「最初に見たのが誰かはわからない。
 蚕神社の神主だったとも、引退した村長だったとも言われてる」
「はい」 「自分が夜、蚕神社の境内に立っている夢。神社の社殿の
 後ろ側に大きな白いものがある」 「繭ですか」 「そうだ。
 はあ、でかいと思って見ていると、繭の上辺がほころび始め、

 繭の大きさに釣り合った巨大な蛾が産まれ出る」 「うわ、モスラ」
「こら、茶化すんじゃない。映画のモスラほどは大きくはないが、
 それでも人間の3~4倍はあったそうだ。それが立って見ている
 自分にぶわっと白い鱗粉をかけ、夜空に飛んで消えていく」
「うーん」 「どっちの陣営も選挙本部に集まるだろ。そのときに
 夢の話をする者が出てきて、あ、俺も見た、同じものを見たと
 皆が口々に言う。後で俺が調べたところでは、村の有権者の
 7~8割が同じ夢を見ている」 「1000人近いですよね」
「ああ。その話は、両派の間で持ちきりだったが、解釈が難しい。
 ダム賛成派は、あれはオカイコサマがこの地を離れるのだから、
 建設に賛成されていなさるとなったし、

 反対派は、そもそもダム建設に反対だから御神体が姿をお見せに
 なったのだと言う」 「うーん、たしかに、どっちの言い分も
 わからないことはありません」 「で、投票日まで1週間ほどのときに
 俺に調べてほしいと連絡が来た。依頼者は村の長老の一人だが、ダム建設に
 関しては中立。その殺気立った雰囲気の中に入っていったわけよ」
「大変でしたね」 「もちろん、俺も中立の立場で聞き取りはしたんだが、
 しょせん他所者だしな」 「で?」 「ダム賛成派の夢は、どの人も
 みな同じだったんだが、反対派の中に何人か・・・俺が調べた
 かぎりでは壮年の者が7人、飛び立つオカイコサマの翅が白ではなく、
 真っ赤だったという者がいたんだ。まあ、全員にはあたれなかったから、
 数はもう少し多かっただろう」 「どういうことです?」

「いや、そのときは俺にもわからなかったが、たぶんよくないこと
 だろうとは考えてた。聞いた話では、夢の中で真っ赤な蚕が頭上を
 飛び去るとき、鱗粉を浴びて全身が赤く染まったってことだったから」
「で?」 「投票日を2日後に控えた真夜中、賛成派の候補者の家が
 火事になったんだ。高台に一軒だけある昔の農家の屋敷」
「う」 「そういう場所だから消防車が近づけず、朝まで家は燃え続け、
 後に、一家5人と使用人2人の遺体が焼け跡から見つかった」
「うう」 「黒焦げだったか、そのうちの何人かに頭を割られた痕跡が
 見つかり、県警が入って殺人事件として捜査をした。
 これは大きな事件で新聞にも載ったから、当時のものを探せばすぐに
 見つかるはずだ」 「・・・どうなったんですか」

「捜査は難航したが、最終的に反対派の者が3名、放火殺人の容疑で
 逮捕され、裁判で有罪になった。その3人は赤い蚕を夢で見ている」
「ちょっと待ってください。Kさんが見つけただけで7人なんでしょ」
「そこはよくわからんが、夢を見ても行動を起こさなかった者がいるんだろう」
「で、選挙は?」 「延期になったものの、新しい候補者が見つからず、
 反対派の勝ちになった。結局、ダム建設は行われなかったんだ」
「うーん、すごい話ですね。それから」 「でな、養蚕のほうもダメになって
 しまったんだ。次の年、蚕の幼虫に病気が流行ってほとんどが死んだ。
 次の年も同じ。その村はダムもできず、養蚕も成り立たずでどんどん人が
 減っていき、3年目、オカイコサマの神社が不審火で焼けたが死傷者はなし。
 ただ、そのとき残った村の者の多くが、また同じ夢を見たということだよ」



 


ゾンビ映画の疑問

2020.04.18 (Sat)
xxxxx (9)
『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』

今回はこういうお題でいきます。オカルト論ですね。
さて、今回の新型コロナウイルスの流行で、世界中でたくさんの
人が亡くなっています。アメリカはニューヨークがひどく
やられてしまいましたね。日本人にはちょっと想像できないほど、
衣食住、医療においての貧富の差が大きいので、

貧しい移民層や黒人の被害が大きいようです。1日数百人レベルで
亡くなっていますが、アメリカは大都市でも土葬がほとんど
なんですよね。ですから、埋葬地の確保が大変だし、遺体から
感染する危険性もあります。土葬は、キリスト教の教義である
最後の審判の考え方からくるものです。

『デモンズ』悪魔系のゾンビは何でもありで理屈が通じない
xxxxx (2)

すべての死者が墓からよみがえり歩き出す、dead walk 。
ゾンビ映画というのはキリスト教国ならではのもの
と言うこともできます。ヨーロッパでも、魔女は火あぶりの刑に
されることが多かったんですが、これは、遺体を燃やして
よみがえることができなくするという意味があったんです。

さて、ゾンビ映画について。最近はゾンビ物とは分類しにくい
作品も増えてきてますよね。疫病の感染者が生きたまま凶暴化する
『28日後』とか、人々が意識を持ったまま吸血鬼化する
『アイ・アム・レジェンド』など。そこで、ここではゾンビを
「死体が動くもの」と定義することにします。

中国系ゾンビであるキョンシー 呪術系?
xxxxx (8)

人間がゾンビ化する原因は映画によって3つほどに分類できます。
① 悪魔の力、呪いなどによるもの。ダリオ・アルジェント監督の
『デモンズ』のシリーズや、スペインのモキュメンタリー映画
『REC/レック』なんかがそうですね。オカルト色が強く、
超自然の力によるので、何でもありです。

② 宇宙線などの影響による。ジョージ・A・ロメロ監督の映画が
この設定です。惑星イオスが超新星爆発し、地球にもその影響が
および、怪光線を受けた墓場の死人がよみがえって出てくる。
ただ、これ以外のSF的な設定はあまりありませんでした。

ゾンビは頭部を破壊されると活動を停止する場合が多い
xxxxx (6)

③ 軍用に改造されたウイルスの影響による。プレステ用の
ゲームを映画化した『バイオハザード』のシリーズはこれですよね。
ウイルスですから、人から人に感染して、どんどんゾンビが
増えていく。パンデミック物とも言うことができます。で、今回は、
この③の場合について考えてみたいと思います。

・ ゾンビはどうやって動くのか? 基本的に、人間が動くのは
脳から神経系に信号が伝わって、腱や筋肉を動かすわけですが、
死んでいる脳にウイルスが巣食って、体の各部に司令を出してるん
だろうと思います。ですが、神経や筋肉の細胞は死んだ状態なので
生きた人間よりずっと動きがにぶい。

『バタリアン2』人間の脳を食べたときだけ死の痛みがやわらぐ
xxxxx (1)

最近は、素早く動いたり走ったりするゾンビも出てきましたが、
ロメロ映画を見てきた自分には違和感があります。
また、ほとんどのゾンビ映画では、脳を破壊することによって
ゾンビの動きが止まります。ゾンビの頭を銃でつぎつぎと
吹っ飛ばすところは、映画の一つの見せ場になっています。

・ ゾンビウイルスはどうやって感染するのか? 
ほとんどの映画ではゾンビに噛まれることによって感染します。
噛まれた人物は、ウイルスの影響でだんだんに具合が悪く
なっていき、死んだ瞬間にゾンビ化して襲いかかる。

『バイオハザード2』ゾンビ・ドッグ
xxxxx (4)

これも映画では定番のシーンですよね。ゾンビに噛まれた重要な
登場人物が、ゾンビ化する前に自殺したり、仲間が泣く泣く頭を
撃ったりする。で、噛まれて感染するということは、唾液の中に
ウイルスがいるわけですよね。でも、死んだ人間の血液は凝固し、
唾液も出なくなると思うので、このあたりはちょっと不思議です。

また、もし全身にウイルスがいるのだとしたら、それらが独自に
神経を動かすことはできないんでしょうか。死んだカエルの
脚に電気を通すと脚が動きますが、あんな感じに。
もしそうだとすると、ゾンビの体が細切れになっても
動くことができるんじゃないかと思ったりもします。

『ドーン・オブ・ザ・デッド』食料を背負った生きた犬にゾンビたちは無関心
xxxxx (5)

・ ゾンビはなぜ生きた人間を襲うのか? これもよくわからない点で、
いちおうの説明としては、ゾンビ化すると本能がむき出しになり、
食欲が強く出て生きた人間を食べる。『バタリアン2』では、
ゾンビになると全身が強烈に痛むが、人間の脳を食べたときだけ
痛みがやわらぐというセリフが出てきていました。

ただ、ここで不思議なのは、ゾンビ同士は共食いをしないことです。
どうやってゾンビ仲間と生きた人間を見分けてるんでしょうか?
肉体が死んでしまうと眼球も凝固し、嗅覚も利かないんじゃないかと
思うんですが、ゾンビ特有の直感で生きた人間がわかるのか?

『ショーン・オブ・ザ・デッド』ゾンビのふりをしてごまかすと、けっこう通じる
xxxxx (3)

ここを逆手に取ったのが、『ショーン・オブ・ザ・デッド』という
コメディ ゾンビ映画で、大勢のゾンビの中を、主人公たちが
ゾンビの真似をして動きながら通り抜けるシーンがありました。
ゾンビたちは最初だまされていたので、やはり目で見て
ゾンビと生きた人間を区別してるんでしょうかね?

・ ウイルスは人間以外の生物に感染しないのか? 『バイオハザード』
にはゾンビ犬やゾンビカラスが出てきますので、感染するんでしょう。
いっぽう、リメイク版の『ドーン・オブ・ザ・デッド』だと、
大勢のゾンビの中を、食料を背負った犬が通っていきましたが、
感染することはありませんでした。作品ごとに違いがあるようです。

さてさて、このあたりのことを追求したのが相原コージ氏のマンガ、
『Z 〜ゼット〜』で、植物以外のすべての生物に感染する。
そのため、蚊がウイルスを媒介したり、ゾンビ魚を食べることに
よっても感染する設定になっていました。まだ書くことがあるんですが、
字数が尽きてしまいましたね。では、今回はこのへんで。

xxxxx (7)





秘密の話

2020.04.18 (Sat)
アーカイブ252

中学校3年のときの話だよ。俺は中高一貫校に行ってて、だから受験もなくて、
部活は引退してたから、毎日放課後は仲間と遊び暮らしてたんだ。
でな、その日、同じクラスのやつが2人俺んちに来たんだよ。親は留守だった。
一人は松井っていう部活のときの仲間で、もう一人は滋賀っていうやつだった。
この滋賀は夏休み後に転校して来たんだよ。
だから友だちもいなくて寂しいだろうってんで、その頃たまに誘ってたんだ。
で、3人で俺の部屋に入ったけど、やることはゲームしかねえ。
あとはマンガ読んだりとか、勝手にバラバラにしてたな。
今のガキだってそんなもんだろ。そのうち1時間くらいたって、
なんだか腹が減ってきたんだよ。それで2人に、
ポテチとジュース買いにコンビニ行かないかって誘ったんだ。

そしたら松井は行くって言ったけど、
滋賀は「ゲーム、今、いいとこだから」って
コントローラー離さなかったんだよ。それで2人でコンビニ行ったわけ。
ああそれで、俺んちはその頃、犬飼ってたんだよ。トイプードル。
おとなしいけど人懐っこいやつで、名前はジョンっていった。
で、俺もそれなりにかわいがってたんだ。そいつが部屋の中にいたけど、
滋賀と残して、コンビニに行ってきたんだ。
そしたら家に入った階段のところで、
ジョンがギャンギャン鳴く声が聞こえてきてな。
そんな声出すことはなかったんで、小走りに部屋に入ったら、
滋賀が小さな犬の上に馬乗りになって、両手で首絞めてたんだ。

「あ、おい何してる! やめろ!」俺はあわてて滋賀の背中に飛びつき、
後ろから手をつかんでジョンから引き離したんだ。
「何だよ! 何やってるんだ、ジョンが噛んだのか?」滋賀にそう聞いたら、
やつは息をはずませながら、
「今よう、この犬しゃべったんだ。それも俺の大事な秘密を」
こんなことを言い出した。でも、犬がしゃべるわけないだろ。
それで、滋賀はゲームのやりすぎで錯乱したんだと思うことにした。
で、その場は白けた感じになって、遊ぶのをやめて解散したんだよ。
ああ、ジョンは大事なかった。2時間くらいは喉のあたりを気にしてたけど、
夜になった頃には普通に戻ってたな。ああもちろん、
ジョンがしゃべったりすることはなかったよ。

これがあって、俺も松井も、滋賀とは遊ばなくなったんだ。
そうすると学校に友だちはいないから、いつも一人でいるようになった。
それから1ヶ月くらいたって、
俺が一人で帰ってたら道の前のほうに滋賀がいて、
横の塀を向いてなんか大声を出してたんだ。
「こら、しゃべるな。俺らの秘密をなんでしゃべるんだよ!!」って。
それでジョンのときのことを思い出したんだが、滋賀の目線の先の塀の上に、
ノラ猫が一匹いたんだよ。猫に向かって怒鳴ってるとしか見えなかった。
そうしてるうちに、滋賀は塀に走り寄って猫のしっぽをつかもうとし、
猫は向こう側に飛び降りて逃げってたんだよ。
それで「ああ、こいつはやっぱ危ないやつなんだな」って思って、

俺はその場から離れて道を変えた。動物が話をするわけはねえし、
だいいち、滋賀の秘密ってのがあるとして、
犬や猫がそんなことを知ってるはずもねえしな。
それから10日くらいして、滋賀は学校に来なくなった。
不登校になったんだよ。やっぱ精神を病んでたんだな、
くらいにしか思わなかったけど。
で、さらに2ヶ月ほどたって、次の年に入ったころ、
友だちから滋賀の噂を聞いたんだよ。あいつ猫殺しをしてるみたいだって。
そいつは滋賀の家族が入ってる市営住宅の近くに住んでたんだが、
日曜日に、滋賀が団地と団地の間のせまい通路で、
高価そうな金網のワナで猫をとってるのを見たんだ。

で、金網に入った猫を布袋に移して、猫が暴れるのもかまわず、
袋ごと何度も団地の壁に何度も叩きつけ、だんだん袋が赤く染まっていって・・・
それ以外にも、これは殺してるとこを直接見たわけじゃないけど、
そいつの家のまわりで猫のむごたらしい死体をよく見かけるようになり、
これもやっぱ、滋賀がやってるんだろうと思うって言ってたな。
え、滋賀の家族? いや、わかんねえけど、
両親はそろってたと思う。でも、市営住宅に入ってるんだから、
たいした仕事はしてなかっただろ。
でな、3月になって、もうすぐ中学は卒業ってときに事件は起きたんだ。
ホームルームで帰りの会をしてるときに、突然滋賀が入ってきて、
担任を押しのけて、教壇の前でしゃべりはじめたんだよ。

泣くようなかすれた声だったけど、何を言ってるかはわかった。
「俺と家族の秘密を知ってる犬猫がこの町でも100匹をこえた。
 秘密を知ってる犬猫が100匹をこせば人間にもばれてしまう。
 そうすればまた転校だ。こんなのは俺はもう嫌だ」
だいたいこんな内容だったな。で、滋賀はスタスタ窓のほうに近寄っていき、
サッシを開けてベランダに出ると、
あっさり手すりを乗りこえて飛び降りたんだよ。
ああ、担任もとめる隙がなかった。すぐに下でゴッツンみたいな音がしてな・・・
教室は3階だったけど、滋賀はプールの飛び込みみたいに頭から落ちたから、
助からなかった。ほぼ即死に近かったみたいだ。
それで学校中大混乱になって、警察や救急車も来たんだよ。

それで、その夜のことだよ。
夕食のときに俺が学校であったことを話したんだよ。
そのときにはソファの上にジョンもいた。
母親は他の保護者から電話がきたみたいで滋賀の自殺のことを知ってたけど、
父親のほうはかなり驚いてたな。
俺は「お前も悩みがあったら一人で困ってないで誰かに相談するんだぞ」
みたいなことを言われて、夕食を済ませて自分の部屋に行った。
んで、ベッドに寝転んでマンガを読もうとした。
したら、いつのまにかジョンが部屋に入ってて、
ベッドの俺の足元によっこらせと登ってきた。
いつものことだから、そのままにしてマンガを読み続けたら不意に、

「死んだのか、あんな秘密を持ってりゃ当然だな」こんな声が聞こえた。
なんかアニメの声優がやってるようなかわいらしい声だった。
「えっ!」思わずマンガ本をとり落としてそっち見たら、
きょとんとした顔でジョンがいるだけだったんだよ。
「え? え? 今しゃべったのお前か?」
けど、ジョンは舌を出して、甘えたそうな顔をしてるだけでな・・・
ああ、それからは1度もジョンがしゃべるのを聞いたことはねえよ。
だから俺の聞き間違いだったと思うしかないんだが・・・
ジョンはそれから10年以上生きて死んだよ。でなあ、やっぱ気になるだろ。
滋賀の言ってた秘密ってやつ。もし、もし本当にそういうのがあったんだとしたら、
いったいどんなことだったんだろうな・・・って。







「蝗害」って何?

2020.04.17 (Fri)
去年1月から東アフリカを飛び立ったサバクトビバッタは、
中東、インド、パキスタンに既に甚大な被害をもたらし、次は
中国の農作物を食べ尽くすために大群で襲来する可能性がある
という。そこで中国政府は、水際でバッタの襲来を止めるため、

駆除専門家チームを結成してパキスタンに送り込み、さらに
10万羽のアヒル軍をパキスタンに派遣して蝗害に備えるという
ニュースが、海外メディア各紙で報道された。だがどうやら、
アヒル軍のパキスタンへの派遣はなさそうだ。
(COURIIER)

xxxxx (2)

今回はこういうお題でいきます。うーん、蝗害(こうがい)ね。
何から書いていきましょうか。古代中国では、民を苦しめる
3つの大災厄があり、それは、黄河の氾濫、大旱魃、
蝗害でした。中国の天命思想では、ときの皇帝の徳が低い場合、
これらの災害が起きるとされていました。

蝗という字は「虫へんに皇」で、人間の皇帝によって治められる
べきものであるとして、この字ができたという説があります。
それが正しいのかはよくわかりませんが、
実際問題として、蝗害が起きてしまったら人間の力では
食い止めるのは不可能ですよね。

『墨攻』の虫使い


黄河の氾濫に対しては治水工事、旱魃と蝗害は国庫を開いて、
民衆に食糧援助をするくらいしかできなかったでしょう。
蝗害が起きた記録は、古く殷代の甲骨文字にも見られ、
くり返し中国大陸を襲っています。これは上記のような
考えから、詳細に記録が取られていたんです。

さて、唐の第2代皇帝、太宗(李世民)は、貞観の治を
行った中国歴代皇帝の中でも屈指の名君として知られていますが、
こんなエピソードが残っています。貞観2年(628年)、
旱魃が起き、それとともに西域に蝗が大発生して各地を
食い荒らし、ついに唐の都長安にまで到達しました。

サバクトビバッタ 群生相になっています
xxxxx (3)

長安は中国大陸のちょうど中央あたりにありますから、
かなりの勢いだったんでしょう。太宗が宮殿の庭に出ると、
そこにもおびただしい数の蝗が飛来しており、太宗は、
そのうちの数匹を拾い上げ、それらに話しかけたとされます。

「民の大切な穀物を食べ尽くしてしまうと、どれほどの害を
与えてしまうだろう。民に何か落ち度があったなら、
罪は皇帝である私にある。できるならば、民の穀物を食べる
かわりに私の内臓を食べてくれ。」と、側近が止めるのもきかず
何匹かを口に入れて飲み込んだんですね。

唐太宗
xxxxx (1)

そのおかげか、蝗害は消滅したと伝えられます。うーん、    
聖人伝説みたいなもので史実かどうかは疑わしいですが、
正史である『旧唐書』にも記載されていますので、
何かしらの事実はあったのかもしれません。

さて、ここからは生物学的に見ていきましょう。蝗害を起こすのは、
トビバッタ、ワタリバッタなどのトノサマバッタの仲間で、
日本でいうイナゴとは違います。これらのバッタは、
「相転移」という生物学的な現象を起こすことが知られています。

バッタの孤独相と群生相
xxxxx (1)

これらのバッタの仲間で、緑の色をしたものが孤独相、
黒っぽい色が群生相と言われ、その中間が転移相です。
孤独相のバッタが幼虫のとき、まわりに仲間がいなければ
そのままですが、多い場合は、体がぶつかり合うことで
転移相に変化します。ホルモンの影響みたいです。

で、その転移相のバッタが何世代かの繁殖をくり返し、
群生相が現れます。ということは、群生相のバッタが生まれる
ときには、数がひじょうに増えているということになりますね。
そうすると一ヶ所で生きていくのは不可能なので、
いっせいに餌を探して飛び立つわけです。

これがどのくらいの群れになるかというと、近代の例では、
1870年代に、アメリカ、ネブラスカ州を襲った
ロッキートビバッタの群れは、幅160km、長さ500km、
平均高さ800m、場所によっては1600mあったと
報告されています。うーん、すごい。

『エクソシスト2』悪魔パズズの象徴であるイナゴの群れ
xxxxx (6)

では、日本ではどうだったかというと、そもそも日本列島は
山地が多く、そこまで大規模なバッタの群れは発生できません。
日本で蝗害と言われる場合は、トビバッタよりも小型の
イナゴによるものがほとんどで、北海道をのぞいて、
大被害があったというほどでもないようです。

さて、蝗害をあつかった作品というと、まず思い浮かぶのが
『エクソシスト2』ですが、ホラーよりもSF色の強い、
難しい内容の映画でした。第一作で、2人の神父の殉職により
撃退された悪魔パズズが、ふたたび少女リーガンの体に
入り込もうとしている。

それを阻止しようとした神父は、かつてイナゴに乗り移った
パズズに取り憑かれ、悪魔祓いによって救われたアフリカ人の
少年コクモが、イナゴの研究者になっていることを知る。コクモは
品種改良によって、凶暴化を防ぐことができる「よいイナゴ」を
繁殖させていました。ストーリーの最後で、神父はパズズを

xxxxx (5)

倒すためにリーガンの家に乗り込み、コクモはそれを助けるべく
アフリカからよいイナゴの大群を飛ばします。そして、自身も
よいイナゴになっていたリーガンと力を合わせ、ついに悪魔パズズは
滅ぼされるんですね。これだけの内容を一本の映画に詰め込んだため、
一般観客には内容を消化するのが難しかったと思います。

さてさて、ということで、蝗害についてみてきましたが、
さすがにアヒル部隊というのはフェイクニュースでしょう。
10万羽のアヒルの管理は大変でしょうし、今は高性能の殺虫剤が
ありますからね。では、今回はこのへんで。

アヒル部隊?
xxxxx (4)





タコぼんとマユの話

2020.04.16 (Thu)
山本と言います。今、高校3年生です、よろしくお願いします。
これ、私が中1年のときにあったことなんです。
ええと、あんまり人前で話すのは得意じゃないんで、
あっちこっち飛ばないよう、できるだけ起きた順番に話していきます。
理科で、瀬田先生っていう男の先生がいたんです。
担任を持たないで理科だけやってる。その先生がゴールデンウイーク中、
外国に出かけてて病気になっちゃったみたいなんです。
で、日本に戻ってきて療養してるって、当時の担任がそう話しました。
詳しいことはよくわかりません。結局、その先生は復帰しないまま
学校を辞めちゃったので。担任じゃなかったから、見舞いに行ったって
生徒もいないと思います。それで、理科の時間は自習が続いてたんですが、

6月の始めから新しい先生が来られることになりました。いちおう
みんな注目してはいました。うーん、優しいか厳しいかというより、
気楽に授業を受けられるかです。あと、宿題を出すか出さないかも。
来られたのは、汀先生という女の講師の先生でした。
年齢は、当時はよくわからなかったです。今だったら、たぶん30代と
わかるんですが、汀先生の顔が・・・仏像にそっくりだったんです。
社会の教科書に載ってる中国から来た仏像。ええと、アルカイックスマイル
って言うんじゃなかったかな。口が横に広がった にま~って感じの。
顔にはシワとかはなくて、髪型も仏像に似てたんです。
だから男子はさっそく、仏像ってアダ名をつけてましたが、
そのまんまですよね。授業は上手だったと思います。

話し方もよどみなかったし、とにかく実験、実験でした。
実験は班に分かれてやるんですが、失敗する班が少なかったんで。
前の瀬田先生のときは、上手く行かないことも多かったんです。
怒ったりすることはほとんどありませんでした。見たのは1度だけですね。
うちらのクラスに、タコぼんってアダ名の男子がいたんです。
小学校も一緒でよく知ってるんですが、体が小さくてあんまり物を
しゃべらない、勉強のできない生徒。勉強は私もできなかったんで、
大きなことは言えないんですけど。たしか名前が高志だったはずです。
それで最初はタカぼんと言われてたのが、タコぼんになった。
イジメられて・・・はいなかったと思います。たたかれたりとか、
物を隠されたなんてことはなかったです。

無視ともまた違うんですけど、みんなに相手にされてなかったっていうか。
だって、中学生が興味を持つような話題って何も知らなかったし、
そもそも自分から人に話しかけなかったから。あ、掃除の水くみとか、
嫌な仕事はよく押しつけられてました。やっぱイジメだったのかも
しれません。で、たしか酸性とかアルカリ性とかの実験だったと思います。
ええと、メスシリンダーだっけ、細長いガラスの筒がありますよね。
実験が終わった後、そのグループでタコぼんが全部のそれを
洗うのを押しつけられて、割っちゃったんです。で、グループの
メンバーがタコぼんのことを責めたら、それ見てた汀先生がすごく怒って。
そのグループの全員を正座させ、一人ひとりに自分の役割分担を
言わせたんです。全部をひととおり聞いてから、

「あなたたち、面白そうなことだけ自分たちでやって、大変なこと、
 面倒なことは高志君にやらせようとしてたでしょう」って。
そのとおりなので、誰も一言もなかったです。そのときの汀先生は、
口調はていねいで、顔もいつもの仏像みたいなんだけど、
それがかえって すごく怖い感じがして、みんな汀先生の授業は
素直に受けるようになったんです。それで、ここから先は、
いろいろ不思議なことを話しますけど、全部本当にあったことなんです。
汀先生が来て、2度めの授業のときです。理科の準備室から
水槽を出してこられて。大きいものじゃなく、30cm四方くらいのやつ。
水は入ってなく、下にワラが敷かれて木の枝が斜めに渡してあり、
そこに真っ白いマユがついてたんです。大きかったです。

カイコのマユは見たことがありますけど、あの3倍か4倍くらい
ありました。汀先生は、「これ、外国産のチョウのマユなの。
 私がこの学校にいるうちに孵化するといいですね。すごくきれいなのよ」
こんなふうに言って、教卓の後ろの棚に置いたんです。
それで、ずっとそこにあったんですが、さっき話したシリンダーのことが
あってから、タコぼんが世話係に任命されたんです。どういう世話を
してたのかは、最後のほうで話します。あと、実験が早く終わって
授業時間があまるときってありますよね。でも、実験だから
準備してなくて次に進むことができない。そういうとき、汀先生は
「みなさんの手際がよかったので、まだ時間がありますね」と言って、
スライムをつくるみたいな簡単な面白実験をやって見せてくれたり、

あと、外国の話なんかもしてくれました。インドネシアという国で、
先生が大学を卒業してからしばらく住んでたみたいです。それで、
1回だけ、これもすごく変なことがあったんです。汀先生は「まだ10分
 くらいありますね」そう言ってみんなを席に座らせると、
U字型の磁石に糸をつけたのを出してきて「これをよく見て」と言いながら、
ユラユラ揺らし始めて・・・そこから記憶がないんです。気がつくと
自分の教室に戻ってました。これ、私だけじゃないんですよ。
その後、誰に聞いても、「あれ、磁石が揺れてるのを見て、その後の
 ことは覚えてない」って言ったんです。で、その日の給食を全員
残したんです。担任が「今日はみんなの好きなスパゲッティなのに、
 どうしてこんなに残るんだ」って不思議がってたのを覚えてます。

はい、マユの話ですね。だんだん白いマユが赤くなっていきました。
きれいな赤じゃなく、赤黒い感じでした。タコぼんは部活に
入ってなかったので、放課後はすぐに帰宅してたのが、
世話係になってからは毎日、帰りに理科室に寄ってるみたいでした。
汀先生は担任じゃないので、給食のときだけ職員室で食べて、
あとはずっと理科室で実験の準備をしてました。あれは、汀先生が来て
2ヶ月くらい後のことです。私はバレー部だったんですが、
練習中に急にお腹が痛くなってトイレに行ったんです。体育館の
トイレだと恥ずかしいので、一番近い理科室のある棟の。で、トイレを
すませて出てくると、タコぼんが理科室に入ってくとこでした。
ドアがピシッと閉められて、でも、背伸びすれば中の様子は窓から

覗けたんです。いえ・・・見たいってわけじゃなかったんですけど、
どうしてなのかな、自分でもよくわからないんですが、ちょっとだけ
覗いてみたら・・・タコぼんが水槽を教卓の上に持ってきて、
上ブタを外しました。それから腕まくりをしたら、左手の手首に
白いものが巻かれてたんです。それをほどいて、カサブタを引っかいてる
みたいでしたが、血がポタポタとマユの上に落ちたんです。
タコぼんは無表情で、そのすぐそばに汀先生が立ってて、あの仏像の
ほほえみで見てたんです。私、そこでとても怖くなって、音を立てないよう
そっとその場を離れていきました。たぶん気づかれなかったと思います。
その後教室で、タコぼんの腕を注意して見てたら、やはり左手首に
テーピングが巻かれてました。これで汀先生の話はだいたい終わりです。

3ヶ月して、汀先生の任期は終わりになり、別の理科の先生が来られました。
その先生は講師ではなく、次の年も学校にいました。マユはドス黒くなってて、
汀先生は「残念ですね。この学校にいるうち孵化にならなくて」そう言って、
持って帰られたんです。最後はタコぼんの話です。背がクラスで一番前
だったのが、その年のうちに急に背が伸びて、2年生になったときには
新しいクラスで最後列になりました。勉強もすごくできるようになって、
どの授業でも発表するし、優等生になっちゃったんです。みんな、その
変わりようにびっくりしてました。でも、テレビとかの話題を知らないことや、
自分から人に話しかけないのは同じでしたけど。で、3年生になって進路を
決めるとき、タコぼんはインドネシアの学校に行くことになったんです。
それ以来一度も会ってないし、もう日本には戻らないのかもしれません。

キャプチャ




金一族の魔法

2020.04.16 (Thu)
アーカイブ251



えー今回も軽い話題でお茶を濁させてもらいます。現在、
北朝鮮の動きが活発ですね。水爆実験をしたりミサイルを発射したり。
これに対しアメリカのトランプ大統領はなかなか実力行使に
出ることができません。もしアメリカが北朝鮮と全面戦争になれば、

韓国や日本にも戦火が飛び火して大きな犠牲が出ることが
予想されるからです。・・・とまあ、当ブログでは基本的に
政治の話はしませんので、このあたりでやめておきます。
さて、今回お話するのは、金日成・金正日・金正恩と3代世襲が続いた
北朝鮮の首領様たちの使う魔法というか、超能力についてです。

とくに初代の金日成に関しては、眉唾もののエピソードが
多数あります。金日成は1912年、平壌西方にある万景台で
生まれたんですが、この出生に関しても現在では神格化されていて、
北朝鮮の聖地である白頭山で生まれたことになっています。

初代魔法使い 金日成


その際には偉大なる指導者誕生の予兆として、空に2重の
虹がかかり、光り輝く新星が現れたということです。
まあこれくらいの美化はわからないことはないですが、
その後のエピソードはどんどん荒唐無稽化していきます。

金日成は成長して中国共産党に入党し、抗日パルチザンとしての
活動を始めますが、戦闘に際しては「縮地法」を使ったと
言われています。縮地法というのは中国の仙道にある術の一つで、
文字どおり地面を縮めて、数歩歩くだけで数千km離れた遠方に
達することができるという魔法です。

超能力のテレポテーションと言っていいかもしれません。
金日成はこれを用いてあちこちに神出鬼没に現れては、
旧日本軍に対して連戦連勝したことになっています。
この能力は息子の金正日にも受けつがれ、
「将軍様、縮地法をお使いになる」という歌まであるようです。
youtubeに出ていますので、興味のある方は検索してみてください。



さて、金日成は超人ですので、生後3週間で歩き、
8週間で言葉を発しました。また、大学時代には3年間で
1500冊の本を書き、「音楽史上最も素晴らしい」6本のオペラを
作曲したとされています。これは北朝鮮政府の
公式記録に書かれている内容です。

さらにスポーツにおいても特異な才能を発揮し、
初めてゴルフクラブを握ったのに、北朝鮮唯一のゴルフコースで
18ホールで11回のホールインワンを記録し、
38アンダーという驚異的なスコアをたたき出したとされます。



このエピソードは世界的に有名になり、金日成が死んだとき、
アメリカのあるメディアは「地球最強ゴルファーが死んだ」と
書いて皮肉りました。この他にも金一族の驚愕のエピソードは
多数あります。例えば、

「金正日が幼少時、世界地図の日本を黒く墨で塗りつぶしたところ、
 日本列島全体が真っ暗になって雷鳴と地震が起こった」とか、
「金日成は戦闘の最中に砲弾が尽きたので、松ぼっくりを原料に
 手榴弾を作って敵を粉砕した」とか、

「金日成が敵に囲まれたとき、近くにある木の葉をちぎって吹きつけると、
 何百という分身が生まれて敵を撹乱し、窮地を脱することができた」
これなんか孫悟空の使った魔法そのままですよね。ただし、現在の
首領である金正恩には、こういった逸話はまだ生まれていないようです。

世襲共産主義3代


さらに面白いのは、北朝鮮の国営ウェブサイトに、
「金日成は生涯で一度も大便をしなかった」と記載されていることです。
うーん、みなさんどう思われますか。こんな絶対ありえないことを
わざわざ書く必要があるもんですかね。

さてさて、これらのエピソードを現在の北朝鮮の国民は信じているん
でしょうか。それはさすがに考えられないと思うかもしれませんが、
オウム真理教事件の麻原教祖のことを思い出してみてください。
信者の多くは、「空中浮遊」をはじめとする麻原の数々の奇跡を、
実際にあったこととして信じていました。

これが洗脳の怖ろしいところです。北朝鮮では
国家をあげて金一族の神格化に努めているんですから、
信じていても不思議はないような気がします。日本だって戦前、
天皇陛下は現人神として崇められていたわけですし。
では、今回はこのへんで。






「決闘」の周辺事情

2020.04.15 (Wed)
cccccc (7)
『デュエリスト/決闘者』

今回はこういうお題でいきます。カテゴリは世界史かな。
さて、みなさんは決闘というと何を思い浮かべられるでしょうか。
『OK牧場の決闘』なんかの西部劇でしょうか。背中を向けて立った
2人の男が互いに10歩歩いてからふり向き、
腰の銃を抜いて撃ち合い、どちらかがバッタリ倒れる。

西部劇の様式美ですよね。ですが、20歩も離れると、
互いに当たらないことも多かったようです。もしこれで相手が
死んでも罪にはなりませんが、確認のための裁判は受けねばならず、
民事賠償などもあったみたいですね。このアメリカの開拓時代の決闘も、
もともとはヨーロッパで行われていたものが持ち込まれたんです。

西部劇の決闘のイメージ
cccccc (3)

ヨーロッパでは、主に上流階級の間で、10世紀以前から
19世紀まで、決闘が制度として行われていました。
え、何でそんな野蛮なものが、と思われるかもしれませんが、
これにはいろんな事情がからんでいます。

まず、上流貴族というのは警察や裁判になじまないこと。
ヨーロッパでは、貴族は封建領主でもありますから、国王といえども
簡単に裁くことはできない。もし揉め事があった場合、
当事者同士で決着をつけてもらうのが一番よかったんですね。

もう一つは、キリスト教の影響です。ヨーロッパの歴史は
キリスト教を抜きに語ることはできません。もちろん教会が
決闘を推奨していたなんてことはないんですが、
決闘を行う者の間では、神は正しい方に味方すると
考えられていました。一種の神聖裁判の趣があったわけです。

『三銃士』
cccccc (4)

さて、決闘の理由の多くは、名誉を傷つけられたことによります。
例えばある貴族が、自分の妻が別の貴族と密通していると
疑った場合、証拠をつかんだらその貴族のところに行き、
足元に白手袋を投げます。もし相手がこれを拾えば承諾の印と
なりました。拾わなかった場合は罪を認めたことになりますが、

それは死よりも不名誉なこととされたので、16~17世紀頃だと、
ヨーロッパ全体で、毎年1000人以上が決闘で命を落としていた
とみられています。ただ、決闘のルールはさまざまで、どちらかが
死亡するまで戦う場合もあれば、最初に一方がケガをして
血を流した時点で終わりというのもありました。

ロシアンルーレットにはギャンブルと決闘の側面があります
cccccc (6)

銃を使った決闘では、決闘の立会人が2丁の銃を用意し、
片方にだけ実弾を入れておき、くじで2人の決闘者に選ばせる
という形もあったんです。これでは、勝敗が運に左右されてしまう
わけですが、上記したように、神に裁きをゆだねるという形です。

さて、では日本では決闘は行われていたでしょうか。これは、
ヨーロッパのような合法の制度としての決闘はありませんでした。
「仇討ち」は公認されていましたが、私闘の場合はあくまで
喧嘩両成敗ということになります。

ロンドンオリンピックの決闘競技 銃を使ったフェンシングとも言えます
cccccc (1)

とはいえ、「試合、立合」としての決闘はありました。有名な、
宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島の戦いは、小倉藩細川家の
主催で行われています。また、領主の公認がなくても、
武芸者どうしの試合はしばしば行われ、どちらかが死んでも
罪を追求されることは少なかったでしょう。

さて、ここからは有名な決闘の事例を見てみましょう。これは
フィクションですが、フランスの文豪、アレクサンドル・デュマの
『三銃士』では、田舎から出てきた若者ダルタニャンが、
銃士隊員であるアトス、ポルトス、アラミスの3人と1日のうちに
別々のトラブルを起こし、決闘の約束をするところから始まります。

巌流島の戦い 決闘ではなく、あくまで試合
cccccc (5)

『三銃士』の連載開始は1844年ですが、作中の舞台は
17世紀です。デュマの時代には、もうほとんど決闘は行われなく
なっていました。とはいえ、1908年のロンドンオリンピックでは、
防具をつけロウの弾丸を用いた決闘が公開競技として実施されて
います。決闘で命を落とした有名人はいろいろいますが、1832年、

フランスの天才数学者エヴァリスト・ガロアが、21歳で決闘で
受けた傷がもとで死亡しています。理由は女に関するいざこざ
だったようで、腕に自信がなかったガロアは、自分の死を覚悟した
心境を書き残しています。ガロアは17歳で画期的なガロア理論を
構築しており、早すぎた死というしかないですね。

エヴァリスト・ガロア
cccccc (2)

あと、これもフィクションですが、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
だったかな。ドラコ・マルフォイと「魔法使いの決闘」をする話が
出てきていました。立会人がスネイプ先生で、細長い通路に立ち、
互いに杖を向け合うという、伝統を踏まえた決闘シーンになってました。

さてさて、最後に、『エイリアン』や『ブレードランナー』を撮った
巨匠、リドリー・スコット監督のデビュー作は『デュエリスト/決闘者』
というイギリス映画で、決闘にとり憑かれて生涯を送った人物を
描いた内容でした。では、今回はこのへんで。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
cccccc (1)





シンクロニシティ殺人事件

2020.04.14 (Tue)
dddd (3)
プラムプディング

今回はこういうお題でいきます。これもオカルト論で、
最近多いですね。さて、シンクロニシティというのは、
スイスの心理学者、精神科医であるカール・グスタフ・ユングが
提唱した概念で、大変に理解が難しいものです。

例によってWikiを引くと、「意味のある偶然の一致を指し、
日本語では、共時性、同時性、同時発生と訳される」と出てきます。
でも、これ見てもどういうことなのかさっぱりわかりません。
なぜなら「意味のある」と「偶然」という事象は、
普通は相反する概念だからです。

うーん、何で説明すればわかりやすいですかね。例えば、朝、
ニュースの天気予報を見て、今日は雨と知ったとします。
で、傘を持って出たらやはり雨が降ったが濡れなかった。
これだと、雨に濡れなかったのは偶然ではありませんよね。

カール・グスタフ・ユング
dddd (6)

じゃあこの場合はどうでしょう。会社の帰り、物をしまおうとして
個人ロッカーを開けたら、前に持ってきた傘があった。
そのとき雨は振ってなかったが、持って帰ることにしたら
途中で強い雨になった。おかげで濡れずにすんだ・・・
これだと、たまたま運よく濡れなかったということになります。

さて、ユング自身がシンクロニシティについてどういう説明を
しているかというと、有名なプラムプディングの話があります。
みなさんご存知でしょうが、いちおう引用すると、
「1805年にフランスの詩人エミール・デシャンが、
ドゥフォルジュボーからプラム・プディングをご馳走してもらった。

dddd (5)

その10年後の1815年、デシャンはパリのレストランで
メニューからプラム・プディングを注文したが、給仕は最後の
プディングが他の客に出されてしまったと告げた。その客とは
ドゥフォルジュボーであった。さらに17年経過した1832年、
デシャンはある会合で再びプラム・プディングを注文した。

デシャンは昔の出来事を思い出し、これでドゥフォルジュボー氏
居れば役者がそろうと友人に冗談で話していた。まさにその瞬間、
年老いたドゥフォルジュボーが部屋に入ってきた」みなさんはこれ、
どう思われますか? 「そんなのただの偶然だろ」と言われる方も
いれば、「不思議だけど、そういうことってあるよね」

dddd (7)

という方もいるんじゃないでしょうか。で、このシンクロニシティを
日本では「虫の知らせ」と結びつける考え方があります。例えば、
地震でもないのに仏壇のロウソク立てが倒れ、その後すぐ、
親戚が亡くなったという連絡が入ってきたみたいな。ただ、
自分の理解では、シンクロニシティは虫の知らせとは異なる概念です。

さて、ユングはシンクロニシティが起きる原因をどう説明しているか
というと、「集合的無意識」からくるものと述べています。
集合的無意識はユング心理学の中心的な概念で、「人間の無意識の
深層に存在する、個人の経験を越えた先天的な構造領域」
と説明されます。またまた難しいですね。

個人が見る夢、あるいは世界の神話などには共通の内容があり、
それは集合的無意識によってつくられるとされます。神話の内容が
伝播してきたわけではなく、例えばメソポタミアのある地方と
太平洋の小島に、ほとんど同じ神話が見られることに対する
説明として持ち出されます。

シンクロニシティをあつかった映画『ファイナル・デスティネーション』
dddd (2)

例えば、騎士が竜などの怪物を倒す神話。これは、強大な竜に
自分の父親が投影されていると説明されます。ユングはフロイトの
説いたエディプス・コンプレックスの考え方をさらにおし進め、
息子にとって偉大すぎる父は、克服されなければならない
竜のようなものだと考えたわけです。

ただ・・・この集合的無意識は理解できます。自分も、おそらく
そういうものはあるんだろうなと思いますが、では、それが
シンクロニシティとどうつながるのか。かなり論理の飛躍が
ある気がするんです。実際、これまでに納得できるような説明を
見たことがありません。あ、もうスペースがなくなってきた。

イギリス、アーディントンの町 かなり田舎
dddd (1)

殺人の話に移ります。1817年5月27日、イギリス中部の
アーディントンという町で、メアリー・アシュフォードという
20歳の女性が、友人の家に寄ってからダンスパーティーに
向かって以後消息を絶ち、性的暴行を受けた溺死体で池の近くで
発見されます。ソーントンという知人の男性が容疑者として浮上し、

彼は性行為は認めたものの合意の上であるとし、殺人は否認。
証拠不十分で無罪になります。で、この157年後の
1974年5月27日、20歳のバーバラ・フォレストという
女性が性的暴行を受けて絞殺される事件が起きます。彼女は
殺害される直前にダンスパーティーに向かっており、
友人の家に立ち寄って服を着替えていました。

157年を隔てた2人の被害者
dddd (4)

こちらの容疑者もソーントンという名前で、結局、無罪になります。
2人の遺体発見現場は350mほどしか離れておらず、
どちらの女性が発見されたのも月曜日、祝日である聖霊降臨祭の
翌日であったということです。つまり、殺人の期日、場所、状況、
容疑者の名前などがすべて一致していたということになります。

さてさて、たんなる偶然だろうと言うこともできますし、昔のことを
知っていた犯人がそれを模倣したとか、悪魔主義的な裏が
関係しているんじゃないかと考えることもできます。ただ、
もしかしたらこの世界のバグ的なものとして、こういうことも起こり
えるのかもしれないという気もするんですね。では、今回はこのへんで。






白い犬とバンの話

2020.04.13 (Mon)
※ 骨董屋シリーズです。

あ、どうもどうも、またまた来させてもらいました。
引退した骨董屋です。今回もね、じつに奇妙な話があったんです。
奇妙なだけじゃなく、後味も悪い。それを話したくてやって
まいりました。ええ、じゃあ、さっそく始めさせていただきます。
1ヶ月ばかり前です。昔から知り合いの同業者から電話が
かかってきまして。そいつはね、年の頃は私と同じぐらいなんですが、
まだ現役でやってるんです。しばらく音沙汰がなかったので、
何だろうと思いましたが、一方、手に負えない物をつかまされての
相談かとも考えたんです。いや、目利きは悪くないんですよ。
でなきゃ、この商売、長年はできない。この同業者、「夢」として
おきましょう。爺さんなんですが、店の屋号が夢刻堂っていうので。

で、目利きはできるものの、曰くつきの品にはとんと弱い。
ええ、いわゆる霊障のある古物ってことで。その手のことに関しては、
昔からよく相談を受けてたんです。話を聞いてみたら案の定、
その類だったんですが、ただ、物というのが・・・
「それで、今回はどういう物をつかまされたのかね」 
「いやあ、私用で買ったんだよ。古物じゃなくて中古車」 
「ええ! そりゃ無理だ。中古車は骨董じゃないし、俺に聞かれても
 何もわからん」 「まあ、値打ちとかに関しちゃそうだろうが、
 あんたは怖いものの処理には長けてるだろ、だから」 「うーん、
 じゃあ、話だけでも聞かせてもらおうか」こんなやりとりがありまして。
「バンだよ、日産の5人乗りバン。中古で買ったんだ。

 仕事で使おうと思って」 「ははあ、年式と値段は?」
「7年落ちが車検付きで40万」 「まあまあだな。走りは?」
「問題ない。年式のわりに走行距離が少ないし、仕事で使う分には
 いい車なんだが・・・」 「だが?」 私らはほら、市で競ったり、
個人宅から買わせていただいた古物を運ぶのに、商用バンは必需品なんです。
私も現役の頃はもっぱら中古でした。「それがなあ、自分一人しか
 乗ってないのに、後部座席に犬がいるって言われるんだ。
 それも複数人から」 「犬?! ふうん、珍しい話だなあ」
「最初は家族、孫が来てたんだが、家の駐車場に停めてあったその車の、
 後のウインドウに手を振ったんだよ。もちろん中は無人」 「んで?」 
「誰にバイバイしてるんだいって聞いたら、わんわんだよって言う。

 かなり大きい、白いわんわんだったみたいだ。それで、孫を抱き上げて
 車の後部ドアを開けて見せた。何もいないだろうってね」
「そしたら」 「孫は首をかしげてたが、いないねって」 「うむ」
「それからしばらくして、一人で運転して古物市に行ったんだよ。
 後部座席は倒して、荷室には段ボール箱を積んでね」 「で?」
「そしたら、会場の会館の前に知り合いが何人かたむろしてたのが、
 俺が車を停めて駐車場から戻ってくると、あれ夢さん、犬、
 飼い始めたんですかって。いやもちろん、さっき言ったとおり、
 生き物は乗せちゃいない。ここで、孫のことを思い出し、
 どんな犬だったって聞いてみた」 「そしたら?」
「白い大型犬だって、孫と同んなじ答えが返ってきた」

「車のガラスにはフィルムが貼ってあるんだろ」 
「ああ、けど、商用車だし色は薄い。白いものなら見えるだろう」
「で?」 「気味悪いなあと思ってね。それから2週間のうちに
 同じことを別のやつに言われたし、それで、あんたのとこに
 相談したわけ」 「うーん、まあ見るだけは見てみるが。
 その車、どこで買ったんだい?」 「ネットの中古屋だ。
 希望の車種や値段を調べて、全国から取り寄せてくれる」
「ああ、じゃあ、前のオーナーとか、そういうことはわからんか」
「持ち主は俺で4人目らしい。でな、事故車ではないって強調してた。
 修理した記録は一切ないって」 「ふーん、調べてみるから
 時間あるときに、俺のとこに持ってきてくれ」それでね、来たのが

白いバンです。1500ccで、外装はバンパーにちょっとした傷が
あるくらい。中は大きな汚れはなし。少し乗って走ってみましたが、
立派なもんでしたよ。7年落ちとは言っても、今の車は10年
以上乗れますからね。ハンドルから手を離してもみました。
もし事故車なら、どうしてもフレームにゆがみが来ますから、
軌道がブレたりするんですが、そういうこともなし。2時間ほど
車内にいても、犬の気なんてありませんでした。それでね、
物好きだと思われるかもしれませんが、夜、車の中で寝ることに
したんです。後部座席をたためば、横になるスペースはできます。
エンジンはかけてません。もうすぐ5月ですから、寒いってことはない。
一晩目、二晩目は何もなしでしたが、3日目の夜です。

さすがにね、背中が痛くなってきてたんで、これで何もなかったら
もうやめようと思ってたんですが。夜中に暑くて目を覚ましました。
体中汗をかいてる。それとね、金縛りになってたんです。
あのせまいとこで体が動かないんで、まいったなあと思ってると、
胸の上に白いものが現れたんです。白いボサボサの毛の塊。
ははあ、犬ってのはこれかと思ったんですが、その塊が「熱いい」
ってしゃべったんです、しわがれた人間の声で。 「!?」でね、
その塊がずずっと上にあがってって、婆さんの顔が出てきて・・・
婆さんは顔からポタポタ汗のしずくを垂らしながら、
「熱い、あうう、熱いいい」のしかかられながらも、私は何とか
体動かそうとしてましたが、指先が動いたんでバン、バンと

車の内側を叩くようにして荷室の電気をつけたんです。その瞬間、
婆さんはふうっと消えて、車の中には私がいるだけ。
ただね、けっして暑い季節じゃないのに、夢で見たとおり、
体に大汗をかいてたんですよ。こりゃただごとじゃないって思いました。
あの婆さん、間違いなく死んでる、しかも強い苦しみの念を持って。
私では手に負えないと思いました。それでね、知り合いにKさんっていう
霊能者がいるんです。いや、専門にやってるんじゃなく、
表の顔はバリバリの実業家ですよ。年は私より20ほども若い。
Kさんとは、曰くつきの古物の件で何度かお世話になってるんです。
翌日、電話で連絡して事情を話し、車をあずかってもらうことに
しました。で、もしできるならば除霊もお願いしたんです。

ここからはKさんの話です。Kさんは、2つのことをやったんです。
まず、ご自身で車の中を霊視した。そしたらたしかに霊が憑いてる。
犬じゃなく婆さんです。その車の中で死んだのも間違いない。
とにかく、心の中が熱い、熱い、それでいっぱいになってて。
婆さんを祓うのは難しくはないが、何で亡くなったのか、
事情を明らかにしたい。それで、車の前の持ち主を調べたら、
初代のオーナー、つまりその車を新車で買った一家の婆さんが、
車の中で熱中症で死んでたんです。同居してた息子夫婦と買い物に行き、
婆さんは駐車場の車に一人残ってたんですね。7年前の7月のことです。
そして、自分でドアや窓を開けたりできないまま、中で汗まみれになって
亡くなった。警察は事件性を疑ったようです。婆さんにはけっこうな額の

保険金がかけられてたみたいですから。ですが、息子夫婦の買い物は
30分もかかってないし、車をオートロックにしてたわけでもない。
つまり婆さんは自力で車から出られたはずなんです。結局、司法解剖までには
至らなかったんですね。不幸な事故として警察は処理した。ここまでわかって、
Kさんは婆さんを浄霊したと言ってました。それから、さまざまな手を使って
息子夫婦を自白させた。気温の高い日をねらって婆さんを連れ出し、婆さんの
常用してた睡眠薬を食べ物に混ぜて眠らせ、車に放置。もちろんヒーター全開の上、
ポータブルのガスヒーターまで持ち込んでね。自分らが発見者なわけですから、
証拠隠滅は容易ですよ。死亡を確認し。すべて片づけてから救急車を呼んだ。
まあ、こんな話でね。婆さんを先に成仏させたのは、実の息子が逮捕されるのを
知られたくなかったからだと言ってました。ねえ・・・嫌な話でしょう。




 
 

予言獣について

2020.04.13 (Mon)
アーカイブ250


約200年ぶりに復活した妖怪「アマビエ」

前回に引き続いて妖怪の話です。今回は「予言獣」をとりあげてみようと
思います。この予言獣には、有名な「件」(くだん)も含まれます。
予言獣が刷り絵や本の記述としてよく出てくるようになるのは
江戸後期頃からで、明治の初期になっても盛んに話題にのぼりました。

その特徴としては二つのことがあげられます。一つ目は、
疫病の流行や作柄の予言をすること。二つ目は自分(予言獣)の絵姿を
持つことで災厄から逃れられると宣すること。
この二つが組み合わさっている場合がほとんどです。

有名な予言獣として「姫魚」または「神社姫」と呼ばれるものは、
二本角のついた女の顔を持つ長大な魚体として描かれることが
多いようです。例えば文政2年に肥前国に現れた姫魚は、
「7年の間豊作が続くが、コロリという疫病が流行る。
しかし我が姿を描いた絵を一度見たものはそれから逃れられる」

と言って姿を消しました。この姫魚・神社姫は、実体としては
深海魚の「リュウグウノツカイ」に似ている部分があると思います。
「リュウグウノツカイ」は大きなものでは8m近くになり、
嵐の後などに浜に打ち上げられることがあります。

リュウグウノツカイと「姫魚・神社姫」
名称未設定 1

次に「アマビエ」について見てみましょう。弘化3年に肥後国に現れ、
姿は人魚に似ているが、くちばしがあり、
首から下は3本足で鱗に覆われていた、とされます。
予言は、「この先6年は豊作が続くが、もし疫病が続くことがあれば、

自分の似姿絵を人に見せよ」で、神社姫の場合とよく似ています。
これと同じようなもので、天日子尊(アマビコノミコト)
と名のる妖異が海上に現れた話があり、場所もやはり肥後国です。
尼彦・天彦(アマビコ)とも言われます。

「アマビエ」はこの「アマビコ」の書き違いであるという説があり、
自分としては信憑性が高いのではないかと思っています。
この正体はセイウチなどの海獣類ではないかとも言われていますが、
姿絵の一つはヨーロッパに現れたという「海の修道士」(sea monk)
に似ているところがあります。

「海の修道士」とは何かについて話し始めると長くなりますし、
これはUMA(未確認生物)の分野ですので、残念ですが割愛させてください。
これをダイオウイカではないかとする説がありますが、アマビエもくちばしが
あるところ、足がいくつかに分かれているところから、イカ類である可能性も
あると思います。予言獣はこれ以外にもまだいますが、紹介はこのくらいで。

「海の修道士(sea monk)」と「アマビエ」 どちらもダイオウイカの可能性あり
名称未設定 1

さて「件」について。件は基本的には人面牛体です。
牛面人体のものは「牛女」で、本来は区別する必要があると考えます。
小松左京が有名な『くだんのはは』というホラー短編を書いていますが、
これは、和服を着て血まみれの包帯を顔に巻いた牛女が出てくる話で、

混同が起きています。もちろん人面牛体の件が古い形で
なぜならこのような人の顔に見えるような牛の新生児の奇形は
珍しくはないからです。死産か、生まれてすぐに死んでしまうものが多く、
件の場合は、このときに外れることのない予言をひとつすると言われます。

これは「件」ではなく「牛女」


自分は件のミイラとされるものを何体か見ていますが、どれも顔は
よく似ています。本来の牛のように鼻面が高まっていない
平べったい顔に太く長い鼻、はれぼったい目などです。下の画像は、
タイで死産した牛の仔で、無理に関節を伸ばされているようにも
見えます。現地では神聖視され祀られているようですね。

これに対して「牛女」は比較的新しい伝承のように思われます。
西宮の牛女が噂に上ったのは太平洋戦争後のことです。
「芦屋・西宮市一帯が空襲で壊滅したときに、ある牛の屠殺場も消失したが、
そこには座敷牢があり、中には牛頭の娘が閉じ込められていたという噂があり、
実際に焼け跡に牛女が現れ、生き物の死骸を食っていたという
目撃談が出るようになった」


以上からわかるように、屠殺業、部落、奇形児など、
かなり差別的な内容を含んでいます。昔の仏教説話に、
蛇を獲って売ることを生業にしている男がいたが、
裕福になって嫁をもらったら、鱗のある赤ん坊が産まれたという
話があります。この牛女も同類のものなんです。

インドの奇形牛


この牛女は90年代に、西宮市にある高野山真言宗の鷲林寺にいる,
という話が広まりました。きっかけは荒神様の祠にお祀りしてある牛の像を、
誰かが「牛女だ」と言ったことが始まりだと、お寺のホームページに
記されています。週刊誌やテレビで取り上げたことから爆発的に広まり、

心霊スポットのようにして夜中に探訪に訪れる者が多くなり、
住職がノイローゼ気味になったそうです。
窮余の策として「牛女は引っ越しました」という看板を掲げたところ、
深夜の訪問者は激減したという笑い話もあります。

さてさて、ここまでのまとめとして、予言獣には、流れ着いた珍魚や珍獣、
奇形などの何らかの元となる実体があったものが多いのです。
そしてその存在は当時の民衆にとって、満足な治療法のなかった、
触れれば死ぬ、怖ろしい疫病と重なっていたのだと思います。

さらには、救いを求める者に絵姿を刷って売る、京極夏彦の『巷説百物語』の
小股潜りの又一のような者たちの動きもあったんでしょう。
この点で予言獣たちの存在は、鷲林寺の例でみるような、現代の単なる
無責任な都市伝説的な噂話とは切実さの点で異なっています。
では、今回はこのへんで。

「件」のミイラとタイの奇形牛
名称未設定 1

件・牛女情報サイト




マスクあれこれ

2020.04.12 (Sun)
ffffff (11)

今回は画像を貼っておわりの内容です。新型コロナウイルス
流行で、マスクの品不足が言われてますよね。
まあ、国産でマスクを作っても採算が取れないんでしょうし、
こういう事態は予測できませんでしたからね。

マスクは、英語で mask あるいは face mask でしょうが、
自分がアメリカにいたとき、医療関係者をのぞいて、
つけている人を見たことはありませんでした。一般人には
本当になじみのないもので、下手すれば犯罪を疑われます。

ですから、mask というと、向こうの人は「仮面」を思い
浮かべるんじゃないかな。さて ここからはいろいろなマスク画像を
貼りつけていきます。「strange face masks, odd face masks」で
出てきた画像で、まずこれは、ジョーク用品ですね。

ffffff (4)ffffff (2)

こちらも。

ffffff (6)ffffff (10)

ここからは実際に使用しているマスク 左はフィギュアを改造したもので、
右はタバコを吸う穴が空いてます。

ffffff (7)ffffff (5)

次は中国からの画像で、オレンジとグレープフルーツのマスク。うーん、
抗菌効果はあるでしょうが、抗ウイルスはかなり怪しい。

ffffff (12)ffffff (13)

次はペットボトル製のマスク、これも中国。

ffffff (1)ffffff (9)

これはロンドンの地下鉄で手製の何かのボックスをかぶった女性。

ffffff (8)

最後はまた中国で、右の人は白菜!?製のマスク、どうやらマジのようです。
では、今回はこのへんで。

ffffff (3)






映画にみる宇宙生命体

2020.04.12 (Sun)
アーカイブ249

dserty (4)

今回はこういうお題でいきます。みなさんは、宇宙生命体と言えば
どんな姿を思い浮かべられるでしょうか。やはり、映画の『エイリアン』
『プレデター』に出てくる怪物のイメージが強いんじゃないかと思います。
ちなみに、この両作、どちらも配給会社は20世紀フォックスです。

『エイリアン』の1979年の第一作は名作でしたよね。SF映画なんですが、
ストーリーの組み立ては、かなりホラー要素が強かったと思います。
なかなか怪物の正体が明らかにならず、少しずつ小出しにしていくところなんかは、
まさにホラー映画の手法です。あと、ただ怪物におびえるだけでなく、
果敢に立ち向かっていく女主人公のリプリーが斬新でした。



これに対し、1987年作『プレデター』のほうは、アクション映画と
言っていいかと思います。SF的なギミックは多くはなく、人間型異星人プレデターと、
肉体派俳優アーノルド・シュワルツネッガーの対決に主眼が置かれた
ストーリー展開でした。こちらもなかなか面白かったですが、
『エイリアン』を観たときほどの衝撃はなかったですね。

で、自分はかなり早い段階から、おそらくこの2作のシリーズはどこかで
クロスするんだろうと思ってましたが、予想どおりというか、
意外に遅かったというか、2004年に『エイリアンVSプレデター』が公開され、
それぞれのストーリーが交錯していくことになります。

エイリアンとプレデターのハイブリット
キャプチャ

さて、この2作に登場する怪物、生態のモチーフがだいぶ違っています。
エイリアンのほうは、「知的」生命体と言えるかは難しいですね。
その生態の大きな特徴は4つあると思います。
一つは「真社会性」を持つこと。真社会性というのは、同種の中に生殖能力を
持たない個体がいる場合を指します。働きアリ、働きバチなどがそうです。

あと、エイリアンは強酸の体液を持ってますが、アリが蟻酸を持つところからの
連想かもしれません。次が、おそらく単性生殖を行っていること。
『エイリアン4』で、エイリアンクイーンが他の個体と一切接触しないまま
産卵していました。3つめの特徴は寄生です。エイリアンの卵からは、
カブトガニのような形をした「フェイスハガー」が産まれます。

フェイスハガー
dserty (3)

これが宿主を見つけて体内に吻部を挿入し、幼生を送り込む。
ここでフェイスハガーは抜け殻になります。エイリアンの幼生は宿主の体内で
成長し、一定の大きさになると胸部を破って「チェストバスター」が飛び出します。
スプラッタ的な、映画の見所の一つでした。

まあ、ここまでは、地球上の生物にも見られる特徴ですが、
最後はちょっと違います。彼らは、遺伝子改変能力を持ってるんですね。
宿主の体内に入った幼生は、自分の遺伝子と宿主の遺伝子を合成させ、
それぞれの能力を受け継ぎます。『エイリアンVSプレデター』で、プレデターに
寄生して産まれたエイリアンは、両者の特徴をあわせ持っていました。

チェストバスター
dserty (1)

これはすごいことですよね。もしエイリアンよりも高い能力の生物がいたとしても
いったん寄生することができれば、その特徴を吸収します。
進化に何代も時間をかける必要がないんです。チェストバスターはほぼ
成体と同じ形で、かなりの速さで脱皮して成長していきます。

一方のプレデターを見てみましょう。こちらは明らかに知的生命体で、
地球人類よりも科学技術が進んでいます。モチーフは「ハンター+原始部族」でしょう。
彼らは戦闘というより、狩猟をしてるんですね。手強い異星人がいる星に
単独で乗り込んで狩る。基本的に、相手が武器を持っていなければ襲いません。

dserty (6)

このあたり、「丸腰の者は撃たない」という西部劇の掟が転用されているのかも
しれません。また、致命的な病気にかかっている者や、
妊娠した女性も襲いませんし、あと、エイリアンに寄生された者も
襲わなかったですね。そのことが後のストーリーに影響を与えています。

それと、大量殺戮兵器を使用しません。多人数と闘う場合も、
さまざまな武器を使って一人ずつ倒していきます。一度の大量殺戮を行うのは、
自分が自爆するときだけだったはずです。そして、獲物を倒した場合は、
頭蓋骨などを抜き取って記念品に加工します。人間のハンターが、
仕留めた鹿の頭を剥製にしているようなもんでしょう。

普段は迷彩を使用しても、1対1の戦いでは姿を現す
dserty (5)

『プレデターズ』では、ペット?の猟犬も出てきていました。
おそらく、プレデターの種族としての目的が狩りであり、
それを中心に社会が回っているんでしょう。もしかしたら、狩りで闘争本能を
発散させることで、同種間での戦いを防いでるのかもしれません。

プレデターには通過儀礼があります。人間でも、成人になるに際して、
歯を抜いたり、刺青をしたり、単独で動物を狩ったりしましたが、プレデターの
社会では、エイリアンを倒すことがそれにあたるようです。この他にも、
地球人であっても果敢に戦ったものは称賛する。戦いで仲間を助けない、
敗れた場合は自爆する、などの厳しい掟があります。

倒した獲物のトロフィー(記念品)


さてさて、有名な2つの例を見てきましたが、宇宙生命体といっても、
その生態のモデルは地球にあるものなんですね。これは娯楽映画ということを
考えればしかたがありません。相手が、絶対に倒すことができない
不死の怪物だったり、あるいは実体のない精神だけの存在とかだと、
映画であつかうのは難しいですよね。

せっかく高い出演料で出てもらった有名俳優の主人公が活躍できないまま、
人類が滅ぼされてしまうことになります。ですから、
エイリアンの場合は知的な策略をあまり使わないし、宇宙航行できません。
プレデターは大量殺戮兵器を用いない、などの制約が設けられているわけです。
ということで、今回はこのへんで。

dserty (2)





地縛霊とストーンテープ理論

2020.04.11 (Sat)
ree (2)

今回はこういうお題でいきます。オカルト論になります。
さて、心霊系のマンガなどを見てますと、地縛霊と浮遊霊という
言葉がよく出てきますが、自分から言わせると、
ちゃんと意味がわからないまま、言葉だけを使っている例が
たいへん多いんですよね。

地縛霊と浮遊霊、このどちらも、心霊研究家であり、
『恐怖の心霊写真集』シリーズを出版して1970年代の
オカルトブームを牽引した中岡俊哉氏の造語です。
ですから、本来は中岡氏の言葉の定義に従うべきなんですが、
もうそれを離れてひとり歩きしてしまっている感があります。

中岡氏による定義では、地縛霊(自縛霊と書くこともある)は、
事故・災害などで突発的に死んだ人は、自分が死んだことを理解する
ことができず、また、うらみや憎しみの感情を持って死んだ者も、
やはり自分の死を受け入れられず、死亡した部屋や現場に
とどまって離れられない。

ree (6)

浮遊霊のほうは、肉体から離れてあちこちさまよっている霊
全般を指します。まあ簡単に言えば、地縛霊はその場所にだけ出るが、
浮遊霊はどこでも出ると考えていいでしょう。で、このどちらも、
霊魂説の考え方によるものです。人間は肉体と霊魂に分かれていて、
肉体は死んで消滅しても、霊魂は残る。

ここまではいいんですが、問題を複雑にしているのは、
英語の stone tape の訳語が、地縛霊になっていることです。
stone tape は、ストーンテープ理論とも訳され、
19世紀の心霊主義時代にヨーロッパで考え出された心霊理論で、
別名を「場所の記憶」とも言います。

地縛霊のイメージ
ree (7)

ここでちょっと余談。自分が好きなマンガの『ジョジョの奇妙な冒険』
の第6部に「地面の記憶」というスタンドが出てきます。
ある場所の地面は、歴史上その場所で起きた出来事をすべて
記憶しており、このスタンドは、それを掘り出して再現することができる。

例えば、その場所で何十年か前に飛行機墜落事故が起きた場合、
戦っている相手をその飛行機の乗客にして事故死させることができる。
強いような弱いような、よくわからないスタンドですよね。
過去にその場所で起きた出来事によって
作戦が左右されてしまうわけですから。

「地面の記憶」のスタンド
ree (4)

さて、ストーンテープ理論は、幽霊を霊魂説でとらえない
考え方です。イギリスの数学者で、コンピュータ理論を研究した
チャールズ・バベッジという人物が1838年に著書で初めて
この考え方を提唱し、イギリスで1882年に設立された
心霊現象研究協会(SPR)に受け継がれて発展しました。

簡単に言えば、場所はそこで起こった出来事を記憶できる
ということです。ストーンテープのテープは、カセットテープの
テープと同じで、記録するための媒体です。
ある場所で殺人事件が起こったとして、地面の石畳や近くの
石壁がそれを記憶し、ときによって再現する。

「コンピュータの父」とも呼ばれたチャールズ・バベッジ
ree (3)

1888年のSRPの協会誌には「ある種の幽霊は、従来のような感覚で
出現するのではなく、むしろ人間の有機体としての肉体によって
刻印されたイメージが生き残っていて、ある種の敏感な人だけが
時々知覚できるものだ」と出てきます。幽霊現象の原因は、
それを見た側によるところが大きいということですね。

ですから、その場所をたまたま通った人に能力があれば、
過去の殺人が再現されたのを見てしまって幽霊だと思いこむ。
つまり、霊魂説とは違う考え方なわけですが、このあたりのことが
ごちゃまぜになって混乱しているんです。自称霊能者の方でも、
よくわからないままに使っていることがあります。

ストーンテープ理論による幽霊 上の地縛霊の画像とよく似ています
ree (5)

さて、サイコメトリーという一種の超能力が、最近マンガで有名に
なりましたが、本来のサイコメトリーは、場所の記憶を読み取る
能力のことです。古代遺跡を訪れた人が、そこに立つ石柱にふれると、
過去の出来事が脳内に再生される。また、ペンダントや指輪などからも
その以前の持ち主の情報を得ることができるとされます。

あともう一つ、「残留思念」という考え方がありますよね。
人間が強く何かを思ったとき、その場所に残留するとされる思考、
感情などの思念を指しますが、霊魂説によらないという点では、
場所の記憶に近いものだということができると思います。

ree (1)

ここまで、退屈な話につき合っていただいてありがとうございます。
もっと具体的な内容を書けばいいんでしょうが、最近の混乱ぶりには
目にあまるものがありますので、オカルトの専門ブログとしては、
こういった記事も必要だと考えてのことなんです。

さてさて、もし幽霊が存在するとして、みなさんは霊魂説と
場所の記憶説、どちらの考え方がありそうだと思われますでしょうか。
科学的にはどっちも難しいですよね。場所の記憶説で、
どうやって石や土に過去の出来事が記録されるのか、
そのしくみを説明するのは困難で、疑似科学的になってしまいます。

最後に、心霊現象研究協会で場所の記憶説が出てきたのは、人間の
霊魂についてはなるべくふれたくない、という事情もあったんですね。
霊魂がふらふらとさまよっているという考え方は、キリスト教勢力と
対立することになりますから。では、今回はこのへんで。

ree (1)





こけち様の話

2020.04.11 (Sat)
アーカイブ248

中学校1年生でしたね。田舎だったんで、
学校の裏にロープリフトを張ったスキー場があったんです。
山の斜面の草を刈って、農機をばらしたエンジンでロープを回すやつです。
両手でつかまってると、上まで引っぱりあげられるんです。
学校の保護者会でやってるやつで、もちろん無料でした。
その日は、学校が先生方の会で早く終わったのと、天気がよくて、
なかなか暗くならなそうだからってんで、仲のいい友達と2人で行きました。
スキーはそこの山小屋に冬中ずっと昔はいてたのを置いてあるんです。
2時から5時くらいまで滑ったんですが、
油断しててゴーグル持ってかなかったんで、雪目になっちゃったんです。
目のまわりが赤くなって、シクシク痛み、それと猛烈にかゆいんですよ。

でも、かくと悪化して病院にいかなくちゃならないんで、
ガマンしいしい帰ってきました。
紫外線で目の表面が焼かれたってことなんですってね。
久しぶりの太陽が斜面に当たって、照り返しが強かったですから。
いっしょに行った友達はならなかったんで、運が悪かったんだろうと思います。
で、目をしばたかせながら帰ってくるとき、変なものが見えたんですよ。
うーん、そのときははっきりした姿を見たわけじゃなくて、
ただ、影になった暗がりの部分に何かいるような気がしたんです。
大きさは2~3歳の子どもくらいですね。
それくらいの子どもって、体に比較して頭が大きいでしょう。
4頭身とか5頭身っていうやつです。

ところが、見えたのはもっといびつで3頭身くらいしかないと思いました。
そいつの黒い影が、ちょこまかって、影の部分から出てくるんです。
「あれ、今なんかいたな」と思って、目を凝らそうとするんだけど、痛くてできない。
でも、陰になった部分を通るたび、何かが走り出してくる気がする。
友達にそのことを話したら「えー、なんもいないぞ」って言われました。
それで、雪目になったために見える錯覚なんだろうと思いました。
家に着くころには日も暮れてきて、影自体なくなって、
そうすると見えることもなかったんです。
家に入って、爺ちゃんに「目が痛い」って言いました。
するとテレビで相撲を見ていた爺ちゃんは、こっちを見ないで、
「かくなよ、かけば病院に行かなくちゃならなくなるから。

 ぬるま湯で目を洗って、薬箱の目薬さしとけば明日まで治る。
 明日は吹雪に戻るみたいだから、もうまぶしいことはないだろう」
って言いました。それで、言われたとおり台所で目を洗いながら、
「来るとき変なものが見えた」って言ったんです。
爺ちゃんは相撲に夢中だったので、生返事でした。
目薬をさしているうち相撲が終わったんで、
ひいきの横綱が負けて呆けた顔をしている爺ちゃんに、
「目が痛くなってから、暗がりの中から子どもみたいなのが
 走り出てくるのが見えた」ってもう一度言ったんです。
すると爺ちゃんは、なんだか面白そうな顔になって、
「ほうほう、それは『こちけさま』じゃないか」って答えました。

「こちけさまって?」
「爺ちゃんも子どものときに見たことがある。
 このあたりでは雪目になると見えるもんだったが、道路もよくなって、
 もういないのかと思ってた。ほうほう、懐かしいな」
「へえ、あれ本当にいるもんなんだ。それで、こちけさまって何?」
「なんだかはわからんよ。えーほら、鬼太郎のマンガなんかに出てくるやつ。
 あれの仲間かもしれんな」
「・・・妖怪ってこと? でも、そういうのって想像上のもんでしょう」
「いんや、お前の学校の教科書にも載ったと思うがなあ。
 昔々、ふるーい時代から、人間と共存してるもんだ。悪さをしたって
 話は聞いたことがない。今は、向こうが人間に遠慮してるんだろう」

「どういう姿をしてるかわかるの?」
「だから、教科書に載ってるとおりだよ。
 もしかしたら、昔の人は誰でもちゃんと見えてたのかもしれない。
 ひじょうによく似せて造ってる」
「わけわかんないな。何の教科書に載ってるの? 理科?」
「社会だろう。爺ちゃんも昔、小さいころに見たことがあるぞ。
 あれは、やっぱりお前と同じで雪目になったときだったな。
 しかし、雪目はむしろ大人になって山仕事に行ったときのほうが多かったが、
 そんときには見なかったから、子どもにしか見えないのかもしれん。
 明日吹雪なのが残念だな。もし晴れてたらスゴイもんが見られたかも
 しれんのにな」 「スゴイものって?」 「だから、こちけさまたちだ」

こんなやりとりをしてるうちに、両親が帰ってきたので夕食を食べ、
目のことを口実にして勉強しないで早く寝たんです。
目には濡れタオルを上からあててました。
翌朝、カーテンの隙間から日差しがさしてきて目が覚めました。
どうやら天気予報は当たらなかったみたいです。
目はもう痛くなかったですが、かゆみはまだ残ってました。
時間は6時前だったんですが、昨夜早く寝たんで起き出しました。
下に降りていくと、爺ちゃんがストーブをつけてましたが、こっちを見て、
「どうだ、目は治ったか?」って聞いてきたので、
「痛みはないし、涙も出なくなったけど、まだかゆい」って答えたら、
「そうか、かくなよ。たぶん今日中には治るだろ。

 それと、天気がよくなったんで、面白いものを作っておいたぞ」
こう言って、変なものを見せてよこました。
それは横長のボール紙に細い切れ目をやはり横長に入れたもので、
両端に15cmほどのひもがそれぞれついていました。
「こうやって目につけて、頭の後ろでひもを結ぶんだ」
「へえ、なんかかっこいい気もするな。何に使うもの?」
「こちけさま、が見えるかもしれん。天気予報は外れたし、
 朝は日差しもそう強くないから、目のほうは大丈夫だろう」
爺ちゃんはそう言って、裏口から外に出るように言いました。
それでヤッケをひっかけて、長ぐつで爺ちゃんの後に続いたんです。
夜の間に雪はほとんど降らなかったようでした。

固くしまった雪を踏んで裏庭に出ると、田んぼに積もった雪に、
ところどころにある杉の木がくっきり影を落としてました。
目が少し痛んだので爺ちゃんに言うと、
「さっきのメガネをつけて田んぼ見てみろ」
それで、ひもを結んで、細長い隙間から田んぼを見てみたんです。
何か小さいものが杉の影から走り出、短い手足で半ば雪を泳ぐようにして、
ちょこちょこと別の影に入っていきました。あちこちにいるみたいでした。
「見えるか?」爺ちゃんが聞いたので、
「昨日よりはっきり見える。あ、こっち向いた。わかった、
 確かに社会の本に出てるやつだ。目が、今俺がつけてるのに似てるね」
「そうか、さっき試してみたが、やはり爺ちゃんにはもう見えん。

 しかし、いるってことは何となく感じる」こう言いました。
しばらく、こちけさまたちを見てたんですが、
そろそろ両親が起きてくる時間になったので家に戻りました。
「このメガネをつければ、また見えるのかな」
「いや、たぶんダメだろう。雪目になったときじゃないと無理かもしれん。
 爺ちゃんもそうだったしな」
確かにそれ以後、はっきりした姿は見てないんです。
わざと雪目になるわけにもいかないですしね。でも、冬になると
存在を感じることはありますよ。ああ、今走ったんじゃないかってね。
・・・「こちけさま」が何かもうおわかりでしょう。
そう、これのことです。