FC2ブログ

王様の耳は、の話

2020.11.30 (Mon)
ども、おばんです。俺、西脇と言って、〇〇市のホムセンに勤めてます。
26歳で独身です。これから話すのは、俺が小学校5年のときのことです。
人前で話をするのは苦手なんで、わかりにくいとこが
あるかもしれません。そんときは途中で口をはさんで質問してください。
あと、不思議なことが起きてるんですけど、説明はできません。
5年生になったとき、クラス替えがあったんです。といっても、
田舎だから組は3つしかなくて、新しい学級のやつも男はほとんど
知ってました。だからそんなに不安はなかったんだけど、
担任がその年に転任してきた先生だったんです。男で、年はたぶん
今の俺より少し上、まだ20代だったと思います。
でほら、新しい先生って、やっぱ気になるじゃないですか。

優しいのか厳しいのか、宿題をたくさん出すのかとか。
そのあたりのことは子どもでも・・・っていうか、子どもだからこそ
注目して見てますよね。その先生の態度から、着てるものから何から。
まあそれは、教師のほうもそうなんでしょうけどね。
で、1ヶ月もすれば互いにわかってきて、接し方が決まってくる。
それでね、俺が出した結論は「嫌なやつだ」でした。いや、大声で
怒鳴ったりってことはなかったし、体罰もなかったんですよ。
けど、ひいきをしたんです。それも勉強できるやつをひいきにする
とかじゃなく、あからさまに女子に優しくする。そのかわりと言うか、
男子には何事も命令口調で したがわせようとする。
だから、女子にはまずまず評判がよかったんですよ。背が高くて、

当時はそんな言葉なかったけど、イケメンだったし。で、女子には
まずまずって言いましたよね。これは、女子の中でもひいきを
するんです。もちろん可愛い子を。だから不満を持ってる女子も
いたと思います。それで、学級の係ってあるじゃないですか、
児童会とは別の。その先生・・・田崎って言いましたけど、秘書係ってのを
つくったんです。要は教師の手伝いをする役。もちろん女子限定で、
希望者に手をあげさせて、その中から田崎が2人選ぶ。
当然可愛い子ですよ。まあそんなこんなで、5月の連休明け頃には
男子の中での評判はすこぶる悪くなってました。けど、面と向かって
逆らうやつもいなかったです。田崎は学生時代ずっと剣道をやってた
って話で、体も大きかったですからね。それに、なにぶん田舎なので、

親もみな忙しくて、熱心にPTAに出てくるって感じじゃなかったし。
あ、スンマセン、なかなか話が先に進まなくて。それでね、童話に
「王様の耳はロバの耳」ってやつがあるでしょ。細かい筋は
わかんないけど、たしか王様の耳が呪いかなんかでロバのものに
なってて、ふだんは髪を長くして隠してるけど、出入りの理容師
一人だけがそのことを知ってる。理容師は秘密をバラすと殺されると
わかってるが、誰かに言いたくてたまらない。それで川原に
穴を掘って、その中にいつも秘密を大声で叫んでた。えーと、
このあとは、その場所に葦が生えてきて、それで笛をつくると・・・とか
そんな内容ですよね。で、こっからのことはそれに似てるんです。
俺ともう2人、家の近い友だちがいて、帰りはいつも

決まった通学路を通らないで、近道して帰ってたんです。うーん、
これはAとBにしておきます。近道は、学校の裏門から出て、田んぼの
畦をずーっと歩いて、その途中に、俺らは島って呼んでたけど、
ちょっとした丘みたく盛り上がってて、林になってる場所があったんです。
広くはないです。それだけなんだけど、後で地元では古墳じゃないかって
言われてたことがわかりました。そこ、まわりの田んぼはだいぶ
売られたんだけど、今でもあります。で、あれは5月の終わり頃ですね。
その日は6時間目が道徳の時間で、田崎の授業は話し合いとかは
しなくて、教育テレビのビデオを見せて、最後に田崎があれこれしゃべる。
そんときは剣道の自慢話でした。俺ら3人はスポ少とか入ってなかったんで、
しゃべりながらぶらぶら帰ってたんです。時間は4時ころかな。

日が長い時期なんで、夕方という感じじゃなかったです。しゃべってるうちに
田崎が気分悪いって話になりまして。けど、中学生とかじゃないから、
具体的に嫌がらせするとかは思いもよらなくて。それで、たしかBだったか、
さっきの「王様の耳」の話を出したんです。続けて、「林の奥にけっこう深い
 穴が開いてるの知ってるか。あん中にみなで田崎の悪口を言わないか」って
言い出して。面白そうだと思いました。で、脇道にそれたBの後をついてくと、
下の土に石が多くなったんです。大人の拳2つぶんくらいの丸石が
ごろごろしてきて、林が終わりかけて向こうの田んぼが見えるあたりに、
さらに一段高くなった土盛りがあり、そこに、そうですね。子どもなら
なんとか入れるくらいの穴がやや斜めに開いてたんです。
「これか、けっこうでけえな」 「モグラじゃねえな。タヌキとかか」
けど、そのあたりで動物とかは一度も見かけたことはなかったです。

Bが、「ここなら誰にも聞こえんし、田崎の悪口、みなで言おうぜ」って。
俺とAが顔を見合わせてると、Bはしゃがんでその穴に顔を近づけ、
「田崎死ね、エロ教師死ね!!」って がなったんです。
面白えと思いました。だから俺らも「エロ教師、ひいきすんな!」とか
「早く学校やめろ!」とか、いろんな悪口を注ぎ込んだんです。
けど、悪口たって限られてるし、時間にすれば数分くらいのもんでした。
で、みながせいせいした気になって帰ったんです。
え? そのとき呪いをかけるつもりだったかって? うーん、いや、
たぶんそうは考えてなかったと思います。穴に悪口を言うことで、
田崎が現実にどうにかなるとは思ってなかったですね。実際、翌日も
田崎はふつうに学校に出てきましたから。けど・・・

その日の給食の時間ですね。配膳が終わって教卓で食べてた田崎が
突然鼻血を出したんです。特にぶつけたとかでもないのにドーッという感じで。
田崎はハンカチで鼻をおさえて保健室に行き、昼休みになってから
鼻に綿をつめて戻ってきました。そんときに、ふっと、俺の頭の中では、
前の日に穴に悪口を言ったことと結びついたんです。
AとBも同じだったみたいです。だからその日の帰りもやりましたよ。
けど、その翌日は特に何もなし。それから1週間くらいは続けたかな。
でもほら、子どもだからそんなにたくさん悪口を言えるわけじゃないでしょ。
だんだん飽きてきたし、鼻血の後は、田崎の様子に変化はなかったし。
その日やったときは みな熱意もなくて、これで最後だろうなって思ったんです。
そしたらです。ここからの話は信じてもらえないかもしれません。
道に戻ろうとしたとき、穴からひょいと人が顔を出したんです。

今、人って言いましたけど、俺にはそう見えたんです。あの、変な帽子を
かぶった神主さんみたいな人が。その人は、穴から顔だけ出したまま、
俺に向かって、うんうんとうなずくと、窮屈そうな様子で穴から右肩を出し、
俺に向かって手のひらを見せたんです。指を開いてたから、5って意味じゃないかと
そんとき思いました。で、すぐ引っ込んで。これね、後でA、Bと確認したんですが、
見えたものが違ってたんです。Aは、「テレビでやってる〇〇マンだった」って。
〇〇マンは変身ヒーローものの主人公です。これね、さすがに「嘘だろ」って
言いました。だって俺が見た神主より、もっとありえないじゃないですか。
Bは、「動物だった。大きな猿だったよ」話をつき合わせても埒が明かなかったんです。
ただ、手をこっちに向かって突き出したというのは、みな同じでした。
穴は真っ黒で、奥は見えなかったです。大人が中にいるとは思えないし、

「誰か中、のぞき込んでみろよ。足おさえてるから」なんて言い合いましたが、
誰もやるやつはいなかったです。次の日、おそるおそる穴に近づいても、
変なことはもう起きませんでした。でね、俺ら、穴に悪口を言うのは
やめたんです。それだけじゃなく、道を変えて正規の通学路を通るように
なったんです。で、あれは10月ですね。これも信じてもらえないかもしれませんが、
その日の給食の時間です。昼の放送ってのを放送委員会がやってまして、
今日は何の日というのを言ってから、音楽をかけるだけなんですけど、
そのとき急に雑音が入り、少しして「田崎死ね! えこひいきすんな! 
 エロ教師!」と言葉が流れたんです。これは俺ら以外のやつも聞いてます。
それでね、言葉は俺らが言ったことだけど、声が違ってました。太い大人の声で
これは放送のせいもあるのかもしれないですが、エコーがかかった感じで。

それ聞いて、田崎は血相を変えて教室を出ていきました。放送室に向かったんです。
でも、ただ当番の子がいるだけで、音楽もクラシックがちゃんとかかってた
みたいです。声が違ってたからだと思うけど、俺らが何か言われたりすることは
なかったです。翌日、田崎は朝から学校に出てこず、無断欠勤だったみたいで、
教頭が連絡を取ったりしたんだと思いますが、その日は姿を見せませんでした。
翌日・・・田崎は見つかったんですが、あの島の穴の近くの木にネクタイをかけて
首を吊ってたんですよ。いや、俺らはもうそこ通ってなくて、わかんないですけど、
あのあたりの田んぼの人が見つけたんじゃないかと。それからはしばらく自習で、
1週間ほどで講師の先生が来ました。その先生が3月までみてくれたんです。
これでだいたい話は終わりです。今はね、島の穴はなくなってて、その近くに小さい
地蔵堂があります。あの地域の人たちか、田崎の親族が立てたもんだと思います。

キャプチャ




スポンサーサイト



「測定」の不思議

2020.11.30 (Mon)
アーカイブ493

sssde (2)

今回はこういうお題でいきます。物理学的な内容になります。
まあ、前に何度か似たようなことを書いていますし、小難しいので、
興味のない方はスルーされてください。ただ、オカルト者としての自分は、
ここに、この世界の謎を解く鍵の一つがあるんじゃないかと思うんですよね。

さて、「測定」という語をWikiで引いてみると、「様々な対象の量を、
決められた一定の基準と比較し、数値と符号で表すことを指す。
人間の五感では、環境や体調、また錯視などによる不正確さから免れられず、
限界があるが、測定は機器を使うことでこれらの問題を克服し、
科学の基本となる現象の数値化を可能とする。」と出てきます。

かなり長い説明ですが、そのぶん正確だと思いますし、日常生活で
使うにはこれで十分でしょう。では、十分でないのはどういう場合かと
いうと、やはり量子力学における測定(観測)ということになります。
長くならないように、なるべく話を単純化して書いていきますので、
もし間違いがありましたら、コメントでご指摘いただけるとありがたいです。

思考実験として、ある1個の電子の位置を測定するとします。
ここで、電子はあらゆる位置にいる可能性があるんですが、
かりにA地点かB地点のどちらかで見つかるものとします。
量子力学では、あらかじめ電子がA、Bのどちらにいるかは、
確率的にしか言うことができません。

波の収縮のイメージ
sssde (3)

次に測定装置ですが、できるかぎり単純なものを考えます。
電子に光(光子)をあてると、雲のように広がっていた電子の存在確率は
一点に収縮します。その反射した光は光検知装置に入り、
光検出装置からは微弱な電流が流れますので、それを回路で増幅し、
ディスプレイにAまたはBの記号が表示されるようにします。

みなさんはそれを読み取るわけですが、目で見たAの記号は、電気信号に
変えられて脳に入り、そこで意識が「ああ、電子はAにいたんだな」
と認識します。では、ここで問題です。電子の位置がAと確定したのは、
いったいどの瞬間なんでしょうか。まあ普通は、
「光が電子にあたった瞬間」と答えられる人が多いと思いますが、

光もやはり量子的な存在です。ですから、電子にあたる確率もあれば
あたらない確率もあり、はね返る確率も、はね返らない確率もあるわけです。
じゃあ、ディスプレイにAと表示された瞬間なんでしょうか。でも、
光検知装置も電流の増幅装置も、どちらも量子力学を応用してつくられていて、
光が検知されない確率も、電流が増幅されない確率も存在します。

もちろんこれは理論的な話で、装置の故障ということではありません。
次に、みなさんの体内では何が起こっているのか? 人間の目も一種の
測定装置であり、みなさんの意識に「電子の位置はA」と書き込まれる
までには、やはりさまざまな量子効果が働いているんです。

観測されたブラックホールの影
sssde (7)

結論としては、この一連の流れの中で、どの瞬間に電子の位置が
Aと確定したかは わかってはいないんです。ただし、大勢の人が同時に
観測して、「自分はAだと読み取った」 「自分はB」と意見が分かれることは
ないですよね。ですからまあ、大きな問題にはなりません。
でないと、人間は何もできないことになってしまいます。

上記のことを、「量子力学の観測問題 measurement problem」と言いますが、
日本では「解釈問題」という言葉が使われることも多いですね。
で、この解釈のしかたには、全部で5つの種類があると考えられています。
1つ目は、電子の波が収縮するように思えるのは、「その背後に
まだ明らかにされていない物理法則が隠されている」というもの。

アインシュタインがこの立場でしたよね。「神はサイコロを振らない」
そう言って、量子力学の説く波の収縮には否定的でした。
一般相対性理論後のアインシュタインは生涯をかけてこの研究に没頭した
んですが、アインシュタインほどの天才でも、
わずかな手がかりすらつかめてはいないんです。

2つ目は、「測定装置のような大きなものには量子的な効果は働かない」
一見正論のように思えますが、これについても否定的な物理学者の
ほうが多いでしょう。この手の観測装置の細部は、それこそ量子的な原理で
動いてる部分が多いことを知っているからです。また、ミクロの現象が
マクロでは起きない、ということが証明されているわけでもありません。

フォン・ノイマン
sssde (5)

3つ目は、「人間の意識が認識した瞬間に測定結果が定まる」とするものです。
この立場を取るのは数学者のフォン・ノイマンなどで、過去には論争も
ありました。ただ、人間が介在していない場合でも波の収縮はあるんですね。
ですから、この考え方にも支持者は多くはありません。また、
ロジャー・ペンローズはこの考えを発展させ、「量子脳理論」を提唱しています。

4つ目は、「この世界はそうなっているのであり、測定値が決定する過程を
問うことは無意味である」という立場。量子力学の創始者の一人である
ニールス・ボーアがこれでしたので、この考え方は「コペンハーゲン解釈」
と言われます。まあ、現実的ですよね。こうしないと研究を先に進める
ことができません。しかし、納得していない人は大勢います。

ニールス・ボーア
sssde (4)

5つ目は、「測定結果は確定しないが、人間は一つの測定結果をもたらす
世界しか認識できない」これはご存知でしょう。ヒュー・エヴェレット3世が
唱えた「多世界解釈」です。電子存在確率の波はあいかわらず広がっているん
ですが、われわれはそれが一点に収縮した世界しか認識することができない。

つまり、あなたがA地点で電子を観測した世界、B地点で観測した世界、
C、D、E・・・と、確率がある分だけ世界は分岐し、それぞれの世界にあなたがいる。
この考え方は、多数のSF作家に大きなインスピレーションを与え、
ひところ「平行世界物」の作品が大流行しました。ただし、多世界解釈では、
分かれてしまった世界は、結果が同じになる場合をのぞいて
交わることはできません。

ヒュー・エヴェレット3世
sssde (6)

さてさて、だいぶ長くなってしまいました。もちろん結論の出ていない話なので、
一介の素人の自分が何かを言うのは無理なんですが、「お前はどう思うんだ」
と問い詰められたとしたら・・・多世界解釈を選びます。
世界が分岐するなんて、にわかには信じられない話ですが、
これが一番矛盾がなく、数学的にも自分は美しいと思うからです。

多世界解釈を使えば、さまざまな現象が、それほど無理をせずに
説明できてしまうんです。例えば、最初のほうで、あなたが
「電子はAにいる」と認識したとき、「いやBだ」という人がいないのは、
そこがあなたがAと観測して定まった世界だからです。

数学的に破綻がない理論というのは、いかにありえないような結果を
示唆していたとしても、結局は正しいことが多いんですね。身近なところでは、
この間その影が撮影されたブラックホールもそうでした。当初は、あくまで
アインシュタインの宇宙方程式式の解の一つであって、現実には
存在しないものと考えられていたんです。では、今回はこのへんで。

関連記事 『ブラックホール観測!』 『ウィグナーの友人と神』 『タイムパラドックスの話』

sssde (1)





アーカイブ 枕返しの話

2020.11.30 (Mon)
これはわたしが中2のときの話です。田舎の中学の剣道部でしてね、夏休み中の
ことです。中総体は地区が6月、県が7月で、それをもって3年生が引退し、
新チームになったわけですが、わたしら2年と、1年生の仲が悪くてね。
いやね、男子は1年生が5人全員、小学校から道場でやってた経験者でした。
それに対して2年生のほうは、4人のうち3人が中学校から始めたんです。
だからね、1年にレギュラーを奪われるかもしれないって危機感があったんですね。
2年のうちの新キャプテンは経験者でしたから間違いないですけど、
その他の3人は戦々恐々、そういう事情が影を落としてたんでしょう。
でね、休み中は1泊2日で部の合宿があったんです。
これは学校に泊まるわけじゃなくて、町に一つだけのお寺に世話になるんです。
稽古は体育館でしたけど、お寺までは走って15分くらいでした。

それで2日目の午前に、境内で奉納仕合をやって解散。
もちろん1年のときも参加しましたが、そのときはただ疲れたってだけで、
特別おかしなことはなかったと記憶してるんですけどね。1日目の早朝に
学校に集合して、道場でみっちり稽古、弁当を食べて午後もまた稽古。
夕刻に防具をつけたままランニングでお寺に行って、なんと座禅を1時間
やらされるんです。その後、親の会が夕食のカツ丼を作ってくれまして。
へとへとだし、真夏のことでしたからあんまり食べられなかったですけどね。
でね、旅館じゃないんで、自由時間ってなかったんです。
食べ終わったら、本堂の板の間でご住職の講話を聞くんですよ。ご住職は
当時40代かな、今もご健在ですよ。今にして思えば、中学生に話すってことで、
なるべく宗教っぽくならないように苦慮されてたんだと思います。

それでも内容は難しかったですけども。
ええと、できるだけ当時ご住職が話された形で再現してみます。
「皆さん、和歌、百人一首の勉強なんて国語の時間にされましたか?」
そんな趣味のやつはいなかったんでわたしらが顔を見合わせていると、
部の監督の先生が、「2年生は俳句の勉強はしましたが、和歌はまだ習っていません。
 3年で万葉集なんかを勉強するはずですよ」こう助け舟を出してくれました。
「そうですか。いやね、わたくしも和歌など詳しいわけじゃないんですが、
 これはちょっと怖い話でもあるんです。平安時代の中頃に、藤原義孝という人が
 いまして、歌人として有名だったんです。百人一首に採られた歌が、
 君がため 惜しからざりし 命さへ ながくもがなと 思ひけるかな というもので、
 意味は、あなたのためになら惜しくはないと思っていた命も、こうして恋がかなって、

 いっしょに過ごすことができるようになった今では、できるだけ長くありたい
 と思うようになった・・・こんなところでしょうか。まあ、恋の喜びを
 歌ったもので、みなさんにはちょっと難しいかもしれませんね。
 で、この義孝という方は、熱心に仏教に帰依しておられまして。
 それがどのくらいかというと、まず、お坊さんでもないのに菜食主義で、
 肉や酒はいっさい口にせず、朝廷に出仕して公務がありましたが、
 その仕事の合間にもお経を唱えていたというくらいなんです。ですから、
 年は若くとも皆に尊敬されておりました。それがねえ、
 残念なことに、20歳で亡くなってしまわれるんです。病気、天然痘でした。
 病状が進んで、いよいよいけないというときになって、看病していた母親に
 向かって、自分は死んでも、枕から頭を離さないようにしてくれ。

 あの世で頼み事をして生き返ってくるから。そう言ったんだそうです。
 どうしてこんなことを話したのか不思議でしょう。これは当時、
 霊魂が体から抜け出ているときに、枕から頭が離れてしまうと戻れなくなってしまう、
 と信じられていたようなんです。どうやら義孝は、
 死んだ後にあの世で閻魔様に願って、またこの世に戻ってくるつもりでいたらしい。
 でね、生き返ることができたかというと、これができなかったんです。
 というのは、不幸なことに同じ日に義孝の兄も天然痘で亡くなってしまい、 
 屋敷中が大混乱しまして、詰めかけていた親族の方が気を効かせて、義孝の体を
 北枕にしてしまったんです。ええ、枕から頭を外して体の向きも変えてしまった。
 このために、義孝は戻ってくることができなかったという言い伝えがあるんですよ。
 ・・・ここで、話はちょっとかわりますが、枕返しという妖怪がいるんです。

 人が寝ているときに来て、その人の枕をひっくり返す。なんだただの
 イタズラじゃないか、と思うかもしれませんが、これがたまたま、その人が夢を
 見ているときだと、抜けだして別の世界に行っていた魂が体に戻れなくなって、
 死んでしまうこともあるのだそうです。でね、この枕返し妖怪が、
 当寺にもいるという言い伝えがありましてね。わたくしの2代前のご住職から、
 小僧時分に聞かされたことがあります。・・・でもね、安心なさい。
 わたくしは枕を返されたことはありません。それに、
 みなさんの寝所には蚊帳が吊ってあるでしょう。怪しのものは蚊帳をくぐって
 中には入れない、と言われていますから、怖がらなくても大丈夫ですよ」
こんな話だったと覚えています。中学生への話だから、最後に妖怪のことも
入れたんでしょうが、わたしにはそんなにピンとくる内容ではなかったですね。

それからみなで花火などをやりまして、かなり早めに寝たんです。
寝所はお寺の大広間を使いました。両側の隅に蚊帳を2つ吊って、一つには2年生4人、
もう一つに1年生5人が寝ることになりました。あと女子2人はご住職の家族が
いるほうで。でね、蚊帳の中で仲間の一人とこんな話をしました。
「さっきの話、よくわかんなかったけど、枕返しのとこは面白かったな。
 そういうのっていると思うか?」 「まさか、住職がサービスで話してくれたんだろ」
「だよな。けどよ、妖怪なんかが蚊帳の中に入れないってのは初めて知った。
 俺よ、もし夜中にトイレに起きたら、1年の蚊帳をめくって上に引っかけとこうかな」
「バカバカしい、妖怪なんていないから」 「でもよ、やつら蚊に食われるだろう」
「やめとけよ」 ま、本当にそんなことをするとは思ってなかったんですけどね。
クタクタに疲れてたし、それからほどなくして寝てしまったんです。

「ほらー、起きろ」監督が蚊帳に入ってきて大声を上げてました。すっかり
明るくなって、もう朝になってたんですね。わたしらはもぞもぞと起きだしまして、
監督は今度は1年の蚊帳のほうへ行って「お前ら、なんだこれ、何やってたんだ!」
さらにすっとんきょうな声を上げました。何だろうと思って、
わたしも見に行ったんですが、そしたら1年生連中は敷布団を上に被って、
うつ伏せになって寝ていたんです。つまり体ごとひっくり返ってたというわけです。
「寝相が悪いにもほどがあるぞ、お前ら!」監督は呆れてましたね。
枕返し・・・なんでしょうかねえ。そこのところはわかりません。
ただ、1年生は枕なんてしてなかったんです。寝具はお寺さんのものでしたけど、
数が足りなくて2枚の布団で3人が寝て、
枕も座布団を折ったものを布団の下に入れていたんですよ。

あと、わたしら2年生の枕が返されたってことはないようでした。1年生たちは
きょとんとした様子で起きてきて、体具合が悪いというやつもいませんでした。
朝はお寺さんでお粥を作ってくださっていまして。それを食べながら仲間に、
「お前、トイレに起きて1年の蚊帳めくったのか?」
「ああ、やった。けどなあ、あいつらが変な格好で寝てたのはそのせいかな」
「うーん、蚊に食われるのが嫌で布団かぶったのかも」こんな話をしました。
で、午前のうちに奉納仕合の紅白戦があったんですが、
わたしら2年生はキャプテンをのぞいて、みな1年生に負けちゃったんですよ。
紅白戦は2回やったんですが、2回ともです。このせいもあってか、
キャプテン以外、新人戦のレギュラーは1年にとられちゃいました。いやあ、
枕返しのことと関係はないでしょう。今となってはいい思い出ですけどね。

鳥山石燕『画図百鬼夜行』より「反枕」








携帯電話と怪談

2020.11.29 (Sun)
キャプチャ

今回はこういうお題でいきます。オカルト論か怪談論か
まようところですが、後のほうで「ブルガリアンナンバー」
という話をご紹介しますので、オカルト論のほうがいいのかな。
さて、携帯電話は、もはや持っている人がいないといってくらい
普及し、それがない生活は考えられなくなってしまいました。

もちろん通信手段としての用途が一番ですが、それ以外にも
ゲームをやったり、動画を見たりなど、きわめて多機能になって
ますよね。画像や動画を撮ることもできます。で、この機能は
怪談にとっていろいろ難しいんですよね。



例えば心霊スポットに行って、不可解なものに遭遇した。
そういう話をネットの掲示場などに書くと、「画像UP!」と言われて
しまうんです。まあ、怖くて逃げ出したので、それはできなかった
としてもいいんですが、複数人とかで行った場合、誰かが
撮ってたとしてもおかしくはないですよね。

たんに「目撃した」というのが難しくなってきてるんです。で、
画像を撮れば、またそこから話が広がっていく。撮ったはずの
写真には何も写ってなかった。変なものが写っていて、怖いと思って
消そうとしても削除できない。それは呪いの画像で、友人に送ると
呪いがどんどん拡散していく・・・などのケースが考えられます。

悪趣味


また、その画像を送って、すぐに知り合いの霊能者に相談する
などの展開もできなくはありません。あと、何かに襲われた場合、
すきを見て警察に連絡するなどのことができますよね。短縮ダイアル
設定もできます。夜中に部屋のドアノブが外からガチャガチャ
回されてる。「おいおい、怖がってないで早く通報しろよ」

そういったことを頭に入れて、怪談を書いていかなくては
ならないんです。さて、携帯電話がかかわる怪談と言えば、まずは
秋元康氏 原作のホラー、『着信アリ』のシリーズをあげなくては
なりません。小説だけでなく、マンガ、映画、テレビドラマなど、
多角的に発表されています。



怪異は、基本的にある人に電話がかかってきて、発信者は自分の
携帯電話の番号です。電話には、なぜか未来で自分が死ぬときに
発した言葉が入っています。メールで画像がくる場合もありますが、
その予言?からは逃れることができません。

さらに、被害者の携帯電話に登録されている電話番号から次の
被害者が選ばれる。伝播する呪いという形になっているわけです。
で、被害者が死んだ後、なぜか口の中から赤黒い飴玉や台湾製の
石炭が発見される。どうやって呪いを解くのかという
謎解きの要素も『リング』と似た形です。

キャプチャ4445

この他にも、都市伝説的に語られる携帯電話怪談はいろいろあります。
ただ、自分はあまり携帯怪談は書いてないです。うーん、これは、
AがBに連絡し、BがさらにCにと、話が複雑になっていくからですね。
自分は時間的に、長い話は書けないので、できるだけ登場人物を
少なくしたいんです。

さて、世界にも携帯怪談はあって、最初に出てきた「ブルガリアン
ナンバー」というのが、実話として広まっています。
ブルガリアの電話会社が発行していた「0888-8888-
8888」という覚えやすい番号。これがある事情で現在は
封印されている。

キャプチャeert

最初にこの番号を使っていたのは、その電話会社の社長、
ウラジミール・グラシノフという男性。自分の会社だから自らきりのいい
番号を選べたわけですね。彼は2001年、48歳で癌のため病死して
いますが、その死因は放射性物質の中毒が疑われ、ライバル会社に
殺されたのではないかという噂がささやかれていました。

ロシアや東欧の旧共産圏では、放射性物質による毒殺は多いんです。
この番号は次の持ち主、ウラジミール・ディミトロフに引き継がれます。
同名ですが関係はないようです。この人物はじつはブルガリアの
マフィアのボスで、2003年、オランダで愛人との食事中に
射殺されます。31歳でした。犯人は見つかっていません。

キャプチャwert

3人目の所有者は、コンスタンティン・ディシリエフ。やはり麻薬
密輸と販売にかかわる裏世界の人物。2005年に首都ソフィアで
銃撃により死亡。この後、電話は警察が証拠品として押収し、
捜査に使っていたが、やがて使用されなくなった・・・

その後、この番号が発行されることはなく、携帯電話会社に
問い合わせても、ノーコメントが返ってくるばかり・・・ でもねえ、
これ、呪いとかいうより、殺されて不思議のない世渡りをしていた
人物の間で番号が回っていたということでしょう。

怖い スマホの爆発
キャプチャaaaa1

ブルガリアといえば、日本人ならヨーグルトをイメージする人が
多いでしょうが、旧共産圏の国はどこも、ソ連の崩壊とともに
マフィアが幅をきかせるようになっており、闇の深い事件がいくつも
起きています。日本にはあまり紹介されてないだけですね。

さてさて、ということで、今回は携帯電話と怪談についての
やや軽めの話でした。この他にも、中国で携帯電話に関するじつに
恐ろしい実話があるんですが、まだいろいろとヤバいので、
もう少しほとぼりが冷めてからご紹介したいと思います。
では、今回はこんへんで。





アメリカ オカルト裏観光2

2020.11.28 (Sat)
アーカイブ490

どうせ始めてしまったので、しつこくこの話題を続けます。
今回はどこに行きましょうかね。前にご紹介した「マダム・ラローリーの館」
と並ぶ幽霊屋敷と言われているのが、カリフォルニア州、サンノゼにある
「ウインチェスター・ミステリーハウス」です。ここは、
サンフランシスコに近く、たいへんに気候のいいところです。

sdrt (7)

さて、この屋敷ですが、実際に邸内で殺人が起きたりしたわけではありません。
屋敷そのもののつくりが奇妙で、それが話題を集めてるんですね。
この屋敷を建てたのは、サラ・ウィンチェスター。ライフル銃の製造で有名な、
実業家ウィリアム・ウィンチェスターの未亡人です。

サラ・ウィンチェスター
sdrt (6)

英語のWikiを見ると、1922年に82歳で亡くなっていますので、
まあ長生きした部類です。1866年に娘を若くして亡くし、
夫も亡くしたサラは悲嘆に暮れ、有名なボストンの霊媒師を頼ることになります。
この霊媒師について、自分は少し調べてみたんですが、
Adam Coons(アダム・クーンズ)という名前のようです。

行き止まりの階段
sdrt (2)

霊媒師と言ってもいろいろあるんですが、この人はスピリチュアル系で、
降霊会を開いていた記録が残っています。一般的に、アメリカの北部には
スピリチュアル系霊媒師が多いんです。(南部はもちろんブードゥー系)
で、サラはこの人物に、「これまでウインチェスター銃で死んだ数多くの
霊が、あなたを不幸にしている」と言われます。

中空に開くドア
sdrt (9)

そしてアドバイスとして、「西へ転居して家を建てろ、家の建造をずっと
続けていれば、霊たちはあなたに追いつけない」とアドバイスされるんですね。
それに従ったサラは、西海岸に土地を買い、1884年に家の建築を始め、
彼女が亡くなるまで、38年間続くんです。

家の部屋数は160とされていますが、数えるたびに違うとも言われます。
現在は4階建てで、隠し部屋や秘密通路、あるいは霊を迷わせるための、
どこにも行けない階段や、床についた窓などがあります。サラは、
一般的にアメリカでは不吉とされる13の数字が、幸運を呼ぶと信じていて、
ドアや窓、シャンデリアの灯りの数などが13個になっている場合が多いんです。

クリストファー・チャコン
sdrt (8)

あと、家の中には、入り口が1つ、出口が3つの部屋があり、
「seance room」と呼ばれ、彼女が霊と対話するためのものだったようです。
1990年代になって、ウインチェスター銃器製造会社の経営陣は、
Christopher Chacon(クリストファー・チャコン)という有名な心霊研究家に依頼し、
24時間体制で、300人のスッタフによる1ヶ月間の屋敷の調査が行われました。

この結果、数々の心霊現象が立証されたと言われます。
現在、屋敷は観光客に公開されており、13日の金曜日のツアーや、
深夜のツアーもあります。つねにこの屋敷に来ている観光ガイドの中には、
幽霊を目撃したという人も複数いるようです。

グルーム・レイク空軍基地(エリア51)
sdrt (5)

次はどこにしましょう。UFO関連にしますか。これも有名な「エリア51」
アメリカ空軍によって管理されているネバダ州南部の一地区で、
正式名称は、グルーム・レイク空軍基地です。
現役の空軍基地ですので、もちろん中に入ることはできません。

つねに厳重警戒下にあり、警備兵の警告を無視して侵入しようとすると、
銃撃される可能性さえあります。アメリカのユーチューバーが
ガチで不審尋問を受けている動画が出ていますね。ホールドアップさせられ
身体検査されていました。ここでは主にステルス機の研究を行っているようですが、
数々のオカルトな噂があるのはご存知だと思います。

歩哨に銃を向けられる
sdrt (3)

いわく、「エイリアンの遺体が密かに運び込まれて解剖された」
「グレイと言われる宇宙人が滞在していて、地球人と共同研究を行っている」
などです。サイエンスエンタティナーを自称する飛鳥昭雄氏は、
ここで、三角形のプラズマ推進による戦闘機が作られていると述べています。

ただ、これらの話のほとんどは眉唾ものです。
立入禁止区域の外はそれなりに観光化されており、レストラン、バー、
モーテルなどがあるんですが、交通機関が車だけなので、
日本人が長距離ドライブして行くのは難しいと思われます。

エリア51近くの観光施設
sdrt (1)

もう一ヶ所くらい紹介できそうですね。日本では、ホテルを舞台とした
怪談がいろいろありますが、アメリカでも、幽霊ホテルとされる
場所はいくつもあります。ホテルは年間ののべ宿泊者数が多く、それに歴史が
古いとなれば、そこで亡くなっている人の数はたいへんなものになります。

sdrt (2)

さて、どこがいいでしょう。日本のフジテレビ系列の番組、
「世界の何だコレ!?ミステリー」で報道された、アリゾナ州フラッグスタッフ
にある「ホテル モンテビスタ」がいいでしょうか。
かなりの歴史があるホテルですが、42室と部屋数は多くはありません。

アリゾナ州というと、サボテンとガラガラヘビのイメージがありますが、
昔は映画撮影が盛んだったんですね。その多くは西部劇です。
あと、『カサブランカ』の撮影にも使われ、そのときにハンフリー・ボガート
が泊まったという部屋もあり、彼の名前がついています。
また、ジョン・ウエィンもここで幽霊を目撃しているそうです。

ホテル モンテビスタ 『エルム街の悪夢』のフレディの部屋
タイトルなし

幽霊はたくさんおり、開拓時代の銀行強盗や、赤ちゃん、昔の制服を着た
ドアボーイ、シャンデリアの上から生肉を垂らしてくる肉男?
などがいるようです。ラップ音やひとりでにシーツが持ち上がる
ポルターガイスト現象が頻繁に起きているということです。
ただここも、日本からのアクセスは大変そうですね。では、今回はこのへんで。

関連記事 『アメリカオカルト裏観光』

エリア51で捕獲されたエイリアン(もちろんフィギュアで、通販で買えます)





『古事記』の謎

2020.11.28 (Sat)
33334 (4)

今回はこういうお題でいきます。日本史の内容ですね。さて、
当ブログでは歴史の謎をめぐる話もあれこれ書いてるんですが、
資料としては、できるだけ『日本書紀』のほうを使うようにしてます。
理由はもちろん『日本書紀』が正史だからです。

『古事記』と『日本書紀』では、固有名詞の用字がほとんど違っていて、
例えば、スサノオノミコトは『古事記』では「須佐之男命」、
『日本書紀』だと「素戔男尊」になります。「ミコト」を「命」に
つくるのが『古事記』、「尊」とするのが『日本書紀』と
覚えておけば わかりやすいかな。

33334 (8)

当ブログでは、特に事情がないかぎり『日本書紀』のほうの
表記を用いるようにしてます。さて、『古事記』の謎として
大きく3つが取り上げられることが多いですね。まず一つめは、
編纂者の一人である稗田阿礼(ひえだのあれ)について、
どのような人物だったか、というもの。

『古事記』の序文には、「時有舎人 姓稗田 名阿礼
年是二十八 為人聡明 度目誦口 払耳勒心 即 勅語阿礼
令誦習 帝皇日継 及 先代旧辞」と出てきます。
ここからわかるのは、舎人の身分で年齢が28歳だったこと。
たいへん聡明だったため「帝紀」 「旧辞」を暗唱させられていたこと。

太安万侶と稗田阿礼
33334 (2)

この稗田阿礼については、① 架空人物説 ② 女性説 
③ 語り部集団説などがあります。まず、名前がひじょうに疑わしい
ですよね。「雑穀の畑で生まれた(卑しい人物)」という意味に
解釈でき、なんか おざなりだなあという気がします。

このうち②の女性説は、民俗学者の柳田國男氏などが唱えていますが、
明確な根拠があるとは言えないものです。舎人とありますが、
これは皇族や貴族に仕え、警備や雑用などに従事していた身分で、
基本的に男性です。ただ、舎人だったとすれば他の資料にも名前が
みえてよさそうなのに、それはないんですね。

太安万侶
33334 (9)

まあ、結論の出るようなことではないですが、あえて言うなら
自分は①の架空人物説を取りたいと思います。つまり、そんな人は
いなかった。理由は後述します。ちなみに、稗田阿礼の誦習する
『帝紀』『旧辞』を筆録した太安万侶は実在の人物で、1979年、
奈良県奈良市此瀬町の茶畑で墓と墓誌が見つかっています。

さて、2つめの謎は、『古事記』はなぜ編纂されたのか? 
というもの。同時期に『日本書紀』が成立しており、同じような
内容のものが別々につくられた意味がわかりません。ここで
『古事記』編纂の経緯をみてみましょう。

太安万侶の墓 最終官位は民部卿従四位下
33334 (3)

その序文によれば、天武天皇の命で稗田阿礼が「誦習」していた
『帝皇日継』と『先代旧辞』を、711年9月、第43代元明天皇から
筆録して史書を編纂するよう太安万侶が命じられ、翌712年1月、
『古事記』として天皇に献上したとなっています。

645年、天智天皇らによる蘇我入鹿暗殺事件(乙巳の変)が起こり、
入鹿の父である蘇我蝦夷は、邸宅に火をかけ自害しました。このとき、
朝廷の歴史書を保管していた書庫までもが炎上したとされ、
『天皇記』など数多くの歴史書はほとんどが失われ、『国記』は難を
逃れて天智天皇に献上されたとされますが、どちらも現存していません。

女帝であった元明天皇
33334 (7)

自分の考えでは、おそらく、白村江の戦いなどで史書編纂どころでは
なかった天智天皇から天武天皇へと権力が移行したとき、
天武天皇は『天皇記』 『国記』の内容を、自分の政権に都合のいい
形に改ざんしようと目論んだのだろうと思います。蘇我氏を悪人に
仕立て、また壬申の乱での自分の立場を正当化しようとした。

以前記事に書きましたが、天武天皇は日本史上、傑出した人物で、
「天皇号」を初めて使用し、仏教と神道、どちらも天皇家に
都合のいい形で整備し、国家の霊的な支配を試みています。ですから、
前代の史書の内容の改変を計画しても不思議はないと思います。

33334 (1)

その改変のプロジェクトチームが、稗田阿礼ということです。
また、720年の『日本書紀』の完成の前に『古事記』が出されたのは、
いきなり正史でとする『日本書紀』が出て、各有力氏族から内容に
ついて、特に神話部分で異議が上がらないよう、
先触れとして周知させるため。

まあ、このあたりのことは妄想と言われてもしかたないような
ものですが、自分はそんな気がするんですよね。
さて、3つめの謎は、『古事記』偽書説です。じつは後代の作であった
というもので、全体が偽書であるという説と、序文だけが後の世に
つくられたとするものがあります。これは幕末の国学隆盛期に

天岩戸
33334 (6)

賀茂真淵が唱え、明治や昭和の時代にも論じられましたが、はっきりした
根拠はないと言っていいと思います。偽書説の論点の一つが、稗田阿礼の
実在性が非常に低いことなんですが、自分は、これまで書いてきたように、
稗田阿礼とは歴史改変のための機関だったという説を取っていますので、
実在性が低いのは不思議とは考えません。

さてさて、ということで、『古事記』についてみてきました。
いずれにしても、『日本書紀』 『古事記』ともに、壬申の乱の勝者である
天武朝がつくった史書なんですよね。その視点はつねに考慮しておく
必要があるかと思います。では、今回はこのへんで。

関連記事 『霊的巨人 天武天皇』

33334 (5)




bigbossmanの冒険

2020.11.28 (Sat)
これは自分(bigbossman)がいろいろな人にインタビューするという形式で
書いたお話です。霊能者のKさんは出てきていません。基本的には会話で話が
進んでいきます。オススメとしては、「亀乃の怖い話の話」 「霊能者を試す話」
 「語りえぬ鹿の話」 「背中をつつく話」 「宮司さんから聞いた話」
 「エンガチョを切る話」などでしょうか。

・ 背中をつつく話

・ 亀乃の怖い話の話

・ ネット霊能者の話

・ 心霊理論の話

・ ホテルの怖い話

・ 地獄と抗癌剤の話

・ 鳥屋さんから聞いた話

・ 霊能者を試す話

・ 病院での話

・ 3段階の話

・ 部屋の幽霊の話

・ 山の怖い話

・ 古墳の発掘の話

・ 語りえぬ鹿の話

・ 蛇の子の話

・ 理学療法士さんから聞いた話

・ 画像の話X2

・ 富来沢の話

・ 宮司さんから聞いた話

・ 棟梁から聞いた話

・ フィルム写真の話

・ 管の鬼の話

・ 願われる話

・ ある病院の話

・ エンガチョを切る話






ワイアットがゆく!

2020.11.28 (Sat)
アーカイブ489

今日も怖い話ではありません。日曜までの3日間、自分は大変忙しく、
怖い話は書けないかもしれませんので、お茶濁し的な記事です。
さて、今日紹介するのは、ロン・ワイアットという人ですが、
日本ではあまり名を知られた人物ではありませんね。

アメリカでも、本は出しているものの、一部で有名という感じでしょうか。
これは、この人物がもう15年前に亡くなっているということもあるでしょう。
ロンは愛称で、フルネームはロナルド・エルドン・ワイアットです。
(Ronald Eldon Wyatt1933-1999)

本業は麻酔技師のようですが、アマチュア考古学者として数冊の本を
書いています。金髪でかなりの長身、きわめて格好いい人でした。
日本の「インディアナ・ジョーンズ」のWikiには書いてなかったんですが、
アメリカではそのモデルの一人として考えている人も多いです。

ロン・ワイアットの著作


主な業績としては、イエス・キリストの墓と契約のアークの発掘。
ノアの箱舟の発掘、モーゼの紅海渡海の海底痕跡発見 (笑)などです。
キリストの墓の話もたいへんオカルト的には興味深いものですが、
(彼とそのグループはキリストの血痕を採取し、その染色体分析から、
 キリストが処女懐胎されたことを証明したと主張しています)

今回は、ノアの箱舟のほうを少し見てみたいと思います。
まず、ノアの箱舟(方舟)については、みなさんご存知でしょう。
旧約聖書の『創世記』で、人々の堕落に怒った神が、善良に生きるノアと
その家族以外を滅ぼすために大洪水を引き起こし、ノアには預言を与えて

巨大な箱舟を造らせ、多種の動物を乗せて洪水期間中を漂流し、
最後はアララット山付近に流れ着いた、とする伝説です。オカルト的には、
ノアの箱舟のようなものは聖遺物のジャンルに含まれます。
有名なところでは、英国のアーサー王伝説に出てくる聖杯、

ノアの箱舟のテーマパーク 訪れているのは創造論の人々が多い



ヒトラーも欲したというロンギヌスの槍(キリスト処刑時に脇腹を刺した槍)
聖骸布、聖釘などのことですね。キリスト磔の十字架にいたっては、
すべてを合計すると何十本分にもなるほど各地にあります。
・・・このあたりを説明していると、本一冊書けるほど長くなって
しまいますので、簡潔にいきます。

ノアの箱舟の漂着先の候補としては大きく2ヶ所あって、一つは
アララット山の山頂近く、標高4000mを超える氷河中に埋もれた
ものです。衛星から撮影した次の画像が有名です。測定の結果、
船の各部の大きさが聖書の記述とピタリ合っているんだそうです。

ノアの箱舟伝説自体は、古代にメソポタミア地方周辺で実際にあった
洪水の記憶が元になっている可能性は高いですが、アララット山の
この高さまで水がいくことは、科学的にはどうやってもありえません。
サイエンス・エンタテイナーを名乗る日本の飛鳥昭雄氏は、
このときの水は月から来たと主張されていますが・・・

アララット山中の氷結した箱舟?


もう一つの候補は、アララット山から約30km離れたところにある、
通称「箱舟地形」と呼ばれるもので、こちらは観光客でも行けるところです。
まあ、聖書には漂着地点が「アララットの山々」のように記されているので、
ここだから間違いだということもないんですが。

箱舟地形 上の写真よりはだいぶ低地


箱舟地形の調査報告


ロンが調査したのはこの箱舟地形で、巨大な石の碇(いかり)や
リベットを発掘し、箱舟の内部構造も明らかにしたとされます。
ただしこれらの調査結果は、残念ながら本国アメリカの考古学界では
まったく認められていないようです。石の碇は個人の墓標、
レーダー調査はダウジング (笑)であったという疑惑が持たれています。

英文Wikiによれば、彼はセブンスデーアドベンチスト教会という、
キリスト教プロテスタントの会派に長年所属(破門されたようです)
していて、これは有名なキリスト教原理主義団体です。
聖書にある記述はすべてが真実である、という教えを広めていて、
ロンもそれに従って精力的に活動していたわけです。

前に、「生き残るオカルト」という項で書きましたが、アメリカには、
「創造科学 インテリジェント・デザイン」という考え方があり、
聖書の記述はすべてが真実である、というところから出発して、
ひじょうな熱意を持って、あらゆることを
この立場から説明しようとする人物がいます。

飛鳥昭雄氏
飛鳥昭雄-画像

ロナルド・ワイアットもその一人ですし、
前記した日本の飛鳥昭雄氏もモルモン教の信徒です。
統計によれば、アメリカでは進化論を信じる人は40%で、
信じないという人も同数程度いるんですね。

学校で進化論を教えてはいけない、とする裁判がいくつも
起こされていて、進化論を教えるなら、インテリジェント・デザインも
平行して教えるべきだ、という主張も各州で見られます。
カトリック教会では進化論はけして否定されてはいないんですが、
プロテスタントの強いアメリカでは、そういう現状があるわけです。

「キリストの墓」を発掘するワイアット


最近話題のノーベル賞受賞者を200人以上輩出しているアメリカですが、
このような側面も持っているんですね。ISISによる、
シリアのパルミラ遺跡の破壊がありました。これは、
「偶像崇拝を禁じる」というイスラムの教えによるものですが、
(ムハンマドが異教の神像を叩き壊した逸話は有名ですね)

はっきり言って蛮行です。ただ、キリスト教原理主義者の行動というのは、
関心が少ないせいもあるでしょうが、日本ではあまり報道されていません。
この項で記しているロン・ワイアットも、その発掘の多くは
合法的な許可を得ているものではありません。

自分は考古学を専攻していたので、勝手な発掘には当然反対の立場ですが、
じつはロン・ワイアットのことは嫌いではありません。
この人には人間的な魅力があるんですね。興味を持たれた方は、
英文文献をあたってみてください。 

関連記事 『生き残るオカルト』  ロン・ワイアット公式HP

ワイアット晩年の勇姿 右側の石がノアの箱舟の碇とされるものですが、
上部の穴にロープや鎖を通して長時間吊るすのは、石の重さからして不可能に見えます








鳥使いの話

2020.11.27 (Fri)
大学生 北原光輝さんの話
こんばんわ、じゃあまず俺の話からですね。あ、いや、今夜来てる
他の2人の人とは知り合いじゃないです。初めて会いました。
俺、都内の〇〇大学の3年で・・・じつはすでに1年ダブってるんで、
4年目なんです。いや、勉強サボったってわけじゃなく、金のせいです。
親が学費出してくれないんで、夕方から夜中までずっとバイトで。
ほとんどが飲食店関係ですけど。それで、あれは2ヶ月前の、ええと、
居酒屋のバイトの帰りだから木曜日か。たしかそうです。
夜中の3時過ぎでした。居酒屋は片づけが終わるとそんくらいの
時間になります。疲れきって、自転車でふらふら自分の部屋に向かって
たんです。そんな時間だから、さすがに道路にはほとんど車は
通ってなかったです。で、そんとき、俺の後ろから

大型スクーターが大音響で音楽を鳴らしながら追い越してって。
さらにですね、少し遅れて大型のセダン、たぶん外車だと思うけど、
それも猛スピードで走ってったんです。もう少しで俺と接触するとこでした。
で、50mくらい先の交差点で、どっちの車も左折してったんです。
え? いや、スクーターと外車はたぶん関係ないと思います。
追っかけてたようには見えなかった。俺がその交差点にやっと
さしかかったとき、「ズザザ、ガシャン!!」て大きな音がしたんです。
「あ、事故ったか」とすぐ思いました。左折すると、やっぱそうで、
その先にまた交差点があって、道路脇にスクーターが倒れてました。
「あー、やりやがった」と思いましたよ。近づいていくと、乗ってたのは
俺と同じくらいの年の男で、顔の出るヘルメットはかぶってたんですが、

体が倒れたスクーターとガードレールの間にはさまって、ピクリとも
動かなかったんです。これ、俺が警察とか呼ぶしかないですよね。
しょうがなく、スマホで警察に連絡し、事故のことを言ったら、
救急車は向こうで呼ぶってことだったけど、話を聞きたいからその場で
待っててくれって言われたんです。こりゃ朝までかかるだろ、
運が悪いな~って思いましたよ。しょうがないんで、スクーターの脇に
立ってました。倒れてる男は、暗くてよくわかんなかったけど、
血が出てるとかはないようでしたが、やっぱまったく動かなくて、
もしかして死んでるのかって、怖くなってきたんです。そのとき、
「コー、コカー」って変な音が聞こえたんです。そっち見たら、
道路の反対側の歩道に、変な人が立ってこっち見てたんです。

男です。背が高くて、コート着てたと思いました。でも、あのときは
まだ9月で雨も降ってなかったのに。それと、肩の上に何かがいて、
それがコーという音を出してたんです。「え、何だろう?」と思ったとき、
ふわりと浮いたんです。で、道路の上を渡ってこっちにやってくる。
半分くらいまで来たとき、何かわかりました。鳥ですよ、真っ黒な鳥。
いや、カラスじゃないです。もっと首の長い・・・後になって図鑑見たん
ですけど、サギに似てました。クロサギってやつ。それがね、ゆっくり
羽ばたきながらやってきて 俺の頭の上をかすめ、脇によけると、その倒れてる
スクーターの人の頭の近くに下りて、クチバシでヘルメットをつつく・・・
いや、なでるような仕草をしたんです。一瞬、追い払おうかとも考えたけど、
倒れてる人を動かしちゃマズいし、怖かったんですよ。鳥は1分くらい

そうしてて、そのうちパトカーのサイレンの音が聞こえてくると、また
飛び上がって、道の向こうの人のとこへ戻ってたんです。で、その人は鳥と
ともにビルの間に入ってって・・・はい、救急車とパトカーが同時に到着し、
倒れてる人は搬送され、俺はパトカーの中で事情を聞かれました。特に
聞かれたのが、スクーターとその後の黒い外車との関連。スクーターが
曲がり際に倒れてたことで、警察は後ろから追い越した外車がスクーターを
巻き込んだんじゃないかって疑ってるみたいで。それに関しては、俺は見てない
からわからない、って答えるしかなかったです。まあ、朝になってその場の
タイヤの跡とか調べれば何かわかったのかもしれません。ニュースとかには
出なかったけど、数日後、現場に花が供えられてたので、あ、死んだんだなって。
いや、鳥のことは話をしなかったです。しても関係ないと思われそうだし。

会社員 峰 洋平さんの話
次、私の番ですね。今話をされた前の人とよく似た内容なんです。たぶん
同じものを見てるんじゃないかと思います。時期は・・・やっぱ2ヶ月ほど
前ですね。え、よく思い出してくれって? ええと、あ、水曜です、
9月○日の。私、営業で外回りをしてたんです。で、会社に戻ろうとして
私鉄の〇〇駅にいたんですよ。時間は4時ころ。まだ帰宅ラッシュに
かかる前で、ホームにはそんなに人はいませんでした。でね、乗ろうとしてる
電車が来たとき、自殺者があったんです。いや、電車に乗ってて人身事故の
アナウンスは聞いたことがありますけど、実際に飛び込みを見たのは初めてです。
40代くらいのサラリーマンでした。ホームの真ん中らへんにいたんですよ。
それが、電車が入ってると急にダッシュして線路にダイブしました。
音はしたんでしょうけど、電車の音に消されてましたね。その人の体、

同じこっち側のホームのだいぶ先のほうまで飛ばされて落ちたんです。
で、意外にも損傷は大きくなかったんです。電車の前面って、
やや丸みがありますよね。だからかもしれないです。けど、ピクリとも
動きませんでした。その後、私は行かなかったですけど、ホームにいた
人の何人かが、倒れてる人のほうに走ってって、遠巻きにですが、スマホで
写真撮り始めたんです。・・・どうせ人に見せたら消すだけだろうに、
物好きが多いんですね。そしたらです、ホームの先のほうから、
背の高い人が歩いてきたんです。そこはもう停まる電車なんてないとこです。
まだ9月で残暑もあったのに、着てるのは長い黒いコート。
まあそこまではいいんですが、肩にでかい真っ黒な鳥がのってたんです。
私は鳥とか興味ないし種類なんてわかりませんが、前の方がサギって

言われましたよね。そう言えばそれっぽかったかもしれません。
で、そんな変な人が近づいてきてるのに、写真撮ってるやつらは誰も
反応しないんです。これも不思議でしたが、今考えれば、私にしか
見えなかったのかもしれません。それでですね、その鳥はふわっという感じで
コートの人物の肩を離れ、まず倒れてる自殺者に近づいていったんですが、
低く頭の上をかすめただけで、スマホを持ってる野次馬のほうに向かっ
たんです。でも、誰もよけようとしないし・・・鳥は首を前に伸ばし、
頭を下げて、スマホを持ってる一人の若い男性の頭頂部をコーンという感じで
突いたんですよ。かなり痛いはずなのに、その人、気づかないみたいに写真を
撮り続けてました。鳥はそのまま上昇して空に消え・・・ え?そのコートの
男の顔ですか。それが・・・たしかに見たのに、全然記憶にないんです。

主婦 市川春菜さんの話
はじめまして、こんばんは。よろしくお願いします。これまで2人の方が
おしゃってましたように、やはり今年の9月のことです。はい、
メモしてます、9月○日の金曜日。最初の方が事故を目撃した翌日の
ことだと思います。じつはうち、埼玉のほうにですけど家を新築しまして。
そのときは、主人と子どもを連れて、郊外の家具店に行ったんです。
北欧調のテーブルやイスを見に。けど、やっぱりああいうのって高価いん
ですね。とても予算が合わなくて、しょんぼりして帰ろうとしたときです。
駐車場の車に子どもが走っていこうとしたのを主人が手を引っぱって
止めたんです。なぜかというと、私らのミニバンの隣に黒い高級そうな
外車が停まってて、それに、いかにもその筋らしい男性が近づいていくのが
見えたんです。ええと、あの、その筋っておわかりですよね。

何かあったら嫌じゃないですか。ですから、その人の車が出てから乗ろうと
思ったんでしょう。立ち止まっていると、「コオォォォオ~~」という甲高い
叫び声が上のほうで聞こえ、見上げると大きな鳥が下りてきたんです。
たぶんサギだと思います。頭のとこにギザギザの毛が見えましたから。
真っ黒なサギです。それが一直線に近づいてくると、鋭いクチバシを外車に
乗り込もうとしてる人の頭にガツンという感じで突き刺し・・・でも、その人、
まったく気がつかない様子で、車に乗り込んで出ていったんです。驚きましたが、
主人も息子もそんなものを見てないというのは後でわかりました。鳥は何度か
駐車場の上を旋回し、それから遠くにいる黒いコートを着た人の肩にとまった
ように見えました。え、外車ですか。はい、左後ろのタイヤのあたりが大きく
傷ついてました。すごい車なのにもったいないと思って、覚えてたんです。

キャプチャ





ハリー・ポッターの土壌

2020.11.26 (Thu)
キャプチャ4445
グレイフライアーズ・カークヤード墓地

今回はこういうお題でいきます。オカルト論ですね。けっこう怖い
話が出てきます。みなさんは『ハリー・ポッター』シリーズを
お読みになったでしょうか。中には映画だけ観たという方も
おられるかもしれません。映画のシリーズはかなり原作に
忠実につくられていました。

自分は、1997年に『ハリー・ポッターと賢者の石』が
出版されたときは、じつはそこまで注目してなかったんです。
子ども向けのファンタジーだろうと思ってました。ところが、
続巻がどんどん出るにしたがって、作品中の世界観が大きく、
しかもよく練られ、周到に統一されていることに気がつきました。

キャプチャerty

ああこれは、最初から大きな構想があって、それを少しずつ
書いてるんだということがわかったんですね。登場人物の
ハリーやハーマイオニーの学年が進んで人間的に成長するにつれ
ストーリーがどんどん複雑さを増していって、後のほうの巻は
大人でも十分な読み応えがあります。

さて、ハリー・ポッターのシリーズは、世界的なベストセラーになり、
大好評ですが、一部キリスト教からは批難もあるんですよね。
「魔法使い、魔女」という存在に対するアレルギーとも言えます。
特にアメリカでの批判が大きく、有害図書に指定されたりしています。


グレイフライアーズ・カークヤード墓地

では、ご当地イギリスはどうかというと、そこまで大きな批判は
出てないんですね。これは何度か記事に書きましたが、
イギリスではもともと、あまりキリスト教の力は大きくありません。
その理由は2つほどあげられ、まず一つは、島国であった
イギリスはキリスト教の受容が遅れたこと。

正式にキリスト教がブリテン島に入ったのは6世紀のことです。
イエス・キリストの誕生は紀元前後で、ローマ帝国でのキリスト教
国教化が4世紀。ですから、ずいぶん遅れたことになります。
それ以前はドルイド教などのケルト系土着宗教で、幼児など
人間を生贄に捧げていたことが、ローマ帝国の記録に残っています。

キャプチャert
グレイフライアーズ・カークヤード墓地

もう一つの理由は、王侯貴族がハチャメチャをやったことです。
まず15世紀、国王ヘンリー8世は6人の妻を持ちましたが、
カトリックで禁じられていた離婚を断行して破門されてしまい、
英国教会ができました。ちなみに、ヘンリー8世は2人の妻を
無実の罪で処刑しており、その幽霊が出るとも言われます。

その後、16世紀になると女王メアリー1世がカトリックへの復帰を
試み、英国教会に連なるプロテスタントを迫害、子どもを含めた
数百人を処刑しました。このことから、メアリー1世には
ブラディメアリー(血まみれのメアリー)の異名がつけられ、
トマトジュースを使ったカクテルの由来にもなっています。

キャプチャqwert

さらにこの後、日本では知られていませんが、17世紀にジョージ・
マッケンジー卿という法律家が、英国教会のプロテスタント長老派に
対し非人道的な拷問や斬首を行い、多くの命を奪ったとして
血のマッケンジー卿と呼ばれます。で、この人物、ハリー・ポッター
シリーズの敵役、ヴォルデモート卿のモデルとも言われてるんですね。

マッケンジー卿は1691年に亡くなり、スコットランドの首都     
エディンバラの「グレイフライアーズ・カークヤード墓地」に
その墓があるんですが、この墓地は「世界で最も呪われている」と
されます。マッケンジー卿の墓は長い間封印されていましたが、
1999年の冬、ホームレスが寒さを逃れようと忍び込み

ジョージ・マッケンジー卿
キャプチャwerty

封印を解いてしまった・・・450人近くの訪問者が、突然、
火傷や打撲などの奇妙な跡が体に現れ、また100人以上が墓の前で
気絶するという異常な現象が起きたとされます。イギリスの
テレビ番組でこの現象は取り上げられ、超常現象ドキュメンタリー
番組「Most Haunted」に出演する研究家のリチャード・フェリックス氏

( Richard Felix)は、「世界で最も説得力のある超常現象の事例の1つ」
と語っています。で、この墓、現在は危険があるということで、
エディンバラ市は一般来訪を禁止し、そのかわり、
ガイドツアーつきで有料で公開されているようです。

トーマス・リドルとある墓
キャプチャqwe

まあねえ、かなり怪しい話で、墓の封印が解かれたとされるのが
1999年で、ハリー・ポッター初刊の発売後です。ですから、
噂を流して墓地の観光化をもくろんだということが考えられます。
そういう形でオカルトが発生するケースは多いんです。

また、これとは別に、墓地には「トーマス・リドル(ヴォルデモート
卿の本名)」という人物の墓もあり、多くのハリー・ポッターファンが
来訪してお花や手紙を墓に置いていくんだそうですが、作品の中の
創作された人物とは明らかに別人ですし、どうなんでしょうか。

ジョージ・マッケンジー卿の墓堂
キャプチャ34

エディンバラは、J・K・ローリング氏が無名時代を過ごした街として、
知られており、グレイフライアーズ・カークヤードにもよく散歩に
来ていたそうです。墓地の近くには、ハリー・ポッター第一巻を
執筆した「ザ・エレファント・ハウス」というカフェもあり、
ここも観光名所になっているようです。

さてさて、ということで、『ハリー・ポッター』シリーズが生まれた
イギリスの土壌を見てきました。みなさんがもしイギリス旅行を
計画されているなら、ぜひエディンバラの「グレイフライアーズ・
カークヤード墓地」を計画に加えてみてください。超常現象に
出会うことができるかもしれません。では、今回はこのへんで。

ザ・エレファント・ハウス





アメリカ オカルト裏観光

2020.11.26 (Thu)
アーカイブ488

今回はこういうお題でいきます。みなさんはアメリカに行かれたことが
あるでしょうか。ハワイに行った方は多いでしょうね。
自分は昔、アメリカに住んでたんですが、自分のいる州から出たことが
あんまりないんです。アメリカの国土は広く、
移動は飛行機が基本で、それにはお金がかかるからです。

さて、今回はアメリカのオカルト的な裏観光名所をご紹介していきます。
といっても、自分が実際に行ったことがあるのは、
このうち2ヶ所だけですので、もしかしたら間違いとかあるかもしれません。
最初はどこにしましょうかね。「マダム・ラローリーの館」がいいかな。

マダム・ラローリー
dssss (6)

ルイジアナ州のジャズの町、ニューオリンズのロイヤル・ストリートにある
3階建てマンションで、1800年代、医師のラローリー博士と、
その妻、デルフィーン・ラローリーが住んでいました。
デルフィーンは美貌で知性的、社交界の花形だったんですが・・・

当時はまだ奴隷制度があり、ラローリー家では使用している奴隷が
頻繁に入れ替わる。そして、夜になると幽霊が出るとの噂が立ち始めました。
館のまわりを黒人奴隷の幽霊が歩いている。それも、
腹から腸をはみ出させたり、口と目を糸で縫いつけられた悲惨な姿です。

そしてある夜、ラローリー家が火事になり、駆けつけた消防士に、
一人の黒人奴隷が自分が火をつけたと訴え、館の屋根裏部屋を見てくれと
言います。屋根裏に入った消防士たちが見たものは、
おびただしい血の跡と、残虐な拷問具の数々。後に、この館の地下から、
埋められた75人の遺体が発見されています。

現在の「マダム・ラローリーの館」
dssss (7)

いくら奴隷に対するしうちといっても、これはあんまりで、
ラローリー夫妻を私刑にしようと群衆が館のまわりを取り囲みましたが、
騒ぎのどさくさにまぎれてデルフィーンは逃れ去り、パリに渡って
生涯を終えたと言われます。この館は改修されて現在もあり、
アメリカでは、「ウインチェスター・ミステリー・ハウス」と並ぶ幽霊屋敷です。

次はどこへ行きましょうか。「オレゴン・ヴォルテックス」にしましょう。
場所はオレゴン州ゴールドヒル。そこでは地磁気の異常があるのか、
ヴォルテックス(渦)が物理法則を支配しています。
そこにコンパスを持ち込むと、ぐるぐる回って止まらない。

dssss (9)

ボールが低いところから高いほうへ転がる。やわらかい毛の箒が立つ。
背比べをしている人の身長が変化するなどと言われます。下図の傾いた家は、
ゴールドラッシュ時代の1890年、鉱石の金の含有率を調べるため、
わざと傾けて建てられた・・と伝えられています。

dssss (8)

ネタバレをすると、ここは観光用のテーマパークなんですね。
ボールの動きや身長が変化するのは、錯視を利用したトリックとされてます。
上記の家も、おそらく、そのためにわざとゆがめて建てられたんでしょう。
自分は訪問したことがありますが、それなりには面白かったですけど、
ま、近くに行ったら寄ってみる程度のものですね。

次、ヴァージニア州ポイント・プレザントにある「モスマン博物館」
これは行くと激しく後悔すると思います。ただのしょぼいドラックストアですから。
モスマンはオカルトフアンならご存知でしょう。
1966年にウェストバージニア州一帯で目撃が続いた空を飛ぶ怪物で、
エイリアンのペットではないかとする説まであります。

「モスマン博物館」
dssss (2)

1967年、ポイント・プレザントのシルバー・ブリッジ付近で
モスマンが目撃され、その日、橋は崩落して犠牲者46人を出す大事故となりました。
これ以後、モスマンの目撃例はぱったりと途絶えます。
モスマンの話は、後に『プロフェシー』という映画になりましたが、
制作に関わった関係者の謎の死が相次いで発生したとされています。

モスマン像
dssss (1)

次は都会へ行きましょう。「エクソシストの階段」アメリカの首都、
ワシントンDCのMストリートにあります。1973年の映画『エクソシスト』の
ラストで、カラス神父が自分の体に悪魔をのりうつらせ、
ここを転げ落ちたシーンは有名です。ただし、撮影に使われたのは階段だけで、
近くにリーガンの住んでいた家はありません。

「エクソシストの階段」
dssss (3)

次、マサチューセッツ州セイラム(ダンバース)にある「セイラム魔女博物館」
1692年、セイラム村の200名近い村人が魔女として告発され、
19名が処刑、1名が拷問死、2人の乳児を含む5名が獄死した事件を記念して
建てられたものです。自分は行ったことがありますが、すごい混んでましたね。

「セイラム魔女博物館」
dssss (4)

町全体がこの黒歴史を観光化してまして、他にも蝋人形館などがあり、
帽子などの魔女グッズや魔女アイスが、あちこちで売られてました。
まあ、ここだけを目的にしてアメリカに渡る人はいないと思いますが、
行けば行ったでなかなか面白いと思います。

最後は、「悪魔のおもちゃ箱(Devil's toybox)」
場所はルイジアナ州北部のどこか(笑)。そこには6面が鏡張りになっている
小屋があり、その中で4分以上過ごしたものは精神に異常をきたす・・・
これはアメリカのネットロアで、日本でいうと「杉沢村」みたいなものです。
ですから、実際に行くことはできません。

dssss (5)

さてさて、ということで、全部で6?つのスポットを見てきましたが、
まだまだいくらでも思いつきます。これはぜひとも、続きをやりたいですね。
ただし、実際に行ってみて「なんだよ、これ」と思われても、
当ブログでは責任はとれません。では、今回はこのへんで。





医療と言葉とプラセボ

2020.11.25 (Wed)
注射という文字を見て、喜びを感じる人はあまりいないでしょう。
多くの人にとって注射は嫌なものです。注射前にかけられた言葉で、
痛みが変わってくるという研究があります。

「大きなハチに刺されたような痛みがあります」と言われたグループと、
「治療が楽にすすむように局所麻酔をします」といわれたグループでは、
同じ注射であっても痛みの感じ方に変化があるのです。もちろん後者の
ほうが痛みを少なく感じます。
(yomiDr.)

ffff (8)

今回は科学ニュースというか医療ニュースからこういうお題でいきます。
これ、なかなか難しい内容で、自分もまだ考えがまとまっていない
部分もあります。さて、引用のニュースですが、これは一種の
「プラセボ(偽薬)効果」ですね。プラセボ効果とは、ネット辞書によれば

「偽薬(本当は薬ではない成分)を投与したにも関わらず、症状が回復
したり和らいだりする現象」となっていて、この効果が実際にあることは、
臨床試験や心理学の実験で確認されています。また、逆に、事前に
「この注射は痛いですよ!」などと強く言うことにより、通常より
大きく痛みを感じたりするなどの場合を「ノセボ効果」と言います。

問題とされた治療器具 これに限らず、ヨーロッパでは
ダウジングのようなものは、現在でもたいへん信じる人が多いです

ffff (3)

プラセボ効果に関する初めての実験は18世紀後半に行われています。
ある医師が金属製の筒のような器具で患者の体を刺激し、高額な料金を
取っていました。これに疑問を持った別の医師が、筒の素材を他の
効果がなさそうなものに変えても、やはり患者の病状は改善したんです。

現在 巷にあふれている、サプリメント、健康食品、宗教的な手かざし、
川島なお美さんが受けたとされる金の延べ棒で患部をなでる療法なども、
一定のプラセボ効果があると考えられます。ですから、いつまでたっても
疑似医療行為というのはなくなりません。ここには、後述しますが
じつにやっかいな問題があるんです。

ffff (7)

一般的にはプラセボという言葉は、偽薬や偽手術などで使われるんですが、
たんなる言葉だけでもその効果は現れます。こう書くと、心理的な効果だろう
と思われる方もおられるでしょう。つまり、偽薬を飲むだけ、肯定的な言葉を
かけられるだけで心が楽になる。もちろんそうですが、プラセボ効果には
物理的に肉体が反応していることを示す強力な証拠がいくつもあります。

さて、もう少しプラセポ効果の話を続けましょう。これ、不思議なことに、
最初から偽薬と患者に告げた場合でも効果があるんですね。ハーバード大学の
実験で、過敏性大腸症候群の患者80名に対し、半数は何も投与されず、
残り半数には、「砂糖など効果のないものからこの薬はできているが、心と
身体の自己治癒力によって、過敏性大腸症候群の治療に効果があることが

ffff (1)

臨床実験で証明されている」と説明し、わざわざ偽薬というラベルが
貼ってある薬を飲ませたところ、何も投与されなかった群の2倍の患者で
症状の改善が見られたんです。さらに、錠剤の偽薬よりも、偽注射をした
ほうが効果が高いという報告や、その偽薬が高価であるほど症状が
改善されるという実験結果が出されているんです。

さらに、アメリカの研究によれば、プラセボ効果は近年、より強力に
なってきているということです。特に抗鬱剤、睡眠導入剤、鎮痛剤で
はっきり出ています。この現象の理由として、患者が以前よりも
医師や薬局を信頼するようになったことが原因であるという
説が出されています。うーん、自分もその可能性は高いように思います。

プラセボ効果には、脳から出される神経伝達物質の一つである
エンドルフィンが関係している可能性が指摘されています。エンドルフィンは
脳内麻薬などとも呼ばれ、快感を与えることが知られていますね。
ある実験で、エンドルフィンを阻害する成分を混ぜた偽薬を投与したところ、
プラセボ効果は ほとんど起こらなかったという結果が出ています。

ffff (5)

で、上で書いた疑似医療行為についてですが、例えばある宗教団体で、
教祖から入念な手かざし行為を受けた信者がいたとします。
その信者は教祖をたいへんに尊敬しており、また手かざし行為に対し、
完全な信頼を置いている。そうした場合、ひじょうに高いプラセボ効果が
出ると思われます。

このあたり、医療とは何かということが突きつけられてるんじゃないで
しょうか。現代の医療で、細菌感染による肺炎に対する抗生物質のように、
すぐにはっきりした効果が出る薬というのはそう多くはありません。
今回のコロナ禍でも、レムデシビルが効くとか効かないとか、
アビガンがどうとか、たいへんな騒ぎでしたよね。

WHOからコロナには推奨されないと勧告が出たレムデシビル
ffff (4)

どちらも、そこまではっきりした臨床結果が出ないんです。これは
他の薬も同じで、製薬会社が新薬を開発し、理論的には必ず
効果があるはずだと考えていても、臨床試験の結果がプラセボを
上回ることができず、新薬として承認されずに研究資金がムダになる
ケースが多々あるんです。

さて、残りスペースが少なくなってきました。闘病ブログを読めば、
主治医との関係に悩んでいるといった内容がよく出てきます。
時間をかけて治療すれば治るだろうという展望が見える病気より、
転移再発してしまったがんなど、完治が見込めないケースにおいて
より多いように思えます。

ffff (2)

これねえ、自分は医師や病院の側にも、患者側にも原因があるだろうと
考えています。患者側はがんを完治させたいのに、延命しかないと
言われれば不満ですよね。じゃあ完治させられる治療がどこかに
ないかと探して、詐欺的な代替医療にはまり込んでしまう。
逆に、医師側はたくさんのケースを見てきているので、

その患者がどうなるかは予想がつきます。まあそこがプロなわけです。
ですから、安易に希望を持たせるようなことは言えません。
「必ず治してあげます」なんて絶対言えないんです。ですが代替医療、
民間医療では、薬事法等に引っかかるので表立って宣伝はしてなくても、
患者に面と向かっては、そういうことを言う場合は多いんですね。

ffff (6)

さてさて、真薬と偽薬は見分けがつかないようになっています。
それと同じように真の言葉と偽の言葉もなかなか見分けることは
できません。まして末期がんの患者のように心が弱っている場合は
特にそうでしょう。いくら人生経験があってもです。最初に難しい
問題だと書いた意味がおわかりいただけたかと思います。

当面、解決策はないように思いますが、医師や病院側は患者にかける
言葉を選ぶべきでしょうね。医療はサービス業としての側面も
ありますので、患者にはどういう言葉をかけるのがいいのか。
コミュニケーションをもっと研究する必要があるかと思います。
では、今回はこのへんで。

追記
医療と言葉というのは難しいんですよね。例えば、AとBという医師がいて
A医師は患者につねに優しい言葉をかけ、励ましてくれる。B医師はいつも
冷静で、ときには冷たいと感じさせるような事務的な態度。この場合、
患者にとっては当然A医師のほうがいいですよね。実際に予後に違いが
出てくるかもしれません。

ただ、医師は忙しく、大病院であるほどたくさんの患者を相手にしています。
物理的に、患者に声をかけ話し合う時間がない。また、末期がんなどで
余命がある程度わかる患者の治療に思い入れをしても、いずれ患者は
亡くなるでしょうし、医師は疲弊し、燃えつき症候群などに陥るかもしれません。
医師や看護師などの医療者は、しょせんは他人ですしね。

この事情は諸外国でもあまり変わりはなんですが、ただ、日本と違うのは
宗教が信じられていることです。こう書くと、「えーでも、置引きとか殺人とか
キリスト教国の犯罪は多いよね」と返ってきます。たしかにそのとおりで、
教皇庁のあるイタリアなんかも窃盗など多いんですが、ここで言う、宗教が
信じられているというのは、宗教コミュニテイがきちんとあるということです。

病院内にチャペルがあり、頼めば神父、牧師さんが病床まで来てくれる。
死後の神の国を信じている人がまわりに複数いて、話をすることができる。
このことで患者の死への不安が軽減されるでしょう。日本は、人工呼吸器や
胃ろう、経管栄養など、終末期医療は異常に発達しましたが、
亡くなる人への心のケアはほとんどありません。

最近は、緩和ケア病院で心のケアもしていこうとする看取り医師が
増えてきましたし、「臨床宗教師」を普及させようとする動きもありますが、
まだまだですよね。長寿社会であり、配偶者を先に亡くしたお年寄り、
独身者も増え、孤独死が社会問題にもなっています。
なにしろ年間140万人近くが亡くなっているんですから。

日本の国全体で、人の死に方について考える時期に来ていると思います。
医療も、現在の延命中心の治療について考え直す必要があるでしょう。
人が心安らかに死んでいけるプロセスの研究を進める。これは遺産整理、
ペットのこと、その他の終活の援助も含めてです。・・・需要はあると思います。
不謹慎と言われそうですが、ビジネスにもなるんじゃないでしょうか。





アーカイブ 笑いのオカルト

2020.11.25 (Wed)
taeh (5)

今回はこういうお題でいきます。「笑い」についてWikiを見ると、
いきなり最初に、「動物の中で笑うのは人間だけである」と出てきて、
自分は疑問を持ってしまいました。なぜなら、これについては、
動物も笑うことができるとする研究もあるからです。

例えば、ドイツのフンボルト大学の研究では、ネズミはくすぐられると
笑うという結果が発表されています。え、でも、おかしくて笑うのと、
くすぐられて強制的に笑わされるのは違うんじゃない、
と思われるかもしれませんが、両者の区別は難しいんですね。

人間もやはりくすぐられると笑いますが、これは体表にある
感覚皮質の神経が興奮するためです。で、この神経が興奮すると、
脳内のある部位に信号が伝わって笑いが生じます。
ただまあ、ネズミの場合、ギャグマンガを読んだり、
落語を聞いて笑うということはありませんよね。

笑うネズミ
taeh (2)

そういう知的活動がほとんどできないためですが、結果として、
くすぐられて笑うのも、ギャグを見て笑うのも、脳内で起きる最終的な
反応に大きな差はないんです。ですから、上のWikiの内容も、
「動物の中で知的な笑いができるのは人間だけである」とすれば、
より正確なんじゃないかないかと考えます。

『今昔物語』に、これに関係した話が載っているのでご紹介します。
生まれつき数学(当時は「算道」といったようです)の才能のある男がいて、
日本に来ていた唐人について、さらに道を極めることになりました。
平安時代、算道は呪術の一種と考えられており、天変地異を起こしたり、
人を呪い殺したりすることができると信じられていたようです。

男はすぐに上達し、唐人からさまざまな術を習いましたが、
人を殺す術だけは教えてもらえませんでした。それは自分の弟子として
中国に渡ったら教える、と言うんですね。当時の算道は、「算木」という
積み木のような直方体の棒を並べて計算をしていたようです。

算木とその使い方
taeh (3)

余談ですが、江戸末期から明治初期にかけて、復古神道と呼ばれる
一種の新興宗教が流行し、算木は「天津金木 あまつこんぎ」と呼ばれ、
天地の神秘を解き明かすためのものとされました。これを大成したのが
大石凝(おおいしごり)真素美という人ですが、このあたりはかなり
専門的なオカルトになるので、興味を持たれた方は検索してみてください。

話に戻ります。男は唐人の師に恩義は感じていたものの、
中国に渡るのが嫌だったので、約束をすっぽかしてしまいました。
腹を立てた唐人は、一人で中国に戻る船の上で、その男に算道の呪いをかけ、
そのため、聡明だった男は呆けてしまい、何を聞いてもすぐに忘れる
という状態になります。その後、男は法師になってあるお屋敷に仕えます。

そこでも満足に受け答えもできないので、大勢いる使用人たちに
バカにされていました。ある夜、女房たちが集まって物語の会をしたとき、
一人の女房が、男に向かって「眠気が出てきたので、なにか面白い話をして
笑わせてほしい」と言います。まあ、できないだろうと侮っているわけです。

自分もよくわかりませんが、きわめて高度な計算ができるようです
taeh (4)

男は、「とても私にはおもしろい話などはできませんが、
ただ笑わせることならできます」そう言って、算木を持ってくると
床に積み上げ、その様子がおかしいと、女房たちはますます
バカにします。ところが、その算木を男がはらりと崩すと、
女房たちのあちこちで爆笑が起こり、ついには全員が

転げ回って笑い出したんですね。体をよじり腹を押さえ、
涙とよだれを流しても、いつまでも笑いは止まりません。女房たちは
笑いながら、「このままでは死んでしまう、どうかとめてください」と
男に向かって手を合わせ拝むと、「では」男はさらりと算木の形を崩し、
すると女房たちの笑いはピタリと収まったんです。

笑いを司る脳の部位は?
taeh (1)

あんまり笑いすぎたため、全員がそこらにごろごろと横になって、      
病人のような状態からしばらく回復しなかったそうです。
この話なんかは、算道をやっているところを見ていた人が、
その様子に神秘的なものを感じて できたものだろうと思います。

あ、『今昔物語』を紹介しているうち、もう字数が尽きかけています。
笑いの話に戻って、アメリカのエモリー大学の研究で、
電気刺激を与えると笑いが生じる脳の部分が発見されています。
「帯状回 たいじょうかい」という下図の部分で、感情を司り、
大脳辺縁系の各部位を結びつける役割を果たしているようです。

「帯状回 」
taeh (1)

これは、てんかんの発作を起こす部分を探しているうちに偶然発見されたん
ですが、患者はその刺激によって「愉快でリラックスした気分」を
感じていたそうです。何かの治療に使えるかもしれません。
ところで、youtubeで、笑う赤ちゃんの動画が出てますよね。

大人が変な声を出したり紙を破ったりすると、0歳児が際限なく笑います。
下の動画がそれですので、ぜひご覧になってください。
赤ちゃんは、まだ脳内の神経系の発達が十分ではないため、
回路が大人のようにつながっておらず、こういう現象が起きるようです。

さてさて、笑いについて見てきました。笑うことが健康にいいのは
間違いないみたいですね。免疫をつかさどるNK細胞が活性化し、
癌の予防になるそうです。山形大学は今年度、めったに笑わない人は、
よく笑う人に比べて死亡率が2倍になり、脳卒中などの心血管疾患の
発症率が高いことを発表しています。では、今回はこのへんで。

「Laughing baby」






小学校の卒業アルバムの話

2020.11.24 (Tue)
こんばんは、じゃあ話を始めさせてもらいます。僕、土田と
もうしまして、食品流通の問屋に勤めています。27歳、独身です。
出身は北関東の〇〇県です。そこの△△市で高校までを過ごし、
東京の大学に行きました。その後、現在の会社に就職しまして。
部署は営業です。いや、問屋ですので、ノルマなどは厳しくないです。
その点はいいんですが、出張が多いんです。そうですね、
月の半分以上になります。それも北海道から沖縄までの全国。
ただまあ、日程はきつくはありません。ほとんどは宿泊します。
ビジネスホテルが多いですね。それで僕、枕が変わるとすぐには
寝つけないたちで。これでもだいぶ慣れてはきたんですけど、
なかなか・・・・ で、僕、お酒がまったく飲めないんです。

だから酔っ払って寝てしまうってのもできなくて。ええ、対策を
あれこれ考えまして、本を読むことにしたんです。
いつも旅行バックに文庫本を何冊か入れといて、ホテルの部屋で読む。
1時間2時間と読んでるうちに、ふーっと眠くなってきます。
だから本は必需品で。え、内容ですか。推理小説が多いですね。
あと最近は、実話怪談の本も。いやいや、幽霊なんて実際にいるとは
思ってません。これまでにね、何百ヶ所ものホテルに泊まったけど、
怖い思いなんてしたことがないです。ただ、今回は・・・
あ、スミマセン、話を進めます。その日は6時過ぎに仕事が終わって、
飯を食って7時頃に予約してた駅前のホテルにチェックインしました。
で、バッグを開けてみたら本が入ってなかったんです。

忘れてきたんですね。でも、今はコンビニで本も売ってますからね。
駅前だからコンビニはいくらでもあるし、と思って出てみました。
そしたら50mほど先に見つかって、そっちに歩いてったら、
コンビニと細い通りをはさんだ向かい側に「〇〇古書店」って
あったんです。遅い時間でしたが、まだ電気がついてました。
僕ね、古本屋によく行くんです。いや、高価な本は買いません。
100円均一の文庫本があるでしょ。あれを何冊か買うくらいで。
その古本屋はそう広くない店内で、何かが専門という感じでもない。
カウンターには60代くらいのカーディガンの男性が座ってました。
いくつも並んだ棚を抜けて文庫本のコーナーに行こうとしたとき、
ふっと、棚の上段の端に、大ぶりの本があるのに目が止まって。

緑の背表紙に見覚えがある気がして、立ち止まって抜き出して
みたら、「〇〇小学校卒業記念 2007」ってあったんです。
はい、僕が卒業した小学校で、しかも僕の卒業年次です。「えー」と
思いました。そこは北関東の〇〇市とは ずっと離れてるんです。
こんな遠くまできてアルバムを売ったやつがいるのか?それとですね、
さすがに住所とかはついてないけど、卒業アルバムだから
全員の顔写真と氏名が載ってるじゃないですか。今はほら、個人情報が
いろいろうるさいでしょ。こんなものを売ってもいいのか。思わず
カウンターのほうを見たら、店主は新聞を広げて目を落としてました。
アルバムはボール紙のケースに入ってたはずですが、それはなかったです。
開いてみると、最初のページに校歌、当時の校長先生、学年主任のあいさつ。

それから学年全員の集合写真が見開きで。もちろん僕らのときので、
4クラスの全員が校庭に広がって上から撮ったもの。ああ、懐かしいと
思いました。そのアルバムは実家のどこかにしまってあるはずですが、
10年以上も見てませんでしたからね。行事やスポ少のスナップが
何ページか続いて、それからクラス写真。で、アルバムは卒業文集も
かねてて、一人ひとりの作文も載ってたんです。思わず見入っていると、
カウンターから「うへへっ」というような咳払いが聞こえて、顔を
上げると店主がこっちを見てたんです。あ、これは店を閉めたいんだな
と思いました。でほら、古本って最後のページに鉛筆で値段が
走り書きされてることが多いでしょ。見たら、200ってあったんです。
はい、買ってホテルに戻ったんです。それ見てればずっと時間が

つぶれるだろうと考えて。ついでにコンビニ寄ってカフェラテを書い、
ホテルの部屋に戻って改めてアルバムを開き・・・・こっから何か
おかしかったんです。さっきの続き、自分のクラスの6年B組のとこを開き、
集合写真を見ました。真ん中にいるのが担任の、当時40代の
女の先生。あとは懐かしい顔、顔。 僕は2列めの左端にいました。
ただ、違和感を感じたんですよ。僕がもらった、実家にあるアルバムとは
何か違うような。その写真は、修学旅行のときに大阪城公園で撮った
はずです。それなのに、背景が・・・上手く説明できないんですけど、
未来都市みたいだったんです。銀色のロケットのようなものや、
曲がりくねったチューブの通路、白い巨大な天幕などが見えてました。
えー、これどっかの遊園地だろうか、でも、こんなとこには行ってない。

不可解ながらも、自分の記憶違いなんだろうと思うしかないですよね。
写真が加工されたような様子はなないし、そんなことをする理由もない。
それで、次のページが一人ひとりの顔写真。僕は土田なので出席番号は
後ろのほうです。ここは普通でした。一人ひとりの名前がついてて、
すっかり忘れてたやつも思い出しましたよ。で、次からが文集。
まず自分のを最初に見たんです。たしか最も印象に残る出来事として、
修学旅行のことを書いたはずで、文章の出だしのほうは
自分の記憶にあるとおりでした。で、それ読んでて、ああ自分はバカだな、
こんなツマンナイことじゃなく、先生方やクラスメイトへの感謝とか書けば
よかったのにと思ったんです。けど、その作文も途中から変になって
ったんですよ。大阪に着いて2日目、スペースランドに行った・・・

スペースランド? 何だそれ?? そんなとこ行ってない。
けど、集合写真の背景、あれがスペースランドなのか?? まったく
記憶にないし、USJのはずはないし、そもそも大阪にそんな施設って
ないですよね。で、文章の最後が、ここで自分の未来を教えてもらって
うれしかったですってなってて・・・ 問題はその後です。
作文の余白に、鉛筆で「享年28」って書かれてたんです。
享年って死んだ歳ってことですよね。そのとき僕、27歳でしたけど、
享年はたしか数え年のはず。つまり今年のことです。このアルバムの
持ち主、売ったやつのイタズラだろうか。けど、字は上手で、
小学生のものには見えない。それから、小学生のときに親しかった
友だちの作文もいくつか読みました。そしたら僕以外にも

スペースランドのことを書いてる子が2人いたんです。はい、家が
近くて特に親しかった男の友だちです。で、その最後に鉛筆書きで、
一人は「早く逃げろ」、もう一人は「すぐホテルを出ろ、死ぬぞ」って。
やっぱり大人の字です。それと別々の人の字に思えました。
短いけど特徴が違ってて。混乱しましたが、荷物をまとめてホテルの
フロントに行き、眠れないから外で飲んでくると言って鍵を預け、
街に出たんです。時間はまだ9時ころで、店はどこも開いてました。
あと、あの古本屋はカーテンが下りて明かりが消えてましたね。
飲み屋街は少し離れた場所で、居酒屋に入り、最初に言ったように酒は
飲めないんですが、うすい梅酒ソーダをつくってもらって、
ちびちびやりながら湯豆腐とか食べてたんです。そしたら・・・

サイレンの音が聞こえてきました、それも何台も。勘定を済ませて
音のするほうへ行くと、火事は僕が泊まってたホテルだったんです。
警察も出ててホテルへは近づけませんでしたが、4階の窓から
煙が出てて、それ、僕の部屋のある階だったんです。はい、死者は2名で、
新聞やテレビでも報道されてます。あと、ここからは後日談ですね。
あのアルバム、バッグに入ってたんですが、すべてが僕の記憶に
あるものに変わってました。クラス写真もそうだし、作文もスペースランドの
スの字も出てこない。鉛筆書きもない。小学生のときの同級生で
連絡がつくやつにも電話してみました。でも、やっぱりスペースランド
なんて行ってないって・・・ どういうことなんでしょうか。全部が
僕が見た夢?? まあ、命が助かったからよかったんですけども。

キャプチャ




アーカイブ 植物の怪談

2020.11.23 (Mon)
『雄しべが赤い手のような形をしたデビルズハンドトゥリー(悪魔の手の木)が、
滋賀県草津市下物町の水生植物公園みずの森で開花し、
赤い奇抜な花が来園者をひきつけている。南メキシコやグアテマラ原産の常緑樹。
日本の植物園ではほとんど栽培事例がないという。
みずの森には2011年に愛好家から寄贈された。
ビニールハウス内で温度管理を工夫しながら、14年に初めて開花させた。』

(京都新聞)



今日はこの話題ですが、自分は植物は詳しくないので、どうなりますか。
話がまとまらないまま、あちこちに飛ぶんじゃないかと思います。
日本の怪談に、あまり植物系のものは多くない気がしますが、
祟る木というのはありますね。この木を伐ろうとすると人夫が怪我したり
死んだりするので、じゃまになるけど残しておいた、みたいな話です。

斧を入れると、真っ赤な血のような樹液が吹き出したとか。
そういう逸話を持つ木は全国にあるようです。
大木になれば、その寿命は人間の何倍にもなりますし、
長年地域と結びついてきたものなので、
自然に畏敬の念が生まれて、そういう話ができるのかもしれません。



有名なのは、東京競馬場の第3コーナーの大ケヤキ(実際はエノキだそうです)
このあたりに来ると、馬が故障したり落馬事故が起きたりする。
しかしこれ、木の下に墓があるんですよね。井田是政という
戦国時代の北条家の家臣のもので、子孫の方が移転に大反対したため、
木とともに史跡として残されているらしいです。

ですからもし本当に祟りがあるとしても、木によるというより、
その墓関係のものなんじゃないかと思います。
「是政特別」というレースもあります。中央競馬会が祟りをおそれ、
井田是政の名を冠したレースをわざわざつくった・・・
噂ではそういうことになっていますね。

キャプチャ

昔はどうだったか気になって『今昔物語』を見てみましたが、
やはり植物の話は少ないです。「尼さんと木こりが山の中で舞を舞う話」
というのがありますが、たんに毒キノコにあたっただけのことです。
「胡桃酒を飲んで溶けうせる話」これは寸白男(すばくおとこ)、

寸白というのは人間の寄生虫、回虫などのことですが、
その化身である男が人間に混じって普通に生活していたが、ある場所で
胡桃をすりおろした酒をふるまわれ、胡桃には虫下し作用があるので、
溶けて消えうせてしまったという話。でもこの場合、怪異は寸白男のほうです。

やや興味深いのは「蕪と交わって子どもができる話」ある男が旅の途中、
畑に大きな蕪がなっているのを見つけたが、それがまるで人の股のような形。
見ているとムラムラと性欲が起こり、その蕪に穴を開けて交わった。
その後、蕪を収穫した地元の娘がそれを食べると、
まったく身に覚えがないのに子どもを身ごもってしまった。

キャプチャert

やがて様々な偶然が重なり、その男と女は夫婦になった、というような内容です。
これ、次に書く西洋の植物怪談と、どこか関連があるような気もします。
西洋で植物怪談と言えば、『ハリー・ポッター』にも出てきた
「マンドレイク(マンドラゴラ)」が有名ですね。実際にあるナス科の植物で、

強い毒性があり、麻酔薬として使用されましたが、そのために死ぬ人も
いたようです。伝説の中のマンドレイクは、根が小人のような形をしていて、
引き抜かれるときに叫び声をあげ、それを聞いた人は死んでしまう。
これを抜く方法としては、犬を茎につないで遠くから呼びつけたり、

マンドレイクを抜く犬
ははかいいあそ

餌で釣ったりします。叫びを聞いた犬は死にますが、
マンドレイクは手に入り媚薬や不老不死薬の原料となります。
マンドレイクの亜種で「アルラウネ」というのもあります。
『グリム童話』によれば、盗賊の家系に生まれた者、妊婦なのに盗みを
した女性から生まれた者、実際には無実なのに拷問にかけられ、

泥棒の自白をした者、これらが縛り首にされたとき、彼らが童貞であって、
死に際に尿や精液を地にたらすと、そこからアルラウネが生えてくると
なっています。抜く方法はマンドレイクと同じで犬が犠牲になります。
アルラウネの根は生きた小人で、質問をすると未来のことを教えてくれます。

錬金術士パラケルススがつくったとされる「ホムンクルス」
とも共通点がありますね。これは精液をガラス容器の中で培養してできる、
生まれながらにしてあらゆる知識を身につけた小人です。
昔の西洋医学では、精液の中には極小の人間が入っている、
と信じられていた面があった(これを前成説と言います)ので、

キャプチャrtyu

このような伝承ができたのかもしれません。
あと、上のアルラウネが生まれるための条件は極めて難しいですが、
魔術の原料となるものは、例えば、「極悪人の血をなめた猫の舌」
などのように、まず普通の人が入手するのは不可能なものが多いんです。
簡単に集められるものだと、すぐインチキがバレてしまうからかもしれません。

さてさて、最後に、植物がテーマになった短編作品としては、
ナサニエル・ホーソーンの『ラパチーニの娘』が有名です。毒草の
研究家であるラパチーニ博士には一人娘ベアトリーチェがいましたが、
生まれたときから毒草を食事として与えられ、ついには、
そばを飛んだ蝶が、地面に落ちて死ぬほどの毒娘となってしまいました。

このベアトリーチェが恋をして・・・という悲しいお話。
しかしこれは、植物そのものの怪異とは違いますね。
ジョン・コリアの『みどりの想い』もよく知られています。
猫や人を食べる(というより同化してしまう)植物が出てきますが、
才人コリアが書いただけあって、なかなかの仕上がりです。

じゃかいsどあたた





退場させられる国津神

2020.11.23 (Mon)
eeeee (1)

今回はこういうお題でいきます。いちおう日本史のカテゴリに
入れておきますが、神話をあつかった内容なので、
眉唾なところもかなりあります。その点はご承知おきください。
さて、どこから書いていきましょうかね。

『日本書紀』などに見る日本神話では、この世界は3層構造に
なっていると考えられていたようです。すなわち、
天津神々がすまう高天原、われわれがいるこの地上である
葦原中国、そして死者の世界である黄泉国。中つ国とは、
高天原と黄泉国の中間という意味なんですね。

キャプチャ

で、高天原にいるのが天津神です。天津神が葦原中国に天下っても、
その立場は変わりません。国津神は、葦原中国にもともといた神の
総称です。では、なぜこういった区別があるのか。一般的には、
大和朝廷によって平定された地域の人々が信仰していた神が国津神に、
大和朝廷の皇族や有力な氏族が信仰していた神が天津神に

なったと言われ、大筋では間違ってはいないでしょう。あと
高天原を追放された素戔嗚命とその子孫も国津神。
ここで余談です。上で「大和朝廷」という語を使っていますが、
自分は、これは神話などを論じるときに使用し、考古学的な
議論のときには「ヤマト王権」の語というように使い分けています。

天孫降臨
eeeee (4)

さて、大和朝廷の歴史を一言で説明しろと言われたら、自分は
「国造(くにのみやつこ)を国司(こくし)に代えていく歴史」と
答えます。この両者の違いはおわかりだと思います。国造は、
その地方に古くからもともといた豪族で、軍事権、警察権、
裁判権などを持ち、実質的にその地方の支配者でした

大和朝廷は中国のような中央集権国家をめざし、これを中央から派遣した
官にとって代えたいと考えていましたが、実際にそれが行われたのは、
大化の改新以降のことです。改新の詔には、東国国司を置いたことが
記されていますが、もちろん全国一律に置けたわけではなく、

eeeee (2)

少しずつ切り替わっていったと考えられます。また、地方でそれまで
国造を務めていた血筋の多くは、国司が置かれて以降は、神社の
宮司など、主に祭祀を司る世襲制の名誉職となっていきました。
このあたりのことを調べていくと、あれこれ興味深い話が出てきます。

さて、お題になっている「退場させられる国津神」というのは、
ここまで記したような歴史的な背景がもとになっているんだと
自分は考えています。退場させられた代表は大国主命ですよね。
高天原にいます天照大神は、「葦原中国はわが子が治めるべき
国である」と宣言し、何柱かの神を送り込みますが、

呪いである天の逆手 手を背後に回し指を下に向けて打つ、
手の甲を打ち合わせるなどの説もあります

eeeee (6)

大国主命は、それらの神を懐柔してしまいます。そこで荒々しい
軍神である建御雷神(たけみかづち)と経津主神(ふつぬし)を
送り、ついに大国主命は「この国を天津神にさし上げます。
そのかわり、私の住む所として、高く大きな宮殿を建てて下さい」
そう言って隠れてしまうんですね。

また、大国主命の息子の一人、事代主神(ことしろぬし)は、
水上に出て船をひっくり返し、「天の逆手」を打ち、船の上に
青柴垣を作ってその中に隠れます。このことから「天の逆手」は
呪いの行為と考えられますが、どういう形なのかは はっきりしません。

諏訪大社
eeeee (7)

もう一人の息子、建御名方神(たけみなかた)は国譲りを承服せず、
建御雷神に力比べを挑みますが、両腕をひしがれて逃げ出し、
長野県の諏訪湖まで追い詰められます。建御名方神は、
「恐れ入りました。どうか殺さないでください。この土地以外の
ほかの場所には行きません」と、そこで引き籠もってしまいます。

大国主命が隠れた場所には出雲大社が、建御名方神が
籠もった地には諏訪大社が造られることになります。
こんな感じで、国津神は物語の途中で退場してしまうんですね。
もちろん、国津神が高天原に上ることはありえません。
このような例は他にもいくつも見られ、わかりやすいのは

猿田彦神
eeeee (5)

猿田彦神の話かな。邇邇芸命が天降りしたとき、高天原から
葦原中国までを照らす異形の神がいました。そこで天照大神らが、
名を尋ねさせ、邇邇芸命を先導してもらうようにしたんです。
こうして華々しく登場した猿田彦神ですが、
やはり役目が終わると退場させられてしまう。

それも、比良夫貝という貝に手をはさまれ、溺れて死んでしまう  
という、ごくあっさりした形でです。ということで、
『古事記』も『日本書紀』も、天津神と国津神の処遇の違いに
たいへんに気を使って書かれてるんです。

後に地震制御の神ともなった鹿島神宮の主神 建御雷神
eeeee (1)

記紀が完成した8世紀の前半は、南九州で隼人の乱が起きていました。
シラス台地は水田耕作には向かず、班田収授の法が適用できません。
そのため、記紀は出雲神話や日向神話を大きく取り入れ、それらの
地方に気を遣いながらも、天孫勢力と地元豪族との違いを
はっきりさせようとも意図したわけです。

さてさて、大和朝廷が設置した国司は、国衙において政務にあたり、
祭祀・行政・司法・軍事のすべてを司り、絶大な権限を持ち、
ひと財産をこしらえることができましたが、やがて荘園の発生とともに
その地位を武士に奪われていきます。ですが、記紀に書かれた
天孫降臨の思想はずっと底流を流れ、江戸の幕末に再び、
勤王という形で姿を現します。では、今回はこのへんで。





アーカイブ 猫の怪談

2020.11.22 (Sun)


猫の怪談というのも、一つのジャンルを形成できるほど多いですね。
これが犬だとそうはいきません。犬はひたすら飼い主に忠実な場合が多いですし、
それに対して猫は気まぐれで、ときおりふっと野生の表情をかいま見せたり
するからでしょうか。ちなみに、犬の骨は縄文時代から確認できますが、

猫のほうはもっと後代にならないと出てきません。
そういえば『枕草子』には、宮廷で飼われていた犬と猫の話が載ってますね。
さて、猫の怪談といえば、日本では『鍋島猫騒動』が有名です。

「肥前国佐賀藩の2代藩主・鍋島光茂の時代。光茂の碁の相手を務めていた
臣下の龍造寺又七郎が、光茂の機嫌を損ねたために斬殺され、
又七郎の母も飼っていたネコに悲しみの胸中を語って自害。
母の血を嘗めたネコが化け猫となり、城内に入り込んで。
毎晩のように光茂を苦しめるが、光茂の忠臣、小森半佐衛門がネコを退治した」

Wikiにはこんなふうに出ていて、話ができた背景には、
鍋島家と竜造寺家の実際の確執があったようです。



これを元にして昭和の時代、化け猫映画がたくさん作られました。
化け猫女優といえば、入江たか子さんが有名ですが、
猫のまねをして口のまわりを何度も舌でペロッとなめる演技をしたところ、
当時のベンガラに含まれていた鉛で急性中毒を起こして、
撮影中に倒れ、死にかけたというエピソードが残っています。

あと、猫は年を経ると猫又という妖怪になると言われます。
この「又」の部分は、しっぽが二又(ふたまた)に分かれるからというのの他、
いろんな説があるようです。鳥山石燕も、手ぬぐいを頭にかぶって、
立ち上がって踊る猫又の姿を描いていてます。(最下図)

さて、西洋だとポーの『黒猫』が有名ですね。黒猫を虐待した男は、
まず猫の片目をつぶし、さらに首に縄をかけて吊るしてしまう。
さらに男は妻も殺し、壁にぬり込めてしまうのだが・・・
かなりゴシック色の強い内容でした。

キャプチャ

西洋では、黒猫は魔女と結びつけて語られることが多く、
映画の『魔女の宅急便』でも、キキという黒猫が出てきていました。
黒猫は不吉の象徴として見られたり、
そこがまた魅力的だとしてわざと飼っている人もいるようです。

あと、これはホラーではなくファンタジーなんですが、
ポール・ギャリコの『ジェニイ』なんかも印象的な作品でしたね。
さて、詩人の萩原朔太郎に『猫町』という散文の短編がありまして、
これは麻薬中毒から回復中の男が、ふと猫の町に迷い込んでしまう
話ですが、ホラー小説の大家、アルジャノン・ブラックウッドが書いた

キャプチャffffg

『いにしえの魔術』という話にきわめてよく似ています。
書かれたのはブラックウッド作品が十数年早いのですが、
朔太郎が参考にしていたかはよくわかりません。ただ、
朔太郎作品が散文詩的なのに対し、ブラックウッドのは本格ホラーです。
ちなみに、ブラックウッドには原始的な恐怖を描いた作品が多く、

秘密結社「黄金の夜明け団」に属して魔術師を自称していました。
余談ですが、自分はこのブラックウッドのアメリカ先住民の文化を
取り込んだ諸作品が、スピリチュアルの「シルバーバーチの霊訓」
などに強い影響を与えたと考えており、そのことは機会を改めて
書きたいと思っています。

キャプチャddd

あとそうですね、ホラーアンソロジー『異形コレクション』の32巻
「魔地図」に、多岐亡羊氏の「わたしのまちのかわいいねこすぽっと」
という短編があり、ちょっと作り込まれすぎてる感もありますが、
読んで うならされました。これはたいへんな傑作ですので、
ぜひご一読をお勧めします。

映画だと、強い印象があるのはスティーブン・キング原作の、
『ペット・セマタリー』です。ペット霊園の裏山には不思議な土地があり、
愛猫が事故で死んだ主人公は、幼い息子にそのことを説明できず、
その土地に埋めてしまう。すると猫は帰ってきたが、

凶暴で腐臭を発する別の何かになってしまっていた。
さらに、男はその息子までも事故で失ってしまい・・・
カメラワークがなんとなくB級映画みたいな感じで、
それが逆に怖さを増していたと思います。では、今回はこのへんで。

鳥山石燕 『猫また』





寝肥と労働

2020.11.22 (Sun)
xx (1)

今回はこういうお題でいきます。ひさびさの妖怪談義ですね。
さて、「寝肥」と書いて「ねぶとり」と読みます。
鳥山石燕の作品にはなく、今回も江戸後期の『絵本百物語』から
取り上げました。作者は桃山人、挿絵は竹原春泉斎。

石燕の絵ではないので、おそらく判じ物や仲間ウケにはなってないと
思います。まず絵をご覧になってください。半身裸の女が
夜具に入って寝ていますが、体が相撲取りのように太っていますね。
枕元に屏風と行灯がありますが、特に隠された意味はないようです。

xx (5)

詞書を読んでみましょう。「むかし みめうつらかなるおんなありしが
ねふれる時は その身座敷中にふとり いびきのこえ 車のとどろくが
ごとし これなん世に ねぶとりといふものにこそ」訳すまでも
ないですが、美しい女がいたが、寝ると体が座敷中に広がるように太り、
いびきの音が車が走るときのようだった。これが寝肥という妖怪である。

いまいちよくわからないですね。普通の体が寝ると太ってしまう
というのは物理法則に反しています。まあ、中身は空気なのかも
しれませんが。で、まず一つめの解釈としては、「結婚して豹変する
女がいる」という、皮肉というか戒めかということ。

結婚前は正体を隠していたが、いざ世帯を持つと、安心したのか
まったく働かない。食っちゃ寝、食っちゃ寝してどんどん太っていく。
そうなってはいけないよ、ということなんでしょう。これ系の
妖怪には、他に「二口女 ふたくちおんな」などがあります。

xx (6)

あるところにケチな男がいて「飯を食わない女なら嫁にしてもいい」と
つねづね公言していた。で、望み通り「食事をしない女」が
嫁入りをするが、なぜか米櫃の米がどんどん減っていく。
不思議に思い、隠れて見ていると、女は釜いっぱいに飯を炊き、
頭の後ろにもう一つの口ができて、ものすごい勢いで食べていく。

「食わず女房」として各地で民話になっていますが、この正体は、
じつは山姥なんです。男は山姥にとらえられそうになりますが、
すきをついて逃走し、菖蒲の生えた湿原に身をひそめることで、
なんとか逃れることができた。これが由来となって、5月5日の
端午の節句には菖蒲を飾るようになった。

ねぶと(癰)
xx (4)

だいたいこんな内容です。昔の農家では、嫁はこき使われた
という話もありますが、中には気の強い嫁もいたでしょうし、
また、当時は平均寿命も短かったので、舅、姑もそう
長くは生きていなかったでしょうしねえ。

ただ、女だけが働かないことを責められるのは不公平と言うことも
できます。でも、男でもあるんです。秋田県の民俗行事である
「ナマハゲ」がそうです。ナマハゲは妖怪というより、
神に近いものなんですが、もともとは「ナマミ(ナモミ)剥ぎ」
だったと言われます。

ナマミ(低温火傷)
xx (3)

「ナマミ」は、冬場に何もせず、囲炉裏にばかりあたっていると、
手足に低温火傷(温熱性紅斑)ができて、だんだんに固くなります。
そうすると山から神が下りてきて、包丁でナマミを剥ぎとり、
怠け者をこらしめるとともに、災いをはらい祝福を与えるというもの
でしたが、いつのまにか子ども向けになった。

やはり労働の重要性が教訓として入っているわけです。ただ、
昔の農家は重労働でしたし、働かずに寝て暮らしていけたら、
という願望を持っていた人も多かったんでしょうね。それが現れて
できたのが「三年寝太郎」系の民話だと思います。

xx (2)

さて、ナマミが一種の病気(ケガ)であるのと同様、寝肥も
根太(ねぶと)という病気を掛けてあるという説があります。
ねぶとは癰(よう)ともいい、足の毛に黄色ブドウ球菌などの
細菌が感染し、赤く腫れて痛むというものです。

ねぶとは、糖尿病、高カロリー、運動不足の人がかかりやすいことを
寝肥の名が暗示しているとされます。まあ、その可能性も
高いと思います。これって、動かないで、いつも同じ形で
足を組んでいるとなりやすいんですよね。

あと、妖怪寝肥の名は全国的に知られていたようで、上方落語には
「堀越村のお玉牛」という演題があり、かなり色っぽい話で、
夜這いがテーマになっています。堀越村にお玉という、それは美しい
女がいて、恋慕した男が凶器でおどして夜這いの約束を
とりつけます。現代なら犯罪ですが、当時はその程度では捕まらない。

xx (8)

お玉は父親にそのことをし、父親は一計を案じ、寝床に飼っていた
牛を寝かせておく。男は夜中にやってきて体をまさぐると、
異様にでかい。驚いて「お玉ちゃん、あんた寝肥かい」と言うと、
そこへ父親が踏み込んできて、男を「これでもまだ夜這いに来るか」と
どやしつけます。男はまいってしまい「牛だけに もう 来ません」。

さてさて、ということで、けっこう書くことがありました。
寝肥は怖いというよりは、どっちかというと民話系の妖怪かと
思います。ですから、昔の風習や考え方を反映している面が大きい。
では、今回はこのへんで。

xx (7)





理学療法士さんから聞いた話

2020.11.21 (Sat)
どうも今晩は、bigbossmanです。今回は当ブログでごくたまにやる
インタビューシリーズです。お話していただいたのは、大阪の
某駅前にあるリハビリテーションセンターの理学療法士さん。
どうして知り合ったかというと、自分はここ2年ほど、筋トレの
ためにジム通いをしてるんですが、ちょっと無理をして首筋を
痛めてしまったんですね。それがなかなか治らないので、
中規模の整形外科の専門病院に行き、そこでレントゲン等を撮ったら、
骨には特に異常はなく、腱や筋膜を痛めたのだろうということで、
別の場所にあるリハビリセンターに行くことになりまして。
毎日通えば早く治ると言われたんですが、さすがにそんな時間はなく
週に2~3回、1回が40分くらいです。

怪談とは関係ない話が続きます。一般的に、単純骨折よりも
筋肉や腱のトラブルのほうが、治るまでに時間がかかるんですよね。
複雑骨折や粉砕骨折は別ですが、ポキンと折れただけなら2ヶ月も
あれば まあ治ります。ところが、筋肉や腱は半年、1年とかかることも
珍しくない。みなさんにも40肩とか50肩をやられた方がいるんじゃ
ないでしょうか。あれも1年近くかかりますよね。自分は学生時代
ずっと柔道をやっていまして、大学3年のとき、対戦相手の腕十字固で
左の肘を脱臼しました。で、試合会場近くの救急外来に行ったんですが、
これが失敗で。救急の医師に、脇の下に足をかけて全力で腕を引っ張られ、
脱臼は はまったんですが、それで腕の腱が全部伸びてしまい、
痛みがなくなるまで まる1年かかりました。後でOBの人たちに、

整形外科に行くからダメなんだ、柔道接骨に行けば、腕をくるっと回す
ようにして はめてくれるから腱は伸びない、と怒られました。結局、
それがもとで柔道は引退したんです。さて、今回の理学療法士さんは
20代後半。高校までバスケをやり、その後、専門学校で資格を取ったと
いうことでした。身長190cm近い人で、仮に鈴木さんとして
おきましょう。その鈴木さんと待ち時間などに話しているうち、自分の
ブログを読んでくださっていることがわかったんです。それと、幼少時から
霊らしきものが見えることも。これは、と思いまして、いつものホテルの
バーにお誘いをして、お話を伺ったんです。ここからはそのときの会話です。
「霊って、どういうときに、どんなふうに見えるもんですか」
「それがですね、ある人に霊が憑いているとして、常時見えるわけでは

 ないんです」 「あ、ちょっと待ってください。人に憑いた霊という
 ことですよね。じゃあ、霊だけが単独で漂っているみたいなことは
 ないんですか」 「ああ、それが世間で言われてる一般的な幽霊なんで
 しょうけど、僕は見たことがないです」 「へええ、意外です」
「僕が見る霊は、必ず生きた人とセットになっています」
「いつから自分が見えることに気がついたんですか」 「そうですね・・・
 小学校の2年くらいかな。当時の担任は、大学を出たばかりと思われる
 若い女性だったんですが、いつも背中に男の人が憑いてたんです」
「へえ、それ誰かわかりました?」 「いや、さすがに小2でしたし、
 わかんなかったです」 「で、どうなりました」 「うーん、いつのまにか
 消えてたけど、2~3ヶ月は見えてましたよ。今考えると、

 その先生の大学時代のカレシだったのかも」 「それは死んだ人なんですか」
「いや、生霊だと思います」 「生霊と死霊はどこが違うんですか」
「ああ、これはすぐわかります。生霊のほうが、何と言ったらいいかなあ、
 色が濃いんです」 「色?」 「そうです。全体の色合いがくっきりしてて、
 服の柄なんかもわかります。ところが、死んだ人の霊は全体に白っぽいんです」
「透明ということですか」 「いや、透明とはまた違うんです。うーん、
 昔の写真って、時間がたつとだんだん色あせていきますよね。
 あんな感じで、服の模様とかもわからなくなってくる。それと表情がまったく
 違います」 「どう?」 「幽霊は、表情がほとんど動かないんですよね。
 たぶん亡くなってから時間が立ってるからだと思います。それに対して生霊は、
 まあ生きた人だから当然なんだけど、感情豊かで、怒りとかが顔に出てます」

「なるほど、われわれ見えない人間が思ってるのとは、だいぶ違うんですね。
 生霊と死霊と、どっちが多いんですか」 「それは圧倒的に生霊ですよ。
 そうですね、僕の感覚では、20対1くらいの割合で生霊が多いです」
「どうしてなんでしょう」 「わからないですけど、エネルギーが違うんうじゃ
 ないでしょうか。生霊のほうが動きも素早いし、いったん消えてもまた
 出てきますから。あとですね、霊って電気に反応するみたいなんですよね」
「電気・・・ああ、よく心霊スポットではカメラのバッテリーが早くなくなったり、
 ライトが切れたりするって言いますけど、そういうことでしょうか」
「そこはわかりませんけど、リハビリセンターにはさまざまな電気治療器が
 ありますよね」 「ああ、はい」 「あれをかけた途端に生霊が出てきたり
 するんです」 「それは面白い。具体的な例を聞かせてください」

「うーん、職業上の秘密もあるけど、もう来てない人ならいいかな。
 2年ほど前に、バスケのBリーグの人が通ってきてまして、2m以上ある
 黒人選手です」 「ははあ」 「その人、左のふくらはぎの筋肉を痛めてて、
 すぐに攣っちゃうんですね。それで、毎日来てマイクロ波をかけてたんです。
 僕もほら、バスケ出身ですから、カタコトの英語で話しかけてるうちに
 仲良くなって」 「アメリカ人なんですね」 「はい、大学卒業してNBAの
 指名がかからず、それで日本に来たという。でね、マイクロ波の治療機を
 セットしてスイッチを入れると、その人の背中の後ろに鶏を持った黒人女性が
 立つんです」 「え、鶏?」 「はい、それも首のない鶏を逆さにして
 足を持った若い女性」 「あ、それ、もしかしてブードゥーの呪いかな」 
「僕にはわかりませんけど、その女性が着てるのも、かなり怪しい変なもので」
 
「どうしたんですか」 「毎回出るので、意を決してその人に話しました」
「信じてましたか」 「その女性の特徴を言ったら信じたというか、泣き出しました。
 どうも、アメリカでステデイだった女性で、別れて日本に来たらしいんです。
 で、日本だと女の子のフアンが群がってくるので、よろしくやってたのが、ケガを
 して弱気になってたんでしょうね。実際、プロと言っても不安定な立場ですから」
「それは、その女性がアメリカで呪いをかけたためにケガしたんでしょうかね」
「そこまでわかりませんけど、その生霊、だんだん強くなっていて、
 電気をかけなくても見えるようになって。鶏の血を彼にふりかけているんです」
「う」 「アメリカに戻ってその女性と話し合ったほうがいい、と
 強く勧めたんです。そしたら帰国しまして、その後どうなったかはわかりません。
 手紙どころかメールも来ませんので、心配してます」 「他にはどんなことが」 

「生霊と幽霊が混ざってるのも一度だけ見ました」 「どういう意味です?」 
「今の病院に来る前、僕が専門学校を出てすぐの話です。〇〇地区で働いてまして」 
「あのあたりは雰囲気が悪いでしょう」 「はい、その筋の患者さんが多かったです。
 それで、50代後半くらいの患者さん、たぶん組でも上のほうにいる。いつも金の
 ブレスレットとかジャラジャラさせてました」 「で」 「ウォーターベッドって
 ありますよね」 「水圧でマッサージする」 「はい、その人は腰を中心に背中全体が
 痛いということでしたが、脊椎や腰椎には異常はない。それで週に2回くらい来て、
 ウォーターベッドやるんですけど、スイッチを入れるとベッドから手が出てくるんです。
 7、8本はあったでしょうか。そのうち2本が幽霊で、あとは生霊」 「うう」
「そうとう人に恨まれるようなことをしてたんでしょうねえ」 「・・・なるほど、
 ところで自分の首はどうです、もしか何か変なものが?」 「あ、大丈夫ですよ」

キャプチャert

 
 
  

アーカイブ 猫怪談もの

2020.11.21 (Sat)
べつにシリーズ物ではなく独立した話ですが、これまで自分が書いた
猫が出てくる怪談の中からめぼしいものをピックアップしました。
大阪に来てからは猫は飼ってませんが、実家には雑種の三毛猫がいました。
そのせいか、自分は犬の出てくる話はあんまりなくて、猫怪談が多いんです。
この中では、「猫道の話」というのが、自分では一番気にいってます。


・ 猫のオカルト

・ 猫ドアの話

・ 猫の集会する寺の話

・ 猫たちの世界の話

・ 猫袋

・ 猫ばあさんの話

・ 猫道の話

・ しみネコの話

・ 猫の行動追跡の話

・ 猫の怪談

キャプチャ





乗り物怪談について

2020.11.20 (Fri)
zzzz (8)

今回はこういうお題でいきます。オカルト論ですね。
さて、乗り物と一口に言ってもいろいろあるんですが、やはり
怪談の言葉から連想されるのはタクシーです。
もはや古典と言っていい怪談話がありますよね。

ある雨の夜、郊外を流していると、ほとんど人通りのない道で、
コート姿の女性が手を上げている。乗せると、か細い声で
「〇〇墓地まで」と言う。こんな時間に墓地に行くというのも変に
思ったが、そのまま走らせ、ルームミラーで様子をうかがうと、
ずっと うつむいたまま。やがて墓地の入り口に着き、

zzzz (2)

「お客さん、着きましたよ」とふり返ると誰もいない。
驚いて車を降り後部座席を確認すると、シートの女性が座っていた
部分だけがぐっしょりと濡れていた・・・でもこれ、
さすがにイベントなんかでやると物を投げられそうです。
完全に陳腐化してしまってるんですね。

ただ、この話からは考えさせられる部分もあります。
まず、タクシーの運転手というのは、長時間ずっと街を流していて、
その間にいろんな人を乗せるので、怪異に遭遇する確率が
高いのかもしれません。自分は車の運転が好きなので、
あんまりタクシーには乗らないんですが、

zzzz (6)

飲み会の後とかには利用します。自分は東日本大震災をきっかけに、
実家のある茨城県から大阪に移ってきましたら、大阪の
運転手さんて、よくしゃべる人が多いんですよね。茨城では
押し黙ってることのほうが多かったので、あれこれ聞きやすい。

で、大阪の運転手さんに「何か、怖い話とかありますか」と尋ねると、
幽霊よりも、現実に怖いことがほとんどなんです。例えば、
抗争中の組事務所の近くで、いかにもその筋系の客を乗せた。
挙動不審の客で、もしかしたらタクシー強盗かとハラハラした。
泥酔していて、車内で吐かれるんじゃないかと思ったとか。

zzzz (7)

まあそうですよね。幽霊よりはその手の経験のほうが圧倒的に
多いでしょう。自分も大学のときは、酔っ払った新入生を送って
いくとき、タクシー内で吐いてしまったことが何度かあります。
あれ、申しわけなくてねえ。あと、最初の話で「墓地」が
出てきましたが、最近の怪談は墓地が出てくるものは少なく、

事故現場のほうが怪異に遭遇しやすい。まあそれでも、ごくたまに、
運転手さんから興味深い怪異譚が聞けるときもあります。
乗り物の怪談で、次は駅も含めた電車でしょうね。やはりこれは
飛び込み自殺が多いことと関係があるでしょう。

zzzz (4)

日本の場合、自殺の方法として、男性は1位縊死(66.4%)、
2位ガス(13.3%)、3位飛び降り(7.1%)、4位薬物(3.3%)、
5位溺死(2.3%)、6位飛び込み(2.1%)、7位その他(5.8%)
となっています。首吊りが圧倒的に多く、全体の3分の2。

これ、日本では銃器が厳しく規制されているからで、世界的には
銃器と農薬服毒が多いようです。飛び込みは全体の6位で、
ほとんどが鉄道へのもの。日本の場合、鉄道会社が自殺者の遺族に
損害賠請求するケースは少ないので、そうなのかもしれません。
あと、一度自殺者が出た駅では、連続するケースが多い。

zzzz (9)

駅や鉄道は通勤に利用しますし、会社に行くのが嫌だという人は、
「ここで死のう」と思いやすいかもしれません。
よく聞く話としては、たしかに電車に飛び込んだ人がいたのに、
調べても何もないというケース。怪談話としてあつかわれることが
多いんですが、これ、前に少し書きましたけど、

ホームから、電車が来る前に線路に下りるのと、電車に直接
体がぶつかるように落ちるのとではだいぶ違いがあるんです。
線路に落ちた場合は、電車が迫ってくるのを見て怖くなり、
とっさに自殺を思いとどまるケースもあるようです。そして反対側の
ホームやホームの先のほうへ逃げていく。だから見つからない。

zzzz (3)

直接電車に跳ねられた場合は、大きく飛ばされることが
多いんですね。車輪に轢かれてないので、遺体はぐちゃぐちゃには
なりません。跳ねられた自殺者の体が、ホームにいた
不運な人を直撃し、それで裁判になったケースもあります。

さて、この他、乗り物というと船や飛行機がありますが、船に乗る
というのはレアケースで、なかなか怪談になりにくい。自分が書いた
話でも漁師の体験なんかですね。飛行機の場合は、そもそも事故
死亡率が一番低い安全な乗り物ですし、もし事故が起きた場合、
ほとんど全員が亡くなるので、やはり怪談には しにくいんです。

zzzz (1)

あとはそうですね、遊園地の乗り物というのがあるかな。じつは自分、
あんまり好きじゃないんですよね。特にフリーフォール系が
苦手です。よくホラー映画で出てくるのは観覧車。自分も、
「デパ屋の話」というのを書いています。

関連記事 『デパ屋(おく)の話』

さてさて、ということで、乗り物の怪談分析というより、雑談のような
内容になってしまいました。この他には、バイク、工事車両、バス、
エレベーターなどの怪談もありますが、自転車って身近なのに、
意外に怪談になってないんですよね。今度書いてみようかな。
では、今回はこのへんで。




アーカイブ 防御する話

2020.11.20 (Fri)
えーと10年ばかり前のことです。当時、わが家は、
親父が水商売系の仕事をしてまして。ああ、店長とかじゃなく経営ですね。
店をいくつか持ってたんです。あることがあって、今は全部やめちゃいましたけど。
で、東洋人の風水師みたいな人とつき合ってたんです。
華僑なのかなあ、そのあたりはよくわかりませんけど、たぶん中国系。
60年配の小柄な男性でしたよ。いつもチャイナ帽っていうんですか、
変な帽子をかぶってまして。あーほら、キン肉マンって知ってますか?
あれでラーメンマンがかぶってるやつ。辮髪ではなかったと思いますけど。
日本語はぺラペラでした。
春のことですね。親父が夕食後家族を集めまして、
いきなり「俺はある人間から呪いを受けている」って言い出したんです。

「逆恨みに近いものだが、相手がこっちに対して霊的な攻撃をしかけて
 きているから、ヤンさんにいろいろお教えをいただいた。
 相手の攻撃は半年くらい続くだろうが、こっちは専主防御する」
こんな話でした。わけがわかりませんよね。
要するに、いろいろ普段とは違った変わったこと家の中でするから、
黙って従えってことだったんです。うーん、自分はその頃高校生で、
サッカーをやってまして家のことにはほとんど感心なし。
中学生だった妹もそうだと思いますよ。
親父がまた変なことを始めたが、勝手にやってこっちに迷惑をかけないでくれ。
まあそんな感じでした。あと家の家族は、母親と、当時まだ健在だった
ばあちゃんとです。これから話をするのは、そんときにあったことなんです。

水槽
防御の一つめは、けっこう大きな水槽、だいたい60cm立方くらいのやつ、
これを玄関に置いたことです。うちの玄関は広くて、
大型の靴棚があったんですが、その上に。
そのおかげで、靴棚の戸の開け閉めがしにくくなりました。
水槽って重いんです。60cm立方で200kgにもなるんです。
水槽の中には赤い大きめの金魚が6匹入ってました。
始めから大きく育ったのを買ってきたんですね。これはほら、よく聞くでしょ。
玄関には水気のあるもの、赤いものを置くのがいいってこと。
俺ですか? いや、はっきり言ってそういうのまったく信じてなかったんです。
呪いを受けてる、って聞いて「嫌だな」と思いましたが、かといって、
「霊的な防御」なんてねえ。ところがです、しばらくして変なことがあったんですよ。

日曜日の夕方でした。そんときは、家に俺とばあちゃんしか
いなかったんです。俺も祖母ちゃんもれぞれ自分の部屋にいました。
そしたら玄関のほうで声が聞こえたんです。「入れて下さい、開けて下さい」
って。それが変な声で、洞窟の中で叫んでるようにくぐもってたんです。
「おかしいな」と思いました。うちはインターホンがついてて、
来客はそれを通して話すのが普通でしたから。
大きな声で、部屋まで聞こえたんで下りてみました。そしたら玄関の
磨りガラスを通して、異様に頭の大きな人の影が見えたんです。
頭は碁石形って言えばいいでしょうか、横長で普通の人の何倍もあったと
思います。まあでも、そんときは「光のあたり具合でそう見えるのかな」
くらいにしか思わなかったですが。

「あ、今開けます」そう言って玄関を開けたら、誰もいなかったんです。
「あれー、変だな」少し外に出てあたりを見渡したけど人の姿はどこにもなし。
気のせいってのもありえないと思ったけど、1回ドアを閉めました。
で、中に入ってみたら、やっぱり磨りガラスに扁平な頭の人影が映ってる。
「そこに水槽があるだろ、そのせいで中に入れない。せっかく戸を開けて
 もらったのに」また、妙に反響する声が響いて、人影がふっと消えたんです。
出てみてもやはり人の姿はなし。うちは通りに面してるんで、
走ったとしても、そんなに早く姿を隠すのは不可能だと思いましたよ。
で、親父が帰ってきてからその話をしました。すると親父は、
「それは相手の使い魔みたいなものだろ。そういうのは実体がないから、
 人の家には、家人にドアを開けて招かれなければ入れない。

 だから危ないとこだったんだが、水槽があるおかげで何もできなかったんだな。
 ヤンさんの言ったとおりだよ」でね、その後すぐに
水槽の水替えをしました。それ、俺の担当の仕事になってたんです。
いや、生き物はあんまり好きじゃないんだけど、親父から小遣いをもらえたから。
そしたら、中はいつもきれいにしてるはずなのに、水槽の水をホースで
バケツに水を入れると、髪の毛みたいなのがたくさん混じってたんです。
正確には髪の毛じゃなく、海藻のモズクをまっすぐに伸ばした感じのやつ。
ああ味悪いなと思って、水は全部外の側溝に捨てました。
あとね、水槽の隅で大型の金魚が一匹死んでました。普通は死ぬと
浮き上がってくるんですが、そうじゃなく手で握り潰されたようになって。
金魚は親父が翌日新しいのを買ってきて足しました。

炭俵
防御の2つ目は、家の敷地の四隅に炭俵を埋めたことです。
家の敷地は広くて高い塀を巡らしてましたが、その四隅ってことです。
正確に東西南北の方角とは合ってなかったはずですよ。
ほら、炭には浄化作用があるって言いますでしょう。それと、
古代の神社跡なんかを発掘すれば、水晶や炭が出てくるって聞きました。
霊的な守りってのは、ずっと昔から日本でもあったってことなんでしょうね。
で、その炭を埋めるときには、ヤンさんが来て一家で立ちあったんです。
俺もシャベルで穴を掘るのを手伝いました。
ヤンさんが何やら呪文を唱えてから、中国風の護符を貼った炭俵を、
1mくらいの深さに埋めて土をかけ、その上に常緑樹の苗を植えたんです。
榊ともまた違った植物だと思いましたよ。

でね、1ヶ月おきに掘り出して新しく埋め直すんです。
いや、全部じゃなくて、苗木が上手く育たないところだけ。
一種のセンサーの役目を果たしているんだと思いましたね。たまーに
様子を見て歩いてましたが、裏の向かって右側の隅に植えたやつだけ、
ひねこびたような形になって葉が黄色く、今にも枯れそうな様子になってました。
1ヶ月後にヤンさんが来て、そのときは俺と親父とヤンさん、
男だけで掘り返したんです。何か嫌なもんが出てくるって予想が
あったみたいでしたよ。だから母親や妹には見せないように。
ほとんど伸びてない苗木を抜いて、シャベルを入れたとたん、
スゴイ嫌な臭いがしたんですよ。生ゴミの腐った感じでしたが。
それだけじゃなく薬品臭のようなのもありました。

炭俵の周りは、青と灰色の粘り気のある液体が溜まってて、
そん中に白い小さいものがいくつか見えました。カエルくらいのもんですね。
ヤンさんが、カナバサミを使ってそれらをつまみ出したんですが、
きれいな骨格標本みたいにななってました。どうやら歯で
炭俵に食いついてたみたいで、引っぱると頭がもげたんです。
黒い紙の上に、ヤンさんが拾い上げたのを並べると、骨格は
さまざまな種類がありましたが、どれもこの世の生き物とは違ってました。
肢が8本あったり、小さな頭蓋骨にトゲがたくさん出てたりね。
全部で15匹くらいあったはずです。いや、気持ち悪かったですよ。
鈎をかけて俵を引っぱり上げ、新しいのを入れ、
また念入りに呪文を唱えたんです。

その後に植えた苗木は順調に育ちましたが、今度は別の場所のやつが・・・
こういう具合にして、しばらくあちこちの炭俵をとっかえひっかえしてたんです。
面倒でしたが、あの変な骨を見ちゃうと信じざるをえませんでした。
骨も炭俵も、ヤンさんが持っていきましたよ。ええ、親父の言ってたとおり、
半年くらいこういうことが続きました。もちろん今は治まってて、
家の四隅には、あまり他では見ない常緑樹が大きく育ってます。
呪いを仕掛けた相手ですか?うーんそれは、どうなったかはわかりませんね。
親父もヤンさんも詳しいことは言いませんでしたから。
でも普通、呪い返しを食った場合は・・・ この後ね、たいへんなことがあって、
親父はヤンさんとの付き合いを断ち、水商売の経営もやめてしまったんですが、
そんときの話は、また機会があれば改めて。




 


ジョルダーノとかぐや

2020.11.19 (Thu)
ccccd (2)

今回はこういうお題でいきます。宇宙について興味を持たれて
いる方なら、「ああ、あれか」とすぐにおわかりになるでしょう。
さて、まず登場してもらうのは、15~16世紀のポーランド出身の
神学者、天文学者、ニコラウス・コペルニクスです。彼はもちろん、
天動説に対して、地動説を唱えたことで知られていますね。

当時の一般的な認識は、天空そのものが地球に対して円運動
しているとする天動説です。そのほうが感覚的に理解しやすいですよね。
天動説は、地球が宇宙の中心にあるという「地球中心説」の別名も
あります。ちなみに、この時代、知識人の間では地球は球体と考え
られていましたが、一般民衆は平面だと思ってる人が多かったでしょう。

天動説
ccccd (7)

さて、コペルニクスの時代には天文観測が進んできており、
そこで得られる知見を天動説にあてはめるには、さまざまな数学的な
操作をしなくてはなりません。司祭でもあったコペルニクスは、
「神が創られた世界がそんなに複雑なものであるはずがない」と考え、
地動説の着想を持つようになります。

ですが、教会に遠慮したため、その著書『天体の回転について』が
出版されたのは死の直前のことでした。その後、17世紀に入り望遠鏡が
発明され、自作の望遠鏡で天体観測をしていたガリレオ・ガリレイは
コペルニクス理論が正しいことに気がつきます。そして、それを公言したため
ローマ教皇庁の反感を買い、裁判によって地動説を放棄させられます。

ニコラウス・コペルニクス
ccccd (8)

このあたりのことはよくご存知だと思いますが、この2人のビッグネームに
はさまれた存在が、16世紀のイタリアの哲学者、神学者である
ジョルダーノ・ブルーノです。ジョルダーノは天文観測もしていましたが、
主に神学的な考察から、「神が創造した宇宙が有限であるはずがない」という
宇宙無限論の信奉者になります。そしてそこから、

宇宙の時間と空間が無限であること、宇宙は地球と同じ物質でできていること、
地球上の物理法則は宇宙全体に働くこと、などを主張しました。
また、コペルニクスの地動説も、条件つきながらも認めて擁護したんです。
ブルーノはガチの修道士であったため、他の2人のようには許されず、
また自説を撤回することもなく、ローマ教皇庁によって異端審問され、

ガリレオ・ガリレイ
ccccd (1)

火刑に処せられたんですね。その際、ジョルダーノは刑を宣告する執行官に
対して、「これから死ぬ私よりも、あなたたちのほうが真理の前に恐怖し
震えている」と言ったとされます。もちろん現在ではジョルダーノの名誉は
回復され、1979年、カトリック教会は公式に異端判決を取り消しました。

さて、ここで話変わって、このジョルダーノの名前を取ってつけられた
月のクレーターがあります。地球から見ると、月の北端のすぐ向こう側の
裏にあり、常時観測することはできません。直径22kmで、
エッジなども鋭く、きわめて新しいもののように見えます。

ジョルダーノ・ブルーノ
キャプチャert

1178年に話は遡ります。イギリスの古文書『カンタベリー修道院年代記』に、
「6月18日の日没直後、5人の修道士が、年代記編者のジャーベイスに
月の角が2つに割れたと報告した。さらにジャーベイスは、割れ目の真ん中
から炎が噴き出し、月は心配するように身もだえ、私に報告してくれた
者の言葉では、月は傷ついた蛇のように脈打っていた。

この現象は何十回も繰り返し、炎は様々なねじれた形を描いた。
この現象が収まると、月は全体が黒っぽく見えた」と記されているんです。
何か異常な天体現象が起きたのは間違いありません。
で、1976年、地質学者のジャック・アートゥングは、
この謎の現象は月面への隕石衝突であり、

異端を宣告されるジョルダーノ
ccccd (3)

その衝突でできたのが直新しいクレーター「ジョルダーノ・ブルーノ・
クレーター」だと主張したんですね。なるほど、月の裏すぐに大隕石が
落ちれば、「月の角が割れた」という表現はうなずけます。しかし、
21世紀に入り、これに対する反論も出てきました。

そんな大衝突が本当にあったなら、飛び散った破片が地球にも降り注ぎ、
激しい流星雨が数週間は起きる計算になる。しかしそんな大流星雨の記録は
世界のどこにも残っていない・・・ まあそうですね。12世紀のことで
あれば、中国はもちろん、日本でも天体現象の記録を公式にとっていますが、
そんな記述は出てこない。これは世界のどこでも見られたはずなのに。

ジョルダーノ・ブルーノ・クレーター
ccccd (6)

で、ここでやっと出てくるのが、2007年に打ち上げられた日本の
月探査衛星「かぐや」です。じつは、かぐやの正式名称は「SELENE
Selenological and Engineering Explorer セレーネ」で、「かぐや」は
一般公募によってつけられた愛称なんです。ご存知でしたか。

2つの子機「おきな」と「おうな」を持ち、月面から高度100kmの
月周回観測軌道に投入されました。もちろん愛称のかぐやは、
『竹取物語』の主人公の姫の名前で、光り輝いて匂うほどに美しい
というような意味です。宇宙航空研究開発機構 (JAXA) の研究者は、
かぐやの地形カメラで撮影した画像から、クレーター周辺に堆積した

かぐやとおきな、おうな
ccccd (5)

噴出物の上にできた新しい小さなクレーターの密度を調べ、その結果、
ジョルダーノ・ブルーノが形成されたのは100万年~1000万年前で
あると推定しました。それでも、直径10km以上では最も新しいものです。
では、1178年に修道士らが見たのは何だったのか。地球に向かってきた
流星が、たまたま月と重なって見えたという説が有力視されていますね。

さてさて、最後に超トンデモ説を。ジョルダーノ・ブルーノはなんと織田信長
だったという話で、根拠は肖像画の顔が似ているから(笑)。まあ、
そんなはずはないんですが、信長が本能寺の変で死んだのが1582年、
ジョルダーノは1548年生まれ、1600年に火刑にされました。
火につつまれた最期だったのは同じですね。では、今回はこのへんで。

ジョルダーノと信長 似てますかねえ
ccccd (4)




3つの護りの話

2020.11.18 (Wed)
こんばんは。僕、佐藤と言いまして、〇〇市の県立高校の1年生です。
今からお話するのは、去年の、僕が中3のときの夏休みのことです。
ただ・・・人が1人、あ、いや2人か。亡くなってることは
確かなんですが、どちらも警察には事件性はないと判断されましたし、
もしかしたら不思議なことなんて何もなかったのかもしれないんです。
はい、当時、受験生でした。夏休みは実力を伸ばす大切な期間と
言われてて、でも、僕は塾の夏期講習とかには行ってなかったんです。
それと、家に自分の部屋はありましたが、エアコンがついてなくて、
とても暑くていられないので、毎日、県立図書館に通って
勉強することにしたんです。県立図書館は駅前通りにあって、
かなり規模は大きいです。僕は母に弁当を作ってもらって、

午前、午後と勉強してました。だいたい9時半には図書館に着き、
家に戻るのが、少し涼しくなってきた4時過ぎでしたね。
あと弁当は、1階に飲食スペースがあるので、そこで。
図書館で勉強するのは初めてだったんですが、2種類の人しか
いないんですよね。一つは、僕と同じように勉強しにきた受験生。
もう一つは、本を読んでいる高齢者の方。たぶん、家にエアコンがないか、
あっても電気代を節約してるんだと思います。勉強のほうは、
慣れなかったのは最初だけで、涼しいとまでは言えませんが、
汗が出ることもなく、私語もなく、すぐに没頭できるようになりました。
閲覧室の長机に座るとき、なるべく一生懸命勉強してる人の近くに
行くようにしてたんです。そうすれば、自然と自分も気合が入ると考えて。

それで、図書館に通いはじめて10日目くらいのことです。
たしか土曜日で、けっこう混んでました。その日は、僕より年上の
大学生くらいの男の人の横に座って勉強してたんです。
それで、その人のやってることがチラチラ目に入りますよね。
古い昔の本と、辞典を照らし合わせながら、ずっと熱心に大学ノートに
書き込みをしてました。その古い本、和綴じって言うんですか。
糸で横を綴ってあって、中には、僕にはまったく読めない字が筆で
書いてあったんです。思わず「ぜんぜん読めないや」と小さい声で
小言うと、その人が僕のほうを見て、「これは古文書だよ。書いてるのは
 変体仮名」やはり小声で答えてくれたんです。で、その日、
1階で弁当を食べていると、その人が階段を下りて来るのが見えました。

僕のほうに近づいてきて、「受験生なの? 毎日来てる?」って
気軽な感じで聞いてきたんです。「はい、そうです」と答えると、
僕と同じテーブルに座って、バッグから調理パンを出したんです。
そこで、いろんな話をしました。その人は〇〇大学の4年生で、
専攻は歴史。卒論を書くため、やはり毎日のように図書館に来ている。
僕の住んでいる市は城下町なんですが、江戸時代の初期に海岸近くの
松林を切り拓いて新しくつくられたんです。そのあたりの歴史を卒論の
テーマにして調べているということでした。それで、その人、
名字が僕と同じで佐藤だったんです。ええまあ、一番ありふれた名字
なんですけど、僕らの市は、その佐藤姓が全国でも特に多いんです。
僕が閲覧室で見た本の話を出すと「ああ、この県がまだ〇〇藩だった

 ときの家老だった人が書いたものだよ。日記なんだけど、
 どうやって城下を整備していったかがわかる」ということでした。
変体仮名のことを言うと、「あれ読むの大変なんだ。漢字のほうが
 むしろわかりやすい。同じ平仮名が何種類も書き分けられたりしてるから」
こんな話をしてくれたんです。それから親しくなって、ときどきですが、
昼に飲食スペースで話をするようになりました。で、また10日
くらいして、お盆を過ぎたあたりのことです。佐藤さんから こんな話を
聞いたんです。「卒論のほうはだいぶ進んだけど、まだよくわからないことが
 あるんだ。どうもこの町をつくるとき、霊的な護りを3つ置いたらしい」
「霊的な護り、ですか?」 「うん、風水って知ってるかな。簡単に言えば、
 町の東西南北にお寺や神社などを置いて、町全体の気の流れを

 よくすると同時に、悪いものが入ってこないようにする」 
「悪いものって?」 「ああ、疫病なんかだよ。それでね、ここの市は
 東が海だろ。だから残りの北・西・南に守りとなるものを造った」
「面白いですね、どこかわかったんですか」 「北は〇〇寺で、ここは
 歴代藩主の菩提寺。南は〇〇神社、江戸初期にできてるから間違いない」
「残りの西は?」 「それがよくわからなくてね、西のほうの開発は遅れた
 みたいなんだ。今はそれでも駅ができたから家なんかもあるけど」
「日記には書いてなかったんですか」 「いや、〇〇苑を造ったってなってる。
 苑というのは、ふつう池のある大きな庭園のことなんだけど、そんな史跡は
 残ってないよね」 「うーん、駅の西側ってことですよね。あ、でも
 あのあたり大きな溜池がいくつかあります。小学生のとき

 1回だけ友だちと釣りに行きました」 「そうか、一度見に行って
みたいな」 「じゃあ、明日でも僕が案内しますよ」 「え、でも
勉強 大丈夫かい」 「そのくらいなら なんとでも」ということで、翌日、
駅の西口で待ち合わせて、溜池を見に行くことになったんです。池のある
あたりまでは40分くらいで、歩いて行きました。市の西側は住宅地に
なってて、大きな道路がないため店なんかも少なくて、道を通る人も
あんまりいなかったです。溜池のあるあたりは草ぼうぼうで、
車の通れない、舗装してない道しかありませんでした。佐藤さんは「うーん、
 この溜池はいつからあるのか、昔の地図で確認しないと」みたいなことを
言ってました。僕が釣りに行ったことのある一番大きな溜池は、
縁がぐるりと土手になってて、下を見下ろすことができたんですが、

釣りをしてる人はいませんでした。一周で2kmはあったと思います。
ススキが茂ってて、下に降りるのは難しそうでした。半周ほどしたところで
佐藤さんが「あ、あれ!」と水面を指差しました。「何ですか?」 「ほら、
 車が沈んでるように見えないか」 「え、あ、そう言えば。でもここ、
 車じゃ来れない」 「いや、この土手も、軽自動車なら何とか通れない
 こともないよ」池の水は緑に濁っててはっきりしなかったですが、横倒しに
なった車がすぐ下のとこにあるように見えたんです。「新しいものか
 どうかもわからないな」 「そうですね。ずっとあそこにあるのかも」
「まあでも、いちおう通報しておいたほうがいいんだろうね」佐藤さんが
スマホで警察に連絡しましたが、特にその場で待ってろと言われることもなく、
戻ろうとしたときです。車の横の泥が急に濁って、何か大きなものが

浮き上がってきたように見えたんです。「え、魚?」 「どこ?」
泥のわいたやや斜め上の水面に白い顔が浮かびました。「あ、人の顔!!」
「え、どこに? わからない」それはすぐに濁った水の中に沈んだので、
佐藤さんには見えなかったみたいです。べったりと長い髪が頭をおおった
若い女の人の顔に僕には思えました。佐藤さんにそれを言うと、「うーん、
 そうかなあ」そんな反応でした。で、その日は帰ったんですが、
3日くらいして、家に警察から連絡があったんです。溜池のその場所には
確かに車が沈んでて、でも、それは廃棄されたものだろうということでした。
ただ、警察の潜水班が、その脇で人骨を見つけたんです。そのことで、
佐藤さんと僕は警察署に呼び出され、事情を聞かれたんですよ。
何もわからないと言うしかなかったです。警察の話では、その人骨は

おそらく女性で、数十年たった古いもの。事件性があるかはわからない。
車とは年代が違い、関係ないだろうということでした。その後、佐藤さんは
図書館に来なくなり、卒論が完成したんだろうと思ってました。夏休みが
終わって僕も図書館には行かなくなって・・・秋のことですね、予備校の模試を
受けるため、駅前にいると、バス停に佐藤さんらしき人が立ってたんです。
声をかけようかと思ったんですが、横に女の人がいて、佐藤さんの腕に
手をかけていたんで やめました。その人は赤い着物を着てて、顔が・・・
あの池の底から浮き上がってきた人と似ているように思えたんです。それから
冬が過ぎ、いよいよ受験シーズンに入った頃、佐藤さんが亡くなったんです。
全国ニュースとかにはならず、地元の新聞だけに出たんですが、あの溜池で
水死したんです。卒論のことで悩んでいて、自殺ではないかということでした。

キャプチャ




アーカイブ 死人潜りの話

2020.11.18 (Wed)
えー、うちの実家に昔から伝わってる話をします。ジイさんから親父に、
で、僕がついこないだ親父から聞いたんです。代々そうやって伝わってるんです。
たぶん明治の始め頃だと思います。江戸時代から明治維新で時代が変わって、
まだいろいろな制度が整っていない時期に、地方の農村で起きたことです。
当時は廃仏毀釈と言って、神道を国家の柱とし、
仏教は外国から来たものとして排斥されたりしたんですが、
その地方では、檀家の結束も強く、あまり盛んではなかったようです。
うちの先祖は寺の小僧をやってたんですね。その頃は、
疫病などで両親が亡くなった子どもは、寺が引き取って育てたりしてたんです。
でね、その地方では独特の風習があって、村で亡くなった人が出ると、
葬式までの間、寺に運び込んで一室に寝かせておくんです。

それで、その傍らに親族が一人ずっとついてて、遺体を見守ってるんです。
これは、ちょっとでも目を離すと遺体が「死人潜り」に使われてしまうから。
死人潜りに使われた遺体は、もうどうやっても成仏できないんです。
あと、死人潜りがこないように、遺体の頭のほうには鏡を立て、
遺体の胸の上に小刀を乗せておくんです。これね、今でもやってるとこも
あるみたいですよ。え、死人潜りって何かって? それは、後のほうで話します。
あるとき、村の大百姓が死んだんです。小作人をたくさん使ってる大地主の。
60歳過ぎてたということで、当時なら寿命ですよね。
それで、遺体が寺に運び込まれてきて、そのわきには大百姓の次男がついた。
長男は葬式の準備で忙しかったんです。寺の住職が「朝まで仏様から目を
離してはいけません。線香の煙をたやさないように」こう次男に言いおいて、

自分は本堂で勤行してました。ときおり見に行ったけど、
その次男は生真面目に座ってたそうです。「これなら大丈夫だろう」
そう思って勤行を続けてると、夜半にドーンというすごい音が
その部屋のほうからして、住職が見に行くと、次男が驚いた顔であたりを
見回してて、住職の顔を見ると「ああ、申しわけありません。うたた寝してしまって」
こう言いました。住職が確かめると、線香の火は消え、遺体の胸に置かれてた
小刀がなくなってたんだそうです。「ああ、死人潜りか?」
住職はそう思いました。ただ、その頃には、死人潜りは村でも信じる人が少なくなり、
住職もただの昔からの言い伝えだと思ってたみたいです。住職が遺体の顔に
かけてあった布をめくると、閉じさせていたはずの遺体の目がカッと見開かれ、
握りこぶしが入るほど大きく口が開いてました。これ、その口から、

死人潜りが体内に入り込んだんです。「まさか」そう思った住職は、
遺体を裏返して下帯を解き、尻を見ました。そしたら遺体の肛門も、
口と同じくらいの大きさに開いてたんだそうです。はい、死人潜りというのは、
文字どおり、死んだ人の体を通り抜けるんです。すると力が増すんです。
「これは大変だ」と思った住職は、村の主だった人たちを集めました。
当時の村長や地主連中です。で、早朝に集まった人たちに事情を説明した。
でも、みな死人潜りに関しては半信半疑だったみたいです。
何十年も、そんな事件は起きてなかったですから。
ただ、亡くなった大百姓の長男はカンカンに怒って、居眠りをしていた次男を、
皆のいる前でさんざんに叩いたんだそうです。その当時は、財産は長男が
すべて相続して、次男以下は使用人みたいな扱いだったらしいです。

で、善後策を話し合ったんですが、なにしろみな初めてのことで、
どうすればいいかわからない。とりあえずは、大百姓の葬式を済ませてしまおう
ってことになりました。遺体は、亡くなってまだ1日なのに、
しなびたように縮んで、口と肛門はどうやっても閉じることはできなかったそうです。
で、なんとか葬式と土葬が終わって、すぐ最初の犠牲者が出ました。
寺男っていうんですか、寺の雑事をやってる老人がいたんですが、
その人が朝になって、墓所の通路で倒れてるのが見つかったんです。
その口と肛門は大百姓と同じように開いてたそうです。
はい、昔からの言い伝えでは、死人潜りはいったん外に出ると、
何度も何度も死体の中をくぐって、そのたびに力をつけていくんです。
住職は、これといった対処も思い浮かばず、ただ毎日、

本堂で経をあげるしかできなかったそうです。
それから1週間ほどして、2人目の犠牲者が出ました。
住職その人ですよ。勤行の最中だったんでしょう。本尊の祭壇にもたれかかる
ようにして倒れているのが見つかり、やはり口と肛門がぱっかり開いていた。
死人潜りは、最初の遺体を入れて、3人目を潜ったわけです。
村はもう大騒ぎですよ。だって死人潜りにはご本尊の力も効かないんですから。
また檀家たちが集まって、とにかくこの事態を、そこの寺の総本山に連絡しようって
ことになりました。はい、当時はまだ電話もなく電報で知らせたんです。
そうしてるうち、また死人が出たんです。
ただ、これは死人潜りのせいじゃなかったんです。ほら、最初の大百姓の次男。
これが山中で首を吊ったんです。はい、自分のしくじりを恥じてのことだと思います。

それから数日、何事もなかったんですが、村中が戦々恐々としてて、
雰囲気がすごく悪かったそうです。そうしてるうち、連絡していた宗派の総本山から、
僧侶の一団が村にやってきました。総勢10数人という規模だったということです。
僧たちは詳しい話を聞き終えると、大法会を行うから村の者をできるかぎり
集めるように言いました。そうして寝ついている年寄り以外、
数百人の村人が寺に集まりました。せまい本堂には入りきらず、
玄関をぶち抜いて、前庭まで人が座れるようにして大法会が始まったんです。
それはそれはすごいものだったそうです。十数人の僧侶が声を合わせて経を唱え、
護摩壇に香木を投げ込んでもうもうと煙が上がって・・・
それが10分ほど続いたときに「ギャーッ」って大きな声が上がったんです。見ると、
寺の10歳ばかりの小僧が庭にいたんですが、地べたに倒れてのたうってました。

「そこか」僧侶の一人が言い、すごい速さで僧たちが集まってきて、
小僧を取り囲み、声を張り上げて経を唱えました。「ギャーギャー」
小僧は悲鳴を上げ、転げながらうつ伏せになったときに、
薄い着物がびりびりと破けました。背中が盛り上がってたんです。
背中の皮の下に、何か生き物が入り込んでいるように
見えたそうです。それは小僧の背中の皮を破るほどにぐるんぐるん暴れました。
僧の中の4人が、経を唱えながら小僧の手足を押さえつけ、
囲んでいた僧たちの輪がせばまり、いつのまにか錫杖を抱えていた年長の僧が、
小僧の背中の盛り上がりに、どしっと錫杖の先を打ち下ろしました。
ゴーンと鐘をついたような音がしたそうです。何度も錫杖を打ち下ろすたび、
小僧の背中の盛り上がりは、のたうちながら小さくなり、

やがて平らな子どもの背中に戻ったんです。背中には丸く錫杖のアザがついてるだけ。
やがて、固く目をつぶっていた小僧は四つん這いに体を起こし、
ゲロゲロと紫色のものを、とめどなく吐き続けたそうです。
この後、小僧は一月ほど寝つきましたがどうにか回復しました。
総本山の僧侶が小僧から話を聞いたところ、最初の遺体が寺に運び込まれる少し前、
寺の境内を掃除していたときに、何者かに呼び止められた気がして植え込みの中を
のぞき込み、それから記憶がないということでした。
おそらく、そのときに死人潜りが体の中に入り込み、宿り木にしていたのだろう、
そういう話になりました。そのことを裏づけるように、
最初の遺体から消えてた小刀が、小僧の部屋の行李の中から見つかりました。
はい、死人潜りはもう出なくなりました。

寺には、総本山から新しい住職が派遣され、小僧はまだ体も本調子ではなく、
死人潜りの障りも残ってるだろうからと、総本山に連れていかれることになりました。
それから、小僧は総本山での厳しい修行に耐え、
一人前の僧侶になり、その後に結婚もしたんです。
当時は僧の妻帯はできるようになってました。
ただ、その人の子どもたちは誰も坊さんにはならず、都市部に出て暮らしました。
子どもたちの長男の息子が、うちのジイさんなんです。
でね、これ見てください。背中の真ん中に黒いアザがあるでしょ。
これ、親父にもジイさんにもあります。見たことはありませんが、
その前の先祖にもあったという話です。ええ、うちの家系の長男にあるんです。
さっき話した、小僧が錫杖で背中を打たれた跡なんですよ。






アーカイブ 宇宙人とキリスト教

2020.11.18 (Wed)
xxxxxx (1)

なかなか奇異な感じのする題名ですが、
西欧世界では、けっこう議論の対象になる内容です。
まず、宇宙人(知的生命体と言ったほうがいいかな)はいるんでしょうか。
世界の科学者でも、さまざまな論があるんですが、
「いる」と考えている人も多いようです。

宇宙には実にたくさんの、想像できないほどの数の星があります。
その中にはおそらく、地球と同程度の気温、重力、光量、
回転速度、元素の種類や量などを持つ星はあると思われます。
そこに生命が生まれているという可能性は、否定できない気がします。

もっとも、SF的な思考に慣れた方であれば、
温度の高い星にはプラズマ状の生命体がいるかもしれないし、
重力の大きな星には、地表にへばりつくように住むケイ素主体の、
鉱物の身体を持つ生命体がいるかもしれない・・・

こんなふうに考えられるかもしれません。
もっと言えば、「生命体」という言葉を使いましたが、
もしかしたらそれは、地球で考えられているような「生命」の概念には、
あてはまらないものであるのかもしれないんですね。

『天地創造』 ミケランジェロ
xxxxxx (3)

さて、ここではキリスト教にのっとって考えてみます。
基本的にこの世界は、キリスト教では神が創造したものであるとされます。
ですから原理主義的なキリスト教には、進化論を認めず、恐竜と人間は
ともに創造され、共存していた時代があったなどの論もあります。

それで、天地創造のときに「神は地球人類以外を創造されなかった」
としてしまえば話は簡単なのでしょうが、
この宇宙探査時代にあっては、実際はなかなかそうもいかないのでしょう。
2008年、11月14日。現ローマ法王・ベネディクト16世が、

バチカン宮殿において「神はアダムとイブと共に、地球外生命体を
創造された」このような声明を発表したという話があります。
しかしこの真偽はよくわかりません。確実なのは、同じ2008年に
バチカン天文台長のガブリエル・フネス氏が、バチカン新聞に
「宇宙人は我が兄弟である」という記事を寄せ、

「地球に様々な形態の生命があるように、宇宙にも神が創られた
知的生命体がいるかもしれない。さらに、宇宙人の中には原罪を負って
いない存在さえあるかもしれない。地球外生命体も神が創られたもので
あるため、 地球外生命体の探求と神への信仰とは矛盾しない」
このような内容を書いていることです。(元記事 BBCニュース)
BBCニュース

『楽園追放』 大天使ミカエルに追われるアダムとイブ
xxxxxx (1)

さてさて、ここで出てくる「原罪を背負っていない存在」とは何でしょう。
まず原罪とは「アダムとイヴが神が禁じた楽園の知恵のリンゴを食べた罪」
のことです。このため2人は楽園を追放され、そしてこの罪は受け継がれます。
神への不服従の結果、人の世に苦しみ・情欲の乱れ・死が生じたわけですね。

現在の人類はすべて、アダムとイヴの子孫ですから、
この原罪から逃れるものはいないとされます。
しかし、宇宙人はアダムとイヴの子孫ではないでしょうから、
原罪を持たない存在というものもありえることになるんです。

このあたりの宗教的な問題を追及したのが、
ジェイムズ・ブリッシュというアメリカのSF作家が書いた『悪魔の星』
という本です。1959年ヒューゴー賞受賞ですから、けっこう古いものです。
内容はかなり難解です。科学的に難解というより、宗教的に難解な話で、
日本人にはあまり興味を持たれないと思われます。

だいぶ前に読んだので、うろおぼえの部分もあるんですが、
あまりネタバレにならない程度に内容を紹介すると、科学者でもある神父が、
リチア星という惑星の調査に訪れる。そこにはトカゲのような姿の異星人が
住んでいるが、彼らには宗教がないにもかかわらず、知能が高く理性的で、
犯罪など、心の暗い面とは縁のない生活をしている。

パンスペルミア仮説
xxxxxx (4)

それを見て、神父は悩み始めます。神を持たない彼らの暮らしが、
地球人よりもはるかに優れたものであるのならば、神とはいったい
何なのか?そして、ついにはこのような疑念を持つに至ります。
彼らリチア人は、悪魔が作り出した星の住人なのではないのか?

しかし、キリスト教の教義上、悪魔には創造する力はないことになっている。
では、自分の考えは異端なのか?こういった内容が、
前半で神学論争なども交えて緻密に書かれます。後半、主人公は
リチア人から彼らの卵の一個を託され、地球に持ち帰ります。

そこから生まれたリチア人は、リチア星にいる他のリチア人のようには育たず、
原罪を持たないものとして、扇動者のようにふるまい始めます。
かつて地球にもう一人だけ存在した、原罪を持たない者
(マリアの処女懐胎から生まれたイエス・キリスト)のようにです。

バチカン天文台
キャプチャdddddd

ここで作者は、善と悪の間で、神とはいったい何なのか?
神の本質、宇宙の本質とは善なることにあるのか?というような疑問を、
読者に投げかけているのだと思いました。言い方を変えれば、
いったい悪魔の星とは、神を持ち、それゆえに原罪を背負い、

背徳と犯罪にあふれた地球と、神を持たず理知的に暮らしている
リチア星のどちらであるのか・・・宇宙人という要素を入れることで、
これまでキリスト教で考えられてきた神の概念が、
大きく揺らいでしまうんですね。

ところで、最近「生命宇宙飛来説」がとりざたされることが多くなってきました。
これはパンスペルミア仮説といい「宇宙空間には生命の種が広がっている」
「地球上の最初の生命は宇宙からやってきた」とする仮説のことです。
この仮説のアイデア自体は、もともとは1787年、



ラザロ・スパランツァーニによって唱えられた古いものなんですが、
根拠とともに提示されることが多くなってきたんですね。
南極などで見つかった隕石から、生物のDNA(デオキシリボ核酸)
を構成する分子を発見したと、NASAなどの研究チームが発表したこと。
また、38億年前の地層から真正細菌らしきものの化石が発見され、

地球誕生から数億年というわずかな期間で、ここまで進化した生物が
登場するのは考えにくいこと、などなど。もしこれが正しければ、
地球人はアダムとイブの子孫ではないんでしょうか。
今までキリスト教の教義の根本にあった原罪の概念はどうなるんでしょう?
興味深いなあと思っています。では、このへんで。

xxxxxx (2)





アーカイブ ナビの話2

2020.11.17 (Tue)
うちのジイちゃんの話なんだ。今年78歳で亡くなったんだけど、その死に際の
ことだよ。ええと、どっから話せばいいかな。・・・ジイちゃんは、うちの両親と
同じ市内に住んでて、車で15分ほどの距離だな。親父はジイちゃんに、
うちに来て一緒に暮らせよって、いつも言ってたけど、ジイちゃんは
「体が効くうちは一人のほうが気楽だ」って、誘いに応じようとはしなかったんだ。
実際、ジイちゃんは達者で、犬を飼ってて毎日1時間以上散歩させてたし、
俳句の会とか、カルチャースクールで陶芸の勉強をしたり、
退職金と年金で自由気ままに暮らしてたんだ。
これはね、俺はまだ就職したばっかりなんだけど、うらやましいというか、
年取って仕事を引退したら、ああやって悠々自適に暮らしたいなって、
理想を体現してるように思えてたんだよ。

車も運転してたんだよ。10年落ちくらいのカローラ。
だけどこれは、俺の両親も少し危ぶんでたんだ。
目も体もとくに問題はないジイちゃんだけど、
やっぱ歳のせいで判断力とかは鈍ってるだろうし、万が一のことが
あったら大変だから、運転免許の返納を勧めたほうがいいんじゃないかって。
とは言っても、ジイちゃんはあちこち出かけるのに車を使ってるわけだし、
そこらは都会と違って電車やバスの便はあまりよくないんだ。
だから免許がなくなると、うちの親が送り迎えしたりする機会が多くなるだろうし、
何より、ジイちゃんの生きる気力が萎えちゃうんじゃないかって、
言い出せずにいたんだよ。はっきりボケの兆候とかが見えないうちは
いいだろうって、お茶を濁してたってことだよな。

ただ、半年くらい前にジイちゃんが家に来たとき、「この頃、なんだか道を
 間違えるようになった。若いときは地図だけでどこでも行けたもんだが」
こんなことをこぼしてたんで、今年の4月、俺が就職した初給料で、
ジイちゃんにナビを買ってプレゼントしたんだよ。
ジイちゃんのカローラは旧型で、カーラジオのとこにナビは入らないから、
ダッシュボードにのせるやつだ。もちろん高いもんじゃない。でも、ジイちゃんは
すごく喜んでくれたよ。でもなあ、今になってみればこれがよかったのかどうか。
ナビは中古なんだよ。8万くらいのがリサイクルショップで3万になってた。
その前がどこで使われてたなんてわかんないよ。買った店に行けば
ある程度わかるかもしんないけど・・・とにかく不可思議な話なんで、あんたら
信じられないって言うかもしれないな。でもほら俺の右手、肘より先が動かないんだ。

神経が断裂してるんだよ。あんときの事故でやったんだ。
今はリハビリ中で、指が少しずつ動いてきてはいるけど、完全に元通りになるかは、
医者にもわからないみたいだ。だから、こんなことで嘘ついたってしかたないだろ。
で、そのナビをジイちゃんの家に持ってたとき、
やっぱ年寄りだから使い方がわからないだろうと思って、
俺が一緒に車に乗って、操作法を細かく説明したんだよ。
まあ、ジイちゃんは機械はけっこう強い。
昔は8ミリカメラや、写真の現像なんかも自分でやってたって話も聞いてた。
だからそう心配はしてなかったけど、すぐに要領を飲み込んで、
自分でナビをセットして、俺んとこまでくることができたんだ。
ナビの音声が案内をしゃべるたびに「スゴイ、スゴイ」って喜んでね。

ああ買ってよかった、いい金の使い方をしたって俺も思ったわけ。で、3ヶ月前
の話。俺が仕事から帰ってきたら、ジイちゃんが車で来てたんで、ナビの調子を
訪ねてみた。そしたら、「こりゃいいもんだ。あの案内してくれるネエちゃんの声が、
 ほれぼれするほどいい。だから道がわかるとこでも、どこに行くにも使ってるんだよ」
こんな話をし、続けて「それにしてもスゴイな。交差点に入るたびに、
 そこであった事故を教えてくれたりするとか、昔じゃ考えられない」
「えー、事故の件数ってこと? あれにそんな機能とかあったっけ」
「件数だけじゃなく、亡くなった人の年齢とか、ケガの状況まで教えてくれるんだよ」
「それはない、いくらなんでもそれはムリだよ。ジイちゃんラジオを一緒につけてて、
 ごっちゃになってるんじゃないか」 「いやいや、すごく詳しく知ってる」
さすがにこれは考えられないって思うだろ。数年前ので衛星通信機能はついてない。

というか、最新の数十万のでも、過去の事故の情報を教えてくれるナビなんてないだろ。
それで、ジイちゃんの家まで乗せてもらって、本当かどうか確かめて
みることにしたんだ。もしかしたらボケの始まりかも、とも思ったしね。
で、ジイちゃんの車に乗った。時間は7時過ぎでもう暗くなってた。
ジイちゃんが自分の家をナビに入力し、「これから案内を開始します。
 目的地までの到達予想時間は・・・」まあ普通に始まった。
でね、どこの交差点に入っても「右に曲がります」とか言うだけで、
事故のことなんて言ったりはしない。やっぱジイちゃんの勘違いだと思った。
「ジイちゃん、ただ普通に案内してるだけじゃない」
「それは向こうが忙しいからだろう。この間は、ここに入ったとき、ええと、
 死亡事故が3件、最新のは去年で、27歳の母親と4歳の女の子が死んだって。

 母親は頚椎骨折が死因で、女の子はフロントガラスを割って車外に飛び出し、
 対向車に轢かれたため。そんな話だったな」
「そんなのしゃべるわけないよ。ところで、ジイちゃん「向こうが忙しい」
 って言ったよね。それどういう意味なん?」 「このナビってのは、
 本部につながってて、そっから係のネエちゃんが話をしてるんだろ」
「えー、なに言ってるんだ。これは全部、録音した声を合成して出してて、
 どこかに通じてるわけじゃないよ」
「じゃあ、今話しかけてみるからな。次の信号のとこでで事故は起きてますか、
 教えてください」ジイちゃんがこう言ったが、ナビは無言。
そりゃそうだよな。これで答えが返ってきたら未来の車だよ、って思った。
「ほら、ジイちゃん、返事なんてしないだろう」

「おかしいなあ、いや、今まで何度もしゃべってるんだよ。ほとんど夜のときだな。
 その時間帯は本部が忙しくないから、答えてくれるんだと思ってたが」
「やっぱラジオだよ」俺がそう言ったとき、ナビが急に、
「次の交差点での過去10年間の事故発生件数3件」こうしゃべりだした。
「ほらみろ、どうだ」とジイちゃん。ナビは続けて、
「最新の事故は7月4日、死亡者0重傷者1名。重傷者は顔面の裂傷と、
 右手神経の断裂」7月4日ってのはその日のことだよ。
俺が驚いてナビ画面をいじくろうとしたとき、ジイちゃんが
「ううううっ」とうなってハンドルに突っ伏した。俺は助手席だったから、
とっさにハンドルをつかもうとしたがジイちゃんの体の下で、
うまくいかなかった。それで、思いっきりサイドブレーキを引いたんだ。

フロントガラスの前の景色が回転して、コンクリの塀が目の前に迫ってきて、
ドッガーン。俺の意識はそっからとぎれとぎれだよ。救急隊員に呼びかけられた
ときに気がついたんだが、右手の肘に大きなガラス片が刺さってるのが見えた。
ジイちゃんのことを気遣う余裕はなかった。
でね、このときジイちゃんは亡くなったんだが、死因は心筋梗塞だって。
もちろんジイちゃんにもガラスがたくさん刺さってたけど、
致命傷になるようなケガはなし。あのハンドルに突っ伏したとき、
もう命はなかったってことだったんだ。なあ、信じられない話だろ。
あんときナビは「死者0、重傷者1」って言ってたけど、そのとおりだったんだよ。
ジイちゃんのカローラはそのまま廃車。ナビもスクラップだと思う。
まさかまた、どっかの中古店に回ってるなんてことは・・・







月がないとどうなるの?

2020.11.17 (Tue)
月は質量が地球の100分の1、直径が地球の4分の1という
巨大な衛星である。太陽系を回っている他の惑星衛星と比べても
飛び抜けて大きい衛星なのだ。その月は地球を飛び出して以来、
毎年3センチずつ地球から遠ざかっており、地球の自転速度を
遅くする重要な働きをしている。
(サンデー毎日)

rrrrt (2)

今回は科学ニュースからこのお題をいただきました。うーん、
もし月がなかったとしたら、ということですか。まず、基本知識として、
月は地球の唯一の衛星であり、また、人類が到達した唯一の
天体でもあります。太陽系には月よりも大きい衛星はいくつか
知られていますが、地球との比率で考えると、かなり大きいんですね。

月の直径は地球の4分の1強であり、質量でも80~100分の1程度
になるため、昔は、地球と月を二重惑星とする意見もあったほどです。
月がどうやってできたかは諸説ありますが、現在では
巨大衝突説(ジャイアント・インパクト説)が有力視されて
いるものの、それだけでは説明しにくい事実もあります。

さて、引用ニュースにもあるとおり、月は毎年3cmほど地球から
遠ざかっています。まあ、ほんのわずかなので、月が出ていってしまう
心配はいりませんが、では、もし月がなかったらどうなるでしょう。
これ、まず一番よく言われるのは、地球の自転速度が速くなることです。

月による潮汐
rrrrt (1)

現在、地球の自転は赤道上で時速約1700km。もちろん
速いんですが、公転速度の時速10万8000kmと比較すれば、
そこまででもありません。で、地球の自転の影響として大きいのは
風ですよね。北半球で北東の風(北東貿易風)、南半球で南東の風
(南東貿易風)が吹いています。

もし月がなくなると、地球と月が引っぱり合っている相互の引力が
なくなり、海での潮の満ち引き(潮汐)がなくなります。
海水が潮汐で大量に移動すると、海底との間で摩擦を起こし、
地球の自転にブレーキをかけて、だんだんに遅くなってきたわけです。

rrrrt (3)

ですから、もし月がないと、地球の自転速度は4倍ほどに速まると
見られています。つまり、現在1日が24時間なのが、
6時間程度になる。(8時間という試算もあります)。
公転速度も影響は受けるでしょうが、大きくは変化しないので、
1年が1500~2000日くらいとなります。

上記したように、自転の影響で吹いている風が強まり、つねに暴風
状態になるでしょう。地上に建物を建てるのが難しくなる。
じゃあ、地下で生活すればいいじゃないかと思われるかもしれませんが、
この風は人類の進化にも影響をおよぼし、もし昔から月がなかったら、
いまだに穴居生活から抜け出せなかったかもしれません。

rrrrt (5)

では、地表面はどうなるのか。これは自分の勝手な想像ですが、
植物も高い幹を持つのは無理ですよね。風で折れてしまいます。
そこで地面にへばりつくような形の植物が発達し、さらにそれは
枝がないため、現在の植物のようにたくさんの葉を持てないので、
平べったいでっかい葉を広げて光合成する。

で、動物はその植物に合わせた形で進化していく・・・違うかな?
あと、潮汐力は海の水を一つにまとめているという面もあるので、 
月がなくなると、海の水が地上にどんどん進出してきて、
あちこちで津波が起きるという説もあります。現在、粘り気がある
海の水が、サラサラになると考えてもいいかもしれません。

四季がある理由
rrrrt (4)

あ、スペースがなくなってきた。それから、現在、地軸は公転軸に
対して約23.4度傾いていますよね。これによって地球上に
四季ができます。ここ、地球の公転のために四季があると勘違い
されてる人もいるんですよね。この傾きは、月の引力のおかげで
安定していますが、それが不安定になる可能性が高いようです。

例えば、地軸の傾きが最も小さい水星(0度)では季節の変化が
起こりません。地軸の傾きが最も大きい太陽系の惑星は
天王星(約97度)で、ほとんど横倒しで自転していることに
なります。それだと、ひじょうに長期間の夜と昼になり、
その寒暖の差はたいへんなものになるでしょう。

月面のクレーターは隕石直撃の痕
rrrrt (6)

あとはそうですね。月明かりがないと、生態系にも大きな
影響があるんでしょう。夜行性の生物は多いですが、さすがに
星明かりだけで行動するのは難しい。また、月の引力で起きる
潮汐も、これに合わせて産卵したりしている海の生物が
いますよね。それもできなくなってしまいます。

他に何かあるかなあ。あ、そうだ、月は地球を隕石から守る
バリアの役目も果たしてきています。巨大隕石が地球に近づいて
きても、月の引力圏にとらえられて月に落ちる。
それがなくなると、地球に巨大隕石が落ちる確率が高くなり、
巨大隕石が落ちれば生物の大絶滅になりますよね。

月が生物に与えている影響はとても大きい
rrrrt (9)

まあ、この他にも、地磁気に与える影響とか、いろいろなことが
考えられます。もしかしたら、月がなかった場合、地球に生命が
誕生できなかったのかもしれません。そう考えると、
二重惑星説もうなずけるものがあるんですよね。

さてさて、ということで、もし月がなかったらということで
シミュレーションしてみました。まあ、今ある月が急に
失われることはないとは思いますが。こういったことを考えて
お月見をすると、新たな感慨があるかもしれません。
では、今回はこのへんで。

rrrrt (7)





ヤバい!後期密教

2020.11.16 (Mon)
sss (8)

今回はこういうお題でいきます。オカルト論ですね。
さて、どっから書いていきましょうか。密教が日本に伝わったのは、
第18次遣唐使から戻った伝教大師最澄と弘法大師空海に
よります。最澄は天台宗、空海は真言宗を開きました。

ここで注意しなくてはならないのは、空海が真言密教を中心に
修めたのに対し、最澄が学んだのは天台教学。そのかたわらに
密教も学んできたという程度で、本格的なものではないことです。
ですから、日本への密教のきちんとした伝来は、唐における密教の
拠点であった青龍寺において修学した空海が、

不死をめざしてミイラとなったチベット仏教僧
sss (5)

806年に帰国してからとされます。さて、空海らの密教の
特徴は大きく2つ。一つは、内容が中期密教であること。
もう一つは、直接インドからではなく、唐(中国)を通じたワンクッション
置いてのものであったことです。中期密教では、大日如来という
中心仏が説法する形で経典が整えられていき、

その過程で曼荼羅ができます。生きた身のままで仏となる
即身成仏が目的とされ、現世利益が説かれました。このため、
密教にはこの世界を変える力があると考えられ、加持祈祷による
大願成就、怨敵調伏、あるいは雨乞いなどが行われたわけですね。

インドのヒンドゥー教の性愛寺院
sss (7)

さて、インドの伝統宗教であるバラモン教を受け継いだ
ヒンドゥー教では、歴史的に性愛を悪とみなしてはいません。
『カーマ・スートラ』 はご存知と思いますが、インドで4~5世紀に
成立した性愛書です。バラモン教では、人生の3大目的として
ダルマ(聖法)、アルタ(実利)、カーマ(性愛)を説きます。

本題ではないので、簡単にふれるだけに留めておきますが、
ダルマはカーストの本分を守って宗教的な務めを果たすこと。
アルタは政治的・社会的な利潤の追求で、カーマは主に結婚して
からですが、性愛の技術を追求し、快楽を求めて芸術にまで
昇華させるというものです。

歓喜仏
sss (6)

これに対し、仏教ではお釈迦様の修行に習い、禁欲が求められ
ますよね。日本でも中国でも、僧侶は妻帯を禁じられ、自己研鑽と
民衆教化がその本分でした。ところが、後期密教では、
ヒンドゥー教との競合から、性愛をよしとする考えが取り入れ
られたんです。具体的には、性行為を通じて解脱をめざす。

で、空海の頃にはすでに後期密教は生まれていたんですが、
さすがにこれは、中国でも日本でも受け入れられませんでした。
まあそうですよね、それまでの教えとあまりにも違います。
後期密教では、大日如来に代わり、東方妙喜世界にいます
「阿閦(あしゅく)如来」が本尊仏とされました。

女性的な阿閦如来
sss (9)

さて、インドでは後期密教は結局、ヒンドゥー教に押されて
立ち消えてしまいましたが、これが伝わったのがチベットです。
チベット密教と言いますよね。男性原理(精神・理性・方便)と
女性原理(肉体・感情・般若)との合一をめざし、
「性的ヨーガ」を実行します。

これはもちろん、男女がそろっていないとできません。
チベットは9世紀ころに政治的混乱があり、王国が解体して
しまいます。その後、さまざまな派閥ができましたが、
大きく4つに分かれ、その中のサキャ派の中心人物となったのが、
ドルジェタクという人物です。

ドルジェタク
sss (2)

ここからはとても仏教とは思えない内容になっていきます。
ドルジェタクは父によって11歳で結婚させられ、性的ヨーガの
実行を命じられましたが、この内容は、性交はしても射精は固く
禁じられるというたいへん過酷なもので、これによって
ドルジェタクの精神が狂っていったという話もあります。

その後、ドルジェタクはバローという師について、ヴァーラーヒー
という女神を信仰するようになります。ヴァーラーヒーは
豚女などとも訳され、性的ヨーガの中心仏として、怪しい性的秘技の
集会が行われました。また、ヴァジュラヴァーラーという男神の
秘法も伝授されます。これは簡単に言えば殺人です。

ツオンカバ
sss (3)

敵を殺すことは「度脱 ドル」と言い、たんなる殺人ではなく、  
相手を即座に浄土に送り届ける慈悲の実践と考えられました。
ドルジェタクは生涯で13の度脱を行ったとされます。ここで
思い出されるのが、オウム真理教におけるポアの概念ですが、
これから来ているものと考えられます。

ただ、本来の度脱は自分の霊力を用いて行い、オウム真理教の
ように暴力やサリンなどの毒物を使用するものではありません。
それと、この後期密教は日本にも伝わり、それを取り入れたのが
真言立川流とされますが、立川流は弾圧され、資料をすべて失って
しまっているので、真実の姿はよくわからないんです。

ダライ・ラマ14世
sss (4)

さてさて、13世紀になり、チベットはモンゴル軍の侵攻により
危機を迎えましたが、性的ヨーガを伝授することによりモンゴル王室と
友好な関係を築いたとされます。また、モンゴル王室は性的ヨーガに
溺れて莫大な財産を浪費し、崩壊を早める原因となったとも
言われますが、このあたり、どこまで本当かはわかりません。

現在のチベット密教は、性的ヨーガと呪殺を封印しています。
この契機となったのが、ゲルク派の指導者ツオンカバが現れてからで、
ツオンカバはひじょうに厳密で禁欲的な戒律を敷き、
現在でも僧侶の肉食・妻帯は禁じられています。そして、ゲルク派の
最高指導者がダライ・ラマなんですね。では、今回はこのへんで。

sss (1)




アーカイブ どんたく上人

2020.11.16 (Mon)
わたしが子どもの頃のお話をします。

五月に入ったばかりの日暮れ時のことでした。
村の田んぼ中の一本道を「おほほほほぉ~」
と絶叫をあげて走ってくるものがいます。
下の瀬の茂平です。肩に鍬をしょったままものすごい勢いです。
よく聞くと茂平はこんなことをがなり立てています。
「隣の仁吉さあの倅はじつはオラの子じゃああァ 
 あんまり仁吉の嫁がかわゆいて、オラ夜這いをかけたんじゃあああ~~~」

それをたまたま丘の畑で見ていた上郷のヲスエ婆さんが、
上からコロリコロリと前転をして下りてくると、
「嫁を殺したのはオラじゃあ~ 立ち居振るまいの一つ一つが憎くての~
 毎日少しずつ飯に農薬を入れとったのよォ~」
絶叫しながら茂平の後について走ります。

そうして田んぼの堰で泥遊びをしていた、
八歳の竹公の脇を走り抜けていきます。すると竹公は手網を放りだし、
「ごめんよお~ 寝小便して弟と布団を取り替えたのはオラじゃ~ 
  ゆるしてけろォ~」そう言って後に続いて走ります。

一人また一人とその走る列に村人が加わります。
そして口々に自分の秘めた悪事をがなり立てます。
一本松を過ぎる頃には総勢三〇人ほどにもなっていました。
中には村の駐在や村長の姿も見えます。

「殺したのはオラじゃ~」 「憎くての~どうしようもなかったんじゃ~」
「みんなに瘡かきをうつしたのはオラじゃ~」
「吾作の水がめに糞尿を入れたのはオラじゃ~」
「次郎左の田んぼの堰を切りはなしたのはオラじゃ~」
「ゆるしてけろォ~ けろォ~ けろォ~」
全員のがなり声がまぜこぜになり、皆が皆大きな口を開けて天を向き、
村の一本道をよだれを流し息せききって走ります。

もう走る人は五〇人を越え、
村の一本道は行き止まりの旦那寺珍宝寺へと近づいています。
珍宝寺の前では、和尚のどんたく上人が一張羅の袈裟を着て待っていました。
そうして土煙をたてて走ってくる五〇数人の前に立つと、錫杖を振り上げ、
「喝!!」という大音声とともに地面に突き立てました。

するとそれまで疾駆していた人たちは、
皆憑きものが落ちたようにその場に立ち止まり、
中には疲労のあまりくたくたと崩れ落ちる人もいます。
和尚は皆を見渡すと一言、「ふん、狸じゃよ、まーた化かされおってからに」
そうつぶやいて寺に戻って行きます。
その場の人たちは皆照れくさそうに笑い、
ゆっくりと歩いて自分の家へと帰っていきました。
そうして次の日からは村は、何事もなかったように日常へと戻ったのです。

これはわたしが子どもの頃にあった本当の話です。
 






back-to-top