FC2ブログ

3つの首の話

2020.10.31 (Sat)
dd (1)

今回はこういうお題でいきます。妖怪談義ですね。
取り上げる妖怪は「舞首 まいくび」ですが、鳥山石燕の作品には
出てきません。上図は、江戸時代の挿絵入り奇譚集『絵本百物語』
からのもので、著者は桃山人、挿絵は竹原春泉斎。

1841年刊行と、幕末に近い頃に出されたものです。
多色刷りで印刷されたぜいたくな本で、出てくる妖怪も石燕の
絵より怖いものが多い気がします。さて、絵を見れば、
海上を3つの男の首が固まった状態で飛んでいます。
口からは火を吐いているようです。

詞書は「三人の博徒、勝負のいさかひより事おこりて公にとらはれ
皆 死罪になりて、死がいを海にながしけるに、三人が首
ひとところによりて、口より炎をはきつけ、たがひにいさかふを
昼夜やむことなし」ですね。ここでは、この3人ともが博打打ちで、
争い事の末に全員打ち首になり、死骸は海に捨てられた。

神奈川県真鶴町の海
dd (2)

それが、生前の憎しみがまだ残っているのか、首だけになっても
争いを続けているんですね。おそらく舞首については、
これが最もシンプルな伝承で、もともとの形だと思いますが、
神奈川県伊豆に伝わる話は、もっと複雑になっています。

鎌倉時代中期の寛元年間。小三太、又重、悪五郎という
3人の武士がおり、伊豆の真鶴の祭の日、酒の勢いで口論となり、
やがて斬り合いとなった。まず悪五郎が小三太を斬り捨て、
さらに又重を斬ろうとするが、又重は山中へ逃げた。
悪五郎は小三太の首を取り、又重を追いかけた。

三つ巴になって争う首
dd (3)

又重が斬り合いに応じたところ、悪五郎がつまづいて転び、その隙に
悪五郎を斬りつけた。悪五郎は斬られてなお起き上がって戦い、
組み合いながら足場を踏み外し、海に転げ落ちた。
海中で2人は互いの首に刀をあて、両人とも首が切り落とされた。
首だけになっても2人は水中で争い続け、

又重の首が悪五郎の首に噛みつこうとしたとき、そこへ
斬り落とされた小三太の首が突如現れ、そうして、伊豆の海では
3人の首が食い合い、夜には火を吹き、昼には海上に巴模様の波を
起こしたので、そこは巴が淵と名づけられた・・・ 

生首をくわえた幽霊 首は実体のようです
dd (7)

3人の名前もわかりますし、かなり具体的で詳しいものになって
いますが、これは後づけで創作が加えられたものではないかと
思います。真鶴町の祭りと地名の由来になっているんでしょう。
あと、この話では、首が霊的なものなのか、
それとも実体なのかはっきりしません。

まあ、実体だとするとどんどん腐っていくでしょうし、おそらく
どこかの時点で霊体に切り替わってるんでしょうね。現代の怪談でも、
霊体の生首が出てくるものは多いですが、実体の生首が
動くという形はあまりありません。でもこれ、変だと思いませんか。

首だけの幽霊として出てこれるなら、全身の幽霊で出てきても
よさそうな気がしますが、首が胴体と離れた恨みが強いのかな。
まあ、これは腕だけの幽霊とか、上半身だけの幽霊にも
言えることですが。あるいは、幽霊は一種の気のようなもので、
見る人の側で首だけと認識するのかもしれません。

NHK『中学生日記』の戸棚の中の生首 撮影用小道具?
dd (1)

さて、ここで話題を変えて、3つの首が出てくる話と言えば、
自分は中国の「眉間尺 みけんじゃく」を思い浮かべます。
「呉越同舟」という四字熟語がありますよね。『孫子』に
出てくるもので、春秋戦国時代(前7~前3世紀)のことです。

関連記事 『干将・莫耶と呉越の話』

で、これ、「干将・莫耶 かんしょう・ばくや」という名剣の
物語の一部なんです。出てくる書物によってかなり内容が違いますが、
ここでは、4世紀に東晋で書かれた志怪小説『捜神記』から
ご紹介したいと思います。干将・莫耶という刀鍛冶の夫婦がおり、
楚王に作剣を依頼されたが、完成までに3年かかってしまった。

干将・莫耶 2本の名剣
dd (6)

干将が王に剣を献上に向かうとき、身ごもっていた妻の莫邪に
「私は殺されるだろう」と言い残します。予想どおり王は
出来あがりが遅いのを怒っており、干将を殺してしまいます。
やがて莫邪に子が生まれ、赤(眉間尺)と名づけられます。

赤は成長し、なぜ父親がいないかを母に尋ね、王に殺されたことを
知って復讐を誓います。王は夢でそのことを知り、赤に懸賞金をかける。
赤は山にこもり復讐の機会を狙っていたが、通りかかった旅人に
事情を話してしまいます。旅人は同情し「復讐にはあなたの首が
必要である。それがあれば私が必ず仇を討つ」と言います。

これを聞いた赤は即座に自身の首を刎ね、旅人は首を持って楚王に
面会し、「これは勇士の首であるから湯で煮溶かさねばならない」
と告げます。そのとおりにしたが、3日3晩釜で煮ても赤の首は
溶けるどころか、湯の中から顔を出しにらみつけてきます。旅人は
「王が中を見れば必ず溶けるだろう」と教え、王がこれを覗き見ると、

赤 眉の間が広いことからつけられたあだ名が「眉間尺」
dd (5)

旅人は剣で王の首を刎ね、また自分の首をも刎ねます。2つの首は
湯の中に落ち、赤の首とともにどろどろに溶け、混じり合って
判別できなくなってしまった。そのため一緒に埋葬することにし、
三王墓と名づけられた・・・不可解で不気味な話ですよねえ。
旅人はなぜ自分の首を刎ねたのか、わからないことだらけです。

さてさて、この話は形は少し変化しますが『今昔物語集』の
震旦の部や『太平記』出てきますし、近代には小説家の魯迅が書いて
います。古くから伝わるものなので、最初に取り上げた妖怪の
舞首の成立にも影響を与えているのかもしれません。
では、今回はこのへんで。

京極夏彦氏も「舞首」を取り上げています
dd (4)





スポンサーサイト



アーカイブ 神社に詣でる話

2020.10.31 (Sat)
あ、じゃあ話していきます。去年のお盆のことです。俺ね、都会のほうで
就職したんですが、そのとき盆休みで実家に帰ってたんです。
そしたら、夜に中学校のときの同級生から電話がかかってきて、
「駅でお前を見かけたってやつがいたから電話した。
 他にも盆で帰省してるやつがいるから、そいつらと一緒に明日
 飲みに行かないか」って。いやー、懐かしいと思ってすぐに承知しました。
そいつとはわりに家が近くて、小学生の頃は毎日のように遊んでたんです。
でも、中学校の後は別々の高校で、話をするのが10年ぶりくらいだったんです。
他のメンツを聞いたら、山崎と東根も来るって言ってました。
その2人とも、やはり中学以来接点がありませんでした。
でね、夕方の6時に駅前の居酒屋に集合ってなったんです。

その時間に行くと3人とももう来てて、店に入って飲み放題にしました。
やっぱりね、最初のうちは話しにくいとこもあったけど、
すぐに中学時分の気持ちに戻って、大騒ぎしました。
それから2次会、カラオケと行って、俺ら全員かなり酔っぱらってました。
飲みながら各自が近況をしゃべったんですが、俺はしがない組立工、
最初電話してきた村野ってやつは電気工事会社、
山崎は大学を出て大きな会社のリーマン、けども東根だけは、あんまり自分のこと
語りたがらなかったんですよ。まあこれは、今にして思えばってことですが、
服装とか髪型もなんかヤクザみたいで、ヤバイ仕事してて
言いにくかったんでしょう。で、4人とも実家は近くだったんで、
ぶらぶら歩きながら戻ってきました。時間は12時過ぎてたなあ。

そしたら山崎が、「ここ、○○さんの近くだろ、みなでお参りしていかねえか」
って言ったんです。〇〇さんってのは、地元の地域の氏神神社で、
大きくはないけど7月にはお祭りをやって夜店が出るんです。
中学で部活に入ってからはやらなくなったけど、そんときの4人は、
小学生のときはみんなお祭りのお神輿を担いでたんです。
「ああ? でも開いてるのか?」 「いや、建物は閉まってるだろうけど、
 鳥居くぐって入ってはいけるだろ」 「んじゃ、酔い覚ましがてら行ってみっか」
こんな話になって、道を折れて神社のある通りに入ったんです。
そこは住宅街の一画なんだけど、小さな森があってね。
さすがにそんな時間だから、人も車も通りませんでした。
神社の前に来て「ん、中、けっこう明るいじゃね」と一人が言いました。

社殿の前に街灯があったんです。鳥居をくぐって中に入ると、
参道は短いんで、すぐ建物の前に出ました。右手のほうにお守りなんかを売ってる
とこがあるんですが、窓は真っ暗でしたね。神社のほうも表戸は閉まってて、
でも賽銭箱は出てたんです。東根が、「こらあ不用心じゃねえか」って言い、
村野が「ここらじゃ賽銭どろぼうなんていねえし、そもそも賽銭なんて
 ほとんど入ってねえだる」って返しました。
でね、夜中だからやめればよかったんですが、酔ってたんで、
みなで鈴を鳴らしたんです。ジャラジャラやって、最後東根が引っ張ったとき、
ヒモが切れたんですよ。ガシャーンってすごい音がして、
東根の足元に鈴が落ちてきました。それ見て俺らは、「あーあ、何やってんだよお前」
ってはやしたてました。東根は嫌な顔をしましたが、

鈴を拾い上げて段の上に起き、「すぐに切れたんだよ。
 ヒモが腐ってたんじゃねえか」そう言ってから思いっきり蹴り飛ばしたんですよ。
「バカ、やめろ、罰あたりなことすんな」 「神様なんかいねえよ」
「神主もいないしどうしようもないな。東根、お前が壊したんだから賽銭を
 多く入れとけよ」俺がそう言って、最初に財布から100円玉を出して
賽銭箱に投げ入れました。他の2人もそうして、最後に東根がばつの悪そうな顔で、
「わかったよ」と、財布から万札を出したんです。お、豪勢だなと思いましたが、
それをくしゃっと丸め、東根が賽銭箱に向けて放ると、
お札は賽銭箱の手前の空中で停まったんですよ。「え?」
俺だけじゃなくみなが見ました。だから嘘じゃないですよ。うーん、空中に
目に見えないクモの巣みたいなのがあって、それに張りついたって感じ。

「何だよこれ」東根が不思議そうな声を出し、手を伸ばしたら、
ピッピッって丸めたお札がもとに戻って、それからふわっと飛んで、
東根の額にあたりました。そんなに強くあたったとは見えなかったし、
お札ですからねえ、それなのに東根のやつ、見事に後ろにひっくり返っちゃったんです。
ゴーンと音がするくらい頭をぶつけましたが、幸いなことに下は石じゃなく土の部分で。
いや、何が起きたかそんときはよくわからなかったんですが、
みなで東根を助け起こしました。気絶とかはしてなくて、頭を振りながら起き上がり、
「なんだよなあ」って情けない声を出したんです。お札は下に落ちてて、
それ見て東根は「いらねえわ」って言いながら足でぐりぐり踏んづけて。
ああ、もったいねえって思いました。でね、わけわからないながらも、
神社を出てそれぞれ実家に戻ることにしたんです。

でね、また歩いてたら、道の3mほど先にほっと火が出たんです。やっぱり空中に。
そうですね、ロウソクの火より少し大きいくらいかなあ。
うーん、人魂とはそのときは思わなかったです。「なんだ?」俺がそう言うと、
東根が、「わかりました、ついていきます」って火に向かって返事してね。
そしたら、火は滑るようにすーっと前方に動き出し、東根がそれを追いかけて
いきました。「おい待てよ」火のスピードはどんどん速くなって東根は走り出し、
俺らも追ってくしかなかったです。「待て、どこ行くんだよ!」けど、
東根は全力疾走になり、酔ってた俺らは遅れてって。
でね、どんくらい走ったのかなあ。10分以上はあったと思います。
橋の上までくると東根は土手のほうへ曲がって、
そっからススキが繁り放題の河原に駆け下りてったんですよ。

俺らがやっと橋の上に来たときには、東根の姿は草の中で見えなかったので、
上から「おーい、戻ってこい」って叫びかけたんです。
そしたらバシャッと水音がして、東根は川の中に立ってたんです。
まあ、そこの川はもともと深くないし、夏場で水涸れしてたんですが、
それでも胸くらいまで水に浸かってました。
それと、東根が追いかけてった火ですけど、流されそうになってる
東根の顔のまわりを、蛾みたいにくるくる回ってたんですが、
急にぱっと消えたんです。ややあって東根があたりを見回し、
俺らのいる橋の上に向かって「おおい、助けてくれよう」って叫んだんです。
そっからはたいへんでしたが、なんとかみなで東根を土手の上まであげたんです。
東根だけでなく俺らもびしょぬれで、夏だからそれはいいんですが、

草で切ってあちこち傷だらけ、ヤブ蚊にも刺されたしさんざんでした。
あと、東根は川の中のガラスを刺したのか、足にもキズがありました。
とりあえずコンビニに行って消毒薬と絆創膏を買い、東根の手当をしたんです。
ひどいようなら病院に連れてくつもりでした。
そのときに東根に話を聞いたら、「いや、神社から出て道の途中で、
 子どもがいただろ」 「え、いねえよ、変な火みたいなのは出たが」
「いや、その子どもが俺についてこいって言ったんで、走ってついてった」
「どんな子どもだった?」 「顔ははっきりしねえけど、白い昔の着物着てたな」
「それで?」 「その子どもは橋の上でとまってて、俺に川に入れって言ったんだよ。
 だからそうしなくちゃいけないと思って、土手から川に入った」
「うーん、どういうことだろうな、神社に行ったことと関係あるんか」

「あ、そう言えば今 通ってきた道って、俺らがガキの頃にお神輿を担いだ
 ところだよな」 「川に入れって言われたのは、頭冷やせって意味かもしれん。
 東根、お前さっき言わなかったが、仕事何やってんだよ」
山崎がそう聞いたら、東根は困った顔をしましたが、「いやあ、じつはなあ、
 借金の取り立てやってんだ。俺は組にはまだ入ってないけど、
 その関連の会社で」って、そう答えたんです。それで俺らは納得がいったっていうか、
神社で東根の賽銭が戻ってきたのも、汚れた金だからだろうと思ったんです。
「ああ、罰があたったんだな」俺がそう言いました。
まあ、こんなことがあって、東根にはその仕事をやめるようみなで説得しました。
でね、今年の正月に、またそのときのメンバーで集まって神社にお参りに行き、
そんときは東根の投げた賽銭も戻ってはこなかったんですよ。







栄アパートの話

2020.10.30 (Fri)
こんばんは、私、村野ともうしまして、4年前に郵便局を退職し、
現在は年金生活です。家族は、子どもらはみな独立して
家を出てますので、妻と2人暮らしですよ。いや、寂しいという
ことはありません。家には少しの庭もありますから、
趣味の植木いじりをしたり、子どもらも盆正月には孫を連れて
顔を見せてくれますしね。あとは妻と近場の温泉地に出かけたり。
現役時代が忙しかったから、今の生活には十分満足しています。
それでね、3ヶ月ほど前のことですが、家の裏手の空き地だった
とこに、アパートができたんです。その話を最初に聞いたときは
「へえ」と思いました。都会ならあたり前のことでしょうが、
私が住んでるのは地方でも過疎のひどいとこですから。

ええ、毎年数千人単位で人口が減少してます。だから、平日の
昼にスーパーやホムセンに行けば、老人ばかりですよ。
あ、まあ、私もそのうちの一人なんですが。ですから、
そのアパートも、もしかしたら老人だけが住むのかと
思ったんです。ほら、最近あるでしょ。年金生活の
お年寄りが助け合いながら暮らすようなのが。それだと、
急に具合が悪くなったりしても、ご近所で助けてくれます。
でね、やはり予想どおり、入居者はみな老人だったんですが、
変なんですよ。え、何が変かはこれからお話していきますが、
もうね、何もかもがおかしい。いや、アパート自体はごく
一般的なもので、2階建ての下が5室、上も5室。

中へ入ったことはありませんが、窓などから考えて、一世帯が
2部屋だと思います。で、普通はアパートの部屋って
ぽつぽつ埋まっていくものでしょ。それがね、栄アパートは、
完成の翌日からすべて埋まってたんです。いやいや、
このあたりは先ほど言ったように過疎地ですから、他所から
転居してくる人なんて珍しいですよ。それと、その人たち、
どうやら夜中にいっせいに引っ越してきたみたいで、朝になると
満室になってた。引っ越しの挨拶などはありませんでした。
今はそれが普通ですけどね。で、私ね、早朝にウオーキング
してるんです。妻は腰が悪いので一人で。それで、そのアパートの
前を通ったとき、1階の郵便受けに近づいてみたんです。

そしたら1夜にして全部名前が入ってて。その名前というのが、
みな名字の最初に「栄」がつくんです。榮田、栄村とか。
全10室のすべてが栄○なんだけど、かといって、同じ名字は
ないんです。これも不思議ですよね。さらに不可解なのは、
アパートの住人が誰も外出しないこと。ええ、アパートに
駐車場はありますが、車は1台も停まってないし、
バイクや自転車も見かけない。でもね、確実に人は住んでるんです。
夜になれば部屋の窓に明かりがつきますから。その窓も、
どこも同じ色のカーテンがかかってて、中は見えませんが。
じゃあ、生活用品はどうしてるかと思うでしょ。
それが全部宅配なんです。同じ業者が2日に1ぺんくらい来て、

どこかの部屋に入っていく。ダンボールで食料品なんかを
買い込んでるんでしょう。これは興味を持つなってたって
無理でしょ。宅配の兄ちゃんに事情を聞こうかとも考えましたが、
守秘義務があるでしょうからね。それで私、じつは退職時に
土地を売ってるんです。子どもらのためにと思って買ったんですが、
みな離れた場所で暮らすようになったし。そのときに世話になった
不動産屋の社長とは、よく顔を合わせるんです。いや、
お恥ずかしい話ですが、パチンコ屋でです。それでね、
その社長に会ったとき、栄アパートの話を出してみました。
そしたら「うちでは扱ってない」と。これもねえ、駅のこちら側には
そこの不動産屋しかないんですが、入居者募集の依頼もなかった。

で、社長に事情を話すと、「うーん」と考え込んでから、
「どっかの会社の退職者が優先的に入れるとこかな」と。
でも、すべての名字に栄がつくのはやっぱり変でしょ。それを言うと、
「わからないなあ、栄がつく人だけが入れる互助団体でもあるのかなあ」
そんなことを言ってましたね。でね、詮索好きのじじいだと
思われるかもしれませんが、朝の散歩のときに様子をうかがってたんです。
ほら、買い物は宅配でできても、ゴミ出しは無理でしょ。
そしたら、ゴミ回収の日に、中年の女性が6時半ころにそのアパートを
訪ねてきて、各部屋からゴミ袋を回収してゴミ捨て場に運んでました。
おそらくそのためだけに雇われてるんでしょ。徹底してますよね。
ですが、その女性が1階の部屋のドアを開けたときに、

ちらっとだけど、住人の姿が見えたんです。それがね、体つきは
小柄で、老人の動作に見えました。顔には、木のお面をつけてたんです。
これはぎょっとしましたよ。いや、怖いような面ではありません。
うーん、埴輪というのに一番近いかな。素朴な楕円形の目と口が、
年輪が見える塗られてないお面についてましたね。
で、ゴミ回収の回を重ねるたび、他の部屋の住人の姿も見たんですが、
やはり同じ面をつけてたんです。これ、どう思いますか。
まさかずっと面をつけたまま生活してるということはないでしょうから、
ドアを開ける用事があるときだけ、用心のためにかぶってるのか。
でも、何を用心するんですか。そのとき、ふっと怖い考えが
浮かんだんです。ここの人たち、もしかして指名手配されてる

犯罪者で、裏の業者かなにかと契約して、世間に顔を見せない生活を
してるのかもって。ありえない話ですけど、そのときは、考えれば
考えるほど それしかないように思えてきて。けど、そんな疑い
だけで警察に通報するわけにもいきませんよね。あ、それから、
私らのとこは古い地域ですから町内会がありますが、そのアパートでは
町会費の払い込みが一括して町会長さんのとこにあったみたいです。
けど、回覧板は回さなくてもいいとも。で、気になったまま過ごして
たんですが、私とこに実害などはまったくないですからねえ。
で、1ヶ月前です。夜中、2時ころに救急車のサイレンが聞こえ、
家の裏に回って停まりました。あのアパートだと思って、
起きて見に行ったんです。2階の部屋の一つから、

救急隊員によって老人の男性が運ばれてきました。仮面はつけて
ませんでした。意識はないみたいでしたが、家族はついておらず、
一人暮らしのようでしたね。じゃあ、誰が通報したのか。そのとき、
全室の窓の明かりはついてて、あちこちのドアが開き、住人が
出てきて手すりのついた廊下に立ちました。そしたらですね、全員が
同じく例のお面をつけてたんです。しかも目にあたる部分が血のように
赤黒く濡れてると思いました。これには、私だけでなく救急隊員も驚いて
ましたが、一人が「どなたか同乗される方はおられますか」と大きな声で
聞いたんです。そしたら、1階の端の住人が「わたしが」と言い、
お面を外したんですが、ふつうの老人でしたねえ。年はたぶん
私より十も上で、75歳くらいに見えました。

で、その人が出てきて隊員に何か話し、救急車に乗り込んだですが、
そのとき、小さい声で「いただいた、栄あれ、いただいた、栄あれ」
と言ってるのが聞こえました。運ばれた方が亡くなったのかは
わかりません。葬儀はおろか、まったく何の話もなかったですから。
ただね、2日後には郵便受けのその部屋の名前が、別の「栄○」に
変わってたんです。ですから、おそらくもうこの世にはいない。この話は、
さっき言った不動産屋の社長にもしましたよ。そしたら「ふうむ、
 お互いに生命保険をかけてるのかもな。受け取り人は家族である
 必要はないし、そんな話は聞いたことがある」って。わからないことも
ないです。今の時代、老後資金はみな不安ですから。ただ、あのお面の
意味は・・・ ここのみなさんなら何かわかりますでしょうか。







救いと宮沢賢治

2020.10.29 (Thu)


今回はこういうお題でいきます。当グログでは宮沢賢治について、
過去に3つの記事を書いていますが、戦々恐々、おっかなびっくり
といったところがあります。というのは、宮沢賢治には熱心な
読者の方がたくさんおられて、何を書いても「理解が浅い」と
怒られそうな気がするんですよね。

さて、宮沢賢治は明治29年(1896年)岩手県・花巻の
裕福な商家に生まれました。宮澤商店は、質業を中心に
さまざまな商いを手広く行っていたようです。当時の
花巻地方は、浄土真宗の信仰がたいへん盛んでした。

宮沢家ももちろん浄土真宗、安浄寺の檀家であり、父の政次郎は
誠実な性格の人で、宗教心に篤く、浄土真宗に深く帰依して
花巻仏教会をつくり、中央から講師を招いて講習会を催すなど、
この地方の仏教の中心的な働きをしていたました。

キャプチャ

浄土真宗と言えば念仏ですが、賢治が生まれて5日後に
陸羽地震が発生。母イチは賢治を入れたエジコ(籠)を両手で
抱えながら、念仏を唱えたという逸話が残っています。幼少時から、
つねに身近なところで念仏を聞いて育ってきたわけです。

さて、ここで浄土真宗について。鎌倉時代の大乗仏教で、親鸞が、
その師である法然によって開かれた浄土往生を説く教え(浄土宗)を
継承し発展させたものです。親鸞の時代には教団ではありません
でしたが、没後、弟子たちが教団化し一向宗とも呼ばれました。

親鸞


浄土真宗の教えは、一言でいえば、一にも二にも極楽浄土に
います阿弥陀如来の慈悲におすがりするというものです。
阿弥陀如来は「仏説無量寿経」で最も優れた仏とされ、
すべての人を救うという「四十八願」を立てて仏教を修行し
仏になったと記されています。

鎌倉時代は末法の世であり、その中にあって、人々は自分の力
(自力)では善をなすことができないと考えられ、阿弥陀如来の
慈悲にすがってこそ極楽往生ができる。ですから、阿弥陀如来の
名を称えた「南無阿弥陀仏」を唱えるわけです。「他力本願」
という言葉がありますね。現在では「人まかせ、他人依存」

キャプチャttttt

という悪い意味で使われることも多いんですが、本来は、
上記したような意味なんです。また、「悪人正機」の考え方も
よく知られています。自力で善行を積むことによって救われる
(と誤解している)善人でさえ往生できるのだから、阿弥陀如来に
おすがりするしかない悪人は当然救われるのだ、というものです。

ただ・・・これだと、世の中の悪が肯定されてしまうといった
面もありますよね。賢治は成長するにつれ、自分の家が
貧しい人々から利益を得ている質業であることを嫌うとともに、
浄土真宗の教えに疑問を持つようになります。そして、
盛岡高等農林時代に日蓮宗の教義にふれ、強く感銘を受けて

日蓮


その機関の一つである国柱会に入ります。日蓮宗は「妙法蓮華経」
(法華経)を お釈迦様の本懐と考える厳しい教えで、仏教の他の
宗派は、すべて国を滅ぼす誤った教えであるとみなします。
日蓮宗各派では、「南無妙法蓮華経」の題目を唱えますが、
これを唱えていれば成仏できるということではありません。

さて、賢治が浄土真宗を嫌ったのは、生家の家業に対する反発が
重なっていると見るのが定説です。賢治の父親は、客観的に見て
立派な人物であったと思うんですが、賢治は父を浄土真宗から
日蓮宗に改宗させようと折伏を試み、激しい口論が続くように
なります。家出して東京の国柱会館に飛び込んだりもしています。



自分が考えるに、賢治は「念仏を唱えていれば自身が救われる」と
いう考え方だけでは満足できなかったんでしょう。
それよりも、自ら他人を救いたかった。そのことは賢治の
作品に色濃く現れていますね。もっともそれが明らかなのは、
『グスコーブドリの伝記』でしょう。

有名なのでご存知と思います。火山局の技師であるグスコーブドリが、
27歳のとき、イーハトーブは深刻な冷害に見まわれ、飢饉を
回避するには、火山を爆発させ、温室効果で気温を上げるしかない。
ただ、そのためには、誰かが火山を爆発させる役を務めねばならず、
グスコーブドリが自己犠牲してイーハトーブは救われる。

『グスコーブドリの伝記』
キャプチャfffff

そう、自己犠牲は賢治の作品をつらぬく重大なモチーフの一つです。
代表作の一つである『銀河鉄道の夜』でも、裕福な家庭の人気者である
カムパネルラは、作中でジョバンニをからかう嫌な子どもとして
描かれるザネリが川に落ちたのを救って、自分は溺死します。

さてさて、宮沢賢治は結核による急性肺炎のため、37歳で亡くなり
ますが、死の直前まで農民の肥料設計の相談にあたっていました。
賢治が病床で父に残した遺言は「国訳の妙法蓮華経を一千部
つくってください」というもので、最後まで日蓮宗の信者で
あり続けたわけです。ですが・・・

『銀河鉄道の夜』
キャプチャggggggg

『銀河鉄道の夜』では、後半、列車内に、乗っていた客船(おそらく
タイタニック号)が氷山に衝突して沈んだという青年と姉弟が現れ、
「たった一人の本当の神様」について宗教的な議論が交わされます。
まあ賢治の場合、阿弥陀如来(浄土真宗)と釈迦如来(日蓮宗)
との間で苦しんできたわけですからね。そしてジョバンニらは

燃える十字架を見る。この十字架は南十字星と解されますが、
自己犠牲と言えばキリスト教ですよね。イエス・キリストが人々の
罪を背負って十字架に架けられる。ですから、もしも賢治が
夭折しなければ、キリスト教に近づいていった可能性が
あるのかなと、自分は考えています。では、今回はこのへんで。

関連記事 『宮沢賢治と相対性理論』  『宮沢賢治ベスト』







予知する話 2題

2020.10.29 (Thu)
アーカイブ466

輪になって踊る
いやあ、ひどい目にあいましてね。そのときの話をしますよ。
のっけからこんなことを言い出してあれなんですが、私ね、かなり酒を飲むんです。
毎晩、晩酌するんですよ。ビールから始めて、焼酎のロックを5、6杯。
ええ、けっこうな量です。医者にはね、肝臓の数値がよくないからほどほどにして
くださいとは言われてるけど、まだドクターストップじゃないしね。
いや、飲むなって言われたとしてもやめませんよ。
だって私、もう68歳ですよ。これからあとなんぼも生きられるもんじゃない。
というか、女房が死んでから気楽な一人暮らし。楽しみがなくて生きてたって
しょうがないじゃないですか。そんなだから、毎晩酔っ払って寝て、
夢なんて、ここ何年も見たことがなかったんですよ。
それがその晩は、妙な夢を見ましてねえ。

ふっと気がつくと、草むらみたいなところに立ってました。
でね、私を取り囲むように円を描いて人が踊ってたんですよ。
いやいや、盆踊りとかじゃなくて、音楽は何もなかったです。そのかわりというか、
カサッ、コソッと枯葉がこすれるような音がしてました。
踊ってるのは子ども、大きな子どもでしたね。大きな子どもって言い方は変ですけど、
身長が私よりずっと高かったんです。だけど、昔の野良着のようなのを着た
体つきは子どものものでね、丸々とした手足のやつらがぐるぐる踊ってる。
でねえ、顔がわからなかったんですよ。みんな笠をかぶってましたから。
あとね、踊りって言いましたが、みなバラバラな動きでね。
片足を上げたり、両手を上に挙げたり、拍子ってものがなかった。
いやあもちろん、輪から抜けて逃げ出したいと思いました。

けど、その踊ってるやつらに近づくのが怖くってねえ。
ただそこに立ちつくしてたんですよ。あ、でも、人数は数えました。
12人いたはずです。で、しばらくすると、私の頭の中に声が響いてきました。
ええ、ちゃんと覚えてます。「こいつ、俺らをとるかなあ」
「とるならとってもいいよ」 「まだまだ生えるからね」 「それよりこいつ、
 ひどい目にあうよ」 「そうだよ臭いよ」 「臭い臭い」
「臭いで済むだけならいいねえ」 そして、どーっという笑い声。
そこで目が覚めました。そしたらもう明るくなってましてね。
ああ、夢だったのか、おかしな内容だったなあ。そう考えながら起き出して。
でね、私はもうとうに仕事は引退してまして、毎日やることもないんですが、
その日は裏の持ち山の見回りに行こうと思ってたんです。

で、かごを背負って出かけました。目的は登る道に倒木とかないか、
雪が積もる前に調べることでしたけど、その道々にキノコでもあったら、
とって鍋にしてやろうと思って。でね、進んでいくと、マイタケやシメジなんかが、
かなり収穫できたんです。高い山じゃないので、1時間ほどでてっぺん付近まで
来たんですが、大きな松の木の根元に菌輪があったんです。
菌輪ってご存知ですか。キノコが輪を描くようにして生える現象。
地面の下に菌が広がってるんですね。ああ、こいつらもとってやろうと
近づいたとき、ふと前夜の夢を思い出しまして。
それで、キノコの数を数えてみたら、小さいのも入れて12本でした。
でね、なんか気味悪くなって、それはとるのをやめたんです。まあ、
シメジの一種で、毒ではないものの、それほど食べて美味いキノコでもなかったんで。

でね、夢の中で「臭い臭い」って言われてたんですよね。
あの踊ってたやつらがこの菌輪だとして、臭いってどういうことだろ?
そう考えながら山を下りていくと、ちょっとした斜面で足を滑らしちゃったんです。
ザザザザって落ちていって、手をついたところがネチャリとしました。
で、臭かったんです。あーっ、と思って飛び起きました。
それ、熊の糞だったんです。すぐにわかりました。ええ、まだ乾いてない熊の糞。
どういうことかわかりますよね。近くに冬眠前の熊がいる。
そう思うと心底ゾーッとして、警戒しながら戻ってきました。
幸い、熊の姿は見ませんでしたが、家に戻って町役場に連絡しました。
熊なんて、ここ何年も姿を見なかったのに、山伝いに移動してきたんでしょうか。
それからね、肘のあたりまでべったりついた熊の糞を洗ったんです。

電話に出る
みなさん、家にある固定電話って使うことありますか?
そりゃ、年寄りとかがいれば使うかもしれないけど、うちは使わないですねえ。
みな、スマホで用件が済んじゃう。だから、固定電話の契約を解除する家も
多いみたいです。まあ、月々の電話代がムダですからね。
うちもそうしようかと考えてたんですが・・・
その日ね、平日でしたが、私、仕事休みだったんです。
女房は仕事に出かけてました。それでね、のんびりと居間で借りてきた
ビデオを見てたんですよ。ああそれで、私、山根って言うんです。
映画はホラーでしたけど、今のホラー映画って謎があるものが多いじゃないですか。
最後のほうでそれが明らかになる。その一番いいところを見てたとき、
固定電話が鳴ったんです。何かのセールスだろう、

そう思って、舌打ちしながらビデオを止め、電話に出ました。
「山本さんのお宅ですか?」 「いえ、違います」 「あれ、山本さんじゃない?」
「うちは山根です」 「あ、間違いです、失礼しました。雨が」
それで切れたんです。まあね、間違い電話なんてよくあることですが、
なんか最後に「雨」って言ったよな。でもまあ、深くは気にしなかったんです。
ホラー映画を見おわって、もう昼近くなってましたんで、
何か食べようと冷蔵庫をあさったら、冷凍のピザがありまして。
それ、レンジにかけたんです。そしたらまた、固定電話が鳴ってる。
出てみました。「山城さんのお宅でしょうか?」 「いえ、違います」
「あ、すみません間違えました。雨が・・・降りますよ」 「え?」
ガチャン、それで電話が切れまして。変だなあ、さっきも雨って言ったような。

でも、窓の外は青空で、雨が降る様子はありませんでした。
でまあ、せっかくの休みなので、缶ビールを一本開けて、
ピザを食べてたんですよ。それから、特にやることもないので、
少し仕事しようかと思ってパソコンを開きました。私、塾の講師をしてまして、
教材のプリントでも作ろうかと思ったんです。
で、1時間くらいして、また電話です。ちょっと気味悪くなって、
おそるおそる出てみました。「山内さんのお宅でしょうか?」 「いえ、山根です」
「あ、間違えました。申しわけない。濡れちゃいますよ」 「え、何が?」
ガチャン・・・これ、さすがに変に思いますでしょ。
でもねえ、それまでかかってきた電話、最初が女の人の声で、
あとの2つが男。着信履歴も見てみたんですが、全部別の知らない番号でした。

で、気になるじゃないですか。「雨で濡れる??」その後、仕事を続けてたんですが、
電話がかかってくるのなんか待ち遠しいような気もしまして。
夕方の4時を過ぎまして、また電話が鳴りました。それっと受話器を取ると、
「山岸さんのお宅でしょうか?」 「いえ、違いますけど、雨がどうしたんでしょうか?」
「あ、スミマセン、間違いました。雨でね・・・カメラが濡れますよ」ガチャン。
あっ!!と思いました。私、マンションのベランダに水槽をおいて、
メダカを飼ってるんです。今、改良メダカってブームじゃないですか。
で、その水槽、朝に写真を撮ったんです。あわててベランダに出ると、
空が暗くなってて、ニコンのカメラが水槽のわきに置かれてました。
そのカメラ、女房のなんです。女房は雑誌社で写真撮影を担当していて、
家にもカメラ置いてたんですが、その中で一番高いのを借りたんです。

でね、カメラをとってベランダのサッシを閉めたとたん、
ザーッと強い雨が降り出しまして。危ないところでした。あのカメラ、ある程度は
防水なんでしょうが、もし壊れたりしたら女房と大げんかになってたでしょう。
もちろん置きっぱなしにした私が悪いわけです。
それにしてもねえ、不思議だと思いませんか。
うちの部屋は8階で、カメラが置いてある場所も手すりで外からは見えない。
だいたいね、その日は雨の予報じゃなかったんです。
だから、午前中の時点で雨が降るなんてわかるわけはない。これねえ、
予知ってことなんでしょうか。そうだとしても、別々の4人が女房のカメラを
心配してくれるのも変でしょう?あと、山本に山内だったかな。
みんな山が名字の最初につく間違いってのも・・・どういうことなんでしょう。







ゆっくりな世界

2020.10.29 (Thu)
アーカイブ465



今日は科学ニュースからです。怖い話を書く気でいたんですが、
科学ニュースを見てましたら、自分がこのブログで裏テーマにしている
「恐怖」と関係がある、興味深い項目を見つけたので。
昔から、危機的な状況にあるときには「時間がゆっくり過ぎていく」
感じがする、と言われてきました。

危険な状況というのは、たいがいが恐怖を感じる状況でもあるわけですね。
例えば、車に乗っていてカーブを曲がりきれずスピンしてしまったときとか。
ただ、厳密に同じかはわかりませんが、これは事故などの場合だけでなく、
スポーツでも聞く話です。古いことになりますが、
読売巨人軍の名監督だった川上哲治氏が現役で絶好調だったときに、

「ボールが止まって見える」と言ったのは有名な話ですね。
また、短距離走の世界的な選手が、わずか10秒前後の走ってる時間が、
普通に過ごしている10秒よりも長く感じられる、と述べているテレビ番組を
見たことがあります。つまり、極度に集中している場合に、
時間が長く伸びて感じられるということのようです。

名選手 川上哲治


これ、客観的な時間の長さが伸びるはずはありませんので、
ゆっくり感じられるということは、外部から入力される視覚情報
(もしかしたら聴覚なども?)を脳が処理する速度が速くなっているのでは
ないか、という仮説が持たれていました。

たびたび『ジョジョの奇妙な冒険』を持ちだして恐縮なのですが、
第三部の『スターダストクルセイダース』で、
「ザ・ワールド」という時間を数秒間止めることができるスタンドが
出てきてましたが、これは最強に近いですよね。

相手が止まってる間に、自分だけ動けるわけですから。
これに対し、主人公の操るスタンド「スタープラチナ」は、
きわめて正確かつ素早い動きができることが特徴でした。
作品中では、戦いによってその能力にさらに磨きがかかり、

最後には、敵と同じく時間を止めることができるようになっていましたね。
ただし、実際の人間の場合、手足などの動きを速くするのは
限度がありますが、脳内の処理速度は速くできますので、
意識の中だけで、時間が長く感じられるようになるのだと思います。

交通事故など「危ない!」と感じた瞬間には、
周囲の風景がスローモーションに見える
――そんな現象が本当に起こるとする研究成果を千葉大学が発表した。
危険を感じた時は視覚の処理能力が通常よりも高まり、
事態がスローモーションのように感じることを確認したという。

視覚の処理能力を測る実験:危険や安全の印象を与えるカラーの画像を
24枚用意し、それぞれ1秒間表示した後、10~60ミリ秒の範囲で、
モノクロ画像に切り替える実験を行った。危険な画像の場合は、
モノクロに見えるのに必要な時間が短くなった。これにより、危険な状況では、
通常より早く視覚情報を処理できる可能性が分かったという。

また、0.4~1.6秒の範囲で各画像を表示し、
1秒間の長さを感じるのにかかる時間も測定。危険な画像が見えている時間は、
実際より長く感じることを確認した。2つの実験から、
危険な状況では物事がスローモーションに見えることを証明したという。


(ITmedia) クリックで拡大できます


まあ、心理学的な実験ですから、つねにぴったり同じ結果になるということは
ないでしょうが、追試しても全体の傾向は大きく変わらないんじゃないか、
という気がします。しかし、この手の実験は難しいですよね。
実際に被験者を危険な目に合わせることはできませんから。

この場合も、被験者の頭の中には、どうしても「今は写真を見ているのだ」
という状況把握が根底にあるでしょうから、本物の危機状況の場合は、
もっとはっきりした結果が出るのかもしれません。たしか外国で、
もう少しハードな実験をしてたような、と調べてみたらありました。

キャプチャ

アメリカのベイラー医科大学というところの実験ですが、
被験者を45m!の高さ(ビルの10数階ですよね)から落とし、
安全なネット上に着地させるようにする。このとき落ちる経路に、
ランダムな数字を表示する掲示板をセットし、読み取れるかどうかを
調べる。しかしこれ、やった人は勇気がありますよねえ。

この結果としては、被験者の全員が掲示板の数字は読み取れませんでした。
しかし、やはり全員が、落ちている間は時間の長さが伸びているように
感じたんですね。まあこれはそうでしょう。「目」そのものの機能が、
突然向上するということはありませんから。



同じカメラを使っているので、その性能に違いはないわけです。
実験者は結論として、落下中の記憶力が劇的に向上したのだと
考えました。そしてあらゆる状況を詳細に記憶する。
これもまた、脳内の処理速度の問題なわけです。
なぜこういうことが起きるのか、仮説の段階でしかありませんが、

危機的な状況や、極度の集中力が必要な状況において、脳は他の
比較的不必要な情報を遮断し、その分の力を振り向けるのではないか、
というものがあります。これもなかなか実験では確かめるのが難しい
ことですが、いずれは、脳内の血流の動きやシナプスの発火などを、
脳生理学的に確認することができるかもしれません。

さてさて、自分は怖い話の中で恐怖の瞬間をたくさん書いていますので、
こういう実験結果は活かしたいなと思うのですが、どうすれば効果的
でしょうかね。単純に、怖い瞬間を字数を増やして長く書く、
ということでもない気がしますし、なかなか難しそうです。







「心拍数一定説」って何?

2020.10.29 (Thu)
アーカイブ464

発汗は、今や健康や美容のトレンドになっている。
遠赤外線サウナからホットヨガまで、タオルが汗でびっしょりになる
アクティビティはリラクゼーション効果があるだけでなく、
体の毒素を排出して健康を保つとも言われている。

だが、汗をかいて毒素を排出するという説は、汗をかいて弾丸を搾り出す
というのと同じくらいありえない話であることが、
最新の研究で明らかになった。科学者たちも長年密かに疑っていたことだが、
汗と一緒に毒素も排出されるというのは、都市伝説に過ぎなかった。

汗の成分の大部分は水とミネラルだが、
様々な種類の有毒物質も含まれている。ただし、学術誌
「Environment International」に掲載された研究報告によれば、
その量はごくわずかだという。
(National Geographic)



今回は科学ニュースからの話題でいきます。みなさんは、
サウナはお好きでしょうか? 自分は年に数回、人に誘われたときに
行くくらいで、自分からすすんで行くということはないですね。
あの熱い中にずっといるのは、苦行という感じさえします。

さて、これは記事にあるとおりなんでしょうね。基本的に、人間が汗をかくのは、
気温が高いとき汗を出して、それが乾くときに、体から気化熱を奪って
体温を下げるためです。もちろん、汗にも、体に取り込んだ汚染物質や
老廃物は含まれていますが、その量はほんのわずかなんです。

特に、有害金属などは水に溶けにくく、脂肪に引き寄せられやすいので、
ほとんどが肝臓で処理されます。一説には、肝臓と腸によって
便として排泄されるのが75%、尿として出てくるのが20%。
汗によって排出されるのは1%程度で、
髪の毛になって排出?されるのとだいたい同じです。

サウナでの毒素排出は難しい
キャプチャ

上記の論文では、1日に45分間の激しい運動をしたとしても、
出てくる汗は2リットル程度。それだけの汗をかいても、
汚染物質は0、1ナノグラム以下しか含まれていないということです。
これは、普段の食生活で1日に体内に取り込む汚染物質のうち、
汗で出てくる量はたったの0、02%にしかならないんですね。

ですから、もしデトックスが目的なら、水をたくさん飲んで、
オシッコの回数を多くしたほうが、まだしも効果的なようなんです。
では、サウナには健康増進の効果はないのでしょうか?
検索してみると、サウナの最大の効用としては、

「身体が高温にさらされると、血管は拡張し心拍数が高くなる。
すると、体内をより多くの血が循環するので、筋肉に流れる血液も増える。
肩こりは、運動やストレスで筋肉が緊張し、血液が流れにくくなって生じるが、
サウナによってこれが改善できる。」こんなことが出てきています。

毒素排出には水分を多く摂るのがよい


まあ、たしかにそれはそうでしょうが、これを読んで、
自分はふと別のことに思いあたりました。「心拍数一定説」です。
心拍というのは、心臓のドキンという鼓動のことですが、
人間ではだいたい、1分間に60~80回程度になります。

で、この心拍が、合計20億回~25億回を超えると、
そこで寿命が来てしまうという説があるんです。これは昔からありましたが、
日本で知られるようになったのは、生物学者の本川達雄氏が書いた新書、
『ゾウの時間ネズミの時間』で紹介されてからのことなんですね。

この本、自分も読みましたが、科学的に正しいかどうかはともかくとして、
名著だと思います。とにかく面白く読めますし、
生物学の楽しさに目を開かせていただきました。また、
物理学ではなかなかうまくあつかえていない「時間」についても、
じつに興味深い内容が載っています。



上記した「心拍数一定説」は、あらゆる動物に適用されます。
例えば、ネズミは体が小さく、寿命は数年しかありません。
ですが、心拍数は多くて、1分間に400回もあるのだそうです。
そして、その心拍回数が20数億回を超えたときに生物としての寿命がくる。

人間はだいたい1秒に1回心拍がありますが、ネコで0、3秒、ウマで2秒、
ゾウだと3秒に1回です。象の平均寿命は100年近くあります。
つまり、体が大きい動物ほど心拍がゆっくりで、寿命が長い。
でも、どんな動物も、心拍20億回~25億回が寿命の限界。

で、その生物の心拍数によって流れている時間が違う、と本川氏は説きます。
これはもちろん、物理的な時間ではなくて、生物的な体感時間のことです。
ネズミの寿命は、象の寿命の50分の1ほどですが、
その分、ネズミの時間はゆっくりと流れている。



ネズミの意識を可視化できるわけではないので、
本当にそうなのかはわかりませんが、納得できる気はしますね。
ネズミの小さな脳の中を、血流がものすごい速さでかけめぐっているので、
情報の処理速度が速くなり、それに比例して、時間がゆっくりに感じられる。

われわれが、体が小さい子どものときには、
1年間というのは長い長い時間に感じられましたが、
年をとってくるとあっという間に過ぎていきますよね。
これと似た部分があるのかもしれません

さてさて、サウナの話に戻って、入っているときには確実に心拍数が上がります。
これは激しい運動をする場合でも同じですね。ということは、
20数億回の限りある心拍数を、浪費しているということにならないでしょうか。
まあでも、365日、毎日サウナに数時間入っている
なんて人もいないでしょうから、そんなに心配することもないんでしょう。

最後に、「心拍数一定説」について、生物学者では肯定的な意見の人が
多いようですが、心臓外科医など、医学界には否定的な意見もあります。
ですので、必ずしも確定された説というわけではないことを
お断りしておきます。では、今回はこのへんで。

関連記事 『ゆっくりな世界』







アーカイブ においとオカルト

2020.10.28 (Wed)
ニオイの科学的研究が進んでいる。視覚や聴覚と並ぶ五感の一つながら、
あまり重視されていない嗅覚。だが近年、人間には驚くほど鋭敏な嗅覚が
存在することが明らかとなり、他の五感と同じように、
幻のニオイを感じている人が意外に多いことも分かってきた。

実際にはそこにあるはずがないニオイ、例えば、ゴムの焼けるニオイ
や生ゴミが腐ったようなニオイなどを感じたことはないだろうか。本当は
存在しない「幻臭」を、40歳以上のアメリカ人の6%が体験しているという。
今月16日付の科学メディア「Live Science」が報じている。
(GIZMODO)

vsgshsjs (1)

今回は、科学ニュースからこの話題でいきます。どんなことが書けるでしょうか。
まず、幻覚や幻聴という言葉はときおり耳にしますよね。
ところが、幻臭というのはあまり聞きません。
じゃあ、幻臭ってほとんどないのかというと、そうでもないようだというのが、
このニュースのポイントみたいです。

アメリカの政府系の調査で、40歳以上の約7300人の回答を分析した結果、
そのうち6.5%が幻臭を感じていると推計され、その中で女性が3分の2を
占めていることがわかったそうです。さらに、歳をとるほど、
幻臭を訴える人は少なくなっていくということです。

また、幻臭を感じる人には、① 頭部にケガをしている ② 口の中が乾く
③ 経済的に苦しい といった傾向があるんだそうです。
うーん、なるほど、①②の意味はわかる気がします。
においというのは、揮発性の化学物質を鼻の中にある受容体がとらえ、
神経を介して脳に信号を送り、それが脳内で「におい」として認識されます。



ですから、その場にあるはずのないにおいを感じた場合、
鼻の中に不具合があるか、脳内に不具合があるかのどっちかでしょう。
①の頭にケガをしているというのは、脳の不具合。②の口の中が乾くは、
風邪などで、鼻の中が不具合を起こしていると考えることができそうです。

③の経済的に苦しい、というのはよくわからないですが、
経済的に苦しい人は、栄養状態が悪かったり、体調を崩してても
病院に行けなかったりすることが多いでしょうから、
それによって幻臭のリスクが高まっているのかもしれません。

あと、このアンケート、どのくらいの信頼度が高いのか、ちょっと疑問な点も
あります。本当に周囲に何のにおいもなかったのかどうか、わからないですよね。
もしかしたら、建物の陰でタバコを吸ってる人がいたり、
体臭の強い人が近くにいたのかもしれません。

vsgshsjs (2)

ところで、やや話がそれますが、「スメハラ(スメルハラスメント 
臭いを原因として、周囲に不快な思いをさせる行為)」とか「加齢臭」とか、   
最近、においに関する話題が多くなってきています。
毎日、朝シャンをするという人もいますし、今の日本は、
驚くほどにおいに敏感な社会になってきているんですよね。

海外に行った方はわかると思いますが、日本は世界の中でもにおいの
少ない国です。ある国など、空港に着いただけで、
その国独特のにおいが押しよせてくるところもあります。
これ、どうなんでしょう。清潔嗜好と言えば聞こえはいいですが、自分は、
日本人は、あまりに神経質になりすぎているんじゃないかという気もします。

vsgshsjs (3)

さて、においに関するオカルト的な話題はいろいろあります。
例えば、「何もないはずの場所で、ふっと線香のにおいを感じたときには、
近くに霊がいる」とか、「下級霊がいる場合は、獣臭いにおいがする」とか、
「生霊は生ゴミやドブのようなにおいがする」とか、
ネットを調べてみると、「霊臭」という言葉まであるようです。

vsgshsjs (1)

どうでしょう、みなさんはそういうの信じられますか?
自分はあんまり信じてないです。ですから、自分の書いた怖い話でも、
においが中心になってるものは、ほとんどないんですよね。
ただ、実際にあるにおいの場合はまた別です。

ある研究では、人間は1兆以上のにおいを嗅ぎ分けることができるとされます。
ウイスキーや香水のテイスターには、伝説的な逸話がいろいろありますよね。
ある高名なブレンダーは、ウイスキーにあるはずのない花のにおいを嗅ぎとり、
調べてみたら、醸造用の水をとっている川の上流に、
わずかにその花が咲いているのを見つけたとかなんとか。

ジョー・マローン ブランドの香水


また、有名な調香師で、10万分の1に希釈した水溶液中の化学物質を
特定できるといわれるジョー・マローンさんは、夫の体臭がいつもと違って
いることに気がつき、病院に行くことを勧めたところ、
はたして、命にかかわる病気が早期発見されたなんて話もあります。

これは訓練によるものなんですが、一般の人でも、
親しい人や家の中に、ふだんと違うかすかなにおいが
あるのに気づくことができるのかもしれません。
ただ、それが何かわからないので、不安な思いだけが頭の中に残ってしまう。
そういうことは、あっても不思議はない気がしますね。

最近のニュースで、体長1mmほどの線虫を用いて癌検診を行うというのが
ありました。この線虫には人間の100万倍以上の嗅覚があり、
尿一滴から、胃がんや大腸がんなど10種類のがんについて、
その有無を判別でき、検査の精度は9割以上にもなるそうです。
これが実用化されると、癌検診に革命が起きるかもしれません。
ただ・・・この話、数年おきに出てくるんですよね(笑)。

vsgshsjs (2)

さてさて、最初の幻臭の話に戻って、上記の調査では、幻臭を感じても、
そのために病院に行ったという人は、全体の11%しかいなかったそうです。
これが幻覚なら、ほとんどの人は受診するでしょうが、においの場合は、
「ま、いいか」で済まされるケースが多いようです。ですが、もしかしたら
重大な病気にかかっている可能性も否定できません。やはり、
病院には行ったほうがいいと思いますね。では、今回はこのへんで。





大英博物館の秘密地下道

2020.10.28 (Wed)


今回はこういうお題でいきます、地味な内容かつ情報不足なので、
スルーされたほうがいいかもしれません。さて、数日前
「呪い面の話」という記事を書き、そこで博物館についての
うんちくが少し出てきました。世界最大の博物館と言えば、
これは分館であるロンドン自然史博物館も含めた

大英博物館と答えて、まずは異論のないところだと思います。
収蔵品の数は800万点で、そのうちで常設展示されているのは
わずか15万点しかありません。大部分のものは、誰にも見られる
ことはなく眠りについているわけです。ただし、点検は定期的に
行われていて、そのときに思わぬ発見があったりします。

あまりにも有名なロゼッタストーン
キャプチャcc

じつはこの大英博物館、もともとは個人による私設博物館が母体
だったんです。イギリスの貴族にして医師であったハンス・スローン
という人物が博物学に興味を持ち、本業の医学に関係がある
薬草など、さまざまなものを収集していました。

それがスローンの死に際し、一般人も利用できるようにとの遺言で、
1753年、大英博物館が開設されたんです。明治維新の約100年
前のことですね。ちなみに、スローンは王室侍医の筆頭になるなど
医師として成功しており、また、新大陸からもたらされたカカオは、
当時は精力剤のような薬用と見られていましたが、

ミルクチョコレートの父ハンス・スローン
キャプチャdddddf

苦くて粉っぽく飲みにくかったのを、ミルクと砂糖を混ぜて
チョコレートミルクにするという発明をしています。これ以後、
カカオは爆発的に需要が高まりました。チョコレート好きの人は
スローン医師に感謝したほうがいいかも。要はお金があったんですね。
ですから、財力にまかせて珍奇な世界の品々を集めていた。

博物学はこの時代、大隆盛していましたが、さすがに貴族が
自ら危険を冒して探検に行くケースは多くなく、新大陸やアフリカの
探検家から珍品を買っていたんです。そして「ヴンダーカンマー」に
展示される。これはドイツ語で、驚異の部屋と訳されます。
15世紀イタリアの諸侯や有力貴族の間で作られたことに始まり、

驚異の部屋「ヴンダーカンマー」


16世紀にはドイツ語圏に伝わって、王侯貴族だけでなく、
学者や文人の間でも作られるようになりました。奇妙な動物の剥製、
仮面、ミイラ、拷問具など、とにかく人を驚かせるようなものが
収集され、後にそれらは博物館に寄贈されます。大英博物館も
そうして収蔵品を増やしていったんです。

さて、なかなか怖い話にならないですね。大英博物館のオカルトと
言えば、「タイタニック号とミイラ」の話が有名です。
豪華客船タイタニック号が処女航海で沈没したのは、
大英博物館から積まれたミイラの呪いのせいである・・・
ですが、これはまったくの伝説です。

エジプトミイラ
キャプチャrrtt

タイタニック号の積み荷目録には、ミイラや古美術品といった
項目はなく、そもそも積まれたはずのミイラはまだ大英博物館に
あります。ですから、完全なガセなんですが、大英博物館には
もう一つ、ミイラにまつわるオカルト話があるんですね。

これは日本でもあまり知られておらず、ご存知の方は少ない
でしょう。大英博物館の最寄りの地下鉄駅は、ブリティッシュ
ミュージアム駅といい、1900年にオープン。
1933年、手ぜまになったために閉鎖されています。この
廃駅は今もあるようですが、危険なため探索はできません。

閉鎖されたブリティッシュミュージアム駅


で、この駅と大英博物館のミイラの間の間に秘密の地下通路が
あったという説があるんですね。しかも、大英博物館側の
入り口が、アメン・ラというエジプト女王の石棺の中。
まあ、駅からの地下通路は、貴重な収集の盗難リスクを減らす
ために、あっても不思議はないわけですが、

この通路を通って女王アメン・ラとその眷属の霊が駅に現れた
という話になっています。1933年、上記のように駅は
閉鎖され、隣のホルボーン駅が使われるようになったんですが、
通路が使えなくなった霊たちは怒り狂ってホルボーン駅にも
出現し、さんざん人々を悩ましたということです。

現在のホルボーン駅
キャプチャffff

で、これをもとにしたコメディ映画に、『ブルドッグ・ジャック』
というのがあり、1935年に公開されていますが、
その最初の日、2名の女性がホルボーン駅で行方不明になっている
という話があるんです。女性たちは地下の秘密通路を通って
大英博物館に拉致され、その痕跡が博物館に残っていた・・・

ですがこれ、自分が英文サイトを調べると、そういう内容はたしかに
あるんですが、女性の名前や新聞記事などの詳細情報が出てくるものは
見つかりません。もしかしたら、映画の宣伝だったのかなと思います。
地下通路の存在については、大英博物館側は完全に否定。うーん、
まずアメン・ラというエジプト女王はいませんね。これは神の名前です。

アメン・ラ神
キャプチャhty

それと、たしかに地下通路の入り口とされる石棺の蓋はあるんですが、
19世紀後半、博物館の学芸員により、アメン・ラ神の
巫女であった女性のものであった可能性が示されています。
おそらく、これらのことが映画や小説で使われ、地下通路と幽霊の
話ができていったものと思われます。

さてさて、じつは日本の上野美術館には地下の収蔵施設があり、
そこでX線撮影なんかも行われてるんですが、上野あるいは東京駅と
通路でつながっているという話もあります。さて、真相は
どうなんでしょう。では、今回はこのへんで。





意識障害の恐怖

2020.10.28 (Wed)
アーカイブ462

失神

今日は科学ニュースをネタにした話題です。じつは自分は
20代後半のときにバイクで自損事故を起こしまして、脳挫傷になり
(その他、腰椎と左手首の骨折、全身打撲)意識不明だったことが
あるんです。このとき、自分の両親は「いつ意識が戻るかわからない」
と医師に言われ、何ヶ月もの長期戦を覚悟したそうですが、

幸いにして事故から4日目に目が覚めました。このときのことは
いろんな人に聞かれたんですが、臨死体験とか、そういう記憶は
ありません。夢を見た覚えもないですね。ふと気がついたら4日間
たっていたという感じで、完全な昏睡状態だったわけです。ただしこれは、
目が覚めたと同時に忘れてしまった可能性もあるようです。

「失神」は西洋絵画のテーマの一つ
キャプチャdddddd

さて、お題にある「意識障害」とは何か、ということですが、
これがじつはよくわかってないんです。というのはまず、
意識そのものについてが、現在の科学ではわからないこと
だらけだからです。ただし、意識障害にある人の反応については

しっかり研究されていて、これは例えば、耳元で呼びかけたら反応が
あるとか、痛みの刺激に対して反応するとか、そういう評価基準が
あって、救急救命医療の現場などで用いられています。さて、
長く引用しますが、みなさんは以下のニュースをどう思われるでしょうか。

重篤な交通事故にあい脳に損傷を受け、12年に渡って
植物人間状態にあった男性と、機能的磁気共鳴画像(fMRI)スキャナを
用いて意思の疎通をとることに成功したと、カナダ、西オンタリオ大学の
研究者らが米医学協会誌「JAMA Neurology」に発表した。

意識レベルの判定基準


植物状態とは、脳の広範囲が活動出来ない状態にあるが、
辛うじて生命維持に必要な脳幹部分だけは生きている、
重度の昏睡状態を意味する。実験は、重篤な脳損傷により
長期間無反応だと考えられてきた3人の患者に、
fMRIと呼ばれる、脳の活動領域をスキャンする装置を用い、

外部から簡単な言葉で呼びかけ、その反応能力を調べた。
その結果、3人の患者全員が、リラックスするよう指示した時と
比べて、数を数えるよう指示された時に、脳が活性化したという。
また、3人の患者のうち2人(植物人間状態の患者と、
最小意識状態の患者の1人)は、特定の刺激に反応する能力を

調べた時に、注意を向ける先を変える能力を示した。
そこで、この2人の患者に「あなたはスーパーマーケットの中に
いるのですか?」や「あなたの名前はスティーヴンですか?」など、
はい、いいえで答えられる質問をしたところ、2人とも、正確に「はい」
「いいえ」と答えられることがわかったという。この実験を率いた

長期間の昏睡から覚めた女性
キャプチャddddd

西オンタリオ大学の脳心理研究所のロリーナ・ナシ博士は、
「私たちは今回初めて、植物状態と診断された患者が、
自分の注意を向ける先を変えることで、自分に意識があることを伝え、
他者と意思疎通を図ることができることを明確に示した」と語る。

さて、このfMRIは脳内の血液の流れを見ることができます。例えば
ある質問に対して「はい」と答える場合、脳のこの部分に血液が流れる。
また「いいえ」と答える場合は別のこの部分に、とかです。上記の
実験では、質問によってこの血流の違いがはっきり現れているわけです。

自分の書く話の中にも、意識障害の状態の人物が出てくるものが
あるんですが、これ、外見上はただひたすら眠っているように見えても、
ベッドのまわりにいる人たちの話し声が聞こえていて、
その内容について考えることができるが、運動機能の障害のために、

『メン・イン・ブラック』組織を辞めると、その間昏睡状態だったことにされる


自分の意思表示をすることができないということだとしたら、
これは怖いと思いませんか。このように、意識ははっきりしているものの、
まったく自分の意思を外部に示すことができないという状態を、
「閉じ込め症候群」といいます。

この研究では、植物状態で深い昏睡にあると考えられていた患者のうち、
何割かは閉じ込め症候群なのではないか、という可能性を
示しているんですね。現在日本では、植物状態といわれる患者が
全国で推計5万5千人いるんだそうですが、何ヶ月も、

あるいは何年もベッドに寝たきりになっていて、生命維持装置をつけたり、
自分で動かすことができるのはせいぜい眼球ぐらい、という状態でも、
意識だけははっきりと持っている。中にはそういう人も数多くいるんでしょう。
で、その人たちの意識というのは、どういう形に変化しているんでしょう?



というのは、われわれの意識は外部からの刺激によって動いている
からです。例えば「肌寒いな」と感じれば「エアコンの温度を上げよう」
「腹減った」と感じれば「外に食事に出かけようか」
といった具合に、刺激に反応して意識が流れていきますよね。

ところが、外部からの情報の多くが遮断されてしまった状態で、
しかも自分の意思を伝えることもできない意識というのは、通常の人間の
それとはかなり違った形に変化してるんじゃないかと思います。
そして、そういう人たちが現在の自分の状況について
どう考えているのか・・・想像してみると怖くないですか?





神は複雑化する

2020.10.27 (Tue)
ccc (5)
京都祇園祭

今回はこういうお題でいきます。カテゴリは日本史に
しようかと考えたんですが、あまりにもはっきりしない内容
なので、オカルト論のほうに入れておきます。
さて、少し前の記事で「八幡神」というのを取りあげました。

公式には神道の神で、応神天皇であるとされますが、後に
仏教と習合して八幡大菩薩と呼ばれることが多くなります。
ただ、九州地方では応神天皇以前から八幡神信仰はあったと
考えられ、日本土着の大地神や大陸からの渡来神の性格が
入り混じった、ひじょうに複雑なものなんですね。

牛頭天王 これは中国の蚩尤に似ています
ccc (8)

で、今回取り上げるのは「牛頭天王 ごずてんのう」です。
長く京都東山の八坂神社の主祭神とされ、祇園信仰の中心的な
存在でしたが、現在は御祭神から外されています。
明治の神仏分離令により、「権現」と「牛頭天王」の神号を
用いる寺社はその祭神を変えろと、

名指しで厳しく通達されているんです。まあ、権現のほうは
わかります。徳川幕府を開いた家康の死後の神号が東照大権現。
これを祀るのは明治新政府にとって都合が悪い。
ですから、現在の八坂神社の主祭神は変えられて
素戔嗚命になっています。

インド 祇園精舎の鐘
ccc (7)

さて、ここからは牛頭天王の正体とされる説を列挙していきますが、
これらの多くは2重、3重に重なってるんですよね。
① 牛頭天王はインドの祇園精舎(お釈迦様が説法を行った寺)
の守護神であり、それが祇園信仰につながった。

② 牛頭天王は道教の托塔天王であり、その本性はインドの
古い神である毘沙門天とされる。
自分は、この2つは後づけでできたものと考えています。
①は、平家物語の冒頭に「祇園精舎の鐘の声」と出てくることで
有名ですが、インドの伝承に牛頭天王の名前はありません。

『水滸伝』の登場人物 托塔天王 晁蓋
キャプチャddddd

②の托塔天王もそうですね。道教の文献にも牛頭天王の名は
出てこないんです。これは余談ですが、中国の武侠小説『水滸伝』で、
宋江の前の梁山泊の頭目、晁蓋のあだ名が托塔天王でした。
隣の村で妖怪封じの石塔をたてたら、自分の村ばかりに妖怪が出る
ようになったので、晁蓋がその塔を夜中に担いで盗んできた。

③ 牛頭天王は「蘇民将来伝説の武塔神(むとうしん)」である。
これは古くから信じられてきました。蘇民将来については
以前書いてるので、簡単に触れますが、『備後国風土記』逸文に
その記述が見られ、歴史は古いものです。

武塔神を冷たくあしらう巨旦将来
ccc (6)

嫁を娶るために旅に出た武塔神は、ある村で宿を乞うが、
裕福な弟の巨旦将来は断り、貧しい兄の蘇民将来は、粗末ながらも
もてなした。後に再訪した武塔神は、蘇民の娘に茅の輪を付けさせ、
蘇民の娘をのぞいて皆殺しにして滅ぼした。以後、茅の輪を
家につけていれば、疫病を避けることができると教えた。

で、この武塔神の信仰が牛頭大王へと変わったとするものです。
話自体は類型的で、兄弟のうちのどちらかが神をもてなし、
どちらかが粗末にしたため破滅するという筋立ては、これ以外にも
あります。日本神話の海幸彦、山幸彦の話なんかも形は
多少違いますが、これ系ですよね。

蘇民将来符
ccc (3)

④ 牛頭天王は素戔嗚命である。この説は③と深く関連しています。
『備後国風土記』では、村を再訪した武塔神は、自ら
速須佐雄能神(スサノオ)と名のって正体を明かしてるんですね。
ですから結論として、牛頭天王は素戔嗚命であるとしても
いいようなものですが・・・

⑤ 牛頭天王は朝鮮半島由来の疫病神である。こういう説も
あるんです。蘇民将来伝説では、「蘇民将来符」というものを
家の門口に立てて疫病除けとしますが、これは朝鮮半島の風習である
「将軍標 チャングンピョ・チャンスン」と似てるんです。

朝鮮の将軍標
ccc (2)

朝鮮半島では、疾病や災難をもたらす鬼神信仰があり、
その魔除けのための木製標を村落の入り口に設置していました。
「天下大将軍、地下女将軍」と書かれていることが多いですね。
素戔嗚命は朝鮮から来た疫病神であるとする話も、
おそらくこのあたりからきていると思います。

いずれにしても、牛頭天王が疫病と関係しているのは間違いない
でしょう。八坂神社の京都祇園祭は、もともと御霊会であり、
863年、大和朝廷は疫神や死者の怨霊などを鎮めるために
神泉苑で御霊会を行い、その後も疫病の流行が続いたため、
牛頭天王を祀り無病息災を祈念する祇園祭となったんです。

赤子を生贄にしていたバアル神
ccc (1)

この他の説としては、牛頭天王はメソポタミアの嵐の神バアルで
あるとか、中国古神話の蚩尤であるといったものもあります。
たしかに牛頭人身の神の伝承は世界各地にありますが、
そこまで話を広げてしまうと、もう収拾がつかないですよね。

さてさて、ということで牛頭天王の正体について見てきました。
もちろんはっきりした結論は出ないんですが、多神教の神には
このようにいくつもの性格が重ね合わされているものが
多いんです。では、今回はこのへんで。

関連記事 『疫病神としてのスサノオ』

ccc (4)





竹の輪神社の話

2020.10.27 (Tue)
アーカイブ461

どうも今晩は、山根と申します。まず、自己紹介をさせていただきます。
私、今年で62歳になります。妻は5年前に急性の白血病で亡くなりました。
それからはずっと一人暮らしです。子どもは、息子が一人いて、
東京に出て就職してます。ですから、身軽な気楽な生活を楽しんでたんですが、
昨年、病気をしたんです。背中にこったような張りと重い痛みを感じて、
近くの開業医に行ったらすぐに大きな病院を紹介されまして。
そこであれこれ検査をして、診断がついたんです。膵臓癌でした。
みなさん、膵臓癌についてご存知ですよね。癌の王様とまで言われて、
罹患者数と死亡者数がほぼ同じ、つまり、かかってしまったら助からないって
ことです。5年生存率ってのがありまして、診断がついてから
5年後に生きている人の割合なんですが、それがすべての癌の中で

最も低いんです。あ、すみません、よけいな話をして。それで、病院では
手術を勧められました。これね、運がいいってことらしいです。
膵臓癌にかかった患者の中で手術ができるのは20%程度、
はい、残りの人はすでにその時点で手遅れの状態ということです。
そのときね、迷ったんです。手術をすると膵臓がなくなるわけだから
完全な糖尿病になります。お腹の中をあれこれツギハギするので、
ものが食べられなくなるし、下痢症状のひどい方が多いんですね。
そのあたりのことはネットで調べました。それと、手術が成功したとしても、
90%以上の人が1年以内に再発してしまうんです。
ねえ、嫌な病気でしょう。ですからね、手術はやめて、緩和ケアだけにする
という選択肢もあったんです。私は仕事も引退しましたし、

息子もとりあえず自分で食っていけてます。だから、このまま何もしないで
いさぎよく妻のところに行こうということも考えたんですが・・・
ただ、心残りなのは、まだ孫の顔を見ていないということで。
はい、息子は独身なんです。それで、迷ったすえに手術を受けることに
しました。いや、大変でした。入院は3ヶ月ちかくになって、
ベッドから自力で下りて歩けるようになるまで2ヶ月もかかったんです。
ほら、私は一人暮らしでしょう。息子はときおり来てはくれましたが、
やはり自分の仕事がありますので、付き添いをしてくれる人を雇ったんです。
まあ、そんなこんなで何とか退院しまして、病院からは再発予防の抗癌剤を
勧められたんですが、これはお断りしたんですよ。
これ以上の体の不具合は耐えられそうもなかったし、

再発したらもう、それは運命だと思うことにしたんです。病院からは、
1ヶ月に一度の定期検査だけしてもらうことにしました。
で、家に戻って最初のうちは、100mの散歩をするだけで息が切れて
しゃがみ込んでしまってたんですが、だんだんに長く歩けるようになり、
体力が回復した自信がついてきたんです。それで、旅行に行くことに
しました。私の両親はとっくに亡くなっていますが、
その出身地の町へです。私も中学校までそこに住んでましたし、
妻もね、その町の出身で中学校の同級生だったんです。
ただ、親戚なんかはそんなに多くはいません。長い時間電車に乗るのは
たいへんでしたが、なんとかその町の駅に着いて、まず実家のあった
場所に行ってみました。はい、実家はもうなくなってて、

跡にはコンビニができてましたね。そこから中学校へ行く通学路を
歩いてみました。そのあたりはほとんど変わっておらず、懐かしい感じが
しましたよ。ああ、もっと頻繁にここにくればよかった、
妻が亡くなる前に一緒にこれればと思いました。中学校は同じ場所に
ありましたが建物は新しくなってて、グランドで野球の練習をしてましたね。
そこから、親戚の家にあいさつに行って帰ろうと思ってたんです。
中学校の裏側の道に出ると片側が林になっていて、休み休み歩いてくと、
小さな神社があったんです。あれ、こんなとこに神社なんてあったかな、
と思いましたが、その道はあまり通ったことがなく、私が見落としていた
だけだろうと考えました。でね、お参りしていこうと思ったんです。
小さな鳥居に神社の名前はなく、そのときは御祭神もわかりませんでした。

短い参道を抜けるとすぐに社殿の前に出ましたが、参拝者は誰もおらず、
社殿の前に大きな竹の輪があったんです。はい、火であぶったのか、
数本の竹が束ねられて丸い形になっていました。そのとき、茅の輪くぐり?
と思ったんですが、あれ、行われるのは6月の末ですよね。
そのときは10月でしたので、違うのかもしれません。くぐってみようかとも
考えましたが、作法もわからないし、ただお参りだけして戻りました。
はい、病気が再発しないようにお願いしたんです。で、その次の月、
病院に行って検査をしたら、腫瘍マーカーが上がっているということで、
抗癌剤を強く勧められました。でも、再度お断りしたんです。
もう治療はしたくありませんでしたから。痛みなどが出てきたら
その管理だけお願いしようと考えていたんです。

それから数日後ですね。いつものように早朝の散歩に出ました。
腫瘍マーカーは上がっているとしても、体調はどんどん回復してきてて、
かなり長い距離が歩けるようになってました。私の家の近くには
運動公園があってそこへの往復です。でね、少し坂になったところを
歩いてると、横の草地に竹の輪があったんです。はい、あの神社で見たものと
同じでした。おかしいなあ、何でこんなところにと思いましたが、
何気なくくぐってみたんです。そしたら、中は霧のようなものにつつまれてて、
今さっきくぐった輪が見えなくなってしまったんです。方角もわからない。
奇妙だなあ、と思いながら後ろを向いて進んでくと、急に霧が晴れ、
田んぼの中に立ってたんです。まわりの景色になんとなく見覚えがありました。
あの実家のある町の、昔の風景のような気がしました。

脇から声をかけられました。「よう、山ちゃん、何でこっちに来た」見ると、
半ズボンをはいた男の子が立ってて、ひと目で誰だかわかったんです。
慎ちゃん・・・慎司という私の幼馴染の子で、家が近く、小学生のときには
いつも遊んでたんです。そのときは気がつきませんでしたが、
慎ちゃんと私の目線が同じ高さだったので、私も子どもに戻ってたのかも
しれません。慎ちゃんは坊主頭の額にシワを寄せ、「こっち来るな、
 戻れ、戻れ」かんしゃくを起こしたような声でそう言い、
私の背中を強く押したんです。ふっと気がつくと、私は運動公園へ向かう
道端にしゃがみ込んでいて、竹の輪はどこにも見あたりませんでした。
ああ、体調が悪くなって幻覚を見てたのか、そう考えてゆっくり立ち上がり
ました。そのとき、慎司はもう20年も前、小さい子ども2人を残して

交通事故で亡くなっていることを思い出したんです。・・・あれはもしかして
死後の世界なんだろうか、まあ、夢なんだろうけど、あそこに戻れるのなら
死ぬのも悪くはないのかな、という気になったんです。
翌月の検査で、腫瘍マーカーはさらに上がっていて、医師からは、
ここで治療をしないのなら、緩和ケア病棟のある病院か、
自宅に往診してくれる医師を探したほうがいいと言われました。
まあ、それならそれでしかたないと思いました。でもね、背中に少し
張りがあるくらいで、痛みはなかったんです。それから、散歩のときに
竹の輪は2度見ました。自分の意志でくぐりましたよ。2回目は私が
小学校前の時代でした。まだ若い両親がいて、やはり前と同じように、
私が来たことを強く叱り、すぐに戻るように2人そろって言ったんです。

最後は、私が中学のときですね。中学校の通学路を、制服を着た妻と
いっしょに歩いていました。妻はその頃から勝ち気な性格で、
「こっちに来ないで、まだやることがあるでしょう」そう言って、
私をその世界から強く押し出したんです。・・・その後、緩和病棟のある別の
病院で検査を受けたら、腫瘍マーカーは正常値になっていて、CTに写っていた
モヤモヤした影もなくなっていたんです。ええ、あの神社にはもう一度
行きましたが、竹の輪は立っておらず、神主さんに話を聞いても、そういうのを
設置したことはないと言われました。でね、今 住んでる市には私と妻が神前式を
あげた大きな神社があり、そこに行って、あったことを話しました。神職は黙って
聞いてから、「貴方には何かまだ、使命があるのでしょう」と言われたんです。
それで・・・考えたすえに、この地域の患者会を立ち上げることにしたんですよ。






アーカイブ 怪物怪談

2020.10.27 (Tue)
今日は怖い話ではありません。「怪物怪談」という題にしましたが、
これは心霊(幽霊系)ではない怪物が出てくる話ということです。実はずっと
前からUMA怪談を書きたいと思っていて、なかなか実現できませんでしたが、
最近「倉庫の怪」と「四方拝」の2つを続けて書きました。
UMAは未確認生物という意味なので、出てくるのは自然界に

実在する生物という設定です。どっちもありがちですよね。「倉庫の怪」のほうは
半透明の寒天状、ゼリー状、スライム状、外国ではブロブと言われる不定形で
可塑性の高い生き物ですし、「四方拝」に出てくるのは白い大蛇で、
怪談になっていれば幸いです。では、怪談(というかホラー)に出てくる怪物には
どんなものがあるでしょうか。

「三毛別羆事件」の現場
キャプチャ

① 実在で、存在が知られている動物
例えば熊とかです。熊がホラーになるかよ、と言われるむきもあるでしょう。
自分もそういう思いがあったんですが、吉村昭氏の『羆嵐』を読んで
考えを変えました。文学作品をホラーと言ってはいけないでしょうが、

ここに出てくる羆はあまりに圧倒的で怖ろしいです。後に事件が起きた
北海道の三毛別で、再現された羆の像を見学して、
その思いを新たにした次第です。昔のアメリカ映画によくあった、
巨大化した昆虫とかもこれかな。

有名なUMA画像 未知の生物か、既知の生物の奇形か、加工か
キャプチャdddd

② 実在だが知られていないという設定の動物
つまりUMAです。実在の生物であるので、あまり無理な属性にはできません。
(上のゼリー状生物はかなり無理なのですが・・・)とはいえ、
ゴリラ類の存在が新種として確認されたのは19世紀半ばのことですし、
情報網が発達した現代でも、絶対にないとは言えないでしょう。
やはり期待は海洋、特に深海だと思いますね。

ユニコーン けっこう怖い伝承があります
キャプチャeeer

③ 妖怪や伝説上の怪物
日本で言えば妖怪系のもの、西欧だとユニコーン、ドラゴンなどの
幻獣でしょうか。しかしこれ、②との境はけっこうあいまいです。
例えば、河童は妖怪としてもUMAとしても見ることができます。
生息地や生態についての情報があり、現代でも目撃者もいるわけですから。

アメリカ先住民の間で語られるウェンディゴ 冬の飢餓の象徴
キャプチャeeerfr

④ 精霊・妖精系の怪物
イギリスのホラー作家にして生涯、魔術師であった(黄金の夜明け団)
アルジャノン・ブラックウッドが書いた、『ウェンディゴ』に出てくる
怪物が典型ですね。これはカナダ・アメリカの一部の原住民に信じられた
という目に見えない精霊で、人にとり憑いて精神を狂わせます。

余談ですが、ブラックウッドはアメリカ原住民の情報をヨーロッパに伝え、
一種のブームを起こしましたが、その流れの中でシルバーバーチの
霊訓なども出てきました。日本のひだる神などとも、
「目に見えない、人にとり憑く」という点が似ています。

魔人ドラキュラ
キャプチャde

⑤ 魔人系
ドラキュラ伯爵、荒俣宏氏の『帝都物語』の加藤保憲 などです。
妖怪でも大入道とか人型のものはいますが、これは背の高い
僧形の化物をひっくるめての呼称で、それに対し魔人系は、

個人名がわかるもの、という考え方をここではとります。
むろん不死をはじめ、ただの人間にはない数々の特殊能力を持ちます。
ところでドラキュラの場合、ルーマニアの貴族制度に伯爵はなく、
ブラム・ストーカーの原作にも出てきません。

フランケンシュタインの怪物
キャプチャgh

⑥ 人造人間系
伯爵が出てきたからには、もう一方の雄であるフランケンシュタインの怪物も
とりあげなくてはならないでしょう。ちなみに、ホラーフアンの方ならご存知でしょうが、
メアリー・シェリーの原作では、「フランケンシュタイン」は怪物を造った大学生
(これも博士ではない)の名前で、「フランケンシュタイン(の造った)怪物」

という意味で使われます。人間の死体を元にして造られていますが、
泥が原材料のゴーレムなども、人造人間と言われることがあります。
日本の映画で出てきた大魔神も、埴輪だとすれば元は土ですが、
あれは岩を彫ったものか。ロボット系もここに入れておきますか。

大いなるクトゥルー
キャプチャbbb

⑦ クトゥルー神話の怪物
ダゴン、クトゥルー、ヨグ=ソトース・・・
日本の怪談にこれらを出すのはなかなか難しいです。

⑧ 宇宙人、宇宙生物
これはホラーではなくSFになってしまうおそれがあります。
『エイリアン』シリーズはSFホラーという便利な言われ方をされていますが、
これは、あの宇宙生物を知性を感じさせない設定にしたので、
ホラー色が強調されたのだと思います。女王も出てきましたし、

グレイ型宇宙人


アリなどの集団生活する昆虫を思わせる生態が、怪物度を増していました。
これが『プレデター』シリーズになると、あのモチーフは戦士種族、
地球で言えば首狩り族みたいなものなんでしょうが、地球人より
進んだ科学技術を持ち、小型ミサイルや光学シールドなどを使うので、
よりSFっぽい感じですね。

アッカドの風の神 パズズ
キャプチャccccc

⑨ 悪魔、邪神系
クトゥルー神話もそうなんですが、あまりに強力すぎると人間が
太刀打ちできません。『エクソシスト』の悪魔(パズズ 古代アッカドの神)は、
今思うと、神父2人で祓えたので、あんまり強くなかったですね。
あれくらいなら話として成立します。あと、実際の悪魔は出てこないのに

悪魔を感じさせる話・・・ウイリアム・ゴールディングの『蝿の王』などが
そうですが、悪臭を放つ蝿のたかった豚の頭が、蝿の王、聖書に出てくる
ベルゼブブのことです。超自然なことが一切起きないのに、あれほど
邪悪を感じさせる話もなかなかないです。
悪魔の属性は、純真と思われていた少年たちの中にあったわけです。

キャプチャzaq

⑩ 死人・ゾンビ系
これもねえ、アメリカは土葬がまだかなりの割合ですので、いいですが、
現代日本ではなかなか・・・ 何らかの原因で最初のゾンビが発生し、
それが次々と人を襲ってゾンビ化させていく、という展開はありえます。
(最近はそういう映画も多い)

⑪ 怪獣系
怪獣は怪獣映画で。自分はもちろん大好きですが。
ということで、まだあるんでしょうが、今夜はこれくらいで。

化物としか・・・






呪い面の話

2020.10.26 (Mon)
今晩は、bigbossmanです。今回も、大阪市内のホテルのバーで
Kさんとお話した内容です。Kさんはご存知と思いますが、
いちおう初めて読まれる方のためにご紹介すると、本業は不動産関連、
飲食店経営などの実業家で、年収は数億と思われます。現在は沖縄県
石垣島在住。でも1年の半分以上は本土に出てこられてますね。
幼少時からその種の能力があったということで、すべてボランティアで
全国を回って数々の事件を解決されてるんです。
で、今からお話するのも、そういう中の一つです。
「bigbossman、お前、大学では考古学を専攻してたんだよな」
「あ、はい、まあ」 「けっこう有名な研究室にいたんだろ。
 なんでそっち方面の仕事につかなかったんだ」 

「急に何をおっしゃるんですか。うーん、そうですね。大きく2つ
 理由がありますかね。まず一つ目は、落ちこぼれ学生だったことです。
 大学に残るなんて不可能だし、地元に帰って公務員の採用試験を
 受けても、受かりそうにない」 「公務員?」
「はい、大学の先輩や同期で、地方の教育委員会に入ってるやつが
 かなりいます。社教主事の資格を取って、その県の博物館に勤務したり、
 教育委員会で緊急発掘に携わったり」 「で、もう一つの理由は?」
「はい、それは自分がアメリカに行ったことです。向こうで
 占星術に出会って、がっぱりハマっちゃったんですね」 「ふーん」
「大学の同窓会報が送られてきますけど、職業占い師ってのは自分
 しかいないと思います。もちろんみな、まっとうなというか、

 世間にとおりのいい仕事してますよ」 「だろうな。ところで、
 博物館とか資料館とか、そういうのって いろいろあるだろ。
 どう違うんだ」 「うーん、なかなかいい質問ですよ、それ。
 Kさん、博物館って言ったらどこを思い浮かべますか」
「そうだなあ、大英博物館」 「うん、有名どころというか、
 あそこは世界一ですからね。博物館の前に何もつかないのはスゴイ
 ことなんですよ」 「どういうことだ?」 「博物ってのは、この世の
 すべてのものってことです。つまりロゼッタストーンとかエジプトの
 ミイラなどの歴史・文化関係から、恐竜の骨格標本なんかの
 自然科学関係まで、何でもここにありますっていう意思表示なんですね」
「なるほど」 「歴史が古いし、準国家機関だからそれができる。

 でも、日本で博物館ができたのは明治以降。だから、収蔵品は 
 どうしても小規模です。そこで、博物館の前に、歴史民俗とか
 自然とかをつけることで、展示するものを限定する」 「ああ、そうか」
「あとね、自動車博物館とか放送史博物館とか、収集を一点に
 しぼったものも多いですね。資料館は、一般的には博物館より小規模で、
 ある地域のある時代に焦点をあてて収集してることが多い」
「よくわかったよ」 「Kさん、何かそれ関係の事件に関わった
 んですね。話して聞かせてくださいよ」 「ああ、そのつもりだった」
「わくわく」 「そうだな、Uさんとしておこうか。ある県立博物館に
 勤めてるんだよ」 「はい」 「でな、その県の地方の旧家が解体される
 ことになって、現在の持ち主が思い出深い品々が散逸するのは

 残念だということで、売らずに、一括して博物館に寄贈したんだ」 
「ああ、よくあることです」 「寄贈品が全部で80点ほど。
 その分類整理をUさんが担当した。そのあたりはお前のほうが詳しいだろ」
「まずは個々のものの素性を明らかにします。用途、年代、美術品だったら
 現在の価値。古美術品の鑑定家や地元の大学の応援を頼んだりもしますね。
 その後に修復なんですが、もし貴重な美術品だったら修復できません」
「え、どうして」 「だってミロのヴィーナスに勝手に腕をつけるわけに
 いかないでしょ」 「ああ、そうか。でな、半年近くその仕事にかかりきり
 だったが、一つだけ何とも判別のつかないものがあった」 「何です?」
「面だよ」 「能面ですか」 「いや、ただの木彫りの薄っぺらい面。
 表はな」 「というと」 「裏側が何とも異様でな、

 びっしりとすき間なく、黒い短い毛が生えてたんだ」 「うわ、
 それって顔にあてる側ってことですよね」 「そうだ。Uさんとしては、
 その面は価値なしと判断してもよかったんだが、個人的に興味を
 持ってしまった。それで、その博物館では限界があるんで、
 他県の施設に炭素年代の測定と、裏の毛のDNA鑑定を依頼した。
 年代測定は簡単にできるものなのか」 「AMS法というのが
 開発されて、わずかなサンプルがあれば短時間で測定はできるように
 なってます。でも、炭素法は誤差も大きいんで」 「そうか。出てきた結果は、
 面は古いものではない。おそらく江戸時代後期から明治初頭。で、DNAの
 ほうはヤバかった。毛は人毛で女性のもの、それも複数人のものということで、
 さらにだ。毛髪は皮膚とともに面に貼りつけられてたんだ」 「う」 

「つまり髪の毛ごと頭の皮を剥がし、乾燥等の処理を加えてから
 面の内側に貼った」 「何でそんなことを」 「もちろんその時点では
 わからんかったが、Uさんはまずます興味をつのらせた」 「なるほど、
 自分もそれは調べてみたくなります」 「歴史的、美術的価値は
 ゼロと判断し、上司の許可を得て自宅に持ち帰ったそうだ」
「で」 「でな、自分の書斎の机の上に置いておいたのが、
 数日後に見えなくなった」 「紛失したってことですか」
「そう。ただ、誰が取ったのかはすぐにわかったし、面も出てきた」
「誰が?」 「Uさんの娘さんだよ。中学2年生でバレー部だったのが、
 部内のイジメが原因で不登校になり、家に引きこもってたんだな。
 Uさんは、時間が解決してくれるものと考えて、
 
 娘さんに学校に行けと強くは言わなかった。いずれ長引くようであれば、
 カウンセラーに相談したり、転校も考えていたそうだが」
「それで」 「面がなくなった翌日、娘さんが家を出て終日帰ってこない。
 で、夜になって警察から連絡が入った」 「で」
「娘さん、自分が不登校になったイジメのリーダーの家に行って
 その子を呼び出し、出できたところを石で殴って昏倒させ、
 馬乗りになって髪の毛を引き抜いた」 「うう」 「たまたま通り
 ががりの人が見つけ、警察を呼んで補導されたんだよ」 
「そのとき面は?」 「顔につけていたそうだよ。ただ、不思議なのは、
 その面にはヒモも何もついてないんだ。それなのに警察官が
 剥がそうとしても、しばらく取れなかったということだ」

「うーん、不可思議な話ですね。それで、面の正体はわかったんですか」
「少しだけな。旧家は解体されてしまったが、面につながるようなものは
 何も出てこなかった。けど、蔵だけは残しておいたんだ。雰囲気が
 よかったんで、改装して何かの店にしようと考えてたらしい」 「で」
「その蔵の二階で、天井から下がっている荒縄が数本見つかった。
 もうかなり朽ちてたが、どれも縄の下のほうの結び目に長い髪の毛が
 わずかに残ってたんだな。女性の髪を縛って吊り下げていたようだ」
「・・・・」 「でな、その面は文字どおりお蔵入りになったのよ。
 展示はせず、それ専用の部屋に保管しておく。・・・そういうのはどこの
 博物館にもあるのか」 「だいたいありますね。あるいは、近隣の
 神社と契約してて、そこに預かってもらうとか」 「ああ、なるほど」


 

 

アーカイブ 倉庫の怪の話

2020.10.26 (Mon)
じゃ話していくけど、くれぐれも秘密は守ってくれよな。
会社に知られちゃマズイんで。あのな、俺は輸入会社に勤めてるんだよ。
いや、商社って規模じゃないんだけどな。主にメキシコから中米、南米が
取引先なんだ。これって商売敵は少ないのよ。やっぱ地球の裏側で遠いだろ。
航空便を使って割に合うような貴重品の輸入もないし。
大型コンテナ船が中心なんだ。それじゃどうしたって時間がかかるから、
敬遠するとこが多くてな。熱帯魚とかはルートはあるけど。
でな、うちの会社の神戸の倉庫での話なんだよ。
ああ、前までは倉庫会社から借りてたんだが、商売が順調でね、
自前の倉庫を買ったんだよ。そんな大きなもんじゃないけど、
田舎の中学校の体育館くらいの広さがある。そこでの話なんだ。

日中はな、嘱託のじいさんが管理主任として常駐してるんだ。
けどよ、この人は二代目で、最初の管理人が失踪してるんだよ。
いや、倉庫の中でってことは誰も考えなかった。
朝に勤務に出て、帰宅後に行方不明になったってことだろうとみな思ってた。
だって、倉庫にはその日の勤務日誌が残ってて、すべて外鍵がかかってたからね。
まあね、そいつがどうなったかってのはこれからの話に出てくる。
あんたらが信じるかどうかはわからねえけどよ。でな、その倉庫は
夜間は警備保障に頼んであるんだ。もちろん常駐じゃねえ。
それは金がかかりすぎるし、赤外センサーを入り口、荷降ろし口付近に
組んでもらって、あとは月数回の巡回。で、もし巡回やセンサーで
異常の感知があった場合、管理部長のところへ連絡が行く。

だけどよ、これがすごく多かったんだ。それも赤外線センサーの誤感知。
月に5、6回くらいあっただろう。そのたびに警備怪会社が駆けつけるんだが、
表面的な異常はなし、鍵はかかってるし物が荒らされた様子もない。
初代管理人の幽霊? いや、違うけど、まったくの間違いでもない。
おそらくこういうことに詳しいあんたらにも想像はできんよ。でな、警備会社の
ほうから、誤作動はネズミとかの小動物のせいだろうって話があった。
向こうは侵入者もいないのに走らされるのはうんざりだったんだろうが、
そうは言わず、大切な商品に害があっては困るでしょうから、ときた。
まあそれでな、とにかく実体を確かめようってことになった。食品はほとんど
輸入してないんで、ネズミがいるとは考えにくかったし、それでも、
もしいることがわかった場合は駆除会社に連絡して対処することにした。

そうそう、俺が担当になってネズミ捕りを仕掛けたんだよ。
昔ながらの網カゴのやつ。ああいうの見るのって俺は初めてだった。年寄りの
上司たちは、昔使ってたのとほとんど変わってねえって懐かしがってたけど。
うん、それを出入口と、荷降ろし口の近くに設置したんだ。
俺が行ってやったんだよ。まあ、社外のやつが立ち寄るとこじゃないから、
見られて困るということはない。普段は管理主任しかいないしね。
で、夕方に設置して、翌朝に見にいく。それを1週間続けたわけ。
最初の4日は何もかかってなかったんだ。だから、やっぱいないもんだと思ってた。
誤作動の原因は別だろうって。ところが、5日目の朝に管理主任から
電話があって、変なものがかかってるって言うんだ。で、見に行った。
したらネズミ捕りのカゴが、ビニールのゴミ袋でくるまれててね。

管理のじいさんがやったんだよ。「何だこれ」って聞いたら、
「こうしないと逃げ出してしまう」って。「小さな生きもんか」ってさらに尋ねたら、
「寒天みたいなもんだ」って言いやがった。わけわかんねえだろ。
んなわけねえだろって、じいさんは止めたけどビニールを剥いでみたんだよ。したら、
半透明のビニールの内側が粘り気のある液体で濡れてて、俺の手にもついた。
嫌な臭いがしたね。あと温かみも感じた。液体はボタッ、ボタッと床に垂れて・・・
信じるか? それが自然に一つにまとまっていったんだ。
俺の手についた分も、ごろっと玉みたいになってこぼれて。床に固まったのは、
黄色みがかって中に小さな気泡がいっぱい入った、大きさもまさに寒天だったよ。
しかもそいつは自力でぷるぷる揺れてたんだが、突然、
物凄い速い動きをして、荷物の箱の下に入って見えなくなったんだ。

ネズミ捕りの中には、蛾とか小さい甲虫とか、からからに乾いた
虫の死骸がたくさん残ってた。自分で見たもんが信じられなくて、
背筋がぞくぞくってしたよ。で、見たままを上司に報告したら、
「まあ嘘とは思わん。面白そうだから、泊まりがけで見てこいよ」って
言われたんだ。「特別の手当をつけるから」ってね。断れねえんだよ。
実はな、最初はボカすつもりでいたんだが、俺らの会社ってのは、
完全なカタギのとこじゃないわけ。だから上の命令は絶対なんだよ。
で、その夜。俺とじいさんが管理室に寝袋持って泊まり込んだ。
荷のために空調が入ってるんで暑い寒いってことはねえ。
相手が夜行性かもしれねえからって、上の照明は全部消し、
管理室の明かりだけつけて。あとは一人ずつ大型懐中電灯を持ってな。

ネズミ捕りのカゴは使わなかった。朝の様子じゃ効果ないと思ったから、
捕虫網の網を外して、そこに丈夫なビニールをくっつけたのを
わざわざ作ったんだ。餌は、昆虫が好きそうだったんで、ペット屋で買ってきた
カブトのメスを数匹、手足をもいで床に置いた。で、11時過ぎだな。
管理室からの明かりでうっすら見えるそのカブトのほうに、なんか近寄ってきた。
1Lのペットボトルを半分に切ったくらいの大きさで、ゆっくりゆっくり・・・
朝見たのと同じ薄黄色の半透明のゼリーだった。それが先のほうが
ビョーと伸びるようにしてカブトに被さって。それと同時に本体のほうも
カブトの真上に移動してな、中に取り込まれちまった。俺は学はねえんだけどよ。
中学のときの理科の実験で見たアメーバってのを思い出した微生物ってのか?
顕微鏡で見てたら、他の小さいやつをにゅーっと体の中に入れて・・・

寒天ゼリーがカブトを取り込んだところで、俺が懐中電灯と捕虫網を持って外に出た。
そいつがいる床面を照らし出したとたん、そいつは素早く縦に伸び、
その伸びた方向に逃げ出した。人が走るより速いように思ったが、
そのあたりの潜り込めそうなコンテナ類は片付けてあった。
やつが壁にあたって垂直に曲がった。俺は斜めに走ってやつの進路めがけ、
捕虫網を振り下ろした。後ろのほうをかすっただけで入らなかった。
やつはコンテナの置いてあるほうへ逃げ、
「ああ、隙間にもぐりこまれてしまう」と思ったんだが、そうじゃなかった。
コンテナの陰に大きなものがいたんだ。2m四方の寒天ゼリーを
想像してくれ。立方体より縦長で、大型冷蔵庫のような感じの。
それに懐中電灯を向けて、俺はこの仕事を受けたのを後悔した。

ゼリーはプルプル震えて光を反射し、はっきりとは見えなかったが、
確かにその中に人がいた。青い作業着はそのままで、顔は干からびてミ
イラになっていたが、行方不明になってる前の管理主任だと思った。
もちろん管理主任がまだ生きててゼリーを動かしてるわけじゃない。
中に取り込まれて水分を吸われて死んだ体が残って、突っ立ってるんだと思った。
さっきの小さなゼリーが、滑るよう親玉ゼリーにあたり、
平べったくなって張りつき一体化した。ゼリーは震えながら、ぬるりと形を崩した。
俺のいるほうに傾いて歪んだんだよ。命の危険を感じた。
俺は後ろを向いて走りだし、管理室に逃げろと声をかけた。
2代目管理人が転げるように出てきて、俺たちは必死で入り口まで全力疾走し、
ドアの外に出て鍵をかけた。警備保障のロックをするヒマはなかったよ。

携帯で上司に連絡し、さいわいまだ起きてたんで顛末を話した。そしたら、
こんなことを言われたんだよ。「やっぱそうか。ん、知ってたっていうかなあ。
 チリでそういう話は聞いたことがある。人喰いゼリーというか、人はめったに食わん。
 向こうは生態系が豊富だから、食いもんには困らんだろうし、
 わざわざ人を襲うことはない。ちょっと大きいワニが人食いワニって名づけられ、
 評判になるようなもんだろ。よくあるホラ話かと思ってたが、ホントにいるのか。
 世界は奥深く自然は神秘的だな。そいつ、捕獲できるんなら会社にとっても
 何かの役に立つんじゃねえか。テレビなんかが大々的に取り上げてくれるだろうよ」
ということで、明日の夜だよ。会社をあげて捕獲作戦をすることになった。
害虫駆除の業者も呼んでな。もちろん俺も行く。嫌だが行くしかない。不安で
ならねえよ。あれは人の太刀打ちできるもんじゃねえ。だから話しにきたんだ。






ある小学校講師の話

2020.10.26 (Mon)
アーカイブ458
※ これはクトゥルー神話のパロディというかギャグなので、
 真面目に読まれるとちょっと困ります。

6月の終わりのことです。病休の講師として、ある小学校に赴任したんです。
そのときのことをお話します。私は、小学校教諭の免許を持っていますが、
結婚を機に退職して、それからずっと主婦をやってたんです。
はい、夫が働かなくてもかまわないと言ってくれましたし、
夫は中学校の教諭なので、部活動を担当して帰りが遅いんです。それで
ずっと家で子育てをしてたんですけど、6月に市の教育委員家から電話がきまして、
「どうしても講師がいなくて困っている学校があるから、夏休みまでの1ヶ月で
 いいからお願いできないか」って言われたんです。
それで・・・断りきれなかったんです。というのは、
その電話をかけてきた教育委員会の先生が、前にある小学校で同職していて、
たいへんにお世話になった方だったからです。

私の子どもは2人とも中学生で、どちらも部活に入っていて帰りが遅く、
仕事をしても、私のほうが先に家に戻ってこられるうだろうと思っていました。あと、
教員免許は何かのときのために更新してあったんですが、ブランクが長かったので、
子どもたちの指導には不安はありました。ただ、子育てを経験しましたので、
そういう面では、若い頃よりも子どもたちの気持ちを理解できるかな、
とも感じていたんです。委員会で形だけの面接があって採用が決まり、
市の外れのほうにある小学校を訪れました。そこで、校長先生から、4年生の
クラス担任をしてほしいと言われました。はい、校長先生は退職まぎわとみえる
柔和な方で「無理を言って来てもらって申しわけない」ひじょうに恐縮されてました。
4年生は2クラス、私のクラスは2組、児童数28人で、もう一つのクラスの
男性の担任が学年主任も兼ねていたんです。ええ、その方ともお話しました。

私の前に担任されていた先生は、4月からそのクラスを受け持ったものの5月に病休、
それで臨時講師が来たんですが、その方も1ヶ月ほどで病休されてしまった
ということでした。これを聞いて、ちょっと嫌な気になりました。もしや学級崩壊
しているクラスかと思ったんです。でも、学年主任は、「どんな子どもたちか
 心配かもしれないけど、ものすごく大人しくて聞き分けのいいクラスです。
 この学校の6年生より手がかからないんじゃないかな。特にクラス委員をしてる
 川上さんって女の子、これがすごくしっかりした子で、男子も女子も、
 きちっとまとめてるんですよ」こんなふうにおっしゃったんです。
ですから、私の前に病休が重なったのはたまたまだと思ったんですが・・・翌日、
体育館で全校集会があって、私が校長先生に紹介され、その後に自分のクラスを
率いて退場したんです。子どもたちの印象は、とにかく整然としてるってことです。

列を乱したり私語をする子はおらず、行進のしかたもすごく立派でした。
ただ・・・そのとき、あまり立派すぎて軍隊みたいだなとも感じたんです。
列の先頭は体の小さな女の子で、髪を古風なお下げにした子でした。その子が
小さな声で「全員起立」などと声をかけると、クラス全員がイスを持って立ち上がり、
私の後についてきたんです。前日、クラスの顔写真を見ていたので、ああ、
この子が川上さんなんだなとわかりました。教室に戻って、私が自己紹介するのを、
子どもたちは気をつけの姿勢を崩さず、背筋を伸ばして聞いていました。
新しい担任で子どもたちも緊張しているのだろうと思いましたが、
それにしても、あまりに立派すぎるというか、こんな子どもたちは、
正直見たことがありませんでした。ええ、私が現職だったとき、
これほどのしつけはとてもできてはいなかったです。ですが・・・

3ヶ月の間で3人担任が変わったので、子どもたちの学習はやはり遅れていました。
ですので、さっそく授業に入りましたが、やはり初めての学校ですので、
教材備品がどこにあるかもわからず、とまどうことが多かったんです。でも、
私が困った顔をしていると、すぐに川上さんが私のところにやってきて、「先生、
 マグネットはこの引き出しです。地図は社会の準備室にあります」というふうに、
にこっと笑いながら教えてくれたんです。その日だけで、何度川上さんに「ありがとう」
を言ったか数え切れないくらいでした。数学、社会、音楽などがあったんですが、
子どもたちの授業態度もすごく立派でした。ただ、自分から積極的に手を挙げて
発表する子は少なかったです。「大人しくて手がかからない」主任の言ったとおり
だと思いました。給食が終わり、午後の1時間でその日の授業は終わりでした。
帰りの掃除を子どもたちといっしょにしましたが、

子どもたちの机の中やロッカーは一人残らず整理整頓されていました。それで、
後ろのロッカーの上、学級文庫の隣に、透明なプラスチックの飼育ケースがあるのに
気がつきました。中には土が敷いてあり、紫陽花の葉が何枚も重なっていました。
「これ何? 何か飼ってるの?」近くでほうきを使っている当番の子に聞きました。
そしたら、その子は困ったような顔をし、大きな声で「川上さ~ん!」って
呼んだんです。廊下掃除の担当だった川上さんがすぐに走って教室に入ってきて、
「先生、まだ報告してませんでした。それ、クラス全員で飼ってるカタツムリです。
 これからも飼ってもいいでしょうか?」って聞いてきたんです。
私は「ええ、かまわないですよ。生き物の観察は理科の勉強にもなるし」そう言うと、
川上さんは「わーい、よかったなお前たち!」と、それまで聞いたことがない
乱暴な調子で言い、プラケースを持ち上げて揺さぶったんです。

そのとき、紫陽花の葉がずれて、下から真っ黒なものが出てきたんです。
2匹いました。長さ10cmはあったと思います。大きな真っ黒い殻を背負った、体も
真っ黒なカタツムリでした。「え!」見た瞬間にぞくぞくっと背筋が寒くなりました。
「黒いカタツムリ!?」思わず声に出すと、川上さんは「ここらでは珍しくないんです」
と、いつもの調子に戻って答え、またプラケースに「よかったな○○、△△」と、
よく聞き取れない言葉で話しかけました。「今、なんて言ったの?」 
「右にいるのが○○。左が△△ 。この子たちの名前です」 「・・・変わった名前ね、
 何かからとってつけたの?」やはりはっきりとは聞き取れず、そう尋ねたら、
川上さんは微笑みながら「みんなでつけたんです。先生もおぼえてください」
「難しい名前で先生ちょっとおぼえられないかも。紙に書いてくれる」そしたら、
教卓から紙とマジックを取ってきて、「むんぐるい ふぐるうなふ」って書いたんです。

「今、右にいるツノの先がちょっと赤いのが むんぐるい です。それと、
 葉っぱの下に隠れちゃったけど、ツノの先が少し黄色いのが ふぐるうなふ 。
 先生おぼえてくださいね。この子たちもクラスの仲間なんですから」
掃除が終わって子どもたちは帰っていきました。私は教室内で採点などをし、
5時頃に職員室に戻りました。主任はすでに局員室に来られていて、
「どうでしたか、子どもたちの印象は?」と聞かれたので、「ええ、おっしゃられた
 ように、とってもいい子たちでした。川上さん、すごいしっかりした子で、
 きつい感じじゃないのに、他の子がみんな言うことを聞いてました」そう言うと、
「そうでしょう、あの子の両親はこの地域の氏神神社の宮司をしていて、
 子どもだけじゃなく、子どもたちの親のほうもみなお世話になっているんですよ。
 古くからある由緒ある神社で、ほとんどの家庭が氏子になってます」

「子どもたち、教室でカタツムリを飼ってましたけど、珍しいですね。真っ黒で
 見たこともない大きさでした」そしたら、「ああ、あれ、どうやら川上さんの
 家の神社の杜に住んでる珍しい種類のものなんだそうです。なんでも県の
 天然記念物になるかもしれないってことで、地元の大学が調査に来てるみたいで」
それから2週間があっという間に過ぎました。ええ、手のかかることや事件などは
なかったんですが、なかなか子どもたちとはなじめませんでした。だって、あんな
小学生はいないですよ。休み時間でも、走り回って遊ぶことも、大きな声を出す
こともなく、トイレに行く以外は席について、次の時間の教科書を読んでるん
ですから。そんな4年生はどこの学校にもいません。まったく子どもらしいところが
なかったんです。まあでも、もう講師の期間の半分が過ぎたし、
夏休みまであと2週間がんばろう、と思ってました。

カタツムリは、やはり気味が悪いので、なるべく見ないようにしていました。
カタツムリの世話は、放課後、川上さんが一人でやっていたんですが、あるとき
プラケースに、鶏卵を入れようとしてましたので、「あら、そんなの食べるの?」
って聞いてみました。すると川上さんは「えー、先生、カタツムリは紫陽花の葉っぱを
 食べるって思ってるんでしょ。違います。紫陽花の葉は毒があって食べられません。
 ただ、この子らが落ち着くから入れてるだけです。カタツムリって、カルシウムを
 食べないと殻がつくれないんですよ。だから雨上がりなんかに、塀のコンクリートが
 水に溶けたのを吸ってるんです。この子たちは特に食欲があるから、
 家で中身を吸い出した卵の殻をあげてるんです」そう、まくし立てるように言って、
プラケースを抱えて教卓にいる私に近づいてきました。被さっていた葉が落ちて、
15cm以上に成長したカタツムリの一匹が側面にへばりついているのが見えました。

「先生、この子はどっち? この子の名前は何?」川上さんが大声で聞き、
座っている私の目の前にプラケースをつきつけたので、思わずよけてしまいました。
「ああ、ごめんなさい。まだおぼえてないの。ちゃんとおぼえるから、元に戻して!」
すると川上さんの口調が変わり「お前もか!」そう吐き捨てると、
プラケースを教室の後ろに置いて、走って出ていってしまったんです。
・・・それからさらに2週間が過ぎ、明日は修了式、私はそこで退任のあいさつをして
任期は終わりです。夏休みの前でかなり暑くなってきていました。
給食の時間のことです。私は教卓で食べていたんですが、
班ごとに机をくっつけていた子どもたちが、突然、授業時のように並び直しました。
「え、みんな、どうしたの?」子どもたちは食器を前にしたまま背筋を伸ばし、
いっせいに 「いあ」と言いました。「え? え?」

前の席に座っていた川上さんが、ひときわ大きな声で「むんぐるい ふぐるうなふ」
子どもたち全員がそれに唱和しました。「むんぐるい ふぐるうなふ いあ いあ」
「むんぐるい ふぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん」
「いあ いあ」 「くとぅるう るるいえ ふたぐん」 「いあ いあ」
すると外が暗くなり、ザーッと土砂降りの雨が落ちてきたんです。
窓を閉めなきゃと、立ち上がろうとしましたが、体が動きませんでした。
教卓のイスに貼りついたようで、手も足も動かすことができなかったんです。
「むんぐるい ふぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん」
子どもたちの意味不明な呪文のような言葉はまだ続いていました。
川上さんが席から立ち上がり、後ろのプラケースを開け、
それから私のほうに近づいてきたんです。手には給食のスプーンを持ち、

その上に一匹の黒ナメクジがのっていました。殻がなくなり、スプーンから
体半分以上はみ出すほど成長していたんです。川上さんが私のそばに立って
言いました。「お前に最後のチャンスを与える。よく見ろ、そしてこれの名前を言え」
子どもとは思えない厳しい口調でした。「・・・わからない、おぼえてない」
川上さんはさも残念そうに「そうか、じゃあ飲め、これを飲めばいい」すると、
自然に私の口が開いたんです。川上さんはゆっくりと私の口に、スプーンごと
黒いナメクジを突っ込んできました。目を閉じることも声を出すのもできません。
目の前でナメクジが大きく体をくねらせ、ツノが口の中にふれるのがわかりました。
「むんぐるい ふぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん」 
「いあ いあ」 「いあ いあ」 前のほうの列しか見えませんでしたが、子どもたちの
口の中に黒いものが蠢いていました。私はそこで気を失ってしまったんです・・・

「先生、どうしましたか? 気分が悪いんですか?」あどけない声が聞こえ、
目を開けると川上さんがそばに立っていました。「いやぁ!」叫んで立ち上がり
ました。そこで教室を見回すと、子どもたちが机を給食の配列にしたまま、
黙々と食べているところでした。窓の外はカンカン照りの日差し。
「え? え?」 「先生、お疲れみたいですね。でも明日で学校終わりです」
川上さんが楽しそうな声でそう言い、自分の席に戻っていきました。
思わず自分の胃のあたりを押さえました。・・・今のは夢?
特に気分が悪いということもありませんでした。はい、翌日、修了式があり、
私は子どもたちにお別れをして花束をもらい、その学校での勤務を終えました。
学校から出るとき、クラスの中で川上さんだけが私のところに走ってきて、
「先生、ほんとうにほんとうにさようなら」一言残して去っていったんです・・・






アーカイブ 「怖い本」の話

2020.10.25 (Sun)
「読むと死ぬ本」――それは決してショッキングな本の比喩的呼称などではない。
文字通り、読んだだけであなたの心臓が物理的に止まってしまうかもしれない
恐ろしい本が現実に存在するのだ。デンマークの大学図書館に収蔵されている
恐怖の古書3冊について、科学メディア「Science Alert」が報じた。

先日、南デンマーク大学の図書館が保管する16~17世紀の極めて貴重な
書籍3冊について、ある興味深い発見がなされた。
なんと、その表紙に非常に高濃度のヒ素が含まれており、
取り扱いに気をつけなければ健康を害する恐れがあるという。
そう、これがまさに「読むと死ぬ本」である。
(Rakuten News)



今回はこのお題でいきたいと思います。これ、別に内容が怖いから、
あるいは呪いがかけられているから読めば死ぬということではなく、
本の表紙から、強い毒性を持つヒ素化合物が大量に検出されたということですね。
19世紀当時、緑色の顔料としてふつうに使われていたようです。

ヒ素を含んだ緑色の顔料は「パリ・グリーン」や「エメラルド・グリーン」の名で
広まっていて、顔料は印刷物だけではなく、ドレスや部屋の壁紙にまで
使われていたようです。ですから、長年の間に毒素が蓄積し、中毒症状を
起こして亡くなった人も、相当数にのぼったのではないかと思われます。

ヒ素からつくられたグリーン


ヒ素の毒性は、西洋でも日本でも古くから知られていました。
日本だと「石見銀山ねずみ捕り」の名前で、殺鼠剤として売られていましたし、
現代に起きた「ヒ素カレー事件」も記憶に新しいところです。
ヨーロッパでも、さまざまな毒殺事件に用いられ、歴史に影響を与えています。
さて、本項は毒の話ではなく、怖い本に関する内容です。

フィクションの中のものも含めて、あれこれ見ていきたいと思います。
まず、「人皮装丁本」。文字どおり、人間の皮を使って装丁された本です。
こんなのフィクションの中だけのものじゃないかと思われるかもしれませんが、
そうではなく、ヨーロッパでは17世紀にはその技術が確立し、
専門の装丁職人もいたんですね。

「人皮装丁本」


米マサチューセッツ州にあるハーバード大学の図書館で、1500万冊以上ある
蔵書について、表紙の材質が不明なものにDNA鑑定を行なったところ、
3冊の本の装丁に、99.9%の確率で、
人間の皮膚が用いられていることが判明したということです。

では、どんな場合にそれが作られたかというと、解剖された死体の皮膚で
作られた解剖学のテキスト、遺言によって作られ子孫に配られたもの、
有罪判決を受けた殺人者の皮膚を裁判記録の写しを綴じるためのもの、
などが現代にまで伝わっているようです。これもなかなか怖い話ですね。
自分ならこんな遺産はいりません。

あと、第二次世界大戦時に、ドイツナチスがユダヤ人の皮膚を用いて
さまざまな製品を作ったなどと言われていますが、これはデマのようです。
人間の皮で作ったとされるランプシェードが、戦後アメリカ軍の手で分析されましたが、
羊の皮だったことが判明しています。また、人間の脂肪で石鹸を作ったなんて
話もありますが、証拠はなく、やはりデマのようですね。

映画 『薔薇の名前』 禁書をめぐっての連続殺人


さて、怖い本の2番めは「魔導書」です。神秘的な魔術の実践法や、
召喚の呪文が書かれていて、それを手に入れると悪魔を呼び出すことができる・・・
じつは、この手の本はヨーロッパにはたくさんあります。
その多くが、中世や近世に作られたものです。

では、それらの本は本物なんでしょうか?ここは難しいところで、
すべての本について確かめるのは不可能ですが、多くはニセモノです。
何のためにニセモノが作られたのかというと、
これは王侯貴族の間で錬金術が信じられていた時代、
そういった人々を騙して売りつける目的のものが多いんですね。

「ヴォイニッチ手稿」


これらの本には共通点があって、そこに書かれている内容が、
簡単には実行できないものであることです。例えば、ある魔術薬を作るには、
絞首刑にされた罪人の手首、魚の涙、女のヒゲが必要だなどと
書かれていても、そんなものが簡単に手に入るはずがないですよね。

本の内容を実行しようと思ってもできないので、インチキがバレずに済むわけです。
あと、魔導書に中には古代言語などの解読しにくい文字で書かれたり、
まったく未知の言語で書かれてたりするものもあり、当ブログで前にご紹介した
『ヴォイニッチ手稿』などもその一つです。「ヴォイニッチ手稿」は、
600ドゥカートという高額で売却された記録が残っています。

「ネクロノミコン」 原典はアラビア語


それから、これはフィクションの話ですが、H・P・ラブクラフトが創造した、
「クトゥルー神話」の中の魔導書として、「ネクロノミコン」が有名ですよね。
狂える詩人アブドル・アルハズラットにより、730年にダマスカスにおいて書かれ、
英語に翻訳されても、それを手にした者にさまざまな怪異を引き起こします。

さて、怖い本の最後は「命を持った本」としましょう。
映画の『ハリー・ポッター』のシリーズには、「怪物的な怪物の本」というのが
出てきていて、たしか内容は「魔法生物学」のテキストだったはずです。
ガチガチ歯を鳴らして走り回る姿が印象的でした。

「怪物的な怪物の本」
ダウンロード

あと、本に化けた悪魔なんて話もありますね。その本には未来のことが
書かれてあり、金もうけができたり、災難から逃れられたりする。
そのかわり読むためには何か生贄を捧げなくてはならない。最初は
小さな犠牲から始まるが、やがては精神が本の悪魔に支配され、
ついには家族までを生贄にしてしまう・・・

さてさて、読書は楽しいですし、有益でもあります。ただしまあ、
何でもそうですが、あまりのめり込んでしまうと、怖いことが起きるかもしれない。
ヨーロッパのほうでは、本の収集家同士の殺人事件が起きたりも
しているんです。ということで、何事もほどほどに。では、今回はこのへんで。

関連記事 『ヴォイニッチ手稿って何?1』





がん難民と免疫療法

2020.10.25 (Sun)
iPS細胞から作り出した免疫細胞を、がんの患者に実際に
移植して安全性や効果を調べる治験を、理化学研究所と
千葉大学のグループが始めたことが分かりました。iPS細胞を
使ったがんの治療法で治験が始まるのは国内では初めてです。

これは、理化学研究所の古関明彦チームリーダーと、
千葉大学などのグループが、国の承認を目指した治験として
進めているもので、iPS細胞から作り出したNKT細胞と呼ばれる
免疫細胞をがんの患者に移植して、がんを攻撃する治療法です。

グループによりますと、今月14日、千葉大学医学部附属病院で、
舌や、のどなどにできる頭頸部部がんと呼ばれるがんの患者
1人に、iPS細胞から作り出したNKT細胞を移植したということです。

(NHK)

ccccccc (1)

今回は科学ニュースから、こういうお題でいきます。けっこう
込み入った話になると思うので、興味のない方はスルーされた
ほうがいいかもしれません。さて、どっから書いて
いきましょうかね。まず、がん難民のほうからにしましょう。

がん難民という言葉を聞くようになったのは2000年代の
初めころからでしょうか。もちろん正式な医学用語ではなく、
「全国各地のがんセンターや大学病院などの高機能病院で、
治療ができなくなったがん患者が、医師から見放されてしまい、
行き場をなくしてしまうこと」

だいたいこんな感じで使われます。体調不良などで病院を受診し
がんが発見される。その時点で原発巣から他の部位に転移が
あれば基本的に手術はできません。あるいは、手術を行っても、
不幸にして経過観察中に転移再発してしまう。

ccccccc (1)

その場合、再手術ができるケースは稀で、抗がん剤等による
治療になりますが、抗がん剤が効かない、効いていても
がん細胞に耐性ができてしまうなどから、現代医学では
これ以上の積極的治療法はもうありませんと言われる。
その後は緩和ケア中心の医療となるわけですね。

ですが、本人がベッドで寝たきりになっているならともかく、
普通に歩いて食事もとれるのに、これ以上の治療はないと
言われても納得できないですよね。そこで、玉突き状に
さまざまな医療機関を受診し、クリニックでやっている
自由診療や代替療法などに手を出す。これががん難民です。

胃がん手術の権威なのに最後まで自分のがんを告知してもらえない財前教授
ccccccc (2)

さて、自分はがん難民が発生する理由は大きく3つあると
考えています。一つは、がん告知が本人に対して行われるように
なったこと。山崎豊子氏の長編小説『白い巨塔』はお読みになった
方も多いでしょう。ドラマの中では、がん治療の権威である
医師に対しても告知は行われず、最後まで隠されようとしました。

告知が本人になければ、がん難民化も当然ないわけです。
2つ目は、標準治療が整備されたこと。標準治療とは、国立がん研の
ホームページでは「科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる
最良の治療であり、ある状態の一般的な患者さんに行われることが
推奨される治療」となっています。それが終わってしまうと、

アメリカの病院附属の教会
ccccccc (7)

あとは根拠の不確かな治療だけが残ります。じゃあ、標準治療が
できる前はどうだったかというと、それぞれの医師による独自の
治療が最後まで行われる場合が多かったんです。その治療の多くは
気休め程度で、がんに対し著効はしなかったでしょうが、少なくとも、
患者は医師や病院に見放されたという気にはなりません。

3つ目は、厳しい内容になりますが、日本人の死生観の問題。
日本人は無宗教の人が多く、死んだら無になって終わりと考えて
いる場合が多いんですね。来世に期待するとか、神の国に行く
といった考え方は一般的ではない。ですから、なんとしても
今ある生にしがみつこうとして難民化するわけです。

さて、引用ニュースの話に戻って、がんの免疫的治療は、これまで
さまざまな国の機関でひっちゃきに研究されてきています。
抗がん剤は基本的に毒です。ですから、がん細胞を叩くと同時に
正常細胞も痛めつけてしまい、激しい副作用が起きる。
これが がん治療の本道であるはずはないですよね。

iPS細胞細胞による再生医療の可能性
ccccccc (5)

しかし、どれだけ研究しても、免疫的治療ははかばかしい結果が
得られなかったんです。その理由はおわかりだと思います。
がん細胞と言っても、本人の細胞から変異したもので、ほとんどの
特徴は正常細胞と変わりなく、免疫細胞が認識して攻撃できない。
ですから、多くの研究機関で免疫的治療を見限ってしまいました。

実際、人間の免疫機構は複雑系の最たるもので、現状は、全容が
100だとすれば、そのうちの3か4くらいしかわかっていないと
言っていいと思います。例えば、自己免疫性疾患であるアトピーや
花粉症に対して、現代医学はお手上げの状態で、

対処療法しかありません。理解が不十分なことをもとに治療法を
構築しても、まさに絵に描いた餅で、うまくいくはずがないですよね。
現在クリニック等で行われている樹状細胞やNK細胞を用いた治療で、
がんが治癒することはありません。

NKT細胞の抗腫瘍効果
ccccccc (4)

ですが、がん難民はそれにすがって、自由診療の高い治療費を
払い続けたあげく亡くなってしまうケースが問題視されています。
さて、引用ニュースの治療で新しいのは、まずNKT(ナチュラルキラーT)
細胞を用いること。NKT細胞はリンパ球の一つで、他の免疫細胞を
活性化することにより、長期にわたり抗腫瘍効果を発揮する

「長期免疫記憶」を誘導する中心的な働きをします。ですが、
NKT細胞はきわめて数が少なく、人の血液中に0・01%程度しか存在
しません。次に画期的なのは、本人のNKT細胞を培養して増やすのではなく、
健康な第三者のNKT細胞をもとにiPS細胞から作り出したものを
移植するという点。これは培養コスト面でも大きな期待がかかります。

ccccccc (3)

iPS細胞を使用することで、大量に安定したNKT細胞が安価に確保
できるでしょうが、第三者由来なので不安もあります。
千葉大によると、10月14日、1人目の患者に最初の移植を実施。
経過を慎重に確認し、2回目以降の移植を実施する。

治験の対象は、手術や抗がん剤の投与など標準治療を受けた後の
患者4~18人。治験期間は2年間で、副作用などの安全性や効果を
確かめるということです。さてさて、まだまだ時間はかかるでしょうが、
iPS細胞による初めてのがん治療なわけですから、
続報を期待したいと思います。では、今回はこのへんで。

ccccccc (6)




アーカイブ 断食道場の話

2020.10.24 (Sat)
※ クトゥルー神話です。

壇と申します、よろしくお願いします。さっそく話を始めさせて
いただきます。あれは3年前のことです。当時、私はある会社に
勤めてまして。この話とは直接関係はないので、会社名はふせさせて
いただきます。それで、私は受付業務だったんですけど、
計画年次というのがあったんです。ふだんなかなか年次休暇を
取ることができない職種なので、会社のほうで強制的に休みを
割りふるんです。1日ずつではなく、最長で連続5日間でした。
でも、当時は彼氏もいませんでしたし、私は出不精な性格で、
旅行なんかもあんまり好きじゃなかったんです。ですから、休みの間ずっと
自分の部屋でごろごろしていて、外食ばっかりで太っちゃったりして。
はい、今は痩せてますけど、その頃はかなりぽっちゃりしていて・・・

それで、そのときの年休に入る前に、私と期間が重なっている他の課の
同僚から「ねえ、今度の休み、何か予定ある?」って聞かれて、
「特には・・・」って答えました。そしたら、「私、まとまった休みの
 ときには断食道場に通ってるの。そういうの興味ない?」って。
その同僚、Uとしておきますが、すごくスリムな体型だったんです。
「えー、あなた、断食なんて必要あるの?」そしたら「ダイエットのため
 じゃないのよ、あ、最初はそういう動機もあったけど、今は、
 断食をすることで、社会生活でたまった悪いものを出すっていうか、
 とにかく、そこに行った後は体がすっきりして、何に対しても
 すごくやる気が出てくるの」 「へー、どんなことをするの?」
「ヨーガとか、あと作務とか、食事もまったく食べないってわけじゃないのよ」

これを聞いて、がぜん興味がわいたんです。Uの話では、その道場は
富士山の近くにあり、かなり立派な施設だけど表立った宣伝はしていない。
営利ではないので、体験者からの紹介しか受けつけていない。
参加費用は実費で1日1000円ってことでした。「安い」と言うと、
「でしょう、そこ、すごく景色がきれいだし、立派な檜の大浴場もあるのよ」
Uが紹介してくれると言ったので、3泊4日で参加してみることにしたんです。
休みに入った日の午後、Uとある駅前で待ち合わせをして、その道場の
送迎バスに乗りました。参加者は全部女性で、若い人が多かったですが、
40代くらいに見える人もちらほらいました。それで、その人たちみんな、
お化粧はしてないのに、すごく肌がつやつやしてきれいに感じました。
太ってる人は誰もいなかったです。参加者の中で私が一番体重が重かったかも。

バスの中で話す人はあまりいませんでした。初体験の人はおらず、
みなリピーターだとUは言ってましたね。2時間ほどかけて、林の中にある
施設に着きました。平屋建てでしたが、かなり広い立派な建物で、
杉の木でつくられてるみたいでした。すごく近いところに富士山が見えました。
更衣室で持ってきたトレーニングウェアに着替え、床にラバーを張った
広い部屋に通されました。体育館の半分くらいもあったでしょうか。
「ここでヨーガや瞑想をやるのよ」とUが言いました。
施設のスタッフはすべて女性で、どの人もすごく体が引きしまってました。
小声でそのことを言うと、「みんな夜中、山に登ってトレーニングしてるみたい、
 あと、女子ボクシングやってる先生もいる」こんな話でした。
「男の人はいないの?」 「工藤先生だけね、あとでお話があるから」

その日はハードなメニューはありませんでした。まず最初にヨーガ、
他の人たちは慣れてましたが、私は初めてだったので、先生が2人ついて、
いろいろ教えてくださり、背中を押したり足を引っぱったりしてくださいました。
みなさん、相撲の人みたいに足を180度開いて座ることができだんですが、
私は痛くてダメでした。先生方は無理はさせなかったです。
最後に「九頭のポーズ」というのがあり、これはある姿勢で静止するのではなく、
大きく足を開いた中腰で、手と足を複雑に八方に動かす奇妙なものでした。
「タコ踊り」という言葉が頭に浮かんだんですが、みんな真剣にやっていたので、
少し恥ずかしかったですけど、見よう見まねで私もやったんです。
それで2時間くらい。終わると、奥の部屋から工藤先生が出てこられました。
先生は長身ですごく痩せていて、中国風の白い上下を身に着けてました。

年齢はよくわからなかったです。というのは、髪は短髪でしたが、
顔中が髭だらけだったからです。髭の奥に見える目はランランと輝いていました。
髭は白髪がなかったので、おそらく40代の前半くらいなんだと思います。
私たちは足を組んだポーズで、1時間ほど工藤先生の話をお聞きしました。
内容は正直、よく理解できませんでした。言葉の中には「太古の鼓動、
 宇宙根源恐怖、卑小なる奉仕、再生的終末」そんなのが入っていて、
何か予言のようなものかもしれないと考えたんです。それから、汗をかいたので、
みなでお風呂に入ったんです。浴室は温泉なみの広さで、聞いていたとおり
檜の湯船でした。お湯の色は白く、Uに「これ、温泉?」って聞いたら、
「ボイラーで沸かしてるみたい。でも、お水自体は山から引いているの。
 明日、その場所に登る予定だから」そういう答えが返ってきました。

その後少し休憩時間があり、6時ころでしょうか、みなが食堂(じきどう)に
集まりました。断食と言っても、朝夕の食事が出たんです。
粥とスープで、量はふつうでした。みな、食事が出ると一心に食べ始め、
先を争うようにおかわりしました。はい、スープのおかわりは自由だったんです。
Uも山盛りにスープを持ってきたので、「それで断食になるの?」って聞いたら、
「お粥は200カロリーくらい、スープにはカロリーはなく、とればとるほど
 逆にカロリーを消費する」ということでした。たしかに、それだと
1日400カロリーにしかなりませんよね。私は、スープの味になじめず、
残してしまいました。卵スープのような味つけでしたが、かすかにハーブの
ようなえぐ味があり、飲めなかったんです。私が残したのを見て、Uは、
「私も最初そうだった、でも、これが終わる頃には慣れてもっと欲しくなるはず」って。

その後、各自マットと毛布を渡されてヨーガの広間で雑魚寝しました。
消灯は9時でした。そんな早い時間に眠れるかと思うでしょうが、
明かりを消すと誰も話す人はおらず、慣れない運動をしたせいもあって、
すぐに寝てしまったんです。広間の一方の横は全面がサッシ窓で、外での闇では
風がサワサワと鳴っていました。翌朝、早くに起こされました。
5時前でしたね。6月なので外はもう明るく、Uは「参拝登山だよ」と言いました。
富士山に登るのではなく、施設の裏にあるそれほど高くない山です。
頂上までは行かず、中腹にあるお堂にみなでお参りするということでした。
工藤先生が先導し、みなで2列縦隊で登っていきました。石段がついてましたが、
傾斜はかなりきつく、汗だくになって息があがりました。でも、Uも他の人も
平然とした様子で。1時間半ほどで目的の場所に着きました。

そこは切り立った岩が重なっていて、巨大な一枚岩の中ほどがえぐれており、
注連縄が張られ、中に石彫の像のようなものが見えました。3階建ての
ビルほどの高さがあるのではっきりしませんでしたが、その青黒い色の像は、
頭が大きく手足が複数あり、ヨーガでやった九頭のポーズをしてるように見えたんです。
「蛸薬師様」とUが言いました。その大岩の前は草の生えた平らなスペースになっていて、
私たちはそこに座り、工藤先生がなにやら祝詞のようなものを長々と唱えられました。
それからみなが平伏して、その像を何度も拝するんです。像のあるくぼみの
数m下の岩の穴から、水がすごい勢いで噴き出していて、
それを引いて浴場で使っているということでした。・・・そんな感じで2日間が
過ぎました。私は、どうしてもスープの味になじめず、2日目の夕食のとき、
トイレに駆け込んで吐いてしまったんです。それを見ていた先生方の

視線は厳しいものでしたが、何も言われませんでしたね。断食の効果はありました。
3泊4日が終わると、お腹のまわりがだいぶ引きしまった感じがし、
体重計に乗ると6kgも減っていたんです。でも、その道場のリピーターには
なりませんでした。私にはあまりにハードすぎたせいもありますが、
3日目の夜、嫌なものを見てしまったからです。その夜もやはり雑魚寝でした。
私はすぐに寝入ったんですが、夜中、何時ころかわかりませんが、
寒くて目を覚ましたんです。山に近いとはいえ6月だったのに、
部屋中がすごく冷えていました。毛布を引っぱり上げてアゴまでかぶったとき、
高い天井に何かが浮いてるのが見えたんです。さしわたし3mほどの
透明に近いものでした。天井の小さなオレンジの明かりが、そのものの
体を通して透けて見えたんです。そのものは・・・

あえて言えば、殻を外した牡蠣のようで、両側に何十本もの触手がありました。
それが目に入ったとたん、体が動かなくなったんです。
そのものは、うねうねと触手を動かしながらゆっくりと移動し、
端に寝ている一人に触手を伸ばしたんです。一人数秒ほどでしたが、
次々に触手が降ろされ、それに触られた人は寝たままうめき声を上げました。
ああ、もうすぐ私のところにくる、そう思ったとき、
私から何人か手前の人の体に触手が触れると、そのもの全体が青く光ったんです。
クラゲのようにも見えました。そのものは触手をすべて引っ込め、
体が天井全体に広がったり、またボールくらいの大きさまで縮んだりして、
苦しんでいるように見えました。そして、奥の部屋の閉じたドアに吸い込まれる
ようにして消えたんです。私の体はまだ動かず、いつの間にか眠ってしまいました。

翌朝、騒がしいので目が覚めました。みなはもう起きていて、あちこちに
かたまって何か話していました。Uの姿が見えませんでした。
探していると、10分ほどで戻ってきたので、何が起きたのか聞きました。
そしたら「工藤先生が急死された」って言ったんです。
それで、その回の断食は中止になり、私たちは予定を早く切り上げて
街に戻りました。バスには、前の夜、あの触手のものが触っておかしくなった
人の姿が見あたらなかったんです。バスから降りて解散してからUにそのことを言うと、
しばらく下を向いていましたが、「あの人、乳癌の治療中で、道場にすべておまかせ
 してればよかったのに、こっそりと禁じられてた抗癌剤をやったみたい」って。
はい、さきほど話したように、体重は5kg以上減り、リバウンドすることも
ありませんでした。体の調子もよく、仕事への意欲も増したように思います。

その後も、Uには断食道場に誘われたんですが、断りました。
あんな気味の悪いものを見てしまっては、もう無理ですよね。
Uの話では、すぐに工藤先生の後任の方が来られて、前と変わらず活動している
ようでした。Uはまとまった休みがあるたびに参加していたみたいです。
それから2年たち、私は結婚が決まって寿退社することになりました。
子どもの頃からあこがれだった主婦になることができて、うれしかったです。
あの断食道場がきっかけで痩せたおかげもあると思います。
当時からは体重は10kg以上減ってるんです。あと、Uのことですが、
私が退社する直前、卵巣癌が見つかったんです。入院治療するということで
休職しましたが、その後連絡がつかなくなりました。たぶんですけど、あの
断食道場にいるんだと思います。病気がよくなってるかどうかはわかりません・・・

名称未設定 2




蠱毒の話

2020.10.24 (Sat)
あ、じゃあ話してくけど、これな、今から30年以上前のことだからな。
もしかしたら記憶違いとかあるかもしれない。ただ、人が2人
死んでるのは間違いのないことだよ。俺は森田っていって、
今、仕事は板金工場に勤めてる。で、俺が中2のときだった。
当時は、暴走族ってのがまだあったが、警察の取り締まりが
厳しくなって、都会の有名どころが解散したって話がぼちぼち
聞こえてきてた。けど、俺が住んでたのは地方都市だったから、
まだ そこまでではなかったな。族の名前は〇〇って言った。
もちろん、俺は中学生だったから正式なメンバーじゃねえ。
予備軍みたいなもんだな。中学を卒業したら免許取ってバイクを買う。
そしたらメンバーに加えてもらえることになる。

いやいや、高校に行く気はなかったっていうか、いっつも授業の
じゃまばかりして、一つも聞いてなかったから。
成績は下の下だったし、内申なんて☓ばっかだったろ。
知ってる先輩が何人か土木作業員になってて、俺もそこへ行く
つもりだったのよ。親はどうせバイク買う金なんて出してくれないから。
うーんまあ、今にして思えば、高校くらい出ておけばよかったのかも
しれないが、その場の勢いだな。けど、20歳過ぎてから心を入れ替え、
運転とか機械関係の資格をいろいろ取ったんだ。
あ、すまん、本題に入る。俺と同じ2年で、栄村ってやつがいて、
俺と2人で学年を締めてたんだよ。ずっと突っ張って先公には
反抗し続けてたし、空き家に集まってタバコを吸い、ボヤ出したりもした。

でな、3年のグループのトップが横沢ってやつだった。同じガッコで、
同じ暴走族の息がかかってるわけだから、俺らは頭が上がらねえ。
学校の中ではなかったが、外ではよく殴られたし、使い走りも
させられた。ただまあ、そういうもんだと思ってたのよ。
横沢が卒業していけば俺らの天下になるから。それにな、族に入れば、
ヤキは日常茶飯事だから。あんたら知ってるかな。「集金」ってのが
あったんだよ。族の〇〇さんの彼女が妊娠した、で、子どもを堕ろすから
いつまでにいくら金を集めてこいって司令が横沢のとこにくる。
それ以外にも、バイクで事故ったってのもあった。要は口実だよ。
で、それが俺らに降りてくるわけだ。で、俺らは先公にチクリそうも
ないやつらから、一人100円ずつ集める。

筋者の上納金みたいなもんだった。そうやって2年も終わりかけ、
いよいよ横沢らが卒業するってとき、栄村が大ケガをしたんだ。
どういう事情か、俺はその場にいなくてはっきりわからないが、
横沢に鉄パイプで膝の脇を叩かれたんだよ。病院に行ったら、
筋が何本も切れてるって話で、骨と違って手術もできねえ。
それから半年くらいは跛ひいてたな。で、栄村が俺と2人のときに
「横沢許せねえ」って言い出した。けどよ、もう卒業してるし、
どうにもならないと思ったんだよ。したら栄村は「けどな、
 俺ら卒業したら族に入るだろ。そうすれば横沢がいて、
 またやられることになる。今のうちにケリつけちまおうぜ」って。
それは確かにそうなんだが、ケリつけるたって、

まさか横沢を2人で襲うわけにはいかない。そりゃ2人がかりなら
勝てるが、まさか殺すわけにはいかんし、俺らがやったって必ずバレて
袋叩きになる。だから、「ガマンするしかねえぞ」って言ったんだが、
栄村は「呪い殺す」って言い出した。最初それ聞いたときは
ふき出したよ。いくら俺が頭悪くったって、この世に呪いなんてものは
ねえと思ってた。けど栄村は真剣な顔で、「雑誌で見たんだよ。
 蠱毒って知ってるか」俺が首をふると、「虫だよ。虫をたくさん集める。
 トンボとかじゃなく、毒があったり、針で刺したりするやつだ。
 それを一つのビンとかに入れると戦って共食いするだろ。
 で、最後まで残ったやつを使って横沢を呪う」これ聞いてもなあ、
やはりそんなにうまくいくとは思えなかった。

ビンに入れてフタした段階で全部死んじゃうんじゃねえかって。
それと「そこまではわかったが、生き残ったやつをどう使うんだよ」
そしたら栄村は黙ってしまい、どうやらよくわかってないようだった。
けどな、話そのものは面白そうだったから、その週の土日をかけて
虫を集めることにした。ちょうど夏場でな、蛾なんかはたくさんいた。
土曜の夜に俺が虫を集め、日曜の午前、虫かごに入れて栄村と合流した。
そしたらだよ、栄村のやつ、スズメバチの生きたのをつかまえて
きてたんだよ。俺はびっくりして、「よく刺されなかったな」って言った。
それから、2人で近場の山に行って、でかいムカデとかをさらに集めたんだ。
最終的には虫はかなりの数になったが、もう死んでしまったのも
けっこうあったな。それらを、栄村が持ってきた、

ほら、駄菓子が入ってるガラス瓶があるだろ。あれに入れたんだ。
もちろん酸欠で死なないよう、金属のフタには釘でいくつも穴が開けてあった。
でな、林の奥の腐葉土に、ビンの口がぎりぎり外に出るようにして埋めた。
それから、栄村はポケットからテイッシュを二つ折りしたのを出し、
「それ何だよ」と聞くと、「横沢の髪の毛だ」って。「よくそんなの
 取ってこれたな」 「前から仕返ししてやろうと考えてたから、
 やつのバイクのヘルメットから取った」で、それをフタの穴から
中に落とし込んだのよ。さらに栄村は、フタの上でパンパンと手を叩き、
呪文みたいなのを唱えたんだよ。「今の何だ? どうやって覚えた」
「雑誌についてたんだよ」 「へえ、後で俺にも教えてくれよ」
「ああ」こんな感じでその場は終わり、1週間後に見に来ることになった。

で、その1週間後の日曜だよ。時間はけっこう朝早かったはず。
栄村とビンを見に行った。俺も興味があったな、本当に一番強いやつ
一匹だけが生き残ってるのか。ビンを掘り出そうとして、
少しガラス面が見えて、俺らは息を飲んだよ。あの青い色のついた
ガラスが真っ黒になってたんだ。俺が栄村に、「お前、あの後で何か
 したんか」と聞くと、やつはふるふると首を振って「いや、なんも」
と答えた。ビンを上に持ち上げ、太陽の光に透かしてもみたが、
底まで真っ黒でやはり何も見えない。栄村がゆっくりとフタを回し、
外したとき、中から真っ黒い虫が飛び出してきた。蜂? 蛾?
よくわからなかったな。黒い煙みたいな感じ。それが栄村の後ろ首を
かすめて林の奥へ飛んで行ったんだよ。

栄村が手で首を押さえたんで、「刺されたんか」と聞いたが、
「いや、ちょっと触っただけだ。痛くもないがぞくぞくした」って。
でな、土の上にビンの中のものを開けると、俺らが入れた
虫の死骸が出てきた。どれもカサカサに乾いていて、
生きて動くものはなかった。あと、ビンの黒色はいつの間にか
消えてたな。俺らは、ビンを藪の斜面に投げ込んで帰った。
呪いが成就したかどうかは、そんときはわからなかったが、
ちょうど1週間後の日曜、横沢が死んだんだよ。
族でヤキを入れられて脳出血を起こしたんだ。さすがに警察も
放ってはおけず、大々的な手入れが入って何人も逮捕者を出し、
族は解散になったんだよ。まあなあ、俺としては、

目標がなくなったみたいで、すげえ気落ちしたよ。族に入ろうと
思ってたからこそ、高校にも行かないつもりだったんだし。
そうなるとただの落ちこぼれだろ。その後、栄村と会ったが、
やつも、目論見どおり横沢が死んだのに浮かない顔だった。
俺と同じような気分だったんだろうと思う。まさか族の
解散にまでつながるとはな。それから、11月ころだな。
中学校で進路の三者面談があった。俺が就職すると言うと、
親は何も言わなかった。もうあきらめてたんだろう。だが、栄村の
とこは違ってた。三者面談を戻ってから、高校に行け、行かないで
父親とケンカになり、殴られたのがもとで死んだんだよ。やはり
脳出血だった。・・・あの頃は、穴2つなんてことは知らなかったが。

キャプチャ





アーカイブ タコの話

2020.10.24 (Sat)
我々日本人は日頃からタコを食すことから、あまり気にならないかもしれないが、
よくよくタコを見てみると、その姿は異様としか言いようがない。
火星人がタコ型にイメージされたり、クトゥルフ神話に登場する異形の神が
タコをモチーフに描かれていたり、特に欧米でタコが地球外的生命体、

あるいは超自然的存在としてイメージされることが多いのも頷ける。
2015年8月に学術誌「ネイチャー」上で発表された研究では、
タコの遺伝情報が極めて複雑だということが分かり、研究者は、
「タコはまるでエイリアンのようだ」と、驚嘆の声をあげていた。

生物学的に見てもタコほど奇妙な生物は存在しないのだ。そして今回、
英紙「Daily Mail」によると、全世界33人の研究者らによる共同研究により、
やはりタコの祖先は地球外から飛来した可能性が高いことが
明らかになったという。
(tocana)

今回は科学ニュースからの話題ですが、お読みになってわかるように、
かなり眉唾な内容ですね。「タコは宇宙から来た」これがありえると仮定して、
その過程は3つくらい考えられるでしょうか。
① タコの卵が隕石などにくっついて地球に飛来した。
② 宇宙線がタコの遺伝子に傷をつけ、進化の方向を変えさせた。
③ 宇宙から飛来したウイルスがタコの遺伝子を変化させた。

①は全然ムリですよね。隕石は落ちてくるときに、地球大気との
摩擦で高温になるので、タコの卵が無事ですむはずはないでしょう。
もし無事だったとしても、孵化した限られた数のタコが、
地球環境に適応して繁殖できるとは思えないです。

②は、たしかに、宇宙線は常時地球に降り注いでいるので、
生物の進化の歴史に何らかの影響を与えてきた可能性があります。
でもそれは、タコだけの話じゃないと思うんですね。
この3つの仮説の中では、一番可能性があるのは③でしょうが、
これにしても、積極的な証拠はまったくありません。

さて、タコは軟体動物で、頭足類と呼ばれます。貝類にひじょうに近い
仲間で、オウムガイなどが、貝殻を捨てる形で進化したと考えられています。
下図を見ていただければわかりますが、オウムガイはオウムのような
クチバシを持っていて、これはタコにも受け継がれています。

オウムガイ


では、なぜこういう話が出てくるのか。初期のSFでは、
タコ型の宇宙人は定番でした。H・G・ウエルズの『宇宙戦争』で出てくる
宇宙人のイメージもタコ型です。大きな頭には大容量の脳が詰まっていて、
一度にいろいろな操作ができるよう、たくさんの触手がある・・・
こんな理屈で考えられたんでしょう。

『宇宙戦争』挿絵


それ以外にも、タコの外見や生態が人間とかけ離れているということが
大きんだろうと思います。日本人は昔からタコを食べますが、
他の国では食べないところが多く、「悪魔の魚」などと言われました。
クトゥルー神話の神、クトゥルーもタコのイメージが大きく反映されていますし、
海にはクラーケンという大ダコ型の怪物がいると信じられました。

大いなるクトゥルー


実際、タコの体は、人間はもちろん、その他の海の生物とは大きく違っていて、
3つの心臓と、9つの脳があるなどと言われます。頭にある主となる脳は、
クルミ大の小さなものですが、その他に、足の一本一本に、
脳に近い神経のかたまりがあるみたいなんですね。
また、タコはいろいろな特殊能力を持っています。

まず、体表の色を変えることができますし、ミミックオクトパスと呼ばれる種類は、
ウミヘビやヒトデ、カレイなどに姿を変えることができます。
あと、タコ類は毒を持っていて、そのほとんどは人間に害のないものですが、
ヒョウモンダコと呼ばれる種類には、致死性の毒があります。
スミを吐いて、姿をくらませることもできますよね。

カレイに擬態するミミックオクトパス


さて、10年ほど前に、予言をするタコ「パウル」という話題がありました。
ご記憶にあるでしょうか。これは、ドイツ・オーバーハウゼンの
水族館シー・ライフで飼育されていたマダコで、
2つ用意されたエサ箱のうちのどちらに入るかで、サッカードイツ代表の
勝敗を高確率で的中させたとされます。

予言するタコ「パウル」
ダウンロード

まあ、これは水族館の話題づくりでしょうが、タコの中には、貝殻などの道具を
使うものが知られていて、けっこう知能が高いのではないかと考える人もいます。
ちなみに、パウルは2年9ヶ月で老衰死していますが、タコやイカの寿命は、
かなり短いんです。その分、短期間で大きくなります。

さて、日本では、タコは昔から食べられていたようで、
弥生時代のタコツボ型土器というのが、瀬戸内海地方を中心に出土しています。
これを使って、主にイイダコを採り、食用にしていたようです。
現代でも、明石のタコと言えば有名ですよね。

タコツボ型土器


また、江戸時代には、タコの浮世絵が知られています。
下図は、『富嶽三十六景』で有名な日本を代表する絵師、葛飾北斎のものです。
基本的には春画なんでしょうが、江戸の浮世絵師は、
こういう洒落っ気のある画題が大好きでした。

葛飾北斎


最後に、日本のオカルト界の草分け的存在である西丸震哉氏が、
『動物紳士録』という著書で、「タコは夜中に海から上がってきて、
畑の大根を引き抜く」という話を書いていて、
オカルト好きの間で、ちょっとした話題になりました。

まあ、ホラ話が好きな人なので、これもその類かと思われてたんですが、
タコは数十分なら海から上がって行動でき、岩の上でカニをつかまえたり
しますし、白い球根などでイイダコが釣れるという話もあり、
そういうことが、絶対にありえないとも言えない気はします。

さてさて、ということで、タコについて見てきました。
自分は食材としてのタコは大好きです。刺身でも美味しいですし、
イイダコを炊いたのも酒の肴にはいいですよね。人間が食べるために、
神様がお創りになったんじゃないでしょうか。では、今回はこのへんで。

美しいが、危険な毒を持つヒョウモンダコ






ゴールドラッシュとビール暗号

2020.10.23 (Fri)
キャプチャfffffhg
金を探索する人々

今回はこういうお題でいきます。世界史にも関係していますが、
やっぱりオカルト論かな。さて、「ゴールドラッシュ」とは、
「新しく金が発見された地へ、金脈を探し当てて一攫千金を
狙う採掘者が殺到すること」ですね。

1848年を中心に。アメリカ合衆国カリフォルニア州で
起きたカリフォルニア・ゴールドラッシュが最も有名ですが、
それ以外の時期にも起きていますし、アメリカだけのことではなく、
カナダ、ブラジル、オーストラリアなどでも起きました。
で、多くの場合、実際に金鉱が発見されています。

アメリカ開拓時代の建物
キャプチャffffg

これが世界に与えた影響としては、お金(通貨)が増えたことです。
1816年、イギリスが世界に先駆けて、金本位制を導入しました。
これは、自国の通貨と金を一定比率で交換することを国が
保証する制度です。国はいつでも金との交換に応じられるよう、
発行した通貨と同額の金を中央銀行に保管しておく必要があります。

この制度は通貨の信用が高まるため、すぐに世界中に広がりました。
そうすると、ゴールドラッシュで世界の金の保有量が増えれば、
それだけ通貨量も増やすことができますよね。そして投機が増え、
経済が活性化します。この金本位制は、第一次世界大戦が始まる
1914年まで約100年間続きました。

カリフォルニアのゴールドラッシュ


また、アメリカの場合、ゴールドラッシュは映画の西部劇の
時代と重なってるんですね。上記の1848年に始まった
アメリカのゴールドラッシュは、カリフォルニアのサッターズミルで、
ジェームズ・ウィルソン・マーシャルという人物が金塊を
発見したことから始まります。

その噂はすぐに広まり、アメリカ全土や海外から、およそ30万人
もの人々がカリフォルニアに集まることになります。しかし、
個人での金採掘量はたかが知れてますよね。やがて採鉱は
会社組織が行うようになり、ゴールドラッシュに群がった人で、
財産を手にして帰ることができたのは、ほんの一握りでした。

ビール暗号事件の起きた地
キャプチャgggg

と、こういうことを書いているとそれだけで終わってしまいます。
ゴールドラッシュにも興味深いオカルトがいくつかあるんですが、
本題である「ビール暗号 Beale cipher」のほうに入って
いきたいと思います。ビール(Beale)は、綴りをみれば
わかるように、お酒のビールではなく人名です。

1820年、アメリカ、ヴァージニア州リンチバーグの
ワシントン・ホテルに、トーマス・J・ビールと名のる男が現れ、
宿泊しました。ホテルのオーナーであったロバート・モリスは、
ビールの様子を「黒く日焼けした肌を持つ美男子」と評しています。
ビールは2ヶ月ほどホテルに滞在して去りました。

3枚のビール暗号 クリックで拡大できます
名称未設定 1

次にビールがホテルに現れたのが1822年。この時ビールは
「重要な文書が収められている」という鉄の箱をモリスに預けます。
モリスはこれを金庫に保管したが、後日、ビールから箱について
説明する手紙が届き、以下のような内容でした。
・箱には巨額の財産に関する重要書類が収められている。

・ビールの仲間が一人も戻らない場合、この手紙の日から10年間
箱を保管し、その間に、ビールないしビールに委任された人物が
箱の返却を求めない場合、錠前を破壊して箱を開けてほしい。
・箱の中にはモリス宛の手紙と暗号化された文書が入っているが、
文書は手がかりになるものがなければ解読できない。手がかりは
ビールが友人に預けてあり、1832年6月以降に送られてくる。

「ビール文書 The Beale Papers」と呼ばれる小冊子
キャプチャtt

なんとも謎めいた話ですよね。で、結局、ビールたちは2度と
戻らず、また暗号解読の手がかりになるという手紙も送られては
きませんでした。モリスは約束どおり箱を10年間保管し、
壊して開けてみると、3枚の暗号化された文書と、モリス宛の
手紙が入っていたんです。

それによれば、1818年、メキシコ領サンタフェから北に向かって
バッファロー狩りを行っていたビール一行は、サンタフェの北
250マイルほどにある渓谷に野営をしたとき、地面に埋もれていた
金を発見。ただちに採掘を行い、1年半 掘り続けて、大量の金と
さらに発見した銀を手にし、リンチバーグで財宝を隠した。

『アメリカ独立宣言書』


これを読んだモリスは、財宝を探し出そうと暗号解読を試みましたが、
何十年たっても手がかり一つつかめず、1862年、84歳になった
モリスは自分の死を予感し、一人の人物に秘密を打ち明けます。
この人物の身元は不明ですが、1885年「ビール文書 The Beale
Papers」と呼ばれる小冊子を発行し、世間に話が広まりました。

それによると、ビールの隠した財宝は推定6500万ドル、日本円だと
70億円近くになります。小冊子の発行者は、3枚の暗号文のうち
2枚めだけを解読しましたが、それ以外は解けておらず、あまりに
謎解きに没頭したため、経済的に困窮し、家族を苦しめるだけでした。



そこで、自分は匿名のまま、地元の名士を代理人として小冊子を発行、
謎の解明を世間の手にゆだねることにしたんです。暗号文は3枚ともが
数字の羅列で、解読された2枚めは一種の書籍暗号。キーとなる書籍
(文章)がないと解けません。2枚めは『アメリカ独立宣言書』を用いて
復号することができました。最後に、復元された文書を載せておきますね。

さてさて、この後、多くの人が謎解きに挑戦し、その中には、
有名なトレジャーハンターや国際諜報機関の暗号担当者もいたんですが、
すべて失敗しています。また埋められたとされる宝についても、暗号に
関係なく手あたりしだいに発掘されたものの、いまだに見つからないまま
現在に至るんです、みなさんはどう思われますでしょうか。

解読された2枚めの暗号の日本語訳 クリックで拡大できます
キャプチャffff





アーカイブ 怪談本の話

2020.10.23 (Fri)
高校3年です。今、冬休み中なんですよ。
でね、やることがなくって本ばっかり読んでたんです。え、勉強ですか?
ぜんぜんやってないです。もう就職が決まってるんですよ。
いや、外に遊びに行くにしても寒いし、お金かかるし。
みなさんと趣味が同じなんです。怪談が好きなんですよ。
自分の場合は人から聞くんじゃなくて、怪談本を読むんですけど。
今、実話怪談って毎月出てますよね。ああいうやつです。
ただ、新刊は買えないです、高くて。
バイトはしてますけど、自動車学校の教習料を溜めてるんで・・・
だから古本屋の世話になってます。自分が住んでるとこはわりに
古本や多いんです。大型のチェーン店も、個人でやってる小さいとこも。

それでこの間、チャリでバイトから変える途中、一軒見つけたんです。
時間は7時過ぎでしてたが、明かりがついてたんで入ってみました。
古い本の臭いがしましたよ。自分はこれが好きなんです。店主の姿が
見あたらなかったんで、一回りしてみました。専門書が多かったんですが、100円
コーナーもありました。痛んだ本や売れそうもないのを一冊100円にしてる棚。
そこで昔の怪談の文庫本を見つけたんです、聞いたことのない出版社の。
短編集で、今と違って作者名がないんですよ。「○○編集部編」ってなってました。
これってなんかワクワクするじゃないですか。脚色がたっぷり入った
お話じゃなく、もしかしたらホントの実話があるんじゃないかって。
でね、3冊そろってたのを買ったんです。カウンターで
台の上の呼び鈴を押したら、かなりの年のジイさんが出てきました。

本を出すと、「3冊300円だけど、見つけたのがスゴイから100円にまけてあげる」
こう言われたんです。何がスゴイのかはわからなかったんですが、
ラッキーと思いました。でね、ジイさんはさらに「これおまけ」と言って、
紙でできた細長い紙をくれたんです。房がついてましたから栞なんでしょうね。
厚い和紙に梵字って言うんですか、あれが書かれてました。手書きだと思いました。
ジイさんは、「もしどの話かわかったら、それ挟んで持ってきて。高く買い取るから」
こう続けました。そのときは意味がわからなかったです。
ただね、怪談本もかなり溜まってきてましたから、
後でまとめて持ってくれば、別の本と交換とかしてもらえるかも、と思いました。
家に帰って晩飯を済ませ、部屋でおもむろに読み始めました。・・・昔のこういう
怪談の本って、今のと違ってなんか洗練された感じがないんですよね。

文章もガシガシした感じだし、誤植も多いし・・・でも、そこが好きなんです。いかにも
短時間で仕上げた聞き書き、取材メモをそのまま起こしたのを読んでる感じがして。
怪談って、「ああよくできた話だなあ」と感心するものはそんなに怖くないんです。
途中でわけわからなくなったり、理由がつかめなかったりするほうが、
読み終わった後に怖くなるっていうか。ああ、すみません。自分の話でしたね。
で、ベッドに寝転がって読んでると、いきなり部屋の戸がノックされました。
出てみると母親がいて、「お友達来てるのかい」って聞いたんです。
「いや、いないよ」と答えると、母親はドアを小さく開けて部屋の中を見回して、
「そうだねえ、じゃあ気のせいかしら」こう言いました。
「なんでそう思ったんだよ」ってこっちが聞くと、
「声がしたんだよ。下まで聞こえてきた。女の子・・・女の人の声」

これが始まりだったんです。そんときは単に外の声が聞こえただけだろうと
思ってましたが。本は1冊目を読み終わって2冊目に入りました。
午前中遅く起きて、読んでたらバイトの時間になったんで、
着替えてチャリを車庫から出したんです。そのとき、背筋がぞくぞくする
感じがして、ふっと上を見上げたんですよ。自分の部屋の窓です。
そしたら窓が真っ赤に染まってるように見えました。で、その後ろにだれかいる。
「うわっ」と目をそらして、もう一度おそるおそる見上げると、
窓は普通にもどってました。・・・まあこのときも、何かの光があたってたんだろう、
と考えるようにしましたよ。実際にそんな怖いことがあるわけないって。でね、バイト
帰りにあの古本屋にもう一度寄ろうと思ったら見つけられなかったんですよ。まあ
これも、そこの駅前通は横道が多くてごちゃごちゃしてるんで、間違えたんだろうと。

晩飯を食ってまた部屋で本を読み始めました。3時間ほどで2冊目を
読み終わり、3冊目に入ったときは12時過ぎてました。
そのシリーズは1冊に15くらいの話が入ってるんですが、3冊目は
「警察官が語る怖い話」という副題で、前2冊にまして現実感があったんです。
一人で読んでて、だんだんに怖さが迫ってくる感じってのが、怪談本の
醍醐味ですよね。寒くなってきたので、ストーブの温度設定を上げました。
で、確か5つ目の話を途中まで読んだときです。
急に目の前が真っ赤になったんですよ。というか部屋中が真っ赤。
何と説明したらわかりやすいですかねねえ、ゼリーがありますでしょ。
お菓子の赤いゼリー、あの中に自分が閉じ込められたみたいで、
空気自体もねっとりしてたんです。

そのねとねとが自分を上から押してる感じがして、天井を見ると足が
生えてたんです。女の人の足で、スリッパを履いてましたが、その底が
あたりよりも濃い赤い色で・・・ゆっくり、ゆっくり女の人が降りてきました。
体には寝間着のようなのを着ていましたよ。大きなアジサイみたいな柄が
ついた。自分が呆然としてる間に、女の人はもう腰のあたりまで降りてきて、
そのときに顔を見てしまったらマズイ。そうわかったんです。
ああいうことって、一瞬で自分の運命を理解できるんみたいですよね。
このままだとどっかに連れてかれるか、死んでしまうか・・・
大声を出したんですが、トンネルの中で叫んだような感じで反響して、
下の親がいる部屋には聞こえてないだろうと思いました。
そのとき、あの古本屋のジイさんが言ってたことを思い出したんです。

「もしどの話かわかったら、それ挟んで持ってきて」今読んでる話だと思いました。
もらった栞は1冊目に挟んだままになってたので、本棚に行って抜き取りました。
さっき言ったように、ゼリーとかスライムの中にいるみたいで動きも
にぶかったんです。読んでた途中の3冊目のページに栞を挟みこんで
閉じたときには、女の人は顎のところまで降りてきてました。
部屋は元のとおりに戻りましたよ。スイッチを切ったみたいに一瞬でした。
怖かったので、部屋を出て漫画喫茶に行って朝まで過ごしました。
でね、翌日、3冊の本を持って古本屋を探したんです。
なんなく見つかりました。やはり前のときは通りが違ってたみたいです。
で、ジイさんがカウンターにいましたので、本を出すと、
3冊目を手にとって、栞のヒモを引っぱりました。

「その本、開けちゃダメです」こう言ったんですが、
ジイさんは「うん、うん、わかってる」という調子でうなずいて、手金庫から
1万円カウンターに出したんですよ。ええ、もちろんいただきました。ジイサンが
「本は怖かったかい?」と聞いてきたんで、「ええ、とても」と答えました。
まあこんあ体験なんです。3冊目の部屋が赤くなったときの話ですか?
・・・ここまでしゃべったように、途中までしか読んでないんですが、
警察シリーズの中の一話で、ある鑑識の係の人が殺人現場の写真を
現像してると、どういうわけか赤くプリントされてしまうみたいな出だしで・・・
あ、もしかしたら部屋が赤くなったことと関係があるんでしょうか。
あのときはあせってて気がつかなかったですけど。
その話知ってるって?そうですか、そうなんでしょうね。
みなさん専門家でしょうから。で、続きはどうなるんですか?






ジオエンジニアリングて何?

2020.10.22 (Thu)
「水爆の父」として知られるエドワード・テラーからマイクロソフト
共同創業者のビル・ゲイツまで、この数十年で数々の発明家たちが、
ハリケーンの上陸を食い止めるための破天荒なアイデアを発表してきた。

テラーは核兵器を爆発させてハリケーンのコースを変えようと
提案したことがあり、ゲイツはポンプで温かい水を海底に送って
冷たい水を上に送るシステムの特許を取得している。だが、
どちらの案もあまり人々の支持は得られなかった。
(WIRED)

ddd (5)
ハリケーンの目 台風にそっくりです

今回は科学ニュースから、こういうお題でいきます。ふむふむ、
ハリケーンの発生を科学の力で食い止めようとする話ですね。
この手のアイデアは、じつはかなり昔からあります。
1901年(明治34年)、新世紀を記念して「報知新聞」が
20項目の未来予測を紙面で発表しました。

その中の一つに、「台風を1か月前に予測して大砲で破壊できる」
というものがあります。台風の予測はできるようになりましたが、
食い止めるのは現時点では不可能。明治時代の大砲が
現代の核爆発にあたるんでしょうね。

空気とともに水も持ち上がる
キャプチャffff

さて、ここでハリケーンと台風の違いはご存知でしょうか。
じつは「サイクロン」 「ハリケーン」 「台風 タイフーン」は
どれも同じ熱帯性低気圧のことで、発生する地域によって呼び名が
違うんです。あと、強さの基準も異なっています。

ハリケーンは、大西洋北部、大西洋南部 、太平洋北東部、
太平洋北中部で発生する熱帯性低気圧の総称で、最大風速が
64ノット(約33メートル/秒)以上のものと定義されています。
ちなみに台風は最大風速34ノット(約17メートル/秒)以上なので、
単純に考えれば、ハリケーンのほうが倍も強力なことになります。

ノルウエーのエアによりフィヨルドを凍結させないシステム
ddd (2)

上記引用のニュースはノルウエーからで、海中で大規模な空気の泡を
発生させて、ターゲットにした層の海水を上昇させる。熱帯魚飼育で
エアポンプ式のろ過器がありますが、あの大規模なものと考えれば
いいでしょう。これまでノルウエーでは、この方法で海中の温かい水を
持ち上げ、フィヨルドの湾が凍結するのを防いできた実績があります。

ハリケーンの場合は、温かい海水面から出る水蒸気が原因となって
上昇気流をつくり発生します。ですから、上記の例とは逆に、
空気の力で海中の冷たい水の層を上に持ち上げ、発生できないように
するということのようです。でもこれ、そんなに上手くいきますかねえ。

国連ロビーでトランプ大統領を見つけ、表情が変わる環境活動家のグレタさん
キャプチャggg

ノルウエーの考えは、長さ約500mの金属製のチューブを
ターゲットとなる海水層の位置に沈め、水面に浮かんだ船から
コンプレッサーでチューブ内に空気を送る。チューブから噴き出た泡は
水面に向けて上昇しながら、深いところにある海水を上方に押し上げ、
海面付近の真水と混ぜ合わせて温度を下げる。うーん。

ハリケーンを発生させないためには、湾内というせまい面積
だけでなく、かなり広い海域でこれを実施しなくてはならず、
技術的な困難もあり、また莫大な費用もかかるでしょう。さて、
このように気候や大気や海などの地球システムを、大規模かつ人為的に
操作することを「ジオエンジニアリング geoengineering」と言います。

台風の構造 ハリケーンも基本は同じです
ddd (6)

「気象工学」と訳されますね。「geo」は「地球・土地」を意味する
接頭語で、「地理学 geography、地質学 geology」などに使われます。
では、ジオエンジニアリングって本当に実現できるものなんでしょうか。
現在、地球温暖化が大きな問題となっていますよね。これを、
二酸化炭素の排出量削減以外の方法で緩和できないか?

そこで、大きく2つのジオエンジニアリングが考えられています。
1つめは、二酸化炭素の回収。つまり、二酸化炭素を大気から取り
のぞくことで、さまざまな方法が提案されています。ただ、
これも問題があるんですよね。大気から二酸化炭素を分離回収
するまではいいとして、それを、どこにどうやって保存するのか。

藻類が二酸化炭素を酸素に変えるシステム(スペイン)
ddd (7)

世界中に巨大施設が必要になってきます。そこで考えられているのが、
回収された二酸化炭素を利用する藻やバクテリアによって
酸素や他の物質に変える。あるいは南極の氷の中に封じ込める。
うーん、もしそれができるならいいことずくめのようですが・・・
もう一つの方法は、二酸化炭素に関係なく、

強制的に地球を冷やそうとするもので、具体的には、
宇宙空間に衛星を使って多数の鏡を起き、太陽光を反射させる。
あるいは、成層圏に微小粒子を撒き、それに太陽光を反射させる。
地球では昔から、大規模な火山の噴火があると、それに続いて
寒冷化が起きています。火山灰で太陽光が阻害されるためです。

火山の大規模噴火の後は寒冷化がくる
ddd (8)

これを人為的に行う・・・ ですが、「副作用が、対処しようとして
いる災害と同じくらいひどくなる可能性がある」という意見も
根強いんですね。やってみたら、問題が解決しないだけでなく、
もっと酷いことが起きてしまった。
自分は、それも十分考えられると思います。

気象学などの学問は、数式が通用しにくい複雑系です。     
「北京で蝶が羽ばたけば、ニューヨークで嵐が起きる」という
例えがあるように、あまりにも考慮しなければならないファクターが
多すぎ、スパコンでも計算が成り立たないんですね。
ですから、予想外の惨事を引き起こすかもしれません。

ddd (1)

これについて、自分の考えは、科学技術による気象制御は当分
無理だろうというものです。もちろんドライアイスなどを上空に
散布して、せまい地域に雨を降らせるなどは現在でも
行われていますが、地球温暖化を食い止めるまでのことは
難しいでしょうねえ。

さてさて、世界の神話では、太陽神や風の神、嵐の神などがいて、
自然現象は神が司るものとされてきました。人間の力で
それを制御しようとすると、天罰がくだるんじゃないかという
気もします。では、今回はこのへんで。





小4の遠足の話

2020.10.21 (Wed)
こんばんは。学習教材の会社に勤務してる三田といいます。
よろしくお願いします。今から話すのは、私が小学校4年生の
ときの遠足でのできごとなんです。小4といえば10歳前ですよね。
その頃って、現実と空想の境目があいまいだし、なにぶん
ずっと以前のことですから、記憶が改変されてしまって
いるのかもしれません。まず最初に、そのことをお断りしておきます。
ただですね、この話、後日談もあるんですよ。
ですから、ここのみなさんに、どういうことだったのかを
解釈してもらえたらと思いまして。・・・私が通ってたのは
ごく普通の公立小学校です。毎年、秋に遠足がありました。
1~3年のときは歩いていける近場。4年生がバスで2時間ほどの

フラワーパークに日帰り。5年生は市の自然の家に一泊。
6年はもちろん2泊の修学旅行です。どこもそんなもんですよね。
で、その4年生のときです。じつは、あんまり遠足には
行きたくなかったんです。まず一つは、乗り物のある遊園地とかなら
ともかく、行き先がフラワーパークですからね。
子どもが植物を見たって、あんまり面白くないですよね。
もう一つの理由は、バス酔いをしたことです。それまで、何度かしか
バスには乗ったことがなかったんですが、必ず酔って吐きました。
これね、子どもにとっては致命的ですよ。ゲロ男みたいな
あだ名がついたりして。私はクラスでいじめられているという
ことはなかったんですが、友だちが多い人気者ってわけでも

なかったので。でも、そのあたりのことは両親も承知してて、
遠足の前の日の午後、近所のクリニックに行って、酔止めの薬を
処方してもらったんです。病院の先生は、かなり強力な薬なので
事前にこれ飲んどけばまず大丈夫だろうって。でね、遠足の当日です。
学校に集合して、9時半にクラスごとにバスに乗りました。
遠足の事前準備として、学級でレクリエーション係が選ばれて、
その子たちがみんなでバスの中で歌う歌を決めたり、クイズを
やったりして、少しは気持ち悪くなったけど、吐くほどでは
なかったんです。私としては、薬が効いてよかったくらいに
思ってました。パークに着いたのが12時前で、食堂などは利用せず、
広場を借りて家から持ってきた弁当を食べたんです。

そのときには、気分の悪さはなくなっていました。それから芝生の
上でできるレクをやって、1時間ほどパーク内を見学して
それで終わりです。あとはバスで帰るだけ。フラワーパーク内は
広かったです。屋外には林と花壇があって、それとガラス張りの温室。
サボテンなんかの熱帯の植物がありました。見学はグループでは
なかったので、私は一番仲がよかった鈴木という子と回ってたんです。
温室内はけっこう面白かったです。見たこともない、不思議な形の
植物ばかりで。で、一番奥まで行ったとき、鈴木が「あ、あれ!」って、
植物の一つを指差したんです。「なんか人が立ってるみたいに見えね?」
それは特に奇妙な形をしてて、高さは1mくらい。直径3cmくらいの
幹が何本ももつれ合ってて、全体として人が立ってるようでした。

葉はなくて、そのかわり全体に、黄緑に薄いピンクが入った、
やわらかそうな突起がたくさん出てました。でね、それの名前札が
「ミタゲルム」になってて。いや、記憶違いじゃないと思うんですが。
鈴木が「これお前なんじゃね」って言いだしましたから。
ほら、私の名字が三田でしょう。「何言ってる、違うよ」
私はそう言って、その突起の一つにさわったんです。もちろん事前に
先生から、植物にさわってはいけませんと厳重に言われてたんですが、
鈴木の言ったことに腹を立ててたのかもしれません。
親指と人差指で突起をつまむと、ぷにという感触でしたが、
すぐに強い痛みを感じたんです。突起の中に棘が隠されてたんです。
「あ、痛て!」そこで意識が途切れたと思います。

こっからの話はすごくあいまいなんです。ふと気がつくと、
体がまったく動きませんでした。かといって倒れたりしてるわけじゃない。
立ってる感覚があるんです。目は霞がかかったようで、ぼんやりとしか
見えませんでした。でね、私の前を人が何人も通り過ぎていく。
私のクラスの子もいれば、他のクラスの子も。で、こんな声が
聞こえてきたんです。「これ、変わってるね。人が立ってるみたい」
「ミタゲルム・・・そう言えば、クラスの三田くんに似てるかも」
おわかりですよね。自分がその植物になってしまったみたいなんです。
でも、どうにもなりませんでした。前がぼんやり見えるだけで、
ピクリとも動けないし、声も出ない。・・・あの棘に刺されたせい
だろうかと考えてると、またふーっと意識が遠くなっていって。

ここからはますます変な話になります。白い台に寝てました。
今度は、全身がすごくだるいんだけど、まったく動けないわけじゃなくて、
自分の手を顔の上にもってったら、ちゃんと人間の手でした。
そのままぼうっとしてると、人が入ってきたんです。見ると、
白い看護婦さんの服を来てて・・・ 看護婦さんは私のほうにかがんで
何かを言ったんですが、意味はわかりませんでした。
でね、その顔が、日本人に見えなかったんです。色が真っ白で、
鼻が高く、帽子から出てる髪は金髪だったと思います。それと目が・・・
緑の瞳をしてて、私に顔を近づけたときよく見えたんですが、瞳の真ん中、
虹彩っていうんですか、それが金色で、猫の目みたいに縦に長くなってて。
その看護婦さん、ずっと私の顔をのぞき込んでたと思います。

どのくらい時間がたったか。またすーっと意識が途切れて。
次、気がついたときは、横にいたのは担任の先生だったんです。
気分がよくなってたので半身を起こし、「先生、ここどこですか?」
と聞いたら、「パークの救護室だよ」と言われました。「さっきの
 看護婦さんは?」とさらに尋ねると、先生は変な顔をして首をふり、
「ここに看護婦さんはいないよ」って。鈴木といっしょに施設内を
回ってたとき 私が急に倒れ、パークの人が救護室に運んだ。
どこにも傷はないし、鈴木の話では頭も打ったりはしてないという
ことだが、家の人に連絡して迎えに来てもらうことになった。
もうすぐ到着するから、病院に連れてってもらえ。こんな話を
されたんです。他の生徒はもうバスで帰ってるみたいでした。

これでだいたい話は終わりです。その日は平日だったんですが、
パートに出てた母親が連絡を受け、早引けして車で迎えに来て
くれたんです。そのまま大きな病院を受診したんですが、
検査ではどこにも異常はなかったんです。倒れたのが温室でしたから、
熱気にあたったんじゃないかって話になりました。
で、家に戻り、夕食はあんまり食べられませんでした。それから
自分の部屋にいると、吐き気が強くなってトイレで吐いたんです。
便器には、胃液とともに、あの植物、ミタゲルムの突起が何十個も
出てきたんですよ。怖くなってすぐに流しちゃいましたけど。
それでね、ミタゲルムなんですが、当時、植物図鑑を見ても、
今、ネットで調べても、そういう植物ってないんですよ。

名前が変わったってわけじゃないだろうし。それと、いろんな画像を
見ても、あれに似たものもなかったんです。それ以後は特に
おかしなこともなかったので、だんだんにフラワーパークでのできごとは
忘れていったんですが、ちょうど1年後、もうすぐ5年生の宿泊研修が
あるあたりに、私の名前で郵便が来たんです。父親が「お前にだぞ」
って渡してよこしたんですが、封筒で、差出先はあのフラワーパーク
でした。中には手紙などはなく、小さなビニール袋に入った
種のようなもの。それで、あの一連のできごとを思い出し、怖くなって
その種はトイレに捨てたんです。翌年からは送られてきませんでしたね。
まあ、こんな話なんですが、あの看護婦さんはいったい・・・
あの種、もし植えてたら、ミタゲルムが生えてきたんでしょうか。

キャプチャ




ハロウィンあれこれ

2020.10.21 (Wed)
アーカイブ454

sthr (3)
渋谷のハロウイン祭り

昨日、ハロウインケーキをご紹介したので、引き続いて、今回は
このテーマでいきたいと思います。ただ、ハロウインの起源については
いろんなブログで紹介されていますので、後半のほうでは
映画の話も少ししてみたいと考えてます。

さて、まず「Halloween」の字義から。これは「All Hallows even」を
縮めたものですね。「even」はクリスマスイブのイブと同じで、
前夜祭という意味。つまり「諸聖人の日の前夜祭」ということです。
「諸聖人の日」はキリスト教カトリックで定められている祝祭日で、
「万聖節」とも訳されます。

11月1日がその日なので、10月31日は前夜祭となるわけです。
ちなみに、アメリカに多いプロテスタントでは、聖人という
概念を認めてないので、これは祝いません。ただ、プロテスタントでは、
ドイツのマルチン・ルターが1517年の10月31日、
カトリック教会の免罪符(贖宥状)その他に抗議し、

論題を城門に打ちつけるマルチン・ルター
sthr (4)

論題を突きつけた日ということで、「宗教改革記念日」となっています。
これがハロウインと重なってるのは偶然であると説明される
ことが多いんですが、そう思えない節もあるんですよね。
このあたりは、もう少し掘り下げて調べてみる必要がありそうです。

さて、ハロウインはもともと古代ケルト民族、ドルイド教の「サウィン祭」
であったというのは、最近よくあちこちに書かれています。
ただ、ドルイドの文献はほとんどないため、実体がよくわかりません。
研究によれば、ドルイド教では、霊魂の不滅と輪廻転生を信じ、
人間の生贄を捧げていたとみられています。

古代のドルイド教の儀式
sthr (5)

「サウィン祭」の内容は、・その年の収穫に感謝する収穫祭
・現世と冥界の垣根が取り払われ、死者が訪ねてくる日、日本のお盆
みたいなものです。・長く暗い冬の始まりを前にハメを外して
お祭り騒ぎする日、の3つくらいの意味が重なっていたと思われます。
ですから、この日に騒ぐのも、あながち間違いでもないかもしれません。

キリスト教が広まっても、この「サウィン祭」は民衆の間で祝われて
いました。初期のキリスト教は教会の数も少なく、ヨーロッパの辺境部に
浸透していくまで時間がかかったんですね。そこで、7世紀ころになって、
カトリック教会が、「すべての聖人と殉教者を記念する日」として
民衆の祭りを取り込んだ。こう説明されることが多いですね。

ドルイドの遺跡ともされるストーン・ヘンジ
sthr (6)

ドルイドの影響を近代にも残していたイギリスやアイルランドでは、
「サウィン祭」も原型に近い形で行われており、そこから新大陸に
移住した者たちが、この風習をアメリカに持ち込んだわけです。
ですが、子どもたちが仮装して家々を回り、お菓子をくれなければ
イタズラするという「Trick or treat」が始まったのはごく最近、

1940年代以降だと思われます。それまでは、子どもがイタズラを
してもよい日ですが、お菓子をもらえるということはありませんでした。
このハロウインのイタズラは、代表的なものに家の門を盗む
などがあるんですが、だんだんに過激化していき、
窓を割ったり、家に火をつけたりなどの事件が起きたりしたんです。

トリック・オア・トリート
sthr (1)

そのため学校では、子どもにひどいイタズラをしないよう注意を
出したりしてるんですね。この慣習に目をつけたのがアメリカの
お菓子その他の業界。1950年代にはキャッチフレーズとして
「Trick or treat」の言葉がつくられ、映画やテレビで広まって
いきました。仮装することも含めて、わりと新しいものなんです。

さて、ハロウインを題材にした映画だと、1978年の『ハロウイン』
が最も有名で、シリーズ化されています。第一作の監督は
ジョン・カーペンター。ただこれ、たしかに映像の迫力はありますが、
ここまでウケるほどのものなのか、自分はよくわかりませんでした。

ジャック・オー・ランタン イギリスではカブだったのがアメリカでカボチャに変化
sthr (2)

筋は、先天的に善悪を判別できない少年が、6歳で姉を殺して長期間、
精神病院に入る。成長した少年は精神病院を脱走し、ブギーマンの
仮面をつけ、かつての家族を殺そうと近づいていきます。
あくまでねらいは自分の血縁者で、その他の殺人は、いわば巻き添え
なんですが数が多い。だいたい1作で13人前後が死にます。

ブギーマンはまったくしゃべらないので、なぜ血縁者を執拗に
つけねらうかの理由はわかりません。ブギーマンは銃で撃たれても死なず、
おそらく不死身なんですが、その原因も不明。殺し方もスプラッタという
ほど派手なものではありません。これは、ブギーマンが残虐を好んで
いるわけではなく、ただ殺すことだけが目的だからです。

sthr (7)

ということで、自分にはピンとこない映画で、なぜアメリカでこれほど
ウケるのか理解できないんですが、何か向こうの人の恐怖の琴線に
訴えかけるものがあるんでしょうね。もう一つホラーの最新作をご紹介すると、
最近アメリカで公開された、『スケアリー・ストーリーズ・トゥ・テル・イン・
ザ・ダーク』一言でいうと、本格ホラーではなく子ども向け作品ですね。

幽霊屋敷、勝手にページが増える怪談の本、動くかかし、顔面の皮膚に
卵を産むクモ、自分の体をバラバラにして操ることができる怪物、
タイムスリップなど、子どもが好きそうな怪奇ギミックが、これでもかと
詰め込まれています。ですが、詰め込みすぎて映画のテンポが早すぎ、
じっくり恐怖を味わってる時間がなかったです。

ストーリーも収拾がつかなくなって、前半で怪物に襲われて行方不明に
なった子ども2人を、主人公たちが探しに行くというところで終わっています。
まあ、最初から続編が予定されているのかもしれませんが。
家族向けとしてはよいかと思います。では、今回はこのへんで。

『スケアリー・ストーリーズ・トゥ・テル・イン・ザ・ダーク』(邦題未定)
sthr (1)





アーカイブ わからない話

2020.10.21 (Wed)
今回は、自分が取材した話です。自分が怖い話をブログに書いていることは
知ってる人も多く、特に、いったんお休みしたブログを再開してからは、
「こんな体験をした、こんな話を聞いた」と教えてくれる人が増えてきました。
これはありがたいことですが、怪異が起きた理由なんかを聞かれても、
自分は霊能者でもないし、わからないんですよねえ。

帽子
ある重工業会社に勤めるSさんから聞いた話です。
彼が所属している工場は巨大で、製品ごとにいくつもの生産ラインがあり、
たくさんの人が部署に分かれて働いています。これは10年ほど前、
Sさんが工業用の大型換気扇をつくるラインで班長をしていたときの話。
そこでは、毎朝、体操をしてから作業を始める内規があり、
そのときに服装の点検もしていました。上から物が落ちてくるようなことは
まずありえないんですが、原則、全員がヘルメット着用だったそうです。
で、体操を始めると、班員のFさんという人が頭に変なものをかぶっている。
カーリーヘアのかつら、それもリアルなかつらじゃなく、
テレビのバラエティで芸人がつけるような、
黒い毛糸でできたモジャモジャ頭のやつです。

Sさんは体操の号令を中断して、Fさんに、
「お前、何かぶってるんだよ。ふざけてるのか」と注意しました。
するとFさんはけげんな顔で「いや、何って、ヘルメットですよ」
「へ?」と思ってもう一度見直すと、黄色い会社のヘルメット。
「あれ、おっかしいなあ」と思いましたが、Fさんは真面目な人柄だし、
まさか手品をするわけもないし、自分の見間違いだと考えたそうです。
それから作業が始まって、特に問題もなく進んでいきました。
で、Sさんが自分の仕事が一段落して工場内を見渡すと、Fさんの頭が黒い。
朝に見たと思った毛糸のかつらをかぶってる。「そんなはずは」と、
2,3歩近づいていくと、やはりかつらではなくてヘルメット。
Sさんは首をかしげましたが、午前中にもう一度同じことがあったそうです。

昼休みになり、食事は社員食堂でとる人がほとんどでした。
Sさんが食堂に入ると、先に出たFさんが定食を食べようとしてたので、
同じテーブルに座り、ずっと気になってた黒いかつらの話をしてみたそうです。
そしたら「えー、かつらなんてかぶるわけないじゃないですか。
 ああ、でもね、そう言われれば今朝方、変な夢を見たんですよ」
「どんな?」 「いや、笑われそうだけど、なんか全身が光る人が出てきて、
 お前はよく働いて関心だから褒美をやろうって言うんです。何がほしいって
 聞かれたから、じゃあ彼女がほしいスって言ったんですよ。そしたら、
 光る人は少し考えこんでから、彼女はやれんなあ、そのかわり帽子をやろうって、
 俺の頭になんかをかぶせてくれたんです。ね、変わった夢でしょ。
 俺、あんまり夢なんて見ないほうなんですけどね」

こんな話をされたそうです。でも、夢は夢だし、関係ないだろうと思いました。
昼休みが終わって作業が再開してすぐ、事故が起きてFさんが
亡くなったんですね。特殊な大型破砕機に頭をはさみ込んで粉砕され、
救急車が呼ばれましたが、床にバケツでぶちまけたような血溜まりができ、
頭部の破片が散らばって、誰がどう見ても即死の状態だったそうです。
これは考えられない事故で、Fさんはそもそもそこの担当じゃないし、
頭を突っ込むような手順もありえない。セーフティガードやストッパーもついてる。
見ていた人に話を聞くと、Fさんはにこにこ笑いながら破砕機に近づいてきて
スイッチを入れ、自分から中腰になって、逆立ちするような、
かなり無理な姿勢で頭頂部をこじ入れたんだそうです。

この証言があったため、警察の調べは長くかかって、
結局、Fさんは自殺ということになりました。
でも、遺書があるわけでもなく、悩んでた様子もなく、動機もわからない。
Sさんは、「嫌な話でしょ。なんか全部、頭に関係があるじゃないですか。
 俺が毛糸のかつらと見間違えたこと。それとFがした夢の話ね。
 怖いなあと思いますよ。あの後しばらく、
 帽子をもらう夢を自分が見たらどうしようかって思ってたんです」
こんなふうに言ってました。それと、不思議なことに、
Fさんが本来かぶっていたはずのヘルメットが、どこにも見あたらなかったそうです。
「工場内すべて探したけどないんです。どういうことなんでしょうねえ」
Sさんにこう聞かれても、わからないと答えるしかなかったです。

猫と彼氏
これはジーンズショップに勤めているCさんから聞いた話です。
Cさんは翌日休みだったので、自分の部屋で夜更かしをして明け方に寝ました。
お酒もかなり入ってたそうです。「間違いなく一人だったはずなんですけど、
 ベッドの隣で、痛えよう、って声がしたんです。
 それが、今つき合ってる彼氏の声だったんですよ。え?って思いました。
 彼氏が部屋に来ることにはなってたけど、それは翌日の予定で、
 その夜は、いるはずがないんです。でも、隣に誰か寝ていて肩が触れてる。
 それで電気をつけたんです。そしたら、やっぱり彼氏がいて、
 両手を上に伸ばしてガクガク震えてるし、目も変だったんです。
 ええ、両方とも裏返って、白目だけになってました」
彼氏は、その姿勢のまま「俺死ぬよう、痛えよう、救急車呼んでくれよう」

苦しそうな声でくり返すので、「わかったから、しっかりして、今呼ぶから」
そう言って、スマホに手を伸ばして119番にかけようとしたそうです。
そしたら、ベッドの上の彼の姿が急に小さくなって、猫に変わったんです。
それはCさんが部屋買いしてる雑種の洋猫で、「え? え?」とまどっていると、
また彼氏の姿になり、猫になり、彼氏になり・・・・を、
10回ほどもくり返して、最後に猫の姿になって止まりました。
猫は目を開けたまま死んでいたそうです。Cさんは、
「それは悲しかったけど、彼氏が死ぬよりはねえ・・・もし救急車呼んでたら、
 怒られたかも。でもこれ、どういうことなのか、bigbossmanさん、
 こういうこと詳しいからわかるんじゃないですか?」
これももちろん、「すいません、わからないです」って答えるしかなかったです。

お葬式
森林管理局を退職されたUさんからうかがった話です。
Uさんは60代ですが、ひじょうに壮健で、山登りを趣味にしておられ、
日本百名山のうち、半数近くを制覇してるような方です。
あるときバーでご一緒しまして、自分が怖い話を集めている話題になり、
そのとき「うーん、山での怖い話ねえ。いや、それほど怖いってわけでもないけど、
 1度だけ、あることはあるよ。あれは東北の山に登ったときだね。
 そんな険しい山じゃなく、登山路も整備されててね。
 ただ、もうすぐ雪になるって季節だったから、他の登山者はいなかった。
 それで、一本道をペースあげて歩いてったら、
 前のほうからガヤガヤ声がする。ああ、グループ登山の人たちかな
 って思ったんだけど、女の声ばっかりだったんだよ。

 んで、曲がり角から姿が見えてきたのは、和装の喪服姿の女性たちだった。
 そりゃ驚くだろ。そんな格好で登山する人なんていない。
 それがせまい登山路を2列とか3列になって、ぞろぞろ下りてくるんだ。
 いや、若い人はいなかった。みな40代から60代くらいの日本髪の人たちで、
 「いいお葬式だったわねえ」なんて言いながらスタスタ歩いてくる。
 足元は草履だったよ。あんまり異様だったんで、思わず道から外れて藪によけた。
 その女性たちは、俺のことなんか目に入ってない様子で、
 がやがや喋りながら脇を通ってった。そうだなあ30人はいたと思う。
 でね、これは何かに化かされてるのかもと考えて、
 煙草に火をつけたり、眉をつばで濡らしてみたりしたんだ。
 いや、そういうの信じてるわけじゃないが・・・

 でね、首をかしげながら森林地帯を抜けると、岩場に出るんだよ。
 その目立つ大岩の下に何か黒っぽいものがいるんだ。
 その大岩は崖の上にあって、あまり近づくことはできないんだが、
 登山路から目をこらしてみると、猿だったんだよ。大きな日本猿。
 岩に背中をもたれかけて、あぐらをかいたお釈迦様みたいなポーズで、
 ぴくりとも動かない。ありゃ死んでるんだと思った。
 で、他の猿がまわりにいないかと探したんだが見あたらない。
 うん、石を拾ってぶつけてみようかとは思ったけど、何かあったら
 嫌だからやらなかった。ただね、その後頂上まで変なことはなかったから、
 あの喪服の女性たちは、その猿に関係があるんだとしか思えなかったな。
 どうだ、何だったのかわかるかい?」 「いや、すんません。わかんないです」
 



 


シミュレーション仮説て何?

2020.10.20 (Tue)
キャプチャ

今回はこういうお題でいきます。うーん、科学というより、
現代哲学の中で議論されることが多い内容ですね。まず、一般的な
英単語である「シミューレーション」は「見せかけ、ふり、まね」
などといった意味です。また、生物学では「擬態」という意味で
使われます。ある生物が別の生物に自分を似せて生活すること。

これが近代になって「模擬実験」という使われ方をすることが
多くなってきました。模擬実験は必ずしもコンピュータを使用する
わけではないんですが、多くの場合、コンピュータが使われます。
で、「シミュレーション仮説」というのは、

「人類が生活しているこの世界は、すべてシミュレーテッドリアリティ
であるとする仮説」のことです。こう書くと、「ああ、知ってる。
映画のマトリックスでしょ」と言われるかもしれません。
そうですが、『マトリックス』の場合は、シミュレーション仮説の
中でも特殊な形と言えるでしょう。その理由は後述します。

擬態するコノハチョウ


シミュレーション仮説が生まれたのは、そう古い話ではありません。
コンピュータの実用化以後なのはおわかりと思います。
現在、この仮説を積極的に論じているのは、スウェーデン人の
哲学者、ニック・ボストロム氏です。

この人の論はそう複雑ではないので、簡単にご紹介すると、
われわれの世界がシミュレーションかどうかについて、次の3つのうち
どれかが真だというものです。
① シミュレーテッドリアリティを生み出すほどの技術レベルに
  達する文明はほとんど存在しない。

ニック・ボストロム氏
キャプチャttt

② そのような技術レベルに達した文明があったとしても、倫理や
  リソースなど様々な理由からシミュレーションを実行しない。
③ われわれが日頃経験する事物は、ほとんどがシミュレーション内の
  実体である。 さて、これ、みなさんはどう思われますか。

①だと話は簡単ですよね。宇宙一つをまるまるシミュレートできる
コンピュータは、莫大な演算能力が必要です。そういう技術を
得るまでに進化した文明はほとんどないだろう、ということですね。
ただし、上記した『マトリックス』のような抜け穴があります。

当ブログの読者の方で、映画をご覧になられた人は多いと思うので、
くわしいストーリーは説明しませんが、遠い未来、コンピュータの
反乱によって人間社会が崩壊し、人間の大部分は捕らえられ、
眠らされてコンピュータの動力源として培養されるとともに、
現実世界を生きている夢を見させられている。

『マトリックス』では、人間はバッテリーとして使われる


つまり、すべてがシミュレーションで構築されているわけではなく、
生きた人間が介在しているということです。この意味はおわかり
でしょうか。シミュレーション世界をつくりあげている
コンピュータの能力がそれほど高くなくても、それにプラスして
それぞれの人間の脳の「夢を見る」といった計算能力が使えます。

次に②について、われわれがもしシミュレーション世界をつくれる
ほどの技術を持ったとしても、倫理的その他の理由で実行しない
だろうという話。でも、そうですかねえ。中国ではこの間、
ヒトゲノムの編集を行った科学者がいて世界中から非難されましたよね。
そういう抜け駆けをするタイプの人物は、どこにでもいるものです。



また、もしシミュレーション世界をつくったとして、その中で
人が死んでも、実際の生命が失われるわけではありません。
現在、世界中でたくさんのコンピュータゲームが発売され、その中で
多くの登場人物が死んでいますが、それが非倫理的だという
議論は少ないですよね。さて、問題は③です。もし一つの

シミュレーション世界ができると、その中の人たちは、十分な
科学技術を持てば自分たちでシミュレーション世界をつくり始める。
そしてまたそのシミュレーション世界の中でも・・・と、無限の
入れ子構造ができていく可能性があります。とすると、数的には、
現実の世界よりもシミュレーション世界のほうがはるかに多い。

幽霊はシミュレーションのバグ?
キャプチャhaw

あ、もうここまで来てしまった。このシミュレーション仮説は、
オカルトとも深い関係があります。例えば、超常現象と言われるものの
多くは、シミュレーションをつくりだしているコンピュータの
バグだというような話。幽霊は何らかの不具合によって死んだはずの
人間が再登場させられたもの。

たしかに、そういう形で説明はできます。超能力や魔術なんかも
そう言えてしまいますよね。次に、もしわれわれの世界が
何らかの意図を持ってシミュレートされていた場合、その目的に
合致するような生き方をしていけば成功するだろうという考え方。

ビー玉の中に一つの宇宙が
キャプチャhh

宗教的と言っていいかもしれません。もし祈祷によって、科学的に
説明のつかない方法で願いがかなえられたりするのならば、
それはわれわれがシミュレーション世界の中に生きている証拠になる
というわけです。うーん、これも難しいなあ。シミュレーションを
つくった側の意図なんてわかるものでしょうか。

さてさて、字数が尽きてしまいました。オカルトの中に「聖書の暗号」
といった内容があります。聖書には、世界の秘密が暗号化されて
隠されている。もしこの世界がシミュレートだとすれば、その
ヒントがどこかにあるのかもしれません。例えば星座の位置や
円周率などです。では、今回はこのへんで。

シミュレーション仮説まで話が広がった、鈴木光司氏の『ループ』






殺人遺伝子と悪の起源

2020.10.20 (Tue)
アーカイブ452

犯罪は生まれか育ちかという議論は何度も行われてきた。
凶悪犯罪の遺伝率は38%というこれまでの報告があり、
様々な精神疾患と同じくかなり高い。ゲノム解析が始まってからは、
犯罪者と相関する遺伝子が探索され、monoamin-oxidaseと呼ばれる
酵素をはじめとする遺伝子の多型が報告されている。

また、MRI検査が可能になってからは、犯罪者の脳構造を調べる研究が
盛んであるが、殺人犯と未遂犯も含めた大規模な研究が行われたことはなかった。
ところ最近、New Mexico大学のグループが、凶悪犯の中で実際に
殺人を犯してしまった犯罪者と、一線を超えなかった犯罪者を比べる
ユニークな研究論文をBrain Imaging and Behaviourに発表した。

(西川伸一氏 個人ブログ)

ddddd (5)

今回は科学ニュースからこういうお題でいきます。うーん、これは難しい。
何で難しいかは、おいおい説明していきますが、
「悪とは何か、犯罪とは何か」ということが根底にあるからです。
浅学の自分の手には負えない可能性が高いので、本項が、
みなさんが考える叩き台となればいいかなと思っています。

まず、引用記事の概要を説明していきましょう。アメリカでは、
犯罪矯正プログラムの一環として、犯罪者の脳MRI画像の収集が行われており、
20人の殺人犯を含む800人を超す犯罪者の脳画像が集められている
ということです。これ自体は、研究が犯罪減少につながるのであれば、
自分は問題ないかなと考えます。

で、殺人を犯した者と、凶悪犯罪者でありながらギリギリのところで
一線を超えて殺人を犯さなかった者の脳画像を比較したところ、
殺人者のほうは、脳の極めて広い領域で灰白質の厚さが低下していることが
明らかになったということです。

ddddd (2)

興味深いのは、殺人を犯さなかった凶悪犯と軽犯罪者を比べても
この差は見られなかったことで、つまり、脳の灰白質減少という状態は、
殺人という最後の一線を超えてしまうかどうかと
相関している可能性がきわめて高いわけです。

異常のある箇所は大脳皮質の広い範囲に見られ、感情に関わる領域、
自己制御に関わる領域、社会性に関わる領域が含まれ、
特にTheory of Mindと呼ばれる、相手の心を読む意図に関わる領域での
異常がはっきりしているようです。

さて、凶悪犯罪者の子どもが犯罪を犯す確率が高いことは、
さまざまな統計調査で明確に出ています。ですが、それが遺伝なのか
環境要因なのかは、最初に書いたように、じつのところ
よくわかっていません。これはきわめて難しい研究課題なんですね。

脳MRI画像
ddddd (1)

まず、親が凶悪犯罪者である場合、その子どもは劣悪な環境で育った
ケースがほとんどでしょう。親に暴力をふるわれたり、
親が他者に暴力をふるうところを見て育ったり、そこまでいかなくても、
酒や麻薬が近くにあり、経済的に貧しかったり、十分な愛情を
与えられなかった家庭が多いというのは、想像に難くないですよね。

こういうケースがアメリカの心理学者から発表されています。
ジェフリーという男性が、生まれてすぐに養子に出されました。
(有名な連続殺人犯、ジェフリー・ダーマーとは別人)
養子先は中流のまず問題のない家庭でしたが、ジェフリーは感情の
制御ができず、すぐに癇癪を起こして養父母の手を焼かせました。

ジェフリーは10歳でアルコール中毒になり、11歳で強盗、
その後は、薬物中毒になり殺人を犯して収監されますが、
脱獄してさらに殺人を犯し、再逮捕されてしまいます。死刑囚として
過ごしていたアリゾナで、ジェフリーは同房の囚人から、「アーカンソーで
お前とよく似た詐欺師に会った」という奇妙な話を聞きます。

その人物はジェフリーの実の父親で、やはり薬物の常習者で犯罪を重ねており、
脱走歴もあったといいます。また、ジェフリーにとって祖父にあたる人物も、
同じように強盗事件を起こし、ジェフリーの父の目の前で射殺されていた
ことがわかったんです。ここから考えると、犯罪傾向は環境よりも遺伝が強い
可能性が高いようにも思えます。ですが、これはあくまで一例でしかありません。

ddddd (4)

さて、ヒトゲノムの解析が進んで、目の色や肌の色にかかわる遺伝子などが
特定されてきています。では、「これがあったら将来高い確率で殺人を犯す」
そういう遺伝子ってあるんでしょうか。自分は、そういうはっきりしたものは
ないだろうと思います。そんな単純なものじゃないですよね。他人の感情を
どこまで読み取れるか、自分の感情をどのくらい制御できるのか等々、

それには様々な遺伝子がかかわっており、複雑にからみ合っているでしょう。
また、環境的要因も無視できないほど大きい。上記引用の研究にしても、
脳の灰白質減少が、純粋に遺伝的なものかどうかはわかっていません。
脳の異常は、幼少時からの成長の過程で後天的に起きた可能性も
否定できないんですね。続報を期待したいと思います。

さて、ここからの話は、もしかしたら気分を害される方もいるかもしれません。
殺人って「絶対悪」なんでしょうか? もちろん、世界のほとんどの国では、
殺人を犯したものは罰せられます。そういう意味では、絶対悪と言って
いいかもしれません。ですが、人類の進化の過程でもそうだったのか。

クロマニョン人
ddddd (1)

例えば旧人や旧石器時代の遺物をみれば、集団での戦争こそ
ありませんでしたが、われわれ人類の祖先がひじょうに好戦的で、
殺し合いや「共食い」などを行ってきたことがわかります。
その時代にあって、食料を得るなどの目的で家族以外の
他者を殺すことが、はたして悪と考えられていたかは疑問があります。

というか、そもそもそんな大昔に悪の概念なんてあったんでしょうか。
その後、人間は集団社会生活を営み始め、宗教が発生して、
戒律という道徳が生まれ、文明が発達して法律ができ、
他者を殺すことは悪とされ、加害者は罰せられるようになります。ですが、
国どうしの戦争や宗教的な対立で敵を殺すことは除外されてきました。

ジャン・ジャック・ルソー
ddddd (3)

ヨーロッパでは、理性の力で悪を遠ざけ、善を志向するなどという
哲学も生まれましたし、ジャン・ジャック・ルソーは、
「万人の万人に対する闘争」という自然状態を回避するために政府が
できたとする「社会契約説」を唱えました。

さてさて、われわれの遺伝子の中には、旧人やそれ以前の祖先の
時代に、厳しい環境で生きのびるために獲得したものも
含まれているはずですよね。では、もし、これが殺人遺伝子だという
部分が判明したとして、それを持っている人間には子どもをつくらせない、

あるいは、子どもが受精卵の時点で、遺伝子編集をしてその部分を
切り取ってしまうなどのことが、はたして許されるもんでしょうか。
その遺伝子群は、じつは思わぬ役割を果たしているのかもしれません。
みなさんはどう思われますか。では、今回はこのへんで。

関連記事 『ラマルクの子孫たち』





ノーベル賞は偏ってる?

2020.10.19 (Mon)
c (2)

「ノーベル賞受賞者はたった5つの分野に集中」米研究者が偏りを指摘。
アメリカ、スタンフォード大学の研究チームは、過去に、ノーベル賞を
受賞した研究内容を分析したところ、研究テーマに大きな偏りが
あったとする調査報告を発表しました。
(テレビ東京)

今回はこういうお題でいきます。いちおう科学ニュースからですが、
社会的な話題と言ったほうが適切かもしれません。さて、
2020年の自然科学分野の発表が終わり、今年は日本人の
受賞者はありませんでした。残念でしたね。

ニュースの続きを見てみましょう。研究チームは、1995年から
2017年の間に発表された6300万本の論文と、同じ時期に
ノーベル賞を受賞した科学者が発表した論文を分析。
その結果、114の科学分野のうち、素粒子物理学、細胞生物学、
原子物理学、神経科学、分子科学という5つの分野で、

受賞したノーベル賞の半分以上を占めていることが判明したんです。
研究チームは、「この不平等さによって排他的な文化が生み出され、
研究分野を理由に、一部の科学者が2流とみなされてしまう
危険性がある」と指摘しています。なるほどねえ、意味は
よくわかります。ただこれ、問題は別のところにある気がしますね。

ノーベル賞授賞式
c (8)

それについては おいおい書いていきます。ノーベル賞は、
ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルが
遺言により創設した世界的な賞で、現在、物理学賞・化学賞は、
スウェーデン王立科学アカデミー、生理学・医学賞は、
スウェーデン・カロリンスカ研究所が選考を行っています。

さて、ノーベルは科学者というよりも、火薬技師、発明家としての
側面が強い人で、また有能な実業家でもありました。その発明品の
ダイナマイトは、不安定で危険なニトログリセリンと珪藻土を
混合させ、安全に使用できるようにしたものです。

c (4)

そういったノーベルの生前の業績から、賞は実証的、実用的な
研究に与えられる傾向が強いんですね。たんなる理論ではダメで、
実験による証明が必要。また、青色ダイオード、リチウムイオン
電池など、工業製品として応用が効く研究も多いですよね。

ノーベルが賞を創設した理由は大きく二つ。これは過去記事に
詳しく書いてますが、一つは生涯独身で子孫がいなかったこと。
莫大な財産を遺す人がいない。もう一つは、ノーベルの兄が
死んだとき、あるマスコミがノーベル本人と間違え、
「死の商人死す」と書いたのを見て大ショックを受けた。

関連記事 『ノーベルとニトロ』

社会的な貢献の必要性に思い至ったわけです。では、
ノーベル賞の受賞分野はほんとうに偏っているのか。自分は
そう思ってます。ここのところ、物理学賞は宇宙論、量子力学での
受賞が多くなっていますが、最先端の研究分野で、取り組んでる
物理学者も多いですから、いたしかたない気もします。

若い頃のノーベル
c (1)
 
じゃあ、例えば物理学分野でノーベル賞を取りにくい研究は
何があるかというと、地震学とか気象学なんかでしょう。どちらも
地球物理学に含まれます。以前は天気予報は当たらないものの
代表のように言われたりしましたが、最近は雨の予報が出れば
まず雨が降りますよね。

これは気象衛星によるデータ取得と、解析ソフトの分析による
ところが大きいんですが、気象解析ソフトの製作チームが
ノーベル賞を受賞することはありません。医学・生理学賞にしても、
地味な生物学的研究での受賞は難しい。

で、自分の考えは、偏りはしかたないということです。
その理由の一つめは、ノーベル賞はスウェーデンが国家ぐるみで
関わっているとはいえ、もともとは私的な賞だということで、
独自の選考基準があるのは当然だと思います。

c (6)

もう一つは、真に公平な選考なんて どのみち不可能だということ。
もし国連が世界的な科学賞を創設し、どれだけ公平を心がけて
選考したとしても、必ず「偏っている」という評価は出ると
思います。だって、完全に公平な選考なんて
神様でもなければ無理ですよね。

さて、では何が問題なのかというと、世界にはたくさんの自然科学の
賞があるのに、ノーベル賞だけが特別 名高く、権威があるとされる
ことでしょう。引用ニュースの研究チームも、おそらく言外に
そのことを匂わしているんだろうと思います。

下村脩氏
c (3)

例えば、A氏とB氏という研究者がいたとします。分野は違いますが、
どちらも素晴らしい業績。ところが、A氏はノーベル賞を受賞し、
B氏は賞の偏りのためにできなかった。同じ科学者の間では
B氏が2流とは思われないでしょうが、一般の人の評価はどうか。

また、ノーベル賞受賞者となれば国家や大学がほうっておきません。
名前のついた研究所が建てられ、大学の終身名誉教授になる。
ノーベル賞の受賞により付加される価値がきわめて高いんです。
こんな話があります。2008年の化学賞は、緑色蛍光タンパク質に
関する研究により、日本の下村脩氏 他2名に与えられましたが、

この分野で基礎となる研究をしたダグラス・プラッシャーは
受賞できませんでした。これは大きな論議を呼んでいます。
プラッシャーは研究をあきらめ、シャトルバスの運転士に
なったんです。分野の偏りの話とは少し違いますが、
このような例は多数見られるんですね。

日本国際賞
c (7)

さてさて、ということで、自分が言いたいのは、科学賞はノーベル賞
ばかりに注目が集まり、その他の賞は名前も知られていないこと。
これが大きな歪みを生じさせていると思います。
ノーベル賞受賞者のみがもてはやされ、他の賞との間に、
あまりにも大きな待遇の格差がある。

日本だけではなく、アメリカでも事情は同じです。ですから、
引用ニュースのような話が出てきた。例えば、松下幸之助氏が基金を
提供した「日本国際賞」なんかは、たいへんよい選考をしていると
思いますが、受賞者の知名度は低いですよねえ。これは例によって
マスゴミも悪いんです。では、今回はこのへんで。

c (5)




back-to-top