FC2ブログ

当ブログの記事について

2019.12.09 (Mon)


今回はこういうお題でいきます。まあ、雑記ですね。
あんまり面白い内容にはならないと思いますが、最近このブログを
ご覧になり始めたという方には、だいたいの記事のコンセプトが
わかっていいかもしれません。

・怖い話とナンセンス話
どちらも基本的には自分の創作です。中には聞き取り取材をして書いた
ものもありますが、それは10話にも満たないですね。
怖い話の場合、「創作は興味ない」という方も多いですので、
このブログを始めるときに、創作と明言するかどうか迷ったんですが、
「創作怪談のブログ」でやっていくことにしました。

これにはいろんな理由があります。一番大きいのは、話の自由度を
高めたいということです。逆に言えば「実話怪談」はやはり不自由
なんですよね。まず第一に、現実感、リアリティを重視しなくては
なりません。本当にあっても不思議ではないような内容に
する必要がありますが、それを何十話、何百話と続けるのは難しい。

怖い話を書くのは自分の趣味なので、あまりガチガチの制約の中で
書くのは面白くない、ということもあります。最初から創作と
しておけば、非現実的な話やファンタジー的な話など、
書く内容の自由度が高まり、バラエティが広がります。

それと、これは前にも書きましたが、人がどんな話を怖いと思うかは
けっこうバラバラなんです。ある人が「すごい怖かった」という話が、
別の人は「何これ、嘘くさい」という感想になることも珍しくは
ありません。そこで、できるだけいろんなタイプの話を混ぜて
書いていこうと考えたんですね。

あと、前は毎日怖い話を書いてたんですが、やはり無理があって、
どんどんレベルが落ちていくのが自分でもわかりました。
現在は3日に1話のペースで、これくらいがちょうどいい気がします。
みなさんの中には、もしかしたら間は飛ばして怖い話だけ読む、
という方もおられるかもしれませんが、それでぜんぜんかまいません。



最近の傾向として、どうも内容をひねって話術のテクニックを使った
ものが多くなっている気がして、少し反省しています。
もう少しストレートに怖さを追求したものに軌道を修正して
いきたいと考えてるんですが、どうなりますことやら。

・怖い歴史系の記事
自分で言うのもなんですが、自分は歴史系はけっこう詳しいです。
じつは歴史雑誌に原稿を書いたりもしてるんです。ただこれ、
あまりに専門的になりすぎると、怪談の読者の方はついて
これないんですよね。歴史上の出来事の中でも、謎と不思議あるものを
取り上げてはいるんですが、せまい小路に入っていかないよう
気をつけたいと思ってます。

・科学ニュース系の記事
自分は物理学や生命科学に個人的に興味を持っていて、あと、
本業は占星術師ですので、宇宙論は積極的に取り上げて
いきたいと思ってます。ただ、やはり専門ではないので、なるべく
正確に書くようにはしてるものの、大きな間違いなんかも
あるかもしれません。そのつもりでお読みください。

・妖怪談義
このジャンルは最近さぼってます。理由ははっきりしていて、
読み解きやすい妖怪のほとんどを取り上げてしまったので、
残ってるのは専門の妖怪研究家でも首をひねるような難物
ばかりなんです。まあでも、機会があれば再開したいと考えてます。

・UMA談義
これもねえ、UMAは大好きなんですが、UFOともども世間様に
取り上げられること自体が少なくなりましたよねえ。自分が
子どもの頃は「世界のUMA」みたいな本がたくさん出てたんですが、
今は書店に行っても見かけることが少なくなりました。
コンビニ本ではまだあるみたいですが。

オカルトフアンとしては残念ではありますが、いっぽうでは、
地上波テレビの2時間特番で、UFOやUMAが取り上げられていた時代の
ほうが異常だったのかな、とも思います。UFOのほうは海外では
それなりに盛り上がってるものの、日本は話題がないですね。

・オカルト論
最近力を入れているのがこのジャンルです。「◯◯のオカルト」
という題の記事をかなり書きました。何でこれをやってるかというと、
現代の日常生活の中に、どのくらいオカルト由来のものが
まぎれ込んでいるかを明らかにしたいと思うからです。

「オカルトなんて全部ウソだろ」 「そんなことは科学的にありえない」
こう言ってオカルトを否定する人は世の中に多いんですが、
でも、その人の行動を見てると、自分では意識しないまま、
オカルトや迷信と呼ばれることをけっこうやってるんですよね。
比較宗教論みたいなのもこのジャンルに入ります。

あとは、実際に新聞等で取り上げられたオカルト事件、オカルト本の
感想、ホラー映画の感想などもやってますが、映画については、
自分の本業の一部でもありますので、このブログではあまり詳しくは
ふれられないんす。そこのところはご理解ください。

さてさて、ということで、当ブログでやっている内容をざっと
ご紹介しました。これは自分の趣味ですので、読んでいただいている
みなさんには大変感謝しています。いつまで続けられるかは
わかりませんが、今後ともよろしくお願いします。





関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2249-dabee610
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する