FC2ブログ

中国神話と陰陽五行説

2020.01.13 (Mon)
htgn (3)
三皇五帝

今回はこういうお題になります。うーん、古代史研究においては
大切な話なんですが、かなり地味な内容になると思われるので、
特に興味のない方はスルーされたほうがいいかもしれません。
さて、中国4000年とも5000年の歴史とも言われますよね。
その頃の日本は縄文時代です。

縄文時代の始まりは、今から約1万6000年前とみられますが、
日本の歴史が古いとはあまり言われません。
これはどうしてかというと、一番大きな理由は、日本の縄文時代は
小集団がバラバラに生活していて、大きなまとまりがなかった
ためだと考えられます。あと、文化の程度ということもあるでしょう。

中国では、周王朝が紀元前1000年、商(殷)王朝が紀元前
1600年、夏王朝が紀元前2000年頃に成立したと
言われています。ただし、夏については詳しくはわかっていません。
また、これらの王朝は、後代とは異なり、中国の広い地域を
支配していたわけでもありません。

女媧と伏犠
htgn (1)

では、夏王朝以前には何があったかというと、三皇五帝が支配していた
とされます。もちろん、三皇五帝が歴史的に実在していたという
根拠はなく、現代の中国でも、この部分は神話であると考えられて
います。では、三皇五帝とは誰のことを指してるんでしょうか。

これ、いろんな説があってはっきりしないんですよね。いちおう
『史記』の説をとれば、三皇は、「 伏犠、女媧、神農 」。
五帝は、「 黄帝、顓頊(せんぎょく)、嚳(こく)、堯、舜 」
です。ただし、実際に司馬遷が書いたのは五帝の部分だけで、
しかも、存在は疑わしいという注釈までつけています。

最初の神 盤古
htgn (4)

それより古い三皇については、唐の時代に『史記』を補筆した
司馬貞という人物がつけ加えた新しい内容です。
おそらく、司馬遷の時代には、まだ女媧や神農のエピソードが
広まっていなかったと考えられます。

みなさんは、「加上説」という言葉をご存知でしょうか。
神話研究などに使われる用語ですが、簡単に言うと、
古い時代の神話ほど新しい時代に成立し、神話が複雑さを
増していくといった内容で、よく引き合いに出されるのが、
この中国の例なんです。

中国神話では、盤古(ばんこ)が最も古い神ですが、中国人の
研究者によれば、周代に最古の人とみなされていたのは禹であり、
春秋時代に堯と舜、戦国時代に黄帝と神農、秦代に三皇、
漢代以降に盤古が加えられたと論じられています。
これ、自分はおおむね正しいと思っています。

陰陽を表す太極図
htgn (1)

加上説は世界の他の地域の多くの神話にもあてはまり、
日本神話も例外ではありません。なかなか話が前に進みませんね。
さて、中国には「陰陽五行説」があり、大きな影響力を
持っていました。中国にはさまざまな宗教がありますが、
インドから伝来した仏教をのぞいて、

儒教でも道教でも、陰陽五行説は当然の真理として取り入れられて
います。中国のあらゆる思想を横断する概念なわけです。
陰陽五行説が成立したのは、中国の春秋戦国時代頃と考えられ、
陰陽説と五行説はそれぞれ別個に発生し、後代になって
一つに結びついたものであることがわかっています。

封禅の儀
htgn (1)

で、この陰陽五行説が、中国神話の成立にも大きな影響を与えて
いるんですね。中国の最初の神、盤古は体の大きな巨人で、
生まれたとき、天と地とは接していて区別がありませんでした。ところが
盤古が日に日に成長していくと、軽いものが上に押し上げられて
天になり、重いものが下に沈んで地になって陰陽が分かれた。

まあ、世界は最初混沌であったとする神話は各地にありますが、
中国神話の場合は、陰陽という概念から、かなり後代になって
盤古の存在が考え出されたんです。古い書物で、盤古の名前が
出てくるものはないんですね。ちなみに、陰と陽はどちらがより
重要ということはなく、互いに補完しあう関係です。

また、五帝の最初である黄帝も、五行説から生まれたもので
あるという説があります。下の図を見ていただければ
わかりますが、五行は「土、火、金、水、木」で、それぞれ季節や
方角が対応しています。また、色は、土ー黄、火ー赤、金ー白、
水ー黒、木ー青(緑)です。

五行図
htgn (2)

つまり、黄帝が五行説の中央に位置する神なんです。一説によれば、
黄帝は他の4人の帝、炎帝、蚩尤(しゆう)たちを戦いで倒し、
中国で最初の皇帝の座についたとされます。「黄帝」と「皇帝」は
中国でも日本でも、発音がまったく同じなんですね。

帝位についた黄帝は、中国東方の泰山に登り、封禅の儀を行って
帝位についたことを天に報告します。この儀式は、後に中国を統一した
秦の始皇帝も行っていますが、そのときには誰も儀式のやり方を
知らなかったという逸話が残っています。封禅の儀という言葉だけが
つくられて、実体はなかたっということでしょう。

最初の帝 黄帝
htgn (5)

さてさて、ということで、退屈な話にここまでつき合っていただいて
ありがとうざいます。結論として、中国の古い神々は新しい時代に
つくられたもので、その成立は陰陽五行説の影響を強く受けている
ということなんです。自分はこれ、日本の天照大神、神武天皇などにも
あてはまると考えています。では、今回はこのへんで。

htgn (6)





関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2301-6be5958b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する