FC2ブログ

医療のオカルト

2019.09.25 (Wed)


今回はこういうお題でいきます。けっこう書くことがありそうですが、
まとまらない内容になりそうな気もします。
病院というのは、学校と並んで怪談の舞台としてよく使われます。
自分も、いわゆる「病院の怪談」をいくつか書いています。

学校も病院も人が集まって生活する場ですが、大きな違いは、
学校はふつう夜になると家に帰るのに対し、病院は入院患者がいます。
それと、当然ですが、病院では死がひじょうに身近なものとして
存在していることでしょう。ですから、怪談としての内容も、
学校の場合よりも深刻なものになることが多いですね。

自分の体で薬草を見分けたという中国の神農
sffv (4)

自分は3年前、大きな病気をして入院・手術をしましたが、
まず病院にいるだけで気が滅入ります。こう言うとなんですが、
まわりが高齢者だらけなんですね。それは病室だけではなく、
売店などに下りていったときに見る外来患者も同じです。
少子高齢化社会というのが実感できてしまうんです。

自分は死を意識せざるをえない病気で、手術もかなり危険のある
ものでしたので、毎日不安で夜もよく眠れませんでした。
あるとき夜中に、病棟の廊下をコツコツと早足で歩く音がして、
病室の入口の前を過ぎるとき、「死んでるなんてバカな」
という小さな声が聞こえたんです。

医学の祖とされるピポクラテス
sffv (6)

おそらく、夜間の定時見回りに出た看護師が、患者がベッドで
死亡しているのを発見し当直の医師に知らせ、確認しに足早に
向かってるとこだったんでしょう。この短い言葉を耳にしたときは、
心底ゾーッとしました。心霊など以前の問題として、
自分の死が身近にあるというのは怖いものです。

さて、医療は洋の東西にかかわらず、古くから行われてきました。
怪我をしたときの血止めや傷の縫合、骨折に添え木をあてるなどの
手当てもありましたが、やはり薬学の発達が早かったようです。
古代エジプトでは、紀元前1550年頃と推定されている
パピルス文書に、約700種の薬品名が出ていますし、

古代ギリシアの、医学の祖と言われるヒポクラテスは、
400種の薬を使用したとされています。古代中国では、伝説上の
皇帝である神農が、薬となる植物を判別して人間に与えたと言われます。
紀元前後には、中国最初の本草学の書、『神農本草経』が
編纂されたと考えられています。

蒲の穂で白兎を癒やす大国主命
sffv (1)

日本では、『古事記』に、大国主命の有名な因幡の白兎の話が
出ていますね。ウサギがサメを騙して海を渡ろうとし全身の皮を
はがれたのを、大国主命は「真水で体を洗ってから、蒲の穂を
体にまぶしなさい」とアドバイスします。蒲の花粉には、
実際に止血・鎮痛の効果があるようです。

また、後に大国主命自身が兄の神たちの恨みを買って、焼けた大岩を
抱かせられ全身に火傷を負った際には、母親の神が、赤貝の粉を削り、
はまぐりの汁と混ぜたものを大国主命の体に塗り、命を救っています。
古代には火傷の薬と考えられていたようですが、
どのくらい効き目があるのかはよくわからないですね。

温泉の神でもある大国主命
sffv (2)

大国主命はまた、少彦名神と国々を巡り、『出雲国風土記』には、
人間の寿命が短いのを哀れんで、各地で温泉を掘り、
「温泉の術」を定めたと出てきています。大国主は医療とともに
温泉の神でもあるとされ、現在でも温泉地では大国主命を
祀ってるところが多いんです。

こうして、経験則による薬草の知識はそれなりに深まっていったんですが、
人体そのものの仕組みは長い間わからず、治療には限界がありました。
杉田玄白らが腑分け(解剖)を行ったのは、江戸後期に入る1771年の
ことです。その結果、玄白はオランダ語医学書の正確さに驚くとともに、

五臓六腑は陰陽五行説からきたもの
sffv (3)

それまで日本の医師に伝えられてきた五臓六腑が、いかに間違いだらけ
だったかを痛感することになります。ですから、薬草だけでは多くの
病気は治らず、医療は呪術と結びつくことになります。
清少納言の『枕草子』の「にくきもの」という段には、

「急に病気で苦しむ人が出たので修験者を探したが、いつもの場所に
おらず、あちこち探し歩いてやっと来てもらった。さっそく祈祷を
始めたが、たくさん物の怪を祓って疲れ切っているのか、
すぐに声が眠たげなものになったのは癪に障る」と出てきます。

84歳と、当時としては長生きだった杉田玄白
sffv (8)

平安時代の中期頃でも、医療の現状はこんなものだったんですね。
当時は、天皇が病気になると、有名各寺院が加持祈祷を行って
平癒を願ったんですが、当然、亡くなる天皇はそのまま亡くなりますし、
武士や庶民には、医療はないも同然だったんだと思います。

病気になったらありがたい護符をいただいてきて飲む。そういうことが
江戸時代まで続きましたし、昭和でも戦後すぐのあたりまでは
町々に拝み屋がいて、子どもの疳の虫をとるなどのことをしていました。
また、医療は病気の治療だけではありませんが、疫病の流行時には予防
として、門口に鍾馗様や牛頭天王の札を貼ったりしてたんですね。

疫病除けの鍾馗図
sffv (7)

さてさて、ということで、医療と呪術は長く深い結びつきがあります。
ですから、疑似医療行為はいつまでたってもなくなりませんし、
ネット上には、「末期からの生還、私は奇跡を体感した」などの
惹句があふれています。みなさんもお気をつけください。
では、今回はこのへんで。

関連記事 『科挙と4人の人物』 『疫病神としてのスサノオ』 『看護師の話 3題』

sffv (5)




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2148-2aefb284
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する