FC2ブログ

浦島の話

2019.01.04 (Fri)
ccccc (3)

今回はこういうお題でいきます。みなさん、浦島太郎はご存知でしょう。
「昔々、浦島は、たすけた亀に連れられて~」の童謡も聞かれたことがあると
思います。ただ、現在知られている浦島太郎の物語は中世にできたもので、
最初の頃の話とは、かなり形が変わっているんです。

書物として残っているものでは、8世紀に成立した『丹後国風土記』、
『日本書紀』 『万葉集』などに登場しますが、
ここでは太郎ではなく、「浦島子 うらのしまこ」という名前になっています。
また、亀に連れられて行く場所も、竜宮城ではなく「蓬山(蓬莱山)」です。

横山大観『蓬莱山』
ccccc (4)

また、民話としての構成要素も違っています。まずは『丹後国風土記』の
話を見てみましょう。容姿端麗で評判の若者、浦島子は小舟に乗り釣りに出ましたが、
三日三晩まったく魚が釣れず、五色の亀だけが手に入りました。
そのうち、亀はたとえようもなく美しい女性の姿に変わります。

女は、自分は「天上の仙人の家のものです」と名乗り、浦島子に眠るように言います。
島子が目覚めると、大きな島(蓬莱山)に行き着いていました。
そこには壮麗な宮殿があり、女の両親や兄弟も出てきて島子を歓待します。
島子は女と夫婦になり、3年の月日がたちますが、島子はだんだんに、
郷里に残してきた父母のことが心配になり始めました。

浦島伝説の残る京丹後市の嶋児神社
ccccc (1)

そこで、いったん故郷へ帰りたいと申し出ると、女は別れを悲しみながらも、
玉匣(たまくしげ)を渡し、「ここに戻ってくる気なら、これを開けてはなりません」
と言います。故郷に帰り着いた島子ですが、父母の家はなく、
あたりの様子が変わっていたので、郷の者に聞くと、
浦島子は数百年の昔に海に出たまま帰らなかった、ということになっていました。

悲しみのあまり島子が玉匣を開くと、何か美しい姿が雲をともない
天上に飛び去っていきました。そこで島子は女性と再会できなくなったことを
悟ったのでした・・・・ざっと、こういう内容なんですね。
話の骨格がずいぶん異なっていることがわかります。

まず、最も大きな違いは、「動物報恩譚」ではないということです。
動物報恩譚というのは、「鶴の恩返し」などに見られるように、
主人公によって助けられた動物が、何かの恩返しをするものですが、
その要素がすっぱり抜けています。

動物報恩譚「白鶴」
ccccc (6)

ここでは、女性は、美しい若者である島子の評判を聞いて、自分から亀に姿を変え、
島子に会いに来たんですね。男女の恋の物語だったわけです。
それから、2つめの大きな違いは、島子が行った先が、
海の中にある竜宮城ではなく、天にそびえ立つ蓬莱山だったこと。

つまりこれ、中国的な神仙譚なんです。仙界は人間界に比べて時間の流れが遅く、
1年が100年にあたるとされます。ただし、浦島太郎の物語では、
玉手箱を開けた太郎はおじいさんになってしまいますが、
ここでは、そうは描かれていません。「見るなのタブー」を破った島子は、
二度と仙界に戻れず、女性に会えなくなって終わるんですね。

関連記事 『見るなのタブーについて』

さて、ここで古代の丹後国について考えてみましょう。
丹後地方(現在の京都府京丹後市辺り)には、大きな墳丘墓がいくつもあり、
鉄の出土量がたいへんに多いんです。また、ガラス製品の生産が盛んで、
全国の弥生時代のガラス製玉のほぼ10分の1が丹後から出土しています。

このことから、弥生時代から古墳時代前期のこの地には、
ヤマト王権や吉備国などと並ぶ「丹後王朝」があったとする説があります。
これはまず間違いないと思われ、研究者によっては、
邪馬台国の女王卑弥呼は、丹後国から擁立されたという説も出されているんです。

そのことはいずれ書きたいと思っていますが、古代の丹後国は、
独自に大陸との交易ルートを持っていたのは確実です。
丹後国からは、ガラス製の腕輪「釧 くしろ」(下図)が出土していますが、
これは中国製のカリ(珪酸塩)ガラスと見られます。つまり、丹後国は、
古い時代から中国の神仙思想を受け入れる下地があったんですね。

京都府与謝野町 大風呂1号墓出土「ガラス釧」
ccccc (2)

それがどうして、蓬莱山から竜宮城に変わってしまったのか。
竜宮城で思い出されるのは、日本神話の「海幸彦・山幸彦」の話です。
兄の海幸彦にイジワルをされ、失くした釣針を探しに海にもぐった山幸彦は、
海神の娘、豊玉姫と結婚し、竜宮城で3年を過ごします。
ちなみに、この豊玉姫は神武天皇の祖母にあたります。

その後、山幸彦は地上へ帰らねばならず、姫から霊力のある玉をもらって、
その力で兄の海幸彦をこらしめることになります。
この話は日向神話とも呼ばれ、現在の宮崎県で、南方と交易していた
隼人族の間で伝わっていたものと考えられています。

さてさて、ということで、丹後国に伝わった中国北方系の神仙思想と、
日向国に伝わった南方系の竜神神話が中世までに合体したものが、
現在知られている浦島太郎の物語なんですね。
では、今回はこのへんで。

青木繁『わたつみのいろこの宮』部分 竜宮に降り立つ山幸彦
ccccc (5)




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1712-d260bb2e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する