FC2ブログ

怖い話のギミック

2019.11.27 (Wed)
njhuy (2)

今回はこういうお題でいきます。ひさびさの怪談論ですね。
途中で中断もありましたが、早いもので、このブログを始めてから
6年が経過し、その間に書いた話は1000話を超えています。
まあ、中には怪談ではないバカ話もあるんですが。

現在は、怖い話を書くペースは3日に1回にしてますが、
毎日書いていたときはほんとうに大変でした。ほんのちょっとした
アイデアを無理くりふくらませて一つの話にしあげるんですが、
今読み返してみれば、あんまり出来はよくないですね。
現在のペースがちょうどいいのかもしれません。

最初に怖い話を書き始めた頃は、アイデアはいっぱい持ってました。
あれも書きたい、このシーンを文章化してみたい、そうい意欲に
あふれていて、自分ながら話の出来もいいと思います。
でもさすがに、1000以上も書いてくると、
なかなか、これはというアイデアは出てこないんですよね。

njhuy (6)

じゃあどうするかというと、これまでオカルト研究でため込んだ
パーツをあれこれ持ってきて、プラモデルをつくるみたいにして
話を組み立てていきます。このパーツにあたるものを、
自分はギミックと呼んでますが、正式な用語とかではありません。

具体的にどのようにしているかは、最近書いた怖い話を例にとって
説明していきたいと思います。まず、直近の「ある老人の家の話」。
この中核となるアイデアは、「ある家に何かが封印されていて、
家を守ってる老人が亡くなってそれが出てきた」
たったこれだけです。なんか申しわけないようなもんです。

関連記事 『ある老人の家の話』

その封印されたものは何か? また、どういう理由で祟っているのか?
これらについては説明されないので、最後までわからないままです。
実話怪談が便利なのは、ある人物の視点から見たことをそのまま
書くため、その人物が知りえない情報は不明のままなんですね。

これがもし、SFやミステリの作品だったら、ショートショートで
あっても最後に種明かしというか、つじつま合わせをしなくては     
なりませんが、実話怪談ではその必要がありません。
あと、この話は。計5名の人物が登場して体験を語る形ですが、
それらの話を総合しても、やはり全体像はつかめない。

njhuy (5)

さて、まずギミックの一つめですが、「◯◯神社」の存在です。
問題の家から直線上にあるその神社は、その家を封印するために創建
されたと思われます。おそらく他に3つある神社もそうでしょう。
そして地域の子どもが参加する夏祭りも、やはり封印し続ける
ための儀式だろうという気がします。

でも、その家にあるもののパワーは年々高まっているのか、
正田老人は宅配で全国の神社から御札を取り寄せています。
はい、出ました。二つめのギミックは「御札」。
これが結末にもつながってるんですね。その家から出たものの
犠牲者の口の中に御札が入っていて、オチがつきます。

njhuy (4)

この他のギミックとしては、「川」 「蚊柱」 「自動開閉する鉄の門」
「地域に古くから住んでいる氏子たち」などがあります。
だいたい話の構造が見えましたでしょうか。
次に、その前に書いた「黒い羊の話」をみてみましょう。

関連記事 『黒い羊の話』

この話のアイデアは、前にニュース記事で、「ホームレスに暴力団が
住居を世話し、申請した生活保護費を搾取している」という内容を
読んだところからです。それをふくらませ、「住居を提供された
ホームレスが月に一人ずつ、おそらくは臓器移植関連の犠牲者に
なっている」という筋を考えました。



その陰謀を行う主体は暴力団でもいいんですが、より禍々しい
感を出すために「教会」ということにしました。ただし、
ちゃんとしたキリスト教の宗派ではないようです。
これがギミックの一つめですね。で、一つギミックが決まったら、
なるべくそれに関連したものを集めていきます。

くじ引きで使われるカードの当たりになっている「黒い羊の印」。
ストレイ・シープという言葉がありますね。迷える羊と訳され、
イエス・キリストが大衆への説教のときに言った言葉とされます。
また、羊はキリスト教以前には生贄にも使われていました。

修道院のハーブ・リキュール
njhuy (3)

それと「ハーブ」ですね。ホラー映画の古典『ローズマリーの赤ちゃん』
では、主人公に悪魔の赤ちゃんを産ませようとするマンション住人たちに
よって、食品にアニスが入れられていました。ハーブはキリスト教と
深い関連があり、ヨーロッパの修道院でつくられるリキュール酒には、
独自に調合した秘密製法のハーブが入っていますし、

魔城の宴とされるサバトにおいても、ハーブを使用して幻覚症状を
起こしていたと言われます。このハーブはおそらく、入居者たちの
内臓を良好な状態に保つためのものでしょう。アパート内が
禁酒禁煙なのも関係があると思われます。で、最後のオチで
主人公が黒い羊に腹の中を食われる夢を見てネタバレになる。

さてさて、ということで、2つの話からギミックをみていただきました。
ここで大切なのは、ギミックには統一感を持たせることです。
神道なら神道、キリスト教ならそれに関係したものということで、
何でもかんでもぶっこんでいいわけではありません。
何かの参考になりましたでしょうか。では、今回はこのへんで。

njhuy (1)




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2234-edd571df
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する