FC2ブログ

耳のオカルト

2019.09.30 (Mon)
rgr (3)

今回はこういうお題でいきます。耳なんかで記事が1本書けるのか、
自分もかなり疑問がありますが、どうなることでしょうか。
前に、「音のオカルト」という項を書いてますので、
それとかぶらない内容にしようとは思うんですが、これもどうだか。

うーん、耳ね。「耳から白い糸」という都市伝説がありますよね。
ピアスの穴を自分で耳たぶに開けようとしたところ、
中から白い糸が出てきたので、引っぱって切ったら、急に周囲が
真っ暗になり、そのときにはすでに失明してしまっていた。

rgr (5)

・・・さすがにありえない話でしょう。そもそも耳に視神経は
通ってないですし、視神経は一般的な糸よりもずっと太いんです。
あと、血糖値測定のために耳たぶから少量採血したりしますよね。
もし耳たぶにそんな危険があるなら、
ああいう医療行為は行われないはずですよねえ。

余談ですが、自分は10年ほど前に仕事で「霊術」の治療家を取材
したことがあります。その人は資格を持った鍼灸師とは違って、
先が曲がったフニャフニャの針を使うんです。あまりに細いので、
刺されてもほとんど痛みを感じず、体内に入っていきます。

治療の様子を見せてもらったんですが、その針を患者の首筋に
ちくりと当て、くいっと手首を返すと、透明に近い釣糸のようなのが
針に絡まって引っぱり出されてきました。
治療家は、「これが肩の凝りのもとになってる古い神経線維です。
切ってやれば楽になります」と言って、プチッと切ったんです。

rgr (4)

これは不思議でしたね。でも、そんなことがあるはずはない。
事務所に戻って考えてみたら、トリックはわかったような気がします。
針に一種の接着剤をあらかじめ少量つけておいて、
肩に刺して引くと、接着剤が糸を引くんだろうと思いました。
まあ、証拠があるわけではないですけど。

さて、耳のオカルトというと他にどんなものがあるでしょうか。
「福耳」というのがあるかな。耳たぶの肉が厚く、
下に垂れ下がっている場合にそう言われることが多いですね。
金運に恵まれ福運があるとされています。
大黒様、恵比寿様はどちらも福耳の相をしています。

福耳 布袋様でしょうか?
rgr (2)

これはもともと、仏教のお釈迦様の姿からきてるんだろうと思います。
「釈迦三十二相 八十種好」と言って、普通の人とは異なる32の
大きな体の特徴があり、さらに80の部分に違いがある。
福耳はその一つです。これも余談ですが、お釈迦様の頭の天辺が
盛り上がってるのは髪型ではなく、あの中に肉が詰まってるんです。

これを肉髻(にくけい)と言いますし、尊勝仏頂とも言います。
なぜ盛り上がってるかというと、その霊験で、あらゆる罪業、
障害などを粉砕する力を持っているからとされます。
この肉髻をほめたたえたお経が「尊勝陀羅尼経」。これを唱える
ことで百鬼夜行から逃れられた話が、『今昔物語』に出ています。

rgr (1)

さて、アフリカのある部族では、耳には勇気や叡智が宿っているとされ、
幼い頃に穴を開け、そこに木の輪っかなどをはめ込んで
どんどん大きくしていく風習があります。
みなさんも写真をご覧になったことがあるんじゃないでしょうか。

また、別の部族では下唇に穴を開けて大きくしたり、
体中に盛り上がった火傷の痕をつくったりもします。
まあ、呪術的な意味合いもあるのかもしれませんが、美の基準は、
時と場所によって代わってくるという好例ですね。

アフリカ人女性
rgr (7)

さて、耳のオカルト、ここからは嫌な話になります。
耳の穴からゴキブリその他の虫が入っていったという事例は、
アメリカ、中国、インド、世界中にあります。まあ、生き物のほとんど
いない極寒の地なら大丈夫かもしれませんが。耳に虫が入った場合、
光をあてるとそれに向かって出てくるといった説もあるものの、

走光性のある虫ばかりではないし、効果は薄いそうです。
また、水や油を入れるのも危険。もし虫が中で死に腐敗した場合、
感染症を起こして命にかかわる可能性もあります。すぐ専門医に行くのが
一番いいでしょう。でもこれ、寝てる間に入ってくるのは防ぎようが
ないですよね。このためだけに耳栓をして寝るのもちょっと。

rgr (6)

さてさて、ということで、雑多な話題をご紹介してきましたが、最後に
少し学術的な話を。耳垢には湿性と乾性があるのはご存知でしょうか。
これはメンデル遺伝をするため、はっきりと出ます。湿った耳垢は顕性、
乾いた耳垢は潜性。日本人全体では、湿性耳垢の割合は少数、
乾性耳垢が多数となっています。

湿った耳垢の人は体質的に体臭が強い傾向にあり、これは生理学的に
間違いはありません。日本人では湿性耳垢の人は約16%。
ちなみに白人の90%が湿性、黒人はほぼ100%湿性。
長崎大学の研究では、耳垢が湿性か乾性かは
遺伝子一ヶ所だけの違いなんだそうです。

で、北海道や沖縄に湿性耳垢の人が多いのは、日本にはもともと
湿性耳垢の縄文人が居住しており、やがて九州から本州に
乾性耳垢の弥生人が流入し、それが北海道などには及ばなかったために
残っていると説明されることが多いですね。でも、そんな単純なものでも
ないだろうと自分は思います。では、今回はこのへんで。

関連記事 『音のオカルト』  『目のオカルト』

rgr (1)



関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2153-712347dd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する