FC2ブログ

四神相応と風水

2020.02.19 (Wed)


今回はこういうお題でいきます。カテゴリはオカルト論かな。
さて、「四神」については以前にも書いているので、
今回は簡単にふれる程度にしておきます。四神とは、玄武、白虎、
朱雀、玄武のことで、古代中国の霊獣であり、
大地の4つの方角を司っているとされます。

これはもともと、中国天文学の「天円地方」の宇宙観から
来たもので、下図にあるように、四神はそれぞれ四季と色も合わせて
象徴しています。ただ、これだと陰陽五行説との収まりが悪いため、 
中央に黄色を表す麒麟を置く考え方もあります。

dngdgn (2)

で、中国の風水では、都市を築く場合、この四神の配置に
かなう場所(相応)がよいとして選定されたと言われます。
日本の都、平安京は隋の都洛陽、唐の都長安を参考にして
造営されたのは間違いなく、四神相応が取り入れられているのは、
朱雀門などがあることでわかります。

また、大きな地形についても四神相応であるのが風水にかなうと
されます。具体的には、北の玄武が山です。山には龍脈が走っており、
それを都地に呼び込むことで繁栄が約束される。前方(南)は
朱雀で、海や湖沼などを表します。龍脈からの精気を溜めるわけです。

現代でも、華僑の人などは玄関先に水槽を置き、赤い魚を飼ったり
していますが、これは自分の家に四神相応をあてはめているんですね。
玄武を背にして右側(西)が白虎、左(東)が青龍で、砂(さ)と
呼ばれる玄武よりも低い丘陵であるのが理想的です。
三方を山で囲むことで、風を蓄え水を集めることができます。

フラワーホーン 華僑に人気 デコが大きいほうがよいとされ、中には数百万の個体も
dngdgn (1)

この考え方は日本に取り入れられましたが、その過程でやや
変質し、日本では四神を「山川道澤」ととらえることが
多かったという説があります。「澤」というのは止水の池です。
これが平安京を築くときにあてはめられた。

具体的には、北の玄武(山)が船岡山、西の白虎(道)が山陰道、
東の青龍(川)が鴨川、南の朱雀(澤)が巨椋(おぐら)池。ただし、
これがいちおうの定説ですが、論者によっては玄武を北山とするなど
差異があります。また、四神相応は考えられているが、
山川道澤とは違う形だという意見もあります。

このあたりは、平安京造営時の風水的な考え方が文章として
残っているわけではないので、何とも言いようがないんです。
あくまで後世の見立てなんですね。自分としては、背後に山、
前方に止水の部分だけは確かなんじゃないかと考えています。

風水羅盤 正しく使える人が日本にどれだけいるか
dngdgn (8)

さて、この四神相応は、江戸の街を築くときにも適応されて
いると言われ、それを行ったのが天海大僧正。
この名前はご存知でしょう。天台宗の僧であり、徳川家康の
ブレーンの一人でしたが、出自や前半生がよくわかっておらず、

じつは山崎の戦いの落武者狩りを生きのびた明智光秀である
という説まであります。さすがに眉唾な話ですが、天海は
100歳以上の長命であったとみられ、時代が合わないわけでは
ありません。本項では、この話は深入りしないことにします。

さて、では江戸の四神相応がどうなっているかというと、
よく言われるのが、北の玄武が富士山、東の青龍が平川、
西の白虎が東海道、南の朱雀が江戸湾(東京湾)になります。
ただ、江戸城からみた場合、富士山は真北から100度以上
方角がずれてるんですけどね。

明智光秀と天海僧正
dngdgn (5)dngdgn (4)

また、天海は鬼門および裏鬼門封じも行ったとされます。
鬼門は北東の方角で、裏鬼門はその点対称位置にある南西。
陰陽道では、鬼が出入りするとして、万事に忌むべき方角と
考えられてきました。ですが、中国の風水にこの考え方は
なく、あくまで日本独自のものです。

鬼門には強力な寺社を置いて、神仏の加護によって都を
守る。平安京の鬼門封じは、天台宗の比叡山延暦寺。江戸の場合は、
下図を見てもらえばわかりますが、鬼門に神田明神、
寛永寺、浅草寺。裏鬼門に増上寺などがあります。

dngdgn (3)

天台密教を学んだ天海が、このことを意識していたのは間違いない
とは思います。江戸が長く繁栄するように霊的な守護を配置した・・・
ただ、この手のことって、地図を見て探せば、
どの都市にも、あてはまるものがあるんですよね。

さてさて、中国の風水は、本格的に学べばひじょうに難しく、
自分もきちんと理解しているとはとても言えませんし、
これまで占いに用いたこともありません。ネットで検索すれば、
風水を謳ったホームページはたくさん出てきますが、
その多くは、南側に大きな窓をつくるとか、

水回りはこちらの方角にするとか、生活の知恵の域を出ないもので、
中国古来の本格的な風水ではなく、日本的に変質した家相学の
一部でしかないという批判があります。その批判はおおむね正しい
んですが、ブラセボ効果のようなものもあるかもしれません。
では、今回はこのへんで。

家相学と間取り クリックで拡大できます
dngdgn (6)




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2357-c025f5ee
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する