FC2ブログ

アーカイブ 目が落ちる話

2019.05.15 (Wed)
インテリア関連会社の関西支社で働いています。よろしくお願いします。
うちの会社の第2営業課の課長の話なんです。
40代後半なんですけど、背が小さく、頭がハゲてて痩せてるんです。
マンガに出てくる典型的なイジメられサラリーマンって感じです。
けど、会社ではイジメられてるわけじゃなく、
性格が小狡くて、何かにつけて巧妙に立ち回り、
ゴマもするだけすって、今の地位を築いてきたような人なんです。
ええ、性格はもちろん最悪です。部下の手柄は自分のものにするし・・・
まあ、それはいいんですけど。今はそんなしゃかりきになって出世をめざす
なんて社員は少ないですから。一番頭にくるのは、自分のミスを部下に押しつける
ことですね。課内でこれに泣かされた人が大勢いるんです。

あと、女子社員に対する態度も最悪で、はなからお茶くみしかできないだろうって
感じで。今は男性社員以上に能力のある人もいっぱいいるのに。
それと、自分の指示があいまいなくせに、こっちが思うとおりのことをしないと
すぐにキレて。読んでた業界誌を投げつけたりしたこともあります。
まあそれでも、セクハラはしたことはないし、男性社員も女性社員も、
みんなガマンしてたんですが・・・ Aさんっていう、
20代独身の男性社員がいたんです。ええ、背が高くてかっこいいし、
人柄も優しいので、女子社員はみんなねらってたんです。
それが、課長が独断で無理な受注をして。その仕事をAさんに押しつけたんです。
ええ、そのことは課内の誰も知らなくて。もしわかってれば、まとまって
課長に抗議したり、仕事を手伝ったりしたんですけど。

Aさんは、そういう事態になるのを察してたのか、一人で頑張っちゃって。
結果から言うと、納期には間に合ったんですが、Aさんはへろへろになって、
精神的に病んで休職しちゃったんです。
そしたら、そのことを聞いた課長が、みんなの前で「弱き者は去れ」って言って。
その後、おいおい事情がわかってきて、課内のみんな大憤慨しました。
Aさんが気の毒なことはもちろんだけど、いつ自分の身にもそういうことが
ふりかかってくるか、わからないじゃないですか。
だから、部長やもっと上に、課長のことを直訴しようって意見も出たんです。
でも、さっき言いましたように、課長は、自分の上と下に対する態度が
まるっきり違ってて、部長をはじめ、上層部には気に入られてるんです。
それでも、男子社員の中には、その方向で動くって人が何人もいました。

それで、私たち女子社員の間でも何かできることはないかって、みんなで考えて。
まさかマンガじゃないから、課長のお茶に雑巾の絞り汁を入れるって
わけにもいかないし。そしたら、一人が、「課長に呪いをかけよう」って言ったんです。
そのときは、みんな「何をバカな」って反応だったんですけど、
その子はすごく本気で、「私、人形の呪いって知ってる。実家のある地方に
 代々伝わってるもので、必ず大きな効果がある」って力説して。
それで、詳しい内容を聞いてみたんですが、「人形は、死んだ人が寝ていた布団で
 つくらなきゃいけない」って言い出して。これ、まず無理ですよね。
だからみんな「ダメじゃん」って力が抜けましたけど、また別の一人が、
「うちの弟が葬儀社に勤めてて、もしかしたらそういうの手に入るかも」って。
ほら、病院で亡くなった人をいったん自宅に戻しますよね。

そのときご遺体を布団に入れて、ドライアイスで冷やしたりして火葬までの間、
保たせますよね。その後、布団は葬儀社が処分を依頼されることが多いらしいんですが、
その布団の一部が手に入っちゃったんですよ。
これは気味悪いけど、たしかに効果ありそうですよね。その布団は、
呪いを知ってるって子の手に渡され、その子が呪いの人形を作ってきたんです。
それが、てるてる坊主に適当な手足をくっつけたような白い人形で、
表面はシーツ、中には布団の綿が入っていて、それらを大雑把に格好を整えただけの
15cmくらいのものだったんです。顔の部分には、両方の目のところに、
黒いボタンが2つつけられていました。その子は、「見た目はアレだけど、
 中にわが家に伝わる秘伝を封じ込めてある。それも現代風にアレンジしたやつ」
って言ってました。私が「これ、どうするの? 針でも刺す?」

って聞いたら、「土に埋めて、恨みを込めて踏みつける」って。
でも、土なんて社内にはないし。そしたらその子は、人形を屋上に持っていき、
自分で用意したバケツ2杯分の土を、「地元の墓場のやつを送ってもらった」
って言って、上からかけました。その屋上の場所は、
給水塔のかげになっていて、まず人が立ち入らないところでした。
今はなくなっちゃったけど、少し前までは喫煙所があって、
いつも屋上へのドアは開いてたし、男性社員もよく来てたんです。
だから、そういう人の目に触れないようなところです。で、私たち女性社員7名で、
昼休みには毎日定期的に、あと、課長と嫌なことがあったときには
こっそり抜け出して、「ハゲ死ね」と言いながら、
人形を埋めた土を上からグリグリ踏んづけてたんですよ。

でも、こんなことをやってたら、タバコを吸いにきてる男性社員に変に思われますよね。
「何やってるの?」って聞かれたので、同じ課の人には、
「課長を呪ってる」って正直に言ったんです。そしたら男性社員も面白がって、
ガシガシ踏みつけるのに加わってきた人もいたんです。
これを3ヶ月続けました。でも、課長の様子に変わったところはなかったんです。
病気になるわけでもなし、精神的に落ち込むわけでもなし。
さらにイヤミに拍車がかかって。それで、人形をつくった子に、
「これ、ホントに効果あるの?」って言ったりしてた矢先です。
Aさんが久々に出社してきたんですが、見る影もないほどやつれていて、
退社して郷里に戻ることになったという挨拶と、業務の引き継ぎのために来たみたいでした。
課長は「フン、そうか」って、自分のせいなのに、すごくそっけない態度で、

それでますます私たちの怒りが高まって。人形をつくった子が、
帰ろうとするAさんを引き止めて、屋上に連れていき、事情を簡単に話して、
人形の土の上を踏ませたんです。Aさんは感情の消えたような態度で、
言われるままに弱々しく土を踏んで、そのまま帰っていきました。
翌朝です。私はまだ勤務年数が浅いので、早めに出社して茶碗洗いなどをしてるんですが、
課長のデスクの上に、あの人形がちょこんと乗ってたんです。
「え?」と思いました。誰かが持ってきてここに置いたんだろうか。
でも、人形は土まみれになってるはずなのに、白いままでしたし、
正面をこちらに向けたその顔には、ボタンでつけた目がついてなかったんです。
「どういうこと?」と思って近づいていくと、人形は一言、
「成就の日なり」って言って、ぱっと消えちゃったんです。

私の見間違いなのかとも思いましたが、それにしてもおかしいし、
人形をつくった子に、昼休み、そのことを話すと「それ、呪いが起きる前兆だよ。
 成就の日ってことは、午後からだよ、午後から課長に注目していて」って。
で、それとなく注意してたんです。外で昼食をとって戻ってきた課長は、
いつものように業界誌を広げたんですが、そのうちに目をシバシバしだして、
「痛たたた」って言いながら、片方の目を手でこすったんです。
そのとき、見ちゃったんですよ・・・部長の右目が、どろんと机に落ちるのを。
「うわ!」と思いました。課長は立ち上がり、「誰か、救急車呼んでくれ」って
通路をフラフラ歩き、その最中に、顔を押さえてた指の間から、
もう一つの目も床にどろんって。その目、課長は自分で踏んづけちゃったんですよね。
男性社員の誰かが救急車を呼んで、課長は運ばれていきましたが、

救急隊員に担架で運ばれる間、おいおい泣いてました。
目玉がなくなっても涙って出るものなんですねえ。ええ、課長は両眼失明です。
あと、脳にも何かのダメージがあるらしく、もう二度と会社に復帰することはないみたいです。
ザマミロですよね。あとは後日談なんですけど、課長のデスクの上には、
2個の黒いボタンが並んで置かれてたんです。それを、人形をつくった子が、
「大事な物だから」って回収し、屋上の人形も土から出しました。当然というか、
両目はなくなって、土の色がしみて真っ黒になってました。ええ、人形とボタンは、
その子が、お礼の祀りをするからって郷里に送ったみたいです。
それにしても、呪いってホントにあるもんなんですね。この世は怖いなって思いました。
あと、Aさんですが、郷里で立ち直って就職し結婚もしたそうです。
まあこんな話なんですよ。何か質問がありますでしょうか。






関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1969-49ff33ad
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する