FC2ブログ

干将・莫耶と呉越の話

2020.01.30 (Thu)
bd (3)

今回はこういうお題でいきます。刀剣シリーズの一環ですが、
怖い世界史のカテゴリに入れておきます。ただし、ここで出てくる
内容が史実かどうかはかなり疑わしく、後世の脚色がだいぶ
混じっていると思いますので、そこはご承知おきください。

さて、みなさんは「呉越同舟」という故事成語はご存知でしょう。
ときは紀元前500年頃、中国の春秋時代のことです。
現在の蘇州周辺を支配した呉と、浙江省のあたりにあった
越の国はたいへん仲が悪く、戦いをくり返していました。

この両国の数十人が、国境にある川で舟に乗り合わせましたが、
互いに気まずい様子で押し黙っていました。すると、急に天候が
変わって強い風が吹きすさび、舟は帆を降ろさないと転覆して
しまいますが、波風に激しく揺られてロープがほどけません。

春秋時代の呉と越
bd (1)

そこで、それまで敵対的だった両国の人が協力し、ロープを
ほどいて助かったという故事から、「本来は、仲の悪い者
同士でも、災害時や利害が一致すれば、協力したり助け合う」
という意味で使われます。『孫子』に出てきます。

では、この呉越の戦い、どっちが最終的に勝ったか。これは
「臥薪嘗胆」の故事で有名です。まず呉が戦いに負け、王は
死に際に後継者の夫差に、「必ず仇を取るように」と言い残します。
夫差は「3年のうちに必ず」と答え、敗北を忘れないよう並べた薪の
上に毎日寝て、兵を鍛え国の軍備を充実させました。これが「臥薪」。

「臥薪嘗胆」
bd (1)

まもなく、夫差は越に攻め込み、越王勾践の軍を破ります。勾践は降伏し、
夫差によって馬小屋の番人にさせられますが、やがて許されて国に戻り、
屈辱を忘れないため、毎日苦い胆を嘗めます。「嘗胆」ですね。
その後、呉は覇者をめざして各国に兵を出すなど国力を疲弊させ、
ついに越に滅ぼされ、夫差は自殺します。『史記』のエピソードです。

越の勝ちだったんですね。で、この呉越の物語には、2本の名剣が
登場します。干将(かんしょう)と莫耶(ばくや)です。
2本あるのは、陰陽をあらわす雌雄の剣ということで、
現存してないので詳細はわかりませんが、おそらく両刃の片手剣、
短いものだったのではないかと思います。

丹下左膳
bd (7)

陰陽剣という言葉があります。剣は2本セットでつくられ、
互いに呼び合うという考え方で、これは創作ですが、林不忘の
時代小説『丹下左膳』には、関の孫六作の乾雲と坤龍という
妖刀が出てきて、互いに求め合って血を呼びます。

干将・莫耶というのは、もともとその剣をつくった鍛冶夫妻の名です。
2世紀ころの史書『呉越春秋』によれば、鍛冶夫婦は夫差の先代の
呉王から剣の製作を依頼されますが、どうしたことか鉄が溶けません。
そういった場合、鍛冶師が鉱炉に身を投げれば溶けると言われるものの、
そこまではせず、妻の莫耶が自分の髪と爪を入れるんですね。

そうして2本の剣ができましたが、夫はなぜか雌剣の莫耶のほうだけを
呉王に献上します。剣は宝物として扱われましたが、その後、
呉を訪れた魯国の使者が、剣を見せてもらったときに刃こぼれを
発見し、呉の滅亡を予言することになります。

越王勾践剣
bd (2)

この他に、この鍛冶夫妻の子どもである赤(せき 眉間尺)が出てくる
話もあるんですが、こちらはあまりに荒唐無稽なので割愛します。
で、不思議なのは、雄剣の干将のほうはほとんど歴史に
登場しないんです。理由はよくわかりません。

さて、なぜこの話が出てきたか。じつは古代中国で青銅器から鉄器に
切り替わるのが、ちょうどこの春秋時代あたり、前600年頃
なんですね。おそらくそれで、こういう逸話になったんだと
思われます。あと、越王の句践は名剣を集めていたと言われ、
8本の剣を所有していたとされます。

特殊な字体で書かれた越王勾践剣の刻字
bd (4)

伝説と思われてましたが、1965年、その1本であるとされる  
銅剣が湖北省江陵県望山1号墓より出土したんです。ターコイズと
青水晶とブラックダイヤモンドで象嵌された見事なもので、
刀身には「越王勾践 自作用剣」と刻字されていました。うーん、
中国当局は本物と見て、国外持ち出し禁止の国宝扱いになっています。

この剣は、2000年を越えた古いものなのに錆一つなく、
X線回折法で分析したところ、表面を硫化銅の皮膜でおおって
あったとされます。銅剣というところに着目してください。
干将・莫耶は鉄剣とされますが、これはおそらく観賞用でしょう。

呉王夫差矛
bd (5)

あと、句践の好敵手であった夫差は、「呉王夫差矛 ごおうふさやり」
という矛を持っていたと言われ、じつはこちらも湖北省江陵県
馬山5号墓より出土してるんです。やはり錆は見られません。
これも本物だとしたらすごい話ですよねえ。

さてさて、ということで、あんまりオカルトな内容にはなりません
でした。まだ取り上げてない西洋の剣もいろいろありますので、
刀剣シリーズは今後もぼちぼち続けていくことになると
思います。では、今回はこのへんで。

関連記事 『刀剣シリーズ』

bd (6)




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2322-c00a05e3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する