FC2ブログ

ホラー小説と怪談(怖い話)

2017.12.23 (Sat)
今回はこのお題で。どんな違いがあるのか、あらためて考えてみようと思います。

・フィクションかどうか
ホラー小説は、中には「実話を元にした」なんて惹句がついている場合も
ありますが、基本的にはフィクション、創作です。

これに対し、怪談は「本当にあった話」というのが大前提です。
これ、かなり重要なことで、怪談を掲示板などに投稿する場合、
最初に「創作だ」と明言すると、「じゃ読まない」 「嘘話はいらない」
みたいな反応が返ってくることが多いんです。
ちなみに、自分がこのブログで書いているのは実話風の創作怪談ですので、
ホラー小説、実話怪談のどちらにもあてはまりません。

・人称や文体
怪談というのは体験談ですから、一人称による語りがほとんどですね。
また、プロの先生方が書かれている、竹書房などから出ている実話怪談の場合は、
体験者から取材して書いたという形が多いです。で、どちらの場合でも、
体験者は怪異から生きのびてその話をしているわけですから、
もし人が亡くなったりするような内容なら、
それは体験者以外の人物ということになります。
あと、敬体の「です・ます調」で書かれることもあまりありません。

ホラー小説の場合は、一人称でも三人称でもどちらでもかまわないですし、
二人称でも手紙や日記形式などでも書くことができます。
結末が「そこで僕の意識は途切れていった・・・」で終わっても問題ありません。
また、途中で語り手を変えることもできます。

・長さ
ホラー小説は、長編、中編、短編、ショートショートといろんな長さに設定できます。

怪談の場合は短いものがほとんどですね。
中には2ちゃんねるで有名になった「リゾートバイト」みたいな
かなりの長さの話もありますが、よほど興味を引きつけるような内容でないと、
普通は読んでもらえません。自分が掲示板に投稿した「青いテント」程度の分量でも、
「長い」と言われてしまうことが多いんです。

・情景描写・心理描写
これもホラー小説なら自在に書くことができますね。
情景描写・心理描写が巧みに挿入されたホラーは怖いです。

これに対し、怪談の場合は情景描写で、例えば、
「街灯に照らされたポプラの木が、歩道に不気味な影を落としていた」
などと書くと、「小説ならよそでやれ」と怒られてしまいます。
ですから、話のネタ(素材)で勝負するしかないわけですが、これが難しいんです。
また怪談の場合、人物の心理を長々と書くことも好まれません。

・伏線等
ホラー小説の場合は巧妙に伏線が張り巡らされているものが多いです。
当ブログでも、シャーリー・ジャクスンの『くじ』を分析したりしてますが、
一読しただけでは気がつかないような伏線が、あちこちに埋め込まれています。

関連記事 『「くじ」を読む』

ところが怪談の場合、伏線はどんなにさり気なく入れたとしても、
「あざとい」ととられてしまいます。とにかく、ストレートなというか、
別な言い方をすれば、稚拙な書き方のほうが好まれるんです。

・方言等
ホラー小説の場合は、方言なども雰囲気を盛り上げるための重要な要素です。
岩井志麻子氏の短編『ぼっけえ、きょうてえ』は、
岡山弁が作品を成り立たせる上で重要な役割を果たしていたと思います。

怪談の場合は、方言をそのまま書くと「読みにくい」
「共通語に直して書けよ」と言われてしまいます。
また「わしはそう思うんじゃ」みたいな年寄り言葉、女言葉なども嫌われます。

・会話文
ホラー小説の場合は「」の会話文を続けて話を進めていっても問題ありません。

怪談の場合は、「」が続くと、「話した内容をそんなに詳しく覚えているわけないだろ」
みたいな批判が来てしまいます。かといって、会話を地の文に埋めて書くと、
文章が長くなってしまうんですよね。このあたりも難しいところだなあと思います。

・物語の構成
ホラー小説は、ある程度、起承転結を意識して書かれたものが多いです。
また、結末にオチ(収束)があるものがほとんどで、作品中に出てくる謎も、
ミステリーほどではないにしろ、だいたいは解決されます。

怪談の場合は、構成がゆがんでいても、それがかえって怖さを増したりします。
結末も、何のオチもなく投げ出すように終わってもいいんですね。
謎が解決されないまま残ってしまってもかまいません。「実話」なので、
語り手にはどうしても知りえない部分というのがあるわけです。

○まとめ
ホラー小説は、上記のように様々な面で自由度が高いです。
もちろん、だからといって簡単なわけではありません。
フィクションであることを前提にしつつ、読者を怖がらせなくては
ならないわけですから、たいへん高度な技術が要求されます。
細部を作り込むために書くのに時間もかかります。

怪談は、とにかく「創作臭」が嫌われます。
体験したことをそのまま伝える報告文みたいに書かなくてはなりません。
そのために様々な制約があり、文章のテクニックで怖がらせるというのは、
まずできないと考えたほうがいいと思います。話のネタがすべてなんですね。

さて最後に、自分が書いている創作怪談ですが、ホラー小説と怪談のいいとこ取りを
できないかと考えて始めたものの、イソップ物語のコウモリのように、
どっちつかずの中途半端なものになってしまっているケースも多いようです。
うーん、難しい。





関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1310-f49e649b
トラックバック
コメント
 こんばんは、野崎でございます。

 私が小説投稿サイトに作品を投稿していた頃、よくもらった感想が「怪奇ものか退魔ものかわからない」というものでした。
 最終的に事態を解決するデウス・エクス・マキナ的存在として霊能者というか、そんな感じのキャラクターを登場させていましたから、仕方ない部分はありますが。

 私もいつか実話(風)怪談に挑戦してみたいなぁ、などと思うのですが、やはりどうしても完全に創作に振ってしまう方が楽なんですよね。実話っぽくする必要がないからどこまでも現実離れした展開にできる。
 まあ、それで最終的にはデウス・エクス・マキナ的な存在が妖怪変化を追い払って一件落着っていう退魔もどきになってしまうのですが。
 友人の実体験ならいくつかストックがあるから、挑戦しようと思えばすぐにも出来そうなんですけどね(苦笑)

 では、ここらで失礼します。




 メリー・クリスマス!
野崎昭彦 | 2017.12.25 00:51 | 編集
コメントありがとうございます
自分は最初から怪談を書いていたつもりですが
2ちゃんねるに投稿すると創作臭いという評がいつもついてました
それもあって、ブログで「創作」と明言してやるようになったんです
ホラー小説も書いてみたいんですが
1日にそう長い時間をかけられないので、なかなか難しいです
あと夢枕獏先生の「闇狩り師」みたいなのも書いてみたいんですけど
これもやはり時間がとれなくて・・・
bigbossman | 2017.12.25 04:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する