FC2ブログ

孝明天皇と韓国併合

2018.12.11 (Tue)
今回はこういうお題でいきます。日本史のカテゴリです。
孝明天皇はご存知の方が多いでしょう。江戸時代の最後の天皇であり、
明治天皇の父君です。幕末の動乱の最中に在位し、1866年(慶応2年)に、
36歳で崩御されています。朝廷が公的に発表した死因は痘瘡による
病死ですが、これまで、根強く暗殺説が唱えられてきています。

孝明天皇
oiuy (4)

次に、日韓併合ですが、1910年(明治43年)に、大日本帝国が大韓帝国を
併合。統治は昭和20年まで続いています。孝明天皇の死から韓国併合まで、
50年近いへだたりがあるわけですが、この2つの出来事には、
深い関係性があるんですね。それについてはいろんな人が書いてるんですが、
当ブログで強調したいのは、巷間に流れる「噂の恐ろしさ」ということです。

朝鮮総督府
oiuy (2)

さて、孝明天皇が崩御されてすぐ、世間には、暗殺されたのではないかという
噂が流れ始めました。中には、天皇は厠に入っているところを刺殺されたとか、
天皇に新しい筆が献上され、その筆先をなめたとたんに具合が
悪くなって床につき、そのまま急死したなどというものまでありました。

もちろんこの2つは事実ではありませんが、噂はそうとうに広まっていたようで、
イギリスの外交官、アーネスト・サトウの滞在記録に、
「最初、死因は疱瘡と言われていたが、信用できる日本人から、
天皇は暗殺されたと聞いた」と書かれています。

なぜ、こんな噂が流れたのか。それは世間の目に、孝明天皇は暗殺されて
しかるべきと見える理由があったからですね。孝明天皇の主義主張は
はっきりしており、諸外国に対しては「開国反対、徹底的な攘夷」でしたが、
当時の識者はみな、それが無理なことがわかっていました。むしろ、西洋文明を
積極的に受け入れ、日本の国力を高めていく必要があると考えられていたんです。

もう一つ、孝明天皇は徳川幕府に対し「公武合体、佐幕」政策をとっていました。
第十四代将軍の家茂を信頼しており、妹の和宮を降嫁させています。
この2つは、どちらも薩長の志士、開明派の公家にはじゃまでしかたが
ないものだったんですね。孝明天皇がいなくなれば、
徳川幕府を滅ぼして、改革が一気に進むと考えられていたわけです。

岩倉具視
oiuy (3)

ということで、動機は十分です。では、もし暗殺だとしたら誰がやったのか。
これは、名前があがっているのは、薩摩藩士の大久保利通、公家の岩倉具視です。
特に岩倉のほうは、「天皇の存在が世を混乱させている。天皇は世間に対して
謝るべきだ」という過激な発言をした記録が残っています。

じゃあ、ほんとうに暗殺だったのか。これはわかりませんねえ。天皇が発熱した後、
天皇を診る資格を持つ医師団による24時間体制の看護が始まり、
痘瘡の診断が出たものの、その後、一度は回復期に入ったときの「御順症」
という状態になってるんです。それが、あるときを境に容態が急変し、
最期は体中から血を出して亡くなったとされます。

暗殺かどうかについては、昭和、平成にも歴史学者による論争が起きていますが、
結論は出ていません。もし暗殺だとしたら、砒素による毒殺。
やはり最も疑われるのは、公家として天皇の近くにいた岩倉具視なんでしょう。
ちなみにこのとき、長州藩士の伊藤博文は鉄砲の買いつけなどをしており、
暗殺の機会はなかったと考えられています。

あと、孝明天皇とともに、皇太子であった睦仁親王も暗殺され、後の明治天皇は、
すり替えられた、かつての南朝の血を引く大室寅之祐という人物だとする
説があります。これ、自分も興味を持ってあれこれ調べてみましたが、
かなりの無理があり、陰謀論というしかないものです。

明治天皇と大室寅之祐(とされる画像)
oiuy (1)

さて、ここまででだいぶ話が長くなってしまいました。先を進めます。
伊藤博文はロシアのハルビン駅で、大韓帝国の民族運動家、安重根に
よって射殺されました。その最期の言葉は「俺を撃ったりして、馬鹿なやつだ」
と伝えられています。この真意はわかりませんが、伊藤はどちらかといえば、
韓国併合には反対の立場だったはずです。

日本はまだまだ国力を充実させる時期で、韓国併合でよぶんな金をかける
ゆとりはないということです。ロシア官憲はすぐに安重根らの身柄を拘束して
日本に引き渡し、安は死刑になりますが、裁判において、伊藤暗殺の15の
理由を列挙し、これは、当時の新聞で広く日本や世界に公表されています。

伊藤博文と安重根
oiuy (1)

で、その14番めのものが、「今ヲ去ル四十二年前、現日本皇帝ノ御父君ニ
当ラセラル御方ヲ伊藤サンガ失イマシタ。ソノ事ハミナ韓国民ガ知ッテオリマス。」
つまり、明治天皇の父親(孝明天皇)を伊藤が暗殺したこととなってるんですね。
これも謎な部分で、もし孝明天皇の死が暗殺だったとしても、
どうして安が、犯人が伊藤だと考えたのかがわかりません。

不思議ですよね。ちなみに、安重根は韓国国内では反日の義士とされて
いますが、日本の天皇の崇拝者でもあったんです。ただしそのことは、
現在の韓国内では広まっていません。こう書くと問題があるでしょうが、
韓国は、都合のよいことだけが周知され、悪いことは隠され、

歴史的な捏造が横行する、たいへんに幼稚な社会です。
伊藤暗殺の翌年、日本政府は韓国併合を促進し、大韓帝国は消滅します。
ですから、安の行動は、韓国併合を加速させてしまったことになります。
皮肉な話というしかありませんし、
歴史のめぐり合わせの不思議さを実感します。

さてさて、ということで、孝明天皇の暗殺の噂、これが50年近い時を経て、
伊藤博文の暗殺から韓国併合につながっていくわけで、
最初に書いたとおり、噂って怖いなあと思います。ある噂が立てば、
それを利用しようとする人が必ず現れるんですよね。
では、今回はこのへんで。

hdhdhd[




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1688-9eab1d53
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する