FC2ブログ

恐竜とオカルト

2019.04.01 (Mon)
今回はこういうお題です。みなさんは恐竜はお好きでしょうか?
自分はけっこう好きで、子どものころは恐竜図鑑なんかをよく見てました。
ただ、あれに出てくる恐竜って、骨格の化石から復元したものなので、
形はともかくとして、体表の様子は完全な想像なんですよね。

カラフルに復元された最近の恐竜
dderrtttyy (7)

自分が見てた昔の図鑑の恐竜は、現在のワニのような地味な色の
ものが多かったんですが、最近は、熱帯性の爬虫類のように
カラフルな色で復元されることが増えてきています。
それと羽毛ですね。研究の積み重ねにより、多くの恐竜の種類で、
羽毛の存在が確認されるようになり、

昔のティラノサウルスの復元図
dderrtttyy (6)

中には、ティラノサウルスを下図のように復元するものまで出てきました。
さすがにこれは違うんじゃね、と思いますよね。最新の研究によって、
ティラノサウルスについては、羽毛は否定されています。
その皮膚は、現在の爬虫類のようなウロコで覆われていた可能性が高く、
羽毛は、もしあっても背中ぐらいだったろうということです。

羽毛を持つ形で復元されたティラノサウルス
dderrtttyy (8)

最終的に落ち着いたティラノサウルスの復元図
dderrtttyy (1)

さて、恐竜とオカルトといえば、真っ先に出てくるのは、
「モケーレ・ムベンベ」じゃないかと思います。アフリカ中央部、
赤道直下の熱帯雨林地帯である。コンゴ共和国、カメルーン、赤道ギニア
などで目撃例があるUMAです。特に、コンゴ共和国のテレ湖周辺での
ピグミー族の目撃談が有名ですね。

モケーレ・ムベンベとされる画像
dderrtttyy (2)

ただ、それによれば、モケーレ・ムベンベはそんなに大きいものじゃ
ないんですね。3~4mとされることが多く、象よりも小さい。
よくモケーレ・ムベンベの正体ではないかとされるブロントサウルスは、
大きいもので20mもありますので、それとは違うように思えます。

モケーレ・ムベンベに関しては、20世紀初頭から噂が知られており、
1913年、カメルーンに入ったドイツの探検隊が、
その名前を採集してきたとされています。日本からは、
1988年、早稲田大学探検部を中心としたメンバーが
テレ湖に入って、約40日間と長期の探索を行いました。

このときの様子は、早稲田大学探検部の部長であった高野秀行氏の著書、
『幻の怪獣・ムベンベを追え』に詳しいんですが、
この調査により、テレ湖は水深2m、周囲の水路は水深1mと
ひじょうに浅いことが判明してしまいました。

美しいテレ湖ですが、隕石湖の可能性は?
dderrtttyy (4)

また、大型生物の餌となるような魚も少なく、探検隊は1度も、
それらしいものを目撃できずに終わってたんですね。残念ながら、
テレ湖そのものが、湿原の水溜りみたいなものだったわけです。
高野氏は著書で、テレ湖は隕石の落下跡なのでではないか
という説を書かれていました。

さて、恐竜とオカルト、次の話題は「人類と恐竜の共存」についてです。
恐竜類は、約6500万年前に突然に絶滅してしまいました。
この原因は、ユカタン半島に墜落した巨大隕石による気候変動が原因と
考えられています。人類との接点はなかったはずですが、
それを認めたくない勢力があるんですね。

キリスト教は、大きくカトリックとプロテスタント系に分けられますが、
カトリックはローマ法王庁を総本山とした一つの宗派です。
で、カトリックではほぼ正式にダーウインの進化論を認めています。
それに対し、プロテスタントは多くの宗派に分かれており、
中には、進化論を認めない聖書原理主義的な団体もあります。

同時期についた人類と恐竜の足跡とされる画像
dderrtttyy (1)

モルモン教なんかもそうですね。それらの人たちの主張では、
人類と恐竜は、同時に神によって創造されたことになります。
で、各地で、人類と恐竜が同時につけた足跡の化石などの、
聖書の記述が真実であるという証拠が発見されているとされます。

ただ、客観的にみて、その証拠は怪しいものがほとんどで、
捏造が疑われているものもあります。次の画像は、南米ペルーの
「カブレラ・ストーン(イカ・ストーン)」と呼ばれるものですが、
トリケラトプスのように見える生物が描かれています。

カブレラ・ストーン
dderrtttyy (3)

ですが、イギリスBBCの取材に対して、石を作った者が名のり出たことで、
現在のものであることが判明し、歯科用のドリルで彫刻した後、
靴墨を塗り、火であぶって古めかしい雰囲気を出していたということでした。
このため、炭素年代測定で古い数値が出てしまったんですね。

それから、「アカンバロの恐竜土偶」と呼ばれ、メキシコの町アカンバロで
発見され、現在まで37000点以上が発掘されています。
こちらのほうは、カブレラ・ストーンと違って、
完全な現代製と結論づけられたわけではありません。

アカンバロの恐竜土偶
dderrtttyy (5)

ただ、中には、現在では間違いとされる恐竜観に基づいたものや、
半人半獣の象人間、ワニ人間や翼を持つ竜などがあり、
現代に作られた可能性は高いと考えられます。あるいは、
古代のものであったとしても、想像をもとに作られたのかもしれません。

さてさて、なんだかまとまらない話になってしまいました。
これは、恐竜について書きたい内容がまだまだたくさんあって、
自分の頭の中をぐるぐる回ってるせいだと思います。
また続きを書く機会もあるでしょう。今回は、このへんで。





関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1855-c72fce3f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する