FC2ブログ

魚油の話

2016.01.21 (Thu)
いやいや、大変なごぶさたです。今日からブログ再開しますが、
昨年末に実弟が逝去し喪中なので、しばらく怖い話は自粛させていただきます。
それで、ネタがないときのお約束で科学ニュースのほうを見てましたら、
「太陽系第9番惑星存在の証拠見つかる」の話題がどこでも大きく取り上げられていました。
これはそうでしょうね。冥王星が惑星メンバーから外れて以来、
ここで取り上げられているX星が新たに入ってくるかもしれないというのは、大発見です。
ただまあ、オカルトホラーとはあまり接点のない内容なので、別の話題でいきます。
「魚油」についてwです。青魚のサラサラオイルなどとも言われてますね。

『京都大学の研究グループは12月18日、魚に含まれる油分(魚油)が脂肪を分解し熱にする
「褐色脂肪細胞」の増加を促進することを証明したと発表した。
魚油の主成分のドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペタエン酸(EPA)を摂取すると、
消化管の感覚神経が活性化し、ノルアドレナリンの放出が増加。
脂肪を貯め込む脂肪細胞が褐色化し、褐色脂肪細胞が増える過程で、
脂肪の燃焼とエネルギー消費が促進されるという。
近年、体内の褐色脂肪が加齢に応じて減少すると、中年太りやメタボリックシンドローム、
生活習慣病につながることが判明。疫学研究では魚油に脂肪抑制の効果がある
と報告されていたが、これまで詳細なメカニズムは分かっていなかった。』


ふむふむ、昔から魚油の成分には、記憶力を高める効果や、
贅肉を落とす効果があると経験的に言われてきましたが、
この後者のほうのメカニズムが解明されたということのようです。

バターやラード、肉類の油は「飽和脂肪酸」といって、コレステロールや中性脂肪を増やす。
これに対し、魚油やオリーブ油に含まれる「不飽和脂肪酸」は、
悪玉コレステロールを減らす働きが強いと考えられていました。
確かに魚を中心とする食生活は、肉中心よりも健康なのは間違いないと思われますが、
輸入製品の安くなった肉類に対して、魚は高いですし、
どのくらい摂取すれば効果があるのかもはっきりはわかりません。
ま、今後の研究待ちということなんでしょう。

ちなみに、自分はメタボ対策として「特保のお茶」というのを飲んでいます。
茶カテキンが多く含まれる飲料ですが、自分の場合は効果はありましたね。
もう3年以上飲んでるんですが、飲み始めた当時、84kgあった体重(身長179cm)が、
ここ最近は73kgをずっと維持していて、お腹もへっこみました。
ただし効果には個人差もあると思われますので、
けっしてお勧めするということではありません。この手のものは自己責任でしょうから。

さて、この話も、新惑星の話以上にオカルトホラーに関係がないように思われますが、
どうして取り上げたかというと、同じ科学ニュースの中に、
やはり魚油に関係したものがあったからです。
しかも当ブログの隠れテーマである「恐怖」に関係する内容です。

『チョコレートや肉などに多く含まれる飽和脂肪酸が恐怖の記憶を和らげることを、
京都産業大総合生命科学部の加藤啓子教授がマウスの実験で突き止めた。
摂取する油の種類で嫌な記憶をコントロールできるという。
うつ病などの治療薬の開発につながる成果で、このほど米科学誌で発表した。
加藤教授は、健常とうつ病の症状を示すマウスに、
通常と飽和脂肪酸を多く含む餌をそれぞれ与えて嫌な記憶がどう変わるかを調べた。
その結果、飽和脂肪酸を多く含む場合、健常なマウスでは恐怖を感じた空間の記憶が大きく減少し、
うつ病のマウスだと恐怖を感じた時に聞いた音の記憶が薄らぐことを確認した。

逆に魚などに多く含まれる不飽和脂肪酸を与えると、
健常とうつ病の両方のマウスで、恐怖を感じた空間の記憶が増強されることも確認した。
加藤教授は、不飽和脂肪酸は記憶力のアップや健康によいとされているが、
恐怖の記憶まで高めてしまうことが分かった。今後、油が記憶を変えるメカニズムを詳しく調べ、
うつや不安障害の治療薬や診断薬の開発につなげたい、と話している。』

なるほどねえ、みなさんがどう思われるかわかりませんが、
自分はたいへん面白いなあと感じました。「魚油」に含まれる不飽和脂肪酸は、
恐怖の記憶を強めてしまうということですね。
おそらくは恐怖以外の記憶も増強されているんでしょうが、
嫌なことの記憶に特に働きかける効果がある。
これに対して、飽和脂肪酸のほうが恐怖の記憶を弱める・・・
何か嫌なこと、怖いことがあったときにはチョコレートを食べるとよいということですか。

さてさて、人体というのは複雑ですねえ。
体によくないとばかり思われていた飽和脂肪酸ですが、
精神安定の効果があって、うつ病治療にも役立つ。
悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果のある不飽和脂肪酸「魚油」は、
場合によっては精神に悪影響を与えることがある・・・

これってもしかしたら、同じ怖い話を聞いた場合でも、
肉が好きな人は、魚が好きな人より怖くないのかもしれませんし、
同じホラー映画を見ていた場合でも、チョコがけポップコーンを食べてた人よりも
フィッシュ&チップスを食べていた人のほうがより恐怖を感じてしまう・・・
エンタメの小説や映画は、怖さを感じるためにお金を払うものですから、
これはもったいない気もしますが、そういうことがあるのかもしれませんね!?






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1007-6a059384
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する