FC2ブログ

イカのオカルト

2019.12.22 (Sun)
bzzgbbz (9)

今回はこういうお題でいきます。どっちかといえばUMA系の内容に
なるかもしれません。さて、自分は趣味で海水魚飼育をしていますが、
イカを飼ったことはありません。アクアリウム仲間でも、
イカを飼ってる人はほとんどいないんですが、
これにはいろいろ理由があります。

まず、イカの寿命が短いことで、ほとんどの種類が寿命1年以内と
言われています。アオリイカなんかは50cm以上になるので、
ちょっと信じがたいんですが、ひじょうに成長が早いんですね。
餌を食べれば、食べた分だけ大きくなります。

有名な画像 フェイクであることが判明しています
bzzgbbz (3)

それと、餌付けが難しいことです。基本的に生き餌しか食べない
と思われ、小魚などを用意するのが大変。あと、デリケートな
生物なので、水槽のガラスにぶつかっただけで死んでしまうという
こともあるようです。この対策として、市場などで飼っているイカは、
円形の生簀に入れて水流をつけたりしていますね。

水族館で展示している場合も、死んだらすぐに補充するという形で、
同じ個体を長期飼育しているわけではありません。
さて、イカのオカルトというと、やはりダイオウイカ関係が
まずあげられるでしょう。未確認生物ではありませんが、
巨体なのに生態がよくわかっていません。

水中のダイオウイカ 目が怖い
bzzgbbz (8)

これまでずっと、海岸に死んで打ち上げられたものしか見る機会が
なかったんですね。近年、ダイオウイカと呼ばれているものには
2種類いることがわかってきました。ダイオウイカと
ダイオウホウズキイカです。この2種、
分類学上は近縁とは言えないようです。

大きな違いは、ダイオウイカが腕に吸盤を持っているのに対し、
ダイオウホウズキイカは鋭いかぎ爪になっていることです。
大きさは、ダイオウイカが最大のもので体長18m以上、
ダイオウホウズキイカのほうはもっと大きく、
20m以上になる可能性が指摘されています。

ダイオウホウズキイカの触手 吸盤ではなくかぎ爪を持っている
bzzgbbz (5)

同程度の体長の場合、体重はダイオウホウズキイカのほうが
だいぶ重い。丸く太った形をしてるんですね。
で、これらのイカも、けっして寿命は長くはなく、
3年前後と見られています。なぜ、イカの仲間が短期間で
これほど大きくなるのかは解明されていません。

あと、われわれが目にする刺し身のイカは白いですが、
イカは体表の色を変えることができ、ダイオウイカは水中では
赤褐色をしていることが多いようです。海岸に打ち上げられた
ものは、体表組織がはがれ落ちて白くなっている。

タコ型のクラーケン
bzzgbbz (6)

ダイオウイカの天敵がマッコウクジラなのもよく知られて
います。マッコウクジラを解剖すると、胃からダイオウイカの
組織が出てくることが多いんです。また、マッコウクジラの体に、
吸盤の跡や引っかき傷が見られることもあり、
深海での生存競争がくり広げられているようです。

さて、西洋には「クラーケン」という海の怪物の伝説がありますが、
そのモデルがダイオウイカと言われます。クラーケンが
描かれた絵を見ると、頭が丸いものが多く、イカとタコのイメージが
混ざっているように思えますが、タコの仲間でダイオウイカほどの
大きさになるものは知られていません。

イカ型のクラーケン
bzzgbbz (1)

クラーケンの大きさは、数十mから数kmまであります。
さすがに後者は伝説の域を出ないでしょう。
クラーケンは船を襲ってひっくり返し、海に落ちた船員を食べて
しまうとも言われますが、ダイオウイカが人間を襲ったという
報告は、近代になってからはありません。

生活域が交わらないんですね。ただ、船が死んで浮いている
ダイオウイカにぶつかったなどのことは考えられなくもないでしょう。
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』
に登場したクラーケンは、触手はタコに似てましたが、
頭にイカのエンペラ(三角の外套膜)があったと思います。

シー・モンク


さて、伝説のUMAの一種に「シー・モンク」というのがあります。
モンクというのはキリスト教の修道士のことで、また
「ビショップ・フィッシュ」という別名もあります。ノルウエーなどで、
このシーモンクが浜に打ち上げられたり、網にかかった記録が
残っていて、これにはダイオウイカ説があります。

上の画像を見てもらえばわかりますが、足が複数あって長く
イカっぽいですよね。外套膜のようなものも見られます。
で、日本のUMA(妖怪?)に「アマビエ」というのがいます。
これはおそらく「アマビコ 天彦」の誤記だと考えられる
(コ を エ と書き誤った)んですが、

アマビエ シー・モンクに似ています
bzzgbbz (2)

幕末に熊本県に現れたアマビエは「姿は人魚に似ているが、
口はくちばし状で、首から下は鱗に覆われ、三本足であった」と
記録されています。上の画像をごらんください。
シーモンクとよく似てませんか。口がくちばし状というところからも、
自分はこれもダイオウイカではないかと考えています。

さてさて、ということで、やはりUMAよりの内容になりました。
みなさんは寿司ネタとしてのイカはお好きでしょうか。
自分はあっさりしているようで、噛んでいると深い味わいがあって
大好きです。ということで、今回はこのへんで。

イカのくちばし
bzzgbbz (1)




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2264-f11ba128
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する