FC2ブログ

海のオカルト(幽霊船)

2019.04.29 (Mon)

『ゴースト 血のシャワー』

今回はこういうお題でいきたいと思いますが、内容がいっぱい
ありすぎて、どれを書けばいいか迷ってしまいそうです。海のオカルト
というと、みなさんは何を思い浮かべられるでしょうか。幽霊船とかかな。
世界各国に幽霊船の話はありますが、まあこれは当然でしょう。

そもそも、船が誰も人を乗せずに漂っている例は別に珍しい
ことではないからです。沿岸から無人の船舶が波でさらわれたり、
航行中に乗組員が何らかの理由で船を放棄したり、
食中毒等で乗組員が全員死亡し、船だけになって漂流している
ケースは、現代でも普通にあることです。

また、海賊に襲われて、乗組員がすべて殺され積み荷を奪い去られて
船だけが見つかるといったこともあったでしょう。
ディズニー映画の『パイレーツ・オブ・カリビアン』ではソフトに
描かれていますが、実際の海賊は残虐無比で、
目撃者のほとんどは、証拠隠滅のために殺されました。

「北朝鮮の白骨船」
xxxx (3)

無人で漂流している船なら、嵐や高波ですぐに沈没してしまう
だろうと思われるかもしれませんが、意外にそうでもないんですね。
「北朝鮮の白骨船」という話があります。旧態のエンジンを積んだ
ボロボロの漁船が、質の悪い燃料を積んで操業していたのが、

エンジンの故障等で漂流し、乗っていた漁船員は餓死し、
白骨を乗せた状態で日本やロシアの海岸、海域に流れ着くものです。
日本で発見されたものだけでも、5年間で300隻近くになります。
日本の漁師が見ればあ然とするようなボロ船ですが、
なかなか簡単には沈まないんですね。

北朝鮮の場合、沿岸、近海の漁業資源を捕りつくし、かといって、
遠洋漁業ができるほどの船もない。そこで、無理をして他国の経済水域まで
出てきているのが原因の一つでしょう。自分はこれをもとにして、
「白骨船の話」という怪談を書いています。  
関連記事 『白骨船の話』

「フライング・ダッチマン号」
xxxx (6)

さて、幽霊船で最も有名なのは、「さまよえるオランダ人」の乗る船
でしょうか。船の名前は諸説あるんですが、
「フライング・ダッチマン号」と呼ばれることが多いですね。
でも、もともとはその名前ではなかったはずです。

これは、キリスト教における神の罰の話です。アフリカ大陸南端の
喜望峰近海で、オランダ人船長が神をののしったため呪われ、
船は幽霊船となり、船長はたった1人で、最後の審判の日まで
さまよい続けることになったという内容で、ワグナーのオペラでも有名です。

ただ、この船長がそれほどヒドいことをしているわけではないんですね。
風のために湾に入れなかったので、風をののしって、
「最後の審判の日までかかっても湾に入ってやる」こう言っただけです。
そのため、現在でも船はさまよい続け、悪天候の日には
喜望峰の沖合で見ることができるとされます。

あとは、昔のオカルト本によく載っていた「マリー・セレスト号」の話。
1872年、ポルトガル沖で、無人のまま漂流していたのを発見された船です。
約30m、280tほどの2本マストの帆船で、けっして大きい船
ではありません。沖合でアメリカから出港した船に発見されたんですが、
乗り込んでみると船はびしょ濡れで、浸水があるのが見つかりました。

「マリー(メアリー)・セレスト号」 かなり小さいですね
xxxx (2)

それ以外、船には特別な故障等もなく、航行可能な状態でした。
あと、なぜか計器類が失われたり破壊されたりしていたんですね。
また、船の手すりからは3ヶ所の血痕が発見されています。
6ヶ月分の食料と水も残っていましたが、10人いたはずの乗組員は、
一人も船内にはいませんでした。

これが、海洋ミステリーとしてヨーロッパ・アメリカで評判になり、
船の中で何が起きたのかさまざまな推理が出されました。
後に、死体を乗せた救命ボートがスペイン沿岸に流れ着いたという話も
ありますが、確認されてはいません。

まあでも、常識的に考えれば、悪天候の航海で大波をくらったなどで
船内に水が入り、船底からの浸水と勘違いした船長はじめ船員たちが
船を捨て、計器類を持ち出してボートで逃げ出し、そのまま死亡した
とかですよね。オカルトとして、日本でそれほどウケたということもありません。

さて、日本の幽霊船の話では、幽霊船は2種類あるようです。
一つは、船自体は実体ですが、操縦しているのが幽霊とされる場合。
もう一つは、船そのものも含めて幽霊である場合です。出てくるのは
夜が多いんですが、昼でも霧の中から現れるという話もあります。

そして、幽霊船を見てしまった漁船は、獲物がまったくとれなくなり、
座礁したり、無事に浜に戻ることができても、乗組員は不幸な目に
遭ってしまう、こんなパターンが多いですね。あと「船幽霊」というのも
ありますが、これは、ひしゃくで水をくみ入れて船を沈没させるなどと
信じられた、妖怪に近いものです。

「船幽霊」
xxxx (4)

さてさて、ということで、幽霊船の話を書いただけで
予定の字数がつきてしまいました。海のオカルトは、これ以外にも
「バミューダ・トライアングル」とか「海底に墜落したUFO」とか
いろいろありますので、またいつかの機会にご紹介できるでしょう。
では、今回はこのへんで。

xxxx (5)



関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1928-6faf4584
トラックバック
コメント
 「板子一枚下は地獄」ですねえ。日本の幽霊船といえば、かつてコピペ等で有名になった「良栄丸遭難事故」を思い出しますね。恥ずかしながら、私も知った当時は鵜呑みにしてしまったものです。これについては、デマは絶対許さないマンことオカルト・クロニクルさんが極めて詳細に検証しておられました。
| 2019.05.05 14:43 | 編集
コメントありがとうございます
海の奇譚というのは実にたくさんあって
なかなか全部に手が及ばないんです
じつは海底遺跡とかそういうのを書きたかったんですが
bigbossman | 2019.05.05 18:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する