FC2ブログ

亀のオカルト

2019.03.30 (Sat)
『THE BERMUDA DEPTHS』


今回はこういうお題でいきます。みなさんの中で、子どもの頃に
亀を飼われた経験があるという方は多いんじゃないでしょうか。
昔はお祭りの夜店で、ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)が、
売られてましたが、外来生物でもあり、
現在は見かけることが少なくなってますね。

さて、亀は古来から霊獣とみなされてきました。これは、中国から
伝わったものと考えられます。もともとは東洋占星術なんですね。
天にある28の星座(二十八宿)を7つずつに分け、それぞれ、
つなげた形から4匹の霊獣が考え出されました。

四神
ZXSDE (1)

これが青龍・朱雀・白虎・玄武の「四神」です。
四神は星座ですので、季節と方角をつかさどっています。
亀の話なので、ここは軽くふれるだけにとどめておきますが、
青龍は春で東、朱雀は夏で南、白虎は秋で西、玄武が北で冬。

ただし、中国には五行説がありますので、四神だけではおさまりが悪く、
中央に麒麟を置くという考え方もあります。
この中の玄武が亀なんですね。正確には足の長い亀に蛇が巻きついた形。
古代中国においては、亀は「長寿と不死」の象徴とされました。

玄武
ZXSDE (4)

で、この四神の中で、龍は想像上の動物ですし、朱雀は鳳凰のことで、
やはり実際にはいません。虎は大陸にはいますが日本には生息して
いないので、実際にいる亀が、特に霊獣として尊重されたわけです。
玄武は、色としては黒、地形としては山を表しています。

また、「鶴は千年、亀は万年」ということわざもあり、
ここでも長寿のおめでたいイメージがありますが、
では、実際の亀の寿命ってどれくらいなんでしょうか。
上で出てきたミドリガメが40年くらい、よく川や沼で見かける
クサガメが60年ぐらいと推定されています。

あれ、人間より短いじゃないかと思われるかもしれませんが、
それは現代からみてのことで、日本の古代においては、
40歳まで生きられる人はそんなに多くはなかったんです。
近世の江戸時代でも、平均寿命は30~40歳と考えられています。

あと、亀の中には人間よりも長寿の種類もいて、
日本のものではありませんが、アメリカハコガメは100歳以上、
ワニガメは150歳以上です。過去に記録された亀の最高齢は、
ダーウインに飼育されたサンタクルスゾウガメの175歳。
長寿の生き物と考えて問題はないでしょう。

古代インドの世界観
ZXSDE (6)

ということで、亀を尊重するのは中国由来の考えでしたが、
日本に仏教が入ってきて、さらにそれが強められました。
古代インドの世界観では、この世界は大蛇の上にいる亀、
さらにその上に乗る3匹の象によって支えられているとなっています。

2018年 中国で発見された甲羅のないカメの化石
ZXSDE (5)

さて、次は生物学的な特徴をみてみましょう。
亀は爬虫類で、その祖先は約2億5000万年前に現れました。
人類の歴史よりもずっと長く存続してる生物です。
去年、中国において完全に甲羅のない亀の化石が発見されて
衝撃を与えましたが、初期の亀は甲羅が未発達だったようです。

それが甲羅を発達させることで外敵から身を護ることが
できるようになり、何度もの大量絶滅期を生きのびて現在にいたります。
最大の亀は、白亜紀(約7500万年前)に生息していた
アーケロンで、全長約4メートル、体重2トン以上と推定されています。

アーケロン 足が一本ありません
ZXSDE (7)

ただ、残念ながらアーケロンは手足を甲羅の中に引っ込めることが
できなかったようで、発見される化石にはヒレの傷ついたものが多く、
同時期にいたモササウルス類に捕食されたためと考えられます。
アーケロンは海亀で、イカやアンモナイトを食べていたようです。

さて、現代でも、巨大な亀の姿をしたUMAの目撃例がありますね。
有名なところでは「ンデンデキ」。アフリカのコンゴ共和国で目撃される
淡水の亀で、体長は5m近いとされます。その正体は不明ですが、
巨大なスッポンの仲間である可能性もあります。
東南アジアには、1、5m近くまで成長する大型のスッポンがいます。

ベトナムの大型のスッポン
ZXSDE (3)

下の画像はみなさんの中でご覧になられた方もいると思います。
アフリカのギニアで発見された漂着物で、4本の足と尾がある亀のように
見えると話題になりました。学者が調査しているということでしたが、
例によって、その後の続報はありません。

ギニアのUMA画像
ZXSDE (2)

でもこれ、自分が見るところでは、クジラの一部分だと思いますね。
クジラの死体は体内に腐敗ガスが溜まって浮き上がり、
海面を漂う場合があり、そのガスが爆発するような形で抜けると、
上になった部分が、ちょうどこの画像のような状態になります。

腐敗ガスで膨らんで漂うクジラ


さてさて、ということで、身近な生物、亀についてみてきました。
自分も子どもの頃に亀を飼ってたんですが、冬眠を失敗すると
土の中で死んじゃうんですよね。今は器具が整って、
飼育は難しくないようです。では、今回はこのへんで。




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1851-3473123a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する