FC2ブログ

プロメテウスは成り立つ?

2020.02.16 (Sun)
dbbg (4)

今回はこういうお題でいきますが、これも例によって、自分の
妄想がかなり入った内容になります。眉に唾をつけて読まれるか、
スルーされるのがいいかと思います。さて、題名になっている
『プロメテウス』は、2012年のSF映画で、リドリー・スコット監督。
『エイリアン』シリーズの一つと位置づけられています。

それにしても、この映画、評判が悪かったですね。2ちゃんねるの
映画板では、かなり長期にわたって、これを批判するスレが
立っていました。予告編がひじょうに期待感をあおるものだった
だけに、それとの内容のギャップが大きかったんですね。

『プロメテウス』冒頭のシーン
dbbg (5)

自分からみても、映像はよかったと思うんですが、脚本はダメダメ
だったと言うしかないです。一番批判の的になってたのは、
登場人物の行動が意図不明で、必然性が感じられないこと。
これって映画としては、かなり致命的なんですよね。脚本が
練り込まれていなかったのには、さまざまな理由があるようです。

この映画の冒頭で、後にエンジニアと呼ばれる異星人が、
おそらく原始地球と思われる場所にやってきて何かの液体を飲みます。
するとすぐに苦しみ始め、やがて体がバラバラに崩れていって、
巨大な滝から海に落ち、細胞の中のDNAがばらまかれる。

オウムアムアは、じつは何らかの意図を持った宇宙探査機?
dbbg (8)

つまり、現在の地球人は、そのエンジニアのDNAをもとにして
成り立っているというわけです。じゃあ他の生物はどうなのか?
とか、DNAの個体差はどうなるのか?などの疑問が当然出てきますが、
さすがにそこまでは作中で説明されていませんでした。
まあ、こだわる人は多くないでしょうけども。

さて、地球生命の起源説の一つに、パンスペルミア説があるのは、
当ブログでも何度も取り上げています。一般的なパンスペルミア説は、
隕石の中などに原始的な生命が入っていて、それが地球の
すべての生命の源になったというもので、自分は、
絶対ありえないとは言えないと考えています。

フランシス・クリック
dbbg (2)

パンスペルミア説が最初に出てきた頃は、-220℃にもなる
宇宙空間では生命は生きられないだろう、有害な宇宙線により死滅
してしまうだろう、もし隕石に生命がいたとしても、地球大気圏
突入時の熱で全滅するだろう、などの批判が続出しましたが、隕石内部
ならそれはクリアされるだろうと考えられるようになってきました。

で、このパンスペルミア説で最も過激なものが、「意図的
パンスペルミア説」です。これは、高度に進化した宇宙生命体が
生命の種子を地球に送り込んだ、とする仮説ですが、
SF映画のようで、にわかには信じられませんよね。

ただ、この提唱者の一人が、ノーベル医学・生理学賞受賞の
ビッグネーム、フランシス・クリックだったため、一気に有名に
なりました。クリックはご存知でしょう。DNAの2重らせん構造を
解明したことで知られています。ですから、
荒唐無稽と思えても無碍にもあつかえない。

エンジニアはアンドロイドに拒否反応を起こす
dbbg (7)

クリックはこの説の根拠として、現在の地球上の生物で、モリブデンが
必須微量元素と重要な役割を果たしているが、クロムとニッケルは
重要な役割を果たしていない。しかし、地球の組成はクロムと
ニッケルが多く、モリブデンはわずかしか存在しないことを
あげています。つまり、生命はモリブデンを主成分とする星から来た。

また、地球上の生物の遺伝暗号が、ほとんど共通したしくみになって
いるのは、そもそも「たったひとつの種」がまかれ、その種から
地球上の全ての生物に変化していったため、とも述べているんです。
うーん、もっともらしい気もしますが、どうなんでしょうか。
自分の理解の範囲を超えています。

パンスペルミア説のイメージ
dbbg (6)

さて、クリックの説は、はっきりとは説明されていないものの、
どうやら高度に進化した宇宙生生命体は、地球だけをターゲットに
したというわけではなく、どこに落ちてもいいよう、全宇宙に
生命の種をばらまいたということのようです。この部分は、
映画の『プロメテウス』とは少し異なっていますね。

『プロメテウス』で、意図的パンスペルミア説とともに用いられて
いるのが「古代宇宙飛行士説」です。これは、1970年代に、
スイスの実業家エーリッヒ・フォン・デニケンが唱えた、
宇宙生命体は地球に生命の種をまいただけではなく、
さまざまな技術を与えて超古代文明を築かせたとするものです。

エーリッヒ・フォン・デニケン
dbbg (1)

デニケン説では、宇宙生命体の痕跡は世界各地にあり、日本の
遮光器土偶も、宇宙人の姿を現したものだとされます。では、
もしこの説が正しいとして、何のためにそんなことをしたのか?
それについては、はっきりとは説明されていませんが、

われわれがマウスなどを使って行うような何かの実験であるとか、
地球に文明を育てたのは、後に収穫するためであるとか、
いろいろ考えられないことはありません。『プロメテウス』でも、
この謎がメインテーマだったんですが、はっきりとわからないまま
終わってしまいました。続編で明らかになっていくんでしょうか。

さてさて、ということで、SF映画の背景を説明してきたわけですが、
映画の場合、娯楽的な要素を詰め込むのも重要で、
そのためにテーマの焦点がボケてしまったりもします。
まあ、これはいたしかたないんですね。では、今回はこのへんで。

これも宇宙人?
dbbg (3)




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2353-6da66d83
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する