FC2ブログ

コートの怪の話

2020.02.12 (Wed)
最近はネットオークションとか、オークションでなくても
いろんなサイトがあって、ユーズド品が安く手に入るように
なりました。ポチッとクリックすれば、カード決済でも代金引換でも、
宅配業者が自宅まで届けてくれます。便利だし、掘り出し物を見つける
楽しみもあります。でもこれ、出品者の人が匿名の場合も多いですよね。
もしかしたら、みなさんが買ったものが何らかの記憶を持っていると
したら・・・ 今回は、自分が乗ってるアメ車のディーラーに
勤めている30代の男性、Sさんからうかがったお話ですが、
最後までわけがわからないまま終わってしまうんですよね。
ただ、これを聞いたとき、素性のよくわからないものを買うのは
怖いなと思いました。特にそれが衣服の場合は。

自動車販売会社勤務Sさんの話
ええと、最初はですね。某ネット通販で中古のコートを買ったんです。
アクアスキュータムってご存知ですか。イギリスの洋服メーカーで、
コートが有名なんです。そこのトレンチコート。
カーキ色で、丈が膝近くまであるやつです。新品で買えば
30万くらいするやつが、8万円で出品されてまして。
安月給ですからね、8万は痛い出費なんですが、買えば一生モノで
着られると思いました。出品者はハンドルネームを使った
個人の方でしたね。商品の説明には、数回しか着てません、
クリーニング済とあって、裏表から撮った画像が載ってたんですが、
汚れなどはなく新品に見えました。少しは迷いましたけど、
すぐ売れちゃうだろうなって考えてポチったんです。

代金はカードです。するとその日のうちに商品を発送しましたって
メールが来て、翌日には宅急便で届いたんです。ああ、早いなって思って
さっそく袋から出して着てみました。サイズはぴったりで、
シミなんかもなかったです。そのときは、いい買い物したって思って
たんですが・・・それで、内ポケットには修繕用の布地なんかも
入ってたんですけど、それといっしょにメモ用紙を4つに畳んだ
ものが出てきたんです。ん? と思って開いてみると、
ボールペンで字が書いてありました。それが、すごい金釘流って
言うんですか、殴り書きっていうか、最初読めなかったんです。
けど、なんか興味を持っちゃって、デスクライトの下で解読して
みたんです。そしたら、「アサクサで半分」ってわかりました。

この「アサクサ」ってのは「浅草」のことでしょうけど、何のことかは
さっぱりわからない。そこで興味を失っちゃって、丸めて
ゴミ箱に捨てたんです。それから3日ぐらい後かな、会社の飲み方が
あって、そのコート着てったら、みなスゲえいいなって口々に
ほめてくれて。で、12時過ぎくらいに部屋に戻って、
コートをハンガーにかけてクローゼットにしまおうとしたとき、
袖口の中からぽろっと丸めた紙が落ちたんです。え? 誰かイタズラで
入れたのかと思って広げてみると、やっぱり字が書いてて、
「アサクサで半分首の」って読めました。前に見たのと同じ字って
いうか、それに続けて「首の」を書き入れたみたいで・・・
でもね、ゴミ箱のゴミは袋にまとめて出してあるんですよね。

いや、不思議だなあとは思いましたけど。そのときはまだ怖いとは
感じませんでした。その紙は細かくちぎって捨てました。
それからまた数日して、デートのときにコートを着てったんです。
相手は婚約してる女性で、やはりコートのことをほめてくれました。
で、もうわかると思いますけど、自分の部屋に戻って脱いだら、
懐から紙がひらひらって落ちて。それ、紙が新しかったんです。
前のは黄ばんで端とか破れてたのが、新しいメモ用紙に見えました。
それね、うちの会社のメモ用紙だったんです。下のほうに会社の
マークが入ってました。変ですよね。書いてあった字は前の続きで、
「アサクサで半分首の切れた女が」なんです。字は同じに思えました。
ここで、さすがに気味悪くなったんです。だいたい、

「首の切れた」ってタダゴトじゃないじゃないですか。あと、
紙がうちのメモ用紙になってるのもおかしいし。ええ、部屋には
そのメモ用紙、机の引き出しに入れてたんです。出してみると
まったく同じものだったんですが、それまでも電話とかのときに
はがして使ってたので、いつのやつなのかはわからなかったです。
このときもね、会社のやつらのイタズラを疑ってました。
そのメモ用紙、誰でも手に入りますから。え、浅草に心あたりが
ないかって? それが、少しだけあったんです。3年ほど前に
つき合ってた彼女が浅草の土産物店で働いてました。でも、
その彼女とは変な別れ方をしたわけじゃないっていうか、僕のほうが
フラレたんです。ですから恨まれてるなんてことはないです。

で、わけがわからないので、ディーラーのお客さんの一人で
bigbossmanさんって占い師の人がいるんですが、その人に電話で
相談してみたんです。そしたら、その話だけではなんとも判断できないから、
知り合いの霊能者の人を紹介するって言われて。メモ用紙は
とっておきました。霊能者の人とは駅前の喫茶店でお会いして、
Yさんっていう40歳くらいの女性の方でした。事情を話して
メモ用紙を渡すと、紙全体に手のひらをあてて目を閉じ、
数秒してビクッとしたように目を開けて、すごく悪いものを感じるって
言われたんです。でね、Yさん、自分の車で来てたんですが、
それからビデオカメラと三脚を出してきて、僕の部屋の入り口から
中に向かってセットしておきなさいって言ったんです。

ええ、長時間撮影できるようになってました。で、そのメモ用紙は
Yさんが持ってって、言われたとおりずっと部屋の中を撮ってたんです。
最初の2日は何の異変もなかったですが、3日目ですね。
そろそろ馬鹿らしくなってきてたんですが、朝、モニターを見てみたら、
とんでもないものが映ってたんです。僕でした。ベッドに寝てた僕が
夜中の2時過ぎに起き上がり、まず机の引き出しを開けてメモ用紙を
1枚ちぎり、それからクローゼットに向かってあのコートを出して
着たんです。いや、まったく覚えてないです。ただいつものように
寝て起きたとしか思えなかったですけど、映ってるのは間違いなく自分。
夢遊病、睡眠時遊行症っていうみたいですけど、子どもの頃から
そんなことはなかったんですよ。でね、コート着た僕は、

机に向かってメモ用紙に何か書き出したんです。ボールペンを持ってる
のが左手でした。これも変で、僕はずっと右利きで・・・
あ、もしかしたら左で無理に書いたから、あんな乱れた字になったのか。
書いてる時間は短くて、メモ用紙をコートのポケットに入れてから脱ぎ、
またクローゼットにしまってベッドに寝る・・・
ここまで見て、すぐコートのポケットを探ってみたんです。
ええ、ありました。会社のメモ用紙には「アサクサで首の切れた女が
落ちてくる」ってなってたんです。はい、僕が書いた・・・んです。
それでYさんに連絡して、また喫茶店でメモとビデオを見てもらいました。
Yさんは「文が終わってるね、これ、近々、実際に起きるかもしれない」
って言うんです。ゾッとしました。浅草にいる元カノの話もしたんですが、

Yさんは「その娘とは関係ないでしょう。あなたのせいではなく、
 コートに憑いた因縁です」って。それで、コートを供養しなくては
ならないって言われて、8万円ですからねえ、もったいなかったですけど、
目の前に首の切れた女が落ちてくるのはゴメンだし、直撃でもされたら
こっちもタダでは済まないですよね。それで、コートは泣く泣くYさんに
渡して供養してもらったんです。神社でお焚き上げしたってことでしたので、
戻ってはきませんでした。こんな話なんです。ですから、みなさんも
通販で中古品を買うときに気をつけたほうがいいと思います・・・っても
何を気をつければいいかわかんないですよね。それにしても、
浅草でいったい何があったのか気になりますよねえ。もしかしたら、
映画みたいな、すごいドラマチックなことだったのかも。

キャプチャ



関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2347-4151d179
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する