「蠱術」って何?

2018.05.17 (Thu)
今回はこういうお題でいきます。どっから書いていきましょうか。
まず、「蠱術 こじゅつ」は中国から日本へと伝わったものですが、
さまざまな内容を含んでいて、たいへんわかりにくくなっています。
Wikiを始め、あちこちのホームページに書かれている記述には混乱が見られます。

自分は、すべてのものを総称した上位概念を「蠱術」と呼んでいて、
その中に「蠱毒 こどく」 「巫蠱 ふこ」 「犬神の法」などが含まれます。
蠱術は、簡単に言えば、他人に害を与える目的の、
「中国式の呪詛」を表しています。

さて、「蠱」という漢字ですが、これは壺などの容器の中に、
たくさんの虫がいる状態を表します。ひじょうに古い漢字で、
3000年以上前の中国の殷(商)の時代には、甲骨文字としてすでに
あったようです。ですから、長い長い歴史を持っているわけですね。

「蠱毒 こどく」は、みなさん聞かれたことがあるでしょう。
蠱術の中でも生き物を使う技法で、現在も、中国の少数民族である、
苗(ミャオ)族に伝わっているという話もありますが、
自分が文献を調べても、はっきりしたことはわかりませんでした。

蠱毒
nanana (2)

蠱毒の方法として、『隋書 地理志』には、「五月五日に百種の虫を集め、
大きなものは蛇、小さなものは虱と、併せて器の中に置き、
互いに喰らわせ、最後の一種に残ったものを留める。蛇であれば蛇蠱、
虱であれば虱蠱である。これを行って人を殺す。」と出てきます。

で、人を殺すためには、その生き残った虫を相手に食べさせるわけですが。
これで本当に人が死ぬかどうかは大いに疑問です。
蛇などの毒は、噛まれて血液中に入った場合は致命的ですが、
口から胃に入った場合は、それほどの効き目はないはずです。

おそらく、中国で古くから研究されていた、漢方薬系の毒薬を
併用したのではないかと思われます。ちなみに、漢方薬には副作用はない、
などという人もいますが、そんなことはなく、重度の肝障害や、
肺炎での副作用死をもたらすものが知られています。

次に「巫蠱 ふこ」について。これは、呪う相手をかたどった木製の人形を
土中に埋め、巫女が呪いをかけるものです。
そんなことで本当に効果があるのか?と思われるでしょうが、じつは、
たいへんな効果があり、中国では内乱まで起きています。

巫蠱
nanana (3)

ただし、効果というのは「巫蠱を行った罪で、相手を陥れる」ことです。
中国の漢の時代、紀元前91年、漢の武帝からうとんじられていた
皇太子の戻(れい)が、重臣の江充から、巫蠱の法を行っていると訴えられ、
皇太子の宮殿から木人形が発見されました。

進退窮まった皇太子は、江充を斬った上で反乱を起こしましたが、
死者数万人の激しい戦いの後、皇后とともに自殺しています。
この事件を「巫蠱の乱」と言います。なお、後に、皇太子の無実が明らかになり、
武帝は江充の一族を滅ぼし、皇太子を追悼しています。

井上内親王を祀る御霊神社


日本でも、奈良時代の「養老律令」において、蠱毒は厳しく禁じられ、
772年、井上内親王が天皇を呪い殺そうとした罪で皇后の位を追われ、
皇太子とともに、不自然な形で死亡しています。
井上内親王の蠱毒は冤罪の可能性が高く、その怨念と考えられる天変地異が
しきりに起こったため、後に無実を認められ、名誉回復されることになりました。

ということで、蠱毒や巫蠱は、その呪いが効力があるというより、
相手が「蠱術を行った」と言いがかりをつけ、呪いの人形などを偽造し、
政敵を葬るために用いられたケースが、たいへん多いんですね。
呪詛よりも、現実的な勢力争いのほうが、ずっと怖いということです。

さて、最後に「犬神の法」ですが、「犬を頭部のみを出して生き埋めにし、
その前に食物を見せて置き、餓死しようとする瞬間ににその首を切ると、
頭部は飛んで食物に食いつき、これを焼いて骨とし、
器に入れて祀る。すると永久にその人に憑き、願望を成就させる」

犬神
nanana (4)

こういう使い方が一般的に知られています。相手を呪う場合は、
その人が通る道筋に、犬の頭蓋骨を埋めておいて踏ませる。
あるいは、犬の首についたウジを乾燥させ、
食物に入れて食べさせるなどの方法があるようです。
でも、現代の目からすれば、こんなことで人が死ぬとは思えませんよね。

さてさて、ここまで見てきたように、蠱術はまあ迷信です。
歴史的には、それを行ったと喧伝して、政敵を葬り去るために使われてきました。
現代でも、メールを偽造したりとか、会話を録音したりとか、
人を陥れるためのさまざまな謀略がありますが、
その一種だったわけです。では、今回はこのへんで。

関連記事 『解体工事』

nanana (1)




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1476-098507ed
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する