FC2ブログ

「舟」としての私

2018.10.21 (Sun)
ベリーなど実を結ぶ樹木の生存戦略は、その実を動物に食べてもらって
種子を拡散し、生育圏を拡大することだ。この生存戦略に基づき、
樹木の実は特定の動物種に向けて、「ここにいるよ! 私を食べて!」と
メッセージを発信していることが、徐々に明らかになっている。

草木と生物の絶妙な協力関係で成り立っているのが森の生態系だ。
豊かな森には実を結ぶ果物もよりどりみどりだが、
どうしてこれほどの種類があるのか。
(tocana)

dfweqt (2)

今回は科学ニュースからこういうお題でいきます。トカナからの引用ですが、
けっこう真面目な研究ですね。さて、なぜ植物の一部が果実をつけるのか。
なんで、果実はおいしいのか。どうしていろんな種類があるのか。これ、
普段はあまり考えないようなことですが、その理由はおわかりですよね。

ただ たんに種をつくるだけだと、種はその場に落ちてしまい、
そこは親の木がある場所なので、過密になって成長できませんよね。
ですから、多くの植物は、できるだけ離れた場所に種をばらまきたいわけです。
これにはさまざまな戦略があって、例えばタンポポは綿毛をつくって、
パラグライダーのように種子を遠くまで飛ばします。

dfweqt (5)

果実も同じで、食べておいしいことで、とりにくる生物がいて、
その生物が種子を遠くまで運んでくれるわけです。このとき、
種子まで食べられては困りますので、固かったり苦かったりして、
みなさんがスイカを食べるときでも、種をペッペと吐き出しますよね。

dfweqt (6)

さて、研究を行ったのは、米デューク大学の進化生態学者である
キム・バレンタ氏をはじめとする国際的な研究チームで、ウガンダと
マダガスカルの自然公園において、果樹と果実食動物の関係を、
その実の色の観点から調べてみたんですね。

植物の果実は、それを食べるお得意様の動物がいます。
木の幹はつるつるしてたり、ごつごつと枝が多く登りやすかったりしますが、
その形態は、「お得意様」の動物が果実を採りやすいようになってるんです。
これはどうやら、果物の色にもあてはまるようです。

研究では、ウガンダの公園にすむサルたちは、人間同様、光の三原色を感知できる。
それに対し、マダガスカルのサルは、赤と緑の色の区別が困難な「赤緑色盲」
の遺伝子を受け継いでるんだそうです。で、それぞれの地域の果実の色を、
光学スペクトル分析で調べたところ、果物の色は、お得意様動物に
発見されやすいよう、最適化されていることが判明したんですね。

これは、なかなかすごいことですよね。植物に、果実を食べに来る動物が、
赤緑色盲だなんてことがわかるはずがないんですが、長い間の進化の結果、
その動物が発見しやすい色と形に変化して、
自らの遺伝子を広範囲にばらまくことが可能になっている。

この手のことは、他にもさまざまにあり、そういうのを見るにつけ、
自然のしくみってすごいなと感心することになります。
この研究では、植物の果実は、熟す前と熟した後の匂いの差が大きいことも
明らかになりました。匂いに変化つけることで、「完熟したよ! おいしいよ!」
とサルや鳥たちにメッセージを送っているわけです。

さて、話を変えて、哲学の大きなテーマの一つに、
「われわれはなぜ生きるのか? なぜ死ぬのか?」というものがあります。
この答えは多面的で難しいでしょうが、生物学からの解答として、
「遺伝子を運ぶため」というのが出されています。

リチャード・ドーキンス
dfweqt (1)

つまり、自分の遺伝子を子孫に残すために、われわれは生きているということです。
「私たちは遺伝子を運ぶ舟である」という言葉がありますが、
この考え方を強く主張しているのが、イギリスの進化生物学者・動物行動学者で、
現代の世界最高の知性の一人とも言われる、リチャード・ドーキンス博士です。
博士は、「ミーム」という新概念も生み出しています。

「自然選択の実質的な単位が遺伝子である」とする遺伝子中心視点を提唱し、
「生物は遺伝子によって利用される"乗り物"に過ぎない」という比喩を
著書に書きました。この考え方は、生物学界だけではなく、自然科学界全体に
大きな衝撃を与えましたが、と同時に、強い反発もあったんですね。

「われわれは、たんに生殖して子孫を残すために生きているのではない。
人生にはもっと崇高な目的があるはずだ」みたいな反論です。
たしかにねえ、そう言いたくなる気持ちはわかります。ドーキンス博士の考え方は、
種の保存と遺伝子の伝達を重要視するあまり、個人を進化の鎖の輪のように
見ているという批判が出てくるのは当然のように思います。

アイザック・ニュートン
dfweqt (4)

例えば、プラトン、アインシュタイン、ガリレオ、ダ・ビンチとか、
人類に偉大な貢献をした人物はたくさんいます。その中で、
アイザック・ニュートンなんかは一生独身で、子孫はいなかったはずです。
だからといって、ニュートンの生涯や業績が否定されることはありませんよね。
ドーキンス博士が言っているのは、あくまでも一つの答えでしかないんです。

さて、進化ということを考えると、もし自然界の目的が種の保存であるなら、
なぜわれわれは不死にならず、生殖して子孫を残すなどという回りくどい
方法をとっているのか。これは、環境の変化にすばやく対応するためなんでしょうね。
地球は長い歴史の中で、全凍結、地軸逆転、自転速度の変化、
小惑星衝突による環境の激変など、さまざまな試練を経てきています。

そこで生き残るには、生物の世代単位の短い期間での適応が必要だった。
また、同種間で異性をめぐって競争することで、強い遺伝子、優れた遺伝子が
生き残っていくという面は否定できません。「優生学」という言葉は
差別的だとしてなくなりましたが、その考え方は大きく間違ってはいないんですね。

さてさて、ここまでお読みになられて、どんなことを感じられたでしょうか。
「人は何のために生きるのですか?」という疑問に対し、
「親よりも優れた子孫を残すため」という答えで、
みなさんは満足できますでしょうか? では、今回はこのへんで。

dfweqt (3)




関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1635-38ec1104
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する