FC2ブログ

神と近代ヨーロッパ哲学

2020.02.21 (Fri)
cdfgtr (7)

今回はこういうお題でいきます。ここでいうヨーロッパ哲学は、
古代ギリシア・ローマ時代のものではなく、17世紀を中心とした
近代の話です。哲学が取りあつかう対象は膨大ですが、
その中心にあったのは神です。もちろん、キリスト教の神
ということですね。

ですから、ヨーロッパ哲学の多くの部分は神学、宗教学と
重なっています。各時代の哲学者は、それぞれ神をどう解釈するか
悩み、自分なりに神との折り合いをつけようと苦心してきました。
そういうエピソードを積み重ねて書いていきたいと思います。

アイザック・ニュートン
cdfgtr (1)

神の使命
アイザック・ニュートンというと、微積分法の開発、万有引力の
法則の発見などから「最初の科学者」というような評価がなされて
いました。ですが、ニュートンの業績を調べていくにつれ、そうでない
ことがわかってきたんですね。ニュートンの神秘学的な研究は膨大で、
むしろ「最後の錬金術師」と言ったほうがふさわしいんです。

また、ニュートンは熱烈な神の信者で、自分は神に選ばれた
特別な人間であると考えていたようです。神がニュートンに対し、
神が創ったこの世界の法則を明らかにするよう使命を与え、
特別な才能を授けられたと自覚していたことが、その著作から伝わって
きます。彼は使命を達成するため、結婚もしませんでした。

ニュートンの聖書研究はよく知られています。ニュートンは聖書、
特に『旧約聖書』には神の預言が含まれていると考え、ひっちゃきに
研究していました。現在も「聖書の暗号」というのがオカルト分野に
ありますが、そのはしりだったわけです。研究の結果、「この世界は
少なくとも2060年までは滅びないだろう」と書いています。

ブレーズ・パスカル
cdfgtr (6)

パスカルの賭け
ブレーズ・パスカルは17世紀のフランスの哲学者で、「人間は
葦のように弱い。しかし考える葦である」と述べたのは有名です。
パスカルは神について、「パスカルの賭け」
と呼ばれる考察を行っています。

パスカルのころは、人間の理性を重視する研究が主流でした。
パスカルは、「神の存在は理性によっては決定できないが、
もし賭けをするなら、神が存在するほうに賭けるのが明らかに
得である」と、その主著『パンセ』の中で述べています。

この意味はおわかりですよね。神が存在するとして、信仰に生きる
人生をおくった人が亡くなると、天国に迎えられるし、
もし神がいなかったとしても、特に損をすることはありません。
これと似たようなことは、日本の浄土真宗の開祖である親鸞も
述べてますし、現代の新興宗教でも使われます。

ルネ・デカルト
cdfgtr (5)

神の存在証明
神の存在を論理学的に証明しようとした哲学者は多数おり、
パスカルと同時代のフランスの哲学者、ルネ・デカルトもその一人です。
デカルトには、「我思う故に我あり」という言葉が残っています。
では、デカルトの神の証明はどういうものだったでしょうか。

デカルトの考察はたいへん複雑なんですが、ごく単純化していうと
こんな感じです。「人間は不完全であり、完全な存在である神の
概念を自分でつくることはできない」「人間の外部に存在する
神が、その概念を人間に与えたのだ」「ゆえに神は存在する」

これ、みなさんどう考えられますか。なんかこじつけみたいに
聞こえませんか。実際、同時代の哲学者からの批判も多かったんです。
「不完全な存在(人間)は完全な存在(神)の概念をつくれない」
そもそもこの前提が正しいと証明されてないですよね。

バールーフ・デ・スピノザ
cdfgtr (2)

スピノザの神
やはり17世紀、オランダの哲学者バールーフ・デ・スピノザは
「汎神論」という概念を唱えました。スピノザは人格神を否定し、
それは人々を教え導くための方便であると述べます。
ただし、神はいないということではなく、無限の形で
あらゆるところに存在する。

これは一つの神です。それが地球だけでなく、宇宙の隅々まで
広がっている。あらゆるものに神性がおよんでいるということで、
汎神論と呼ばれました。この論法だと、たしかに宇宙は存在
してますので、神もまた存在するということになります。

フリードリヒ・ニーチェ
cdfgtr (3)

神の死
19世紀になり、神の存在を信じる人はだんだん少なくなって
きました。こうした風潮を、ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェは、
「神は死んだ」という衝撃的な言葉で表現しています。
「神の死」は人々にニヒリズムをもたらしがちです。

そこでニーチェは、神が思想から失われた時代になっても、
神にかわって人々に生きる意味を与えてくれるような思想を
打ち立てようと試みました。哲学者がキリスト教の神の影響下から
離れ、独自の価値観による考察を展開し始めるんです。

ルードヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン


沈黙
20世紀、オーストリア出身の哲学者ルードヴィヒ・ヴィトゲンシュタインは、
著書『論考』の最後に、「語りえぬものについては沈黙しなくてはないらない」
と書き、「語りえぬもの」とは神についてだけではなく、霊魂や精神なども
入るんでしょうが、形而上にあるものへの決別を告げました。

さてさて、では、ニーチェに神は死んだと言わせた最大のきっかけは
何だったのか。これは当ブログで何度も述べているように、
チャールズ・ダーウインの「進化論」です。進化論がヨーロッパの
思想界に与えた影響は、ものすごく大きんですね。
では、今回はこのへんで。

チャールズ・ダーウイン
cdfgtr (4)




関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2358-65345380
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する