FC2ブログ

「言霊」って何?

2018.07.29 (Sun)
hahaha (4)

今回はこういうお題でいきます。「言霊 ことだま」は、古来から日本にあった
考え方で、「言葉に宿ると信じられた霊的な力」を指し、
「言魂」と書く場合もありますが、基本的には同じ意味です。
自分は、言葉の持つ霊力は、いくつかに分類することができると考えています。

さて、「言霊」という語が文献に登場するのは、『万葉集』からです。
「しきしまの やまとの国は 言霊の たすくる国ぞ 真幸くありこそ」
これは、柿本人麻呂が旅に出る人に贈った歌で、
「日本は、言霊が助けてくれる国です。ですから、私が無事に旅をしてください
と言えば、きっとそうなるはず。」こんな意味でしょうか。

柿本人麻呂
hahaha (1)

ここで、2つの考え方を読み取ることができます。
一つは、「日本は、他国とは違って、言霊が助けてくれる特別な国」
というもので、日本の言語風土に対する自負。このことは、
人麻呂の歌だけでなく、日本の古典の随所に見ることができ、
これも興味深い話題なんですが、本項では詳しくはふれません。

もう一つは、「言葉に出して言ったことは現実になる」という考え方です。
前掲の歌も、「私が無事でと言ったので、あなたは無事に過ごせるでしょう」
という意味で歌われているんですね。このように、
言葉に出して将来のことを述べることを、「言挙げ」といいます。

で、「言挙げ」は、基本的にはポジティブなものになります。
例えば、「○○大学に絶対合格するぞ!」みたいな感じです。
ただし、言挙げした内容が、自分の慢心によるものであった場合は、
神の怒りを買って、悪い結果がもたらされることになります。

ヤマトタケルと白猪
hahaha (5)

『古事記』では、伊吹山の神と戦うため山中に入ったヤマトタケルが、
白猪に出会い、「これは神の使いだろう、今は殺さず(神を討ち取った)
帰りに殺してやろう」と言挙げします。
しかし、この言葉は、ヤマトタケルの慢心から出たものだったため、
伊吹山の神の祟りによって、逆に殺されてしまうんですね。

ですから、上の大学受験の例も、本人がまったく努力しておらず、
ただ、「絶対 合格してやる!」と言っただけではダメなんです。
刻苦して、そう言うだけの実力を身につけていないと、
神に憎まれ、楽に合格できるはずの滑り止めまで落ちてしまうかもしれません。

あと、推理作家の井沢元彦氏は、著書の『逆説の日本史』の中で、
ネガティブな内容についても言霊が働く、といったことを書いておられます。
例えば、明日 遠足があるのに「雨が降る」などと言うこと、
また、太平洋戦争中に「日本は負ける」などと言うことは、
言葉に出すと現実になってしまうので、タブーとなったとしています。

たしかに、そういう面は否定できないんですが、
それは、考え方としては新しいものだと自分は思いますね。
基本的に、神社の祝詞の内容などを考えても、
古代における言挙げはポジテイブな内容のものだったはずです。
ここまでは、言霊について、言葉の意味的な面から見てきました。

ただ、言葉の霊力はそれだけではなく、もう2つほどあると考えます。
その一つが、言葉の「音 おん」に関するものです。
例えば、「ア」は明るく大きなもの、「カ」は鋭くとがったもの、といった具合に、
50音について、それぞれが固有の意味を持っているとする考え方です。

これは、文字の字面の場合もあれば、発音の響きの場合もあります。
企業が新しい商品の名前を決めるときなど、
消費者に与える印象を考えて、言葉を選んでいきますよね。
こういった考え方を「音義学 おんぎがく」といい、江戸時代の国学者、
平田篤胤などによってまとめられています。

平田篤胤
hahaha (2)

さて、意味、音ときまして、3つめは、「言葉のつながり」
つまりリズムになります。日本で古代から伝わる言語リズムといえば、
和歌の「五 七 五 七 七」。言葉をこの順に並べ、
朗々と声に出して詠みあげることで、呪術的な効果が発生する。

紀貫之が書いた『古今和歌集』の仮名序には、「力をも入れずして天地を動かし
目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ、男女の仲をもやはらげ、
猛きもののふの心をもなぐさむるは歌なり」
と出てきます。
これは、和歌の持つ力を述べたものですが、
和歌がそういった力を持つのも、リズムがあってこそです。

紀貫之
hahaha (1)


現代でも、天皇・皇后両陛下が、新年の歌会始で御製を披露されます。
2018年の天皇陛下の御歌は、
「語りつつ あしたの苑を 歩み行けば 林の中に きんらんの咲く」
というものでした。これは、けっして私的な内容ではなく、
日本国および国民に対する、霊的な祈りが込められたものなんですね。

さてさて、ということで、言霊について3つの観点からみてきましたが、
実際は、言霊にはもっといろんな要素が含まれています。
あと、なぜ日本人が「日本は言霊の国」という考えを持つようになったかについても、
機会があれば書いていきたいと思います。では、今回はこのへんで。

hahaha (3)




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1549-16607322
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する