FC2ブログ

デッドマンの話

2018.06.18 (Mon)
※ 地震のため短い話です。

NPO法人の役員をしている沢芝さんの話。
つい1週間前のことですよ。午後の3時ころ、電車に乗ってたんです。
平日でしたけど、その日は仕事がなくて、買い物に出た帰りでした。
そんな時間帯でしたから、電車もまったく混んでなくてね。
私が乗ってた車両の乗客は10人もいなかったと思います。
私もゆっくり座って雑誌を読んでたんです。そしたら、車内放送のスピーカーから
雑音が聞こえてきたんです。ブツン、ブツンみたいな音です。
電車はそのとき、郊外の住宅地を走ってたんですが、
ギギッという音がしてゆっくり停車してしまったんです。

いや、駅でもなんでもないところでです。あれ、事故かなんかだろうかって
思ったんですが、車内放送はなかったんです。
で、停車して5分くらいして、私を含めた乗客たちも不安になってきて、
連れのいる人は「どうしたのかしら・・・」とか話を始めて。
そしたら、またブツンという音がして、車内放送が入ったんですが、
アナウンスじゃなかったんです。最初に「うがああああっ」という男のうめき声。
それから少し沈黙があって、同じ声で名前が連呼されだしたんです。
「カミカワハルカ、カミカワハルカ、カミカワハルカ」って。

すると、乗客の中の、20代後半くらいのケバい化粧をした女性が立ち上がって、
「あ、何これ、あたしの名前呼んでる」って叫んだんです。
「カミカワハルカ、カミカワハルカ、カミカワハルカ、
 カミカワハルカあああああああ おまえも来いいいいいい!」
これで放送は途切れました。名前を呼ばれた女の人はカンカンに怒ってましたね。
「何よ、事と次第によっちゃ、この会社訴えてやるから」こんなことも言ってたんです。
で、それから何の連絡もないまま、40分間、電車は停まったままでした。

さすがにしびれを切らした男性客らが運転席に向かったんですが、
中には入れなかったみたいですね。・・・このことは翌日の新聞・テレビに出たので
ご存知だと思いますけど、運転手が心臓かなにかの発作で急死してたんです。
ええ、その電車はワンマンで、車掌はいなかったんです。
電車ってのは、デッドマンブレーキというのがついてるんだそうですね。
一定時間、何の操作もなかったら緊急自動停止するシステム。

それが働いたんで、駅でもないところでずっと停まってたわけです。
まあ、私は特に用事があったわけでもないので、よかったんですけど、
急いでる人にとっちゃ災難でしたよね。それでね、さらにその翌日のニュースです。
あの電車が停まった地点の一つ前の駅で、飛び込み自殺があったみたいなんです。
もちろんニュースで名前は出ないので、女性ということしかわかりませんでしたが、
それ、もしかしたら「カミカワハルカ」って人なんじゃないかってちょっと考えまして。
いや、違うんならそれでいいんですけども。






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1507-00cf58c8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する