FC2ブログ

狐狗狸さんの話

2017.10.19 (Thu)
私が中学校3年のときの話です。美術部に入ってたんですよ。
ええ、運動は苦手だったし、それでも何か部活動をやってないと
内申書で不利になるかと思って。はい、絵なんて全然得意じゃなかったです。
だから学校祭に作品を出したこともないんです。
3年生の部員は11人いたんですけど、私と同じように
あんまり活動に熱心でない子がもう2人いて、部活の時間は美術室を抜け出して、
その子たちとおしゃべりしてることが多かったんですよ。

そのときもやっぱり空いていた教室に入り込んで、
芸能人の話とか男の子の噂なんかをしてたんだけど、
真由って子がコックリさんをやろうって言い出しました。
いえ、特に流行ってたわけじゃないし、学校で禁止されてるってこともなかったです。
それで、コックリさんは前にもその子たちと何回かやったことがあって、
スケッチブックの1ページに、鳥居とあいうえおの50音を書いたのがありました。
でも、それまでにやったときは、あんまり上手くいかなかったんです。
10円玉が途中で動かなくなってしまうことがしょっちゅうだったし、
質問をしても答えが意味不明だったり・・・

今にして思えば、「カッコイイ3組の○○君の好きな人は誰ですか?」
みたいな質問ばっかしてたので、3人でけんせいし合って
上手くいかなかったんじゃないかって思いますけど。
「えーコックリさん? いいけど、たぶん前と同じでちゃんと答えてくれないよ」
私がそう言うと、真由は「今まではやり方が間違ってたみたい。
 私、ネットで見たんだけど、コックリさんって漢字で「狐狗狸」って書くんだって。
 これ、キツネと犬とタヌキって意味なんだけど、その3匹は本当は仲が悪くて、
 だからお互いに足を引っぱり合って上手くいかないみたい」

「へえ、じゃあどうすればいいの?」遥香って子が聞くと、
真由が「3人でやるのが一番よくて、そのときに一人ずつちゃんと役割を決めないと
 いけないみたい」 「役割ってどういうこと?」
「一人が犬、一人がキツネ、一人がタヌキってそれぞれ決めるの。
 そうすれば決めないでやるよりずっとスムーズに進むんだってよ」
「わかった、じゃああたし犬」 「あたしキツネでいいや」
「えー、残りタヌキだけじゃないかよ。やだけど、まあいい、やろやろ」

こんな感じで、私がタヌキになっちゃったんです。
真由は続けて「じゃ、ちゃんと誰が何だかわかるように、
 手の甲にマジックで書こう」って言い出し、バッグからネームペンを出して、
自分に犬、遥香にキツネ、私にタヌキって書きました。
それで机を2つくっつけてスケッチブックを中央に置き、
10円玉を出して、3人で「コックリさん、コックリさん、どうぞおいでください」
ってお願いをしました。で、いっせいに10円玉の上に人差し指を置いたとき、
なんか電気がビリっと走った感覚があったんです。

でもほんのちょっとだけだったので、そのまま気にせず、
「おいでになりましたのなら、はい へお進みください」
そしたら力も何も入れてないのに10円玉はシューッとすべって、
はい のところに行きました。「あ、これなんか、今までと違う」
「うん、ホントすごくスムーズに動いた」 「本物が来てるのかも」
とてもワクワクしながら、次の質問をしました。
「あなたはどなたですか?」そしたら、10円玉がものすごく速く動き出し、
「た・へ・る・も・の 」って字をなぞったと思いました。

「えー、たへる?」 「違うんじゃない、食べ物ってことじゃないかな」
「すごい速かったから腕いたい」 こんなことを言い合ってると、
また10円玉が猛スピードで動き出しました。
質問をしてないので、私はまったく力入れてなかったのに。
「あ、これちょっと」 「きゃ、引っぱられる」それで、
バランスを崩してこけそうになったので、10円玉から指を離そうとしたけど、
接着剤でくっつけだみたいに取れなかったんです。他の子も指は離しませんでした。

あまり速くてどう動いたか、そのときはわからなかったです。
「あ、あ、あ」 そのとき、窓の外がビカッと光り、
すぐドーンとすごい音がしました。10円玉から、
最初に感じた電気みたいのが強くなってビリビリ伝わってきて・・・
そっから目の前が暗くなって、記憶が飛んじゃってるんです。
「こら~、お前たち何やってるんだあ~~~」男の先生の声がして、
気がついたら、目の前に遥香のお尻がありました・・・

ええ、私は遥香のスカートを齧ってて、スカートはボロボロだったんです。
私たち3人は、コックリさんを置いた机のまわりで輪になって四つんばいで、
それぞれ前の子のスカートを噛みちぎってたんですよ。すごく恥ずかしかったです。
3人とも正気に戻ってたので、保健室に連れていかれ、
そして親を呼ばれました。家では両親にも怒られたし、もうさんざんでしたよ。
後で先生に聞いたところ、空き教室の中で犬がケンカしてるような音がするので、
見にいってみたら、私たちがすごい速さで、
ぐるぐる机のまわりを回ってたってことでした。

あと、雷が落ちたってこともなかったそうです。
それから、これも3人で集まったときに話したんですが、
質問してないのに10円玉が動き出したとき、みんなで見たことを総合すると、
「た・れ・か・ら・た・へ・る」だったんじゃないかって話になったんです。
うーん、わからないですけど、
もしかしたら「誰から食べる」だったのかもしれません。

話はだいたいこれで終わりですけど、ほら、
手にネームペンでタヌキって書いたじゃないですか。それがマジックはすぐ落ちたけど、
その下がイレズミみたいになって、タヌキって字が茶色く残り、
いつまでも消えなかったんです。他の2人も同じです。
恥ずかしいので、3人とも包帯をまいて隠していました。消えたのは翌年のお正月、
受験もあるので神社に初詣に行ったときでした。それも他の子も同じで。








関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1230-08d122ee
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する