FC2ブログ

ある家の写真の話

2018.10.15 (Mon)
今晩は。文筆業をしている元山と言います。さっそく話を始めさせてもらいますね。
この間、といってももう1ヶ月前くらいなんだけど、仕事で使ってた
パソコンがダメになっちゃったんです。中身は大丈夫だけど、キーボードが。
まあ、毎日 大量の文章を打ってるんで、しかたないと思ってます。
でね、買い換えることにしまして。そのほうが修理に出すより安いですし。
ほら、今は中古パソコンが出回ってるでしょ。
パソコン専門店に行けば、リセットしてOSを再インストールしたのが2万円くらいで。
2万円なら仕事の必要経費としてしかたないし、1年で壊れてもいいですから。
でね、近くのパソコン店で、台湾製のを買ってきまして。
いや、台湾製、悪くないですよ。ただね、不都合はないわけじゃなくて。
フォントとかですね。これが、日本語のは明朝とゴシックくらいしか入ってないんです。

まあでも、それは前のパソコンからフォルダごと移してやればいいだけで。
で、その作業をやってたら、妙なファイルを見つけたんですよ。
表題が「hemo」ってなってる。変でしょう、そんなの見たことがない。
それでクリックしてみたんですが開けない。気になったので、あれこれやってみました。
そしたら、どうやったのか忘れちゃったけど、何かの加減で開くことができたんです。
でね、中には画像が3枚だけ。ええ、もちろん見ました。かなり鮮明な大きな画像で、
1枚目は、コートを着た人が黒い傘をさしてる上半身。
顔は傘の陰に隠れてて見えないけど、長い髪がわずかに出てるので、たぶん女。
2枚目は、なんとも形容しがたいもので・・・何かの腹なんだと思いました。
人間じゃなくて、爬虫類・・・あれ、カエルは両生類でしたっけ。
とにかく、その手の生き物の水に濡れた白い腹だけ。頭は映ってませんでした。

で、3枚目が、民家を正面から撮ったものですね。前の2枚が色鮮やかなカラーなのに
対して、その画像だけが白黒で、映ってる家はまさに昭和というか、
かなり古いものでした。門の間を短い通路が玄関まで続いてて、玄関の戸は
閉まってるんですが、ガラスが割れてる部分があって、廃屋という雰囲気でした。
そういうの、興味を惹かれるじゃないですか。僕は、雑誌に推理小説の書評を
書いたりもしてるんで。でね、できることを調べてみました。
まず、exifを読みとるソフトに3枚ともかけてみたんです。
けど、これは空振り。どれもexifは消去されてたんです。
次に、グーグルの画像検索にかけてみました。これをやれば、
画像の盗用とか、まずわかりますから。けど、最初の2枚はヒットなし。
3枚目の家の写真は1件だけひっかかって、開いてみると個人のブログでした。

でねえ、その内容が奇妙だったんです。仕事を退職した60代の男性が管理人で、
最初のほうは、定年後に登山した山や、山菜の写真が載せてあって、
まあ、どこにでもある内容だったんですが、その家の画像が貼ってあるページが
今から2年前の記事。何の脈絡もなく、その画像が上げられてて、
その下に「パソコンから出てきた画像、なにか気になる家」とだけ書かれてたんです。
で、その日からぐっと更新頻度が落ちまして、
それまで週に2,3回記事を書いてたのが、1ヶ月に1度くらいになって、
しかもその内容が・・・こんな感じです。「10月○日、異物のはさまったカメラを
修理に出すが拒否される」 「11月○日、また出血した」
「12月○日、山仲間の道野さん死去、あんなことに誘わなければよかった」 
「1月○日 お祓い」 「2月○日 お祓い、熱帯魚の水槽が全滅」

「3月○日 お祓い」 「4月○日、先生死す。申しわけないことをしました。
 葬儀は2日後」それから間が空いて「7月○日、家再訪」
これで途切れ、以後の更新なし。でね、そのブログに載ってた家の画像、
僕のパソコンにあったのと微妙に違うんですよ。フォトショップに取り込んで
比較してみました。そしたら、ブログの画像のほうが広い範囲を映してて、
僕のは同じ画像なんだけど、周囲がトリミングされてたんです。
ええ、ブログの画像には門の横の電信柱が映ってて、それについてる
住居表示がはっきり映ってました。「仲王町5丁目 3-28」って。
これだと、検索すればその家の場所がわかります。それでねえ、
嫌な感じはしないこともなかったんですが、それ以上に、その家のことを調べて
みたくなって。まず、ブログのコメント欄に「家の画像の詳細を教えてほしい」

旨を書いたんですよ。でも、これには未だに返信はありません。
あと、住所で検索して、家のある場所はすぐにわかりました。
はっきり言わないほうがいいでしょうね。関東の某県、某市の
「仲王町5丁目 3-28」です。もちろん、グーグルのストリートビューでも
見てみました。ですけど、道に面した家のはずなのに、
いくらさがしても見つけられなくて。でね、もちろん、その家に行ってみる
つもりでした。ただ、仕事が忙しかったんですね。
なかなかまとまった時間ができなくて。伸ばし伸ばしになってたんです。
その間、一つだけおかしなことがありました。マンションの僕の部屋あてに来る
ダイレクトメールに、「〇〇教 東京西支部」という差出人からのが
混じるようになって、何かの新興宗教団体のもののようでした。

開封すると、中には、「除霊、降霊のお申込みは下記へ」という
手書きの用紙が入ってて・・・この宗教団体についても調べました。
けど、ネットにはその名前のものは一切出てなくて、手がかりがなかったんです。
で、今月の話です。平日でしたけど、2日間、外での仕事がない日ができまして。
車で、その家に行ってみることにしたんです。
東京からは3時間半かかりました。そこは関東でも中核都市とは言えない
寂れた市でねえ。駅前の商店街は軒並みシャッターを閉めてました。
ナビに家の住所を入れてたんで、そのまま車で向かったんですが、
家の前まで行くと、どうも路上以外に車を停めるところがないみたいで、
いったん近くのコンビニに車を置き、歩いて向かったんです。
ええ、その家はありましたよ。ありましたけど・・・

とにかく周囲が異常だったんです。その家の両隣、それと右のもう一軒が、
空地になってたんです。まるでその家が嫌で引っ越したか、でなきゃ、
住人が死に絶えた・・・なんて、そんな想像が頭の中をよぎったりしたんです。
その頃には、時間も午後3時を過ぎてましてね。空が薄暗く、今にも雨が降り出し
そうな感じでした。でねえ、今考えればやめとけばよかったんですが、
僕、好奇心を押さえきれなくて、その家に入っちゃったんです。
ほら、両隣が空地になってたって言いましたよね。住宅街で、道を通る人もなく、
入っても誰もわからないだろうと考えて。門をくぐり、
ガラスの割れた戸に手をかけました。そしたら、軽く開いたんです。
中は・・・ホコリが積もってましたが、意外なことに、その上に大勢の足跡が
あったんです。で、僕も靴は脱がないでそのまま廊下に上がりました。

まだ夕方とも言えない時間でしたから、外が暗いといっても中の様子は見えました。
せまい家で、1階は3部屋にバス・トイレ。どこも靴の跡だらけでしたが、
荒らされてはいなかったんです。ええ、ふすまが倒れたり、壁を蹴ったり、
タンスの中身が引き出されてるとか、そんなことは。生活用品はほとんどそのまま残り、
カレンダーは2年前のものでした。おかしなものはなく、これでやめようかとも思いましたが、
2階へと通じる階段を上りました。そのとき、足元のホコリが、
黒い玉になってることに気がついて。ええ、何か液体がこぼれた跡だと思いました。
2階は2部屋。手前が小学生の男の子のものか、勉強机が残ってましたね。
そこを出て、突きあたりが最後の部屋。ドアを開けると、祭壇のようなものが
ありました。白い布をかぶせた壇ですが、その布のそこかしこがどす黒く汚れてて・・・
祭壇には線香立て、大きなロウソク立て。それから、何も入ってない

あまり大きくない写真立て。あと、三宝というんですか、神社で餅を乗せるような
低い台。その上に何かがあり、新しく見える白い布が被さっていました。
心の中でやめろ、やめろという声が聞こえたんですが、その布の端に手をかけて
持ち上げようとしたとき、手首に軽い痛みが走ったんです。「え?」
ロウソク立てに引っかけたんだろうか。手首にスッと筋が走り、次の瞬間
血が吹き出たんです。「あ、あ」もう片手で押さえましたが、
指の間から血がこぼれ出してきて・・・血管が切れたんだと思いました。
ハンカチを出して上から何重かに巻きつけ、部屋を飛び出し、
血を振りまきながら階段を降り、その家の外に出ました。
切ったのは左手だったので、スマホを出して右手で救急車を呼んだんです。
血はハンカチを通してポタポタと地面にこぼれ、その上から押さえながら

塀にもたれかかりました。そのとき、細かな雨が降ってるのに気がついたんです。
道の反対側、やや離れたところの電柱の後ろに、傘をさした人が立ってました。
救急車はすぐに来て乗せられ、肘の上をゴムで縛られ、
病院へ向かいました。市立病院についた頃には、血は止まってて、
医者が「・・・またですか」と言いながら、14針縫われました。
「え、またって?」医者はしまった、みたいな顔をしたんですが、
「あなたみたいに運ばれてくる人がいるんです。2年前からねえ。
 あの家に行ったんでしょう」こう言われたんです。それ以上は聞けませんでした。
これでだいたい話は終わりです。車の運転ができないので、電車で帰るしか
なかったです。部屋に戻ると、また新興宗教からのチラシが来てました。
もうあの街に戻るのは嫌だったんで、車は業者に運んできてもらいました。

でね、あれから10日たって、毎日宗教団体のチラシが来る他には、
おかしなことはないです・・・今のところは。あの家で手首をケガしたとき、
肘があたって台の上の布がずれ、カエルの足のようなものが少し見えました。
パソコンの写真は削除しようとしたんです。1枚目の人物、2枚めの生き物の腹、
これはすぐ消せたんですけど、3枚目の家の写真はダメでしたね。
何かのソフトで使用中になってたんです。そんなはずないのに。
まだ、ほとんど何も入ってないパソコンなので、リセットしようかと思いましたが、
考え直し、キッチンで濃い食塩水を作ってバケツに入れ、パソコンを沈めました。
傷の抜糸はこっちの病院でやるんですが、なかなか治りが遅いんですよね。
それが終わったら、埠頭に行って海に捨てようと考えてるんです。あとね、
チラシの団体に一度連絡をとってみようかとも。やめたほうがいいでしょうかね。





                                     
関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1628-9d11a5f6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する