スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かごめ歌の謎

2016.04.20 (Wed)
本項は明智光秀についてで、カテゴリは怖い日本史にはいるんですが、
特に怖いという内容でもないです。それと、ちゃんと書くとすれば本一冊分にも
なってしまう話なのですが、歴史ブログではないので、
できるだけ端折って書きます。後半でなかなか面白いオカルトが出てきますよ。

さて、みなさんは光秀の名前を聞けば、おそらく本能寺の変という語を
思い浮かべる方が多いでしょう。主君信長に対する下克上。
これによって、日本の歴史は大きく変わってしまっただろうと思われます。
それは、後継が秀吉になり、家康になったということよりも、
信長の天下が目前まできていたのに実現しなかったのが大きいと、
自分なんかは思います。信長は世界の知識が豊富な、
古い因習にとらわれない開明的な人であったので、おそらくは国の形が代わるような、
大きな改革を実行したのではないかという気がしますね。

光秀の話に戻りまして、まず出自が不明です。名門である、
美濃源氏土岐氏出身と言われますが、実は父親の名もよくわかってはいません。
さらに青年期に何をしてたのかも不明なんですね。歴史に登場してくるのは、
朝倉義景に鉄砲の腕を認められたためですが、45mの距離から的を撃って、
ほとんど外さなかったということで、これ、当時としては驚異的な命中率です。
これにより、100人の鉄砲隊を率いる将となりますが、
この頃すでに40歳近かったと考えられます。人間五十年と言われていた頃ですから、
もう晩年と言ってもさしつかえないくらいですね。

それと、この鉄砲の腕はどこで身につけたものでしょう。関係する資料の中には、
光秀は名門でも美濃出身でもなく、若狭の鍛冶屋の次男であった、
とするものまでありまして、これが何か関係しているかもしれません。
ともかく、多芸の人であったのは間違いなく、この後は、
将軍足利義昭と信長の両属の家臣となり、両家を結ぶ役割を果たしますが、
やがて信長の家臣に専念し、さまざまに活躍が歴史の表舞台に現れます。

さて、本能寺の変が起きたのは天正10年(1582年)
光秀が54歳のときです。日本史最大のミステリーとも言われたりします。
事件の詳細はよくわかっているのですが、光秀の動機が不明だというわけです。
それと、陰で光秀を操っていた黒幕がいたのではないかという話。
動機については大きく、野望説、怨恨説、不安説などに分かれます。

まあこの手のことは、一つに絞るのはあまり実際の意味はなく、
いくつもの要因が複合されていたと見るべきでしょうが、
もしどれか一つというなら、自分は不安説を取ります。
爆発的な激情型であった信長に、いつ放逐されたり、
殺されたりするかわからないという恐怖から。黒幕説に関しては、
かつての主人の足利将軍説、正親町天皇説、堺の商人説などがありますが、
下克上があたり前であった世の中で、一人の武将が決断したことですし、
あまり詮索してもしょうがないという気がしますね。

どんどん話を進めます。本能寺のわずか13日後、光秀は山崎の戦いで秀吉に敗れ、
「三日天下」の語を残して惨死します。京都伏見の藪で、
土民の落ち武者狩りに遭い、そこで竹槍に刺されて絶命したと伝えられ、
首も遺骸も探し出されて、さらされています。で、こっからがオカルトで、
実はそこで死んだのはそっくりの影武者で、本人は西洞寺というお寺に逃れ、
さらに比叡山に登って、延暦寺東塔南光坊に入り、
天海という僧になったというものです。

そして慶長年間に家康を駿府に訪ね、相談役として信頼を集めるようになった。
・・・これしかし、時期がかなり離れていますよね。
光秀が生まれたのは1528年頃、天海が亡くなったのは1643年ですから、
116年も生きたことになります。絶対ありえないとは言えないでしょうが、
まず考えにくい。しかし、天海の出自も若い頃の経歴もほぼ不明ですので、
生年を偽っていたというのは考えられなくもないかもです。

光秀=天海説の根拠としてよく出されるのは、
・日光東照宮の多くの建物に光秀の家紋である桔梗紋が象られていること。
・日光に明智平と呼ばれる区域があり、天海がそう名付けたという伝承があること。
・学僧であるはずの天海の鎧が残っていること。
・比叡山に、1615年に「願主光秀」が寄進したと刻まれた石灯籠があること。
などです。もっと眉唾なものも含めればまだたくさんあります。

天海の家康側近としての功績は、江戸城府の霊的設計、
家康死後の神号を「東照大権現」と決定し、
遺体を久能山から日光山に改葬したことなどがあげられますが、
このとき設計した日光東照宮に、家康、家光らの御用金を隠したとする話があり、
いつか徳川家の危機が訪れたときに掘り出して使え、ということでしょうか。
そしてそのありかを暗号として「かごめ歌」を作ってその中に隠した・・・
「籠目、籠目、籠のなかの鳥は、いついつ出やる、
 夜明けの晩に、鶴と亀がすべった、後ろの正面だあれ」


籠目は上記の明智家の桔梗紋を暗示するとされ、
これは実際に日光東照宮にいくつもあります。「籠の中の鳥」が徳川埋蔵金を表し、
「夜明けの晩に、鶴と亀がすべった」の部分は、
東照宮にある鶴と亀の像に朝日があたってできた影のこと。
影の先には有名な「見ざる言わざる聞かざる」の三猿の彫刻があり、
三猿の視線の方向に眠り猫の門があります。その先は徳川家の墓所で、
「後ろの正面だあれ」これは墓の後ろに塚があって、
その上には六芒星のしるしが・・・ どう思われますでしょうか。

しかしこれ、結局は墓の後ろというあたり前すぎる隠し場所なら、
わざわざ手の込んだ暗号にする意味があるんでしょうか。
誰だってまず最初にそのあたりを探しますよね。稚気でやったのならともかく、
本気で隠すつもりだったのなら馬鹿げてると思うのは自分だけでしょうかww
ま、かごめ歌を天海が作ったという確証なんてないんですけど。
ただ、地質学上の調査では、そこには高確率で土や石ではない
何かが埋まっている、という話もあるようです。

さてさて、TBS系列『日立 世界・ふしぎ発見!』
という2000年のテレビ番組で天海と光秀の書状の筆跡鑑定を行い、
それによると、天海と光秀は別人であるが、
類似した文字がいくつかあり、2人は頻繁に接していた親子のような近親者
ではないかと推定できるということでした。
ここから、光秀の従弟、あるいは娘婿ではないかという説が出されていましたね。

日光東照宮奥の院の鶴亀の像





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1098-8a16a44d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する