FC2ブログ

うわんと火事

2018.02.25 (Sun)
今回は妖怪談義です。取り上げるのは「うわん」。
ここでまた自分は大胆な推理をしますが、これは自信ないです。
間違っている可能性がかなり高いことを、あらかじめお断りしておきます。
スルー推奨かもしれません(笑)。

まず、下の石燕の絵を見て下さい。画面上方に柳の木があります。
そっから裸の男の上半身が道に向かって乗り出すように出てきています。
今にもつかみかかりそうな、おどしかけるようなポーズですね。
男の手は3本指の鉤爪で、3本指は鬼を表すとも言われますが、
そのわりには、男はハゲ頭で角が見あたりません。



あと、石燕の絵ではわかりにくいですが、佐脇嵩之の『百怪図巻』の
「うわん」は歯に鉄漿(おはぐろ)をつけています。鉄漿は普通は、
既婚女性がつけるものですが、男がつける場合は、
身分の高い公家などに限られます。
しかし「うわん」がお公家さんとは見えないですよね。

佐脇嵩之『百怪図巻』より「うわん」


また、柳の下に出るのは幽霊と相場が決まっていますが、
この「うわん」は幽霊のようにも見えません。一般的に、幽霊は青白く
生気がない様子で描かれるものですが、
これは違いますよね。うーん、やはり難しい。

ということで、今度は画面の下方を見ると、塀が大きく崩れて穴が空いています。
これ、どういうことなんでしょうか。そして、道の草の上に壊れた塀の一部が
落ちています。この円筒形のものは、どうやら軒巴瓦(のきともえがわら)
のようです。これについては後で説明します。



さて、Wikiを見ますと、「熊本県阿蘇郡小峰村でお化けを「ワンワン」、
鹿児島県郡谷山町で化物を「ワン」ということから、
その系統の妖怪と推察されている。」
こう出てきていますが、
これ、自分は関係ないんじゃないかと思います。石燕の妖怪画は仲間ウケを
ねらっている面が大きいので、もし石燕がこのことを知っていたとしても、
九州のことを出してもしょうがない気がするんです。

で、下に落ちている軒巴瓦ですが、円形の中に巴紋が入っているので、
この名がつけられています。巴紋は水が渦を巻くように見えることから、
水の象徴であり、つまり巴瓦には火災除けのおまじないの意味があったんです。
それと、上記した柳の木ですが、これも水辺に生えるものですよね。
ですから、「うわん」は何か水と関係があるんじゃないかと考えます。
ここまではまず、間違ってはいないでしょう。

また、下図を見てもらえばわかりますが、
巴瓦は鬼瓦とセットになっているものです。鬼瓦の歴史は古く、ルーツは、
古代パルミラにて、入口の上にメドゥーサを厄除けとして設置していた文化が、
シルクロードを伝わって日本に入ってきたという説もあります。

鬼瓦と巴瓦


メドゥーサはゴルゴーン3姉妹の1人で、無数の毒蛇の髪を持ち、
見たものを石に変える視線の持ち主でした。ギリシャ神話では、
英雄ペルセウスによって首を切り落とされて退治されます。
ペルセウスは、女神アテナにメドゥーサの首を贈り、
アテーナーは自分の盾にメドゥーサの首をつけて、最強の盾とします。
古代ギリシアでは、家のかまどにメドゥーサの顔を描いて魔除けとしていたそうです。

話がそれてしまいましたが、このように鬼瓦には魔除けの効果があるんですね。
怖い顔で外から来る魔を家に近づけないようにする。
鬼瓦の魔除け、巴瓦の火災除けがセットになって建物を守っていたわけです。
では、「うわん」は鬼瓦なんでしょうか? そうとも考えられそうですが、
鬼にしては、やはり頭に角がないのが気に入りません。

さてさて、こっからは大胆な推理です。
水を表す巴瓦を壊して家から外に出てくるもの。
これは当時に最も恐れられていた、火事を表しているんじゃないでしょうか。
江戸では何度も大火があり、そのたびに数万人が亡くなっています。
また、江戸時代の火消しの消火活動は、燃えている家屋を叩き壊して
延焼を防ぐものでした。塀が壊れているのはそれと関係あるのかもしれません。

放火は重大犯罪で、犯人は火あぶりの刑でしたし、失火の場合も、
長屋の五人組や大家までが連座して刑を受けることもありました。
「うわん」はその火事の恐怖の象徴なんじゃないかと考えるんです。
最後に、「うわん」の意味ですが、これは半鐘の音なのかなあと思います。

半鐘は江戸時代、火の見櫓の上部などに取りつけて打ち鳴らし、
火事を知らせるものです。町内ごとに多くの半鐘が設置されていました。
一般的には、半鐘の音は「じゃん」と表現されることが多いんですが、
下にyoutubeの半鐘の音を貼りつけておきます。
短いものですので、よろしければ聞いてみてください。







関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1380-4d1fe6f7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する