FC2ブログ

京極夏彦と妖怪

2013.08.10 (Sat)
 氏は基本的には推理作家なのだと思います。妖怪作家と呼ばれることもありますが、
氏の作品には実は超自然的な怪異は出現せず、登場人物の悪意や狂気が人間の範疇を超えたときに、
その心の状態とまわりに及ぼす影響を妖怪の名で呼んでいるのだと思います。
(あるいはその人物に妖怪が取り憑いているとみることもできますが)
例えば子を思う妄執に対して「姑獲鳥」という名がつけられるのです。
氏の『妖怪の理 妖怪の檻』によれば、もともと妖怪という語は、
「いつ、どこそこの場所でこのような妖怪があった」というように、
妖異や怪異などの言葉と同じような「怪奇現象」という意味で使われたものらしいです。

 だから探偵役である京極堂や百鬼夜行シリーズの小股くぐりなどは、
事件を解決するとともに、心が変形した人物の闇を祓う、
憑き物落としの拝み屋として役割づけられているのでしょう。
現代ならば精神分析医というところでしょうか。
作品では、デビュー作の『姑獲鳥の夏』が圧倒的に自分は怖かったです。
『魍魎の匣』なんかも昔の新青年時代の怪奇幻想的な作品がベースになっているようで、
興味深いものがありました。
あと氏の作品は長いのですが、本筋に関係無いようにみえる部分も面白く飽きませんね。

 もちろん超自然的なオカルト怪談の作品もあるのですが、そちらの方面での長編大作も
期待させられてしまいます。

『魍魎の匣』

関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/104-c91a7a8c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する