FC2ブログ

安徳天皇と八岐大蛇

2018.07.03 (Tue)
今回はこの話題でいきます。これまで当ブログでは、
天皇シリーズと呼べる記事を書いてきてて、
「武烈天皇」「天武天皇」「斉明天皇」などを取り上げてるんですが、
どちらかといえば学術的な内容になっています。それに対し、
本項はかなりオカルト色の濃いものですので、その点をご承知おきください。

安徳天皇の入水


さて、安徳天皇はみなさんご存知でしょう。12世紀後半の第81代天皇。
先代、高倉天皇の第一皇子で、母は平清盛の娘の徳子(後の建礼門院)ですので、
清盛の孫にあたるわけですね。御年8歳にして、三種の神器とともに
壇ノ浦に沈んだと『平家物語』には記されています。

ではまず、安徳帝の最期の様子を、『平家物語』の名文で見てみましょう。
「小さくうつくしき御手をあはせ、まづ東を伏し拝み、
伊勢大神宮に御暇申させ給ひ、その後西に向かはせ給ひて、
御念仏ありしかば、二位殿やがていだきたてまつり、
波の下にも都のさぶらふぞ となぐさめたてまつつて、千尋の底へぞ入り給ふ。」




訳すまでもないでしょう。ここで出てくる「二位の尼」は、平時子、
清盛の正室で、安徳天皇の祖母にあたります。このとき、幼帝といっしょに、
宮中に伝わる三種の神器も、波の中に投げ沈められたとされます。
ただし、八咫鏡と八尺瓊勾玉は入っていた箱が浮いたために回収され、
天叢雲剣(=草薙剣)だけが失われたことになっています。

で、同じ『平家物語』の「剣巻」という部分に、じつに面白い記述があるんです。
「草薙剣は風水龍王、八岐大蛇と変じて、素盞鳴尊に害せられ、持つ所の剣を奪はる。
(中略)八歳の帝と現れて、本の剣は叶はねども、後の宝剣を取り持ちて
西海の波の底にぞ沈み給ひける。終に龍宮に納まりぬれば、
見るべからずとぞ見えたりける。」


天叢雲剣はもともと本体が龍王で、八岐大蛇に姿を変えていたときに、
スサノオによって殺され、尾の中にあった剣を奪われてしまったが、
時を経て、8歳の天皇に姿を変えて現れ、宝剣を取り戻して海の中に沈んだ。
天叢雲剣が失われてしまったのは、龍宮の中に収まっているからだ・・・

天叢雲剣イメージ


ここで、「本の剣は叶はねども」とあるのは、本来の天叢雲剣は
名古屋市の熱田神宮にあり、宮中にあったのは、
いわゆるレプリカだったという意味でしょう。ただしレプリカと言っても、
本体から分霊を受けているものです。

つまり、安徳天皇は龍王の化身で、天叢雲剣を取り戻すためだけに転生して
平家が奉じる天皇となり、宝剣を取り戻すために海に沈んだということで、
平家が壇ノ浦で滅亡するのは、天が定めた運命だということになるんでしょう。
それだけ、三種の神器は重要視されていたわけです。

さて、平家を滅ぼした源氏の頭領、源頼朝は、この戦いで安徳天皇と天叢雲剣を
失ったことをずっと悔やんでいたと言われます。頼朝は、落馬した傷がもとで
死んだとされますが、『北條九代記』という資料には、幼くして壇ノ浦の藻くずと
消えた安徳天皇の亡霊が現れ、頼朝は心神を喪失して馬から落ちたと出てきます。

源頼朝


この 「安徳天皇=八岐大蛇=龍王」という話をおそらく知っていて描かれたのが、
諸星大二郎氏の漫画『妖怪ハンター』中の「海竜祭の夜」ですね。
作中、平家の落人の島に「あんとく様」という、巨大な海蛇の体に
幼児の顔がついた怪物が現れます。

「海竜祭の夜」


さて、話変わって、非業の死を遂げた歴史上の人物には「生存説」
がついて回りますが、安徳天皇にもあります。瀬戸内海を秘密裏に脱出し、
鹿児島県の南方海上にある「硫黄島 いおうじま」に逃れたとするものです。
ちなみに、ここは太平洋戦争の激戦地であった「硫黄島 いおうとう」とは別です。

硫黄島は鬼界ヶ島とも言われ、鹿ケ谷の陰謀により、俊寛、平康頼、藤原成経が
流罪にされた島です。このうち、平康頼、藤原成経の2人だけが罪を許され、
一人島に取り残された俊寛が絶望のあまり足摺をした場面も『平家物語』では有名で、
これをもとに、芥川龍之介が「俊寛」という作品を書いていますね。

硫黄島の俊寛像


で、平資盛や時房らとともに南に逃れた安徳天皇は、やがて鬼界ヶ島の
長浜の浦に着き、現地で成人して資盛の娘と結婚し、
68歳まで生きたと言われています。硫黄島には、安徳天皇陵とされる
小さな墓をはじめ、その周囲に一族のものと言われる墓がたっています。

また、終戦直後には、安徳天皇の子孫を自称する人物が島に現れ、
マスコミから「長浜天皇」と呼ばれて話題を集めています。長浜家の家宝には、
「開けずの箱」があり、神器だから見ると目がつれてしまうと
言い伝えられていたという話もあります。

さてさて、最初に書いたとおり、本項の内容はオカルトですので、
本気にされても困ります。ただ、『平家物語』は仏教的な無常観を基調にした
脚色が強く、どこまでが史実なのかよくわからない部分が多いんですよね。
では、今回はこのへんで。

関連記事 『平家物語は鎮魂の書?』

安徳天皇陵?





関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1522-24654adb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する