FC2ブログ

「神智学」って何?

2019.05.29 (Wed)
今回はこういうお題でいきます。まあ、地味な話なんですが、
神智学が現代のオカルトに与えている影響って、きわめて大きいんです。
特にスピリチュアルとニュー・エイジ思想ですが、
その他にもいろいろあります。ですから、オカルト研究家としては、
これについて触れないわけにはいかないんですね。

あと、神智学という言葉はかなり古い時代からありますが、
ここで述べるのは、ブラヴァツキー夫人が創始したもののことです。
ブラヴァツキー夫人の著作は大著で、自分はなんとか読んだものの、
他の神智学関係の文献は膨大で、すべてにあたるのは無理なので、
間違いがあるかもしれません。それをまずお断りしておきます。

ブラヴァツキー夫人
dddddd (1)

さて、通称ブラヴァツキー夫人の本名は、ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー。
現ウクライナの生まれとされますが、前半生のことはよくわかっていません。
現在伝えられている内容は、はっきり言って荒唐無稽で、
とても信じようがないというのが実情です。世界各国を放浪していたのは
たしかと考えられ、そのときにさまざまな秘術を学んだとされます。

ブラヴァツキー夫人の名前が世に出たのは、アメリカにおいてです。
1874年、アメリカは心霊主義の真っ最中で、各地で降霊会が行われていて、
そこで霊媒師としてデビューしたんですね。ブラヴァツキー夫人は、
1831年生まれとされますので、このとき43歳ということになります。

アメリカの降霊会
dddddd (5)

ただ、ブラヴァツキー夫人は霊媒としての生活には満足してはいませんでした。
むしろ、その当時の心霊主義をくだらない、つまらないものと見ていた
ふしがあります。まあ、ぶっちゃけた話をすれば、多くの降霊会は
手品のショーのようなものでしたので、その考えは理解できます。

関連記事 『手のオカルト』

さて、ブラヴァツキー夫人の目は、心霊主義よりも、むしろ四大霊などの
古代エジプトの叡智に向いていました。そして、それらの研究のため、
1875年、「神智学協会 The Theosophical Society」を正式に創設。
1877年には、主著である『ヴェールを剥がれたイシス』を完成させます。

これは1000ページをこす膨大な内容で、読んだ方はわかると思いますが、
きわめて高い知性と教養が感じられ、夫人がただのインチキ霊媒ではないことは
すぐにわかります。ここで、ブラヴァツキー夫人は3つのものを強く批判します。
キリスト教、近代科学、それと心霊主義です。自分が世に出た
きっかけである心霊主義に対しても遠慮がないんですね。

まずキリスト教については、形骸化し硬直していると一蹴します。
教会は権威や権力ばかりを追い求め、もはや意味のないものになり下がった。
近代科学に対しては、物質のみを研究の対象とし、形のないもの
(霊)への探求がないがしろにされている、というわけです。
また、心霊主義の唱える霊魂と霊界の概念は、あまりに単純すぎる。

神智学協会のシンボルとモットー
dddddd (4)

さて、では、神智学とは何か、ここから簡単な説明をしていきます。
まず、神智学の「神」は、キリスト教の神のような人格神ではありません。
万物を司る根源的な原理であり、絶対的本質と説明されることが多いですね。
普遍的な宇宙の法則と言っていいかもしれません。

それから「智」の部分ですが、ここに神智学の最大の特徴があります。
神智学協会は「真理にまさる宗教はない」をスローガンに掲げており、
神智学運動とは、太古から伝承されてきた宇宙と人間の秘密を
明らかにするのが目的であり、宗教ではない文化運動であるとします。

このあたりは、キリスト教が、すべての中心を神に置いて動きが取れなくなって
しまったのを反面教師にしているのかもしれません。自分は、神智学運動には
大きな「智」の3本の柱があると見ています。一つはプラトン主義、
2つ目は進化論、3つ目がインド宗教に見られる輪廻思想です。

霊性進化論
dddddd (3)

プラトン主義の解釈は難しいですが、ここでは、知覚の対象でない、
物質ではないものでも実在するという考え方です。進化論については
当ブログで何度も書いていますが、この発表によってキリスト教の
権威が崩れ、心霊主義が登場してきたんですね。

神智学協会では、ダーウインの進化論を認めていました。
ここでブラヴァツキー夫人がすごかったのが、魂には別の形の進化が
あると主張したことです。かの有名な「霊性進化論」です。
ですが、人間の一生は長くてもせいぜい80年。
霊的に魂が進化すると言っても限界がありますよね。

そこで必然的に出てくるのが、輪廻の概念です。
輪廻はキリスト教では否定されていましたが、ブラヴァツキー夫人は、
アメリカからインドへ活動の中心を移した頃から、
インド宗教の輪廻思想への傾倒を深めていきます。

人間は宇宙の法則にしたがって何度も転生、輪廻する。
その過程で魂が磨かれ、霊的に進化していくという理解を得ました。
輪廻がくり返されるうちに魂が高次の段階へと進み、
やがては宇宙の本質である「神」に近い存在になれるとしたんです。

インドのブラヴァツキー夫人
dddddd (2)

さてさて、この後、ブラヴァツキー夫人は、その神秘性がトリックである
とする騒動にまき込まれ、インド国内では詐欺師であるという認識が広まり、
インドを脱出してロンドンに住み、やはり主著の一つである
『シークレット・ドクトリン』を完成させて、1891年、60歳で亡くなります。

まあ、ブラヴァツキー夫人がちょくちょくインチキ手品をやっていたのは
確かなんですが、それは心霊主義の霊媒時代に身につけたものでしょう。
ともかく、彼女が創設した神智学は、シュタイナー教育や現代占星術、
アメリカのニューエイジ思想に多大な影響を与え、
現在でもオカルトの本流にあるんですね。では、今回はこのへんで。

関連記事 『ニューエイジって何?』

dddddd (1)




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/1999-6459e1f0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する