FC2ブログ

懐手3人衆の話

2019.05.31 (Fri)
cccc (3)
和服での「懐手」ポーズ

今回はこういうお題でいきます。だた、最後のほうに少しだけ
出てはきますが、あんまりオカルトとは関係ない内容なので、
スルーされたほうがいいかもしれません。さて、懐手というと、
基本的に和服のときにやりますよね。上の画像のように両腕を袖から出さず、
懐の中に入れておくことです。

当然、和服にはポケットがありませんし、懐に手を入れていると暖かく
楽です。「懐手をする」という慣用句にもなっていて、
「人にまかせて、何もしないこと」という意味で使われます。
で、和服の場合はいいんですが、洋服で懐手をするのは難しいですよね。

スーツの合わせ目やチョッキの中に、無理やり手を突っ込まないと
いけません。ですが、肖像画がその懐手ポーズで有名な人物がいます。
ナポレオン・ボナパルトその人です。ナポレオンの名前は
みなさんご存知でしょうが、具体的な業績をくわしく知ってる人は
少ないんじゃないでしょうか。

フランス革命により大混乱に陥ったフランス国内を収拾して
独裁政権を築き、ナポレオン戦争を引き起こして、イギリスをのぞく
ヨーロッパの大部分を影響下に置きました。しかしながら、
最終的に対仏大同盟との戦いに敗北し、流刑地のイギリス領
セントヘレナで亡くなっています。

アルプス越えをするナポレオンの勇姿
cccc (5)

ナポレオンの評価については毀誉褒貶がありますが、フランス第一帝政の
皇帝に即位したことを批判されることが多いんじゃないでしょうか。
せっかく革命でルイ16世ら王族を処刑したのに、
自分がそれにとってかわるように、絶対的な権力の座についたわけですから。

ベートーベンの「交響曲第3番 英雄」は、ナポレオンへの共感から、
ナポレオンを讃える曲として作曲されました。ですが、完成後まもなく
ナポレオンが皇帝に即位し、その知らせに激怒したベートーヴェンは、
「やつも俗物に過ぎなかったか」とナポレオンへの献辞の書かれた表紙を
破り捨てた、というエピソードがよく知られています。

さて、下図がその肖像画です。無理やりチョッキの中に手を突っ込んで
いるのがわかります。なんでナポレオンはこういうポーズをとっているのか。
まあ、正確なことはわからないんですが、一説には、
ストレス性胃炎を患っていたため、自分の胃を押さえているとされます。

cccc (2)

たしかにいろいろ心労はあったと思いますし、それは政治・軍事面だけ
ではなく、私生活でも妻のジョゼフィーヌの浪費と浮気に悩まされていたので、
胃炎説はぜったいありえないとは言えないと思います。
ナポレオンは1821年、セントヘレナ島で亡くなりますが、その死因は
胃癌であったと、遺体を返還されたフランス政府から公式に発表されています。

さて、懐手の人物の2人目は、坂本龍馬です。下図は高知県桂浜にある銅像で、
右手を懐に入れた写真をもとに作られています。ただ、和服の懐手というのは、
最初の三船敏郎の画像のような形で、竜馬のはちょっと違います。
で、この懐手について4つの説があるんですね。

cccc (1)

① 懐にピストルを入れていて、いつでも抜けるようにしている。
② 懐には「万国公法」が入っており、竜馬の開明的な性格を象徴している。
③ 寺田屋で手に深手を負っており、その傷をかばっているうちに癖になった。
④ 竜馬はフランス革命について勉強し、ナポレオンを尊敬していたから。

まあ、この中で最も言われているのは③でしょうね。
寺田屋で竜馬は幕府の捕り方2人を射殺し、数名に傷を負わせていますが、
そのときに刀をピストルで払ったため、両手の親指を負傷しています。
ただ、もう一つ、これについての⑤のオカルト説があるんです。

懐手の最後の人物は、伊藤博文です。日本の初代総理大臣として有名ですね。
前の2人のように肖像や写真には残っていませんが、
洋装でも懐手をするのを好んでいたという話があります。これについては、
ナポレオンを尊敬していたためポーズを真似ている、と言われることが多いですね。

cccc (4)

で、この3名、共通点があります。坂本龍馬、伊藤博文は暗殺されていますし、
ナポレオンも暗殺説が出ています。竜馬は中岡慎太郎と京都近江屋に滞在中、
刺客に襲われて即死。犯人は諸説あるんですが、京都見廻組の手による
というのが通説になっています。また伊藤は、ハルビン駅で、
大韓帝国の民族運動家、テロリストの安重根によって射殺されました。

ナポレオンについては、前述したように、死因は病死が公式なんですが、
後年、その頭髪を分析した結果、ヒ素が発見されたことから、
彼を幽閉していたイギリスの手によって暗殺されたという説も根強く
ささやかれています。これはナポレオン本人が臨終に際して、
「私はイギリスに暗殺されたのだ」と述べたことも大きんですね。

関連記事 『歴史を変えた重金属』

さてさて、ここからはオカルト話になります。それは、
この3人、じつは秘密結社フリーメーソンのメンバーだったというものです。
フリーメーソンは、16世紀後半に結成された実体のよくわからない友愛結社で、
その勢力を世界中に拡大し、有力な人物を多数抱えて、世界の歴史を
裏から操っているなどとも言われます。まあ、オカルト陰謀論の一つです。

フリーメーソンのシンボル
cccc (1)

で、フリーメーソンには、他の結社員にわかるように決まったポースがあり、
それが懐手だったというんです(笑) 。みなさんはどうお思いに
なりますでしょうか。「そんなバカな」というのは正常な反応で、
この3人について、メーソンのメンバーであった証拠は一切ないんですが、
話としてはなかなか面白いと思いませんか。では、今回はこのへんで。






関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2004-3a22b973
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する