FC2ブログ

5文字目

2016.04.30 (Sat)
香辛料の輸入代理店で働いています。よろしくお願いします。
2年前の話ですね。私の会社は東京に本社があるんですが、
神戸に支店ができまして。それで長期出張という形でそちらに行ったんです。
予定は4ヶ月、支店の業務がうまく立ち上がるまでの手伝いということで、
わりと気楽な立場ではありました。でも、新規の立ち上げなので、
電話の引き込みからネット回線、銀行口座から、備品関係から、
やることはいくらでもありましたね。はい、私は今の会社に勤めて、
当時で12年目でしたから、だいたいの業務は心得ていました。
難しいのは法律関係くらいで、基本は外国から商品を輸入して問屋に卸すだけ。
仕入れは海外に駐在してる社員がやるので、語学もあまり必要はありません。
それで、住居は、会社のほうで借りた戸建てマンションだったんです。

ほら、短期滞在専用の敷金・礼金いらずで、30日ごとに契約更新するタイプの。
これ、あんなことがあったので後で調べたんですけど、
事故物件なんかじゃなかったんです。まるっきりの新築。
それなのに、あんな怖いことが起きるなんて・・・
あ、順を追ってお話していきますね。3月末に引っ越し費用会社持ちで、
そこに越したんです。建物は平屋の4軒長屋の形をしていまして、
各家2部屋あったんです。私はその一番左端に入りました。
右隣が空きだったんです。会社の支店長さんが知ってて、そのほうがいいだろうって。
はい、こういう建物ってよく、壁が薄いって言われたりしますよね。
でもそれだったら、気を遣わないで済むだろうということで。
実際それはありがたかったんですが・・・

引っ越すとすぐに、目の回るような忙しさでした。
でも、私の仕事は事務関係限定で、問屋まわりなどはなかったですし、
接待の会に出ることもほとんどありませんでした。ですから、
遅くとも8時には部屋に戻ることができたんです。さっき話したとおり、
部屋は建材の香りがするくらい新しかったんですが、
まだ塗料のにおいも残っていまして。
できるだけ空気の入れ替えをするようにして、出勤中も換気扇を回していました。
どうせ費用は会社持ちですので。だから、においには敏感になってたはずですけど・・・
最初の3週間ほどは何事もなかったと思ったんです。何かおかしいのに気がついたのは、
ゴールデンウイークに近い4月末のことでした。マンションの部屋は2つ、
前がダイニングキッチンで、奥が寝室。もちろんベッドで、かなり早めに寝ていました。

ええ、やはり慣れない環境ですからね。疲れが溜まってたんだと思います。
その日も、11時ちょっと前にはベッドに入りました。
お酒はワインを飲んでましたが、ほんの少しだけです。
私はかなり眠りは深いほうなんですが、その日は少しうとうとしたら、
怖い夢を見ました。私が寝ているまわりをぐるっと人が取り囲んで見下ろしている、
ただそれだけなんですけど、下から見上げると顔にクマができてて、
怖く見えるでしょう。人数は8人くらいで、見たことのない男性ばかりでした。
ただ・・・一人だけ女性が混じっていて、その人は見覚えがあったんです。
問屋筋の、南米のチリから特別な香辛料を輸入してる会社にいる人だと思いました。
ただ、会ったのは1回だけなので、これは自信はないです。
夢の中で、全員が胸のところに香炉みたいなのを両手で持っていて、

すごくきつい香料のにおいがしたんです。え?チリの香辛料と同じかって?
それが・・・恥ずかしいですが、そのにおいを嗅いだことはないんです。
自分とこの商品なのにダメですね。それで、その人たちが腰をかがめて、
私に顔をぐっと近づけてきたところで目が覚めたんですが、
驚いたことに、ベッドの中にいたんじゃなかったんです。
はい、私はうつ伏せになって、キッチンのテーブルの下にもぐり込んでいました。
四つん這いの格好ということです。最初は事態が飲み込めず、
頭をぶつけそうになったくらいでした。その状態で寝てたなんてありえないんですが、
でも、自分で入り込む以外には考えられないですよね。
とにかく這い出して部屋の電気をつけようとして、そのとき、
手に赤マジックを持ってることに気がついたんです。

それは確かに私のものでしたよ。あと、強く香料のにおいが漂っていて、
これは夢の中のものと同じだったと思います。うーん、そうですね。
そのにおいがあったから、あんな夢を見たのかもしれませんが。
それと、マジックはキャップがしてなくて、探したらテーブルの下に転がってました。
それを拾おうとまた入り込んでいったとき、あちこちまわりも見たんです。
だって不思議でしょう。何か書こうとしたから、マジックのキャップを外したわけですし。
そしたら、テーブルの裏に字が書いてるように思えたんです。
暗くてはっきりしませんでしたが、手のひらの半分くらいの大きさの。
そこのマンションは、生活家具もセットで、
どれも新品に見えてたので変だなとすぐ思いまして。
テーブルをひっくり返すことはできないので、懐中電灯で照らしてみたんです。

そしたら平仮名の「し」じゃないかと思いました。ええ、単純な形なので、
何かの記号とも考えれられはしたんですが、見覚えある私の字で、
やはり自分が書いたみたいだったんです。でも、まったく覚えていません。
いえ、私はどっちかというと寝相のいいほうで、夢遊病の経験なんてないんです。
このときは怖いというより、狐につままれたといった感じでした。
それから、部屋の中のにおいで気分が悪くなってきたので、夜中でしたけど換気しました。
そのとき時計を見たら午前2時。翌日、昼休みのとき外食先で、
仲がよくなっていた女性社員のYさんに、あったことを話したんです。Yさんは、
大阪の支社から、私と同じく手伝いにこられていた豪快な感じの50年配のベテランでした。
私は冗談めかして、失敗談のような形で話したんですが、すっとその方の目が細くなりまして、
「それ・・・チリの○○って香辛料のにおいだったんだろう。よくないねえ」

と言われたんです。「何がですか?」と聞くと、首を振り、
「しの字を書いたのなら時間がないのかもしれないねえ。もし5文字目だったらね。
 今日の帰り、あなたの部屋に寄っていい?」 「あ、はい。歓迎します」
8時過ぎ、夕食を済ませてから2人で私の部屋に入ったんですが、Yさんはすぐに、
部屋の中をぐるぐる歩きまわりまして、「あった!」と言われました。
見るとキッチンのカーテンの陰になったサッシの下の金属部分に、
上下逆でしたが「わ」と読める字があったんです。「まだあるから、あんたも探して」
こう言われ、あちこちの戸を開けたりしましたら、寝室の押し入れの戸の裏に「も」、
それから玄関の靴棚の裏にまた「し」、浴室の鏡がついた収納の下の部分に「た」。
これだけ見つかったんです。全部が赤マジックで書かれ、私の字としか思えませんでした。
「やっぱり5番目だったねえ。危ないところだった」Yさんが言い、

「それはどういう」と聞くと、Yさんはメモ用紙に「わたしもし」とペンで書き、
さらにその横に、「私も死」と書き添えたんです。
「ほら、これねえ、しの字が重複してるだろう。元来はチリの言語、
 スペイン語でやるものだけど、効果はそう違わない。
 これはあと1字で完成するところだった。たぶん〈わたしもしぬ〉だろうね」
こう言われたんですが、意味がわかりませんでした。「死ぬって誰がですか?」
「あんただよ!」ぴしりとこう言われて、すると急に怖くなってきたんです。
「においの元も探さなくちゃ。これは隣の棟からだろうねえ」
Yさんはトイレとお風呂を集中的に見ていましたが、「たぶん、ここだ」と、
お風呂場の天井の隅を指し示しました。浴槽の蓋に上がってできるだけ顔を近づけ、
「やっぱりにおうね、換気扇の近くだからごまかしがきくと思ってのことだろうねえ」

「これ、呪いなんですか?どうして・・・」 「どうしてかはわからないけど、
 とにかく私から東京の本社に連絡しておく。支店長には言わないほうがいいかもしれない。
 とにかくあんたはすぐに最低限の荷物を持って、今からホテルに泊まりなさい。
 もう1回儀式やられたら取り返しがつかなくなるから」こう言われまして、
その日からホテル暮らしになったんです。それからややあって、会社のほうでは
電撃的に支店長の交代があったんです。東京の本社から私も顔を存じ上げている
部長さんが来られることになりました。部長さんは事情を飲み込んでいたらしく、
すぐに私に代わりの社宅を用意してくれたんです。それと、これも怖い話なんですけど、
私が夢の中で見たと思った、この香辛料の加工販売をしている問屋の女性、新聞に出たんです。
埠頭近くの海で、溺死しているのが見つかったということで。
大量の薬物を摂取していたそうですが、事件か事故かはいまだに不明です。

*家ものホラーを書いてみました。   関連記事 『家ものホラーについて』
indexなかこいう




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1108-965c5edf
トラックバック
コメント
理不尽に呪われたんではたまりませんな。
話は変わりますが、わたくし訳あり物件平気のへーちゃん。安いネタ付きの部屋ウェルカム。地縛霊?美人なら万歳。当たった事無いけど(笑
miss.key | 2016.05.01 13:04 | 編集
コメントありがとうございます
これは本当は筋からいけばもっとずっと長くなる話なんですが
縮めたら骨格だけになってしまいました
事故物件、曰くつき物件を自分から求めて買ったり借りる人も多いみたいですね
それ専門の不動産公社もあります
bigbossman | 2016.05.01 21:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する