FC2ブログ

キュリー夫人とゴーストガールズ

2019.03.27 (Wed)
アーカイブ47

福島第一原子力発電所


今回はこういうお題でいきます。東日本大震災にともなう福島第一原発の
事故により、私たち日本人は放射能の危険性を改めて認識させられましたが、
では、放射能って、いつから危険だと考えられ始めたんでしょう?
これ、じつはそんなに古い話ではないんですね。

さて、キュリー夫人はご存知でしょう。こないだエジソンについて書きましたが、
彼と同じくらい伝記でとりあげられている人ですよね。
ポーランド出身の科学者で、ノーベル物理学賞、化学賞をともに受賞しています。
1903年の物理学賞は、放射能の発見によるもので、
放射能(radioactivity)と名づけたのも彼女です。

マリ・キュリー


で、1911年の化学賞は、新元素ラジウムの発見などの業績によります。
さて、1920年代、彼女はキュリー・ラジウム研究所を立ち上げましたが、
研究員が数名、白血病、再生不良性貧血などで亡くなっていて、
その中には日本からの研究員、山田延男も含まれます。

ただ、その頃はまだ、これらの疾患と放射能の因果関係は
明らかではありませんでした。キュリー自身も、1932年に手首を骨折し、
それがなかなか治らず、さらに原因不明の体調不良に苦しむようになります。
そしてその2年後の1934年、再生不良性貧血で亡くなるんですが、
現在では長期の放射能被爆が原因であることがわかっています。

ですが、生前の彼女は、けっして研究員や自らの体調不良を、
ラジウムによるものとは認めませんでした。
それだけ、自分が発見したラジウムに対する思い入れが深かったんでしょう。
彼女の遺体は、夫のピエールと並んで埋葬されました。

現在、パリののラジウム研究所は博物館となっていますが、
実験室は、除染が行われるまで立入禁止でした。
また、彼女の自筆の論文なども、閲覧するためには防護服の着用が
義務づけられているそうで、研究所にある彼女の指紋からも放射能が検出されます。

さて、話変わって、ゴーストガールズについて。
米国イリノイ州オタワ市(カナダの首都とは別)では、1920年代、USラジウム社、
ラジウム・ダイアル社などの工場で、10代、20代の女性が、
時計の文字盤にラジウムを塗る作業をしていました。オタワ市はラジウム・シティ
とも言われ、彼女らの待遇はよく、当時の女性のあこがれの職業の一つでした。

ラジウム塗料を塗るアメリカ人女性


彼女らは「ゴーストガールズ」と呼ばれました。
なんでこんな不気味な名がついたかというと、彼女らの体は、
暗闇でぼうっと光を放ったからだと言われます。で、この若い女性らの間で、
原因不明の疾患が広がっていることがわかってきました。

病態はいろいろですが、骨が溶けたり、骨に腫瘍ができたりするケースが
多かったんですね。また、手足や腰の骨も骨折しやすくなりました。
これは、ラジウム元素の化学的な性質がカルシウムと似ているため、
骨に集まりやすいのが原因なんです。

ラジウム発光時計


また、アゴの骨が主にやられたのは、まだラジウムの危険性が知られておらず、
作業に使う筆の先をなめるなどして、口腔内から体内にとりこまれたためです。
若い女性にとって顔は命だと思うんですが、下アゴが完全に溶けてなくなって
しまったケースもあったようです。

下アゴに巨大な腫瘍ができた女性


合計200名ほどの女性がこのために亡くなり、さすがにおかしいと気づき始めた
被害者たちは、会社を相手に裁判を起こします。
これには長い長い年月がかかり、最終的にラジウム・ダイアル社などが、
全責任を認めたのが1938年のことです。

ということで、最後までラジウムをかばったヨーロッパのキュリー夫人のケース、
裁判で争ったアメリカのケースを考えると、放射能の危険性が知られ始めたのが
1920年代の後半、そして危険性が確定したのが、
1930年代の前半ころと考えるのがよさそうです。

ただし、この認識は一般的にはなかなか広まらず、ラジウム入りの歯磨き、
ラジウム入りチョコレート、ラジウム入り座薬(男性用精力剤のようです)
などが1950年ころまで、主にヨーロッパで売られました。
また、アメリカではラドン(ラジウムからできる気体元素)入の健康飲料水が
大々的に発売され、大きな健康被害をもたらしています。

ラジウム・ラドン入り製品の数々


このことを教訓とし、現在のアメリカでは、ラジウム・ラドンを飲料に入れて
発売した場合には厳しい刑事罰が科されることになっています。それと、
上記のゴーストガールズの話は、1987年『ラジウム・シティ』という
ドキュメンタリー映画となって公開されています。

さてさて、こうしてみると、放射能が人体に及ぼす危険性が認知されたのは、
わずか90年前のことなんですね。そして、その有害性が明らかになった後、
原子爆弾が開発されて広島・長崎に投下されたんです。
では、今回はこのへんで。

原爆投下後の広島





関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1842-5d31fada
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する