FC2ブログ

スピリチュアルを避ける

2019.03.27 (Wed)
ASW (2)

今回はこういうお題でいきます。カテゴリは怪談論です。
この題名、おそらくみなさんは意味不明だと思いますが、
自分は、このブログに書いてる怖い話をスピリチュアル系にしたく
ないんですよね。そこはいつも気をつけて避けている部分です。

スピリチュアル系の怖い話なんてあるの? と思われるかもしれません。
自分はあると考えています。といっても、スピリチュアルには
多種多様な考え方があるので、自分が意識しているのは、
朝日新聞出版が出している雑誌「HONKOWA」みたいな内容です。

こう書くと誤解を受けそうですが、スピリチュアル系の怖い話が悪いとか、
そういうことを言っているわけではありません。
じつは自分は「HONKOWA」の愛読者でして、近所のコンビニで
ほとんど毎月買っています。まあ、立ち読みのときもありますが。

内容をご紹介すると、だいたい巻頭になっているのが、
漫画家の山本まゆりさんの作品です。これには、雑誌で霊視相談もやっている、
寺尾玲子さんという実在の霊能者が主役として登場します。
あと、同じく実在の、天宮視子さんという霊能者が出ることもあります。

寺尾玲子氏
ASW (1)

「HONKOWA」4月号が今、手元にあるんですが、
「絶対選んではいけない部屋特集」となってて、寺尾、天宮の
お二方とも登場してます。今号はなかなか面白い作品が多かったと思います。
あと、女性漫画家の絵は全体的に白っぽい(ベタやトーンが少ない)
んですが、山本まゆりさんはそうでもなく、読みやすいですね。

さて、じゃあどうしてスピリチュアル系の話を避けてるかというと、
一つは、自分が書いているのが創作怪談だからです。
これは好みの問題かもしれませんが、あんまり霊能者を話に登場させたく
ないんですね。霊能者を主人公にすると、話が書きやすいのはたしかです。

依頼者から不可解な出来事が起きていると相談を受け、主人公の霊能者が
現場を訪れて霊視し、霊障の原因を探ります。
するとそこが、古代からの因縁のある土地であることがわかり、
最終的には主人公が霊能を使って除霊・浄化をする・・・

ASW (4)

でも、この形は漫画だからできるんじゃないかと思うんです。
漫画では、絵はすごく重要です。ストーリーはそれなりでも、
絵に力があれば作品として成り立つものなんですが、
字だけで読ませる怖い話だと、なかなかそうはいきません。
マンネリになってしまう可能性が高いと思います。

あと、もう一つ、世間で霊能者を謳っている人物や団体には、
こう言っちゃなんですが、きわめて怪しいものが多いんですよね。
詐欺と紙一重のものも多数あります。ですから、自分が書く話では、
霊視や除霊で何でもズバズバっと解決できる
霊能者というのは、あんまり出したくないんです。

まあ、自分の場合は、最初からフィクションとして書いてるので、
みなさん作り物と思って読んでおられるわけですが、
「本当にあった」という謳い文句で強力な霊能者を出してしまうと、
世間的によくない影響もあるんじゃないかと思うんですね。

さて、スピリチュアル系の怖い話でよく出てくるのが、生霊、地縛霊、
前世、守護霊、霊道、実際にあるパワースポット、パワーストーン、
気づき・・・あと、なかなか成仏できない自殺者の霊とかです。まあこれ、
自分の話にはまったく出てこないかというと、そうでもないんですが、
できるだけ避けるようにはしてます。

ASW (1)

それと、因縁系の話です。例えば、怨みをのんで死んだ人がいて、
その霊が憎い相手の家族に祟るとか、前に住んでいた部屋の住人が
死んで地縛霊化し、次の入居者の前に現れる・・・ストーリーの破綻は
ありませんが、あまりにストレートすぎて自分はツマラナイですね。
どうせ書くなら、もうひとひねりも、ふたひねりもしたい。

それから、一番重要な点ですが、話をスピリチュアル系にしないためには、
中身を説教臭くしない、結末を教訓的にまとめないということが大切です。
スピ系の怖い話だと、最後に、「自業自得だね」とか、
「やっぱ、こういうことはしちゃいけないんだよね」みたいな
セリフが出てきたりするんですが、これは自分は絶対やりません。

むしろ自分の話は、わけがわからないまま、地雷を踏むような形で
主人公が恐ろしい出来事に巻き込まれ、きわめてヤバイ状態になって、
ぶつんと切れるように終わる・・・こういう形が多いんじゃないか
と思います。ぐにゃんと現実がゆがむような不条理感を
出すことができたら、その話は成功です。

さてさて、だらだらと書いてきましたが、上で述べたように、
スピリチュアル系の怖い話が悪いというわけではありません。
ただ、自分はちょっと書けないなということで、もちろん、スピ系怪談が
お好きな方は読まれて何の問題もないと思います。
では、今回はこのへんで。

ASW (3)



関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1844-5a42c4e0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する