FC2ブログ

地震予知の周辺事情

2020.01.07 (Tue)
egethte (2)

今回はこういうお題でいきます。地震はほんと怖いですよね。
自分が大阪に転居したのは、茨城の実家にいたときに
東日本大震災に遭遇したためです。ただ、放射能が怖いから
ということではありません。あのときの恐怖から少しでも
離れるためでした。

あと、自分は実家で海水魚をサンゴ中心に飼育してたんですが、
地震の後の停電で、魚はなんとか救えたものの、
サンゴは全滅しました。大阪に移ってから飼育は再開しましたが、
サンゴはやめて魚だけです。あの地震のさ中では、水槽はもう
どうでもよく、自分と家族の命を守るだけで精一杯でしたね。

さて、「地震予知」という言葉にはいろいろ誤解があります。
オカルト的には、予知能力を使って地震を知るというのも
地震予知と言いますが、今回はその話ではありません。
日本地震学会では、警報につながるような直近の地震の
事前情報を地震予知と言い、それ以外の、例えば、

egethte (6)

「〇〇地方でマグニチュード◯以上の地震が起きる確率は、
30年間で◯%」といった長期的なものは「地震予測」とする
新しい定義を2012年秋に発表し推奨しています。これは
「緊急地震速報」ともまた違います。地震速報はすでに地震が
発生していて、まだ揺れが伝わってない場合のものですね。

さて、では、直近の地震予知は、科学的にできるものなんで
しょうか。まず地震予知の定義について。一般的には、
「いつ、どこで、どのくらいの規模の地震が起きるか」
というのが必須条件と考えられます。具体的には、
「◯月◯日、〇〇地方で、マグニチュード◯規模」となるでしょう。

egethte (4)

で、日本地震学会をはじめ、気象庁その他、ほとんどの学術
団体、個人の科学者からも、現在の科学力で、そのレベルの
地震予知は不可能と考えられています。どうしてできないのか。
これは、地震予知が数学が通用しにくい性質を持っている
ためと考えられます。

同じ自然科学の分野で、数学が通用し、数式が立てられるものは
急速に発展します。1900年、マックス・プランクが
プランクの法則を提案して量子力学が始まりました。
また、1905年のアインシュタインの特殊相対性理論、
その後の宇宙膨張の観測により、現代宇宙論は急速に進展しました。

わずか100年で目をみはる成果です。量子力学では、
シュレディンガーの波動方程式、ハイゼンベルグの不確定性原理の
不等式。宇宙論では、アインシュタインの宇宙方程式。これらの解に
あてはまる現象が次々に発見され、先日、ブラックホール撮影の
話題が世界を駆け巡ったのは記憶に新しいところです。

egethte (1)

量子力学もそうですね。アメリカで白黒テレビ放送が始まったのは
1941年ですが、その後の量子力学の急速な進展で半導体などが
開発され、現在みなさんが使っているスマホ等へとつながります。
ところが地震予知では基本となる数式の立てようがありません。

この理由はおわかりだと思います。あまりに諸要素、諸条件が
複雑だからです。うーん、何か例え話で説明したいですね。
あ、そうだ。薄い板に五寸釘を20本打ちつけます。すると釘の
ほとんどが外に出ますよね。その一本一本に同じメモ用紙を
刺します。で、これを風のある日に公園に持っていく。

egethte (7)

で、どのメモ用紙が最初に飛ばされるか・・・無理ですよね。
いくら、その公園の風速、風向、気流の状態、釘の摩擦、
メモ用紙の刺さり方などを研究したとしても、
どれが最初に飛んでいくかを予知するのは不可能です。
地震予知もほぼそれと同じなんですね。

あと、観測の問題もあります。宇宙論であれば、地球や衛星の
望遠鏡から宇宙を見て、見える範囲について少しずつわかっていく。
ですが、地震の場合、海底のすべてのプレートの状態をカメラや
ソナーで監視することはできませんし、また、直下型や火山による
地震などもあります。まずデータがそろわない。

海溝のプレートの裂目
egethte (5)

前にも書きましたが、数学が通用しない、地震予知、気象予報、
医学・生理学などは、一つずつわかったことを積み上げていくしかなく、
その歩みは遅々としているんです。まあそれでも、気象予報は
関係者の努力で、かなり当たるようになりました。

さて、オカルト的には、地震予知は超能力の一種としてとられられ、
(あるいは高次の霊が教えてくれる、などと言う人もいます。)
5ちゃんねるのオカルト板にも、予言・予知スレが立てられましたが、
誰も当たらないんですね、かすりもしない。あまりに当たらないので、
みな飽きてしまって、今はそのスレも荒れ放題です。

気象予報は当たるようになりました 衛星の力も大きい
egethte (1)

まあね、現状では、未来から情報を得ることは不可能とみられて
います。また、もし未来から情報が伝われば、未来が変わってしまう
可能性もあります。例えば競馬で、ある人が今日のレースの勝ち馬情報を
どうやってか手に入れ、馬券を大量買いした。するとオッズが変わって
しまいますよね。多くの人が情報を得れば元金返しになるかもしれません。

さてさて、ということで、地震予知の話でしたが、地震予知ができたとして、
そこにはメリットとデメリットがあります。例えば、2日以内に80%の
確率で地震が起きる・・・これなら発表して避難する意義はあるでしょう。
じゃあ、1週間以内に5%だったら? ただ混乱をまねくだけに
なってしまうかもしれません。では、今回はこのへんで。

egethte (3)



関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2294-111e1921
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する