FC2ブログ

ガンダムを歩かせる

2018.02.09 (Fri)


今回はこのお話でいきます。平昌冬季オリンピックが始まって、
開会式を見ておられるみなさんが多いと思いますが、これ、
オリンピックと関係がなくもないんですよね。というのは、2019年までに
全長18mの、アニメの設定と同じガンダムを動かそうという計画があるんです。

それを羽田空港に設置して、日本を訪れる外国の人に日本の製造業者の
技術力をアピールするのが目的ということです。
2019年は、ガンダムが登場してから40周年になるんですが、
2020年東京オリンピックとも関連しているんだと思います。
安倍首相も、これについて「日本として支援する」とテレビで述べてましたね。

さて、ではこれ、はたしてできるもんでしょうか。
ロボット工学博士の古田貴之氏によれば、体を覆うアルミ合金が約88億円。
それらを加工、製作するのに約263億円。メインコンピューターが約2億円。
その他すべてひっくるめれば、800億円ほどかかるということです。

うーん、そうでしょうねえ。でもこれ、開発にかかる人件費も入れれば
もっとかかると思われます。はたして、1000億円近いお金をかけて、
対費用効果が得られるものなんでしょうか? ちなみに、戦車1台が約5億円、
最新鋭戦闘機の値段が200億円くらいです。

また、アニメの設定ではガンダムの重量は体重43、4トンですが、
実際につくるとなれば、その20倍の800トンを超えるのではないか
という試算もあります。この巨大な重量というのが、
ガンダムを動かす最大のネックになります。
ホンダが作った2足歩行ロボット「アシモ」は軽快に動けますし、
ある程度まで走ることもできますが、あれは重量が軽い(48kg)せいです。
動かすものの重さに比例して、重心の移動が難しくなっていくんです。

また、もしアニメの設定どおりに43トンで作れたとしても、
それが動いた場合、一歩踏み出して着地するたび、操縦席にいる人間には、
約80トンの衝撃がかかるそうです。これは、体を固定していたとしても
即死するレベルですので、人間は乗れないということになります。
まあでも、世界の兵器は無人化の方向に進んでいるので、
アニメフアンの方はつまらないでしょうが、それはそれでいいのかもしれません。

関連記事 『人間の行為、機会の行為』

では、兵器としてのガンダムは役に立つのでしょうか。うーん、これは難しい。
まず、最大の欠点は大きいことです。全長18mというと、
6階建てのビルと同じくらいです。大きいということは、
それだけ敵の攻撃の的になりやすいので、
砲撃やミサイル攻撃で簡単にやられてしまいそうな気がします。
この他にも、兵器として見た場合、いろいろな弱点があるんですね。

ということで、アニメと同じ機能を持つガンダムを作るのは無理です。
ここでは、「2足歩行する」だけにしぼって考えてみましょう。
それ以外のことはすべて無視して、ただ歩ければいい。
これだったら、できそうな気もしなくもないです。

さて、日本の自走ロボットを検索してみると、
まず出てきたのが榊原機械の「LAND WALKER」 
youtubeに動画がありますので、興味ある方はご覧になってみてください。
全長3.4mだからけっこう大きいです。重量は1トン、重くはないですね。
動く仕組みは、両足に車輪をつけ、すり足で交互に動かして前に進みます。
重心移動がほとんどないので、これより大きくなっても作れそうな気がしますが、
2足歩行と言えるかどうかは疑問です。

榊原機械 「LAND WALKER」 


次に出てきたのが、水道橋重工の「クラタス」で重量6.5トン。人も乗れます。
日米ロボット対決で話題になりました。これも動画が出ています。
下の画像だと2足に見えますが、実は4足で車輪で走行します。
多少の段差なら登れますし、かなりの高速移動もできます。
ですが、重機に頭と腕をつけたようなもので、とても歩行するとは言えません。

水道橋重工 「クラタス」


あと、世界の自走ロボットも検索してみたんですが、ある程度以上の大きさでは、
車輪やキャタピラで走行するものばかりで、足を上げ、地面を踏んで
移動するものは見あたりません。やはり、歩行というのは、
それだけ技術的にも、費用的にも難しいんだと思います。
じゃあやっぱり、歩行するガンダムって無理なんでしょうか。

これ、自分には一つアイデアがあります。ただし反則ですが(笑)。
アメリカの軍用機、オスプレイはみなさんご存知でしょう。墜落しやすいとか、
いろいろ批判が出ていますよね。操縦が難しいのは、ローターを上に向けることで、
ヘリコプターのように垂直離発着できるようにしたからです。理論上は、
ヘリと飛行機の利点を合わせ持っていることになります。

このオスプレイの全長は17.5mです。おお、縦と横の違いはありますが、
ガンダムの全長とほぼ同じです。垂直離陸時の重量は24トンとなっています。
オスプレイのローターは2つありますが、1つでも、10トンくらいのものは
浮かせることができそうですね。現在、お台場にあるガンダム像は
約50トンだそうですが、重量があるのは安定して立たせるためです。

で、そのローターをガンダムの頭につけます。ただし、空高く飛ばす必要はありません。
地上ギリギリに浮かせればいいんです。立たせる必要がないので、
なんとかガンダムの外面だけを、カーボンなどの軽い素材で10トン以内でこしらえる。
あとは、「歩いているふり」をさせる。モーター駆動で足だけを上下させます。
地面を踏まなければ、大きな反作用はないですよね。

さてさて、ということで、自分が出した結論は、地上ギリギリの高さで空中に浮き、
形だけ足を動かして歩いているふりをするガンダム。羽田空港は平坦地ですので、
段差を越える必要もないですし、現実的にできそうな気がします。
危険なので人は乗せないで、リモコン操縦。
ただ、これでも費用は百億以上かかるでしょうねえ。

あと、もう一つ問題になるのが燃料補給です。このガンダムは一度浮いてしまうと、
自分では立てないので、地上に下ろすことができません。
(最初だけは、ロケット発射台のようなのに立たせる)
また、燃料を胴体に蓄えると重くなってしまうので、常時ホースとかで
給油を続けなくてはなりません。どんだけ燃料費がかかるんでしょう(笑)。
ということで、今回はこのへんで。






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1362-67d970db
トラックバック
コメント
 こんばんは、野崎でございます。

 当方、中学以来のガンダムファンで、大のジオン軍ファンでございます。
 とはいえ、我らが栄光の名機ザクIIも可動部はどうしても装甲を薄くせざるを得ず、ここが弱点になっていたようです。作品によっては歩兵が足元に肉薄して対戦車ミサイルで攻撃したり、複数の戦車による砲火を重要部位に集中させるなどして撃破している描写もあったりします。

 と、いうわけで平成世代はあまり詳しくないのですが、平成作品に登場した敵方のやられメカの中にはパイロットの乗っていない、完全自動操縦の機体もいたそうで。
 無人のため、同型の有人機に機動力で優るという設定だったようです。もっとも、平成作品のガンダムはやられメカでは傷一つつけられないので、実力のほどは不明ですが……。

 さて、人型ロボットを歩かせる話でしたっけ。
 全高十八メートルのガンダムが歩いたら確かにロマンですが、せいぜい全高五メートル前後の、文字通り地に脚の付いたロボットの方が現実的なような気がしますね。

 では、ここらで失礼します。
野崎昭彦 | 2018.02.10 00:06 | 編集
コメントありがとうございます
18mのガンダムが実際に足を上げて動くのは無理なんじゃないかという気がします
いや、できればスゴイと思うし、できてほしいんですけども
動かすためには軽量化しなきゃいけないし
軽量化すると今度は強度が不足するし・・・

bigbossman | 2018.02.10 20:44 | 編集
 かつて「空想科学読本」で、有人巨大ロボットを地上で歩かせることの無理を検証していたのを思い出しました。色々と批判もされたシリーズですが、個人的には好きだったなあ。
 さて、ガンダムは「リアルロボット」と呼ばれつつも「リアル」への道はなかなか険しいんですよね。後年の「よりリアルな」ロボットものでは、全高が5m級だったり(ボトムズ)乗り心地が最悪だったり(パトレイバー)と、それなりに対策を練ってはいます。
 とはいえこのニュース、私も初代(再放送)から直撃世代なので、興味深く見守るとしましょう。
| 2018.02.11 21:08 | 編集
コメントありがとうございます
2019年まであと2年足らず、はたしてできるのかどうか
前のコメントにも書きましたが
重いと動かせないし、軽いと強度不足になるしで
かなり大変だと思います
bigbossman | 2018.02.11 23:10 | 編集
 再びこんばんは、野崎でございます。

 ランドウォーカーの榊原機械ですが、10m級の拡大発展型ロボット、モノノフ(全高8.5m)も開発しているようです。
 ランドウォーカーよりも人間に近いシルエットになっていますが、すり足歩行なのは変わらず、とのことです。

 では、失礼します。

「火力、装甲、速度、整備性、前方投影面積、いずれにおいても戦車に劣る。これが、あなた方が乗り込む最強の兵器です」
「でも先生、それって弱いんじゃないですか?」
 ――人型戦車に対する、戦術教官と新兵のやりとり
野崎昭彦 | 2018.03.04 23:40 | 編集
コメントありがとうございます
全高8.5mだとビルの3・4階分くらい・・・
これでも十分にデカイですよね
bigbossman | 2018.03.05 20:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する