FC2ブログ

ある駅の話

2019.11.20 (Wed)
鉄道関連会社職員 安田貞一さんの話
あ、どうも、〇〇駅で駅務係をしてる安田といいます。よろしく
お願いします。駅務係というのは駅員とは違って、電鉄の子会社の
社員なんです。まあ簡単に言えば、駅構内の清掃が仕事で、
僕は複数のホームを担当してます。ここの駅は中心部から外れてて、
通勤ラッシュ時でもそう混雑することはありません。
それ以外の時間は乗客もパラパラで、その分汚れることは少ないし、
のんびりしています。交代制で定時に帰れますし、
給料は多くありませんが、いい仕事についたなあと思ってたんです。
それが、ここ1ヶ月で3件、そこのホームで飛び込み自殺があったんです。
いや、ここで勤務してもう15年になるんですが、
それまでは1度も自殺に遭遇したことなんてなかったのに。

最初が女性、次が男性、そしてまた女性でした。
新聞とかに出たわけじゃないので詳しいことはわかりませんが、
みな若い人だったはずです。時刻は3人とも同じで、
夕方の4時半ころ、飛び込んだ場所も、4番線のホームと同じ。
乗客が増える少し前の時間帯です。え、その3人に関係があるかって?
いや、僕にはわかりません。もしかしたら警察のほうでは
調査したりしてるのかもしれませんけど。3件とも僕の勤務時間帯
だったんですが、はじめの2件は他のホームに出てて目撃してないんです。
じかに見てしまったのは、最後の女性のときだけです。
それが、なんとも異様な状況で・・・ はい、そのときのことを
これから話していきたいと思います。

◯◯駅から出てすぐの交差点脇に、ええとたしか5階建てのビルがあって、
1階がコンビニ、2~4階までが英会話スクールになってるんです。
ほら、ひところ「駅前留学」なんてCMが出てたでしょう。
でも、ああいうのって言語教師とかの資格を持ってないただの外人さんを
講師にしてたりするでしょ。そういう内情がわかってきたせいか、
あんまり生徒さんも多くないように思いました。
それとね、これは仕事仲間から聞いたんですが、その英会話スクールの
チェーン、なんとかっていう新興宗教団体が母体になってるってことで。
それは確かだと思います。僕もね、そのコンビニに行ったとき、
横の階段から白い・・・なんていうんですかね、ギリシア風のひらひらした
衣装をつけた外人の男女が降りてきたのを見てるんです。

考えてみれば怖い話ですよね。英語の勉強をするつもりだったのが、
いつの間にか信者に取り込まれてたりとか。あ、それで、
なんでこの話をしたかっていうと、僕が目撃した飛び込み自殺と関係が
あるんじゃないかって思うんです。そのときは・・・ホームのゴミ箱の
ゴミを回収してました。そしたら4番線のホームの終りに近いとこの
ベンチに、すごく大柄な男性が座ってたんです。ライオンのような金髪で、
ひと目で外国人ってわかりました。服は茶色いスーツで白い杖を携えてました。
で、その前に若い女の人がいたんです。25歳くらいですかねえ。
水商売風の服装をしてたので、これから夜の街に出勤するとこだったん
じゃないかと思います。その2人、知り合いとかじゃないと思いますよ。
話とかしないし、顔も合わせなかったですから。

ベンチに座った外国人の前に、その女性が3mくらい離れて立ってて、
快速が入ってくるアナウンスがありました。そしたら、外国人は
座ったままで杖を槍みたいに前に構えたんです。ちょうど女の人の
背中に向くようにして。で、その杖をちょんちょんと動かしたら、
女の人の体がガクッと腰を折ったんです。立ったまま深いおじぎをしたみたく。
「えっ?」と思いましたよ。外国人が杖を少し動かすと女の人の体が
ガクガク揺れ、もう電車がそこまで来たとき、ズーンと杖を押し込むようにして。
そしたら、立ってた女の人がトットッという感じでホームの先に
走り出ていって線路にふわっと・・・飛び込んじゃったんです。あの、
杖で押したとかじゃないんですよ。さっき言ったように3mは離れてたのが、
超能力みたいに女の人が飛び込んじゃって・・・

犯罪なんでしょうか、よくわかりませんでした。直接手をふれたわけじゃないし。      
乗客は他に10人はいましたけど、ホームの階段に近いほうで、
見てたのは僕だけだと思います。電車はかなり先までいって停止し、
ああ、助からないだろうなって思いました。それでね、外国人がゆっくり
立ち上がって僕のほうを向いたんですが、その目が両方とも真っ白だったんです。
はい、盲人で、そのための杖だったんです。立ち上がった外国人は背が高く、
僕の頭が肩ぐらいでした。外国人は杖を突きながら僕のほうに近づいてきて
にやっと笑い、何かされるんじゃないかと思いましたが、
そのまますれ違っていったんです。それで、鉄道警察とかから目撃証言を
求められたときに、このことは話しました。けど、どこまで
信じてもらえたかはわかりません。まあ、こんな話なんです。

△△電鉄 保線技術員 三沢光輝さんの話
さっそく話していきます。今、出ていた安田さんと同じ◯◯駅に勤務してます。
保線技術員をしてて、ようするに線路の点検をし、定期的に
部品を交換したりする仕事なんですが、線路上にある異物も処理しなくちゃ
いけないんです。はい、自殺者の遺体なんかも。安田さんがおっしゃってたように、
その◯◯駅では、それまで自殺はなかったんですが、僕が前にいた路線区では
けっこう頻繁に自殺がありました。自殺者の遺体は、線路に飛び込んだときの
状況や角度、あと電車のスピードとかの関係で、いろんなケースがあります。
まず、電車のフロントガラスにあたって中に飛び込んじゃう場合。
これ、JRでも話題になったけど、助かることがあるんですよ。
僕もね、窓にささったままの人と会話したことがあります。それから、
大きく跳ね飛ばされて体全体が遠くに落ちる場合。

それだと生きてられませんが、遺体の損傷はそこまで大きくはありません。
ひどいのが、線路に落ちてから電車が来て轢かれる場合で、
それでもね、車体の下にもぐり込むと、まあいくつかに分断はされますが、
顔が判別できて身元確認につながることもあります。
一番むごいのは、遺体が車輪に巻き込まれてしまったときですね。
まさに細切れのバラ肉状態で、よく言われるように焼肉の臭いがします。
それをすべて拾い集めなくちゃなりませんから、これは嫌ですよ。
最初に処理したときは吐きそうになりました。あとね、電車の車両下の
各部にも遺体の一部がこびりつくんですが、その回収は僕らじゃなく、
車両整備部がやります。ああ、すみませんね、気持ちの悪い話をしてしまって。
ここのみなさんはそういうことに慣れてると聞いたもので。

それで、3人の自殺者のうち、最初の女性、2番めの男性は跳ね飛ばされた
形でしたので、遺体はほぼ回収できたんです。ところが、3人目の女性は
電車の下部に体がもぐり込んでしまって。幸い、車輪には巻き込まれず、
下半身と右腕は見つかりました。ですが、頭から肩にかけてと左腕が
出てこない。肉片とかも落ちてなかったんです。このことは
車両整備部にも伝えたため、向こうでも念入りに調べたはずですが、
どこかにはさまってたというわけでもない。不思議ですよね。
それで、自殺から3日後の早朝、始発の前に保線作業してました。
〇〇駅を出て200mほどいったとこですかねえ。
線路上に何か異物があったんです。30cmよりちょっと大きいくらいの
赤黒いもの。自力で動いてるように見えたんで、生き物かと思いました。

これもね、よくあるんです。線路に犬や狸なんかが入り込んではねられるのが。
傷を負った猫かなにかだろうかと思って近づいてくと、
まだ薄暗いのではっきりしなかったですけど、上向きに人の顔のようなのが
ついてたんです。「うわ!」と思いながら懐中電灯を向けました。
・・・なんと言ったらいいんですかねえ。大きな太い腸詰めに顔、それと
人間の腕を一本つけたのが、ゆっくりと這ってたんです。ありえない、
と思い、体が動かなくなりました。それは、光を感じたせいなのか動きを速め、
線路脇の鉄柵に近づいて・・・するとそこに、すごく大きな人が立ってたんです。
さっき安田さんが話した外国人じゃないかと思います。外国人はそれを
拾い上げると、鉄柵の向こうにいた白いトーガを着た人たちに、柵ごしに手渡し、
自分は鉄柵を乗り越えて、停まってた車でどこかに去ってったんです。

zairai mihari




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2225-691e90eb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する