FC2ブログ

ブログ再開1周年

2018.09.26 (Wed)
今回は雑談ですので、スルーされたほうがいいかもしれません。
まず、ブログを始めたのが2013年の7月です。
動機は、自分がネットの掲示板に書き散らしていた怖い話を
一ヶ所にまとめて保管しておこう、というものでした。
最初の月に84回更新していますが、これはネットから自分の話をコピペして
貼りつけただけです。翌月もそんな感じだったと思います。

で、いよいよ怖い話のストックがなくなって、新しく書き始めたのが
2013年の9月からですね。この頃は3日に1回ていどの更新でした。
毎日更新するようになったのが11月からです。
やっぱりブログを始めて最初の頃は、アクセス数を増やしたいと考えますよね。
で、そのためには毎日書くのがいいだろうと思ったわけです。

ですが、毎日1話ずつ怖い話を書くのは大変でした。
無理やりアイデアをひねり出しているような感じで、話の質は落ちました。
ただ、やってみてわかったのは、毎日ブログを書くようにしていると、
生活のリズムが安定するということです。自分は自由業で、
占星術のために夜中に天体観測をすることが多いんです。ですから、
どうしても生活が不規則になってしまう。

あと、毎日晩酌というか、夜中にお酒を飲んでたんですが、
酒量はかなり減りました。これは酔っ払ってブログを書くと、
読むに耐えない記事ができてしまうからです。それで、ブログを書き終わるまでは
お酒に手をつけないようにしてたら、あんまり飲まなくてもよくなったんですね。
こういうのは、ブログの効用の一つだなあと思ってます。

で、それからはほぼ毎日、怖い話を書いていきました。
書くこと自体は30~40分程度しかかからないんですが、怖い話のネタは
四六時中考えてましたね。自分の場合、占星術の面談を予約制で
やっているので、どうしても1日のうちに何回か空いてる時間が出てきます。
それを活用してアイデアを考えました。

あとは、自分は映画の感想を雑誌に書いたりしているので、
よく試写会に行くんですが、映画を見ながら、
この内容は怖い話に使えないだろうか、などと考えたりもしてましたね。
生活のあらゆる場面がネタ探しになるという(笑)。

話の出来は、いいものも悪いものもあります。書き始めて「ああ、これはダメだ」
と思っても、そこでやめちゃうと、その日の更新ができなくなってしまいます。
ただ、平均打率を上げようとは思ってました。
毎日、そこそこの話が書けて、ときおりなかなかいいものができる、みたいな感じ。
そんなふうに2016年の7月まで、3年間続けてきました。

あと、当ブログはアフィリエイト等を入れてないので、
ブログからくる収入というのはありません。参考にする本を買ったりするので、
むしろ持ち出しになってます。それと、書籍化しないかなどというお話を
何度かいただいたんですが、考えた末にお断りさせていただきました。
これは、自分が書いているのは「実話怪談」ではなく、
「創作怪談」だということが大きいですね。

創作の怪談に、あんまり需要はないだろうと考えたからです。
「本当に起きた話」でないものはツマラナイと思う人が、世の中には多いんですよね。
あとまあ、お金をいただけるレベルの内容でもないです。
それと、怖い話を書くのはあくまで自分の趣味であって、
これを仕事にする気がなかったんです。

あとはそうですね、ネットラジオなどで当ブログの怪談を朗読したいとかいう
申し入れが何件かあり、それは了承しています。ネットコンテンツですので、
著作権はなかば放棄しています。無断では困りますが、
連絡をいただければ、転載されるのは問題ありません。

で、安定して怖い話が書けるようになってちょうど3年が過ぎた2016年の6月に
命に関わる病気が発覚して入院、13時間の手術を受けてどうにか生還しましたが、
もうブログどころではなかったです。その後も入退院をくり返していました。
今でも完全に元の調子に戻ったわけではなく、後遺症もあるんですが、
なんとか再開にこぎつけたのが去年の7月で、それから1年たったわけです。

この間に、心境は少し変化していまして、
アクセス数を増やそうとは思わなくなりました。
それよりも、少数でいいので、オカルト好きの人に読んでもらいたい、
という気持ちが強くなったんですね。それと、怖い話を毎日ではなく、
3日に1回程度にして、あとはオカルト的な話題を取り上げるようにしています。

オカルトの定義はいろいろあるでしょうが、自分としては「謎と不思議」
がある話題は、だいたいオカルトの範疇に入るのではないかと思ってます。
あとは、僭越ですが、オカルト界を盛り上げたいという気持ちもあるんです。
昔に比べれば、オカルトがマスコミで取り上げられることが少くなっています。

これは様々な要因があるんでしょうが、一つには、
あまりに子どもだまし的な内容が増えて、バカバカしいと世間に思われたせいが
大きいんじゃないでしょうか。ですので、できるかどうかわかりませんが、
大人の鑑賞に耐える、硬派なオカルトの話題を書いていけたらと思ってます。

とまあ、ここまで偉そうなことを言ってきましたが、
自分にとってオカルトは趣味ですので、飽きたらやめちゃうと思います。
ですから、もし更新が途絶えた場合、オカルトに飽き飽きしてやめたか、
あるいは死んだか、と思っていただければ(笑)。
ということで、今後ともよろしくおねがいします。






関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1609-6ffa7ef4
トラックバック
コメント
 再開後も精力的に活動してくださっていて、ファンとしては嬉しい限りです。ただ、くれぐれもお体に障りませんよう。
 そういえば私は最初、某まとめサイトの掲示板にサンプルと一緒に貼ってあったURLから飛んできたんだったかな? で、読んでみれば見覚えのある話がちらほら。こりゃあいわゆる「良コテ」級だぞ(失礼)、ということで追っかけ始めたんですね。
 ちなみに現在は、シリーズ物を抱えたままスレから離れていったコテのまとめと一緒に巡回しております。このへん、「創作」を匿名掲示板に投稿することの難しさを感じますね。
| 2018.09.30 12:55 | 編集
コメントありがとうございます
そうですね、自分は掲示板でコテを使おうと考えたことはなかったです
「創作怪談」と「実話怪談」については
今回記事にしていますので、参照していただければ幸いです
今後ともよろしくお願いします
bigbossman | 2018.09.30 19:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する