FC2ブログ

遊びのオカルト

2020.02.22 (Sat)
ddd (5)

今回はこういうお題でいきます。みなさん、この歌はご存知だと思います。
「遊びをせんとや生まれけん 戯(たはぶ)れせんとや生まれけん
 遊ぶ子供の声聞けば 我が身さへこそ動(ゆる)がるれ」

『梁塵秘抄』の中に収録されている今様(いまよう)です。

『梁塵秘抄』は平安時代末期に後白河法皇が編集した歌謡集で、
今様は、まあ当時の流行家のようなものです。後白河法皇が
大好きだったため、自ら編纂したんですね。内容は訳すまでも
ないですが、子どもが遊んでいる声を聞けば、
大人になった自分でさえ、心が動かされるといった意味です。

後白河法皇 策略を弄しすぎて平安時代を終わらせてしまいました
ddd (3)

ただこれ、深読みというか、ちょっと怖い解釈があって、
「遊び」は「遊び女」、「戯れ」は「戯(たぶ)れ女」、どちらも遊女のことで、
子どもの遊ぶ声を聞いた遊女が、純真だった頃にはもう戻れない
ことを嘆いている歌だという説もあるんです。
うーん、どうなんでしょう。自分にはよくわからないです。

さて、「遊び」もなかなか難しい概念で、ネット辞書を引くと、
「身体的・精神的活動のうち食事、睡眠、呼吸、排泄など、
直接生存のための活動を除き、仕事と対立する概念である活動をいう」
こんなふうに出てきます。まあ簡単に言えば、仕事ではない活動が
遊び、と考えてもいいかと思います。

フランスの社会学者ロジェ・カイヨワは、遊びを大きく次の4つに
分類しました。①競争 囲碁将棋、球技、格闘技、ゲームなど
②偶然 じゃんけん、くじ、賭け事など ③模倣 絵画、演劇、
カラオケ、ままごとなどのごっこ遊び ④めまい 乗り物、
スキー、スケート、ブランコなど この分類はじつに優れています。

話題になった「ひとりかくれんぼ」
ddd (4)

さて、日本の子どもの遊びは、昔と今でかなり変化しました。
昔は外遊びが中心だったのが、今はほとんど室内遊びになりました。
これは、ゲーム機の開発、受験戦争などもあるでしょうが、
一番の原因は少子化でしょうね。

昔の子どもは家にいるのが居心地が悪かったんです。兄弟が多く、
自分の部屋などは持てず、家にいれば年下の弟妹の世話をさせられたり、
仕事を手伝わせられたり。今は一家庭に子どもは1人か2人、
自分の部屋があってエアコン完備、そりゃ外に出なくなります。

昔の子どもは、夏休みなどランニングシャツ一丁で、真っ黒に
なって遊んでました。あちこちに空き地があり、遊びに行けば、
年長の6年生が小さい子でも仲間に入れて、皆でできる遊びを
考えてくれました。今はどこもボール遊び禁止だし、
大人が下手に子どもに声をかければ変質者あつかいされます。

英語では遊びは play 正式には playing なんでしょうが、
あんまり言わないですね。他には、pastime、amusement とか、
fun もよく使われます。自分はアメリカに住んでましたが、日本と
大きく違うのは、治安が悪いため13歳以下の子どもが一人で
出歩くことは少なく、下手すれば家から出した親が逮捕されたりします。

本当は怖い「はないちもんめ」
ddd (1)

さて、怖い話で出てくる遊びは、まずは「肝試し」でしょう。
肝試しを行うのは夜の場合が多いので、子どもというより
学生の遊びですね。肝試しを英語で言うとすれば
test of courage になるのかな。でもこれ、無理に訳した
だけで、実際に使われるのを聞いたことはないです。

次が「かくれんぼ」でしょうか。かくれんぼはアメリカでも
子どもの遊びで、hide and seek と言い、『ハイド・アンド・シーク
暗闇のかくれんぼ』というホラー映画になってます。うーん、これ、
途中で筋がわかっちゃいますね。自分はいまいちピンときませんでした。

『ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ』
ddd (6)

怪談だと、かくれんぼをしていた子どもの一人が見つからず、
そのまま神隠しになってしまうとか、押入に隠れたら
布団の中から手が出てきて引きずり込まれたとか、
鬼になった子が知らない子どもを見つけてしまうとか、
そういうのが定番になっています。

あと、「かごめかごめ」 「通りゃんせ」 「花いちもんめ」
などの昔の遊びも、怖い意味が隠されてるなんて話もあります。
例えば、花いちもんめの「花」は女の子で、「いちもんめ」はその子の値段、
つまり人買いの歌だとかなんとか。でも、ほとんどがこじつけです。

『チャイルドプレイ』 リメイク
ddd (1)

さて、余白が少なくなってきました。遊びのホラーと言えば、
やはり映画の『チャイルドプレイ』を外すわけにはいきません。
連続殺人鬼チャールズがおもちゃ店で警官に撃たれ、肉体が
死にそうになったとき、近くにあったグッドガイ人形に、
ブードゥーの秘法を使って自分の魂をのりうつらせる。

しかし、そのままだとずっと人形でいなくてはならならず、
自分の元の肉体はすでに失われているため、
新たにのりうつるための子どもを見つけようとする・・・
この映画の原題は「Child's Play」で、child's play には
「くだらないこと、造作ないこと」といった意味があります。

さてさて、ということで、遊びのオカルトについて見てきましたが、
書くことはまだまだありそうですね。遊びというのは奥深いもので、
これがなければ大人でも人生がつまらないですよね。
まさに『梁塵秘抄』にあるとおりです。では、今回はこのへんで。

ddd (2)



関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://scoby.blog.fc2.com/tb.php/2363-345ed15c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する